PR

HomePodのSiriを活躍させるための方法【誰でも簡単に家電操作】

HomePodでSiriにあれこれさせたいときに知っておくべき情報をまとめておきました。

HomePodのSiriを動かす

まず、HomePodを動かすには、「HomeKit」に対応したデバイス(家電)を「ホームApp」を使って操作する、というのが基本です。

ぶちくま
ぶちくま

これが一番簡単なのですが、難点なのは、HomeKitに対応している家電は少ない上に、高いことです。

これを踏まえた上で、だいたい以下の流れでHomePodを使って家電操作をしていくことになります。

HomePodのSiriに家電を操作させる3つの方法

  • HomeKit対応デバイスをホームAppで動かす
  • iPhoneのアプリで動くもので「ショートカット」に対応していればキーワードを登録して動かす
  • 対応しているものがない、インターネット接続できる家電はIFTTTに対応している(ことが多い)ので、IFTTTで設定して動かす

という感じになります。

よめくま
よめくま

はい、ひとつもわかりませんでした!

ぶちくま
ぶちくま

大丈夫です、設定は私がやります。みなさんは、残念ながら自分でやってください。記事だけは書いておきます。

ホームAppを利用する

HomeKitに対応している製品であれば、特に悩むことなくすべてHomePodで操ることができます。もっとも理想的な利用方法でAppleもこの方法で対応できる方向性で協力企業と開発を進めています。

ぶちくま
ぶちくま

他の音声コントロールデバイスに大きな遅れを取っていますが、一度世の中にリリースされれば、最も信頼のできるスマートホームの象徴となるはずです。

詳しくは、HomeKitの対応製品についての情報をご覧ください。

Siri(HomeKit)とAlexaの比較【対応状況と汎用性】
SiriとAlexa、嫁にするならどっち?家に置いておくスマートスピーカーの選択肢にHomePodも追加されたいま、ベストアンサーを探ります。

HomeKit対応製品のホームApp追加方法

ホームApp自体は、iOS10から搭載された機能ですがおそらく日本で使いこなしている人はほんの一握りの「業界人」か「メーカー」で一般の人には馴染みのない「いつの間にかダウンロードされてたやつ」くらいの認識かと思います。

製品ごとに操作方法に若干の違いはあると思いますが、大まかな流れだけ説明しておきます。

  1. 設定にしようするiOSデバイス(iPhoneやiPad)を最新のOSにアップデートしておく
  2. ホームハブ(この場合はHomePodでも大丈夫)を設定しておく
  3. 製品に対応したオフィシャルアプリをダウンロードする(ない場合もあるかもしれません)
  4. BluetoothやWiFiの接続状況を確認する
  5. 対応製品の電源を入れる
  6. 対応製品側に初期設定に必要な操作(WiFiやBluetoothと同期したりするボタン)があれば実行します
  7. ホームAppの右上の「+」アイコンをタップし、「アクセサリを追加する」を選択
  8. iPhoneを製品に近づけるか、コードの入力を行う
  9. アクセサリ情報が表示されるので選択
  10. 登録完了

ほとんどの家電操作くらいはホームApp上でまとめて実行できるようになります。中にはセキュリティの問題などから、オフィシャルアプリからしかできない操作もあるようです。

ショートカットを利用する

ショートカットはiOS12からリリースされた機能で、ワンタップで決められた指示を実行してくれるものです。これがSiriと対応しておりショートカットで設定した「指定フレーズ」をSiriが読み取ることで、ショートカットを実行してくれます。

ぶちくま
ぶちくま

アプリがショートカットに対応するだけで利用できるので、今後「とりあえずSiriで動かせるようにする技」として利用が拡大していくかもしれません。個人的にはホームAppでの対応がベストなので、製品自体を対応させて欲しいところですが。

設定自体は慣れれば簡単です。

ショートカット

ショートカット

Apple無料posted withアプリーチ

ショートカットを利用するとリモコンみたいに操作できる

iOS12ショートカットアプリを使う

イメージとしてはこんな感じで、ショートカットの項目が並んでいきます。Siriにも連動するように設定してあるので、Siriに口頭で伝えてもいいです。

ショートカットの設定方法

  1. ショートカットアプリをダウンロードする
  2. ショートカットアプリを起動する
  3. ショートカットを追加
  4. ショートカットに追加したい項目を選択
  5. 右上のトグルアイコンをタップ
  6. Siriが認識する音声を読み取らせる
  7. 登録

アプリで行う動作を設定する場合は、動作履歴があるのでそこから選択すると楽ちんです。

ショートカット項目を選ぶ

ショートカット項目はSiriから提案してもらう

Siriが履歴からコマンド候補を提案してくれる

ショートカット項目は履歴で簡単選択

ショートカットとSiriを連動させる

Siriを経由して実行できるようにショートカットを設定する

ショートカットをSiriに実行させるコツ

ちなみに、ショートカットは今のところ、Siriに「ひとつのフレーズ」しか割り当てられません。

Siriは融通は効かない

文章の揺らぎも読み取ってくれないので、「テレビの電源」と登録したら、「テレビの電源」でしか実行してくれません。「Siri、テレビの電源を消して」だとショートカットと認識しません。

HomeKitのキーワードと干渉する

少し面倒なのが、HomeKitにもSiriが反応するキーワードがあって、「〇〇の電気を消して」というと、ショートカットで登録してあるフレーズでも、HomeKit側の動作を作動させようとして「できません」と言われることがあります。

シンプルにしておく

忍者の暗号みたいに、シンプルなキーワードにして「Siri、ショートカットの〇〇を実行」と声を掛けると、ショートカットから該当のものを検索して実行できます。

ウィジェットを利用するとさらに便利

iPhoneのウィジェット機能と合わせて使う
ウィジェットならホーム画面から左にスワイプ

無理にSiriを使用せずに、シンプルにリモコンとしてiPhone上から操作した方が、本当は簡単です。その際にはウィジェット登録しておくとホーム画面からスワイプするだけで、ボタンのようにしようできるようになります。HomePod利用前提なので詳細な設定は書きませんが。

ギャラリーで設定も簡単に

ギャラリーにはショートカットが用意されています。今の所は、仮想ホームAppの動きをSiriにさせるようなショートカットは少ないですが、そのうちメーカーの方がユーザーが利用しやすいようにギャラリーにショートカット項目を追加してくれるんじゃないかと期待しています。

ぶちくま
ぶちくま

iPhoneの機能を利用するだけだから、Alexaのスキルよりも簡単だしね

IFTTTを利用する

はい、もうわけわからんやつ出てきました。こういうややこしい奴を取り上げるから「やっぱりやめようかな」ってなるんですよね。それでも解説しますけど。

IFTTTとは

IF,This,Then,Thatの頭文字をとったもので、Thisはトリガーとなる「きっかけ」を表すもの、Thatはトリガーを起点に実行する「行動」、Thenは「タイミング」を指定するもの、で成り立つ「レシピ」を作成したり共有したりするサービスです。

ぶちくま
ぶちくま

これだけでは訳がわからないのですが、できることを書いてみます。

IFTTTでできること

基本的には、作成したレシピを自動で実行してくれるようにするツールだと考えてください。

  • Twitterのリンクを、Pocketに送る
  • 写真を撮ったら、DropBoxに保存する
  • Facebookの投稿を、Twitterでも投稿する
  • Facebookのプロフィール変更を、Twitterでも変更する
  • Instagramのいいねした画像を、Dropboxに保存する

と、こんな感じですけど、Instagramとかやったことないんですけどね、書いてみただけでリア充感が出てきました。

それで、自動化する必要あるの?

よめくま
よめくま

ほとんどの人は、そもそも自動化したいレシピの発想がないんですけど

ぶちくま
ぶちくま

はい、私もそう思います。

なので、便利な「他の人が作ったレシピ」をそのまま流用できるのがIFTTTのいいところ。Siriのショートカットも似たような感じで登録できましたが、IFTTTは連携できるサービスがとにかく幅広いので、Web、ネット関連で操作できるならほぼできる、と思って間違い無いです。

HomePodへの活用の仕方

ほんで、このIFTTTとHomePodがどう繋がるかというと、このIFTTTのコマンドを、先に説明した「ショートカットアプリ」で実行することができます。

つまりこんな感じ。

  • IFTTTでやりたいレシピを作成
  • ショートカットでIFTTTのレシピを起動
  • ショートカットを実行するためにSiriに登録しておく

こんな感じですね。もう少し賢いやり方がありそうですが、現状、HomePodに何かさせるならこれくらいの下準備が必要になってきます。

HomePodでIFTTTする方法

ここまで読んでくれた方は、多分チャレンジしてくれるんじゃないかと思うので、ちゃんと説明しようと思います。

ぶちくま
ぶちくま

よくわからねぇなと思ったけどここまで読んじゃったら、とりあえずわかりそうな人の耳元で「IFTTT」とつぶやいてみてください。反応するようなら、きっとその人にお願いすればいいと思います。

ショートカットの作り方はさっきのものを参考にしてください。

  1. スマートコンセントをIFTTTで管理する方法
  2. IFTTTというアプリをダウンロードする
  3. IFTTTのアカウントを登録する
  4. アプリの下方にある「GetMore」からレシピを作る
  5. 「IfThisThenThat」の書いてあるタブを選択する
  6. 「This」をタップ
  7. EventNameを「実行したい名前」にしてCreate triggerを選択
  8. 「That」を選択
  9. 「実行したいこと」を行うデバイス(今回はスマートコンセントの電源を入れる=Kasaアプリ)を検索
  10. Deviceなど「実行したいこと」に該当するActionを決める
  11. CreateActionをタップ
  12. 内容を確認し「Finish」

こんな感じです。

今回はスマートコンセントで人気の高いHS105を使ってみました。AlexaやGoogleHomeに対応しているスマート家電であれば、IFTTTには対応している可能性が高いので、Thatに対応しそうなデバイスがあれば是非使ってみてください。

【HS105レビュー】スマートプラグで家中快適にはならない
TP-Linkのスマート(WiFi)プラグであるHS-105を購入して実際に使っているのでそろそろレビューしたいと思います。まず、スマートプラグに過信しすぎていたこともあり「思った以上に使えねぇな、こいつ」といったところですが、あったらあったで便利なので、オススメは指定おきます。

作成したものをショートカットと連動させる

ショートカットの雛形はChasuke様のサイトにあります。というよりも弊サイトの200倍は参考になります。

IFTTTをショートカットに追加するテンプレート

  • リンク先のショートカット作成画面で「ショートカットを作成する」を選択する
  • ショートカットのホーム画面に「IFTTT呼び出し」という新しいショートカット項目ができている
  • 「IFTTT呼び出し」を編集していく
  • トグルボタンを選択する
  • 「IFTTTキー」と「EventName」を入力する
    IFTTTキーは「Webhooks」のUserURLの/use/以下、EventNameは「Thisで設定した実行したい名前」になります。
Webhooksの設定(歯車)にあるよ

画像付きのIFTTT設定方法

すこぶるわかりづらかったと思うので、画像付きでじっくり解説します。

IFTTTアプリのダウンロード

IFTTT

IFTTT

IFTTT無料posted withアプリーチ

レシピを作成する

まずは、ホーム画面下の「GetMore」をタップしてください。すると選択する項目がズラーと並んで出てくるので、「Make Moreなんちゃら」と書いてあるものを探します。

IFTTTの設定タブを探す

Thisを設定していく

IFTTT設定画面の最初の項目THIS

まずは、トリガー(きっかけ)となることであるTHISを設定していきます。言い換えると、Webhooksの設定です。

トリガー設定、IFTTT

まずは、Webhooksに「合図」を出してもらう設定になります。

トリガーの名前を決める

IFTTTのトリガー設定でイベント名を設定する

これは、「こういうことがしたい」、例えば「テレビの電源」などにしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

エラーが少なそうなので、tvbuttonなどの英語の方が無難です、日本語でも実行できますけども。

That(何をするか)を決める

次は、Thatを決めます。Thatは、例えば「テレビの電源をつける」なら、テレビの機能を探したり、リモコン操作を実行する必要があるので、そのあたりの「命令」を探します。

ぶちくま
ぶちくま

我が家だと、NatureRemoでリモコン操作を指示したり、HS105でコンセントの電源を操作したりするのに使っています。今回は、HS105の設定をしています。

HS105の場合、Kasaというアプリが操作します

Thatの部分は、このKasaというアプリと連動した項目を利用していきます。

Kasaアプリの動作項目を設定

設定したデバイスの名前を選んだり、やること(電源を切る)などを決めていきます。

Finishを決める

ぶちくま
ぶちくま

お疲れ様でした!

Homebridgeという裏技も

これは個人的には面倒な上にできることが制限されているのでオススメはしません。ざっくりと説明だけはしますが。

  • Raspberry Piを準備
  • Raspberry PiにHomebridgeをセット
  • Homebridgeに指定したい動作を行うプラグインをインストール
  • ホームAppにHomebridgeを追加

こんな感じです。これが一発でわかるひとなら、ぜひご利用ください。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「なす レシピ 食べ」に関する最新情報です。

    なすを使った人気のレシピ3選を紹介する記事で、なすと豚バラを巻いて焼く「なすと豚バラのトルネード焼き」や、なすと豚こま切れ肉、ピーマンを使った「なすとピーマンと豚こまの甘酢炒め」、そして「なすステーキ」のレシピが紹介されています。これらのレシピは簡単に作れる上に美味しく、家族みんなが喜ぶこと間違いなしです。なすの旨味を存分に楽しめる一品ばかりです。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_668ba71ae4b07ef2c8177bae

  2. buchikuma-info より:

    「おやつ レシピ 朝ごはん」に関する最新情報です。

    ホットケーキミックスを使った簡単な朝ごはんやおやつのレシピが紹介されています。材料2つで作れるバナナスコーンや豆腐のもちもちパン、とうもろこしとマヨネーズを混ぜて焼くだけのおやつレシピが紹介されており、朝ごはんやおやつにぴったりです。混ぜて焼くだけなので、誰でも簡単に作れるのが特徴です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6684a2c1e4b0e3bf9771a7c7

  3. buchikuma-info より:

    「とうもろこし レシピ 取れる」に関する最新情報です。

    この記事は、とうもろこしを使った簡単な料理や裏技について紹介しています。包丁を使わずにとうもろこしの粒を取る方法や、炊飯器を使ったとうもろこしと鶏肉の炊き込みご飯のレシピが紹介されています。さらに、とうもろこしとマヨネーズを使った簡単なおやつレシピも紹介されています。記事では、手軽にとうもろこしを活用した料理やおやつのアイデアが紹介されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6684993de4b05d5a5eb3c436

  4. buchikuma-info より:

    「なす レシピ おかず」に関する最新情報です。

    この記事は、なすを使った簡単で美味しいレシピを紹介しています。なすを使ったさっぱりした料理やジューシーな南蛮漬けなど、暑い夏にぴったりのレシピが紹介されています。火を使わずにレンジで簡単に作れるので、誰でも気軽に試すことができます。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_668b7b32e4b058d228c6f2ce

  5. buchikuma-info より:

    「ズッキーニ レシピ おかず」に関する最新情報です。

    この記事では、ズッキーニを使った簡単でおいしいおかずレシピが紹介されています。1つ目は塩昆布を使ったやみつき浅漬けのレシピで、塩昆布とお酢、鷹の爪、にんにくで味付けし、味気ないズッキーニも満足な仕上がりになると紹介されています。2つ目はバターとベーコンで味付けしたジューシーなズッキーニのおかずレシピで、シンプルな味付けがズッキーニのおいしさを引き立てると述べられています。3つ目はめんつゆと和風だしで作るズッキーニと厚揚げのおかずレシピで、出汁がたっぷりと染み込んでいて食べると「じゅわ〜」とした食感が楽しめると紹介されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66727c52e4b0a1f905bab31a

  6. buchikuma-info より:

    「じゃがいも レシピ じゃがいも ジャーマン」に関する最新情報です。

    2024年上半期に注目を集めたじゃがいものジャーマン炒めレシピが紹介されています。新じゃがいもを使ったこのレシピは、ホクホク感を楽しめる簡単な作り方で、ビールのおつまみにもぴったりです。材料や作り方が詳細に説明されており、新じゃがいもを使った料理を楽しむためのヒントが満載です。記事は5月17日に初出され、ハフポスト日本版で反響を呼びました。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6690b675e4b0877e5b94c184

  7. buchikuma-info より:

    「きゅうり レシピ 和える」に関する最新情報です。

    夏野菜の簡単レシピ3選を紹介する記事では、きゅうりやミニトマトを使った料理が紹介されています。きゅうりやみょうがを使った薬膳ナムルや、きゅうりとミニトマトのツナ和え、きゅうりのみそチーズ和えなど、切って和えるだけで簡単に作れるレシピが紹介されています。これらのレシピは作り置き料理としても活躍し、忙しい時でも手軽に野菜を摂取できる一品です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6688194ee4b0c732b4622824

  8. buchikuma-info より:

    「豆腐 レシピ いっぱい」に関する最新情報です。

    豆腐とカニカマを使ったふわふわシュウマイや、豆腐を使ったパンケーキなど、豆腐を活用したレシピが紹介されています。豆腐だけでお腹いっぱいになれるボリューム満点のおかずサラダのレシピも紹介されており、火を使わずに簡単に作れる時短レシピとして紹介されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66738bc1e4b043a634bcfdfe

  9. buchikuma-info より:

    「玉ねぎ レシピ 食べ」に関する最新情報です。

    玉ねぎを使った簡単で美味しいレシピが紹介されている記事。玉ねぎを使った「玉ねぎもち」や「玉ねぎとカニカマと塩昆布のチーズ焼き」など、ユニークな組み合わせの料理が紹介されている。玉ねぎとチーズだけで驚くほど美味しい「簡単玉ねぎレシピ」も紹介されており、箸が止まらないほどの美味しさだと評判。玉ねぎ好きにはたまらないレシピ記事となっている。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6684fd5ae4b0e3bf9771c86f

  10. buchikuma-info より:

    「じゃがいも レシピ 人気」に関する最新情報です。

    この記事では、じゃがいもを使った人気レシピ3つが紹介されています。1つ目は「フライドポテトオムレツ」で、卵黄を中央に落とすのがポイントで、ホクホクでカリカリな味わいが楽しめます。2つ目は「いももち」を塩味にアレンジしたレシピで、にんにくとチーズの風味が楽しめる一品です。3つ目は、新じゃがを使った甘辛バターしょうゆ味の人気おかずで、ホクホクと香ばしい皮が特徴です。どれも家族に大人気のレシピばかりです。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_668758bbe4b0132cb446be40

  11. buchikuma-info より:

    「とうもろこし レシピ 人気」に関する最新情報です。

    この記事では、とうもろこしを水に漬けるだけで激ウマになるレシピが紹介されています。その他にも、香ばしさがたまらないとうもろこしのおにぎりや、トマトを焼いて食べる方法なども紹介されています。記事では、簡単で美味しいとうもろこしの料理方法が紹介されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66861e3be4b0132cb4463424

  12. buchikuma-info より:

    「じゃがいも レシピ 巻く」に関する最新情報です。

    じゃがいも、豚バラ肉、チーズを使った簡単なポテトチーズロールのレシピが紹介されています。じゃがいもを薄切りにしてチーズと豚バラ肉を重ね、ロール状に巻いて焼くだけのおかずです。おもてなしにもぴったりで、作り方も簡単なのでぜひ試してみてください。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_668ba28ee4b001b3e5b5d0cd

  13. buchikuma-info より:

    「豆腐 レシピ 人気」に関する最新情報です。

    豆腐を使った人気のレシピ3選が紹介されています。その中には、ポン酢で食べるよだれ豆腐やカニカマと豆腐を組み合わせたおつまみなどがあります。豆腐を使った料理はコスパが良く、何度も食べたくなる美味しさが特徴です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6686068ae4b0132cb4462a9f

  14. buchikuma-info より:

    「きゅうり レシピ 作っ」に関する最新情報です。

    夏のレシピに欠かせない「きゅうり」を使った簡単な副菜レシピが紹介されています。抜群のおいしさで、きゅうり料理に迷った時にぴったりな一品です。きゅうりのねぎだれ漬けの作り方も詳しく紹介されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_668ba048e4b001b3e5b5d044

  15. buchikuma-info より:

    「レシピ 油揚げ 焼く」に関する最新情報です。

    100円以下で作れる節約レシピを紹介。油揚げに卵を入れて焼くだけで、カリッと香ばしくて満足度の高い一品。さらに、油揚げを裏返して具材を詰めて焼く「がんもどきレシピ」も紹介。手軽に作れるおかずで家計にも優しい。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66792ed1e4b07e40fd2c7e8d

  16. buchikuma-info より:

    「オクラ レシピ 人気」に関する最新情報です。

    人気No.1簡単料理・幸せレシピの記事では、アメリカ南部名物の「フライドオクラ」のレシピが紹介されています。オクラとおうちにある食材で作るこの料理は、カラッと揚げてコロコロとした食感で箸が止まらない美味しさだと評判です。また、そうめんにかけるオクラやオクラと豆腐のねばねばサラダのレシピも紹介されており、家族にも大絶賛されること間違いなしです。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_667900a0e4b0bd985dc4f202

  17. buchikuma-info より:

    「レシピ 料理 ペペロンチーノ」に関する最新情報です。

    2024年6月29日に発売された料理本『俺のペペロンチーノ鉄人シェフ18人が作る基本&アレンジレシピ』がAmazonの料理本ランキングで3部門で1位を獲得し話題となっている。この本は18人のシェフによるペペロンチーノレシピを紹介しており、それぞれのシェフのアプローチや哲学が反映されている。日本独自に発展したペペロンチーノについて、作り手による解釈の違いや料理の奥深さが探究されている。一流シェフたちによる至高のペペロンチーノの基本が学べる内容となっている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000169.000053200.html

  18. buchikuma-info より:

    「にんじん レシピ おかず」に関する最新情報です。

    家族で人気のあるにんじんの簡単おかずレシピが紹介されています。1つ目は、にんじんを丸ごと1本焼いて蛇腹切りにすると、しみしみのステーキになり、子どもたちも喜んで食べることができます。2つ目は、にんじんを切らずにピーラーでむいて、みそマヨで味付けしたサラダのレシピです。3つ目は、にんじんと明太子をいためて作るお弁当にもおすすめのおかずレシピです。どれも材料が少なく簡単に作れるので、家族で楽しんで作ってみてはいかがでしょうか。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_667172bbe4b08889dbe628d8

  19. buchikuma-info より:

    「レシピ 角煮 アレンジ」に関する最新情報です。

    2024年の最強のBBQ・キャンプ飯を紹介する記事では、オレンジジュースとしょうゆで煮込むだけで簡単に柔らかい角煮が作れるレシピが紹介されています。他にもポッキーとマシュマロを使った進化系スモアや、キャベツの焼き方、玉ねぎのシャキシャキ食感が楽しめる焼肉ホットサンドなど、アレンジ効かせた激ウマなレシピが5つ紹介されています。BBQやキャンプの際にぜひ試してみてください。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66729d57e4b0d2020ab0aa0e

  20. buchikuma-info より:

    「ちくわ レシピ 磯辺」に関する最新情報です。

    この記事は、ちくわを使った磯辺揚げのレシピについて紹介しています。明太子や明太マヨ、青のりなどを組み合わせたちくわの磯辺揚げや、ちくわの穴にオクラを入れたりにんじんを加えたりするアレンジレシピが紹介されています。これらのレシピは箸が止まらなくなるほど美味しいと評判で、お弁当にもおすすめとされています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_666fc780e4b08889dbe55163

  21. buchikuma-info より:

    「なす レシピ おかず」に関する最新情報です。

    夏野菜の一つであるなすを使った簡単なおかずレシピについて紹介されています。なすに鶏ひきを挟んで焼いたり、クリームチーズと生ハムを巻いて焼いたりする方法が紹介されており、おいしい食べ方のアイデアが提案されています。焼き料理のレシピを試してみたい方におすすめです。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66714838e4b0502eac644a84

  22. buchikuma-info より:

    「レシピ お弁当 人気」に関する最新情報です。

    この記事は、卵を使った人気のレシピ3つを紹介しています。その中には、オクラを使った具沢山のオムレツや、お弁当にぴったりな時短味付き煮卵のレシピなどがあります。さらに、レンジで簡単に作れるキッシュ風オムレツのレシピも紹介されています。記事内では、忙しい時やお弁当作りに役立つ簡単で失敗のない料理のアイデアが紹介されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66751c86e4b0ebad48f5004d

  23. buchikuma-info より:

    「なす レシピ おかず」に関する最新情報です。

    「なすと新玉ねぎの南蛮漬け」のレシピが紹介されており、なすと新玉ねぎの組み合わせが絶品で、特製のたれを漬けることでおいしさが引き立つ料理です。焼いたなすと生の新玉ねぎを組み合わせることで、食べ応えもあり、家族に大好評のおかずとしておすすめされています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66752a1ae4b08c2038e0e90f

  24. buchikuma-info より:

    「きゅうり レシピ 絶品」に関する最新情報です。

    この記事は、夏におすすめのきゅうりを使った絶品レシピを紹介しています。きゅうりやみょうがを使った薬膳ナムルやポン酢しょうゆで作るさっぱりおつまみなど、簡単で美味しいレシピが紹介されています。忙しい日にもピッタリなので、夏にぴったりの料理です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6678dc9ce4b03378e8dcac06

  25. buchikuma-info より:

    「枝豆 レシピ とうもろこし」に関する最新情報です。

    とうもろこしと枝豆を使ったサクサク焼きのレシピが紹介されています。トウモロコシと枝豆を下味と小麦粉、コーンスターチで混ぜて煎り焼きし、香ばしさを引き出します。最後に花椒塩を添えて完成です。健康的な食生活を考える中で、マヨネーズなどの食べ物に頼りがちな方におすすめのレシピです。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_667e06f6e4b0415858d65dd2

  26. buchikuma-info より:

    「サバ レシピ 絶品」に関する最新情報です。

    夏にぴったりのサバ缶を使った簡単な冷や汁レシピや、焼いて漬けるだけのサバの水煮缶レシピ、そして絶品サラダレシピなど、サバ缶を使った3つのおすすめレシピが紹介されています。サバ缶を使うことで手軽に美味しい料理が作れるので、忙しい日や食欲がない時にも便利です。焼いて漬けるだけの南蛮漬けや、ごまマヨ味のサラダなど、箸が止まらない絶品のサバ缶レシピを試してみてはいかがでしょうか。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66728cdbe4b0502eac650c5b

  27. buchikuma-info より:

    「オクラ そうめん レシピ」に関する最新情報です。

    オクラとそうめんを組み合わせたさっぱりとした冷たい麺のレシピが紹介されています。オクラをしっかり叩いて粘りを出し、冷やしてから使うポイントがあります。材料としてオクラ、そうめん、みょうが、鶏むね肉、すだちなどが使用され、作り方も詳細に説明されています。暑い日ややる気が出ない時にも手軽に作れる一品です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_667cf944e4b05521a7f0bb8e

  28. buchikuma-info より:

    「きゅうり レシピ 絶品」に関する最新情報です。

    夏にぴったりのきゅうりを使った激ウマレシピ3選を紹介する記事。1つ目は、きゅうりとしらす、塩昆布を組み合わせたナムルレシピで、冷蔵庫で冷やして食べるとさらに美味しい。2つ目は、白だしで漬けた爽やかな浅漬けレシピで、手軽に作れるため忙しい日にもおすすめ。3つ目は、ポン酢しょうゆで和えたきゅうりとちくわのさっぱりおつまみレシピで、コスパ抜群で後を引くおいしさが特徴。どれも簡単に作れるので、きゅうりを大量消費したい時におすすめ。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_666bf776e4b076909e1df792

  29. buchikuma-info より:

    「豚こま 食べ レシピ」に関する最新情報です。

    豚こまをさっぱり系やガッツリ系で美味しく食べる方法が紹介されている記事で、蒸し暑い日にぴったりなさっぱりおかずや豚こまの最強レシピ、ピーマンの肉詰めレシピが紹介されています。特に豚こまを塊にして焼くだけでステーキ風に楽しめる方法が人気です。記事内ではさまざまなアイデアや調理方法が紹介されており、豚こまの美味しい食べ方を楽しむことができます。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6670e894e4b0502eac642cff

  30. buchikuma-info より:

    「きゅうり レシピ 決まり」に関する最新情報です。

    暑い日にぴったりな夏の定番レシピとして、きゅうりとちくわを使った塩昆布和えの簡単な作り方が紹介されています。きゅうりとちくわを輪切りにし、ポン酢しょうゆなどの調味料と混ぜ合わせるだけで完成する時短メニューです。暑い夏にさっぱりとした一品を楽しみたい時におすすめのレシピです。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_667a515ee4b0e64fc8d83343

  31. buchikuma-info より:

    「えのき レシピ おいしい」に関する最新情報です。

    この記事は、冷蔵庫にあるえのきを使った簡単でおいしいレシピ3つを紹介しています。えのきとベーコン、チーズ、青のりを組み合わせた焼き料理や、レンジで作るほうれん草とえのきのおつまみ、鶏ひき肉とえのきたけを混ぜたつくねなどが紹介されています。これらのレシピは手軽に作れるので、お弁当や節約したい日にもおすすめです。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_667134a0e4b02dd2be8bcdd2

  32. buchikuma-info より:

    「豆腐 レシピ 節約」に関する最新情報です。

    豆腐を使った簡単で美味しいレシピを紹介する記事で、豆腐と卵を使ったレンジ蒸しや豆腐とえのきを混ぜて焼くレシピ、豆腐で塩唐揚げを作る方法などが紹介されています。これらのレシピは手軽で節約にもなるため、忙しい日のおかずやお弁当にぴったりです。豆腐の新しい食べ方を試してみてはいかがでしょうか。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_666bf047e4b076909e1defc9

  33. buchikuma-info より:

    「ささみ レシピ 100」に関する最新情報です。

    この記事は、ささみの生姜和えレシピを紹介しています。ささみをしょうがと一緒にゆで、きゅうりと共に盛り付けるという作り方で、さっぱりとした味わいが特徴です。材料や作り方も詳細に記載されており、ささみ180g、しょうが100gなどが使用されます。調理手順も丁寧に説明されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66761ca4e4b0d9bcf74e95f3

  34. buchikuma-info より:

    「厚揚げ レシピ 絶対」に関する最新情報です。

    給料日前に作るおいしい厚揚げレシピ3選の中で、厚揚げを使った人気のおかずレシピが紹介されています。厚揚げをつけだれに漬けてチーズを挟んで焼く簡単なレシピで、トースターで作れるため手軽です。チーズのコクが特においしい一品です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_666ba7b6e4b0dabf8cf70d95

タイトルとURLをコピーしました