PR

「AppleWatch Series9対応」現役でも使えるモデルはどれ?

スポンサーリンク

最新のAppleWatchが発表されたので、最新のAppleWatchの情報をまとめつつ、今こそ買うべき、まだまだ利用できるAppleWatchの情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

最新のAppleWatch(Series9)情報

最新のAppleWatch(Series8)が発表されましたので、簡単に情報をまとめておきます。

AppleWatchに関する新着ニュース

私の情報収集用の項目です。

Apple Watchの所有と利用に関する最新調査結果

2023年12月12日の、Apple Watchの所有と利用に関する調査に関する情報をお届けします。

  • Apple Watchの認知率は84.7%、所有率は10.9%。
  • 20代男性の所有率が最も高く、通信サービス別ではオンライン専用プラン利用者の所有率が高い。
  • Apple Watchに興味があるが未購入者の主な理由は「料金が高い」「使いこなせるイメージがわからない」「使うシーンが想像できない」。
  • 購入検討者は「健康に関するデータ計測」「スマートフォンの通知確認」「バッテリーの持ち」を重視。
  • Apple Watch所有者の着用頻度で「ほぼ毎日」が45.0%で最多、購入の決め手は「健康に関するデータ計測」。
  • 既に所有している関連商品は「画面保護フィルム」「持ち運びができる充電器」「バンド(ストラップ)」。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • Apple Watchの高い認知度と健康機能への関心は、ウェアラブル市場の成長とヘルスケア意識の向上を示している。
  • 若年層の所有率が高いことは、ウェアラブルデバイスのトレンドとしての地位を強化している。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 高価格が購入の大きな障壁となっており、市場拡大の制限要因になっている。
  • 使用シーンや利便性の不明瞭さが購入のためらいに繋がっている。
追加情報/補足
  • 調査は18歳から69歳の男女14,471人を対象に行われた。
  • 詳細な調査結果やレポートはMMD研究所の公式サイトから入手可能。

Apple Watch Series 9とUltra 2の新機能と予想されるアップデート

2023年9月10日の、Apple Watch Series 9とUltra 2の更新点と今後の予想されるアップデートに関する情報をお届けします。

  • 新型のApple Watch Series 9とUltra 2(第2世代)は、新しい「U2」チップと改良された心拍センサーを搭載するとBloombergが報告しています。このU2チップは、iPhone 15シリーズとiPhone 15 Proシリーズにも搭載される予定です。
  • デザイン面では、Apple Watch Series 9とUltra 2(第2世代)のケースデザインやディスプレイサイズは現行モデルと変わらないと見られています。ただし、Series 9には新色「ピンク」、Ultra 2には新色「チタニウムグレイ」の追加が予想されています。
  • 今後の大幅なアップデートは2024年以降とされ、新機能として血圧や血糖値測定機能の搭載、マイクロLEDディスプレイの採用が期待されています。
追加情報/補足
  • U2チップの導入により、これまでよりも正確な位置情報の追跡が可能になる見込みです。
  • 2024年には、更なる新モデル「Apple Watch X」の発表があるかもしれません。

Source: Bloomberg via MacRumors Photo: Darvik (@darvikpatel)/X (FT729)

将来のApple Watch、文字盤の色を服装に合わせて変化?

2023年8月25日の、Apple Watchの新しい機能に関する情報をお届けします。

  • Appleが特許を公開。これにより、将来のApple Watchの文字盤の色がユーザーの服装などの色に合わせて変わる可能性が示唆されている。
  • ユーザーは任意の物体(例: Tシャツ)をWatchのディスプレイの前にかざすことで、その色に合わせて文字盤の色が変わる機能が考案されている。
  • 特許には「カラーサンプリングセンサー搭載の電子デバイス」という名前が付けられており、このセンサーは物体の色を判定するために使用される。
特許の詳細
  • この特許は「Electronic Devices With Color Sampling Sensors」という名称で、ディスプレイ下にカラーサンプリングセンサーを搭載することが示されている。
  • センサーは、さまざまな光を物体に当てて、どれだけの反射光が返ってくるかを検出することで、物体の色を判定。
  • この特許は2020年8月に米特許商標庁に提出され、2023年8月23日に公開された。

Apple Watchの寿命と買い替え時期の徹底解説

  • Apple Watchの平均的な寿命は4~5年とされている。
  • サポート面では、Apple Watchの新機種が毎年発売され、それぞれに搭載されている「watchOS」が更新の対象となる。2022年発売のSeries8から2018年発売のSeries4までが最新のWatchOS10にアップデート可能。
  • バッテリー面では、毎日使用すると購入から約3年で最大容量が80%を下回る可能性があり、Apple公式ではバッテリーの平均耐久年数を3年としている。
バッテリーの最大容量の確認方法
  • Apple Watch本体から「設定」アプリを開く。
  • 「バッテリー」の項目をタップし、「バッテリーの状態」から最大容量を確認。
考慮すべき点
  • 買い替えのタイミングは使用頻度や個人のニーズによって異なる。
  • Appleファンの中には、新機能が追加された新型が出ると、寿命が残っているにも関わらず買い替える人も多いと思われる。

Apple Watchでのワークアウト時のカロリー消費算出精度向上か〜新センサー検討

  • Appleは、筋トレを行った際のカロリー消費算出精度を向上するために新しいセンサーの検討をしている可能性がある。
  • 求人情報から、Appleが歪みゲージを使用した電子機器の開発経験を持つ人材を募集していることが明らかとなった。
  • Apple Watchに歪みゲージを搭載することで、筋トレ時のカロリー消費や運動負荷の算出精度が向上する見込み。
追加情報/補足
  • 現在、Apple Watchでのランニングやサイクリングのカロリー消費や運動負荷の算出は心拍数の変動を基に行われている。しかし、筋トレにおける心拍数の変動は有効とは言えず、歪みゲージの搭載により筋肉の負荷を正確に測定できる可能性がある。
  • 歪みゲージは血圧測定にも適用可能で、ノースカロライナ州立大学の研究者が歪みゲージを用いた血圧測定の研究成果を発表している。
  • 2024年か2025年に発表が予想されているApple Watch Xでの血圧測定機能に、この歪みゲージが応用される可能性がある。

次期Apple Watchに新バンドの登場か?

  • 今年の秋に予想される「Apple Watch Series 9(仮称)」にて、新しいバンドが投入される可能性があるとリークアカウントのKosutami氏が明らかにした。
  • 予測される新バンドは、編み込んだファブリック素材で、「モダンバックル」と同じマグネット式バックルを搭載。しかし、「次期Apple Watch Ultra」では採用されない予定。
  • Appleが現在販売している編み込んだファブリック素材のバンド「ブレイデッドソロループ」が1万4800円で提供されており、新バンドのマグネット式バックル組み合わせは、快適な装着感と簡単な取り外しを両立できるかもしれない。
Apple Watch Series 9の予想される特徴
  • 新しい「S9」チップによるパフォーマンス向上。
  • 新色として、ピンクのアルミニウムモデルやブラックのチタンモデルが予想される。
  • 新バンドがこれらの新色とマッチするデザインかは、注目のポイント。

Apple Watch Series 9の進化に関するリーク情報

  • 2023年秋に登場予定の「Apple Watch Series 9」は、Series 8と性能の向上以外では「基本的に変わらない」と著名リーカーが指摘。
  • 中国のSNS・WeiboのInstant Digital氏は、「Apple Watch Series 9が小幅なアップグレードに留まる」との投稿を行い、この情報を裏付けている。Instant Digital氏は以前、iPhone 14の新色イエローの情報など、アップル未発表製品の予想を的中させた実績がある。
  • 新型Apple Watchは、プロセッサーのコアの更新に焦点を当てているため、性能は向上するものの、他の部分はApple Watch Series 8と同じであるとされる。
プロセッサーに関する詳細情報
  • 近年のApple Watchのプロセッサーは進化が鈍化しており、Apple Watch Series 8のS8チップは、Series 6のS6やSeries 7のS7とCPUコアが同じで、2年間性能が向上していない。
  • S6、S7、S8チップは、iPhone 11シリーズのA13 BionicチップをベースにTSMCの7nmプロセスで製造。
  • 次期S9チップは、iPhone 13シリーズのA15 Bionicをベースにしており、A15チップはTSMCの5nmプロセスで製造されている。
  • プロセスルール(回路線幅)が微細化すると、処理速度や電力効率が向上するため、Apple Watch Series 9の性能向上とバッテリー持ちの良化が期待される。

【表】Apple WatchのチップとそのベースとなるiPhoneのチップの関係

Apple Watchシリーズ使用チップベースとなるiPhoneシリーズiPhoneの使用チップ
Series 6S6iPhone 11A13 Bionic
Series 7S7iPhone 11A13 Bionic
Series 8S8iPhone 11A13 Bionic
Series 9(予想)S9iPhone 13A15 Bionic

Apple Watch Ultraの新しいディスプレイ: マイクロLEDへの移行とLG Displayとの関連性

  • 2026年モデルのApple Watch Ultraが、OLEDディスプレイからマイクロLEDディスプレイに移行する可能性がある。
  • LG Displayが台湾のUDTからマイクロLEDディスプレイ関連の特許を14件買収し、これらの特許は主に基板へのマイクロLEDチップの実装に関するものである。
  • Appleは、Apple Watch UltraでのマイクロLEDディスプレイの導入を手始めに、将来的にはiPhoneへのマイクロLEDディスプレイ搭載を計画しているとされる。
特許とマイクロLEDディスプレイ製造の課題
  • マイクロLEDディスプレイの製造過程では、ウエハーから基板上に数百万個のマイクロLEDチップを移動・配置する必要がある。
  • この配置の過程で不良チップが発生しないようにすることは難しく、そのための特許がLG Displayによって買収されている。
LG DisplayとAppleの協力関係の可能性
  • LG DisplayはマイクロLEDディスプレイ関連の基板をAppleに供給するとの噂があり、部品の供給だけでなく、製造技術に関してもAppleと何らかの協力関係を持つ可能性がある。

Apple Watch Series 9、大きな変更はS9チップ搭載のみ?

  • Apple Watch Series 9はS9チップの新設計を特徴としており、その他の部分はSeries 8と同様との情報が伝えられている。
  • S9チップは、iPhone13シリーズに使用されているA15 Bionicチップをベースに、処理性能とバッテリーの持続時間が向上している。
  • Apple Watchのチップは、S6からS8までの3世代が同じ設計だったことが明らかにされている。
追加情報/補足
  • Bloombergのマーク・ガーマン記者によれば、S9チップはチタニウム合金製の部品製造に3Dプリンタを使用することで軽量化が図られており、新色の「チタニウムグレイ」のApple Watch Ultra(第2世代)にも採用されるとの噂がある。
  • Apple Watch Series 9では、ストレスレベルの測定機能が追加されるという噂もある。
  • 過去3世代のS6、S7、S8チップは、iPhone11シリーズのA13 Bionicチップをベースに設計され、TSMCの7nmプロセスルールで製造されており、32GBのストレージとデュアルコアCPUを搭載している。 Appleは、これらのチップでアプリの起動速度が20%高速化されていると述べている。

Apple Watch Series 9の新色ピンクに関する多数のイメージ画像公開

  • Apple Watch Series 9に新色ピンクがラインナップされるとの噂が流れ、多数のイメージ画像が公開されている。
  • iPhone15およびiPhone15 Plusもピンク色がラインナップされる可能性が高い。
  • 公開されたイメージ画像は色味が薄いものから濃いもの、ショッキングピンクに近いものまでさまざま。
詳細なイメージ画像の解説
  • Macworldが制作したイメージは、スターライトに近い色味。
  • AR7氏が制作したイメージは、ピンクにラベンダーが混ざった色味。
  • iPhone iOS Thailandが制作したイメージはアルミニウムケースでのピンクのイメージが最も多く、デザイナーのパーカー・オルトラーニ氏のイメージもこれに似ている。
  • Abby氏が制作したイメージからピンクの色味が強くなり始める。
  • iClarifiedが制作したイメージは、iPhone15と15 Plusの噂されるピンクのカラーコード「#CE3B6C(206, 59, 108)」に近い色味。
  • オルトラーニ氏が昨年公開したイメージは、ローズピンクと題されていた。
  • Shivank Tiwari氏が制作したイメージは最も派手で、質感が低いとの指摘も。
出典

Source: iClarified, Macworld, AR7(@AR72014), iPhone iOS Thailand(@iPhoneiOSth), Parker Ortolani(@ParkerOrtolani), Abby(@WinterSkiis), Shivank Tiwari(@shivankGeeky).

「Apple Watch Ultra(第2世代)」2023年秋登場(噂)

  • アップルは2023年秋に「Apple Watch Ultra」の新型である第2世代を発売予定。
  • 今秋のスペシャルイベントではApple Watch Series 9とともに新型Apple Watch Ultra第2世代の発売が期待されている。
  • 新型Macの発売は2023年後半か2024年初頭まで予定されている。
  • 30インチ以上のディスプレーを搭載した大型Macの開発も進行中。
3Dプリンターの活用
  1. TF International Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏が報告したところによると、Apple Watch Ultra(第2世代)の部品製造に3Dプリンターが使用されています。これは2023年の下半期(7月〜12月)にリリースされる予定です。
  2. 3Dプリンターの活用により、製造時間の短縮と製造コストの削減が可能になっています。
  3. チタニウム合金製部品の製造に3Dプリンターが使用されています。ただし、その部品はそのままでは使用できず、コンピューター数値制御(CNC)加工工程が追加必要です。
  4. IPG Photonics、Farsoon、BLTといったサプライヤーがこれらの工程に参加していると報告されています。
  5. この技術は将来的に、噂によればチタニウム合金を採用する予定のiPhone15 Proシリーズの製造にも活用される可能性があると述べられています。
  6. Apple Watch Ultra(第2世代)で3Dプリンターを活用する有用性が確認されれば、それはiPhoneの製造にも応用されると予想されています。

Apple Watch Series 8の購入情報

注文・予約開始日

9月9日より

発売日

9月16日

過去機種からの変更・改善点

最新のAppleWatch(Series8)、何が変わったのかを端的にまとめていきます。

最新端末の価格

最新AppleWatch(Series8)の価格は以下の通りです。

59,800円(税込)から。

新端末でできるようになったこと

最新モデルでは、以下のことができるようになりました。

  • 皮膚温センサーを搭載
  • 月経周期の記録・予測をサポート
  • 睡眠、心電図アプリの刷新
  • ヘルスケアが「服薬」をサポート
  • 衝突事故検出

AppleWatch Series 8に関しては、WatchOSの進化が大きくて、加えて「皮膚温センサー」の追加で日々の基本的なバイタルサインの測定に関しては網羅できた感じかと。

Watch OS 10でAppleWatchが便利になること
WatchOSの情報をまとめるページです。新モデル情報に合わせて「できるようになること」を知っておいて、快適なウェアラブル生活を。

最新AppleWatchの基本スペック

スペックに興味がない方にも、「数字の意味合い」についても少し解説しながら、最新AppleWatchの仕様についてまとめていきます。

スペック比較表

2022年9月に登場する3モデルを比較しました。

概要Apple Watch UltraApple Watch Series 8Apple Watch SE
ケースサイズの展開49mmケース41mmまたは45mmケース40mmまたは44mmケース
ディスプレイLTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ、最大2,000ニトLTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ、最大1,000ニトLTPO OLED Retinaディスプレイ、最大1,000ニト
表面ガラスフラットサファイアクリスタルディスプレイIon-Xガラスディスプレイ(アルミニウムケース)、サファイアクリスタルディスプレイ(ステンレススチールケース)Ion-Xガラスディスプレイ
GPS+セルラー展開GPS + CellularモデルGPSモデルとGPS + CellularモデルGPSモデルとGPS + Cellularモデル
チップS8 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)、W3ワイヤレスチップ、U1チップ(超広帯域)S8 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)、W3ワイヤレスチップ、U1チップ(超広帯域)S8 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)、W3ワイヤレスチップ
操作ボタン触覚的な反応を返すDigital Crown、アクションボタン触覚的な反応を返すDigital Crown触覚的な反応を返すDigital Crown
センサー皮膚温センサー、血中酸素ウェルネスセンサー、電気心拍センサーと第3世代の光学式心拍センサー皮膚温センサー、血中酸素ウェルネスセンサー、電気心拍センサーと第3世代の光学式心拍センサー第2世代の光学式心拍センサー
心電図高心拍数と低心拍数の通知、不規則な心拍リズムの通知、心電図アプリ高心拍数と低心拍数の通知、不規則な心拍リズムの通知、心電図アプリ高心拍数と低心拍数の通知、不規則な心拍リズムの通知
安全機能海外における緊急通報、緊急SOS、衝突事故検出、転倒検出海外における緊急通報、緊急SOS、衝突事故検出、転倒検出海外における緊急通報、緊急SOS、衝突事故検出、転倒検出
耐水性100メートルの耐水性能50メートルの耐水性能50メートルの耐水性能
防塵性防塵性能(IP6X等級)6防塵性能(IP6X等級)5
通信LTE、UMTS17、Wi-Fi、Bluetooth 5.3LTE、UMTS17、Wi-Fi、Bluetooth 5.0LTE、UMTS17、Wi-Fi、Bluetooth 5.0
GPSGPS/GNSS、コンパス、常時計測の高度計GPS/GNSS、コンパス、常時計測の高度計GPS/GNSS、コンパス、常時計測の高度計
スピーカー&マイクデュアルスピーカーとビームフォーミングを持つ3マイクアレイ内蔵スピーカーとマイク内蔵スピーカーとマイク
容量容量32GB容量32GB容量32GB
充電高速充電22高速充電21

モデルとしての違いは「タフな使い方ができるULTRA」「今まで通りのSeries 8」「安いSE」という感じですね。

ULTRAを使う人
  • 水の中での使用を考えている
  • 常に命の危険が迫っている
  • 運動が生活の一部となっている

ほとんどの方にとってはオーバースペックになるのがULTRA。

Series 8を使う人
  • 日々、ヘルスケアに気を使っている
  • むしろ、健康のことはあまり考えずに健康に暮らしたい
  • おしゃれなAppleWatchがほしい

Series 8に関しては、普通にAppleWatchがほしいという方におすすめ。体温計が不要ならSeries 7でも十分。

SEを検討すべき人
  • 安いAppleWatchがほしい
  • AppleWatchでしたいことは特にはない
  • 腕に便利な通知ディスプレイがほしい

AppleWatch SEでも、「スマートウォッチ」としての使い勝手は十分です。Appleデバイスで統一するだけでiPhoneのディスプレイを見る機会を減らせるので、スマホに時間取られすぎだと感じている人にはSEくらいがちょうどいい。

外観に関すること

外観Apple Watch UltraApple Watch Series 8Apple Watch SE
ディスプレイ種類LTPO OLED常時表示RetinaディスプレイLTPO OLED RetinaディスプレイLTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ
輝度最大1,000ニトの輝度最大1,000ニトの輝度最大2,000ニトの輝度
ケース49mm45mm、41mm44mm、40mm
最大ディスプレイサイズ410 x 502ピクセル396 x 484ピクセル352 x 430ピクセル
素材チタニウムアルミニウム、ステンレススチールアルミニウム
カラー展開ナチュラルアルミニウム:4色 ステンレススチール:グラファイト、シルバー、ゴールドアルミニウム:シルバー、スターライト、ミッドナイト
サイズ149mm x 44mm x 14.4mm45mm x 38mm x 10.7mm(45mmケース)44mm x 38mm x 10.7mm(44mmケース)
重量161.3g38.8g(アルミニウム、GPSモデル、GPS + Cellularモデル)51.5g(ステンレススチール)32.9g(GPSモデル) 33.0g(GPS + Cellularモデル)
サイズ241mm x 35mm x 10.7mm(41mmケース)40mm x 34mm x 10.7mm(40mmケース)
重量232.0g(アルミニウム、GPSモデル、GPS + Cellularモデル) 42.3g(ステンレススチール)26.4g(GPSモデル) 27.8g(GPS + Cellularモデル)

外観・デザインに関すること

外観Apple Watch UltraApple Watch Series 8Apple Watch SE
ディスプレイ種類LTPO OLED常時表示RetinaディスプレイLTPO OLED RetinaディスプレイLTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ
輝度最大1,000ニトの輝度最大1,000ニトの輝度最大2,000ニトの輝度
ケース49mm45mm、41mm44mm、40mm
最大ディスプレイサイズ410 x 502ピクセル396 x 484ピクセル352 x 430ピクセル
素材チタニウムアルミニウム、ステンレススチールアルミニウム
カラー展開ナチュラルアルミニウム:4色 ステンレススチール:グラファイト、シルバー、ゴールドアルミニウム:シルバー、スターライト、ミッドナイト
サイズ149mm x 44mm x 14.4mm45mm x 38mm x 10.7mm(45mmケース)44mm x 38mm x 10.7mm(44mmケース)
重量161.3g38.8g(アルミニウム、GPSモデル、GPS + Cellularモデル)51.5g(ステンレススチール)32.9g(GPSモデル) 33.0g(GPS + Cellularモデル)
サイズ241mm x 35mm x 10.7mm(41mmケース)40mm x 34mm x 10.7mm(40mmケース)
重量232.0g(アルミニウム、GPSモデル、GPS + Cellularモデル) 42.3g(ステンレススチール)26.4g(GPSモデル) 27.8g(GPS + Cellularモデル)

外観・デザインに関すること

センサーApple Watch UltraApple Watch Series 8Apple Watch SE
測位衛生L1/L5 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDouL1 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDouL1 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
コンパスコンパスコンパスコンパス
高度計常時計測の高度計常時計測の高度計常時計測の高度計
耐水性能100メートル50メートル50メートル
血中酸素測定血中酸素ウェルネスセンサー血中酸素ウェルネスセンサー
心電図アプリ対応電気心拍センサー電気心拍センサー
心拍センサーの種類第3世代の光学式心拍センサー第3世代の光学式心拍センサー第2世代の光学式心拍センサー
センサーによる緊急SOS対応緊急SOS緊急SOS緊急SOS
海外での緊急通報対応海外における緊急通報海外における緊急通報海外における緊急通報
国際ローミング国際ローミング国際ローミング国際ローミング
高重力加速度センサー高重力加速度センサー高重力加速度センサー高重力加速度センサー
転倒・衝突事故検知最大256G(転倒検出と衝突事故検出対応)最大256G(転倒検出と衝突事故検出対応)最大256G(転倒検出と衝突事故検出対応)
ハイダイナミックレンジジャイロスコープハイダイナミックレンジジャイロスコープハイダイナミックレンジジャイロスコープハイダイナミックレンジジャイロスコープ
光センサー環境光センサー環境光センサー環境光センサー
水温センサー水温センサー
水深計水深計
耐深水水深40メートルまでのダイビングに対応
スピーカーデュアルスピーカー Series 8より40%大きい音量スピーカースピーカー
マイク風の音を低減するビームフォーミングを持つ3マイクアレイマイクマイク

スペックで言えばULTRAが頭一つ飛び抜けていますが、「音が聞き取れない、水中深くの過酷な環境」を想定した仕様なので、ダイビングもしたこともない私には無縁。でも、なぜか欲しくなるの怖い。

採用チップ(SoC)

チップApple Watch UltraApple Watch Series 8Apple Watch SE
搭載チップS8(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)S8(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)S8 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
AppleワイヤレスチップW3W3
超広帯域チップU1チップU1チップ
W3チップとは

Appleデバイスに採用されている「通信」の処理に関するチップ。AirPodsに関してはイヤホン/ヘッドホン専用のH1チップを採用しており、若干の差別化が図られている。

U1チップとは

Apple製デバイスをUWB(超広帯域無線)に対応させるための専用チップ。SEを除く、iPhone 11以降、Apple WatchのSeries6以降などに搭載されている。デバイス同士の距離がより正確に把握できるようになる。

Appleには、絶対にADHDがいる。だから、モノをなくす前提に設計されているし、実際、使いやすい。

スポンサーリンク

AppleWatchの中古市場情報が知りたい

2024/03/20現在で、どの世代のAppleWatchを購入すべきか考えていきます。

Apple Watchの整備済商品の価格

Apple Watchの整備済商品に関する情報をまとめています。

Apple整備済製品の新しい在庫情報(2023年9月9日)

2023年9月9日の、Apple Watch整備済製品の在庫情報に関する情報をお届けします。

  • Apple Watch SEとSeries 8の異なるモデルと価格が利用可能
  • さまざまなカラーとバンドオプションで利用可能
  • 価格はモデルと材質によって異なり、31,800円から95,800円までの範囲で設定されています
詳細な製品リストと価格

以下の表は、現在利用可能な整備済製品のリストとその価格を示しています。

シリーズモデルケースサイズケースとバンドの材質価格(税込)
SEGPS40mmスターライトアルミニウム & スターライト31,800円
SEGPS40mmミッドナイトアルミニウム & ミッドナイト31,800円
SEGPS40mmシルバーアルミニウム & ホワイト31,800円
SEGPS44mmミッドナイトアルミニウム & ミッドナイト35,800円
SEGPS + Cellular40mmスターライトアルミニウム & スターライト38,800円
Series 8GPS + Cellular45mmゴールドステンレススチール & スターライト95,800円

1​ 上記の表は一部の製品リストを示しています。全ての製品と価格の詳細については、「Apple整備済製品」のウェブサイトで確認してください。

最新の在庫情報は「Apple整備済製品」からチェックしてください。

Apple Watch整備済商品の最新情報(2023年8月25日更新)

2023年8月25日の、Apple Watchの整備済み商品に関する情報をお届けします。

  • 通常価格よりも15%オフで購入可能。
  • 現行モデルであるApple Watch SE(第2世代)は、31,800円から購入可能。
  • Apple Watch Series 7とSeries 8も整備済みで購入可能。
価格とモデル一覧

以下の表は、記事執筆時点での整備済みApple Watchの掲載商品一覧とその価格(税込)です。

モデルケースサイズと色価格(税込)
Apple Watch SE(第2世代, GPS)40mmスターライト/ミッドナイト/シルバー31,800円
Apple Watch SE(第2世代, GPS)44mmスターライト/ミッドナイト/シルバー35,800円
Apple Watch SE(第2世代, GPS + Cellular)40mmミッドナイト/シルバー38,800円
Apple Watch SE(第2世代, GPS + Cellular)44mmスターライト/シルバー42,800円
Apple Watch Series 7(GPS)45mmグリーン49,100円
Apple Watch Series 8(GPS)41mm/45mmミッドナイト/スターライト/シルバー50,800円 – 54,800円
Apple Watch Series 7(GPS + Cellular)41mmグリーン/ブルー57,600円
Apple Watch Nike Series 7(GPS + Cellular)41mm/45mmスターライト/ミッドナイト57,600円 – 61,900円
Apple Watch Series 8(GPS + Cellular)41mm/45mmシルバー/ミッドナイト63,800円 – 67,800円

この整備済み商品は、Apple公式サイトで購入でき、新品同様の中古品であるためお買い得です。特に、Apple Watchの基本的な機能を低価格で手に入れたい人にとって、Apple Watch SE(第2世代)は魅力的な選択肢となっています。

最新OSに対応しているAppleWatch

最新OSに対応しているAppleWatchについての情報です。OSにさえ対応していれば、最新端末ほどではなくても十分に利用可能な機種だと言えます。

最新OSのAppleWatch対応リスト

2024/03/20現在のOS対応リストです。

Watch OS 9の対応機種に関する詳細は公式HPをご確認ください。

  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Series 5
  • Apple Watch SE
  • Apple Watch Series 6
  • Apple Watch Series 7

最新OSで対応しなくなるAppleWatchリスト

逆に、最新OSにアップデートすることで使えなくなる端末もチェックしておきます。

  • Apple Watch Series 3

最新端末の登場で、中古市場はどう変わる?

AppleWatchが登場することで、どのAppleWatchがお買い得になるか情報をまとめていきます。

AppleWatchのひとつ前の世代「Series 7」はお買い得?

調べてみたところでは、最新AppleWatchのひとつ前の世代である「Series 7」に関しては、現在(2024/03/20)のところでは以下のように取引されています。

公式ストア

Appleの公式オンラインショップはこちらです。

Watch
Apple Watchは、健やかな毎日のための究極のデバイスです。Apple Watch Ultra 2、Apple Watch Series 9、Apple Watch SE。3つのモデルから選べます。

ちなみに、公式オンラインショップを利用する場合には、楽天リーベイツを利用すると楽天ポイントで還元されてさらにお得です。

当サイトでは楽天リーベイツアプリの掲載を終了しました。

AppleWatchのセール情報

AppleWatchを含めたApple製品のセール情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。
スポンサーリンク

比較用、過去のAppleWatch情報

過去の端末情報をまとめておきます。

Apple Watch 3〜7に関すること

Apple Watch Series 7に関する情報はこちらにまとめてあります。

AppleWatchシリーズ比較【Series7、8、Ultra、SEどれを買うか】
これからAppleWatchを買おうと思っている方が、シリーズ選択のために必要な情報をまとめました。ポイントは「健康」に重点を置くか、「iPhone補助」として使うか。あと、「時計として使う」というセレブリティでハイソサイエティな選択肢もご提案。

また、AppleWatch SEを買うかどうか悩んだ際の比較記事はこちらになります。

Apple Watch SEの価格帯が微妙すぎて悩む「酸素測定、いる?」
個人的には、微妙というより絶妙な感じもしますが、とにかく悩ませてくれます。Apple Watch SEとsiries 6の違いは、酸素飽和度の計測にあると思いますが、これが必要なのか、医療者の観点からお話しします。

過去のWatchOSに関すること

過去のWatchOSに関することはこちらにまとめてあります。

Watch OS 10でAppleWatchが便利になること
WatchOSの情報をまとめるページです。新モデル情報に合わせて「できるようになること」を知っておいて、快適なウェアラブル生活を。

未来のWatchOS予測

医療系の仕事をしているので、WatchOSの進化に期待しています。ヘルスケアとWatchOSに関する記事はこちらです。

Apple Watchの未来「Series10以降のウェアラブル動向」
Apple Watch の新着/噂情報をまとめて、ウェアラブル端末の将来を占っていこうと思います。当方は医療専門職なので、ヘルスケア関連の経済への影響なども少し丁寧に解説していきます。
スポンサーリンク

まとめ:AppleWatch、中古も考えるなら「Series 6」が買い時

新世代が登場したところで、旧世代も含めてAppleWatchの市場価格が変動しています。

スマホが高額化していることもあり、必ずしも最新機種がお買い得とは言えない中で、自分に合ったAppleWatchを選んでいくことが大切です。

最後にこのページの内容をまとめておきますので、買い替え・中古売買などの参考にしてみてください。

AppleWatch、買い換えるならどのモデル?

AppleWatchの買い替えのポイントとして、まずはどれを買うべきかをまとめます。

最新のAppleWatchを買うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

中古モデルを狙うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

お買い得なSeries 6はどれ?

Apple Watch Series 6 を購入する場合は、質の良い中古品を探すのが一番おすすめ。

合わせて用意したいバンド

中古で購入する場合には、できれば直接、肌に触れるバンドは購入したいところ。

純正品はとても高いのですが、それなりに質の良いバンドは色々なメーカーが出しているので、中古に合わせるなら純正品じゃなくても、と考える方には色々探してみてほしい。

「Apple Watch バンド」で検索できます!
充電器もチェックしたい
「Apple Watch 充電」で検索できます!

最新AppleWatchと中古市場、よくあるQ&A

Q
最新のAppleWatchは「買い」ですか?
A

最新のAppleWatchを買う場合には、「いつ売るか」を考えるのが大事です。

リセールバリューの高いAppleWatchの場合は、購入時の価格と数万円も差が出ずに売却することができます。

そのため、あまり長く持ちすぎて中古販売価格が安くなりすぎる場合は最新機種を買うメリットは薄れます。

長く使う端末名を探している場合には「購入価格でのコスパ」が良い中古モデルを選ぶのが良いと思います。

2024/03/20時点では、Series 6の市場価格の動向を見るのが正解だと思います。

Q
コスパのいいAppleWatchモデルはどれ?
A

一つ前の世代である端末名が値下がりを見せていますが、2024/03/20時点で言えば「Series 6」の方がお買い得です。

端末名はこれから中古市場へ供給が始まるので値下がりはしますが、底値と言えるタイミングを見計らうのは割と消耗します。

「Series 6」はほぼ底値なので、中古市場にポンと出たお値打ち品をさっと買ってしまうのが得策だと思います。

Q
AppleWatchにおすすめの買い替え時期はありますか?
A

AppleWatchの新モデルが登場するのは、例年「9月」のイベントで発表されてからとなります。恒例行事となっているため、新品・中古市場は早めに動き出すので、7〜8月ごろに値下げが始まればそこを一度目の底値と考え、買ってしまうのも良いと思います。

ひとつ前のモデルに関しては、中古の供給量は増えるものの、需要も安定しているためすぐに値下がりするわけではありません。むしろ狙うべきはもうひとつ前のシリーズだと言えます。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「発売 中国 apple」に関する最新情報です。

    Apple Vision Proとバッテリーパックが中国の規制当局のデータベースに登録され、中国での発売が近づいていると報じられている。また、日本でも近々発売される可能性があるとされている。Appleの複合現実(MR)ヘッドセットVision Proについて、中国での展開が進んでいる様子が伝えられている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwNDAyL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwNDAyL2FtcC8?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「apple display oled」に関する最新情報です。

    次の週のAppleのイベントでは、iPad Proの新機能として、有機ELディスプレイへのアップグレードが注目されています。この有機ELディスプレイには、常に表示される機能があり、画面がアイドル状態でも時刻や天気、通知などの情報を表示できるという利点があります。これにより、iPad Proは常に便利な情報を表示しつつ、使われていないときに省電力モードに切り替えることができる可能性があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiaGh0dHBzOi8vd3d3LnpkbmV0LmNvbS9hcnRpY2xlL2FwcGxlLWdpdmluZy10aGUtaXBhZC1wcm8tYW4tb2xlZC1kaXNwbGF5LWhhcy1hbi11bmV4cGVjdGVkLXNtYXJ0LWJlbmVmaXQv0gEA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「autopilot tesla investigation」に関する最新情報です。

    米国国家高速道路交通安全局(NHTSA)は、TeslaのAutopilot運転支援システムを調査し、その誤用に関連する13件の致命的な事故を含む数百件の事故を検討した後、調査を終了した。NHTSAは、Autopilotの脆弱な運転者の関与システムがAutopilotの許容性の高い運用能力に適していないことを明らかにし、避けられるべき事故が発生したと述べた。同時に、NHTSAはAutopilotのリコール修正が十分に効果的かどうかを評価する新しい調査を開始している。

    https://techcrunch.com/2024/04/26/tesla-nhtsa-autopilot-investigation-closed-fatal-crashes/

  4. buchikuma-info より:

    「整備 購入 モデル」に関する最新情報です。

    M1 MacBook Airの最安モデルが10.6万円から購入可能で、整備済みMac情報も紹介されています。通常価格よりも15%オフで購入できる商品もあり、お買い得な価格で提供されています。整備済みMacやApple Studio Displayなど、さまざまなアイテムが掲載されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vZ29yaS5tZS9zYWxlL2FwcGxlLXJlZnVyYmlzaGVkLzE1Mjc1MNIBAA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「特許 アップル 可能性」に関する最新情報です。

    アップルが取得した特許によると、将来的にカメラ付きのApple Watchやハンドウェアラブル・アクセサリー、オフラインで使えるSiriなどが製品化される可能性があると予測されています。アップルは多くの特許を持っており、そのうち30%が製品化される傾向があるとされています。特にジェスチャーやハンズフリーコントロールに関する特許が多く、カメラやハンドウェアラブル・アクセサリーの実現可能性が高いとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vd3d3LmJ1c2luZXNzaW5zaWRlci5qcC9wb3N0LTI4NDQyOdIBAA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「apple apple 未発表 リーク」に関する最新情報です。

    Appleは元従業員が未発表の製品情報をリークしたとして提訴し、損害賠償を求めている。元従業員は仕事用のiPhoneを使用し、複数の製品情報やポリシーを外部に漏らしたとされる。Appleはリークにより機密情報が公開され、元従業員が証拠を隠滅したと主張しており、問題解決のための協力を求めたが、元従業員は非協力的だったとして訴訟に至った。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAzMjktYXBwbGUtc3Vlcy1mb3JtZXItZW1wbG95ZWUv0gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「中国 発売 apple」に関する最新情報です。

    Apple Vision Proは現在米国のみで販売されており、中国での発売が2024年後半に予定されています。日本での発売については具体的な情報はないものの、近い将来に販売が始まる可能性が高いと考えられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiU2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMy9hcHBsZS12aXNpb24tcHJvLXdpbGwtYmUtcmVsZWFzZWQtbmV4dC1pbi1jaGluYS5odG1s0gEA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「基板 pro vision」に関する最新情報です。

    米Appleが2024年に発売したHMD「Apple Vision Pro」のメイン基板が特殊な加工法で曲げられており、セミフレックス基板が使用されていることが判明した。この基板は高速な信号伝達や耐久性に優れ、低コストで信頼性が高い特性を持つ。一般的には車載向けに使用されることが多いが、Vision ProではM2とR1間の高速通信を実現するために採用されたとされる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9jb2x1bW4vMTgvMDI3NTcvMDMyMTAwMDA2L9IBAA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「健康 2024 2024 年後半」に関する最新情報です。

    GoogleのAI「Gemini」を活用したFitbitの健康アドバイス機能が2024年後半に登場予定。この機能は自然な会話で健康メニューを提案可能であり、Fitbit Premiumに加入したユーザーが利用できる予定。Googleは健康AIの開発において人種や性別の公平性に重点を置いており、バイアスを評価するための手法や敵対的テストデータセットを発表している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiUWh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAzMjEtZ29vZ2xlLWZpdGJpdC1nZW1pbmktZ2VuZXJhdGl2ZS1haS1oZWFsdGhjYXJlL9IBAA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「sensor sensor tower tower」に関する最新情報です。

    App分析企業のSensor Towerがライバル企業Data.aiを買収し、スタッフの削減を行うことが発表された。この買収により、モバイルインテリジェンス業界が統合され、セクターを支配し、アプリ経済に対する競争力のある洞察を提供する強力な企業が誕生する見通しとなっている。Sensor TowerとData.aiは、ビジネスや開発者がモバイルアプリのパフォーマンスを把握するのを支援しており、ダウンロード数やアクティブユーザー数、アプリ内収益などの見積もりを提供している。買収後も、両プラットフォームは独立したサービスとして提供される予定であり、消費者向けの追加変更は今のところ計画されていないとしている。

    https://techcrunch.com/2024/03/18/app-analytics-firm-sensor-tower-acquires-rival-data-ai/

  11. buchikuma-info より:

    「特許 apple アップル」に関する最新情報です。

    Appleは、Apple Watchで深部体温を測定する特許を出願しており、これにより着用者の体温をより正確に測定できる可能性がある。これまでのモデルでは手首の皮膚温度を測定していたが、今後は体幹の温度を推定する技術を開発している。これにより、身近なウェアラブル機器で体温を常時モニタリングできる可能性があり、アップル独自のスマートな機能として期待されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vZ2V0bmF2aS5qcC9kaWdpdGFsLzk0ODA2Mi_SAQA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「2024 製造 12」に関する最新情報です。

    2024年3月12日のニュースには、AppleがEV(電気自動車)の開発を断念し、AIに資源を集中すること、米Starbucksがモバイル決済で成功を収めていること、そして武田薬品が製造拠点の国際化に取り組んでいることが報じられています。AppleはAI技術に注力し、StarbucksはZ世代向けのモバイル決済を拡大しているようです。また、武田薬品は製造拠点の国際化に向けて取り組んでいるとのことです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vYnVzaW5lc3Mubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL2F1ZGlvLzIyLzAwMDAxLzAzMTEwMDMyNi_SAQA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「led マイクロ デザイン」に関する最新情報です。

    パナソニックはマイクロLEDを活用した次世代照明器具の技術開発を発表しました。この照明器具は日亜化学の開発した「μPLS」を使用し、光の形状や個数を変えることで自由な照明デザインが可能です。1万6384個の微細なLEDを搭載し、高速に制御することで光のデザイン革新が実現されます。瞬時点灯や消灯、多彩な色演出が可能であり、ライトアップやプロジェクションマッピングなどの照明演出に活用できます。また、スマートフォンやタブレットを使って光をコントロールする機能も備えています。

    https://japan.cnet.com/article/35216230/

  14. buchikuma-info より:

    「気温 服装 コート」に関する最新情報です。

    3月は朝晩は寒いが昼間は暖かい日もあるため、服装選びが難しい時期。気温ごとに服装を紹介。朝は5℃前後で暖房が必要だが、昼は14℃前後で厚手のコートが邪魔になるほど。12℃を境に上着が不要と感じる人が増える。桜の開花が早まり、春めいてくるが、朝晩は冷え込むため寒さ対策が必要。外回りが多い日はかさばらない上着が便利。気温別の服装例も紹介されている。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65e18dcde4b005b85833e101

  15. buchikuma-info より:

    「spacex starship investigation」に関する最新情報です。

    FAAはSpaceXの2回目のStarshipローンチの調査を完了し、会社が特定した「根本原因と17の是正措置」を受け入れたと発表した。最初のテストと同様に、2回目のテストも空中で火災が発生しました。ロケットの打ち上げに致命的な問題が発生した場合、FAAは「事故調査」として調査を開始します。FAAはSpaceXに63の是正措置の完了を指示しました。

    https://techcrunch.com/2024/02/26/faa-completes-investigation-into-spacexs-second-fiery-starship-test/

  16. buchikuma-info より:

    「セール winter winter セール」に関する最新情報です。

    Samsungオンラインショップは、本日からWINTERセールを開始しました。セールでは、Galaxy TabやGalaxy Watchなどの製品が最大50%オフで購入できます。さらに、最新の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold5|Z Flip5」のSIMフリーモデルを購入すると、「Galaxy Buds2・ケース・フィルム」がもらえるキャンペーンも実施されています。セール期間は2024年1月24日から2月9日までで、売り切れ次第終了となります。この機会に、Galaxy製品をお得に購入してみてはいかがでしょうか。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMWh0dHBzOi8vd3d3LmZ1a3Vpc2hpbWJ1bi5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8tLzE5NjA4MTXSAQA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「fisker investigation braking」に関する最新情報です。

    Fiskerの電気自動車「Ocean SUV」がブレーキの問題に関する苦情を受けて調査対象となっている。米国の交通安全規制機関であるNational Highway Traffic Safety Administration(NHTSA)の欠陥調査部門(ODI)が、これまでに9件の苦情に焦点を当てて調査を行っている。その中には、1件の事故と具体的な負傷者が含まれている。

    https://techcrunch.com/2024/01/15/fisker-ocean-suv-nhtsa-investiagtion-brakes/

  18. buchikuma-info より:

    「instant stuff app」に関する最新情報です。

    Postmatesの創設者が開発した新しいアプリTipTopは、あなたのものを即座に現金化するサービスを提供しています。TechCrunchの元編集長であるMatthew Panzarinoは、このアプリに興味を持つだろうと予測しており、彼はTCスタッフの間で有名なコレクターであり、靴や新しい調理器具、iPhoneなど、さまざまなものを収集しています。TipTopは、即座の現金化のオファーやピックアップの提供を含む、より簡単な売却方法を約束しています。TipTopは、アプリのローンチ以来、5000万ドル以上の商品価値をユーザー間で取引しており、今後はプッシュ通知やカメラ機能の追加も予定しています。ただし、詐欺リスクが高いため、即座の現金オファーは制限される可能性があります。

    https://techcrunch.com/2024/01/18/postmates-founders-new-app-tiptop-offers-instant-cash-for-your-stuff/

  19. buchikuma-info より:

    「fisker investigation braking」に関する最新情報です。

    タイトル: フィスカーの電気自動車「オーシャンSUV」がブレーキの故障に関する苦情で調査中

    フィスカーの電気自動車「オーシャンSUV」がブレーキの故障に関する苦情を受け、連邦の安全規制機関が調査を開始している。国立高速道路交通安全局(NHTSA)の欠陥調査室(ODI)がフィスカーを調査していることが明らかになった。これまでに9件の苦情が寄せられており、そのうちの1件は事故と未明示の負傷を伴うものだった。連邦の安全規制機関が初めてフィスカーの電気自動車のブレーキの問題に関して調査を行っている。

    https://techcrunch.com/2024/01/15/fisker-ocean-suv-nhtsa-investiagtion-brakes/

  20. buchikuma-info より:

    「ces ces 派手 メーカー」に関する最新情報です。

    日本の電機メーカーは、CESで派手な演出をせずに新製品展示から距離を置いている。韓国や中国の競合他社を意識しているようだ。彼らは「ワオ!」と驚かせるような技術の展示は行っていない。

    https://toyokeizai.net/articles/-/727400?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  21. buchikuma-info より:

    「investigation ongoing ongoing sec」に関する最新情報です。

    Rumbleは、SEC(米国証券取引委員会)の「活発で継続的な」調査の一部であることが確認されました。調査の具体的な内容は不明ですが、Rumbleは11月に関連する文書の提出を求められており、SECの調査はまだ継続中です。Rumbleは、ユーチューブの代替としてのフリースピーチビデオプラットフォームとして知られており、ユーザーメトリクスの膨張を巡る疑惑が浮上しています。Rumbleはこれを否定しており、SECは調査の存在を確認しましたが、具体的な違法行為の詳細は不明です。この調査の結果や影響についてはまだ分かっていません。

    https://www.wired.com/story/rumble-sec-investigation/

  22. buchikuma-info より:

    「led led 移行 ウォッチ」に関する最新情報です。

    マイクロLEDへの移行が期待されるスマートウォッチについての分析データがあります。現在、スマートウォッチにはOLEDディスプレーが使われていますが、将来的にはマイクロLEDへの移行が期待されています。マイクロLEDは輝度が高く、消費電力も少ないため、スマートウォッチの性能向上が期待されています。ただし、現在の製造技術やコストなどの課題がありますが、2025年以降にはマイクロLED搭載のスマートウォッチが市場に出る可能性があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvdGVjaHBsdXMvYXJ0aWNsZS9tb2JpbGVkaXNwbGF5LTEv0gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「ces 2024 2024 preview」に関する最新情報です。

    タイトル: CES 2024のプレビュー、23andMeの被害者責任転嫁、MITの肥満対策の薬

    この記事では、CES 2024のプレビューや23andMeの被害者責任転嫁、MITの肥満対策の薬についての分析データが紹介されています。CES 2024では、注目のイベントが予定されており、23andMeのデータ漏洩やGitHubの新機能Copilot Chatのリリース、Frontdeskのスタッフ削減なども話題となっています。また、MITの科学者たちは、肥満対策のための振動する薬の開発に取り組んでいます。

    https://techcrunch.com/2024/01/06/a-ces-2024-preview-23andme-victim-blaming-and-mits-obesity-fighting-pill/

  24. buchikuma-info より:

    「グリーン グリーン コープ コープ」に関する最新情報です。

    グリーンコープ生協ひろしまが、電気自動車の配送用トラックを初めて導入しました。これは、カーボンニュートラルの推進を目指すための取り組みの一環です。導入されたトラックは、日野自動車のデュトロZEVで、最大積載量は1トンで、通常の充電で100キロメートル以上の航続距離を持ちます。特徴的な点は、荷台と運転席がつながっており、女性や高齢のドライバーにとって負担が軽減される点です。グリーンコープ生協ひろしまは、脱炭素社会の実現に向けた取り組みを積極的に行っており、電気自動車の導入はその一環です。また、グリーンコープでは、電気の供給においてもバイオマスや太陽光などの自然エネルギーを利用し、二酸化炭素の排出をゼロにする取り組みを行っています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000123722.html

  25. buchikuma-info より:

    「グリーン グリーン コープ コープ」に関する最新情報です。

    グリーンコープ生協おかやまは、電気自動車の配送用トラックを初めて導入しました。この取り組みは、カーボンニュートラルの推進を目指す一環であり、電気を動力源とすることで環境に優しい配送を実現します。導入されたトラックは、日野自動車のデュトロZEVで、最大積載量は1トンで、通常の充電で100キロメートル以上の航続距離を持ちます。このトラックの特徴は、荷台の高さが一般的なトラックよりも低く、女性や高齢のドライバーにも積み下ろしがしやすい点です。グリーンコープは、脱炭素社会の実現に向けて積極的に電気自動車の導入を推進しています。また、グリーンコープでは、一般社団法人グリーンコープでんきを通じて、バイオマス、太陽光、小水力、地熱などの自然エネルギーを利用した電力供給も行っており、二酸化炭素の排出をゼロにするための取り組みも行っています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000123722.html

  26. buchikuma-info より:

    「公開 充電 ワイヤレス」に関する最新情報です。

    Makuakeにて公開された「超小型&8in1!ワイヤレス充電可!作業環境を快適に整えるドッキングステーション」は、わずか10分で目標金額を達成しました。このドッキングステーションは、15Wの大出力ワイヤレス充電や5台までの同時充電が可能であり、小型でありながら機能性にもこだわっています。また、N52軍用級の強力磁石や太めの純銅充電コイル、PCレンズ保護パッドなども特徴です。プロジェクトは2023年12月22日から2024年3月12日までの期間で進行しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000235.000060275.html

  27. buchikuma-info より:

    「グリーン グリーン コープ コープ」に関する最新情報です。

    グリーンコープ生協ひろしまは、電気自動車の配送用トラックを初めて導入しました。この取り組みは、カーボンニュートラルの推進を目指すための一環であり、グリーンコープの脱炭素社会実現の取り組みの一部です。導入された電気自動車は、日野自動車のデュトロZEVで、最大積載量は1トンで、通常の充電で100キロメートル以上の航続距離を持ちます。このトラックは、女性や高齢のドライバーにとっても特に使いやすく、荷物の積み下ろしに便利な構造を持っています。グリーンコープは、電気自動車の導入を通じて、脱炭素社会の実現に取り組んでいます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000123722.html

  28. buchikuma-info より:

    「グリーン グリーン コープ コープ」に関する最新情報です。

    グリーンコープ生協おかやまは、電気自動車の配送用トラックを初めて導入することを発表しました。この取り組みは、カーボンニュートラルの推進を目指す一環であり、2023年12月21日に導入予定です。導入される電気自動車は、日野自動車のデュトロZEVで、最大積載量は1トンで、通常充電で100キロメートル以上の航続距離を持ちます。このトラックは、女性や高齢ドライバーにも扱いやすく、積み下ろしも容易です。グリーンコープ生協おかやまは、脱炭素社会の実現に向けて積極的に取り組んでおり、電気自動車の導入はその一環です。また、グリーンコープは、一般社団法人グリーンコープでんきを通じて、バイオマスや太陽光などの自然エネルギーを利用した電力供給も行っており、地球温暖化対策を推進しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000123722.html

  29. buchikuma-info より:

    「ノースカロライナ州 ノースカロライナ州 バッテリー バッテリー」に関する最新情報です。

    大日本印刷(DNP)が、米国ノースカロライナ州にバッテリーパウチ製造工場の建設を発表しました。DNPは、1990年代後半からバッテリーパウチの製造技術を開発し、世界トップシェアを獲得しています。同社は、ノースカロライナ州に新しい工場を建設し、2025年までに1,000億円の売り上げを目指しています。この工場は、電気自動車(EV)の需要の急増に対応するために設立され、2026年度には352人の雇用を創出する予定です。また、ノースカロライナ州のクーパー知事もDNPの進出を奨励し、2023年10月には日本・米国南東部会議でDNP幹部と会談しました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPWh0dHBzOi8vd3d3LmpldHJvLmdvLmpwL2Jpem5ld3MvMjAyMy8xMS9jNThmM2RhYTliODQwM2Q3Lmh0bWzSAQA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました