PR

iMessage(メッセージ)でiPhoneユーザーが知っておきたい裏技集

iPhone/iPadユーザーが知っておくと便利な「メッセージ」に関する裏技情報についてまとめていきます。

「メッセージ」の最新アップデート情報

iOSのアップデートにより、メッセージでできることが増えましたので、まずはその情報についてまとめていきます。

最新iOSのアップデート情報

最新のiOSアップデート情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

iOS17にアップデートするべき?知っておきたい機能など
iOS17の情報をまとめています。

メッセージに関する新着ニュース

メッセージに関する新着ニュースをまとめています。

AppleがiPhoneの「RCS」採用を決めた理由:「フキダシの色」は変わらない?

AppleがiPhoneの「RCS」採用を決めた理由:「フキダシの色」は変わらない?

2024年1月14日の、AppleのiPhoneにおける「RCS」採用についての情報をお伝えします。

  • Appleは2024年後半にRCS(Rich Communication Services)をサポートする予定です。これにより、AndroidとiPhoneユーザー間の画像の送受信などが容易になります。
  • RCSはSMSやMMSの代わりとなる高機能メッセージングサービスで、大きな添付ファイルの送信やグループチャットに対応します。
  • AppleはこれまでRCSをサポートしておらず、Appleデバイス間ではiMessageを使用していました。Androidなど他のデバイスとの通信はSMSやMMSに限定され、機能制限や暗号化されない問題がありました。
  • RCS採用により、これらの機能制限は解消される見込みですが、iMessageと他のメッセージングアプリとの間での色分け(青と緑の吹き出し)は継続される可能性があります。
  • RCS採用の背景には、EUのデジタル市場法(DMA)の影響があるとされています。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • RCS採用により、AppleとAndroidユーザー間のコミュニケーションが改善され、高機能なメッセージングサービスが利用できるようになります。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 一方で、iMessageと他のデバイス間のやり取りにおける色分け表示は継続される可能性があるため、ユーザー間の差別化や疎外感を生む問題は解決されないかもしれません。
追加情報/補足
  • RCSの採用は、2024年後半のiOS 18での対応が予想されます。また、EUのデジタル市場法に基づく動きとして、AppleがこのタイミングでRCSサポートを発表した背景も注目されています。

Apple、iPhoneにおけるRCS採用を計画:iMessageとの併用予定

2023年11月17日の、AppleがRCS(Rich Communication Services)の採用を計画することに関する情報をお伝えします。

  • Appleは来年、RCSの採用を計画しており、これはApple製品とAndroid端末間のテキストメッセージのやり取りを円滑にするための大きな方針転換です。
  • RCSはSMSやMMSよりも高機能な規格で、異なるプラットフォーム間での機能共有を可能にします。
  • AppleはiMessageとRCSを並行して機能させ、iMessageはAppleユーザーにとって最善かつ最も安全なメッセージサービスとして継続される予定です。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • RCSの採用により、異なるプラットフォーム間でのメッセージングが改善され、ユーザー間のコミュニケーションがより効率的になると期待されます。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 一方、AppleがiMessageの独自性を維持することで、完全な統合されたメッセージング体験への進展には制限があるかもしれません。
追加情報/補足
  • Appleのこの方針転換は、業界標準への対応として重要なステップですが、iMessageの将来的な立ち位置については更なる注目が必要です。

Windows 11でiPhoneのメッセージが利用可能に

2023年4月28日の、Windows 11でiPhoneのメッセージが使えるようになることに関する情報をお伝えします。

  • マイクロソフトが「Phone Link」アプリを発表し、Windows 11でiPhoneのメッセージを送信できるようになります。
  • Phone LinkはBluetoothを介してiOSデバイスと同期し、メッセージの送受信や通話などの機能が利用可能です。
  • この機能は5月中旬に全てのWindows 11ユーザーに提供される予定ですが、iPad OSとMacOSでは使用できません。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • WindowsとiOSデバイス間の互換性が向上し、異なるプラットフォームのユーザー間のコミュニケーションが容易になります。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • Androidデバイスとの完全な互換性はまだ実現していないため、一部のユーザーにとっては不便さが残る可能性があります。
追加情報/補足
  • このプロジェクトは5年の開発期間を経ており、マイクロソフトの努力により実現しました。今後の互換性の拡大に期待が集まります。

最新iOSで改善された「メッセージ」の要点

最新iOSでメッセージの仕様が変更・改善されたところがあるので、まずは要点だけ解説していきます。

新機能:ステッカーアプリの統合

新機能「ステッカーアプリの統合」について紹介します。

ステッカーアプリの特徴
  • iMessage内で、ライブステッカー、ミー文字、アニ文字、絵文字ステッカーなどを一か所で表示。
  • 被写体を写真やビデオから抽出し、エフェクトを加えたステッカーの作成が可能。
ステッカーアプリの使い方・設定に関すること
  1. ステッカーアプリを開き、好みのステッカーを選択。
  2. エフェクトを適用してカスタマイズ。

新機能:到着確認通知

新機能「到着確認通知」について紹介します。

到着確認通知の特徴
  • 目的地に到着すると自動で通知が送信される。
  • 遅れが生じた場合に役立つ情報を共有することも可能。
到着確認通知の使い方・設定に関すること
  1. 到着確認通知機能を有効にする。
  2. 目的地の設定と共有先を選択。

新機能:オーディオメッセージの発音表記

新機能「オーディオメッセージの発音表記」について紹介します。

オーディオメッセージの発音表記の特徴
  • 受信したオーディオメッセージの内容をテキストで表示。
  • 聞く時間がない場合にメッセージを読むことができる。
オーディオメッセージの発音表記の使い方・設定に関すること
  1. オーディオメッセージを開く。
  2. 発音表記を読んで内容を確認。

新機能:メッセージ検索の改善

新機能「メッセージ検索の改善」について紹介します。

メッセージ検索の特徴
  • 連絡先、キーワード、コンテンツタイプなどでメッセージを検索可能。
  • 検索結果のフィルタリングが容易。
メッセージ検索の使い方・設定に関すること
  1. 検索バーにキーワードを入力。
  2. 必要に応じてフィルターを適用。

新機能:インライン返信

新機能「インライン返信」について紹介します。

インライン返信の特徴
  • メッセージ吹き出しを右にスワイプして直接返信が可能。
  • 会話をより簡単かつ迅速に行うことができる。
インライン返信の使い方・設定に関すること
  1. 返信したいメッセージ吹き出しを右にスワイプ。
  2. 返信欄にメッセージを入力し送信。

新機能:一回限りの確認コードの削除

新機能「一回限りの確認コードの削除」について紹介します。

一回限りの確認コードの削除の特徴
  • 確認コードを他のアプリに自動入力した後、メッセージアプリから自動的に削除される。
  • セキュリティを高めつつ、メッセージの整理が容易に。
一回限りの確認コードの削除の使い方・設定に関すること
  1. 自動入力を許可する設定を有効にする。
  2. 確認コードを使用した後、自動でメッセージが削除される。

メッセージの知っておきたい裏技情報まとめ

メッセージを利用する上で知っておきたい裏技・チート級のテクニックをまとめていきます。

裏技/Tips:メッセージ通知のカスタマイズ

裏技/Tips「メッセージ通知のカスタマイズ」について紹介します。

メッセージ通知のカスタマイズの特徴

  • 指定した時間にのみメッセージ通知を受け取ることができる。
  • 仕事や勉強など集中が必要な時間に通知を遮断できる。

メッセージ通知のカスタマイズの活用法や使い方

  1. 「設定」から「通知」に進む。
  2. 「時刻指定要約」をオンにし、メッセージを選択。
  3. 通知を受け取りたい時間を設定。

裏技/Tips:全てのメッセージを既読にする

裏技/Tips「全てのメッセージを既読にする」について紹介します。

全てのメッセージを既読にするの特徴

  • 未開封のメッセージを一括で既読にすることができる。
  • 画面が見づらくなったり、新規メッセージを見逃すことを防ぐ。

全てのメッセージを既読にするの活用法や使い方

  1. メッセージアプリを開き、「編集」をタップ。
  2. 「メッセージを選択」を選び、「すべて開封済みにする」をタップ。

裏技/Tips:写真やURLの共有機能

裏技/Tips「写真やURLの共有機能」について紹介します。

写真のコレクションを表示の特徴

  • 複数の写真をスタックまたはコラージュ形式で表示。
  • 会話画面で写真をスワイプして閲覧可能。

写真のコレクションを表示の活用法や使い方

  1. 写真を選択し、メッセージで送信。
  2. 会話画面で写真をスワイプして詳細を確認。

あなたと共有の特徴

  • メッセージアプリで共有されたURLをSafariの「あなたと共有」欄で表示。
  • 他のアプリを開かずにウェブページへ直接アクセス可能。

あなたと共有の活用法や使い方

  1. メッセージで共有されたURLを受け取る。
  2. Safariのホーム画面の「あなたと共有」欄からアクセス。

裏技/Tips:メッセージの拡張された表現機能

Tapback:絵文字反応

  • 受信したメッセージに対して絵文字で簡単な反応を示せる。
  • 忙しい時の迅速な返信に便利。

ステッカー:視覚的な表現

  • 会話中にステッカーを貼り付けて楽しさを加える。
  • 既存のステッカーに加え、App Storeで新しいステッカーを追加可能。

手書きメッセージ:個性的な表現

  • 手書きでメッセージを送ることができる。
  • 特別なメッセージやイラストを通じて感情を伝える。

ミー文字:アニメーションキャラクター

  • 自分の表情に合わせて動くキャラクター。
  • カスタマイズ可能なミー文字で個性を表現。

これらの機能は、メッセージの使い方を豊かにし、コミュニケーションを楽しくする方法として活用できます。

裏技/Tips:メッセージのエフェクト活用

吹き出しエフェクト

  • メッセージの見た目に動きをつける。
  • 「ラウド」や「ジェントル」など複数の種類が利用可能。

吹き出しエフェクトの活用法や使い方

  1. メッセージを入力または写真を挿入。
  2. 送信ボタンを長押ししてエフェクトを選択。
  3. 望むエフェクトの送信ボタンをタップして送信。

フルスクリーンエフェクト

  • 画面全体にエフェクトを表示。
  • 「エコー」や「紙ふぶき」などのエフェクトが選択可能。

フルスクリーンエフェクトの活用法や使い方

  1. メッセージを入力または写真を挿入。
  2. 送信ボタンを長押しし、「スクリーン」タブを選択。
  3. 好みのフルスクリーンエフェクトをスワイプして選択し、送信。

「メッセージ」の基本仕様と設定に関する情報

メッセージの基本的な仕様とおすすめの設定についての情報をまとめていきます。

iPhoneの「iMessageとは」

iPhoneの「iMessageとは」

iPhoneの「iMessage」について紹介します。詳細は公式HPでご確認ください。

iMessageのできること
  • iPhone、iPad、Mac、Apple Watch間で安全なメッセージの送受信。
  • Wi-Fiやモバイル通信サービスを利用したテキストの送信。
  • 青い吹き出しで表示されるiMessage、緑色の吹き出しで表示されるSMS/MMS。
  • エンドツーエンド暗号化によるセキュリティ保護。
  • Tapback、エフェクト、共同作業、インライン返信などの機能。
iMessageの基本設定、操作方法
  1. 「設定」>「メッセージ」でiMessageをオンにする。
  2. 必要に応じてApple IDを設定。
  3. メッセージタイプ(iMessage/SMS/MMS)に応じて適切な操作を選択。

メッセージの基本的な設定

メッセージの基本的な設定は以下のようになっています。特に変更の必要がなければ、まずは基本の設定を理解することで、メッセージの使い方を学んでいくのが良いかと思います。

iPhoneの「メッセージの設定」

iPhoneの「メッセージの設定」

iPhoneの「メッセージの設定」について紹介します。詳細は公式HPでご確認ください。

メッセージの設定でできること
  • iMessageやSMS/MMSメッセージの送受信。
  • iMessageで使用する電話番号やメールアドレスの選択。
  • iCloudにメッセージを保存し、複数デバイスでのアクセス。
  • SMS/MMSメッセージの他のデバイスへの転送。
  • 自分の名前と写真を共有設定。
メッセージの基本設定、操作方法
  1. 「設定」>「メッセージ」からiMessageをオンに。
  2. 「設定」>「メッセージ」>「送受信」で連絡先を設定。
  3. 「iCloudにメッセージを保管」をオンにしてクラウド保存。
  4. 「SMS/MMS転送」で他デバイスへのメッセージ転送を設定。
  5. 「名前と写真を設定」で共有設定を管理。

「メッセージ」のSNSの口コミ/評判

裏技のネタ探しにX(Twitter)などでの「メッセージ」の反応をまとめておきます。

「メッセージ」に関するX(Twitter)の反応

X(Twitter)で参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「メッセージ」と検索できます。

メッセージに関連した当サイトの参考ページを紹介

「メッセージ」に関連した私が取り扱うサイトの各ページへのリンクを紹介していきます。

他にも知りたい裏技機能集

Apple製品を使いこなすためには、裏技や便利な機能を知ることが重要です。以下は、iPhoneやiPadなどのデバイスで使える便利な機能やトラブルシューティングの方法を紹介する記事です。

LINEデータの復旧

Chatsback for LINEレビュー」では、LINEデータが消えた際にデータを救出する方法を解説しています。万が一のデータ損失に備えて、この復旧ツールの使い方を知っておきましょう。

iPhoneのメール機能の使いこなし

使いこなせていない「メール」機能(iPhoneユーザー)」は、iPhoneユーザーが知っておきたい「メール」アプリに関する情報をまとめた記事です。メールの便利な使い方や設定方法を学びましょう。

iPhoneのタイマーとアラームの活用術

活用術」iPhoneのタイマーは使い勝手が悪い?」では、iOSの純正機能である「タイマー」や「アラーム」を使いこなすための情報を提供しています。日常生活で役立つ使い方を紹介しています。

メッセージで困ったときにおすすめ

iPhoneやiPadを使用していると、時にはメッセージ関連の問題や設定について知りたくなることがあります。以下の記事では、そんな時に役立つ情報を提供しています。

iPhoneのパスワード生成機能

iPhoneのパスワード生成機能について考える|一元管理」は、iPhoneのパスワード自動生成機能について、その危険性や使い勝手を詳しく解説しています。セキュリティを高めるための知識を得ることができます。

iPhone/iPadのジャーナル活用術

iPhone/iPad「ジャーナル」の知っておきたい裏技集」では、iPhoneやiPadで利用可能な「ジャーナル」機能に関連する裏技や活用方法を紹介しています。この記事を読めば、ジャーナル機能をもっと効率的に使いこなすことができるでしょう。

LINEのバックアップと引き継ぎ

LINEのバックアップ設定をミスったら「iTransor for LINEレビュー」」は、LINEのアカウントやトーク履歴の引き継ぎ設定に関する情報を提供しています。新しいスマホへの移行をスムーズに行うためのガイドです。

これらの記事は、「メッセージ」機能に関連する様々なトピックをカバーしており、Apple製品のユーザーにとって有益な情報が満載です。各リンクをクリックして、詳細な情報をご覧ください。

メッセージでできるようになったこと(過去ログ)

アップデート情報で古くなったものをここに載せておきます。

「iMessage」の代替アプリ比較

「iMessage」の代わりとなる、あるいは併用すると便利なアプリについての情報をまとめます。

iMessageの代替アプリ: +メッセージ

メッセージの代替アプリ: +メッセージ

メッセージとして利用できる「+メッセージ」についてご紹介します。

+メッセージとメッセージの比較ポイント

  • 同アプリ間のみ無料でメッセージ送受信可能
  • プリインストールされた端末が多く、多くのユーザーにアクセスしやすい
  • グループメッセージで複数人への連絡やファイル送信が可能
  • 通信量の節約設定や、キャリアのお知らせ受信機能がある
  • かわいいスタンプが多数あり、コミュニケーションを豊かにする
  • 迷惑メッセージ対策としてブロック・通報機能が備わっている

iMessageの代替アプリ: Google のメッセージ アプリ

メッセージとして利用できる「Google のメッセージ アプリ」についてご紹介します。

Google のメッセージ アプリとメッセージの比較ポイント

  • 同アプリ間のみ無料でメッセージ送受信可能
  • 画像や動画だけでなく、連絡先やボイスメッセージも送信できる
  • 豊富なGIFやスタンプでコミュニケーションがにぎやかに
  • 検索機能に優れ、必要な情報を素早く見つけられる
  • 音声メッセージやデバイスのペア設定が可能

iMessageの代替アプリ: メッセンジャーSMS

メッセージとして利用できる「メッセンジャーSMS」についてご紹介します。

メッセンジャーSMSとメッセージの比較ポイント

  • 有料ではあるが、画像・動画の送信に対応
  • デザインを多彩にカスタマイズ可能で、個性的な見た目に設定できる
  • 各種ファイル送信や定型文の使用が可能
  • 迷惑メッセージ対策としてブロック機能を搭載
  • 音声メッセージ送信やテーマの変更、パスコードロックなどの便利機能が利用可能

まとめ:メッセージのやっておくべきこと

最後までお読みいただきありがとうございました。

iPhoneユーザーは標準で利用できる機能であるメッセージですが、知っておくと時短につながったり毎日のルーティンに作業が簡単になる方法などをまとめました。

おさらいとしてこのページの内容をまとめておきます。

メッセージで知っておきたいことまとめ

メッセージの知っておきたいポイントまとめ

  • iMessage はAppleデバイス間での安全なメッセージサービス。
  • メッセージはWi-Fiまたはモバイル通信サービスを通じて送信。
  • iMessageは青い吹き出し、SMS/MMSは緑色の吹き出しで表示。
  • エンドツーエンド暗号化によりセキュリティが保たれる。
  • 機能にはTapback、メッセージエフェクト、インライン返信などが含まれる。

メッセージを活用したい便利なシチュエーション

  • 離れた家族や友人と安全にコミュニケーションを取る際。
  • インターネット接続がある場所での海外旅行中の連絡手段として。
  • 写真やビデオを共有する際に高速かつセキュアな通信手段として。
  • 緊急時や重要な通信を暗号化して送信する場合。

メッセージのよくあるQ&A

Q
iMessageとSMS/MMSの違いは何ですか?
A

iMessageはAppleデバイス間で使えるメッセージサービス(青い吹き出し)で、インターネットを通じて送受信されます。SMS/MMS(緑色の吹き出し)は通常の携帯電話のメッセージサービスです。

Q
iMessageを使うにはどうすればいいですか?
A

「設定」から「メッセージ」に進み、iMessageをオンにしてください。Apple IDが必要です。

Q
メッセージの暗号化とは何ですか?
A

iMessageはエンドツーエンド暗号化され、セキュリティが保たれています。送受信する内容は保護されています。

Q
メッセージで写真やビデオを送るには?
A

メッセージアプリで新しいメッセージを作成し、写真アイコンから写真やビデオを選択して送信します。

Q
他のAppleデバイスでメッセージを見るには?
A

iCloudにメッセージを保存する設定をオンにし、同じApple IDでサインインすれば、他のデバイスでもメッセージが表示されます。

Q
メッセージで紹介されている機能が使えないのはなぜ?
A

まずはOSのバージョンをご確認ください。最新の機能に関してはOSのバージョンアップ(更新)が必要になる場合があります。

また、他のアプリやインストールを失敗することでエラー・バグが起きている可能性があります。

うまく復旧できない場合は、iPhoneの復旧ソフトに関する情報もまとめていますのでこちらもご参照ください。

「メッセージ」に関する参考記事リスト

メッセージの他にも役に立ちそうな記事をリスト化しておきます。

Apple製品のセールに関する情報

Apple製品の年末〜初売りまでのセール情報をまとめたページはこちら。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

製品ごとにセールをまとめているのは以下。

Apple Musicの記事一覧

iCloudに関する記事一覧

ファミリー共有に関する記事

AppleTVに関する記事

Apple製品の機能使い方まとめ

iPhone
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    Motorolaが生成AIを活用したキャンペーン「Styled With Moto」では、バーチャルファッションモデルがランウェイを歩くファッションショー映像を披露。30秒の動画には、AIを活用して生成したさまざまな衣装を着用し、Motorolaのスマートフォンの起動音も組み込まれている。このキャンペーンは、Motorolaをテクノロジーの革新者、ファッショナブルなブランドとして位置づけることを目指している。Motorolaの折り畳みスマートフォン「Razr 50」と「Razr 50 Ultra」はAI機能を搭載し、ファッションアクセサリーとしてもアピールされている。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2407/17/news007.html

  2. buchikuma-info より:

    「iphone 古い 古い iphone」に関する最新情報です。

    近年、若い世代の間で「古いiPhone」で撮影した写真が注目されており、SNS上でも話題になっている。10〜20代のZ世代を中心に、数年前のiPhoneで撮影した写真が感傷的で「エモい」と評価されている。この現象の背景には、若い世代において「レトロカメラ」がブームとなっていることが挙げられる。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2407/14/news013.html

  3. buchikuma-info より:

    「モデル 生成 生成 モデル」に関する最新情報です。

    パナソニックHDは、Flowベース生成モデルにおいて、従来難しかったタスク特有の知識を扱えるAI技術を開発しました。この新しいAI技術は、生成AIモデルの解釈可能性を高めるために、コンテキスト情報を扱えるように進化させたもので、故障予測などのタスクで従来の手法を上回る性能を達成しています。この新たなFlowベース生成モデルであるContextFlow++は、可逆性を保ちながらコンテキスト情報を追加学習させることが可能となり、AI技術の進化に貢献しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005798.000003442.html

  4. buchikuma-info より:

    「ai モロッコ 生成」に関する最新情報です。

    AIによって生成された女性たちによるミスコンテストが初めて開催され、モロッコのKenza Layliさんが優勝した。LayliさんはAIのポジティブな影響について情熱を持ち、AI技術の発展を支持している。審査基準には従来の要素だけでなく、SNSでの影響力やAI技術も評価された。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_668de64ce4b09e5ce9bcb63d

  5. buchikuma-info より:

    「apple rcs 18」に関する最新情報です。

    Appleはついに、最新のiOS 18ベータ版にRich Communication Services(RCS)のサポートを追加しました。この機能は今週のiOS 18開発者向けベータ版の一部として登場しました。現時点では、RCSのサポートはT-Mobile、AT&T、Verizonなどの米国のキャリアに限定されているようです。iOS 18開発者向けベータ版をインストールしているユーザーはトグルを見ることができますが、機能はモバイルキャリアがRCSをサポートし、iOS 18向けにネットワークバンドルを更新している場合にのみ機能します。他の地域でもプロトコルがサポートされるとの情報が入り次第、このストーリーを更新します。

    https://techcrunch.com/2024/06/26/apple-finally-adds-support-for-rcs-in-latest-ios-18-beta/

タイトルとURLをコピーしました