PR

iPhone/iPadの意外と知らない「スキャン/OCR機能」の裏技集

スポンサーリンク

iPhone/iPadユーザーが知っておくと便利な「スキャン/OCR」に関する裏技情報についてまとめていきます。

スポンサーリンク

「スキャン/OCR」の最新アップデート情報

iOSのアップデートにより、スキャン/OCRでできることが増えましたので、まずはその情報についてまとめていきます。

最新iOSのアップデート情報

最新のiOSアップデート情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

iOS17にアップデートするべき?知っておきたい機能など
iOS17の情報をまとめています。

スキャン/OCRに関する新着ニュース

スキャン/OCRに関する新着ニュースをまとめています。

iPhoneにおける新機能「テキストをスキャン」

2023年12月6日の、iPhoneの新機能「テキストをスキャン」に関する情報をお届けします。

  • iOS 15.4で追加された「テキストをスキャン」機能は、紙やディスプレイ上の文章をリアルタイムにテキストデータ化する。
  • この機能は「書類をスキャン」と「テキスト認識表示」の良い点を組み合わせたもの。
  • 現在は英語など正式にサポートされている言語の文章にのみ利用可能で、日本語は対応していない。
追加情報/使用方法
  • メモアプリで「テキストをスキャン」機能を選択し、カメラで文章を映す。
  • テキストデータ化したい範囲を調整し、「入力」ボタンをタップ。
  • 認識されたテキストデータはメモアプリに挿入される。
  • 改行位置は手動で調整する必要がある。
注意点
  • カメラを安定させて撮影することで、文字や単語の欠落を防ぐ。
  • 映した範囲の右端で自動的に改行されるため、自然な文章形成には手動調整が必要。

iPhoneのスキャン機能の進化

2023年12月6日の、iPhoneのスキャン機能に関する最新情報をお届けします。

  • iPhoneのメモアプリは、文章作成や紙資料のスキャン、共同編集が可能な多機能ツールへと進化している。
  • 紙資料をiPhoneのカメラで撮影するだけで、歪みを自動補正しPDF化が可能。
  • メモアプリは、手書きメモのスキャンや画像・動画の貼り付けもサポート。
追加情報: スキャン機能の詳細
  • 斜めから撮影した歪んだ書類も自動的に長方形に補正。
  • 書類を認識すると自動でシャッターが切れ、操作が簡単。
  • スキャンした書類はメモアプリで一元管理でき、PDFでの共有も可能。
  • iPhoneカメラの高解像度により、スキャンした書類の品質が高い。
メモアプリのその他の機能
  • ロック画面からメモアプリを呼び出し、簡単に最新のメモにアクセス可能。
  • iCloud経由でiPadやMacなど他の端末との同期が可能。
  • 他のOSやデバイスではiCloud.comを通じてメモの参照や編集が可能。
利用上の注意
  • メモアプリの同期先をGmailなどに設定することで、AndroidデバイスやPCのメールソフトからメモの参照が可能。
  • Gmailで同期したメモは編集に制限があり、スキャン機能は利用できない。

最新iOSで改善された「スキャン/OCR」の要点

最新iOSでスキャン/OCRの仕様が変更・改善されたところがあるので、まずは要点だけ解説していきます。

新機能:「iOS 17/iPadOS 17のテキスト認識表示アップデート」

新機能「iOS 17/iPadOS 17のテキスト認識表示アップデート」について紹介します。

「iOS 17/iPadOS 17のテキスト認識表示アップデート」の特徴
  • 日本語、韓国語、中国語の縦書きテキストの認識とコピー&ペーストが可能に。
  • 写真や画像内の縦書きテキストを抽出し、操作できるようになった。
  • 対応デバイスはA12 Bionic搭載のiPhone XRやXS以降、特定のiPadモデル。
「iOS 17/iPadOS 17のテキスト認識表示アップデート」の使い方・設定に関すること
  1. iOS 17にアップデートした対応デバイスで使用可能。
  2. 設定アプリから「一般」→「言語と地域」→「テキスト認識表示」をONに設定。
  3. Safari、写真、カメラアプリで縦書きテキストが含まれる写真や画像を表示。
  4. テキスト認識表示ボタンをタップし、縦書きテキストをコピー&ペーストや翻訳などで活用。

スポンサーリンク

スキャン/OCRの知っておきたい裏技情報まとめ

スキャン/OCRを利用する上で知っておきたい裏技・チート級のテクニックをまとめていきます。

裏技/Tips:iPhoneのOCR・テキスト認識機能の活用

裏技/Tips「iPhoneのOCR・テキスト認識機能の活用」について紹介します。

iPhoneのOCR・テキスト認識機能の特徴

  • 紙やディスプレイ上の文字をリアルタイムにテキストデータ化する機能。
  • iOS 15から「テキスト認識表示」が追加され、iOS 16で日本語の認識もサポート。
  • カメラやスクリーンショットを活用してテキスト化、コピペが容易。

iPhoneのOCR・テキスト認識機能の活用法や使い方

  1. カメラで映してテキスト化: チラシや手書きのメモ、案内板などの文字をiPhoneのカメラで映し、テキスト化する。シャッターボタンは使用せず、画面に表示される文字を自動認識。
  2. カメラロール内の写真や画像からテキスト化: 保存された写真や画像内の文字を、指でロングタップしてテキスト化。手書きやデザイン文字も高精度で読み取り可能。
  3. Safariの画像内文字のテキスト化: Webページ上の画像内文字も、指でロングタップすることでテキスト化できる。画像の文字の無い部分をロングタップ後「テキストを表示」を選択することも可能。
  4. スクリーンショットからのテキスト化: スクリーンショットを撮影し、テキスト認識表示機能を利用してテキスト化する。コピーできないアプリ内のテキストもこの方法でテキスト化可能。

この機能は、日々の生活やビジネスシーンで非常に便利であり、テキストデータ化する際の新たな選択肢となります。

スポンサーリンク

「スキャン/OCR」の基本仕様と設定に関する情報

スキャン/OCRの基本的な仕様とおすすめの設定についての情報をまとめていきます。

スキャン/OCRの基本的な設定

スキャン/OCRの基本的な設定は以下のようになっています。特に変更の必要がなければ、まずは基本の設定を理解することで、スキャン/OCRの使い方を学んでいくのが良いかと思います。

カメラでテキスト認識するための基本的な使い方

スキャン/OCRの基本的な使い方や設定について紹介します。詳細は公式HPでご確認ください。

iPhoneのカメラでできること
  • フレーム内に表示されるテキストをコピー、共有、調べる、翻訳する。
  • フレーム内のテキストに基づいて電話をかける、Webサイトを閲覧する、通貨を換算するなどのクイックアクションを実行。
iPhoneのカメラでテキスト認識表示の基本設定、操作方法
  1. 「カメラ」アプリを開き、カメラフレーム内にテキストを映します。
  2. 検知されたテキスト周辺に表示される黄色いフレームをタップして、以下の操作を行います:
    • コピー: テキストを他のアプリにペースト。
    • すべてを選択: フレーム内の全テキストを選択。
    • 調べる: Webの提案を表示。
    • 翻訳: テキストを翻訳。
    • Webを検索する: テキストをWebで検索。
    • 共有: テキストをAirDrop、メッセージ、メールなどで共有。
  3. グラブポイントを使用して特定のテキストを選択し、前述のアクションを実行。
  4. 画面下部でクイックアクションをタップし、電話をかける、Webサイトを閲覧する、メールを作成する、通貨を換算などのアクションを実行。
  5. 「カメラ」に戻るには、選択されたテキストの検出ボタンを再度タップ。
  6. テキスト認識表示をオフにするには、「設定」>「カメラ」から「検出されたテキストを表示」をオフにします。

書類スキャンの基本的な使い方

スキャン/OCRの基本的な使い方や設定について紹介します。詳細は公式HPでご確認ください。

iPhoneやiPadでできること
  • iPhoneやiPadを使用して書類をスキャンし、デジタル形式に変換。
  • メモアプリを使ってスキャンした書類に署名を追加。
スキャン/OCRの基本設定、操作方法
  1. 書類をスキャンする
    • メモアプリを開き、既存のメモを選択するか新しいメモを作成。
    • カメラボタンをタップして「書類をスキャン」を選択。
    • カメラファインダーに書類を収める。デバイスが「自動」モードの場合は自動的にスキャン。手動の場合はシャッターボタンか音量調節ボタンを押す。
    • スキャンした書類を調整して「スキャンを保持」を選択し、保存するか続けてスキャン。
  2. 書類に署名する
    • メモアプリでスキャンした書類を開き、「共有」ボタンをタップして「マークアップ」を選択。
    • 追加ボタンをタップし、「署名」を選んで既存の署名を追加するか新しい署名を作成。
    • 署名を書類に配置し、「完了」をタップ。
    • 手書きで署名する場合は、ツールを選択し、指先またはApple Pencilで署名。

「スキャン/OCR」のSNSの口コミ/評判

裏技のネタ探しにTwitterなどでの「スキャン/OCR」の反応をまとめておきます。

「スキャン/OCR」に関するX(Twitter)の反応

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitter検索用リンクはこちらです。「スキャン/OCR」と検索できます。

スキャン/OCRでできるようになったこと(過去ログ)

アップデート情報で古くなったものをここに載せておきます。

スポンサーリンク

「スキャン/OCR」の代替アプリ比較

「スキャン/OCR」の代わりとなる、あるいは併用すると便利なアプリについての情報をまとめます。

スキャン/OCRの代替アプリ:「一太郎Pad」

「一太郎Pad」についてご紹介します。

「一太郎Pad」とスキャン/OCRの比較ポイント

  • 文字読み取りに特化したテキストアプリで、誤字・脱字が非常に少ない。
  • シンプルな操作性でユーザーから高い評価を得ている。
  • 文書をカメラで撮影すると、読み取ったテキストが画像付きでメモとして保存される。
  • 一太郎とのシームレスな連携が可能で、段落の先頭に「#」を入力すると見出しとして扱われる。
  • 省入力ツールが用意されており、効率的な文章作成をサポート。

スキャン/OCRの代替アプリ:「Evernote」

「Evernote」についてご紹介します。

「Evernote」とスキャン/OCRの比較ポイント

  • 高機能なメモ・情報整理の機能を持つクラウドサービス。
  • 画像やEvernoteカメラで撮影した画像が自動的にOCR処理され、横断検索が可能。
  • Web版で「文字認識に使用する言語」を「日本語+English」に設定することで日本語のOCRが可能。
  • スナップショットとして保存した写真の文字を検索可能。
  • さまざまな情報・メモ・画像・ブックマークを一括管理できる。

スキャン/OCRの代替アプリ:「Googleドライブ」

「Googleドライブ」についてご紹介します。

「Googleドライブ」とスキャン/OCRの比較ポイント

  • Googleが提供するクラウドストレージサービス。
  • 複数人での共同編集や、Googleアカウントがない相手へのファイル共有が可能。
  • 画像やスキャンしたドキュメントの文字を認識し、キーワード検索が可能。
  • OCR処理されたファイルをGoogleドキュメントで開いて編集可能。
  • 2MB以下のPDFや写真ファイルのOCR処理に対応。

スキャン/OCRの代替アプリ:「Microsoft Lens – PDF Scanner」

「Microsoft Lens – PDF Scanner」についてご紹介します。

「Microsoft Lens – PDF Scanner」とスキャン/OCRの比較ポイント

  • Microsoftが提供する無料のOCR機能付きスキャンアプリ。
  • カメラで認識された文字列をテキストとして抽出し、音声で読み上げる機能がある。
  • メールアドレスを連絡先として認識し、デバイスのアドレス帳に直接追加可能。
  • キャプチャした画像をPDF、OneNote、Word、PowerPointとして保存できる。
  • 音声読み上げ機能「イマーシブリーダー」が利用可能。

スキャン/OCRの代替アプリ:「Googleレンズ」

「Googleレンズ」についてご紹介します。

「Googleレンズ」とスキャン/OCRの比較ポイント

  • 画像検索機能とOCR機能を備えたアプリ。
  • 画像から文字を読み取り、Google検索や翻訳に利用可能。
  • スマホとPC間でテキストを共有する「パソコンにコピー」機能がある。
  • テキストを音声で読み上げる「聴く」機能が搭載されている。

スキャン/OCRの代替アプリ:「Adobe Scan」

「Adobe Scan」についてご紹介します。

「Adobe Scan」とスキャン/OCRの比較ポイント

  • Adobeが提供する無料のOCR機能付きスキャンアプリ。
  • AIを利用した鮮明なスキャン機能で高品質なPDFを作成。
  • 文書や名刺、ホワイトボードのスキャンに適している。
  • 「保存したPDFに対してテキスト認識を実行」を有効にすることでOCR処理可能。
  • Adobe Acrobat Readerとの連携で機能拡張が可能。
スポンサーリンク

まとめ:スキャン/OCRのやっておくべきこと

最後までお読みいただきありがとうございました。

iPhoneユーザーは標準で利用できる機能であるスキャン/OCRですが、知っておくと時短につながったり毎日のルーティンに作業が簡単になる方法などをまとめました。

おさらいとしてこのページの内容をまとめておきます。

スキャン/OCRで知っておきたいことまとめ

iPhoneのスキャン/OCR機能の知っておきたいポイントまとめ

  • 対応言語: iPhoneのスキャン/OCR機能「テキスト認識表示」は、iOS 15から利用可能。英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語に対応
  • 使用方法: カメラアプリで文字の部分をかざすか、写真アプリで画像を表示する。画面右下に表示されるアイコンをタップして、認識されたテキストを操作(コピー、共有など)

iPhoneスキャン機能を活用したい便利なシチュエーション

  • 海外製品の説明書読解: 英語などの外国語の説明書や文書を日本語に翻訳して理解するのに役立つ​​。
  • パソコン画面の情報収集: パソコン画面に表示されている情報をテキストとして保存する際に活用可能。ただし、これにはプライバシーのリスクが伴うため注意が必要​​。

この機能は、特に海外の文書やスクリーンショットを読み取る際に便利です。また、パソコン画面の情報を簡単にテキスト化できるため、個人情報などの漏洩リスクがある場面では使用に注意が必要です。

スキャン/OCRのよくあるQ&A

Q
スキャン/OCR機能ってどんなことに使えますか?
A

文書や書籍、看板などに書かれたテキストをデジタルデータとして読み取り、コピーしたり翻訳したりすることができます。

Q
iPhoneのスキャン/OCR機能はどの言語に対応していますか?
A

英語、中国語、フランス語など複数の言語に対応しています。iOS16で日本語にも対応しました。

Q
スキャンしたテキストを他のアプリで使いたいです。どうすればいいですか?
A

スキャンしたテキストはコピーして、メモやメールなど他のアプリに貼り付けることができます。

Q
スキャン/OCR機能の使い方がわかりません。どうすればいいですか?
A

iPhoneのカメラアプリを開き、テキストがある部分を画面に映します。画面に表示されるアイコンをタップして操作します。

Q
スキャン/OCR機能のプライバシーのリスクはありますか?
A

はい、パソコン画面などに表示されているテキストを他人が読み取るリスクがあります。個人情報を扱う際は特に注意が必要です。

Q
スキャン/OCRで紹介されている機能が使えないのはなぜ?
A

まずはOSのバージョンをご確認ください。最新の機能に関してはOSのバージョンアップ(更新)が必要になる場合があります。

また、他のアプリやインストールを失敗することでエラー・バグが起きている可能性があります。

うまく復旧できない場合は、iPhoneの復旧ソフトに関する情報もまとめていますのでこちらもご参照ください。

「スキャン/OCR」に関する参考記事リスト

スキャン/OCRの他にも役に立ちそうな記事をリスト化しておきます。

iPhoneのトラブル対策の記事一覧

iPhoneを交換する
バックアップする
トラブル対処法
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ナイト フォート フォート ナイト」に関する最新情報です。

    『フォートナイト』国内iOS版が、2025年後半に再リリースされることが決定された。これは「スマホソフトウェア競争促進法」の制定によるもので、5年ぶりの復活となる。法律の目的は、スマートフォンのソフトウェア環境を整備し、競争を促進することである。この動きは、海外でもデジタル市場における競争促進の取り組みが進んでおり、日本もその流れに乗って法案が成立したものとされている。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20260613-297545/

  2. buchikuma-info より:

    「ナイト フォート フォート ナイト」に関する最新情報です。

    2025年後半に日本でEpic GamesストアとフォートナイトがiOSに登場することが決定された。背景には日本政府・国会によって可決された新法案があり、特定ソフトウェアに関する競争促進法案が影響を与えたとされる。EUでも類似した法律が運用されており、これに伴いEpic Gamesがスマートフォン版「フォートナイト」の配信再開を発表した経緯がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vd3d3Lm1vZ3VyYXZyLmNvbS9mb3J0bml0ZS1uZXctYmlsbC_SAQA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「カメラ レンズ アプリ」に関する最新情報です。

    ドイツの高級カメラメーカーLeicaが、iPhone用カメラアプリを無料でリリースし、同社製カメラの色味やレンズのボケ味を再現することが可能。アプリにはLeicaの高級レンズをシミュレートする独自のソフトウェアエンジンが組み込まれており、新しいレンズのシミュレーションもアップデート予定となっている。さらに、Leica独自のカラーサイエンスに基づいたプリセットも提供されており、ライカ製カメラと同じカラーグレーディングとフィルムプリセットを利用できる。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2406/07/news141.html

  4. buchikuma-info より:

    「利用 adobe アクセス」に関する最新情報です。

    Adobeの利用規約が物議を醸しており、同社のサービスやソフトウェアで使用されるデータがアクセス・監視される可能性があることが指摘されている。特に機械学習利用に関する規定に対する懸念が高まっており、クリエイターを中心に権利面を問題視する声もある。規定はサービス向上や法的問題の防止を目的として設けられているが、個人アカウントではコンテンツ分析を無効にすることも可能とされている。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240606-296456/

  5. buchikuma-info より:

    「acrobat acrobat あれこれ adobe」に関する最新情報です。

    Adobe AcrobatのPDFファイルには意外な使い方があることを紹介する記事のタイトルです。Adobe Acrobatを使ったPDFファイルの便利な機能や使い方について解説されています。

    https://www.lifehacker.jp/article/2406-how-to-use-adobe-acrobat/

  6. buchikuma-info より:

    「ナイト フォート フォート ナイト」に関する最新情報です。

    人気ゲーム「フォートナイト」のiOSアプリが英国で復活することが明らかになりました。新たなデジタル市場の規制法成立により、iOSアプリの配信が可能になる見通しです。英国内で公正な競争が保証され、Epic Games Storeとフォートナイトが英国のApp Storeで復活する予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwOTg0L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwOTg0L2FtcC8?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「microsoft apps volumetric」に関する最新情報です。

    Microsoftは、WindowsとMeta Questを連携させて「Volumetric Apps」と呼ばれる機能を発表しました。この機能により、3D空間内にウィンドウを配置したり、手で3Dオブジェクトを操作したりすることが可能となります。Volumetric Appsは、2024年5月21日に開催されたMicrosoftの開発者向けイベント「Microsoft Build 2024」で発表されました。具体的なデモでは、PCでMeta Questを使用すると、ウィンドウが空間内に表示され、手で3Dオブジェクトを操作する様子が紹介されました。この新機能は、CADアプリ「Creo」との連携も可能であり、開発はMeta Quest 3での動作まで進んでいることが示されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvNDhfN19yXzIwMjQwNTIyXzE3MTYzNTMwMjI2MTA2MzPSAQA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「ラリー 書類 書類 送検」に関する最新情報です。

    32歳の無職の男が、スマートフォンのスタンプラリーで位置情報を偽装して観光連盟が運用するデジタル通貨「ぎふ旅コイン」のポイントを不正に取得した疑いで書類送検された。男は16人分のアカウントを作成し、1万6000円分のポイントをだまし取ったとされている。この事件では、同様の手口で18万円分のポイントをだまし取った2人が有罪判決を受けており、さらに別の大学生も7000円分のポイントをだまし取った疑いで書類送検されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vd3d3LnRva2FpLXR2LmNvbS90b2thaW5ld3MvYXJ0aWNsZV8yMDI0MDUxNl8zNDMwONIBAA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「luminar lidar tesla」に関する最新情報です。

    テスラはLuminarの最大のLiDAR顧客であり、2024年第1四半期にLuminarの収益の10%以上を占めるほど多くのLiDARセンサーを購入しています。テスラの購入により、Luminarの収益は前年比で45%増加しました。一方、自動車以外の顧客へのセンサー販売の低下により、前四半期からの収益は5%減少しました。

    https://techcrunch.com/2024/05/07/tesla-is-luminars-largest-lidar-customer/

  10. buchikuma-info より:

    「english feature practice」に関する最新情報です。

    Googleは、新しい「Speaking practice」機能をテストし、ユーザーが会話の英語スキルを向上させるのに役立つAIを使用しています。この機能は、英語学習者がGoogle Search Labsに参加しているアルゼンチン、コロンビア、インド、インドネシア、メキシコ、ベネズエラのユーザー向けに利用可能であり、昨年発表された機能をさらに発展させたもので、文脈に沿った会話練習やフィードバックを提供しています。

    https://techcrunch.com/2024/04/26/google-improve-english-new-speaking-practice-feature/

  11. buchikuma-info より:

    「dos ibm microsoft」に関する最新情報です。

    MicrosoftはIBMの協力を得て、IBM PC用OSである「MS-DOS 4.0」をオープンソース化し、GitHub上でMITライセンスのもと公開した。これは、コナー・ハイド氏がかつてMicrosoftのCTOを務めたレイ・オジー氏にソフトウェアのコレクションについて問い合わせたことがきっかけとなった。Microsoftは過去に「MS-DOS 1.25」と「MS-DOS 2.0」をオープンソース化しており、今回の公開もその流れを受けて行われた。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2404/26/news178.html

  12. buchikuma-info より:

    「verse magzter news」に関する最新情報です。

    インドのVerSe Innovationは、インドのニュースアグリゲーターアプリDailyhuntの親会社であるVerSeが、Apple News+のライバルである人気のデジタルニューススタンドプラットフォームMagzterを買収したと発表しました。Magzterはインドで100万人以上の有料サブスクライバーを獲得し、世界中で8700万人のアクティブユーザーを誇っています。取引の金額は非公開ですが、MagzterはVerSeとの提携により、配信と技術パートナーを見つけたと述べています。

    https://techcrunch.com/2024/04/17/dailyhunt-parent-acquires-newsstand-app-magzter/

  13. buchikuma-info より:

    「ボタン iphone カメラ」に関する最新情報です。

    次期のiPhone(iPhone 16)のデザインには、新しいボタンの追加やProモデルのディスプレイの拡大、標準モデルのカメラ配置の見直しなどが予想されている。また、背面カメラの配置が縦に並ぶという情報もあり、新色の登場も期待されている。ただし、これらの情報は噂であり、公式情報ではないため、正確なデザインはiPhone 16の発表までわからない。

    https://japan.cnet.com/article/35217566/

  14. buchikuma-info より:

    「microsoft security internal」に関する最新情報です。

    Microsoftの従業員がセキュリティのミスで内部パスワードを公開しました。この問題は解決され、悪意のある者がMicrosoftの内部ファイルの場所を特定したりアクセスしたりする可能性があることが懸念されました。研究者が2月6日にセキュリティの問題をMicrosoftに通報し、Microsoftは3月5日に漏洩したファイルを保護しました。

    https://techcrunch.com/2024/04/09/microsoft-employees-exposed-internal-passwords-security-lapse/

  15. buchikuma-info より:

    「microsoft slack teams」に関する最新情報です。

    マイクロソフトがTeamsを分離することでSlackに与える影響は限定的かもしれない。Slackは2021年にSalesforceと提携し、MicrosoftのTeamsと競争する力を持つようになった。しかし、市場は成熟し、多くの大手企業が既に選択を行っており、解決策の交換は簡単ではないため、Teamsの分離が市場シェアに与える影響は限定的であるとの見方がある。

    https://techcrunch.com/2024/04/01/as-microsoft-unbundles-teams-it-might-not-have-the-impact-on-slack-you-think/

  16. buchikuma-info より:

    「ホテル 沿線 オープン」に関する最新情報です。

    2024年5月16日に、沿線まるごとホテル「Satologue」のレストランとサウナが期間限定特別サービスメニューでオープンすることが決定されました。このプロジェクトは地域資源を活用し、地域全体をホテルに見立てる取り組みであり、SatologueはJR青梅線の駅近くに位置しています。レストランには22席、サウナには4名まで利用可能で、禁煙です。Satologueのコンセプトは「里とつむぐ、物語」であり、地域の歴史や文化、自然を感じられる空間とサービスを提供することを目指しています。また、レストランやサウナのオープンにより、奥多摩の自然を楽しむ非日常体験が可能となります。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000127030.html

  17. buchikuma-info より:

    「microsoft inflection good」に関する最新情報です。

    マイクロソフトは、Inflection AIの共同創業者やスタッフ、技術の利用権を取得する契約を結び、具体的な金額は非公開。マイクロソフトはコメントを控えたが、同社の取締役であるReid Hoffmanは、Inflectionの投資家全員に良い結果を約束し、今後の成長に期待していると述べた。

    https://techcrunch.com/2024/03/21/microsoft-inflection-ai-investors-reid-hoffman-bill-gates/

  18. buchikuma-info より:

    「microsoft ai deepmind」に関する最新情報です。

    Microsoftは、Google DeepMindの共同創業者であるムスタファ・スレイマン氏をAIチームに迎え、AI強化を図る動きを見せている。スレイマン氏はMicrosoftの新しいチームでCEOを務めると同時に、エグゼクティブ・バイス・プレジデントも兼任する。これにより、Microsoftの人工知能分野での地位がさらに強化される見通しであり、Googleや他のビッグテック企業に対して優位性を示す可能性がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3Njk3L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3Njk3L2FtcC8?oc=5

タイトルとURLをコピーしました