PR

iPad買った時もApple Care +って必要?知っておきたい故障対策

iPhoneを買ったときは、スマホの保険について考えるようにしています。

スマホの保険は入らないほうがいい、と信じたい方のための記事
スマホが高機能になるのは大変好ましいのですが、流石に価格が吊り上がりすぎてもはや家宝として家に置いとくべきなんじゃないかと。しかし、故障と修理・盗難などのリスクは依然として存在します。保険料は払いたくないけど、必要性を考えたくない方のための情報をまとめました。
ぶちくま
ぶちくま

画面が割れるリスクは高いし、何より私はよく物を落とす。強化ガラスシートを貼っておいても、中から割れて結局買い替え、なんてこともやらかします。どうやって落ちたらそうなるんじゃ。

iPhone以外にも、Apple Care +というAppleの保険サービスを利用することはできます。iPadやMacなども「高額だからApple Care +に加入しておきたい」商品ですし、同時に「Apple Care自体が高すぎて手が出ない」と悩む部分でもあると思います。

このページでは、iPadを買ったけど、AppleCare+は必要になるのか?ということについて解説していきます。結論としては「不要」なのですが、大事なのは後悔しないことなので、iPadのApple Careについて考えておきたいことをまとめました。

iPadのApple Care +ってどんなサービス?

簡単に説明すると、以下のようなサービスになります。

  • 本体の12%〜22%の追加料金で利用可能(月額支払いもある)
  • (1年に2回まで)修理費用が4,400円の支払いだけになる
  • (80%未満のバッテリー消耗で)バッテリー交換が無料
  • アクセサリーの保証も受けられる
  • Appleサポートが手厚くなる

必要かどうか、という疑問に関してはこれから長々と解説しますが、iPhoneなら端末保証があってもいいのですが、iPadに関しては慎重に使う場合に関しては不要だと思います。

iPadのApple Care +の購入方法

  1. 新しいiPadと同時に購入する。
  2. iPadの購入日から30日以内に以下の方法で購入する:

買うときにApple Care +を同時購入するか、購入したデバイスから、「AppleCare+保証追加処理」をすることでApple Care +の保険をかけることができます。

Apple Care + に加入するまでの手順

  1. デバイス上で購入(「設定」>「一般」>「情報」>「AppleCare+ 保証を追加できます」を選択)
  2. オンラインで購入(お客様自身によるシリアル番号の確認とリモート診断が必要です)
  3. 直営店のApple Storeで購入(iPadの点検と購入証明書の提示が必要です)
  4. 0120-277-535に電話して購入(お客様自身によるリモート診断と購入証明書の提出が必要です)

https://www.apple.com/jp/support/products/ipad/

Apple Care +で保証される内容

  • 過失による故障の修理費用を負担
  • 基本保証を1年から2年に延長(月額契約では契約期間中)
  • バッテリー保証
  • ソフトウェアのサポート
  • Magic KeybordやApple Pencilなども修理対応
  • エクスプレス交換サービス

基本的には「端末保証の期間が1年から2年に延長される」というポイントと、「過失に対応」することが大事です。

iPhoneに関してはエクスプレス交換や店舗での有償交換サービスを利用することで、auなどのキャリアの保証と合わせれば新品相当の端末に交換することができます。

iPadに関してもエクスプレス交換が利用できるので、キャリアの保証サービスによってはエクスプレス交換費用が補填される可能性はあります。利用する前には必ず各キャリアの保証窓口にご確認ください。

延長される期間は1年間伸びるだけ?

Apple Care +のサービスを利用するかどうか考えるポイントとして重要なのが、Apple Care +で延長される期間です。

まず、根本的にAppleデバイスは購入した時から1年間は無料で修理保証があります。これが2年間となるのがApple Care +なので、延長される期間だけを考えるなら、1年間しか保証期間が延長されないサービスだとも言えます。

ただ、Apple Care +で保証される内容は、購入デバイスの自然故障だけではなく、自身の過失での修理などにも対応できるものです。

無料の1年間の修理補償は、あくまでも初期不良に対応するためのもの。Apple Care +を利用するかどうかは、期間というよりは保証のサービス内容が自分の使い方にフィットするかどうかが重要であると言えます。

基本保証とApple Care +の違い
  • 基本保証は無料、Apple Care +は本体の10〜20%程度の追加料金が必要
  • 基本保証では過失の故障は対象外(正規の修理料金が適応される)
  • Apple Care +の月額プランなら契約期間を2年以上も延長可能
  • 基本保証では、ソフトウェアの保証期間は90日間のみ

わかりやすく言い換えるなら、「お金を払えば過失の修理にも対応できるのがApple Care +」です。

私のブログでは「Apple Care +とauの保証プランを組み合わせれば新品のiPhoneに交換できる」という記事もありますが、修理料金が補助される保険と組み合わせることで、2年後に新品に交換できるのがApple Care +の最大の強みだと言えます。

スマートパスとAppleCare+を使い倒す【エクスプレス交換】
auのスマートパスの魅力は、AppleCare+との合わせ技でiPhoneの故障修理代金がキャッシュバックと言う、ただ1点のみ。プレミアムがiCloudと4年間補償で悩みどころ。

私のiPhoneが故障した時は、修理代金分の支払いをすることで新品のiPhoneに交換することができていました。iPadもエクスプレス交換に対応していることを考えると、有償交換も同様の対応は可能だと思いますが、テクニカルサポートに相談してみるのが一番だと思います。

バッテリー保証の価値

まず、AppleCare+のサービスでバッテリー交換をするためには以下の条件を満たす必要がアリアmす。

保持容量が本来の容量の80%未満になった場合のバッテリー修理サービス

https://www.apple.com/jp/support/products/ipad/

保持要領の80%未満となる場合のみが、バッテリー修理サービスの対象であるとされています。

iPadのバッテリーは2年では80%以下にはならない

iPadに限りませんが、昨今のApple製品はバッテリーの品質が上がり、2年くらいでバッテリーがへたることはありません。

2年間以内のバッテリー交換は、バッテリーの不具合でもない限りは対象とならず、メーカー由来のバッテリーの不具合の場合はそもそも無料で交換できる場合がほとんどであるため、Apple Care +でバッテリー保証による交換サービスを受けられることはほぼあり得ないと思います。

iPadのバッテリー残量は確認できない
iPhoneならバッテリーの状態が自分で調べられる

iPhoneだとバッテリー残量は「設定アプリ」のバッテリー項目から確認できるようになっていますが、iPadの場合は項目が用意されていません。

そのため、バッテリー残量による交換は、AppleCareの期限が切れる時に必ず確認しておきたいところですが、iPadに関してはAppleに問い合わせしてバッテリーの状態を調べてもらう必要があります。

ちなみに、iPhoneの修理の際に、遠隔で色々調べてもらったことがあるのですが、どうやらAppleはデバイスの状態をネットワークに接続していれば調べることができるようになっているみたいですね。バッテリーについて調べたいと思ったらApple テクニカルサポートに聞いてみるとわかりそうです。

ぶちくま
ぶちくま

Apple Care + のサービスを受けるにはバッテリーの状態を調べないといけないのに、これが自分ではわからないのは不親切ですね。

対象となるiPadモデルは?

AppleCare+の対象となるiPadモデルについてご説明します。とはいえ、基本的にiPadのモデルによる区別はなく、購入後30日までかどうかがポイントとなります。

AppleCare+の対象製品

  • iPad Pro
  • iPad Air
  • iPad
  • iPad mini

基本的にはApple Storeで新品で購入できるモデルは全て対応していると考えていいと思います。

iPhoneのApple Care +

iPhoneのApple Care +については、エクスプレス交換の裏技を書いた記事と、auの保証と組み合わせて使う方法について解説した記事があります。

スマートパスとAppleCare+を使い倒す【エクスプレス交換】
auのスマートパスの魅力は、AppleCare+との合わせ技でiPhoneの故障修理代金がキャッシュバックと言う、ただ1点のみ。プレミアムがiCloudと4年間補償で悩みどころ。
au修理代金サポート時代にAppleCareまで必要なのか
Appleの公式修理補償サービスがAppleCareなのですが、au経由で入会できるApple Care Serviceというものもあり「どっちを利用すべきか」悩んだ際に役立つ情報をまとめました。
MacbookのApple Care +

MacbookもApple Care +が必要か判断に悩むところです。記事を書いておきましたので興味がある方は是非一読くださいな。

MacbookにAppleCareは必要なのか「修理が必要なケース」
Macは高価な買い物ですし、購入時はショッピングハイになって「Apple Care も入っても値段変わらない」くらいの気持ちで加入されている方も多いと思いますが、Macbookに端末の保険は必要なのか?という話をしています。

保証で対象となるもの

iPad本体は当然、AppleCareの保証対象となるのですが、付属品や購入したアクセサリーなども対象となります。

保証の対象は以下の通りです。

  • iPad本体
  • バッテリー
  • Apple Pencil
  • Apple製iPad用キーボード
  • 付属のUSBケーブルと電源アダプタ
  • 過失や事故による損傷に対する修理などのサービス(1年間に2回まで。1回につき、iPadは4,400円、Apple PencilまたはApple製iPad用キーボードは3,700円の税込サービス料がかかります)
アクセサリーも修理可能

Apple Care +の嬉しいポイントとして、iPadと一緒に使用する「Magic  Keyboard」や「Apple Pencil」といったアクセサリーも保証の対象となることがあります。

AppleCare+はiPadでの利用でもお得なのか

一概に言えることではありませんが、iPadはスマホよりは壊れるリスクが低く、デバイスも安価なものもあるので無理にAppleCare+に加入することはないと思います。この辺りの理由について解説していきます。

保険は「悪いことが起きる」ことにベットするギャンブル

まず、AppleCareは保険なので、言い換えると「壊れる方に賭ける」ギャンブルです。しかし、保険なので本当のギャンブルとは違い、ある程度は自分で事故の確率をコントロールすることはできます。

ぶちくま
ぶちくま

簡単に言えば、普段から壊れないように気をつけて使用すれば壊れる可能性は減らせるよね、ということです。

しろくまさん
しろくまさん

逆に言えば、壊れることを気にせずに使用したかったり、普段からモノを落としやすい、うっかりしやすい特性のある方には保険をかけておいた方がストレスなく過ごせるようになります。

一概に何をお得とするかは人によりますが、本体価格の15%程度もする保険ですし、ほとんどの方にとっては保険をかけるよりは「壊さないように大事に使う」方があっているのではないかと思います。

デバイスを壊す可能性は人それぞれ

ただ、私の場合は、どうしても気付かぬうちにiPadをソファの上に置いておいたり、子供も気にせず走り回ったりするので、精神衛生上は保険をかけておいた方が子供を余計に叱りつけたりせずに済むので、こう言ったケースではAppleCareには入っておいてもいいのかな、と思います。

また、子供の予期しない行動(よだれ、お茶をぶちまける、人形と戦わせるetc)は当然故障リスクを高めますが、自分の老化現象についても無視できません。手の握力は衰えますし、皮膚感覚は鈍くなります。反射神経だって衰えます。

「自分は壊さないだろう」と考えている人は、だいたい自分のことを甘く評価しているところがあるので、こういう方こそ保険を利用するべきだったりします。

iPadを壊しやすい人の特徴
  • リスク評価が苦手、大雑把な性格
  • ワーキングメモリ(短期記憶のようなもの)が弱め
  • 認知機能が低下気味
  • 反射神経が衰えてきている
  • iPadの使用方法がスマホに近い

使用環境を見直す

また、自分がどれだけ気を遣って使用していても、電化製品は壊れる時は壊れます。特に電化製品が壊れやすいのは使用環境に依存します。湿度が高かったり、室温とはかけ離れた「低温/高温環境」での利用が多い場合には故障リスクは高まります。

ぶちくま
ぶちくま

部屋が埃っぽかったり、直射日光に当たりやすかったりなどの室内環境も影響しますね。

iPadが壊れやすい使用環境
  • 部屋が散らかっている、埃っぽい
  • iPadに直射日光が当たる
  • 室温が極端に低い/高い
  • 常時バッテリー接続するほど使用する
  • 長期間使用しない期間がある

自然故障・初期不良は考慮しない

ほとんどの自然故障のケースは初期不良で使用して数ヶ月以内に故障が見つかります。この点は一般の製品保証でも十分ですし、バッテリー異常などでリコール対象となる可能性もあり、これらはメーカー側に修理責任があります。

基本的にはAppleCareにはいるかどうかは、「自分が壊すかどうか」で考えるだけでいいと思います。

どのiPadならAppleCare+が必要になるか

結論としては、「iPad ProならAppleCare+に入る価値がある」という感じです。

iPadモデルとAppleCare+の価格表

機種AppleCare+ 料金AppleCare+ の修理費通常修理費差額本体価格本体価格とApple Careの価格比
iPad Pro 12.9インチ Wi-Fi¥18,480¥4,400¥85,580¥62,700¥129,80014%
iPad Pro 11インチWi-Fi¥16,280¥4,400¥60,280¥39,600¥94,80017%
iPad Air¥8,800¥4,400¥49,280¥36,080¥69,08013%
iPad¥8,800¥4,400¥30,480¥17,280¥39,80022%
iPad mini Wi-Fi¥8,800¥4,400¥41,480¥28,280¥59,80015%

差額は「通常修理費ー(AppleCare+の価格と修理費用を足したもの)」です。

ぶちくま
ぶちくま

簡単に言えば、高額なモデルほどAppleCare+の必要性が高まる、という感じになります。

安いiPadは不要?

無印iPadやiPad miniは、(Apple製品にしては)比較的安いタブレットになります。端末の価格が安いので、当然Apple Careの価格も控えめにはなるのですが、その分、端末に対しての本体価格の20%が保険費用として必要になります。

しろくまさん
しろくまさん

iPadの修理が必要になっても、Apple Care代との差引で2万円ほどしかお得にならないし、修理に2万円払うなら、新しいiPad買った方が良さそう。

Apple Care +を利用するケース

最後に、どんな方ならAppleCare+を利用すべきかをまとめておきたいと思います。

  • 子どもがいる環境で使う
  • 物忘れが多い
  • 注意散漫がち
  • モノを落としがち
  • 部屋が散らかりがち
  • iPadは持ち運ぶことが多い
  • 神経質に扱いたくない

iPadでAppleCare+が必要になる理由

まとめです。

安いiPadには不要、高いiPadなら検討

iPadの場合は、単価が高めではありますが、iPad AirやiPad、iPad miniはiPhoneほど効果ではありません。これらの(Apple 製品の中では)比較的リーズナブルに手に入るモデルに関しては、Apple Careの必要性は下がると思います。

一方で、iPad Proに関しては、同程度のスペックであるパソコンなどよりもずっと効果です。そして、タブレットである以上はパソコンよりは持ち運んで使用することが考えられます。

iPad Proを利用する場合に関しては、Apple Care +の加入を考えておいた方がいいと思います。

アクセサリも使うならAppleCareがあってもいい

また、iPadに関してはスマートキーボードやアップルペンシルなどのアクセサリを使うことが多いと思います。しかも、これらのアクセサリは高額。iPadが壊れなくても、付属品の修理にも適応できるので、比較的故障頻度の高いアクセサリの保証も考える時には案外お得に感じるかもしれません。

スマートキーボードは、接触不良で使えなくなったことがあるので、「アクセサリは対応していません」「サポートしていません」などのエラーメッセージが出てきた時には修理依頼ができるというのは覚えておきたいところです。

iPadにはAppleCare+が不要だと思う理由

iPhoneに関しては、外出時には必ず持ち歩きますし、外でもカバンやポケットから取り出す動作が多くなります。この時に、落下させるリスクが高いので、スマホの保険というのは意識して加入すべきだと考えられます。

しかし、iPadにおいては、カバンの中に入れておき、移動中に取り出すということはほとんどないと思います。

仕事などで資料を顧客に見てもらったり、専門職で特別なアプリを使って統計を取るなど、特定のシーンにおいてはiPadを外で利用する場合はあると思いますが、個人のプライベートでの利用シーンであれば、タブレットを取り出すよりはスマホを取り出すことでほとんどの場合は需要が満たされると思います。

カバンの中に入れておいても、他の荷物と一緒に入れておくことで故障につながることはありますが、ケースなどに入れておけば故障リスクを下げることはできます。

ぶちくま
ぶちくま

つまり、iPadはスマホに比べればずっと壊れにくいということ。スマホはよく落とすし、雨にも濡れるし、うっかりすれば洗濯もしてしまう。iPadはよほど気をつけないと洗濯しない!

Apple Care +加入時の注意点まとめ

  • iPad購入時、または購入後30日以内までに加入する必要がある
  • 2年経過、もしくは保証を12か月以内に2回使った時点で実費修理
  • 紛失・盗難は保証されない
  • 改造やApple正規代理店以外での修理を行った端末は対象外

心配ならスマホの保険を考える

当サイトで取り上げたことのある、「モバイル保険」であれば、自分が使用しているスマホに加えて、普段使っているiPadに関しても保証を受けることができます。

ぶちくま
ぶちくま

iPad Proを外出先でも使用する」という方には、何かしらの保証があった方が安心だとは思うけど、モバイル保険なら手軽に、スマホとも保険をまとめられるのでおすすめですよ!

モバイル保険とjustInCaseを比較する「スマホの保険評価」
モバイル保険が便利すぎて、キャリアの端末補償やAppleCare+の必要性が薄れたのですが、現在はさらにお得な保険も出ているようなので比較してみました。

【PR】

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「修理 診断 修理 診断」に関する最新情報です。

    Appleは、セルフサービス修理診断のサポートを欧州32カ国に拡大し、iPhone、Mac、Studio Displayの修理が必要かどうかを自身で診断できるようになった。この診断ツールは、Apple正規サービスプロバイダや独立系修理プロバイダと同様の機能を提供し、部品の機能性や性能をテストして、修理が必要な部品を特定できる。Appleは製品の寿命延長を目指し、安全で手頃な価格の修理オプションを提供する取り組みを行っており、今後2025年にはカナダでもサポートが予定されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJ2h0dHBzOi8vZ29yaS5tZS9hcHBsZS9hcHBsZS1uZXdzLzE1NDAyNtIBAA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「apple iphone repair」に関する最新情報です。

    Appleは州の議員からの圧力を受けて、「部品ペアリング」に関して譲歩し、iPhoneの修理をやや容易にする取り組みを始めることを発表した。これは長年にわたり厳格なルールが適用されてきたiPhone部品の交換に関する取り組みの逆転であり、一部のiPhoneモデルから始まり、将来的には中古部品を使用することが可能になる。これにより、第三者修理店や自宅で修理を行う人々が不満を抱いていた部品ペアリングの実践が変化する可能性がある。また、州の議員たちがこの実践を禁止しようとしており、Appleはそれに対応する形で変更を行っている。これらの変更はAppleの第三者修理に対する長年の姿勢の大きな逆転であり、修理の擁護者たちはこれを最低限の取り組みと見なしている。

    https://www.wired.com/story/apple-iphone-parts-pairing-right-to-repair/

  3. buchikuma-info より:

    「iphone 月額 キャリア」に関する最新情報です。

    2024年4月7日、携帯電話キャリア各社がMNP等で残価設定型契約に加入することを条件に、iPhone15やiPhone14を格安で提供している。ソフトバンクはiPhone15を月額1円で提供し、iPhone14は3社全てが月額1円~2円で提供している。iPhone15は1年後の返却を前提としており、iPhone14は2年後の返却を前提としている。新生活でiPhoneを新たに使用する場合は、2年間利用可能なiPhone14がより長く安定して利用できると感じられる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4NDU5L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4NDU5L2FtcC8?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「故障 iphone 修理費用」に関する最新情報です。

    突然のスマホ故障に焦らないためには、高額な修理費用を回避する方法として、NTTドコモの「いつでもカエドキプログラム」を利用して早期返却することが紹介されています。記事では、姉のiPhone 13 miniが突然故障し、修理費用が高額になった事例が紹介されており、故障時利用料を支払うことで返却を成立させ、残価の支払いを免れることができると述べられています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2403/27/news086.html

  5. buchikuma-info より:

    「アクセサリー アクセサリー 機種 ケース」に関する最新情報です。

    株式会社FOXが運営するオンデマンドプリントのテックアクセサリーサービス「caseplay」は、2024年3月19日より初音ミクの新デザインスリムプロテクションケースを販売開始する。スマートフォンケースやイヤフォンケース、ウォッチバンド、スマートグリップスタンドなど100機種以上に対応し、Android向けのデザインも豊富。また、画面割れ補償サービスやMagSafe対応カードウォレットなどの特徴もあり、環境に配慮したビジネスモデルを採用している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vd3d3Lm5pa2thbi5jby5qcC9yZWxlYXNlcy92aWV3LzE3MTE4M9IBAA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「apple apple 濡れ iphone」に関する最新情報です。

    Appleが「濡れたiPhoneを米びつに入れるのはやめろ」と発表し、正しい対処法について議論が盛り上がっている。iPhoneに水が入った場合、Appleは特定の警告が表示されたり電源が入らなくなった場合に対処法を提供している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS8yNDAzLWRvLW5vdC1wdXQtYS13ZXQtaXBob25lLWluLXJpY2Uv0gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「盗難 設定 iphone」に関する最新情報です。

    1月23日にリリースされた「iOS 17.3」では、iPhoneの盗難時に端末を保護する新しい設定が追加されました。この設定は、盗難された場合に端末内のデータにアクセスできないようにするためのものです。設定は「設定」アプリの「Face IDとパスコード」(一部機種では「Touch IDとパスコード」)からアクセスできます。設定をオンにするだけで、盗難時に有効な保護機能が利用できます。最新の情報を把握しておくことや、複数のデバイスを使用してiPhoneを置き忘れないようにすることも重要です。

    https://toyokeizai.net/articles/-/730333?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  8. buchikuma-info より:

    「buy macbook macbook buy」に関する最新情報です。

    タイトル:どのMacBookを購入すべきか?
    見出し:どのMacBookを購入すべきか?, あなたも興味があるかもしれません…, WIREDクーポン
    トピック1:
    トピックのキーワード:MacBookを購入する、MacBookを購入する
    トップ段落:
    エンティティ:午前9時MacBookを購入すべきか?助けましょう。MacBookは2006年に導入され、カスタムARMアーキテクチャを採用し、元々iOS用に作られたアプリケーションを実行できるようになりました。2023年には新しい詳細があります。名誉ある言及は毎日行います。何かを購入する場合は、次に進んでください。M3の処理を受ける次のラインです。Appleによれば、M3チップを搭載したMacBook Airは13インチと16インチの間で13.3インチの画面を持ち、前モデルよりも13.6インチのスクリーンがあります。これにより、両方のThunderbolt 4ポートが解放され、高速充電に対応しています。私は画面の明るさを約30%に設定し、約6時間使用しました。M1 GPUの性能には満足していますが、タブの切り替えなどの操作はやや遅く感じました。私の推奨は、16GBのメモリを搭載したMacBook Airです。過去1年間、複数のタブとウィンドウを開いていましたが、問題はありませんでした。また、

    https://www.wired.com/story/which-macbook-should-you-buy/

  9. buchikuma-info より:

    「repair apple iphone」に関する最新情報です。

    タイトル: Appleは修理法を推進しているが、iPhoneの修理にはまだ制限を設けている
    見出し: Appleは修理法を推進しているが、iPhoneの修理にはまだ制限を設けている、支持者はAppleのアプローチにまだ改善の余地があると考えているが、それでもホワイトハウスの修理推進に連携している、ヘルプデスク: テクノロジーを自分のために使う
    トピック1:
    トピックのキーワード: 修理 apple iphone まだ apple 修理 iphone 修理 法 法 まだ 制限 制限 iphone
    トップの段落:
    エンティティ: イラスト:エレナ・レイシー/ワシントン・ポスト7分コメントストーリー壊れたiPhoneの画面はかなり一般的です。充電が持たないiPhoneのバッテリーも同様です。保証期間中にバッテリーを交換すると、69.99ドルから129ドルの間の費用がかかります。しかし、近所の修理店に頼むことが最善の選択肢かもしれません。本物の部品で修理される可能性があります。ただし、それは必ずしもあなたの電話を意味するものではありません。広告手頃な価格の修理は、ミシガン大学の研究者によると、オリジナルの機器メーカー(OEM)の部品を使用しているかどうかに関係なく、修理店が提供する場合があります。しかし、それらは必ずしも元

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiXmh0dHBzOi8vd3d3Lndhc2hpbmd0b25wb3N0LmNvbS90ZWNobm9sb2d5LzIwMjMvMTAvMjUvYXBwbGUtaXBob25lLXJlcGFpci1wYXJ0cy1iYXR0ZXJ5LXNjcmVlbi_SAQA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「上がり iphone 使い」に関する最新情報です。

    「iPhone 15 Pro Max」は、新しいiOS 17と「ショートカット」機能により、使い勝手が大幅に向上している。IT部門を支援してきた石黒直樹氏が実際に使ってみて、細かな完成度の向上を感じたと述べている。この新しいモデルは、6.7型ディスプレイを搭載しており、仕事柄毎年買い換える人にとって魅力的な選択肢となるだろう。また、Appleのイベントで発表された情報やリークによると、実機の操作性や使い勝手も大幅に向上しており、多くの人が期待しているという。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2310/03/news039.html

  11. buchikuma-info より:

    「iphone キャリア apple」に関する最新情報です。

    iPhoneの下取り金額が一番高いキャリアは、ドコモ、ソフトバンク、au、Appleなどの中でNTTドコモが最も高額です。一部の機種では増額キャンペーンも実施されています。ただし、iPhone 14シリーズは機種変更やのりかえの対象外であり、auではPayPayポイントを利用することで若干お得になります。また、Apple StoreではiPhone 14 Pro Maxの下取り金額が最大115,000円で、全体的に価格が高めです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKWh0dHBzOi8vb3RvbmEtbGlmZS5jb20vMjAyMy8wOS8xNy8xOTMyNjIv0gEtaHR0cHM6Ly9vdG9uYS1saWZlLmNvbS8yMDIzLzA5LzE3LzE5MzI2Mi9hbXAv?oc=5

タイトルとURLをコピーしました