PR

Apple TV 4Kも整備済み販売開始、中古市場はどう変わる?

最新のAppleTVが発表されたので、最新のAppleTVの情報をまとめつつ、今こそ買うべき、まだまだ利用できるAppleTVの情報をまとめていきます。

最新のAppleTV情報

最新のAppleTVが発表されましたので、簡単に情報をまとめておきます。

Apple TV 4Kの次世代機はどうなる?

  • Apple TV 4K(第4世代)は、2024年上半期(1月〜6月)に発売される可能性があります。
  • 次世代のApple TV 4Kには新しいApple Aチップが搭載されると予想されています。具体的にはiPhone14 Proシリーズが搭載するA16 Bionicか、iPhone15 Proシリーズが搭載すると噂のA17 Bionicが候補となっています。しかし、製造コストや歩留まり率の観点から、A16 Bionicの搭載がより可能性とされています。
  • 販売価格については、Apple TV 4K(第3世代)よりも値下げされる可能性があると、アナリストのミンチー・クオ氏が指摘しています。第3世代の販売価格は、ストレージ容量64GBのWi-Fiモデルが税込19,800円、ストレージ容量128GBのWi-Fi+Ethernetモデルが税込23,800円です。
  • デザインについては、Apple TV 4K(第4世代)の外観は、前世代と同じであるとBloombergのマーク・ガーマン記者が予想しています。

過去機種からの変更・改善点

最新のAppleTV、何が変わったのかを端的にまとめていきます。

最新端末の価格

最新AppleTVの価格は以下の通りです。

特徴Apple TV 4K 第3世代Apple TV 4K 第2世代
価格 (64GB)19,800円28,800円
CPUA15 BionicチップA12 Bionicチップ
RAM4GB3GB
ROM (最大)128GB64GB
HDR対応HDR10+対応HDR10のみ
  1. 価格 (64GB): 第3世代の方が9,000円安いです。
  2. CPU: 第3世代は新しいA15 Bionicチップを使用しています。
  3. RAM: 第3世代のRAMは4GBで、第2世代よりも1GB多いです。
  4. ROM (最大): 第3世代は最大128GBのストレージを提供していますが、第2世代は最大64GBです。
  5. HDR対応: 第3世代はHDR10+に対応していますが、第2世代はHDR10のみに対応しています。

これらの違いを見ると、新しいApple TV 4K 第3世代は、より良いパフォーマンスと拡張性を提供し、さらにHDR10+の対応も付け加えられており、価格も低いため、コストパフォーマンスは大きく向上しています。ただし、どちらを選ぶべきかは、個々のユーザーの要件と予算によります。

Apple TV 4K 第3世代が整備済で登場

Apple TV 4K 第3世代が整備済で登場

Apple TV 4K 第3世代が7月5日ごろに整備済みとして初めて登場したようです。

過去端末と新端末の違い

Apple TV 4K 第3世代と第2世代は、いくつかの重要な面で異なります。これらの差異は主に価格、サイズ、重量、CPU、RAM、ROM、リモコン、リモコン充電端子、HDR10+、そして2×2 MIMO対応の10のポイントで表現されます。

  1. 価格: 64GBモデルを比較した場合、第3世代のApple TV 4Kは第2世代よりも9,000円安いです。これは一部の消費者にとって重要な選択肢となるかもしれません。
  2. サイズと重量: 第3世代のApple TV 4Kは第2世代よりも小さく、軽量化されています。これは設置スペースに制限がある場合や、頻繁に移動するユーザーにとって利点となるかもしれません。
  3. CPUとRAM: 第3世代のApple TV 4Kは、より新しいA15 Bionicチップを搭載しており、RAMも1GB多い4GBを搭載しています。これはよりスムーズな操作や高速なレスポンスを提供します。
  4. ROM: 第3世代のApple TV 4Kは、より大きなストレージ容量を提供します。これにより、より多くのアプリやコンテンツを保存できます。
  5. リモコンとリモコン充電端子: 第3世代のApple TV 4Kには新しいSiri Remoteが同梱されています。また、充電端子はUSB-Cになり、一部のユーザーにとっては便利さが向上しているかもしれません。
  6. HDR10+: 第3世代のApple TV 4Kは、第2世代と比べてHDR10+に対応しています。これにより、対応するコンテンツを視聴する際に、よりリッチな色彩と明瞭度を得ることができます。
  7. 2×2 MIMO対応: これはWi-Fiの性能向上を意味します。複数のデバイスが同時に接続されている場合や、Wi-Fi信号が弱い場所でも高速な接続が維持されます。

これらの違いを考慮に入れると、新しいApple TV 4K 第3世代は、パフォーマンス、利便性、そして価格の観点から見て第2世代よりも優れています。ただし、これらの新しい機能や改善が必要と感じないユーザーにとっては、第2世代もまだ有効な選択肢と言えるでしょう。

新端末でできるようになったこと

最新モデルでは、以下のことができるようになりました。

  • パフォーマンス向上:新しいA15 BionicチップとRAM容量が増加したことで、アプリの動作がスムーズになり、ゲームやビデオストリーミングのパフォーマンスが向上しています。
  • ストレージ容量:第3世代は最大で128GBまでストレージを選択できるため、より多くのアプリやコンテンツを保存できます。
  • HDR10+対応:第3世代はHDR10+に対応しています。HDR10+は、シーンごとに最適な色とコントラストを提供するためのテクノロジーで、視覚的な映像体験が大幅に向上します。
  • 新しいリモコン:新しいSiri Remote(第3世代)が導入され、操作性が向上しています。また、リモコンの充電端子がUSB-Cになり、他の多くのデバイスと互換性があります。
  • 2×2 MIMO対応:第3世代では2×2 MIMO(Multiple Input Multiple Output)をサポートしています。これは、Wi-Fi接続の効率を高め、データの送受信を改善するテクノロジーで、Wi-Fiパフォーマンスの向上に寄与します。

Apple TV 新端末の評判

Twitterで情報収集した際に気になったコメントなどを拾っておきます。

最新AppleTVの基本スペック

スペックに興味がない方にも、「数字の意味合い」についても少し解説しながら、最新AppleTVの仕様についてまとめていきます。

外観

サイズと重量
  • 高さ:31 mm
  • 幅:93 mm
  • 奥行き:93 mm
  • 重量(Wi-Fiモデル):208 g1
  • 重量(Wi-Fi + Ethernetモデル):214 g1
Siri Remote (第3世代)

サイズと重量

  • 高さ:136 mm
  • 幅:35 mm
  • 厚さ:9.25 mm
  • 重量:66 g

機能

  • Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
  • IRトランスミッタ
  • 充電用USB-Cコネクタ
  • 1回の充電で数か月持続するリチャージャブルバッテリー(標準的な方法で毎日使用する場合)
  • USB-Cケーブル経由でコンピュータまたは電源アダプタ(それぞれ別売り)を使って充電
  • テレビまたはレシーバの操作にはIRまたはCECを使用

スペック関連

プロセッサ
  • A15 Bionicチップ
システム条件
  • コンテンツの購入、レンタル、ホームシェアリングには、App StoreとそのほかのAppleのサービスで使用しているApple IDが必要
  • 4KおよびHDRストリーミングには4KおよびHDRテレビが必要
  • apple.com/jp/legal/slaに記載されているソフトウェア使用許諾規約への同意が必要
  • HDMIケーブル(別売り)が必要
  • Wi-Fiモデル
    • 802.11ワイヤレスまたはブロードバンドインターネットアクセスが必要
  • Wi-Fi + Ethernetモデル
    • 802.11ワイヤレス、Ethernetネットワーク、またはブロードバンドインターネットアクセスが必要

メディアフォーマット

ビデオフォーマット
  • AVC/HEVC SDRビデオ(メイン/メイン10プロファイル):最大2160p、60fps
  • ドルビービジョン(プロファイル5):最大2160p、60fps
  • HEVC HDR10+/HDR10/HLG(メイン10プロファイル):最大2160p、60fps
  • H.264ベースラインプロファイルレベル3.0以下(1チャンネルあたり最大160KbpsのAAC-LCオーディオ)、48kHz、.m4v、.mp4、.movファイルフォーマットのステレオオーディオ
  • MPEG-4ビデオ:最大2.5Mbps、640 x 480ピクセル、30fps、シンプルプロファイル(最大160KbpsのAAC-LCオーディオ)、48kHz、.m4v、.mp4、.movファイルフォーマットのステレオオーディオ
  • フォーマットをシームレスに切り換えられるHDMI Quick Media Switching(QMS)
オーディオフォーマット
  • HE-AAC(V1)、AAC(最大320Kbps)、保護されたAAC(iTunes Storeから購入)、MP3(最大320Kbps)、MP3 VBR、Apple Lossless、FLAC、AIFF、WAV、AC-3(ドルビーデジタル5.1)、E-AC-3(ドルビーデジタルプラス7.1サラウンドサウンド)、ドルビーアトモス
写真フォーマット
  • HEIF、JPEG、GIF、TIFF

互換性

  • HDMI搭載HDおよびUHDテレビに対応
  • Bluetoothキーボードに対応6

そもそも、Apple TVとはなんだ?

過去にもApple TVとApple TV+の違いがわかりづらいなと思って、端末とオンデマンドサービスに関する情報をまとめたりもしました。

ここでは、Apple TVはそもそも必要なのか、みたいな話を簡単にしていきたいと思います。

Apple TVの簡単レビュー

デザイン

Apple TV 4K 第2世代は、角を丸めた箱型デザインで、先代モデルと比べて大きな変更はありません。

サイズは手のひらに収まる程度で、重さは425gです。

底面には熱排出用のスリットが設けられ、HDMI 2.1に対応したHDMIポート、有線LANポート、電源端子が背面に配置されています。

USB Type Cポートは廃止され、サービスコネクタが搭載されましたが、一般ユーザーが使う機会はほとんどないとのこと。

新型Siri Remote

新型のリモコンはアルミ製のユニボディ設計で、より美しく重厚感が増しています。

従来よりボタンが増え、電源、戻る、消音の3ボタンが追加され、Siriボタンは側面に移動しました。

また、新型Siri Remoteの特徴的な要素として、iPodを彷彿とさせる円形のタッチ対応クリックパッドがあります。これにより、上下左右の操作だけでなく、タッチ操作とボタンを押す操作の切り替えが可能になり、操作がより直感的で便利になりました。

また、外側リングをなぞることで早送りや巻き戻しも可能です(対応コンテンツに限る)。

バッテリー

新型Siri RemoteはLightningポートを介して充電し、一度の充電で数ヶ月持つとされています。

パフォーマンス

新型Apple TV 4KはA12 Bionicチップを搭載し、HDMIポートが2.0から2.1にアップグレードされました。

これにより、最大60fpsの4K HDR映像を出力でき、HDRとDolby Visionに対応した迫力のある映像を楽しむことができます。

さらに、iPhoneのFace IDを利用して画面の色温度を調整する自動カラーバランス調整機能も追加されました。

Apple TVがあると、何ができるようになるのか

Apple TVは映像配信サービスのコンテンツをテレビへ出力するセットトップボックスとしての役割を果たします。Netflix、Hulu、Disney+、DAZN、FOD、フジテレビ公式動画配信サービス、バンダイチャンネル、dTVなどの有料サービスに加え、無料のAbema TVなどのコンテンツも視聴できます。

音楽の再生にも使え、Apple MusicやSpotifyなどの音楽配信サービスに対応しています。さらに、Apple TVを持っているユーザーは、ミュージックビデオを高画質で視聴したり、Apple TVとHomePodやHomePod miniを組み合わせて音楽を再生したりすることもできます。また、Apple TVはApple Musicのロスレスと空間オーディオ機能をサポートしています。

写真やビデオの閲覧も可能で、iCloudに保存した写真やビデオをテレビで楽しむことができます。Apple TV 4K第2世代では、iPhone 12 Proや12 Pro Maxで撮影した4K 60fpsのDolby Vision対応HDRビデオもAirPlay経由で再生可能です。

Apple TVは、音声アシスタントのSiriに対応しています。また、ホームデバイスの操作にも対応しており、HomeKit対応デバイスを遠隔操作することも可能です。

Apple TVは、据え置き型のゲーム機としても利用でき、Apple Arcadeという定額制のゲームサービスに対応しています。PS4やPS5、Xboxのワイヤレスコントローラも接続可能で、本格的なゲームプレイも楽しむことができます。

新型Apple TV 4Kは、HDMI 2.1を採用しており、最大4K 60fpsのフレームレートのHDRビデオやDolby Vision対応の映像を楽しむことができます。ただし、既にApple TV 4K第1世代を持っていて、対応テレビを持っていない場合は、新型モデルへの買い替えは必要ないかもしれません。

Apple TVは、映画や音楽、ゲームなどを家庭のテレビで楽しむためのデバイスであり、Apple製品との相性が良いため、iPhoneやMacをメインに使っているユーザーに特におすすめです。コロナの影響で家で過ごす時間が増えている現在、家族全員で映画や音楽を楽しむ環境を構築するのに適しています。

AppleTVの中古市場情報が知りたい

2024/03/20現在で、どの世代のAppleTVを購入すべきか考えていきます。

最新OSに対応しているAppleTV

最新OSに対応しているAppleTVについての情報です。OSにさえ対応していれば、最新端末ほどではなくても十分に利用可能な機種だと言えます。

2024/03/20時点では、過去モデルがtvOSに対応しなくなったとは聞いていませんが、Apple公式HPのApple TV 4K や Apple TV HD のソフトウェアアップデートについてでOSのアップデート情報が出ていますのでご確認ください。

iOSからtvOSへ独立

tvOSは、Appleが開発するiOSをベースにしているらしいです。

第4世代以降のApple TVでは、tvOSを利用可能となっています。

第3世代以前のApple TVではApple TV Softwareを利用しており、これはプレインストールされたアプリケーションのみが使用可能というものでした。

最新OSのAppleTV対応リスト

2024/03/20現在のOS対応/非対応リストです。詳細は公式HPをご確認ください。

  • 適宜更新します

最新OSで対応しなくなるAppleTVリスト

逆に、最新OSにアップデートすることで使えなくなる端末もチェックしておきます。

  • 適宜更新します。
  • Apple TV Softwareの第3世代以前のApple TVはソフトウェアの更新自体がないと考えて良さそうです。

最新端末の登場で、中古市場はどう変わる?

AppleTVが登場することで、どのAppleTVがお買い得になるか情報をまとめていきます。

AppleTVのひとつ前の世代「Apple TV 4K 第2世代」はお買い得?

調べてみたところでは、最新AppleTVのひとつ前の世代である「」に関しては、現在(2024/03/20)のところでは以下のように取引されています。

第2世代の中古商品(リンク切れの可能性高し)
公式ストア

Appleの公式ストアはこちらのページになります。

ちなみに、公式オンラインショップを利用する場合には、楽天リーベイツを利用すると楽天ポイントで還元されてさらにお得です。

当サイトでは楽天リーベイツアプリの掲載を終了しました。

AppleTVのセール情報

AppleTVを含めたApple製品のセール情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

比較用、過去のAppleTV情報

過去の端末情報をまとめておきます。

まとめ:AppleTV、中古も考えるなら「Apple TV 4K」が買い時

新世代が登場したところで、旧世代も含めてAppleTVの市場価格が変動しています。

スマホが高額化していることもあり、必ずしも最新機種がお買い得とは言えない中で、自分に合ったAppleTVを選んでいくことが大切です。

最後にこのページの内容をまとめておきますので、買い替え・中古売買などの参考にしてみてください。

AppleTV、買い換えるならどのモデル?

AppleTVの買い替えのポイントとして、まずはどれを買うべきかをまとめます。

最新のAppleTVを買うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

中古モデルを狙うべき人

  • 少しでもコストを抑えたい方
  • 壊れるまで使う方、壊れる可能性が高い環境で利用する方

最新AppleTVと中古市場、よくあるQ&A

Q
最新のAppleTVは「買い」ですか?
A

最新のAppleTVを買う場合には、「いつ売るか」を考えるのが大事です。

リセールバリューの高いAppleTVの場合は、購入時の価格と数万円も差が出ずに売却することができます。

そのため、あまり長く持ちすぎて中古販売価格が安くなりすぎる場合は最新機種を買うメリットは薄れます。

長く使うAppleTVを探している場合には「購入価格でのコスパ」が良い中古モデルを選ぶのが良いと思います。

Q
コスパのいいAppleTVモデルはどれ?
A

一つ前の世代であるAppleTVが値下がりを見せていますが、2024/03/20時点で言えば「第3世代」の方がお買い得です。

AppleTVはこれから中古市場へ供給が始まるので値下がりはしますが、底値と言えるタイミングを見計らうのは割と消耗します。

「」はほぼ底値なので、中古市場にポンと出たお値打ち品をさっと買ってしまうのが得策だと思います。

Q
AppleTVにおすすめの買い替え時期はありますか?
A

AppleTVの新モデルが登場するのは、例年「月」のイベントで発表されてからとなります。恒例行事となっているため、新品・中古市場は早めに動き出すので、「〜月」ごろに値下げが始まればそこを一度目の底値と考え、買ってしまうのも良いと思います。

ひとつ前のモデルに関しては、中古の供給量は増えるものの、需要も安定しているためすぐに値下がりするわけではありません。むしろ狙うべきはもうひとつ前のシリーズだと言えます。

「AppleTV」に関する各種SNSの口コミ・評判など

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「AppleTV」と検索できます。

instagramの情報

instagram検索用リンクはこちらです。「appletv」とタグ検索できます。

ブラウザーをアップデートしてください
キーワード/

「AppleTV」に関するリンクリスト

AppleTVについて、他のページも参考にしてみてください。

Apple製品のセールに関する情報

Apple製品の年末〜初売りまでのセール情報をまとめたページはこちら。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

製品ごとにセールをまとめているのは以下。

Appleの最新情報記事一覧

Vision Pro
AirTag
Apple TV
Beats

iPhone端末に関する記事一覧

iPadの関連記事

どれを買うべきか
iPadのおすすめ使い方

AppleWatchの関連記事一覧

HomePodの関連記事一覧

HomePodの設定、最初に知っておくこと

Apple Musicの記事一覧

iCloudに関する記事一覧

ファミリー共有に関する記事

iPhoneのトラブル対策の記事一覧

iPhoneを交換する
バックアップする

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「apple pro vision」に関する最新情報です。

    マーケットインテリジェンス企業のIDCによると、Apple Vision Proの2024年度中の販売台数は50万台に届かない見込みです。2024年2月にアメリカで発売され、6月には日本でも販売が始まりましたが、IDCによると第1四半期では10万台に達しておらず、第2四半期にはアメリカ国内での販売が75%減少しています。IDCは、アメリカの多くの顧客が既に購入済みであることが理由として挙げています。Appleは他の国でも販売を開始していますが、販売台数は伸び悩んでいる状況です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvNDhfN19yXzIwMjQwNzEyXzE3MjA3NDg2MTM2OTEyMTDSAQA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「開始 次世代 11」に関する最新情報です。

    日本初の浮上試験に成功した「HIEN Aero Technologies」が、ハイブリッドeVTOL(空飛ぶクルマ)の開発を進めるためにイークラウドを通じて資金調達を行うことが発表された。この次世代型空モビリティの市場投入を目指し、6人乗りeVTOL「HIEN 6」の開発を進めている。御法川氏を中心に専門家やエキスパートが集結し、ガスタービン発電機を搭載することで長距離飛行が可能なeVTOLを実用化する取り組みが注目されている。2024年7月11日から資金調達が開始され、投資家からの質問も受け付けられている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000078.000054017.html

  3. buchikuma-info より:

    「apple pro vision」に関する最新情報です。

    Apple Vision Proが日本、中国本土、香港、シンガポールのApple Store直営店で販売開始されました。Vision Proはデジタルコンテンツを現実の世界とシームレスに融合し、空間体験を提供する革新的な製品です。各国のApple直営店では、デモ体験やパーソナルデモの予約が可能で、幅広い機能を体験できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMic2h0dHBzOi8vd3d3LmFwcGxlLmNvbS9qcC9uZXdzcm9vbS8yMDI0LzA2L2FwcGxlLXZpc2lvbi1wcm8tYXJyaXZlcy1pbi1jaGluYS1tYWlubGFuZC1ob25nLWtvbmctamFwYW4tYW5kLXNpbmdhcG9yZS_SAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「pro vision vision pro」に関する最新情報です。

    ARコンテンツ開発企業のGraffityは、Apple Vision Pro向けのゲーム「Shuriken Survivor」をリリースし、すでに2本目のVision Pro向けアプリを公開している。この新しいアプリは手裏剣を使ったゲームであり、手のジェスチャーで手裏剣を投げることができる。Graffityは新規事業を検討しているパートナーを募集しており、開発力をアピールしている。

    https://japan.cnet.com/article/35220769/

  5. buchikuma-info より:

    「機能 拡張 機能 詰まっ」に関する最新情報です。

    アウトドアブランド「WAQ」が、新製品のキャンプ用テーブル『WAQ MULTI IRON TABLE』を発売開始しました。このテーブルは2段階の高さ調整やアルミ素材のパネル式天板、シェルフボードなど様々な機能を備えており、ハンガーラックやランタンハンガーなどの拡張パーツも装備されています。耐荷重は30kgで、ロースタイルのキャンプに最適なデザインとなっています。商品の詳細や価格、販売サイトなどの情報も提供されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000028853.html

  6. buchikuma-info より:

    「pro vision vision pro」に関する最新情報です。

    Apple Vision Pro限定の没入体験がiPhone壁紙になりました。米オレゴン州ポートランド近くのフッド山の没入体験をスクリーンショット化した壁紙は、Vision Proでしか利用できないもので、神秘的な世界観がキャプチャされています。Vision Proは日本でも発売され、価格は599,800円からとなっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgyMTE0L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgyMTE0L2FtcC8?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「vision pro vision pro」に関する最新情報です。

    Appleは、複合現実(MR)ヘッドセット「Apple Vision Pro」の次期バージョンの開発を中断し、手頃な価格で機能を絞った製品に注力する方針を示している。Vision Proの需要が予想を下回っており、2025年末までに新製品を発売する計画とされている。Vision Proは高価であり、需要が伸び悩んでいる状況が報じられている。

    https://japan.cnet.com/article/35220322/

  8. buchikuma-info より:

    「apple pro vision」に関する最新情報です。

    2024年までにアップルの「Vision Pro」は「Apple Intelligence」に対応しないことが明らかになった。Vision ProはM2チップを搭載し、AI機能を追加する可能性があったが、現時点ではその機能はまだ実装されていない。Appleは将来的にVision Proや「Apple Watch」などの製品にもApple Intelligenceを拡大する予定であるが、Vision Proが最初の対応デバイスに含まれていないことが残念であるとの意見もある。次世代のVision Proがより高度なプロセッサーを搭載することで、本格的なApple Intelligenceの実現が期待されている。

    https://japan.cnet.com/article/35220225/

  9. buchikuma-info より:

    「オッポ スマートフォン オッポ 新世代」に関する最新情報です。

    オッポからの新世代スマートフォンシリーズは、5G技術を搭載し、高速なインターネット接続を実現しています。また、環境に配慮した設計やAI機能を活用した写真撮影の向上など、革新的な機能が特徴です。AI技術を活用した機能やデザインの創造性に焦点を当て、ユーザーに新しい体験を提供しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMivQFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA2LzE5LyVFMyU4MiVBQSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU5RCVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFMyU4MSVBRSVFNiU5NiVCMCVFNCVCOCU5NiVFNCVCQiVBMyVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCMy_SAQA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「apple pro vision」に関する最新情報です。

    2024年に発売されるアップルの「Vision Pro」は、「Apple Intelligence」に対応しないことが明らかになった。Vision ProはAI機能を持つ「Apple Intelligence」に対応する予定だが、現時点ではその機能追加はされていない。Appleは今後、Apple Intelligenceを利用できるプラットフォームを増やす予定であり、Vision Proがその対象に含まれる可能性もあるが、現時点では未確定である。Vision Proにはすでに生成AIを動かすパワーがあるように見えるが、次世代のVision Proが本格的なApple Intelligenceの受け皿となる可能性もある。

    https://japan.cnet.com/article/35220225/

  11. buchikuma-info より:

    「apple pro vision」に関する最新情報です。

    2024年に発売される「Vision Pro」は「Apple Intelligence」に対応しないことが明らかになった。Appleは今後、Apple Intelligenceを利用できるプラットフォームを増やす予定であり、Vision Proがその対応デバイスに含まれていないことが残念とされている。Vision ProはAIに関しても実験的なデバイスであるべきだとの意見もあり、次世代のVision Proがより高度なプロセッサーを搭載することでApple Intelligenceに対応する可能性があるとされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vamFwYW4uY25ldC5jb20vYXJ0aWNsZS8zNTIyMDIyNS_SAQA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「apple pro vision」に関する最新情報です。

    Appleの「Vision Pro」が日本で発売され、価格は約60万円で予約が可能。今年秋にはOSのアップデート「visionOS 2」がリリースされ、ハンドトラッキングの精度が向上する予定。また、VRChat運営が人員の30%を削減する方針を示し、NTTコノキューデバイスがXRグラスを展示するなど、XR関連のニュースが注目されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNGh0dHBzOi8vd3d3Lm1vZ3VyYXZyLmNvbS92ci1hci1tci13ZWVrbHktMjAyNC0wNi0wMy_SAQA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「pro vision vision pro」に関する最新情報です。

    日本経済新聞社は6月28日に米Appleのヘッドマウントディスプレイ「Apple Vision Pro」向けにニュースアプリ「日経空間版」をリリースする。このアプリでは、3Dコンテンツを活用し、気象庁のデータを元に直近100年の地震をマッピングして表示することが可能。さらに、新しいUI「Paperium」と「StoryFlow」を提供し、日経電子版の有料会員向けに最初は実験的に提供される予定。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2406/12/news122.html

  14. buchikuma-info より:

    「pro vision vision pro」に関する最新情報です。

    日本経済新聞社は6月28日に米Appleのヘッドマウントディスプレイ「Apple Vision Pro」向けにニュースアプリ「日経空間版」をリリースする。このアプリでは、3Dコンテンツを活用し、気象庁のデータを元に直近100年の地震をマッピングして表示する機能があり、新しいUI「Paperium」と「StoryFlow」も搭載される。初めは日経電子版の有料会員向けに提供される予定。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2406/12/news122.html

  15. buchikuma-info より:

    「apple pro vision」に関する最新情報です。

    アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは6月中旬までに日本を含む複数の国に「Apple Vision Pro」を出荷する予定であり、出荷台数は40万〜45万台と予測されている。これは以前の予測よりも少ない数字である。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yNDA2LzA2L25ld3MxODUuaHRtbNIBN2h0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hbXAvMjQwNi8wNi9uZXdzMTg1Lmh0bWw?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「pro vision vision pro」に関する最新情報です。

    アップルの新しいXRデバイス「Apple Vision Pro」は、他のXRデバイスとは異なる空間コンピューティングデバイスとして位置付けられており、重さや価格が他機種よりも高い点が特徴です。高価であるが、アップルは「Vision Pro」を未来を体験できるデバイスと位置付けており、最高のものを提供することに重点を置いています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNzgzODg5L9IBAA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「pro vision vision pro」に関する最新情報です。

    アップルの新しいXRデバイス「Apple Vision Pro」は、他のXRデバイスとは異なる空間コンピューティングデバイスであり、高価で重いが、未来を体験できるデバイスとして評価されている。その驚異の28サイズ展開や12個のカメラによる新しい操作方法など、後継機を前提としない機能も充実している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNzgzODg5L9IBAA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「pro vision vision pro」に関する最新情報です。

    2024年に発売されたAppleの「Vision Pro」は、自社製品に使う半導体の内製化を進め、ディスプレイドライバーICまで内製化している。同年に発売された「M4」プロセッサ搭載の「iPad Pro」とともに、Appleは半導体技術の進化を示している。Vision Proは大型ディスプレイやスピーカーを備え、台湾メーカー製のドライバーICを使用している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vZWV0aW1lcy5pdG1lZGlhLmNvLmpwL2VlL2FydGljbGVzLzI0MDUvMzEvbmV3czEwMi5odG1s0gEA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「pro vision vision pro」に関する最新情報です。

    Appleが「空間コンピュータ」と称するXRヘッドセット「Apple Vision Pro」の日本での販売が近づいているという情報が出ています。現在は米国のみで販売されているが、近々日本を含む複数の国で販売される予定であり、販売員向けのトレーニングセッションも行われているとのことです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvMzJfN19yXzIwMjQwNTIzXzE3MTY0MjY3ODIwNDY2ODDSAQA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「apple pro vision」に関する最新情報です。

    AppleがついにApple Vision Proを日本で発売する準備を進めている。2024年2月2日にアメリカで発売されたApple Vision Proが、日本を含むアメリカ以外の国でも一般販売を始める準備が進められていると報じられている。Appleの内部事情に詳しいBloombergの報道によると、Apple Vision Proのデモンストレーション方法の講習会が開かれ、アメリカ国外のAppleストアから数百人の従業員が集まっているという。具体的な販売時期や方法はまだ明らかにされていないが、日本を含む複数の国での販売が予想されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvNDhfN19yXzIwMjQwNTE0XzE3MTU2NTAxNDMyMjkxNjLSAQA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「vision pro vision pro」に関する最新情報です。

    アップルの空間コンピュータ「Apple Vision Pro」の後継モデルは、現行モデルの半額以下の価格で販売される可能性があるという情報が出ています。現行モデルは高価格であるため出荷台数が減少しており、次世代モデルは1500~2500ドルの価格帯で発売される見込みです。中国企業SeeYAが製造技術を持つことが重要であり、アップルは供給元を変更する可能性も検討しています。現在のモデルを購入するか、後継モデルを待つか、検討する必要があるかもしれません。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vZ2V0bmF2aS5qcC9kaWdpdGFsLzk1OTQ2MS_SAQA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「pro vision vision pro」に関する最新情報です。

    2024年、Apple Vision Proが提唱する新ジャンル「空間コンピューティング」についてのトークイベントが開催され、スマートフォンがなくなる未来についての議論が行われました。Vision Proが民主化した際、スマートフォンを持つ必要がなくなるという仮定に基づき、仕事と遊びのバランスや新しいタスクに取り組む意欲などが語られました。また、空間コンピューティングの普及により、個々の時間の使い方や人間の重要性についても考えさせられる内容でした。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNS9zdHlseS1naXptb2RvLXRhbGstc2Vzc2lvbi0yMDI0Lmh0bWzSAQA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「abema 呂布 kt」に関する最新情報です。

    新しい未来のテレビ「ABEMA」が、「頑張る若者の背中を押す」をコンセプトにしたミュージックビデオ『Promise』を企画・制作。呂布カルマさんと新世代ラッパー・#KTちゃんがタッグを組み、リリックを書き下ろし。ミュージックビデオは2024年5月11日より「プロミス」公式YouTubeで公開され、ABEMAでも特別CMが放映される。呂布さんと#KTちゃんが共演し、若者を応援するテーマの楽曲に期待が高まる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000290.000064643.html

  24. buchikuma-info より:

    「pro vision vision pro」に関する最新情報です。

    Apple Vision Proは、医療分野において空間コンピューティングの未来を提示しており、手術器具としての価値や記憶共有デバイスとしての役割が注目されている。現実とバーチャルの境界がなくなり、遠隔でのコミュニケーションを円滑にする可能性があることが強調されている。また、AIと組み合わせた遠隔医療の可能性も示唆されている。Appleの空間コンピューティング技術が医療分野に浸透することで、医療の進歩が期待されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vd2lyZWQuanAvYXJ0aWNsZS9hcHBsZS12aXNpb24tcHJvLW1lZGljYWwtY2FyZS1tYWtpLXN1Z2ltb3RvL9IBAA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「pro vision vision pro」に関する最新情報です。

    Appleの複合現実(MR)ヘッドセットVision Proは、米大企業の半数が購入済みであり、ビジネス向けに成功していることが明らかになった。Appleの最高経営責任者によると、「Fortune 100」企業の半数がVision Proを購入しており、CFOがVision Proを使用する企業も存在する。日本でも発売が迫っており、どのように活用されるか期待が高まっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc5NjY5L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc5NjY5L2FtcC8?oc=5

タイトルとURLをコピーしました