PR

HomePod第2世代が登場、旧モデルと比較してどちらを買うべき?

スポンサーリンク

最新のHomePodが発表されたので、最新のHomePodの情報をまとめつつ、今こそ買うべき、まだまだ利用できるHomePodの情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

最新のHomePod情報

最新のHomePodが発表されましたので、簡単に情報をまとめておきます。

HomePod (第2世代)の過去機種からの変更・改善点

HomePod第2世代の変更点など

最新のHomePod、何が変わったのかを端的にまとめていきます。

変更点まとめ

HomePodを部屋で使用する際のイメージ
  • やや軽量化
  • A8(iPhone 6相当)→S7チップ(Apple Watch Series 7相当)へ変更
  • ホーンツイーター数は7つ→5つ
  • マイクの数は6つ→4つ
  • 超広帯域チップ搭載
  • Thread対応(次世代無線通信規格)
  • 温度・湿度センサーを搭載

スペックアップに関しては、マイクやツイーターの数が減っているので「むしろコストダウンに向けて改良された廉価モデルでは」という印象は受けます。

一方で2017年に登場してからApple製品に搭載されるようになった、正確な位置情報などを通信できる「超広帯域チップ」や、次世代無線通信規格となる「Thread」に対応したことで、Appleデバイスやその他の家電製品との繋がりやすさは期待できるようになりました。

搭載チップに関しては、iPhoneで考えるならiPhone6からiPhone 11相当に性能がアップ。マイクの数は減ったものの、空間認識の処理精度が「適正化」された結果とも考えられ、実際に音響処理がどのようにされてみるか体感してみたいところです。

温湿度センサーに関しては、HomePod miniでも搭載されていたのですが、このタイミングでminiの方でもアクティベーションが可能に。今までセンサー搭載されていたのに使えなかったんですね、miniも。

何ができるか、という点では正直なところあまり変わっていない可能性はあります。ただ、どちらかと言えば、HomePodのようなスマートホームのハブ機となるものは、自分が何ができるかというよりは「何と繋がれるか」というところだと思います。

スマートホームにするためにやるべきこと「初心者のための方法解説」
とりあえず「スマートホーム」で便利になりたいと思ったら読むべき情報をまとめました。初心者用と言いながら、持てる知識をひたすらに詰め込んだ情報量になってしまいました。

最新端末の価格

最新HomePodの価格は以下の通りです。

HomePod (第2世代)の公式価格
  • 3回払いで14,933円/月
  • または44,800円(税込)
AppleCare+ for HomePod

6,400円(税込)

Apple Musicの無料体験

HomePodを購入すると、Apple Musicを6か月間無料で体験できます。

※2024/03/20時点での情報になります。

新端末(HomePod 第2世代)でできるようになったこと

HomePod第2世代のテレビと繋げてステレオ再生するイメージ

最新モデルでは、以下のことができるようになりました。

  • SiP搭載で強化された、利用環境の変化を探知する機能(未定)
  • 高性能チップ/マイクによる異常音の検知および通知機能(未定)

2024/03/20時点では、「これができるようになる!」と言えるものがまだないんですよね。スペックアップに関しても体感してみないことには、というところなので、この情報だけで「買い」とは言いづらいですね。

HomePod 第2世代の評判

Twitterで情報収集した際に気になったコメントなどを拾っておきます。

最新HomePod(第2世代)の基本スペック

スペックに興味がない方にも、「数字の意味合い」についても少し解説しながら、最新HomePodの仕様についてまとめていきます。

各種仕様まとめ

サイズ・重量
HomePod第2世代のサイズ・重量
  • 高さ 168 mm
  • 幅 142 mm
  • 重量:2.3 kg
オーディオテクノロジー
  • 4インチ高偏位ウーファー
  • 5つのホーンツイーターのアレイ(各ツイーターに専用のネオジム磁石を装備)
  • 自動低音補正のための低周波キャリブレーションマイクを内蔵
  • リアルタイムチューニングのための先進的なシステム検知対応コンピュテーショナルオーディオ
  • 室内検知
  • 音楽とビデオのためのドルビーアトモスの空間オーディオ
  • 離れた場所でSiriに対応する4つのマイクのデザイン
  • AirPlayでマルチルームオーディオに対応
  • ステレオペアに対応
オーディオソース
  • Apple Music
  • iTunesで購入した音楽
  • iCloudミュージックライブラリ(Apple MusicまたはiTunes Matchのサブスクリプションが必要)
  • Apple Music Radioまたはオンデマンドのエピソード
  • TuneInのラジオステーション
  • Apple Podcast
  • リマスタリングされた周囲音
  • iPhone、iPad、Apple TV、MacからHomePodにAirPlayでストリーミングしたその他のコンテンツ
タッチコントロール
  • タップ
    再生/一時停止
  • ダブルタップ
    次の曲にスキップ
  • トリプルタップ
    前の曲にスキップ
  • 長押し
    Siriを起動
  • 「+」または「–」をタップするか長押し
    音量を調節
センサー
  • サウンド認識
  • 温度と湿度
  • 加速度センサー
ワイヤレス
  • 802.11n Wi-Fi
  • ゲストのアクセスを簡単にするピアツーピア検出
  • Bluetooth 5.0
  • Thread
  • 近接デバイスを認識する超広帯域チップ
互換性(利用できるiPhoneやiPad)
iPhone:
  • iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone SE(第2世代)
iPad:
  • 12.9インチiPad Pro
  • 11インチiPad Pro
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad(第10世代)
  • iPad(第9世代)
  • iPad(第8世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad Air(第5世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad mini(第6世代)
  • iPad mini(第5世代)

最新HomePodと一緒に知っておきたい情報

HomePodを利用する際にしておきたい情報についてまとめておきます。

Apple Musicに関する情報

iPhoneに関する情報

iPhone端末に関する記事一覧

iPhoneと一緒に買いたい

iPhoneじゃないスマホを選ぶ

iPhoneじゃないスマホ情報も取り扱うようになりました。

iPadに関連する情報

iPadの関連記事

iPadのセール情報についてまとめた記事はこちら。

iPadを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
iPad (Pro)を買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

iPadの購入に関する記事のまとめはこちら。

「iPad10世代対応」現役で使える安いモデルはどれ?
iPadの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

iPadOSの機能に関することはこちらにまとめています。

最新のiPad OS16で変更されたところを解説「ステージマネージャ」
新しいiPad OSの情報をまとめていくページです。現在はiPad OS14に対応中。データ共有でノートパソコンと肩を並べ、Apple Pencilで抜き去った印象。
どれを買うべきか
iPadのおすすめ使い方

Appleに関連するサービス

Apple Musicの記事一覧

iCloudに関する記事一覧

ファミリー共有に関する記事

AppleTVに関する記事

Apple製品の機能使い方まとめ

スポンサーリンク

HomePodの中古市場情報が知りたい

2024/03/20現在で、どの世代のHomePodを購入すべきか考えていきます。

最新OSに対応しているHomePod

最新OSに対応しているHomePodについての情報です。OSにさえ対応していれば、最新端末ほどではなくても十分に利用可能な機種だと言えます。

最新OSのHomePod対応リスト

2024/03/20現在のOS対応/非対応リストです。詳細は公式HPをご確認ください。

ちなみに、HomePodは独自のソフトウェアを利用しています。アップデートに関しては操作デバイスも必要になるので適宜確認してみてください。

ちなみに、操作にはホームアプリも必要になります。過去にHome Podの設定に関してまとめた記事もありますので、こちらも確認してみてください。

HomePod買ったらやること【最低限必要な基本設定】
HomePodをやること、というテンプレを作っておいて、いざ届いてみたら設定なんかに費やす時間は五秒程度、知識も何も必要ないくらいだったので無駄になりました、という記事です。
  • HomePod(第2世代)
  • HomePod(第1世代)
  • HomePod mini(第1世代)

最新OSで対応しなくなるHomePodリスト

逆に、最新OSにアップデートすることで使えなくなる端末もチェックしておきます。

2024/03/20時点では対応しなくなるHomePodはまだ確認できていません。

最新端末の登場で、中古市場はどう変わる?

HomePodが登場することで、どのHomePodがお買い得になるか情報をまとめていきます。

HomePodのひとつ前の世代「第1世代」はお買い得?

調べてみたところでは、最新HomePodのひとつ前の世代である「第1世代」に関しては、現在(2024/03/20)のところでは以下のように取引されています。

各ショップボタンで「HomePod MQHW2J」と検索できます。
公式ストア

HomePod(第1世代)は2021年に販売を停止しました。

ちなみに、公式オンラインショップを利用する場合には、楽天リーベイツを利用すると楽天ポイントで還元されてさらにお得です。

当サイトでは楽天リーベイツアプリの掲載を終了しました。

HomePodのセール情報

HomePodを含めたApple製品のセール情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

HomePodのセールに関してはこちらにまとめました。

HomePodを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
HomePod(mini)を買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

HomePodの整備済み製品

HomePodの整備済製品の販売状況などを記録しておきます。

HomePod(第2世代)の整備済みモデル、国内販売開始

2023年10月12日の、AppleのHomePod(第2世代)に関する情報をお届けします。

  • Appleは9月30日に、HomePod(第2世代)の整備済みモデルを販売開始。
  • 通常のHomePod(第2世代)は44,800円だが、整備済みモデルは37,800円で提供。
  • HomePod(第2世代)は、2023年2月に発売。初代モデルとの外観は変わらないが、コンピュテーショナルオーディオ、Siriの機能強化、Matter対応などの新機能を搭載。
HomePod(第2世代)の操作と互換性
  • 音声操作以外にも、本体上部をタップや長押しすることで、曲の再生・停止や音量調整が可能。
  • 2つのHomePod(第2世代)を設置すると、ステレオペアを構築可能。ただし、第2世代のみで動作。
  • 初代モデルやHomePod miniとの互換性はない。
スポンサーリンク

比較用、過去のHomePodや使い方ガイド系の情報

過去の端末情報をまとめておきます。

HomePodのお得な使い方

HomePodの関連記事一覧

HomePodのセールに関する情報はこちら。

HomePodを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
HomePod(mini)を買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

HomePodに関連する情報は以下記事にまとめてあります。

HomePodの設定、最初に知っておくこと

第1世代 HomePodに関する情報

第1世代のHomePodに関する情報はこちら。

HomePodの音質っていかが?普通の人にも違いがわかるかレビュー
HomePodを買ってしまい、宝の持ち腐れ感が半端ないのですが、素人耳にも「音質がいい」のはわかるくらい、心地よいリスニングライフが送れるようになりました。でも、買う必要はないなと反省してます。

第1世代 HomePod mini

第1世代のHomePodに関する情報はこちら。

HomePod mini がスマートホームハブのベストアンサー
我が家以外で見たことのないHomePodですが、1万円という圧倒的なコスパを打ち出しておきながら他社の類似スマートスピーカーは半額程度で買えちゃうから、結局、売れないんじゃないかと心配しています。
スポンサーリンク

まとめ:中古も考えるなら「HomePod mini」が買い時

新世代が登場したところで、旧世代も含めてHomePodの市場価格が変動しています。

スマホが高額化していることもあり、必ずしも最新機種がお買い得とは言えない中で、自分に合ったHomePodを選んでいくことが大切です。

最後にこのページの内容をまとめておきますので、買い替え・中古売買などの参考にしてみてください。

HomePod、買い換えるならどのモデル?

HomePodの買い替えのポイントとして、まずはどれを買うべきかをまとめます。

最新のHomePodを買うべき人

  • 現在のところ、HomePodの買い替えメリットは薄い
  • ただし、ステレオ利用を考えている場合は「同一モデル」で利用する可能性は必要
  • 最新モデルの方が他の端末と一緒に利用はしやすい
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

HomePodに関しても、リセールバリューはそれなりに維持されていますが、ただ、日本においての需要がイマイチ高まらないので、価格の下落に関しては覚悟はしておいた方がいいかも。

中古モデルを狙うべき人

  • 少しでもコストを抑えたい方
  • 壊れるまで使う方、壊れる可能性が高い環境で利用する方

HomePodに関しては、ほぼ家の中で仕様するので中古でも状態の良いものが見つかりやすいです。

HomePodに関しては、Appleがスマートハブ機としてのスマートスピーカー事業から撤退したんじゃないかという懸念もあったので、将来性を考えて手放したという方もいらっしゃると思います。

ただ、これで値下がりした場合には、HomePodの旧世代でステレオシステムを組みやすくもなるので、価格が抑えられるのはHomePodを利用したいと考えている方にとっても朗報となりそうです。

最新HomePodと中古市場、よくあるQ&A

Q
最新のHomePodは「買い」ですか?
A

最新のHomePodを買う場合には、「いつ売るか」を考えるのが大事です。

リセールバリューの高いHomePodの場合は、購入時の価格と数万円も差が出ずに売却することができます。

そのため、あまり長く持ちすぎて中古販売価格が安くなりすぎる場合は最新機種を買うメリットは薄れます。

長く使うHomePodを探している場合には「購入価格でのコスパ」が良い中古モデルを選ぶのが良いと思います。

Q
コスパのいいHomePodモデルはどれ?
A

一つ前の世代であるHomePodが値下がりを見せていますが、2024/03/20時点で言えば「HomePod mini」がお買い得です。

HomePodはこれから中古市場へ供給が始まるので値下がりはしますが、底値と言えるタイミングを見計らうのは割と消耗します。

「HomePod mini」は概ね底値と言える状況で、かつ元々買い求めやすい価格帯です。

新品でもコストの負担は抑えられますが、状態のいいものが中古市場にポンと出たお値打ち品をさっと買ってしまうのが得策だと思います。

Q
HomePodにおすすめの買い替え時期はありますか?
A

HomePodに関しては買い替え時期の見極めが難しい製品です。

HomePodの第1世代が2017年、第2世代が(大幅な変更点のない状態で)2023年に登場となったことを、最新のモデルはしばらく登場しないことが考えられます。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ipad ipad mini mini」に関する最新情報です。

    2024年5月15日、AppleはiPadモデルの命名規則を変更し、iPad Air(第5世代)の後継モデルを発表。この変更に伴い、iPad mini 6後継モデルが今年後半に発表される可能性があると噂されている。新しいiPad miniはディスプレイの搭載方向やチップが変更される見込みで、iPad Air(M2)と同じチップが搭載される可能性がある。また、iPad mini 6後継モデルは数年間販売される見込みで、Apple Mシリーズの搭載が合理的とされている。これまでのiPad miniモデル名と搭載チップの歴史も振り返られている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwNDEzL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwNDEzL2FtcC8?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「ipad ipad mini mini」に関する最新情報です。

    2024年5月15日、AppleオンラインストアではiPad mini 6とApple Watch SE(第2世代)の整備済製品が販売されています。iPad整備済製品には他のiPadモデルも含まれており、Apple Watch整備済製品も複数のモデルが販売中です。また、iPad整備済製品の販売価格が変更されています。iPad mini 6やApple Watch SE(第2世代)の在庫が復活していることも発表されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwNDA0L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwNDA0L2FtcC8?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「世代 整備 整備 製品」に関する最新情報です。

    2024年5月10日午後11時30分に確認したところ、Apple Pencil(第2世代)の整備済製品が値上げされ、一方でiPad Proの整備済製品は値下げされている。iPad整備済製品には新しいバッテリーと外装が使用され、1年間の保証が付いている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwMTM1L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwMTM1L2FtcC8?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「ipad ipad mini mini」に関する最新情報です。

    AppleのiPad mini(第6世代)が値上がりしている中、Amazonではまだ旧価格で購入可能。現在の価格はApple公式サイトで8万4800円だが、Amazonでは7万8799円で販売中。iPad miniは持ち運びに優れた大きさで、指紋認証やUSB-Cポートも搭載。新モデルが出る可能性もあるが、現行モデルも魅力的。在庫が無くなる前にチェックを。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiP2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNS9pcGFkLW1pbmktYmFyZ2Fpbi1vbi1hbWF6b24uaHRtbNIBAA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「ipad ipad mini mini」に関する最新情報です。

    AppleはiPad mini(第6世代)の価格を値上げし、Wi-Fiモデルの64GBが8万4800円となった。これにより、64GBモデルは6000円、256GBモデルは8000円値上げされた。セルラーモデルも価格が上がり、64GBモデルが11万800円、256GBモデルが13万6800円となった。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU5MDAwMy5odG1s0gEA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「24 整備 整備 製品」に関する最新情報です。

    2024年4月23日、M3搭載24インチiMacの整備済製品が日本のAppleオンラインストアで販売開始された。販売中のモデルは新品価格から約15%割引された価格で販売されており、Apple品質認定のMac整備済製品には1年間の保証や無料の返品などの特典が付いている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc5MDkwL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc5MDkwL2FtcC8?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「iphone iphone ホーム matter」に関する最新情報です。

    SwitchBotは、ほぼ全製品がiPhoneホームアプリから使えるMatter対応になった。アップデートにより、ロボット掃除機や温湿度計などの製品がホームアプリから操作可能になり、さらに自動化も可能になった。今後はすべての製品の機能がMatterに対応し、ホームアプリから自由に操作できるようになることを目指している。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1583126.html

  8. buchikuma-info より:

    「50 セール テレビ」に関する最新情報です。

    Amazonのセールで、REGZAの50型4K液晶テレビが37%オフの79,800円で販売されています。2021年モデルで、倍速パネルやAndroid TVを搭載しており、サウンド面も充実しています。通常価格126,000円から大幅なプライスダウンで8万円切りとなっているので、お見逃しなく!

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LnBoaWxld2ViLmNvbS9uZXdzL2QtYXYvMjAyNDA0LzA1LzYwMTMwLmh0bWzSAQA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「ipad 12 12 インチ」に関する最新情報です。

    Appleは2024年5月初頭にOLED搭載の新しいiPad Proをリリースする予定であり、12.9インチのiPad Airも同時に追加される予定です。新型iPad Airには2022年に発表されたチップが搭載され、10.9インチと12.9インチのディスプレイサイズが用意される予定です。元々は2024年3月末から4月に発売予定だったが、専用ソフトウェアの完成が遅れたため、5月に延期されることとなり、Appleの年次開発者会議の直前に発売される見通しです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAzMjktaXBhZC1wcm8tYWlyLW9sZWQtMjAyNC1tYXkv0gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「mini ipad ipad mini」に関する最新情報です。

    イオシス各店とオンラインストアでは、最新第6世代iPad miniのWi-Fiモデル64GB版スペースグレイが、未使用品で税込71,800円でセール中。アップルの直販価格よりも7,000円安く購入可能。iPad mini6は高性能な小型タブレットで、他の競合製品よりもお買い得。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzAzLzI0L3Bvc3QtNjk5ODMv0gEA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「発表 air ipad」に関する最新情報です。

    新型iPad Pro/Airの発表が来週に予定されており、今週はアクセサリーや新色の発表が行われる可能性がある。M3搭載MacBook Airの発表も期待されており、M1搭載MacBook Airの販売終了の可能性もある。新製品の発表は3月12日〜14日の間に行われる見込みで、Apple Pencil(第3世代)や新型Magic Keyboardも登場するかもしれない。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NzE5L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NzE5L2FtcC8?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「整備 整備 製品 製品」に関する最新情報です。

    2024年3月1日、M3搭載MacBook Proの整備済製品が日本のAppleオンラインストアで販売開始されました。在庫と価格は確認され、割引率は約15%となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NTk3L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NTk3L2FtcC8?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「29 iphone iphone 還元」に関する最新情報です。

    楽天リーベイツを経由してApple公式サイトで対象のiPhoneを購入すると、5%の楽天ポイントが還元されるキャンペーンが2月29日まで実施されています。具体的には、iPhone 15(128GB)では5672ポイント、iPhone 14(128GB)では5127ポイントが還元されます。購入後に楽天ポイントが後日付与される仕組みです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU3MTA4My5odG1s0gEA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「29 iphone iphone 還元」に関する最新情報です。

    楽天リーベイツを経由してApple公式サイトで対象のiPhoneを購入すると、購入金額に応じて楽天ポイントが5%還元されるキャンペーンが2月29日まで実施されている。例えば、iPhone 15(128GB)の場合は12万4800円で5672ポイント、iPhone 14(128GB)の場合は11万2800円で5127ポイントが還元される。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU3MTA4My5odG1s0gEA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「apple iphone 下落」に関する最新情報です。

    Appleは10~12月期の決算を発表し、増収増益を達成したが、iPhoneの売上の伸びが鈍化していたため、投資家の失望を招き株価が下落した。売上高の増加は5四半期ぶりであり、良好な決算と言えるが、米ドルの高騰により他国の消費者がiPhoneを買いにくくなり、売上に圧力がかかった。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiyAFodHRwczovL3d3dy5pZm9yZXguanBuLmNvbS9uZXdzL2FwcGxlJUUzJTgxJUFGJUU1JUEyJTk3JUU1JThGJThFJUU1JUEyJTk3JUU3JTlCJThBJUUzJTgyJTgyaXBob25lJUUzJTgxJUFFJUU0JUJDJUI4JUUzJTgxJUIzJUU5JTg4JThEJUU1JThDJTk2JUUzJTgxJUE3JUU2JUEwJUFBJUU0JUJFJUExJUU0JUI4JThCJUU4JTkwJUJELTIwMjQwMjAyMTUxOdIBAA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「製品 整備 整備 製品」に関する最新情報です。

    Appleオンラインストアの認定整備済製品販売ページで、HomePod(第2世代)とApple TV 4Kの整備済製品が久しぶりに販売されています。HomePod(第2世代)の販売台数が少ないため、返品も少ないと考えられます。HomePod(第2世代)の価格は37,800円で、ミッドナイトとホワイトの2つのカラーバリエーションがあります。Apple TV 4Kの整備済製品も3モデルが販売中で、Apple認定整備済製品には1年間の製品保証がついています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc0MzI3L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc0MzI3L2FtcC8?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「補助金 sss 整備」に関する最新情報です。

    整備機器・鈑金塗装工具の補助金活用サポートを提供するECサイト「FINE PIECE デリバリー」が、アルティア(ALTIA)タブレット型スキャンツール SSS-T2+の取り扱いを開始しました。この製品は、整備のプロに選ばれる信頼性があり、設置・メンテナンスからトレーニングまで一貫したサービスを提供しています。また、自動車整備補助金助成金振興社による補助金申請のサポートも行っており、自動車整備工場や鈑金塗装工場に対して補助金の活用を支援しています。FINE PIECE デリバリーは、自動車整備工具からカーケアまで幅広い製品を提供しており、必要なものを手に入れることができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDE0MTcuMDAwMDM5OTIzLmh0bWzSAQA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「ipad ipad mini mini」に関する最新情報です。

    ポーターのサコッシュは、薄マチでも収納力があり、iPad miniがぴったり収まると評判です。楽天お買い物マラソンで購入することができます。

    https://www.lifehacker.jp/article/rakuten-sale-2024-0127-1/

  19. buchikuma-info より:

    「ipad ipad mini mini」に関する最新情報です。

    ポーターのサコッシュは、薄マチでも収納力があり、iPad miniがすっぽりと収まると評判です。このアイテムは楽天お買い物マラソンで購入することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS9yYWt1dGVuLXNhbGUtMjAyNC0wMTI3LTEv0gEA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「家電 iphone iphone ホーム」に関する最新情報です。

    スマートリモコン「SwitchBot ハブミニ」がMatter対応モデルとして発売されました。このリモコンは、エアコンや照明、テレビなどの複数の家電製品をまとめてスマホや音声で操作することができます。Matter対応により、他社製品やアプリとの連携が簡単に行えるようになりました。価格は5,980円で、同じくMatter対応の「Switchbot ハブ2」よりも安価に購入することができます。また、iPhoneの場合は「ホーム」アプリから直接Switchbot製品を操作することが可能です。現時点では、エアコン、照明、テレビ、扇風機など、ハブミニから操作可能な赤外線リモコンを使う家電と連携することができます。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1563921.html

  21. buchikuma-info より:

    「65 セール テレビ」に関する最新情報です。

    Amazonのセールで、ハイセンスの65型4K液晶テレビが16%オフの83,800円で購入できる。このテレビは4Kチューナーを内蔵しており、東芝映像ソリューションとの共同開発による「NEOエンジンLite」を搭載している。さらに、ネット配信の映像やVODコンテンツを分析し、最適な映像処理を行う「AIネット映像高画質処理」や、低遅延なゲームモードもサポートしている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LnBoaWxld2ViLmNvbS9uZXdzL2QtYXYvMjAyNDAxLzIyLzU5NjcyLmh0bWzSAQA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「ipad インチ 12」に関する最新情報です。

    2024年には多くの新型iPadが登場するという情報があります。その中でも12.9インチのiPad Airがリークされました。現在、iPad Proシリーズで展開されている12.9インチは最大のiPadですが、今回のリークではiPad Airシリーズにも大型版が登場するとされています。iPad Airは第5世代まで出ている10.9インチの薄型軽量ハイエンドタブレットです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzAxLzIxL3Bvc3QtNjc1NTkv0gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「インフラ インフラ 整備 加速」に関する最新情報です。

    法令翻訳の加速が、私たちの社会を発展させる!~新たなインフラ整備の舞台裏

    この記事は、法令翻訳の加速が私たちの社会の発展にどのように貢献するかを紹介しています。日本法令外国語訳整備プロジェクトや日本法令の国際発信の推進に向けた官民戦略会議など、法令翻訳の重要性が取り上げられています。法令翻訳の加速は、日本企業の海外進出や外国企業の日本への投資を促進し、インフラ整備につながると語られています。また、最新のAI技術を活用して翻訳精度を向上させる取り組みや、共創によって最適なソリューションを追求する姿勢も紹介されています。新たな時代のインフラ構築に向けて、法令翻訳の加速が重要な役割を果たすことが期待されています。

    https://www.toshiba-clip.com/detail/p=10661?utm_source=toshiba.co.jp%2Fabout%2Fpress&utm_medium=pr&utm_content=2

  24. buchikuma-info より:

    「インフラ インフラ 整備 加速」に関する最新情報です。

    法令翻訳の加速が、私たちの社会を発展させる!~新たなインフラ整備の舞台裏

    この記事は、法令翻訳の加速が私たちの社会の発展にどのような影響を与えるのかを紹介しています。日本法令外国語訳整備プロジェクトや日本法令の国際発信の推進に向けた官民戦略会議など、法務省や関連団体が法令翻訳の重要性を認識し、取り組んでいることが述べられています。

    法令翻訳の加速が求められている理由として、日本の法制度を理解しやすくするためや、外国企業の日本への投資や進出を促進するための重要性が語られています。また、日本の法令翻訳が他の国と比べて遅れていることや、法令翻訳の精度向上が必要であることも指摘されています。

    記事では、法令翻訳の精度向上には、最新のAI技術を活用するだけでなく、伝統的な翻訳技術と組み合わせることが重要であると述べられています。また、自前主義にこだわらず、共創によって最適なソリューションを見つけることが求められています。

    最後に、法令翻訳の加速が新たな時代のインフラ整備につながる可能性

    https://www.toshiba-clip.com/detail/p=10661?utm_source=toshiba.co.jp%2Fabout%2Fpress&utm_medium=pr&utm_content=2

  25. buchikuma-info より:

    「ipad 発表 air」に関する最新情報です。

    2023年は初めて1機種も発表されない年となりましたが、2024年3月には新しいiPad AirとiPad Proが発表される予定です。新しいラインアップには、12.9型のiPad Airが追加される可能性があります。Appleは過去に毎年1機種ずつ新しいiPadを発表してきましたが、2023年は例外となりました。しかし、2024年にはiPad AirとiPad Proの2機種が発表される見込みです。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/08/news036.html

  26. buchikuma-info より:

    「apple apple music music」に関する最新情報です。

    Apple Musicはオンラインで音楽をストリーミング再生することができますが、データ通信量を気にする必要があります。しかし、オフラインで再生する方法を利用すれば、データ通信量を気にせずに楽しむことができます。

    オフラインで再生するためには、曲をダウンロードする必要があります。Apple Musicでは、曲をダウンロードしてオフラインで聴くことができます。ダウンロードした曲は、通信状況に関係なく再生することができます。

    オフラインで再生するためには、まずApple Musicアプリを開き、再生したい曲を選択します。曲の詳細ページで、ダウンロードボタンをタップすると、曲がダウンロードされます。ダウンロードした曲は、ライブラリに追加され、オフラインで再生することができます。

    オフラインで再生することによって、データ通信量を気にする必要がなくなります。また、通信状況が不安定な場所でも、ダウンロードした曲を再生することができます。

    Apple Musicのオフライン再生機能を利用することで、データ通信量を気にせずに音楽を楽しむことができます。是非、試してみてください。

    https://www.lifehacker.jp/article/2312-how-to-listen-to-apple-music-offline/

  27. buchikuma-info より:

    「apple apple music music」に関する最新情報です。

    Apple Musicは、オンラインで音楽を再生するだけでなく、オフラインでも楽しむことができます。オフラインで再生することで、データ通信量を気にせずに音楽を楽しむことができます。

    オフラインで再生するためには、まず曲をダウンロードする必要があります。Apple Musicのアプリを開き、曲を選んでダウンロードボタンをタップするだけで、曲をオフラインで聴く準備が整います。

    オフラインで再生すると、データ通信量の増加や再生が不安定になるといったデメリットを気にする必要はありません。また、オフラインで再生するためには、Apple Musicのサブスクリプションに加入している必要があります。

    オフラインで再生することで、通信環境に制約されずに音楽を楽しむことができます。ぜひ、Apple Musicのオフライン再生機能を活用して、自分の好きな音楽をいつでもどこでも楽しんでください。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiTGh0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS8yMzEyLWhvdy10by1saXN0ZW4tdG8tYXBwbGUtbXVzaWMtb2ZmbGluZS_SAQA?oc=5

  28. buchikuma-info より:

    「apple apple music music」に関する最新情報です。

    Apple Musicは、空間オーディオ楽曲への権利料を増額することを発表しました。これにより、Spotifyとの差別化を図る狙いがあります。増額される権利料は、新作だけでなく過去の作品にも適用されます。空間オーディオに慣れると、非対応の音源では物足りなさを感じることがあります。Apple Musicは、空間オーディオを活用して差別化を図り、競争力を高めようとしています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTY0NDc2L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTY0NDc2L2FtcC8?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「12 apple apple music」に関する最新情報です。

    Apple Musicの週間ソングランキング(12/4〜12/10)では、King Gnuの「SPECIALZ」が1ポイントアップして1位になりました。また、CLAW-meの「小悪魔(Baddie)」が23位に初登場しました。このランキングはApple Japanが集計したもので、期間は2023年12月4日から12月10日までです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJ2h0dHBzOi8vd3d3Lm11c2ljbWFuLmNvLmpwL2NoYXJ0LzU4OTMxMNIBAA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「iphone 製品 整備」に関する最新情報です。

    ゲオストアは、ゲオモバイル店舗で「Apple 認定整備済製品」の販売を開始しました。これは、iPhone 11やiPhone SE(第3世代)、iPad(第9世代)などの対象端末で、新しいバッテリーや外装を搭載し、厳格な再整備プロセスを経ています。これにより、信頼性の高い製品を手に入れることができます。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2312/08/news145.html

  31. buchikuma-info より:

    「iphone 製品 整備」に関する最新情報です。

    ゲオストアは、ゲオモバイル店舗で「Apple 認定整備済製品」の販売を開始しました。これらの製品は、iPhone 11やiPhone SE(第3世代)、iPad(第9世代)などの対象端末であり、新しいバッテリーや外装を搭載し、厳格な再整備プロセスを経ています。これにより、信頼性の高い製品を手に入れることができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzIzMTIvMDgvbmV3czE0NS5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzIzMTIvMDgvbmV3czE0NS5odG1s?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「music apple apple music」に関する最新情報です。

    タイトル:Battle of the Beats: Spotify Wrapped vs. Apple Music Replay
    見出し:Battle of the Beats: Spotify Wrapped vs. Apple Music Replay、USCの学生たちが最高のストリーミングサービスと年末のリワインドを議論する、編集者のおすすめ、おもちゃの寄付からアイススケートまで-ホリデースペシャル、クリスマスのヒット曲と寝てしまう曲、卒業生の手紙がUSCの管理者にアラブとムスリムの学生を守るよう求める、南LAのモールではブラックフライデーは以前とは違う、In-N-Out Burgerが東海岸で開店する予定、SoCalでの感情的な魅力を消費者が振り返る、おすすめ、情報
    トピック1:
    トピックのキーワード:音楽 アップル アップルミュージック スポティファイラップト スポティファイラップト リプレイ バトル バトル ビート ビート
    トップの段落:
    エンティティ:Apple Music Vampire Apple Music 私は人々がCamila Beresford楽しいと思いますが、それは本当に何も意味しません。 Apple Music Sound Town 類似の聴取パターンを持つジャンルDarksynth 2億1000万人のプレミアムユーザーを抱えるSpotifyは、カラフルなApple Musicと比較して、オーディオストリーミングサブスクリプションサービスのチャートで依然として優位に立っています。サービスと電話Smith a他は他の

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiZ2h0dHBzOi8vd3d3LnVzY2FubmVuYmVyZ21lZGlhLmNvbS8yMDIzLzEyLzAxL2JhdHRsZS1vZi10aGUtYmVhdHMtc3BvdGlmeS13cmFwcGVkLXZzLWFwcGxlLW11c2ljLXJlcGxheS_SAQA?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「apple apple music music」に関する最新情報です。

    Apple Musicで今年1番聴いた曲を調べる方法についての情報が提供されています。記事では、Apple Music Replayという機能を利用することで、今年の1番聴いた曲を確認する方法が紹介されています。具体的な手順としては、Apple Music Replayにアクセスし、自分のApple IDでログインする必要があります。ログイン後、聴いた曲やアルバム、アーティスト、ジャンルなどの情報が集計され、表示されると説明されています。また、Apple Music ReplayはiPhoneからもアクセスできるため、ブラウザでリンクを開くか、ミュージックアプリを起動してリプレイ2023プレイリストを表示することもできます。この機能を使うことで、今年の音楽の思い出を振り返ることができると述べられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyMy8xMi9hcHBsZS1tdXNpYy1yZXBsYXktaG93Lmh0bWzSAQA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「music apple apple music」に関する最新情報です。

    Apple Music Replay 2023がリリースされました。Apple Music Replayは、あなたが最も聴いた音楽をチェックすることができます。Apple Music Replayは、SpotifyのWrappedに似た機能であり、Apple Musicアプリ内で利用できます。Apple Music Replayは、週ごとに更新され、年間のリスニングデータを提供します。アーティストや曲のトップリスト、総聴取時間などが表示されます。Apple Music Replay 2023の結果は、プレイリストとして提供され、次に聴く音楽の参考にすることができます。2023年のApple Musicで最もストリーミングされたアーティストは、Taylor Swiftでした。彼女はグラミー賞受賞アーティストとして、スタジアムツアーを成功させました。Apple Music Replay 2023の結果は、ソーシャルメディアで共有することもできます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiaWh0dHBzOi8vd3d3LmF6Y2VudHJhbC5jb20vc3RvcnkvZW50ZXJ0YWlubWVudC9tdXNpYy8yMDIzLzExLzI5L2FwcGxlLW11c2ljLXJlcGxheS0yMDIzLXN0YXRzLzcxNzQxMzc0MDA3L9IBAA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「music apple apple music」に関する最新情報です。

    タイトル:Spotify、Apple Music、DeezerでWoW Lofi Mixesが利用可能に
    見出し:Spotify、Apple Music、DeezerでWoW Lofi Mixesが利用可能に、壁紙、次の記事
    トピック1:
    トピックのキーワード:音楽、Apple、Apple Music、lofi、Spotify、Spotify、Apple、Deezer、lofi mixes、mixes、mixes、Spotify
    トップの段落:
    エンティティ:World of WarcraftWoW Lofi Mixes Now on Spotify Apple Music World of Warcraft with Miller Commander Goodchilde Jamison Boaz Orc 2,” originally from Warcraft Apple Music and Deezer
    キーワード:World WarcraftWoW Lofi Mixes Spotify Apple Music DeezerNovember 28 2023 Send ears auditory odyssey World Warcraft ethereal Lofi tunes mixed Rezodrone Jason Charles Miller the voice Prince Valanar Wrath Lich King High Commander Goodchilde Legion Jamison Boaz remixes including one bonus track Orc 2 originally Warcraft 3 streamed directly Spotify Apple Music Deezer

    エンティティ:Orc 2,” originally from Warcraft Apple Music and Deezer
    キーワード:remixes including one bonus track Orc 2 originally Warcraft 3 streamed directly Spotify Apple Music Deezer

    https://news.google.com/rss/articles/CBMib2h0dHBzOi8vbmV3cy5ibGl6emFyZC5jb20vZW4tdXMvd29ybGQtb2Ytd2FyY3JhZnQvMjQwMjk0MDYvd293LWxvZmktbWl4ZXMtbm93LW9uLXNwb3RpZnktYXBwbGUtbXVzaWMtYW5kLWRlZXplctIBAA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「セール 35 35 お買い得」に関する最新情報です。

    Amazonのブラックフライデー先行セールで、「Apple Watch」シリーズが最大35%OFFでお買い得になっています。セール期間は11月24日から12月1日までの8日間です。セール対象の製品には、Series 8やSE、第2世代のアイティースリーなどが含まれています。現在、Amazon.co.jpで割引価格で販売されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vZm9yZXN0LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9zZXJpYWwvZ29vZGJ1eS8xNTQ4OTUzLmh0bWzSAQA?oc=5

  37. buchikuma-info より:

    「apple music apple music」に関する最新情報です。

    ソニーとアップルは、PS5のオーナーに対してApple Musicの無料利用期間を6ヶ月間提供するキャンペーンを実施しています。このプロモーションは、新規および既存のApple Musicの購読者が2024年11月まで利用できるもので、PS5モデルの初期6ヶ月間は無料で利用することができます。その後は、通常の個別Apple Musicメンバーシップの料金が適用されます。このキャンペーンは、PS5のオーナーがWindowsやAndroid携帯電話などの対応デバイスで音楽を楽しむことができるようになっており、参加国や地域のリストが提供されています。このキャンペーンは、2021年に提供されたAppleとソニーの協力の一環であり、PS5のゲーマーがApple Musicを試してみる良い機会となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiZWh0dHBzOi8vd3d3LnRoZXZlcmdlLmNvbS8yMDIzLzExLzE2LzIzOTYzNjQzL2FwcGxlLW11c2ljLXNvbnktcHM1LXNpeC1tb250aHMtZnJlZS1zdHJlYW1pbmctcHJvbW90aW9u0gEA?oc=5

  38. buchikuma-info より:

    「la apple apple music」に関する最新情報です。

    Apple Music Replay 2023は、年間で最も聴いた曲のリストです。Apple Music Replay 2023は、Apple Musicのアプリ内で見つけることができます。このリストには、週ごとに最も聴かれた曲が表示されます。また、過去の年のリストにもアクセスすることができます。さらに、アーティストやアルバムの情報など、他の興味深いデータも見ることができます。Apple Music Replayは、Spotify Wrappedと競合するためにAppleが年に一度リリースするものであり、年々改善されています。また、新機能のCrossfadeを含むアップデートも行われています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMigAFodHRwczovL3d3dy5sYXZhbmd1YXJkaWEuY29tL2FuZHJvNGFsbC9hcHBsZS9hcHBsZS1tdXNpYy1yZXBsYXktMjAyMy1sYS1saXN0YS1jb24tdHVzLWNhbmNpb25lcy1tYXMtZXNjdWNoYWRhcy1kZWwtYW5vLXRlLWVzcGVyYdIBAA?oc=5

  39. buchikuma-info より:

    「2023 apple apple music」に関する最新情報です。

    2023年のApple Musicのアーティスト・オブ・ザ・イヤーは、テイラー・スウィフトが受賞しました。彼女のアルバム「2023(テイラーのバージョン)」がApple Musicで注目されています。テイラー・スウィフトは、2023年においても驚異的な記録を打ち立て、65曲がApple Musicのデイリートップ100にランクインしました。彼女のスーパースターとしての地位はさらに高まり、コンサート会場はファンで埋め尽くされました。2023年11月8日には、テイラー・スウィフトがApple Musicのアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選ばれたことが発表されました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiYGh0dHBzOi8vd3d3LmFwcGxlLmNvbS9uZXdzcm9vbS8yMDIzLzExL3RheWxvci1zd2lmdC1pcy1hcHBsZS1tdXNpY3MtYXJ0aXN0LW9mLXRoZS15ZWFyLWZvci0yMDIzL9IBAA?oc=5

  40. buchikuma-info より:

    「apple music apple music」に関する最新情報です。

    Apple Musicは、約2年後にSiri専用の音声プランを終了しました。このプランは、月額5ドルで提供され、Siriを使用してApple Musicのカタログから曲やアルバム、アーティストをリクエストすることができました。Appleは公式にこのプランの終了を発表し、既存のVoiceサブスクリプションユーザーは最終の請求サイクルまでプランを使用することができます。Apple Musicの他のプランでは引き続きSiriを使用することができます。

    https://techcrunch.com/2023/11/01/apple-music-shuts-down-its-siri-only-voice-plan-nearly-two-years-later/

  41. buchikuma-info より:

    「apple apple music music」に関する最新情報です。

    Appleは、最安プランである「Apple Music Voice Plan」の提供を11月に終了することを発表しました。このプランは、Siriを使用して音声でのみ音楽を再生することができる月額480円のプランでした。このプランでは、日本国内で約1億曲の楽曲や多数のプレイリストを聴くことができました。Apple Musicのサポートページによると、Siriとの連携は引き続き提供される予定です。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2311/02/news081.html

タイトルとURLをコピーしました