PR

iPhoneユーザーの最適解は「Googleレンズ」、代替方法など

スポンサーリンク

iPhone/iPadユーザーが知っておくと便利な「Googleレンズ」に関する裏技情報についてまとめていきます。

スポンサーリンク

「Googleレンズ」の最新アップデート情報

iOSのアップデートにより、Googleレンズでできることが増えましたので、まずはその情報についてまとめていきます。

最新iOSのアップデート情報

最新のiOSアップデート情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

iOS17にアップデートするべき?知っておきたい機能など
iOS17の情報をまとめています。

Googleレンズに関する新着ニュース

Googleレンズに関する新着ニュースをまとめています。

「Google レンズの活用方法とiPhoneでの操作ガイド」

2024年1月15日の、「Google レンズ」の使用方法と便利な活用法に関する情報をお届けします。

  • Google レンズはスマートフォンのカメラを使用して物体やテキストを認識し、関連情報を検索するアプリです。
  • iPhoneやAndroid、パソコンで利用可能で、無料で使えます。
  • 物体やテキストの情報を即座にインターネットで検索でき、外国語の翻訳や名前が不明な植物の識別に役立ちます。
  • iPhoneでの利用は、Googleのアプリがインストールされていればすぐに使用可能です。
  • 操作方法はシンプルで、Googleアプリを開き、検索欄の右端にあるカメラアイコンをタップするだけです。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • Google レンズの活用により、日常生活での情報収集が容易になり、言語の壁を越えたコミュニケーションが可能になります。
  • 観光地や自然の中で出会う未知の物体や植物について、迅速に情報を得ることができます。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 一部のユーザーは、アプリの設定や使用方法に苦労する可能性があります。
  • アプリが正確に情報を認識しない場合、誤った情報が提供されるリスクがあります。
追加情報/補足
  • Google レンズが機能しない場合、ネットワークの問題、カメラアクセスの無効化、アプリの古いバージョンなどが原因である可能性があります。
  • Google ChromeやGoogleフォトからもGoogleレンズを利用でき、特定のシチュエーションに合わせたメニューを選択することが可能です。

最新iOSで改善された「Googleレンズ」の要点

最新iOSでGoogleレンズの仕様が変更・改善されたところがあるので、まずは要点だけ解説していきます。

iOSで「Googleレンズ」的な機能が追加されたときに更新していきます。

スポンサーリンク

Googleレンズの知っておきたい裏技情報まとめ

Googleレンズを利用する上で知っておきたい裏技・チート級のテクニックをまとめていきます。

裏技/Tips:「Googleレンズの意外な活用方法」

裏技/Tips「Googleレンズの意外な活用方法」について紹介します。

特徴

  1. 翻訳機能: 外国語が書かれた看板や紙をGoogleレンズでスキャンして、日本語に翻訳。さらに、画面に表示される翻訳文をタップしてコピーしたり、読み上げたりすることも可能。
  2. 画像検索: 撮影したものやスクリーンに表示されている画像を直接検索。白い枠線で検索範囲を調整し、特定の対象(例えば、画像の中の花や山)だけを検索することも可能。
  3. 宿題サポート: 数式や計算問題をカメラでスキャンし、「宿題」タブを使って解法や答えを得る。特に数学の問題に役立つ。

活用法や使い方

  1. iPhoneでの使用方法: Googleのアプリを開き、検索欄の右端にあるカメラのアイコンをタップしてGoogleレンズを起動。
  2. 翻訳機能の使用法: 「翻訳」タブを選択し、カメラを対象物に向けて外国語をスキャン。自動で日本語に翻訳される。
  3. 画像検索の使い方: 「検索」タブを選択し、調べたいものにカメラを向けて虫眼鏡アイコンをタップ。検索結果が表示される。
  4. 宿題サポートの使用法: 「宿題」タブを有効にし、数式が書かれたプリントなどにカメラを向けて解き方や答えを表示させる。
  5. さらに詳しい検索: 検索結果が表示された後、検索欄に追加のキーワード(例:「値段」「口コミ」)を入力して、より詳細な情報を検索する。

裏技/Tips:「Googleレンズを使った日常の”これなんだっけ?”解決法」

裏技/Tips「Googleレンズを使った日常の”これなんだっけ?”解決法」について紹介します。

特徴

日常生活で遭遇する「これなんだっけ?」という疑問をGoogleレンズを使って解決する方法です。植物の名前、見知らぬ絵画、注目の建物や観光施設など、身の回りのさまざまなものに関する情報を簡単に得ることができます。

活用法や使い方

  1. 画像検索の活用: 目の前にある物体(例えば、植物、絵画、建物)をカメラで映し、中央の検索アイコンをタップ。これにより、関連情報がすぐに表示されます。
  2. Google フォトを通じた活用: Google フォトに保存されている写真についても、画面下部のGoogleレンズアイコンをタップすることで、その写真の対象物に関する情報を検索できます。
  3. Google アシスタントを使った活用: Google アシスタントでも同様に、画面下部のGoogleレンズアイコンをタップしてGoogleレンズを起動。音声アシスタントと連携して、物体認識や情報収集を行います。

これらの方法により、Googleレンズは単なる画像認識ツール以上の役割を果たし、日々の生活において疑問や好奇心を瞬時に解決する強力な助けとなります。

裏技/Tips:「日常生活でのGoogleレンズの意外な活用方法」

裏技/Tips「日常生活でのGoogleレンズの意外な活用方法」について紹介します。

特徴

Googleレンズは、単に物体を識別するだけでなく、日常生活において多様なシーンで役立つツールです。類似商品の検出、料理の情報取得、ファッションアイテムの詳細把握、バーコードやQRコードからの検索など、さまざまな使い方があります。

活用法や使い方

  1. 類似商品の検出: お気に入りの商品やテイストに似たアイテムを見つけたい場合、Googleレンズを使って類似商品を検索。好みに合ったアイテムを効率的に発見できます。
  2. 料理の情報取得: 未知の料理に出会った時、Googleレンズで料理をスキャンして詳細情報や人気メニューを確認。レストランのメニュー表も参照可能です。
  3. ファッションアイテムの情報取得: 服やアクセサリーの写真をスキャンして、ブランド名や価格などの詳細情報を取得。ショッピングの際に有用です。
  4. バーコードやQRコードからの検索: 商品のバーコードやQRコードをGoogleレンズでスキャンすることで、関連情報を簡単に検索。手動で商品名を入力するよりも効率的です。

これらの方法を利用することで、Googleレンズは日常生活のさまざまなシーンで便利なアシスタントとなり、情報取得の手間を大幅に削減してくれます。

裏技/Tips:「Googleレンズを使った効率的な情報管理術」

裏技/Tips「Googleレンズを使った効率的な情報管理術」について紹介します。

特徴

Googleレンズは単なる画像認識ツールにとどまらず、日々の情報管理を効率化する強力なアシスタントとして活躍します。特に名刺情報の読み取りや手書きのスケジュールの管理において、その優れた能力を発揮します。

活用法や使い方

  1. 名刺の管理: Googleレンズを使用して名刺の基本情報(例えば、名前、連絡先、会社名など)を読み取り、デジタルで管理。名刺の情報を素早くデータ化し、煩雑な名刺整理の手間を省けます。
  2. スケジュールの管理: 手書きの予定表やメモから、イベント名、タスク名、場所、日時などをGoogleレンズで読み取り、デジタルスケジュールに変換。これにより、手書きの情報をスムーズにデジタル化し、スケジュール管理の効率を上げます。

これらの方法を活用することで、Googleレンズは日常の情報管理を容易にし、時間と労力の節約に大いに貢献します。

裏技/Tips:「Googleレンズとマルチサーチを活用した先進的な検索方法」

裏技/Tips「Googleレンズとマルチサーチを活用した先進的な検索方法」について紹介します。

特徴

Googleレンズとマルチサーチは、テキストと画像データを組み合わせた検索を可能にする革新的なツールです。この組み合わせにより、より詳細で具体的なWEB情報を得ることができます。これにより、日常生活や特定のシチュエーションでの検索ニーズに応える新たな可能性が開かれています。

活用法や使い方

  1. 商品情報の検索: 商品を撮影し、特徴やキーワードをテキストとして追加することで、商品名やメーカー、価格などの詳細情報を得ることができます。
  2. 近場のお店の検索: 食べ物の写真を撮影し、「近くのお店」というテキストを加えることで、近隣の店舗情報を検索することが可能です。
  3. オンラインショッピングの利用: 商品画像と詳細な検索テキストを組み合わせることで、希望の商品を販売しているオンラインショップを特定しやすくなります。
  4. その他の便利な使い道: 「洋服の画像データ」にカラー名を加えることで色違いの洋服を扱うショップを検索するなど、様々な組み合わせによる詳細な検索が可能です。

これらの活用法により、Googleレンズとマルチサーチは、日常生活における情報収集をより便利で効率的なものに変えることが期待されます。

スポンサーリンク

「Googleレンズ」の基本仕様と設定に関する情報

Googleレンズの基本的な仕様とおすすめの設定についての情報をまとめていきます。

Googleレンズの基本的な設定

Googleレンズの基本的な設定は以下のようになっています。特に変更の必要がなければ、まずは基本の設定を理解することで、Googleレンズの使い方を学んでいくのが良いかと思います。

Googleレンズの「設定方法」

Googleレンズの「設定方法」

「Googleレンズ」の「設定方法」について紹介します。詳細は公式HPでご確認ください。

設定方法のできること
  • カメラの設定:Googleレンズを初めて使う際のカメラアクセス許可。
  • 検出する言語の設定:翻訳機能使用時に対象の言語を選択。
  • フォトライブラリへのアクセス設定:iPhone内の写真にGoogleレンズを使うための設定。
  • 位置情報の設定:近くのお店やスポットの検索機能を利用するために必要。
  • 検索履歴の確認:行った検索の履歴を見ることができます。
設定方法の基本設定、操作方法
  1. カメラの設定: Google アプリを開き、初めてGoogleレンズを使用する際にカメラへのアクセスを許可する。
  2. 検出する言語の設定: 翻訳機能を使う場合、Google翻訳に対応している言語から選択可能。
  3. フォトライブラリへのアクセス: iPhoneに保存された写真を使用するためにフォトライブラリへのアクセスを許可する設定が必要。
  4. 位置情報の設定: 近くのお店やスポットを検索する機能を使うために位置情報をオンにする。
  5. 検索履歴の確認と削除: Googleレンズの検索履歴をアカウントに保存し、確認や削除が可能。

これらの設定を行うことで、Googleレンズの機能を最大限に活用し、便利な検索体験を得ることができます。

Googleレンズの「基本的な使い方」

Googleレンズの「基本的な使い方」

「Googleレンズ」の「基本的な使い方」について紹介します。詳細は公式HPでご確認ください。

基本的な使い方のできること
  • 外国語の看板やメニューを翻訳する。
  • 植物や動物の種類を特定する。
  • 類似の商品(バッグや洋服、家具など)を検索する。
  • 手書きのテキストをスマホにコピーする。
  • QRコードやバーコードをスキャンする。
  • ランドマーク・建物などの史実やお店の営業時間などを調べる。
基本的な使い方の設定、操作方法
  1. Googleアプリからの起動(iPhone・Android): Googleアプリを開き、検索バーの右端にあるカメラボタンをタップして起動。
  2. Googleフォトアプリからの起動(iPhone・Android): Googleフォトアプリで、検索したい画像を開き、画面下部のレンズアイコンをタップ。
  3. Googleレンズアプリからの起動(Androidのみ): AndroidでGoogleレンズ専用アプリをダウンロードし、アプリを開いてカメラを起動。
  4. Googleアシスタントからの起動(Androidのみ): Googleアシスタントを開き、「OK、Google。レンズを開いて」と話しかけて起動。
  5. カメラアプリからの起動(Pixelなど一部の端末のみ): Pixelなど一部のAndroid端末では、カメラアプリの「モード」タブからレンズを選択して起動。

これらの方法で、Googleレンズは日常生活において強力なアシスタントとなり、瞬時に情報を提供してくれます。

「Googleレンズ」のSNSの口コミ/評判

裏技のネタ探しにX(Twitter)などでの「Googleレンズ」の反応をまとめておきます。

「Googleレンズ」に関するX(Twitter)の反応

X(Twitter)で参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「Googleレンズ」と検索できます。

Googleレンズに関連した当サイトの参考ページを紹介

「Googleレンズ」に関連した私が取り扱うサイトの各ページへのリンクを紹介していきます。

iPhoneユーザーに教えたい記事

iPhoneを使用している方にとって役立つ情報を集めました。

AirPlayに対応しているお勧めのプロジェクター「iPhoneで使いたい」

iPhoneとの相性が良い、AirPlay対応のプロジェクターについて詳しく解説しています。AirPlayに対応しているプロジェクターを見る

iPhoneで住所や名前の入力を簡略化

iPhoneやiPad, Macを利用している方に、Safariの自動入力機能を使った住所や名前の入力の小技を紹介します。自動入力の使い方を見る

Androidユーザー必見の記事

Androidユーザーにとって役立つ情報や最新製品に関する記事を紹介します。

Google Pixel Watch 2の購入時に知っておくべきこと

Google Pixel Watch 2の購入を考えている方に、最新情報や他社モデルとの比較、口コミなどをまとめた記事です。Google Pixel Watch 2の情報を見る

Google Pixel Tabletの新着情報

Google Pixel Tabletに関する最新情報をまとめた記事です。Google Pixel Tabletの情報を見る

Googleレンズでできるようになったこと(過去ログ)

アップデート情報で古くなったものをここに載せておきます。

スポンサーリンク

「Googleレンズ」の代替アプリ比較

「Googleレンズ」の代わりとなる、あるいは併用すると便利なアプリについての情報をまとめます。

Googleレンズの代替アプリ:「Office Lens」と「Adobe Scan」

Googleレンズとして利用できる「Office Lens」と「Adobe Scan」についてご紹介します。

「Office Lens」とGoogleレンズの比較ポイント

  • Microsoftが提供する文字認識アプリ。
  • AndroidおよびiOS 11.0以降に対応。
  • ドキュメントの輪郭を認識して傾き・歪みを補正、不要部分をトリミング。
  • 手書きの文字も認識可能。
  • 撮影された文字はOCRによってテキスト化され、検索や編集が可能。
  • PDF、Word、PowerPointファイルに変換可能。
  • OneDriveに自動保存。

「Adobe Scan」とGoogleレンズの比較ポイント

  • iOSおよびAndroidに対応したPDFスキャナアプリ。
  • 自動トリミング機能で簡単にスキャン。
  • Adobe Document Cloudに保存。
  • icloudやグーグルドライブへの格納が可能。
  • Adobe Acrobat ProでのOCR機能の利用が可能(別途購入が必要)。
  • 「文書のみを表示する」機能で画像データから文書をピックアップ。

これらのアプリは特定の用途に特化しており、Googleレンズよりもその分野で優れた機能を提供します。目的に応じて選択すると良いでしょう。

Googleレンズの代替アプリ:「Azure AI Vision」

Googleレンズとして利用できる「Azure AI Vision」についてご紹介します。

「Azure AI Vision」とGoogleレンズの比較ポイント

  • Microsoftが開発したFlorence foundation modelを基にしたAIビジョン技術。
  • 画像とビデオコンテンツからの洞察を抽出するためのAzure Cognitive Service for Visionに統合されています。
  • 自動キャプション、スマートトリミング、分類、背景除去、画像検索などの機能を提供。
  • AIによるリアルタイムのアラートや環境分析を可能にする。
  • Microsoft 365のアプリケーション(Teams、PowerPoint、Outlook、Word、Designer、OneDrive)と統合されている。
  • デジタルコンテンツのサポートに向けたリッチなキャプション、アクセシブルなaltテキスト、SEO最適化、インテリジェントな写真キュレーションを自動的に提供。
  • 自然言語クエリを使用して画像とテキスト間の類似性をシームレスに測定し、検索推奨や広告を向上させるイメージ検索。

「Azure AI Vision」は、Googleレンズと比較して、より高度なコンピュータービジョンAIと広範な機能を提供します。特に、ビジネスやアクセシビリティのニーズに対応するための多くの機能を備えています。

スポンサーリンク

まとめ:Googleレンズのやっておくべきこと

最後までお読みいただきありがとうございました。

iPhoneユーザーは標準で利用できる機能であるGoogleレンズですが、知っておくと時短につながったり毎日のルーティンに作業が簡単になる方法などをまとめました。

おさらいとしてこのページの内容をまとめておきます。

Googleレンズで知っておきたいことまとめ

Googleレンズの知っておきたいポイントまとめ

  • 画像認識機能: 物体やテキストをカメラで撮影することで、詳細情報を取得できます。
  • 多言語対応: 日本語や英語を含む多くの言語に対応し、翻訳機能も提供します。
  • 商品や植物の識別: 類似の商品や特定の植物の情報を簡単に検索できます。
  • テキストの読み取りとコピー: 手書きや印刷されたテキストを認識し、スマートフォンにコピーできます。
  • QRコードとバーコードのスキャン: QRコードやバーコードを簡単に読み取り、関連情報を表示します。
  • ランドマークや建物の情報取得: 歴史的建造物やランドマークの背景情報を調べることができます。
  • 操作がシンプル: アプリを開き、カメラボタンをタップするだけで利用できます。

Googleレンズを活用したい便利なシチュエーション

  • 外国語の看板やメニューを読む: 旅行中に外国語で書かれた看板やメニューを翻訳して理解するのに役立ちます。
  • 植物や動物の種類を知りたいとき: 散歩中や旅行先で見かけた未知の植物や動物の名前を調べるのに便利です。
  • ショッピング: お気に入りの商品や服を撮影して、類似商品や購入場所を検索できます。
  • 手書きメモや文書をデジタル化: 手書きのメモや文書をスキャンし、デジタルテキストに変換して保存できます。
  • QRコードやバーコードで情報取得: 商品のバーコードをスキャンして詳細情報や価格を調べることができます。
  • 歴史的建造物やランドマークの情報を得る: 観光地で歴史的な建物やランドマークの背景情報を知るのに使用できます。
  • 情報の共有: Googleレンズで取得した情報を簡単に友人や家族と共有できます。

Googleレンズは、日常生活や旅行中など様々なシチュエーションで大いに役立つツールです。

GoogleレンズのよくあるQ&A

Q
Googleレンズとは何ですか?
A

Googleレンズはスマートフォンのカメラを使って、写真やリアルタイムの画像から情報を認識し、それに関する詳細情報を提供するアプリです。例えば、植物の名前の特定や商品の検索、テキストの翻訳などができます。

Q
Googleレンズはどうやって使いますか?
A

Googleレンズを使うには、まずアプリを開きます。次に、画面下部にあるカメラアイコンをタップしてカメラを起動し、調べたい物体やテキストをカメラで撮影します。すると、関連する情報が画面に表示されます。

Q
Googleレンズで何ができますか?
A

Googleレンズを使うと、外国語の翻訳、商品や植物の識別、QRコードやバーコードのスキャン、手書きテキストの読み取りなどが可能です。また、歴史的建造物やランドマークの情報を得ることもできます。

Q
Googleレンズはどのデバイスで使えますか?
A

Googleレンズは、ほとんどのAndroidスマートフォンおよびiPhoneで利用可能です。アプリはGoogle PlayストアやApple App Storeからダウンロードできます。

Q
Googleレンズで認識できないものはありますか?
A

Googleレンズは多くの物体やテキストを認識できますが、あいまいな画像や不明瞭なテキスト、特定の専門用語や希少な物体などは認識しづらい場合があります。また、動画には対応していません。

Q
Googleレンズで紹介されている機能が使えないのはなぜ?
A

まずはOSのバージョンをご確認ください。最新の機能に関してはOSのバージョンアップ(更新)が必要になる場合があります。

また、他のアプリやインストールを失敗することでエラー・バグが起きている可能性があります。

うまく復旧できない場合は、iPhoneの復旧ソフトに関する情報もまとめていますのでこちらもご参照ください。

「Googleレンズ」に関する参考記事リスト

Googleレンズの他にも役に立ちそうな記事をリスト化しておきます。

Apple製品のセールに関する情報

Apple製品の年末〜初売りまでのセール情報をまとめたページはこちら。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

製品ごとにセールをまとめているのは以下。

Apple Musicの記事一覧

iCloudに関する記事一覧

ファミリー共有に関する記事

AppleTVに関する記事

Apple製品の機能使い方まとめ

トラブル対処法
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「pixel アップデート アプリ」に関する最新情報です。

    2024年6月のPixel Feature Dropアップデートにより、一部のPixelスマートフォンに新機能が追加されました。Pixelカメラアプリのアップデートでは、手動でレンズを選択できる「プロ」タブが表示されるようになり、RAWとJPEGの写真撮影切り替え設定も移動されました。アップデートはまだ全ての端末に展開されておらず、最新バージョンにアップデートしてもすぐに機能を利用できない可能性があることに留意が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vaGVsZW50ZWNoLmpwL25ld3MtNDU1MzAv0gEA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「pixel アップデート アプリ」に関する最新情報です。

    Pixel カメラアプリのアップデートにより、一部の Pixel スマートフォンに新機能が追加されました。この新機能では、Pixel 6 Pro、Pixel 7 Pro、そして Pixel Fold のカメラアプリで手動でレンズを選択できる[プロ]タブが表示されるようになります。アップデートは全ての端末に展開されているわけではないようですが、設定画面で[プロ]タブを選択することでレンズの選択を[自動]または[手動]に切り替えることが可能となります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vaGVsZW50ZWNoLmpwL25ld3MtNDU1MzAv0gEA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「vision to how」に関する最新情報です。

    スマートフォンを使用して視力の低下に対処する方法についての情報が提供されています。視力保護の方法やディスプレイのカスタマイズ方法、読書モードの使用方法、拡大やズームの方法、音声説明の取得方法などが紹介されています。スマートフォンのアクセシビリティ機能を活用することで、視力に影響を受ける人々に役立つ機能が紹介されており、AndroidとAppleデバイスで利用可能な機能について詳細が述べられています。

    https://www.wired.com/story/smartphone-features-blind-vision-impairment/

  4. buchikuma-info より:

    「pixel model ai」に関する最新情報です。

    Googleは6月のPixel機能アップデートにおいて、Gemini Nano AIモデルをPixel 8および8aユーザーに提供することを発表した。このアップデートには、他にもDisplay Port接続のサポート、未知の番号の逆引き機能、Pixel Watch 2の転倒や衝突の検出、Pixelタブレットでのドアベル通知などが含まれている。Gemini Nanoモデルは、Recorderアプリの転写の詳細な要約を可能にし、Display Port標準のサポートや逆引き機能など、他の便利なアップデートも含まれている。

    https://techcrunch.com/2024/06/11/googles-june-pixel-drop-brings-gemini-nano-ai-model-to-pixel-8-and-8a-users/

  5. buchikuma-info より:

    「動物 パンク パンク 町田」に関する最新情報です。

    パンク町田氏は、動物の世話や技術指導、取材対応などを通じて、動物に関わりたいと考えていることが伝わってくる。

    https://toyokeizai.net/articles/-/760441?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  6. buchikuma-info より:

    「google 問題 アップデート」に関する最新情報です。

    Samsungの一部のGalaxyデバイスにおいて、Google Playシステムアップデート後にアプリの動作が遅くなる問題が発生していました。Samsungはこの問題を認識し、修正パッチをリリースして解決しました。修正パッチが適用されていても問題が残る場合は、デバイスを再起動することで解消できるとしています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vaGVsZW50ZWNoLmpwL25ld3MtNDUwNjAv0gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「スマートフォン 植物 写真」に関する最新情報です。

    スマートフォンを使用した植物の写真撮影に関するワークショップが紹介されており、クリップオンのマクロレンズを使って植物の微細なディテールを探求する機会が提供されます。写真撮影の後、アフタープロセスの技術を学び、個人的なフォトモンタージュを作成することができます。スマートフォンの利点と欠点についても述べられ、スマートフォン写真術とデジタル一眼レフ/ミラーレスカメラの競合についての議論が紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi8wFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA2LzA0LyVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MSVBNyVFNiVBNCU4RCVFNyU4OSVBOSVFMyU4MSVBRSVFNSU4NiU5OSVFNyU5QyU5RiVFNiU5MiVBRSVFNSVCRCVCMSVFMyU4MSVBRSVFOSU5QSVBMCVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSU5RiVFNCVCOCU5NiVFNyU5NSU4Qy_SAQA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「スマートフォン 植物 写真」に関する最新情報です。

    スマートフォンを使用した植物の写真撮影に関するワークショップが紹介されており、クリップオンのマクロレンズを使って植物の微細なディテールを探求する機会が提供されています。写真撮影後のアフタープロセスや必要な機材についても解説されており、スマートフォンの利点と欠点についても触れられています。スマートフォン写真術とデジタル一眼レフカメラの競合についての議論や、スマートフォンの利便性やコスト効率、品質の制限などが述べられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi8wFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA2LzA0LyVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MSVBNyVFNiVBNCU4RCVFNyU4OSVBOSVFMyU4MSVBRSVFNSU4NiU5OSVFNyU5QyU5RiVFNiU5MiVBRSVFNSVCRCVCMSVFMyU4MSVBRSVFOSU5QSVBMCVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSU5RiVFNCVCOCU5NiVFNyU5NSU4Qy_SAQA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「android android auto apple」に関する最新情報です。

    パイオニアが新製品「DMH-SZ500」を発売。ワイヤレス接続で「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応し、直感的でスムーズな操作が可能な新インターフェースを採用。さらに、多彩な連携機能を楽しめる他、機能のショートカットキーやカスタマイズ可能な機能アイコンも備えている。WebLink Castにも対応しており、iPhoneやスマートフォンの画面を本体ディスプレイに映して操作が可能。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJ2h0dHBzOi8vbW90b3ItZmFuLmpwL21mL2FydGljbGUvMjI5NzMwL9IBAA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「android google android auto」に関する最新情報です。

    Googleは、自動車向けの「Android Auto」のアップデートを発表しました。このアップデートでは、動画ストリーミングサービスの視聴やゲームアプリ「アングリーバード」などがプレイ可能になり、さらにAndroid Automotive OS向けのGoogle Castも追加されました。また、Uberドライバー用アプリの使用が可能になり、新しいアプリやエクスペリエンスを簡単に作成できる「Car ready mobile apps」も展開される予定です。Android Automotive OSもGoogle Castに対応し、スマートフォンやタブレットからコンテンツをストリーミングできるようになります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvNDhfN19yXzIwMjQwNTE2XzE3MTU4MzIwNzI2ODE4NjjSAQA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「ai microsoft google」に関する最新情報です。

    Googleは生成AIに投資し、収益化を図ろうとしているが、Microsoftは既に成功している。MicrosoftのCEOは、生成AIツールを利用する顧客数が増加しており、クラウドサービスの売り上げも上昇していることを発表した。一方、Googleは開発者や広告クライアントに生成AIツールを提供しているが、具体的な数字は明らかにしていない。両社の取り組みの成果や将来の見通しによって、どちらが生成AIソフトウェア市場で成功するかが決まる可能性がある。Microsoftは既に成果を出しており、株価も上昇しているが、Googleの展望は不透明な部分もある。

    https://www.wired.com/story/microsoft-google-earnings-generative-ai/

  12. buchikuma-info より:

    「イスラエル グーグル 抗議」に関する最新情報です。

    米グーグルが、イスラエル政府とのクラウドコンピューティング契約に抗議していた28人の従業員を解雇した。この解雇は、同社とイスラエルとの関係に対する抗議活動に関連しており、一部の従業員が不当占拠で逮捕される事態も起きた。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvMzY4Xzhfcl8yMDI0MDQxOV8xNzEzNDk5MzcyOTIwMzk40gEA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「表示 14 android」に関する最新情報です。

    ASUS JAPANは、Zenfone 9(AI2202)のAndroid 14へのFOTAアップデートを実施した。このアップデートにより、壁紙の設定画面に「時計の色」設定が追加され、ロック画面の時計の色や明るさの調整が可能になった。また、地域別の表示設定が追加され、温度単位や週の始まりの曜日を地域ごとに設定できるようになった。さらに、バッテリー使用量をアプリ別やシステム別に詳細に表示する機能も追加された。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzI0MDQvMTgvbmV3czE4Ni5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzI0MDQvMTgvbmV3czE4Ni5odG1s?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「名刺 201 maytuck」に関する最新情報です。

    5月1日に発売される「MayTuck201」は、名刺管理を革新する新世代の名刺入れであり、最大201枚の収納力や可変性、多機能性を持っています。洗練されたデザインと高品質な素材を使用し、ビジネスシーンで好印象を与えます。また、プレゼントとしても選ばれるアイテムであり、Youtuberにも紹介されています。クラウドファンディングで特別価格にて販売される予定で、注目を集めています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000137162.html

  15. buchikuma-info より:

    「名刺 201 maytuck」に関する最新情報です。

    5月1日に発売される「MayTuck201」は、名刺管理を革新する新世代の名刺入れで、最大201枚の収納力や可変性、多機能性を持ち、ビジネスパーソンや営業担当者におすすめのアイテムです。洗練されたデザインと高品質な素材を使用し、ビジネスシーンでの第一印象を向上させます。また、プレゼントとしても人気で、Youtuberにも紹介されています。クラウドファンディングで特別価格で販売され、新生活や贈り物に最適なアイテムとして注目を集めています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000137162.html

  16. buchikuma-info より:

    「1万1千 1万1千 オフ android」に関する最新情報です。

    Samsungの「Galaxy Tab S6 Lite」は、新生活SALE FINALにて1万1,750円の値引きで3万8,249円で購入可能。このAndroidタブレットは10.4型ディスプレイ、Snapdragon 720G、4GBメモリ、64GBストレージ、Android 13を搭載し、Samsung DeXに対応するデジタルペン「Sペン」が付属している。期間は4月1日まで。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvdG9kYXlzX3NhbGVzLzE1ODAxNDYuaHRtbNIBAA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「pixel 翻訳 google」に関する最新情報です。

    Googleは2024年3月27日に、廉価モデルのPixel 6aとPixel 7aに『かこって検索』に新機能として『画面翻訳』を追加することを発表しました。この機能を利用すると、画面に表示された文字全体を指定した言語に翻訳することができます。これにより、より手軽に翻訳が可能となります。現在、この機能はPixelシリーズ(Pixel 7以降)とSamsungのGalaxy S24シリーズで利用可能です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMWh0dHBzOi8vaHlwZXJnYWRnZXQuanAvY2lyY2xldG9zZWFyY2hfcGl4ZWw2YV83YS_SAQA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「android android タブレット drawing」に関する最新情報です。

    XPPenのお絵かきAndroidタブレット「Magic Drawing Pad」がTSUKUMOで実機展示がスタートしました。このタブレットは12.2インチディスプレイで、筆圧レベル16384に対応し、スタイラスペン「X3 Pro Pencil」が付属しています。価格は約78,990円で、Android 12を搭載し、メモリ容量は8GB、ストレージ容量は256GBで最大512GBまで拡張可能です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vYWtpYmEtcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvbmV3cy8xNTc4NTk2Lmh0bWzSAQA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「android 15 android 15」に関する最新情報です。

    2024年夏に登場予定のAndroid 15には、部分的な画面共有や「Private Space」、通知のクールダウンなど新機能が含まれる。このアップデートでは、パフォーマンス向上やセキュリティ強化、バッテリー持続時間の向上も期待されており、Androidのアップデートごとに実施される改善も期待されている。

    https://japan.cnet.com/article/35216456/

  20. buchikuma-info より:

    「植物 アクプランタ バイオスティミュラント」に関する最新情報です。

    アクプランタ株式会社は、植物の高温・乾燥耐性を高めるバイオスティミュラント資材を開発しており、グローバル・ブレインが追加出資を実行した。同社は「Greenfulness-気候変動を、ともに生き抜く-」をミッションに掲げ、植物の環境ストレスから保護する取り組みを行っている。創業者が研究を通じて開発したバイオスティミュラント資材『Skeepon(スキーポン)シリーズ』は、植物の乾燥・高温耐性を向上させ、2019年から日本国内で販売されている。今回の資金調達を通じて、海外展開を加速させる方針を示している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000354.000047342.html

  21. buchikuma-info より:

    「kddi ガイド kddi museum」に関する最新情報です。

    KDDIは、2024年6月7日から「KDDI MUSEUM」で高精度位置情報を活用した自動音声ガイドシステムの実証を開始する。このシステムでは、UWB機能を使用して展示物に合わせた音声ガイドを自動再生し、没入体験を向上させる。展示物ごとの詳細な解説を提供するために位置精度を向上させることで、お客さまの位置に合わせた自動音声ガイドサービスを実現する。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMzguMDAwMDk3MTQxLmh0bWzSAQA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「hp 印刷 2024」に関する最新情報です。

    HPはHP Amplify Partner Conference 2024にて、新しいプリンタソフトウェアを発表し、AIを活用したプリンタツールを2024年末までに導入する計画を示した。また、NVIDIAのCEOはHPのワークステーションにGPUを求める科学者が多いことを強調し、HPのモバイルワークステーション「ZBook」の新モデルも紹介された。HPの革新的な取り組みが業界に革命をもたらす可能性がある。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2403/14/news100.html

  23. buchikuma-info より:

    「apple apple watch watch」に関する最新情報です。

    Apple Watchの血中酸素ウェルネス機能が米国で2028年8月まで利用できない可能性があると報じられている。特許紛争の影響で、Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2には血中酸素ウェルネスが無効化されているが、改造ソフトウェアで有効化可能。現在は両社の合意や再輸入販売により、すぐに機能を再有効化できる状況となっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3MjQxL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3MjQxL2FtcC8?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「影響 apple apple デジタル」に関する最新情報です。

    2024年3月にAppleがEUのデジタル市場法に準拠し、Safari以外のウェブブラウザをデフォルトにできるようにしたことが、プライバシー重視のウェブブラウザ「Brave」のiOS版のインストール数急増の原因とされています。Brave Softwareによると、2024年3月以降、iOS版Braveのインストール数が急増し、DMAの導入以降は30%増加していることが報告されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiWmh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAzMTQtd2ViLWJyb3dzZXItYnJhdmUtaW5zdGFsbHMtYWZ0ZXItYnJvd3Nlci1jaG9pY2Utc2NyZWVuL9IBAA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「ios vendorui 18」に関する最新情報です。

    iOS18の内部ビルド「VendorUI」が配布開始され、新たなリーク情報が増える可能性がある。VendorUIは工場での品質管理テスト用に設計されており、iOS18ではアクセシビリティに新機能が登場し、デザインも変更される可能性がある。iOS18に関する情報が増える中、iPhone16 Proのリアカメラが三角形になるという噂や、iPhone17に関する新機能の噂も出ている。iOS18は史上最大のアップデートとなる見込みであり、AppleのAI技術や機能に期待が寄せられている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3MTQ5L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3MTQ5L2FtcC8?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「apple apple google google」に関する最新情報です。

    Apple、Google、Microsoft、Mozillaなどのテクノロジー大手が協力して開発したベンチマークツール「Speedometer 3.0」が発表された。このツールはブラウザのウェブアプリの応答性をテストするためにシミュレートされたインタラクションのタイミングを測定するものであり、Google、Mozilla、Appleの3つの主要ブラウザエンジンの開発者による共同作業で生まれたものである。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMWh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAzMTItc3BlZWRvbWV0ZXItMy_SAQA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「アプリ アプリ ストア ストア」に関する最新情報です。

    アップルは、近くリリースするiOS 17.4で、欧州のユーザーに対してサードパーティーアプリストアからアプリをインストールすることを許可する予定である。これは欧州連合のデジタル市場法に準拠するためであり、セキュリティリスクを軽減するために新しい手続き「Notarization for iOS」を導入する計画も公表された。

    https://japan.cnet.com/article/35216003/

  28. buchikuma-info より:

    「apple web アプリ」に関する最新情報です。

    Appleは、EUでのホーム画面Webアプリのサポートを継続することを決定しました。最初は無効化する予定でしたが、多くの批判を受けて撤回されました。非営利組織が異論を唱えたこともあり、AppleはEU向けのWebアプリサポートを続けると発表しました。EUでのサポートはWebKitを使用する場合に限られるとしています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NjI4L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NjI4L2FtcC8?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「getac 80 80 android」に関する最新情報です。

    GetacがAI対応の完全堅牢型タブレットZX80を発表し、Androidデバイスを強化する。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPWh0dHBzOi8vd3d3LmotY2FzdC5jb20vb3RoZXIvYTA1X3Byd2lyZS8yMDI0LzAzLzAxNDc4ODI0Lmh0bWzSAQA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「1万1千 1万1千 引き android」に関する最新情報です。

    SamsungのAndroidタブレット「Galaxy Tab S6 Lite」が、新生活SALEで1万1,750円引きの3万8,249円で販売されており、デジタルペン「Sペン」が付属している。このタブレットは10.4型ディスプレイやSnapdragon 720G、4GBメモリ、64GBストレージ、Android 13を搭載しており、PCのようにウィンドウ操作を行う「Samsung DeX」にも対応している。USB 2.0 Type-C、Wi-Fi 5、Bluetooth 5.0、microSDカードスロット、3.5mmイヤフォンジャックなどのインターフェイスも備えている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvdG9kYXlzX3NhbGVzLzE1NzI4ODMuaHRtbNIBAA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「apple ev 開発」に関する最新情報です。

    Xiaomi創業者のレイ・ジュンCEOは、AppleがEV開発を断念したことにショックを受けており、「車を作る難しさ」を語っています。AppleのEVプロジェクトは混乱が続き、社内では迷走が明らかであったと報じられています。XiaomiはすでにEV開発を続ける姿勢を示しており、レイ・ジュンCEOはXiaomiの歴史からもAppleの決断の意味を理解する必要があると述べています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NTY3L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NTY3L2FtcC8?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「apple apple watch ooh」に関する最新情報です。

    米アップルが開発したApple Watch Ultraは、チタニウムのボディによる高い耐久性が特徴で、中東のサウジアラビアで公開されたプリント広告では、冒険をテーマにしたキャンペーンが展開されている。Apple Watch Ultraの耐久性を強調しつつ、海賊船やサソリ、ドラゴンなどの冒険的なシーンが描かれており、耐久性によって想像もつかないような冒険にも挑むことができるとアピールされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiGWh0dHBzOi8vcHJlZGdlLmpwLzI4ODIwNy_SAQA?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「watch 3万4千 3万4千 オフ」に関する最新情報です。

    Apple Watch Series 8が新生活SALEでお得に販売されており、GPS+Cellularモデルが約3万4千円オフとなっている。45mmのステンレススチールケース版は7万9,000円、41mmのアルミニウムケース版は6万200円で購入可能。Apple Watch Series 8はRetinaディスプレイや重力加速度センサーを搭載し、衝突や転倒を感知して緊急通報できる機能を持つ。また、SuicaやApple Payにも対応している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvdG9kYXlzX3NhbGVzLzE1NzI5NTAuaHRtbNIBAA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「microsoft 365 microsoft 365」に関する最新情報です。

    株式会社ネクサスエージェントは、全社員にMicrosoft 365向けのAI機能を搭載したCopilotを導入し、生産性向上と時間削減を実現。全社員への導入完了後、教育プログラムを通じて最大限に活用し、生産性と創造性の向上を図り、競争力を高める計画を発表。これは同社が革新的技術を積極的に取り入れる一例であり、不動産を通じた新たな価値提供を目指すテック企業である。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000172.000073357.html

  35. buchikuma-info より:

    「gemini android it」に関する最新情報です。

    GeminiはAndroid上で曲を識別できず、そのことが非常にfrustrating(イライラする)とのこと。Googleのchatbotが急いでリリースされたことが明らかになり、GeminiはGoogle Assistantの機能を壊してしまうなど、問題が多いようだ。Geminiは曲の識別もできず、Google Assistantに切り替えるかShazamなどのアプリを使うよう提案するだけで、Google One AI Premium Planに加入しているにも関わらず、曲の再生やリストの作成など基本的な機能が欠けているため、現時点ではGoogle Assistantの代替としては不十分である。

    https://techcrunch.com/2024/02/28/gemini-on-android-cant-id-songs-and-its-frustrating/

  36. buchikuma-info より:

    「12 12 android android」に関する最新情報です。

    XP-Penは2月28日、12.2型Androidタブレット「Magic Drawing Pad」のオンライン販売を開始した。このタブレットは8GBのメモリー、256GBの内蔵ストレージ、360ニトの輝度、60Hzのリフレッシュレート、1200:1のコントラスト比を持ち、外部記録媒体はmicroSDメモリーカード(最大512GB)に対応している。OSは「Android 12」がプリインストールされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vbmV3cy5rYWtha3UuY29tL3ByZG5ld3MvY2Q9cGMvY3RjZD0wMDMwL2lkPTEzODYwMC_SAQA?oc=5

  37. buchikuma-info より:

    「apple apple watch watch」に関する最新情報です。

    Apple Watchは、健康管理やフィットネス機能だけでなく、通話やメッセージの確認、Apple Payにも対応しているスマートウォッチである。特におすすめしたい機能として、文字盤のカスタマイズや便利なツールの表示、健康管理、フィットネス機能などが挙げられる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPWh0dHBzOi8vbW9yZS5ocHBsdXMuanAvaW5mbHVlbmNlcnMvYmxnL3l1cmk0MzYvbC1uZXdzLzEwODQ3Mi_SAQA?oc=5

  38. buchikuma-info より:

    「apple apple watch watch」に関する最新情報です。

    モバイルアクセサリーブランド「Caseology」が新しいApple Watchバンド「パララックス」を発売し、2024年2月29日から3月14日までの14日間、Amazon Japanで最大30%OFFで販売しています。セール期間は2024年2月29日から3月14日までで、人気商品は早めに売り切れる可能性があるので、お早めにチェックすることをお勧めします。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDA0ODQuMDAwMDU0Njk1Lmh0bWzSAQA?oc=5

  39. buchikuma-info より:

    「ev 開発 apple」に関する最新情報です。

    米Appleが10年にわたって進めてきたEV(電気自動車)開発プロジェクトが白紙になったと報じられた。プロジェクト名は「タイタン」と呼ばれ、開発の遅れなどが報じられていた。この決定により、2000人の従業員の多くがAI部門に移り、一部のハードウェアエンジニアや設計担当者は別のプロジェクトに応募できる見込みであり、一部の従業員にはレイオフも行われる見通しとなっている。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2402/28/news114.html

  40. buchikuma-info より:

    「12 12 android android」に関する最新情報です。

    XPPenが、EMR方式ペン付属のイラスト制作向け12.2型Androidタブレット「Magic Drawing Pad」を発売しました。このタブレットは1万6,384段階の筆圧検知対応のスタイラスペンが付属しており、紙に鉛筆で書くような感触が得られるX-Paperディスプレイを採用しています。価格は7万8,990円で、主な仕様はSoCがMediaTek MT8771、メモリが8GB、ストレージが256GB、OSがAndroid 12を搭載しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU3MjI0MC5odG1s0gEA?oc=5

  41. buchikuma-info より:

    「apple apple watch watch」に関する最新情報です。

    2023年11月にApple Watch Ultraが追加され、3カ月後の2024年2月に整備済製品が販売開始された。現在販売されているApple Watch Ultraの整備済製品のモデルと価格が確認できる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL2l3YXRjaC01NzY0ODQv0gEqaHR0cHM6Ly9pcGhvbmUtbWFuaWEuanAvaXdhdGNoLTU3NjQ4NC9hbXAv?oc=5

タイトルとURLをコピーしました