PR

使いこなせていない「メール」機能(iPhoneユーザー)

スポンサーリンク

iPhone/iPadユーザーが知っておくと便利な「メール」に関する裏技情報についてまとめていきます。

スポンサーリンク

「メール」の最新アップデート情報

iOSのアップデートにより、メールでできることが増えましたので、まずはその情報についてまとめていきます。

最新iOSのアップデート情報

最新のiOSアップデート情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

iOS17にアップデートするべき?知っておきたい機能など
iOS17の情報をまとめています。

最新iOS17で改善された「メール」の要点

最新iOSでメールの仕様が変更・改善されたところがあるので、まずは要点だけ解説していきます。

新機能:「iOS 17のメールアプリにおけるハイパーリンクの追加」

新機能「iOS 17のメールアプリにおけるハイパーリンクの追加」について紹介します。

ハイパーリンク追加機能の特徴
  • iOSのメールアプリでテキストへのハイパーリンクがサポートされた。
  • これまでのiOSでは、リンク共有時に全URLをコピーする必要があった。
  • デスクトップと同じように、対応する単語やフレーズに直接リンクを追加できる。
ハイパーリンクの使い方・設定に関すること
  • ハイパーリンクを追加したいURLをコピー。
  • メールアプリを開き、新しいメール作成や既存のメッセージへの返信・転送を選択。
  • メッセージ入力中にハイパーリンクを追加したい単語を選択し、フローティングメニューから「リンクを追加」を選択して「貼り付け」をタップ。

新機能:「高度なトラッキングとフィンガープリント保護」

新機能「高度なトラッキングとフィンガープリント保護」について紹介します。

「高度なトラッキングとフィンガープリント保護」の特徴
  • URLからトラッキングパラメータを自動的に削除し、ウェブサイト間のトラッキングを防ぐ。
  • プライベートブラウズだけでなく、すべてのブラウズでも適用される。
  • メッセージやメールアプリで共有されるリンクにも適用される。
「高度なトラッキングとフィンガープリント保護」の使い方・設定に関すること
  • 設定は次の項目から行える:設定 > Safari > 詳細 > 高度なトラッキングとフィンガープリント保護
  • 機能のオン/オフは上記の設定から変更できる。

新機能:「メールの2段階認証用ワンタイムパスコードの自動入力」

新機能「メールの2段階認証用ワンタイムパスコードの自動入力」について紹介します。

「メールの2段階認証用ワンタイムパスコードの自動入力」の特徴
  • Safariで、メールで受信した2段階認証のワンタイムパスコードが自動入力される。
  • 既存の「Security Code AutoFill」機能の拡張版で、SMSからのワンタイムパスコード入力もサポート。
  • macOS 14 SonomaおよびiOS 17で利用可能。
「メールの2段階認証用ワンタイムパスコードの自動入力」の使い方・設定に関すること
  • この機能は、AppleのメールアプリとSafariの組み合わせでのみ動作。
  • 2段階認証を設定したWebサイトでのログイン時に、メールで受け取ったワンタイムパスコードが自動的にSafariに入力される。

2024年のメール機能に関する新着ニュース

iPhoneのメール機能に関する新着ニュースを紹介していきます。

AppleがChatGPTを統合したBlueMailのアップデートをブロック

  • Appleがメールアプリ・BlueMailのアップデート承認を拒否したことが確認された。
  • Appleは「子どもにとって不適切なコンテンツを生成する危険性がある」として、年齢制限を4歳以上から17歳以上に引き上げることを要求している。
  • BlueMailは、過去のメールやカレンダーイベントの内容を参照し、AIと対話を行いながらメールの作成を自動化する機能が組み込まれている。
AppleとBlueMailの開発元Blixとの対立について
  • Appleは、BlueMailがChatGPTを統合するアップデートに不適切なコンテンツフィルタリング機能が含まれていないと主張している。
  • しかし、Blixの創設者であるベン・ヴァラク氏は、BlueMailには独自のコンテンツフィルタリング機能があり、Appleに説明済みであると述べている。
  • ヴァラク氏は、他のAI機能を持つアプリが年齢制限なしでAppleに認可されている一方、BlueMailに対するこの要件は不公平であると主張している。
Appleの公式コメント
  • Appleの広報担当者は、アプリの開発者がApp Reviewのプロセスに従うことで異議申し立てが可能であり、現在、Blixによる抗議を調査中であるとコメントしている。
BlueMailのAI機能に関する情報
  • BlueMailはOpenAIが開発したChatGPTを統合している。
  • ChatGPTを使用したSnapchatの年齢制限は12歳以上で、BingはChatGPT統合前から17歳以上の年齢制限が設定されていた。

元AppleエンジニアによるGmail専用メールアプリ「Mimestream」

  • Macユーザー向けのGmail専用アプリ「Mimestream」は、元Appleのエンジニアが開発。
  • Gmailの本来の機能を最大限に引き出せるデスクトップアプリ。
  • 2023年5月にバージョン1.0がリリースされ、長いベータテストを経て正式公開。
システム要件と価格
  • macOS 12 Monterey以降に対応。
  • Appleシリコン搭載のMac及びIntel製CPUのMacでも動作。
  • 価格は月額4.99ドルもしくは年額49.99ドル。
  • 14日間の無料トライアルも提供。
Mimestreamの特徴
  • Gmailの本来の機能を完全に引き出せる。
  • デスクトップアプリとしてのメリットを生かし、オフラインでも起動や受信済みメールの閲覧が可能。
  • 新着メールの通知やDockのアイコンに未開封メールの件数が表示される。
  • Gmailの高度な機能、ラベルやフィルタの使用が快適。
  • メール作成時に役立つ機能として、「テンプレート」、「バケーション返答」、「送信取り消し」の機能が搭載。
おすすめの対象者
  • Mimestreamは有料アプリであるが、Gmailの機能を最大限に活用できる。
  • 仕事でGmailを活用し、効率を重要視する人に特におすすめ。
  • メールが多く、重要なメールが埋もれる問題を解消したい人に向いている。

iOS17でURLからの追跡パラメータ自動削除機能を追加

  • iOS17では、Safari、メッセージ、メールのURLからトラッキングパラメータを自動的に削除する新機能が実装された。
  • 新機能は「高度な追跡およびフィンガープリント保護(Advanced Tracking and Fingerprinting Protection)」と呼ばれている。
  • この新機能は、プライベートブラウズモード中やリンクのコピー時にトラッキングパラメータが検出されると、それを削除する。
追加情報/設定方法
  • 新機能は「設定」アプリの「Safari」の「詳細設定」から設定できる。
  • iOS17はiPhone XS以降でサポートされている。
  • iOS17開発者ベータ版は無料で利用可能だが、バグの影響でiPhoneが使用できなくなる可能性があるため、サブ機での利用や正式リリース後の利用が推奨されている。
対応デバイス
OS対応デバイス
iOS17iPhone XS以降
注意点
  • iOS17開発者ベータ版の利用は、不具合のリスクがあるため注意が必要。

スポンサーリンク

メールの知っておきたい裏技情報まとめ

メールを利用する上で知っておきたい裏技・チート級のテクニックをまとめていきます。

新機能:「iPhoneメールの復元方法」

新機能「iPhoneメールの復元方法」について紹介します。

iPhoneメールの復元方法の特徴

  • iPhoneで削除されたメールは30日以内ならば「ゴミ箱」から復元可能。
  • iCloudやiTunesのバックアップを利用して、消えたメールを復元することができる。

iPhoneメールの復元の使い方手順

  • 「ゴミ箱」からのメール復元: 「ゴミ箱」>「メールを選択」>「移動をタップ」>「移動先を選択」の順にタップ。
その他の復元方法
  • iCloudからの復元: 「設定」アプリから、「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップして、iPhoneをリセット。初期設定時に、メールのバックアップを取っているiCloudバックアップを選択して、iPhoneを復元。
  • iCloud.comからの復元: iCloud.comにログイン > メールのアイコンを選択 > 左側のメニューから「ゴミ箱」に移動し、復元したいメールを選択。
  • iTunesからの復元: iTunesを開く > 「バックアップを復元」をクリック。

新機能:「Siriを使ったメールのリマインダー登録」

新機能「Siriを使ったメールのリマインダー登録」について紹介します。

Siriを使ったメールのリマインダー登録の特徴

  • 重要なメールをリマインダーに登録して通知を受け取ることができる。
  • メールの件名がリマインダーのタイトルとして自動的に設定される。
  • リマインダーに登録されたメールは、リンクをタップすることで直接メールアプリで内容を確認できる。

Siriを使ったメールのリマインダー登録の使い方手順

  • 重要なメールを表示している状態でSiriを起動し、「このメールを覚えて」と話しかける。
  • メールの件名がリマインダーのタイトルとして自動的に作成される。
  • リマインダー内のメールアイコンをタップすると、登録したメールの内容を確認できる。

新機能:「iPhoneのメールAppのマーク機能とフィルタ機能」

新機能「iPhoneのメールAppのマーク機能とフィルタ機能」について紹介します。

iPhoneのメールAppのマーク機能の特徴

  • 特定の人をVIPとして指定し、メールボックスで仕分けできる。
  • メールにフラグを付けて整理・優先順位をつけることができる。
  • メールボックスの表示・非表示設定をカスタマイズできる。

iPhoneのメールAppのマーク機能の使い方手順

  • VIP指定したいメッセージを開き、「VIPに追加」をタップする。
  • フラグを付けたいメールをスワイプし、「フラグ」をタップする。
  • メールボックスの一覧から「編集」をタップし、表示・非表示の設定を行う。

iPhoneのメールAppのフィルタ機能の特徴

  • 「VIP」や「フラグ付き」などの特定のメールを簡単に探すことができる。
  • さまざまな条件を組み合わせてメールの表示を絞り込むことができる。
  • 「未開封」「フラグ付き」「添付ファイル付き」など、多彩なフィルタ条件が用意されている。

iPhoneのメールAppのフィルタ機能の使い方手順

  • メールボックスを開き、画面左下のフィルタアイコンをタップする。
  • フィルタ条件を変更するには、適用中のフィルタをタップして条件を選択する。

新機能:「iPhoneの”メール”アプリでGmailの連携」

新機能「iPhoneの”メール”アプリでGmailの連携」について紹介します。

iPhoneの「メール」アプリでGmail連携の特徴

  • iPhoneの標準「メール」アプリでGmailを送受信可能。
  • 複数のメールを一元管理可能。
  • 「連絡先」アプリとも連携し、Googleとの同期も可能。

iPhoneの「メール」アプリでGmail連携の使い方手順

  • 「設定」→「メール」→「アカウント」→「アカウントを追加」をタップし、表示された画面で「Google」を選択。
  • Googleアカウントでログインし、表示された項目の中から「メール」をオンにしてGmailを「メール」アプリで利用可能にする。

新機能:「iPhoneの”メール”アプリでの詐欺メールフィルタリング」

新機能「iPhoneの”メール”アプリでの詐欺メールフィルタリング」について紹介します。

iPhoneの「メール」アプリでの詐欺メールフィルタリングの特徴

  • 不明な差出人からの詐欺メールをフィルタリング可能。
  • 「不明な差出人」からのメールをメッセージ一覧からフィルタリングすることで、詐欺被害を減少させる。
  • 詐欺的なSMSやメッセージが届いた場合に、そのメッセージをすぐに削除することが推奨される。

iPhoneの「メール」アプリでの詐欺メールフィルタリングの使い方手順

  • 「設定」アプリから、「メッセージ」を開く。
  • 一番下にある「不明な差出人をフィルタ」の項目をオンにする。

新機能:「iPhoneのメールアプリの迷惑メールフィルターと受信拒否」

新機能「iPhoneのメールアプリの迷惑メールフィルターと受信拒否」について紹介します。

iPhoneのメールアプリの迷惑メールフィルターと受信拒否の特徴

  • 迷惑メールを自動的に「迷惑メール」ボックスに振り分ける機能が提供されています。
  • 特定の差出人からのメールを受信拒否する設定が可能。
  • Appleのメールアドレス(xxxxx@icloud.com)を使用すると、ユーザーが振り分けた迷惑メールを学習し、自動的に類似の迷惑メールを振り分ける。

迷惑メールのフィルターを設定する手順

  • 受信ボックスからフィルターを設定したい迷惑メールをタップする。
  • メニュー下部より矢印アイコンをタップし、表示されたメニューを上にスワイプする。
  • 「”迷惑メール”に移動」をタップする。

特定の差出人からのメール受信を拒否する手順

  • 受信ボックスから受信を拒否したい差出人からのメールをタップする。
  • メニュー下部より矢印アイコンをタップし、表示されたメニューを上にスワイプする。
  • 「差出人の受信拒否」をタップする。

新機能:「iOS 16のメールアプリの送信スケジュールとリマインダー」

新機能「iOS 16のメールアプリの送信スケジュールとリマインダー」について紹介します。

iOS 16のメールアプリの送信スケジュールとリマインダーの特徴

  • メールを指定した時刻に送信できる「送信をスケジュール」機能が追加されました。
  • 受信したメールを一時的に非表示にし、指定した日時に再通知する「リマインダー」機能が追加されました。
  • リマインダーを設定したメールは、指定した日時を過ぎると受信ボックスの一番上に表示されます。

送信をスケジュールする手順

  • 作成したメールの送信ボタンを長押しする。
  • 表示された候補から送信時刻を選択する(「今すぐ送信」「今夜21:00に送信」など)。もしくは「あとで送信…」を選び、日時を指定して「完了」をタップする。

リマインダーを設定する手順

  • メールボックスで受信メールを右スワイプして「リマインダー」をタップする。
  • 表示されたメニューから再通知日時を選択する(「1時間後にリマインダー」「今夜リマインダー」など)。もしくは「あとでリマインダー…」を選び、時刻指定ができるように「時刻」のスイッチをオンにする。

スポンサーリンク

「メール」の基本仕様と設定に関する情報

メールの基本的な仕様とおすすめの設定についての情報をまとめていきます。

メールの基本的な設定

メールの基本的な設定は以下のようになっています。特に変更の必要がなければ、まずは基本の設定を理解することで、メールの使い方を学んでいくのが良いかと思います。

メールの基本的な使い方

メールの基本的な使い方や設定について紹介します。詳細は公式HPでご確認ください。

iPhoneの「メール」を使ってできること
  • メールメッセージを作成し、送信する。
  • 受信者を追加し、Cc/Bccを設定する。
  • 「あとで送信」を使い、メールの送信をスケジュールする。
  • テキストフォーマットボタンを使い、メールの書式を変更する。
  • カメラや写真を使用して、メールアドレスを取り込む。
  • 「設定」から、「常にBccに自分を追加」をオンにすることで、自動的にコピーを自分宛に送信する。
  • メールの通知をミュートする。
  • 特定のメールやスレッドへの返信について通知を受ける。
  • 通知の表示方法をカスタマイズする。

メールAppの基本設定、操作方法

  • ミュートにしたスレッドの操作を変更するには、「設定」>「メール」>「ミュートにしたスレッドの操作」と選択。
  • 通知の表示方法を変更するには、「設定」>「メール」>「通知」と選択してから、「通知を許可」をオンにする。
  • 「メール」の通知設定のカスタマイズ:「設定」>「メール」>「通知」と選択してから、「通知をカスタマイズ」をタップし、変更を加えたいメールアカウントをタップ。

「メール」のSNSの口コミ/評判

裏技のネタ探しにTwitterなどでの「メール」の反応をまとめておきます。

「メール」に関するTwitterの反応

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitter検索用リンクはこちらです。「メール」と検索できます。

メールでできるようになったこと(過去ログ)

アップデート情報で古くなったものをここに載せておきます。

スポンサーリンク

「メール」の代替アプリ比較

「メール」の代わりとなる、あるいは併用すると便利なアプリについての情報をまとめます。

良いメールアプリの選び方

メールは日常のコミュニケーションに欠かせないツールとなっています。効率的かつ快適にメールを利用するためには、適切なメールアプリの選び方が重要です。以下に、良いメールアプリの選び方をまとめています。

1. 管理しやすさを確認する

  • 評価軸:自動で振り分けられるか、アカウントを複数作成できるかなど。
  • 管理のしやすさは、大量のメールを効率的に整理するために必要です。

2. 使いやすさを優先する

  • 評価軸:検索で特定のメールを探せるか、不必要なメールを一気に削除できるかなど。
  • 使いやすさは、埋もれたメールを効率的に見つけるために重要です。

3. 多機能性を求める

  • 評価軸:チャット機能の有無、ビデオ通話ができるか、カレンダー連携ができるかなど。
  • ビジネスでの利用を考えるなら、機能の多さも要注目です。

4. アカウントの作成や連携のしやすさを確認する

  • 選択するアプリが自分が使用しているメールアドレスに対応しているか確認すること。

5. セキュリティを確認する

  • ウィルスチェックやパスコードロックなどのセキュリティ機能が充実しているアプリを選ぶ。

6. 連携機能を持つアプリを選ぶ

  • カレンダーやチャット、ビデオ通話などの連携機能があるアプリを選び、コミュニケーションを円滑にする。

7. PCとの連携が可能か確認する

  • スマホとPCでメールの閲覧や管理ができるアプリを選ぶ。

8. デコレーション機能の有無を確認する

  • メールを楽しむためのデコレーション機能があるアプリを選ぶ。

9. 価格を確認する

  • 多くの優れたメールアプリは無料で提供されているが、有料のものもある。必要な機能やサービスを確認した上で、価格を検討する。

これらのポイントを基に、自分のニーズや環境に合ったメールアプリを選ぶことができます。

iPhone標準アプリよりも使えるメールアプリ

iPhone標準アプリと一緒にインストールしておきたいメールアプリをご紹介します。

メールの代替アプリ: Gmail

Gmailについてご紹介します。

Gmailとメールの比較ポイント
  • 場所と時間を問わず、スマホで効率的にやり取りが進められる。
  • スワイプ操作でメールを振り分け、手軽に整理整頓が可能。
  • 予定の確認や会議通話への参加など、仕事で役立つ機能が満載。

メールの代替アプリ: Yahoo!メール

Yahoo!メールについてご紹介します。

Yahoo!メールとメールの比較ポイント
  • プライベートやビジネスに応じてメールの振り分けが可能。
  • 他社のアドレスも一括管理でき、メールチェックの手間を省ける。
  • なりすまし対策や迷惑メール振り分けなど、セキュリティ機能が充実。

メールの代替アプリ: Microsoft Outlook

Microsoft Outlookについてご紹介します。

Microsoft Outlookとメールの比較ポイント
  • 優先度順にメールを表示し、予定や連絡先でキーワード検索が可能。
  • 内蔵のカレンダーでスケジュール管理し、予定時間の通知を設定できる。
  • 添付ファイルをスマホにダウンロードせずに開けるため、作業がスムーズ。

スポンサーリンク

まとめ:メールのやっておくべきこと

最後までお読みいただきありがとうございました。

iPhoneユーザーは標準で利用できる機能であるメールですが、知っておくと時短につながったり毎日のルーティンに作業が簡単になる方法などをまとめました。

おさらいとしてこのページの内容をまとめておきます。

メールで知っておきたいことまとめ

  • 良いメールアプリの特長
    • 管理しやすさ:自動でメールを振り分ける、複数のアカウントを作成・管理する機能などが重要です。
    • 使いやすさ:特定のメールを簡単に検索できる、不要なメールを一括で削除する機能などが鍵となります。
    • 多機能性:チャットやビデオ通話、カレンダー連携などの追加機能があると、メールアプリをより広範に利用することができます。
  • セキュリティの確認
    • 迷惑メールの自動振り分けやウィルスチェック、パスコードロックなどのセキュリティ機能が充実しているアプリを選ぶことで、安全にメールを利用できます。
  • PCとの連携
    • スマホとPCの両方でメールを閲覧・管理できるアプリを選ぶことで、場所やデバイスを選ばずに効率的にメールを使うことができます。

メールのよくあるQ&A

ここまでの内容を踏まえて、「メール」に関してよくあるFAQを5セット作成してください。なるべく、簡潔に、パソコンやスマホ操作が苦手な形でも理解できるように配慮いてください。

Q
良いメールアプリの特徴は何ですか?
A

使いやすさ、メールの管理がしやすいこと、多機能性(例:カレンダー連携、ビデオ通話など)が3つの主要な特徴です。

Q
セキュリティを重視する場合、どのようなメールアプリを選べばいいですか?
A

迷惑メールの振り分けやウィルスチェック、パスコードロック機能がついているアプリを選ぶと安全です。

Q
スマホとパソコンの両方でメールをチェックしたいのですが、どうすればいいですか?
A

PCとの連携機能がついているメールアプリを選ぶと、どちらのデバイスでもメールを確認・管理できます。

Q
メールアプリには無料のものと有料のものがあるようですが、どちらを選べばいいですか?
A

ほとんどの無料アプリでも基本的な機能は備わっています。しかし、多くのメールを保管したい、高度なセキュリティ機能が欲しい場合などは、有料プランを検討するとよいでしょう。

Q
メールアプリの「自動振り分け」とは何ですか?
A

「自動振り分け」は、受信したメールを指定した条件(例:差出人やキーワード)に基づいて自動的に特定のフォルダに分ける機能です。これにより、メールの整理が手間なく行えます。

「メール」に関する参考記事リスト

メールの他にも役に立ちそうな記事をリスト化しておきます。

Apple Musicの記事一覧

iCloudに関する記事一覧

ファミリー共有に関する記事

AppleTVに関する記事

Apple製品の機能使い方まとめ

iPhoneのトラブル対策の記事一覧

iPhoneを交換する
バックアップする
iPhone
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「apple chatgpt openai」に関する最新情報です。

    AppleはChatGPTの開発元であるOpenAIに金銭を支払っていないが、将来的に収益分配システムを構築する予定と報道されている。AppleはChatGPTをシステムに統合し、Siriの応答やコンテンツ生成機能に活用することを発表しており、ChatGPTのブランド価値を高める取り組みを行っている。AppleはChatGPTを活用した機能をApple製デバイスに追加することで、AI技術の普及を図っている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDA2MTMtYXBwbGUtY2hhdGdwdC1vcGVuYWkv0gEA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「apple chatgpt siri」に関する最新情報です。

    Appleは、OpenAIのAI搭載チャットボット体験であるChatGPTを、Siriやその他のファーストパーティーアプリや機能に導入することを発表しました。ユーザーは、Siriを介してChatGPTに質問をする際に写真を含めたり、ドキュメントやPDFに関連する質問をすることができます。AppleはChatGPTをシステム全体のツールに統合し、Writing Toolsなどのツールを通じてChatGPTを使用してコンテンツを作成したり、アイデアを送信して改訂やバリエーションを得ることができます。OpenAIのChatGPTプレミアムプランのサブスクライバーは、SiriやAppleの他のアプリでChatGPT統合機能を利用できます。Appleはプライバシー保護を重視し、OpenAIによるリクエストの保存やユーザーのIPアドレスの非表示化などが組み込まれていると述べています。

    https://techcrunch.com/2024/06/10/apple-brings-chatgpt-to-its-apps-including-siri/

  3. buchikuma-info より:

    「chatgpt iphone chatgpt 統合」に関する最新情報です。

    米Appleは6月10日、iPhoneなどの製品に米OpenAIのAIチャット「ChatGPT」を統合すると発表した。ChatGPTからは最新モデルの「GPT-4o」が利用可能で、音声アシスタント「Siri」と連携する。米OpenAIのサム・アルトマンCEOは喜びを表明し、「2024年後半にAppleと提携し、ChatGPTを統合できることをとてもうれしく思っている。きっと気に入ってもらえると思う」と述べた。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yNDA2LzExL25ld3MwOTguaHRtbNIBN2h0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hbXAvMjQwNi8xMS9uZXdzMDk4Lmh0bWw?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「セキュリティ ai 生成」に関する最新情報です。

    AmazonやMicrosoftなどのハイパースケーラー企業は、生成AIを動かすクラウドのセキュリティ強化に注力しており、安全性と信頼性が重要視されている。Amazonは生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供開始を宣伝し、AIが同社のクラウド事業を後押ししていると評価している。ジャシー氏は企業に対して、クラウドベースの生成AIサービスのセキュリティと運用パフォーマンスを見落とさないよう呼びかけている。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2406/10/news055.html

  5. buchikuma-info より:

    「セキュリティ ai 生成」に関する最新情報です。

    AmazonやMicrosoftなどのハイパースケーラー企業は、生成AIを動かすクラウドのセキュリティ強化に注力しており、安全性と信頼性が重要視されている。Amazonは生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供開始を発表し、AIが同社のクラウド事業を後押ししていると評価している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvZW50ZXJwcmlzZS9hcnRpY2xlcy8yNDA2LzEwL25ld3MwNTUuaHRtbNIBAA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「サル 被害 サル 被害」に関する最新情報です。

    福岡市では都市部に出没する都市型サルによる被害が深刻化しており、捕獲が難しい状況です。このため、行政はサルの位置情報共有アプリの開発に乗り出しています。サルとの遭遇時の対処法や注意事項も紹介されており、福岡県ではサルの被害対策会議を開き、パトロールやデジタルマップの開発などの対策を進めています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vbmV3cy5nb28ubmUuanAvYXJ0aWNsZS9ya2IvcmVnaW9uL3JrYi0xMjAyNTIwLmh0bWzSAT5odHRwczovL25ld3MuZ29vLm5lLmpwL2FtcC9hcnRpY2xlL3JrYi9yZWdpb24vcmtiLTEyMDI1MjAuaHRtbA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「デコレーション さくらんぼ 国産」に関する最新情報です。

    シャトレーゼは6月1日から6月30日までの期間限定で、「国産さくらんぼのデコレーション」というケーキを発売している。このケーキにはイチゴやラズベリー、カシスムースが使われ、オレンジやキウイフルーツもトッピングされている。他にも「フルーツのプリンキューブデコレーション」「苺と柑橘のスフレチーズデコレーション」などのケーキも販売中で、さまざまなフルーツを楽しむことができる。

    https://www.ssnp.co.jp/snack/550713/

  8. buchikuma-info より:

    「ai ai ocr ai 自動入力」に関する最新情報です。

    2024年5月29日、マネーフォワードは『マネーフォワード クラウド契約』において、契約書をAI-OCRで読み取り、管理項目を自動入力する「AI自動入力機能」のβ版を提供開始した。この機能により、契約台帳の作成・管理業務が自動化され、法務部門の業務効率化が図られる。また、AI-OCRによって過去に書面で締結した契約書も電子管理が可能になり、契約書を一元管理できる。今後は、新機能の利用方法やさらなる機能拡充を予定している。

    https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20240529-mf-press/

  9. buchikuma-info より:

    「セキュリティ ai 生成」に関する最新情報です。

    ウィズセキュアが新しいAIツール「WithSecure Luminen」を発表し、セキュリティチームのリソース不足を解決することを目指している。このツールは複雑なタスクを簡素化し、効率的なサイバーセキュリティ管理を実現することが期待されている。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2405/27/news042.html

  10. buchikuma-info より:

    「apple openai ai」に関する最新情報です。

    Appleが開発した生成AI「AppleGPT」は品質面で不十分であり、実用化の道筋が立っていないことが明らかになった。そのため、AppleはOpenAIと提携し、6月10日の開発者向けイベントで重要な発表を行う予定。これはGoogleのGeminiではなく、高い評価を得ているOpenAIと手を組む選択である。一方、OpenAIの企業体制には不安視する声もあり、Appleの決定がどのような結果をもたらすか注目されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiTWh0dHBzOi8vYnV6emFwLmpwL25ld3MvMjAyNDA1MjctYXBwbGUtYWktY2hhdC1ub3Qtd29ya2luZy1vcGVuYWktcGFydG5lcnNoaXAv0gFTaHR0cHM6Ly9idXp6YXAuanAvbmV3cy8yMDI0MDUyNy1hcHBsZS1haS1jaGF0LW5vdC13b3JraW5nLW9wZW5haS1wYXJ0bmVyc2hpcC8_YW1wPTE?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「apple ai openai」に関する最新情報です。

    Appleは2024年6月11日に開催予定のWWDC24でAI機能を発表すると報じられており、その中にはAI生成の絵文字も含まれるとされている。さらに、AppleはOpenAIとの提携も発表する可能性があると報じられている。この提携により、Appleは最先端のチャットボットを導入し、競合他社に対して優位性を持つことができるとされている。ただし、OpenAIとの提携にはリスクも伴う可能性があると指摘されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvNDhfN19yXzIwMjQwNTI3XzE3MTY3NzQ1NTIxNzM0NDfSAQA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「openai chatgpt apple」に関する最新情報です。

    AppleとOpenAIの契約が最終調整段階にあり、iOS 18にChatGPTを搭載することが見込まれている。AppleはOpenAIの技術をiPhoneとiOSに導入する契約を進めており、iOS 18のAI機能にChatGPTを活用した人気のチャットボットを提供する予定。AppleはGoogleのGeminiについても協議していたが、Bloombergの報告によれば、OpenAIとの合意に近づいている。Appleは6月11日から開催予定のWWDCでiOS 18を発表し、そのタイミングでOpenAIとの契約を成立させることで、人気のチャットボットが利用可能になる見込み。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvNDhfN19yXzIwMjQwNTEyXzE3MTU1MDg2MDI0ODcxOTHSAQA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「apple イベント 今夜」に関する最新情報です。

    本日23時に開催されるAppleの発表イベントでは、新型iPadの発表が期待されており、さらに新モデルも登場する可能性がある。イベントは日本時間の23時からスタートし、公式サイトやApple TVのアプリ、YouTube公式アカウントからリアルタイムで視聴可能。公式サイトでは日本語字幕がつく。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRGh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNS9ob3ctdG8td2F0Y2gtYXBwbGUtZXZlbnQtdG9uaWdodC5odG1s0gEA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「microsoft openai ai」に関する最新情報です。

    MicrosoftがOpenAIに巨額の投資を行った背景には、GoogleのAI研究が進み過ぎているという懸念があったことが明らかになった。Microsoftは2019年に10億ドルをOpenAIに投資し、2020年にはGPT-3の独占ライセンスを取得。この投資は、GoogleによるAI分野での先行を危惧した結果であった。MicrosoftはAI分野においてGoogleに数年遅れを取っていたが、その後AI分野への関心が深まり、OpenAIとのパートナーシップを築いていった。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvNDhfN19yXzIwMjQwNTAyXzE3MTQ2MTQ1NzMyNzMyNjHSAQA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「apple ai openai」に関する最新情報です。

    2023年後半からAppleはiOS 18のAI機能を強化するためにOpenAIと交渉を進めており、またGoogleのGeminiも検討中。Appleは中国向けにもAI機能を提供するため、百度とも協議を進めている。iOS 18ではAIベースのチャットボットを強化する計画で、SiriSummarizationというAIモデルも開発中。AppleはGoogleとも協議中で、最適な選択肢を模索している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvNDhfN19yXzIwMjQwNDMwXzE3MTQ0NDk4NzI0Mjk3ODXSAQA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「詐欺 なりすまし 広告」に関する最新情報です。

    警察庁によると、SNS型投資詐欺の被害額が約277億9千万円に上り、著名人のなりすまし広告が主な原因となっている。被害者は無料で儲かる話を教えるとしてLINEグループに誘導され、投資名目でお金をだまし取られるケースが多い。特にFacebookとInstagramが被害に遭っている。運営会社のメタは非難を浴びており、対策が求められている。メタの広告ライブラリによる調査では、2024年に日本で配信された「投資」という言葉を含む広告が検出された。

    https://japan.cnet.com/article/35218037/

  17. buchikuma-info より:

    「フレーズ 日本語 外国人」に関する最新情報です。

    外国人講師287人を対象に行われたアンケートで、日本に住む外国人が好きな日本語フレーズが紹介された。人気のあったフレーズは、「大丈夫です」「お疲れ様でした」「仕方がない/しょうがない」であり、特に「仕方がない/しょうがない」が便利さが評価されていた。日本語の独特な表現や思いやりを示す言葉が外国人に好評だった。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66162d76e4b02edf2008849d

  18. buchikuma-info より:

    「ai ai 自動化 自動化」に関する最新情報です。

    パロアルトネットワークスが行った調査によると、日本企業のサイバーセキュリティにおいてAI・自動化の活用が重要視されており、約9割の企業が業務変革の必要性を訴えている。調査では、AIや自動化がサイバーセキュリティ業務にどのように活用されているか、管理職や現場担当者392人を対象に実施された。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2403/27/news050.html

  19. buchikuma-info より:

    「apple microsoft ai」に関する最新情報です。

    今週のニュースでは、Appleに対する独占禁止法訴訟やMicrosoftのAIに関する野心、Nvidiaの驚きなどが取り上げられています。Microsoftが高い注目を集めるAIスタートアップの共同創業者を獲得し、Mustafa SuleymanをMicrosoft AIのリーダー、Karén Simonyanを同グループのEVPおよびCEOに任命したことが報じられました。また、Inflectionが13億ドルを調達し、Microsoftがそのスタートアップを買収したことも注目されました。

    https://techcrunch.com/2024/03/23/apple-sued-microsofts-ai-ambitions-and-nvidia-surprises/

  20. buchikuma-info より:

    「apple ai 生成」に関する最新情報です。

    Appleは、次期基本ソフト「iOS 18」において、自社開発のAIモデルをベースにした新機能を準備しており、その一部として米Googleの生成AI「Gemini」を搭載する方向で交渉を行っていると報じられている。Appleは生成AIの展開で遅れを取っており、CEOのティム・クックは年内に詳細を公表する考えを示している。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2403/18/news165.html

  21. buchikuma-info より:

    「apple ai 生成」に関する最新情報です。

    米Appleが、米Googleの生成人工知能(AI)「Gemini」をiPhoneに搭載する方向で交渉を行っていると報じられた。Appleは次期基本ソフト「iOS 18」に新機能を準備中で、生成AI機能を提供するパートナーを探している。生成AIの展開でMicrosoftやGoogleに遅れを取っているとされ、Appleのティム・クック最高経営責任者は年内に生成AIの活用計画を公表する考えを示している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yNDAzLzE4L25ld3MxNjUuaHRtbNIBAA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「セキュリティ ai microsoft」に関する最新情報です。

    Microsoftは2024年2月20日に開催されたオフラインイベント「Microsoft AI Tour」で、セキュリティチーム向けの生成AIソリューション「Microsoft Security Copilot」の特徴を紹介した。同社は安全なAI利用に向けたフレームワークの整備など、セキュリティにAIを活用する取り組みについても説明した。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2403/08/news023.html

  23. buchikuma-info より:

    「ai apple 生成」に関する最新情報です。

    AppleのCEOであるクック氏が、Appleが生成AIに大きな投資をしており、2024年後半に計画を明らかにすると述べた。Appleは他社に比べて生成AIへの動きが少ないとされている。生成AIに投資した日本企業はわずか2%であり、Appleの取り組みが注目されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvdGVjaHBsdXMvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDIyOS0yODk1MTUwL9IBAA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「コミュニケーション コミュニケーション システム システム」に関する最新情報です。

    シャープと鹿島建設が共同で開発した「ハイブリッド遠隔コミュニケーションシステム」は、山岳トンネル工事などでの生産性・安全性向上を目的としています。このシステムは、現場と遠隔地を結び、動画と高解像度静止画を組み合わせて配信し、遠隔地からの確認・評価を可能にします。現場配信側はタブレット端末で動画と静止画を撮影し、通信状況に合わせて配信を切り替えます。遠隔地の確認者は動画で状況を把握し、詳細な状態を静止画で確認することで適切な評価が可能となります。さらに、遠隔参加者は音声だけでなく、操作画面のポインタによる指示も送ることができます。

    https://corporate.jp.sharp/news/240227-a.html

  25. buchikuma-info より:

    「書類 apple apple bing」に関する最新情報です。

    Googleの訴訟書類によると、MicrosoftはAppleに検索エンジン「Bing」の売却を持ちかけていたことが明らかになった。これは独占禁止法に抵触していないかを証明するための書類として提出されたものである。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvdGVjaHBsdXMvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDIyNi0yODkyMjY3L9IBAA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「apple ai 生成」に関する最新情報です。

    Appleは、AppleCareのサポートアドバイザー向けに自社開発の生成AIツール「Ask」を試用中。このAIは顧客からの技術的な質問に自動的に回答し、ナレッジベースから情報を取得している。アドバイザーはオンラインチャットや電話で顧客に回答内容を伝えており、回答の評価も可能とのこと。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MzMwL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MzMwL2FtcC8?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「intel us ai」に関する最新情報です。

    2024年2月21日、米国最大の半導体メーカーであるIntelは、生成AIと中国のテクノロジー野心への米政府の懸念を活用してビジネスを再活性化しようとしている。同社は、他社向けのチップデザインを製造するファウンドリ事業を再開および拡大する計画を発表し、MicrosoftもIntelのファウンドリを利用することを発表した。Intelは、新しい18A製造プロセスを導入し、2024年後半に提供する予定であり、これにより競合他社であるTSMCやSamsungと競争できるとしている。Intelの再生計画の成功は、同社だけでなく、米国のテクノロジー産業と政府の期待にも重要である。米商務長官は、米国政府が半導体産業を再活性化することに焦点を当てており、Intelの新しいファウンドリ戦略は、以前の復活の試みよりも成功する可能性があると見られている。Intelの衰退は、米国の国家安全保障機関に懸念を引き起こしており、米国政府は国内の半導体製造を活性化し、シリコン供給ラインを確保するために520億ドルを約束している。Intelは、さらに政府の資金を活用できると考えており、米商務長官に追加の投資が必要かどうか尋ねている。

    https://www.wired.com/story/intel-ai-reboot-future-us-chipmaking/

  28. buchikuma-info より:

    「chatgpt apple pro」に関する最新情報です。

    ChatGPTとApple Vision Proがタッグを組み、2024年に発売されたApple Vision Proの操作性や体験を向上させるための新しいアプリが登場した。この新アプリでは、仮想空間でも快適な操作性が実現され、複数のタスクを並行して行うことが可能となる。さらに、視覚を手に入れたChatGPTは、Apple Vision Proを通じて物体を認識し解説する能力を持ち、テキスト入力に依存せずに生成が可能となる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiP2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMi9jaGF0Z3B0LXN1cHBvcnRzLXZpc2lvbi1wcm8uaHRtbNIBAA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「開発 ai 生成」に関する最新情報です。

    パーソルグループは、内部で生成AIを開発し、社内で活用している。このプロジェクトは、ホールディングスが中心となって推進され、わずか2週間でプロトタイプが開発された。内製の理由は、情報の安全性と保護が必要だったためであり、自社のノウハウが生成AIに学習されることを防ぐ必要があった。朝比奈氏は経営陣にこの提案を行い、生成AIのワークショップで経営陣がその威力を実感したことで、内製化が決定された。パーソルグループ版生成AIは「PERSOL Chat Assistant」と呼ばれ、社内のあらゆる業務に活用されている。

    https://japan.cnet.com/article/35214896/

  30. buchikuma-info より:

    「転職 年収 エンジニア」に関する最新情報です。

    パーソルキャリアが発表した「IT職種の転職前後の平均年収レポート」によると、2023年1〜6月に転職した人の中で、最も年収が増えた職種は「セキュリティエンジニア」でした。特に、IT職種では「SE(システムエンジニア)」や「インフラエンジニア」、そして「Webエンジニア」に関しても、転職後に給与が上がった人の割合が高かったと報告されています。パーソルキャリアは、IT人材不足により企業が給与水準を見直し、離職防止や採用力強化を図る傾向があることが、IT職種の平均年収の上昇要因としていると分析しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vYXRtYXJraXQuaXRtZWRpYS5jby5qcC9haXQvYXJ0aWNsZXMvMjQwMi8xMy9uZXdzMDQ5Lmh0bWzSAQA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「openai ai ai openai」に関する最新情報です。

    タイトル: AIの今週: OpenAIが高等教育機関と提携を発表
    見出し: AIの今週: OpenAIが高等教育機関と提携、さらなる機械学習
    トピック1:
    トピックのキーワード: openai ai ai openai higher week week ai ed finds finds partner higher ed
    トップの段落:
    エンティティ: この週のAIは、最新の話題とアリゾナ州立大学との提携を紹介しています
    キーワード: Week AI OpenAI finds partner higher ed Keeping industry fast moving tall order AI handy roundup recent stories world machine learning along notable research experiments cover week AI OpenAI signed first higher education customer Arizona State University

    エンティティ: アリゾナ州立大学
    キーワード: week AI OpenAI signed first higher education customer Arizona State University

    https://techcrunch.com/2024/01/20/this-week-in-ai-openai-finds-a-partner-in-higher-ed/

  32. buchikuma-info より:

    「調査 セキュリティ セキュリティ 関する」に関する最新情報です。

    最近行われた調査によると、全国の会社員607人のうち約1割弱が「最近、社内でセキュリティに関する問題が発生した」と回答しました。この調査は日本トレンドリサーチによって実施され、2023年12月13日から12月22日まで行われました。調査では、会社のシステム開発部門の担当者に対して、セキュリティに関する悩みや重視するポイントなどについて質問が行われました。この結果は日本トレンドリサーチのウェブサイトで公開されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001048.000044800.html

  33. buchikuma-info より:

    「deletec deletec ラベル がん」に関する最新情報です。

    サントリー食品は、「C.C.レモン」から「deleteCラベル」を発売しました。このプロジェクトは、「みんなの力で、がんを治せる病気にする」という目標の一環です。C.C.レモンは、がん治療研究に関わるプレイヤーとして、がんの治療や研究に寄付を行っています。このプロジェクトに参加することで、消費者はがん治療研究への貢献をすることができます。また、deleteCラベルのデザインには、がんを象徴する「C」の文字が消されており、がん治療研究への賛同を表しています。このプロジェクトは、消費者に広く支持されており、サントリー食品は引き続きがん治療研究を応援していく予定です。

    https://www.ssnp.co.jp/beverage/534209/

  34. buchikuma-info より:

    「gmail gmail メール google」に関する最新情報です。

    Googleのメールサービス「Gmail」の不要なメールを整理するテクニックが話題になっています。このテクニックを使うことで、Googleのストレージ容量を取り戻すことができます。具体的には、Gmailのメールを整理し、不要なメールや広告メールを削除することで、ストレージの空き容量を増やすことができます。このテクニックは、Googleのドライブやフォトといった他のサービスとも連携しており、実際に使い切ってしまったストレージを解放することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vZm9yZXN0LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9zaHNlcmkvcmVhZGl0bm93LzE1NTY3NTYuaHRtbNIBAA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「microsoft アプリ サポート」に関する最新情報です。

    マイクロソフトは、Androidアプリに続いてiOS版の「Microsoft Copilot」をリリースしました。このアプリは、無料で「GPT-4」と「DALL・E 3」というAIモデルをサポートしています。これにより、ユーザーはAIの力を借りて、より効率的に作業を進めることができます。また、マイクロソフトはAI技術の進化に注力しており、今後もさらなる機能の追加が期待されています。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2312/30/news074.html

  36. buchikuma-info より:

    「やり やり セキュリティ セキュリティ」に関する最新情報です。

    「やりすぎセキュリティ」作業は、やり方次第では一度で済むはずなのに、さらに手間をかけさせてくる仕事の一例です。この作業は業務部門のモチベーションを下げる要因となります。しかし、労力をかける割には直結する成果がなく、意味のある作業ではありません。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2312/28/news003.html

  37. buchikuma-info より:

    「apple apple セキュリティ セキュリティ」に関する最新情報です。

    Appleは新しい「盗難デバイス保護」機能を導入し、セキュリティを強化しています。この機能では、Touch IDやFace IDなどの認証情報を使用して、iPhoneの乗っ取りを防止することができます。また、iOS 17.3ではこの機能が復活し、さらなる保護が提供されます。さらに、パスキーやApple Cardなどの情報もセキュアに管理できるようになりました。これにより、デバイスの紛失や盗難時にも安心して利用することができます。

    https://www.lifehacker.jp/article/2312-apples-new-stolen-device-protection-feature-ios-17/

  38. buchikuma-info より:

    「セキュリティ ai 生成」に関する最新情報です。

    セキュリティニュースアラートによると、カスペルスキーは2024年以降のセキュリティの未来について予測を発表しました。彼らは生成AIがセキュリティに与える影響について議論し、サイバー攻撃者が生成AIを悪用する方法についても論じています。生成AIはもろ刃の剣であり、セキュリティにとって脅威となる可能性があります。カスペルスキーは、生成AIがセキュリティの攻防戦において状況を変える可能性があると指摘しています。彼らの予測によれば、生成AIはセキュリティの防御側と攻撃者の両方にとって重要な役割を果たすことになると言えます。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2312/21/news060.html

  39. buchikuma-info より:

    「gmail gmail 受信 せよ」に関する最新情報です。

    本記事は、Gmailの受信トレイをスマートに整理する方法と、迷惑メールをブロックする方法について紹介しています。受信トレイが膨れ上がってしまうことや迷惑メールの問題を解決するために、Gmailの機能を活用する手順が詳しく説明されています。具体的な方法は、パソコンのGmailでメールをブロックする方法と、Gmailモバイルアプリでメールをブロックする方法の2つが紹介されています。これらの方法を実践することで、受信トレイがすっきりと整理され、生産性が向上することが期待されます。

    https://www.lifehacker.jp/article/2312block-emails-gmail/

  40. buchikuma-info より:

    「okta spera security」に関する最新情報です。

    オンラインセキュリティ企業のOktaが、セキュリティ企業のSperaを1億ドル以上で買収すると報じられています。この買収により、Oktaは既存のアイデンティティ脅威検出・対応(ITDR)の機能を強化し、顧客のアイデンティティセキュリティのポジションを向上させることができると述べています。また、Speraはセキュリティだけでなく、企業のコスト削減やサービス向上にも貢献しており、GoogleやPalo Alto Networksなどのテックジャイアントからの投資も受けていました。

    https://techcrunch.com/2023/12/19/okta-snatches-up-security-firm-spera-reportedly-for-over-100m/

  41. buchikuma-info より:

    「サポート サポート 詐欺 詐欺」に関する最新情報です。

    情報処理推進機構(IPA)が、サポート詐欺に関する注意喚起のために「偽セキュリティ警告体験サイト」を公開しました。最近、サポート詐欺に関する相談件数が増えており、被害を未然に防止するために作成されたものです。この体験サイトでは、偽のセキュリティ警告画面が表示され、閉じる操作の練習や被害の体験ができます。サポート詐欺は、コンピュータウイルス感染を見せかけて金銭を要求する手口であり、注意が必要です。IPAは、この体験サイトを通じて、サポート詐欺に対する情報を広めることで被害の防止に役立てることを目指しています。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2312/19/news153.html

  42. buchikuma-info より:

    「シール プリント プリント シール」に関する最新情報です。

    フリューは、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)を利用して、プリントシール機の顧客サービスを強化することを発表しました。OCI上でプリントシール機の画像取得・閲覧サービス用の大規模基幹データベース基盤をOracle Autonomous Databaseで刷新することで、SQL処理性能を最大3倍向上させ、コストを約60%削減することができます。これにより、安全かつ安定したサービス提供環境を整備し、顧客満足度を向上させることができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000288.000057729.html

  43. buchikuma-info より:

    「ai ai ツール apple」に関する最新情報です。

    AppleはAIツールをオープンソース化すると発表しました。この動きは、Appleが人工知能分野での取り組みを強化するための一環とされています。具体的には、Appleのシニアリサーチサイエンティストであるハヌン氏が開発した機械学習フレームワーク「MLX」がMITライセンスで公開されました。これにより、開発者や研究者はAppleのAIツールを自由に利用することができるようになります。この動きは、AppleがAI分野での技術の進歩を促進するためのものであり、注目を集めています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTYxOTQzL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTYxOTQzL2FtcC8?oc=5

  44. buchikuma-info より:

    「update 17 17 security」に関する最新情報です。

    AppleはiOS 17のセキュリティの問題を修正するための緊急アップデートをリリースしました。AppleはiPhoneユーザーに、最新のオペレーティングシステムパッチであるiOS 17.1.2のダウンロードを促しています。このアップデートには新機能が含まれており、重要なセキュリティ修正も提供されています。Appleはユーザーに即座にアップデートをインストールすることを推奨しています。アップデートには、既に悪用されている可能性のある脆弱性の修正も含まれています。特に、AppleのインターネットブラウザエンジンであるWebKitに関連する問題が修正されています。これにより、Safariを使用してウェブコンテンツを閲覧する際に情報が漏洩する可能性があります。Appleはユーザーに問題を報告するよう呼びかけています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vd3d3LmNic25ld3MuY29tL25ld3MvYXBwbGUtaW9zMTctdXBkYXRlLXBhdGNoZXMv0gE8aHR0cHM6Ly93d3cuY2JzbmV3cy5jb20vYW1wL25ld3MvYXBwbGUtaW9zMTctdXBkYXRlLXBhdGNoZXMv?oc=5

タイトルとURLをコピーしました