PR

Androidスマホの新着・新製品情報

「Androidスマホ」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「Androidスマホ」の情報を見ていきましょう。

2024年の「Androidスマホ」新着情報まとめ

Androidスマホについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

2023年のAndroidスマホの新着ニュース

Androidスマホに関するニュースをまとめます。

8年間使用可能なスマートフォン「Fairphone 5」の登場

2023年9月16日の、持続可能なスマートフォン利用に関する情報をお届けします。

  • オランダのスマホメーカーFairphoneが新モデル「Fairphone 5」を欧州で発売。本体パーツの自己修理や交換が容易で、少なくとも5回のAndroid OSアップグレードが2031年までサポートされる。
  • Fairphone 5は699ユーロ(約11万円)で、シースルーのデザインが特徴で、IP55レベルの防水性能や薄型軽量なデザインを持つ。
  • 本機にはQualcomm製のQCM6490プロセッサとAdreno 642L GPUが搭載され、6.4インチのOLEDディスプレイ(90Hzリフレッシュレート)、8GBのRAMを持つ。メインカメラは50MPで、部品の多くはリサイクル材料で作られている。
製品の詳細と特徴
  • プロセッサ: QCM6490(Snapdragon 778Gとほぼ同等)
  • GPU: Adreno 642L
  • ディスプレイ: 6.4インチ OLED, 90Hzリフレッシュレート
  • RAM: 8GB
  • ストレージ: 最小構成256GB(ユーザーが最大2TBまでアップグレード可能)
  • カメラ: 50MP(交換可能)
  • 特色: ユーザーがパーツを簡単に交換・アップグレードできる構造
  • 価格: 699ユーロ(約11万円)
  • リリース地域: 欧州
現在の市場との比較

Fairphoneの取り組みはサステナブルなスマートフォン製品のコンセプトを強化しており、AppleやGoogleもユーザーの修理権利を尊重し、製品の長寿命化を目指している。しかし、多くのユーザーは依然として最新の高性能機能を求めており、このようなコンセプトは一部のユーザーにとって魅力的となりうる。

最新のスマホキャンペーン情報まとめ

2023年9月7日時点での、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルによるスマートフォンキャンペーン情報をお届けします。

  • キャンペーン期間中に特定のスマートフォンを購入すると、各キャリアが提供するポイントやギフトカードが付与される。
  • 割引額は機種や契約条件によって異なり、新規契約やMNP利用などが割引の対象となる。
  • ドコモ、auの主なキャンペーンには「Galaxy Z Flip/Fold5発売キャンペーン」や「5G機種変更おトク割」などがあります。
ドコモキャンペーン情報
  • ドコモ: 「Galaxy Z Flip/Fold5」の購入者向けキャンペーンが実施中で、特定の条件を満たすとdポイントが付与されます。また、「AQUOS R8 デビューキャンペーン」や「5G WELCOME割」なども実施中です。
  • au: 「Galaxy Z Flip/Fold5」発売記念キャンペーンを実施しており、特定の条件を満たすとau PAY ギフトカードがもらえます。また、U30限定の「Google Pixelと行く、夏キャンペーン」や「Xperia 1 V SOG10購入キャンペーン」などがあります。

キャンペーンの詳細は多岐にわたるため、以下の表に主要なキャンペーン情報をまとめました。

キャリアキャンペーン名キャンペーン期間対象者/条件特典
ドコモAQUOS R8 デビューキャンペーン~9月18日AQUOS R8購入者dポイント 1万5000ポイント付与
ドコモGalaxy Z Flip5/Fold5発売記念キャンペーン~9月30日Galaxy Z Flip5/Fold5購入者dポイント 5000ポイント付与
auGalaxy Z Flip/Fold5発売記念キャンペーン~9月30日Galaxy Z Flip/Fold5購入者au PAY ギフトカード 5000円分進呈
auU30限定 Google Pixelと行く、夏キャンペーン購入:~9月4日 応募:~9月11日Google Pixel Fold, 7a/7 Pro購入者Pontaポイント 付与 (1等: 1万5000ポイント, 2等: 1万ポイント, 3等: 3000ポイント)
auGoogle Pixel 7a Coral 赤のエンタメパック~12月31日Google Pixel 7a Coral 購入者YouTube Premium 12カ月分トライアル権進呈
auXperia 1 V SOG10購入キャンペーン~10月31日 23:59Xperia 1 V購入者ソニーポイント付与 (1万ポイントまたは2万ポイント)

注意: キャンペーンの詳細やその他のキャンペーン情報については、各キャリアの公式サイトで確認してください。​

2023年8月版 Androidスマートフォンおすすめ人気ランキングTOP3紹介

2023年9月2日の、Androidスマートフォン市場に関する情報をお届けします。

  • 1位は「Xiaomi Redmi Note 11」で、AMOLEDディスプレイと多機能カメラが特徴。
  • 2位は「Galaxy M23 5G」で、AIによるRAM Plus機能が搭載されている。
  • 3位は「OPPO A55s」で、防水・防じん性能と大容量バッテリーが特徴。
各スマートフォンの詳細と価格
ランキングスマートフォン名主な特徴価格(09/02 10:46時点)
1位Xiaomi Redmi Note 11AMOLEDディスプレイ、多機能カメラ18,414円
2位Galaxy M23 5GAIによるRAM Plus機能34,829円
3位OPPO A55sAndroid 11ベースのColorOS 11、防水・防じん、大容量バッテリー20,000円
補足
  • 掲載商品は各ECサイトの売れ筋ランキングやSNSの口コミをもとに編集部が独自にランキング化しています(2023/8/7更新)。
  • 各スマートフォンはAmazon、楽天市場、Yahooで購入可能です。

スマートフォン市場、販売低迷の兆し:新型iPhone 15も苦境か

2023年8月31日の、スマートフォン市場に関する情報をお届けします。

  • テック市場のリサーチファームCounterpointによる2023年のスマートフォン出荷台数予測は11億4700万台で、これは昨年より6%ダウン。過去10年で最低値になる可能性がある。
  • 出荷台数が低い理由は、端末の買い替えを考えているユーザーが減少しているため。端末価格の高騰が影響している。
  • アジア(特に中国)と北米のマーケットでスマホ市場の停滞が見られる。中国の経済状況が大きく影響している。
追加情報:フラッグシップ端末の動き
  • Appleの新型iPhone 15やGoogleのPixel 8など、フラッグシップ級の端末はまだ発表されていないが、出荷台数予測にはこれらの端末リリースも考慮されている。
  • Appleも、新型iPhone 15シリーズに関しては販売台数の見込みを控えめに設定し、生産台数も削減していると報道されている。
プレミアム端末の状況
  • Counterpointによると、プレミアム端末は成長しているとされるが、Appleも今年は控えめな動きを見せている。
地域別の影響
地域影響
アジア(インド除く)市場停滞、特に中国の経済状況が強く影響
北米市場停滞
インド停滞なし(記事には明記されていないが、インドは除外されている)

以上の情報から、スマートフォン市場全体が厳しい状況にあることが伺えます。特に高価なフラッグシップ端末については、今後の動きが注目されます。

画面を折りたためるスマートフォン「Galaxy Z Flip5」が日本での発売を予定

  • サムスン電子ジャパンは、「Galaxy Z Flip5」をNTTドコモとau(KDDI/沖縄セルラー電話)を通して9月1日に発売することを発表。
  • 「Galaxy Z Flip5」は、Galaxy Z Flipシリーズの第5世代で、サブディスプレイの大型化やヒンジの改良などが特徴。
  • 発売を記念して、サムスン電子ジャパンが実施するキャンペーンでは、「Galaxy Buds2」やdポイント、au PAYギフトカードなどの特典が用意されている。
追加情報/補足
  • ドコモ向けモデルはMint、Graphite、Lavenderの3色、au向けモデルはMint、Graphite、Creamの3色が選択可能。
  • 新しいモデルでは、おサイフケータイ(モバイルFeliCa)の搭載や日本語フォントの変更が行われている。
  • SoCはQualcommの「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy」を搭載。メインメモリは8GB、ストレージは256GB(auでは512GBモデルも選択可能)。
  • メインディスプレイは約6.7型、カバーディスプレイは約3.4型。アウトカメラは約1200万画素のデュアル構成、インカメラは約1000万画素のシングル構成。
  • バッテリーは合計3700mAh。5GやLTEに対応し、SIMカードはnanoSIMとeSIMの両方が利用可能。ボディーサイズは、折りたたみ時が約71.9×85.1×15.1mm、展開時が約71.9×165.1×6.9mm。重量は約187g。

Androidメーカーによる「Dynamic Island」の模倣の挑戦

  • 2023年下半期、多くのAndroidメーカーがiPhone14 Proシリーズの「Dynamic Island」機能の模倣を試みる可能性が高まっている。
  • iPhone14 Proシリーズでの新機能「Dynamic Island」は、ノッチ領域の大部分が動的に変化する仮想領域として機能し、シーンに応じてそのサイズが変わる。
  • 一方、Androidメーカーがこの機能を真似するのは簡単ではなく、成功するかどうかは疑わしい。
Dynamic Islandとは?
  • iPhone14 Proシリーズに導入された新しい機能。
  • 従来のノッチ部分が大部分が仮想領域となり、シーンに応じて伸縮する。
  • MacBookのTouch Barのような役割を果たす。
  • iPhone14シリーズの上位モデル(Pro/Pro Max)のみに搭載。
中国市場のAppleの地位
  • 中国国内では、かつてAppleはHuaweiなどの地元メーカーに圧倒されていたが、2023年の第1四半期には大幅な成長を遂げている。
  • 従来、コストパフォーマンスの観点からAndroidを選んでいた消費者が、経済成長に伴い、本物のiPhoneを手にする傾向が強まっている。
Androidメーカーにとっての「Dynamic Island」の模倣の難しさ
  • AndroidスマホがDynamic Islandを採用する際の2つの障壁:
    1. デザインの一貫性の欠如: すでにノッチやパンチホールのデザインから離れているメーカーにとって、Dynamic Islandのデザインを採用するのは「退化」と見なされるリスクがある。
    2. Androidスマホの統一性の欠如: AppleはハードウェアからOSまでを完全にコントロールしているが、Androidは多様なメーカーとOSが存在するため、Dynamic Islandのような機能の導入が難しい。
  • これらの理由から、多くのAndroidメーカーがDynamic Islandのような機能を導入することを検討しているが、実際のところ成功するかどうかは不明である。

現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2023年8月編】

  • 2023年8月は製品発表ラッシュが落ち着き、モトローラ・モビリティ・ジャパンは「motorola razr 40 ultra」の発売を延期。
  • Google初の横折りタイプのスマホ「Pixel Fold」が発売され、NTTドコモの「AQUOS R8」の価格も公表。
  • 2022年1月以降のAndroidスマートフォンの価格をハイエンドとミッドレンジで分けてまとめ、オンラインストアの価格を中心に記載。
キャリアやMVNOでのお得な情報
  • Pixel Foldの発売日が前倒しで、ドコモが25万2890円として最安価格を設定。auに乗り換えた場合の実質負担額は12万5660円が最も安い。
  • Y!mobile公式オンラインストアの「サマーセール」第2弾で「AQUOS wish3」がMNPで9800円、機種変更の場合に2万4480円で購入可能。
  • IIJmioの「サマーキャンペーン【スマホ大特価セール】」で「Redmi Note 11 Pro 5G」が一括3万2800円、「Redmi Note 10T」が一括2万1800円に改定。キャンペーン適用で更に価格ダウン。
Android スマホの主な価格
スマートフォン名通常価格キャンペーン価格
Pixel Fold (ドコモ)25万2890円12万5660円 (au乗り換え時)
AQUOS wish3 (Y!mobile)3万1680円MNPで9800円/機種変で2万4480円
Redmi Note 11 Pro 5G (IIJmio)4万2980円一括1万9800円
Redmi Note 10T (IIJmio)2万9800円一括4980円

ブランコとPandasがゲオのスマホ買取をサポート

  • 株式会社ブランコ・ジャパンがゲオの「スマホ買取」で「Blancco Mobile Buy-Back/Trade-In」という買取査定アプリを提供。
  • Green Panda Single-Member Private Companyが「Pandas Flex」という自動外装査定端末を提供、5つのゲオ店舗で設置。
  • これにより、スマートフォンの買取査定時間が短縮。簡易査定はアプリで、外装チェックは自動端末で行える。
利用パターン
  1. 買取査定アプリによる簡易買取査定
  • アプリで簡易査定 → ゲオ店舗での最終査定 → 買取。
  • 事前簡易査定で店舗での待ち時間短縮。
  1. 買取査定アプリと自動外装査定端末による買取査定
  • アプリで簡易査定 → 自動端末で外装チェック → ゲオ店舗での最終価格提示。
  • 外装チェック完了でさらなる待ち時間の短縮。

※最終査定と本人確認後、代金を受け取ることができる。

Pandas Flexの試験導入店舗
店舗名
ゲオモバイル MEGAドン・キホーテ蓮田店
ゲオモバイル 名古屋大須新天地通店
ゲオ 大阪日本橋店
ゲオ 川崎ゼロゲート店
ゲオ イオンタウン黒崎店
Blancco Technology Groupについて
  • カーボンニュートラルなサプライヤーで、循環型経済への移行をサポートするソリューション提供。
  • データ消去により、データを不正アクセスから保護し、再利用や再展開が可能。
  • 使用済みIT資産の循環型経済への安全な移行をサポート。35以上の特許を持つ。
  • 詳細: Blancco公式サイト

スマートフォンカメラレンズ市場の発展と予測: 2023-2035

  • SDKI Inc.が2023年7月31日に発表した調査によれば、スマートフォンカメラレンズ市場の収益は2022年に約47億米ドルに達し、2035年までに約120億米ドルに達すると予測されている。
  • 拡張現実(AR)および仮想現実(VR)アプリケーションの使用増に伴い、スマートフォンのカメラレンズ市場は大幅に成長が見込まれる。
  • 競争の激しいスマートフォン市場は、スマートフォンカメラレンズ市場の成長の障壁となっている。
詳細調査情報
  • 調査期間: 2023年6月 – 2023年7月
  • 調査方法: 現地調査 224 件、インターネット調査 301 件
  • 調査範囲: 525 市場プレーヤーを対象
  • 調査地域: 北米、ラテンアメリカ、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東とアフリカ
市場スナップショット
  • 2022年のスマートフォンカメラレンズ市場の収益は約47億米ドル。
  • 2035年までの市場価値の予測は約120億米ドル。
成長要因
  • スマートフォンのカメラレンズは拡張現実や仮想現実アプリケーションでの採用が増えており、市場の成長を促進。
  • すべての美容ブランドがショッピングにARを使用することを求めるスマートフォンユーザーが40%以上。
最新ニュース
  • 2022年7月にXiaomiは、Sonyのイメージングセンサーとライカのレンズを搭載した12Sシリーズを中国市場に投入。
  • 2019年9月にMitsubishi Gas Chemical Company Inc.は、スマートフォンのカメラレンズ向けの新しい材料「ルピゼータEP-10000」を発売。
市場セグメンテーション
  • 市場はiOS、アンドロイド、マルチデバイスに分類。
  • 2022年、iOSセグメントは市場で重要な位置を占めており、市場規模は予測期間終了までに43億米ドルに達する予想。
地域概要
  • 北米市場は2022年に20億米ドルの総収益を記録し、2035年には50億米ドルに達すると予想。
市場の支配的なプレーヤー

世界:

  1. LG Innotek Co. Ltd.
  2. Sony Corporation
  3. Sunny Optical Technology Group Ltd.
  4. Samsung Electro-Mechanics Co. Ltd.
  5. GeniuS Electronic Optical

日本:

  1. Kantatsu Co. Ltd.
  2. Cannon Inc.
  3. Nikkon Corporation
  4. Leica Camera AG
  5. AAC Acoustic Technologies Co. Ltd.

京セラ、国内法人向け高耐久スマートフォン「DuraForce EX」を2024年に発売予定

  • 京セラが8月3日に通信ソリューション事業に関する事業戦略説明会を開催し、新型スマートフォン「DuraForce EX」を2024年1月下旬以降に発売することを発表。
  • この新製品は、北米市場で展開されている「DuraForce」シリーズの国内向けバージョンとして発売される。
  • 日本市場に合わせたソフトなデザインが採用され、耐久性や高速大容量通信機能などの特長を持つ。
  • 新製品は、NTTドコモとソフトバンクからも販売される予定。
製品の主要な特長と機能
  • 高耐久性:米国国防総省の「MIL-STD 810H」認証を取得し、落下やねじれなどの衝撃に耐える設計。
  • バッテリー交換機能:端末からの電池交換が可能で、約120秒間本体電源が切れない「ウォームスワップ」に対応。
  • セキュリティ機能:顔認証や指紋認証などを搭載。
  • その他の機能:ワンプッシュダイレクトボタン、バーコード読み取り機能など。
今後の展望
  • 京セラは、これまでとは異なるキャリア2社からの販売により、新たな顧客層へのアプローチを図る。
  • 大内康史氏によると、KDDIとの間では「TORQUE」シリーズの販売に注力する方針。
  • 「TORQUE」シリーズに関しても、近い将来具体的な発表が予定されている。

Galaxy S24 Ultra、iPhone 15 proシリーズに続きチタン合金製筐体を採用か?

  • iPhone 15 proシリーズは今秋発表予定で、チタニウム合金製筐体を採用する噂がある。
  • 2024年に発表予定のGalaxy S24 Ultraもチタニウム合金製筐体を採用するのではないかとICE UNIVERSE氏が示唆。
  • チタンは高価であるため、採用されるモデルが限定的になる可能性がある。
チタンの特性と用途
  • 1791年イギリスで発見されたチタンは、元素記号「Ti」、元素番号22を持つ。
  • チタンは軽量かつ不燃性が高く、ゴルフのドライバーヘッドや自転車、テニスラケットに使用される。
  • 金属アレルギーを起こしにくいため、手術用器具や人工骨にも使われている。
SamsungとAppleの過去の関係
  • Samsungは過去にAppleを批判したものの、後にAppleの方法を採用している。
    1. AppleがiPhone Xでイヤホンジャックを廃止したのを批判、しかし2年後にGalaxy Note 10でイヤホンジャックを廃止。
    2. iPhone 12シリーズで電源アダプタの同梱をやめたのを批判、しかしその後Samsungも同梱をやめた。
  • 今回、Appleに追従してチタン合金を採用する場合、前回の追従についての批判を受けるリスクがある。

Galaxy Fold 5の事前情報が来そう?

  • Samsungは、新製品の発表前にそのヒントを出すことで、頻繁にリークされる問題に対応してきた。
  • Samsungの最新のUnpackedイベントは一週間後、初めてソウルで開催される予定。
  • Galaxy Flip 5とGalaxy Fold 5のリリースが予想されている。
  • TM Roh氏は、折りたたみスマートフォンのデザインと機能性についてのコミットメントを強調。特にデバイスが薄く、軽くなっている点を強調。
  • この新しい折りたたみスマートフォンの具体的なメカニズムについては明らかにされていないが、GoogleのPixel Foldのアプローチが参考になるかもしれない。
  • GoogleのPixel Foldは非常に薄いが、画面の問題が報告されている。
  • Roh氏は、他の製品についてもヒントを出しており、Samsung Galaxy TabやWearablesも新しいエコシステムの一部として機能すると述べている。
  • 近日公開予定の製品には、Samsung Galaxy Flip 5, Galaxy Fold 5, Galaxy Tab S9, Galaxy Watch 6が含まれる。

2023年スマホ新製品情報&レビューまとめ

レビュー系記事などのまとめ情報です。

新製品:Xiaomi 13T Pro

2023年12月2日時点での小米技術日本株式会社の「Xiaomi 13T Pro」について紹介します。

「Xiaomi 13T Pro」の特徴
  • 5,000mAhの大容量バッテリー搭載。
  • 19分で100%充電可能な120Wの急速充電対応(Xiaomiハイパーチャージ)。
  • 1/1.28インチ大型センサーを搭載した約5,000万画素の広角カメラ。
  • 光学2倍ズーム対応の約5,000万画素の望遠レンズと約1,200万画素の超広角レンズ。
  • Xiaomi Imaging Engineによるリアルな色彩と質感の再現。
  • 8K動画撮影、10bit記録、ウルトラナイトモード対応。
  • MediaTekのフラッグシップチップセット「Dimensity D9200+」搭載。
  • 最大144Hzのリフレッシュレートを持つ約6.7インチの有機EL(AMOLED)ディスプレイ。
  • 防水防塵設計(IP68)とおサイフケータイ®対応。
価格

販売価格は発売元によって異なる可能性があるため、公表されていない。

「Xiaomi 13T Pro」のおすすめポイント
  • 高速充電と大容量バッテリーで、長時間の使用が可能。
  • 先進のトリプルカメラ機能でプロレベルの写真撮影体験を実現。
  • 高性能なプロセッサと高画質ディスプレイで滑らかな操作感。
「Xiaomi 13T Pro」の気になるところ、注意点
  • フラッグシップモデルのため、価格が高めの可能性。
  • 大画面ディスプレイは持ち運びにはやや不便かもしれない。
「Xiaomi 13T Pro」の購入時参考情報
  • 発売日:2023年12月8日(金)
  • 販売チャネル:ソフトバンク、イオンモバイル、IIJmio、エディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビッグカメラグループ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ、Xiaomi公式サイト(mi.com)、Amazon.co.jp、エクスプライス、NTTぷらら、ストリーム(ECカレント)、SBセレクション、ムラウチ、楽天市場、楽天ブックス。

ガラケーとスマートフォンの融合『Mode1 RETROⅡ』

2023年10月12日の、SIMフリースマートフォン『Mode1 RETROⅡ』の発売に関する情報をお届けします。

  • 株式会社P-UPが2023年10月20日(金)から『Mode1 RETROⅡ』を発売開始、予約は10月13日(金)から。
  • ガラパゴスケータイの外観と現代のスマートフォンの機能を融合した『Mode1 RETRO』の後継機。
  • Android™13を搭載し、Google Play™でのアプリダウンロードが可能。
製品の特長
  • 約3.5インチのタッチパネルとテンキーを組み合わせた操作。
  • お気に入り機能の登録やバックライト機能、約4,800万画素のメインカメラを搭載。
  • CPUには“Helio G85”を搭載、RAMは4GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSD使用時は最大1TBまで拡張可能。
  • DSDV搭載で2つのSIMで4G回線のVoLTE着信待機が可能。
  • テザリング機能や2500mAhのバッテリー、FMバンド+ワイドFM対応。
  • 指紋認証やBluetooth®︎対応、背面ディスプレイやUSB Type-C、ストラップ穴を搭載。
  • デザインは、Mode1シリーズ初のレザー調の外観とシャンパンゴールドの内側。
製品仕様
項目仕様
カラーシープホワイト / ウルフブラック
サイズ/重量高さ約112mm × 幅約52mm × 厚さ約20mm (折りたたみ時) / 重量約145g
バッテリー容量2500mAh
OSAndroid™13
CPUMediaTek Helio G85 オクタコア
メモリ内蔵 RAM 4GB / ROM 64GB、外部:microSD (最大1TB)
カメラアウト: 4,800万画素、イン: 1,300万画素
通信規格4G, 3G, 2G
販売情報
  • メーカー希望小売価格: 27,090円(税別)/ 29,800円(税込)

新製品:「OPPO Reno10 Pro 5G」

2023年09月28日時点でのOPPOの「OPPO Reno10 Pro 5G」について紹介します。

OPPO Reno10 Pro 5Gの特徴
  • 80W SUPERVOOCの急速充電対応、約28分で100%充電可能
  • 容量4600mAhのバッテリー搭載、約4年間の長寿命
  • ディスプレイは6.7型フルHD+の有機EL、120Hzのリフレッシュレート対応
価格

8万6800円(税込)

OPPO Reno10 Pro 5Gのおすすめポイント
  • 他のスマートフォンと比べてバッテリー性能が優れている
  • カラーの質感やディスプレイの性能が高い
OPPO Reno10 Pro 5Gの気になるところ、注意点
  • 外部メモリスロットは備えていない
  • YouTube Premiumキャンペーンは条件付きで利用可能
OPPO Reno10 Pro 5Gの購入時参考情報
  • 10月6日から順次発売、OPPO公式オンラインショップ、ソフトバンク、IIJmio、mineo、量販店、Amazonなどで取り扱い
  • カラーはグロッシーパープルとシルバーグレーの2色

新製品:TORQUE(R) G06

2023年9月28日時点での京セラのTORQUE(R) G06について紹介します。

TORQUE(R) G06の特徴
  • TORQUE史上最高の耐久性を持ち、29項目の試験にクリア。
  • 小型・軽量化を実現、前モデルに比べ長手方向で約13mmの小型化、重量約14gの軽量化。
  • 新たにマクロカメラ、ボディカメラボタン、Text Overlay機能などを搭載。
価格

オープン価格

TORQUE(R) G06のおすすめポイント
  • 他のスマートフォンと比較して、高耐久性と多様なカメラ機能を兼ね備えている。
  • 3眼カメラと約6,400万画素のメインカメラで、高品質な撮影が可能。
TORQUE(R) G06の気になるところ、注意点
  • 購入時には利用する通信会社(KDDI株式会社・沖縄セルラー電話株式会社)を確認すること。
  • 専用のアクセサリーは別売り。
TORQUE(R) G06の購入時参考情報
  • 2023年10月19日(木)に発売予定。
  • 2023年9月28日(木)午前10時から予約受付開始。
  • 購入はKDDI株式会社・沖縄セルラー電話株式会社から可能。

詳細情報は、下記URLをご参照ください。 URL

新製品:AQUOS R8

「2023年9月7日」時点での「シャープ」の「AQUOS R8」について紹介します。

AQUOS R8の特徴
  • MIL規格準拠の軽量で上質なデザインと素材を採用
  • 高性能CPU「Snapdragon® 8 Gen 2」搭載でアプリの高速処理
  • 賢く省エネできるアイドリングストップ機能と長持ちバッテリー
価格

「未定」円(税込)

AQUOS R8のおすすめポイント
  • 高性能CPUと新しい放熱設計により、リッチなアプリでもスムーズに楽しめる
  • ライカカメラ社監修のカメラと先進のAIエンジンで高品質の写真撮影
AQUOS R8の気になるところ、注意点
  • バッテリーの持ち時間と寿命は利用環境や状況に依存
  • カメラ用レンズフィルター装着時は別売の対応アクセサリーが必要
AQUOS R8の購入時参考情報
  • 最大3回のOSバージョンアップ対応で長期利用可能
  • 耐衝撃と防水防塵機能で安心の使用感(詳細はスペックページを参照)

新製品:ASUS Zenfone 10

2023年9月7日時点でのASUS JAPANのスマートフォン「Zenfone 10」について紹介します。

Zenfone 10の特徴
  • コンパクトな5.9インチサイズでありながら高性能なスペックを持つ(最大16GB RAM, 512GBストレージ, Qualcomm Snapdragon 8 Gen2 CPU)
  • 強力なカメラ機能(5000万画素の広角カメラと1300万画素の超広角カメラ、被写体検出AI)
  • 多彩なカラーバリエーション(ミッドナイトブラック、スターリーブルー、オーロラグリーン、エクリプスレッド、コメットホワイト)
価格
  • 8GB RAM / 128GBストレージ: 99,800円(税込、ミッドナイトブラックのみ)
  • 8GB RAM / 256GBストレージ: 112,800円(税込)
  • 16GB RAM / 512GBストレージ: 134,800円(税込、ミッドナイトブラック、スターリーブルーのみ)
Zenfone 10のおすすめポイント
  • 先代モデル「Zenfone 9」のコンパクトさを継承しつつ、パフォーマンスとカメラ性能を向上
  • 多様な利用シーンに適した豊富な機能とアクセサリが揃っている(ZenTouchボタン、高品質カメラ、大容量バッテリー等)
Zenfone 10の気になるところ、注意点
  • 価格がストレージとRAMの量によって異なる
  • 一部のカラーは特定のモデルにしか選択できない
Zenfone 10の購入時参考情報
  • 発売日は2023年9月8日
  • オフィシャルアクセサリ「Zenfone 10 Connex Accessories Set」も用意されており、価格は5,280円(税込)
  • 購入者は30日間返品保証キャンペーンと同時購入キャンペーンを利用できる

新製品:「OPPO Reno9 A」

2023.08.18時点でのOPPOの「Reno9 A」について紹介します。

「Reno9 A」の特徴
  • バッテリー容量: 4,500mAh
  • ディスプレイ解像度: 約6.4インチ / フルHD+ (2,400×1,080)
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 695 5G オクタコアCPU:2.2GHz×2+1.8GHz×6
  • カメラ: [広角]約4,800万画素, [超広角]約800万画素, [マクロ]約200万画素
  • RAM 8GB(最大16GB相当まで拡張可能) / ROM 128GB
価格

¥42,545円(税込)

「Reno9 A」のおすすめポイント
  • RAM拡張機能: 最大16BG相当まで拡張可能、操作感はサクサク。
  • 長持ちバッテリー: 一日中使える大容量4,500mAh、18W急速充電に対応。
  • カメラ機能: 超広角モード、夜景モード、AIビューティー、アウト/イン同時動画撮影。
「Reno9 A」の気になるところ、注意点
  • 充電時のバッテリーケアが必要: 電圧をコントロールして過充電を防ぐ。
  • ストレージ(ROM)の空き容量が十分である場合のみ、RAMを拡張可能。
「Reno9 A」の購入時参考情報
  • 回線対応: docomo/au/SoftBank/Rakuten Mobile
  • 他の便利な機能: おサイフケータイ機能、かんたんスクリーンショット、アイコンプルダウンジェスチャー、キッズスペース。

商品名:motorola razr 40 ultra

2024/03/20時点でのモトローラのmotorola razr 40 ultraについて紹介します。

motorola razr 40 ultraの特徴
  • 縦型の折り畳み型スマホで、約6.9インチの大画面スマホをコンパクトに持ち歩くことができる
  • アウトディスプレイが約3.6インチと大型
  • 重さ約188gと折り畳み型スマホとしては軽量、大画面有機ELディスプレイがリフレッシュレート165Hzで滑らかな表示が可能
価格

155,800円(税込)

motorola razr 40 ultraのおすすめポイント
  • リーズナブルな価格で折り畳み型スマホを体験できる
  • 折り畳みの特徴を生かし、自由な角度でスマートフォンを自立させることができる

au、「Google Pixel Fold」発売情報

  • KDDIと沖縄セルラーが7月27日に「au」から5G対応の2画面スマートフォン「Google Pixel Fold」を発売。これは国内通信事業者で最速の取り扱い。
  • 「au Online Shop」での販売価格: 新規契約時27万5080円、他社からの乗り換え時26万4080円。
  • Google Pixel Foldの特徴:
    • 薄型、ポケットサイズの折りたたみデザイン
    • 「Google Tensor G2 チップ」搭載
    • 2画面ディスプレイで臨場感ある映像体験やマルチタスク
    • 折りたたんだ状態でも各種アプリ利用可能
    • トリプル背面カメラ搭載
キャンペーン情報
  • 7月26日までの「au Online Shop」またはau取扱店舗での予約&8月31日までの購入者には2万Pontaポイントを全員にプレゼント。
  • 30歳以下対象のキャンペーン: 抽選でPontaポイント獲得のチャンス。対象製品は「Pixel Fold」「Pixel 7a」「Pixel 7 Pro」。購入期限は9月4日、応募期限は9月11日。キャンペーンは予定総額に達した時点で早期終了の可能性あり。

商品名:Xiaomi 13 Ultra

2023/07/23時点でのシャオミのXiaomi 13 Ultraについて紹介します。

Xiaomi 13 Ultraの特徴
  • 5000万画素カメラを4つ搭載した最強カメラスマホ
  • レザー調の仕上げで高級感があり、大きな円形のカメラ台座を持つデザイン
  • オプションパーツを取り付けることで、デジカメに変身
価格

「価格情報は記載されていません」円(税込)

Xiaomi 13 Ultraのおすすめポイント
  • メインの広角カメラがデジカメサイズの1インチセンサーを搭載
  • 絞りがf/1.9とf/4.0から選択可能で、多様な撮影が楽しめる
  • 専用のカバーとグリップで外観がデジカメに変化、撮影時の使い勝手が向上
Xiaomi 13 Ultraの残念なところ
  • 大型の1インチセンサーのため、被写体に近づきにくい
  • 「他の残念な点は明確に記載されていません」

商品名:ROG Phone 7 / ROG Phone 7 Ultimate

2023/07/19時点でのASUSのROG Phone 7/ROG Phone 7 Ultimateについて紹介します。

ROG Phone 7/ROG Phone 7 Ultimateの特徴
  • Androidベースのゲーミングスマートフォン
  • 背面にサブディスプレイを備えたROG Phone 7 Ultimate
  • Qualcommの「Snapdragon 8 Gen 2」を採用し、冷却システムで長時間のピーク性能維持
価格
  • ROG Phone 7: 12万9800円 (12GBメモリ + 256GBストレージ) または 14万9800円 (16GBメモリ + 512GBストレージ)
  • ROG Phone 7 Ultimate: 17万9800円
ROG Phone 7/ROG Phone 7 Ultimateのおすすめポイント
  • 高いリフレッシュレート(最大165Hz)と輝度(最大1500ニト)の約6.78型有機ELディスプレイ
  • 5G NR、LTE、W-CDMA、GSMに対応し、nanoSIMスロットを2つ装備
ROG Phone 7/ROG Phone 7 Ultimateの残念なところ
  • 日本向けの特別なカスタマイズ(例: おサイフケータイ)の対応がほとんど行われていない
  • (注意: 上記は記事中に記載された特定の情報に基づいています。実際のユーザーレビューや他の情報源を参考にして、商品の良し悪しを判断することをおすすめします。)

商品名:「Redmi Note 13」

中国のスマートフォンメーカーXiaomiの子会社、Redmiの「Redmi Note 13」について紹介します。

「Redmi Note 13」の特徴
  • 中国のスマートフォンメーカーであるXiaomiの子会社Redmiからリリース予定の新モデル
  • 型番が「2312DRAABG」とされ、これは「Redmi Note 13 5G」となると推測されている
  • 6.7インチのフレキシブルOLEDを採用し、上部中央にパンチホールが配置されるディスプレイと予想されている
価格

「未定」円(税込)

「Redmi Note 13」のメリット、デメリット
  • メリット:グローバル向けのデバイスとされることから、多くの地域で利用が可能
  • デメリット:まだ具体的なスペックや価格等が明らかになっていない

商品名:「AQUOS wish3」

2024/03/20時点でのシャープの「AQUOS wish3」について紹介します。

「AQUOS wish3」の特徴
  • 「シンプルで飾らない」ライフスタイルに寄り添うベーシックモデルのSIMフリースマートフォン
  • 本体筐体の再生プラスチック材使用率を約60%に向上し、環境に配慮
  • 新搭載の「ジュニアモード」と、「かんたんモード」により家族全員が快適に使用可能
価格

「未定」円(税込)

「AQUOS wish3」のメリット、デメリット
  • メリット:防水・防塵・耐衝撃対応の丈夫さを兼ね備え、子供から高齢者まで安心して使える設計
  • デメリット:具体的なスペックや価格等がまだ明らかになっていない

Androidスマホ:「Nothing Phone (2)」

2023/07/17時点での「Nothing」の「Nothing Phone (2)」について紹介します。

「Nothing Phone (2)」の特徴
  • 独特なデザインで背面が光る「Glyph Interface」を備え、その光と音のパターンを自分で設定して独自の着信音を作ることが可能です。
  • 高性能なカメラ機能を備えており、広角・超広角ともに50MPのカメラを搭載し、フロントカメラは32MPです。新たに「Motion Capture 2.0」が搭載され、動く被写体をリアルタイムで正確に捉えられます。
  • チップセットにはハイエンド向けの「Snapdragon 8+ Gen 1」を採用し、6.7インチの大画面ディスプレイを備えています。モノクロアイコンとウィジェットの追加が可能で、ホーム画面を個性的にカスタマイズできます。
価格
  • 8RAM + 128GBモデルは7万9800円(税込)
  • 12RAM + 256GBモデルは9万9800円(税込)
  • 12RAM + 512GBモデルは10万9800円(税込)
「Nothing Phone (2)」のメリット、デメリット
  • メリット:独自のデザインと強力なカメラ機能、カスタマイズ性の高さなどがあり、Apple製品にも通ずる「ワクワク感」を提供できる製品です。
  • デメリット:価格が高めであること、モノクロアイコンがプリインストールされているアプリに限定されるなど、一部の機能に制限がある点が挙げられます。

直近のAndroidスマホのセール情報

Androidスマホの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

Amazon季節先取りセール:Redmi Note 11 Pro 5G

2023年9月1日時点でのシャオミ(Xiaomi)の「Redmi Note 11 Pro 5G」について紹介します。

Redmi Note 11 Pro 5Gの特徴
  • 有機EL(AMOLED)ディスプレイで高い明るさ、コントラスト、カラーキャリブレーション、解像度
  • 90Hzの高リフレッシュレートでスムーズなスクロールとゲーム体験
  • 6nm Snapdragon 680プロセッサで高いパフォーマンスとエネルギー効率
価格

3万1360円(税込)

お得度

通常価格4万4800円から30%オフ(1万3440円引き)

セール期間

2023年9月1日(木曜日)〜2023年9月4日(日曜日)23時59分

Redmi Note 11 Pro 5Gのメリット、注意したいポイント
  • 5,000mAhの大容量バッテリーと33W急速充電で約1時間で100%まで充電
  • デュアルステレオスピーカーで立体的なサウンド体験(12ヶ月保証付き)

Amazon Fashion × Tech タイムセール祭り:Redmi Note 11 Pro 5G

2023年8月16日時点でのシャオミ (Xiaomi) の「Redmi Note 11 Pro 5G」について紹介します。

Redmi Note 11 Pro 5Gの特徴
  • 6.67インチAMOLEDディスプレイ、120Hzリフレッシュレートで滑らかな動作と高速な使用感。
  • 1億800万画素プログレードカメラ搭載、3つのカメラで多様なシーンを高品質で撮影可能。
  • 6nm Snapdragon 695 5Gプロセッサ搭載で、高速5G体験と電力効率が優れている。
価格

31,360円(税込)

お得度

タイムセールで30%オフ

セール期間

2023年8月17日(木)23時59分まで

Redmi Note 11 Pro 5Gのメリット、注意したいポイント
  • 5,000 mAhのバッテリーと67W充電器による急速充電機能で、外出先での電池切れの心配がない。
  • NFC Felicaおサイフケータイ搭載で、非接触ICカード決済が可能。

楽天スーパーDEAL SHOPセール:motorola edge 30 pro 8GB/128GB

「2023年08月10日」時点での「motorola(モトローラ)」の「motorola edge 30 pro 8GB/128GB」について紹介します。

motorola edge 30 pro 8GB/128GBの特徴
  • Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1の超高速パフォーマンス
  • Snapdragon Elite Gamingによる新世代のゲーム体験
  • 期待を超える高性能カメラシステム、8K、HDR10+動画撮影対応
価格

59,182円(税込)

お得度

35%ポイントバック(実質価格)

セール期間

「2023年8月4日(金)」〜「2023年8月11日(金)」

motorola edge 30 pro 8GB/128GBのメリット、注意したいポイント
  • メモリが8GB、ストレージが128GBと大容量でゲームプレイに適している
  • 明日「2023年8月5日(土)」は“5と0のつく日”により、エントリー&楽天カード利用でポイント5倍の特典あり

au Online Shopキャンペーン:「Galaxy Z Fold4」

2023/08/04時点での「サムスン電子ジャパン」の「Galaxy Z Fold4」について紹介します。

Galaxy Z Fold4の特徴
  • 折りたたみ時は6.2型のカバーディスプレイ、開くと7.6型ディスプレイとして利用可能。
  • 強化ガラスやアーマーアルミニウムの採用でボディの耐久性向上。
  • プロセッサはSnapdragon 8+ Gen 1、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは256GB、バッテリー容量は4400mAh。
価格

「未記載」円(税込)

お得度

購入者に5万円(非課税)相当のau PAY 残高が還元される。

セール期間

「2023年08月04日(木)」〜「終了日未定」

Galaxy Z Fold4のメリット、注意したいポイント
  • 2画面操作にも最適化しており、様々な使い方が可能。
  • 期間中の対象者(機種変更、新規契約(MNP含む)、UQ mobileからの乗り換え、機種のみ購入(回線契約なし))が5万円のau PAY残高を還元される条件を満たすことが必要。

とりあえず知っておきたい「Androidスマホ」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「Androidスマホとは」的な内容になります。

スマホを選ぶ際の基準点、着目すべきところ

スマホを選ぶ際に気をつけることなどを簡単にまとめています。

みんなはどんなところでスマホを選んでいる?

スマートフォン購入時の選択基準や注目点を以下にまとめます。

  1. 価格: 調査によると、スマートフォン購入時に最も多くの人々が考慮する要素は価格で、全体の77.0%の人々がこれを重要視しています。これは、価格が安ければそれだけありがたいという意識の表れと考えられます。
  2. バッテリー容量: 特に30代から50代の人々にとって、バッテリーの持ち具合は重要な考慮事項であり、これが悪くなった時がスマートフォンの買い替えの大きなきっかけとなっています。また、約52.0%の人々が購入時にバッテリー容量を重要視しています。
  3. パフォーマンス: 動作が重くなったときや、スマートフォンの性能が不十分であると感じたときも、買い替えのきっかけとなっています。また、42.3%の人々がスムーズな操作性を重視しています。
  4. デザイン: 41.0%の人々がデザインを重要視しています。これは、スマートフォンが日常生活で頻繁に使用されるため、見た目の美しさや個性を表現する手段としてデザインが重視される傾向にあると考えられます。

以上の4点が、スマートフォン購入時の主な選択基準となっています。価格、バッテリー容量、パフォーマンス、デザインという順に重視されることが多いです。これらの基準を考慮することで、自分にとって最適なスマートフォンを選ぶことができるでしょう。

スマホを選ぶ際に気にかけること

OSを基準に選ぶ

iOSiOSは、Appleが開発しているiPhone向けのOSです。アプリはApp Storeからインストールでき、セキュリティ面に優れています。

最新のiPhoneでは更にパフォーマンスが向上し、動作が滑らかで快適に使用できます。操作性や安全面を重視する方におすすめです。

AndroidAndroidは、Googleが開発し提供しているモバイル向けのOSです。多くのメーカーがAndroidをベースにした独自のソフトウェアを搭載しており、個々のメーカーごとの特徴を享受できます。また、自分好みに設定できる自由度の高さも特徴です。

iPhoneとアンドロイドどっちがよいの?

iPhoneのメリット・デメリットiPhoneは、Appleが開発するiOSを搭載したスマホです。ソフトウェアとハードウェアの両方をAppleが手掛けているため、動作の安定性が高いです。また、日本でのシェアが多いため、情報が収集しやすいです。

しかし、Androidよりも端末のバリエーションが少ないため、多くの選択肢を比較したい方には不向きかもしれません。Androidのメリット・デメリットAndroidは、種類が多く揃っているのが特徴です。予算に合わせて選ぶことができます。カスタマイズ性に優れていますが、あらかじめある程度の知識が必要です。

画面サイズで選ぶ

映画やゲームなどを楽しむためには大きな画面が便利ですが、一方で携帯性や操作性を重視する場合は、小型の画面が適しています。最近では、折りたたみ式のスマホも登場しており、大きな画面でコンパクトな持ち運びを両立したい方には適しています。

ゲームをするならスペックをチェック

CPU最新のゲームを快適に楽しむためには、高性能なCPUが必要です。

例えば、最新のiPhoneでは「A17 Bionic」、Androidでは「Snapdragon 898」などが採用されています。メモリスマホでゲームをする上で重要なのが、メモリ容量です。

メモリ容量が大きければ、ゲームや他のアプリの動作がスムーズになります。最近では、8GB以上のメモリを搭載したスマホも増えています。ストレージ大容量のゲームを楽しむには、大きなストレージ容量が必要です。

また、ストレージを拡張できるmicroSDカードスロットの有無も確認しましょう。バッテリー容量長時間のゲームプレイには大容量のバッテリーが必要です。また、急速充電に対応しているかどうかも重要です。

5G対応

2023年では、5G対応のスマホが主流となっています。5Gは従来の4G/LTEよりも通信速度が大幅に速く、動画のストリーミングやオンラインゲームなどを快適に楽しむことができます。

購入する際には、何に気をつけたらいいのか

アップデートのポリシー

メーカーによっては、OSのアップデートやセキュリティアップデートを定期的に提供していることがあります。その一方で、いくつかのメーカーや特定のモデルではアップデートの提供が限定的か、あるいは存在しない場合もあります。デバイスの安全性とパフォーマンスを維持するためには、定期的なアップデートが重要となります。

ブランドと製品の評判

スマホの品質やサポートは、メーカーやブランドにより大きく変わることがあります。製品の評判やメーカーのカスタマーサポートの評価を調査し、信頼できるブランドから購入することを検討してみてください。

カメラの品質

スマホのカメラは、ハードウェア(レンズやセンサー)だけでなく、ソフトウェア(画像処理技術)によっても大きく影響を受けます。撮影の頻度や期待する画質によっては、カメラ性能を重視した選択が必要となるかもしれません。

ユーザーインターフェース

Androidスマホの中でも、各メーカーでは独自のユーザーインターフェース(UI)を提供しています。これにより、デバイスの見た目や操作感が大きく変わるため、使いやすさを重視するならば、購入前に店頭などで実際に操作感を確認すると良いでしょう。

価格と価値

最も高価なスマホが最も良いとは限りません。自分のニーズと予算に合ったモデルを選ぶことが大切です。必要な機能を備えたミドルレンジのモデルも多数存在しますので、高価なフラッグシップモデルを選ぶ必要は必ずしもありません。

メーカーで選ぶ

各スマホメーカーの特徴

Androidスマホは多数のメーカーから多様なモデルが発売されており、そのため、それぞれのメーカーごとに特性や提供している製品の性能、設計、価格などが大きく異なります。以下に、いくつかの主要なメーカーとその特徴について説明します:

  1. Samsung:世界的に最も知名度が高く、広範な製品ラインナップを持つAndroidメーカーです。最上位モデル(Galaxy SシリーズやNoteシリーズ)では、ハイエンドのスペックと先進的な機能を提供しています。また、ミッドレンジやエントリーモデルも提供しており、用途や予算に応じて幅広く選択することが可能です。Samsungの端末はデザインが美しく、カメラ性能も評価が高い傾向にあります。
  2. Google:PixelシリーズはGoogle自身が設計・開発しており、Androidの最新バージョンを最初に提供することで知られています。これにより、セキュリティアップデートや新機能がいち早く利用できます。また、GoogleのAI技術を活用したカメラソフトウェアは高く評価されています。
  3. OnePlus:このメーカーは、コストパフォーマンスが高いことで知られています。ハイエンドモデルでも比較的手頃な価格設定がされており、スムーズなUIと高速なパフォーマンスが特徴です。
  4. Huawei:Huaweiは高品質のハードウェアと洗練されたデザインで知られています。特にカメラ性能は業界をリードしていると評価されることが多いです。ただし、米中貿易戦争の影響によりGoogle PlayストアなどのGoogleサービスが利用できないモデルもありますので、購入の際は確認が必要です。
  5. Xiaomi:Xiaomiは非常に広範な製品ラインナップを持ち、特にミッドレンジとエントリーレベルの製品で高いコストパフォーマンスを提供しています。また、フラッグシップモデルでも競争力のある価格を設定しています。
  6. Sony:SonyのXperiaシリーズは、高解像度のディスプレイや高品質なオーディオ機能、そしてカメラ性能で知られています。また、コンパクトなモデルも提供しており、そのデザインと品質は高く評価されています。

以上のメーカーごとの特徴を理解した上で、自分がスマホから何を期待するのか(高性能なカメラ、長いバッテリーライフ、頻繁なアップデートなど)を明確にして、それに最もマッチしたメーカーとモデルを選ぶと良いでしょう。

Androidスマホの口コミ・評判

Androidスマホの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「Androidスマホ」と検索できます。

Androidスマホの知っておきたいよくあるQ&A

「Androidスマホ」に関するよくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
Androidスマホの選び方は?
A

Androidスマホを選ぶ際には、まず自分の予算を決め、それに応じたスペックのモデルを選びましょう。次に、用途によって最も重要となる機能(例:カメラ性能、バッテリー持続時間、画面サイズ等)を考え、それに適したモデルを選びます。また、製品の評判やメーカーごとのサポートの質も重要な判断基準となります。

Q
AndroidスマホとiPhoneの違いは何?
A

答え

Q
Androidスマホについてのよくある質問
A

AndroidとiPhoneの最大の違いは、それぞれの運営システムと対応するアプリです。Androidは複数のメーカーから多種多様なモデルが提供され、カスタマイズ性が高いとされます。一方、iPhoneはApple製で、全体的な操作感やデザインの統一感があります。また、OSのアップデートに関してもiPhoneは定期的に全モデルに対して提供されますが、Androidはメーカーやモデルによります。

Q
Androidスマホのバッテリー寿命を延ばす方法は?
A

バッテリー寿命を延ばすためには、画面の明るさを下げたり、Wi-FiやBluetoothを使わない時はオフにするなどの方法があります。また、バックグラウンドで動作するアプリを閉じることや、電力を多く消費するアプリの使用を控えることも効果的です。

Q
Androidスマホのセキュリティを強化する方法は?
A

Androidスマホのセキュリティを強化するには、最新のOSとアプリに常に更新することが重要です。また、Google Play Store以外からアプリをダウンロードするのは避け、パスワードやPIN、生体認証を設定することで、端末の不正なアクセスを防ぎます。さらに、公共のWi-Fiネットワークの使用は控え、必要な場合はVPNを利用すると良いでしょう。

Q
Androidスマホのストレージを増やす方法は?
A

Androidスマホのストレージを増やすには、不要なアプリやファイルを削除する、Google Photosなどのクラウドサービスを利用して写真やビデオをバックアップする、またはmicroSDカードを利用して物理的なストレージを拡張する方法があります。ただし、全てのAndroidスマホがmicroSDカードに対応しているわけではないため、端末の仕様を確認しましょう。

「Androidスマホ」に関して参考になる記事リスト

「Androidスマホ」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

iPhone端末に関する記事一覧

iPhoneと一緒に買いたい

iPhoneじゃないスマホを選ぶ

iPhoneじゃないスマホ情報も取り扱うようになりました。

「Androidスマホ」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

iPhone
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「298 298 現実 現実」に関する最新情報です。

    ハードウェアスタートアップ企業のカデーニャカンパニー広報の新人・原わかばにとって奇妙に見えることも、エンジニアたちにとっては日常のこと。4コマ漫画画像も含まれている。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/kadenya/comic/1608846.html

  2. buchikuma-info より:

    「実質 実質 負担額 負担額」に関する最新情報です。

    スマートフォンの実質負担額は各社のオンラインストアや製品ページで確認できるが、特にソフトバンクでは分かりにくいと感じられる。ソフトバンクのオンラインショップでは実質負担額が明記されているものの、初めのページや製品ページでは表示されず、1回払いと実質負担額が「総額」と表記されているため、どちらがどういう意味か分かりにくい。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2407/17/news047.html

  3. buchikuma-info より:

    「ランキング 人気 2024」に関する最新情報です。

    2024年上半期のふるさと納税人気お礼品ランキングが発表され、1位は北海道紋別市のホタテ玉冷大1kgでした。この返礼品は5年連続で1位を獲得しており、根強い人気を誇っています。他にも熊本県甲佐町の新米や宮城県気仙沼市の銀鮭切身などが上位にランクインしています。寄付者の中にはお礼品選びに物価上昇の影響を感じる人もおり、注目されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_668dff2ee4b08f09c1fb8f8d

  4. buchikuma-info より:

    「10 ランキング ドコモ」に関する最新情報です。

    7月1日から7月7日の期間におけるドコモオンラインショップの売れ筋ランキングでは、iPhone 14(128GBモデル)が首位を維持し、Xperia 10 VIとAQUOS wish4が2位と3位にランクインした。Xperia 10 VIは初登場で安価な価格設定とスタイリッシュなデザインが特徴であり、一方で前週2位だったXperia 10 Vは4位に後退した。iPhone 15シリーズやGoogle Pixel 8a、Galaxy S24なども順位を下げる動きが見られた。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2407/13/news046.html

  5. buchikuma-info より:

    「photos retro google」に関する最新情報です。

    写真共有スタートアップのRetroは、人気のあるアプリであり、写真や動画を友人や家族とよりプライベートに共有できる機能を評価する人々に支持されています。しかし、最近、同社はGoogle Photosが自社のアイデアとデザインを模倣していることに気づきました。Google Photosの新機能「My Week」は、Retroのアプリと非常に似ており、ユーザーに1週間ごとに写真を撮るよう促し、週ごとにショーケースされるという点で類似しています。RetroのCEOは、Googleが自社の体験をコピーする計画についてまだ心配していないと述べていますが、多くの類似点があることを認めています。また、RetroはiOS向けのウィジェットを開発中であり、ユーザーがiPhoneのホーム画面をカスタマイズできるようにする予定です。

    https://techcrunch.com/2024/07/11/photo-sharing-startup-retro-spots-google-photos-copying-its-idea-and-design/

  6. buchikuma-info より:

    「apple eu nfc」に関する最新情報です。

    Appleは、欧州委員会との合意により、欧州圏でNFC技術をサードパーティ開発者に開放し、iOS機能へのアクセスを可能にすることで、数百億ドルの罰金を免れた。EUの執行機関はAppleの提案を受け入れ、4年間の捜査を終了した。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2407/12/news095.html

  7. buchikuma-info より:

    「スマートフォン インド スマートフォン リリース」に関する最新情報です。

    インドでは、最新のスマートフォンがリリースされており、Samsung Galaxy Note 20 UltraやXiaomi Mi 10などが注目されています。これらのスマートフォンは、インドの消費者に多様な選択肢を提供し、競争を激化させることが期待されています。インドのスマートフォン市場は急成長しており、主要なスマートフォンメーカーが消費者のニーズに合わせた製品を提供しています。これらの新しいスマートフォンは、高性能で手頃な価格など、さまざまな魅力を持っているとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi2AFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA3LzExLyVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4OSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSVBRSVFNiU5QyU4MCVFNiU5NiVCMCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MSVBRSVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCOS_SAQA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「aquos ソフトバンク 12」に関する最新情報です。

    NTTドコモとソフトバンクが、シャープ製の5G対応スマートフォン「AQUOS R9」を本日7月12日に発売する。シャープも7月中旬以降にグローバルモデルとして「AQUOS R9」を発売する予定で、さらに新型スマホ「AQUOS wish4」も発表されている。価格と性能のバランスを見直した現実的な価格のスマートフォンとして注目されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vbmV3cy5rYWtha3UuY29tL3ByZG5ld3MvY2Q9a2VpdGFpL2N0Y2Q9MzE0Ny9pZD0xNDE5NTkv0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「aquos aquos wish sh」に関する最新情報です。

    2024年7月1日から7日の日次集計データによると、Androidスマートフォンの実売台数ランキングで「AQUOS wish3 SH-53D」が1位に返り咲いたことが報告されています。他の上位にはXiaomiやOPPO、Googleなどの機種もランクインしています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3LmJjbnJldGFpbC5jb20vcmVzZWFyY2gvZGV0YWlsLzIwMjQwNzEyXzQzODkyMS5odG1s0gEA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました