PR

iPhone/iPadの意外と知らない「写真アプリ」の裏技集

スポンサーリンク

iPhone/iPadユーザーが知っておくと便利な「写真アプリ」に関する裏技情報についてまとめていきます。

スポンサーリンク

「写真アプリ」の最新アップデート情報

iOSのアップデートにより、写真アプリでできることが増えましたので、まずはその情報についてまとめていきます。

最新iOSのアップデート情報

最新のiOSアップデート情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

iOS17にアップデートするべき?知っておきたい機能など
iOS17の情報をまとめています。

写真アプリに関する新着ニュース

写真アプリに関する新着ニュースをまとめています。

最新iOSで改善された「写真アプリ」の要点

最新iOSで写真アプリの仕様が変更・改善されたところがあるので、まずは要点だけ解説していきます。

切り取り機能

切り取り機能
  • 写真を2本指で拡大すると「切り取り」が表示され、直接トリミング画面にジャンプ。
  • 簡単な操作で写真のトリミングやクロップが可能。
使い方・設定
  1. 写真を開いて、2本指で拡大する。
  2. 「切り取り」をタップしてトリミング画面に入る。
  3. 写真のサイズや縦横比を調整し、チェックボタンで決定。

ペットアルバム

  • 「ピープルとペット」に自動分類されるペットの写真アルバム。
  • ペットに名前を付けてカスタマイズ可能。
使い方・設定
  1. 写真ライブラリからペットの写真を探し、上にフリックして情報を表示。
  2. 左下の「?」アイコンをタップしてペットの名前を付け、お気に入りに追加。
  3. 不適切な写真が混じっている場合、削除する。

ステッカー機能

ステッカー機能
  • 長押しで写真の被写体を切り取り、ステッカーとして利用。
  • エフェクトを追加してカスタマイズ可能。
使い方・設定
  1. 写真を長押しして被写体を切り取り、「ステッカーに追加」を選択。
  2. エフェクトを選んでステッカーをカスタマイズ。
  3. メッセージアプリなどでステッカーを使用。

新ポートレート機能

  • iPhone 14ユーザー向け、撮影後にフォーカス位置を変更できる機能。
  • ポートレート写真のフォーカスを調整し、新しい写真を作成。
使い方・設定
  1. iPhone 14シリーズで撮影したポートレートモードの写真を開く。
  2. 「編集」に入り、フォーカス位置を変更。
  3. ポートレートのオン/オフ切替も可能。

ベータ版での追加機能について

iOS17ベータ版で確認されている機能についてまとめています。

「iOS17 写真アプリのアップデート」の特徴
  • ペット認識:ペットを認識し、名前を登録してアルバム内でまとめて表示可能。
  • ワンタップで切り取り:写真をズームインするだけで切り取りメニューが表示され、操作が簡単に。
  • 動くステッカーの作成:長押しで被写体を切り抜き、iMessage用のステッカーを作成。アニメーションステッカーも可能。
  • 料理のレシピ表示:料理の写真を認識し、関連するレシピのリンクを表示。
  • 撮影時の水平確認:カメラアプリで撮影時にiPhoneが水平かどうかを確認可能。
  • 被写体の調査:写真を長押しして、被写体に関する情報を検索。
  • 車のマーク調査:車のダッシュボードのマークを認識し、その意味を調査。
  • 写真編集ツールの改善:操作が直感的になり、編集ツールの表示が改善。
「iOS17 写真アプリのアップデート」の使い方・設定に関すること
  1. ペット認識の使用方法:
    • 写真アプリでペットの写真を開き、名前を登録してアルバムに追加。
  2. ワンタップでの切り取り:
    • 写真を開き、ズームインすると切り取りメニューが表示される。
  3. 動くステッカーの作成:
    • 写真を長押しして被写体を切り抜き、ステッカーとして保存。
  4. 料理のレシピ表示:
    • 料理の写った写真を開き、「i」アイコンをタップしてレシピを表示。
  5. 撮影時の水平確認:
    • カメラアプリで撮影時にガイド線を利用してiPhoneが水平か確認。
  6. 被写体の調査:
    • 写真を長押しして表示されるメニューから「調べる」を選択。
  7. 車のマーク調査:
    • 車のマークを認識し、「i」アイコンから意味を調べる。
  8. 写真編集ツールの使用方法:
    • 編集ツールの改善された表示と操作で直感的に写真編集が可能。

スポンサーリンク

写真アプリの知っておきたい裏技情報まとめ

写真アプリを利用する上で知っておきたい裏技・チート級のテクニックをまとめていきます。

裏技/Tips:「iPhone写真アプリの高度な検索活用法」

裏技/Tips「iPhone写真アプリの高度な検索活用法」について紹介します。

「iPhone写真アプリの高度な検索活用法」の特徴

  • 写真アプリ内での多様な検索方法を活用して、大量の写真の中から簡単に特定の写真を見つけることが可能。
  • 写真に関連する様々なキーワードや情報を基にして検索が行える。
  • 名前、場所、オブジェクト、キャプションなど、さまざまな方法で写真を特定できる。

「iPhone写真アプリの高度な検索活用法」の活用法や使い方

  1. 特定のiPhoneモデルで写真を検索する:使用したiPhoneモデルの名前で写真を検索する。
  2. 写真に写っているものの名前を入力する:写真に写っているオブジェクトや被写体の名前を入力して検索。
  3. 名前で人を探す:写真に写っている人物の名前で写真を検索する。
  4. 行ったことのある場所を探す:ジオタグを基にして特定の場所で撮影された写真を検索する。
  5. 写真に写った活字を検索する:写真に写っているテキストや活字を基に写真を検索。
  6. 写真のアルバム名を探してみる:特定のアルバム名で写真を検索する。
  7. 写真のキャプションで検索する:写真に付けられたキャプションをキーワードにして検索する。

裏技/Tips:「iPhoneの写真にキャプションをつける方法」

裏技/Tips「iPhoneの写真にキャプションをつける方法」について紹介します。

「iPhoneの写真にキャプションをつける方法」の特徴

  • 写真にキャプション(説明文)を追加することで、検索しやすくなる。
  • iOS 14以降のすべてのiPhoneで利用可能。
  • キャプション検索は、写真アプリの検索機能と統合されている。

「iPhoneの写真にキャプションをつける方法」の活用法や使い方

  1. 写真アプリを開き、キャプションを追加したい写真を選ぶ。
  2. 写真を上にスワイプして、「キャプションを追加」というテキストボックスをタップ。
  3. キャプションを入力し、「完了」ボタンをタップ。
  4. 写真のキャプションが表示されるようになる。
  5. 写真アプリの「検索」タブから、追加したキャプションのキーワードで写真を検索。
  6. キャプションデータのインデックス作成には時間がかかることがあるため、iPhoneを電源に接続し、Wi-Fiに接続して待つ。

裏技/Tips:「iPhoneスクリーンショットを一括で削除する方法」

裏技/Tips「iPhoneスクリーンショットを一括で削除する方法」について紹介します。

「iPhoneスクリーンショットを一括で削除する方法」の特徴

  • iPhoneに溜まったスクリーンショットを簡単に一括で削除できる。
  • 「Auto-Delete Screenshots」ショートカットを使用して、過去のスクリーンショットを整理。
  • 最近のスクリーンショットや「お気に入り」アルバムのものは自動的に除外される。

「iPhoneスクリーンショットを一括で削除する方法」の活用法や使い方

  1. 「Auto-Delete Screenshots」ショートカットをダウンロードして、ショートカットライブラリに追加する。
  2. ショートカットの設定をカスタマイズするため、ショートカット・ボックス内の三点メニューをタップする。
  3. 最近1週間以内に撮影されたスクリーンショットや「お気に入り」アルバム内のスクリーンショットは自動的に除外される設定になっているが、これは編集可能で、追加の例外条件を設定することもできる。
  4. ショートカットをタップして実行する。多くのスクリーンショットがある場合は処理に時間がかかることがある。
  5. スキャン完了後、削除されるスクリーンショットの枚数が表示されるので、「削除」オプションを選択して一括削除を行う。
  6. スクリーンショットの数が多すぎる場合は、「設定」>「ショートカット」に進み、「大量のデータの削除を許可」を有効にする必要がある。

裏技/Tips:「iOS17 写真アプリの容量節約活用法」

裏技/Tips「iOS17 写真アプリの容量節約活用法」について紹介します。

「iOS17 写真アプリの容量節約活用法」の特徴

  • iPhone14Proや15シリーズのカメラで高画素の写真が撮影可能。
  • 「ProRaw」フォーマットは画像容量が大きい。
  • iOS17で「HEIF」規格に対応し、ProRawの1/15の容量で保存可能。
  • メモリ容量の節約に効果的。

「iOS17 写真アプリの容量節約活用法」の活用法や使い方

  1. 「設定」アプリを開く。
  2. 「カメラ」に進み、「フォーマット」を選択。
  3. 「プロデフォルト」オプションを選択して「HEIF」フォーマットを有効にする。
  4. これにより、写真の容量を大幅に節約しつつ高画質な写真を維持できる。
スポンサーリンク

「写真アプリ」の基本仕様と設定に関する情報

写真アプリの基本的な仕様とおすすめの設定についての情報をまとめていきます。

写真アプリの基本的な設定

写真アプリの基本的な設定は以下のようになっています。特に変更の必要がなければ、まずは基本の設定を理解することで、写真アプリの使い方を学んでいくのが良いかと思います。

写真アプリの基本的な使い方

iPhoneの「写真」アプリの基本的な使い方や設定について紹介します。詳細は公式HPでご確認ください。

「写真アプリでできること」
  • 写真やビデオのブラウズ、表示、整理が可能。
  • 「ライブラリ」、「For You」、「アルバム」、および「検索」タブを使用してアプリ内を移動する。
  • 写真やビデオを日別、月別、年別、またはすべての写真として整理して表示する。
  • 写真のメモリーや共有された写真、おすすめの写真を「For You」タブで確認する。
  • アルバムを作成、共有、編集する。
  • 日付、場所、キャプション、被写体を基にして写真を検索する。
  • 重要なイベント、人物、場所、カテゴリ別にグループ分けされた写真をブラウズする。
「写真アプリの基本設定、操作方法」
  1. ライブラリで写真をブラウズする:「ライブラリ」タブをタップして、日別、月別、年別、またはすべての写真を選択してブラウズ。
  2. 個別の写真を表示する:写真をタップしてフルスクリーンで表示し、拡大縮小やドラッグで表示部分を動かす。
  3. 写真やビデオの情報を表示する:写真やビデオを開いて、情報ボタンをタップするか、上にスワイプしてメタ情報を表示。キャプションの追加や編集も可能。

「写真アルバム」の基本的な使い方

「写真アルバム」の基本的な使い方

「写真アルバム」の基本的な使い方や設定について紹介します。詳細は公式HPでご確認ください。

「写真アルバム」を使ってできること
  • アルバムの更新、名前の変更、並べ替え、削除。
  • 複数のアルバムが含まれるフォルダの作成。
  • アルバムに写真やビデオを追加。
  • アルバムから写真やビデオを削除。
  • アルバムの写真表示を変更(サイズ、アスペクト比など)。
  • アルバム内の写真やビデオをフィルタリング、並べ替え。
  • アルバムの写真を共有する。
  • アルバムをフォルダに整理する。
「写真アルバム」の基本設定、操作方法
  1. アルバムに写真を追加する: 「アルバム」をタップし、追加ボタンを使って写真を選び「追加」をタップ。
  2. アルバムから写真を削除する: 削除したい写真を選択し、ゴミ箱ボタンをタップして削除。
  3. アルバムの写真の表示を変更する: アルバム内でその他ボタンをタップし、表示オプションを選択。
  4. アルバムの写真を共有する: 写真を選択し、共有ボタンを使って共有方法を選択。
  5. アルバムを並べ替える/削除する: 「編集」をタップし、アルバムを並べ替えたり、削除ボタンで削除。
  6. アルバムをフォルダに整理する: 追加ボタンで「新規フォルダ」を選択し、フォルダ内にアルバムやサブフォルダを作成。

「写真アプリ」のSNSの口コミ/評判

裏技のネタ探しにX(Twitter)などでの「写真アプリ」の反応をまとめておきます。

「写真アプリ」に関するX(Twitter)の反応

X(Twitter)で参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「写真アプリ」と検索できます。

写真アプリでできるようになったこと(過去ログ)

アップデート情報で古くなったものをここに載せておきます。

スポンサーリンク

「写真アプリ」の代替アプリ比較

「写真アプリ」の代わりとなる、あるいは併用すると便利なアプリについての情報をまとめます。

写真アプリの代替アプリ:「Google フォト」

「Google フォト」と写真アプリの比較ポイント

  • 無料で写真や動画を保存でき、バックアップに適している。
  • 撮影場所での検索機能により、写真の検索や管理が容易。
  • 限定公開機能があり、写真の共有が簡単に行える。
  • 長期間多くの写真を保存しても、容量を気にせず使用できる。

写真アプリの代替アプリ:「鍵付きアルバム – さくっとシークレット」

「鍵付きアルバム – さくっとシークレット」と写真アプリの比較ポイント

  • プライバシー保護機能が強く、見られたくない写真を安全に管理できる。
  • パスコードやFace IDにより写真のセキュリティが確保されている。
  • フォルダ分類機能により、写真の整理がしやすい。

写真アプリの代替アプリ:「Photo Cleaner」

「Photo Cleaner」と写真アプリの比較ポイント

  • 似た写真を一覧表示し、整理を簡単に行える。
  • 圧縮機能により写真や動画のファイルサイズを小さくし、容量を節約できる。
  • ファイルサイズ順での並べ替えが可能で、どの写真や動画が多くの容量を占めているかが一目でわかる。

写真アプリの代替アプリ:「ALPACA」

「ALPACA」と写真アプリの比較ポイント

  • 似ている写真を自動でリストアップし、写真の整理が容易。
  • 削除する写真ではなく、残す写真を選ぶ方式で選択枚数が少なくて済む。
  • 30日間データが保持されるため、削除ミスしても安心。
  • iPhoneのカメラロールをすっきりさせるのに適している。

写真アプリの代替アプリ:「Amazon Photos」

「Amazon Photos」と写真アプリの比較ポイント

  • Amazonプライムユーザーは容量やデータサイズの制限なしに利用可能。
  • 最大5人の家族と共有ができ、使い勝手が良い。
  • PCからもアクセス可能で、iPhoneやデジカメで撮影した写真をまとめて保存できる。
  • 高画質な写真も劣化させずに保存し、思い出を残せる。
  • 写真好きなAmazonプライムユーザーに特におすすめ。

スポンサーリンク

まとめ:写真アプリのやっておくべきこと

最後までお読みいただきありがとうございました。

iPhoneユーザーは標準で利用できる機能である写真アプリですが、知っておくと時短につながったり毎日のルーティンに作業が簡単になる方法などをまとめました。

おさらいとしてこのページの内容をまとめておきます。

写真アプリで知っておきたいことまとめ

写真アプリの知っておきたいポイントまとめ

  • 整理とアクセスの容易さ: 写真を日別、月別、年別に整理し、すばやくアクセスできます。
  • 検索機能: 日付、場所、キャプション、被写体で写真を検索できます。
  • アルバム管理: 写真やビデオをアルバムに追加、整理、共有が可能です。
  • メタ情報の表示: 写真に含まれる人、場所、その他の詳細を確認できます。
  • 写真の編集と共有: 写真を直接編集し、友人や家族と共有する機能があります。
  • 写真のバックアップ: iCloudを利用して写真を安全に保存し、他のデバイスでアクセス可能。

写真アプリを活用したい便利なシチュエーション

  • 旅行の思い出の整理: 旅行で撮影した写真を日付や場所ごとに整理し、後で楽しむ。
  • イベントやパーティーのアルバム作成: 結婚式や誕生日パーティーなどの特別なイベントでの写真を特定のアルバムにまとめる。
  • 家族やペットの成長記録: 家族やペットの写真を時系列で保存し、成長の記録を残す。
  • 重要な文書の保管: レシートや書類の写真を撮り、キャプションで内容を記載して保管。
  • 友人や知人との共有: 旅行やイベントの写真を簡単に友人や知人と共有する。
  • 写真の整理と削除: 不要な写真や重複する写真を整理し、容量を節約する。

写真アプリのよくあるQ&A

Q
写真アプリで写真を整理するにはどうすればいいですか?
A

写真アプリを開き、「アルバム」タブをタップします。ここで「新規アルバム」を選択し、名前を付けて写真を追加します。これで特定のイベントやテーマごとに写真を整理できます

Q
写真アプリで特定の写真をすばやく見つけるにはどうしたらいいですか?
A

写真アプリを開き、「検索」タブをタップします。検索バーに日付、場所、人物、物の名前などを入力して検索します。これで関連する写真を素早く見つけることができます。

Q
iPhoneの写真アプリで写真を共有するにはどうすればいいですか?
A

写真アプリで共有写真アプリで共有したい写真を選択し、画面下部の共有ボタン(四角い箱に上向きの矢印)をタップします。共有オプションから、メール、メッセージ、ソーシャルメディアなどの送信先を選んで共有します。したい写真を選択し、画面下部の共有ボタン(四角い箱に上向きの矢印)をタップします。共有オプションから、メール、メッセージ、ソーシャルメディアなどの送信先を選んで共有します。

Q
写真アプリの写真をiCloudにバックアップするにはどうしたらいいですか?
A

「設定」→「[あなたの名前]」→「iCloud」→「写真」を開き、「iCloud写真」をオンにします。これで、写真が自動的にiCloudにバックアップされ、他のデバイスからもアクセスできるようになります。

Q
写真アプリで不要な写真を削除するにはどうすればいいですか?
A

削除したい写真を選択し、画面下部のゴミ箱アイコンをタップします。確認メッセージが表示されたら、「写真を削除」を選択します。削除した写真は「最近削除した項目」に一定期間保存されます。

Q
写真アプリで紹介されている機能が使えないのはなぜ?
A

まずはOSのバージョンをご確認ください。最新の機能に関してはOSのバージョンアップ(更新)が必要になる場合があります。

また、他のアプリやインストールを失敗することでエラー・バグが起きている可能性があります。

うまく復旧できない場合は、iPhoneの復旧ソフトに関する情報もまとめていますのでこちらもご参照ください。

「写真アプリ」に関する参考記事リスト

写真アプリの他にも役に立ちそうな記事をリスト化しておきます。

トラブル対処法
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ペット エーライフ 育成」に関する最新情報です。

    Apple Watchアプリ『リトルペット育成-エーライフ(A-Life)』が2月22日に大型アップデートを行い、新要素が追加される。新要素には育成キャラクターやお姫様の追加、ショップやガチャ、強化システム、成長システムなどが含まれる。新要素を一挙に追加し、新ショップやペット成長システムも導入される。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vd3d3LnZhbHVlLXByZXNzLmNvbS9wcmVzc3JlbGVhc2UvMzMyNTk30gEA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「google cloud google cloud」に関する最新情報です。

    Google Cloudでは、タグ付けによってコストを階層別に割り当てることができます。これにより、特定の部署やプロジェクト単位でコストを割り当てることができ、予算を最適化するための領域を特定し、より正確に予算を配分することができます。また、Google Cloudでは、リソースの使用に関する推奨事項やインサイトを提供する「Recommender」というサービスもあります。Recommenderは、リソースの使用パターンや構成、その他の要因を機械学習で分析し、推奨事項を示してくれます。さらに、クラウドのコスト上昇や予期せぬ出費を防ぐために、事前に利用できるクォータを設定することで、リソースの過剰プロビジョニングを防ぐことができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vdGVjaHRhcmdldC5pdG1lZGlhLmNvLmpwL3R0L25ld3MvMjQwMi8wOS9uZXdzMDQuaHRtbNIBAA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「15 15 オフ amazon」に関する最新情報です。

    SwitchBot(スイッチボット)の「S1 Plus (W)」は、水拭きや自動ゴミ収集、マッピング機能など、欲しい機能が揃ったハイエンドロボット掃除機です。現在15%オフで販売されており、お買い得な価格です。また、小型ロボット掃除機の「K10+」も28%オフで販売中です。この機会をお見逃しなく。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS9hbWF6b24tdGltZXNhbGUtMjAyNC0wMTMwLTIv0gEA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「google cloud google cloud」に関する最新情報です。

    Google CloudとHugging Faceが戦略的提携を発表し、AI開発者にH100などのパワーを提供することを発表しました。この提携により、開発者はGoogle Cloud上でオープンモデルを効率的にトレーニング、調整、提供することができるようになります。また、Hugging Faceを利用する開発者は、数回のクリックでGoogle CloudのVertex AIを使用してモデルをトレーニングすることができます。さらに、Google Cloudでは、NVIDIAのH100 TensorコアGPU搭載のA3 VMのサポートが追加される予定であり、これによりトレーニング速度が3倍速くなり、ネットワーク帯域幅も10倍になるとされています。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2401/26/news145.html

  5. buchikuma-info より:

    「消し 機能 ゴムマジック」に関する最新情報です。

    「消しゴムマジック」はPixelだけではなく、他のスマートフォンにも似たような機能が存在する。例えば、SamsungのGalaxy S21シリーズでは「オブジェクト除去」という機能が追加され、被写体を検出して削除することができる。また、OPPO、vivo、Xiaomiなども同様の機能を搭載しているが、これらは主にSamsungやHuaweiを意識した機能面のアピールが強い。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/21/news028.html

  6. buchikuma-info より:

    「google cloud google cloud」に関する最新情報です。

    サムスン電子とGoogle Cloudは、Galaxy S24シリーズにGemini ProとImagen 2を搭載し、新たなパートナーシップを発表しました。このパートナーシップの目的は、Google Cloudのジェネレーティブ人工知能(AI)技術をSamsungスマートフォンに提供することです。Galaxy S24シリーズには、GoogleのGeminiなどの生成AI機能が搭載されます。この提携により、サムスンのスマートフォンユーザーは最新のAI機能を利用することができます。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/18/news095.html

  7. buchikuma-info より:

    「google cloud google cloud」に関する最新情報です。

    サムスン電子とGoogle Cloudは、Galaxy S24シリーズにGemini ProとImagen 2を搭載した最初のスマートフォンを共同開発することを発表しました。このパートナーシップにより、Google Cloudのジェネレーティブ人工知能(AI)技術がSamsungスマートフォンに統合され、Galaxy S24シリーズには多くの生成AI機能が搭載されます。これにより、ユーザーはより高度なAI体験を提供されることが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzI0MDEvMTgvbmV3czA5NS5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzI0MDEvMTgvbmV3czA5NS5odG1s?oc=5

タイトルとURLをコピーしました