PR

iPhoneおすすめモバイルバッテリー新着情報

スポンサーリンク

「モバイルバッテリー」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「モバイルバッテリー」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2024年の「モバイルバッテリー」新着情報まとめ

モバイルバッテリーについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

モバイルバッテリーに関する新着ニュース

モバイルバッテリーに関連する話題をまとめていきます。

モバイルバッテリー口コミの重視ポイント調査

2023年11月27日の、モバイルバッテリーのどんな内容の口コミを参考にするかに関する調査に関する情報をお届けします。

  • 調査対象:10代以上の男女
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:100人(男性30人、女性70人)
調査結果サマリー
  • 1位:重さ・サイズ
    • モバイルバッテリーは携帯用であり、サイズが大きいか重すぎると不便。
    • コンパクトで軽いものが好まれる。
    • カバンの重さを軽減するために重さ・サイズを重視。
  • 2位:充電可能回数
    • 停電時のバックアップ用として充電回数が多いほうが魅力的。
    • コンセント充電器が使えない環境を想定し、長く使えるものを求める。
  • 3位:充電スピード
    • 充電スピードについてはパッケージに書かれていないことが多く、口コミが重要視される。
    • 外出時の充電で、時間を短くすることが重要。
  • 4位:耐衝撃性
    • バッグに入れての衝撃耐性が重要。
    • 落下や外部衝撃に強いものを好む。
    • 発火や爆発のリスクを減らすために耐衝撃性を重視。
  • 5位:使いやすさ
    • 実際の使用者の口コミが使いやすさの参考になる。
    • 充電スピードや機能性も大切だが、使いやすさが優先される。
  • 6位:機能性
    • 重さ・サイズの他に、充電以外の機能があるかどうかを確認。
まとめ
  • アンケート結果によると、「重さ・サイズ」を重視する人が全体の35.0%。
  • 持ち運びやすさやモチの良さを重要視する傾向が明らかに。
  • モバイルバッテリー選びにおいて、利便性と実用性が重要なポイントとなる。

「すかいらーくグループ店舗へのChargeSPOT設置拡大」

2023年11月6日の、モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」に関する情報をお届けします。

  • 株式会社INFORICHは、すかいらーくグループが運営するファミリーレストラン約800店舗に「ChargeSPOT」を設置することを発表しました。
  • 「ChargeSPOT」は、モバイルバッテリーを借りることができるシェアリングサービスで、全国約40,000台の設置場所を持ちます。
  • このサービスは2018年4月から開始され、日本国内47都道府県に加えて、海外の香港、タイ、台湾、中国にも展開されています。
「ChargeSPOTサービスの特徴と利便性」

「ChargeSPOT」は、専用アプリを使用してバッテリースタンドのQRコードをスキャンするだけで簡単にバッテリーをレンタルできるサービスです。このサービスの設置拡大により、すかいらーくグループの店舗ではお食事中の充電ニーズに応え、顧客の利便性を向上させることが可能になります。また、国内外での設置拡大により、より多くの場所でモバイルバッテリーを利用できるようになり、外出時の充電不足を解消するサポートを提供します。

2023年9月の位置ゲーム向けモバイルバッテリーランキング

2023年09月09日の、位置ゲーム用モバイルバッテリーのおすすめランキング情報をお届けします。

  • 『信長の野望 出陣』が8月末にリリースされ、『モンスターハンターNow』が9月14日にリリース予定
  • 位置ゲームがはかどる秋季に向けて、おすすめのモバイルバッテリーをランキング形式で紹介
  • 編集部独自のランキングを提供
モバイルバッテリーランキング詳細

以下の表に、ランキング形式でおすすめのモバイルバッテリーをまとめました。

ランキング商品名容量特徴
1位VAVACO モバイルバッテリー20,000mAh薄型で持ち運びに便利、iPhone 13は約3回、iPad Airは約1.5回、Nintendo Switchは約2回充電可能
2位VenteLand モバイルバッテリー20,000mAhコンパクトでワイヤレス充電機能付き、最大5台同時充電可能
3位マグネット式ワイヤレス充電8,000mAhMagSafe対応、有線無線ともに対応、持ち運びに便利
4位Anker 521 Power Bank5,000mAhUSB急速充電器とモバイルバッテリーの2役、2台同時充電可能
5位ソーラーチャージャー30,000mAhソーラー蓄電機能とIP67レベルの防水・防塵性能付き、アウトドアに最適
その他の情報
  • この他にも位置ゲームに便利なウェストポーチのランキング情報があります(2023年9月版).
  • 商品は楽天市場で購入可能です。

JUREN株式会社が「充レン」のモバイルバッテリーレンタルサービスを事業承継

2023年8月31日の、モバイルバッテリーレンタルサービスに関する情報をお届けします。

  • JUREN株式会社(東京都港区)が、東京電力エナジーパートナー株式会社(東京都中央区)が運営していたモバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」を事業承継。
  • 「充レン」は2018年7月から実証実験を開始し、2020年2月からは全国規模で3,000ヶ所以上、特に350駅以上の鉄道駅で展開。
  • 事業承継により、「充レン」は更なる成長を目指し、交通系ICに対応した新デバイスの展開などが予定されている。
事業承継の背景と今後の展望
  • 事業承継の背景としては、サービス需要の拡大や機能充実が必要とされ、これに応えるため事業の展開を加速する必要があった。
  • JUREN株式会社は、GREEN UTILITY株式会社(東京都新宿区)の連結子会社として新設され、この度事業承継を行う。
サービスの詳細
  • レンタルスタンドは全国各地の約3,000箇所に設置。
  • 一台330円(税込)で、レンタル当日から翌日24時まで利用可能。
  • 3種類の接続端子を装備し、様々な端末に対応。
  • すべての充電電力は、グリーン電力証書を取得したクリーンな電力で提供。

公式Webサイト: https://ju-ren.jp/

モバイルバッテリーの膨張問題とそのリスク

2023年8月31日の、モバイルバッテリーの安全性に関する情報をお届けします。

  • 大半のモバイルバッテリーは「リチウムイオン」を素材としており、高いエネルギー密度で長持ちする設計となっている。
  • リチウムイオンバッテリーは熱に弱く、45℃前後の環境で急速に劣化し、膨張する可能性がある。
  • 膨張したバッテリーは化学反応により不可逆的なダメージを受け、元の状態に戻すことはできない。
注意点とリスク
  • 膨張したバッテリーは非常に危険で、爆発や炎上のリスクがある。
  • 車内などの高温環境に放置すると、バッテリーが急速に劣化する。

このように、モバイルバッテリーの扱いには十分な注意が必要です。特に高温環境下での使用や保管は避け、定期的な点検を行うことが推奨されます。安全性を確保するためにも、バッテリーの膨張やその他の異常に気づいた場合は、すぐに専門の修理サービスに相談することが重要です。

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」、みなとみらい線に設置

2023年8月24日の、モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」に関する情報をお届けします。

  • 株式会社INFORICHが展開する「ChargeSPOT」が、8月24日(木)より横浜高速鉄道株式会社が運営するみなとみらい線の駅に設置されます。
  • 日本設置台数シェアNo.1の「ChargeSPOT」は、2018年4月から全国の駅、空港、商業施設などでサービスを開始し、現在約40,000台の設置場所があります。
  • 今回、みなとみらい線の5駅に設置が開始。観光スポットの最寄り駅として、観光客利用も期待されます。また、災害時には無料でバッテリーを貸し出すサービスも提供。
設置に関する詳細
  • 設置日:8月24日(木)10時より
  • 設置駅:新高島、みなとみらい、馬車道、日本大通り、元町・中華街
  • 詳しい設置場所は、ChargeSPOTの公式HPやアプリ内で確認可能。
ChargeSPOTのサービス概要
  • レンタル方法:「ChargeSPOT」対応アプリでバッテリースタンドのQRをスキャン。
  • 設置地域:日本全国47都道府県、さらに香港、タイ、台湾、中国などグローバルに拡大中。
ChargeSPOT利用料金
利用時間料金(税込)
30分未満165円
3時間未満360円
6時間未満450円
24時間未満540円
1日(24時間)ごとの追加料金360円

※レンタル開始後120時間(5日間)を超えた場合、合計3,980円(利用料、違約金2,000円を含む)の支払い義務が発生。

車内にモバイルバッテリー放置は発火リスク

  • 独立行政法人のNITEが、車内にモバイルバッテリー等を放置すると発火の可能性があると警告。
  • 過去5年間で、車内に放置されたモバイルバッテリーからの発火事例が全国で11件報告されている。
  • NITEの実験映像では、炎天下の車内でリチウムイオン電池を含むモバイルバッテリーが膨張し、最終的に燃え上がる様子が確認される。
リチウムイオン電池に関する補足
  • リチウムイオン電池は、モバイルバッテリーのみならず、スマートフォンや小型扇風機など多くの製品に使用されている。
  • 高温となる車内にリチウムイオン電池を含む製品を放置するのは避けるべき。
  • 特に直射日光が当たるダッシュボードなど、高温になりやすい場所にスマホ等を放置しないようにとの注意喚起がある。

上記の内容で情報をまとめました。何か追加や修正が必要な点がございましたら、お知らせください。

【推しの子】アイをモチーフにしたグッズ販売開始

  • アニメ【推しの子】のモチーフとしてキャラクター「アイ」をデザインした商品が通販サイト「AMNIBUS」で受注開始。
  • 商品ラインナップとしてモバイルバッテリー、キーケース、マグカップがあり。
  • 受注開始日は2023年8月10日。
商品詳細
  • 「アイ モチーフ柄 モバイルバッテリー」: 5478円(税込)。特徴として、軽量かつコンパクト。
  • 「アイ モチーフ柄 キーケース」: 4378円。大きいキーリング2つ、小さいキーリング5つとカード収納ポケットを装備。
  • 「アイ モチーフ柄 マグカップ」: 1650円。陶器製で少し大きめのサイズ。

モバイルバッテリーの正しい処分についての認識と実際【SheepDog調査】

  • 仕事やプライベートでスマホを使用する現代人の間で、モバイルバッテリーの持ち歩きは一般的となっている。
  • モバイルバッテリーの寿命はおおよそ1~2年で、劣化後の正しい処分が課題となる。
  • 株式会社SheepDogが行った調査によれば、モバイルバッテリーの正しい処分方法を知らずに普通ごみとして捨てたことがある人が10%以上存在する。
アンケート結果の詳細
  • 正しい処分方法を知りつつ、普通ごみとして捨てた人:4%
  • 正しく処分している人:19.33%
  • 正しい捨て方を知らないで、普通ごみとして捨てた人:7.33%
  • モバイルバッテリーを所持していたが、まだ処分したことがない人:40.67%
年代別の捨て方の実態
  • 20代:10%
  • 30代:18%
  • 40代:6%

30代がモバイルバッテリーを普通ごみとして捨てる割合が最も高く、40代の3倍もある。

モバイルバッテリーの正しい処分方法
  • モバイルバッテリーはリチウムイオン電池を主成分としており、誤った処分方法は発火のリスクがある。
  • 正しい処分方法は、家電量販店などに設置されているリサイクルBOXに持ち込むこと。
  • 近くのスーパーやホームセンターにもリサイクルBOXがある場合がある。
  • 携帯キャリアの店舗でもモバイルバッテリーの回収サービスがある場合がある。

講談社「マガポケ」8周年記念!17万2800mAhバッテリーで何話の漫画が読める?

  • 講談社の漫画アプリ「マガポケ」が8周年を記念し、大容量バッテリーが当たるキャンペーンを実施。
  • 17万2800mAhのバッテリーは、スマートフォンを約33回フル充電可能。
  • 編集部の計算によると、「はじめの一歩」は最新話まで1回、「東京卍リベンジャーズ」は全巻を5回、「ファブル」は全巻を4回読むことができる。
キャンペーン詳細
  • 大容量バッテリーは1名に当選。
  • マガポケアカウントをフォローし、「#無人島でもマガポケ」タグで8周年のお祝いコメントをXに投稿することで応募が完了。
  • 当選者にはDMで結果が通知される。キャンペーン期間は7日まで。
「マガポケ」アプリの特典
  • 「はじめの一歩」の作者・森川ジョージ氏を皮切りに、多くの人気作家からのお祝いコメントが寄せられている。
  • 参加作家リスト:
    • 森川ジョージ、ナナシ、真島ヒロ、真木蛍五、和久井健、石沢庸介、吉河美希、中武士竜、宮島礼吏、にいさとる、諫山創、三香見サカ、鈴木央、金田陽介、ノ村優介、金城宗幸、三簾真也など
  • 作品の無料公開企画などの詳細はマガポケアプリ内で確認可能。

急速充電 vs ノーマル充電:モバイルバッテリーの消耗比較

  • モバイルバッテリー「cheero Power Plus 5」の使用でiPhone 14の充電を実施。
  • 「cheero Power Plus 5」は最大45WのUSB Type-C端子と12WのType-A端子を持つ。
  • iPhone 14の急速充電には20W以上の給電が必要。
  • アップル公式:急速充電で30分で最大50%まで充電可能、但し20W以上の電源アダプターが必要。
充電テスト結果
  • 45W給電 (急速充電)
    • 充電時間:約1時間33分
    • モバイルバッテリー残量:66%
    • 使用容量:約5100mAh
    • ロス:約1800mAh (約35%の電力ロス)
  • 12W給電 (ノーマル充電)
    • 充電時間:約4時間
    • モバイルバッテリー残量:56%
    • 使用容量:6600mAh
    • ロス:約3300mAh (約50%の電力ロス)
考察/補足
  • 急速充電を使用した場合、消耗されるモバイルバッテリーの電力が少ない。
  • 一方、急速充電はバッテリーの劣化を早める可能性がある。
  • 電源補充が難しい場面(キャンプや登山など)では、急速充電の方がバッテリーの消耗を抑えられる。

モバイルバッテリーの新製品情報

モバイルバッテリーの新製品情報があったらまとめていきます。

新製品:「ゲオ限定モバイルバッテリー3種」

2023年12月15日時点でのゲオストアの「ゲオ限定モバイルバッテリー3種」について紹介します。

「ゲオ限定モバイルバッテリー3種」の特徴
  • 「PD20,000mAh モバイルバッテリー(GH-BTPWG200)」と「PD10,000mAh モバイルバッテリー(GH-BTPWG100)」は最大20Wの急速充電対応。
  • USB Type-AポートとUSB Type-Cポートを搭載し、2台の端末を同時充電可能。
  • 小型化された新モデル。
  • 「10,000mAh モバイルバッテリー(GH-BTWG100)」は最大出力2.4Aで充電可能。
  • バッテリー残量はパーセント表示で確認でき、飛行機への持ち込みが可能。
価格
  • 「PD20,000mAh モバイルバッテリー(GH-BTPWG200)」:3278円(税込)
  • 「PD10,000mAh モバイルバッテリー(GH-BTPWG100)」:2178円(税込)
  • 「10,000mAh モバイルバッテリー(GH-BTWG100)」:1848円(税込)
「ゲオ限定モバイルバッテリー3種」のおすすめポイント
  • 大容量で長時間の使用が可能。
  • 複数の端末を同時に充電できる利便性。
  • 急速充電機能で時間を節約できる。
「ゲオ限定モバイルバッテリー3種」の気になるところ、注意点
  • カラーバリエーションが限られている。
  • モバイルバッテリーのサイズによっては、持ち運びの際に場所を取る可能性がある。
「ゲオ限定モバイルバッテリー3種」の購入時参考情報
  • 販売店舗:ゲオオンラインストアおよび全国のゲオショップ931店舗。
  • 販売開始日:2023年12月13日から順次取り扱い開始。

新製品:「cheero 65W GaN 3 ports USB PD Charger」

2023年12月12日時点でのティ・アール・エイ株式会社の「cheero 65W GaN 3 ports USB PD Charger」について紹介します。

cheero 65W GaN 3 ports USB PD Chargerの特徴
  • 次世代半導体GaN(窒化ガリウム)を採用し、高出力でも発熱を抑える。
  • 3台同時充電が可能、USB-C1ポート単独利用で最大65Wの高出力。
  • AUTO-IC機能搭載で、接続したデバイスに最適な電流を自動判別。
  • PSE認証取得済みで、国の定める安全基準をクリア。
  • コンパクトかつ軽量で携帯に便利、シンプルなマットホワイトのデザイン。
価格
  • 初回限定価格:3,280円(税込・送料込)
  • 通常価格:3,680円(税込・送料込)
cheero 65W GaN 3 ports USB PD Chargerのおすすめポイント
  • USB-C1ポートでの高出力充電が可能で、時間の節約に貢献。
  • 複数デバイスの同時充電が可能で、効率的に充電管理。
  • コンパクトながら高出力なので、出張や旅行にも最適。
cheero 65W GaN 3 ports USB PD Chargerの気になるところ、注意点
  • 窒化ガリウム製品は比較的新しいため、長期的な耐久性がまだ未知数。
cheero 65W GaN 3 ports USB PD Chargerの購入時参考情報
  • 販売開始日時:2023年12月12日(火)正午から。
  • 販売チャネル:cheero公式ページ、Amazon、楽天、Yahooで販売。

新製品:cheero Pocheri

2023年11月18日時点でのティ・アール・エイのモバイルバッテリー「cheero Pocheri(ポシュリ)10000mAh/5000mAh」について紹介します。

cheero Pocheriの特徴
  • 容量:10000mAhと5000mAhのバージョン
  • マットカラーでサラッとした肌触り
  • 丸みのあるフォルムで手の平サイズのコンパクト設計
  • USB Type-A端子とUSB Type-C端子(PD対応、最大18W)
  • 2ポート同時出力可能
  • PSE認証取得済みの安全性
価格
  • 10000mAhモデル:3780円(初回限定価格3480円)
  • 5000mAhモデル:2980円(初回限定価格2680円)
cheero Pocheriのおすすめポイント
  • コンパクトで持ち運びやすいデザイン
  • 2種類の容量から選べる利便性
  • PD対応で高速充電可能
  • 複数デバイス同時充電が可能
cheero Pocheriの気になるところ、注意点
  • 初回限定価格後の価格上昇が予想される
  • 小型化に伴い、大容量バッテリーを求めるユーザーには不向きかもしれない
cheero Pocheriの購入時参考情報
  • 販売開始日:2023年11月15日
  • 販売店舗:cheero公式ページ、楽天、Yahoo!、Amazon
  • 送料込み価格での販売

新製品:高性能IC搭載モバイルバッテリー 10000mAh NIC10000GF ホワイト

2023年11月18日時点でのニトリのモバイルバッテリー「高性能IC搭載モバイルバッテリー 10000mAh NIC10000GF ホワイト」について紹介します。

高性能IC搭載モバイルバッテリー 10000mAh NIC10000GF ホワイトの特徴
  • 容量:10000mAh
  • カラー:ホワイト
  • コンパクトで大容量
  • サイズ:幅12×奥行5.1×高さ1.3cm
  • バッテリー残量をLEDで表示
  • 2台同時充電可能
価格
  • 1,990円(税込、旧価格2,790円)
高性能IC搭載モバイルバッテリー 10000mAh NIC10000GF ホワイトのおすすめポイント
  • 手ごろな価格で高性能なバッテリーを提供
  • コンパクトサイズで持ち運びに便利
  • LED表示でバッテリー残量が一目で分かる
高性能IC搭載モバイルバッテリー 10000mAh NIC10000GF ホワイトの気になるところ、注意点
  • 値下げ販売は期間限定の可能性
  • デザインはシンプルなホワイトのみ
高性能IC搭載モバイルバッテリー 10000mAh NIC10000GF ホワイトの購入時参考情報
  • 販売店舗:ニトリ公式通販サイト「ニトリネット」
  • 他にもサイズやバッテリー容量の異なる製品が値下げ販売されている

新製品:「MagOn 5000」

2023年9月29日時点でのMATECH株式会社の「MagOn 5000」について紹介します。

MagOn 5000の特徴
  • 世界最薄、厚さたったの8.6mm
  • 重量117gで軽量
  • 容量5,000mAh、スマートフォン1回分の充電が可能
価格

5,990円(税込)

MagOn 5000のおすすめポイント
  • 充電器とバッテリーの2-in-1で、外出時にはそのままバッテリーとして使用可能
  • MagSafe対応で、磁力でピタッと貼り付け、安定した充電が可能
MagOn 5000の気になるところ、注意点
  • ワイヤレス充電対応のiPhoneは最大7.5W、Androidは機種によって最大15Wのワイヤレス充電が可能
  • マグネット吸着は、MagSafe対応 iPhoneのみ対応
MagOn 5000の購入時参考情報
  • 販売開始日: 2023年9月26日
  • 販売店舗: Amazon.co.jp
  • USB-C ポートは、最大20W出力で、iPhone 14 / 14 Proを急速充電可能
  • 最大22Wの急速充電が利用可能なPPS対応機種も対応

新製品:Anker Charging Base (100W)

2023年9月17日時点でのAnker社の「Anker Charging Base (100W)」について紹介します。

Anker Charging Base (100W)の特徴
  • 最大100Wでの急速充電が可能で、ノートPCやスマホにも対応
  • ケーブルを使わず、置くだけで充電が開始するポゴピン端子搭載
  • コンパクトながら4ポートを搭載し、最大4台の機器に同時に充電可能
価格

6,990円(税込)

Anker Charging Base (100W)のおすすめポイント
  • GaN(窒化ガリウム)技術を採用しており、一般的な96W出力の充電器と同サイズで更に高出力
  • 簡単かつ急速にモバイルバッテリー、スマホ、ノートPCなど複数のデバイスを充電できる
Anker Charging Base (100W)の気になるところ、注意点
  • Anker Primeシリーズのモバイルバッテリー専用であるため、他のシリーズのバッテリーには使用できない
  • 現時点での情報では、他に特に明示されたデメリットや注意点は見当たりません
Anker Charging Base (100W)の購入時参考情報
  • 商品にはAnker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank、電源コード (1.2m) 、取扱説明書、カスタマーサポートが含まれる
  • 購入時にはAnker Primeシリーズのモバイルバッテリーとの互換性を確認することが推奨されます

Anker Charging Base (100W)は、最大100Wの急速充電が可能な高性能充電器です。GaN(窒化ガリウム)技術の採用により、コンパクトながら4ポートを搭載し、複数のデバイスを同時に充電することが可能です。価格も6,990円(税込)と手頃で、モバイルバッテリーだけでなく、ノートPCやスマホへの急速充電にも対応しており、非常に便利なアクセサリーです。ただし、Anker Primeシリーズのモバイルバッテリー専用であるため、他のシリーズのバッテリーとは互換性がありません。購入時にはこの点を注意してください。

新製品:卵サイズで PC も充電可能なモバイルバッテリー

2023年9月9日時点での磁気研究所の「卵サイズで PC も充電可能なモバイルバッテリー」について紹介します。

「卵サイズで PC も充電可能なモバイルバッテリー」の特徴
  • コンパクトな卵サイズ設計でありながら、大容量の10000mAhを搭載
  • USB Type-C (最大45W出力) と USB Type-A (最大36W出力) のポートを備え、最大15Wのワイヤレス充電も可能
  • デジタル残量表示機能を搭載し、電池残量を瞬時に確認できる
価格

5390円(税込)

「卵サイズで PC も充電可能なモバイルバッテリー」のおすすめポイント
  • 他社製品と比較して非常にコンパクトながら、3台同時に高速充電可能
  • 4つの保護回路(ショート、過充電、過放電、過電流、加熱防止)を搭載し、安全性が高い(PSE適合製品)
「卵サイズで PC も充電可能なモバイルバッテリー」の気になるところ、注意点
  • 6ヶ月という比較的短いメーカー保証期間
  • 現時点での情報では特にデメリットは見当たらないが、実際の使用感や耐久性に関するユーザーレビューを参照することが推奨される
「卵サイズで PC も充電可能なモバイルバッテリー」の購入時参考情報
  • 2023年9月発売
  • 本体サイズ: 63×80.5×12.5mm、重量: 約184g
  • 付属品: 充電用Type-Cケーブル(4.5A(最大)対応、約26cm)

新製品:「XHD-D01 モバイルバッテリー」

「2023年9月7日」時点での「株式会社ギャザテック」の「XHD-D01 モバイルバッテリー」について紹介します。

XHD-D01 モバイルバッテリーの特徴
  • 充電器、モバイルバッテリー、ケーブルが一体化された超コンパクトなデザイン
  • 最大22.5Wの急速充電が可能で、最大3台のデバイスを同時に充電できる
  • LightningおよびType-Cケーブル付属、内蔵電源プラグを利用してコンセントに直接挿せる
価格

「未定」円(税込)

XHD-D01 モバイルバッテリーのおすすめポイント
  • 充電器、モバイルバッテリー、ケーブルが一体化されており、外部ケーブルが不要で、持ち運びが非常に便利
  • 主要な急速充電規格に対応しており、iPhone 14やHUAWEI mate 50を約30分で0から60%以上まで充電可能
XHD-D01 モバイルバッテリーの気になるところ、注意点
  • 価格情報が未公開
  • 色のバリエーションが黒色のみとなっている
XHD-D01 モバイルバッテリーの購入時参考情報
  • 販売日程:2023年9月6日から2023年9月30日までの期間、CAMPFIREでの応援購入プロジェクトとして発売

新製品:「BTL-RDC29」

2023年8月31日時点でのサンワサプライ株式会社のモバイルバッテリー「BTL-RDC29」について紹介します。

BTL-RDC29の特徴
  • 20000mAhの大容量
  • 3台同時に充電可能(USB Type-Cポート×1(最大20W、入力兼用)、USB Type-Aポート×2(最大18W))
  • 本体サイズは68mm×24mm×137mm(幅×奥行×高さ)、重さ約360g
価格

1万1880円(税込)

BTL-RDC29のおすすめポイント
  • 3台同時に充電可能で、大容量の20000mAhもあり多機種に対応
  • USB PD対応で最大20Wの出力が可能なUSB Type-Cポートを備えている
BTL-RDC29の気になるところ、注意点
  • 価格が少し高い方であるため、予算に余裕が必要
  • 重さが約360gと少し重い
BTL-RDC29の購入時参考情報
  • 発売日は2023年8月28日
  • 1.2mのUSB Type-Cケーブルと、本体とケーブルをまとめて収納可能なポーチが付属する。

新製品:「SMARTCOBY Pro SLIM」

2023年8月31日時点での、株式会社CIOのモバイルバッテリー「SMARTCOBY Pro SLIM」について紹介します。

「SMARTCOBY Pro SLIM」の特徴
  • 厚さ約16ミリ、重さ約180グラムで1円玉硬貨の直径よりも薄い。
  • 出力は35ワットで、スマートフォン、タブレット、MacBook Airなどに対応。
  • USB-Cポート2つ、USB-Aポート1つの計3つの充電口を持つ。
価格

早期購入で3,980円(税込)

「SMARTCOBY Pro SLIM」のおすすめポイント
  • 「世界最薄級」という独自性を持つ。
  • 急速充電器を使うと約90分で満充電可能。
「SMARTCOBY Pro SLIM」の気になるところ、注意点
  • MacBook Airであれば約0.6回分しか充電できない。
「SMARTCOBY Pro SLIM」の購入時参考情報
  • クラウドファンディングサイト「Makuake」での応援購入プロジェクトが8月29日から開始。
  • 初日の応援購入額で同社史上、過去最高額を達成

新製品:Anker Power Bank (10000mAh, 30W)

2023年8月25日時点でのAnkerの「Anker Power Bank (10000mAh, 30W)」について紹介します。

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)の特徴
  • 最大30WのUSB PD対応急速充電機能
  • 世界最小クラスで10000mAhの大容量
  • 本体表面にLEDディスプレイ搭載
価格

5,390円(税込)

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)のおすすめポイント
  • 世界最小クラスのサイズでありながら、高い充電能力を持つ
  • LEDディスプレイでバッテリー残量や使用状況をリアルタイムで確認可能
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)の気になるところ、注意点
  • 税込価格が5,390円とやや高め
  • パープル/グリーンのカラーは順次発売予定
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)の購入時参考情報
  • 幅広い機器への充電に対応(スマートフォン、タブレット端末、MacBook Airなど)
  • パッケージ内容:本体、USB-C & USB-C ケーブル、取扱説明書、カスタマーサポート

この新製品は、高出力の急速充電が可能でありながら、サイズが非常にコンパクトなのが特徴です。多くのデバイスに対応しており、安全性も高いと評価されています。特に外出先や旅行での使用に便利で、多くのユーザーから高評価を得ています。

新製品:エレコム乾電池式懐中電灯

2023年8月25日時点でのエレコム株式会社の乾電池式懐中電灯について紹介します。

乾電池式懐中電灯の特徴
  • USB Type-CおよびUSB-Aの2ポートを装備
  • 最大150ルーメンまでの4段階で明るさを調整可能
  • IP44相当の防水・防塵機能、SOS点滅モードあり
価格

3,480円(税込)

乾電池式懐中電灯のおすすめポイント
  • 懐中電灯とモバイルバッテリーの2Way仕様で非常に便利
  • 屋内・屋外問わず使用可能で、緊急時にも役立つ
乾電池式懐中電灯の気になるところ、注意点
  • 2ポート同時使用は不可
  • 防水防塵機能は懐中電灯モード時のみ有効
乾電池式懐中電灯の購入時参考情報

この製品は特にアウトドア活動や緊急時に非常に便利で、普段使いから非常時まで広く使える製品です。エレコムが提供するこの新製品は、多機能で手頃な価格なので、防災用品としてもおすすめです。

新製品:マクセル スティック型モバイル充電バッテリー 5000mAh MPC-CS5001BK

2023年8月25日時点でのマクセルのスティック型モバイル充電バッテリー 5000mAh MPC-CS5001BKについて紹介します。

スティック型モバイル充電バッテリー 5000mAh MPC-CS5001BKの特徴
  • 入力・出力端子: USB Type-C、入力電圧/電流:DC5V/最大3A、出力電圧/電流:DC5V/最大2.4A。
  • バッテリー充電時間:約1.5時間(0→80%)、約2.5時間(0→100%)。
  • フラットな面を持つデザインで、机の上などで転がりにくい。
価格

※価格情報が明記されていないため、この部分は空白となります。

スティック型モバイル充電バッテリー 5000mAh MPC-CS5001BKのおすすめポイント
  • コンパクトサイズ(幅26×高さ115×厚み26mm)で、バッグの中でかさばらない。
  • 容量5,000mAhでありながら、スマートフォンを約2回充電可能。
  • 環境に配慮したプラスチックを使用しないパッケージ。
スティック型モバイル充電バッテリー 5000mAh MPC-CS5001BKの気になるところ、注意点
  • USB-ACアダプターを使用する際は、出力DC5V/3A以上のものを使用すること。
  • ※他の特定のデメリットや注意点が明記されていないため、この部分は空白となります。
スティック型モバイル充電バッテリー 5000mAh MPC-CS5001BKの購入時参考情報
  • 本体質量:約105g。
  • 落下防止のストラップホール付き。

新製品:「MOTTERU 10,000mAhモバイルバッテリー(新色アーモンドミルクカラー)」

2023年8月23日時点での「株式会社MOTTERU」の「10,000mAhモバイルバッテリー」について紹介します。

10,000mAhモバイルバッテリーの特徴
  • 国内最小最軽量(2020年9月時点)の大容量10,000mAhモバイルバッテリー
  • スマートフォン約3回分の充電が可能
  • 新色アーモンドミルクカラーが加わり、シリーズ全8色展開
価格

3,990円(税込)

10,000mAhモバイルバッテリーのおすすめポイント
  • コンパクトサイズでありながらの大容量:スマートフォン約3回の充電が可能
  • USB Power Deliveryに対応し、最大18Wの超速充電が可能
  • 「かしこく充電」機能により、デバイスに合わせて最適な給電が可能
10,000mAhモバイルバッテリーの気になるところ、注意点
  • iPhoneやiPadの充電には別途Lightningケーブルが必要
  • USB-CポートとUSB-Aポートを同時に使用した場合、合計最大5V/3A出力に固定される
10,000mAhモバイルバッテリーの購入時参考情報

新製品:Anker Nano Power Bank (モバイルバッテリー 5000mAh)

2023年8月18日時点でのAnkerの「Anker Nano Power Bank (モバイルバッテリー 5000mAh)」について紹介します。

Anker Nano Power Bankの特徴
  • 折りたたみ式ライトニング端子によるケーブルレス充電。
  • 小さいバッグやポケットに収まる超コンパクト設計。
  • 5000mAhの容量で、12Wの出力を持つ。
価格

3,591円(税込)

Anker Nano Power Bankのおすすめポイント
  • ライトニング端子一体型により、ケーブルなしでの充電が可能。
  • 超コンパクトながら、iPhoneシリーズへ約1回の充電ができる。
  • Apple MFi認証を取得し、安全にライトニング機器を充電。
Anker Nano Power Bankの気になるところ、注意点
  • ケース下部が5mmを超える厚さのiPhoneケースには非対応。
Anker Nano Power Bankの購入時参考情報
  • パッケージにはUSB-C & USB-A ケーブル (0.6m)、取扱説明書、カスタマーサポートが含まれている。
  • グリーンカラーの商品については、順次発売予定。

新製品:SHARGE STORM2 Power Bank

2023年8月16日時点でのSHARGEのSHARGE STORM2 Power Bankについて紹介します。

SHARGE STORM2 Power Bankの特徴
  • 安心の超大容量:25600mAhで、MacBook Proを約1回、iPhone14 Proを7回以上充電可能。
  • MAX100Wの超高出力:最大100Wの出力・入力対応で、急速充電や1.5時間でのフル充電、パススルー充電も可能。
  • 透明デザイン:内部構造が明確に見える洗練されたデザイン。
価格

29,990円(税込)

SHARGE STORM2 Power Bankのおすすめポイント
  • DC充電対応:ドローンやカメラなどのDCポートを備えた機器の充電に対応、出力電圧調整も可能。
  • コンパクト設計:持ち運び便利なサイズで、非常用電源としてや機内持ち込みも可能。
SHARGE STORM2 Power Bankの気になるところ、注意点
  • 充電回数は目安であり、実際の充電回数は機器側の状況や充電時の条件により変わる可能性がある。
  • (特にデメリットの記述がないため、こちらは省略します。)
SHARGE STORM2 Power Bankの購入時参考情報
  • 高い安全性:Active Protecting 3.0搭載で、最新の安全機能を持つ。温度管理機能で機器の安全性を保つ。
  • ディスプレイ機能:スマートディスプレイでバッテリーの情報を確認可能、DC出力電圧の調整も容易。

新製品:「Anker 323 Power Bank (PowerCore PIQ)」

「2023年8月10日」時点での「Anker」の「Anker 323 Power Bank (PowerCore PIQ)」について紹介します。

「Anker 323 Power Bank (PowerCore PIQ)」の特徴
  • iPhone 14を約2回充電できる10,000mAhのバッテリー容量。
  • USB-CポートとUSB-Aポートを1つずつ搭載。
  • カラーバリエーションとして、ブラック、グリーン、パープル、ピンク、ホワイトの5色。
価格

「3,032」円(税込)

「Anker 323 Power Bank (PowerCore PIQ)」のおすすめポイント
  • iPhoneとほぼ同程度のサイズで、充電中に重ねて持ち運ぶ際にかさばらずに済む。
  • 充電容量と薄さのバランスが良好。
  • 初回5色合計300個限定で10%オフの特別価格。
「Anker 323 Power Bank (PowerCore PIQ)」の気になるところ、注意点
  • USB-Cポートの最大入出力、および2ポート同時利用時の合計最大出力は12W。
  • より高いスペックを求める場合は、別のモデル「Anker Power Bank (10000mAh, 30W)」がおすすめ。
「Anker 323 Power Bank (PowerCore PIQ)」の購入時参考情報
  • 8月10日に販売開始。
  • Amazon.co.jpで購入可能。

商品名:10,000mAhモバイルバッテリー【MOT-MB10001Z】

2023年8月4日時点での「株式会社MOTTERU」の10,000mAhモバイルバッテリー【MOT-MB10001Z】について紹介します。

10,000mAhモバイルバッテリー【MOT-MB10001Z】の特徴
  • 重さわずか174g!国内最小最軽量なのに大容量10,000mAh。
  • 新色アーモンドミルクを追加、全6色のカラーバリエーション。
  • USB Power Delivery対応で最大20Wの超速充電が可能。
価格

5,980円(税込)

10,000mAhモバイルバッテリー【MOT-MB10001Z】のおすすめポイント
  • クレジットカードよりも小さいコンパクトサイズ。
  • 「かしこく充電」対応で最適な電流で充電。
  • 専用のポーチ付きで持ち運びに便利。
10,000mAhモバイルバッテリー【MOT-MB10001Z】の気になるところ、注意点
  • iPhoneやiPadの充電には別途Lightningケーブルが必要。
  • 2つのポートを同時に使用した場合、合計最大5V/3A出力に固定。
10,000mAhモバイルバッテリー【MOT-MB10001Z】の購入時参考情報
  • 2023年8月4日よりMOTTERU公式オンラインショップで販売開始。
  • 保証期間は2年。

商品名:ドアマン・スヌーピー ソーラーモバイルバッテリー5000

2023.8.4時点での帝国ホテル 大阪のドアマン・スヌーピー ソーラーモバイルバッテリー5000について紹介します。

ドアマン・スヌーピー ソーラーモバイルバッテリー5000の特徴
  • 2020年発売のソーラーモバイルバッテリーのリニューアル版
  • 帝国ホテル 大阪開業時のドアマンの制服を身につけたスヌーピーの絵柄
  • 太陽光を利用しての充電が可能なソーラーパネル搭載
価格

5,500円(税込)

ドアマン・スヌーピー ソーラーモバイルバッテリー5000のおすすめポイント
  • 手のひらサイズで持ち運びがしやすい
  • 旅行先や災害時にも役立つ充電器としての利便性
  • 2台同時に充電が可能で、電池容量も増加
ドアマン・スヌーピー ソーラーモバイルバッテリー5000の気になるところ、注意点
  • 絵柄が変更されているため、旧版の絵柄を希望する場合は注意が必要
  • (特にデメリットなどの情報は提供されていない)
ドアマン・スヌーピー ソーラーモバイルバッテリー5000の購入時参考情報
  • 販売開始日:2023年8月5日(土)※予約受付中
  • 販売場所:ホテルショップ(地下1階)、オンラインショップ
  • 販売時間:10:00~19:00
  • 商品詳細:Type-C充電ケーブル付き、本体重量約130g, 本体サイズ縦103mm×横65mm×厚さ15mm

商品名:Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)

2024/03/20時点でのAnkerのAnker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)について紹介します。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)の特徴
  • マグネット式ワイヤレス充電対応
  • 10000mAhの大容量
  • MagSafe対応iPhoneシリーズ専用アクセサリー
価格

¥6,990 税込

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のおすすめポイント
  • コンパクトながらiPhone 14へ約2回充電が可能
  • 片手に収まる薄型デザインで、充電中でもiPhoneの操作の邪魔をしない
  • 強力マグネットで約950gの荷重に耐え、ズレることなく安定して充電できる
Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)の気になるところ、注意点
  • マグSafe対応iPhoneシリーズ専用なので、非対応のiPhoneや他のスマートフォンには使用できない
  • 大容量なので、充電時間が長くなる可能性がある

商品名:GeeThor

2024/03/20時点でのGeeThorの「究極のMagSafe対応モバイルバッテリーGeeThor」について紹介します。

GeeThorの特徴
  • MagSafe対応モバイルバッテリーで5000mAh、10,000mAhの大容量
  • Appleの純正品と同じように、対応iPhoneの背面に装着させて充電やAirPodsも充電可能
  • 急速充電時に熱くなることを防止する冷却システム搭載
価格

¥29,700円(税込) ※ 5,000mAhの価格。1万mAhは3万5200円(税込)

GeeThorのおすすめポイント
  • コンパクトながらパワーのある大容量で、急速にデバイスを充電
  • USB-Cケーブル付属で、有線での充電にも対応し、多くのAndroidスマホにも利用可能
GeeThorの気になるところ、注意点
  • 商品の重量は純正MagSafeバッテリー約115gに対してGeeThorは、約134g。若干重い
  • iPhoneに装着するとスケルトンデザインが隠れてしまう

商品名:Belkin 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー10000mAh

2023/07/26時点での「Belkin」の「Belkin 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー10000mAh」について紹介します。

Belkin 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー10000mAhの特徴
  • Apple Watch純正急速充電モジュールを搭載し、Apple Watch Ultra/S8/S7に最大7.5W(5V/1.5A)で急速充電に対応。
  • 20WでiPhone 14シリーズ、Galaxy S23/S22シリーズ、タブレットなどに急速充電が可能。
  • Apple Watch S7/S8を14回、iPhone 14を2回以上、Galaxy S22を約2回の充電が可能。
価格

12,959円(税込)

Belkin 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー10000mAhのおすすめポイント
  • ポケットにすっと入るコンパクトサイズで持ち運び快適。
  • Apple WatchワイヤレスモジュールとUSB-Cポートで2台同時急速充電が可能。
Belkin 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー10000mAhの気になるところ、注意点
  • ライトニング対応機器への充電は別売りのケーブルをご利用ください。
  • パススルー充電はUSB-Cポートからの入力、かつワイヤレス出力時のみ可能です。

直近のモバイルバッテリーのセール情報

モバイルバッテリーの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

Amazonブラックフライデー:Belkin MagSafe対応 ワイヤレス モバイルバッテリー

2023年11月27日時点でのBelkinの「Belkin MagSafe対応 ワイヤレス モバイルバッテリー」について紹介します。

Belkin MagSafe対応 ワイヤレス モバイルバッテリーの特徴
  • MagSafe対応でワイヤレス充電可能
  • 5,000mAhの大容量でコンパクトサイズ
  • キックスタンド付きで、充電中にスマホを立てかけられる
  • スマホ充電しながらモバイルバッテリー自体の充電も可能
  • シンプルで丸みを帯びたデザイン
価格

4,064円(税込、33%オフのセール価格)

お得度

元の価格から33%オフで4000円台に。Amazonブラックフライデーの期間中、大幅割引でお得。

セール期間

2023年11月27日〜12月1日までのBlack Fridayセール

Belkin MagSafe対応 ワイヤレス モバイルバッテリーのメリット、注意したいポイント
  • MagSafe対応でケーブル不要、簡単に充電可能
  • 携帯性に優れ、大容量で安心のバッテリー持続力
  • キックスタンド機能で視聴などに便利
  • デザインがシンプルでスタイリッシュ
  • セール期間限定の割引価格で購入可能

Amazon得報:Anker PowerCore Slim 10000

2023年9月4日時点でのAnkerの「PowerCore Slim 10000」について紹介します。

PowerCore Slim 10000の特徴
  • 大容量(10,000mAh)ながらコンパクト&スリムデザイン(約W149×D68×14mm、約236g)
  • 約2回の充電が可能で、Anker独自のフルスピード充電技術(PowerIQとVoltageBoost)を搭載
  • 複数の入力ポート(USB-CとMicro USB)を搭載し、滑り落ちにくいマット加工された本体と青色LEDライトで電池残量を確認可能
価格

2,490円(税込)

お得度

17%オフ(参考価格2,990円)

セール期間

特定されていない(特選タイムセール)

PowerCore Slim 10000のメリット、注意したいポイント
  • 薄型でありながら大容量で、ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能
  • 注意点としては、Qualcomm Quick Chargeには非対応であり、USB-CとライトニングUSBケーブルは別売りです

Amazonセール:CIO SMARTCOBY TRIO 65W 20000mAh

2023年8月25日時点でのCIOのSMARTCOBY TRIO 65W 20000mAhについて紹介します。

SMARTCOBY TRIO 65W 20000mAhの特徴
  • 3ポート搭載 USB-C単ポートPD急速充電で最大65Wの高出力。外出先でMacBook Pro 13インチや様々なノートPCの充電が可能。
  • 同時充電機能搭載で合計出力最大95W。ノートPCとスマホ、ノートPC+タブレット+スマートフォンなどのあらゆる組み合わせで急速充電可能。
  • 約1.6時間で満充電が可能。本体への入力も65Wに対応、20,000mAhの大容量でも最短約1時間40分で蓄電が可能。
価格

9,680円(税込)

お得度

※セール情報や割引率が明記されていないため、この部分は空白となります。

セール期間

※セール期間が明記されていないため、この部分は空白となります。

SMARTCOBY TRIO 65W 20000mAhのメリット、注意したいポイント
  • 視覚的に分かりやすいドットLED表示機能が搭載されており、日常使いに遊び心をプラス。
  • 急速パススルー充電対応でデバイスとバッテリーの両方を充電可能。
  • あらゆるデバイスを急速充電できるが、高出力充電には対応したケーブルが必要。
  • 本製品にはケーブルは付属しておらず、Type-cケーブルを別途ご用意いただく必要がある。
  • CIOは日本メーカーとして動作不良に対応しており、製品不良の際はお問い合わせが可能。

Amazon Fashion × Tech タイムセール祭り:BelkinのMagSafe対応ワイヤレスバッテリー

2023年08月16日時点でのBelkinのiPhone 14/13/12対応モバイルバッテリーBPD004について紹介します。

iPhone 14/13/12対応モバイルバッテリーBPD004の特徴
  • 5,000mAhの大容量でiPhone 13 Proで最大19時間のビデオ再生可能。
  • ワイヤレス充電は最大7.5W、USB-C有線接続で最大10Wの充電に対応。
  • MagSafe(マグネット)アタッチメントでiPhoneを安全に固定、付属のキックスタンドで縦置き、横置きどちらでも設置可能。
価格

4,659円(税込)

お得度

23%オフ

セール期間

2023年08月17日(木)23時59分まで

iPhone 14/13/12対応モバイルバッテリーBPD004のメリット、注意したいポイント
  • モバイルバッテリーを充電しながら同時にデバイスも充電可能なパススルー充電に対応。
  • スリムでコンパクトな設計で、外出先でも安心して持ち運び可能。
  • 製品には2年保証と、最大28万円を上限とした「条件付き接続機器保証」が付属しており、安心の日本語サポートも利用可能。

25%ポイント還元セール:「Anker 622 Magnetic Battery」

2024/03/20時点でのAnkerの「Anker 622 Magnetic Battery」について紹介します。

Anker 622 Magnetic Batteryの特徴
  • iPhone 14/13/12シリーズ用、マグネットで背面に固定
  • ワイヤレス充電(最大7.5W)、有線充電(最大12W)両対応
  • 折りたたみ式の簡易スタンド機能付き、5,000mAh、最長30ヶ月保証
価格

6,990円(税込)

お得度

ブラックのみ25%ポイント還元 (実質1,748pt還元)

セール期間

情報が提供されていませんので、詳細はAmazonのサイトをご確認ください。

Anker 622 Magnetic Batteryのメリット、デメリット
  • メリット:MagSafe対応で安定して固定、薄型で操作がしやすい、動画の視聴などがスタンド機能で楽に行える
  • デメリット:セール情報には明確なデメリットが示されていませんが、購入前に商品詳細やレビューをチェックすることをおすすめします。

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「モバイルバッテリー」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「モバイルバッテリーとは」的な内容になります。

とりあえず買っておきたい、おすすめのモバイルバッテリー

商品名:CIO SMARTCOBY DUO 20W 10000mAh

2023/07/26時点での「CIO」の「SMARTCOBY DUO 20W 10000mAh」について紹介します。

CIO SMARTCOBY DUO 20W 10000mAhの特徴
  • 複数デバイスご利用のユーザーに便利な2ポート搭載。単ポート20W、2ポート同時充電時は合計40Wの高出力タイプ。
  • 視覚的に分かりやすいドットタイプの数値残量表示を搭載するドットLED表示機能。
  • 急速パススルー充電対応で、デバイスとバッテリーの両方を充電可能。
価格

¥3,938円(税込)

CIO SMARTCOBY DUO 20W 10000mAhのおすすめポイント
  • 2台同時にスマートフォンの急速充電が行え、出力が下がらない。
  • PD急速充電20W出力に対応し、AirPodsなどの小型デバイスからスマートフォンまで多様なデバイスの充電が可能。
  • あらゆる小型デバイスを急速充電。対応機種が幅広い。
CIO SMARTCOBY DUO 20W 10000mAhの気になるところ、注意点
  • 本製品にはケーブルは付属しておらず、蓄電するためにはType-cケーブルを別途ご用意いただく必要がある。
  • デバイスによっては充電できない規格も存在する。

【CIO 安心保証対応】日本メーカーとして動作不良にもしっかりと対応。初期不良や使用中の製品不良の際はお問い合わせを。Amazonのご注文番号をお伝えいただくとスムーズです。※開封痕がある場合がありますが、新品未使用のためご安心ください。

商品名:Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)

2023/07/26時点でのAnkerのAnker 622 Magnetic Battery (MagGo)について紹介します。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の特徴
  • MagSafe対応iPhoneシリーズ専用のマグネット式ワイヤレス充電対応モバイルバッテリー。
  • 折りたたみ式スタンドを搭載し、iPhone 14/13/12を見やすい角度に保ちながらワイヤレス充電可能。
  • 強力なマグネットにより、約900gの荷重に耐える安定した充電が可能。
価格

6,490円(税込)

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)のおすすめポイント
  • 薄さわずか12.8mmのスリムなデザインで、片手での操作や自撮りが容易。
  • 5000mAhの容量かつ7.5W出力で、iPhone 14 / 13 / 12シリーズへ約1回の充電が可能。
Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の気になるところ、注意点
  • iPhone 14 / 14 Plus / 14 Pro / 14 Pro Max / 13 / iPhone 13 Pro / 13 Pro Max への満充電回数は1回未満となる。
  • 保証は正規販売店からの注文に限り24ヶ月となり、条件付きで+6ヶ月の延長保証が適用される。

モバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーを選ぶ際のポイントや注意点を以下にまとめます。

1. 必要なW数の目安

モバイルバッテリーを選ぶ際は、使用するデバイスの必要なW数を考慮する必要があります。

  • スマートフォン:約18W以上
  • タブレットPC:約30W以上
  • ノートPC:約45W以上
  • ハイエンドノートPC:65W以上

2. バッテリーの容量と重量

機器の充電回数や持ち運びの便利さを考慮して、適切な容量と重量のモデルを選ぶ。

  • 軽量なモデルは手持ちやiPhoneに重ねて使用する際に適している
  • 大容量のモデルは複数回の充電が必要な際に適している

3. 充電ポートの種類と数

複数のデバイスを同時に充電する際には、ポートの種類と数が重要となる。

  • USB Type-Aポート:汎用性が高く、2ポート以上あると便利
  • USB Type-Cポート:素早い充電が可能、1ポートが一般的

4. 便利な充電機能

高速充電やワイヤレス充電など、便利な機能を持ったモデルを選ぶと充電の利便性が向上する。

  • 急速充電機能:「W数」と「USB Power Delivery(USB PD)」に対応しているかチェック
  • ワイヤレス充電:「Qi規格」に対応しているか、充電速度や選択肢の限られる点に注意
  • MagSafe対応:iPhone 12以降のモデルに便利

以上のポイントを踏まえて、用途や好みに合わせてモバイルバッテリーを選びましょう。

モバイルバッテリーは危険?

消費者庁からの注意喚起があったので内容をまとめておきます。

モバイルバッテリーによる事故情報の概要

  • 消費者庁の事故情報データバンクに記載されているモバイルバッテリーに関する事故情報は、平成25年6月から令和元年6月末までの期間で162件存在している。
  • これらの事故件数は増加している。
  • 事故内容は発煙、発火、過熱が78件(約48.1%)で最も多く、火災が39件(約24.1%)発生している。

主な事故事例

  1. 事例1: 特急電車の中でモバイルバッテリーが突然発火し、バッグと電車の床を焦がした。急停車し、消防署が出動。
  2. 事例2: 電車内でモバイルバッテリーが過熱。ホームに放り出した直後に火柱が上がり、消火。上着が焦げた。
  3. 事例3: 新幹線の中でモバイルバッテリーが破裂し、乗客がやけど。新幹線停車し、消防と警察が捜査。
  4. 事例4: スマートフォン用のモバイルバッテリーの充電中に発火。ユーザーの指にやけど。
  5. 事例5: モバイルバッテリーが膨らんできたため、危険を感じてアルミ缶で保管。処分方法に悩む。

事故防止のためのアドバイス

  1. リコール製品の確認: 製品がリコール対象商品かどうか確認し、対象品の場合は使用を中止して関連の業者に連絡すること。
  2. PSE マークの確認: 新規購入時にPSEマークがあるか確認しましょう。これは国内での販売が許可されている製品を示しています。
  3. 製品への衝撃や高温を避ける: 落としたり、強く押したり、高温環境に置かないように注意しましょう。
  4. 充電中の注意: 充電中は可燃物を近くに置かないようにしましょう。
  5. 異常の確認: 製品が膨らんだり、熱くなったり、変な臭いがしたら使用を中止しましょう。
  6. 充電コネクタの注意: 破損や水ぬれに注意し、正しく取り扱いましょう。
  7. 公共交通機関での持込み: 公共交通機関での持込み時には規則を確認し、それに従いましょう。
  8. 使用済み製品の廃棄: 使用済みのモバイルバッテリーは正しくリサイクルまたは廃棄しましょう。
    • 提供先: モバイルバッテリー製造メーカーや販売業者、一般社団法人 JBRC の排出協力店など。

関連情報

  • MCPC マークも、モバイル充電器の安全性を確認するためのマークとして参照することができます。

この情報は、モバイルバッテリーに関する安全対策として非常に重要です。事故防止のためにこれらのアドバイスを実践することを強くおすすめします。

モバイルバッテリーの口コミ・評判

モバイルバッテリーの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「モバイルバッテリー」と検索できます。

モバイルバッテリーの知っておきたいよくあるQ&A

Q
モバイルバッテリーのPSEマークとは何ですか?
A

PSEマークは、日本の電気用品安全法に基づく製品安全マークです。平成30年2月1日から、モバイルバッテリーが電気用品安全法の規制対象となり、PSEマーク及び届出事業者の名称等が表示された製品のみが国内での販売が認められています。

Q
充電中のモバイルバッテリーが熱くなるのは正常ですか?
A

一定の熱は正常ですが、異常に熱くなる、または変な臭いがする場合は使用を中止し、安全な場所に移動させることをおすすめします。発火や爆発のリスクが考えられます。

Q
モバイルバッテリーを公共交通機関で使用する際の注意点は?
A

公共交通機関での使用には特に問題はありませんが、持込規則を確認してください。特に航空機では、機内持込みに関しては各航空会社の規定に従ってください。

Q
モバイルバッテリーの使用済みの廃棄方法は?
A

使用済みモバイルバッテリーは製造メーカーや販売業者、一般社団法人JBRCの排出協力店や地方公共団体でのリサイクルを推奨しています。また、家庭ごみとしての廃棄は避け、端子部をビニールテープ等で覆って絶縁することが必要です。

Q
モバイルバッテリーのリコール情報はどこで確認できますか?
A

消費者庁のリコール情報サイトや、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の公式サイトでリコール情報を確認することができます。

「モバイルバッテリー」に関して参考になる記事リスト

「モバイルバッテリー」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

iPhone端末に関する記事一覧

iPhoneと一緒に買いたい

iPhoneじゃないスマホを選ぶ

iPhoneじゃないスマホ情報も取り扱うようになりました。

スポンサーリンク

「モバイルバッテリー」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「jre 用意 bank」に関する最新情報です。

    JR東日本とビューカードがデジタル金融サービス「JRE BANK」を5月9日から開始することを発表。JRE BANKでは楽天銀行と協業し、一般的な銀行サービスの提供や利用特典の用意を行う。また、JCBと提携したデビット機能付キャッシュカード「JRE BANKデビット」も提供され、JCB加盟店での利用やJRE POINTの貯めることが可能。加入者はスマートフォンアプリやWebサイトから口座開設や各種銀行サービスの利用が可能で、JR東日本のグループ共通ポイントサービス「JRE POINT」も貯めることができる。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2404/12/news067.html

  2. buchikuma-info より:

    「グッズ 女性 推し」に関する最新情報です。

    推し活をしている女性のうち、78.4%がグッズを収集しており、その多くは飾らずに収納していることが調査結果から明らかになった。また、グッズの保管方法や悩みについても調査が行われ、女性が集めている推し活グッズの種類や管理方法に関するデータが示されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000113.000003782.html

  3. buchikuma-info より:

    「100 100 出力 スマホ」に関する最新情報です。

    ポケットサイズのモバイルバッテリー「KOOSEED-983SP」は最大100Wの出力で、スマホやノートPCなど様々なデバイスを充電できる。これにより、電源が不足して仕事が中断する心配もなく、モバイルライフがより快適になる。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-kooseed983sp-start-749553/

  4. buchikuma-info より:

    「ipevo ipevo uplift magnetic」に関する最新情報です。

    IPEVOの「Uplift Magnetic」はMagSafe対応のスマホスタンドで、安定感が高く使いやすいと評価されている。スチール製の台座とアルミ製のアームで構成され、重さや固さにより安定感があり、スマートフォンをしっかり支える。ただし、MagSafe充電には対応しておらず、関節部の固さにより角度調整が少し面倒かもしれないが、安定感があり快適に使用できるという特徴がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbi9zdGFwYWFwcGxlLzE1ODIzMjguaHRtbNIBAA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「power magsafe iphone」に関する最新情報です。

    iPhoneのバッテリーを維持するための最高のMagSafeパワーバンクについての記事では、iPhone所有者向けにMagSafeテクノロジーをサポートするパワーバンクが紹介されています。AnkerやESRなどのブランドの製品が紹介され、それぞれの特徴や性能が述べられています。MagSafe充電の効率やバッテリー寿命に関する情報も提供されており、記事全体を通してMagSafeパワーバンクの選び方や注意点が解説されています。記事は、iPhoneユーザーにとって便利なMagSafeパワーバンクの選び方やおすすめ製品について詳細に紹介しています。

    https://www.wired.com/gallery/best-magsafe-power-banks/

  6. buchikuma-info より:

    「jr東日本 bank jre」に関する最新情報です。

    JR東日本グループのネット銀行「JRE BANK」が5月に始動し、楽天銀行と提携してサービスを展開する。このネット銀行では、普通グリーン車に年4回まで無料で乗車できる特典など、JR東日本グループの特典が提供される他、銀行取引や買い物でJRE POINTが貯まったり、クーポンが利用できる。JR東日本は「JRE BANK」を5月9日に開始し、「はやぶさ支店」「こまち支店」「とき支店」を用意する。

    https://japan.cnet.com/article/35217517/

  7. buchikuma-info より:

    「type 10000 出力」に関する最新情報です。

    エレコムが10000mAhモバイルバッテリー2機種を4月中旬に発売すると発表。本体サイズは約58×81.5×26.5mmで、USB Power Delivery対応USB Type-Cポートを搭載し、2ポート合計15Wの出力が可能。容量5000mAhのコンパクトなモバイルバッテリーも順次発売予定。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPWh0dHBzOi8vbmV3cy5rYWtha3UuY29tL3ByZG5ld3MvY2Q9a2FkZW4vY3RjZD0zMTE0L2lkPTEzOTU1OS_SAQA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「乾電池 2024 ストッカー」に関する最新情報です。

    2024年4月半ばから発売される1台4役の乾電池ストッカーは、単3形と単4形の乾電池を収納できる多機能ケースです。この製品は電池残量を測るチェッカー機能、LEDで照らすランタン機能、スマートフォン充電機能、乾電池収納機能を備えており、シンプルなデザインで周囲に溶け込みます。電池残量のチェッカーは2段階表示であり、LEDの明るさは約5lmで、連続点灯時間は単3形で約45時間、単4形で約20時間です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000133860.html

  9. buchikuma-info より:

    「71 vol vol 71」に関する最新情報です。

    タブレットとスマホが充電されていない状態になり困っていた子どもたちが、原因を探す小さな発見日誌が紹介されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKWh0dHBzOi8vYmVhdXR5Lm9yaWNvbi5jby5qcC9jb2x1bW4vMjc1OTcv0gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「pd gan 採用」に関する最新情報です。

    Verbatim Japan株式会社が、GaN(窒化ガリウム)採用のPD対応急速充電器を35Wから200Wまでの5種類を発売する。これらの充電器は高出力でありながら軽量・コンパクトなデザインを実現し、PD3.0 PPSおよびQC3.0対応で、充電時の発熱を抑えながらスマートフォンやタブレットなどのデバイスを高速で充電できる。製品には環境に配慮した100%プラスチックフリーの紙パッケージが採用されており、海外でも使用可能な変換プラグも付属している。販売は株式会社アイ・オー・データ機器を通じて行われ、家電量販店やECサイトなどで販売される。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000086314.html

  11. buchikuma-info より:

    「電子レンジ 事故 付け」に関する最新情報です。

    製品評価技術基盤機構(NITE)が新生活で気を付けたい製品事故について注意喚起を行っている。電子レンジでは禁止されているものを加熱しないことや、食品を加熱し過ぎないこと、庫内をこまめに掃除することが重要である。また、ガスこんろの誤った設置や周囲に可燃物を置くことによる火災の危険性も指摘されている。新生活でこれらのポイントに気を付けることが重要である。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1581244.html

  12. buchikuma-info より:

    「738 738 エレコム ssd」に関する最新情報です。

    エレコムの外付けポータブルSSD「ESD-EMC1000GWH」は1TBで実質6,738円で販売されており、USBメモリと間違えそうなほどコンパクトなデザインです。他にもキャップ付きでUSBコネクターのホコリをブロックできる外付けストレージ製品がお得に登場しています。

    https://www.lifehacker.jp/article/rakuten-sale-2024-0403-1/

  13. buchikuma-info より:

    「充電 mah ポート」に関する最新情報です。

    サムスン電子が新たに純正モバイルバッテリーを発売しました。容量2万mAhのEB-P4520は45Wの急速充電に対応し、USB Type-Cポートで3台同時充電が可能です。一方、EB-U2510は25Wの急速充電に対応し、Galaxy Watchも充電できるワイヤレス充電パッドを搭載しています。両モデルともにサイズや重量、価格などが異なりますが、どちらもベージュのカラーで、UL規格のリサイクル素材を使用しています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2404/03/news138.html

  14. buchikuma-info より:

    「電子レンジ 事故 付け」に関する最新情報です。

    春に気を付けたい製品の事故防止ポイントを紹介する記事では、電子レンジの使用に関する注意点が紹介されています。電子レンジでは禁止されているものを加熱しないことや、食品を過剰加熱しないこと、庫内を定期的に清掃することが重要とされています。さらに、ガスこんろの誤った設置や周囲に可燃物を置くことによる火災の危険性も指摘されています。自転車の使い方についても注意喚起が行われています。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1581244.html

  15. buchikuma-info より:

    「738 738 エレコム ssd」に関する最新情報です。

    エレコムの外付けポータブルSSD「ESD-EMC1000GWH」は1TBで実質6,738円とお買い得で、USBメモリと間違えそうなほどコンパクト。キャップ付きでUSBコネクターのホコリをブロックできる便利な機能も備えている。

    https://www.lifehacker.jp/article/rakuten-sale-2024-0403-1/

  16. buchikuma-info より:

    「充電 mah ポート」に関する最新情報です。

    サムスン電子が、4月18日から容量2万mAhの急速充電対応モバイルバッテリー「EB-P4520」と、容量1万mAhのワイヤレス充電パッド搭載モバイルバッテリー「EB-U2510」を販売開始。EB-P4520は45Wの急速充電に対応し、3台同時充電が可能で、価格は5750円。一方、EB-U2510は25Wの急速充電に対応し、Galaxy Watchも充電可能で、価格は6000円。どちらもベージュカラーで、リサイクル素材を使用している。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2404/03/news138.html

  17. buchikuma-info より:

    「anker 充電器 amazon」に関する最新情報です。

    Ankerのサイコロ型万能充電器が機能性を限界まで高めた製品が、Amazonのセールでお得に販売されている。さらに、Ankerの超コンパクトな電源タップやPD充電器もセール中であり、急速充電や多機能性が特徴だ。また、コールマンの偏光サングラスやインフィニティチェアも大幅割引で販売中。価格や在庫は変動する可能性があるので、購入前に各販売ページで確認が必要。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiP2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNC9hbWF6b24tdGltZXNhbGUtMjAyNC0wNDAzLTIuaHRtbNIBAA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「mah 20000 20000 mah」に関する最新情報です。

    サムスン電子ジャパンが新しいモバイルバッテリー製品を発表しました。20000mAhの「45W Battery Pack 20,000mAh EB-P4520」と10000mAhの「25W Wireless Battery Pack 10,000mAh EB-U2510」が4月18日よりSamsungオンラインショップで販売されます。20000mAhモデルはUSB Type-Cのトリプルポートを備え、3台の端末を同時に充電できます。一方、10000mAhモデルはUSB Type-Cのダブルポートとワイヤレス充電パッドを備え、3台の端末を同時に充電できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPWh0dHBzOi8vbmV3cy5rYWtha3UuY29tL3ByZG5ld3MvY2Q9a2FkZW4vY3RjZD0zMTE0L2lkPTEzOTQyOS_SAQA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「nite 使用 使用 火事」に関する最新情報です。

    NITEは新年度を迎え、一人暮らしを始める人に向けて、電子レンジなどの家電の誤使用による火災に注意を呼びかけています。金属製のワイヤーがついたビニール袋に入ったパンを電子レンジに入れるなど、正しい使用方法を守るよう呼びかけています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLGh0dHBzOi8vbmV3c2RpZy50YnMuY28uanAvYXJ0aWNsZXMvLS8xMDkwMjkx0gEA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「バッテリー 膨張 モバイル」に関する最新情報です。

    膨張したモバイルバッテリーを回収してくれる取り組みが札幌市で始まり、役所や家電量販店など複数の場所で回収が可能となっている。この取り組みが日本全国に広がることを期待している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNTE4MzM30gEA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「iron iron sheepdog sheepdog」に関する最新情報です。

    Iron Sheepdogは、短距離トラック運送業界向けにシンプルで使いやすいテクノロジーを構築し、業界での採用を実現している。同社のソフトウェアは、トラッカーが仕事を受け入れてオンラインで支払いを受けるのを支援するアプリを提供し、企業は契約トラックを追跡して、トラックの位置や仕事の所要時間、支払い額を透明に把握できる。Williamsburg, Virginiaに拠点を置くIron Sheepdogは、短距離トラック運送業界をよりシームレスで効率的にすることを目指している。

    https://techcrunch.com/2024/03/30/iron-sheepdog-is-fixing-short-haul-trucking-from-the-bottom-up/

  22. buchikuma-info より:

    「amazon amazon anker anker」に関する最新情報です。

    Amazon.co.jpにおいて、Ankerのポータブル電源や充電器などがセール価格で販売されている。例えば、「Anker USB Type C ケーブル」が9%オフの670円、「Anker PowerWave 10 Pad ワイヤレス充電器」が20%オフの1190円、「Anker Nano II 65W USB PD充電器」が16%オフの3790円で販売されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU4MDM4Ny5odG1s0gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「76 amazon amazon ipad」に関する最新情報です。

    Amazonで4月1日23時59分まで開催されている「新生活SALE Final」では、iPadやBeatsイヤフォンなどが最大76% OFFのタイムセールが行われている。例えば、「2021 Apple 10.2インチiPad (Wi-Fi, 64GB)」が11% OFFの44,222円、「Beats Studio Buds-ブラック」が31% OFFの14,982円などが販売されている。また、アクセサリー類もセール価格となっており、iPhone 12シリーズ用のレザースリーブは76% OFFの4,980円で販売中。期間中に合計10,000円以上の買い物をすると、最大10%のポイント還元も行われる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vYXYud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU4MDMwOC5odG1s0gEA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました