PR

「AirPods Pro2対応」まだ現役、中古で買うべきモデルはどれ?

スポンサーリンク

最新のAirPods Proが発表されました。

最新のAirPods Proの情報をまとめつつ、今こそ買うべき、まだまだ利用できるAirPods Proの情報をまとめていきます。

AirPodsのセールに関する情報は、別サイトで随時更新しています。ぜひ、チェックしてみてください。

AirPodsを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AirPodsを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。
スポンサーリンク

最新のAirPods Pro情報

最新のAirPods Pro2が発表されましたので、簡単に情報をまとめておきます。

AirPodsに関する新着ニュース

AirPodsの新着ニュースをまとめていきます。

ニウラのEEG搭載イヤホンが脳の健康をスキャンし、気分に合わせて音楽を推薦

2023年9月22日の、脳の健康と音楽推薦に関する情報をお届けします。

  • ニウラは、脳活動を監視し、潜在的な健康問題を警告し、ユーザーの気分に合わせた音楽をマッチングするイヤホンを開発しました。
  • イヤホンは、FDAのクラスII医療分類の下で、脳の健康を監視する手頃な方法を提供します。
  • 同社のイヤホンは、他の競合製品よりもユーザー体験と快適性を向上させ、連続的にユーザーの脳活動を監視することができます。
追加情報/補足
  • ニウラの製品は、臨床、専門、個人の環境で使用でき、従来のEEG技術に比べて多用途です。
  • 同社は、イヤホン/ヘッドホンメーカーやバイオメディカル企業向けのライセンスプログラムを開始する予定です。
  • ニウラは、AIによる音楽推薦の潜在的な機能について、イヤホンのEEG電極の耳への近接性が、音楽とオーディオの処理に関与する聴覚皮質を効率的に監視することを可能にすると説明しています。
  • スタートアップは、シードラウンドで$550,000の資金を調達しようとしており、現在は30人のスタッフを雇用しています。

iPhone 15発表会でのAirPods Pro新モデルの予想

2023年9月5日の、Apple製品の最新情報に関するニュースをお届けします。

  • 9月12日(日本時間13日)のApple発表会では、iPhone 15シリーズと共に新型AirPods Proの発表が期待されています
  • 新型AirPods ProはUSB-C充電ポートを搭載する予想があり、それ以外の変更はないとのこと
  • EUのUSB-C充電義務化法案により、他のデバイスも徐々にUSB-Cポートへの移行が進む見込み
追加情報: USB-Cポートの採用背景と影響
  • EUのUSB-C充電義務化法案はスマートフォンだけでなく、タブレットやイヤフォン、ヘッドフォン、モバイルゲーム機などにも適用され、将来的にはラップトップにも拡大が予定されています
  • USB-Cポートの変更は消費者にとって歓迎される動きであるとの見解があります
  • 新型AirPods ProがUSB-Cポートを搭載することにより、今後のアップデートでUSB-Cポートへの焦点が薄れる可能性があります
iPhone 15といっしょに「AirPods Proの新モデル」が出るような、出ないような…
9月12日(日本時間では9月13日)開催のApple発表会。目玉となるiPhone 15シリーズ以外にも、ハードウェアの発表が期待されています。Phone 15は大型アプデが期待されていますが、中でも充電ポートがUSB-Cになるだろうことを...

Appleの「AirPods Max」結露問題

2023年8月25日の、Appleのヘッドホン「AirPods Max」の結露問題に関する情報をお届けします。

  • 2020年12月に発売された「AirPods Max」において、ユーザーが汗をかいたまま長時間装着すると、イヤーカップ内に結露が発生し、故障の原因となる報告が増えている。
  • 結露による主な影響は、「電源が突然オフになる」「デバイス接続失敗」「音楽再生不能」「工場出荷時の状態にリセット」「オーディオ品質低下」など。
  • 一部のユーザーは結露防止のため、イヤーカップ内にテープを貼ったり、乾燥剤と一緒に保管する対策を取っている。
補足情報
  • 結露トラブルは、2020年の発売当初から一部のユーザーから報告されていたが、2023年の猛暑や製品の劣化で、トラブル報告が増加している。
  • 2021年には、この結露問題に関して、Appleに対して集団訴訟が提起されている。
  • Appleの弁護士は「AirPods Maxは防水・耐水性能を持たない」と述べており、原告とApple間での和解には至っていない。
  • 修理業界のコンサルタントや海外メディアは、結露問題がAirPods Maxのイヤーカップがアルミニウム製であることが原因ではないかと指摘している。

AirPods Proでの「会話の支援機能」の活用方法

  • AppleのAirPods Proは、音楽や電話に加えて、補聴器としても機能可能。
  • AirPods Proの補聴器としての使用は、本物の聴覚補助具の代わりにはならない。
  • 聴力低下の問題がある場合は、医師に相談することが重要。
AirPods Proを補聴器として使う手順
  • AirPodsを装着し、iPhoneに接続。
  • iPhoneで、以下のメニューを順に選択:「設定>アクセシビリティ>オーディオ/ビジュアル>ヘッドフォン調整>カスタムオーディオ設定」。
  • 聴力検査の結果をもとに、カスタマイズされたオーディオ設定を作成。
  • 「外部音取り込みモード」で使用する際に、ソフトなサウンドの増幅を選択。
  • ただし、「ノイズキャンセリングモード」が有効の場合は、このオプションを使用できない。
その他の設定
  • 「外部音取り込みモード」を選択し、増幅や遮断する周囲の騒音の調整が可能。
  • 「会話を強調」を有効にすると、相手の声が聞き取りやすくなる。
  • 周囲の音を大幅に増幅する「ライブリスニング」機能が利用可能。
ライブリスニングの有効化手順
  • 「設定>コントロールセンター」を選択し、「聴覚」を追加。
  • 「コントロールセンター」を開き、耳のアイコンをタップして「ライブリスニング」を選択。

Apple AirPodsの新しいヘルスケア機能

  • Appleは、AirPodsを使用して脳波(EEG)、筋電図(EMG)、眼電図(EOG)などの生体信号を測定する特許を出願した。
  • 特許によると、AirPodsの筐体やイヤーチップには生体信号測定のための多数の電極が装着される予定である。
  • ユーザーはAirPods本体を指でタップすることで、脳波の測定を開始することができる。
追加情報/補足
  • 特許には、他に心電図、ガルバニック皮膚反応、容積脈波などの測定も可能と記載されている。
  • 電極の形状についても複数の案が検討されており、図表3と4に示されている。
  • Appleが以前に出願した別の特許によれば、AirPodsを使用して深部体温も測定することが可能であるとのこと。

iOS17でアップデート

  • iOS 17では、AirPodsのステムやAirPods Maxのデジタルクラウンを押すことで自分の声をミュート・ミュート解除できる機能が追加される。
  • 同じくiOS 17では、通話やオーディオのデバイス切り替えがよりスムーズに行えるようになる。
  • さらに、自動切り替え機能がスムーズになるアップデートが予定されている。
  • 会話感知機能も新たに追加される予定である。

聴覚テスト機能や体温測定機能などの新機能

GIGAZINEの記事によれば、Appleの次世代AirPodsには、新たな機能として聴覚テスト機能や体温測定機能が搭載される可能性があると報じられています。聴覚テスト機能により、ユーザーは専門の検査を受けることなく自分の聴覚の問題をスクリーニングすることができるでしょう。これは、さまざまなトーンとサウンドを再生して測定を行う機能です。また、AppleはFDAの認証を受けた補聴器機能を搭載したAirPodsを開発しているとも報じられており、これにより人混みや雑音の多い環境でも会話を聞き取りやすくすることができます。

体温測定機能の開発も進められており、これによりAirPodsにセンサーを追加して着用者の外耳道を介して体温を測定することができます。外耳道を使用した体温測定は、Apple Watchの皮膚温測定機能よりも正確であると考えられており、ユーザーは風邪や発熱を伴う病気を患っているかどうかを判断するのに役立つでしょう。

加えて、記者のマーク・ガーマン氏は、2023年に登場するとされるiPhone 15がLightningコネクタからUSB Type-Cコネクタに切り替えると予測しており、それに伴いAirPods Proの充電ケースもUSB-C対応になる可能性があるとされています。

これらの新機能のリリースは「数カ月または数年先」である可能性があるとされており、開発中の新しいAirPodsがすぐに発売されることはないとガーマン氏は推測しています

AirPods Pro (第2世代)の購入方法

AirPods Pro(第2世代)の購入方法についてまとめます。

予約・注文開始日

日本時間9月9日午後9時

発売日

2022年9月23日発売予定。

最新端末AirPods Pro(第2世代)の価格

最新AirPods Proの価格は以下の通りです。

39,800円(税込)

過去機種からの変更・改善点

最新のAirPods Pro、何が変わったのかを端的にまとめていきます。

新端末でできるようになったこと

AirPods Pro 第2世代で進化したこと

最新モデルでは、以下のことができるようになりました。

  • H2チップ搭載
  • ノイズキャンセリング性能が2倍向上
  • 4サイズのシリコーン製イヤーチップ
  • 毎秒48,000回ノイズを低減
  • 操作性が向上(音量調整がスワイプ)
  • アダプティブイコライゼーション
  • 本体だけで6時間、ケース使用時は30時間の再生時間(バッテリー)

最新AirPods Proの基本スペック

スペックに興味がない方にも、「数字の意味合い」についても少し解説しながら、最新AirPods Proの仕様についてまとめていきます。

オーディオテクノロジー

  • 専用の高偏位Appleドライバ
  • 専用のハイダイナミックレンジアンプ
  • アクティブノイズキャンセリング
  • 適応型環境音除去
  • 均圧のための通気システム
  • パーソナライズされた空間オーディオと、ダイナミックヘッドトラッキング
  • アダプティブイコライゼーション

センサー

  • デュアルビームフォーミングマイク
  • 内向きのマイク
  • 肌検出センサー
  • 動きを感知する加速度センサー
  • 音声を感知する加速度センサー
  • タッチコントロール

チップ

  • Apple H2ヘッドフォンチップ
  • MagSafe充電ケースに搭載されたApple U1 チップ

コントロール、操作性に関すること

  • 1回押す:再生、一時停止、電話に応答
  • 2回押す:次の曲にスキップ
  • 3回押す:前の曲にスキップ
  • 長押し:アクティブノイズキャンセリングと適応型環境音除去を切り替え
  • 上下にスワイプ:音量を調節
  • 「Hey Siri」:曲の再生、電話の発信、経路のチェックなどの操作が可能

耐汗耐水性能に関すること

耐汗耐水性能(IPX4):AirPods Proと充電ケース

サイズと重量(左右各)

AirPods本体
  • 高さ:30.9 mm
  • 幅:21.8 mm
  • 厚さ:24.0 mm
  • 重量: 5.3 g
充電ケース
  • 高さ:45.2 mm
  • 幅:60.6 mm
  • 厚さ:21.7 mm
  • 重量:50.8 g

バッテリー、再生時間に関すること

充電

MagSafe充電器、Apple Watchの充電器、Qi規格の充電器、Lightningコネクタに対応

バッテリー
AirPods Pro
  • 1回の充電で最大6時間の再生時間(空間オーディオとヘッドトラッキングを有効にした場合は最大5.5時間)
  • 1回の充電で最大4.5時間の連続通話時間
AirPods Pro(MagSafe充電ケースを使用した場合)
  • 最大30時間の再生時間
  • 最大24時間の連続通話時間
  • 充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間
スポンサーリンク

AirPods Proの中古市場情報が知りたい

2023/09/28現在で、どの世代のAirPods Proを購入すべきか考えていきます。

AirPods 中古市場セール情報

AirPods の中古販売セールがあった時に情報をまとめます。

AirPods 整備済み品登場速報

AirPods の整備済み品が登場した時に情報をまとめます。

Appleが第3世代AirPodsの整備済製品を北米で販売開始

  • 米国およびカナダで、Appleが第3世代AirPodsの認定整備済製品の販売をスタート。
  • Lightning充電ケース、MagSafe充電ケースともに定価から30ドル(約4,250円)の割引価格で提供。
  • しかし、日本では現時点での整備済製品の取り扱いは確認されていない。
補足情報
  • Appleが整備済製品としてAirPodsを取り扱うのは今回が初めて。
  • Apple認定整備済製品は厳格なテストプロセスを経て、最大15%引きの特別価格で提供される。

AirPods Proに対応している機種はどれ?

最新OSに対応しているAirPods Proについての情報です。OSにさえ対応していれば、最新端末ほどではなくても十分に利用可能な機種だと言えます。

AirPods Proに対応しているシステムは?

2023/09/28現在のAirPods Proに対応しているシステム環境のリストです。詳細は公式HPをご確認ください。

  • iOSの最新バージョンを搭載したiPhone、iPod touchのモデル
  • iPadOSの最新バージョンを搭載したiPadのモデル
  • watchOSの最新バージョンを搭載したApple Watchのモデル
  • macOSの最新バージョンを搭載したMacのモデル
  • tvOSの最新バージョンを搭載したApple TVのモデル

AirPods Proの対応機種、互換性リスト

AirPods Proが利用できるAppleデバイスなどについても載せておきます。

iPhone
  • AirPods ProiPhone 13 mini
  • AirPods ProiPhone 13
  • AirPods ProiPhone 13 Pro
  • AirPods ProiPhone 13 Pro Max
  • AirPods ProiPhone 12 mini
  • AirPods ProiPhone 12
  • AirPods ProiPhone 12 Pro
  • AirPods ProiPhone 12 Pro Max
  • AirPods ProiPhone 11
  • AirPods ProiPhone 11 Pro
  • AirPods ProiPhone 11 Pro Max
  • AirPods ProiPhone XS
  • AirPods ProiPhone XS Max
  • AirPods ProiPhone XR
  • AirPods ProiPhone X
  • AirPods ProiPhone 8
  • AirPods ProiPhone 8 Plus
  • AirPods ProiPhone 7
  • AirPods ProiPhone 7 Plus
  • AirPods ProiPhone 6s
  • AirPods ProiPhone 6s Plus
  • AirPods ProiPhone SE(第2世代)
  • AirPods ProiPhone SE(第1世代)
Apple Watch
  • Apple Watch Series 7
  • Apple Watch Series 6
  • Apple Watch SE
  • Apple Watch Series 5
  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Series 3
  • Apple Watch Series 2
  • Apple Watch Series 1
Apple TV
  • Apple TV 4K
  • Apple TV HD
iPod
  • iPod touch(第7世代)
iPad
  • 12.9インチiPad Pro(第5世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 11インチiPad Pro(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 11インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad(第9世代)
  • iPad(第8世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air 2
  • iPad mini(第6世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad mini 4
Mac
  • MacBook(Retina、12インチ、Early 2015–2017)
  • MacBook Air(11インチ、Mid 2012–Early 2015)
  • MacBook Air(13インチ、Mid 2012–2017)
  • MacBook Air(Retina、13インチ、2018–2020)
  • MacBook Air(M1、2020)
  • MacBook Pro(Retina、13インチ、Late 2012–Early 2015)
  • MacBook Pro(Retina、15インチ、Mid 2012–Mid 2015)
  • MacBook Pro(13インチ、Mid 2012–2020)
  • MacBook Pro(15インチ、Mid 2012–2019)
  • MacBook Pro(13インチ、2020、2つのポート)
  • MacBook Pro(13インチ、2020、4つのポート)
  • MacBook Pro(13インチ、M1、2020)
  • MacBook Pro(14インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2019)
  • iMac(21.5インチ、Late 2012–2017)
  • iMac(27インチ、Late 2012–Late 2013)
  • iMac(Retina 4K、21.5インチ、Late 2015–2019)
  • iMac(Retina 5K、27インチ、Late 2014–2020)
  • iMac(24インチ、M1、2021)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac mini(Late 2012–Late 2018)
  • Mac mini(M1、2020)
  • Mac Pro(Late 2013–2019)

最新端末の登場で、中古市場はどう変わる?

AirPods Pro2が登場することで、どのAirPods Proがお買い得になるか情報をまとめていきます。

AirPods Proのひとつ前の世代「AirPods Pro」はお買い得?

調べてみたところでは、最新AirPods Proのひとつ前の世代である「AirPods Pro」に関しては、現在(2023/09/28)のところでは以下のように取引されています。

公式ストア

AirPodsProの公式オンラインショップはこちらです。

AirPods Pro(第2世代)
AirPods Pro(第2世代)。適応型オーディオ、最大2倍の雑音を消すアクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード。そして、パーソナライズされた空間オーディオを届けます。

ちなみに、公式オンラインショップを利用する場合には、楽天リーベイツを利用すると楽天ポイントで還元されてさらにお得です。

当サイトでは楽天リーベイツアプリの掲載を終了しました。

AirPods Proのセール情報

AirPods Proを含めたApple製品のセール情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。
スポンサーリンク

比較用、過去のAirPods Pro情報

過去の端末情報をまとめておきます。

AirPods Pro(無印、第一世代、2019年モデル)との比較

AirPods Proと最新モデルを比較するための情報をまとめておきます。

AirPods Proの概要

  • アクティブノイズキャンセリング(外部のノイズを遮断)
  • 外部音取り込みモード(周囲の音が聞こえる)
  • 空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング
  • アダプティブイコライゼーション(耳の形に合わせて自動で最適化)
  • 3サイズ用意されたソフトな先細のシリコーン製イヤーチップ
  • 感圧センサー(再生などのコントロール、電話への応答と通話終了などの操作)
  • 耐汗耐水性能
  • MagSafe 充電ケースを含めて、合計再生時間は24時間以上
  • Siriにも簡単アクセス
  • Appleデバイス同士なら設定は簡単

AirPods Proと普通のAirPodsの違い

購入する際に悩みがちな「AirPods」と「AirPods Pro」の違いを比較します。

買うときにチェックしたいポイント

  • 価格差は、ProとAirPods無印で1万円以上違う
  • 性能の違いは、「アクティブノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」
  • 形状や耳へのフィット感などの調整もProはケアできる

イヤホンに関しては、音質の違いよりは「つけ心地」を最優先に考えるべきで、長時間耳につけていても違和感のないものを選ぶことをお勧めします。

機能面での違いは「ノイキャン」などの、いわゆるハイエンドモデルのイヤホン機能を必要とするかどうか。

考えようによっては、ノイキャンなどのレベルの高いワイヤレスイヤホンが3万円強で手にはいるなら、AirPods Proの方がお買い得とも言えますし、そもそもイヤホンにそんなにお金かけたくない、という場合には、そもそもAirPodsが選択肢から外れます。

ただ、高いな、という金銭的なハードルは中古品などを視野に入れることで解決できます。ちゃんと消毒すれば他の人が使ったイヤホンでも使える、という方はいるはず。

スペック比較表

性能・機能の違い
項目
AirPods(第2世代)AirPods(第3世代)AirPods Pro
価格19,800円(税込)27,800円(税込)3,8800円(税込)
アクティブノイズキャンセリング
外部音取り込みモード
空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング
耐汗耐水性能○(IPX4)○(IPX4)
チップH1H1H1
Siri対応
再生可能時間564.5
充電ケース使用時243024
充電ケース充電ケースMagSafeMagSafe
感圧センサー感圧センサー感圧センサー
サイズの違い
本体のサイズAirPods(第2世代)AirPods(第3世代)AirPods Pro
高さ40.5 mm30.79 mm30.9 mm
16.5 mm18.26 mm21.8 mm
厚さ18.0 mm19.21 mm24.0 mm
重量4 g4.28 g5.4 g
充電ケースのサイズ充電ケースMagSafe充電ケースMagSafe充電ケース
高さ53.5 mm46.40 mm45.2 mm
44.3 mm54.40 mm60.6 mm
厚さ21.3 mm21.38 mm21.7 mm
重量38.2 g37.91 g45.6 g

各モデルの現在の販売価格

プロを含めて、AirPodsが今、いくらで取引されているのかを確認していきます。

AirPods Proの2024/03/02の価格

AirPods Pro(2019)
AirPods Pro2(2022)

販売されてから確認します。

AirPodsの2024/03/02の価格

AirPods 第3世代
AirPods 第2世代
スポンサーリンク

まとめ:AirPods Pro、中古も考えるなら「初代」が買い時

新世代が登場したところで、旧世代も含めてAirPods Proの市場価格が変動しています。

スマホが高額化していることもあり、必ずしも最新機種がお買い得とは言えない中で、自分に合ったAirPods Proを選んでいくことが大切です。

最後にこのページの内容をまとめておきますので、買い替え・中古売買などの参考にしてみてください。

AirPods Pro、買い換えるならどのモデル?

AirPods Proの買い替えのポイントとして、まずはどれを買うべきかをまとめます。

最新のAirPods Proを買うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

中古モデルを狙うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

最新AirPods Proと中古市場、よくあるQ&A

Q
最新のAirPods Proは「買い」ですか?
A

最新のAirPods Proを買う場合には、「いつ売るか」を考えるのが大事です。

リセールバリューの高いAirPods Proの場合は、購入時の価格と数万円も差が出ずに売却することができます。

そのため、あまり長く持ちすぎて中古販売価格が安くなりすぎる場合は最新機種を買うメリットは薄れます。

長く使うAirPods Proを探している場合には「購入価格でのコスパ」が良い中古モデルを選ぶのが良いと思います。

Q
流石にAirPods Proは売れないのでは?
A

AirPodsは、「片耳だけ無くす」人が多いので、供給はかなり多いです。片耳分だけですけど。

片耳分だけとはいえ、充電ケースと左、右のAirPods Proが存在すれば同期は可能です。片耳だけ不良品の時に交換してもらうケースは往々にしてありますからね。

ただ、片耳だけを欲しがる人も多いということで、両方を揃えるためのコスト、意外と高くついてしまいます。

Q
コスパのいいAirPods Proモデルはどれ?
A

一つ前の世代であるAirPods Proが値下がりを見せていますが、2023/09/28時点で言えば「初代(2019年モデル)」の方がお買い得です。

AirPods Proはこれから中古市場へ供給が始まるので値下がりはしますが、底値と言えるタイミングを見計らうのは割と消耗します。

「初代(2019年モデル)」はほぼ底値なので、中古市場にポンと出たお値打ち品をさっと買ってしまうのが得策だと思います。

Q
AirPods Proにおすすめの買い替え時期はありますか?
A

AirPods Proの新モデルが登場するのは、例年「9〜11月」のイベントで発表されてからとなります。恒例行事となっているため、新品・中古市場は早めに動き出すので、「8月」ごろに値下げが始まればそこを一度目の底値と考え、買ってしまうのも良いと思います。

ひとつ前のモデルに関しては、中古の供給量は増えるものの、需要も安定しているためすぐに値下がりするわけではありません。むしろ狙うべきはもうひとつ前のシリーズだと言えます。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「バッテリー モデル lightning」に関する最新情報です。

    エレコムが容量5000mAhのモバイルバッテリー「直挿しバッテリー」2製品を発売することを発表。ラインアップにはLightningコネクター搭載の「DE-C42L-5000」とUSB Type-Cコネクター搭載の「DE-C43L-5000」が含まれており、iPhoneやiPad、Androidなどの対応デバイスに直接挿して充電できる。これにより、充電中のケーブルの煩わしさを感じず、どこにいても素早く充電できる。また、4月上旬には「AC充電器付きモバイルバッテリー」2機種も発売予定とのこと。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPWh0dHBzOi8vbmV3cy5rYWtha3UuY29tL3ByZG5ld3MvY2Q9a2FkZW4vY3RjZD0zMTE0L2lkPTEzODUzOS_SAQA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「センサー クラウン デジタル」に関する最新情報です。

    Appleは、Apple Watchのデジタルクラウンにタッチセンサーと光センサーを搭載する特許を出願しており、これにより操作性が向上し、信頼性が高まる可能性がある。特許では、デジタルクラウンの回転を抑制し、新たな機能を付加することが述べられており、センサーを組み合わせることで操作方法がより柔軟になる可能性があるとされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MjM1L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MjM1L2FtcC8?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「防水 低下 性能」に関する最新情報です。

    iCracked Japan株式会社は全国のiCracked Storeでスマートフォンの防水検査を開始し、修理後の防水性能が低下した場合は全額返金するキャンペーンを実施する。修理による防水性能の低下を防ぐため、修理前と後に検査を行い、必要に応じて改善作業を行う。また、バッテリー交換時にも防水性能が低下した場合は全額返金する。この取り組みはお客様の安心を提供するために行われており、修理による防水性能の変化を明確に伝えることが重要とされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMTMuMDAwMTMyNzkxLmh0bWzSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「ipad ipad macbook macbook」に関する最新情報です。

    本日のAmazonセールでは、UGREENのデスク周辺アイテムがお得に販売されています。その中でも注目は、iPadやMacBookをモニターとして使用できる「HDMI USBキャプチャーボード」と、最大180°の角度調整が可能な「タブレットスタンド」です。また、ハリオの真空ステンレスマグやEcoFlowのポータブル電源もセール価格で販売されています。価格や在庫は変動する可能性があるので、各販売ページで確認してください。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiP2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMi9hbWF6b24tdGltZXNhbGUtMjAyNC0wMjE0LTIuaHRtbNIBAA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「充電 バッテリー 劣化」に関する最新情報です。

    急速充電器を使用して充電することでバッテリーの劣化が起きるのか、またどのようにすれば劣化を防ぐことができるのかについて、スマートフォンの専門家が解説しています。専門家によると、メーカーが指定する機器を使用して急速充電を行う場合、劣化のリスクは低いとのことです。スマートフォンのバッテリーは大型化しており、急速充電に対応した機種も増えています。急速充電は短時間で充電できるため、時間がない場合には便利ですが、バッテリーに負荷がかかり寿命が短くなる可能性もあるため、適切な充電器やケーブルを使用することが重要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vbmV3cy5hbGxhYm91dC5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9vLzc1OTUxL9IBAA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「劣化 バッテリー iphone」に関する最新情報です。

    iPhoneのバッテリーの劣化状況を調べる方法と、バッテリーを長持ちさせるコツを紹介します。毎日使うiPhoneのバッテリーがどのくらい劣化しているのか気になると思いますが、設定の最適化やWi-Fiの使用などの方法を実践することでバッテリーの寿命を延ばすことができます。具体的な設定の最適化方法として、「設定」から「アクセシビリティ」を開き、「画面表示とテキストサイズ」を選択する方法があります。これらの方法を実践することで、バッテリーの劣化を抑えることができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNzMzNzYwL9IBAA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「充電 qi ワイヤレス」に関する最新情報です。

    ベルキンは、新しいワイヤレス充電規格「Qi2」に対応した折りたたみ式ワイヤレス充電スタンド「Belkin Qi2 折りたたみ式ワイヤレス充電スタンド」を発売しました。この製品は、最大15Wの急速充電が可能で、価格は7770円(税込み)です。また、MagSafeに完全対応しており、マグネットでデバイスを吸着させることができます。さらに、従来のQi規格との互換性もあり、折りたたんだ状態のパッドモードではAirPodsやイヤフォン、Androidのスマートフォンなどもワイヤレス充電が可能です。この製品は全国の家電量販店やAmazon.co.jpで購入することができます。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/08/news137.html

  8. buchikuma-info より:

    「ipad ipad macbook iphone」に関する最新情報です。

    ゴリミーはiPhone/iPad/MacBookのニュースや噂、レビューを提供しているウェブサイトです。最新のセール情報として、AnkerやAmazonでのセールが終了し、次に楽天で47製品が最大35%オフで販売されることが紹介されています。また、Amazonタイムセール祭りで人気のあるAnker製品のランキングTOP10も掲載されています。さらに、AnkerがAmazonタイムセール祭りに参加し、最新のガジェットをお得に手に入れることができることも紹介されています。また、2026年に発表されるとされるAppleの初の折りたたみデバイスがiPad miniを置き換える可能性も取り上げられています。さらに、3日間限定でヤマダウェブコムでMacBook Air/ProのCTOモデルが10%ポイントで購入できる情報も掲載されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiEGh0dHBzOi8vZ29yaS5tZS_SAQA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「市場 予測 ケース」に関する最新情報です。

    バッテリーケース市場は、価格帯、用途、流通チャネル別に分析された市場予測レポートが発表されました。2023年の市場規模は46億2,000万米ドルであり、2024年には49億米ドルに達し、2030年には68億2,000万米ドルに成長すると予測されています。このレポートは、バッテリーケース市場の成長要因や競争状況など、貴重な洞察を提供しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vbmV3c2Nhc3QuanAvbmV3cy8wNzAyNjA20gEkaHR0cHM6Ly9uZXdzY2FzdC5qcC9uZXdzLzA3MDI2MDYvYW1w?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「世代 airpods airpods 世代」に関する最新情報です。

    アップルのAirPods(第2世代/第3世代)がAmazonのタイムセールで割引価格で販売されています。AirPods(第2世代)は11%オフの1万7600円で、AirPods(第3世代)のMagSafe充電ケースがセットになったものは7%オフの2万4700円、Lightningケースがセットになったものは11%オフの2万3800円で購入できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2NTQxNS5odG1s0gEA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「ipad ipad macbook iphone」に関する最新情報です。

    ゴリミーはiPhone/iPad/MacBookのニュースや噂、レビューを提供しているウェブサイトです。AnkerがAmazonタイムセール祭りに参加し、最新のガジェットが安く手に入ることが報じられています。CIOは超小型軽量の5,000mAhモバイルバッテリーの販売を開始しました。また、iCloud関連サービスが世界的にダウンし、復旧作業が行われています。CIOは明日からのAmazonタイムセール祭りに参戦し、セール対象商品を公開しました。さらに、AirPods ProとAirPods(第2世代)の最新ファームウェアが配信されました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiEGh0dHBzOi8vZ29yaS5tZS_SAQA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「ipad macbook ipad macbook」に関する最新情報です。

    ゴリミーはiPhone/iPad/MacBookのニュースや噂、レビューを提供しているウェブサイトです。最新のニュースとして、CIOが超小型軽量の5,000mAhモバイルバッテリーを販売開始したことが報じられています。また、2024年には新しいApple製品が登場する予定であり、新型のiPad Air、iPad Pro、MacBookが発売される可能性があります。さらに、AirPods ProとAirPods(第2世代)の最新ファームウェアが配信され、未発表の「homeOS」がtvOS 17.4から発見されたことも報告されています。Ankerも最大4台を切り替えられる4K対応HDMI切り替え器を発売しました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiEGh0dHBzOi8vZ29yaS5tZS_SAQA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「バッテリー バッテリー 劣化 劣化」に関する最新情報です。

    B+COMを長期間使わない場合でも、月に1回の充電を行うことでバッテリーの劣化を防ぐことができます。寒さや天候の影響でバイクに乗る機会が少ない場合は、春までB+COMをガレージに保管する際にも充電を行うことが重要です。また、充電が完了したらコンセントから抜くこともバッテリーの劣化を防ぐために大切です。過剰な充電は避けましょう。B+COMはすべてのモデルがバッテリー交換可能です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMmh0dHBzOi8veW91bmctbWFjaGluZS5jb20vYnJhbmQvMjAyNC8wMS8zMC81MjIxODIv0gEA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「iphone airpods mac」に関する最新情報です。

    Amazonでは、AirPodsやiPhone、Macなどのアップル製品がタイムセール中であり、一部の商品は残りわずかとなっています。AirPods(第3世代)やAirPods(第2世代)は7-11%OFFで販売されており、beatsのイヤホンも割引が行われています。さらに、Apple Watch Series 8も最大35%OFFで購入することができます。iPhone 13 Pro Max SIMフリー(1TB)は7%OFFの218,400円で販売されており、在庫が少なくなっているため、早めの購入がおすすめです。また、iPhone 12 Pro Max向けのMagSafe対応レザースリーブも71%OFFの5,980円で販売されています。M1搭載のiMacも17%OFFの168,000円で購入することができます。iPad本体はセール対象外ですが、Magic Keyboardなどのオプション商品は割引価格で販売されています。このセール情報は注目すべきものであり、早めの購入をおすすめします。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LnBoaWxld2ViLmNvbS9uZXdzL2hvYmJ5LzIwMjQwMS8yNy82ODg5Lmh0bWzSAQA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「ipad ipad macbook iphone」に関する最新情報です。

    ゴリミーは、iPhone/iPad/MacBookのニュースや噂、レビューを提供しているウェブサイトです。最新のトピックとしては、人気のトラックボールマウスM575Sが20%オフセール中であり、Netflixが広告なしのベーシックプランを廃止し、既存のユーザーは移行する必要があることが報じられています。また、Pixel 9の3Dレンダリング画像が公開され、望遠レンズが加わり3カメラ仕様になる可能性があるとの情報もあります。さらに、16インチM2 Pro MacBook ProがAmazonで突然17%オフセールになっていることや、AirPods ProとAirPods(第2世代)の最新ファームウェアが配信開始されたことも報告されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiEGh0dHBzOi8vZ29yaS5tZS_SAQA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「地震 速報 緊急」に関する最新情報です。

    能登半島地震で緊急地震速報を受信できなかったスマートフォンはあったのかについての分析データを紹介しています。緊急地震速報は、SIMカードが挿入されていないスマートフォンでも受信できる仕組みを持っており、ポケットルーターなどを介して情報を得ることができることがわかりました。現在の緊急地震速報はPWSという仕組みを使っており、携帯電話ネットワークを利用しています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/26/news125.html

  17. buchikuma-info より:

    「ipad ipad macbook iphone」に関する最新情報です。

    ゴリミーは、iPhone/iPad/MacBookのニュースや噂、レビューを提供するウェブサイトです。最新のニュースとしては、SwitchBotの新しいハブミニがMatterに対応し、新モデルが登場することが発表されました。また、Netflixは広告なしのベーシックプランを廃止し、既存のユーザーは移行する必要があるとのことです。さらに、AirPods ProとAirPods(第2世代)の最新ファームウェアが配信され、Pixel 9の3Dレンダリング画像が公開されました。また、watchOS 10.3が正式にリリースされ、ユニティブルーム文字盤が追加されました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiEGh0dHBzOi8vZ29yaS5tZS_SAQA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「ipad ipad macbook iphone」に関する最新情報です。

    「ゴリミー」は、iPhone/iPad/MacBookに関するニュース、噂、レビューを提供するウェブサイトです。最新の情報として、Apple Vision Proの販売台数が既に16〜18万台に達していることが報じられています。また、Anker製品が楽天でセール中であり、47製品が最大40%オフで購入できることも紹介されています。さらに、次に発売される「Pixel Watch 3」には大型モデルが登場する可能性があり、異なるサイズ展開が予想されています。また、12.9インチ型のiPad AirのCADレンダリング画像が流出しており、そのデザインが注目されています。Ankerも新色を追加したUSB-Cケーブル内蔵の大容量モバイルバッテリーを発売しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiEGh0dHBzOi8vZ29yaS5tZS_SAQA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「qi 充電器 ワイヤレス」に関する最新情報です。

    ベルキンが世界初の「Qi2」ワイヤレス充電器を発表しました。この充電器は磁力で吸着するため、位置合わせが簡単で便利です。発表会では、MagSafeとの関係についても説明されました。新製品は2021年1月17日に発表され、同日からAmazon.co.jpで予約が開始され、26日から発送が始まります。また、Qi2対応のiPhoneシリーズは最大15Wのワイヤレス充電が可能であり、他のワイヤレス充電対応端末は5Wで充電が行えます。今後、iPhoneのMagSafeからQi2に移行するかどうかは、ユーザーが新製品の情報を確認し、購入を検討する際に考えるべき点です。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/19/news143.html

  20. buchikuma-info より:

    「バッテリー 使用 バッテリー 劣化」に関する最新情報です。

    iPhoneなどのスマートフォンのバッテリーは、低温の屋外での使用によって寿命が短くなる可能性があるということが分析データから明らかになりました。一般的に、低温下での動作は異常を引き起こす原因となります。特に気温が35℃以上の環境では、動作不良やバッテリーの寿命短縮、カメラ性能の劣化などが起こる可能性があります。これにより、バッテリーの充電持ち時間が短くなったり、強制的にシャットダウンする現象が起きることがあります。そのため、低温の屋外でのスマートフォンの使用には注意が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vYml6LWpvdXJuYWwuanAvMjAyNC8wMS9wb3N0XzM2OTE0Ni5odG1s0gEzaHR0cHM6Ly9iaXotam91cm5hbC5qcC8yMDI0LzAxL3Bvc3RfMzY5MTQ2Lmh0bWwvYW1w?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「iphone モバイル 楽天」に関する最新情報です。

    楽天モバイルは、最新のiPhone 14(128GB)を購入する際に2万円の値引きキャンペーンを実施しています。このキャンペーンは、楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」とセットで申し込むことで適用されます。また、Androidスマートフォンの「Xperia 10 V」や「OPPO Reno9 A」なども値下げされています。キャンペーンの詳細や申し込み方法は、楽天モバイル公式サイトや楽天モバイルショップで確認できます。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/17/news120.html

  22. buchikuma-info より:

    「ipad ipad macbook iphone」に関する最新情報です。

    ゴリミーは、iPhone/iPad/MacBookに関するニュースや噂、レビューを提供しているウェブサイトです。最新の記事では、Ankerが軽量で快適なオンイヤーヘッドホンを発売し、最大70時間再生が可能であることが紹介されています。また、YouTubeの新しい広告ブロッカー対策により、読み込み速度が大幅に低下することが報じられています。さらに、Mac整備済商品の最新情報やSatechiのMac miniとMac Studioに適合するSSDスロット搭載USBなどの製品情報も提供されています。Anker製品のセールや新製品の発売情報も掲載されており、読者にとって便利な情報源となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiEGh0dHBzOi8vZ29yaS5tZS_SAQA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「バッテリー テスト システム」に関する最新情報です。

    ローデ・シュワルツは、Analog Devices社の技術を活用して、ワイヤレス・バッテリー管理システムのための製造テストソリューションを開発しました。このソリューションは、wBMSモジュールのキャリブレーションやDCテストなどの必須テストを高速かつ効率的に実施することができます。従来の有線バッテリー管理システム(BMS)に比べて、ワイヤレスの技術を導入することで、環境におけるメリットやコスト削減が期待されます。この新しいテストソリューションは、自動車産業などのワイヤレスバッテリー管理システムの量産において重要な役割を果たすものとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vYXV0b2Mtb25lLmpwL25ld3MvNTAyMzg3Ny_SAQA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「ipad ipad macbook iphone」に関する最新情報です。

    ゴリミーは、iPhone/iPad/MacBookに関するニュース、噂、レビューを提供しているウェブサイトです。最新の情報や製品のレビューをチェックすることができます。また、CIOが初のポップアップストアをグランフロント大阪で開催するなど、注目のイベント情報も提供されています。Anker製品に関しては、47種類の製品が最大50%オフのセール中であり、小型USBポート付き電源タップなど新製品も発売されています。さらに、iOS/iPadOS 17.3やmacOS 14.3のPublic beta 3の配信も開始されています。Magic Keyboardの最新ファームウェアの配信や、Dellの新しい40インチ型5K2Kディスプレイの特徴なども報じられています。iPhone 15シリーズの電池不足を解消するバッテリー内蔵ケースの登場や、Anker製品のAmazon初売りでの最大50%オフセールなど、ガジェットライフに関する情報も提供されています。最後に、個性と性能を兼ね備えたスケルトン仕様のUSB-C充電器とケーブルの登場も報じられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiEGh0dHBzOi8vZ29yaS5tZS_SAQA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「apple pro pro 発売日」に関する最新情報です。

    Appleは、複合現実(MR)時代の到来を告げる新製品「Vision Pro」の発売日を発表しました。2024年2月2日に米国内のすべてのApple Storeで購入可能となります。Vision Proは、複合現実の体験を提供するMRヘッドセットであり、Appleの最高経営責任者であるティム・クック氏もその重要性を強調しています。また、追加のヘッドバンドのデザインも披露されました。Vision Proの発売日に向けて、予約や注文の受付も開始されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcyMjQxL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcyMjQxL2FtcC8?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「ipad 新型 2023」に関する最新情報です。

    2023年は初代iPad以来初めて新型iPadが発売されなかった年となりましたが、2024年には新しいモデルが登場するとのウワサがあります。過去12年間、Appleは毎年新しいバージョンのiPadを発表してきましたが、2023年にはその伝統が破られました。アナリストによる予測では、2024年にはiPadのラインナップが具体的にアップグレードされる可能性があります。また、過去の傾向から考えると、新しいiPad Proや新機能の導入などが期待されています。これまでのiPadのリリース歴史を見ると、Appleは2010年から2017年まで毎年新しいモデルを発売し、2019年から2023年までの間も新しいiPadが登場していました。ただし、2020年と2022年は新型コロナウイルスのパンデミックの影響で複数の新型iPadが発売されたため、2023年の新型iPadの発売がなかったことは特筆されるものです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiM2h0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAxMDYtYXBwbGUtaXBhZC0yMDI0L9IBAA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「apple 米国 apple watch」に関する最新情報です。

    Apple Watchの最新モデルである「Apple Watch Series 9」と「Apple Watch Ultra 2」の米国での販売が禁止され、一時的に差し止められることが発表されました。連邦巡回控訴裁判所は、Appleに対して輸入禁止命令を出しましたが、一時停止も決定されました。この命令は、Appleとの特許紛争が続いている医療技術企業Masimoによって提起されたものです。Masimoは、Apple Watchの血中酸素濃度検出機能に関する特許侵害を主張しており、米国国際貿易委員会(ITC)もこの主張を支持しています。この禁止命令は、Masimoの特許侵害の訴訟が進行中であるため、一時的に差し止められたものです。Appleはこの命令に対して控訴する予定です。

    https://japan.cnet.com/article/35213311/

  28. buchikuma-info より:

    「apple 米国 apple watch」に関する最新情報です。

    米国での販売禁止命令により、Apple Watchの2つの機種、Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2の販売が一時的に差し止められました。この禁止命令は、連邦巡回控訴裁判所がAppleに対して出したもので、同社の製品の輸入を禁止するものです。禁止命令は一時的なものであり、Appleは控訴を行う予定です。この禁止命令は、Apple Watchの血中酸素濃度を検出する機能に関する特許紛争が背景にあります。この特許紛争は、Appleと医療技術企業Masimoの間で起きており、米国国際貿易委員会(ITC)も関与しています。今後の裁判所の判決によって、輸入禁止命令が採択される可能性があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vamFwYW4uY25ldC5jb20vYXJ0aWNsZS8zNTIxMzMxMS_SAQA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「停止 販売 販売 停止」に関する最新情報です。

    Apple Watchの販売停止措置が賞賛されているが、販売停止期間が長期化する可能性があるとの報道がある。米国国際貿易委員会(USITC)によると、Apple WatchとAliveCorの心電図測定関連特許を巡る争いがあり、他社の技術者の雇用など感情的な問題も存在している。これにより、販売停止期間が長引く可能性があるとされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcwODcxL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcwODcxL2FtcC8?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「apple apple watch apple 判断」に関する最新情報です。

    アメリカ政府は、Apple Watch Series 9とUltra 2の公式販売を禁止する決定を下しました。この決定に対し、Appleは判断に不服を唱えて上訴しました。アメリカ国際貿易委員会(ITC)が2023年12月26日に輸入禁止命令を下したことが背景にあります。Appleはこの決定を覆すために連邦巡回控訴裁判所に上訴しました。AppleはITCの判断に異議を唱え、Apple Watch Series 9とUltra 2の販売再開を求めています。この問題は特許侵害の訴訟に関連しており、Appleが血中酸素濃度測定機能を搭載したデバイスを販売することに対して制限がかけられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyMzEyMjctYXBwbGUtd2F0Y2gtc2FsZXMtYmFuLXVzYS1kZWNpZGVkL9IBAA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「mac mac アクセシビリティ macos」に関する最新情報です。

    macOS Sonamaでは、Macのアクセシビリティ機能が大幅に進化しています。テキストサイズの一括変更やディスプレイの個別ズームレベルの調整など、快適に使うための機能が搭載されています。また、会話の読み上げ機能など画期的な機能も備えています。Finderやカレンダー、メール、メッセージ、メモなどの標準アプリでもテキストサイズの一括変更が可能です。さらに、FaceTimeなどの対面会話でも音声の読み上げや速度の調整が行えます。これらの新機能は、macOS Sonamaで紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiP2h0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbi9tYWNpbmZvLzE1NTcwNjguaHRtbNIBAA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「apple 米国 apple watch」に関する最新情報です。

    アップルは、米国で「Apple Watch」の2つのモデルのオンライン販売を停止しました。これにより、旧モデルの交換もできなくなりました。この措置は、米国国際貿易委員会(ITC)による特許侵害の判決に関連しています。特許に関する争いがあり、血中酸素濃度測定システムを搭載した新しいモデルが禁止されました。これにより、2020年以降のApple Watch Series 6、7、8、および初代Apple Watch Ultraの販売も停止されました。この措置は、直営店や一部の小売店での在庫もなくなる可能性があります。

    https://japan.cnet.com/article/35213118/

  33. buchikuma-info より:

    「iphone モバイル 楽天」に関する最新情報です。

    楽天モバイルの「買い替え超トクプログラム」において、AndroidとiPhone SE(第3世代)が対象外となりました。これは電気通信事業法の改正によるもので、2023年12月27日から適用されます。具体的には、Android機種とiPhone SE(第3世代)はプログラムの対象外となり、48回払いの25カ月目以降の料金が無料または半額になる特典が適用されません。この変更は、法令の施行規則に基づくものであり、楽天モバイルのサイトで詳細を確認することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPWh0dHBzOi8vbmV3cy5iaWdsb2JlLm5lLmpwL2l0LzEyMjIvaW1tXzIzMTIyMl80MTA5MzEwOTY0Lmh0bWzSAUdodHRwczovL25ld3MuYmlnbG9iZS5uZS5qcC9zbWFydC9hbXAvaXQvMTIyMi9pbW1fMjMxMjIyXzQxMDkzMTA5NjQuaHRtbA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「apple 米国 apple watch」に関する最新情報です。

    アップルは、米国で「Apple Watch」の2機種のオンライン販売を停止しました。これにより、旧モデルの交換も不可能になります。この措置は、米国国際貿易委員会(ITC)による特許侵害の判決に関連しています。特許に関する争いが解決するまで、新しいモデルの販売は禁止されています。また、血中酸素濃度測定システムを搭載したApple Watchも影響を受けます。この措置は、2020年以降のApple Watchシリーズ6、7、8、および初代Apple Watchにも適用されます。これにより、直営店やサードパーティーの小売店での在庫がなくなる可能性があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vamFwYW4uY25ldC5jb20vYXJ0aWNsZS8zNTIxMzExOC_SAQA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「バッテリー 充電器 amazon」に関する最新情報です。

    Amazonのホリデーセールで注目されている「バッテリーと充電器一緒にしちゃえ!」という進化形の製品が紹介されています。この製品は自宅でも外出時でも活躍する充電ソリューションであり、前モデルの不満点が改良されています。バッテリーと充電器が一体化しており、持ち運びに便利です。また、Ankerの2in1バッテリーもセール中であり、自宅での充電や外出先でのモバイルバッテリーとして使用することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiS2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyMy8xMi9hbWF6b24taG9saWRheS1zYWxlLWFua2VyLTUxMS1wb3dlcmJhbmsuaHRtbNIBAA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「airpods airpods pro pro」に関する最新情報です。

    AirPods Pro 3の発売時期、新デザイン、新機能に関する噂がまとめられています。2025年に発売されると予想されており、iPhone17と同時に発売される可能性もあります。デザインは刷新され、音質も向上すると言われています。また、新しいチップが搭載され、聴覚の健康機能も進化すると期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTY3MzA0L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTY3MzA0L2FtcC8?oc=5

  37. buchikuma-info より:

    「売れ iphone iphone スマホ」に関する最新情報です。

    スマートフォン市場が低迷し、AppleやXiaomiなどの主要ベンダーが苦戦している一方で、あるベンダーが著しい成長を遂げていることが分かった。このスマートフォン市場の激変には、どのような要因が関与しているのだろうか。2023年前半のスマートフォン市場の動向を分析してみると、プレミアムコンテンツが注目を集めていることがわかる。この記事では、売れなくなったiPhoneと大人気になった別のスマートフォンについて詳しく取り上げている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvZW50ZXJwcmlzZS9hcnRpY2xlcy8yMzEyLzEyL25ld3MwNzQuaHRtbNIBAA?oc=5

  38. buchikuma-info より:

    「airpods airpods pro pro」に関する最新情報です。

    AirPods Proを最大限に活用するための9つの方法について紹介しています。まず、AirPods Proの「長押し」アクションをカスタマイズする方法や、最適なフィットを確保するための調節方法などが紹介されています。また、AirPods Proのポータブルノイズキャンセリングヘッドホンとしての機能や、素晴らしい機能を最大限に活用するための方法も解説されています。

    https://www.lifehacker.jp/article/tips-airpods-pro-1/

タイトルとURLをコピーしました