PR

Homekit最新製品2024「HomePodやAppleTVと一緒に」

スポンサーリンク

HomePodだけじゃなくても、iPadやAppleTVなど、AppleHomeのベースとなるデバイスがあれば対応可能です。

現状、日本のメーカーでAppleのスマートホームシステムの主軸となるHomekitに対応してくれるメーカーが少ないので、「どのようにスマートホーム化」すればいいのか、わかりやすいモデルケースが少ないのが現状です。

ぶちくま
ぶちくま

特に、これから家づくりをする方は、従来の形にとらわれず、「どんどん拡張して便利になっていく家」として、対応しやすい形にしておくことがお勧めです。

スポンサーリンク

Homekitに対応する必要はあるのか

そもそも、Homekitって何よ、ってところや、Homekitに拘らない方がいろんな家電が使えて便利なんじゃないか、というお話だけしておきます。

Homekitに対応していなくても、Appで対応する

例えばルンバのような、ある程度の家電になってくれば、Homekitというシステムを組み込まずに、自社製のアプリをリリースしてアプリ経由で、iPhoneなどのデバイスで操作する、というのが主流です。

アプリでの対応は、現状ただの「リモコン」

ぶちくま
ぶちくま

とは言え、この場合だと「管理すべきアプリ」が増えていくばかりで、ただのリモコンがスマホの中に入っているのとそう対して変わらないというのが現状。

よめくま
よめくま

そうじゃなくて、「これやって」と言ったら、勝手に家電が適切に操作されるくらいになって欲しいんだよね。

アプリをショートカットで操作する

ぶちくま
ぶちくま

ただ、アプリさえ対応していてくれれば、「ショートカット」という純正機能を使って、Siriがオートメーション化してくれる未来はあり得るようです。

アプリで対応している場合は、少し手間ですが、「ショートカット」というApple製のアプリを使用することで、スマートホームに最適な形に使えるようにカスタマイズすることができます。

ショートカット

ショートカット

Apple無料posted withアプリーチ

この辺りは、HomePodを使って音声操作する方法を書いた記事がありますので、そちらを参考にしてみてください。

HomePodのSiriを活躍させるための方法【誰でも簡単に家電操作】
HomePodを購入したのに、音楽再生にしか使用しないなんてもったいない、と鋭い視線を感じるので家電操作できるように細かな設定を付与してSiriに働いてもらうことにしました。

IFTTTで管理する

ショートカットを使って慣れてきたら、IFTTTという、「こういう状態になったら、あれをやって」というコマンドを作ることができるシステムがあります。

これが理解できると、さらにSonyの「MESH」のような製品と組み合わせて、無限大にスマートホームが作れるので、ぜひ、参考にしてみてください。

ぶちくま
ぶちくま

MESHは、こどものプログラミング教育の教材としても紹介しましたが、大人でも(というか、大人こそ)夢中になってしまう、「家全体をおもちゃ」にできるアイテムです!

プログラミング教育に導入したい知育玩具(おもちゃ)
プログラミングトイが人気なようで、学研のニューブロックにすらプログラミングモデルが投入される中、「どれを買えば間違いないのか」を考えてみました。
スポンサーリンク

アプリで管理できる家電製品例

Homekitを使用するにあたり、対応している家電がこれからどれくらい増えていくのか、下調べしていきます。

各メーカーの動向と将来性

日本の家電総合メーカーや、AppleやGoogle、Amazonといった企業がどのようにHomekitやスマートホームデバイスに取り組んでいくか、考えてみました。

日本メーカーは自社製品の連動が中心

キッチンのスマートホーム化でも少し紹介しましたが、SHARPあたりは実用性で一歩リード、Panasonicはかなり大きめの風呂敷を広げた状態なので、最終的には「家中丸ごとスマートホーム」には一番近い存在。

主役はスマホOSか

あとは、各家電がアプリなどで対応しているけど、これからの時代は、アプリなどの機能をいかにOSで管理できるようにまとめあげられるかがポイントになりそうです。

ぶちくま
ぶちくま

つまり、SiriやOK Googleが主役になるってことですね。

Appleはコンセプト的にはOSとの連動性が一番高いHomekitという仕組みを作っているけど、開発側の(日本)メーカーが乗り気じゃない。

Googleはアプリ開発はしやすい環境だけど、統合させる作業で少し難がありそう。

売り出しやすいのは、Alexaが使えるAmazon勢。既にEcho製品はかなりのシェアを獲得しており、使いやすい「スキル」が魅力。Amazonなら、海外メーカー含めて、たくさんの種類が安価に手に入るので、スマートガジェットと相性が抜群。

スマートキッチンを目指して、最強自動調理家電とIoT
IoTって顔文字みたいですね。このページでは、スマートホームを目指して行き着いた先には「なんとか料理せずに暮らせる」家にすること。まずは必要な家電をピックアップし、今後のキッチン家電の動向を占います。

メーカーで分ける

実際に、メーカーがどのようにスマートホームに取り組んでいるのか。ここではサクッといきます。

SHARP

シャープは「COCORO +」というアプリを中心に、ヘルシオなどの主力キッチン家電から、COCOROメンバーの取り込みを目指している感じです。

既にヘルシオで、料理系の便利さを実感させてくれているSHARPが一歩リードしていると思います。展開もわかりやすく、家電を生かしたサービスへの展開力も十分かなと。

Panasonic

Panasonicは、HomeXというくらしの統合プラットフォームと銘打ったプログラムがスタートしています。

Panasonicは、ほぼ全ての家電を手掛けていて、しかもPanasonic Homesという「家」自体を媒体として展開していけるのは強すぎます。つまり、家一軒を丸ごとスマートホームとしてPanasonic製品でデザインして、顧客に売り込めるわけです。

スマートホーム化は、家づくりのプランと合わせて考えていくべきですが、実際のところ、将来性など配慮してプランニングできる方はまだまだ少ないと思います。この辺り、Panasonicがひとつのモデルケースになっていくような予感はします。

ただ、現実問題、今の製品を見る限りだと、他社とやってることは変わらない。なんだったら、SHARPの方が実生活に食い込んできているかと。

むしろサクッとAppleかGoogleあたりのOS利用を軸に展開した方が「早い」感じはしますね。

日立

日立は「コネクテッド家電」やら「ハローハピネス」など、何か打ち出している感はあるのですが、実感として何が変わってきたのかはよくわからないです。

iRobot

iRobotもHomeアプリを出しています。iRobotに関しては主力製品のルンバの操作程度なのですが、将来的に怖いのが、「間取りのマッピング機能」や「実際に家中を走行する活動性」にあると思います。

ぶちくま
ぶちくま

どの家電もアクティブに動いたりはしない中、ロボット掃除機は動くのが仕事。もしかしたら、将来的にルンバ進化系が全ての家事をやってくれる、なんてことも。

確か、iRobotの社長もそんなことをどこかにコメントしていたような。

しろくまさん
しろくまさん

ただ、実際問題は、Roombaで手に入れたマップを、ホームブリッジに活用してもらう、くらいが現実的なような気がします。

スポンサーリンク

Homekit対応製品を吟味する

実際に対応しているHomekit対応製品をチェックしていきます。

Amazonのリンクはあくまでも参考値で、Homekitに対応した製品が出るという予想で貼っているものもあります。リンク先の商品はHomekitに対応していない製品もあります

スマートホームを目指す場合は、Siri対応よりもAlexaの方がやりやすいので、その辺りも含めてご検討ください。

https://www.apple.com/jp/ios/home/accessories/

ホームブリッジ

ホームブリッジが馴染みのない家電なのですが、照明などを操るためのアイテムというか、家の中心に置いておくリモコンというか、家電操作のハブとなるような、なんというか中継点みたいなものです。

しろくまさん
しろくまさん

多くのデバイスがBluetoothを通信として使っていたりしますが、Bluetoothだと家の外のデバイス(スマホ)まで電波を飛ばすことができません。

ぶちくま
ぶちくま

家の真ん中に置いておいて、Bluetoothの接続をよくしたり、WiFiにつないでスマホに情報を伝えたりしてくれます。

Philips Hue ブリッジ

例えば、現在、Homekitに対応している照明は、ほぼほぼPhilipsのHueくらいなものです。

これを、例えばSiriやAlexaで音声操作で一斉制御するためには、Philips Hue ブリッジというスマートデバイスを用意する必要があります。

Siri(HomeKit)とAlexaの比較【対応状況と汎用性】
SiriとAlexa、嫁にするならどっち?家に置いておくスマートスピーカーの選択肢にHomePodも追加されたいま、ベストアンサーを探ります。

WiFiルーター

ブリッジというのも、何だかまとめられればいいのですけど、WiFiルータがその役割を担うことで、情報も操作性も通信も、全てがコンパクトになる予感があります。

LINKSYS VELOP Mesh WiFi Tri-band

あまり日本の狭小住宅事情だと不要な気がしなくもないですが、最近の主流はメッシュWiFiです。複数のルーターを置いて、家中快適なネット環境になる、というもの。

ぶちくま
ぶちくま

これまでの中継機とは違い、全てがメインルーターなので、回線速度が落ちることなく快適に使えるのです。

Homekit WiFiで何ができるの?

With Apple HomeKit, Linksys Velop Tri-Band Mesh WiFi Systems gives you even more protection of your HomeKit accessories and an easy way to manage what they are allowed to communicate with in your home and through the internet.

https://www.linksys.com/us/p/P-WHW0303/

というわけで、まだHomekitとして力は発揮されていないのですが、将来的には、このWiFiでつながった家電のネットワークセキュリティを高め、しかも快適に使用できるような、ハブ的な使い方ができるようになるのではないか、という予想です。

将来的にはWiFi端末がブリッジ化して家電フィードバック

WiFi制御くらいなので、できることは限られそうですが、Homebridgeのように家電を操作しやすいシステムを構築して、かつ家電の操作状況をフィードバックしてくれるような機構になってくると、スマートホーム化する際の必須アイテムになりそうですね。

照明・ライティング

とりあえずPhilipsHueのLEDライトが対応してくれているので、こちらは実生活に投入しやすい上に、照明はスマートホーム化できたときの実感も大きいと思いますので、お勧めです。

新築での失敗しない照明の選び方【スマートホームガイド】
家を建てて3年ほど経過しましたが、「照明」は失敗の多い事案だなと痛感しているので記事にまとめました。各部屋の注意点や失敗ポイント、基本的な知識をまとめました。

スマートプラグ・コンセント

こちらはスマートコンセントのような使い方ができるアイテム。

【HS105レビュー】スマートプラグで家中快適にはならない
TP-Linkのスマート(WiFi)プラグであるHS-105を購入して実際に使っているのでそろそろレビューしたいと思います。まず、スマートプラグに過信しすぎていたこともあり「思った以上に使えねぇな、こいつ」といったところですが、あったらあったで便利なので、オススメは指定おきます。

Meross WIFIスマートプラグ

Homekitに対応しているという点で選ぶなら、今のところMeross一択のようです。ただ、実用性という点でスマートプラグがどれほど役に立つかというのは疑問。

Eve Energy

日本の場合は、コンセントが独自規格なので対応製品があまり発売されませんね。Eve Energyはレビューを見る限りはそれなりに評価が高いスマートプラグ。

スマートプラグなので、それほどできることはないと思いますが、ElgatoのEveシリーズはかなりHomekitに対応しているようなので、本格的に日本向けに稼働した際にEve統一することで(仮にHomekitがこけたとしても)Elgatoのアプリで簡単に操作できるようになりそうです。

各種センサー

Homekitに繋がった家電を起動させるトリガーとなる情報を集めるために、センサー系のガジェットを家に配置する必要があります。

ただ、トリガーは、例えばホーム(セキュリティ)カメラのように、それ自体がアクションを起こす家電が備えていることもあるので、必要であれば買う、くらいでいいと思います。

Elgato Eve

スマートホームの起点となるトリガーを設定する際に、家の状態を知るためのセンサーがあると便利です。

センサーは、気温や湿度などの温度計センサーなどのわかりやすいものから、窓・ドアの開閉検知、人感センサーなど、「何をしたいか」によって設置するセンサーを選んでいく感じになります。

Room

過去製品はdegreeで温度センサーでしたが、Roomと名前を改めてリモデルしてきました。

Weather
Door&Window

モーションセンサーに近いと思いますが、ドアや窓の開閉を感知するもの。動作させるものではないので、あくまでも開閉状態を教えてくれるものです。

基本的には、「玄関のドア」を開けたら家の電気が点灯、みたいな使い方です。

家の中に罠を仕掛けるなら、「冷蔵庫が開いたら」「ダイエット中でしょ!」と録音した怒声が響く、みたいなこともできます。

Motion

こちらは人感センサー。セキュアカメラのトリガーにしてもいいですし、家族の安否確認なんかにも使えます。

少し高度になると、「12時から13時の間に、部屋に人がいる場合は、薬を飲むリマインドを出す」みたいなこともできます。設定は面倒ですけど。

NETATMO(ネタトモ) ウェザーステーション

NETATMOのWeather StationがHomekit対応予定です。

ウェザーステーションは、センサーが豊富で二酸化炭素などの測定も可能みたいです。二酸化炭素をどう活用するかはわかりません。呼吸の排気検知とかでしょうか、スパイ映画みたいですね。

外部センサーへの拡張性に期待

Eve系でよくないか、と言われると何とも言えないのですが、ウェザーステーション自体の拡張性が高いのが特徴です。

例えば日本なら屋外に花粉計測器などを設置して、花粉が多い日には自動で通知が行き、マスクなどのリマインドをしてくれる、というのがスマートホームらしさ。自動で空気清浄機が起動するように設定できる、ということができるようになりますね。

スイッチボット

自動でスイッチを押してくれるデバイスで、電気工事まではしたくない、壁の電気スイッチなんかに取り付けて遠隔操作できるようにします。

Philips Hue ディマースイッチ

壁埋め込みのスイッチのような雰囲気ですが、プレートは貼り付け可能で、配線工事は不要。本体は電池式。

ただし、Hue ブリッジがないことにはスマートホーム化はできないようなので、結局、「物理スイッチが欲しい」という要求を満たす場合にのみ使用。

Eve Button

Eveを紹介しすぎてElgate の回し者みたいになってきましたが、実際、Apple のHomekitに対応している製品が少なすぎるのが問題。

冷暖房器具

冷暖房器具は、冬の寒い朝や汗だくで帰宅する夏には便利なのですが、設定を失敗すると旅行中に起動したりするので注意が必要です。

もちろん、温度センサーを入れて、「○℃以上になったら通知/電源オフ」など設定しておけばいいんですけど、だんだん自分でも何をさせているのかわからなくなってくるのがスマートホームの罠。

デロンギ マルチダイナミックヒーター

機能面は申し分ないヒーター。

Homekit的な機能を説明すると、AppleWatchと連動して、「入眠を確認してから温度を下げる」「Siriに話しかけて起動」「GPSで家に近づけば部屋を暖める」など、スマートホームにしたらやりたかったことが、各デバイスでいい具合に連携してくれる。

シーリングファン・換気扇

Appleでは換気扇で紹介されていて「ん?」と思ったら、ファン関連のカテゴリでした。

シーリングファンはエアコンなど使用し始めたら、同じタイミングで自動でオンにしたいところ。スマートホーム化するなら是非とも組み込みたいところですね。

ぶちくま
ぶちくま

うちはシーリングファンを検討する余地もないほどの天井高なので、シーリングファン事情には疎いのですが、壁付スイッチ以外にリモコンがあるなら、スマートリモコンで対応できそうです。

NatureRemoが便利すぎて歓喜|スマートリモコンのレビュー
NatureRemoを買ってみたので、レビューします。スマートリモコンについての便利な使い方とオススメの製品についても解説しています。

Homekitで全ての家電が制覇できれば、こちらも対応したいところですが、無難なのはスマートリモコンの使用になりそうですね。

セキュリティシステム

セキュリティ系も、実際、人感センサーやセキュアカメラなどと連動するので、一概にこれだ、ということは言いづらいのですが。セキュリティシステムの中心となるようなアイテムを紹介します。

abode Essentials スターターキット

日本語に対応すればお勧めしたい製品。自分でセキュリティシステムを構築するセット、のようなもの。

ホームセキュリティを自分で作る

日本の場合、ホームセキュリティシステムといえば、アルソックやセコムと言った警備会社と契約するもの。

ただ、これからの時代は、ある程度自分でセキュリティシステムを組み上げて、監視システムを作り、自分で対応できる場合は通報などを自分で行い、必要時に警備会社などにオプションとして依頼することで、必要経費はグッと抑えられる、というような未来になるような気がします。

警備はどうしてもマンパワーで対応しなければいけないけど、管理部分はAIに任せるなどして、音声・画像診断などでフォローしていけば、必要な人材は抑えられると思います。

こどもの留守番を見守るグッズ「ホームカメラとセキュリティ」
こどもに一人で留守番させないといけないんだけど、一体どうしたらいいのか悩んだ時に読むときっと役立つ(といいな)という情報をまとめました。本気出すならホームセキュリティだけど高いのでそれ意外で。

セキュリティ・ホームカメラ

セキュリティ関連で、家の中や周辺を監視するためのカメラを紹介します。Homekitに対応したカメラだと、Secure Videoという機能が使えるようになり、iCloudで映像を保管・共有できたりします。

ぶちくま
ぶちくま

iCloudのデータ容量、すぐになくなりそうだね。。。

https://support.apple.com/ja-jp/HT210538

Netatmo プレゼンス

少し自分でやるべきことが多いのですが、自分でやるので機器代以外は無料で利用できます。

DropBoxやFTPサーバーに自動保存できるので、放っておいても容量に関しては心配いりません。ただ、「はっ、FTPサーバーってなんだ?」という方がほとんどだと思うので、難易度は高めです。

Homekitのセキュアカメラ

Homekitのセキュアカメラに対応するので、自分の写真アプリにタグづけした顔を認識します。これが活用できるのはもう少し未来の話のようですが、「誰かが来たら通知して、遠隔操作で鍵を一時的に開ける」ということも可能になります。

ただ、現時点でHomekitのセキュリティが強すぎて、使い勝手はいまいちなんて話も聞くので、まだ来訪者を確認する、くらいの使い方で折り合いをつけていくべきでしょうね。

Arlo Pro 

動体検知機能があるので、必要なときに必要な分だけ録画が可能。さらに、自動通知で画像もすぐに確認できるのでホームセキュリティや、こどものお留守番の様子を確認するのに便利です。

eufy Security eufyCam 

eufyCamのSeries2がHomekitに対応予定です。これはシリコンケースなので本体ではありませんが、商品イメージを掴むために掲載しています。

eufyは日本でも人気が出始めているので、手ごろな値段で簡単に自宅周辺のセキュリティを高められそうですね。

Logitech Circle 2

こちらはロジテック社製。こちらもなぜかケースのみの販売。どの層を狙った商売なんでしょうか。

ブラインド・カーテン操作

IKEAにHomekit対応した電動ブラインドが登場したようなのですが、IKEAアプリでの操作も可能なので、IKEAとしては照明など家の家電は自分たちの製品として売り出したい狙いはあるかもしれない。

ドアロック

家の鍵に関しては、開錠/施錠に関しては、誤作動を起こしたときにセキュリティ面から心配なのですが、一方で「今の施錠状態がわかる」というのは、「あれ、家の鍵閉めたっけな?」ときになったときにはとても便利です。

August Smart Lock Pro

Amazonページの翻訳は絶望的ですが、内容を読み取るに、Homekitに対応したモデルがリリースされていました。

何より、IFTTTにも対応しているので、Homekitに依存せずに自分でスマートホームを構築できるのもメリット。

ガレージのドアロック

Amazonの商品ページ、翻訳は絶望的ですが、LiftMasterのホームブリッジがHomekitに対応しています。

LiftMasterのホームブリッジ

日本の車庫シャッターも自動で上がるものは多くなっていますし、リモコン操作もできるものが多いはず。リモコンシステム次第では、スマートリモコンから指示を飛ばせば遠隔地からの操作も可能になります。

スマートホーム的な使い方だと、やはり位置情報から自宅に近づいたら自動でシャッターが上がり始めるくらいがいいですね。

防犯上、誤作動が致命的なので、合わせて人感センサーなどで人がいない時間で自動でシャッターが下りる設定も追加したいところです。

インターホン・ドアホン

インターホンってのも、実際にはもうセキュアカメラのようなものだと思いますが。

NETATMO(ネタトモ) Smart Video Doorbell

Homekit対応製品は「Smart Video Doorbell」なので、日本で発売しているところはまだ確認できていません。

既に顔認識してスマホに通知するモデルは登場しているので、あとはシステム面でHomekitに落とし込んだモデルを登場させるだけかと。

水栓

キッチンをスマートホーム化できる電化製品にチラッと紹介しましたが、今は水栓もWiFiに繋がっている時代です。

商品はまだまだ充実しているとは言い難いのですが、もし、頭の中にキッチンを完全自動化する未来像が見えているなら、水栓付近にコンセントを用意しておくことをお勧めします。

ただ、水漏れがある場所でもあるので、コンセント位置についてはプロとよく相談した方がいいと思います。

スマートキッチンを目指して、最強自動調理家電とIoT
IoTって顔文字みたいですね。このページでは、スマートホームを目指して行き着いた先には「なんとか料理せずに暮らせる」家にすること。まずは必要な家電をピックアップし、今後のキッチン家電の動向を占います。

KOHLER Sensate/Setra

海外は、水栓がお洒落なんですよね。でも、日本製だって聞いたらお洒落じゃなく感じるのかもしれませんけど。

スポンサーリンク

Homekit対応スマートデバイスのお得な買い方

Homekitデバイス、散々紹介ページにリンク飛ばしたので、今更セール情報も何もないとは思いますが、運よくいいセール情報があればご紹介していきます。

セールで買いたい

Amazon楽天のセールでいいものが登場した時にこちらの場所を使います。今は開発段階です。

Amazonのセール

一番いいのはAmazonの2大お得セールである、プライムデーサイバーマンデーを狙うことですね。

プライムデー
https://buchikuma.com/life/internet-site/amazon/2018-prime/
サイバーマンデー
2021年のAmazonサイバーマンデーで注目のグッズ・イベント
サイバーマンデーの記事を毎年書き続けて、少し飽きてきたので今年は簡略バージョンにしてひたすらおすすめ商品をお伝えし続ける決意をしました。むしろ付随するイベントに注目。
スポンサーリンク

ホームアプリの使い方

長々書いたので、ここからの部分は将来的に別ページに分けますが、疲れたのでこのまま貼っておきます。

Homekit製品は、実際にどうやって使うの?

Homekitの説明を散々したので、「そもそもHomekitってなんだ?」というのはもう触れなくてもいいんじゃないか、と葛藤していますが、とりあえず、書いておいたので説明くらいはします。

まずはホームハブを設定する

ホームハブに設定できるのは、以下のデバイスです。

  • Apple TV(第4世代以降)
  • HomePod
  • iPad(iOS 10.3以降またはiPadOS 13以降を搭載)

https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/iph22d98bbca/ios

これらのデバイスを常に家に置いておく必要があります。

ぶちくま
ぶちくま

iPhoneは持ち歩くためのものなので、ホームハブには設定できないんですね。

この辺りは、HomePodの使い方という記事が役立つはずです。

HomePod買ったらやること【最低限必要な基本設定】
HomePodをやること、というテンプレを作っておいて、いざ届いてみたら設定なんかに費やす時間は五秒程度、知識も何も必要ないくらいだったので無駄になりました、という記事です。

ホームアプリの設定の仕方

いつか詳細な記事を書こうと思いますが、取り急ぎ、HomePodを家族で使う、という記事がホームアプリを使用してホームハブデバイスを設定する内容になっているので、そちらをご確認ください。

Homekitアクセサリから通知をもらう

ホームアプリの通知設定をする
公式HPより引用

ホームアプリの通知設定をする、実際にhomekit製品の通知が来る

Homekitを使いこなすにあたり、まずは何をしてもらうかを考えていきます。このページで全部を詰め込むのはしんどいので、簡単なところで通知の仕方を見てみます。

ぶちくま
ぶちくま

通知ができるようになると、Homekitデバイスの状態などを遠隔地にいても異変に気づかせてくれます。

しろくまさん
しろくまさん

具体的に言えば、人感センサーやドアロックデバイスなどと連携して、「〇〇が家を出た」「入口のドアが施錠/開錠された」などの情報を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

つまり、不自然な開錠などがあれば通知で気づけるということですね。

しろくまさん
しろくまさん

ただ、これだけではむしろ不安になるばかりなので、ここまで紹介してきたセキュリティカメラなども併せて使用していくことで、より実践的なスマートホームに近づいていくというわけですね。

せっかくの家づくりブログなので、家づくりの計画段階から、この辺りのことを踏まえてプランを練られるといいのかな、と思います。

がたホーム
【がたホーム】とは? 新潟で家づくりをした経験をもとに、年間、新潟での生活情報を発信し続けた内容をまとめています。 今、おすすめの記事 家づくりで失敗したこと 住宅カタログの利用方法 こんなカテゴリがあります! 当サイトでおすすめの記事です

HomeKit アクセサリに関する通知を受け取る

Homekit製品を開発するには?

Homekitを取り入れた製品・アプリの開発に興味がある方はこのページにはいらっしゃらないと思いますが、アプリの今後を占うために私はちょこちょことのぞいています。

https://developer.apple.com/homekit/

ホームアプリのアップデート予定

Homekitを操るホームアプリがiOS,iPadOS14でアップデートする

iOS14、iPadOS14が既にベータ版をリリースしており、2020年秋ごろにアップデート可能となります。そのあたりのことは別記事にもまとめていますが、Homekitに関与するあたりだと、以下のような変更点があります。

最新のiPad OS16で変更されたところを解説「ステージマネージャ」
新しいiPad OSの情報をまとめていくページです。現在はiPad OS14に対応中。データ共有でノートパソコンと肩を並べ、Apple Pencilで抜き去った印象。
  • オートメーションの提案
  • ホーム状況が視覚的にわかりやすく
  • 照明の色合いを(時間帯で)自動調整
  • 活動ゾーンを集中監視
  • 写真アプリのタグづけ識別がセキュアカメラと連動

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ウェアラブル ウォッチ 主役」に関する最新情報です。

    ウェアラブルデバイスの主役は現在もスマートウォッチであり、MWC Barcelona 2024ではAI Pinやスマートリングなどが注目を集めたが、スマートウォッチの普及が進むと予測されている。特にスマートウォッチは医療機器としても進化し、AIとの相性も良いとされる。また、スマートウォッチはスマホの代替デバイスとしても機能し、スマホそのものを腕に巻く試みも進んでいる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vZ2V0bmF2aS5qcC9kaWdpdGFsLzk1MjI0MS_SAQA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「rss feed readers」に関する最新情報です。

    タイトル:インターネットを効率化するための最高のRSSフィードリーダー

    テーマ1 要約:
    RSSフィードリーダーは、ウェブを整理し、本当に興味のある情報に絞り込むのに役立つ。RSSは「really simple syndication」の略であり、お気に入りのウェブサイトから更新情報を取得するプロトコルである。RSSリーダーとお気に入りのウェブサイトからのフィードの2つの要素で構成され、多くの優れたRSSリーダーが存在する。Inoreader、Feedly、Newsblur、Feedbinなどが人気であり、それぞれの特徴や利点がある。RSSを活用することで、ウェブサイトを訪れる手間を省き、新しいコンテンツを一か所で閲覧できる。RSSリーダーは、ソーシャルメディアから離れたい、通知を減らしたい、ニュースを一か所で読みたいという人々に役立つ。

    Inoreaderは、多くの機能を備えた使いやすいインターフェースを提供し、上級ユーザー向けの高度な機能も充実している。Feedlyは、人気のあるRSSリーダーであり、使いやすく、Evernoteとの統合やAI検索アシスタントなどの追加機能がある。Newsblurはシンプルで古典的なRSSリーダーであり、オープンソースであり、自己ホスト型のバージョンも利用可能。Feedbinはデザイン重視のRSSリーダーであり、カス

    https://www.wired.com/story/best-rss-feed-readers/

  3. buchikuma-info より:

    「led led シーリング シーリング」に関する最新情報です。

    パナソニックが、2023年5月からLEDシーリングライトのサブスクリプション型定額利用サービスを開始し、新たに<丸型タイプ>を追加したことが発表された。

    https://www.s-housing.jp/archives/346233

  4. buchikuma-info より:

    「センサー 人感 人感 センサー」に関する最新情報です。

    スマート人感センサーFP2は、日本市場初のミリ波レーダーを使用した人を検知するセンサーであり、従来の赤外線センサーよりも高度な検知が可能。これにより、夜間照明などでの誤作動を防ぎ、正確な人の検知が可能となっている。中国のAqaraが1万2980円で発売し、室内の転倒検出や睡眠モニターなどの機能を備えている。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2403/28/news113.html

  5. buchikuma-info より:

    「インターホン インターホン システム オート」に関する最新情報です。

    パナソニック株式会社のエレクトリックワークス社が新発売するワイヤレスインターホンシステム『AirEZ』は、全住戸に無線通信で接続し、新規配線が不要で施工性が向上します。このシステムはオートロック化を簡単に実現し、安心・安全な暮らしを提供します。『AirEZ』は、業界初のワイヤレス幹線配線システムであり、2024年7月21日に発売されます。

    https://news.panasonic.com/jp/press/jn240308-2

  6. buchikuma-info より:

    「powering rounds energy」に関する最新情報です。

    エネルギースタートアップが力をつけている中、メガラウンドが珍しくなっています。過去のエネルギーに関する巨額の資金調達は減少している中、新興企業は力強い市場を維持しています。エネルギー分野に焦点を当てたメガラウンドの割合が増加しており、過去1年間で60%以上の相対的シェアの増加が見られました。

    https://techcrunch.com/2024/03/06/as-megarounds-become-rarer-energy-startups-are-powering-up/

  7. buchikuma-info より:

    「朝ドラ 主役 大河」に関する最新情報です。

    「花男」「花晴れ」シリーズから朝ドラ&大河主役が量産される理由について、2025年度前期のNHK連続テレビ小説「あんぱん」のヒロインに今田美桜が選ばれたことが紹介されている。今田美桜はこれまでの実績や演技力が評価された結果であり、彼女が出演した「花のち晴れ」などの作品からも人気を集めている。これまで「花男」「花晴れ」シリーズからは5人もの朝ドラ&大河の主役が輩出されており、その成功が注目されている。

    https://gendai.media/articles/-/124924

  8. buchikuma-info より:

    「fervo geothermal energy」に関する最新情報です。

    ジオサーマルスタートアップのFervo Energyは、ネバダ州での地熱発電所の成功を受けて、SEC文書によると2億2100万ドルの資金調達を行っていることが明らかになった。テキサス州ヒューストンに拠点を置く同社は、地球の地殻深くにある熱を利用するために競争しており、これまでの地熱発電所は温泉や浅い岩層にしかアクセスしていなかった。Fervo Energyは、ユタ州のプロジェクトでの水平井戸の完了に成功し、21日間で初めての井戸の掘削時間を70%短縮し、コストも半額に削減したと発表している。

    https://techcrunch.com/2024/02/26/fervo-energy-fundraising/

  9. buchikuma-info より:

    「料理 日本 日本 料理」に関する最新情報です。

    イタリア在住の日本人が、イタリア人から「最もシンプルで料理本にも載っていない日本らしい料理」をリクエストされ、高価な梅干しを仕入れたが、なぜか怒られたというエピソードが話題になっています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65d69365e4b0b65d692190c0

  10. buchikuma-info より:

    「サービス システム 冷蔵庫」に関する最新情報です。

    シャープが業界初となる「Life Eee コネクト」サービスを冷蔵庫に拡大しました。このサービスは太陽光発電システムと連携し、家電の電気代を抑制するもので、冷蔵庫の電気代も削減できるようになります。これにより、家庭内で太陽光発電した電気を効率的に活用する取り組みが進められています。また、今後も「Life Eee コネクト」対応の家電・住設機器が拡大される予定で、独自AIを活用して「Zero Energy Home」の実現を目指しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExNDkuMDAwMDEyOTAwLmh0bWzSAQA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「foundry foundry shutting motion」に関する最新情報です。

    Foundryは、徐々にシャットダウンしているという状況にある。VC(ベンチャーキャピタリスト)にとっては、投資が製品であり、彼らは稼働を縮小しつつも市場で既に持っているものをサポートすることで、徐々に活動を減少させ、最終的にゼロに向かう状況にある。

    https://techcrunch.com/2024/02/16/foundry-shutting-down/

  12. buchikuma-info より:

    「fi fi ルーター wi」に関する最新情報です。

    ミークは、SIM挿入済みの通信端末のキッティング、配送、回収をワンストップで行うサービスを提供することを発表しました。その第1弾として、ソフトバンク回線のMVNO向け「Wi-Fiルーター付き通信サービス」を開始しました。このサービスでは、ミークが提供するWi-FiルーターにSIMカードが挿入された状態で貸与されるため、MVNOはWi-Fiルーターを購入する必要がありません。これにより、MVNOは手軽にSIMカードが挿入されたWi-Fiルーターをエンドユーザーに提供することができます。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/14/news094.html

  13. buchikuma-info より:

    「セキュリティ セキュリティ 人材 人材」に関する最新情報です。

    グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は、セキュリティ人材に特化したSES(システムエンジニアリングサービス)事業を分社化し、新たな子会社「CyberSTAR」を設立することを発表しました。セキュリティ人材不足が深刻化している中、GSXはIT企業とのパートナーシップを築き、ITエンジニアをセキュリティ人材に育成してお客様企業に提供する独自のビジネスモデルを確立しました。GSXは、2024年3月期にセキュリティSESの売上成長を実現し、CyberSTARをGSXの100%子会社として設立します。2028年3月期までには売上高成長率130%以上を目指し、セキュリティ人材に特化したビジネス企業として存在感を高めることで事業成長を加速させるとしています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000149.000007157.html

  14. buchikuma-info より:

    「家電 日立 診断」に関する最新情報です。

    日立グローバルライフソリューションズ(日立GLS)は、家電向けスマートフォンアプリ「ハピネスアップ」に、ネット対応家電の診断機能を追加すると発表しました。アプリでは、冷蔵庫や洗濯機などの家電を選択し、症状の事例一覧から選ぶことで、運転データを使った診断結果やメンテナンス方法を表示します。また、メーカーへの問い合わせや修理依頼もアプリから行うことができます。さらに、ソフトウェア更新の案内や修理部品の保有期限に関する告知も受信することができますが、実際のソフトウェア更新は各家電の専用アプリを起動する必要があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yNDAyLzA4L25ld3MxODguaHRtbNIBAA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「日立 家電 アップ」に関する最新情報です。

    日立グローバルライフソリューションズ(日立GLS)は、家事サポートアプリ「ハピネスアップ」の新バージョンをリリースしました。このアプリは、日立の家電製品を所有している顧客に提供されており、家事に関するさまざまなヒントを提供しています。新バージョンでは、コネクテッド家電の運転データを使用して診断を行い、自分で解決できるヒントやアドバイスを受け取ることができるようになりました。また、家電品の一覧管理やお問い合わせ、修理依頼、家電品の購入も容易に行えるようになっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKWh0dHBzOi8vaW90bmV3cy5qcC9jb25uZWN0ZWQtaG9tZS8yNDI4ODAv0gEtaHR0cHM6Ly9pb3RuZXdzLmpwL2Nvbm5lY3RlZC1ob21lLzI0Mjg4MC9hbXAv?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「セキュリティ セキュリティ 人材 人材」に関する最新情報です。

    セキュリティ人材の不足が叫ばれる中、企業は従業員の才能を伸ばす環境を整えることが重要だ。金銭的・知識的な補助を行い、資格取得を支援することも重要だが、筆者の経験からは、スキルフルな有識者は趣味で実力を伸ばしてきた人が多いと感じる。セキュリティ人材の増加には、企業が従業員の趣味を伸ばすことも考慮すべきだ。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2402/06/news026.html

  17. buchikuma-info より:

    「wind energy law」に関する最新情報です。

    アメリカは風力エネルギーの大規模な計画を持っていますが、1920年代のあまり知られていない法律がその計画の妨げとなっています。この法律はジョーンズ法として知られ、アメリカ国内で貨物を輸送する際にはアメリカの船を使用することを義務付けています。しかし、アメリカには風力タービンを輸送するための適切な装備がないため、プロジェクトに追加のコストをもたらす小型のバージ船を使う必要があります。このため、アメリカの洋上風力発電の取り組みは財務上の困難に苦しんでいます。また、2023年に予定されていたニュージャージー沖の2つのプロジェクトも船舶の遅延を理由にキャンセルされました。アメリカ政府の目標は2030年までに30ギガワットの電力を生成できる洋上風力タービンを展開することですが、現時点では未完成の船舶が唯一のものであり、2030年に向けてはまだ4〜6隻の船舶が必要です。ジョーンズ法は航海産業を支援するために設けられた保護主義的な法律の一つであり、その存在は多くの人々には知られていませんが、アメリカの風力発電目標の達成を遅らせています。

    https://www.wired.com/story/us-energy-offshore-wind-jones-act-biden-law/

  18. buchikuma-info より:

    「toshiba energy spinex」に関する最新情報です。

    東芝のデジタルサービス「TOSHIBA SPINEX for Energy」は、エネルギー関連の課題を共創によって解決するための取り組みです。エネルギー業界の課題は年々複雑化しており、その解決にはデジタルやクラウドのサービス拡大が必要です。しかし、エネルギーを扱う社会インフラとしての重要性から、セキュリティの面での懸念もあります。TOSHIBA SPINEX for Energyは、このような課題を乗り越えるために開発されました。さまざまな業界の参加者が共創を加速させるためのハッカソンも実施されています。このデジタルサービスは、工場や発電所などでの遠隔管理にも活用され、エネルギー業界の課題解決に貢献しています。

    https://www.toshiba-clip.com/detail/p=10738?utm_source=toshiba.co.jp%2Fabout%2Fpress&utm_medium=pr&utm_content=2

  19. buchikuma-info より:

    「ガレージ エミベース 募集」に関する最新情報です。

    西武リアルティソリューションズは、賃貸ガレージハウスのプロジェクト「エミベース 小手指」の竣工を2024年2月末に予定し、2月5日から入居募集を開始することを発表しました。このプロジェクトは、多種多様な趣味を楽しむことができる住まいを提供することをコンセプトにしており、鉄骨フレームが特徴のワイルドなファサードが目を引きます。立地は小手指駅から徒歩10分で、砂川堀の桜並木や狭山湖、多摩湖などの自然に囲まれた場所です。施設はガレージハウス棟とバイクガレージ棟からなり、全住戸がスマートホーム化されており、便利で安全な暮らしを提供します。入居募集は2024年2月5日から行われます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000103822.html

  20. buchikuma-info より:

    「orbi ルーター 対応」に関する最新情報です。

    ネットギアのWi-Fi 6E対応メッシュルーター「Orbi 9」は、高価ながらも高性能な無線LANルーターである。他のWi-Fi 6E対応ルーターと比べても通信速度が2倍の4804Mbpsであり、将来的にも高速なデバイスに対応できる。Orbi 9は親機と子機が明確に区別されており、セットで購入することもできる。直販価格は記事内で確認できる。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2401/22/news106.html

  21. buchikuma-info より:

    「cold cold weather evs」に関する最新情報です。

    タイトル: 強力なヒートポンプがEVの寒冷地問題を助けているが、解決しているわけではない
    ヘッディング: あなたも興味を持つかもしれません…、WIREDクーポン
    トピック1:
    トピックキーワード: 寒冷地、EV、ヒートポンプ、助ける、解決する、強力なヒート
    トップ段落:
    エンティティ: 1月19日3:15、強力なが、解決していない恐竜はすでに存在していると、専門家はWIREDに語っています。多くの場所では非常に寒いです。北ヨーロッパ全体に広がる深い寒波がありました。これは、電気自動車を作るための種類のリチウムイオン電池にとっては理想的ではありません。寒い気候では、バッテリーの性能が大幅に低下する可能性があります。データによると、ヒートポンプによるテストでは、電気自動車の航続距離が16%から46%減少することがわかりました。ヒートポンプは、電気自動車の内部に熱を供給するために使用されますが、バッテリーから過剰な熱を吸い取ることを避けるためにも使用されます。ヒートポンプは、外部の寒冷空気から熱を抽出し、車内に送り込む仕組みです。寒冷地では、電気自動車の航

    https://www.wired.com/story/heat-pump-helping-but-not-solving-ev-cold-weather-problem/

  22. buchikuma-info より:

    「冷蔵庫 確認 日立」に関する最新情報です。

    日立グローバルライフソリューションズは、スマートフォンで冷凍庫や野菜室の中を確認できる冷蔵庫「GXCC67V」を発売する。この冷蔵庫は、冷蔵室と冷凍室にカメラを設置し、専用アプリを通じてスマートフォンで中身を確認できる仕組みとなっている。また、カメラは自動で撮影し、過去の撮影画像も確認することができる。この冷蔵庫は2月下旬に発売され、価格は53万円となっている。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2401/18/news154.html

  23. buchikuma-info より:

    「マウス ai ライティング ライティング」に関する最新情報です。

    マウスの操作で音声翻訳や文字起こしを行うことができる『TESS GIFT AI ライティングマウス』が、マクアケで1,000人以上から支持を受け、CAMPFIREで新プロジェクトが開始されました。このマウスは、115言語に対応し、1分間に約400単語を認識するAI音声認識エンジンを搭載しています。デスクワークや海外ビジネスなどで活躍し、翻訳や文字起こしのストレスを解消することができます。さらに、左右のボタンを押すだけで操作できる便利な機能も備えています。マウスのカラーはブラックとホワイトの2種類で、充電式のリチウム電池を使用しています。対応システムはMac OSとWindows 7/8/10で、ワイヤレス接続が可能です。プロジェクトページから詳細情報や関連リンクをダウンロードすることができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000216.000059927.html

  24. buchikuma-info より:

    「ジャンプ ジャンプ スターター スターター」に関する最新情報です。

    株式会社LINKS CIELが新たに発売したコンパクトジャンプスターター「エナジャンパー」は、突然のバッテリー上がりにも安心して持ち運べる便利なアイテムです。このジャンプスターターは、2023年12月20日に発表され、2024年1月3日に販売が開始されました。エナジャンパーは6,000mAhのバッテリーを搭載しており、3,000ccのガソリンエンジンに対応しています。コンパクトなサイズで、かばんやジャケットのポケットに忍ばせることができます。また、スマートフォンなどの充電にも使用することができます。ジャンプスターターの使い方も簡単で、3つのステップで安心して使用することができます。エナジャンパーは139×79×18mmのサイズで、重さは約230gです。USB出力5V-2Aと12Vのスタートピーク電流400を出力することができます。充電には約4時間かかり、連続使用時間は約10時間です。また、高温や多湿な場所での充電や保管は故障や事故の原因となるため、注意が必要です。エナジャンパーはアメリカンバイクの排気量にも対応しており、バッテリー上がりに備えて持ち運ぶことができる便利な商品です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3Lm1vdG9tZWdhbmUuY29tL25ld3MtcmVsZWFzZS9jaWVsLTJfMjAyNDAxMDPSAQA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「give politician 16」に関する最新情報です。

    タイトル: a16zは、テクノロジーの規制緩和を支援するために、どの政治家にでもお金を提供する

    a16zは、どの政治家にでもお金を提供し、テクノロジーの規制緩和を支援する意向を発表した。このベンチャーキャピタルの巨人であるAndreessen Horowitzは、夏に計画されているアメリカ政府へのロビー活動を開始する意向を表明した。彼らは、テクノロジーによって可能になる未来を支持する人々に対して、お金を提供することを明言している。

    https://techcrunch.com/2023/12/14/a16z-will-give-literally-any-politician-money-if-they-help-deregulate-tech/

  26. buchikuma-info より:

    「lg 2023 gram」に関する最新情報です。

    LGは、2023年モデルのLG gramノートPCに関するキャンペーンを12月1日から開始する。このキャンペーンでは、LG gram 2023年モデルを購入し、レビューを投稿すると、バッテリー交換を1回無料で行うことができる。バッテリー交換は2023年12月1日から2024年1月31日までの期間に応募することができる。また、LG gram 2023年モデルは軽量でコンパクトなデザインであり、長時間の駆動や高性能を実現している。キャンペーンの詳細はLG公式サイトで確認することができる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAyODEuMDAwMDIzMjg5Lmh0bWzSAQA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「仕事 wifi wifi 対応」に関する最新情報です。

    年末に向けて、仕事やエンタメをスムーズに進めるために、WiFi6対応のルーターへの買い替えがおすすめされています。WiFi6対応のルーターは、複数のデバイスを同時に接続する際にも安定した接続を提供し、ネットワークのパフォーマンスを向上させます。また、WiFi6対応のルーターは、年末のネットワークの刷新のチャンスとして位置付けられており、リモートワークやエンタメの利用を快適にすることが期待されています。さらに、中継機も併せて購入することで、繋がりにくさを解消することも可能です。年末に向けて、WiFi6対応のルーターを選ぶことで、仕事やエンタメをスムーズに進めることができます。

    https://www.lifehacker.jp/article/2311-amazon-blackfriday-WiFi6-router-sale/

  28. buchikuma-info より:

    「amazon amazon vs apple」に関する最新情報です。

    タイトル: Amazon vs. Apple、どちらがより優れた購入先か
    見出し: Amazon vs. Apple、キーポイント、NASDAQ: AMZN、Amazon、これらの企業はそれぞれの市場を支配していますが、どちらが投資家により多くの価値を提供しているのでしょうか。、Amazonの場合、Appleの場合、Amazon株とApple株、どちらがより良い購入先か、The Motley Foolでより賢く投資しましょう、50万人以上のプレミアムメンバーが参加しています…

    トピック1:
    トピックのキーワード: amazon amazon vs apple better better buy buy buy amazon vs vs apple
    トップの段落:
    エンティティ: AmazonまたはAppleのどちらがより良い購入先かを検討しましょう
    キーワード: 検討しましょう Amazon Apple better buy month

    エンティティ: さらに、iPhoneの会社は99億ドル以上をもたらしましたが、Amazonのフリーキャッシュフローは17億ドルです。
    キーワード: さらに、最新の四半期では、iPhoneの会社は99億ドル以上をもたらしましたが、Amazonのフリーキャッシュフローは17億ドルです。Appleのビジネスは財務的により安定しており、信頼性のある投資先となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vd3d3LmZvb2wuY29tL2ludmVzdGluZy8yMDIzLzExLzE1L2JldHRlci1idXktYW1hem9uLXZzLWFwcGxlL9IBAA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「amazon amazon テック apple」に関する最新情報です。

    ビッグテック企業の登場により、世界の経済は大きく変化している。特にAmazonやAppleなどのデジタル取引プラットフォームは、資本家と販売者の関係を一変させている。プラットフォーム側が販売者に対して一方的にルールを決め、販売者はプラットフォームに依存する状況となっている。また、ビッグテック企業は広告ビジネスにおいても支配的な存在となっており、競合他社を除外することでビジネスを立ち行かせている。さらに、ビッグテック企業の利益は急速に増大しており、資本の支配層が変わりつつあると指摘されている。このような変化は、ディストピア的な未来をもたらす可能性もあると言われている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNmh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyMzExMTQtaXMtY2FwaXRhbGlzbS1kZWFkL9IBAA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「amazon amazon m3 apple」に関する最新情報です。

    Amazonでは、M3搭載の「MacBook Pro」と「Apple Pencil(USB-C)」の取り扱いが開始されました。このニュースは2023年11月8日に畠中健太氏によって報じられました。新しいMacBook ProとApple Pencilは、11月8日からAmazonで購入することができます。また、10月17日にはApple Pencil(USB-C)の発表があり、10月31日のイベントでM3チップ搭載のMacBook Proが2つのモデルとして発表されました。これらの製品はAmazonで最短翌日到着のモデルとして利用できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vZ2FtZS53YXRjaC5pbXByZXNzLmNvLmpwL2RvY3MvbmV3cy8xNTQ1MjU1Lmh0bWzSAQA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「pro m3 カット」に関する最新情報です。

    Appleから発売される新型Macbook Pro M3 14インチに対応したブルーライトカットフィルターがLifeinnotechから販売されることが発表されました。このフィルターは長時間のパソコン作業による目の疲れを軽減するために開発されており、アンチグレアや光沢などのタイプが展開されます。フィルターはブルーライトカット率が49%、紫外線カット率が99%で、指紋や汚れの付着を防止する抗菌性の加工も施されています。2023年11月7日から販売が開始される予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000131131.html

  32. buchikuma-info より:

    「ai ai lift lift」に関する最新情報です。

    AIが私たちの気持ちを高めることができるのか?というテーマで、TechCrunch Exchangeの記事が取り上げられています。AIは他の方法でもインスピレーションを与えてくれる存在であり、限定的な楽観主義が存在しています。AIが私たちの気持ちを変えることができるかどうかはまだわかりませんが、その影響力は少しずつ現れ始めています。

    https://techcrunch.com/2023/10/28/q3-2023-ai-impact/

  33. buchikuma-info より:

    「対応 ルーター fi」に関する最新情報です。

    NETGEARは、Wi-Fi 6E対応の5Gモバイルルーター「Nighthawk M6 Pro MR6550」を発売しました。このルーターは、5G SAやミリ波にも対応しており、最大13時間のバッテリー駆動が可能です。また、バッテリーを外してホームルーターとしても利用できるモードも用意されています。この製品は、2022年9月に日本で認可された6GHz帯域幅を利用しており、広い通信範囲と高速な通信速度が期待できます。さらに、付属のバッテリーは着脱可能であり、ACアダプターや有線接続も利用することができます。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2310/27/news136.html

  34. buchikuma-info より:

    「apple energy us」に関する最新情報です。

    タイトル:Appleは米国企業と連携し、クリーンエネルギーを推進する

    見出し:Appleは自身の経験を活かし、Nikeを含む多くの大手米国企業と協力して、クリーンエネルギー調達アカデミーを立ち上げる

    トピック1:
    トピックのキーワード:Apple エネルギー 米国 企業 プッシュ
    トップ段落:
    エンティティ:Appleholic æp· h going. Delivering popular related news Apple teams clean energy Leaning into Apple has joined a number of large
    キーワード:Appleholic noun æp l h l k imaginative person thinks Apple going Delivering popular Apple related news advice entertainment since 1999 Apple teams US firms push energy Leaning experience Apple joined number large US corporations including Nike launch Energy Procurement Academy

    エンティティ:Appleはクリーンエネルギーとサプライチェーンの脱炭素化をサポートしています。サプライチェーンの50%を脱炭素化する取り組みもあります。Appleは一部の教育も必要としています。AppleとNikeはCEBI Global Program Meta PepsiCoを通じてプロジェクトを立ち上げました。
    キーワード:Appleは、Nikeを含むさまざまな大手米国企業と協力して、エネルギー調達アカデミーを立ち上げる試みです。企業がエネルギーを採用し、サプライチェーンの脱炭素化をサポートするための知識を身につける必要があるという考えです。サプライチェーンは温室効果ガス排出量

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiaGh0dHBzOi8vd3d3LmNvbXB1dGVyd29ybGQuY29tL2FydGljbGUvMzcwOTQ5MS9hcHBsZS10ZWFtcy11cC13aXRoLXVzLWZpcm1zLXRvLXB1c2gtZm9yLWNsZWFuLWVuZXJneS5odG1s0gFsaHR0cHM6Ly93d3cuY29tcHV0ZXJ3b3JsZC5jb20vYXJ0aWNsZS8zNzA5NDkxL2FwcGxlLXRlYW1zLXVwLXdpdGgtdXMtZmlybXMtdG8tcHVzaC1mb3ItY2xlYW4tZW5lcmd5LmFtcC5odG1s?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「weather app weather app」に関する最新情報です。

    タイトル:なぜAppleの天気アプリは悪いのか
    見出し:提供、ニュースレター、サイト検索、Voxメインメニュー、なぜAppleの天気アプリは悪いのか、この記事をシェアする、シェアする、私たちがAppleの天気アプリがダメだと言うときに何を意味するのか
    トピック1:
    トピックのキーワード:天気アプリ、アプリ、悪い、Apple、Appleの天気、悪い
    トップの段落:
    エンティティ:あなたの地元の気象予報士は常に天気アプリより正確です。この記事をシェアするシニア特派員がVoxにやってきた
    キーワード:Filed:Appleの天気アプリは悪い、地元の気象予報士は常に正確、天気アプリは役に立たない、シェアする、シニア特派員が説明、Marvel映画、フィットネス、スキンケアについての社会の関心、Voxでの仕事、2014年にはAtlanticで働いていた

    エンティティ:今週末は軽い雨が降るだけで、Dark Skyのファンは納得していない。以前は違っていた
    キーワード:時間の経過とともに途方もない週末の雨、天気アプリはほとんど役に立たない、個人的にはアプリは軽い雨と雨の割合を区別できないことを学んだ、信じられない、雨が止む時間を教えてくれ

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiV2h0dHBzOi8vd3d3LnZveC5jb20vY3VsdHVyZS8yMDIzLzEwLzI1LzIzOTI5MzQxL2FwcGxlLXdlYXRoZXItYXBwLWJhZC1mb3JlY2FzdC1kYXJrLXNredIBAA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「energy energy help help」に関する最新情報です。

    タイトル:クリーンエネルギーが雪の蓄積を救う驚くべき方法
    主題1:クリーンエネルギーが雪の蓄積を救う驚くべき方法
    キーワード:エネルギー、助ける、雪の蓄積、驚くべき方法
    要約:この記事は、クリーンエネルギーが雪の蓄積を救う方法について述べています。地球が化石燃料から温暖化すると、雪の蓄積は太陽のエネルギーをより多く吸収し、溶ける速度が速くなります。新しいモデリングによると、化石燃料の使用を減らすことで、雪の蓄積の損失を減らすことができます。また、クリーンエネルギー技術の改善も雪の蓄積の減少を緩和する効果があります。これにより、将来の雪の蓄積の損失を軽減することができます。

    https://www.wired.com/story/the-surprising-way-clean-energy-will-help-save-the-snowpack/

  37. buchikuma-info より:

    「fi fi ルーター wi」に関する最新情報です。

    フリマアプリで安くWi-Fiルーターを手に入れるためには、以下のポイントに注意する必要があります。

    1. 出品されているWi-Fiルーターの詳細を確認する:フリマアプリでは、新品や中古品のWi-Fiルーターが多数出品されています。しかし、中古品を購入する場合は、故障の有無や付属品の有無などを確認する必要があります。また、古いWi-Fiルーターを使用するとセキュリティの問題が生じる可能性があるため、型番を検索して詳細な情報を確認しましょう。

    2. Wi-Fiルーターの安全性に注意する:現在、市場には新品のWi-Fiルーターが出回っていますが、2019年ごろに登場したWi-Fi 6やWi-Fi 6E対応の製品が推奨されています。また、出品されているWi-Fiルーターはオーナーが初期化していない場合もあるため、セキュリティ設定や初期化の必要性を考慮しましょう。

    3. SSIDとパスワードの情報を公開しない:フリマアプリでWi-Fiルーターを出品する際には、写真や説明文にSSIDやパスワードの情報を掲載しないように注意しましょう。他人に情報が漏れる可能性があり、セキュリティ上のリスクとなります。購入者も、フリマアプリで接続情報を入力する際に注意しましょう。

    4. Wi-Fiルーターの設

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSWh0dHBzOi8vaW50ZXJuZXQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbi93aWZpX3FhbmRhMi8xNTM2MDY3Lmh0bWzSAQA?oc=5

  38. buchikuma-info より:

    「amazon amazon vs apple」に関する最新情報です。

    タイトル:Amazon vs. Apple、どちらがお得な買い物か
    キーポイント:NASDAQ:AMZN、Amazon.com、これらの企業は消費者向けのテクノロジー市場を席巻しており、長期的な投資として魅力的です。Amazon、Apple、AmazonとAppleのどちらがお得な買い物か?The Motley Foolで賢く投資しましょう。50万人以上のプレミアムメンバーが参加しています。

    トピック1:
    トピックのキーワード:amazon amazon vs apple better better buy buy buy amazon vs vs apple
    トップの段落:
    エンティティ:AmazonとAppleの市場回復
    キーワード:Amazon Apple 多くの投資家に提供する 長期的な市場回復 利益を上げる 投資 AI 結果 決定 買い物 株式取引 価値

    エンティティ:脆弱ではない
    キーワード:追加 価値 Apple パフォーマンス 2022年 zuverlässiger Kauf Geschäft 脆弱性 低下 Amazon 優れたオプション 買い物 保持 長期

    エンティティ:Amazonの方が良いかどうかを見てみましょう
    キーワード:見てみましょう Amazon Apple 株式 買う 10月

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vd3d3LmZvb2wuY29tL2ludmVzdGluZy8yMDIzLzEwLzAzL2JldHRlci1idXktYW1hem9uLXZzLWFwcGxlL9IBAA?oc=5

  39. buchikuma-info より:

    「メッシ apple apple tv」に関する最新情報です。

    リオネル・メッシが新たな挑戦に取り組む様子を追ったドキュメンタリーシリーズ「メッシ、アメリカへ」がApple TV+で配信されることが発表されました。このシリーズは全6エピソードで構成されており、最初の3エピソードが10月11日に配信開始されます。メッシのメジャーリーグサッカーでの活躍や舞台裏に密着し、彼の挑戦をとらえた内容となっています。また、予告編ではメッシを語るデビッド・ベッカムの姿も登場しています。このドキュメンタリーシリーズは世界中の50億人のファンを魅了するスポーツトップアスリートであるリオネル・メッシの独占的な密着映像となっており、メジャーリーグサッカーやリーグカップの舞台裏を追いかけます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vd3d3LnR2Z3Jvb3ZlLmNvbS8_cD0xMjM0MzDSAQA?oc=5

  40. buchikuma-info より:

    「amazon amazon vs apple」に関する最新情報です。

    タイトル: Amazon vs Apple: より良い購入はどちらか
    見出し: キーポイント, NASDAQ: AMZN, Amazon.com, これらの優れたビジネスのうち、次の5年間でより良いリターンを提供するでしょう, Amazon: 電子商取引とクラウドサービスのリーダー, Apple: 最も利益の出るブランドの一つ, The Motley Foolでスマートに投資しましょう, 50万人以上のプレミアムメンバーが参加しています…
    トピック1:
    トピックのキーワード: amazon amazon vs apple better better buy buy buy amazon vs vs apple
    トップの段落:
    エンティティ: 多くの人々がAmazonを所有しており、その株式はこれらの優れたビジネスのうちの1つです。どちらの株式を購入すべきか迷うかもしれませんが、それぞれの業界で主導的なビジネスであり、成長の見込みもあります。どちらの株式も、よく分散されたポートフォリオには適しています。

    キーワード: 多くの投資家がAmazonとAppleの株式を所有しており、どちらの株式を購入すべきか迷うかもしれません。Amazonは毎年収益成長を達成しており、AppleはiPhoneの販売に依存しており、トップラインの安定性に欠けています。特にグローバルなスマートフォン市場が成熟する中、Appleはトップラインの安定性に苦しんでいます。

    エンティティ: Apple

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vd3d3LmZvb2wuY29tL2ludmVzdGluZy8yMDIzLzA5LzI5L2JldHRlci1idXktYW1hem9uLXZzLWFwcGxlL9IBAA?oc=5

  41. buchikuma-info より:

    「apple weather watch」に関する最新情報です。

    Appleは、Apple Watchの天気の複雑なバグについて、潜在的な修正方法を提案しています。このバグにより、天気の表示が正しく行われない問題が発生しています。Appleは、iPhoneの設定をリセットする方法や、他の修正方法を提案しています。この問題に影響を受けているユーザーは、これらの修正方法を試してみることを推奨しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiV2h0dHBzOi8vd3d3Lm1hY3J1bW9ycy5jb20vMjAyMy8wOS8yNy9hcHBsZS1vZmZlcnMtZml4LXdlYXRoZXItY29tcGxpY2F0aW9uLWFwcGxlLXdhdGNoL9IBAA?oc=5

  42. buchikuma-info より:

    「weather watch apple」に関する最新情報です。

    タイトル: Apple WatchユーザーがwatchOS 10で天気の表示に問題を報告

    Apple Watchユーザーが、watchOS 10で天気の表示に問題があると報告しています。特に、天気のコンプリケーションが正しく表示されず、Weatherアプリでも問題が発生しているようです。Apple Watchユーザーは、自身の経験を共有するためにさまざまなプラットフォームを利用しています。一時的な解決策として、一部のユーザーはWatchアプリを開き、時計アプリの設定で24時間表示を切り替えてから元の位置に戻すことで問題を解消しているようです。ただし、すべてのユーザーに同じ結果が得られるわけではないようです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiTGh0dHBzOi8vd3d3Lm1hY3J1bW9ycy5jb20vMjAyMy8wOS8yNi93YXRjaG9zLTEwLXdlYXRoZXItY29tcGxpY2F0aW9uLWlzc3Vlcy_SAQA?oc=5

  43. buchikuma-info より:

    「bluetooth bluetooth low energy」に関する最新情報です。

    FDK株式会社は、世界最小の「Bluetooth® Low Energyモジュール」の製品化を行い、サンプル出荷を開始しました。このモジュールは、東芝との技術開発により、小型化と高度な機能を実現しています。また、低消費電力での通信やIoTシステムへの接続など、さまざまな用途に対応しています。今後もモジュールの開発や製造、受注対応などを行い、お客様の要求に応える体制を整える予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vd3d3Lmdsb2JhbC50b3NoaWJhL2pwL25ld3MvY29ycG9yYXRlLzIwMjMvMDkvbmV3cy0yMDIzMDkwMS0wMS5odG1s0gEA?oc=5

  44. buchikuma-info より:

    「ikea ikea スマホ うね」に関する最新情報です。

    IKEAの新しいスマホ・タブレットスタンド「FAGNING」は、畑の畝(うね)のようなデザインが特徴です。このスタンドは、Google Pixelやタブレットなどをマグネットで固定し、充電も可能です。コルク素材を使用しており、テーブルに置いても安定感があります。サイズは幅175mm、奥行153mm、厚さ50mmで、タブレットをしっかりと支えてくれます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbi90b2RheXNfZ29vZHMvMTUxODkyMi5odG1s0gEA?oc=5

  45. buchikuma-info より:

    「irobot amazon 15」に関する最新情報です。

    Amazonは、規制の遅れによりiRobotの購入価格を15%引き下げました。Amazonは、iRobotとの取引が規制上の問題に直面しているため、最初のオファーよりも15%低い価格で買収価格を修正すると発表しました。この取引は、イギリスと欧州委員会の承認を待っており、アメリカの連邦取引委員会も公式の調査を行っています。

    https://techcrunch.com/2023/07/25/amazon-lowers-its-irobot-purchase-price-by-15-amid-regulatory-scrutiny/

  46. buchikuma-info より:

    「fz fz シリーズ pc」に関する最新情報です。

    パナソニックは、頑丈なタブレットPC「TOUGHBOOK FZ-G2シリーズ」の新モデルを発表しました。この新モデルは、屋外や現場での使用に適しており、10.1インチの画面を搭載しています。国内の法人向けに10月下旬から販売が開始され、価格はオープンとなっています。FZ-G2シリーズは、食品工場や医薬品工場などの製造実行システム(MES)での使用に適しており、端末を使用して屋外設備の点検やメンテナンスなどの業務を行うことができます。また、警察や消防隊員などの現場でも活用されており、高速なデータ処理やWeb会議の中継などの機能も備えています。新モデルでは、モジュラーな構造やmicroSDカードスロットなどのオプションも追加されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vY2xvdWQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTUxNzE1NC5odG1s0gEA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました