最新のiPad OS16で変更されたところを解説「ステージマネージャ」

スポンサーリンク

iPad OSの情報を更新していきます。

スポンサーリンク

2022年 iPadOS 16の新機能

Appleイベント、待たれる。

2022年9月8日AM2:00にスタンバイしながら、現在までに発表されているiPad OS16の新機能などをまとめておきます。

内容はiOSと被るところがあるので、Apple製品全体に共通することなどは、それぞれのOS変更点にまとめています。

iPad OS16の概要

とりあえず、要点だけ知りたい方へ。

  • iCloudを利用した写真・動画共有がもっと簡単に
  • iPad独自に、ステージマネージャが登場
  • ディスプレイモードに「リファレンスモード」が登場
  • ゲームエンジン、強化されている
  • デスクトップクラスのアプリ、一体なんなのか(詳細待ち)

写真・画像に関する変更点

写真や動画などの情報をまとめています。

iCloud共有がもっと簡単に

シームレスにビデオや写真を共有できる「iCloud共有写真ライブラリ」が登場。共有すべき写真なども、iPadが判断して教えてくれます。

背景から対象物の抜き出し

これはiOSでも使えるのですが、画像認識のレベルが上がって、背景と対象物の分離がより簡単に。

iPadの場合は、そのまま画像・動画編集ソフトに入れられるのでかなり便利になることが予測できます。

マルチタスクが、もっと捗る

iPadといえば、パソコンのように使える賢いタブレット。とうとう、パソコンを超える使い勝手になるかもしれません。

ステージマネージャが登場

iPadOS16ステージマネージャ

ステージマネージャの登場により、複数のウィンドウ表示やウィンドウのサイズ変更が可能に。もうパソコンの使い勝手と変わりませんね。

外部ディスプレイのサポート

6K解像度の外部ディスプレイに対応。複数のアプリを表示しながら、画面を跨いでファイルやアプリを操作できる。

ディスプレイが更なる高みへ

リファレンスモード

12.9インチのiPad Proから、SDRおよびHDRのビデオフォーマットのリファレンスカラーも表示できるようになるようです。

ディスプレイのサイズ調整モード

ディスプレイのサイズ調整をすることで、画面上の作業スペースが一段と広がります。ディスプレイのピクセル密度を増やすことで、アプリ内でより多くのものを表示できるようになります。

ゲーム機を目指すiPadくん

Metal 3でゲーム機能もよりハイスペックに進化します。

Metalに関する情報はこちらのページへどうぞ。

Metalの概要 - Apple Developer
Metalには、低オーバーヘッドのAPI、ハイレベルのシェーディング言語、緊密に統合されたグラフィックスと演算プログラム、GPUのプロファイル/デバッグ用の高度なツールセットが用意されているため、Appleプラットフォームでハードウェアアクセラレーターを使用するグラフィックスの強化が可能です。

詳細に解説したいところですが、ゲーム用のサイトではないので、別サイトで解説するかも。

ぶちくま創作ベース
ゲームと音楽と副業の「趣味でまったりお金を稼ぐ」サイト
スポンサーリンク

iPadOSに関する基本的なこと

iPad OSに関する基本的な情報をまとめています。

iPadOSとiOSの違い

iPadOSは2019年のVer.13からiOSから独立しました。

iOSとは何が違うのか

iPadOSとiOSの最大の違いは、利用できるデバイスが「iPad」と「iPhone」で異なること。当たり前の話ですが、これまでは同じOSでやってきたのにあえて分離したのには理由があります。

iOSはもともとMacのようなパソコンを動かすOSを簡易にしたようなものが使われていましたが、徐々にモバイルユーザー層が厚くなり、iOSに新機能が登場するように開発の比重が変化していきました。

iPadの登場は2010年ですが、ただスマホをでかくしただけのiPadが紆余曲折を経て市民権を得ているのは、やはりユーザーの需要は細かく異なり、かつ変化しているからです。

iPad登場時はiPhoneの画面がもっと小さかった中で「もっと大画面で」からiPadが生まれた。モバイルとコンテンツ利用ではデバイス適性が異なるため、ただ「できる」ことと、「もっと楽しむ」にユーザーが反応するようになった結果だと思います。

つまり、iOSでも「できる」ことが、iPadでやりたいことと若干の乖離が見られるようになり、それぞれが独自に進化する必要性が生まれたことで、iOSとiPadOSが別れることになった、と考えられます。

MacOSとの違い

タブレットとしての機能を高めたiPadOSですが、iPadの機能が進化するほどに、今度はMacOSとの差別化も必要となってきました。

さらに、現在はMacも利用するチップが「M1」という、Appleの独自のSoCとなっています。

このM1チップ、iOSも起動できるようになっており、将来的にはアプリの利用はすべてのデバイスでシームレスに横断できるようになるのではないか、と私は考えています。

現在は、iPadOSとMacOSは「モバイル型タブレット」と「パソコン」という明確な役割の違いがありますが、数年もすれば開発も利用環境も横断しやすい形態に変わっていくと妄想しています。

iPadOSが更新されるタイミング

iPadOSが更新・アップデートされる時期についてまとめました。

最新のiPadOSはいつ登場する?

過去のiPadOSの更新タイミングを見ると、例年9月更新の可能性が高いです。先んじてAppleのイベントが開催されるため、そこでの発表を待つことになります。

過去のiPadOSの更新タイミング

バージョンリリース日
iPadOS 13.x2019年9月24日
iPadOS 14.x2020年9月16日
iPadOS 15.x2021年9月21日
iPadOS 16.x2022年9月

iPadの購入に関する情報まとめ

当サイトのiPadに関する情報や、関連する記事などのリストを載せておきます。興味があるものがあれば、ぜひ、読んでみてください。

HomePodの関連記事一覧

HomePodのセールに関する情報はこちら。

HomePodを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
HomePod(mini)を買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

HomePodに関連する情報は以下記事にまとめてあります。

HomePodの設定、最初に知っておくこと

iPhoneのトラブル対策の記事一覧

iPhoneを交換する
バックアップする

iPhone端末に関する記事一覧

Apple Musicの記事一覧

iCloudに関する記事一覧

ファミリー共有に関する記事

Appleの最新情報記事一覧

iPhoneやiPad、AppleWatchじゃない、Apple製品の記事一覧です。

AirPods

AirPodsのセールに関する情報はこちら。

AirPodsを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AirPodsを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。
AirTag

AppleWatchの関連記事一覧

AppleWatchを購入するときに参考にしたいことはこの記事にまとめています。

「AppleWatch Series8対応」現役でも使えるモデルはどれ?
AppleWatchの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

AppleWatchのセールに関する情報は別サイトでまとめています。

AppleWatchを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AppleWatchを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

以下、AppleWatchについて知りたい場合に参考になる記事をまとめておきました。

スポンサーリンク

過去のOS変更点

過去のOS変更点をまとめておきます。

2021年iPad OS15の概要

  • マルチタスク機能がより充実(フルスクリーンモード/Split Viewモード/Slide Overモードの切り替えなど)
  • センターウィンドウの活用
  • クイックメモの登場
  • キーボードショートカット
  • ホーム画面にウィジェット表示
  • Appライブラリの改善
  • FaceTimeのSharePlay機能
  • 写真のメモリー機能が進化
  • 通知要約
  • ミー文字がさらに進化
  • iCloud+
  • ユニバーサルコントロールでMacと連携

2020年iPad OS 14の新機能

2020年の新モデル登場に合わせてiPad OSが14に更新されます。発表されている内容をもとに、「たぶんこれは実生活に役立つ」という情報をお届けしていきます。

Apple Pencilが便利になる

iPadは進化を続け「ノートパソコンを超える」ことを一つの目標にしてきましたが、iPadである理由としてはむしろ「Apple Pencilをもっと使いやすく」という点も大事なのかな、と思います。

テキストフィールドへの書き込み
ApplePencilで直接書き込めるテキストフィールド
狭いテキストフィールドをはみ出しても良さそう

現時点では(たぶん)日本語には対応していないのが残念なところですが、テキストフィールドにApple Pencilで直接文字を書き込めるようになり、かつ、文字を自動で認識して変換してくれるようになりました。

ぶちくま
ぶちくま

Apple Pencilでの作業中に、キーボードを立ち上げる必要がなくなり、より直感的に、スピーディな操作が可能になりました。

テキストフィールドとは

テキストフィールドは、文字が入力できる場所です。

そのまんまなんですけど、実は「テキストエリア」という言葉もあって定義は少しややこしいです。

テキストフィールドは基本的には1行のみ入力できる場所です。「検索」や「パスワード」「個人情報」の入力などに使われます。

実生活で使い分けることはないと思いますし、たぶん、iPad OSでの入力もテキストフィールド、テキストエリア共に対応しているような気はします。

Pencil操作ショートカット

ショートカットと呼んでいいのかわかりませんが、文字の修正やコピペなども、「文字を擦る」「該当部分を丸で囲む」などで行えるようになりました。

ぶちくま
ぶちくま

これで、もっと直感的にPencil作業ができそうですね!

メモアプリ上では、手書きの文字を認識する範囲を決めて選択できる
Apple Pencilでメモアプリをもっと使いやすく
手書き文字を認識している

例えば100%手書きで作り上げたノートの一部の手書きテキストをなぞって「コピーする範囲・テキストに置き換える」などの操作が可能になりました。やばい。

ウィジェットが使いやすくなる

iPadのウィジェットエリアが使いやすくなる

ウィジェットを使いこなせている方は少数派だと思いますが、ウィジェットエリアはとても便利です。

iPad OS 14ではウィジェットエリアに表示できる情報のサイズなどを調整できるようになりました。

その他にも、「検索」「通知」がみやすくなり、サイドバー、プルダウンメニューなどがみやすくなるように改良されました。

ウィジェットエリアに表示できるもの
iPhoneのウィジェットエリア
iPhoneだとこんな感じでした

そもそも、ウィジェットエリアってなんだ?という方も多いかと思います。

ウィジェットエリアは、見たい情報、ショートカット操作など「すぐに確認・実行したい機能」などを自分で選んで表示させることができる場所です。

ウィジェットエリアに表示できるもの
  • アクティビティ
  • カレンダー
  • 連絡先
  • FaceTime
  • ファイル
  • メール
  • マップ
  • ミュージック
  • News
  • メモ
  • 電話
  • 写真
  • Podcast
  • リマインダー
  • ショートカット
  • 株価
  • ヒント
  • TV
  • 天気
ぶちくま
ぶちくま

つい、欲張っていろいろ表示させがちですが、一目で確認できる範囲に制限した方が、ウィジェットの意味合いとしては大きいと思います。

ウィジェット設定方法

蛇足ですが、ウィジェットの確認と設定方法をさらっとだけ書いておきます。

  1. 右フリックでウィジェットを表示
  2. ウィジェット部分を下フリックで「編集」をタップ
  3. 緑の「+」で追加したい項目を選ぶ
  4. 赤の「−」はウィジェットから表示させない場合に選ぶ
  5. 各項目の右側のメニューバー「≡」を押しながら表示位置を変える
ぶちくま
ぶちくま

おすすめとしては、iPadなら常時表示でカレンダーやリマインダーなどの予定を表示させます。

ファイルがさらに使いやすく

iPadがパソコンよりも使いやすくなっています。

もともと、iCloudにファイルを入れておけば、パソコン関連のデータとの連続性は保たれて痛いのですが、データ周りについてはもう、パソコンを経由する項目は一つもなくなった、そう言えそうです。

iPad OS14でできること
  • USBドライブ、SDカードの接続が可能
  • SMBファイルへのログインをファイルアプリからできるように
  • ファイルアプリ上で、マークアップ、回転、PDF作成などが簡単にできるように
  • ローカルストレージの実装
  • Zipファイルの圧縮/解凍
  • キーボードショートカットの追加
ぶちくま
ぶちくま

ファイル関連は、iPadOSの更新のたびに改善されていますが、本当にiPadがパソコンの代わりになるようになりましたね。

カスタムフォントを使う

実は、ファイルアプリの導入以後、もともとフォントの変更は簡単にできるようになっていました。

AppStoreでカスタムフォントを入手できるように

今回の変更では、システムと連動することで、各アプリでも使用しやすくなり、しかもAdobeやモリサワなどのフォントがApp Storeでダウンロードできるので、クリエイターだけではなく、一般の方が興味を持ってフォント変更を楽しめるようになりました。

フォントのインストールの仕方

App Storeでフォントを入手して、iPadで作成した書類に使うことができます。

Any Fontなどのアプリを使うのが一番スムーズですけどね。

AnyFont

AnyFont

Florian Schimanke¥250posted withアプリーチ

1. App Storeからフォントが含まれるAppをダウンロードしたら、フォントAppを開き、フォントをインストールします。

2. インストールしたフォントを管理するには、「設定」>「一般」>「フォント」と選択します。

https://support.apple.com/ja-jp/guide/ipad/ipad9b4cea76/ipados

拡張現実ARキット

これからのアプリの可能性を広げる、AR機能が向上します。とは言え、一般ユーザーレベルでは、まだ大きな変化を体感しづらい部分ではありますが。

Depth APIをアプリに適応できる

精密な測定をしたり、ユーザーの環境にエフェクトを適用するといった、新しい機能をAppに搭載できるようになります。

https://developer.apple.com/jp/augmented-reality/arkit/

これは、名前の通り、カメラで奥行きを正確に把握するための機能で、例えば、身体測定などがより正確に可能になります。

家づくり系アプリでも紹介したような気はしますが、これからの時代は「部屋の採寸をして、そのまま似合う家具をネットで探せる」ようになります。

家づくりでお勧めしたい厳選アプリ集【注文住宅・新築必見】
家づくりで実際に役立つアプリを新築をやり遂げた30代男性ブロガーが紹介します。「家づくり」は実際には複数のカテゴリの専門知識が必要となるので、アプリを便利に使うことで実に効率よく新築・注文住宅を計画できます。
ぶちくま
ぶちくま

現地でチェックしないとわからない大型家具が失敗なく置けるようになるし、搬入ルートの計測にも利用できるから引越しの際にも安心ですね。

AR Kit4とは

先述のDepth APIを含む、最新のAR Kitです。ざっくりとした内容は以下の3点。

  • Depth API
  • ロケーションアンカー
  • フェイストラッキング
ぶちくま
ぶちくま

実用レベルだと、ミー文字の表情認識精度が上がったり、特定の場所にオブジェクトを設置して「仮想空間体験」ができるようになったりします。

しろくまさん
しろくまさん

観光地なんかは、忠臣蔵を再現したAR作品を設置しておいたりして臨場感を演出できたりするわけですね。しかも、自分のスマホで楽しめるから利用しやすいし、デバイス費用が浮かせられる。

ARKit 6 - 拡張現実 - Apple Developer
ARKitの最新機能を利用して、Appleプラットフォームでインパクトのある拡張現実体験を創造しましょう。

メッセージアプリも進化

メッセージアプリも革新します。

チャットをピンで固定

メッセージアプリの上部に、特定の会話を固定できます。他のグループスレッドをしている最中にも確認できるようになりました。

ミー文字のバリエーション追加
  • ヘアースタイル
  • 帽子
  • フェイスカバー

たぶん、もっと追加されていると思いますが。

マップの変更点をまとめる

マップでは、新機能として自転車、EV用の経路を探索できるようになり、シティガイドも追加されました。

自転車での経路表示

自転車に乗っていることを想定して、マップ上の勾配や道路の混雑状況が表示されるようになります。階段の有無も把握できるようです。

電気自動車の経路

EVステーションが表示されるようになるとのこと。こちらは日本での対応は遅れるのではないかと予想。

シティガイドはどんな機能?
Appleのシティガイド、マップの変更点

レストラン、アトラクションなどの情報が表示されるようになります。

情報源は、AllTrails、Complex、The Infatuation、TimeOut Group、ワシントン・ポストなどが挙げられています。

ぶちくま
ぶちくま

日本での対応は時間差になるかもしれませんね。

ホームアプリで簡単スマートホーム

ホームアプリも使い勝手が良くなりました。

オートメーションの提案

スマートホームのコントロールがやりやすくなるとのこと。

ぶちくま
ぶちくま

我が家ならHomePodの連携がよくなればいいのですが、今回は影響なさそう。

照明の色温度調整

Homekit対応の照明自体が少ないのですが、おそらく時間帯(あるいはiPad の光量センサー)に適応して色温度を調整するようになります。

新築での失敗しない照明の選び方【スマートホームガイド】
家を建てて3年ほど経過しましたが、「照明」は失敗の多い事案だなと痛感しているので記事にまとめました。各部屋の注意点や失敗ポイント、基本的な知識をまとめました。
画像認識をHomekitカメラにも適応

テレビドアホンやカメラで家族・友人を認識できるようになりました。

ぶちくま
ぶちくま

ただ、対応しているHomekitセキュアカメラが、ほとんど見かけないという。。。

活動ゾーン

重要エリアを活動ゾーンとして監視できるように。動きがあったときにアラート通知。

顔認識

iPhoneやiPadのカメラだけではなく、Homekitで接続されたカメラから表示される映像に関しても適応されます。

Safari、ブラウザの機能更新

少し疲れてきたので、飛ばし気味に。

プライバシーレポート

ウェブサイトのプライバシーの取り扱いがわかる、ということらしいのがいまいちピンときませんね。

ぶちくま
ぶちくま

Appleはプライバシーや個人情報の取り扱いはかなり丁寧な印象なのですが、何をしているかわからんというのももったいない話ですね。

パスワード管理

あなたの保存したパスワードが、データの漏えいで侵害されていないことを確認するために。Safariはパスワードを安全な状態で監視します。

https://www.apple.com/jp/ipados/ipados-preview/

もともと、クラウド上でAppleはパスワードを管理していてくれたのですが、さらにパスワードが適正かどうかをチェックしてくれる機能が追加されたみたいですね。

JavaScriptの高速化

Windowsよりすごいらしい。

Air Podsとの連携が強化

  • バッテリーの通知
  • 自動切り替え
  • ヘッドフォン調整
  • AppleTVでのオーディオ共有

Siriの対応する情報量が増える

  • ウェブから回答を探す
  • オーディオメッセージに返信する

プライバシー管理について

  • App Storeのプライバシー情報
  • 録音と録画のインジケータ
  • Appleでサインインの強化
  • 現在位置のぼかし

iPad OS14に対応するデバイス

  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第1世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air 2

https://www.apple.com/jp/ipados/ipados-preview/features/

iPad
Apple製品を買うならちょっと待って!

Apple製品をご購入を検討の方におすすめの情報です。

楽天リーベイツで公式ショップのお買い物をすると

楽天リーベイツはご存知でしょうか。楽天経済圏に暮らす方にとってはポイントも「お金」と同じ価値になることは実感されるところだと思います。このポイントが溜まりやすくなるアプリです。

ぶちくま
ぶちくま

「ポイント貯めるのとか面倒」という方は、年間の損失額は結構えぐいことになっていますよ!

しろくまさん
しろくまさん

こういう細かいことをないがしろにできる人はサービス残業とかも平気そう。

面倒くさいな、と思った方も大丈夫。アプリで普通に買い物すればポイントがつく、くらいの感じなので本当に簡単ですよ。

普通はポイントがつかない公式ショップも対象

私が楽天Rebatesをお勧めするのは、ポイ活民でも二重取りしにくい「Apple公式オンラインショップ」をはじめとした「ほぼ定額の商品」でもポイントが発生すること。

しかも、やり方は簡単で、アプリ経由で気になる公式ショップをタップするだけ。リストは一例だけで、「あれはあるかな」は大体あります。

  • Apple
  • Microsoft
  • ヤマダ電機
  • Omni7/アカチャンホンポ
  • Edion
  • コジマネット
  • ノジマオンライン
  • Dyson
  • Joshin
  • Book-off
しろくまさん
しろくまさん

au Pay マーケットもポイントつくけど、複雑だけどお得なのはわかるね。

ぶちくま
ぶちくま

少し気になるだけの方も、情報収集で公式HPを眺めがてら、ぜひ利用してみてください!

全ての商品が対象というわけではないので、どういう商品が対象なのかも確認してみてください。

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました