PR

Androidタブレットの新着情報まとめ

スポンサーリンク

「Androidタブレット」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「Androidタブレット」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2023年の「Androidタブレット」新着情報まとめ

Androidタブレットについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

タブレット関連の新着ニュースまとめ

タブレットに関するニュース情報はとりあえずここに書き残しておきます。

Lenovo Tab M8(4th Gen)2024の日本発売決定!4G対応の8型タブレットが2.8万円

Lenovo Tab M8(4th Gen)2024の日本発売決定!4G対応の8型タブレットが2.8万円

2024年4月11日の、「Lenovo Tab M8(4th Gen)2024の日本発売について」の情報をお届けします。

  • Lenovoが新型タブレット「Lenovo Tab M8(4th Gen)2024」の日本向けバージョンの詳細な仕様を公開。
  • このモデルは、2023年に発売された「Lenovo Tab M8(4th Gen)」のマイナーチェンジ版で、OSをAndroid 12 Go EditionからAndroid 13へ変更。
  • ディスプレイは8.0型、解像度1280x800pxの16:10パネル。眼精疲労やブルーライトをカットするアイケアモード搭載。
  • SoCはMediaTek製「MT8768」、実行メモリは4GB(LPDDR4x)、内蔵ストレージは64GB。microSDカード(最大1TB)で拡張可能。
  • バッテリー容量は5100mAhで、約13時間の連続使用が可能。フル充電には約4時間必要。
  • Wi-Fiモデルとセルラーモデル(3G、4G対応)の2種類があり、セルラーモデルはGPS、GLONASS、A-GPSに対応。
  • カラーはアークティックグレーで、直販価格はWi-Fiモデルが2万4800円、セルラーモデルが2万7800円。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • マイナーチェンジにより、OSが最新のAndroid 13にアップデートされ、パフォーマンスやセキュリティが向上している。
  • アイケアモードの搭載により、長時間の使用でも目への負担を軽減できる。
  • 低価格ながら4G対応のセルラーモデルが用意されており、外出先でも快適にインターネットが利用できる。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 急速充電非対応でフル充電に時間がかかるため、利便性に欠ける可能性がある。
  • 内蔵ストレージが64GBと少なめであるため、アプリやデータの保存に制限がある。
スペック比較表
項目Wi-Fiモデルセルラーモデル
OSAndroid 13Android 13
SoCMediaTek MT8768MediaTek MT8768
実行メモリ・内蔵ストレージ4GB(LPDDR4x)+64GB4GB(LPDDR4x)+64GB
メモリーカード拡張microSD(最大1TB)microSD(最大1TB)
ディスプレイ8.0型, 1280x800px8.0型, 1280x800px
リアカメラ500万画素(AF)500万画素(AF)
インカメラ200万画素200万画素
Wi-FiWi-Fi 5(802.11 a/b/g/n/ac)Wi-Fi 5(802.11 a/b/g/n/ac)
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
位置情報測位GPSGPS / GLONASS / A-GPS
SIMスロットなしNano SIM
入出力端子USB-C x 1<br>マイクロホン/ヘッドホンコンボジャック x 1USB-C x 1<br>マイクロホン/ヘッドホンコンボジャック x 1
バッテリー5100mAh5100mAh
充電有線有線
本体サイズ約 197.97 x 119.82 x 8.95 mm約 197.97 x 119.82 x 8.95 mm
重量約 320 g約 320 g
カラーアークティックグレーアークティックグレー

シャオミ新型エントリー向けタブレット「Redmi Pad SE」の情報がリーク

  • シャオミの新型エントリー向けタブレット「Redmi Pad SE」の情報がリークされ、その画像とスペックが明らかに。
  • 外観は以前リリースされた「Redmi Pad」と非常に似ている。Dolby Atmos対応のクアッドスピーカーを搭載。
  • スペック情報は、Slashleakからのものであるため、その内容には不確かな点が存在する可能性があるとの警告がされている。
「Redmi Pad SEの主なスペック」
  • ディスプレイ: 11インチ、90Hzリフレッシュレート、IPS液晶、画面解像度1200x1920p
  • チップセット: Snapdragon 680(比較的性能が低め)
  • バッテリー: 8000mAh、18W充電対応
  • カメラ: リア8MP、フロント5MP
  • OS: Android 13/MIUI 14
  • その他: 3.5mmイヤフォンジャック搭載
注意点
  • スペック情報には矛盾点があるため、完全には信頼しきらず、公式の情報を待つことが推奨されている。

日本でのシャオミのタブレットの人気

  • シャオミが中国で4月に発売した「Xiaomi Pad 6」が、7月にヨーロッパでの発売を開始。
  • 前モデル「Xiaomi Pad 5」は2021年に発売。約2年ぶりの新製品投入。
  • Xiaomi Pad 5は日本でも発売済み。次モデル「Xiaomi Pad 6」の日本投入も考えられる。
Xiaomi Pad 6の主なスペック
  • チップセット: Snapdragon 870
  • ディスプレー: 11型 (2880×1800ドット), リフレッシュレート 144Hz
  • 本体カラー: ブラック、ブルー、ゴールド
  • 本体サイズ: 約254×165.2×6.5mm, 重さ490g (Xiaomi Pad 5より薄型・軽量)
OSとバッテリー
  • OS: Android 13ベースのMIUI 14
  • グーグルサービス (GMS) 搭載
  • バッテリー: 8840mAh (最大26.9日の待機)
  • 通信: Wi-Fiモデルのみ (セルラーモデル無し)
価格とアクセサリーに関する情報
  • イギリスの価格: メモリー6GB+ストレージ128GBモデルが369ポンド (約6万7000円)
  • Xiaomi Pad 5の日本の価格は4万円台半ば。
  • キーボードカバー: Xiaomi Pad 5では中国のみでの販売。Xiaomi Pad 6も現状は中国のみ。
  • スタイラス: 「Xiaomi Smart Pen 2」が使用可能。現在は中国のみでの販売。
スタイラスの特徴
  • 充電式、タブレット側面にマグネットでの固定・ワイヤレス充電
  • 4096階調の筆圧対応
日本でのXiaomi Pad 6の展望
  • Xiaomi Pad 5の評判は良好。
  • Xiaomi Pad 6の日本での価格は6万円を切る希望。
  • シャオミからの公式アナウンスを待機。

タブレット新製品情報

Androidタブレットの新製品情報をまとめていきます。

新製品:「Tapionタブレット」

2023年11月13日時点での株式会社フライトソリューションズの「Tapionタブレット」について紹介します。

Tapionタブレットの特徴
  • 飲食店のテーブルトップオーダー(TTO)に最適なNFC・LTE搭載Androidタブレット。
  • 10インチの大画面で、座席でもセルフオーダーからテーブル会計まで実現可能。
  • 2Dバーコードリーダー標準搭載で、各種QRコード決済やクーポン読取に対応。
価格

現時点では価格の公表はありません。

Tapionタブレットのおすすめポイント
  • NFCとLTE機能を搭載し、市販のAndroidタブレットでは珍しい機能を持つ。
  • 大画面での操作が可能で、飲食店での多言語対応などにも有効。
  • 2Dバーコードリーダーの高速・高精度な読取により、スムーズな決済が可能。
Tapionタブレットの気になるところ、注意点
  • 2024年春頃の量産開始予定であり、現時点ではパイロット運用中。
  • 大型店舗や多言語対応が必要な店舗に特化しているため、小規模店舗には過剰な機能かもしれない。
Tapionタブレットの購入時参考情報
  • 2024年初旬よりパイロット運用を開始し、春頃に量産開始予定。
  • 詳細な販売情報や価格については、Tapionの公式サイト(Tapion公式サイト)で随時更新予定。

新製品:「Hpad5」

2023年11月18日時点でのShenzhen city Doowis Industrial Co., Ltdの「Hpad5」について紹介します。

「Hpad5」の特徴
  • Helio G99オクタコアチップ、6nmプロセス技術採用
  • ANTUTUベンチマークスコア400,000以上
  • 10.51インチ大型ディスプレイ、16:10比率、1920*1200表示解像度
  • 8GBオンボードRAMと8GB大容量仮想メモリ、128GB UFSフラッシュストレージ
  • 8500mAh高容量バッテリー、最大12時間連続使用可能
  • 30W高速充電、Type-C OTGサポート
  • デュアルマイクロフォン、4つの大型スピーカー搭載
  • 8MPフロントカメラ、20MPオートフォーカスリアカメラ
  • Android 13システム搭載
価格

$149.99(税込)

「Hpad5」のおすすめポイント
  • トップクラスのチップで高いパフォーマンス
  • 大画面で高解像度の映像視聴が可能
  • 長時間のバッテリー寿命と迅速な充電
  • 豊富なストレージとメモリ容量
  • 強化されたプライバシー保護機能
「Hpad5」の気になるところ、注意点
  • 他の高性能タブレットとの性能比較が不明
  • デザインや耐久性に関する詳細情報が限られている
「Hpad5」の購入時参考情報
  • 販売期間:2023年11月11日から2023年11月17日(PST)
  • 購入リンク:Hpad5購入ページ
  • 最初の100人の購入者にはスマートフォンケースプレゼント

新製品:「Redmi Pad SE」

2023年9月27日時点でのXiaomiのタブレット「Redmi Pad SE」について紹介します。

「Redmi Pad SE」の特徴
  • 11インチのフルHD+ ディスプレイ、最大90Hzのリフレッシュレート
  • 最大1TBまで拡張可能なストレージ
  • 8,000mAhの大容量バッテリー、Dolby Atmos®対応クアッドスピーカー
価格
  • 4GB+128GB版: 21,800円(税込)
  • 6GB+128GB版: 29,800円(税込)
「Redmi Pad SE」のおすすめポイント
  • 高速でスムーズな操作と鮮やかな映像体験
  • 長時間の使用や外出時にも安心の大容量バッテリー
  • 薄型軽量でポータブル、3色から選べるデザイン
「Redmi Pad SE」の気になるところ、注意点
  • 画面サイズは実際の表示可能領域より大きい
  • アクセサリーは全て別売り
「Redmi Pad SE」の購入時参考情報
  • 発売日:9月27日(水)より順次発売
  • 販売チャネル:全国のauの取扱店、au Online Shop, エディオン, ケーズデンキ, 上新電機, ノジマ, ビックカメラグループ, ヤマダデンキ, ヨドバシカメラオンライン, Xiaomi 公式サイト, Amazon.co.jp, 楽天市場 など
  • アクセサリー(別売):スタイラスペン(1,280円税込)、フリップケース(2,680円税込)、ガラスフィルム(1,180円税込)

新製品:Alldocube iPlay 50 Mini Pro

2023年9月9日時点での「Alldocube」の「Alldocube iPlay 50 Mini Pro」について紹介します。

Alldocube iPlay 50 Mini Proの特徴
  • 8.4インチWUXGA(1920×1200)の高精細ディスプレイ搭載
  • バッテリー容量5000mAhに増量し、18Wの急速充電に対応
  • 背面カメラは1300万画素にアップグレードし、前面カメラは500万画素
価格

1万9127円(税込、クーポンコード「BGIP50MP1」適用時)

Alldocube iPlay 50 Mini Proのおすすめポイント
  • MediaTek Helio G99プロセッサ搭載で、処理性能が大幅に向上(AnTuTuベンチマークスコア40万点)
  • 8GBのRAMと256GBのストレージ(最大512GBまでのmicroSDカード対応)を搭載し、高性能ながら価格が手頃
  • マルチタスクもスムーズに行える仮想メモリ機能と、豊富な接続オプション(3G, 4G対応のSIMフリーモデル)
Alldocube iPlay 50 Mini Proの気になるところ、注意点
  • Widevineの対応がL3までである点
  • 重量がやや増加している(292gから307g)
Alldocube iPlay 50 Mini Proの購入時参考情報
  • 販売サイト: Banggood.com
  • 本体サイズ: 202.7×126×7.5mm

購入はBanggood.comから可能で、クーポンコード「BGIP50MP1」を利用すると特別価格で購入できます。さまざまな用途で活用できる高性能タブレットとして、価格以上の価値があります。

新製品:TitanView Pro 4K

2023年9月8日時点でのリンクスインターナショナルによるタブレット「TitanView Pro 4K」について紹介します。

TitanView Pro 4Kの特徴
  • 32型の4K(3840×2160ドット)ディスプレー搭載と10点マルチタッチ対応
  • 800万画素のマグネット脱着式カメラと大音量スピーカー及びマイク搭載
  • 内蔵1万mAhバッテリーによる最大4時間のバッテリー駆動対応
価格

未定(税込)

TitanView Pro 4Kのおすすめポイント
  • 大画面での動画視聴やゲームアプリの利用、ウェブ会議やビデオ通話、動画配信が可能
  • キャスター付きスタンドにより縦横の回転や上下の昇降、角度の調整が容易で、場所に囚われず自由に移動が可能
TitanView Pro 4Kの気になるところ、注意点
  • 価格情報が未公開であるため、コストパフォーマンスが確認できない
  • バッテリー駆動時間が最大4時間と、一部の利用シーンでは短い可能性がある
TitanView Pro 4Kの購入時参考情報
  • 2023年9月中旬にリンクスインターナショナルより発売予定
  • カラーバリエーションはゴールドとシルバーの2色
  • OSは「Android 11」がプレインストールされ、メモリーは8GB、内蔵ストレージは128GB。また、「Wi-Fi 6」準拠の無線LANとBluetooth 5.2がサポートされている。

新製品:「aiwa tab AS10(6)」

2023年9月7日時点での「アイワマーケティングジャパン株式会社」の「aiwa tab AS10(6)」について紹介します。

「aiwa tab AS10(6)」の特徴
  • 10.1型IPS液晶搭載、1,920×1,200ドット表示対応でWeb会議や動画鑑賞に適したモデル
  • MediaTek MT8788プロセッサ、6GBメモリ、128GB SSD、Android 13 OSを搭載
  • インターフェイスにはmicroSDカードスロット、500万画素前面/800万画素背面Webカメラ、Wi-Fi 5、Bluetooth 5.0などが搭載される
価格

38,000円(税込、実売予想価格)

「aiwa tab AS10(6)」のおすすめポイント
  • Widevine L1のサポートと専門エンジニアによる音響のチューニングが行われている点
  • 高性能プロセッサと充実したインターフェイスオプションを持ち、価格も3万円台と手頃
「aiwa tab AS10(6)」の気になるところ、注意点
  • 購入時の注意点は、詳細なスペックやレビューを確認した上で購入すること
  • デメリットなどあれば、未確認のため具体的な点は挙げられない
「aiwa tab AS10(6)」の購入時参考情報
  • 予約開始日は9月7日、順次発売開始日は9月14日、販売価格はオープンプライスで実売予想価格は38,000円前後
  • 本体サイズは243.3×161.8×9.7mm、重量は約500g

新製品:「MatePad 11.5″」

「2023年8月25日」時点での「ファーウェイ」の「MatePad 11.5″」について紹介します。

「MatePad 11.5″」の特徴
  • 「Qualcomm Snapdragon 7 Gen 1」プロセッサーを採用
  • 約11.5インチ、120Hzのファーウェイフルビューディスプレイ搭載
  • アルミニウム合金を使用した一体型メタリックボディデザイン
価格

「価格情報は提供されていないため記載できません」円(税込)

「MatePad 11.5″」のおすすめポイント
  • 「HUAWEI MatePad 10.4″」と比べて帯域幅が2倍、ダウンロード速度が最大368%向上
  • 高品質の4つのサラウンドスピーカーと「Huawei Histen 8.1」、ノート作成機能「HUAWEI Notes」を搭載
「MatePad 11.5″」の気になるところ、注意点
  • 「HarmonyOSを搭載し、HMS(Huawei Mobile Services)を駆使する製品」
  • 「その他のデメリットは提供されていないため記載できません」
「MatePad 11.5″」の購入時参考情報
  • 「2021年に発表した11インチの『MatePad 11』の後継の11.5インチモデル」
  • 「同価格帯のタブレットと比べたハードウェアとしての高スペック」

新製品:Teclast T40 Air

2023年8月26日時点でのTeclastの最新型タブレット「T40 Air」について紹介します。

T40 Airの特徴
  • 10.4インチの2K(2000×1200)解像度フルラミネートIPSディスプレイ
  • Android 13搭載、最大16GBの仮想メモリ付き8GB RAMと256GBストレージ
  • 7200mAhバッテリーと18W PD急速充電サポート
価格

限定:$139.99(税込)

T40 Airのおすすめポイント
  • 高解像度の2Kディスプレイと仮想メモリ拡張による高性能
  • 顔認証によるロック解除と高精度の方向ガイド機能
T40 Airの気になるところ、注意点
  • 2Kディスプレイと高性能なスペックにより、バッテリーの持ちが平均的かもしれない
  • プライマリ言語が日本語でない場合、言語設定のカスタマイズが必要
T40 Airの購入時参考情報
  • 8月21日に初発売、価格は限定で$139.99
  • 購入は公式リンクから可能

このT40 Airは、2Kディスプレイと仮想メモリ拡張による高性能、さらには顔認証や高精度方向ガイド機能など、多くの先進的な特徴を備えています。一方で、これだけの機能が詰まっているために、バッテリーの持ちが平均的なものである可能性があります。購入を検討されている方は、特にこの点を考慮するとよいでしょう。

新製品:HEADWOLF FPad 2

2023年8月25日時点でのHEADWOLFの超格安タブレット「HEADWOLF FPad 2」について紹介します。

HEADWOLF FPad 2の特徴
  • 8インチHD(1280×800)液晶ディスプレイとAndroid 12搭載。
  • UNISOC T310プロセッサ、4GB RAM/64GB ROM。
  • 4000mAhバッテリー、500万画素背面および前面カメラ。
価格

1万2574円(税込、クーポン適用後)

HEADWOLF FPad 2のおすすめポイント
  • 超低価格ながら、メモリやストレージなどの基本スペックがしっかりしている。
  • LTE対応のSIMフリーモデルでGPSやGLONASSも搭載、カーナビとしても使用可能。
HEADWOLF FPad 2の気になるところ、注意点
  • 画面解像度がHDなので、フルHDに比べて画質は劣る可能性がある。
  • バッテリー容量が4000mAhと一般的なタブレットに比べて少なめ。
HEADWOLF FPad 2の購入時参考情報
  • 通販サイト「Banggood.com」でクーポンコード「BGJPb2ba」を適用すると1万5353円から1万2574円に値下がり。
  • USB Type-C端子を採用しており、スマホの充電器も使い回せる。

このタブレットは、特に価格を抑えつつも基本的な機能をしっかりと備えている点が魅力です。一方で、画面解像度やバッテリー容量は期待を超えるものではありませんが、価格を考慮すれば十分な性能を持っています。

新製品:AGM PAD P1

2023年8月25日時点でのAGM Mobileの防水タブレット「AGM PAD P1」について紹介します。

AGM PAD P1の特徴
  • Helio G99と8GBのRAMを搭載し、中程度の性能。
  • 10.36インチのFHD(2,000×1,200)ディスプレイ。
  • Android 13搭載で、タブレット用のUIも利用可能。
価格

3万円台(税込)

AGM PAD P1のおすすめポイント
  • Amazonでよくある2万円程度のエントリーモデルより少し上の性能。
  • IP68/IP69Kの防水性能があり、キッチンなど濡れやすい場所でも使用可能。
  • 4G LTE対応とGPS機能があり、カーナビとしても利用できる。
AGM PAD P1の気になるところ、注意点
  • WidevineのセキュリティレベルはL3で、AmazonプライムビデオやNetflixでHD再生不可。
  • 初期状態でのUIがスマホ向けであり、開発者向けオプションで調整が必要。
AGM PAD P1の購入時参考情報
  • Amazonで購入可能。
  • バッテリーは7,000mAhで、輝度を100-105ルクスに調整し、PCMarkのバッテリーテストで10時間21分(100%→20%)。

このタブレットは、中程度の性能でありながら多機能(防水、GPS)を持つことが魅力です。一方で、HD再生ができない点やUIの初期状態がスマホ向けである点には注意が必要です。

新製品:「Oukitel RT7 Titan」

2023年8月12日時点でのOukitelの「RT7 Titan」について紹介します。

RT7 Titanの特徴
  • 世界最大の32,000mAhバッテリーを搭載。
  • MediaTek Dimensity 720プロセッサー、最大24GBのRAMと256GBのROMを持ち、5G接続をサポート。
  • 10.1インチFHD+スクリーンと48 MPのメインカメラ、20 MPのナイトビジョンカメラ、及び32MPのフロントカメラを搭載。
価格

「詳細な価格は公式発表を待つ」円(税込)

RT7 Titanのおすすめポイント
  • 通常の7,000mAhから10,000mAhのバッテリーを超える32,000mAhの大容量バッテリー搭載。
  • 耐久性に優れ、落下、衝撃、極端な温度に耐えることができる堅牢設計。
RT7 Titanの気になるところ、注意点
  • 「具体的な価格が未発表」
  • 「その他のデメリットは現時点では不明」
RT7 Titanの購入時参考情報
  • 2023年8月21日にAliExpressでの発売予定。
  • 詳細な情報については、Oukitelの公式サイトや今後の公式発表を参照。

商品名:「OPPO Pad 2」

「2023年08月10日」時点での「OPPO」の「OPPO Pad 2」について紹介します。

OPPO Pad 2の特徴
  • アスペクト比7:5の約11.6型ディスプレイ、最大144Hzリフレッシュレート、2048段階の自動明るさ調整機能。
  • アプリ使用中の2本指、3本指、4本指のジェスチャー機能。
  • ハイレゾ対応のクアッドスピーカー、9510mAh大容量バッテリー、67W SUPERVOOCフラッシュチャージでの約81分フル充電。
価格

20%オフの7万2000円(税込)

OPPO Pad 2のおすすめポイント
  • 室内外での見やすさを確保する高い明るさと自動調整機能。
  • 多彩なジェスチャー機能での操作性向上。
  • ハイレゾ対応のクアッドスピーカーと急速充電機能の組み合わせ。
OPPO Pad 2の気になるところ、注意点
  • クラウドファンディングでの購入となるため、一般的な店頭販売とは異なる点があるかもしれない。
  • オプションやアクセサリーの購入が必要になるケースが考えられる。
OPPO Pad 2の購入時参考情報
  • 販売サイトはクラウドファンディングの「GREEN FUNDING」、プロジェクト期間は「9月17日」まで。
  • 期間中、二子玉川 蔦屋家電内蔦屋家電+で製品展示あり。

商品名:nubia Pad 3D

2023/07/29時点でのZTE Corporationのnubia Pad 3Dについて紹介します。

nubia Pad 3Dの特徴
  • 裸眼で3D立体映像が楽しめるAndroidタブレット。
  • ディスプレイ側にある2眼3Dカメラが視線を読み取り、3D映像をリアルタイム生成。
  • 画面サイズは12.4インチで、3D写真の撮影や3Dチャットが可能。
価格

22万円から25万円(税込)

nubia Pad 3Dのおすすめポイント
  • ソニーの空間再現ディスプレイと似た技術を使用しているが、値段はより手頃。
  • 3DメガネやVRゴーグルを必要とせず、立体映像を直接楽しむことができる。
  • 3Dモデルビューワーとしても使用可能、さらに3Dスキャンもアプリ次第で可能。
nubia Pad 3Dの気になるところ、注意点
  • グローバル版の価格情報であるため、国内価格は異なる可能性がある。
  • ソニーの類似商品との比較結果や具体的な視線認識の精度についての詳細が不明。
nubia Pad 3Dの購入時参考情報
  • お値段は22~25万円でグローバル版が販売中。
  • Android 12がインストールされており、スタンドアローンで操作可能。

商品名:Headwolf・タブレット Hpad2 Pro

2024/04/11時点での「Shenzhen city Doowis Industrial Co., Ltd」の「Hpad2 Pro」について紹介します。

Hpad2 Proの特徴
  • 強力なチップ「Tiger T616」採用、高速計算速度
  • RAMは8GBから16GBの仮想メモリまで拡張可能
  • Android 13システム採用、UIカスタマイズが大幅に改善
価格

26,999円(税込)

Hpad2 Proのおすすめポイント
  • 11インチ2K(2000 * 1200)ディスプレイ、1670万色、92.2%の大画面対ボディ比
  • Widevine L1サポートにより、主流動画APPからHD動画再生可能
  • 4スピーカークラスKアンプ搭載、シネマ効果を体験可能
Hpad2 Proの気になるところ、注意点
  • (具体的なデメリット情報が添付情報に存在しないため、未記入)
Hpad2 Proの購入時参考情報
  • 購入するとTWSヘッドホンがもらえる特典あり
  • 11種類の子供向けビデオ学習リソース、kidspace機能搭載

商品名:Galaxy Tab S9 Ultra

2024/04/11時点でのSamsungのGalaxy Tab S9 Ultraについて紹介します。

Galaxy Tab S9 Ultraの特徴
  • 14.6型のDynamic AMOLED 2Xディスプレイを搭載
  • Snapdragon 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxyを搭載
  • IP68準拠の防水・防塵機能とSペンが同梱
価格

「詳細な価格情報が提供されていないため未記載」円(税込)

Galaxy Tab S9 Ultraのおすすめポイント
  • HDR10+とダイナミックリフレッシュレートにより、壮大な視聴体験を実現
  • IP68の防水・防塵機能により、屋内外での使用が可能
Galaxy Tab S9 Ultraの気になるところ、注意点
  • 日本での販売展開についての情報が不明
  • 「デメリットや他の具体的な注意点が記載されていないため、未記載」
Galaxy Tab S9 Ultraの購入時参考情報
  • 7月26日から一部の国で予約を開始し、8月11日に発売
  • 7月27日からは東京・渋谷の「Galaxy Harajuku」での展示がスタート

商品名:Xiaomi Pad 6

2024/04/11時点でのシャオミのXiaomi Pad 6について紹介します。

Xiaomi Pad 6の特徴
  • 144Hzのリフレッシュレートに対応したWQHD+(2880×1800)11インチディスプレイ
  • 8840mAhのバッテリー搭載、33Wの急速充電に対応
  • Snapdragon 870を搭載、低消費電力設計で複数アプリの同時操作もスムーズ
価格

6GB+128GB版が4万9800円(税込)、8GB+128GB版が5万9800円(税込)

Xiaomi Pad 6のおすすめポイント
  • 144Hzの高リフレッシュレートディスプレイで、作業やゲームがスムーズに
  • Dolby Atmos対応のクアッドスピーカーで、高品質な音楽体験
  • アルミユニボディデザインによる軽量ボディで、気軽に持ち運べる
Xiaomi Pad 6の気になるところ、注意点
  • 別売アクセサリーが多数、本体以外にも追加の出費が考えられる
Xiaomi Pad 6の購入時参考情報
  • カラーバリエーション: グラビティグレー、ミストブルー、シャンパンゴールド
  • 発売キャンペーン: 8月13日まで、純正保護フィルムをプレゼント

商品名:aiwa tab AB8(JA3-TBA0802)

2024/04/11時点でのJENESIS(ジェネシス)の「aiwa tab AB8」について紹介します。

aiwa tab AB8の特徴
  • 8型Androidタブレット
  • メモリと内蔵ストレージが2倍に増量(メモリ: 4GB、内蔵ストレージ: 64GB)
  • SoCはMediaTekの「Kompanio 500(MT8183)」搭載
価格

2万円(税込)

aiwa tab AB8のおすすめポイント
  • 事実上の先代モデル(JA2-TBA0801)と比べて、SoC、メモリ、ストレージがパワーアップ
  • メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBと、JA2-TBA0801の2倍に引き上げられている
aiwa tab AB8の気になるところ、注意点
  • ディスプレイの明るさはやや暗めで、発色は良好とは言いがたい
  • 指紋センサーや顔認証に非対応
aiwa tab AB8の購入時参考情報
  • aiwaデジタルブランドから発売
  • 外観は先代モデル(JA2-TBA0801)と変わらず、ボディーカラーがシルバーからブラックに変更されている

商品名:FZ-G2

2023/07/19時点での「パナソニック コネクト」の「FZ-G2」について紹介します。

FZ-G2の特徴
  • IP65準拠の防塵防滴性能およびMIL-STD-810Hに準ずる耐久設計
  • -10度~50度での動作が可能な耐高温/耐低温性能
  • プロセッサとしてCore i5-1245U(vProテクノロジー対応)を採用し処理能力を向上
価格

オープン価格(税込)

FZ-G2のおすすめポイント
  • Windows 11 ProまたはWindows 10 Pro(Windows 11 Proからのダウングレード)を選択可能
  • Wi-Fi6E対応無線LANの利用が可能
FZ-G2の残念なところ
  • 価格情報がオープンで具体的な金額が明示されていない
  • 他の競合商品との比較情報が不足している(この部分は添付情報からは分からないので、例示として記述しました)

商品名:Galaxy Tab S6 Lite

Samsungの「Galaxy Tab S6 Lite」について紹介します。

Galaxy Tab S6 Liteの特徴
  • 10.4型のTFT液晶ディスプレイを採用し、解像度は1200×2000ピクセル。
  • インカメラは短辺側にあり、「縦向き」を想定したデザイン。
  • 付属のSペンは充電不要で、本体の長辺側の側面に磁力で貼り付けることが可能。
価格

6万円(税込)

Galaxy Tab S6 Liteのメリット、デメリット
  • メリット: コストパフォーマンスが良い。手頃なサイズ感とスペックアップが行われた。「Samsung DeX」に対応していてPCライクに使用できる。
  • デメリット: 映像出力に対応していないため、外部出力にはWi-Fi経由(Miracast/Chromecast)が必要。また、Sペンを本体に固定する位置と向きが限定的。

直近のAndroidタブレットのセール情報

Androidタブレットの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

タブレットのセール情報はこちらのページでまとめています。

「年末年始、福袋」タブレットのセール情報まとめ
タブレットのセール情報をまとめていきます。ブログ更新の都合、タブレットに関する情報収集をしているのですが、お得な情報があった時に共有するために雑に情報を置いていきます。
スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「Androidタブレット」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「Androidタブレットとは」的な内容になります。

Androidタブレットの選び方: 主要なスペックと機能を理解する

これからあなたがAndroidタブレットを選ぶ上で重要となるスペックと機能について、基本的な情報を解説します。

1. ハードウェアスペックを確認する

Androidタブレットの基本的な性能は、プロセッサ(CPU)、RAM(メモリ)、ストレージ容量によって大きく左右されます。プロセッサはタブレットの速度とパワーを制御します。RAMは複数のアプリやタスクを同時に処理する能力を表し、ストレージ容量はタブレットに保存できるデータの量を示します。また、バッテリー寿命も重要な要素であり、使用パターンにより異なりますが、長時間使用する場合はより大きなバッテリー容量のタブレットを選ぶと良いでしょう。

2. 画面サイズと解像度を確認する

Androidタブレットは様々な画面サイズと解像度で提供されています。画面サイズは主に7インチから12.9インチまで、解像度はHD(720p)、Full HD(1080p)、2K、4Kなどがあります。これらの選択は、あなたがタブレットをどのように使用するかによります。映画やゲームを楽しむなら大きな画面と高解像度が好ましいでしょう。一方、携帯性を重視するなら小さめの画面が適しています。

3. OSのバージョンとアップデート

Android OSのバージョンは、利用できる機能とセキュリティレベルに直接影響します。可能な限り最新のOSを搭載したタブレットを選ぶことが推奨されます。また、メーカーによってはアップデートの提供が続けられないことがあるため、購入前にその点を確認することが重要です。

まとめ: Androidタブレットの選び方

  • ハードウェアスペック: プロセッサ、RAM、ストレージ容量、バッテリー寿命を確認しましょう。
  • 画面サイズと解像度: 使い方に合わせて適切な画面サイズと解像度を選びましょう。
  • OSのバージョンとアップデート: 最新のOSを搭載したタブレットを選び、アップデートの提供状況を確認しましょう。

Androidタブレットでできること: ビジネス、学習、エンターテイメントの各シーンでの活用法

Androidタブレットは多機能で、ビジネスから学習、エンターテイメントまで様々なシーンで活用できます。具体的な活用例を見ていきましょう。

1. ビジネスシーンでの活用

Androidタブレットはビジネスシーンで非常に便利です。メールチェック、ドキュメントの作成・編集、オンライン会議など、PCと同様の作業を軽快にこなせます。特に、クラウドストレージを利用することで、オフィスでも外出先でも同じデータにアクセスでき、作業の効率化が図れます。また、専用のキーボードを接続すれば、タイピングも快適に行えます。

2. 学習シーンでの活用

Androidタブレットは学習ツールとしても優れています。多種多様な教育アプリが存在し、幼児から大人まで様々な年齢層の学習に対応しています。また、デジタル教科書を読む、オンライン授業を受ける、語学学習など、様々な形で学習が可能です。さらに、書き込み機能を持つアプリを利用すれば、ペーパーレスでノートをとることも可能です。

3. エンターテイメントシーンでの活用

Androidタブレットはエンターテイメントの幅を広げてくれます。映画や音楽、ゲームといったデジタルコンテンツを楽しむことができ、長時間の移動時間も退屈させません。また、SNSや動画配信サービスなどを使って、気軽にコンテンツを共有することもできます。

まとめ: Androidタブレットの活用法

  • ビジネス: メールチェック、ドキュメント作成・編集、オンライン会議など、PC同様の作業が可能です。
  • 学習: 幅広い教育アプリを利用して学習が可能で、デジタル教科書の閲覧やオンライン授業にも対応しています。
  • エンターテイメント: 映画、音楽、ゲームなど様々なデジタルコンテンツを楽しむことができます。

iOSとAndroidの比較: あなたに合ったタブレットOSを選ぶ

タブレット選びではOSも重要な要素です。ここでは、iOSとAndroidの特徴を比較し、あなたに合ったOS選びの参考にしていきましょう。

1. 利用可能なアプリの違い

iOSとAndroidの大きな違いの一つは、利用できるアプリの種類と量です。iOSのApp StoreとAndroidのGoogle Play Storeでは提供されるアプリが異なります。一般的に、新しいアプリはまずiOS向けにリリースされる傾向がありますが、Androidはオープンソースであるため、多種多様なアプリが存在します。

2. セキュリティとプライバシー

セキュリティとプライバシーはどちらのOSにおいても重要です。iOSはアップルが厳格に管理しており、App Storeのアプリは厳しい審査を通過したもののみが掲載されます。これに対し、Androidはオープンソースであるため、ユーザーが自由にカスタマイズできる一方で、マルウェアに感染するリスクが若干高まります。

3. カスタマイズの自由度

カスタマイズの自由度はAndroidがiOSに勝るところです。Androidはホーム画面のレイアウトやテーマ、アイコンなどを自由に変更でき、個々のユーザーの好みに合わせてデバイスをカスタマイズできます。一方、iOSは使いやすさと一貫性を重視し、カスタマイズの自由度は比較的低めです。

まとめ: iOSとAndroidの選び方

  • 利用可能なアプリ: iOSは新しいアプリが早く提供されやすいですが、Androidはアプリの種類が豊富です。
  • セキュリティとプライバシー: iOSはアップルの厳格な管理によりセキュリティが高いですが、Androidは自由度の高さからくるリスクもあります。
  • カスタマイズの自由度: Androidは高いカスタマイズ性を持っていますが、iOSは使いやすさと一貫性を優先しています。

Androidタブレットの長寿命化: 維持・保守のヒントとアドバイス

Androidタブレットのパフォーマンスを長期間維持するためには適切な維持・保守が必要です。ここでは、そのためのヒントとアドバイスを紹介します。

1. バッテリーの管理

タブレットのバッテリー寿命はその使用寿命に大きく影響します。バッテリーを長持ちさせるためには、適切な充電習慣と、画面の明るさやバックグラウンドで動作するアプリの管理が重要です。また、バッテリーセーバーモードを活用することも有効です。

2. ソフトウェアのアップデートとアプリの管理

Androidタブレットの性能を最大限に引き出すには、OSやアプリのアップデートが重要です。新しいアップデートにはセキュリティパッチやバグ修正、新機能が含まれます。また、不要なアプリは定期的に削除し、ストレージの空き容量を確保することも大切です。

3. 保護ケースとスクリーンプロテクターの使用

物理的なダメージからタブレットを守るためには、保護ケースとスクリーンプロテクターの使用がおすすめです。これらは落下や衝撃、画面の傷からデバイスを守ります。また、定期的なクリーニングもデバイスの寿命を延ばすのに役立ちます。

まとめ: Androidタブレットの長寿命化のためのヒント

  • バッテリーの管理: 適切な充電習慣と、画面の明るさやバックグラウンドアプリの管理が必要です。
  • ソフトウェアのアップデートとアプリの管理: OSやアプリの最新アップデートを確認し、不要なアプリは定期的に削除します。
  • 保護ケースとスクリーンプロテクターの使用: 物理的なダメージからデバイスを守り、定期的なクリーニングを行います。

Androidタブレットの口コミ・評判

Androidタブレットの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「Androidタブレット」と検索できます。

Androidタブレットの知っておきたいよくあるQ&A

「Androidタブレット」に関するよくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
Androidタブレットを選ぶ際のポイントは何ですか?
A

Androidタブレットを選ぶ際には、スクリーンサイズ、解像度、プロセッサーの性能、RAMとストレージの容量、バッテリー寿命、OSのバージョンなどを考慮することが重要です。また、使用目的によっても選ぶべきモデルが変わるかもしれません。

Q
AndroidタブレットとiPadの違いは何ですか?
A

AndroidタブレットとiPadの主な違いは、オペレーティングシステムとアプリのエコシステムです。Androidタブレットは多種多様なハードウェアメーカーから製造されており、カスタマイズ性が高いという特徴があります。一方、iPadはAppleのiOSを搭載しており、使いやすさと一貫性が評価されています。

Q
Androidタブレットのバッテリー寿命を延ばすにはどうすればよいですか?
A

Androidタブレットのバッテリー寿命を延ばすためには、画面の明るさを調節し、バックグラウンドで動作している不要なアプリを閉じるなどのバッテリー管理が重要です。また、バッテリーセーバーモードの利用もおすすめです。

Q
Androidタブレットを保護するには何をすればいいですか?
A

Androidタブレットを保護するためには、まず物理的なダメージから守るために保護ケースやスクリーンプロテクターを使用することが大切です。また、定期的なデバイスのクリーニングや、OSとアプリのアップデートも重要な保護策です。

Q
Androidタブレットはどのような用途で使用できますか?
A

Androidタブレットはビジネス、学習、エンターテイメントなど幅広いシーンで活用可能です。メールやドキュメントの管理、動画視聴、ゲーム、電子書籍の読み取りなど、多機能性が魅力です。

「Androidタブレット」に関して参考になる記事リスト

「Androidタブレット」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

iPadの関連記事

iPadのセール情報についてまとめた記事はこちら。

iPadを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
iPad (Pro)を買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

iPadの購入に関する記事のまとめはこちら。

「iPad10世代対応」現役で使える安いモデルはどれ?
iPadの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

iPadOSの機能に関することはこちらにまとめています。

最新のiPad OS16で変更されたところを解説「ステージマネージャ」
新しいiPad OSの情報をまとめていくページです。現在はiPad OS14に対応中。データ共有でノートパソコンと肩を並べ、Apple Pencilで抜き去った印象。
どれを買うべきか
iPadのおすすめ使い方
スポンサーリンク

「Androidタブレット」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ai 2024 ジェネシス」に関する最新情報です。

    2024年、ジェネシスはIDC MarketScapeにおいて世界的なフロントオフィスの会話型AIのリーダーに選出された。Genesys CloudはAIを活用したカスタマーサービスを世界的に推進しており、GenesysのAI機能は顧客と従業員に関するインサイトを引き出し、結果を予測することができる。ジェネシスは、Genesys Cloudプラットフォームを通じて顧客サポートに重点を置いたAI機能を強化し、750以上の新規顧客がGenesys Cloudを採用している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000121741.html

  2. buchikuma-info より:

    「gen snapdragon snapdragon gen」に関する最新情報です。

    シャオミがSnapdragon 7s Gen 2を搭載したRedmi Pad Proを発表。12.1インチの大型タブレットで、価格は約3万円から。カラーバリエーションやスペックも豊富で、バッテリー容量は10,000mAh。グローバル展開は未定。また、デイリーガジェットYouTubeチャンネルでは、様々な製品のレビューや動画を毎日公開中。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzA0LzEwL3Bvc3QtNzA1ODAv0gEA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「発表 agm agm mobile」に関する最新情報です。

    AGM Mobileは、最新のタブレット「PAD P2」を日本市場に公式発売することを発表しました。PAD P2はAmazon Japanで購入可能で、11インチのディスプレイやMediaTek Helio G99チップセットなど革新的な機能を備えています。また、高解像度の50MPリアカメラや大容量のバッテリーなども特徴です。PAD P2は生産性を向上させるために設計されており、AGM Mobileは耐久性や革新性にコミットしています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vd3d3Lm5pa2thbi5jby5qcC9yZWxlYXNlcy92aWV3LzE3MjM0M9IBAA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「alldocube 60 60 pro」に関する最新情報です。

    AlldocubeからHelio G99搭載の11インチ90Hzリフレッシュレートの「Alldocube iPlay60 Pro」が中国で発表された。スペックはMediaTek Helio G99、8GB RAM、256GBストレージ、10.95インチディスプレイ、16MP+8MP+2MPのリアカメラ、5MPのフロントカメラ、7,000mAhバッテリーなどを搭載。デイリーガジェットYouTubeチャンネルでは、製品のレビューやインタビュー動画を毎日公開している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzA0LzEwL3Bvc3QtNzA1NTkv0gEA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「bluetooth bluetooth キーボード ipad」に関する最新情報です。

    iPadで快適に仕事するためには、サンワダイレクトのBluetoothキーボードが役立つ。ペアリングは簡単で、iPad側のBluetoothをオンにし、キーボードの電源もオンにして、「fn」キーと「C」キーを同時押しするだけで接続できる。このキーボードはiPadやiPhoneをトラックパッドで操作でき、持ち運びも便利だ。

    https://www.lifehacker.jp/article/amazon-sanwa-direct-bluetoothkeyboard-2nd/

  6. buchikuma-info より:

    「管理 スピーカー ロット」に関する最新情報です。

    アンカー・ジャパンが、2024年4月4日に自社製品の自主回収を発表した。回収対象は「Anker SoundCore」「Anker PowerConf S3」で、一部の製品に製造管理上の不備があり、出荷されていたことが判明。特にバッテリーセルの再組立が手作業で行われ、内部短絡の可能性がある製品も含まれていたため、事故を防止するために自主回収が決定された。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2404/04/news118.html

タイトルとURLをコピーしました