PR

Apple Pencilどれにする?代替製品のおすすめと新着情報

「Apple Pencil」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「Apple Pencil」の情報を見ていきましょう。

2024年の「Apple Pencil」新着情報まとめ

Apple Pencilについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

Apple Pencilに関する新着ニュース

Apple Pencilに関する新着ニュースをまとめています。

非純正品パネルで修理したiPad ProのApple Pencil性能制御問題

  • サードパーティー製のディスプレイに交換すると、Apple Pencilで真っ直ぐな線が描けなくなる可能性が指摘されている。
  • 修理業者の指摘によると、Appleがこの状況を意図的に制御していることが疑われている。
  • Appleがサードパーティーの修理を歓迎していない姿勢が再度注目されている。
修理業者の指摘内容

修理会社iCorrectのCEO、リッキー・パネサルがForbesのインタビューで指摘を行い、特に2021年と2022年の特定のiPad Proモデルでこの問題が確認されている。

対象となるiPad Proモデル
年度サイズ世代
202112.9インチ第5世代
202111インチ第3世代
202212.9インチ第6世代
202211インチ第4世代
不具合の原因について

Appleの制御によるものとされ、特殊なメモリーチップが純正パネルにのみ搭載されている。このメモリーチップがある純正パネルでのみApple Pencilが正常に機能する仕様となっている。

Appleの歴史的背景

Appleは、ストアや正規修理店以外での修理を歓迎していないことが過去にも指摘されており、その一例としてMacのT2チップがサードパーティー修理をブロックする仕様になっていることもある。

iPadの手書きアプリ「GoodNotes 6」のAI新機能紹介

  • GoodNotesはiPadとApple Pencilの組み合わせでの利用者が増え、AppStoreで人気のノートアプリである。
  • 新しいバージョン「GoodNotes 6」がリリースされ、GoodNotes 5との大きな違いはAIを利用した新機能の追加。
  • AI機能には、手書き文字のスペルチェック、入力候補表示、そしてテキストをカジュアルな文体に書き換えるAIタイピング機能が含まれる。
追加情報
  • スペルチェック機能は手書き文字に対応しており、スペルミスがあればユーザーの筆跡を再現して自動で書き直す。ただし、日本語はまだ対応していない。
  • 入力候補表示機能は、次の単語を予測して提案するもので、年末に日本語に対応する予定。
  • ユーザーの手書き文字の学習はデバイス上で行われ、情報が外部に漏れることはない。
その他の機能やサービス
  • ノートのテンプレート配布マーケットプレイスや、主要な試験向けのデジタル教材を学習する機能も実装。
  • GoodNotes 6の価格: 3冊まで無料、以降は年間1,350円のサブスクリプションまたは4,080円の一括購入プラン。GoodNotes 5の既存ユーザーには割引あり。

Apple Pencilの新製品情報

Apple Pencilの新製品情報についてまとめています。

新製品:Adonit Neo Pro スタイラスペン

2023年9月9日時点でのAdonit社の「Adonit Neo Pro」について紹介します。

Adonit Neo Proの特徴
  • Apple Pencilとほぼ同じ機能を低価格で提供
  • iPadにくっつけるだけで充電が可能で、2時間の充電で9時間使用可能
  • オン・オフスイッチ搭載でパワー節約が可能
価格

約6,000円(税込)

Adonit Neo Proのおすすめポイント
  • Apple Pencilと比べて格段に安価でありながら、ほぼ同様の機能を持つ
  • iPadの多くのモデルと互換性があり、取り扱いが容易
Adonit Neo Proの気になるところ、注意点
  • 筆圧の調整機能と指先でダブルタップしてツールを切り替える機能がない
  • これらの機能を重視するユーザーには不向きかもしれない
Adonit Neo Proの購入時参考情報
  • 以下のiPadモデルと互換性があります:
    • iPad Airの4・5世代
    • iPad Pro 11インチの1・2・3世代
    • iPad Pro 12.9インチの3・4・5・6世代
  • ペンを持つ手の側面を画面に置いても反応しないパームリジェクション機能搭載
  • ペン先の交換が可能で、傾きの調整も可能

以上の情報を基に、Adonit Neo Proはコストパフォーマンスに優れたスタイラスペンと言えるでしょう。特に予算が限られている場合や、Apple Pencilの高価格がハードルと感じる場合には、このペンは非常に魅力的な選択肢となります。

商品名:「Apple Pencil(第2世代)向けノック式ペンケース」

「2023年8月11日」時点での「エレコム」の「Apple Pencil(第2世代)向けノック式ペンケース」について紹介します。

Apple Pencil(第2世代)向けノック式ペンケースの特徴
  • ペンケース上部のボタンを押すとペン先が飛び出してくる仕組み
  • 未使用時はペン先を保護できる
  • 握りやすいラバーグリップとクリップ付き
価格

「2380」円(税込)

Apple Pencil(第2世代)向けノック式ペンケースのおすすめポイント
  • ボールペンのように活用でき、ペンケースを取り付けた状態でダブルタップで消しゴム機能などのモード切り替えが可能
  • iPad本体の側面に取り付けて、装着したまま充電が可能
Apple Pencil(第2世代)向けノック式ペンケースの気になるところ、注意点
  • カラーはホワイト、ブラックの2色のみ
Apple Pencil(第2世代)向けノック式ペンケースの購入時参考情報
  • 販売日:2023年8月8日
  • 販売店舗:エレコムのダイレクトショップ

【注】上記情報は2023年8月11日時点のものです。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

商品名:ミヨシ(MCO)iPad専用タッチペン「STP-A02」

2023年8月11日時点でのミヨシ(MCO)のiPad専用タッチペン「STP-A02」について紹介します。

ミヨシ(MCO)iPad専用タッチペン「STP-A02」の特徴
  • 充電式で、ペアリングなしでiPadと使用できる
  • タッチペンの後方にUSB-C充電ポートを搭載
  • 充電時間は約90分、連続動作時間は約10時間
価格

5781円(税込)

ミヨシ(MCO)iPad専用タッチペン「STP-A02」のおすすめポイント
  • Apple Pencilの代わりとして、価格が手頃で性能も満足できる
  • Bluetoothペアリング不要で、2台以上のiPadを操作可能
  • 4段階の傾き検出機能があるが、筆圧感知はない
ミヨシ(MCO)iPad専用タッチペン「STP-A02」の気になるところ、注意点
  • Apple Pencilと同時に使用することができない
  • 対応するiPadのモデルを確認する必要がある
ミヨシ(MCO)iPad専用タッチペン「STP-A02」の購入時参考情報
  • 対応機種には、さまざまなiPadモデルが含まれる(詳細は添付情報を参照)
  • 本体には充電用USBケーブルと交換用のペン先が3個付属

新製品:「アップルペンシル交換用ペン先」

2023年8月11日時点での「ナカバヤシ株式会社」の「アップルペンシル交換用ペン先」について紹介します。

「アップルペンシル交換用ペン先」の特徴
  • Apple Pencil(第1/2世代)や、当社製の充電式タッチペン「TPEN-001」に取り付けて使用可能。
  • 3種類のペン先ラインアップから好みの描き心地を選択可能。
  • イラスト制作などでiPadを活用するクリエイターや、iPadをノート代わりに使用するユーザー向け。
価格
  • TPEN-PS01(ホワイト):2,486円(税込)
  • TPEN-PS02(透明):2,838円(税込)
  • TPEN-PS03(透明・金属製ペン先):2,838円(税込)
「アップルペンシル交換用ペン先」のおすすめポイント
  • Apple純正品に近い素材と書き心地を持つペン先から、透明タイプ、金属製のペン先まで選ぶことができる。
  • 消耗したペン先の交換用として、または好みの描き心地を追求して選べる。
「アップルペンシル交換用ペン先」の気になるところ、注意点
  • ペン本体は付属していない。
  • TPEN-PS03を使用する際は、必ずiPadに液晶保護フィルムを貼って使用すること。
「アップルペンシル交換用ペン先」の購入時参考情報
  • 発売日:2023年7月下旬
  • 発売地区:全国

直近のApple Pencilのセール情報

Apple Pencilの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

とりあえず知っておきたい「Apple Pencil」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「Apple Pencilとは」的な内容になります。

Apple Pencilとその互換ペンについて

Apple PencilはiPadユーザーの間で人気のあるアクセサリーで、高い性能を持つ一方で、価格が高いというデメリットもあります。この記事では、Apple Pencilとその互換ペンの特徴や違いについて詳しく解説します。

純正のApple Pencilの特徴

Apple Pencilは精密な描画が可能で、筆圧検知機能も搭載されています。しかし、価格が高いため、互換ペンに興味を持つ人も多いです。

  • 実勢価格:¥19,077
  • 筆圧検知機能搭載
  • iPadに吸着して充電可能

互換ペンの特徴

多くの互換ペンは純正のApple Pencilよりも価格が安く、Amazonなどのネット通販で手に入れることができます。しかし、性能や機能には違いがあります。

  • 実勢価格:約¥2,880
  • ペン先には純正品と同じ素材を使用
  • 充電はUSB-C端子から

Apple Pencilと互換ペンの違い

両者の間には、機能や性能に関していくつかの違いがあります。以下に主な違いを箇条書きで示します。

  • Apple Pencilはペアリング後、iPadから外せばすぐに使用可能。一方、互換ペンは根元をダブルタップして起動。
  • ダブルタップ機能はApple Pencilにのみ搭載。
  • Apple Pencilには、画面オフの状態でも画面をタップするとメモアプリが起動する機能がある。互換ペンにはこの機能がない。
  • 感圧機能はApple Pencilのみ。互換ペンでは力の強さに関係なく同じ線しか描けないが、傾き検知機能が搭載されている。

以上の情報をもとに、ユーザーは自分の使用目的や予算に応じて、Apple Pencilまたは互換ペンを選択することができます。

代替品、サードパーティー製の選び方

Apple Pencilの代替品やサードパーティ製のスタイラスペンの選び方は、用途や好みに合わせて様々です。ペン先の素材やタイプ、機能性などを基に選ぶことができます。

ペン先の素材で選ぶ

  • シリコンゴム:安価でボタンの操作や大きな文字の書き込みに向いている。
  • 導電性繊維:サラサラとした書き心地が特徴で、イラストにも適している。
  • 透明ディスク:ペン先が透明で繊細な描画に適しており、ボールペンのような感覚。
  • 樹脂製:本物のボールペンのような書き心地があり、高価。

ペン先のタイプで選ぶ

  • ペン先が丸いタイプ:初心者におすすめで、価格も手頃。
  • ペン先が細いタイプ:初心者にも使いやすく、スマートフォンでも扱いやすい。
  • ペン先が筆のタイプ:イラストを描くのに適しており、さらさらとした書き心地。

機能性で選ぶ

  • パームリジェクション:ペン以外の手の部分を認識しない機能。
  • ワイヤレス充電対応:Apple Pencilと同じようにiPadでの充電が可能。
  • その他の機能:2in1タイプ、ストラップタイプ、ノック式、機能切り替えボタン搭載モデルなど。

これらのポイントを参考に、自分の用途や好みに合ったスタイラスペンを選ぶことができます。

メーカー別、おすすめのiPad対応スタイラスペン

KINGONE:スタイラスペン iPad対応

スタイラスペン iPad対応について紹介します。

スタイラスペン iPad対応の特徴
  • Apple Pencilに匹敵する書き心地
  • 傾きの感知機能を搭載
  • パームリジェクションやオートオフの機能を備えている
価格・コスパ

2,868円(税込) スタイラスペン iPad対応のコスパの良さは「4分の1以下の価格でApple Pencilに近い書き心地」だと評価できます。

スタイラスペン iPad対応の使い方手順
  • 任意のメモアプリを開く
  • ペンを用いてメモや描画を行う
スタイラスペン iPad対応のメリット、デメリット
  • メリット:価格が手頃で、Apple Pencilに匹敵する書き心地や傾き感知などの機能がある
  • デメリット:側面をタップするとペンと消しゴムを切り替える機能がなく、USB Type-Cケーブルで充電する必要がある
スタイラスペン iPad対応と他社製品の比較ポイント
  • KINGONEのスタイラスペンは価格が手頃である点
  • Apple Pencil 第2世代の一部の便利な機能は搭載していない点

Ciscle:B-RB01

B-RB01について紹介します。

B-RB01の特徴
  • ワイヤレス充電とUSB-C充電の両方に対応
  • 交換用ペン先が3個付属
  • 滑らかな書き味
価格・コスパ

¥2,599〜¥3,599(税込) B-RB01のコスパの良さは「良好な書きやすさで、交換用ペン先も3個付いてお得」だと評価できます。

B-RB01の使い方手順
  • iPadとの接続を確立する
  • 必要に応じて充電し、使用する
B-RB01のメリット、デメリット
  • メリット:iPadの種類を問わず充電可能、USBでの充電が本家より優れている
  • デメリット:筆圧検知に非対応、お絵描きには不向き
B-RB01と他社製品の比較ポイント
  • CiscleのB-RB01はワイヤレスとUSB-Cの両方で充電が可能
  • 純正のApple Pencilとは異なり、筆圧検知機能がないためお絵描きには不向き

KYOKA:S3

S3について紹介します。

S3の特徴
  • 上部のボタンでオン・オフが可能
  • オン時はLEDが点灯
  • 交換用ペン先が3個付属
価格・コスパ

¥2,600〜¥2,799円(税込) S3のコスパの良さは「交換用ペン先が3個付いてお得」だと評価できます。

S3の使い方手順
  • 上部のボタンでオンにする
  • 使用が終わったら上部のボタンでオフにする
S3のメリット、デメリット
  • メリット:オン・オフがボタン操作でわかりやすい、LED点灯によりオン時が視覚的に確認できる
  • デメリット:筆圧検知に非対応
S3と他社製品の比較ポイント
  • KYOKAのS3は上部のボタン操作でオン・オフが可能
  • 交換用ペン先が3個付属している点で他社製品との差別化が図られている

Apple Pencilの知っておきたいよくあるQ&A

Q
Apple PencilはどのiPadモデルと互換性がありますか?
A

第1世代のApple PencilはiPad Air (第3世代)、iPad mini (第5世代)、iPad Pro 12.9インチ (第1および第2世代)、iPad Pro 10.5インチ、iPad Pro 9.7インチ、およびiPad (第6世代以降)と互換性があります。第2世代のApple PencilはiPad Pro 12.9インチ (第3世代以降)およびiPad Pro 11インチにのみ対応しています。

Q
Apple Pencilのバッテリー持続時間はどれくらいですか?
A

Apple Pencilはフル充電状態で約12時間の連続使用が可能です。また、充電速度も高く、15秒の充電で約30分の使用時間を得ることができます。

Q
Apple Pencilを充電する方法は?
A

第1世代のApple Pencilは、iPadのLightningポートに差し込んで充電することができます。第2世代のApple Pencilは、iPad Proの側面に磁気で取り付けることでワイヤレス充電が可能です。

Q
Apple Pencilの先端は交換できますか?
A

はい、Apple Pencilの先端は消耗品であり、摩耗や損傷した場合には交換が推奨されます。公式な交換用の先端はAppleストアやその他の販売店で購入することができます。

Q
Apple Pencilが反応しない、ペアリングができないときの対処法は?
A

Apple Pencilが正常に動作しない場合、以下の手順を試すと解決することが多いです:

  1. Bluetoothをオフにして再度オンにする。
  2. Apple Pencilの先端を取り外し、再度取り付ける。
  3. iPadを再起動する。
  4. 必要であれば、Apple PencilをiPadからアンペアリングして、再度ペアリングを試みる。

「Apple Pencil」に関する各種SNSの口コミ・評判など

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「Apple Pencil」と検索できます。

instagramの情報

instagram検索用リンクはこちらです。「Apple Pencil」とタグ検索できます。

「Apple Pencil」に関して参考になる記事リスト

「Apple Pencil」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

iPadの関連記事

iPadのセール情報についてまとめた記事はこちら。

iPadを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
iPad (Pro)を買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

iPadの購入に関する記事のまとめはこちら。

「iPad10世代対応」現役で使える安いモデルはどれ?
iPadの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

iPadOSの機能に関することはこちらにまとめています。

最新のiPad OS16で変更されたところを解説「ステージマネージャ」
新しいiPad OSの情報をまとめていくページです。現在はiPad OS14に対応中。データ共有でノートパソコンと肩を並べ、Apple Pencilで抜き去った印象。
どれを買うべきか
iPadのおすすめ使い方

「Apple Pencil」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「million hebbia revenue」に関する最新情報です。

    AIスタートアップのHebbiaは、ジェネレーティブAIを使用して大規模なドキュメントを検索し、大規模な質問に回答することを可能にするツールを提供しています。彼らはシリーズBラウンドで1億3000万ドルを調達し、Andreesen Horowitzをリードインベスターとして、Index Ventures、Google Ventures、Peter Thielも参加しました。この調達により、Hebbiaの評価額は約7億ドルとなり、投資家はHebbiaを年間売上高の約54倍の価値があると評価しています。このような高い評価は、パンデミックによるブームの際に一般的であり、今ではAIスタートアップに頻繁に与えられています。Hebbiaの最も類似した企業であるGleanとHarveyは、ARRの約60倍の評価を受けていると報告されています。

    https://techcrunch.com/2024/07/09/ai-startup-hebbia-rased-130m-at-a-700m-valuation-on-13-million-of-profitable-revenue/

  2. buchikuma-info より:

    「モデル ipad インチ」に関する最新情報です。

    2024年5月15日に発売された「iPad Air(M2)」に13インチモデルが登場し、手書きデジタルノート派にとって待望の大画面が提供された。13インチモデルのカラーバリエーションも新鮮で、ブルーなど落ち着いた色が用意されている。iPad Air(M2)は、iPad Proとの比較も行われ、背面カメラが1つでシンプルでカジュアルな印象を持つことが強調されている。また、iPad Air(M2)は13インチモデルと11インチモデルと呼ばれているが、実際のディスプレーサイズはそれぞれ12.9型と10.86型である。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9jb2x1bW4vMTgvMDAwODgvMDAxNzAv0gEA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「実装 サービス サービス 実装」に関する最新情報です。

    東京都の「Be Smart Tokyo」プロジェクトにおいて、株式会社eiiconがスマートサービス実装促進事業者に選定されました。eiiconはAUBAというオープンイノベーションプラットフォームを活用し、スタートアップや基盤提供者と連携して東京都内でスマートサービスの実装を推進します。目標は3か年度で20件以上の実装を行い、都民の暮らしの利便性やQOL向上に貢献することです。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000589.000037194.html

  4. buchikuma-info より:

    「fuels million startup」に関する最新情報です。

    E-fuelsスタートアップのAether Fuelsは、SECのファイリングによると、3,430万ドルの資金調達ラウンドのうち3,040万ドルを調達しています。このスタートアップは、航空および海上輸送用の燃料を製造することを目指しており、二酸化炭素やその他の廃棄物炭素源を使用しています。以前には、2023年末に8,500万ドルをコンバーチブルノートで調達していました。Aether Fuelsは、産業汚染、埋立地からのメタン、農場からの残りの植物の残渣など、さまざまな廃棄物ストリームから炭素を利用する技術を開発しています。

    https://techcrunch.com/2024/06/21/e-fuels-startup-aether-fuels-is-raising-34-3-million-per-filing/

  5. buchikuma-info より:

    「ai ai 見せ apple」に関する最新情報です。

    GoogleとAppleのAIの見せ方において、親しみやすさが重要であることが強調されています。Googleは技術革新やAIの偉大さを強調する一方、AppleはApple Intelligenceを通じて機能の実用性や生活の質の向上を伝えることに成功しています。Appleの基調講演は、AIの機能を中心に紹介し、バズワードを避けて親しみやすさを演出しています。Appleのアプローチが親しみやすく魅力的である理由は、基調講演の構成力や実用性を強調した見せ方にあるとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiM2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNi9nb29nbGUtYXBwbGUtYWkuaHRtbNIBAA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    Apple Pencil Proは、画面に近づけるだけで驚くべき機能がわかる新しいUIを持っています。スクイーズ機能によりパレットを表示し、触覚エンジンが振動を追加。さらに、バレルロール機能でペンの向きを感知することができます。これにより、Apple Pencil Proは使いやすさや機能性が大幅に向上しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiTGh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNi9kcmF3aW5nLWV4cGVyaWVuY2Utd2l0aC1hcHBsZS1wZW5jaWwtcHJvLmh0bWzSAQA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    エレコムがApple Pencil専用アクセサリーを発売。新製品には、グリップステッカー、ペンダブ風グリップ、シリコングリップ、ペンシルガードが含まれる。これらのアクセサリーは握り心地や使い勝手をアップグレードし、デザインもシンプルである。価格はオープンで、直販価格は880円。グリップステッカーは高機能グリップテープを採用し、汗に強く滑らず安定した握り心地を提供する。また、充電やタッチセンサーにも対応している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNzk2NTMyL9IBAA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「インチ タイプ 発売」に関する最新情報です。

    2024年に発売されるiPad Pro 11インチ / 13インチ M4モデル用のペーパーライクフィルム『紙感覚』が、BELLEMONDから新発売されました。このフィルムは、常に使う場合には貼り付けタイプがおすすめであり、勉強の時だけ使用する場合にはマグネット着脱タイプが適しています。製品には2つのタイプがあり、ApplePencilを使用したイラスト制作や勉強をより快適にすることができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000277.000079792.html

  9. buchikuma-info より:

    「million platform health」に関する最新情報です。

    欧州のスタートアップ企業ifeelは、メンタルヘルスに焦点を当て、企業や保険会社向けに従業員サポートを提供するプラットフォームを展開している。ifeelは、FinTLV VenturesとKorelya Capitalが共同リードする2000万ドルのシリーズB投資を調達し、これまでに合計4000万ドルを調達している。メンタルヘルスの重要性が高まる中、ifeelは事業や社会における巨大な課題に取り組んでおり、イギリスのCentre for Mental Health think tankの調査によると、イギリスだけで年間3000億ポンドの経済損失が発生している。

    https://techcrunch.com/2024/05/29/mental-health-insurance-platform-ifeel-raises-a-20-million-series-b/

  10. buchikuma-info より:

    「グリップ apple apple pencil」に関する最新情報です。

    エレコムがApple Pencil向けのグリップステッカー、グリップ、ペンシルガードの3種を発売。価格は880円から2980円。グリップアクセサリーは安定した書き心地を提供し、ペン先や本体を保護。カラーバリエーションも豊富で、使い勝手を向上させる工夫がされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzI0MDUvMjgvbmV3czE3OS5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzI0MDUvMjgvbmV3czE3OS5odG1s?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「ceo ceo インタビュー インタビュー」に関する最新情報です。

    パナソニックの楠見CEOは、2024年度を最終年度とする中期戦略での業績見通しに危機感を示し、グループ内の危機感の欠如を指摘。特にテレビ事業については、他の事業とは別の再建ストーリーを設定し、収益性向上に取り組む方針を示している。業績目標の未達に対処するため、楠見CEOは健全な危機感の復活が重要であり、テレビ事業の再建に注力する考えを示している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS9uZXdzaW5zaWdodC0yOTEv0gEA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    Apple Pencilに似た描き心地を楽しめるUGREENの新作スタイラスペンが2000円台で登場しています。このスタイラスペンはApple Pencil(第2世代)に対応し、手書きのメモやイラストの作成、PDFの編集などに活用できます。さらに、iPadに直接マグネットで装着することで自動的に充電される便利な機能も備えています。現在はセール中で8%オフとなっているので、iPadユーザーにはおすすめのアイテムです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3LnJvb21pZS5qcC8yMDI0LzA1LzEyMjk4MjYv0gEA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    Goodnotesが、Apple Pencil Proの新機能であるパレットとダイナミックインクをリリースしました。パレットを使用すると、Apple Pencil Proをスクイーズするだけで重要なツールやコマンドにアクセスでき、作業効率が向上します。また、ダイナミックインクはインクの流れを調整し、よりパーソナライズされた表現が可能となります。これらの新機能は全てのGoodnotesユーザーに提供され、iPadOS 17.5で利用可能です。Goodnotesは、デジタル手書き文字の生成AIの先駆者として、生産性向上分野で高い評価を受けています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMWh0dHBzOi8vd3d3LmZ1a3Vpc2hpbWJ1bi5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8tLzIwMzg4OTHSAQA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「ai アップル ai 対応」に関する最新情報です。

    アップルは新型iPad ProでAI技術を強調し、他社との差別化を図っている。AI技術に関しては、アップルが独自の取り組みを行っており、従来製品よりも演算速度が大幅に向上している。

    https://toyokeizai.net/articles/-/753463?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  15. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    2024年に発表された「Apple Pencil Pro」は、新機能を搭載したスタイラスペンで、最新のiPad ProとiPad Airでしか使用できない。この新モデルは、従来のApple Pencilとは異なる機能を持ち、使いやすさが向上している。しかし、古いiPadモデルでは使用できず、所有しているApple Pencil(第2世代)も使えないため、新しいiPad ProかiPad Airに買い換える必要がある。これにより、所有するiPadとの互換性を確認する必要があり、コスト面でも注意が必要とされる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vd2lyZWQuanAvYXJ0aWNsZS9hcHBsZS1wZW5jaWwtcHJvLW5vdC1iYWNrd2FyZC1jb21wYXRpYmxlL9IBAA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    アップルは「Let Loose(何でもあり)」イベントで、新型iPad ProやiPad Air、アクセサリの「Apple Pencil Pro」と新型「Magic Keyboard」を発表しました。Apple Pencil Proは機能が向上し、回転やスクイーズを検知して操作できるようになりました。新型Magic KeyboardはMacBook風のデザインで、ファンクションキーが追加され、触覚フィードバックも向上しています。Apple Pencil Proの価格は2万1800円で、新型Magic Keyboardは11インチモデルが4万9800円、13インチモデルが5万9800円で、5月15日から販売が開始されます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vZ2V0bmF2aS5qcC9kaWdpdGFsLzk1ODYwNS_SAQA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    2024年5月7日にAppleのWebサイトのソースコードに「Apple Pencil Pro」の記述があり、新型iPad Proの発表が濃厚とされています。新型Apple Pencilの社内呼称は”V4″で、USB-Cは”Gen 3″とされており、iPad Airには対応しない可能性があります。新型iPad Airの発表はないようで、Apple Pencil Proは別のApple Pencilと併売される見込みです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc5ODc4L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc5ODc4L2FtcC8?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「スタイラスペン apple apple pencil」に関する最新情報です。

    iPhoneはApple Pencilには対応しておらず、純正のApple PencilはiPad専用の周辺機器として販売されています。しかし、市販のスタイラスペンの中にはiPhoneでも利用可能なものがあります。iPhoneでペンを使って手書き入力やイラスト作成をする場合は、市販のスタイラスペンを利用することが必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHWh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS83ODg2OTIv0gEA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「apple 書き心地 pencil」に関する最新情報です。

    新型Apple Pencilがまもなく発表される可能性が高く、新機能として触覚フィードバックが搭載されるとのウワサがあります。この機能により、ペンの種類によって書き心地が変わる可能性があり、絵を描く人にとっては画期的なニュースとなるかもしれません。新型Apple Pencilには他にも新機能が搭載されると予想されており、アクセサリも一緒に発表されるかもしれません。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNS9hcHBsZS1wZW5jaWwtaGFwdGljLWZlZWRiYWNrLmh0bWzSAQA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    5月7日に新商品発表会で新型iPadと共に発表されるとみられているApple Pencil第3世代は、触覚フィードバックが搭載される見込みです。これにより、新しいペン体験が期待されており、iPad本体に触れずともタップ時や消しゴム使用時のフィードバックを感じられるようになると報じられています。また、新Apple PencilはVision Proとの連携も可能とされ、Apple Pencilの新たな可能性が広がる見通しです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzA1LzAzL3Bvc3QtNzE2MjYv0gEA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    2024年5月1日にApple Pencil Proの機能準拠(USB-C)がファームウェアアップデートされ、iPad(第10世代)などに対応することが報じられた。具体的なアップデート内容は不明だが、iPadOS17.5で提供される新機能に対応する可能性があり、今後Vision ProがApple Pencilに対応するとの噂もある。新型Apple Pencilの名称はApple Pencil Proとされ、将来的にはVision Proに対応するApple Pencilとして、Apple Pencil(USB-C)が含まれる可能性もある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc5NTI4L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc5NTI4L2FtcC8?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    UGREENの「ほぼApple Pencil」が3,199円で販売されており、コスパ重視の方には最適な選択肢となる。また、UGREENの目玉アイテムである「iPad タッチペン」や「スマートトラッカー」もお得に販売されている。Amazonのセール期間中にはさまざまなアイテムが割引価格で提供されているので、チェックしてみると良い。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3LnJvb21pZS5qcC8yMDI0LzA0LzEyMTA3NTcv0gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    Apple Insiderによると、Appleは将来のApple Pencilに関する特許を出願し、iPhoneでも動作し充電が不要になる可能性があると報じられている。現在のApple PencilはiPadでのみ使用可能であり、充電が必要だが、新しい特許では光感知対応ディスプレイを使用することで充電不要のApple Pencilが実現される可能性がある。これにより、iPhoneや他のデバイスでもApple Pencilが利用できるようになるかもしれない。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vZ2V0bmF2aS5qcC9kaWdpdGFsLzk1NTA3MS_SAQA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「tacx neo キャンペーン」に関する最新情報です。

    ガーミンがTacx NEO 3Mの発売記念キャンペーンを実施中。対象商品を購入するとスマートウォッチかスマート体重計がもらえるほか、店舗で試乗するだけでノベルティが当たる抽選も行われている。キャンペーン期限は2024年5月31日まで。さらに、Tacx製品とアプリを体験すると抽選で100名にノベルティがプレゼントされる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vd3d3LmN5Y2xvd2lyZWQuanAvbmV3cy9ub2RlLzM4Nzc1NtIBAA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    アップルは新型iPad ProやiPad Airとともに、第3世代Apple Pencilを準備中だと噂されており、新機能として「スクイーズ(squeeze)」ジェスチャーに対応することが明らかになっている。このジェスチャーは、素早い操作に使われるもので、おそらくApple Pencilの表面をぎゅうっと押すことで発動するとされている。また、最新のiPadOS 17.5ベータ版では、Apple Pencilをペアリングするためのインターフェースも更新され、新しいハードウェアにも対応している。これらの情報から、新型Apple Pencil 3の準備が進んでいる可能性が高まっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vZ2V0bmF2aS5qcC9kaWdpdGFsLzk1MjUzOC_SAQA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    米国で発売されたAppleの空間コンピューターに、新型Apple Pencilが対応するかもしれないという噂が出ている。Apple Vision Proに対応したApple Pencilがリリースされれば、仮想空間での新しい体験が可能になり、注目を集めることが期待される。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQWh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMy92aXNpb24tcHJvLWFwcGxlLXBlbmNpbC1ydW1vci5odG1s0gEA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「center center light light」に関する最新情報です。

    自転車用ライト「Center Light」は、アンティーク調の美しいフォルムと高級感のあるアルミニウム削り出し素材が魅力的です。従来の自転車用ライトとは異なるデザインであり、バッテリー残量が10%未満になると自動的に節電モードに切り替わるスマートな機能も備えています。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-townmouse-end-731051/

  28. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    デジタルノートに使うApple Pencilの選び方とチューニング方法についての記事では、iPadとApple Pencilの組み合わせがデジタルノートを実現する最適な方法であることが述べられています。現在は3種類のApple Pencilがあり、最新の「Apple Pencil(USB-C)」が登場しており、USB Type-C端子を利用してペアリングと充電が可能です。適切なApple Pencilの選び方やiPadとの組み合わせについても解説されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9jb2x1bW4vMTgvMDI3NTAvMDIxNDAwMDAyL9IBAA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「patients weight glp」に関する最新情報です。

    GLP-1sを中止した後の体重増加を防ぐ方法についてのデータによる分析結果によると、GLP-1sを中止すると多くの患者が1年以内に体重の大部分を取り戻すことが示されています。患者がGLP-1sを中止しなければならない場合、または本当に中止したい場合、以下の方法でサポートすることが重要です。患者の希望や理由を理解し、バイアスを避けて治療決定を行い、体重回復の生物学的側面を説明し、食欲の増加に備えるなどのアプローチが効果的です。また、運動や健康的な食事習慣の維持、専門家の支援の活用などが重要であり、患者には適切なサポートを提供することが必要です。

    https://www.medscape.com/viewarticle/help-patients-prevent-weight-gain-after-stopping-glp-1s-2024a10004z9

  30. buchikuma-info より:

    「ipad pro air」に関する最新情報です。

    新型iPad Pro/Airの発売日は3月29日かもしれず、発表日は25日か26日とされている。Appleは従業員向けミーティングを開催し、新製品の可能性が高いと伝えられている。現時点では在庫状況に変化はなく、信頼性には疑問もある。iPad Pro/Airの発売時期は3月末か4月上旬と噂されており、Appleオンラインストアの在庫状況が発表時期の指標となる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3MTk4L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3MTk4L2FtcC8?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    アップルが3月にも新しい「Apple Pencil」を発表するとの情報があり、次期Apple Pencilにはマグネットにより交換可能なペン先やカラーサンプリング機能が搭載され、本体が短くなるなどの情報が伝えられています。また、次期Apple Pencilは次期iPad Proと同時に発表される可能性もあるとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vZ2V0bmF2aS5qcC9kaWdpdGFsLzk0NzA3Mi_SAQA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「overflow stack stack overflow」に関する最新情報です。

    Google GeminiとStack Overflowが連携し、Stack OverflowがAI新サービスを提供することが発表されました。Googleは企業向け生成AIサービス「Gemini for Google Workspace」を提供開始し、さまざまなデータソースを横断的に検索できる新機能を医療関係者向けに発表しました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvMzU5Xzdfcl8yMDI0MDMwNF8xNzA5NTA3NzUyNTc1NTU20gEA?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「apple pro 対象」に関する最新情報です。

    Amazon新生活セールでは、Apple製品がセール対象となっており、Apple iMac 2021、Apple MacBook Pro 2023、Apple Watch Series 9などが注目されています。Apple iMac 2021は薄型で軽量なデスクトップPCで、高性能なRetinaディスプレイや6つのスピーカーを搭載しています。一方、Apple MacBook Pro 2023はM2 Proチップを搭載し、省電力で高パフォーマンスな作業が可能であり、Liquid Retina XDRディスプレイや6つのスピーカーを備えています。さらに、Apple Watch Series 9はスクリーンに触れずに操作できる機能や健康状態の計測機能、安全機能を備えたスマートウォッチです。セールは2024年3月5日23:59まで開催されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiU2h0dHBzOi8vanAuaWduLmNvbS9hbWF6b24tbmV3bGlmZS1zYWxlLTIwMjQvNzM2OTgvbmV3cy9tMi1wcm9tYWNib29rLXByb2FwcGxlYW1hem9u0gEA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「アプリ ユーザ 連続」に関する最新情報です。

    日本企業が開発するモバイルペイントアプリ「ibisPaint」が、欧米地域で4年連続でアクティブユーザ数No.1となっていることが報告された。他にも日本製アプリのユーザシェア調査結果から、5つのアプリが全世界及び各地域で上位を独占していることが明らかになった。日本のモバイル利用時間が増加しており、ibisPaintは革新的な機能と使いやすさで世界中のデジタルペイントユーザに支持されているとされている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000015594.html

  35. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    iPadで使うApple Pencilには「第1世代」「第2世代」「USB-C」の3種類があります。Apple Pencil(USB-C)は最も安価で、ペンの後部のキャップをスライドさせるとUSB Type-C端子が現れ、USB Type-C端子搭載のiPadと接続してペアリングと充電ができます。キャップ部分が外れないため、紛失の心配がありません。また、一般的な電源アダプターでも充電が可能です。Apple Pencilの選び方は、自分の用途やiPadのモデルに合わせて慎重に考える必要があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiWWh0dHBzOi8vYWN0aXZlLm5pa2tlaWJwLmNvLmpwL2F0Y2wvYWN0LzE5LzAwMTMwLzAxMTEwMDA5OS8_aV9jaWQ9bmJwbnh0YV9zaWVkX25ld2FydGljbGVz0gEA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「今日 apple apple pencil」に関する最新情報です。

    エレコムのカバーを使うと、Apple Pencil第二世代の書き心地がとても良くなるという情報があります。ただし、一部のユーザーはカバーのマグネット部分が閉まらなくなるという問題が報告されています。また、Fire TV Stickの文字入力には、リモコンサイズのキーボードが便利だという情報もあります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS8yNDAyLWxodC1lbGVjb20tYXBwbGUtcGVuY2lsLWNvdmVyL9IBAA?oc=5

  37. buchikuma-info より:

    「cyberattacks hidden hidden injustice」に関する最新情報です。

    タイトル:サイバー攻撃の隠れた不正義
    見出し:サイバー攻撃の隠れた不正義、関連記事もご覧ください…
    トピック1のオリジナルテキスト:
    サイバー攻撃や犯罪的な詐欺は誰にでも影響を与える可能性があります。しかし、有色人種や他のマージナライズドグループはしばしば不均衡な影響を受け、自己保護のためのサポートが不足しています。人工知能の約束と危険についての話題は今やどこにでもあります。しかし、低所得の家族、有色人種のコミュニティ、軍人退役者、障害を持つ人々、移民コミュニティにとっては、AIは後回しの問題です。彼らの日常の悩みは、健康の管理、経済の航海、教育の機会の追求、民主主義の維持に関わります。しかし、彼らの悩みは高度で持続的かつ標的型のサイバー攻撃によって増幅されています。
    サイバー攻撃は執拗であり、既存の格差を健康ケア、経済機会、教育アクセス、民主的参加において悪化させます。そして、これらの社会の柱が不安定になると、その影響は国内および国際社会に広がります。集合的に、サイバー攻撃は既に社会

    https://www.wired.com/story/cybersecurity-marginalized-communities-problem/

  38. buchikuma-info より:

    「apple apple pencil pencil」に関する最新情報です。

    ピアニストの熊井麗音さんが1週間探していたと思っていたApple Pencilが、予想外の場所で見つかったという写真が話題になっています。写真を見ると、トライアングルの下にマグネットでくっついて一体化したApple Pencilの姿があり、非常に見事な擬態がされています。この写真はX(旧Twitter)で約4万2000件のいいねを集めました。Xでは、トライアングルに擬態したApple Pencilに対して驚きの声が寄せられており、紛失したと思っていたApple Pencilを意外な場所で見つけたという体験談もあります。磁石でくっつくため、紛失が起こることが多いようです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vbmxhYi5pdG1lZGlhLmNvLmpwL25sL2FydGljbGVzLzI0MDIvMTEvbmV3czA1OS5odG1s0gE2aHR0cHM6Ly9ubGFiLml0bWVkaWEuY28uanAvbmwvYW1wLzI0MDIvMTEvbmV3czA1OS5odG1s?oc=5

  39. buchikuma-info より:

    「ai 追加 学習」に関する最新情報です。

    パナソニック コネクト株式会社は、i-PRO株式会社との協力により、AI追加学習を可能とする新しいAIカメラ「Xシリーズ」の9機種を2024年2月より取り扱い開始する。従来のAIカメラでは学習済みの対象物しか検知できなかったが、新しいAI現場学習アプリケーションを使用することで、クマやイノシシなどの動物や特殊車両などの検知対象を追加し、検知精度を向上させることができる。このアプリケーションは、4倍のAI性能と3倍のCPU性能を備えた新しい「Xシリーズ」に初めて搭載される。これにより、野生動物による被害や工場内での接触事故の未然防止、現場巡回業務の削減などが実現できる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005558.000003442.html

  40. buchikuma-info より:

    「border convoy right」に関する最新情報です。

    タイトル:国境の車列が最終目的地に近づく──自警団と極右過激派も同行

    車列がテキサス・メキシコ国境に向けて進んでいるが、専門家は予定されている週末の抗議活動には民兵組織、極右過激派、そして長い間活動を休止していた自警団グループなど、爆発的な混合物が含まれる可能性があると警告している。これまでのところ、車列は小規模なグループとして進んできたが、専門家はそれが民兵組織、極右過激派、そして長い間活動を休止していた自警団グループの引き寄せる役割を果たしていると指摘している。今週末、テキサス、アリゾナ、カリフォルニアの国境沿いで移民とバイデン政権に対する複数の抗議集会が計画されており、状況は転換点に達する可能性がある。

    専門家によると、「テキサスと連邦政府の対立は、極右の自警主義を引き寄せる磁石になっている」と、移民改革団体「アメリカズ・ボイス」が主催した記者会見で、人権研究・教育機関のエグゼクティブディレクターであるデビン・バーグ

    https://www.wired.com/story/take-our-border-back-convoy-militias-texas-weekend-protest/

タイトルとURLをコピーしました