PR

「AirPods Pro2対応」まだ現役、中古で買うべきモデルはどれ?

スポンサーリンク

最新のAirPods Proが発表されました。

最新のAirPods Proの情報をまとめつつ、今こそ買うべき、まだまだ利用できるAirPods Proの情報をまとめていきます。

AirPodsのセールに関する情報は、別サイトで随時更新しています。ぜひ、チェックしてみてください。

AirPodsを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AirPodsを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。
スポンサーリンク

最新のAirPods Pro情報

最新のAirPods Pro2が発表されましたので、簡単に情報をまとめておきます。

AirPodsに関する新着ニュース

AirPodsの新着ニュースをまとめていきます。

ニウラのEEG搭載イヤホンが脳の健康をスキャンし、気分に合わせて音楽を推薦

2023年9月22日の、脳の健康と音楽推薦に関する情報をお届けします。

  • ニウラは、脳活動を監視し、潜在的な健康問題を警告し、ユーザーの気分に合わせた音楽をマッチングするイヤホンを開発しました。
  • イヤホンは、FDAのクラスII医療分類の下で、脳の健康を監視する手頃な方法を提供します。
  • 同社のイヤホンは、他の競合製品よりもユーザー体験と快適性を向上させ、連続的にユーザーの脳活動を監視することができます。
追加情報/補足
  • ニウラの製品は、臨床、専門、個人の環境で使用でき、従来のEEG技術に比べて多用途です。
  • 同社は、イヤホン/ヘッドホンメーカーやバイオメディカル企業向けのライセンスプログラムを開始する予定です。
  • ニウラは、AIによる音楽推薦の潜在的な機能について、イヤホンのEEG電極の耳への近接性が、音楽とオーディオの処理に関与する聴覚皮質を効率的に監視することを可能にすると説明しています。
  • スタートアップは、シードラウンドで$550,000の資金を調達しようとしており、現在は30人のスタッフを雇用しています。

iPhone 15発表会でのAirPods Pro新モデルの予想

2023年9月5日の、Apple製品の最新情報に関するニュースをお届けします。

  • 9月12日(日本時間13日)のApple発表会では、iPhone 15シリーズと共に新型AirPods Proの発表が期待されています
  • 新型AirPods ProはUSB-C充電ポートを搭載する予想があり、それ以外の変更はないとのこと
  • EUのUSB-C充電義務化法案により、他のデバイスも徐々にUSB-Cポートへの移行が進む見込み
追加情報: USB-Cポートの採用背景と影響
  • EUのUSB-C充電義務化法案はスマートフォンだけでなく、タブレットやイヤフォン、ヘッドフォン、モバイルゲーム機などにも適用され、将来的にはラップトップにも拡大が予定されています
  • USB-Cポートの変更は消費者にとって歓迎される動きであるとの見解があります
  • 新型AirPods ProがUSB-Cポートを搭載することにより、今後のアップデートでUSB-Cポートへの焦点が薄れる可能性があります
iPhone 15といっしょに「AirPods Proの新モデル」が出るような、出ないような…
9月12日(日本時間では9月13日)開催のApple発表会。目玉となるiPhone 15シリーズ以外にも、ハードウェアの発表が期待されています。Phone 15は大型アプデが期待されていますが、中でも充電ポートがUSB-Cになるだろうことを...

Appleの「AirPods Max」結露問題

2023年8月25日の、Appleのヘッドホン「AirPods Max」の結露問題に関する情報をお届けします。

  • 2020年12月に発売された「AirPods Max」において、ユーザーが汗をかいたまま長時間装着すると、イヤーカップ内に結露が発生し、故障の原因となる報告が増えている。
  • 結露による主な影響は、「電源が突然オフになる」「デバイス接続失敗」「音楽再生不能」「工場出荷時の状態にリセット」「オーディオ品質低下」など。
  • 一部のユーザーは結露防止のため、イヤーカップ内にテープを貼ったり、乾燥剤と一緒に保管する対策を取っている。
補足情報
  • 結露トラブルは、2020年の発売当初から一部のユーザーから報告されていたが、2023年の猛暑や製品の劣化で、トラブル報告が増加している。
  • 2021年には、この結露問題に関して、Appleに対して集団訴訟が提起されている。
  • Appleの弁護士は「AirPods Maxは防水・耐水性能を持たない」と述べており、原告とApple間での和解には至っていない。
  • 修理業界のコンサルタントや海外メディアは、結露問題がAirPods Maxのイヤーカップがアルミニウム製であることが原因ではないかと指摘している。

AirPods Proでの「会話の支援機能」の活用方法

  • AppleのAirPods Proは、音楽や電話に加えて、補聴器としても機能可能。
  • AirPods Proの補聴器としての使用は、本物の聴覚補助具の代わりにはならない。
  • 聴力低下の問題がある場合は、医師に相談することが重要。
AirPods Proを補聴器として使う手順
  • AirPodsを装着し、iPhoneに接続。
  • iPhoneで、以下のメニューを順に選択:「設定>アクセシビリティ>オーディオ/ビジュアル>ヘッドフォン調整>カスタムオーディオ設定」。
  • 聴力検査の結果をもとに、カスタマイズされたオーディオ設定を作成。
  • 「外部音取り込みモード」で使用する際に、ソフトなサウンドの増幅を選択。
  • ただし、「ノイズキャンセリングモード」が有効の場合は、このオプションを使用できない。
その他の設定
  • 「外部音取り込みモード」を選択し、増幅や遮断する周囲の騒音の調整が可能。
  • 「会話を強調」を有効にすると、相手の声が聞き取りやすくなる。
  • 周囲の音を大幅に増幅する「ライブリスニング」機能が利用可能。
ライブリスニングの有効化手順
  • 「設定>コントロールセンター」を選択し、「聴覚」を追加。
  • 「コントロールセンター」を開き、耳のアイコンをタップして「ライブリスニング」を選択。

Apple AirPodsの新しいヘルスケア機能

  • Appleは、AirPodsを使用して脳波(EEG)、筋電図(EMG)、眼電図(EOG)などの生体信号を測定する特許を出願した。
  • 特許によると、AirPodsの筐体やイヤーチップには生体信号測定のための多数の電極が装着される予定である。
  • ユーザーはAirPods本体を指でタップすることで、脳波の測定を開始することができる。
追加情報/補足
  • 特許には、他に心電図、ガルバニック皮膚反応、容積脈波などの測定も可能と記載されている。
  • 電極の形状についても複数の案が検討されており、図表3と4に示されている。
  • Appleが以前に出願した別の特許によれば、AirPodsを使用して深部体温も測定することが可能であるとのこと。

iOS17でアップデート

  • iOS 17では、AirPodsのステムやAirPods Maxのデジタルクラウンを押すことで自分の声をミュート・ミュート解除できる機能が追加される。
  • 同じくiOS 17では、通話やオーディオのデバイス切り替えがよりスムーズに行えるようになる。
  • さらに、自動切り替え機能がスムーズになるアップデートが予定されている。
  • 会話感知機能も新たに追加される予定である。

聴覚テスト機能や体温測定機能などの新機能

GIGAZINEの記事によれば、Appleの次世代AirPodsには、新たな機能として聴覚テスト機能や体温測定機能が搭載される可能性があると報じられています。聴覚テスト機能により、ユーザーは専門の検査を受けることなく自分の聴覚の問題をスクリーニングすることができるでしょう。これは、さまざまなトーンとサウンドを再生して測定を行う機能です。また、AppleはFDAの認証を受けた補聴器機能を搭載したAirPodsを開発しているとも報じられており、これにより人混みや雑音の多い環境でも会話を聞き取りやすくすることができます。

体温測定機能の開発も進められており、これによりAirPodsにセンサーを追加して着用者の外耳道を介して体温を測定することができます。外耳道を使用した体温測定は、Apple Watchの皮膚温測定機能よりも正確であると考えられており、ユーザーは風邪や発熱を伴う病気を患っているかどうかを判断するのに役立つでしょう。

加えて、記者のマーク・ガーマン氏は、2023年に登場するとされるiPhone 15がLightningコネクタからUSB Type-Cコネクタに切り替えると予測しており、それに伴いAirPods Proの充電ケースもUSB-C対応になる可能性があるとされています。

これらの新機能のリリースは「数カ月または数年先」である可能性があるとされており、開発中の新しいAirPodsがすぐに発売されることはないとガーマン氏は推測しています

AirPods Pro (第2世代)の購入方法

AirPods Pro(第2世代)の購入方法についてまとめます。

予約・注文開始日

日本時間9月9日午後9時

発売日

2022年9月23日発売予定。

最新端末AirPods Pro(第2世代)の価格

最新AirPods Proの価格は以下の通りです。

39,800円(税込)

過去機種からの変更・改善点

最新のAirPods Pro、何が変わったのかを端的にまとめていきます。

新端末でできるようになったこと

AirPods Pro 第2世代で進化したこと

最新モデルでは、以下のことができるようになりました。

  • H2チップ搭載
  • ノイズキャンセリング性能が2倍向上
  • 4サイズのシリコーン製イヤーチップ
  • 毎秒48,000回ノイズを低減
  • 操作性が向上(音量調整がスワイプ)
  • アダプティブイコライゼーション
  • 本体だけで6時間、ケース使用時は30時間の再生時間(バッテリー)

最新AirPods Proの基本スペック

スペックに興味がない方にも、「数字の意味合い」についても少し解説しながら、最新AirPods Proの仕様についてまとめていきます。

オーディオテクノロジー

  • 専用の高偏位Appleドライバ
  • 専用のハイダイナミックレンジアンプ
  • アクティブノイズキャンセリング
  • 適応型環境音除去
  • 均圧のための通気システム
  • パーソナライズされた空間オーディオと、ダイナミックヘッドトラッキング
  • アダプティブイコライゼーション

センサー

  • デュアルビームフォーミングマイク
  • 内向きのマイク
  • 肌検出センサー
  • 動きを感知する加速度センサー
  • 音声を感知する加速度センサー
  • タッチコントロール

チップ

  • Apple H2ヘッドフォンチップ
  • MagSafe充電ケースに搭載されたApple U1 チップ

コントロール、操作性に関すること

  • 1回押す:再生、一時停止、電話に応答
  • 2回押す:次の曲にスキップ
  • 3回押す:前の曲にスキップ
  • 長押し:アクティブノイズキャンセリングと適応型環境音除去を切り替え
  • 上下にスワイプ:音量を調節
  • 「Hey Siri」:曲の再生、電話の発信、経路のチェックなどの操作が可能

耐汗耐水性能に関すること

耐汗耐水性能(IPX4):AirPods Proと充電ケース

サイズと重量(左右各)

AirPods本体
  • 高さ:30.9 mm
  • 幅:21.8 mm
  • 厚さ:24.0 mm
  • 重量: 5.3 g
充電ケース
  • 高さ:45.2 mm
  • 幅:60.6 mm
  • 厚さ:21.7 mm
  • 重量:50.8 g

バッテリー、再生時間に関すること

充電

MagSafe充電器、Apple Watchの充電器、Qi規格の充電器、Lightningコネクタに対応

バッテリー
AirPods Pro
  • 1回の充電で最大6時間の再生時間(空間オーディオとヘッドトラッキングを有効にした場合は最大5.5時間)
  • 1回の充電で最大4.5時間の連続通話時間
AirPods Pro(MagSafe充電ケースを使用した場合)
  • 最大30時間の再生時間
  • 最大24時間の連続通話時間
  • 充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間
スポンサーリンク

AirPods Proの中古市場情報が知りたい

2024/03/20現在で、どの世代のAirPods Proを購入すべきか考えていきます。

AirPods 中古市場セール情報

AirPods の中古販売セールがあった時に情報をまとめます。

AirPods 整備済み品登場速報

AirPods の整備済み品が登場した時に情報をまとめます。

Appleが第3世代AirPodsの整備済製品を北米で販売開始

  • 米国およびカナダで、Appleが第3世代AirPodsの認定整備済製品の販売をスタート。
  • Lightning充電ケース、MagSafe充電ケースともに定価から30ドル(約4,250円)の割引価格で提供。
  • しかし、日本では現時点での整備済製品の取り扱いは確認されていない。
補足情報
  • Appleが整備済製品としてAirPodsを取り扱うのは今回が初めて。
  • Apple認定整備済製品は厳格なテストプロセスを経て、最大15%引きの特別価格で提供される。

AirPods Proに対応している機種はどれ?

最新OSに対応しているAirPods Proについての情報です。OSにさえ対応していれば、最新端末ほどではなくても十分に利用可能な機種だと言えます。

AirPods Proに対応しているシステムは?

2024/03/20現在のAirPods Proに対応しているシステム環境のリストです。詳細は公式HPをご確認ください。

  • iOSの最新バージョンを搭載したiPhone、iPod touchのモデル
  • iPadOSの最新バージョンを搭載したiPadのモデル
  • watchOSの最新バージョンを搭載したApple Watchのモデル
  • macOSの最新バージョンを搭載したMacのモデル
  • tvOSの最新バージョンを搭載したApple TVのモデル

AirPods Proの対応機種、互換性リスト

AirPods Proが利用できるAppleデバイスなどについても載せておきます。

iPhone
  • AirPods ProiPhone 13 mini
  • AirPods ProiPhone 13
  • AirPods ProiPhone 13 Pro
  • AirPods ProiPhone 13 Pro Max
  • AirPods ProiPhone 12 mini
  • AirPods ProiPhone 12
  • AirPods ProiPhone 12 Pro
  • AirPods ProiPhone 12 Pro Max
  • AirPods ProiPhone 11
  • AirPods ProiPhone 11 Pro
  • AirPods ProiPhone 11 Pro Max
  • AirPods ProiPhone XS
  • AirPods ProiPhone XS Max
  • AirPods ProiPhone XR
  • AirPods ProiPhone X
  • AirPods ProiPhone 8
  • AirPods ProiPhone 8 Plus
  • AirPods ProiPhone 7
  • AirPods ProiPhone 7 Plus
  • AirPods ProiPhone 6s
  • AirPods ProiPhone 6s Plus
  • AirPods ProiPhone SE(第2世代)
  • AirPods ProiPhone SE(第1世代)
Apple Watch
  • Apple Watch Series 7
  • Apple Watch Series 6
  • Apple Watch SE
  • Apple Watch Series 5
  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Series 3
  • Apple Watch Series 2
  • Apple Watch Series 1
Apple TV
  • Apple TV 4K
  • Apple TV HD
iPod
  • iPod touch(第7世代)
iPad
  • 12.9インチiPad Pro(第5世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 11インチiPad Pro(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 11インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad(第9世代)
  • iPad(第8世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air 2
  • iPad mini(第6世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad mini 4
Mac
  • MacBook(Retina、12インチ、Early 2015–2017)
  • MacBook Air(11インチ、Mid 2012–Early 2015)
  • MacBook Air(13インチ、Mid 2012–2017)
  • MacBook Air(Retina、13インチ、2018–2020)
  • MacBook Air(M1、2020)
  • MacBook Pro(Retina、13インチ、Late 2012–Early 2015)
  • MacBook Pro(Retina、15インチ、Mid 2012–Mid 2015)
  • MacBook Pro(13インチ、Mid 2012–2020)
  • MacBook Pro(15インチ、Mid 2012–2019)
  • MacBook Pro(13インチ、2020、2つのポート)
  • MacBook Pro(13インチ、2020、4つのポート)
  • MacBook Pro(13インチ、M1、2020)
  • MacBook Pro(14インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2019)
  • iMac(21.5インチ、Late 2012–2017)
  • iMac(27インチ、Late 2012–Late 2013)
  • iMac(Retina 4K、21.5インチ、Late 2015–2019)
  • iMac(Retina 5K、27インチ、Late 2014–2020)
  • iMac(24インチ、M1、2021)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac mini(Late 2012–Late 2018)
  • Mac mini(M1、2020)
  • Mac Pro(Late 2013–2019)

最新端末の登場で、中古市場はどう変わる?

AirPods Pro2が登場することで、どのAirPods Proがお買い得になるか情報をまとめていきます。

AirPods Proのひとつ前の世代「AirPods Pro」はお買い得?

調べてみたところでは、最新AirPods Proのひとつ前の世代である「AirPods Pro」に関しては、現在(2024/03/20)のところでは以下のように取引されています。

公式ストア

AirPodsProの公式オンラインショップはこちらです。

AirPods Pro(第2世代)
AirPods Pro(第2世代)。適応型オーディオ、最大2倍の雑音を消すアクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード。そして、パーソナライズされた空間オーディオを届けます。

ちなみに、公式オンラインショップを利用する場合には、楽天リーベイツを利用すると楽天ポイントで還元されてさらにお得です。

当サイトでは楽天リーベイツアプリの掲載を終了しました。

AirPods Proのセール情報

AirPods Proを含めたApple製品のセール情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。
スポンサーリンク

比較用、過去のAirPods Pro情報

過去の端末情報をまとめておきます。

AirPods Pro(無印、第一世代、2019年モデル)との比較

AirPods Proと最新モデルを比較するための情報をまとめておきます。

AirPods Proの概要

  • アクティブノイズキャンセリング(外部のノイズを遮断)
  • 外部音取り込みモード(周囲の音が聞こえる)
  • 空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング
  • アダプティブイコライゼーション(耳の形に合わせて自動で最適化)
  • 3サイズ用意されたソフトな先細のシリコーン製イヤーチップ
  • 感圧センサー(再生などのコントロール、電話への応答と通話終了などの操作)
  • 耐汗耐水性能
  • MagSafe 充電ケースを含めて、合計再生時間は24時間以上
  • Siriにも簡単アクセス
  • Appleデバイス同士なら設定は簡単

AirPods Proと普通のAirPodsの違い

購入する際に悩みがちな「AirPods」と「AirPods Pro」の違いを比較します。

買うときにチェックしたいポイント

  • 価格差は、ProとAirPods無印で1万円以上違う
  • 性能の違いは、「アクティブノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」
  • 形状や耳へのフィット感などの調整もProはケアできる

イヤホンに関しては、音質の違いよりは「つけ心地」を最優先に考えるべきで、長時間耳につけていても違和感のないものを選ぶことをお勧めします。

機能面での違いは「ノイキャン」などの、いわゆるハイエンドモデルのイヤホン機能を必要とするかどうか。

考えようによっては、ノイキャンなどのレベルの高いワイヤレスイヤホンが3万円強で手にはいるなら、AirPods Proの方がお買い得とも言えますし、そもそもイヤホンにそんなにお金かけたくない、という場合には、そもそもAirPodsが選択肢から外れます。

ただ、高いな、という金銭的なハードルは中古品などを視野に入れることで解決できます。ちゃんと消毒すれば他の人が使ったイヤホンでも使える、という方はいるはず。

スペック比較表

性能・機能の違い
項目
AirPods(第2世代)AirPods(第3世代)AirPods Pro
価格19,800円(税込)27,800円(税込)3,8800円(税込)
アクティブノイズキャンセリング
外部音取り込みモード
空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング
耐汗耐水性能○(IPX4)○(IPX4)
チップH1H1H1
Siri対応
再生可能時間564.5
充電ケース使用時243024
充電ケース充電ケースMagSafeMagSafe
感圧センサー感圧センサー感圧センサー
サイズの違い
本体のサイズAirPods(第2世代)AirPods(第3世代)AirPods Pro
高さ40.5 mm30.79 mm30.9 mm
16.5 mm18.26 mm21.8 mm
厚さ18.0 mm19.21 mm24.0 mm
重量4 g4.28 g5.4 g
充電ケースのサイズ充電ケースMagSafe充電ケースMagSafe充電ケース
高さ53.5 mm46.40 mm45.2 mm
44.3 mm54.40 mm60.6 mm
厚さ21.3 mm21.38 mm21.7 mm
重量38.2 g37.91 g45.6 g

各モデルの現在の販売価格

プロを含めて、AirPodsが今、いくらで取引されているのかを確認していきます。

AirPods Proの2024/06/22の価格

AirPods Pro(2019)
AirPods Pro2(2022)

販売されてから確認します。

AirPodsの2024/06/22の価格

AirPods 第3世代
AirPods 第2世代
スポンサーリンク

まとめ:AirPods Pro、中古も考えるなら「初代」が買い時

新世代が登場したところで、旧世代も含めてAirPods Proの市場価格が変動しています。

スマホが高額化していることもあり、必ずしも最新機種がお買い得とは言えない中で、自分に合ったAirPods Proを選んでいくことが大切です。

最後にこのページの内容をまとめておきますので、買い替え・中古売買などの参考にしてみてください。

AirPods Pro、買い換えるならどのモデル?

AirPods Proの買い替えのポイントとして、まずはどれを買うべきかをまとめます。

最新のAirPods Proを買うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

中古モデルを狙うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

最新AirPods Proと中古市場、よくあるQ&A

Q
最新のAirPods Proは「買い」ですか?
A

最新のAirPods Proを買う場合には、「いつ売るか」を考えるのが大事です。

リセールバリューの高いAirPods Proの場合は、購入時の価格と数万円も差が出ずに売却することができます。

そのため、あまり長く持ちすぎて中古販売価格が安くなりすぎる場合は最新機種を買うメリットは薄れます。

長く使うAirPods Proを探している場合には「購入価格でのコスパ」が良い中古モデルを選ぶのが良いと思います。

Q
流石にAirPods Proは売れないのでは?
A

AirPodsは、「片耳だけ無くす」人が多いので、供給はかなり多いです。片耳分だけですけど。

片耳分だけとはいえ、充電ケースと左、右のAirPods Proが存在すれば同期は可能です。片耳だけ不良品の時に交換してもらうケースは往々にしてありますからね。

ただ、片耳だけを欲しがる人も多いということで、両方を揃えるためのコスト、意外と高くついてしまいます。

Q
コスパのいいAirPods Proモデルはどれ?
A

一つ前の世代であるAirPods Proが値下がりを見せていますが、2024/03/20時点で言えば「初代(2019年モデル)」の方がお買い得です。

AirPods Proはこれから中古市場へ供給が始まるので値下がりはしますが、底値と言えるタイミングを見計らうのは割と消耗します。

「初代(2019年モデル)」はほぼ底値なので、中古市場にポンと出たお値打ち品をさっと買ってしまうのが得策だと思います。

Q
AirPods Proにおすすめの買い替え時期はありますか?
A

AirPods Proの新モデルが登場するのは、例年「9〜11月」のイベントで発表されてからとなります。恒例行事となっているため、新品・中古市場は早めに動き出すので、「8月」ごろに値下げが始まればそこを一度目の底値と考え、買ってしまうのも良いと思います。

ひとつ前のモデルに関しては、中古の供給量は増えるものの、需要も安定しているためすぐに値下がりするわけではありません。むしろ狙うべきはもうひとつ前のシリーズだと言えます。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「apple eu デジタル」に関する最新情報です。

    EUのデジタル市場法に基づき、Appleが告発される可能性が報じられている。デジタル市場法は大手プラットフォーム企業を厳しく規制し、違反すると最大で全世界総売上高の10%の罰金が科せられる。Appleはアプリ開発者に料金を課すことなくApp Store以外のサービスに誘導する義務を順守していないとされており、告発が数週間以内に発表される見通し。罰金は1日平均世界売上高の5%以下に相当し、規制当局はまだ予備的な調査結果を出している段階。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDA2MTctYXBwbGUtY2hhcmdlZC11bmRlci1ldS1kbWEv0gEA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「airpods airpods pro pro」に関する最新情報です。

    米Appleは、AirPods Pro向けに秋に無料ソフトウェアアップデートを提供することを発表した。アップデートでは、首を振ることでSiriに応答したり、通話品質の向上を図る「声を分離」機能が追加される。これにより、プライバシーが守られた形でSiriと対話できる他、騒音環境でも相手の声を聞きやすくなる。このアップデートはAirPods Proだけでなく、AirPodsやAirPods Maxでも利用可能となる。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2406/11/news124.html

  3. buchikuma-info より:

    「airpods airpods pro pro」に関する最新情報です。

    Appleは、AirPods Pro(第2世代)のアップデートを発表し、Siriとのやりとりを首を振るだけで行えるようになる機能や通話品質の向上を実現した。新機能では、首を縦に振ると「はい」、横に振ると「いいえ」と応答できるようになり、混雑した場所での利便性が向上する。また、AirPods ProのH2チップと機械学習を活用し、周囲のノイズを取り除いて通話品質を向上させる「声を分離」機能も導入された。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2406/11/news133.html

  4. buchikuma-info より:

    「世代 ipad ipad mini」に関する最新情報です。

    Amazonで開催されているタイムセールでは、iPad mini(第6世代)が6%オフで販売中で、パワフルなA15 Bionicチップを搭載しています。さらに、AirPods Pro(第2世代)が17%オフで販売されており、ノイズキャンセリング機能が強化されています。また、Apple Pencil(第2世代)やApple Watch Series 8 GPS + Cellularモデルもお得な価格で購入できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3LnJvb21pZS5qcC8yMDI0LzA2LzEyNDIwNDAv0gEA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「性能 ipad タブレット」に関する最新情報です。

    2024年5月に新しいiPadが発表され、性能向上と価格上昇が注目されました。新しいiPadは動画視聴やWeb閲覧などの一般的な用途には性能が高すぎるため、価格とのバランスが問題となっています。従来のiPadを選ぶ際には、下位モデルの第10世代iPadが適しており、価格も引き下げられて購入しやすくなっています。今後は、アップル製品を選ぶ必要性やタブレットの選び方を見直す時期が訪れていると考えられます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS9tb2JpbGV0b3BpY3MtMTI4L9IBAA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「充電 qi ワイヤレス」に関する最新情報です。

    ベルキンがQi2に対応した3in1ワイヤレス充電器「Belkin Qi2 3-in-1 ワイヤレス充電パッド(WIZ022)」を発売。最大15Wの急速充電が可能で、iPhoneやAirPods、Apple Watchを同時に充電できる。13,091円でAmazon.co.jpで販売中。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNzk3Nzc4L9IBAA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「ipad mac 進化」に関する最新情報です。

    iPad ProはMacBookと並行進化しており、Magic Keyboardを装着したiPad ProはMacBookと見分けがつかないほど似ている。一部の人はiPadにmacOSを搭載する必要はないと主張しているが、iPad ProもMacのような機能を持つべきだという意見もある。iPadの進化は続いており、人工知能(AI)などの技術によってアプリも進化していく可能性がある。iPadはAppleに多くの売上をもたらしており、次期「Vision Pro」ではiPad ProとMacの統合が期待されている。

    https://japan.cnet.com/article/35219453/

  8. buchikuma-info より:

    「ipad mac 進化」に関する最新情報です。

    iPad ProとMacBookは外見が似ており、iPad ProをMacとして使いたいという声もあるが、iPadOSでの使用に満足している人もいる。AppleはiPadとMacの両方を販売することで利益を上げており、iPadも進化を続けることでさらなる可能性があるとされている。将来的にはiPad ProとMacの統合も期待されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vamFwYW4uY25ldC5jb20vYXJ0aWNsZS8zNTIxOTQ1My_SAQA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「pro airpods airpods pro」に関する最新情報です。

    Amazonでは、2024年5月31日から6月3日までの期間、「AirPods Pro(第2世代)」や「2022 Apple 10.9インチiPad」などのApple製品がお得に販売されています。特に「AirPods Pro(第2世代)」は9%オフで、強力なノイズキャンセリング機能が特徴です。セール期間中に10,000円以上の購入で最大8%のポイント還元もあります。また、Kindle Unlimitedも体験できるので、お得な買い物ができるチャンスです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3LnJvb21pZS5qcC8yMDI0LzA1LzEyMzc0Nzkv0gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「daylight テクノロジー 発表会」に関する最新情報です。

    新しい電子インクのタブレット「Daylight」の発表会に参加し、自然の中で体験する様子が描かれている。このタブレットは高価格帯であり、デジタルウェルネスビジョンを持つ製品として注目されているが、一般的なタブレットユーザーにはあまり魅力的ではないとされている。デバイスとの関係を変える能力を持つとされるが、そのためには多くの販売台数が必要とされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiYWh0dHBzOi8vdGhlYnJpZGdlLmpwLzIwMjQvMDUvaW5zaWRlLXRoZS1zdHJhbmdlLWxhdW5jaC1vZi1kYXlsaWdodC1jb21wdXRlci1hbmQtZmlyc3QtaW1wcmVzc2lvbnPSAQA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「mac macbook 整備」に関する最新情報です。

    2024年5月25日のApple公式サイトの「Mac整備済製品」情報によると、整備済みのMacBook Air、MacBook Pro、iMac、Mac Studio、Mac Pro、ディスプレイが特別保証付きで販売されています。在庫は限られており、各モデルの価格や搭載チップの詳細が記載されています。例えば、13.3インチMacBook Airや14インチMacBook Pro、24インチiMacなどが整備済み製品として販売されています。価格は10万円台から20万円台まで幅広く、欲しいモデルがあれば在庫確認をお早めに行うことが推奨されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMWh0dHBzOi8vbmV0YWZ1bC5qcC9hcHBsZS1yZWZ1cmJpc2hlZC8wMTUwOTc5Lmh0bWzSAQA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「アルミ アルミ ケース ケース」に関する最新情報です。

    アクテックストアでは、オフィスや工場、学校などで預かるスマートフォンを施錠して安全に保管するアルミケースの受付が開始された。このアルミケースは40台入りで、便利な保管方法として注目されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vd3d3LmRyZWFtbmV3cy5qcC9wcmVzcy8wMDAwMjk4MDY2L9IBAA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「報じ 開発 iphone」に関する最新情報です。

    Appleが過去10年以上にわたり1兆円以上を投じて開発していた自動運転EVプロジェクトが中止された。プロジェクトは「プロジェクト・タイタン」として知られ、2026年に発売予定だったが、公道テストで期待が高まっていた。Appleは秘密主義で知られるため、このプロジェクトが中止された理由は明確ではないが、公道でテスト車両が目撃されたことから、開発は進行していたことがうかがえる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLGh0dHBzOi8vcHJlc2lkZW50LmpwL2FydGljbGVzLy0vODE2Nzg_cGFnZT0x0gEuaHR0cHM6Ly9wcmVzaWRlbnQuanAvYXJ0aWNsZXMvYW1wLzgxNjc4P3BhZ2U9MQ?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「バッテリー 一度 モバイル」に関する最新情報です。

    バッファローが注意喚起している内容は、リチウムイオンバッテリーを搭載した製品の定期的な充電が必要であり、半年に一度の充電が推奨されている。放置すると電池の品質が劣化し、再充電が難しくなる可能性があるため、注意が必要とされている。また、任天堂も同様に携帯ゲーム機の定期的な充電を促しており、充電を怠ると次に使用する際に問題が生じる可能性がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiGWh0dHBzOi8vZ3JhcGVlLmpwLzE2MTQyODXSAQA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「ipad バッテリー 新型」に関する最新情報です。

    2024年5月15日に発売された新型iPad ProとiPad Airでは、バッテリーの状態を確認できる機能が追加された。さらに、バッテリー充電を80%までに抑制する機能も搭載され、バッテリーの寿命を延ばすことができる。新型iPad Proは薄く軽くなり、処理性能が向上し、人工知能(AI)の処理能力も向上している。新型iPad Airは11インチと13インチの2つのサイズから選べるようになり、同様にバッテリーの状態を確認し、充電を80%までに抑制する機能が搭載されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwNDI5L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwNDI5L2FtcC8?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「800 ipad ipad mini」に関する最新情報です。

    最新のiPad mini6が未使用品で71,800円で販売されており、定価より13,000円安いお得な価格となっています。在庫は200台ほどあり、カラーはスターライトでストレージ64GBのWi-Fi版です。イオシス各店やオンラインストアで購入可能で、秋葉原の店舗情報も提供されています。iPad mini6は8インチクラスのハイエンドタブレットであり、Android搭載の他の製品よりも優れた選択肢とされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzA1LzExL3Bvc3QtNzE4ODgv0gEA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「ipad 新型 登場」に関する最新情報です。

    アップルが1年半ぶりに新型iPadを発表し、タンデムOLED画面やM4新型プロセッサーを搭載。iPadシリーズのラインナップが刷新され、特にiPad Proが薄型化された。価格は上昇しているが、iPad Airがスタンダードとなり、製品設計も一新された。円安の影響で価格が上昇したが、幅広い顧客層に向けた製品として注目されている。

    https://gendai.media/articles/-/129622

  18. buchikuma-info より:

    「バッテリー 搭載 特許」に関する最新情報です。

    スズキの電動「eチョイノリ」に関する特許情報が明らかになり、バッテリーを追加できる仕組みが含まれていることが分かった。この特許では、ジャパンモビリティショー2023で参考出品された車両に対し、サブバッテリーを追加できるようになっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLGh0dHBzOi8veW91bmctbWFjaGluZS5jb20vMjAyNC8wNS8xMC81NDg0MzEv0gEA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「劣化 システム バッテリー」に関する最新情報です。

    中国のバッテリーメーカーCATLが、新しい大容量エネルギー貯蔵システム「TENER」を発表しました。このシステムは5年間性能劣化しないとされており、バイオミメテイクスSEIおよび自己組織化電解質の技術によって劣化を抑制しています。TENERは6.25 MWhの容量を持ち、AIを活用したリスク監視と早期警告機能によって安全性を確保しています。また、故障率を算出し安全設計を検証し続けることで、エネルギー貯蔵装置の品質を高めています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vZW5naW5lZXIuZmFiY3Jvc3MuanAvYXJjaGVpdmUvMjQwNTA5X3RlbmVyLmh0bWzSAQA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「モデル ipad 1万」に関する最新情報です。

    Appleは、新型「iPad Pro」「iPad Air」の発表に合わせて、iPadの無印モデル(第10世代)の価格を改定し、64GB/Wi-Fiモデルが1万円安い5万8800円で購入できるようになった。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yNDA1LzA4L25ld3MwODEuaHRtbNIBAA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「ipad 価格 ipad mini」に関する最新情報です。

    アップルは新型「iPad Pro」「iPad Air」の発表に合わせて、第6世代「iPad mini」の価格改定を行った。新型「iPad mini」は新しいデザインで、「Touch ID」やUSB-Cポートを搭載しており、注目のモデルとなっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vbmV3cy5rYWtha3UuY29tL3ByZG5ld3MvY2Q9cGMvY3RjZD0wMDMwL2lkPTE0MDE4OC_SAQA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「新型 ipad 新型 ipad」に関する最新情報です。

    新型iPadは、タブレット型のノートPCを目指しており、新型iPad AirはM2チップを搭載する可能性が高い。Appleは新型シリーズでノートPCを置き換えることを目指しており、Magic Keyboardやマウス、トラックパッドの対応などを追加している。次のAppleイベントでは、新型iPadがM4チップを搭載し、12.9インチモデルを含む2つのモデル展開となる見込み。現在のシリーズがノートPCを置き換えられない主な理由は、ソフトウェアの制限であるとされている。Appleは新しいチップを搭載したモデルでラインアップを整え、より安価な10.9インチ型を投入する計画もある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ29yaS5tZS9pcGFkL2lwYWRhaXIvMTUyODYy0gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「apple apple watch fda」に関する最新情報です。

    Apple Watchの心房細動履歴機能がFDAによって医療機器開発ツールとして認定された。この機能は心拍数データを分析し、心房細動の推定値を提供するものであり、AFibの負荷を追跡し、データを視覚化してライフスタイルの影響を把握できる。FDAはこの機能を科学的に妥当なものと評価し、臨床研究で使用可能としている。FDAはこれを最初のデジタルヘルスケア技術として認定し、心房細動の治療や医療装置の安全性と有効性の評価に活用できると述べている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDA1MDctYXBwbGUtd2F0Y2gtYWZpYi1mZGEv0gEA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「airpods airpods pro pro」に関する最新情報です。

    Amazonセールでは、AirPods Pro(第2世代)が6,406円引きで販売されており、強力なノイズキャンセリング機能やMagSafe充電ケースが付いています。また、Appleの紛失防止タグであるAirTagも5%オフで販売されています。他にもApple Watch Series 9やハリオのV60 ドリップアシスト、クリーマーなどがセール対象となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiP2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNS9hbWF6b24tdGltZXNhbGUtMjAyNC0wNTAzLTEuaHRtbNIBAA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「airpods airpods pro pro」に関する最新情報です。

    Amazonで16%オフで販売中のAppleのワイヤレスイヤホン「AirPods Pro(第2世代)」は、前世代機より最大2倍のノイズキャンセリングを実現しており、低音域のサウンドが強化されています。充電端子にはUSB Type-Cが採用されており、H2チップによる優れたオーディオパフォーマンスを楽しめる製品です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiT2h0dHBzOi8vanAuaWduLmNvbS9nYW1pbmctZGV2aWNlLzc0NjM4L25ld3MvdXNiLXR5cGUtY2FwcGxlYWlycG9kcy1wcm8yYW1hem9uMTbSAQA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「apple watch airpods」に関する最新情報です。

    Amazon.co.jpでは、AppleのAirPods、Apple Pencil、Apple Watchなどがセール価格で販売されています。AirPodsやApple Pencilはそれぞれ割引価格で購入可能であり、Apple WatchもSeries 8やSeries 9がセール価格で販売されています。例えば、AirPods ProやMagSafe充電ケース、Apple Watch Series 8やSeries 9などがセール対象となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU4NzcxOS5odG1s0gEA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「バッテリー 端末 giga」に関する最新情報です。

    2024年4月22日のレポートによると、GIGA端末のバッテリー劣化問題を解決するために、自分の席で端末を充電できるモバイルバッテリー「Lenovo LocknCharge Power Pack」が導入されている。バッテリー劣化による問題を解決するために、バッテリーの持たない生徒が増えており、Lock and Charge Japanの山川雅弘氏は、バッテリー劣化による端末使用制限を避けるための取り組みが重要であると述べている。端末の買い替えが難しい場合、モバイルバッテリーを活用することで、バッテリー劣化問題を解決する取り組みが進められている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vZWR1LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9yZXBvcnQvMTU4NDgyOS5odG1s0gEA?oc=5

  28. buchikuma-info より:

    「劣化 スマホ バッテリー」に関する最新情報です。

    スマートフォンのバッテリー容量が低下する原因として、充電の繰り返しによる劣化が挙げられる。バッテリーの「へたり」を軽減するために、充電量を20~80%の範囲で維持することが理想的であり、100%や0%の状態を長時間続けないように注意が必要。さらに、高温多湿な環境での使用や、負荷の高いゲームを充電しながらプレイすることも劣化を加速させる要因となる。バッテリーの劣化は避けられないものの、500回程度の充電回数が目安とされており、適切な使い方をすることでバッテリーの寿命を延ばすことができる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9jb2x1bW4vMTgvMDI3ODUvMDMxNTAwMDE0L9IBAA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「機能 心電図 心電図 機能」に関する最新情報です。

    LEMFOFITから登場したLEM 3 NFCは、心電図機能や心拍変動測定機能を搭載した有機ELウォッチで、50ドルで販売されています。中国の認証を受けており、スペックは1.85インチディスプレイ、300mAhバッテリー、IP67防水などが特徴です。さらに、100以上のスポーツモードや生体モニタリング機能、NFC機能も搭載されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzA0LzA4L3Bvc3QtNzA1MDEv0gEA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「世代 airpods airpods 世代」に関する最新情報です。

    2024年4月7日、AppleがiPadに似たデザインのスマートディスプレイの試作を開始し、AirPods(第4世代)の価格予想やiPhone16 Proシリーズの改良点について報告された。スマートディスプレイはiPadと同様のデザインで軽量化され、FaceTimeカメラやジェスチャー操作に対応するという。一方、AirPods(第4世代)の価格については、廉価版が26,800円程度、上位モデルが29,800円程度と予想されており、iPhone14 Proシリーズ以降を使用している場合は機種変更の必要性が少ないかもしれないとの見方もある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4NDgyL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4NDgyL2FtcC8?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「値下げ apple apple watch」に関する最新情報です。

    楽天モバイルは、4月4日に「Apple Watch Series 8」「Apple Watch Ultra」「Apple Watch SE(第2世代)」の価格を下げた。例えば、Apple Watch Series 8の一部モデルは74,800円から63,580円に値下げされた。価格.comの情報によると、4月に開催されるセールやキャンペーン情報もあるので、お得な情報を探している人はチェックすると良い。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vbmV3cy5rYWtha3UuY29tL3ByZG5ld3MvY2Q9a2VpdGFpL2N0Y2Q9MzE0Ny9pZD0xMzk0NzEv0gEA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「ipad 新型 新型 ipad」に関する最新情報です。

    新型iPad ProやAirの可能性もある未確認のモデル番号が発見された。海外メディアは新型iPadシリーズの品番と予想しており、Apple Storeや家電量販店の在庫状況も注目されている。また、Apple製品向けバッテリーの製造がインドで始まるとの噂もあり、iPhone16 Proのリアカメラのデザイン変更やiPhone17の新機能についても噂されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4NDExL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4NDExL2FtcC8?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「qi 充電 iphone」に関する最新情報です。

    AppleはiOS17.4でiPhone12のQi2充電速度を15Wに高速化したことが報じられています。これにより、MagSafeと同等の速度でワイヤレス充電が可能になりました。iPhone12は以前はQi2対応から取り残されていましたが、BelkinやAnkerも15Wの高速充電に対応した製品をリリースしています。iOS17.4のアップデートにより、iPhone12もQi2規格の高速充電が可能になりました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4MjY4L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4MjY4L2FtcC8?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「充電器 バッテリー モバイル」に関する最新情報です。

    Amazonが「新生活セール FINAL」を開催中で、Ankerのモバイルバッテリーや充電器、ワイヤレスイヤホン、ロボット掃除機などが最大40%引きで販売されている。セール期間は2024年3月31日から4月1日(月)23:59までで、USBケーブルや充電器、モバイルバッテリーなどがお得に購入できる。Ankerの製品は高性能でコストパフォーマンスが高く、さらにセールでお得になっている。特に40%引きのロボット掃除機や、ワイヤレスイヤホンなどが注目されている。セールは4月1日(月)23:59まで開催されているので、チェックしてみる価値がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vbmV3cy5kZW5mYW1pbmljb2dhbWVyLmpwL25ld3MvMjQwMzMxYtIBAA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「ipad 登場 新型」に関する最新情報です。

    アップルの新型「iPad」が5月上旬に登場する可能性が高いと報じられている。新型iPad ProとiPad Airがこの時期に登場する見込みで、前回のiPad Proは「M2」プロセッサーを搭載していたが、新型では「M3」が搭載される見込みだという。一方、エントリーレベルのiPadの新モデルは今後もう少し先になる見込み。

    https://japan.cnet.com/article/35217094/

  36. buchikuma-info より:

    「充電 スマホ タイミング」に関する最新情報です。

    スマートフォンのバッテリーは消耗品であり、適切な使い方をしないと寿命が短くなることがある。この記事では、iPhoneやAndroidスマートフォンの適切な充電タイミングやバッテリー寿命を延ばす方法について紹介されている。充電のタイミングやバッテリーへの負荷、充電時の注意点などについて考えることが重要である。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHWh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS82MjkwNTEv0gEA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました