PR

iPhoneのバッテリー最適化のための設定方法

スポンサーリンク

iPhone/iPadユーザーが知っておくと便利な「バッテリー最適化」に関する裏技情報についてまとめていきます。

スポンサーリンク

「バッテリー最適化」の最新アップデート情報

iOSのアップデートにより、バッテリー最適化でできることが増えましたので、まずはその情報についてまとめていきます。

最新iOSのアップデート情報

最新のiOSアップデート情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

iOS16アップデートのメリット、注意点とトラブル時の対処方法
iOS16が9月13日にリリースされることになりました。リリース当日に更新すべきではない理由と、トラブルが起きた時の対処方法についてまとめています。

最新iOSで改善された「バッテリー最適化」の要点

最新iOSでバッテリー最適化の仕様が変更・改善されたところがあるので、まずは要点だけ解説していきます。

iPhoneで音楽を2時間聴くとどれくらいバッテリーが消費されるか?

  • iPhoneのスピーカーからの再生では、2時間で9%のバッテリーを消費。
  • ワイヤレスイヤホン(AirPods Pro)での再生では、2時間で0%のバッテリーを消費。
  • 有線イヤホンでの再生では、2時間で0%のバッテリーを消費。
  • オンラインの「ストリーミング再生」でiPhoneのスピーカーから音楽を再生すると、2時間で16%のバッテリーを消費。
バッテリー消費を抑えるための方法
  • 音楽視聴時はイヤホンを使用してオフライン再生するのが最も効果的。
表: バッテリー消費量検証結果
音楽鑑賞方法バッテリー消費量(2時間)
iPhone(スピーカー)9%
ワイヤレスイヤホン (AirPods Pro)0%
有線イヤホン0%
ストリーミング再生(スピーカー)16%

iPhone、バッテリー交換できるようになるかも


このニュース記事の主要な内容は次のとおりです。

  1. 欧州理事会は新たなバッテリー規制を採択し、その対象はすべての廃ポータブルバッテリーを含むすべてのバッテリーで、Apple製品に使用されるバッテリーも含まれます。
  2. 新規制の下で、Appleはユーザーがバッテリーを簡単に取り外しできるようにデバイスを設計しなければなりません。
  3. この新規制の結果として、デバイスの防水性が失われる可能性があると指摘されています。
  4. 新規制の具体的な内容として、2027年末までに63%、2030年末までに73%の廃ポータブルバッテリーの回収目標、2027年末までに50%、2031年末までに80%の廃バッテリーからのリチウムの回収目標が設定されています。
  5. 最も重要な規定として、2027年までに家電製品に組み込まれたポータブルバッテリーはエンドユーザーが取り外し交換できるようにすべき、という要件があるとされています。

iPhoneバッテリーの最新ニュース

iPhoneのバッテリーに関するニュースをまとめています。

「iPhone 15」電池寿命問題

2023-10-06の、iPhone 15のバッテリー寿命に関する情報をお届けします。

  • 「iPhone 15」はコスト削減のため、劣化しやすいバッテリーが使用されている。
  • 主要なスマホブランドは通常800回以上の充電サイクルをサポートしているが、「iPhone 15」は600回の充電サイクルのみ。
  • 600回の充電サイクルは、毎日1回の充電を考えると約2年の持続性を意味し、これを超える利用の場合、バッテリーの交換が必要。
バッテリー交換費用に関する情報
  • 1年間のApple製品保証が切れた場合のバッテリー交換費用は1万5800円。
  • 高額なバッテリー交換費用により、維持費が増加し、iPhone 12以前の利用状況を期待していたユーザーには不便が生じる可能性がある。

スマートフォンバッテリーの寿命懸念、現代の技術が提供する安心

2023年9月17日の、スマートフォンやノートPCのバッテリー寿命に関する最新情報をお届けします。

スマホの「バッテリー寿命」はあまり心配しなくて大丈夫。その理由は? | ライフハッカー・ジャパン
バッテリーの寿命は重要ですが、スマホに至ってはそこまで心配する必要はないかも。その理由を説明します。
  • スマートフォンやノートPCのバッテリー寿命は、従来ほどの懸念事項ではなくなっている。テクノロジーが進化し、デバイスはユーザーの充電習慣を学習し、劣化を遅らせる機能を提供している。
  • バッテリーの1サイクルは全エネルギーを使い尽くすことで定義され、必ずしも100%から0%になることを意味しない。例えば、ノートPCのバッテリーを1日に半分使ってから充電し、次の日にまた半分を消費したら、それが1サイクルとなる。
  • バッテリーが劣化し始めた際に新しいスマートフォンの購入や高額な交換を検討する前に、バッテリー交換を考えることが推奨される。例えば、iPhoneのバッテリー交換料金は約2万円弱で、新しいデバイスを購入するよりもコスト効率が良い。
「バッテリーヘルス最適化」とその効果
  • 現代のデバイスには「バッテリーヘルス最適化」という機能が搭載されている。この機能はデバイスがユーザーの充電習慣を学び、充電率を適切なタイミングで100%にすることを可能にする。
  • この機能はデバイスにより名称が異なるが、基本的な考え方は同一であり、バッテリーの劣化を遅らせる効果がある。
  • デバイスは充電習慣を学習し、最適なタイミングで充電を開始・停止することで、バッテリーの寿命を延ばす。
注意点と提言
  • バッテリーは長時間の高充電状態に留めると劣化が速まるため、デバイスを長時間100%の充電状態に保持しないことが推奨される。
  • 現在の技術進歩により、バッテリー寿命に関する過度の心配は不要であり、規則正しい充電習慣を続けることが重要である。
  • バッテリーが劣化した際には、新しいデバイスの購入よりもバッテリーの交換を検討することがコスト効果的な解決策となる。
スポンサーリンク

バッテリー最適化の知っておきたい裏技情報まとめ

バッテリー最適化を利用する上で知っておきたい裏技・チート級のテクニックをまとめていきます。

ちゃんとやってる?iPhoneのバッテリー持ちを良くする方法

  1. 充電方法を適切にする: 充電は0%になる前に行い、100%まで充電したらそのまま充電を続けるのは避けましょう。理想的な状態は50%から80%の範囲を維持することです。また、正規品の充電ケーブルを使用することも重要です。
  2. ストレージ容量を適切に管理する: ストレージがいっぱいになると、iPhoneの動作が重くなり、バッテリーの消耗が早まります。不要なアプリやデータを定期的に削除し、ストレージに余裕を持たせることが推奨されます。
  3. 環境温度に注意する: iPhoneは熱に弱く、特に充電時には高温になりやすいです。暑い場所や直射日光の下での使用・充電は避けましょう。
  4. 不必要なアプリを閉じる: 背景で稼働しているアプリは、位置情報サービスやバックグラウンド更新といった機能を利用し、バッテリーを消耗します。使用していないアプリは適宜閉じるようにしましょう。
  5. 通知設定を見直す: 不要な通知はバッテリーを無駄に消耗します。通知設定を見直し、必要なものだけを受け取るように設定することが推奨されます。

Apple Watchのバッテリー最適化方法


Apple Watchのバッテリー駆動年数および耐用年数を伸ばす方法は次のとおりです。

  1. 最新のソフトウェアにアップデートする:Apple Watchが最新バージョンのwatchOSを常に搭載していることを確認します。必要な場合は、iPhoneをWi-Fiに接続し、Apple Watchを電源に接続し、Apple Watchが50%以上充電されている状態でアップデートを行います。
  2. 設定を調節する:ウォーキングとランニングのワークアウト中は、省電力モードをオンにして心拍センサーを停止します。腕や手首を多く動かす場合、不必要にディスプレイがオンになるのを避けるため、「手首を上げて画面をスリープ解除」をオフにします。また、iPhone上でBluetoothを常にオンにしておきます。
  3. 低電力モードを有効にする:watchOS 9では新しく追加された低電力モードを使用すると、必要に応じてApple Watchのバッテリー駆動時間を簡単に長くすることができます。低電力モードでは、Apple Watchの常時表示ディスプレイをオフにし、携帯電話通信とWi-Fi接続を制限し、バックグラウンドでのセンサーによる読み取りを無効にしてバッテリー駆動時間を延ばします。
  4. バッテリーの使用状況に関する情報を見る:Apple Watchで設定アプリを開き、「バッテリー」を選択して、バッテリーの使用状況と充電の履歴を確認します。
  5. コンピュータをコンセントにつなぎ、電源を入れてから、Apple Watchを充電する:コンピュータを使ってUSB経由でApple Watchを充電する場合は、コンピュータがコンセントにつながれており、電源が入っていることを確認します。それ以外の状況ではApple Watchのバッテリーが消費される可能性があります。
スポンサーリンク

「バッテリー最適化」の基本仕様と設定に関する情報

バッテリー最適化の基本的な仕様とおすすめの設定についての情報をまとめていきます。

バッテリー最適化の基本的な設定

バッテリー最適化の基本的な設定は以下のようになっています。特に変更の必要がなければ、まずは基本の設定を理解することで、バッテリー最適化の使い方を学んでいくのが良いかと思います。

バッテリー最適化の概要

  • iOS 13以降、iPhoneは毎日の充電の傾向を学習し、バッテリーの寿命を延ばす機能「バッテリー充電の最適化」を備えています。
  • iPhoneがフル充電されたままの時間を最小限に抑え、バッテリーの劣化を遅らせることが目的です。
  • 具体的には、iPhoneが80%まで充電された後、フル充電するまでの時間を遅らせることで寿命を延ばします。
  • iPhoneは充電の傾向を学習し、充電器に長時間接続されると予測されるときのみこの機能を働かせます。

バッテリー最適化の使い方

  • 通常、iPhoneの設定時やiOS 13以降へのアップグレード後にデフォルトでオンになります。
  • オフにするには、「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態と充電」の順に選択し、「バッテリー充電の最適化」をオフにします。
  • 「バッテリー充電の最適化」が動作しているとき、ロック画面にフル充電される時刻を知らせる通知が表示されます。すぐにフル充電が必要な場合は、「今すぐ充電」をタップします。

バッテリー最適化の注意点

  • 「バッテリー充電の最適化」は、自宅や職場など、長時間過ごす場所でのみ機能します。流動的な使用状況(旅行中など)では働きません。
  • この機能を使用するためには、一部の位置情報設定が必要です。この機能で使われる位置情報がAppleに送信されることはありません。
    • 「設定」>「プライバシーとセキュリティ」>「位置情報サービス」>「位置情報サービス」
    • 「設定」>「プライバシーとセキュリティ」>「位置情報サービス」>「システムサービス」>「システムカスタマイズ」
    • 「設定」>「プライバシーとセキュリティ」>「位置情報サービス」>「システムサービス」>「利用頻度の高い場所」>「利用頻度の高い場所」

変更しておきたいバッテリー最適化の設定・ルール

先に説明した基本設定では使い勝手が悪いと感じた時に、私なりに考えたおすすめの設定があるので、使いやすそうと思った項目に関してはぜひ真似してみてください。

iPhone「バッテリー最適化」のおすすめ設定

バッテリー最適化の知っておきたい上級テクニック

「バッテリー最適化」を使っていて困ること

裏技のネタ探しにTwitterなどでの「バッテリー最適化」の反応をまとめておきます。

「バッテリー最適化」に関するTwitterの反応

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitter検索用リンクはこちらです。「スマホ バッテリー」と検索できます。

バッテリー最適化でできるようになったこと(過去ログ)

アップデート情報で古くなったものをここに載せておきます。

スポンサーリンク

まとめ:バッテリー最適化のやっておくべきこと

最後までお読みいただきありがとうございました。

iPhoneユーザーは標準で利用できる機能であるバッテリー最適化ですが、知っておくと時短につながったり毎日のルーティンに作業が簡単になる方法などをまとめました。

おさらいとしてこのページの内容をまとめておきます。

バッテリー最適化で知っておきたいことまとめ

  • 不必要な通知を無効化する: アプリの通知はスマートウォッチやスマートフォンのバッテリーを大幅に消耗します。そのため、重要なもの以外の通知はオフにすると、バッテリー寿命が延びることがあります。
  • 明るさを適切に調節する: 画面の明るさは大きな電力を消費します。明るさを下げることで、バッテリーの寿命を延ばすことが可能です。また、不必要に長い時間スクリーンがオンになるのを防ぐために、スクリーンの自動ロック時間を短く設定すると良いでしょう。
  • バックグラウンドでのアプリ更新を制限する: アプリがバックグラウンドで更新されると、バッテリー寿命が短くなる可能性があります。したがって、必要ないアプリのバックグラウンド更新を無効にすることで、バッテリー寿命を節約できます。

バッテリー最適化のよくあるQ&A

Q
スマートフォンのバッテリーを長持ちさせるにはどうすればいいですか?
A

バッテリーを長持ちさせるためには、明るさを適切に調節し、必要ない通知やバックグラウンド更新を無効にし、必要ないアプリを閉じるなどの対策が有効です。

Q
アプリの通知をオフにするとバッテリー寿命にどのような影響がありますか?
A

通知をオフにすることで、スマートフォンやスマートウォッチがアプリからの通知に反応し、画面をつける頻度が減ります。これにより、バッテリー消費を減らすことができます。

Q
スクリーンの明るさを下げるとバッテリー寿命が延びるのですか?
A

はい、そうです。スクリーンの明るさは電力を大量に消費します。そのため、明るさを下げることでバッテリーの消費を抑え、その寿命を延ばすことが可能です。

Q
バックグラウンドでのアプリ更新がバッテリーに影響を及ぼすのですか?
A

はい、影響します。アプリがバックグラウンドでデータを更新すると、バッテリーを消耗します。したがって、必要ないアプリのバックグラウンド更新を無効にすることで、バッテリーの寿命を節約できます。

Q
Apple Watchのバッテリーを節約するためにはどうすればいいですか?
A

Apple Watchのバッテリーを節約するためには、最新のソフトウェアを常に使用し、設定を適切に調節することが有効です。例えば、必要以上に頻繁にディスプレイがオンになるのを防ぐ、ウォーキングやランニング中には省電力モードを使うなどの設定を調節できます。また、新しく追加された低電力モードを活用することも一つの手段です。

「バッテリー最適化」に関する参考記事リスト

バッテリー最適化の他にも役に立ちそうな記事をリスト化しておきます。

Apple Musicの記事一覧

iCloudに関する記事一覧

ファミリー共有に関する記事

AppleTVに関する記事

Apple製品の機能使い方まとめ

iPhone
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「mushrooms construction construction waste」に関する最新情報です。

    Mycocycleは、古いタイヤや建設廃棄物をアップサイクルするために白色腐朽菌を利用しています。このスタートアップは、石油やガスを使用して生成された材料を分解する能力を持つこの種のキノコを選んでいます。遺伝子組み換えを行わず、自然選択を使用して最適な菌株を見つけています。Mycoycleは、紙、ゴム、ナイロンなど幅広い廃棄物に対応できると述べており、古いタイヤから生じるクラムラバーのリサイクルプロセスを改良する取り組みを行っています。

    https://techcrunch.com/2024/05/08/mycocycle-uses-mushrooms-to-upcycle-old-tires-and-construction-waste/

  2. buchikuma-info より:

    「バッテリー バッテリー 消費量 消費量」に関する最新情報です。

    スマートフォンのバッテリー消費量を節約する方法は、画面の明るさを下げるなど複数あります。Yahoo!ニュースが制作した図解では、スマホのバッテリー消費量を節約する方法がまとめられています。出典記事は「スマホ(iPhone/Android)のバッテリー消費量を節約する10の方法」です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiUGh0dHBzOi8vZmluYW5jZS55YWhvby5jby5qcC9uZXdzL2RldGFpbC83MDQ5ZjE5ZDA4MzIyZDgyZjJlODYxMzNmNWM3MGM2YWFkMTVjZDU20gEA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「apple 削減 消費」に関する最新情報です。

    Appleは、Apple Watch Series 10に消費電力を削減した新しい有機ELディスプレイを搭載する計画であり、薄膜トランジスタの採用範囲を拡大して消費電力を削減する取り組みを行っている。また、iPhone17シリーズでも同様のディスプレイを採用する計画があり、バッテリー駆動時間の延長が期待されている。さらに、Apple Watch Series 11のディスプレイについては、Samsung Displayも供給する可能性がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4NTcyL9IBAA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「アプリ 閉じる 電池」に関する最新情報です。

    iPhoneもAndroidもアプリを閉じると電池が長持ちするというのは誤解であり、バックグラウンドで動作しているアプリを閉じても電力消費にはほとんど影響がない。バッテリーの節約にはならず、動作も重くならない。また、アプリを閉じてもトラッキングは止められず、プライバシーに影響を与えない。この誤解は初代iPhone発売時から広まっており、スマホのOSはパソコンとは異なるため、アプリは常に開いている状態である。そのため、バックグラウンドのアプリを閉じてもスマホの性能が向上するという公式な情報は存在しない。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMi9pcGhvbmUtYW5kcm9pZC1hcHBsaWNhdGlvbi5odG1s0gEA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「batteries raises germany germany instagrid」に関する最新情報です。

    ドイツのInstagridは、ポータブルバッテリーを高速充電するためにソフトウェアを使用しており、9500万ドルを調達しました。このラウンドにより、Instagridの評価額は4億ドルから5億ドルになりました。Instagridは2018年に設立され、これまでに約5500万ドルを調達していました。

    https://techcrunch.com/2024/01/22/germanys-instagrid-which-uses-software-to-supercharge-portable-batteries-raises-95m/

  6. buchikuma-info より:

    「apple apple watch apple 弱く」に関する最新情報です。

    アメリカ国際貿易委員会(ITC)は、AppleがApple Watchの販売禁止延期を要請した際に異議を申し立てました。ITCは、Appleの主張が弱く説得力に欠けていると指摘しました。ITCは、Appleの要請を却下し、Apple Watchの販売禁止命令を継続するよう求めました。この決定により、Appleは一時的に販売を停止することになります。ITCは、Apple Watchの血中酸素レベル測定センサーが他社の特許を侵害していると主張しており、この問題についての議論の余地はないと判断しています。AppleはITCの決定に異議を申し立てることも考えています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAxMTEtYXBwbGUtd2F0Y2gtYmFuLWl0Yy_SAQA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「apple apple watch apple 弱く」に関する最新情報です。

    アメリカ国際貿易委員会(ITC)は、AppleがApple Watchの販売禁止延期を要請した際に異議を申し立てました。ITCは、Appleの主張が弱く説得力に欠けていると指摘しました。ITCは、Appleの要請を却下するよう求めています。この件に関しては、ITCの申し立てが採用されれば、Apple Watchの販売禁止命令が延期される可能性があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAxMTEtYXBwbGUtd2F0Y2gtYmFuLWl0Yy_SAQA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「carplay ワイヤレス air」に関する最新情報です。

    「OttocastワイヤレスCarPlayアダプター U2AIR Pro」を使用すると、Apple CarPlayをワイヤレスで利用することができます。これにより、カーライフがさらに便利になります。このアダプターは、5分で簡単に設定でき、ワイヤレスでの接続が可能です。また、スマートボタンを使用することで、ワンタッチで接続や解除ができます。さらに、5G Wi-Fiモジュールが搭載されており、高速かつ安定した通信が可能です。GoogleマップやSpotifyなどの最新のナビゲーションや音楽再生、Bluetooth通話などの便利な機能を車内で利用することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiUWh0dHBzOi8vY2Fydmlldy55YWhvby5jby5qcC9uZXdzL2RldGFpbC9iZjc2ZTI5NzlmODllMzg0NDUwNTQ0OWZjM2NhZWZjZjhhNGE1OTNjL9IBAA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「アップデート バッテリー iphone」に関する最新情報です。

    最新のアップデートで、iPhoneのバッテリーの減りが速い問題が解消される可能性があります。このアップデートでは、バグ修正が主な内容となっています。最近、iPhoneのバッテリーが異常に速く減るという問題が報告されており、最新のアップデートで解決される可能性があります。アップデートの内容には、特定の条件下でバッテリーが速く消耗する問題が解決されるとのことです。これにより、以前のようにバッテリーの減りが正常に戻ることが期待されます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyMy8xMi8yODAxMjkuaHRtbNIBAA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「apple apple 年末 watch」に関する最新情報です。

    Appleは、年末商戦に影響を与える可能性があるため、米国で新型のApple Watchの販売を停止することを決定しました。Apple Watchの最新モデルは、特許侵害の問題が浮上しており、米国の当局によって認定されています。これにより、Appleのスマートフォン市場の低迷を解決するために、Apple Watchの販売が停止されることになりました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lm5pa2tlaS5jb20vYXJ0aWNsZS9ER1haUU9HTjE5NkkzMFoxMUMyM0EyMDAwMDAwL9IBAA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「空調 エネルギー 検証」に関する最新情報です。

    日産自動車、ダイキン、TIS、マツモトプレシジョン、AiCTコンソーシアムは、電気自動車と業務用空調が協調したエネルギーマネジメントの実用化検証を開始することを発表しました。この取り組みは、再生エネルギーの活用や電力のバランス調整に向けた取り組みであり、エネルギー効率の向上や炭素排出量の削減に貢献することを目指しています。具体的には、電気自動車の大容量バッテリーを活用し、業務用空調との協調制御を行うことで、電力の需要と供給を調整し、効率的なエネルギーマネジメントを実現することを目指しています。この検証は、2023年12月19日に開始されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001488.000011650.html

  12. buchikuma-info より:

    「充電器 apple apple watch」に関する最新情報です。

    Apple Watchの純正充電器か認証取得充電器を使用しないと、本体が壊れる可能性があるという記事が話題になっています。記事の筆者はBelkinの高速充電対応充電器を使用しても問題はなかったと報告しています。一方で、Appleの公開文書によると、純正充電器か認証取得充電器を使用しないとバッテリー寿命の減少や不具合が生じる可能性があるとされています。また、Amazonの口コミでは純正充電器に関する評価が低いことも指摘されています。ただし、筆者はBelkinの充電器を使用して問題がなかったと報告しています。Appleは純正充電器の使用を推奨しており、現在も公開文書に不具合が記載されています。一部のユーザーは純正充電器以外の充電器を使用して問題が生じたと報告していますが、それは個別のケースであり、一般的な現象ではありません。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTY3MjA0L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTY3MjA0L2FtcC8?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「batteries batteries supercharge evs」に関する最新情報です。

    パナソニックは、新しい粉末駆動のバッテリーを開発し、電気自動車(EV)の充電時間を大幅に短縮することができると発表しました。このバッテリーは、シリコンパウダーを使用しており、従来のグラファイトに比べてエネルギー密度が10倍高くなっています。また、シリコンの膨張を制御するための特許取得済みのカーボンフレームを使用しており、バッテリー寿命を大幅に延ばすことができます。パナソニックは、この新しいバッテリーを2025年にデビューさせる予定であり、メルセデスベンツとの供給契約も締結しています。さらに、このバッテリーはEVの航続距離を500マイルに拡大し、わずか10分で充電することができるため、EVの普及に大きな影響を与える可能性があります。

    https://www.wired.com/story/panasonic-powder-powered-silicone-ev-batteries/

  14. buchikuma-info より:

    「充電 apple apple watch」に関する最新情報です。

    Apple Watchは充電を忘れがちなデバイスですが、スマホと同時にワイヤレス充電できるモバイルバッテリーが登場しました。このバッテリーは5000mAhの容量を持ち、MagSafe対応のパススルー充電機能も備えています。また、iPhoneやワイヤレスイヤホンとの併用も可能です。このアイテムは充電を忘れることを防ぐだけでなく、便利なアイテムとして活躍すること間違いありません。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3Lmdvb2RzcHJlc3MuanAvbmV3cy81NzM2MjIv0gEA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「ntt 廃止 提言」に関する最新情報です。

    自民党は、NTTをGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)に対抗できる存在にしたいと考えていますが、競合する3社はこの提案に難色を示しています。NTT法の廃止を提言することで、自民党の思惑が透けて見えます。しかし、NTTの企業活動には配慮する必要があります。競合企業は、GAFAに対抗できるNTTの実現について疑問を持っており、提案には慎重な態度を取っています。

    https://japan.cnet.com/article/35212431/

  16. buchikuma-info より:

    「充電 apple apple watch」に関する最新情報です。

    Apple Watchの高速充電も可能な3-in-1ワイヤレス充電器が安くなっています。この充電器は、iPhoneに直接接続できるSSDで写真のバックアップも可能です。また、ロジクール製キーボードは仕事のモチベーションを上げるための選択肢としておすすめです。さらに、ラベルレスのコーラには注意が必要で、「コレジャナイ…!」という問題が発生することがあります。iPhone 15 Proのアクションボタンをカスタマイズする方法や、SpaceXのスターシップの打ち上げ失敗には意義があることがわかりました。さらに、飛行士が落としたバッグが時速2万8000kmで地球軌道を周回していることも報告されています。最後に、Amazonブラックフライデーで購入したアイテムのまとめ記事もあります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiWGh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyMy8xMS9iZWxraW4tMy1pbi0xLXdpcmVsZXNzLWNoYXJnaW5nLXN0YW5kLXdpdGgtbWFnc2FmZS0xLmh0bWzSAQA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「iphone iphone 電池 減り」に関する最新情報です。

    iPhoneの電池の減りが早い場合、以下の設定と対策を確認する必要があります。まず、バッテリーの最大容量を確認しましょう。iPhoneのバッテリー最大容量は80%を基準としています。次に、電池の減りを抑えるための対策を取ることができます。また、電池の減りが急に早くなった場合はアップデートを確認しましょう。さらに、電池の減りが異常に早い場合はウイルスやソフトウェアの問題が考えられます。修理が必要な場合は費用の目安をチェックし、バッテリー交換はアップル正規店で行うことをおすすめします。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNjg3NjMyL9IBAA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「交換 バッテリー バッテリー 交換」に関する最新情報です。

    EUでは、スマートフォンのバッテリー交換規制が強化され、2027年にはバッテリーを容易に交換できる機種でないと販売できなくなる見込みです。この規制に対応するため、メーカー各社も既に対策を始めています。現在の機種でも、交換用の工具を付属させれば規制をクリアできることがわかっています。また、比較的修理しやすいiPhoneやサムスンのGalaxy S23では、新しいタイプのバッテリーが搭載される予定です。これにより、修理のしやすさがスマートフォンの選択において重要な要素となっています。しかし、バッテリー交換の容易さを追求することにはデメリットもあります。詳細は2ページに続きます。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2311/12/news048.html

  19. buchikuma-info より:

    「交換 バッテリー バッテリー 交換」に関する最新情報です。

    EUでは、スマートフォンのバッテリー交換規制が強化され、2027年にはバッテリーを容易に交換できる機種でないと、同地域では販売できなくなる見込みです。この規制に対応するため、メーカー各社も既に対策を始めています。現在の機種でも、交換用の工具を付属させれば規制をクリアできます。また、比較的修理しやすいiPhoneやサムスンのGalaxy S23では、新タイプのバッテリーが搭載される予定です。しかし、バッテリー交換を容易にする動きが進んでいるにもかかわらず、デメリットはまだ解消されていません。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzIzMTEvMTIvbmV3czA0OC5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzIzMTEvMTIvbmV3czA0OC5odG1s?oc=5

タイトルとURLをコピーしました