PR

スマートウォッチを買う前に、メーカー最新情報が知りたい

スポンサーリンク

私はスマートウォッチの権威でも何でもなかったのですが、「ただAppleWatchが欲しいというだけの記事」がなぜか検索されるようになってしまい、結果としてAppleWatch評論家のようになってしまった、私はただの看護師です。

Apple Watchが欲しいと思った時に【使用法プレゼン】
AppleWatchが欲しくても妻に言い出せないので、プレゼン原稿をつくってみました。これさえ読めば、「なぜあなたにアップルウォッチが必要なのか」理解してくれるはずです。
しろくま
しろくま

私としては一択だったAppleWatch以外にも、記事を書く必要が出てきてしまい、困っているところです。

というわけで、ありがちな「スマートウォッチお勧め20」みたいなアフィリエイト記事を書いて、収益アップしてどんなスマートウォッチでも買ってやると目論んでいました。

でも、やっぱりちゃんと看護師らしい記事も書きたいと思い、各社の得意なスマートウォッチの機能・デザインなどを総括して、「今後に必須級になる」と予測されるモデルをご紹介していきます。

なし崩しで、現行モデルの評価もしていきます。

スポンサーリンク

最新のスマートウォッチメーカー情報

現在、ブログの情報収集は自動化しているのですが、情報が溜まっていく一方で処理していくのが間に合わないので、「スマートウォッチのとりあえず新着情報」を置いとく場所をここに決めました。

2023年スマートウォッチ関連ニュース

話題となっていることなどを簡単にまとめます。

「新登場のBlueOS、iOSとAndroidに挑む新OSの特徴」

2023年11月7日の、新しいモバイルOS「BlueOS」に関する情報をお届けします。

  • 「BlueOS」は中国のスマホメーカーVivoによって開発された、iOSとAndroidとは異なる新しいOSです。
  • このOSはプログラミング言語Rustを基にしており、Androidアプリには非対応ですが、BlueOS専用のアプリが開発されています。
  • Vivoは「BlueOS」を搭載した初のデバイスとして「Vivo Watch 3」というスマートウォッチをリリース予定で、将来的にはスマートフォンやタブレットへの採用も検討しているようです。
「BlueOSの可能性と市場への影響」

BlueOSの登場により、iOSやAndroidが支配するスマートフォン市場に新たな変化が起こる可能性があります。Vivoはこれまで、AndroidをベースにしたOriginOSを使用していましたが、BlueOSは完全に異なる新しいシステムです。このOSの登場が、将来的にはiOSやAndroidに並ぶ第三の勢力となるかもしれません。また、Vivoがこの新OSを搭載したスマートウォッチをリリースすることで、スマートデバイス市場における同社のポジションが強化されることが予想されます。

GARMINのスマートウォッチ人気ランキング2023年9月版

2023年9月15日の、GARMINのスマートウォッチ人気ランキングに関する情報をお届けします。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
  • 3位には「GARMIN Instinct 2X」がランクイン。このモデルは高い耐熱性、耐衝撃性、耐水性を持ち、夜間のランニングやジョギングにもおすすめです。
  • 2位は「GARMIN vivosmart 5」が獲得。シンプルなデザインと約7日間のバッテリー寿命を持つバンド型のスマートウォッチで、日常の活動や健康状態をトラッキングできます。
  • トップの座を獲得したのは「GARMIN ForeAthlete 55」。ランニングやサイクリング愛好者向けのモデルで、GPS機能やエネルギーモニターを搭載し、初心者にも扱いやすいエントリーモデルです。
製品の詳細と特徴
  • GARMIN Instinct 2X
    • 耐久性: 米国防総省MIL規格「MIL-STD-810」準拠
    • 特色: 自動で光量が変化するフラッシュライト, アクティビティ機能
    • 利用シーン: 日常使い, 夜間のランニングやジョギング
  • GARMIN vivosmart 5
    • トラッキング機能: 歩数, 心拍数, ストレスレベル, 睡眠状態
    • デザイン: シンプル, 合わせる服装を選ばない
    • バッテリー寿命: 約7日間
  • GARMIN ForeAthlete 55
    • 対象ユーザー: ランニングやサイクリング愛好者, 初心者
    • 特色: 内蔵GPS, 光学式心拍計, エネルギーモニター
    • 推奨: 初めてランナー向けのスマートウォッチを着ける人

OnePlusがSnapdragon W5 Gen 1を搭載した新スマートウォッチを開発中か

2023年9月15日の、OnePlusに関する新たなリーク情報をお届けします。

301 Moved Permanently
  • OnePlusが新しいスマートウォッチの開発を進めているとの報告がある。新しいウォッチはSnapdragon W5 Gen 1を搭載し、グローバルでのリリースが予想される。
  • このスマートウォッチは、466×466の解像度の円形ディスプレイとBES 2700コプロセッサーを備え、カラーは黒と白の2色が利用可能。
  • 中国市場向けにはAndroid 11 GoをベースにしたColor OSが搭載されると言われているが、グローバル市場向けのOSは未定。ただし、Snapdragon W5 Gen 1を搭載する多くのスマートウォッチがGoogle Wear OSを使用しているため、これが搭載される可能性が高いと予想される。
製品仕様と機能
  • コードネーム: star
  • バリエーション:
    • 中国市場向け: OWW231
    • グローバル市場向け: OWWE231, OPWWE231
  • ディスプレイ: 466×466円形
  • コプロセッサー: BES 2700
  • メインプロセッサー: Snapdragon W5 Gen 1
  • カラーバリエーション: 黒, 白
  • 推測される機能:
    • ECG
    • 常時点灯ディスプレイ
    • 握りこぶしジェスチャー検知
    • eSIM対応
    • 血中酸素測定
    • ストレス追跡
    • 睡眠モニタリング
    • ワークアウトモニタリング
市場予想と競合製品

このスマートウォッチは、OPPO Watch 4 Proとしてもリリースされるかもしれない。この製品がグローバル市場向けにWear OSを搭載し、eSIMをサポートするとすれば、Samsung Galaxy Watch シリーズやGoogle Pixel Watch シリーズの強力な競合となりうる。ただし、日本での正式な展開は期待できないとの情報があります。

シチズンがスマートウォッチ「CZ Smart」の販売を一時停止した背景

2023年8月31日の、シチズンのスマートウォッチ「CZ Smart」に関する情報をお届けします。

  • シチズンは「CZ Smart」第2世代モデルの販売を一時停止している。理由は「ユーザーエクスペリエンスに悪影響をもたらす技術的な問題が確認された」とのコメントが出された。
  • レビュワーからのフィードバックにより、複数の不具合が発覚。問題点には、インターフェイスのラグ、バッテリー寿命の短さ、心拍数と睡眠データの不正確さ、デバイスのフリーズ、および独自アプリ「CZ Smart YouQ」の機能不全が含まれる。
  • シチズンはすでにこの問題を調査中であり、販売停止は少なくとも1週間、場合によってはそれ以上続く可能性がある。
追加情報: 「CZ Smart YouQ」アプリとは
  • 「CZ Smart YouQ」はシチズンとIBM、NASAの研究者たちとのパートナーシップによって開発されたアプリ。ユーザーの身体と精神のエネルギー状態を学習し、「パワースコア」を測定、疲れを解消するための「パワーフィックス」を提案する。
不具合一覧
不具合の種類詳細
インターフェイスのラグ操作に遅延が生じる
バッテリー寿命持続時間が短い
心拍数データ不正確
睡眠データ不正確
デバイスのフリーズ特定の画面で操作不能になる
独自アプリの不具合「CZ Smart YouQ」が機能していない

このような状況から、シチズンが「CZ Smart」の販売を一時停止した背景が理解できます。販売再開までには時間がかかる可能性が高いです。

ファーウェイ、最上位スマートウォッチ「HUAWEI WATCH Ultimate」に新色を追加

2023年08月25日に、スマートウォッチ「HUAWEI WATCH Ultimate」の新色EXPEDITION BLACKに関する情報がファーウェイ・ジャパンから発表されました。

  • 新色EXPEDITION BLACKが8月26日に発売。価格は16万2580円。
  • 販売はダイビングショップ「エムアイシー21」の各店舗およびオンラインストアで行われる。
  • HUAWEI WATCH Ultimateはプレミアムな素材とプロレベルのダイビングで利用可能なハードウェア設計を特徴としている。
追加情報/補足
  • このモデルはすでに5月に発売されており、新色の追加によりボヤージュブルーとの2色構成となる。
項目詳細
新色EXPEDITION BLACK
発売日2023年8月26日
価格16万2580円
販売店エムアイシー21
既存の色ボヤージュブルー
水深耐性100m

ファン待望、Fitbitに新モデルがくる?

2023年8月25日の、Fitbitに関する最新情報をお届けします。

  • フィットネストラッカーのFitbitに新モデルの登場説が浮上。
  • 9to5Googleが米国連邦通信委員会(FCC)の書類から「G3MP5」という謎のモデル番号を発見。これがFitbitの新モデルの可能性。
  • FCCの書類によると、「G3MP5」は携帯電話通信機能は持たず、接続はBluetoothのみ。具体的な端末の特徴についての情報は明らかにされていない。
「G3MP5」についての予測
  • 既存のFitbitのモデル、SenseとVersaはそれぞれ最近アップデートされたため、新モデルはこれらとは異なる可能性。
  • Bluetoothのみの接続を持つため、キッズ向けの新モデルやデザイン重視のLuxeシリーズの可能性がある。
  • 9to5Googleの情報によると、一部の書類の内容が既存のFitbit端末と同じであるため、新端末もFitbitの伝統的なスタイルを持つ可能性が高い。

「スマートウォッチ」おすすめ人気ランキングトップ3

  • 3位:HUAWEI(ファーウェイ) Band 8
    • 人気の高いBandシリーズのひとつで、健康管理機能や豊富な文字盤を搭載。
    • 軽量・薄型で、長時間の着用でも快適。
  • 2位:HUAWEI(ファーウェイ) Band 7 LEA-B19
    • AMOLED高精細ディスプレイを搭載し、多彩なヘルスケア機能や最大96種類のワークアウトモードを備えている。
  • 1位:Xiaomi(シャオミ) Smart Band 7
    • 110種類以上の運動モードに対応し、1回の充電で約14日間の連続使用が可能。
補足情報
  • 掲載商品は、各ECサイトの売れ筋ランキングやSNSの口コミを基に編集部が独自にランキング化している(2023/8/1更新)。

新製品:Xiaomiのスマートウォッチ「Redmi Watch 3」

2023年8月21日時点でのXiaomiの「Redmi Watch 3」について紹介します。

「Redmi Watch 3」の特徴
  • AMOLEDディスプレイを採用。
  • 高い画像の精細さや鮮やかさ。
  • 反応速度が速い。
価格

価格についての情報は提供されていません。

「Redmi Watch 3」のおすすめポイント
  • AMOLEDディスプレイの採用により、高いコントラストと鮮明な表示が可能。
  • 自発光型のディスプレイであり、視野角が広い。
  • 軽量で薄型のデザイン。
「Redmi Watch 3」の気になるところ、注意点
  • AMOLEDディスプレイは、直射日光下では見えにくくなる可能性がある。
  • 価格が液晶ディスプレイに比べて高価である可能性がある。
「Redmi Watch 3」の購入時参考情報
  • AMOLEDディスプレイは「アクティブマトリクス式有機EL」の一種で、各画素の輝度調整が可能。
  • 有機ELディスプレイはバックライトが不要な自発光型で、液晶ディスプレイと比べて軽く、薄く、消費電力の面で有利。
  • 一方、液晶ディスプレイは自ら発光しないため、バックライトが必要。

Google Pixel Watch 2の新文字盤リーク、Apple Watchに似ている?

  • 10月に発表される見込みの「Google Pixel Watch 2」の文字盤のリーク画像が「Android Authority」にて公開された。
  • 新文字盤は「アクセシブル(Accessible)」「アーク(Arc)」「ボールド・デジタル(Bold Digital)」「アナログ・ボールド(Analog Bold)」の4種類があり、それぞれ異なる特徴を持つ。
  • 「アーク」のデザインがApple Watchに似ているという意見が一部から出ている。
新文字盤の詳細と特徴
  • 「アクセシブル」: 既存の文字盤と似た要素で構成され、シンプルで読みやすいデザインが特徴。
  • 「アーク」: 細部までカスタマイズが可能で、複数のコンテンツを選択したり、秒針の有無を選択できる。
  • 「ボールド・デジタル」「アナログ・ボールド」: カラフルな数字と太字が特徴で、Googleらしいポップなカラーリング。
その他の情報
  • Android Authorityは、新しい文字盤が4種類のみであるものの、カスタマイズの選択肢が豊富であるとし、既存の文字盤と組み合わせる楽しみ方を提案している。

引用元:【Android Authority】 参照元:【9to5Google】

GoogleがFitbitアプリを大幅刷新

  • Googleがスマートウォッチやアクティブトラッカーで知られるFitbitのスマートフォンアプリを刷新し、2023年の秋にリリース予定。
  • アプリの新機能には、「パーソナライズかつカスタマイズ可能」というコンセプトが採用され、Android版とiOS版のどちらも対応。
  • 新機能や変更点としては、タブナビゲーションの刷新、カラーパレットの追加、UIのGoogleライクな変更、新しいコンテンツの追加などが挙げられる。
新しいアプリの変更点や機能
  • タブナビゲーションが新たに「毎日の目標」「コーチング(Fitbit Premium)」「パーソナライズされたヘルスレポート」の3つの主要カテゴリに統合。
  • 「今日」タブではアクティビティや睡眠時間、ストレスなどの指標を自分の好みにカスタマイズ可能。
  • 「コーチ」タブでは、Fitbit Premiumをより活用するための新しいコンテンツが追加予定。
Fitbit Premiumの活用
  • Fitbit Premiumのサブスクリプション利用者は、ワークアウトやマインドフルネスの音声や動画、高度なパーソナル分析やアドバイスなどを利用可能。
  • 新しいコンテンツとして、HIITワークアウトやカーディオダンスなどが追加予定。
  • これに加えて、以前のセッション履歴に基づいてワークアウトの選択やアクティビティ表示のフィルタリング機能も提供。
今後の展望
  • 今回のアプリ刷新と同時に、Pixel Watch 2が新しいFitbitアプリを導入する噂もある。
  • 2023年秋の新しいアプリのリリースタイミングに、Googleからの新しいスマートウォッチの登場も期待されている。

2023年のスマートウォッチの新製品情報

2023年のスマートウォッチ情報をまとめていきます。

新製品:omthing E-Joy Smart Watch SE

2023年11月4日時点でのTiinlab Corporationの「omthing E-Joy Smart Watch SE」について紹介します。

omthing E-Joy Smart Watch SEの特徴
  • 応答速度0.5秒の迅速な操作性
  • 24時間睡眠モニタリング機能
  • 血中酸素と血圧測定機能
価格

クラウドファンディングにて詳細発表予定

omthing E-Joy Smart Watch SEのおすすめポイント
  • 睡眠パターンを自動で測定し、日々の健康管理をサポート
  • 10種類以上のスポーツモードとGPS機能で、運動データを正確に記録
omthing E-Joy Smart Watch SEの気になるところ、注意点
  • 表示される健康数値は医学的な数値としての正確性は保証されない
  • スマートフォンとの距離が10メートル以上になるとアラーム機能が働くため、意図しないアラームが作動する可能性がある
omthing E-Joy Smart Watch SEの購入時参考情報
  • 2023年11月1日よりCAMPFIREでのクラウドファンディングを開始
  • IP68防水レベルで、多様な環境に対応

メーカー名:Tiinlab Corporation ウェブサイト:Tiinlab Corporation 事業内容:音響設計・開発、スマートソフトウエア、ウエアラブルオーディオ製品を専門に取り扱うメーカーで、国際的なデザイン賞を複数受賞し、アジアで大人気の歌手Jay Chouやグラミー賞受賞サウンドエンジニアLuca Bignardiとのコラボレーション歴もあります。

新製品:GPSスマートウォッチ「vivoactive 5」

2023年10月12日時点でのガーミンジャパンの「vivoactive 5」について紹介します。

「vivoactive 5」の特徴
  • 独自の指標「Body Battery」を搭載し、体のエネルギー残量を数値で示す。
  • 現在の状態からのパーソナライズされた具体的なアドバイスを提供。
  • 睡眠の質や昼寝を計測し、それに基づいたアドバイスを提供する機能を搭載。
価格

3万9800円(税込)

「vivoactive 5」のおすすめポイント
  • 「Body Battery」で日々の活動や運動に適したエネルギー残量を把握可能。
  • 睡眠やストレス、活動、旅行などのデータを基に、ユーザーのニーズに合わせたアドバイスを提供。
「vivoactive 5」の気になるところ、注意点
  • 複数の機能が搭載されているため、操作方法や機能の使い方に慣れるまで時間がかかる可能性がある。
  • 音楽をウォッチに保存する場合、各ストリーミングサービスのサブスクリプション契約が必要。
「vivoactive 5」の購入時参考情報
  • 2023年10月10日に発売済み。
  • カラーバリエーションとしてBlack/Slate、Ivory/Cream Gold、Blue/Blue Met、Orchid/Orchid Metが選べる。

新製品:ガーミン Venu 3 と Venu 3S

2023年9月9日時点での「ガーミンジャパン」の「Venu 3」と「Venu 3S」について紹介します。

Venu 3 と Venu 3S の特徴
  • 新型GPSスマートウォッチで、SuicaやGarmin Pay非接触決済に対応
  • 第5世代光学式心拍計とBody Battery機能を搭載
  • 高持続バッテリー(Venu 3: スマートウォッチモードで約14日間, GPSモードで約26時間;Venu 3S: スマートウォッチモードで約10日間, GPSモードで約21時間)
価格

6万800円(税込)

Venu 3 と Venu 3S のおすすめポイント
  • 高精度なヘルスモニタリングとフィットネス機能を提供
  • 多様な機能を持つスマートウォッチで、女性の健康トラッキング(生理周期、妊娠)機能も搭載
Venu 3 と Venu 3S の気になるところ、注意点
  • 「Venu 3」と「Venu 3S」の主な違いは画面サイズとバッテリー寿命であるため、購入時に個人の好みとニーズに応じた選択が必要
  • 価格が比較的高い
Venu 3 と Venu 3S の購入時参考情報
  • 「Venu 3」は1.4インチディスプレイで2色展開、「Venu 3S」は1.2インチディスプレイで5色展開
  • サイズと重さ: Venu 3(45x45x12mm, 47g)、Venu 3S(41x41x12mm, 40g)

新製品:COROS PACE 3 スマートウォッチ

2023年9月5日時点でのCOROS社のスポーツ向けGPSスマートウォッチ「COROS PACE 3」について紹介します。

COROS PACE 3 GPS Sport Watch
ランニングやトライアスロンなどスピードを求める方向け。
COROS PACE 3の特徴
  • 軽量設計でナイロンバンド装着時は30g、シリコンバンド装着時は39g
  • 1.2インチの常時点灯対応液晶ディスプレイ(解像度:240×240)
  • 38時間のGPS駆動バッテリーライフ(全機能オンで最大25時間)、非使用時は24日間持続
価格

33,000円(税込)

COROS PACE 3のおすすめポイント
  • スポーツ特化の機能:ランニング、トライアスロンなどのスピードを求めるスポーツ向けに最適化された多様なトラッキングモードと精確なデータ提供
  • 長持ちバッテリーと軽量設計:一日中装着してもストレスが少なく、頻繁な充電の必要がない
COROS PACE 3の気になるところ、注意点
  • 一部のタトゥーの上では心拍数センサーが正確な測定ができない可能性がある
  • 5ATM防水対応だがダイビングには適用されない
COROS PACE 3の購入時参考情報
  • サイズと重量: サイズは41.9 x 41.9 x 11.7mm、重量はナイロンバンド装着時30g、シリコンバンド装着時39g
  • 付属品: ウォッチバンドと充電ケーブルが付属
  • 色と材質: 本体はホワイトとブラックの2色、バンドはシリコンとナイロンの材質で提供
  • その他の機能: ルートナビゲーション、音楽再生機能、Bluetooth接続でのデータ送信やオフライン音楽再生が可能
  • 互換アプリ: Komoot, TrainingPeaks, Strava, Relive, adidas Running, Apple Health, Stryd, Final Surge, Runalyze, Running Quotient, Decathlonなど
  • システム言語: 多言語対応(英語、日本語、中国語など)

新製品:ScanWatch 2

2023年9月1日時点でのフランスの大手スマートデバイスメーカーWithingsの「ScanWatch 2」について紹介します。

ScanWatch 2の特徴
  • 日中と夜間の体温をトラッキングして基礎体温からの変化を表示
  • 熱流束センサー、周囲と皮膚の温度センサー、心拍センサー、加速度センサーを組み合わせて体温を常時モニタリング
  • FDA認可の血中酸素飽和度(SpO2)センサーと心房細動の検出機能を搭載
価格

約5万1000円(税込)

ScanWatch 2のおすすめポイント
  • 体温ゾーンを把握してワークアウトのパフォーマンスを最適化
  • 月経周期の予測や40種類以上のスポーツに対応した自動ワークアウト検出機能
ScanWatch 2の気になるところ、注意点
  • 価格がやや高めであること
  • 機能が多いため、初めてスマートウォッチを使用する方には操作が複雑かもしれない
ScanWatch 2の購入時参考情報
  • 10月に発売予定、38mmモデルと42mmモデルが用意されている
  • 同時に価格が約3万6000円の「ScanWatch Light」もリリース予定(一部機能制限あり)

この製品は特に健康管理に積極的な方やスポーツをよくする方におすすめです。詳細な体温トラッキングや多数のセンサーによるデータ取得が可能です。

新製品:HUAWEI WATCH FIT Special Edition

2023年8月25日時点での、華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)の『HUAWEI WATCH FIT Special Edition』について紹介します。

HUAWEI WATCH FIT Special Editionの特徴
  • 鮮やかな約1.64インチの大画面AMOLEDディスプレイを搭載
  • 軽さ約21g(ベルト含まず)と約10.7mmの薄さで快適な装着感
  • GPS内蔵でワークアウトのルートを手軽に記録
価格

14,080円(税込)

HUAWEI WATCH FIT Special Editionのおすすめポイント
  • 『HUAWEI Band 8』と比べ、内蔵GPSと高精細の大画面ディスプレイが特長
  • 独自アルゴリズムでの高精度な睡眠モニタリングや、多彩なワークアウトモード、通知表示などのアシスタント機能を搭載
  • 10,000種類以上の文字盤が選択可能で、常時点灯機能(AOD)搭載
HUAWEI WATCH FIT Special Editionの気になるところ、注意点
  • 特記事項は添付情報から明示されていないため、不明
HUAWEI WATCH FIT Special Editionの購入時参考情報
  • 発売日:8月28日(月)
  • カラーバリエーション:フォレストグリーン、ネビュラピンク、スターリーブラックの3色

新製品:「HUAWEI WATCH FIT Special Edition」

「2023年8月25日」時点での「HUAWEI」の「HUAWEI WATCH FIT Special Edition」について紹介します。

「HUAWEI WATCH FIT Special Edition」の特徴
  • 約1.64インチのAMOLEDディスプレイ搭載
  • GPSとGLONASSの2つの衛星測位システムに対応
  • 「HUAWEI Health」アプリを使用してワークアウトのルート動画を生成可能
価格

「価格情報は提供されていないため記載できません」円(税込)

「HUAWEI WATCH FIT Special Edition」のおすすめポイント
  • 独自アルゴリズムによる健康管理機能や多様なワークアウトモードを搭載
  • 通常使用で約9日のバッテリー寿命と急速充電機能
「HUAWEI WATCH FIT Special Edition」の気になるところ、注意点
  • 「特定の機能は特定のデバイス(例:クイック返信はAndroidのみ、リモートシャッター機能はiOSのみ)に対応」
  • 「その他のデメリットは提供されていないため記載できません」
「HUAWEI WATCH FIT Special Edition」の購入時参考情報
  • 「WATCH FIT Special Editionは、価格面や機能面においてFITシリーズとBandシリーズの中間に位置するモデル」
  • 「新機能の追加よりも、従来モデルのさまざまな機能を搭載」

新製品:「ASUS VivoWatch 5」

ASUS|エイスース ASUS VivoWatch 5 オレンジ ASUS VIVOWATCH 5 ORANGE
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥ 40,320(2024/04/15 10:38時点)

2023年8月18日時点でのASUSのVivoWatch 5について紹介します。

VivoWatch 5の特徴
  • 24時間365日の健康とフィットネスレベルモニタリング。
  • 心拍数、睡眠、活動量、ストレスレベルなどを継続的に計測。
  • 「ストレス解消指数」により、身体全体のストレス反応を示す。
価格

「未公開」円(税込)

VivoWatch 5のおすすめポイント
  • 2つのセンサーを搭載し、さまざまな健康管理に役立つ知見を得ることができる。
  • 睡眠の質や深さを自動で分析し、最適な睡眠のためのヒントを提供。
  • 「ASUS HealthConnect」アプリで心拍数、活動データ、ストレスレベルなどを簡単に管理。
VivoWatch 5の気になるところ、注意点
  • ASUS VivoWatch 5は医療機器ではない。
  • 病状の診断や服薬スケジュールの変更には使用しないこと。
VivoWatch 5の購入時参考情報
  • VivoWatch 5は、いざという時のためのクイックメッセージ送信機能を搭載。
  • 測定結果はフィットネス・ウェルネス目的の参考値である。

新製品:シャオミ(Xiaomi) スマートウォッチ Redmi Watch 3 Active

2023年08月16日時点でのシャオミのRedmi Watch 3 Activeについて紹介します。

Redmi Watch 3 Activeの特徴
  • 1.83インチ大画面ディスプレイを採用し、200 種類以上のウォッチフェイスが利用可能。
  • Bluetooth通話機能を搭載し、ウォッチ上で応答や緊急連絡先への素早い電話が可能。
  • 100種類以上のワークアウト・スポーツモードがあり、スポーツ中の体の動きをモニタリングして分析。
価格

4,990円(税込)

Redmi Watch 3 Activeのおすすめポイント
  • 2.5D曲面高強度ガラスを採用し、エレガントな外観と耐摩耗性を兼ね備えている。
  • 心拍数や血中酸素レベルを24時間365日モニタリングし、健康状態を注視。さらに、睡眠の科学的なモニタリングで日々の睡眠の質を最適化。
Redmi Watch 3 Activeの気になるところ、注意点
  • 5000mAhというバッテリー容量は、一部のユーザーにとっては物足りないかもしれない。
  • 価格やセール情報は常に変動する可能性があるため、購入時に最新の情報を確認することが必要。
Redmi Watch 3 Activeの購入時参考情報
  • Amazonの「Fashion × Tech タイムセール祭り」で現在9%オフの価格で提供中。
  • 充電はマグネット式で、最大12日間のバッテリー持続時間がある。

新製品:Ticwatch Pro 5 スマートウォッチ

今日の日付時点でのTicwatchの「Ticwatch Pro 5 スマートウォッチ」について紹介します。

Ticwatch Pro 5 スマートウォッチの特徴
  • 最新のWear OS by GoogleとSnapdragon W5+ Gen 1 ウェアラブル プラットフォームを搭載
  • 超低消費電力ディスプレイで数日間充電せずに使用可能
  • 100種類以上のワークアウトモード、GPS、コンパス、バロメーターを搭載し、5ATM防水仕様でオープンウォータースイミングも対応
価格

49,999円(税込)

Ticwatch Pro 5 スマートウォッチのおすすめポイント
  • 高質なOLEDディスプレイと超低消費電力ディスプレイを組み合わせた2層画面
  • 新しい高速充電テクノロジーにより、30分間で65%の充電が可能
  • クラウン回転ボタンでのスムーズな操作と多様なコントロール
Ticwatch Pro 5 スマートウォッチの気になるところ、注意点
  • iOSのスマホは利用不可
  • アシスタント機能は対応していない
Ticwatch Pro 5 スマートウォッチの購入時参考情報
  • Googleアプリ対応: Google Fit、YouTube Music、Googleマップなどのサービスが利用可能
  • Google Playからアプリケーションをインストールしてカスタマイズ可能

「Garmin、位置情報共有やSOSが可能な小型通信衛星コミュニケーター『inReach Messenger』発売」

  • ガーミンジャパンがアウトドア向け通信衛星コミュニケーター「inReach Messenger」を発売。市場想定価格は4万2900円。
  • イリジウムの衛星通信サービスを利用し、位置情報共有、天気予報、テキストメッセージ送受信、緊急時のSOS機能を備える。携帯電話の電波が届かない場所でも利用可能。
  • スマートフォンとBluetoothでペアリングが可能で、アプリ「Garmin Messenger」を利用してメッセージを入力。SOSの発信は本体のボタンから。位置情報の共有は10分おきに可能。
  • 日本の登山道の約5割が携帯電波が届かず、登山事故の約2割でスマートフォンが故障して連絡不能になる問題を解決するため、電波の届かないエリアでも利用できる製品。
製品仕様と特長
  • 本体サイズ:6.4×7.8×2.3cm(幅×高さ×厚さ)
  • 重量:113.9g
  • 一回の充電で約28日間の使用が可能
  • IPX7準拠の防水性能
  • シリーズの中でもさらにコンパクトな設計
  • 故障しにくく、荷物も減らせる
項目内容
サイズ6.4×7.8×2.3cm(幅×高さ×厚さ)
重量113.9g
使用可能日数約28日間
防水性能IPX7準拠
特長さらにコンパクトな設計

商品名:Redmi Watch 3 Active

2023/08/01時点でのXiaomiの「Redmi Watch 3 Active」について紹介します。

Redmi Watch 3 Activeの特徴
  • 見やすい1.83インチ大型ディスプレイ
  • 200種類を超えるウォッチフェイス搭載
  • メッセージ通知やライフトラッキングなどベーシックな機能を備えたエントリーモデル
価格

5490円(税込)

Redmi Watch 3 Activeのおすすめポイント
  • 価格が5000円台前半で高コスパ
  • 10種類のプロスポーツモードを含む100種類以上のワークアウト・スポーツモード、血中酸素レベルと心拍数を24時間モニタリングできる
  • ヘビーユースモードで8日間、通常モードで12日間のバッテリー寿命
Redmi Watch 3 Activeの気になるところ、注意点
  • 「Redmi Watch 3」に比べてGPSなどの位置情報の取得は非対応
  • スタンドアロンでの音楽再生やキャッシュレス決済は非対応
Redmi Watch 3 Activeの購入時参考情報
  • カラーはブラックとグレーの2色
  • 着せ替え用のグリーン、イエローのストラップも990円で購入可能

商品名:「Ticwatch Pro 5」

Ticwatchの「Ticwatch Pro 5」について紹介します。

Ticwatch Pro 5の特徴
  • 最新Wear OS by GoogleとSnapdragon W5+ Gen 1 ウェアラブル プラットフォームを搭載し、2G RAM + 32G ROMメモリーでより速く、よりスムーズな操作性と接続性を実現。
  • 1.43″二層OLEDディスプレイ(466*466PPi)と超低消費電力ディスプレイを採用し、心拍数、カロリー、コンパスなどのデータをトップ画面として表示・切り替え可能。628mAhのバッテリーで長時間の使用が可能。
  • 100種類以上のワークアウトモード、GPS、コンパス、バロメーターを搭載し、様々なアウトドアシーンでの活用が可能。5ATM防水仕様でオープンウォータースイミングにも対応。
価格

¥49,999 税込

Ticwatch Pro 5の他製品に比べて新しいところ
  • 2層のOLEDディスプレイを用いて、超低消費電力で数日間充電なしで使用可能。
  • クラウン回転ボタンを採用して、指一本や手袋をつけたままでもスムーズな操作ができる。

商品名:「Amazfit Cheetah」

Zepp Healthの「Amazfit Cheetah」シリーズについて紹介します。

「Amazfit Cheetah」の特徴
  • ランニングに焦点をあてたスマートウォッチ
  • AIを駆使したパーソナルトレーニング計画の生成機能
  • 1.39インチの視認性の高いAMOLEDディスプレイと最大14日間持続可能なバッテリー
価格

4万9900円(税込)

「Amazfit Cheetah」のメリット、デメリット
  • メリット: デュアルバンド円偏波GPSアンテナ技術「MaxTrack GPS Technology」による高精度トラッキング
  • デメリット: スマートフォンからの地図データー転送はBluetoothのため、「Amazfit Cheetah Pro」より転送速度が遅い可能性がある。

商品名:3COINS「デバイスバンド」

2024/03/20時点での3COINSの「デバイスバンド」について紹介します。

3COINS「デバイスバンド」の特徴
  • 電話やメールの通知、歩数計や睡眠時間の測定といった基本機能が搭載
  • アプリと連携して使用(iOS 11.0以上/Android 5.0以上対応)
  • ベルトは3色展開(ベージュ・ピンク・パープル)+替えのブラックベルト付属
価格

3,300円(税込)

3COINS「デバイスバンド」のおすすめポイント
  • この価格帯での多機能とデザインのバランスが良い
  • 文字盤のデザインが40種類以上あり、すべて無料で使用可能
  • タイマー機能や音楽再生操作の機能も付属
3COINS「デバイスバンド」の残念なところ
  • 一部の機能(スマートフォン探索)がうまく作動しない
  • Bluetoothの接続が不安定で、データがリセットされることがある

2023年スマートウォッチセール情報

スマートウォッチのセール情報に関してはこちらの記事にまとめました。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報
スマートウォッチのセール情報をまとめています。ブログ運営の都合、情報収集に引っかかったセール情報を共有して物欲を他人に転化していくスタイル。

「楽天スーパーSALE」:「FOSSIL Gen 6 Hybrid スマートウォッチ」

2023年9月4日時点での「フォッシルジャパン」の「Gen 6 Hybrid スマートウォッチ」について紹介します。

「Gen 6 Hybrid スマートウォッチ」の特徴
  • 伝統的なウォッチデザインとスマートウォッチ機能の融合、E Inkディスプレイを採用し目に優しい。
  • 1回の充電で最大2週間のバッテリー寿命、多様なアクティビティトラッキングと通知機能を搭載。
  • iOS 10.0+とAndroid 5.0+に対応し、Bluetooth Smart 5.0 Low Energyでデータ送受信が可能。
価格

1万7325円(税込)+787円相当のポイント付与(5倍ポイント)

お得度

50%オフに加え、5倍ポイントでの購入が可能。

セール期間

2023年9月4日(日)〜 2023年9月11日(日)1時59分

「Gen 6 Hybrid スマートウォッチ」のメリット、注意したいポイント
  • メリット:充実したアクティビティトラッキング機能や心拍カウント機能を有し、長持ちバッテリーによって頻繁な充電の必要がない。
  • 注意点1:購入後の返品が受け付けられない場合がある(特にディスプレイ型とハイブリッド型の場合)。
  • 注意点2:お客様のデータは米国に保管されるため、Fossilスマートウォッチアプリの個人情報保護方針および利用規約を確認することが推奨される。

製品仕様

  • 性別:ユニセックス
  • 文字盤カラー:ブルー
  • バンドカラー:ブルー
  • ケース素材:ステンレススチール
  • 風防素材:ミネラル
  • ムーブメント:デジタル
  • 防水:3ATM
  • バンド素材:シリコン
  • 保証:購入日より1年間保証
  • ケース横:44MM
  • ケース厚:14ATM
  • バンド幅:20MM

Amazonタイムセール(2023年7月29日9時から7月31日23時59分まで)

Amazon(アマゾン)では、2023年7月29日9時から7月31日23時59分まで「Amazon Fashion×Sportsタイムセール祭り」を開催中。

SUUNTO CORE
Xiaomi Redmi Smart Band 2
Fitbit Charge 5

メーカー最新情報のまとめ

スマートウォッチのメーカーごとの情報をまとめ始めました。

AppleWatchの関連記事一覧

AppleWatchを購入するときに参考にしたいことはこの記事にまとめています。

「AppleWatch Series9対応」現役でも使えるモデルはどれ?
AppleWatchの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

AppleWatchのセールに関する情報は別サイトでまとめています。

AppleWatchを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AppleWatchを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

以下、AppleWatchについて知りたい場合に参考になる記事をまとめておきました。

スマートウォッチを探す際に役立つリンク集

当サイトで取り上げた「スマートウォッチ」に関連した記事をまとめています。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報に関してはこちら。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報
スマートウォッチのセール情報をまとめています。ブログ運営の都合、情報収集に引っかかったセール情報を共有して物欲を他人に転化していくスタイル。
スマートウォッチメーカー最新情報
スポンサーリンク

おすすめのスマートウォッチを選ぶべきはあなた

まず、スマートウォッチというのは少し面倒なカテゴリの製品です。

「元々は時計メーカー」だったところと、「ウェアラブルデバイスに特化したメーカー」、「健康器具メーカー」、そして「スマホなどのデバイスメーカー」などが群雄割拠している激戦区です。

しろくま
しろくま

そのため、各社、得意分野が違う上に扱うOSやら連動する機能なんかも異なるので、正直、情報収集が面倒なのです。

健康に特化したスマートウォッチ

私は看護師という医療系の社畜なので、専門としては「健康」あたりのキーワードが得意です。そんな健康に関するスマートウォッチの情報はこちらの記事にまとめましたので、少し手抜きをさせてください、ごめんなさい。

30代男性が選ぶ、健康管理のためのおすすめスマートウォッチ
そろそろ健康に対して何かしようと思ったので、とりあえずウェアラブル端末とかスマートウォッチについて調べてみることにしました。形から入るタイプです(やらない)
かめ
かめ

健康以外のキーワードとなると、まず、OSで「WatchOS」ではApple、wear OS by GoogleとAndroidで分かれそうですね。

AppleWatchが気になる

AppleWatchが欲しい方を能動的に別記事へ誘導するためのスペースです。AppleWatchは選択外という方は、少しスワイプしてみてください。

AppleWatchとウェアラブル端末の情報
AppleWatchに関する情報をまとめたカテゴリページです。ウェアラブル端末の最適解は本当にAppleWatchなのか検証し、購入のおねだり方法なんかもまとめています。

Apple Watchのモデル比較

Series 3と5の比較ならこちら、さらに未来を見据えてSeries6以降の情報が知りたい場合はこちらの記事になります。

AppleWatchシリーズ比較【Series7、8、Ultra、SEどれを買うか】
これからAppleWatchを買おうと思っている方が、シリーズ選択のために必要な情報をまとめました。ポイントは「健康」に重点を置くか、「iPhone補助」として使うか。あと、「時計として使う」というセレブリティでハイソサイエティな選択肢もご提案。
Apple Watchの未来「Series10以降のウェアラブル動向」
Apple Watch の新着/噂情報をまとめて、ウェアラブル端末の将来を占っていこうと思います。当方は医療専門職なので、ヘルスケア関連の経済への影響なども少し丁寧に解説していきます。

選び方のポイント

当サイトの宣伝はここまで。では、最新スマートウォッチの選び方を考えていきます。

スマートウォッチの機能で考える

現在、スマートウォッチでできることといえばこんな感じ。

  • 電子決済
  • リマインド・アラートなどの通知確認(スマホのミニディスプレイとして)
  • 電子決済
  • スリープトラック
  • バイタルサイン測定
  • ワークアウトの補助機能
  • ロードマップ
  • ソーラー発電
しろくま
しろくま

健康管理系をまとめてもかなりの機能が求められているのですが、今の時代、睡眠評価もできれば心電図のモニタリングも可能なので、看護師不要説きましたねコレ。

かめ
かめ

将来的には、血糖測定なんかも可能になるんじゃないか、と言われているね。穿刺の負担が少なくなって、低血糖アラートなども出せると急変時の対応も速やかに行えそう。

それ以外だと、やはりスポーツというか、エクササイズというか、日常の運動をサポートしてくれる機能が目立ちますね。

生命保険にも関与するものも出てきているので、気になる方はチェックしてみてください。

Apple Watchで保険が安くなる時代へ【各保険会社比較、世界の動向】
AppleWatchの記事から派生して、「保険まで安くなる」について解説しています。CMでおなじみのVitalityから、世界ではどのようなサービスが展開して日本に輸入されてくるのか、みたいな話です。

スマートウォッチを選ぶ際のチェック項目

  • 日常的に使いたいor運動時に使いたい
  • 運動をサポートしてほしい
  • 睡眠が気になる
  • スマホの負担を減らしたい
  • とにかくおしゃれに使いたい
  • 多機能モデルが欲しい
日常使いと運動使い

まずは、スマートウォッチを使うであろうシチュエーションで、「ビジネスにも使用できるくらい肌身離さず」使用するのか、アクティビティトラッカーとして「特定の運動をサポートしてくれる目的」で使用するのかを考えるといいと思います。

日常使いなら、ビジネスにも利用できるような文字盤ハイブリッドタイプのスマートウォッチがお勧めです。機能面も充実させていくと、自然と電子決済や基本的な健康管理系の機能が搭載されたベーシックなモデルがお勧め。

運動というよりは、日常的なヘルスケアが目的の場合

健康と運動はきってもきれませんが、運動は面倒だなという私のような方は、少し様子を見てから心電図モニター機能を搭載したものがお勧め。

しろくま
しろくま

AppleWatchは機能的には既に対応しているのですが、心電図モニターとしての医療機器としての登録が進んでおらず、アプリの機能だけがロックされている感じです。

かめ
かめ

心電図が把握できると、連動して睡眠トラッキングやその他のバイタル系の健康データの精度が増すので、今後のアップデート次第でどんどんと使い勝手が良くなることが期待されます。

スマホとの連動を考える

仕事などでスマホを利用しづらい場合は、スマホとOSが連動しているものを選ぶのがお勧めです。言い換えると、iOSかAndroid端末で、WatchOSかwear OS by googleかを選ぶ感じですね。

スポンサーリンク

各メーカーの特徴が知りたい

概ね、欲しいスマートウォッチのおぼろげな形が見えてきたら、次はメーカーから絞っていきます。

かめ
かめ

先述の通り、「元々得意な分野が異なるメーカーがごった返している」のがスマートウォッチ市場の特徴です。

おすすめとしては、まずは「運動サポートのアクティビティトラッカー」なのか、「スマホみたいに使うスマートウォッチ」なのかをはっきりさせるといいと思います。

AppleのAppleWatch

もう、何回AppleWatchの話をするんだ、と我ながら思うのですが、一応、比較のために、念のために、AppleWatchの特徴をお伝えします。

  • マーケットシェアNo.1
  • 電子マネー対応
  • 健康系にも力を入れている
  • 時計盤・リストバンドなどカスタマイズも豊富
  • Appleデバイスと仲良し

とにかく、iPhoneと使うなら、健康サポートもアプリでできるAppleWatch一択です。むしろ、iPhoneを将来的に卒業したいと考えるなら、これを機に他のメーカーのスマートウォッチを試してみるのも手です。

しろくま
しろくま

健康データまで握られたら、もうApple依存になってしまうよ。。。

SamsungのGalaxy Watch

  • フェイスデザインが豊富
  • Galaxyと仲良しの独自OS Tizan
  • 耐久・耐水がよくハードなワークアウトにも対応

Samsungというメーカーが、いまだにしっくりこないのですが、とにかくGalaxyを使用しているなら、組み合わせとしては最適なのが、GalaxyWatchです。

GalaxyWatchはカシオっぽい

思った以上に、Casioっぽいデザインのスマートウォッチです。文字盤は無限大に選べるので、広告を作っている人の「かっこいい時計」がG-Shockなんじゃないかと邪推。

Sonyのwena

  • Xperiaと仲良し
  • 日本の電子マネー事情に対応しやすい

バンド部分でスマート化しているので、文字盤(時計本体)はお気に入りのものにすることもできます。組み合わせを楽しめるのがいちばんの特徴と言えそうです。

かめ
かめ

wenaは唯一バンド側にスマートウォッチとしての機能を詰め込んで、時計には自由を与えてくれたモデルです。

しろくま
しろくま

コラボも多いので、デザインに関しては無制限に広がっていくし、「時計を買う」という楽しみも得られるね。

Fitbit

  • 健康系でGarminと雌雄を分ける一角
  • ウェアラブルデバイスも強くコスパの良いモデルも多い

Charge4がフィットネストラッカーの最高峰

フィットネストラッカーFitbitのCharge4

2020年だと、フィットネストラッカーとしてはフラッグシップ的なモデルであるCharge 4が登場しています。

しろくま
しろくま

毎日連れて行ける程よいサイズ感とシンプルなデザイン、必要以上の情報は表示しないが備えている機能はフィットネストラッカーの中では随一。

Fitbitのヘルスアプリ

スマホも合わせて使用することで、ワークアウトの分析もできて、睡眠トラッキングも可能。つまり、程よい値段で最高のヘルスサポーターが欲しいなら、Fitbitが一番と言えます。

Charge 4の機能
  • GPS搭載
  • 心拍数計測
  • スマホアプリでワークアウト分析
  • 睡眠スコアの測定
  • それぞれのエクササイズに最適化されたモード
  • エクササイズは自動で認識
  • ガイド付き呼吸セッション
  • 各種アプリと連動した通知機能
  • 最大7日間のバッテリー
  • Fitbit Pay

と機能面では申し分ないのですが、スマートウォッチとして最上位モデルとなるであろうVersa3(仮)が登場するかどうかで購入の判断が分かれそうです。

Garmin

  • Fitbitと(略)
  • GPS機器に強く、サイクリング・ウォータースポーツ・ウィンタースポーツ・登山などのハードはワークアウト
  • 最近、サイバー攻撃を受けてシステムダウンしたことで話題に

Gaminを選ぶ場合は、もう既に「このモデルが欲しい」というのがはっきりしているくらいに、「しっかりとスポーツをする」方に向いています。

登山・ゴルフ・水泳などそれぞれに特化したモデルがあるので、私から「これがお勧め」と語る必要はないくらいに、洗練された機能を持っています。でも、高いです。

fenix 6X

Garminでどやるなら、とりあえずfenixの最新モデルを買えば大丈夫です。財布は大丈夫じゃないですが、ドヤるに値する方にははした金です。はしてみたいものです。

なので、Garminの機能を語る場合は、fenixのページだけ見てればいいので楽チンです。

Fenix6の特徴・機能一覧
  • ソーラー充電対応
  • パワーマネジャーで省エネ最適化
  • 独自のスポーツアプリがプレダウンロード済み
  • スキー・ゴルフのマップ表示が可能
  • ClimbProで登山情報(傾斜・距離・標高)を表示
  • マップナビゲーションに対応
  • ABCセンサー(高度計・気圧・電子3軸コンパス)
  • GarminPay
  • 音楽アプリ
  • 事故検知・自動緊急連絡が可能
  • 心拍測定
  • Body Batteryエネルギーモニターで休息・活動の最適化

というわけで、スマートウォッチでできることは、全部できます。

しろくま
しろくま

もう、センサーが豊富すぎて異次元への歪みとか感知できそうだね。

かめ
かめ

他社が売りにしている心拍測定とか、かなり下の方にきてるからね。

私がApple Watchを除けば一番欲しいのがFenixですが、とにかく高いというのも理由のひとつ。老紳士を助けてお礼の品として進呈されるのが一番嬉しいパターンですね。

MARQ Golfer

まさに、ゴルファーのためのスマートウォッチ。

MARQを身につけるためにプロになる方もいるとかいないとかいないとか。

ちなみに、ゴルフに特化したモデルは、Approach S62が最新です。

vivo move 3S

vivo move 3s

アナログ時計のラグジュアリー感を持ちながら、機能性高く、文字盤の後ろのディスプレイさえ上品に。

Instinct Dual Power

ソーラー充電にも対応したモデル。外でのアクティビティが多い方にお勧め。

Garmin Swim 2

水泳に特化したモデル。防水性が高いのはもちろん、プールにも屋外での水泳にも対応した計測が可能。

SKAGEN

Skagen,Falster3

SKAGENはデンマークのデザインを踏襲。

FALSTER 3

FALSTER 3 が最新モデルとなります。

  • 水泳対応
  • 省電力モードなら、24時間以上使用可能
  • GPS内蔵
  • アクティビティトラッキング

HOLST

SKAGENもアナログ盤とのハイブリッドモデルがあります。こちらでもほとんどの機能は網羅しているので、ポップなデザインとなるFALSTERと違った雰囲気を求めているならお勧めです。

Xiaomi(シャオミ)

XiaoMiのスマートウォッチ、Miスマートバンド4

シャオミはブレずに格安路線で名を挙げて、様々なデバイスのシェア度を上げてきています。

スマートキッチンを目指して、最強自動調理家電とIoT
IoTって顔文字みたいですね。このページでは、スマートホームを目指して行き着いた先には「なんとか料理せずに暮らせる」家にすること。まずは必要な家電をピックアップし、今後のキッチン家電の動向を占います。

スマートウォッチの場合は、Miスマートバンドがブランド名になります。

Mi スマートバンド4

  • バッテリーは最大20日間と長持ち
  • 心拍モニタリング
  • 睡眠トラッキング
  • 水泳に対応
  • Mi Fit アプリで記録

https://www.mi.com/jp/mi-smart-band-4/

こんな方にお勧め

コスパに関しては申し分なし。自社製のアプリの使い勝手次第ではあるけど、「とりあえずスマートウォッチを体験してみたい」という場合にはうってつけと言える価格帯です。

ただ、いろいろなレビューを書く都合、公式HPを隅々まで読むのですが、少し日本語に弱い印象はある。つまり、ものは良くてもアプリの使い勝手に引っかかったりする可能性はありそう。

Fossil

Fossilのスマートウォッチ、Generation5
  • 腕時計メーカーで「アナログタイプ」のデザインが洗練されている
  • 機能はワークアウト(エクササイズ・トレーニング)のトラッキングがメイン
  • 多機能「ジェネレーション」とアナログ文字盤「ハイブリッド」

Fossilのモデルの使い分け

まず、多機能モデルが欲しい方はGeneration5が2020年では最新のモデルとなります。

ただ、HybridモデルでもHRとついたものは、いわゆる心拍数を測定できる機能でアプリと連動してヘルスデータを管理することができます。

かめ
かめ

あえてFossilを選ぶなら、文字盤のついたHybrid HRが一番お勧めですが、シンプルにGeneration5がかっこいいと思ったらそれでもありかと。

Generation5の特徴

  • 音声アシスタント対応
  • 8GBのストレージ
  • 心拍センサー搭載
  • 防水対応
  • Google PAY・Google FIT
  • GPS内蔵
かめ
かめ

押さえるべきところは押さえている、と言った感じですね。

Withings

Withngsは、ふらんすのヘルスケア製品のメーカーで、シンプルでありながらラグジュアリーなアナログハイブリッドなスマートウォッチが得意。

かめ
かめ

体重計や睡眠トラッキングのためのマットレスなどにも取り組んでおり、スマートウォッチ界でも人気が高い。

WithingsのHealth Mateアプリで睡眠トラッキングもバッチリ

WithingsのHealth Mateアプリですっきり運動管理
しろくま
しろくま

アプリのHealth Mateも、洗練されたシンプルなデザインで計測結果を見るのが楽しみになりますね。

ScanWatch

登場が楽しみなWithingsのECG搭載モデル、ScanWatch

いまだComing Soonではありますが、Withingsらしいアナログ時計とスマートディスプレイを搭載したモデルで、既にECG(心電図)が窓に映っているので、心電図モニタリングに対応していると考えられます。

かめ
かめ

心電図モデルは、既に「MoveECG」というモデルがあるので、文字盤の2つの窓が特徴であるモデルとなりそうです。

Withingsを選ぶなら、やはりアナログ版のデザインで選ぶべきなので、MoveECGでもScanWatchでも、どちらでも満足度は高そうですね。

ただ、案の定、日本では発売予定がないので、早く認可するのかしないのかくらいははっきりして欲しいです。

Suunto

Suuntoはフィンランド製のスポーツウォッチメーカーです。

なんとなく北欧を出されると弱いのですが、各モデルの名前が数字なので、「何がどうすごいのか」が分かりづらいところがあります。

Suunto 9

基本的にはナンバリングの数字が大きいモデルほど高機能ではあるようですが、Suunto9にもSuunto 9 Baroなどの機能を追加したモデルが登場しており、正直、私も全てを把握していません。

2020年に新しいソフトウェアにアップデートされ、フィットネスレベルでVO2max(最大酸素摂取量)を測定できるようになりました。ECGのモニタリングは各社力を入れ始めているところですが、酸素飽和度SpO2の測定も数社で取り入れられています。

実際、酸素量なんて測定できるの?

私はアスリートと対極に位置する生活を送っている自堕落な人間ですが、この最大酸素摂取量が分かることで、運動の質・パフォーマンスのようなものを評価することができます。

実際、スマートウォッチで正確な酸素摂取量を測定できるかは疑問ですが、スマートウォッチのいいところは、血液内の酸素量だけではなく、呼吸や心拍数、運動の時間やアクティビティの内容などから総合的に判断できることです。

しろくま
しろくま

つまり、酸素摂取量自体は参考値でも、有効に活用できるデータと統合して評価できるかがポイントということですね。

Suunto7

実質的には最新機種のようなナンバリングになっているSuunto 7

wear OS by GoogleをSuutoWatchに最適化しており、つまりGoogle Playストアからアプリをインストールできる。

起動させるプロセッサも、Qualcomm社の最新プロセッサーSnapdragon Wear 3100を搭載。文句なしに高機能なモデル、でありながら、腕時計としての耐久性も高められて安心して使用できるモデルと言えそうです。

Suunto5

コンパクトモデルでありながら、耐久性は抜群でGPSなどの機能面も充実しているモデルがSuuto5です。

Suuto3

Fitness用のアクティビティトラッカーとして人気だったSuunto3 Fitnessの製品名が変わり、Sunntoのナンバリングデバイスに統合されました。

スポンサーリンク

スマートウォッチ界隈の最新情報

ここからは、とりあえず私が調べた内容を投げ入れていくところです。2021年までがんばって続けます。

2020年の動向

2020年のスマートウォッチを占っていきます。

FitbitがDoki technologiesを買収

Doki tecknologiesはキッズ用のスマートウォッチを開発していました。ここだけ読み取ると、利用者層の拡大のために、そのままDokiのキッズモデルを踏襲したモデルを出すのでは、と考えられますが、いかがなものでしょうか。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「poco シャオミ シャオミ poco」に関する最新情報です。

    5月23日にシャオミが「POCO F6」と「POCO F6 Pro」をグローバル発表する予定で、同時に「POCO Pad」も発表されることが明らかになった。具体的な「POCO Pad」の詳細は公開されていないが、リーク情報から「Redmi Pad Pro」のリブランド品であるとされている。これにより、シャオミの新しいタブレット製品に期待が高まっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzA1LzIwL3Bvc3QtNzIzMzUv0gEA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「スマホ シャオミ 上位」に関する最新情報です。

    シャオミが最上位スマートフォン「Xiaomi 14 Ultra」を国内で発売しました。このスマートフォンは2億画素カメラを搭載し、ミドルレンジスマートフォンとして高性能を誇っています。さらに、Androidタブレットや86インチの4K Ultra HDスマートテレビも発表されました。シャオミはこれまでハイエンド製品を発売してきた経緯から、新製品の発表に喜びを表明しています。

    https://japan.cnet.com/article/35218774/

  3. buchikuma-info より:

    「スマホ シャオミ 上位」に関する最新情報です。

    シャオミが最上位スマホ「Xiaomi 14 Ultra」を国内発表。2億画素カメラ搭載でミドルレンジスマホとして高機能。さらに、Androidタブレットや86インチのスマートテレビも発表。安達晃彦氏や大沼彰氏は、新製品の登場に喜びを表明し、シャオミの技術向上を強調。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vamFwYW4uY25ldC5jb20vYXJ0aWNsZS8zNTIxODc3NC_SAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「米国 2024 満足度」に関する最新情報です。

    J.D. パワーが発表した2024年の米国個人資産運用顧客満足度調査によると、オンライン証券会社は長年の統合と手数料無料化により自社の存在価値を再検討する必要があることが示唆されている。調査では、専任のファイナンシャル・アドバイザーを持たない投資家向けのサービスに対する満足度が測定され、特にセルフサービス型投資家の満足度が上がらない状況が明らかになっている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000286.000042677.html

  5. buchikuma-info より:

    「測定 sim 速度」に関する最新情報です。

    2024年5月前半に行われた格安SIMの速度測定では、大手キャリアとMVNOの間で速度や安定感に明確な差が見られた。格安SIMは月額料金が安く人気があり、通信速度は重要な比較要素とされている。OREFOLDERでは毎月20種類の格安SIMをスピードテストアプリで測定し、比較している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vb3JlZm9sZGVyLmpwLzIwMjQvMDUvc3BlZWR0ZXN0LTIwMjQwNS0xL9IBNGh0dHBzOi8vb3JlZm9sZGVyLmpwLzIwMjQvMDUvc3BlZWR0ZXN0LTIwMjQwNS0xL2FtcC8?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「ibm ibm storage storage」に関する最新情報です。

    IBMは、新しいストレージ機能「IBM Storage Assurance」を導入し、ストレージ投資の長寿化と効率化を実現する取り組みを発表した。このプログラムは、お客様のデータセンター運用を支援し、ストレージ投資を保護すると同時に、IT支出の増加に対応する柔軟性を提供する。IBM Storage Assuranceは、既存の利用モデルを補完し、ストレージ所有体験を簡素化することを目指している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000489.000046783.html

  7. buchikuma-info より:

    「55 55 従来 galaxy」に関する最新情報です。

    6.6型のミドルレンジスマートフォン「Galaxy A55 5G」が発売された。ディスプレイサイズが6.4型から6.6型に大型化し、Super AMOLEDパネルと120Hzのリフレッシュレートを採用。性能面ではExynos 1480を搭載し、CPU性能が15%、GPU性能が32%向上。バッテリー容量は5,000mAhで、25Wの急速充電に対応。カメラは背面が約5,000万画素広角、約1,200万画素超広角、約500万画素マクロの3眼、前面が約3,200万画素。docomoおよびauで取り扱われる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU4OTQzMi5odG1s0gEA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「oneplus oneplus watch os」に関する最新情報です。

    OnePlus Watch 2は、Wear OS 4を搭載し、3.6万円でセール中。スペックは1.43インチAMOLEDディスプレイやSnapdragon W5 Gen 1 Wearable Platformを搭載。バッテリー駆動時間は最大100時間で、ジャイロや心拍数などのセンサーも搭載。デイリーガジェットYouTubeチャンネルでは、様々な製品のレビューや動画を毎日公開している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzA1LzA3L3Bvc3QtNzE3MjMv0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「car hybrid buying」に関する最新情報です。

    ハイブリッドカーを購入を考えている方へのアドバイスや情報を提供するWebサイトの分析データがあります。記事の構成は、「ハイブリッドカーを購入を考えている方へのアドバイス」、「番組ノート」、「おすすめ情報」、「どのように聴くか」、「テキスト」、「おすすめ記事」などの項目が含まれています。

    https://www.wired.com/story/gadget-lab-podcast-642/

  10. buchikuma-info より:

    「14 zenbook asus」に関する最新情報です。

    2024年のAsus Zenbook 14 OLEDのレビューによると、この14インチの軽量ノートパソコンは1,000ドル未満の価格であり、学生向けの良い選択肢であるが、いくつかの特異点を無視できれば良い。バッテリー寿命が優れており、価格とパフォーマンスの組み合わせも素晴らしいが、ファンの騒音や古いポートの不足などの欠点もある。AMDの最新Ryzen CPUを搭載しており、性能はAcer Swift Goと似ているが、バッテリーテストでは15時間以上の再生時間を記録し、Acerを上回る結果となった。デザインや操作上の特異点もあるが、頑丈な構造、長時間のバッテリー駆動、優れたオーディオ体験など、学生向けに適した機種として評価されている。

    https://www.wired.com/review/asus-zenbook-14-oled-2024/

  11. buchikuma-info より:

    「coins ウォッチ coins ウォッチ」に関する最新情報です。

    3COINSが4月1日にスマートウォッチ「デバイスバンドplus」を3300円で発売。他のスマートバンドやスマートウォッチと比べて使いやすいかどうかが注目されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNGh0dHBzOi8vbmV3cy5iaWdsb2JlLm5lLmpwL3RvcGljcy9pdC8wNTAzLzE5MTA1Lmh0bWzSAQA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「華為 中国 スマホ」に関する最新情報です。

    中国のスマートフォン市場において、AppleのiPhoneの販売が19%減少し、華為技術(ファーウェイ)が急速に追い上げていることが報告されている。ファーウェイは国産半導体を活用して復活し、米国の制裁下でも勢いを取り戻している。過去には世界1位の出荷台数を誇ったファーウェイが、制裁や部品供給制約によりシェアが低下したが、最新のスマホ「Mate 60 Pro」の成功により再び台数を伸ばしている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vamJwcmVzcy5pc21lZGlhLmpwL2FydGljbGVzLy0vODA4MjHSAQA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「導入 legalon legalon technologies」に関する最新情報です。

    LegalOn Technologiesは、2024年4月にグローバルでの導入企業数が5,000社を突破し、過去2年間で250%増加したことを発表しました。同社はAI法務プラットフォームやAI契約レビューサービスなどを提供し、弁護士の法務知見とテクノロジーを組み合わせてお客様の法務や契約業務の課題解決に取り組んでいます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000449.000036601.html

  14. buchikuma-info より:

    「coins coins パステルカラー かわいい」に関する最新情報です。

    3COINSから販売されている新作デバイスアイテムがSNSで話題になっています。パステルカラーのスマートウォッチやモバイルバッテリーなどが可愛く、日常を楽しく彩るアイテムとして注目されています。使いやすさや機能性がアップデートされたアイテムが豊富に揃っており、春の明るい日差しに映えるカラーでデスク周りを彩るアクセントとしても人気です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDQzMC0yOTM0NjM4L9IBAA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「ランキング 24 galaxy」に関する最新情報です。

    4月15日から4月21日までの期間、ドコモオンラインショップの売れ筋ランキングに基づいて、「iPhone 14(128GB)」が1位に返り咲き、「iPhone 15(128GB)」が2位に復帰した。一方、「Galaxy S24 Ultra」は容量別にカウントされており、発売直後の勢いを維持するのは難しかった。iPhoneは128GBモデルを中心に好調を維持し、MNP転入割引の縮小も販売に大きな影響を与えなかった。256GBモデルも7位に再浮上し、iPhoneの安定感が際立っている。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2404/27/news048.html

  16. buchikuma-info より:

    「ev シャオミ su」に関する最新情報です。

    中国の家電大手である小米(シャオミ)が初のEV「SU7」を発表し、受注7万台を突破。価格を抑えながら高性能なモデルで、テスラなどの主要EVメーカーにとって脅威となっている。SU7はテスラの半額以下の価格でありながら、高い性能や先進的な機能を備えており、業界に大きな衝撃を与えている。シャオミはスマホや家電事業で培った技術力と資金を投入し、本気でEV業界のトップを目指している。SU7の登場により、テスラなど既存メーカーにとって価格競争が厳しくなり、ブランド力が試されることになる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzYvMjExXzZfcl8yMDI0MDQyNl8xNzE0MDc3NzAyNTMyOTE50gEA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「ニュース ニュース 記事 前半」に関する最新情報です。

    4月前半に注目されたニュース記事は、家電Watchの記事から「Refaのシャワーヘッド」と「工事不要で設置できるハイセンスのスポットクーラー」がピックアップされました。これらは家電や生活雑貨のトレンドを知りたい人や話題の製品に興味がある人におすすめの内容です。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/topic/topic/1586850.html

  18. buchikuma-info より:

    「開催 apple セッション」に関する最新情報です。

    Appleは5月より、世界の一部店舗で中小企業の経営者向けセッション「Made for Business」を開催することを発表した。このセッションでは、中小企業の経営者がApple製品やサービスを活用したビジネス戦略を学ぶ機会が提供される。米国では5カ所でセッションが開催され、今後他の国や地域でも展開される可能性があると述べられている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc5MjEwL9IBAA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「駆動 中国 酸素」に関する最新情報です。

    中国の研究者らは、体内の酸素を利用して作動する埋め込み型電池を開発しました。この電池はラットの皮下に埋め込まれ、2週間後には安定した電圧を発生しました。電極はナトリウムベースの合金とナノ多孔質金で構成されており、生体適合性があります。この研究成果は医療機器の駆動にはまだ不十分ですが、体内の酸素をエネルギー源として利用できる可能性が示されました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vZW5naW5lZXIuZmFiY3Jvc3MuanAvYXJjaGVpdmUvMjQwNDI0X2ltcGxhbnRhYmxlLWJhdHRlcmllcy5odG1s0gEA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「meta os asus」に関する最新情報です。

    Metaは、Meta Questヘッドセット向けのOS「Meta Horizon OS」をQuest以外のデバイスにも提供することを発表しました。ASUS、レノボ、Microsoftがパートナーとして参加し、ASUSは新しい性能のVRゲーミングヘッドセットを、レノボはMeta Horizon OSに対応した複合現実(MR)デバイスを開発する計画です。MetaはこのOSをサードパーティーのハードウェアメーカーにも提供し、Meta Horizonアプリで管理できるようになるとしています。

    https://japan.cnet.com/article/35218106/

  21. buchikuma-info より:

    「redmi セール セール 対象」に関する最新情報です。

    Amazonが4月22日23時59分まで実施している「スマイルSALE」では、Xiaomiのスマートフォン、タブレット、ワイヤレスイヤフォン、スマートウォッチなどがセール対象となっており、価格は全て税込みで表示されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzI0MDQvMTkvbmV3czE4My5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzI0MDQvMTkvbmV3czE4My5odG1s?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「asus エッジ プロセッサ」に関する最新情報です。

    ASUSが、第12/13世代Coreプロセッサを搭載可能な産業向けエッジPC「PE8000G」を発表。耐久性を持ち、-20度〜60度の環境下で稼働可能で、最大TDP 450Wのグラフィックスカード2基とアドオンカード2基の装着に対応。2024年4月24日〜26日に開催される「Japan IT Week Spring 2024」で国内初展示予定。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2404/18/news126.html

  23. buchikuma-info より:

    「シャオミ シャオミ 系列 系列」に関する最新情報です。

    シャオミ系列のBlack Sharkからスマートリング「Blackshark GT3」が登場。Galaxy Ringに対抗し、最大180日のバッテリー寿命や2.2mmの薄さが特徴。心拍数や血中酸素、体温のトラッキングも可能。価格や発売日は未発表だが、着け心地が良さそう。デイリーガジェットYouTubeチャンネルでは、様々な商品のレビュー動画を毎日公開中。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzA0LzE1L3Bvc3QtNzA2OTgv0gEA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「light scanwatch scanwatch light」に関する最新情報です。

    WithingsとSB C&Sが販売するスマートウォッチ「ScanWatch Light」は、健康管理に必要なデータを24時間測定することができるハイブリッド型の製品で、50mの防水性能やグレースケールのOLEDディスプレイを搭載している。文字盤のサイズは37mmで、重量は27.1g(ベルトを含まず)。4月10日から販売が開始され、希望小売価格は税込3万9990円となっている。

    https://japan.cnet.com/article/35217644/

  25. buchikuma-info より:

    「light scanwatch scanwatch light」に関する最新情報です。

    SB C&Sは、Withingsのスマートウォッチ「ScanWatch Light」と体組成計「Body Segment」を発売した。ScanWatch Lightは24時間心拍数や呼吸数を測定し、40以上のアクティビティを認識してフィットネスレベルを評価する。一方、Body Segmentは脂肪量や筋肉量、血管年齢などを測定し、体のバランスを把握することができる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzI0MDQvMTAvbmV3czE2MS5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzI0MDQvMTAvbmV3czE2MS5odG1s?oc=5

タイトルとURLをコピーしました