PR

Galaxy Watchの最新情報まとめ

スポンサーリンク

「Galaxy Watch」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「Galaxy Watch」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2024年の「Galaxy Watch」新着情報まとめ

Galaxy Watchについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

Galaxy Watchに関する新着ニュース

Galaxy Watchに関する新着ニュースをまとめています。

Galaxy Watch6発売記念キャンペーン

  • 期間中にGalaxy Watch6を購入すると、Samsungオンラインショップで使用できる7,000円分のGalaxy Watch Bandクーポンがプレゼントされる。
  • キャンペーン期間はGalaxy Watch6の発売日から30日間。
  • キャンペーンの対象は、期間内にauでGalaxy Watch6を購入し、キャンペーンサイトから応募した者。
その他の情報
  • 「Galaxy Z Flip5 (512GB)」「Galaxy Z Fold5 (512GB/1TB)」はau Online Shopでの購入が可能。
  • 「Galaxy Z Flip5 (512GB)」の取り扱いカラーはグラファイトのみ。
  • 「Galaxy Z Fold5 (512GB/1TB)」の取り扱いカラーはファントム ブラックのみ。

サムスン、新たなGalaxy製品群を日本市場に投入

  • サムスン電子が「Galaxy Z Fold5」「Galaxy Z Flip5」、「Galaxy Tab S9」シリーズ、そして「Galaxy Watch6」「Galaxy Watch6 Classic」を日本市場に導入することを発表。
  • これらの製品はすでに7月26日の「Galaxy Unpacked」で披露済みで、基本的な特徴は同じもの。しかし、日本市場向けにFeliCa対応などのローカライズが施されている。
  • スマートウォッチの「Galaxy Watch6シリーズ」は、FeliCaに初めて対応したサムスンのスマートウォッチとして注目を集める。
Galaxy Watch6の特徴と日本市場への影響
  • Galaxy Watch6シリーズはFeliCaに対応し、これにより日本のユーザーからのニーズに応えた形に。
  • LTE版のGalaxy Watch6は、ドコモとauからそれぞれ9月と11月に販売が開始され、ネットワーク経由のサービスをスマホなしで利用可能に。
  • Googleとサムスンが21年にスマートウォッチOS「Wear OS」と「Tizen」を統合。この統合により、FeliCa用のアプリが容易に移植できるようになった。
サムスンのスマートウォッチ市場での立ち位置
  • グローバル市場では、サムスンのスマートウォッチはApple Watchに次ぐ高いシェアを持つ。しかし、日本市場ではその存在感を十分に発揮できていない。
  • Galaxy Watch6の導入により、日本市場でのサムスンのシェアが上昇する可能性がある。特にFeliCa対応などのローカライズが、その要因となりそうだ。

Galaxy Watchの新製品情報

Galaxy Watchの新製品情報についてまとめています。

新製品:Galaxy Watch6

2023年8月23日時点でのサムスンのGalaxy Watch6について紹介します。

Galaxy Watch6の特徴
  • 高度な睡眠測定機能とパーソナライズされた健康の確認機能を搭載
  • ディスプレイが最大20%大きく、縁も最大30%スリム化
  • 心電図センサー(ECG)の測定時間が15秒から10秒に短縮
価格

「該当情報なし」円(税込)

Galaxy Watch6のおすすめポイント
  • より大きなディスプレイとスリムなデザインで、情報確認や自分らしさの表現が容易
  • FeliCa対応により、スマートフォンを取り出さずに電子マネーが使用可能
  • プロセッサーが先行モデルより18%高速化し、アプリの起動速度が改善
Galaxy Watch6の気になるところ、注意点
  • 「該当情報なし」
Galaxy Watch6の購入時参考情報
  • 高耐久のサファイアクリスタルガラスを使用し、IP68と5ATM規格に準拠
  • 1回のフル充電で最大40時間使用可能、30分の充電で最大45%まで可能

直近のGalaxy Watchのセール情報

Galaxy Watchの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

「BLACK FRIDAY 2023」:「Galaxy S23 Ultra」「Galaxy Watch6」「Galaxy Watch5」「Galaxy A23 5G」

2023年11月18日時点でのサムスン電子ジャパンの「Galaxy S23 Ultra」「Galaxy Watch6」「Galaxy Watch5」「Galaxy A23 5G」について紹介します。

「Galaxy S23 Ultra」の特徴
  • スリムかつ軽量、洗練されたデザイン
  • 革新的なAI搭載の高性能カメラ
  • 次世代レベルのゲームパフォーマンス
「Galaxy Watch6」「Galaxy Watch5」の特徴
  • 高精度な測定機能
  • 強化されたバッテリー
「Galaxy A23 5G」の特徴
  • スマホデビューに最適な使いやすさ
  • 安心にこだわった設計
価格

各製品により割引額が異なるため、詳細はauまたはUQ mobileのキャンペーンページをご確認ください。

お得度
  • 「Galaxy S23 Ultra」:機種代金16,500円割引
  • 「Galaxy A23 5G」:機種代金11,000円割引
  • 「Galaxy Watch6」:機種代金5,500円割引
  • 「Galaxy Watch5」:機種代金11,000円割引
セール期間

2023年11月16日(木) 0:00〜11月30日(木) 23:59

「Galaxy製品」のメリット、注意したいポイント
  • スマートフォン・タブレット・スマートウォッチ・ワイヤレスイヤホンでシームレスな体験
  • 「SmartThings」による便利なモバイルライフサポート
  • 取扱店舗が限られる可能性があるため、事前の確認が必要
  • 在庫状況により早期終了の可能性あり
  • セールの内容や期間は予告なく変更される場合あり

Samsungオンラインショップ「SUMMERセール」:「Galaxy Watch5 Pro(45mm)」

2023年8月1日時点でのSamsungの「Galaxy Watch5 Pro(45mm)」について紹介します。

「Galaxy Watch5 Pro(45mm)」の特徴
  • スマートウォッチのフラッグシップモデル
  • 高い機能性とデザイン性を兼ね備える
  • 第2弾セールの対象製品として掲載
価格

49,560円(税込)

お得度

30%OFFのセール価格で提供

セール期間

2023年8月15日(火)〜2023年8月31日(木)

「Galaxy Watch5 Pro(45mm)」のメリット、注意したいポイント
  • 「Galaxy Care」の対象製品で、2年間の安心保証サービスが適用される可能性がある。
  • 落下、水濡れ、故障、盗難時に免責金で新品同様品と交換が可能(1年に1回まで)。

スマートウォッチ各メーカーの最新情報

メーカーごとに情報をまとめ始めました。

スマートウォッチを探す際に役立つリンク集

当サイトで取り上げた「スマートウォッチ」に関連した記事をまとめています。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報に関してはこちら。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報
スマートウォッチのセール情報をまとめています。ブログ運営の都合、情報収集に引っかかったセール情報を共有して物欲を他人に転化していくスタイル。
スマートウォッチメーカー最新情報

AppleWatchの関連記事一覧

AppleWatchを購入するときに参考にしたいことはこの記事にまとめています。

「AppleWatch Series9対応」現役でも使えるモデルはどれ?
AppleWatchの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

AppleWatchのセールに関する情報は別サイトでまとめています。

AppleWatchを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AppleWatchを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

以下、AppleWatchについて知りたい場合に参考になる記事をまとめておきました。

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「Galaxy Watch」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「Galaxy Watchとは」的な内容になります。

Galaxy Watchの各モデル解説

Galaxy WatchシリーズはSamsungが提供するスマートウォッチのラインアップです。シリーズは機能性やデザイン、そして使用シーンに応じて様々なモデルが展開されています。以下は、各モデルの特徴やポイントを簡潔にまとめたものです。

Galaxy Watch5 Pro(45mm)

Galaxy Watchシリーズの最新モデルであり、タフネスモデルとしての特徴を持つ「Pro」モデルです。

  • 運動ルートナビゲーション「ルートワークアウト」機能を搭載
  • 「Galaxyバイオアクティブセンサー」で心拍数や体組成の測定が可能
  • Google Wear OS搭載で独立したアプリ動作が可能
おすすめしたい方
  • シチュエーション: 長距離のハイキングやアウトドアアクティビティでの使用を考えている方
  • ユーザー: ハイテクガジェットを好む方や、スポーツ・アウトドア活動が趣味の方
  • おすすめポイント: 運動ルートナビゲーション機能や心拍数モニタリング、そして独立したアプリ動作が可能なため、アウトドアでの活動に最適

Galaxy Watch5(44mm)

日常からアウトドアシーンまでの利用に適したモデル。

  • サファイアクリスタルディスプレイ搭載で視認性と耐久性を両立
  • スマートウォッチを使ったセルフィーやVlog撮影が可能
  • 約30分で最大45%のバッテリーを確保する高速充電
おすすめしたい方
  • シチュエーション: 日常使用やアウトドア活動を想定している方
  • ユーザー: ビジネスマンや日常生活でのスマートウォッチの利用を考えている方
  • おすすめポイント: サファイアクリスタルディスプレイや高速充電機能があり、日常使用からアウトドアシーンまで幅広く対応

Galaxy Watch5(40mm)

軽量でスポーツ利用に適したモデル。

  • 小型軽量でありながら、健康管理機能が充実
  • 体脂肪率や骨格筋率などの詳細なデータ取得が可能
おすすめしたい方
  • シチュエーション: ランニングやスポーツ活動中の使用を考えている方
  • ユーザー: スポーツ愛好者や健康志向の方
  • おすすめポイント: 軽量で健康管理機能が充実しているため、スポーツやフィットネスに最適

Galaxy Watch4 Classic(46mm)

デザイン性を重視したクラシックモデル。

  • クラシックなデザインで高級感がある
  • 物理的な回転ベゼルと鮮やかなディスプレイを採用
  • 睡眠分析や血中酸素レベルのモニタリングが可能
おすすめしたい方

  • シチュエーション: 仕事やフォーマルな場での使用を考えている方
  • ユーザー: デザインや高級感を重視するビジネスマン
  • おすすめポイント: クラシックなデザインと物理的な回転ベゼルが特徴で、ビジネスシーンでも違和感なく利用できる

Galaxy Watch4(40mm)

トレーニングやフィットネスに特化したモデル。

  • 高性能な「バイオアクティブセンサー」で体組成分析が可能
  • トレーニングの自動記録や、90種類以上のエクササイズ対応
  • アーマーアルミニウムのメタルフレームでおしゃれなデザイン
おすすめしたい方
  • シチュエーション: トレーニングやジムでの使用を考えている方
  • ユーザー: フィットネス愛好者やトレーニングを日常的に行う方
  • おすすめポイント: トレーニングの自動記録や体組成分析が可能なため、トレーニングの効果を最大化できる

Galaxy Watch3

2年ぶりに回転ベゼルが復活したモデル。

  • 物理回転ベゼルの搭載と新たなジェスチャー操作対応
  • ECG(心電図)や血圧測定機能の搭載
  • 付属のベルトが本革で質感向上
おすすめしたい方
  • シチュエーション: トレンドを追いかけたい方や、多機能なスマートウォッチを求める方
  • ユーザー: テクノロジーに敏感な方や、多機能なガジェットを好む方
  • おすすめポイント: 2年ぶりに復活した回転ベゼルや新たなジェスチャー操作が特徴で、多機能を楽しめる

Galaxy Watch (初代)

シリーズの起点となる初代モデル。

  • Gear S3の後継としてGalaxyシリーズに組み込まれた
  • Tizen OS搭載で回転ベゼルを特徴として持つ
  • 最大6つのエクササイズを自動認識やストレス測定など新機能の追加

Galaxy Watch(Sumsung)と他社スマートウォッチの主な機能と比較

スマートウォッチの機能はメーカーやモデルによって異なります。心拍数の計測は多くのスマートウォッチで搭載されていますが、通話や電子決済の対応状況は異なります。特に、QRコード決済や心電図の機能は、日本で対応している機種が限られています。

Galaxy Watch4の特徴

Galaxy Watch4はAndroid対応のスマートウォッチで、以下の特徴があります。

  • 通話機能: 有(Bluetooth接続)
  • 電子決済: 無
  • センサー: 電気式生体センサー、光学式心拍数センサー

その他のメーカーとの比較

AppleWatchはQRコード決済や心電図の機能が日本でも利用可能ですが、FitbitやGirminは心電図の機能が日本では未対応です。また、Suica対応の機種は多いものの、PayPayなどのQRコード決済を利用できるのはAppleWatchだけです。

  • AppleWatch: 心電図、通話、Apple Pay(Suica、PASMO、iD、QUICKPay、PayPay など)対応
  • Fitbit: 通話、Fitbit Pay(Suica、PayPay銀行、Sony Bank)対応
  • Girmin: 通話機能は無し、GirminPay(Suica)対応

心拍数の計測とその利点

心拍数の計測は多くのスマートウォッチで可能です。不整脈の検知や、安静時の心拍数と比較しての消費カロリーの計算、ストレス状態の確認など、健康管理に役立つ情報を提供します。

  • 不整脈の検知が可能
  • 安静時の心拍数との比較で消費カロリーを計算
  • ストレス状態の確認ができる

Galaxy Watchの口コミ・評判

Galaxy Watchの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「Galaxy Watch」と検索できます。

Galaxy Watchの知っておきたいよくあるQ&A

「Galaxy Watch」に関するよくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
Galaxy WatchはiOS(iPhone)と互換性がありますか?
A

Galaxy Watchは主にAndroidデバイスとの互換性を持っていますが、一部のモデルはiOSデバイスともペアリングが可能です。ただし、すべての機能がiOSで使用できるわけではありません。

Q
Galaxy Watchのバッテリー寿命はどれくらいですか?
A

モデルや使用状況によって異なりますが、一般的には2-5日の間でのバッテリー寿命が期待されます。連続してGPSや通話機能を使用すると、バッテリーの持ちが短くなる可能性があります。

Q
Galaxy Watchには電子決済機能はついていますか?
A

いくつかのGalaxy WatchモデルにはNFCを搭載しているものがあり、電子決済機能が利用可能です。しかし、日本での対応サービスは限られているので、具体的なサービスや対応状況は確認が必要です。

Q
Galaxy Watchでのアプリの追加やカスタマイズは可能ですか?
A

はい、Galaxy Storeから専用のアプリをダウンロードしてGalaxy Watchに追加したり、ウォッチフェイスをカスタマイズしたりすることが可能です。

Q
Galaxy Watchの防水性能はどの程度ですか?
A

Galaxy Watchは一般的にIP68の防水・防塵性能を持っています。しかし、潜水や高水圧下での使用は推奨されません。水泳やシャワー時の使用はモデルによって異なるため、公式の仕様を確認してください。

「Galaxy Watch」に関して参考になる記事リスト

「Galaxy Watch」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

AppleWatchの関連記事一覧

AppleWatchを購入するときに参考にしたいことはこの記事にまとめています。

「AppleWatch Series9対応」現役でも使えるモデルはどれ?
AppleWatchの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

AppleWatchのセールに関する情報は別サイトでまとめています。

AppleWatchを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AppleWatchを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

以下、AppleWatchについて知りたい場合に参考になる記事をまとめておきました。

スポンサーリンク

「Galaxy Watch」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「シェア suica キャンペーン」に関する最新情報です。

    ドコモ・バイクシェアとJR東日本が共同でキャンペーンを実施。2024年3月1日から3月31日まで、東京・横浜・仙台エリアにSuicaのペンギンと新幹線デザインの自転車を配備。条件を満たすとJRE POINTが当たるキャンペーンで、シェアサイクルを10回以上利用すると当選確率がアップ。Suicaを使って自転車に乗ることでエントリー可能。詳細はドコモ・バイクシェアのホームページで確認可能。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000129457.html

  2. buchikuma-info より:

    「pack quick quick pack」に関する最新情報です。

    2024年2月20日、合同会社NIGが「QUICK PACK 9″」というミニマルバッグの先行販売をMakuakeで開始しました。このバッグはスマホの出し入れが片手でできる特徴や、6つのポケットで収納力が高い点が魅力です。製品は使いやすさにこだわり、一般販売価格は19,300円(税込)で、販売期間は2024年2月20日から4月26日までです。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000074355.html

  3. buchikuma-info より:

    「価格 pixel ドコモ」に関する最新情報です。

    ドコモ、au、ソフトバンクの最新の価格情報によると、法令改正により「Pixel 8」の価格が変動しています。ドコモは実質負担額をやや値上げしましたが、auとソフトバンクは一括価格を値下げしました。MNPを利用する場合、auの実質負担額は100円以下と非常にお得です。ただし、ドコモの実質負担額との差はまだあります。また、128GBモデルはauの一括価格が値下がりし、MNP利用時の実質負担額も大幅に減少しています。しかし、256GBモデルは一括価格は据え置かれ、実質負担額は上昇しています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/10/news060.html

  4. buchikuma-info より:

    「10 タブレット モデル」に関する最新情報です。

    アイワマーケティングジャパンは、2月8日に2つのモデルと3つの機種を持つ10.1型のタブレットを発売しました。これらのタブレットは多目的に使用できる機能を搭載しており、価格は2万7800円から3万1800円(税込み)で提供されます。提供場所はaiwaの直販サイト、家電量販店、ネットショッピングサイトです。具体的なモデルと価格は、メインメモリ4GB、内蔵ストレージ64GB、グレーのaiwa tab AS10-2(4)が2万9800円、メインメモリ6GB、内蔵ストレージ128GB、ブラックのaiwa tab AS10-2(6)が3万1800円です。また、SIMロックフリーモデルの「aiwa tab AB10L-2」は10.1型ディスプレイ(1920×1200ピクセル)を備え、5G通信やUSB Type-Cポート、衛星測位に対応しています。OSはAndroid 13で、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB、バッテリー容量は5000mAhです。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/09/news122.html

  5. buchikuma-info より:

    「10 タブレット モデル」に関する最新情報です。

    アイワマーケティングジャパンは、2月8日に2モデル3機種のタブレットを発売しました。10.1型ディスプレイを搭載し、多目的に使える機能を備えています。価格は2万7800円から3万1800円(税込み)で提供されます。モデルによってメモリやストレージの容量が異なり、SIMロックフリーモデルには5G通信やUSB Type-Cポート、衛星測位に対応しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzI0MDIvMDkvbmV3czEyMi5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzI0MDIvMDkvbmV3czEyMi5odG1s?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「ドコモ 23 galaxy」に関する最新情報です。

    2023年12月27日に改正された「電気通信事業法第27条の3」に関する省令により、「Galaxy S23」のキャリア価格が変わりました。ドコモ、au、楽天モバイルのオンラインショップでの価格を比較してみましょう。

    ドコモのGalaxy S23は、1回払いの価格が2万円値上げされました。しかし、ドコモの「いつでもカエドキプログラム」を適用し、23カ月目に返却する場合の実質負担額は、改定前と比べて3万4520円高くなりましたが、1月26日からは約1万円下がる予定です。

    一方、auのGalaxy S23は、1回払いの価格が2万1530円値下げされました。しかし、実質負担額は変わっていません。

    楽天モバイルのGalaxy S23については、具体的な価格変動についての情報は提供されていません。

    以上の情報から、ドコモのGalaxy S23が最もお得な選択肢となりますが、楽天モバイルの価格については詳細が不明です。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/25/news072.html

  7. buchikuma-info より:

    「ドコモ 23 galaxy」に関する最新情報です。

    「Galaxy S23」のキャリア価格が法令改正によってどれくらい変わったのか、ドコモ、au、楽天モバイルの最安値を比較しています。ドコモでは「いつでもカエドキプログラム」を適用した場合、1回払いの価格が2万円上がり、実質負担額も3万4520円高くなりましたが、1月26日からは約1万円下がる予定です。一方、auでは1回払いの価格が2万1530円下がりましたが、実質負担額は変わっていません。楽天モバイルの価格については記載されていません。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzI0MDEvMjUvbmV3czA3Mi5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzI0MDEvMjUvbmV3czA3Mi5odG1s?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「mub 月間 tver」に関する最新情報です。

    民放公式テレビ配信サービスのTVerは、2023年12月における月間ユニークブラウザ数(MUB)が3129万に達し、前年同月比で約124%の成長を達成したことを発表しました。また、月間再生数も3.98億回を突破しました。さらに、2023年12月のコネクテッドTV(CTV)での再生回数は約1億1500万回で、前年同月比で約162%増加しました。TVerの視聴者の約3割がCTV経由で視聴しており、CTV経由での番組完再生率は71%と、PCやスマートフォンよりも高い水準となっています。TVerは利用率増加に取り組む考えを示しています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/22/news079.html

  9. buchikuma-info より:

    「モデル 16 モバイル」に関する最新情報です。

    富士通クライアントコンピューティングは、家族で使えるモバイルPC「LIFEBOOK MH」の2024年春モデルを発表しました。新しいモデルでは、16:10のアスペクト比のディスプレイを搭載し、外でも利用できるようになっています。また、Webカメラのスペックも向上させています。カスタムメイドモデルも用意されており、直販限定モデルも登場しています。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2401/16/news085.html

  10. buchikuma-info より:

    「着陸 投入 軌道」に関する最新情報です。

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小型実証機「スリム(SLIM)」を計画通り月を周回する軌道に投入し、日本初の月面着陸を目指していることを発表しました。これにより、1月20日に月面着陸が予定されています。過去には日本の探査機が月面着陸を試みたこともありましたが、通信が途絶し計画は断念されました。しかし、JAXAのスリムは新たな挑戦として注目されており、成功すれば日本は米国、旧ソ連、中国、インドに続く5カ国目の月面着陸を達成することになります。

    https://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/2312/26/news099.html

  11. buchikuma-info より:

    「apple watch sales」に関する最新情報です。

    AppleはWatch Series 9とUltra 2のオンライン販売を停止しました。これは、Appleが特許紛争により販売を一時停止せざるを得なくなったことを確認したという週の初めに発表された驚きの動きです。Appleの公式ウェブサイトでは、”現在利用できません”という表示がBuyボタンの代わりに表示されています。また、Apple Watch Ultra 2も同様に利用できませんが、エントリーレベルのApple Watch SEはまだ購入可能であり、Series 9はAmazonなどのオンラインストアでまだクリスマス前に配送されることが約束されています。さらに、米国国際貿易委員会による血中酸素濃度測定機能を含むApple Watchデバイスに関する知的財産紛争の審査期間が進行中であり、審査期間は12月25日まで続きます。Appleはこの判決に従うための措置として、12月21日からApple.comでのWatch Series 9とUltra 2の販売を一時停止し、12月24日からAppleの店舗でも販売を一時停止しています。

    https://techcrunch.com/2023/12/21/apple-has-halted-watch-series-9-and-ultra-2-online-sales/

  12. buchikuma-info より:

    「モデル ウォッチ 12」に関する最新情報です。

    この記事は、2023年12月版の安価ながら使い勝手の良いスマートウォッチおすすめ4選を紹介しています。5000円以下で購入できる人気モデルも含まれています。紹介されているモデルは、シャオミのスマートバンド8、ファーウェイのBand 8、シャオミのRedmi Watch 3 Active、Zepp HealthのAmazfit Bip 3です。また、記事内ではApple Gift Cardや楽天ポイントの活用方法も紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvZmF2L2FydGljbGVzLzIzMTIvMjEvbmV3czA2My5odG1s0gE2aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9mYXYvYW1wLzIzMTIvMjEvbmV3czA2My5odG1s?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「購入 ウォッチ ウォッチ 購入」に関する最新情報です。

    MMD研究所の調査によると、スマートウォッチの購入決め手として、通知の確認が最も重要視されていることが明らかになりました。しかし、Apple Watchの所有率は11%に留まり、認知度は8割を超えているものの、購入率は低いことが分かりました。また、年代別の利用状況を見ると、20代の男性がスマートウォッチの購入決め手として特に関心を持っていることがわかりました。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2312/19/news062.html

  14. buchikuma-info より:

    「購入 ウォッチ ウォッチ 購入」に関する最新情報です。

    MMD研究所による調査によると、Apple Watchの認知度は8割を超えているが、所有率は11%に留まっていることが明らかになった。調査によれば、スマートウォッチを購入する決め手の1位は「通知の確認」ではなく、健康関連のデータ計測であることがわかった。また、スマートウォッチの購入を検討している人の中で、重視する要素としては、スマートフォンとの連携や通知の確認が上位に挙げられている。一方で、興味はあるが購入しない理由としては、充電の長時間利用や一回の充電での持続時間が不足していることが挙げられている。Apple Watchの所有率は20代の男性で最も高く、84.7%であることも分かった。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvYnVzaW5lc3MvYXJ0aWNsZXMvMjMxMi8xOS9uZXdzMDYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「apple watch apple halt」に関する最新情報です。

    タイトル: Apple、Apple Watch Series 9とWatch Ultra 2の販売を停止

    Appleは、Apple Watch Series 9とWatch Ultra 2の販売を停止することを発表しました。これは、米国国際貿易委員会が特許紛争に関連して禁止措置を検討しているためです。特許技術に関する争いがあり、Appleが最新のApple Watchモデルで使用している血中酸素センサーに関連していると報じられています。Appleは、12月21日午後3時からApple.comでの販売を一時停止し、12月24日からは小売店での在庫もなくなる予定です。この禁止措置は、Appleのウェアラブル製品の輸入にも関係しており、AmazonやBest Buyなどの小売業者にも影響を与える可能性があります。

    この特許紛争は、医療テクノロジー企業のMasimoとの間で長期にわたって続いており、MasimoはAppleが特許侵害を行ったと主張しています。判事は2021年にMasimoの特許に関連する光ベースの血中酸素モニタリングについてAppleが特許侵害を行ったと判断しました。この判決により、12月25日までの60日間の大統領審査期間が設けられました。Appleは事前に対応策を取り、ウェアラブル製品を市場に戻すためのいくつかのオプションを検討しています。これには、連

    https://www.wired.com/story/apple-suspends-sales-watch/

  16. buchikuma-info より:

    「50 スマートフォン メーカー」に関する最新情報です。

    2023年の最新調査結果によると、50代の人々が信頼しているスマートフォンのメーカーランキングが発表されました。調査は全国の50代の男女を対象に行われ、信頼できるスマートフォンメーカーについてのアンケートが実施されました。結果では、16社のメーカーがランキングに入りましたが、第1位はソニーでした。ソニーは50代の人々にとって非常に信頼性の高いメーカーとされています。その他の上位メーカーには、Apple、シャープ、Google、京セラなどがありました。この調査結果は、50代の人々がスマートフォンを選ぶ際の参考になるでしょう。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vbmxhYi5pdG1lZGlhLmNvLmpwL3Jlc2VhcmNoL2FydGljbGVzLzIxMDc0ODcv0gE5aHR0cHM6Ly9ubGFiLml0bWVkaWEuY28uanAvcmVzZWFyY2gvYXJ0aWNsZXMvMjEwNzQ4Ny9hbXAv?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「デビュー 000 band」に関する最新情報です。

    「HUAWEI Band 7」は、スマートウォッチデビューに最適な1本で、現在はほぼ半額の5,000円以下で購入することができます。このスマートウォッチは、スマホを触る時間を削減することができ、初めてのスマートウォッチとしておすすめです。また、バッテリーの持ちが良く、健康管理機能も充実しているため、日常の健康管理にも役立ちます。現在のセール期間中に購入することができるので、興味がある方はチェックしてみてください。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3LnJvb21pZS5qcC8yMDIzLzEyLzExMzExNDEv0gEA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「23 23 ワイヤレス apple」に関する最新情報です。

    2023年冬にソニー、Apple、ボーズ、Technicsの完全ワイヤレスイヤフォンが気になるということで、AV Watchの編集部で一斉試聴が行われました。編集部は4つの機種を選び、それぞれの特徴を評価しました。選ばれた機種は、AppleのAirPods Pro(第2世代)、ソニーのWF-1000XM5、パナソニックのEAH AZ80、ボーズのQuietComfort Ultra Earbudsです。これらの機種は、ワイヤレスイヤフォンの定番として人気があり、最新の機能や価格などが注目されています。試聴結果は参考になるとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vYXYud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL3Jldmlldy9yZXZpZXcvMTU0OTI1Mi5odG1s0gEA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「23 galaxy galaxy 23」に関する最新情報です。

    KDDIは、12月12日からauの「Galaxy S23/S23 Ultra」をAndroid 14へアップデート可能にすると発表しました。このアップデートでは、テーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理などの改善が行われます。また、アップデートのファイルサイズは約2.9〜3.0GBで、Wi-Fiを利用しての更新が推奨されています。アップデートにより、Galaxy S23 SCG19とGalaxy S23 Ultra SCG20のソフトウェアやアプリの一覧、設定、ダウンロード、インストールなどが最新のビルド番号に更新されます。さらに、Android 14では壁紙の切り替えやカスタマイズ、画面の調整などが可能であり、HDR画像や動画のサポートも強化されます。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2312/11/news123.html

  20. buchikuma-info より:

    「galaxy 割引 セール」に関する最新情報です。

    サムスンの公式オンラインショップで開催されるGalaxy Holidayセールでは、最新のスマートウォッチやタブレットが最大60%オフで購入できます。セール対象の製品にはGalaxy Watch 6シリーズやGalaxy Tab S9+も含まれています。セール期間は2023年12月7日から25日までです。また、セール対象の製品にはノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンや各種アクセサリもあります。このセールはSamsungオンラインショップでのみ利用可能で、2023年2月28日までサービスが開始されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vbGltby5tZWRpYS9hcnRpY2xlcy8tLzUwMTA40gEA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「apple 新製品 新製品 発表」に関する最新情報です。

    2024年にAppleが発表する新製品についての噂をまとめました。2024年前半には新型iPad ProやM3搭載Mac、iPhone SEなどが発表される可能性があります。また、2024年後半にはApple Vision Proや新型iPad Pro、iPad Air、MacBook Airなどが発表されると予想されています。さらに、2024年にはLightningポートからUSB-Cポートへの切り替えも予想されています。詳細な発表時期はまだ不明ですが、2024年には多くの新製品が期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTYxNDg5L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTYxNDg5L2FtcC8?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「情報 paypay 位置」に関する最新情報です。

    PayPayは、位置情報を利用してお得な店舗をマップで探せる「近くのおトク」機能を追加しました。この機能により、位置情報や住所からエリア検索が可能となり、クーポンやキャンペーン情報を取得することができます。PayPayは、オンラインとオフラインの垣根をなくすことを目指しており、EC構築プラットフォーム「w2Commerce」と「リピートPLUS」を通じてPayPay決済やPayPayポイントの対応を開始しています。これにより、PayPayの利用者はさらに便利にお得な情報を得ることができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vZWNub21pa2F0YS5jb20vZWNuZXdzLzQxMjQxL9IBAA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました