PR

「iPhone15対応」ギリギリ使える端末情報と中古市場の動向

スポンサーリンク

最新のiPhone(14)が発表されたので、最新のiPhoneの情報をまとめつつ、今こそ買うべき、まだまだ利用できるiPhoneの情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

最新のiPhone(15)情報

最新のiPhone(15)が発表されましたので、簡単に情報をまとめておきます。

iPhoneの最新機能とも言えるiOS 16に関する情報はこちらにまとめてあります。

iOS16アップデートのメリット、注意点とトラブル時の対処方法
iOS16が9月13日にリリースされることになりました。リリース当日に更新すべきではない理由と、トラブルが起きた時の対処方法についてまとめています。

iOS17についても少しずつまとめています。

iOS17にアップデートするべき?知っておきたい機能など
iOS17の情報をまとめています。

iPhone新機種の新着ニュース

iPhone端末に関する最新ニュースなどをまとめています。

Appleが「iPhone 16」でAI機能を大幅強化

2023年12月8日の、Appleが「iPhone 16」シリーズでAI機能を強化する計画に関する情報をお届けします。

  • 「iPhone 16」の全モデルでマイクの仕様が大幅にアップグレード
  • 防水性能の向上と信号対雑音比(SNR)の改善によりSiriの体験が向上
  • AppleはAIGCとLLMを将来のデバイスに統合するためにSiriチームを再編成
  • Appleが「ChatGPT」のようなチャットボットの開発に取り組んでいる噂がある
  • 「iPhone 16」のアップグレードされたマイクの平均販売価格(ASP)は「iPhone 15」のものよりも100〜150%高くなる可能性
  • 「iPhone 16 Pro」のA18 ProチップはオンデバイスのLLMをサポートする可能性がある
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • AppleのAI機能の強化により、ユーザーの体験が向上する可能性
  • 高性能なマイクとチップにより、サードパーティ製のAIアプリも恩恵を受ける可能性
  • iPhoneが「AIを動かすスマホ」としての新たな地位を確立する可能性
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • アップグレードされたマイクのコスト増が消費者に影響を及ぼす可能性
  • Appleの生成AIの完成度はまだ未知数であり、期待外れに終わる可能性もある
追加情報/補足
  • Appleはこれまでにもハードウェアとソフトウェアの統合に重点を置いてきた
  • Siriだけでなく、マイクの強化もAppleの戦略的な一環として行われている
  • AI技術への投資として、Appleが8000億円以上を投じているとの情報もある

新中学生のスマートフォン選び:なぜ最新「iPhone 15」を選んだのか

2023年11月27日の、新中学生のスマートフォン選びに関する情報をお届けします。

  • 筆者の娘が中学生になるため、キッズケータイからスマートフォンへの買い替えを決定。
  • 子供のスマートフォン選びでは、コストを抑えた「お下がり」や「お買い得機種」が一般的。
  • 小学校高学年からスマートフォン所有者が増え、交流やトレンドに影響。
  • 筆者は、友達が持つスマートフォンの影響で買い替えを前倒し。
  • 一般的に、中古のiPhone SE(第2世代)やiPhone 8などが子供用に選ばれることが多い。
  • 安価な機種でも連絡手段としては十分だが、筆者は「iPhone 15」を選択。
  • 主な理由:中学3年間の使用を考慮し、最新OSのサポートを確保するため。
  • iPhone 13や14とiPhone 15の価格差が小さかったため、最新モデルを選択。
追加情報:子供用スマートフォン選択の考慮点
  • サポート期間の重要性:長期間サポートされる最新モデルが適切。
  • コストと便益:安価な機種は短期間での買い替えが必要になる可能性あり。
  • 子供のニーズと安全性:適切な保護者管理機能を備えた機種の選択が重要。
  • 将来の買い替え計画:最新機種の選択は将来的な買い替えの手間とコストを削減可能。

アップル、iPhone 15 Pro/Pro Maxの修理料金を大幅削減

2023年9月20日の、Appleの新製品「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」の修理料金に関する情報をお届けします。

アップル、「iPhone 15 Pro/Pro Max」の修理料金を大幅に引き下げ
アップルの新しい「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」は、一部のパーツの修理料金が大幅に引き下げられている。
  • iPhone 15シリーズ全モデルの背面ガラス修理料金は、AppleCare+未加入で169~199ドル(日本では2万5900~2万9800円)と設定されている。
  • 新しいiPhone 15 Pro/Pro Maxの修理料金は、前年モデルのiPhone 14 Pro/Pro Maxと比べて大幅に安い。
  • Appleは修理のしやすさを向上させるための新しい設計と材料を採用している。
修理料金の詳細と比較

以下の表は、新しいiPhone 15 Pro/Pro Maxと前年モデルのiPhone 14 Pro/Pro Maxの修理料金を比較したものです。

項目iPhone 15 Pro/Pro Max (円)iPhone 14 Pro/Pro Max (円)
背面ガラスの修理2万5900~2万98007万5800~8万2800
画面のひび割れ (前面)と背面ガラスの修理6万6800 (15 Proの場合)8万9800 (14 Proの場合)
設計と修理プログラムの進化
  • iPhone 15 Pro/Pro Maxは再生アルミニウムの基礎構造を採用し、ガラス交換が低コストで簡単にできるようになっている。
  • 2022年にAppleは「Self Service Repair(セルフサービス修理)」プログラムを導入し、修理のしやすさをより重視している。
  • iFixitによると、iPhone 14がここ数年で最も修理しやすいiPhoneと評価され、10段階で7のスコアを獲得。この設計はiPhone 14 Pro/Pro Maxには採用されておらず、これが修理料金の違いに反映されている。

Apple役員がiPhone15 Proのゲーム性能を詳述

2023年9月18日の、iPhone15 Proのゲーム性能に関する情報をお届けします。

Apple役員、iPhone15 Proのゲーム性能を語る - iPhone Mania
Appleは、iPhone15 Proを発表した際、新開発のA17 Proチップが持つ高い処理性能がゲームの美しい映像処理に活用できていると説明しました。Appleの役員らが、海外メディアIGNのインタビューで、iPhone15 Proは世...
  • Appleの役員がiPhone15 Proのゲーム性能について語り、新開発のA17 Proチップを搭載した同機が世界最高のゲーム機になれると述べました。
  • iPhone15 Proは4K HDRディスプレイにゲーム画面を表示でき、高いフレームレートで動作が可能です。
  • Appleシリコンの導入により、ゲーム専用機やPC向けのゲームがiPhoneやMacでもプレイ可能になります。
Appleシリコンの利点
  • 新作ゲームがAppleシリコンを搭載したMacやiPadと互換性を持ち、開発者とAppleが協力してこれを可能にする計画が進行中です。
  • シリコンの一元化により、iPhoneとMacで同一のゲームが提供できるようになります。
  • Appleはゲーム開発者を支援し、彼らのアイデアを実現可能にする取り組みを行っています。
役員のコメント

以下は、Apple役員がメディアIGNへのインタビューでのコメント概要を示す表です:

役員名役職コメント
ジェレミー・サンドメルGPUソフトウェア シニアディレクターiPhoneを4Kディスプレイに接続し、高フレームレートでゲームをプレイできる
ティム・ミレープラットフォームアーキテクチャ担当副社長Appleはゲーム開発者のアイデアを実現可能にする支援を行っている

Appleが2025年の新型iPhoneに独自開発の5Gモデムチップを搭載か

2023年9月9日の、Appleの新型iPhoneに関する最新情報をお届けします。

  • 2025年の新型iPhoneはApple自身が開発中の5Gモデムチップを搭載する可能性が高いとアナリストMing-Chi Kuo氏が報告
  • 当初2024年の発表を目指していたiPhone SE(第4世代)の開発が遅れており、2025年に自社製5Gモデムチップの採用を目指すとの噂が流れている
  • 今後の「iPhone 15」シリーズおよび2024年の「iPhone 16」シリーズは引き続きQualcomm製の5Gモデムチップを使用するが、2025年の「iPhone 17」シリーズは自社製に切り替わる可能性がある
iPhone SE(第4世代)に関する追加情報
  • iPhone SE(第4世代)は「6.1インチ型iPhone 14のマイナーチェンジモデル」として位置づけられる可能性があります
  • この新しいモデルはUSB-C仕様とアクションボタンを搭載すると言われており、価格が適切に設定されれば高コストパフォーマンスの端末として人気が出る可能性があります

iPhone 15 Pro Maxとペリスコープカメラの搭載

2023年9月5日の、iPhone 15 Pro Maxの新しいカメラ機能に関する情報をお届けします。

  • うわさによれば、iPhone 15 Pro Maxにはペリスコープカメラが搭載されるかもしれません。このカメラは遠くの被写体を撮影できる技術を用いており、コンパクトなスマートフォンの筐体に望遠レンズを詰め込むことが可能です。
  • この技術の搭載は、ユーザーにより優れた撮影オプションを提供するためと、競合製品に追いつく目的があります。特に、遊び場の子どもや遠くの歌手を撮影する際に役立つとされています。
  • Appleが新しいiPhone 15シリーズに何を組み込むかは、9月12日のイベントで明らかにされる予定です。
ペリスコープカメラの機能と限界
  • ペリスコープカメラはスマートフォン本体の内部に大部分のレンズ部分を組み込むことで、長焦点撮影を可能にします。これは物理的、光学的、工学的な限界を克服する方法とされています。
  • しかし、このカメラはプロの写真家が使用する従来のカメラと高品質の望遠レンズの組み合わせに及ばない画質を提供します。特に、高価かつ重量がある超望遠レンズと比較するとその限界が顕著です。
  • ペリスコープカメラのイメージセンサーは比較的小さく、低光量環境での性能が低いという欠点があります。また、センサーを大きくするとコストとレンズ部分の大きさが増加するという問題があります。
競合他社との比較
  • iPhone 14 Proは光学3倍ズームの望遠機能を備えていますが、GoogleのPixel 7 ProやSamsungのGalaxy S23 Ultraのカメラ性能には及びません。これはiPhoneの競争上の弱点とされています。

「iPhone 15」のカメラ機能、何が期待されるか?

2023年09月01日の、Appleの次期スマートフォン「iPhone 15」に関する情報をお届けします。

  • 標準モデルの「iPhone 15」では新しい48メガピクセルのイメージセンサーが搭載される可能性があり、これにより画質とデジタルズームが向上するとされている。
  • 高額なモデル「iPhone 15 Ultra」では、ペリスコープ式望遠レンズが採用され、ズーム倍率が5倍または6倍になる可能性がある。
  • カメラ以外では、充電端子がUSB-Cになる可能性や、新しいプロセッサ「A17 Bionic」が搭載されるなど、いくつものアップグレードが予想されている。
追加情報:製品発売のタイミングと供給問題
  • Appleが新しいiPhoneを発表するのは、9月の初めから半ば頃とされています。ただし、iPhone 15 Pro Maxについては、10月までずれ込む可能性もある。
  • この遅れの理由として、ソニーがカメラセンサーの納期に対応しきれていない可能性が指摘されています。
カメラ性能の競合比較
機種ズーム倍率センサーの大きさ
iPhone 14 Pro3倍1/1.28インチ
Google Pixel 7 Pro5倍不明
Samsung Galaxy S23 Ultra10倍不明
iPhone 15(予想)5〜6倍1/1.14インチ(予想)

情報はすべて確定したものではなく、Appleが正式に発表するまで真偽のほどは不明です。ただし、これらの機能が搭載された場合、写真家や一般ユーザーにとっては大きな進歩と言えるでしょう。

iPhone15 Pro Maxと関連アクセサリのリーク情報

2023年8月31日の、iPhone15 Pro Maxとその関連アクセサリについてのリーク情報をお届けします。

  • iPhone15 Pro Max向けにApple純正レザーケースの画像が投稿された。カラーはダークブルーで、これは新しいiPhone15 Proシリーズの噂される本体カラーと一致している。
  • iPhone15シリーズのUSB-C端子関連部品の画像も投稿され、その端子の色はチタニウムグレイに似ている。
  • iPhone15 Proシリーズ向けのシリコーンケースのレプリカの画像も投稿され、多数のカラーが確認できる。
追加情報: ケースの素材と廃番の噂
  • iPhone15シリーズ向けレザーケースは以前から廃番になる、もしくは素材がビーガンレザーに変更されるとの噂があった。しかし、今回のリークではそのような変更は確認されていない。
レプリカケースのカラーバリエーション
  • シリコーンケースのレプリカには、オレンジ(コーラル)、ブルー、グリーン、ピンク、ミッドナイトかダークブルー、ホワイト、(PRODUCT)REDなどのカラーが存在する。

表1: レプリカシリコーンケースのカラーバリエーション

カラー
オレンジ(コーラル)
ブルー
グリーン
ピンク
ミッドナイト/ダークブルー
ホワイト
(PRODUCT)RED

これらの情報はすべてリークであり、公式な発表が待たれます。

Apple、次世代「A19」チップの開発中?

  • 来月の発表予定のiPhone 15シリーズには、最新のA17 Bionicチップが搭載される見込み。
  • iPhone系リーカーのEllieさんが明らかにした情報によると、A19チップやM5チップの開発が進行中。
  • 現在のiPhone 14にはA15チップ、iPhone 14 ProにはA16チップが搭載されており、A17チップはApple初の3nmプロセッサとして期待されている。
iPhone用のAシリーズに関する補足
  • 現在、iPhone 14にはA15チップ、iPhone 14 ProにはA16チップが搭載。
  • 今年のiPhone 15にはA16チップ、ProモデルにはA17チップが搭載される予想。
  • ツイートされた情報はA19チップに関するもので、ナンバリングが1つ飛んでいる。A18チップは来年のiPhone 16 Pro、A19チップは再来年のiPhone 17 Proに搭載される可能性。
Mac用のMシリーズに関する補足
  • Mac用のMチップシリーズにはいくつかのバージョンがあり、現在の最新版はM2、M2 Pro、M2 Max。
  • 最新となるM3チップを搭載した端末(MacBook Air/Pro、iMac)は、早ければこの秋に発表される見込み。

折りたたみiPhoneの2025年登場と折りたたみスマホ市場予測

  • カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチが折りたたみ型スマートフォンの出荷量予測を発表。2027年に1億台突破が見込まれる。
  • SamsungとAppleが折りたたみスマートフォン市場で大きなシェアを獲得すると予測されている。
  • 現在、折りたたみ型スマートフォンはニッチ市場とされるが、Samsungや中国メーカーはそれぞれの市場で積極的に事業を進めている。特に中国市場の成功が鍵とされる。
iPhoneの折りたたみ型スマートフォンに関する追加情報
  • 2025年がiPhoneの折りたたみ型スマートフォンのデビュー年の可能性があるとJane Park氏が指摘。デビューすれば市場の成長が加速すると予測。
  • グローバルアンケートの結果、消費者の過半数が折りたたみ型スマホを購入したいと回答。現在の折りたたみ型ユーザーにその傾向が顕著。

iPhone15シリーズの発売予想と最も売れるモデルに関する報道

  • Appleは2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されている。
  • サプライチェーンサイドからの情報により、Appleがどのモデルがよく売れると予想しているかが明らかになった。
  • 今までのレポートが正確であれば、AppleはiPhone15 Pro Maxが最も売れるモデルと予想している。
生産計画とモデル別の売上予想に関する詳細
  • DigiTimesのレポートにより、Appleが最初に約8,600万台のiPhone15シリーズを生産する予定であることが判明。
  • 生産数の内訳は、iPhone15 Pro Maxが37%、iPhone15 Proが28%、iPhone15が25%、iPhone15 Plusが10%。
  • 英国の銀行バークレイズのアナリスト、ティム・ロング氏によると、iPhone15 Proの価格はiPhone14 Proより最大100ドル高く、iPhone15 Pro Maxの価格はiPhone14 Pro Maxより100~200ドル高くなる予想がある。

【生産予定数とモデル別の割合】

モデル名割合
iPhone15 Pro Max37%
iPhone15 Pro28%
iPhone1525%
iPhone15 Plus10%

ハワイのマウイ山火事でiPhone 14の緊急SOS機能が人命を救う

  • Appleの緊急SOS衛星通信機能は約1年前に登場し、既に救助活動に貢献。
  • ハワイ・マウイ島の山火事で、Miraflorさんの家族がiPhone 14の緊急SOS機能を使用し、救助を求めた。
  • 通信が途絶えた中、緊急SOS機能で助けを求め、約34分で救助された。
ダウンフォールとは?
  • 火災のため、通信状態が途絶えた中でも、Appleの緊急SOSディスパッチセンターと現地の当局と連携して救助活動を行った。
  • iPhone 14の緊急連絡先として登録された人は、緊急通信のログと時間を確認可能。
  • Miraflorさんの関連者がスクリーンショットを共有し、救助の経緯が確認できる。
iPhone 14と15の緊急SOS衛星通信機能
  • Appleは緊急SOS衛星通信機能の開発に約650億円投資。
  • 現在、この機能はiPhone 14/14 Proに搭載されており、iPhone 15にも搭載予定。
  • SOSサービスはアメリカ、カナダ、西ヨーロッパ、ニュージーランド、オーストラリアなどで利用可能。
Androidとの比較
  • 現在、Androidは緊急SOS衛星通信機能を持っていない。
  • Qualcommが今後のAndroid向けの衛星通信機能のデモを行い、Samsungなど限られたデバイスでの実装が予想される。
  • Android 14で衛星通信機能が導入されることが期待されているが、具体的なデバイスは未定。
緊急SOS機能の重要性
  • 災害が頻発する現代において、緊急サービス機能を持つiPhoneは非常に価値がある。
  • 通信が途絶えた状況でも緊急連絡が可能なAppleのエコシステムは、多くの人々にとって魅力的であると感じられる。

オンラインショップ「エコたん」が「ReYuuストア」へのリニューアルとセールのお知らせ

  • 日本テレホン株式会社がスマホ、タブレット、パソコンのリユース品を扱う「エコたん」を「ReYuuストア」としてリニューアル。
  • リニューアルを記念して、最大20%オフのセールを8月8日10時から8月14日10時まで実施。
  • セールと同時にTwitterキャンペーンを開催し、参加者全員に1,000円クーポンを提供。
背景と詳細情報
  • 2023年7月28日にコーポレート・アイデンティティの見直しを発表。それを元に「ReYuu(リユー)」という新しい言葉を策定し、商号やサービス名称の変更を行った。
  • 新しいショップのURL: http://store.reyuu-japan.com/
  • 関連サービスの名称も変更。詳細は「新サービス名称およびURL」にて。
リニューアルセールの商品例
商品名価格
iPhone13 128GB (未使用品)94,800円
iPhone11 64GB (未使用品)54,800円
OPPO A77 (未使用品)13,800円
iPad Air 第4世代 10.9インチ Wi-Fi+Cellular 256GB89,800円
iPad Pro 第5世代 12.9インチ Wi-Fi+Cellular 512GB169,800円
iPad Pro 第5世代 12.9インチ Wi-Fi+Cellular 2TB218,000円
MacBook Air 2022 M2 13インチ 512GB SSD161,800円

iPhone 15 Proの製造に特別契約、AppleとTSMCが提携強化か

  • 今年秋にリリース予定の「iPhone 15 Pro/Pro Max」は「A17(仮称)」プロセッサを搭載予定。
  • 現行モデル「iPhone 14 Pro/Pro Max」に搭載の「A16 Bionic」プロセッサの後継がA17。ただし、「iPhone 15/15 Plus」はA16 Bionicが搭載されると予想。
  • The Informationによると、AppleはA17の製造に関し、製造欠陥のコストをTSMCが全て負担する契約を締結。
補足: AppleとTSMCの強固な関係について
  • AppleがTSMCの新しい施設を最初の1年間、3nmプロセスのプロセッサ製造に独占的に使用。
  • 新しいプロセッサ製造施設の欠陥解決には数十億ドルが必要とされ、TSMCが負担。このコスト負担は、Appleからの巨大な利益を背景としている。
  • TSMCはApple向けの製品製造中に施設の問題を解決し、その後他社向けの製品製造が可能。

Appleが新型「iPhone 15」の発表を予定

かめ
かめ

あまり信ぴょう性のない情報ですが一応。

  • Appleは今年も秋に新しいiPhoneモデルを発表すると予想されており、ユーザーは新機能や改良を心待ちにしている。
  • iPhone 15シリーズでは、チタンフレームや大幅に改良されたカメラ、高速な新しいプロセッサー、USB-Cタイプのポートなどが予想される。
  • ニュースレターでの情報によると、iPhone 15の発表イベントは12月13日火曜日か15月22日水曜日に開催されるとされ、予約注文はその後の16日に開始され、20日に新しいデバイスが発売される予定である。
新製品のラインナップ
  • iPhone 15シリーズには、標準のiPhone 15、Plus、iPhone 15 Pro、Pro Maxが含まれる。
  • Appleは、第17世代のUltra Watchと第10世代のApple Smart Watchの発表も予定している。
  • 新しいiPad miniやAirPodsのLiteバージョンの発表も期待されており、iOSとwatchOSの新しいバージョンのリリース日も明らかにされる可能性がある。
iPhone 15カンファレンスの開催日の予想
  • Appleは過去の伝統として、14月に新しいiPhoneの発表を行ってきた。
  • 有名なニュースレターであるブルームバーグのマーク・ゴーマン氏は、アップルが12月13日火曜日か15月22日水曜日のいずれかでイベントを開催すると情報を得ている。
  • 多くのアメリカの電気通信会社は、iPhoneの発表に関連して、従業員の13月15日の休暇取得を禁止しており、これがイベントの開催日を示唆している可能性がある。
生産上の問題と予想日に関する噂
  • 一部のモデルには供給不足や発売遅延の噂が存在する。
  • Appleは通常、新しいデバイスの発表を火曜日に行うことが多いが、レイバーデーと重なる場合は水曜日に変更されることがある。
  • 正式なイベント日付の確認はまだ行われていないが、来月以内にさらなる噂が出てくる可能性がある。

iPhone 15 Proの新デザインと機能に関するリーク情報

  • iPhone 15 ProはUSB-Cポートを搭載し、ベゼルレス化が進行する新デザインとなる。
  • Appleのデザイナーが目指す「真のオールスクリーンiPhone」への進化が期待される。
  • iPhone 15 Proのベゼルは現行の2.2mmから1.5mmに縮小。これには「low-injection pressure over-molding(LIPO)」技術が用いられる見込み。
iPhoneのデザイン進化の歴史
  • 2017年のiPhone Xからベゼルレス化の取り組みがスタート。
  • iPhone Xではノッチが導入され、iPhone 14 ProでノッチがDynamic Islandに進化。
  • iPhone 15/15 PlusではDynamic Islandが採用され、15 Pro/Pro Maxには新しいディスプレイ技術が搭載される予想。
iPhone 15シリーズの詳細な仕様
  • iPhone 15 Proはチタン製の筐体に変更。
  • iPhone 15 Proはエッジ部分が以前よりも鋭角ではないデザインとなる予想。
  • iPhone 15 Proの内部構造は再設計され、修理可用性が向上。
  • 全てのiPhone 15シリーズでUSB-Cポートを採用。
  • iPhone 15 Pro Maxのメインカメラには大幅な光学ズーム機能の進化が見込まれる。
  • iPhone 15シリーズのチップに関して、15はA16、15 Proは新しい3nmプロセスチップが採用。
その他の情報
  • iPhone 15 Proの物理的な音量調節ボタンはソリッドステートボタンに変更する計画だったが、技術的、経済的な問題で中止。
  • iPhone 15シリーズはアメリカ以外で価格が上昇する可能性。特に15 Proのチタン素材採用やカメラの進化を鑑みての予測。

2023年に登場するApple Watchの予想

  • 41mmと45mmのApple Watch Series 9と、第2世代Apple Watch Ultraの3モデルがリリースされる見込み。
  • すべての新モデルはS9チップを搭載し、パフォーマンスが大幅に向上。
  • 第2世代Apple Watch Ultraはダークカラーのチタン製筐体が検討中。
追加情報/補足

Appleの「low-injection pressure over-molding(LIPO)」技術は、ディスプレイのサイズを変更せずに表示面積を大きくし、ベゼルを縮小するための技術。この技術はApple Watch Series 7で初めて採用され、今後はiPadにも搭載される予定。

折りたたみiPhoneの可能性について

  • 数年前からAppleが折りたたみiPhoneやiPadを開発しているとの噂が持続している。
  • Bloombergのマーク・ガーマン記者は、近い将来の折りたたみiPhoneやiPadの発売の可能性は低いと述べている。
  • 折りたたみデバイスで最も可能性が高いのは折りたたみMacであり、そのMacにはタッチスクリーンの搭載が期待される。
Appleの折りたたみデバイスに関する特許と情報
  • Appleは折りたたみiPhoneに関する特許を既に複数取得している。
  • ガーマン記者によると、Appleの内部部署で折りたたみiPhoneは現在も検討中の案件とされている。
  • 折りたたみMacの製品化に関しては、2024年に発売されるとの噂があるが、ガーマン記者は数年以内の製品化は低いとの見解を示している。
その他の予想
  • ミンチー・クオ氏は、Appleの初の折りたたみ製品はiPhoneとiPadの組み合わせの製品として、2025年に登場すると予想していた。

次期「iPhone」の予想されるアップデート

  • 2023年秋にリリース予定。
  • 薄型化したベゼル、USB Type-C、その他多くの点でアップデート。
  • 価格も上昇する見込み。
ディスプレイと「Dynamic Island」に関する変更
  • ディスプレイのノッチが消失。
  • 「Dynamic Island」は、通知等の表示領域が状況に合わせて拡縮。
  • 「iPhone 14 Pro」で採用された「Dynamic Island」が標準モデルにも搭載。
カメラのアップデート
  • 「iPhone 15」及び「iPhone 15 Plus」のカメラレンズがアップデート。
  • カメラ機能全体の向上が予想。
ベゼルと新技術
  • 「low-injection pressure over-molding(LIPO)」技術の採用によりベゼルの薄型化。
  • 「iPhone 15 Pro」及び「iPhone 15 Pro Max」のベゼル幅が2.2mmから1.5mmに縮小予定。
  • この技術は将来の「iPad」にも採用される可能性。
チップのアップグレード
  • 標準モデルのチップは「A16」。
  • 「iPhone 15 Pro」のチップは3ナノメートル(nm)にアップグレード。
  • 3nmチップは5nmチップと比べて消費電力が30〜35%少ない。
充電ポートの変更
  • 「iPhone 15」シリーズは「Lightning」ポートからUSB Type-Cに移行。
  • 2024年末までにEUで販売される全モバイル機器にUSB Type-Cの搭載が必須となる新指令に対応。
価格に関する情報
  • 様々な要因により価格が少し上昇する可能性。
  • 具体的な推定額は示されていない。
Appleへのコメント求め
  • 米CNETはAppleにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

次期「iPhone」のアクションボタン

  • 次の「iPhone 15 Pro」「iPhone 15 Pro Max」には新しい「アクション」ボタンの搭載が予想される。
  • 「iOS 17」の開発者向けベータ第4版のコードにアクションボタンの機能を示唆する記述が存在。
  • Appleは以前「Apple Watch Ultra」でアクションボタンを導入。このボタンは特定の機能やプログラムを即座に実行できるもの。
アクションボタンの詳細
  • アクションボタンは、次期iPhoneの側面にある「着信/サイレント」スイッチの代わりとなる可能性がある。
  • このボタンには最大で9つの異なる機能を割り当てることが可能。
  • 一部の機能名として「Camera」(カメラ)や「Flashlight」(フラッシュライト)が挙げられ、それらのオン/オフ操作が可能であることが示唆されている。
追加情報/補足
  • Appleは次期iPhoneの詳細についてまだ公式には発表していない。
  • しかし、9月に開催予定の発表イベントで詳細が明らかにされる可能性が高い。
  • 米CNETはAppleに公式コメントを求めたが、返答はまだ得られていない。

Samsungの韓国におけるスマホ市場シェアの現状と将来予測

  • Samsungは韓国のスマホ市場で69%のシェアを持つが、iPhoneにその位置を奪われる可能性がある。
  • 18歳〜29歳の層では、iPhoneのシェアが60%にのぼり、この年齢層でのシェアは昨年から13%も増加している。
  • 長期的には、iPhoneが韓国での市場シェアをさらに伸ばす見込みである。
年齢層別のスマホ市場シェア
年齢層Samsung GalaxyのシェアiPhoneのシェア
18歳〜29歳32%60%
全年齢層69%23%
iPhoneのシェア上昇の理由と分析
  • iPhoneとGalaxy S23の同容量モデルの価格が同じであり、ブランドイメージの面で若者がAppleを好む傾向がある。
  • Apple Payの韓国での導入が、iPhoneの人気上昇に寄与している。
  • 調査に回答した人の85%は、現在使用しているブランドのスマホを使い続けると回答しており、この結果からもiPhoneの市場シェアがさらに伸びることが予測される。

Appleの新筐体素材に関する特許出願

  • AppleがiPhoneやiPadの筐体素材として新しい7000系アルミニウム合金の採用を米国特許商標庁(USPTO)にて特許出願したことが明らかに。
  • Patently Appleによれば、この新しい7000系アルミニウム合金は「材料特性と外観が優れたもの」とされている。
  • 出願された特許の内容によると、新しい素材はiPhone6sシリーズ以降に用いられている素材とは異なる模様。
この特許のポイント
  • 新しい7000系アルミニウム合金を用いることで、筐体の耐久性と耐腐食性が向上することが期待されている。
  • 7000系アルミニウム合金として、特に「超々ジュラルミン(7075)」が知名度が高い。
考えられる具体的な合金
  • 特許には具体的な品番の記載はないが、航空宇宙産業などで使用されている「超々ジュラルミン(7075)」が該当する可能性。
  • 超々ジュラルミンは、既に自動車用ホイールなどの分野での実用化が進められている。

iPhone 16 Pro Maxでは超望遠対応か

  • 「iPhone 16 Pro Max」が超望遠カメラを搭載するとのうわさ。
  • この情報は2024年に登場する可能性のある機能に関するもの。
  • MacRumorsの記事によれば、iPhone 16 Pro Maxは超望遠カメラを搭載予定で、光学ズームが大幅に向上する可能性がある。
  • このカメラ搭載により、高画質で遠くの被写体の撮影や背景をぼかしたポートレート撮影が向上する見込み。
  • 一部のスマホはすでに長焦点の望遠レンズを搭載している(例:「Galaxy S23 Ultra」や「Google Pixel 7 Pro」)。
  • 現在の「iPhone 13 Pro」と「iPhone 14 Pro」の焦点距離は77mm相当。
  • iPhone 16 Pro Maxでの焦点距離が300mm相当になるとの情報は、非常に驚きのものとして伝えられている。
  • Appleが300mm相当の焦点距離を実現すれば、初の超望遠レンズを搭載したスマホとなる。
  • 2023年モデルではなく、なぜ2024年モデルにこの技術を搭載するのかは不明だが、Appleがカメラシステムの改善を進めている可能性が示唆されている。
  • 2023年の「iPhone 15 Pro Max」は、ペリスコープ式レンズが採用されるとの情報も。このレンズはスマホの厚みを増やすことなく、光学ズームを向上させる。
  • ペリスコープ式のシステムは、光を屈折させて横方向のレンズユニットを通じてセンサーまで届ける仕組みで、カメラをスマホの筐体内で水平に設置可能。

iPhone 15シリーズはバッテリーが向上

  1. AppleがiPhone15シリーズのバッテリーとして新方式の積層型バッテリーを導入する可能性がある。
  2. この積層型バッテリーはエネルギー密度が最大10%向上する。
  3. 同じ大きさのバッテリーで容量を増やすことが可能になり、または同じバッテリー容量でも小型化が可能になる。
  4. iPhone15シリーズのバッテリー容量は、全てのモデルでiPhone14シリーズよりも増加する見込み。
  5. iPhone15 Plusは歴代iPhone史上、最大容量になると予想されている。
  6. iPhone15 Pro Maxは高倍率望遠カメラの採用によりカメラモジュールが大きくなるが、積層型バッテリーの採用によりバッテリー容量も増える見込み。
  7. 積層型バッテリーは充電速度を速めることが可能なため、iPhone15シリーズの充電速度向上に寄与する可能性がある。
  8. 積層型バッテリーはiPhone15シリーズに先駆けてGalaxy S24 UltraとGalaxy S24+にも搭載される予定。

最新のiPhoneはどうすれば買えるの?

iPhone 14の購入方法について簡単にまとめます。お得な購入方法が見つかれば追記していく所存。

予約方法

公式オンラインのページから予約できるようになっています。

iPhone 14とiPhone 14 Plusを購入
4月11日まで下取り額がアップ。iPhone 14は3,033円/月 x 24回から。キャリア契約付きで、さらに8,800円割引に。今なら送料無料。
  • 予約注文は9月9日午後9時から。
  • iPhone 14は9月16日発売。
  • iPhone 14 Plusは10月7日発売。

予約・購入する場合には、楽天リーベイツを経由して楽天ポイントをゲットするのがお勧めです。

しろくま
しろくま

公式ではなかなかポイント化できない上にセール機会は少ないので、ぜひこの機会にご利用ください!

当サイトでは楽天リーベイツアプリの掲載を終了しました。

過去機種からの変更・改善点

最新のiPhone、何が変わったのかを端的にまとめていきます。

iPhone 15のアップグレード判断: 過去5世代との比較

2023年10月10日の、iPhone 15のアップグレードに関する情報をお届けします。

  • iPhone 15は旧型iPhoneに比べて大きく進化しているが、iPhone 13や14のユーザーには2024年まで待つことを推奨。
  • iPhone 15はUSB-Cを採用し、Dynamic Islandを搭載、充電の利便性や情報のアクセスが向上。
  • 新しい48メガピクセルのカメラやマット仕上げのデザインも特徴。
iPhone 15と過去5世代のiPhoneの比較

iPhone 15 vs iPhone 14:

  • iPhone 15はiPhone 14から大きく進化。USB-Cの採用、メインカメラの解像度の大幅な向上、明るい画面など。
  • しかし、iPhone 14もまだ新しいので、アップグレードは待つことを推奨。

iPhone 15 vs iPhone 13:

  • iPhone 13との差異は少ないが、Dynamic Islandや48メガピクセルカメラ、USB-Cポートなどの新機能が特徴。
  • アップグレードの価値はあるが、現行機種に満足しているならば必要なし。

iPhone 15 vs iPhone 12:

  • iPhone 12ユーザーにはアップグレードの価値がある。Dynamic IslandやUSB-Cポートだけでなく、全体的なパフォーマンスやカメラ性能などが大きく向上。
  • ただし、ソフトウェアアップデートは続くので、アップグレードを急ぐ必要はない。

iPhone 15 vs iPhone 11:

  • iPhone 11ユーザーにとっては、アップグレードは大きな価値がある。5G非対応、古いプロセッサ、少ないストレージなどの問題点が解消。
  • iPhone 15の新機能や改良されたコンポーネントを享受できる。

iPhone 15 vs iPhone XS:

  • iPhone XSは発売から5年が経過。iPhone 15へのアップグレードで、5GやMagSafe、高解像度のカメラなどの新機能を体験できる。
  • 5年の間にiPhoneの多くの面で大きな進化があったため、アップグレードを強く推奨。

最新iPhoneの基本スペック

スペックに興味がない方にも、「数字の意味合い」についても少し解説しながら、最新iPhoneの仕様についてまとめていきます。

性能評価は最高スペックのProにしますが、全体的に改良されています。まぁでも、Proはなかなか手が出ないなぁ。

外観に関すること

仕上げ
  • Ceramic Shieldの前面
  • テクスチャードマットガラスの背面と
  • ステンレススチールのデザイン
サイズ
  • 幅:71.5 mm
  • 高さ:147.5 mm
  • 厚さ:7.85 mm
  • 重量:206 g
カラー展開
  • スペースブラック
  • シルバー
  • ゴールド
  • ディープパープル

搭載チップ

  • A16 Bionicチップ
  • 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
  • 5コアGPU
  • 16コアNeural Engine

カメラ性能

カメラ
  • 48MPメイン:24mm、ƒ/1.78絞り値、第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
  • 12MP超広角:13mm、ƒ/2.2絞り値と120°視野角、6枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
  • 12MPの2倍望遠(クアッドピクセルセンサーを活用):48mm、ƒ/1.78絞り値、第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
  • 12MPの3倍望遠:77mm、ƒ/2.8絞り値、光学式手ぶれ補正、6枚構成のレンズ
  • 3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ、最大15倍のデジタルズーム
  • サファイアクリスタル製レンズカバー
  • アダプティブTrue Toneフラッシュ
  • Photonic Engine
  • Deep Fusion
  • スマートHDR 4
  • 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
  • 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
  • ナイトモード
  • LiDARスキャナを活用したナイトモードのポートレート
  • パノラマ(最大63MP)
  • フォトグラフスタイル
  • マクロ写真撮影
  • Apple ProRAW
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • レンズ補正(超広角)
  • 高度な赤目修正
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード
  • 写真へのジオタグ添付
  • 画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG、DNG
ビデオ
  • 4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
  • 1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
  • 720p HDビデオ撮影(30fps)
  • シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
  • アクションモード(最大2.8K、60fps)
  • ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
  • 最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
  • マクロビデオ撮影(スローモーションとタイムラプスに対応)
  • 1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
  • 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
  • ナイトモードのタイムラプス
  • QuickTakeビデオ
  • ビデオの第2世代センサーシフト光学式手ぶれ補正(メイン)
  • ビデオのデュアル光学式手ぶれ補正(メイン、望遠)
  • 3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ
  • 最大9倍のデジタルズーム
  • オーディオズーム
  • True Toneフラッシュ
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
  • 連続オートフォーカスビデオ
  • 4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
  • 再生ズーム
  • ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264、ProRes
  • ステレオ録音
TrueDepthカメラ
  • 12MPカメラ
  • ƒ/1.9絞り値
  • Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
  • 6枚構成のレンズ
  • Retina Flash
  • Photonic Engine
  • Deep Fusion
  • スマートHDR 4
  • 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
  • 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
  • アニ文字とミー文字
  • ナイトモード
  • フォトグラフスタイル
  • Apple ProRAW
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • レンズ補正
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード
  • 4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
  • 1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
  • シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
  • ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
  • 最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
  • 1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
  • 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
  • ナイトモードのタイムラプス
  • QuickTakeビデオ
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)

ディスプレイ

  • Super Retina XDRディスプレイ
  • 6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
  • 2,556 x 1,179ピクセル解像度、460ppi
  • Dynamic Island
  • 常時表示ディスプレイ
  • 最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー
  • HDRディスプレイ
  • True Tone
  • 広色域(P3)
  • 触覚タッチ
  • 2,000,000:1コントラスト比(標準)
  • 最大輝度1,000ニト(標準)、ピーク輝度1,600ニト(HDR)、ピーク輝度2,000ニト(屋外)
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 複数の言語と文字の同時表示をサポート

安全機能

  • 緊急SOS
  • 衝突事故検出

外観に関すること

仕上げ
  • Ceramic Shieldの前面
  • ガラスの背面とアルミニウムのデザイン
サイズ
  • 幅:71.5 mm
  • 高さ:146.7 mm
  • 厚さ:7.80 mm
  • 重量: 172 g
カラー展開
  • ミッドナイト
  • パープル
  • スターライト
  • (PRODUCT)RED
  • ブルー

搭載チップ

  • A15 Bionicチップ
  • 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
  • 5コアGPU
  • 16コアNeural Engine

カメラ性能

カメラ
  • デュアルカメラシステム
  • 12MPメイン:26mm、ƒ/1.5絞り値、センサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
  • 12MP超広角:13mm、ƒ/2.4絞り値と120°視野角、5枚構成のレンズ
  • 2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム
  • サファイアクリスタル製レンズカバー
  • True Toneフラッシュ
  • Photonic Engine
  • Deep Fusion
  • スマートHDR 4
  • 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
  • 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
  • ナイトモード
  • パノラマ(最大63MP)
  • フォトグラフスタイル
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • レンズ補正(超広角)
  • 高度な赤目修正
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード
  • 写真へのジオタグ添付
  • 画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ
  • 4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
  • 1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
  • 720p HDビデオ撮影(30fps)
  • シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
  • アクションモード(最大2.8K、60fps)
  • ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
  • 1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
  • 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
  • ナイトモードのタイムラプス
  • QuickTakeビデオ
  • ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(メイン)
  • 2倍の光学ズームアウト
  • 最大3倍のデジタルズーム
  • オーディオズーム
  • True Toneフラッシュ
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
  • 連続オートフォーカスビデオ
  • 4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
  • 再生ズーム
  • ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
  • ステレオ録音
TrueDepthカメラ
  • 12MPカメラ
  • ƒ/1.9絞り値
  • Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
  • 6枚構成のレンズ
  • Retina Flash
  • Photonic Engine
  • Deep Fusion
  • スマートHDR 4
  • 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
  • 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
  • アニ文字とミー文字
  • ナイトモード
  • フォトグラフスタイル
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • レンズ補正
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード
  • 4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
  • 1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
  • シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
  • ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
  • 1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
  • 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
  • ナイトモードのタイムラプス
  • QuickTakeビデオ
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)

ディスプレイ

  • Super Retina XDRディスプレイ
  • 6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
  • 2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi
  • HDRディスプレイ
  • True Tone
  • 広色域(P3)
  • 触覚タッチ
  • 2,000,000:1コントラスト比(標準)
  • 最大輝度800ニト(標準)、ピーク輝度1,200ニト(HDR)
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 複数の言語と文字の同時表示をサポート

安全機能

  • 緊急SOS
  • 衝突事故検出
スポンサーリンク

iPhoneの中古市場情報が知りたい

2024/03/20現在で、どの世代のiPhoneを購入すべきか考えていきます。

最新OSに対応しているiPhone

最新OSに対応しているiPhoneについての情報です。OSにさえ対応していれば、最新端末ほどではなくても十分に利用可能な機種だと言えます。

最新OSのiPhone対応リスト

2024/03/20現在のOS対応/非対応リストです。詳細は公式HPをご確認ください。

  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone XS/XS Max/XR
  • iPhone X
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone SE(第3世代)

最新OSで対応しなくなるiPhoneリスト

逆に、最新OSにアップデートすることで使えなくなる端末もチェックしておきます。

  • iPhone 7
  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)

最新端末の登場で、中古市場はどう変わる?

iPhone(14)が登場することで、どのiPhoneがお買い得になるか情報をまとめていきます。

iPhone(14)のひとつ前の世代「13シリーズ」はお買い得?

調べてみたところでは、最新iPhoneのひとつ前の世代である「」に関しては、現在(2024/03/20)のところでは以下のように取引されています。

公式ストア

Apple公式ストアでのiPhone13の価格は公式サイトでご確認ください。

iPhone 13を購入
4月11日まで下取り額がアップ。iPhone 13は2,741円/月 x 24回から。キャリア契約付きで、さらに8,800円割引に。今すぐ購入できます。

ちなみに、公式オンラインショップを利用する場合には、楽天リーベイツを利用すると楽天ポイントで還元されてさらにお得です。

当サイトでは楽天リーベイツアプリの掲載を終了しました。

iPhoneの現在の価格に関する情報

iPhoneの販売価格について記録していきます。

Apple Storeで購入できるSIMフリー版iPhoneの販売価格

2023年10月時点での情報です。

モデル名容量価格
iPhone 15128GB12万4800円
256GB13万9800円
512GB16万9800円
iPhone 15 Plus128GB13万9800円
256GB15万4800円
512GB18万4800円
iPhone 15 Pro128GB15万9800円
256GB17万4800円
512GB20万4800円
1TB23万4800円
iPhone 15 Pro Max256GB18万9800円
512GB21万9800円
1TB24万9800円
iPhone 14128GB11万2800円
256GB12万7800円
512GB15万7800円
iPhone 14 Plus128GB12万4800円
256GB13万9800円
512GB16万9800円
iPhone 13128GB9万5800円
256GB11万800円
512GB14万800円
iPhone SE(第3世代)64GB6万2800円
128GB6万9800円
256GB8万4800円
家電量販店の取り扱いに関する情報:
  • 各家電量販店での販売価格は基本的にApple Storeと同額。
  • 取り扱いモデルもApple Storeと共通。
MVNO事業者の取り扱いに関する情報:
  • Apple Storeや家電量販店では、iPhone 13以降のモデルしか基本的に取り扱われていない。
  • 「mineo」では、iPhone 13、iPhone SE(第2世代)、iPhone 12 miniの64GBモデル、128GBモデルが販売中。
  • 「IIJ mio」では、iPhone SE(第2世代)、iPhone 11などが取り扱われている。
  • 「イオンモバイル」ではiPhone XSが、
  • 「HISモバイル」ではiPhone 7やiPhone 8などが販売中。
スポンサーリンク

比較用、過去のiPhone情報

過去の端末情報をまとめておきます。

比較用価格変化表

iPhoneの価格に関する過去情報を置いておきます。

最新端末の価格

最新iPhoneの価格は以下の通りです。(2024/03/20現在)

価格表iPhone14iPhone14PlusiPhone14 ProiPhone14 Pro MaxiPhoneSEiPhone13iPhone12
64GB¥62,800¥92,800
128GB¥119,800¥134,800¥149,800¥164,800¥69,800¥107,800¥99,800
256GB¥134,800¥149,800¥164,800¥179,800¥84,800¥122,800¥112,800
512GB¥164,800¥179,800¥194,800¥209,800¥152,800
1TB¥224,800¥239,800

比較用スペック表置き場

スペックに関する情報をまとめておきます。

iPhone 14

新端末でできるようになったこと

最新モデル(iPhone 14 Pro)では、以下のことができるようになりました。

  • 頑丈なCeramic Shieldを採用
  • Dynamic Island採用機(カメラ周りの通知欄)
  • 進化したSuper Retina XDRディスプレイ
  • 衝突事故検出&自動連絡
  • 高性能カメラ(48MPセンサー、2倍望遠、超広角マクロ撮影)
  • A16 Bionicチップ搭載

iPhone 13

外観と基本スペックに関すること
項目iPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
仕上げiPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
カラーミッドナイト スターライト Product Redグリーン ピンク ブルー ミッドナイト スターライト Product Redパープル ブルー グリーン Product Red ホワイト ブラック
価格62,800円(税込)から107,800円(税込)から*92,800円(税込)から*
容量64GB 128GB
256GB
128GB 256GB 512GB64GB 128GB
256GB
概要
概要iPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
画面サイズ4.7インチ6.1インチ6.1インチ
採用ディスプレイRetina HDディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ1Super Retina XDRディスプレイ1
カメラ先進的なカメラシステムデュアルカメラシステムデュアルカメラシステム
画素数12MPメイン12MPメイン  超広角12MPメイン  超広角
フロントカメラフロントカメラTrueDepthフロントカメラTrueDepthフロントカメラ
ズーム対応2倍の光学ズームレンジ2倍の光学ズームレンジ
バッテリー最大15時間のビデオ再生最大19時間のビデオ再生最大17時間のビデオ再生
チップA15 BionicチップA15 BionicチップA14 Bionicチップ
認証Touch IDFace IDFace ID
充電該当なしMagSafe対応のケース、カード入れ、ワイヤレス充電器などに対応MagSafe対応のケース、カード入れ、ワイヤレス充電器などに対応
通信5G携帯電話通信5G超高速の5G携帯電話通信5G超高速の5G携帯電話通信
仕上げガラスの前面と背面どんなスマートフォンのガラスよりも頑丈なCeramic Shieldの前面Ceramic Shieldの前面
筐体の素材航空宇宙産業レベルのアルミニウム航空宇宙産業レベルのアルミニウム航空宇宙産業レベルのアルミニウム
水深耐圧水深1メートルで最大30分間の耐水性能水深6メートルで最大30分間の耐水性能水深6メートルで最大30分間の耐水性能
ディスプレイに関すること
ディスプレイ詳細iPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
ディスプレイ種類Retina HDディスプレイSuper Retina XDRディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ
ディスプレイサイズIPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCDディスプレイ6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
HDRディスプレイ—該当なしHDRディスプレイHDRディスプレイ
解像度1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi
コントラスト比1,400:1コントラスト比(標準)2,000,000:1コントラスト比(標準)2,000,000:1コントラスト比(標準)
True ToneTrue ToneディスプレイTrue ToneディスプレイTrue Toneディスプレイ
広色域広色域ディスプレイ(P3)広色域ディスプレイ(P3)広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ触覚タッチ触覚タッチ触覚タッチ
最大輝度最大輝度625ニト(標準)最大輝度800ニト(標準)最大輝度625ニト(標準)
ピーク輝度—該当なしピーク輝度1,200ニト(HDR)ピーク輝度1,200ニト(HDR)
サイズと重量に関すること
サイズと重量iPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
高さ138.4 mm146.7 mm146.7 mm
67.3 mm71.5 mm71.5 mm
厚さ7.3 mm7.65 mm7.4 mm
重量144 g173 g162 g
防沫性能、耐水性能、防塵性能に関すること
IP等級IEC規格60529にもとづくIP67等級IEC規格60529にもとづくIP68等級IEC規格60529にもとづくIP68等級
対応水深、潜水時間(最大水深1メートルで最大30分間)(最大水深6メートルで最大30分間)(最大水深6メートルで最大30分間)
チップ(SoC)に関すること
チップiPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
採用チップA15 BionicチップA15 BionicチップA14 Bionicチップ
チップ解説2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
GPU4コアGPU4コアGPU4コアGPU
機械学習処理16コアNeural Engine16コアNeural Engine16コアNeural Engine
カメラ・ビデオに関すること
写真撮影
カメラiPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
メイン性能シングル12MPカメラ(メイン)デュアル12MPカメラシステム(メイン、超広角)デュアル12MPカメラシステム(メイン、超広角)
絞り値メイン:ƒ/1.8絞り値メイン:ƒ/1.6絞り値メイン:ƒ/1.6絞り値
超広角超広角: ƒ/2.4絞り値超広角: ƒ/2.4絞り値
手ぶれ補正光学式手ぶれ補正センサーシフト光学式手ぶれ補正光学式手ぶれ補正
光学ズーム最大5倍のデジタルズーム2倍の光学ズームアウト2倍の光学ズームアウト
デジタルズーム最大5倍のデジタルズーム最大5倍のデジタルズーム
フラッシュTrue ToneフラッシュとスローシンクロTrue ToneフラッシュとスローシンクロTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
画像処理(合成)Deep FusionDeep FusionDeep Fusion
スマートHDR写真のスマートHDR 4写真のスマートHDR 4写真のスマートHDR 3
ポートレートモード進化したボケ効果と深度コントロールが使える ポートレートモード進化したボケ効果と深度コントロールが使える ポートレートモード進化したボケ効果と深度コントロールが使える ポートレートモード
ポートレートライティング6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
ナイトモード—該当なしナイトモードナイトモード
フォトグラフスタイルフォトグラフスタイルフォトグラフスタイル—該当なし
ビデオ撮影
ビデオ撮影iPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
シネマティックモード—該当なし浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード—該当なし
4K4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
HD1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
ドルビービジョン—該当なしドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、30fps)
手ぶれ補正ビデオの光学式手ぶれ補正ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正ビデオの光学式手ぶれ補正
光学ズーム2倍の光学ズームアウト2倍の光学ズームアウト
デジタルズーム最大3倍のデジタルズーム最大3倍のデジタルズーム最大3倍のデジタルズーム
オーディオズーム—該当なしオーディオズームオーディオズーム
QuickTakeビデオQuickTakeビデオQuickTakeビデオQuickTakeビデオ
スローモーション1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
ナイトモードタイムラプスナイトモードのタイムラプスナイトモードのタイムラプスナイトモードのタイムラプス
手ぶれ補正タイムラプス手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ステレオ録音ステレオ録音ステレオ録音ステレオ録音
メインカメラ
カメラiPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
メイン性能シングル12MPカメラ(メイン)デュアル12MPカメラシステム(メイン、超広角)デュアル12MPカメラシステム(メイン、超広角)
絞り値メイン:ƒ/1.8絞り値メイン:ƒ/1.6絞り値メイン:ƒ/1.6絞り値
超広角超広角: ƒ/2.4絞り値超広角: ƒ/2.4絞り値
手ぶれ補正光学式手ぶれ補正センサーシフト光学式手ぶれ補正光学式手ぶれ補正
光学ズーム最大5倍のデジタルズーム2倍の光学ズームアウト2倍の光学ズームアウト
デジタルズーム最大5倍のデジタルズーム最大5倍のデジタルズーム
フラッシュTrue ToneフラッシュとスローシンクロTrue ToneフラッシュとスローシンクロTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
画像処理(合成)Deep FusionDeep FusionDeep Fusion
スマートHDR写真のスマートHDR 4写真のスマートHDR 4写真のスマートHDR 3
ポートレートモード進化したボケ効果と深度コントロールが使える ポートレートモード進化したボケ効果と深度コントロールが使える ポートレートモード進化したボケ効果と深度コントロールが使える ポートレートモード
ポートレートライティング6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
ナイトモード—該当なしナイトモードナイトモード
フォトグラフスタイルフォトグラフスタイルフォトグラフスタイル—該当なし
ビデオ撮影iPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
シネマティックモード—該当なし浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード—該当なし
4K4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
HD1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
ドルビービジョン—該当なしドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、30fps)
手ぶれ補正ビデオの光学式手ぶれ補正ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正ビデオの光学式手ぶれ補正
光学ズーム2倍の光学ズームアウト2倍の光学ズームアウト
デジタルズーム最大3倍のデジタルズーム最大3倍のデジタルズーム最大3倍のデジタルズーム
オーディオズーム—該当なしオーディオズームオーディオズーム
QuickTakeビデオQuickTakeビデオQuickTakeビデオQuickTakeビデオ
スローモーション1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
ナイトモードタイムラプスナイトモードのタイムラプスナイトモードのタイムラプスナイトモードのタイムラプス
手ぶれ補正タイムラプス手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ステレオ録音ステレオ録音ステレオ録音ステレオ録音
フロントカメラ
フロントカメラiPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
フロント使用カメラFaceTime HDカメラTrueDepthフロントカメラTrueDepthフロントカメラ
解像度7MPの写真12MPの写真12MPの写真
絞り値ƒ/2.2絞り値ƒ/2.2絞り値ƒ/2.2絞り値
フラッシュRetina FlashRetina FlashRetina Flash
画像合成技術Deep FusionDeep FusionDeep Fusion
スマートHDR写真のスマートHDR 4写真のスマートHDR 4写真のスマートHDR 3
フォトグラフスタイルフォトグラフスタイルフォトグラフスタイル—該当なし
ポートレートモード進化したボケ効果と深度コントロールが使える ポートレートモード進化したボケ効果と深度コントロールが使える ポートレートモード進化したボケ効果と深度コントロールが使える ポートレートモード
ポートレートライティング6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
ナイトモード—該当なしナイトモードナイトモード
シネマティックモード—該当なしシネマティックモード(1080p、30fps)—該当なし
4Kビデオ撮影—該当なし4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影—該当なしドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、30fps)
HDビデオ1080p HDビデオ撮影(25fpsまたは30fps)1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
ビデオ手ぶれ補正映画レベルのビデオ手ぶれ補正 (1080pと720p)映画レベルのビデオ手ぶれ補正 (4K、1080p、720p)映画レベルのビデオ手ぶれ補正 (4K、1080p、720p)
スローモーションビデオ—該当なし1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
QuickTakeビデオQuickTakeビデオQuickTakeビデオQuickTakeビデオ
アニ文字とミー文字—該当なしアニ文字とミー文字アニ文字とミー文字
安全に関すること
安全iPhone SE(第3世代)iPhone 13iPhone 12
緊急SOS緊急SOS緊急SOS緊急SOS
衝突検知

iPhone 12シリーズ

iPhone12シリーズに関する情報をまとめています。

iPhone 12の特徴まとめ
  • ディスプレイ:Super Retina XDRディスプレイ/6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
  • カメラ:Pro 12MPカメラシステム:超広角、広角カメラ
  • Face ID:TrueDepthカメラによる顔認識の有効化
  • チップ:A14 Bionicチップ/Neural Engine
  • 防沫・耐水・防塵性能:IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)

iPhone 11シリーズ

iPhone11シリーズに関する情報をまとめています。

かめ
かめ

2024/03/20時点でiPhone11を新品で購入するというよりは、中古市場価格を睨みながら、どのタイミングで手放すか、あるいは底値の変動を見るか、という感じですね。

しろくま
しろくま

1シリーズ前くらいでもう底値感が出るから、あまり待ちすぎても買い替えタイミングを逃すだけになっちゃうかも。

iPhone X以前の機種

iPhone X 以前の機種はこれから新規で買おうという方は少ないと思いますが、まだ売れるのか、というあたりは気になる方もいらっしゃる思います。

iPhone X,XS,XR

iPhone X,XS,XRに関する情報はこちらにまとめています。

iPhoneは何世代前まで売れるの?
古くなったiPhoneの処理方法について検討しています。

iPhone7の買い替え

iPhone7が安くなった時の記事はこちら。

iPhone7が定価5万円は流石に安すぎだと思う
新型iPhone発表の影響で、旧機種もひっそりと値下げしました。何より、10万円近かったiPhone7が5万円代まで価格を下げてきたのは、だいぶ敷居をさげてきたと嬉しく思うばかり。どれくらいお得かっていうと、というあたりを記事にまとめました。

iPhone7を中古で売る際に気をつけたことなどをまとめた記事はこちらになります。

iPhoneを中古で高く売る場合にやるべきこと【目標4万円達成】
iPhoneを高額売却するための方法を考えてみました。とは言え、基本的には情報収拾が物を言いますし、「端末交換」などの小技を聞かせる準備が大切です。
スポンサーリンク

まとめ:iPhone、中古も考えるなら「14」が買い時

新世代が登場したところで、旧世代も含めてiPhoneの市場価格が変動しています。

スマホが高額化していることもあり、必ずしも最新機種がお買い得とは言えない中で、自分に合ったiPhoneを選んでいくことが大切です。

最後にこのページの内容をまとめておきますので、買い替え・中古売買などの参考にしてみてください。

iPhone、買い換えるならどのモデル?

iPhoneの買い替えのポイントとして、まずはどれを買うべきかをまとめます。

最新のiPhoneを買うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

中古モデルを狙うべき人

  • スマホに10万円近くもお金をかけたくない方
  • コスパを最優先に考えたい方
かめ
かめ

中古市場が活発化しているおかげで、「中古の中古」ですらそれなりの価格で売れる世の中に。そうなると、中古で買って、さらに中古で売ることで「ほぼタダでスマホを運用」することもできるようになりましたね。

しろくま
しろくま

ただ、逆に言えば「故障」が致命的なので、スマホ売買を前提に考えるなら保証期間がある新品を買ってリスク軽減した方がお得な気はします。

最新iPhoneと中古市場、よくあるQ&A

Q
最新のiPhoneは「買い」ですか?
A

最新のiPhoneを買う場合には、「いつ売るか」を考えるのが大事です。

リセールバリューの高いiPhoneの場合は、購入時の価格と数万円も差が出ずに売却することができます。

そのため、あまり長く持ちすぎて中古販売価格が安くなりすぎる場合は最新機種を買うメリットは薄れます。

長く使うiPhoneを探している場合には「購入価格でのコスパ」が良い中古モデルを選ぶのが良いと思います。

Q
コスパのいいiPhoneモデルはどれ?
A

一つ前の世代であるiPhone 14が値下がりを見せていますが、2024/03/20時点で言えばiPhone13の方がお買い得です。

iPhone 13はこれから中古市場へ供給が始まるので値下がりはしますが、底値と言えるタイミングを見計らうのは割と消耗します。

iPhone 12はほぼ底値なので、中古市場にポンと出たお値打ち品をさっと買ってしまうのが得策だと思います。

Q
iPhoneにおすすめの買い替え時期はありますか?
A

iPhoneの新モデルが登場するのは、例年9月のイベントで発表されてからとなります。恒例行事となっているため、新品・中古市場は早めに動き出すので、7〜8月ごろに値下げが始まればそこを一度目の底値と考え、買ってしまうのも良いと思います。

ひとつ前のモデルに関しては、中古の供給量は増えるものの、需要も安定しているためすぐに値下がりするわけではありません。むしろ狙うべきはもうひとつ前のシリーズだと言えます。

iPhone
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「プロセス 生産 プロセス 開発」に関する最新情報です。

    パナソニック エナジー株式会社は、車載用リチウムイオン電池の生産競争力強化を目的に、住之江工場内に新しい生産プロセス開発棟を設立しました。この新棟は、次世代モノづくり開発を担う生産プロセス技術のコア拠点として、製造機能と連携可能な施設であり、約1,100人の人財が電池関連の研究開発に従事する予定です。これにより、国内最大規模の電池の研究開発体制が整備される見込みです。

    https://news.panasonic.com/jp/press/jn240411-1

  2. buchikuma-info より:

    「支援 ai 生成」に関する最新情報です。

    株式会社みんがくとKanauuu合同会社は、京都府の子育て支援プロジェクトで生成AIアプリを活用した実証実験を実施し、不登校児童生徒への学習支援を強化する取り組みを行った。このプロジェクトでは、AI学習支援ソフトを活用し、個別指導のようなAIコーチングを実現することで、学習の質を向上させることを目指している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000079497.html

  3. buchikuma-info より:

    「録音 背面 スマホ」に関する最新情報です。

    サンワサプライが発売した「400-SCNICR3BK」は、スマートフォンの背面に取り付けることで音声通話を録音できるボイスレコーダーで、最大10時間の録音が可能。価格は1万800円で、付属品にはUSB Type-C-Type Aケーブル、透明シール、マグネットリングが含まれている。iPhone 12以降のモデルにはそのまま取り付けられるが、それ以前のiPhoneやAndroidスマートフォンにはマグネットシールを貼り付ける必要がある。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2404/11/news073.html

  4. buchikuma-info より:

    「リニューアル 移転 移転 リニューアル」に関する最新情報です。

    パナソニック ハウジングソリューションズ株式会社は、「パナソニック ショウルーム 旭川」を北海道旭川市から移転し、2024年4月13日にリニューアルオープンする。新しい場所は北海道旭川市東光に位置し、最新設備体験コーナーやトレンドを意識したインテリアコーディネイト展示が特長として設置される。

    https://news.panasonic.com/jp/press/jn240408-4

  5. buchikuma-info より:

    「折りたたみ 2024 2024 折りたたみ」に関する最新情報です。

    2024年の折りたたみスマートフォン市場では、サムスンやGoogleが新バージョンをリリースする予定であり、デザインや性能の強化が見込まれています。しかし、大規模なアップデートは期待されておらず、価格の高さやソフトウェアの魅力不足といった課題の解決が重要視されています。既に他のブランドからも新型が登場しており、各社の正式発表を待つ必要がありますが、2024年は静かな年になる可能性が高いとされています。

    https://japan.cnet.com/article/35217280/

  6. buchikuma-info より:

    「モード mac mac ダーク」に関する最新情報です。

    Macユーザーが特定のアプリでダークモード、他のアプリでライトモードを設定できる方法が紹介されています。無料アプリの「Gray」を使用することで、アプリごとにテーマを選択でき、ダークモード非対応のアプリにも適用可能です。

    https://www.lifehacker.jp/article/2404-gray-mix-dark-and-light-mode-on-mac/

  7. buchikuma-info より:

    「上昇 事業 フィンテック」に関する最新情報です。

    楽天銀行はフィンテック事業の再編案を発表し、楽天グループが金融事業を10月までに集約することを検討している。これにより、楽天銀行株価が上昇している。楽天グループは革新的な金融サービスの提供やフィンテック事業の強化を重視しており、時価総額に基づいて選ばれた銘柄を取り上げている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMibmh0dHBzOi8vd3d3LmlnLmNvbS9qcC9uZXdzLWFuZC10cmFkZS1pZGVhcy9yYWt1dGVuLWJhbmstc2hhcmVzLXJpc2Utb24tZmludGVjaC11bml0cy1yZXN0cnVjdHVyaW5nLXBsYW4tMjQwNDAz0gEA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「watch 4万 4万 値下げ」に関する最新情報です。

    楽天モバイルは、4日に楽天モバイル公式楽天市場店で提供している「Apple Watch Series 8/Ultra」や「Apple Watch SE(第2世代)」の価格を最大2.4万円値下げした。具体的には、各モデルごとに価格が異なり、例えば「Apple Watch Series 8」の一部モデルでは1万1220円から2万4160円の値下げがあり、価格が改定された。また、「Apple Watch Ultra」や「Apple Watch SE(第2世代)」も値引きが行われ、価格が下がった。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU4MTcxMy5odG1s0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「リニューアル サイト シー」に関する最新情報です。

    エイチ・シー・ネットワークス株式会社は、2024年4月1日にコーポレートサイトを全面リニューアルしました。リニューアルの目的は、ユーザビリティの改善と最新のトレンドに合わせたデザインを実現することでした。新しいサイトでは、モダンでシンプルなデザインを採用し、情報の伝達と視覚的魅力を重視しました。ナビゲーションと絞り込み機能も最適化され、ユーザーが円滑に移動し必要な情報を素早く見つけられるようになっています。エイチ・シー・ネットワークスは、統合ITインフラベンダーとして40年以上の技術力を活かし、高品質・高信頼ネットワークの統合ITインフラ事業を展開しています。また、ウェルビーイング経営を推進し、社員が誇りを持って働ける環境を提供しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000165.000004901.html

  10. buchikuma-info より:

    「経営 カンファレンス cxo」に関する最新情報です。

    2024年9月13日に東京都渋谷区で開催される「Startup CxO Conference」は、スタートアップ経営チーム向けのカンファレンスであり、CTO、CFO、CMO、COO、CSO、CPO、CDO、CHROなどの経営者が集まる日本最大規模のイベントとなる。このカンファレンスでは、経営者同士が知見を共有し、著名スタートアップのCxOが立場特有の悩みや実体験を共有する機会が提供される。また、スマートラウンドが主催するこのイベントは、スタートアップと投資家間のデータ作成・共有プラットフォームであるsmartroundを活用する企業に焦点を当てている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000042542.html

  11. buchikuma-info より:

    「スマートフォン 出荷量 市場」に関する最新情報です。

    2023年第4四半期のスマートフォングローバル市場において、5G対応スマートフォンの出荷量が累計で20億台を突破しました。この数字は従来の通信方式よりも早いペースで達成され、中国、米国、西欧などの先進国市場向けに出荷された5Gスマートフォンの70%がAppleとSamsungによって供給されました。5Gスマートフォンの普及には価格や入手しやすさの改善が寄与しており、チップセットの価格差の縮小やエントリーレベルの5Gチップセットの発売によって、低価格帯の5Gスマートフォンが市場に出やすくなっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vd3d3LnZhbHVlLXByZXNzLmNvbS9wcmVzc3JlbGVhc2UvMzM0NDU00gEA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「ai 状態 ai 分野」に関する最新情報です。

    NVIDIAがAI分野での支配的地位を持つ中、Intel、Google、富士通、Armなどが参加する業界団体「UXL Foundation」が、CUDAに対抗するオープンなAI開発環境を構築中。この新たな環境は、NVIDIAの一強状態を打破し、対応メーカーやハードウェアを制限せず、オープンソースで開発されている。UXL FoundationはLinux Foundationの下部組織として設立され、NVIDIA製GPUに依存しない多様な選択肢を提供することを目指している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiS2h0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAzMjYtYWktc29mdHdhcmUtdXhsLWZvdW5kYXRpb24tYnJlYWstbnZpZGlhL9IBAA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「タブレット 成長 戦略」に関する最新情報です。

    アイリスオーヤマは、タブレット端末の販売を強化し、3年後に約3倍の成長を目指している。同社はシンプルでリーズナブル、そして品質の良い製品を提供することに重点を置いており、タブレット端末の累積販売台数が増加している。今後は販路を拡大し、黒物家電事業全体の拡大につなげる取り組みを行う予定である。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3LmJjbnJldGFpbC5jb20vbWFya2V0L2RldGFpbC8yMDI0MDMyMl80MTEwMzAuaHRtbNIBAA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「11 11 android 1万9」に関する最新情報です。

    Teclastが11型のAndroidタブレット「T50HD」を発売し、初回価格は1万9,900円。ディスプレイは1,920×1,200ドットIPSパネルを搭載し、Unisoc T606プロセッサや6GBのメモリ、256GBのストレージ、Android 14を搭載。さらに、LTEやGPSに対応し、バッテリー容量は8,000mAh。価格は2万8,900円から9,000円オフクーポンが適用されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU3NzkwMC5odG1s0gEA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「アップル iphone 報道」に関する最新情報です。

    アップルは、iPhoneの対話型AI「Gemini」導入についてGoogleと協議中であるとBloombergが報じた。この取り組みは、今年のiPhoneソフトウェアに新機能を強化するためのものであり、さらにアップルは独自のAI「Apple GPT」に関しても出版社や報道機関とライセンス交渉を行っているとの報道もある。また、GoogleとOpenAIもiPhone向けの生成AI搭載に関してアップルと交渉しているという。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvMzU5Xzdfcl8yMDI0MDMxOV8xNzEwODM2ODAyNTc2NDUz0gEA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「プラットフォーム カメラ 新しい」に関する最新情報です。

    Verkadaは新しいカメラ「CM22」やプラットフォーム全体の機能拡張を発表しました。新機能には、モバイルアプリのアップデートやFace IDおよびTouch IDでの迅速なログインが含まれます。また、ドアアクセス管理機能の強化やセキュリティ向上の新機能も導入されました。Verkadaはプライバシーを重視し、ビルセキュリティを提供する先進的な物理セキュリティプラットフォームとして、幅広い製品ラインを展開しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000120177.html

  17. buchikuma-info より:

    「タブレット 半数 故障」に関する最新情報です。

    徳島県の県立高校などに「1人1台」配備されたタブレット端末の半数を超える数が故障し、後藤田知事も激怒している。教育委員会はこの異常に後手に回っており、中国メーカーからの返答もない状況だ。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8yLzIvMjg2XzJfcl8yMDI0MDMxN18xNzEwNjM5MjUyMjgyNzMw0gEA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「ifixit 修理 ifixit 貢献」に関する最新情報です。

    テクノロジー企業が修理のしやすさに注力し、iFixitの支援を求める動きが増えている。環境を考慮した修理ニーズが高まり、iFixitの使命と合致していると指摘されている。iFixitとレノボの協力により、最新の「ThinkPad T」シリーズのノートPCは修理しやすさを重視した製品となっている。

    https://japan.cnet.com/article/35216341/

  19. buchikuma-info より:

    「折りたたみ flip libero」に関する最新情報です。

    ワイモバイルから発売された「Libero Flip」は、MNPで39,800円という低価格で注目を集めている。大きめのサイズや細長い画面が特徴で、コンパクトさにはやや欠けるものの、使いやすい折りたたみスマートフォンとして評価されている。特に、長く使い続けられる点が魅力とされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvMzdfN19yXzIwMjQwMzEzXzE3MTAzMjM1NzIxMjU5NTTSAQA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「m3 チップ 搭載」に関する最新情報です。

    2024年3月12日、Appleは新型Mac ProにM3 Extremeというカスタムチップを搭載する計画を進めている。このチップはM1 Maxを4つ統合したもので、トランジスタ数やコア数が大幅に増加する見込みだ。また、新型iPad Proには低動作周波数版のM3が搭載される可能性もあり、これによりM3 Extremeの搭載が期待されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3MTg4L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3MTg4L2FtcC8?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「ai エッジ エッジ ai」に関する最新情報です。

    2024年3月26日に株式会社シーエスコミュニケーションが東京オフィスで「AIレジ・Truly」デモ機体験会を開催します。このシステムは「エッジAI」を活用し、バーコードなしの商品を最短0.2秒で識別し、自動で会計処理を行います。この技術は低コストで簡単にAI導入が可能であり、イベント会場や小規模店舗での活用が期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000106014.html

  22. buchikuma-info より:

    「pta 役員 つい」に関する最新情報です。

    40代女性による調査によると、PTAに対する前向きな印象を持つ人は12%にとどまり、80%以上の人が「強制的に役員を任されることに疑問を持っている」「活動内容が時代に合っていない」と否定的な意見を持っていることが明らかになった。共働きで忙しいためPTAに参加する時間を作れないことも理由の一つとされている。アンケート結果では、役員経験がない人が51%で最も多く、役員になった経験がある人の半数以上が推薦やくじ引きで選ばれたことが示された。さらに、PTAに対する意見として、「PTA自体必要ない」という声や「活動内容が時代に合っていない」という指摘もあることが報告されている。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65ee5d55e4b05cfcf67fcd93

  23. buchikuma-info より:

    「小学校 淡路市 民話」に関する最新情報です。

    海ノ民話アニメーション「別当の潮」が完成し、淡路市の小学校で上映会が行われました。日本昔ばなし協会と日本財団が取り組む「海ノ民話のまちプロジェクト」の一環で、小学生たちはアニメの舞台となった岩屋を訪れ、地元の歴史や漁業について学びました。上映会後には、「別当の潮」とコラボした商品が贈られ、地元の特産品も紹介されました。このイベントは、海を通じて人々をつなぎ、次世代に美しい海を引き継ぐことを目的としています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002507.000077920.html

  24. buchikuma-info より:

    「新技術 新技術 発表 物流」に関する最新情報です。

    パナソニック コネクト株式会社が「物流の課題を解決する新技術を発表」しました。詳細はPDFファイルで確認できます。

    https://news.panasonic.com/jp/press/jn240308-5

  25. buchikuma-info より:

    「apple 2025 android」に関する最新情報です。

    2025年秋までに、AppleはAndroidに移行することをより簡単にする予定であり、新しいEU法の影響で顧客がAndroidに移行しやすくなると発表しました。Appleは、代替アプリストアのサポートやEUアプリ開発者向けの新しい規則などに加えて、データの移行をよりユーザーフレンドリーにする取り組みを行う予定であり、2025年秋までにこの機能を提供する予定です。Appleは新しいEU法に準拠するための計画を詳細に説明した文書でこの発表を行いました。

    https://techcrunch.com/2024/03/07/apple-will-make-it-easier-to-move-to-android-by-fall-2025/

  26. buchikuma-info より:

    「hdr pixel 写真」に関する最新情報です。

    Googleの最新スマートフォン「Pixel 7」「Pixel 8」および「Pixel Fold」では、Ultra HDR写真と10ビットHDR動画をInstagramに直接投稿できる機能が追加された。これにより、より鮮やかな色彩や高いコントラストが表現され、写真や動画がよりリアルになる。また、Pixel 7にはAI機能「Circle to Search」も追加され、画面上のアイテムを円で囲むことで関連するGoogle検索結果を瞬時に取得できるようになった。

    https://japan.cnet.com/article/35216054/

  27. buchikuma-info より:

    「搭載 iphone 待ち」に関する最新情報です。

    河野大臣は、マイナンバーカード機能をiPhoneに搭載する取り組みについて、「もうちょっとお待ちいただきたい」と笑顔で述べた。Androidスマートフォン向けのサービスとの違いは、マイナンバーの確認もスマホでできる点だと述べた。

    https://japan.cnet.com/article/35216072/

  28. buchikuma-info より:

    「アップル 自動車 ai」に関する最新情報です。

    アップルが自動車関連プロジェクトを打ち切り、生成AIにリソースをシフトするという報道が世間を騒がせている。アップルは10年間にわたり研究開発してきたEVや自動運転技術のプロジェクトを中止し、生成AIに注力する方針とされる。この決定には違和感を感じないとする意見もあるが、今後の自動車産業の動向について議論が広がっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vamJwcmVzcy5pc21lZGlhLmpwL2FydGljbGVzLy0vNzk3MDLSAQA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「市場 アップル アップル 中国」に関する最新情報です。

    アップルの中国事業が苦戦しており、世界の主要市場で売上高が減少している中、大中華圏だけが減収となっている。南北アメリカ大陸やヨーロッパ、日本では売上高が増加している状況が報告されている。

    https://toyokeizai.net/articles/-/735023?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  30. buchikuma-info より:

    「ブランド 折りたたみ 折りたたみ 携帯電話」に関する最新情報です。

    2023年夏に大ヒットした映画「バービー」を受けて、Mattelが2024年夏に「Barbie」ブランドの折りたたみ携帯電話を発売する計画を発表。欧州のスマートフォンメーカーHMDと提携し、ビンテージシックな世界観を持つピンク色の折りたたみ携帯電話を開発中。

    https://japan.cnet.com/article/35215788/

  31. buchikuma-info より:

    「モデム 80 snapdragon」に関する最新情報です。

    クアルコムは、新型5Gモデム「Snapdragon X80」を発表しました。このモデムはAIを活用して、通信事業者のネットワークをより効率的に活用し、衛星接続や5G家庭用通信の改善が可能になります。X80は高性能モバイルモデムシリーズの最新版で、AIプロセッサーによりデータ転送速度や電力消費の管理が向上しています。

    https://japan.cnet.com/article/35215806/

  32. buchikuma-info より:

    「ai オンデバイス スマホ」に関する最新情報です。

    ASUSやXiaomiなどが展示した「オンデバイスAI」搭載のスマートフォンが注目されており、AIプログラムを端末内で実行することでプライバシー保護や低遅延を実現。生成AIによるサービスが普及し、チャットの返信や同時通訳などが可能になることで、新たな潮流となる可能性がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9jb2x1bW4vMTgvMDI3NTQvMDIyNzAwMDA1L9IBAA?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「ソフトウェア ソフトウェア 他社 モバイル」に関する最新情報です。

    楽天グループが開催したイベントで、三木谷浩史氏が楽天モバイル向けのソフトウェアを他社に提供する「リアルOpen RANライセンシングプログラム」の意義や今後の見通しについて語った。楽天シンフォニーのソフトウェアは既に楽天モバイルや1&1で使用されており、他社にも提供することで産業の方向性を変える可能性があると述べられた。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPWh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2ludGVydmlldy8xNTcyMTU5Lmh0bWzSAQA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「バッテリー 修理 man」に関する最新情報です。

    ドイツのMANは、大型車のバッテリー修理センターを欧州各国に相次いで設立する計画で、2024年に大型バッテリーEVトラックを発売し、2024年中に納車を開始する予定。バッテリー修理の重要性を強調し、専門知識の蓄積や修理プロセスの標準化が必要としている。MANは2020年からバッテリー修理センターを設立し、電動車の製品寿命延長や循環型経済の実現に取り組んでいる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJWh0dHBzOi8vYmVzdGNhcndlYi5qcC9mdWxsbG9hZC84MDEzNTLSAQA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「ディスプレイ 折りたたみ 発売」に関する最新情報です。

    2024年中にディスプレイ付きHomePodと折りたたみiPadが発売される見込みは低く、Appleは新しいデバイスを開発中だが、年内には発売されないと著名記者が述べている。ディスプレイ付きHomePodは現行モデルに似ており、新機能やデザインの変更は限られる可能性がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NDE1L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NDE1L2FtcC8?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「折りたたみ blackview 10」に関する最新情報です。

    2024年に開催されたCES 2024で展示されたBlackviewの「Hero 10」は、同社初の折りたたみスマートフォンで、中堅メーカーからも登場する予定。プロセッサはMediaTekのHelio G855Gに非対応で4Gのみ対応。12GBのメモリと256GBのストレージを搭載し、低価格での販売が期待されている。フレキシブルディスプレイの部材価格が高い中、Blackviewから手ごろな価格の折りたたみスマートフォンが登場する見込み。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/25/news050.html

  37. buchikuma-info より:

    「折りたたみ スマホ 折りたたみ スマホ」に関する最新情報です。

    2024年の世界の折りたたみスマホ出荷台数は1,770万台で、折りたたみスマホ市場はまだ成長が鈍い状況。Samsungがブランド別シェアでトップを維持している中、Appleが折りたたみiPhoneの開発を進めており、市場に参入する可能性がある。しかし、折りたたみスマホが普及しない理由として、メンテナンス問題や高価格が挙げられている。TrendForceは2025年以降に折りたたみスマホがシェア2%を獲得すると予測しており、部品の大量生産やコスト低下によって普及が進む可能性があるとしている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MzA5L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MzA5L2FtcC8?oc=5

  38. buchikuma-info より:

    「折りたたみ iphone デバイス」に関する最新情報です。

    2024年2月24日、Apple初の折りたたみデバイスの基本デザインと開発方向性が確定されたが、そのデバイスはiPhoneではないとの報道がある。開発は折りたたみiPadか折りたたみMacBook Proに向けられており、折りたたみiPhoneの開発は後回しになっている理由として、バッテリー容量確保と薄型化の難しさが挙げられている。折りたたみiPadは、内部スペースの確保やヒンジの耐久性を考慮しやすいため、開発が進められているとされる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MjY0L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MjY0L2FtcC8?oc=5

  39. buchikuma-info より:

    「折りたたみ iphone デバイス」に関する最新情報です。

    2024年2月24日、Apple初の折りたたみデバイスの基本デザインと開発方向性が確定しました。このデバイスはiPhoneではなく、iPadかMacBook Proになる見込みです。折りたたみiPhoneの開発は後回しになっており、バッテリー容量を確保しながら薄型化する難しさが理由とされています。折りたたみiPadの開発が進められる中、縦に折りたたむiPhoneの開発は低い可能性が予想されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MjY0L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MjY0L2FtcC8?oc=5

  40. buchikuma-info より:

    「sos」に関する最新情報です。

    「SOS」は助けを求める際に使われる信号であり、船が遭難したことを知らせるためのモールス信号であることが特徴です。文字それぞれの意味はなく、単純に助けを求める信号として使用されています。近年ではデジタル化により新たな遭難信号「GMDSS」に置き換えられたとされています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65d55959e4b0cc1f2f79fe3b

  41. buchikuma-info より:

    「features samsung ai」に関する最新情報です。

    サムスンは、新しいOne UI 6.1アップデートを通じて、Galaxy AI機能をさらに多くのデバイスに提供する予定です。この機能はGalaxy S23シリーズ、S23 FE、Z Fold5、Z Flip5、Tab S9 Ultra、Tab S9+、Tab S9に導入されます。これにより、Galaxy S24シリーズから始まったAI機能が、より多くのサムスンユーザーに利用可能となります。他のテクノロジーカンパニーがAI機能を導入・拡大している中、サムスンが自社の機能を広く利用可能にすることは妥当な選択と言えます。

    https://techcrunch.com/2024/02/21/samsung-is-bringing-galaxy-ai-features-to-more-devices/

  42. buchikuma-info より:

    「クリスタ ai 搭載」に関する最新情報です。

    セルシスは、クリスタに画像生成AIを搭載する予定はないと発表した。以前試験導入した機能に対する批判を受け、AI技術の活用方法について倫理や権利を尊重し、クリーンなデータセットのみを使用する方針を示した。将来のAI機能開発においても、クリエイターの創作活動を支援するために倫理を重視し、ユーザーの声に耳を傾ける姿勢を示している。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2402/22/news156.html

タイトルとURLをコピーしました