「AirPods Pro2対応」まだ現役、中古で買うべきモデルはどれ?

スポンサーリンク

最新のAirPods Proが発表されました。

最新のAirPods Proの情報をまとめつつ、今こそ買うべき、まだまだ利用できるAirPods Proの情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

最新のAirPods Pro情報

最新のAirPods Pro2が発表されましたので、簡単に情報をまとめておきます。

AirPods Pro (第2世代)の購入方法

AirPods Pro(第2世代)の購入方法についてまとめます。

予約・注文開始日

日本時間9月9日午後9時

発売日

2022年9月23日発売予定。

最新端末AirPods Pro(第2世代)の価格

最新AirPods Proの価格は以下の通りです。

39,800円(税込)

過去機種からの変更・改善点

最新のAirPods Pro、何が変わったのかを端的にまとめていきます。

新端末でできるようになったこと

AirPods Pro 第2世代で進化したこと

最新モデルでは、以下のことができるようになりました。

  • H2チップ搭載
  • ノイズキャンセリング性能が2倍向上
  • 4サイズのシリコーン製イヤーチップ
  • 毎秒48,000回ノイズを低減
  • 操作性が向上(音量調整がスワイプ)
  • アダプティブイコライゼーション
  • 本体だけで6時間、ケース使用時は30時間の再生時間(バッテリー)

最新AirPods Proの基本スペック

スペックに興味がない方にも、「数字の意味合い」についても少し解説しながら、最新AirPods Proの仕様についてまとめていきます。

オーディオテクノロジー

  • 専用の高偏位Appleドライバ
  • 専用のハイダイナミックレンジアンプ
  • アクティブノイズキャンセリング
  • 適応型環境音除去
  • 均圧のための通気システム
  • パーソナライズされた空間オーディオと、ダイナミックヘッドトラッキング
  • アダプティブイコライゼーション

センサー

  • デュアルビームフォーミングマイク
  • 内向きのマイク
  • 肌検出センサー
  • 動きを感知する加速度センサー
  • 音声を感知する加速度センサー
  • タッチコントロール

チップ

  • Apple H2ヘッドフォンチップ
  • MagSafe充電ケースに搭載されたApple U1 チップ

コントロール、操作性に関すること

  • 1回押す:再生、一時停止、電話に応答
  • 2回押す:次の曲にスキップ
  • 3回押す:前の曲にスキップ
  • 長押し:アクティブノイズキャンセリングと適応型環境音除去を切り替え
  • 上下にスワイプ:音量を調節
  • 「Hey Siri」:曲の再生、電話の発信、経路のチェックなどの操作が可能

耐汗耐水性能に関すること

耐汗耐水性能(IPX4):AirPods Proと充電ケース

サイズと重量(左右各)

AirPods本体
  • 高さ:30.9 mm
  • 幅:21.8 mm
  • 厚さ:24.0 mm
  • 重量: 5.3 g
充電ケース
  • 高さ:45.2 mm
  • 幅:60.6 mm
  • 厚さ:21.7 mm
  • 重量:50.8 g

バッテリー、再生時間に関すること

充電

MagSafe充電器、Apple Watchの充電器、Qi規格の充電器、Lightningコネクタに対応

バッテリー
AirPods Pro
  • 1回の充電で最大6時間の再生時間(空間オーディオとヘッドトラッキングを有効にした場合は最大5.5時間)
  • 1回の充電で最大4.5時間の連続通話時間
AirPods Pro(MagSafe充電ケースを使用した場合)
  • 最大30時間の再生時間
  • 最大24時間の連続通話時間
  • 充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間
スポンサーリンク

AirPods Proの中古市場情報が知りたい

2022/09/08現在で、どの世代のAirPods Proを購入すべきか考えていきます。

AirPods Proに対応している機種はどれ?

最新OSに対応しているAirPods Proについての情報です。OSにさえ対応していれば、最新端末ほどではなくても十分に利用可能な機種だと言えます。

AirPods Proに対応しているシステムは?

2022/09/08現在のAirPods Proに対応しているシステム環境のリストです。詳細は公式HPをご確認ください。

  • iOSの最新バージョンを搭載したiPhone、iPod touchのモデル
  • iPadOSの最新バージョンを搭載したiPadのモデル
  • watchOSの最新バージョンを搭載したApple Watchのモデル
  • macOSの最新バージョンを搭載したMacのモデル
  • tvOSの最新バージョンを搭載したApple TVのモデル

AirPods Proの対応機種、互換性リスト

AirPods Proが利用できるAppleデバイスなどについても載せておきます。

iPhone
  • AirPods ProiPhone 13 mini
  • AirPods ProiPhone 13
  • AirPods ProiPhone 13 Pro
  • AirPods ProiPhone 13 Pro Max
  • AirPods ProiPhone 12 mini
  • AirPods ProiPhone 12
  • AirPods ProiPhone 12 Pro
  • AirPods ProiPhone 12 Pro Max
  • AirPods ProiPhone 11
  • AirPods ProiPhone 11 Pro
  • AirPods ProiPhone 11 Pro Max
  • AirPods ProiPhone XS
  • AirPods ProiPhone XS Max
  • AirPods ProiPhone XR
  • AirPods ProiPhone X
  • AirPods ProiPhone 8
  • AirPods ProiPhone 8 Plus
  • AirPods ProiPhone 7
  • AirPods ProiPhone 7 Plus
  • AirPods ProiPhone 6s
  • AirPods ProiPhone 6s Plus
  • AirPods ProiPhone SE(第2世代)
  • AirPods ProiPhone SE(第1世代)
Apple Watch
  • Apple Watch Series 7
  • Apple Watch Series 6
  • Apple Watch SE
  • Apple Watch Series 5
  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Series 3
  • Apple Watch Series 2
  • Apple Watch Series 1
Apple TV
  • Apple TV 4K
  • Apple TV HD
iPod
  • iPod touch(第7世代)
iPad
  • 12.9インチiPad Pro(第5世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 11インチiPad Pro(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 11インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad(第9世代)
  • iPad(第8世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air 2
  • iPad mini(第6世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad mini 4
Mac
  • MacBook(Retina、12インチ、Early 2015–2017)
  • MacBook Air(11インチ、Mid 2012–Early 2015)
  • MacBook Air(13インチ、Mid 2012–2017)
  • MacBook Air(Retina、13インチ、2018–2020)
  • MacBook Air(M1、2020)
  • MacBook Pro(Retina、13インチ、Late 2012–Early 2015)
  • MacBook Pro(Retina、15インチ、Mid 2012–Mid 2015)
  • MacBook Pro(13インチ、Mid 2012–2020)
  • MacBook Pro(15インチ、Mid 2012–2019)
  • MacBook Pro(13インチ、2020、2つのポート)
  • MacBook Pro(13インチ、2020、4つのポート)
  • MacBook Pro(13インチ、M1、2020)
  • MacBook Pro(14インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2019)
  • iMac(21.5インチ、Late 2012–2017)
  • iMac(27インチ、Late 2012–Late 2013)
  • iMac(Retina 4K、21.5インチ、Late 2015–2019)
  • iMac(Retina 5K、27インチ、Late 2014–2020)
  • iMac(24インチ、M1、2021)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac mini(Late 2012–Late 2018)
  • Mac mini(M1、2020)
  • Mac Pro(Late 2013–2019)

最新端末の登場で、中古市場はどう変わる?

AirPods Pro2が登場することで、どのAirPods Proがお買い得になるか情報をまとめていきます。

AirPods Proのひとつ前の世代「AirPods Pro」はお買い得?

調べてみたところでは、最新AirPods Proのひとつ前の世代である「AirPods Pro」に関しては、現在(2022/09/08)のところでは以下のように取引されています。

公式ストア

AirPodsProの公式オンラインショップはこちらです。

AirPods Pro
AirPods Proの魅力は、アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード、空間オーディオ、そしてカスタマイズできる装着部分。好きな言葉を無料で刻印することもできます。

ちなみに、公式オンラインショップを利用する場合には、楽天リーベイツを利用すると楽天ポイントで還元されてさらにお得です。

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

AirPods Proのセール情報

AirPods Proを含めたApple製品のセール情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。
スポンサーリンク

比較用、過去のAirPods Pro情報

過去の端末情報をまとめておきます。

AirPods Pro(無印、第一世代、2019年モデル)との比較

AirPods Proと最新モデルを比較するための情報をまとめておきます。

AirPods Proの概要

  • アクティブノイズキャンセリング(外部のノイズを遮断)
  • 外部音取り込みモード(周囲の音が聞こえる)
  • 空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング
  • アダプティブイコライゼーション(耳の形に合わせて自動で最適化)
  • 3サイズ用意されたソフトな先細のシリコーン製イヤーチップ
  • 感圧センサー(再生などのコントロール、電話への応答と通話終了などの操作)
  • 耐汗耐水性能
  • MagSafe 充電ケースを含めて、合計再生時間は24時間以上
  • Siriにも簡単アクセス
  • Appleデバイス同士なら設定は簡単

AirPods Proと普通のAirPodsの違い

購入する際に悩みがちな「AirPods」と「AirPods Pro」の違いを比較します。

買うときにチェックしたいポイント

  • 価格差は、ProとAirPods無印で1万円以上違う
  • 性能の違いは、「アクティブノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」
  • 形状や耳へのフィット感などの調整もProはケアできる

イヤホンに関しては、音質の違いよりは「つけ心地」を最優先に考えるべきで、長時間耳につけていても違和感のないものを選ぶことをお勧めします。

機能面での違いは「ノイキャン」などの、いわゆるハイエンドモデルのイヤホン機能を必要とするかどうか。

考えようによっては、ノイキャンなどのレベルの高いワイヤレスイヤホンが3万円強で手にはいるなら、AirPods Proの方がお買い得とも言えますし、そもそもイヤホンにそんなにお金かけたくない、という場合には、そもそもAirPodsが選択肢から外れます。

ただ、高いな、という金銭的なハードルは中古品などを視野に入れることで解決できます。ちゃんと消毒すれば他の人が使ったイヤホンでも使える、という方はいるはず。

スペック比較表

性能・機能の違い
項目
AirPods(第2世代)AirPods(第3世代)AirPods Pro
価格19,800円(税込)27,800円(税込)3,8800円(税込)
アクティブノイズキャンセリング
外部音取り込みモード
空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング
耐汗耐水性能○(IPX4)○(IPX4)
チップH1H1H1
Siri対応
再生可能時間564.5
充電ケース使用時243024
充電ケース充電ケースMagSafeMagSafe
感圧センサー感圧センサー感圧センサー
サイズの違い
本体のサイズAirPods(第2世代)AirPods(第3世代)AirPods Pro
高さ40.5 mm30.79 mm30.9 mm
16.5 mm18.26 mm21.8 mm
厚さ18.0 mm19.21 mm24.0 mm
重量4 g4.28 g5.4 g
充電ケースのサイズ充電ケースMagSafe充電ケースMagSafe充電ケース
高さ53.5 mm46.40 mm45.2 mm
44.3 mm54.40 mm60.6 mm
厚さ21.3 mm21.38 mm21.7 mm
重量38.2 g37.91 g45.6 g

各モデルの現在の販売価格

プロを含めて、AirPodsが今、いくらで取引されているのかを確認していきます。

AirPods Proの2022/10/05の価格

AirPods Pro(2019)
AirPods Pro2(2022)

販売されてから確認します。

AirPodsの2022/10/05の価格

AirPods 第3世代
AirPods 第2世代
スポンサーリンク

まとめ:AirPods Pro、中古も考えるなら「初代」が買い時

新世代が登場したところで、旧世代も含めてAirPods Proの市場価格が変動しています。

スマホが高額化していることもあり、必ずしも最新機種がお買い得とは言えない中で、自分に合ったAirPods Proを選んでいくことが大切です。

最後にこのページの内容をまとめておきますので、買い替え・中古売買などの参考にしてみてください。

AirPods Pro、買い換えるならどのモデル?

AirPods Proの買い替えのポイントとして、まずはどれを買うべきかをまとめます。

最新のAirPods Proを買うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

中古モデルを狙うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

最新AirPods Proと中古市場、よくあるQ&A

Q
最新のAirPods Proは「買い」ですか?
A

最新のAirPods Proを買う場合には、「いつ売るか」を考えるのが大事です。

リセールバリューの高いAirPods Proの場合は、購入時の価格と数万円も差が出ずに売却することができます。

そのため、あまり長く持ちすぎて中古販売価格が安くなりすぎる場合は最新機種を買うメリットは薄れます。

長く使うAirPods Proを探している場合には「購入価格でのコスパ」が良い中古モデルを選ぶのが良いと思います。

Q
流石にAirPods Proは売れないのでは?
A

AirPodsは、「片耳だけ無くす」人が多いので、供給はかなり多いです。片耳分だけですけど。

片耳分だけとはいえ、充電ケースと左、右のAirPods Proが存在すれば同期は可能です。片耳だけ不良品の時に交換してもらうケースは往々にしてありますからね。

ただ、片耳だけを欲しがる人も多いということで、両方を揃えるためのコスト、意外と高くついてしまいます。

Q
コスパのいいAirPods Proモデルはどれ?
A

一つ前の世代であるAirPods Proが値下がりを見せていますが、2022/09/08時点で言えば「初代(2019年モデル)」の方がお買い得です。

AirPods Proはこれから中古市場へ供給が始まるので値下がりはしますが、底値と言えるタイミングを見計らうのは割と消耗します。

「初代(2019年モデル)」はほぼ底値なので、中古市場にポンと出たお値打ち品をさっと買ってしまうのが得策だと思います。

Q
AirPods Proにおすすめの買い替え時期はありますか?
A

AirPods Proの新モデルが登場するのは、例年「9〜11月」のイベントで発表されてからとなります。恒例行事となっているため、新品・中古市場は早めに動き出すので、「8月」ごろに値下げが始まればそこを一度目の底値と考え、買ってしまうのも良いと思います。

ひとつ前のモデルに関しては、中古の供給量は増えるものの、需要も安定しているためすぐに値下がりするわけではありません。むしろ狙うべきはもうひとつ前のシリーズだと言えます。

Apple最新情報
Apple製品を買うならちょっと待って!

Apple製品をご購入を検討の方におすすめの情報です。

楽天リーベイツで公式ショップのお買い物をすると

楽天リーベイツはご存知でしょうか。楽天経済圏に暮らす方にとってはポイントも「お金」と同じ価値になることは実感されるところだと思います。このポイントが溜まりやすくなるアプリです。

ぶちくま
ぶちくま

「ポイント貯めるのとか面倒」という方は、年間の損失額は結構えぐいことになっていますよ!

しろくまさん
しろくまさん

こういう細かいことをないがしろにできる人はサービス残業とかも平気そう。

面倒くさいな、と思った方も大丈夫。アプリで普通に買い物すればポイントがつく、くらいの感じなので本当に簡単ですよ。

普通はポイントがつかない公式ショップも対象

私が楽天Rebatesをお勧めするのは、ポイ活民でも二重取りしにくい「Apple公式オンラインショップ」をはじめとした「ほぼ定額の商品」でもポイントが発生すること。

しかも、やり方は簡単で、アプリ経由で気になる公式ショップをタップするだけ。リストは一例だけで、「あれはあるかな」は大体あります。

  • Apple
  • Microsoft
  • ヤマダ電機
  • Omni7/アカチャンホンポ
  • Edion
  • コジマネット
  • ノジマオンライン
  • Dyson
  • Joshin
  • Book-off
しろくまさん
しろくまさん

au Pay マーケットもポイントつくけど、複雑だけどお得なのはわかるね。

ぶちくま
ぶちくま

少し気になるだけの方も、情報収集で公式HPを眺めがてら、ぜひ利用してみてください!

全ての商品が対象というわけではないので、どういう商品が対象なのかも確認してみてください。

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました