PR

auでAppleMusicを使う場合の注意点

格安スマホに移行を計画して2年ほど経過し、いまだauに引き止められています。その際に、AppleMusicが6ヶ月間も無料になるというキャンペーンがありました。

しろくま
しろくま

どうせもう数ヶ月はauを利用することになるんだし、半年分も無料になれば少しはお得感が増すかしら?

そう思ったのが運の尽きで、実際には面倒が増えただけでした。

このページでは「Apple Music」をau経由で利用し始めたけど、なんだかややこしいことになった方のために以下の情報をまとめています。

auでAppleMusic契約する場合に注意してほしいこと
  • 無料期間中に「解約手続き」だけしておく(期間中は利用可能)
  • au IDのアカウントでの契約に切り替わるので、Apple IDで利用していた場合は注意
  • 個人プランでの適応なので、家族利用の場合はメリットが薄くなる

auのAppleMusicキャンペーン最前線

2024/03/20時点でのau AppleMusicキャンペーンについての情報をまとめておきます。

2023年のau「AppleMusicキャンペーン」概要

2023年のau「AppleMusicキャンペーン」概要

2023年バージョンのauのAppleMusicキャンペーンに関する情報です。

対象となる方

  • au・UQ mobileのスマートフォンを利用中で、au・UQ mobileからApple Musicにお申し込みされた方
  • UQ mobileのお客さまは、くりこしプラン +5Gご加入の方が対象
  • Androidユーザーも利用可能(Apple Musicアプリをダウンロード)

注意事項

au経由でAppleMusicに加入する場合の注意点
  • 既にApple MusicをApple IDで登録している場合、Appleで登録を解約する必要あり。解約しなかった場合、Appleから利用料が請求される。
  • 無料期間終了後は、自動的に利用料金の支払いとなる
  • 無料期間中に退会申込みをした場合は、無料期間終了後に自動的に退会

au経由のAppleMusicキャンペーンの口コミ・評判

各種SNSからau経由のAppleMusicキャンペーンに関する情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Amazon Musicの改悪に対応

Amazon Music Primeの改悪に関しては別記事があります。

騙された、困り事

おそらく、無料期間30日間はApple側の販促キャンペーン。auの場合はサイトから登録となっています。

契約してみた

au経由AppleMusicキャンペーンに関するよくある質問

Q
au経由でAppleMusicを契約するのはお得ですか?
A

お得な場合が多いです。初回限定で6ヶ月間無料で利用できます。

ただし、個人プランが適応されるので、魅力は少し落ちます。家族で利用する場合にはファミリープランに切り替えるなどの対応を取る必要があります。

Q
AppleMusicを無料で利用したいのですが、どうしたらいいですか?
A

Apple Musicには、初回限定で30日間は無料体験できるキャンペーンがあります。

au/UQ mobileユーザーであれば、特設サイトから6ヶ月間無料で利用することができます。

Q
au経由でAppleMusicを利用する注意点は何ですか?
A

au/UQ mobileのサイトから申し込む必要があります。AppleMusicを利用したことがない方の場合、Apple側の「30日間無料期間」が適応される可能性があります。

auでApple Musicを契約する前に知っておきたいこと

au経由でAppleMusicを契約してしまうと、実は設定関連でかなり面倒なことになります。

厄介なことなる前に、あるいはすでに泥沼に片足突っ込んでいる方のために、AppleMusicに関する情報などをさらりとまとめておきます。

Apple Musicの特徴

こちらに、YouTubeMusic(GooglePlayMusic)とApple Musicを比較した記事があります。

AppleユーザーでもYouTube Musicが最適解となり得る理由
Apple Musicを使い込んで何年か経ちますが、YouTube Musicがお得であることに気がつきました。Google Play Musicを統合したYouTubeのサブスクリプションも開始されており、ますますGoogleサービスが拡大されることが期待されます。比較した内容をまとめてみました。

わたしの経験からは、Apple Musicを利用して「損」だと思ったことはありませんが、GooglePlayMusicも無料でできることが多いので悩みどころだったりします。

しろくま
しろくま

でも、半年も無料で利用できるなら、試してみるとサブスク型の音楽配信が実に快適だってことがわかるよ!

AppleMusicを家族で利用する

少し宣伝ですが、AppleMusicを家族で利用する(ファミリー共有する)ことについてまとめた記事もありますので、こちらもチェックしてみてください。

AppleMusicをファミリー共有する方法と、多大なるデメリット
AppleMusicは個人プランでもデバイス10台まで利用できるので、家で利用する分には十分なんじゃないか、と思ったらやっぱりファミリープランの方がお得だったな、という話をしています。

読むのが面倒な場合は、以下のプレイリストをタップすると「Music アプリ」が開くので、アカウント設定から「プラン変更」を設定するとApple Musicをファミリープランで利用することができます。

しろくま
しろくま

重ねて説明すると、Apple MusicのファミリープランとiCloudのデータ容量を増やすと、同額でApple OneというAppleサービスがひとまとめになったバンドルプランもあります。気が向いたらそちらも検討してみてください!

AppleOneファミリープランって本当にお得?
AppleOneというAppleのサブスクサービスをバンドルセットにして売りつける手法をやってきたので、お得かどうか精査してみました。調べるまでもなく、お得でしたけどね。

au経由のAppleMusicのデメリット

さて、キャンペーンで無料になるのはいいとして、このau経由のApple Music、本当にお得なのか調べてみることにしました。

しろくま
しろくま

調べるまでもなく、「ファミリープランを利用していた」我が家にとっては大きなデメリットとなりますたけどね。

ファミリープランがない

ご利用いただけるのは、Apple Music 個人プランとなります。

https://camp.auone.jp/campaign/c1a944a8e278186be4e122dd

https://camp.auone.jp/campaign/c1a944a8e278186be4e122dd

実は、このau経由のApple Music、ファミリープランがないんです。

我が家ではApple Musicもファミリー契約していたのですが、今回の無料キャンペーンを適応するために、いちどAppleとのAppleMusicの契約を解除したのです。

かめ
かめ

あれ、音楽聴けなくなったんだけど?

と、気づいたのも遅く、慌ててauサポートに聞いてみると、

au
au

ファミリープランはないので、利用する場合は一度、auでのApple Musicの契約を解除していただき、AppleからAppleMusicを申し込んでください。

とのことでした。

なんじゃそりゃ。

実は申し込みまでも、「AppleMusicが二重契約になってる」という案内が繰り返し送られてきて面倒だったりもしたのですが。四苦八苦して設定したらやり直せとはこれいかに。

しろくま
しろくま

というわけで、家族でApple Musicを利用している人は注意してください。

解約しないと自動契約

注意点としては、契約中は自動更新となっていること。つまり、6ヶ月間の無料体験後は自動で有料サブスクリプションの契約が継続します。

支払い方法は「auかんたん決済」一択

ご利用料金は「auかんたん決済」(通信料金との合算請求)でのお支払いとなります

支払い方法はauスマホの利用料金の支払いと合算される「auかんたん決済」が適応されています。そのため、「何の契約もしてないのに請求されるの?」あたりの不満につながる可能性があります。

ちなみに、サブスクリプションは「1ヶ月間の利用権利」を購入するため、途中解約をしても日割りはできません。その代わり、解約手続き後も支払いをした月に関しては利用できる、はずです。

ちなみに、Apple側からAppleMusicのサブスク契約をした場合も同様の対応となります。

解約方法については、さらに詳しくご説明していきます。

au経由のApple Musicを解約する方法

ちなみに、au経由でキャンペーンで登録したApple Musicを契約した場合の解約方法も説明しておきます。

https://www.au.com/support/faq/view.k20000002903

解約までの段取り

au経由のApple Musicを解約する流れ、まずはMy auを開く
au経由のApple Musicを解約する流れ、エンタメからApple Musicの項目を探す
  1. 「My au」アプリを起動する
  2. エンタメ項目を選択する
  3. Apple Musicの項目を選択する
  4. 退会の申し込みを選択する

auでiPhoneを購入していると、プリセットアプリを削除してて「My auって何だ?」という方もいるかもしれませんが、インターネットでHPにアクセスしてもOKです。

iPhone使用時に消していいauアプリ【アンインストール推奨】
新しいスマホを買ったのに最初からアイコンがごちゃついていて即刻アンインストールしてやりたいところ。この記事ではauでiPhoneを購入した際に消したいアプリをリスト化してまとめました。

よくわからないな、と思ったら、以下のページがauのApple Musicのページとなります。

au経由のApple Musicを解約する

au経由のApple Musicは、このリンク先からブラウザでログインして解約することもできます。

解約した場合どうなるか

無料期間中に退会申し込みをした場合は、無料期間終了後に自動的に退会となり、ご利用料金は発生致しません。

特に、どうもなりません。無料期間が短くなることもありませんし、ただ自動更新がされなくなるだけです。

無料期間が終わった後はどうするべきか

もし、無料期間終了後にも、やっぱりAppleMusicを利用したいなと思ったら、無料契約が切れる6ヶ月後に新規でAppleと契約し直せばいいだけです。

しろくま
しろくま

覚えているうちに解約しちゃうのがおすすめ。

契約期間は確認しておく

ただ、念のために、退会画面で「あと何ヶ月無料で利用できるか」を確認しておきましょう。ちゃんと表示されるので安心です。

解除後に、AppleMusic以外を契約したくなったら

手続きに手間取ると、他のサービスも気になってくるところかと思います。AppleMusicの対抗馬となる音楽配信サービスについても調べてみましたので、こちらもチェックしてみてください。

2024年のAppleMusicの対抗馬を探る
YouTube MusicとAmazon Musicが「動画」「高音質」「別サービスとの融合」などを果たす中で、AppleMusicは選ぶべきなのか、という情報を拾っているときにロスレス・空間オーディオ配信ニュースが飛び出し抜け出した感ある。

過去のAppleMusicキャンペーンに関する情報

AppleMusicのキャンペーンに加入するタイミングを見極めるために、過去のキャンペーン情報を置いておきます。

2021年〜2022年のAppleMusicキャンペーン

auでAppleMusicがお得

さて、一応、Apple Musicが無料になった経緯と概要だけは説明しておきます。Apple Musicについて知りたい場合は別記事を用意してありますのでそちらをご確認ください。

AppleMusicをお勧めしたいポイント
Apple Musicのセールストークのようなことをしてみようかと思ったら、人生の安売りみたいな文章ができあがっちまった。こんな世の中だからこそ、音楽が必要なんだと心が叫んでる。

適用条件を確認してみる

auのスマートフォン(4G LTE)※をご利用中のお客さまで、auからApple Musicにお申込みされた方

https://camp.auone.jp/campaign/c1a944a8e278186be4e122dd

というわけで、今までよりもキャンペーン適応する方が増えているのですが、みなさん、お気づきでした?

キャンペーン対象者が増える

従来、この特典は「au 4G LTEスマートフォンを新規契約または機種変更する際に、auを介してApple Musicを申し込むこと」を条件に付与されていた。10月1日以降は新規契約や機種変更の条件が撤廃され、4G LTEスマートフォン契約者なら誰でも特典を適用できるようになる。

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1909/20/news058.html

最近、CMでも話題になっているらしいのですが、au利用者なら、ほぼ全ての人がAppleMusicが無料になります。

しろくま
しろくま

すでに利用している人でも、au経由で契約しなおせば半年は無料になるってことだね!

かめ
かめ

デメリットは少ないので、利用した方が圧倒的にお得なのですが、気づいてない人も多そう。

料金プラン
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「walmart リテール リテール 最前線」に関する最新情報です。

    米国の小売業界でデジタルトランスフォーメーションの波が押し寄せている中、石角友愛氏が米国のリテール業界の最前線を紹介し、時代の変化を予測している。今回はCESで発表されたWalmartの新しいリテールテクノロジーについて紹介する。WalmartはAIを活用した検索機能の強化や、アプリを使ったAI活用による自動購入など、顧客体験の改善に取り組んでいる。また、ドローンによる配達サービスも導入する予定だ。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2402/09/news026.html

  2. buchikuma-info より:

    「北極 研究 最前線」に関する最新情報です。

    北極海での研究が注目されており、最新の研究船計画や北極海に潜るドローンについて紹介されています。北極は地球温暖化の影響を受けやすい地域であり、その研究は重要です。日本の海洋研究開発機構(JAMSTEC)の菊地隆センター長も北極研究に取り組んでいます。北極研究は世界的にも注目されており、その最前線の情報を知ることができます。

    https://gendai.media/articles/-/118655

  3. buchikuma-info より:

    「new apple october」に関する最新情報です。

    タイトル: 新しいM3 MacがAppleの退屈な10月を救うか?
    見出し: 新しいハードウェアのリリース、アプリとソフトウェアのアップデート、サービス、Apple TV+、Apple Arcade、シニアエディタ、Jason Crossによる最近の記事
    トピック1:
    トピックのキーワード: 新しいApple 10月 Apple 退屈 退屈 退屈 10月 M3 M3 Mac Mac Mac 救う
    トップの段落:
    エンティティ: 新しいM3 MacがAppleを救う
    キーワード: ニュース 新しいM3 Macが私たちを救う Apple 退屈な10月 満員の9月 10月は比較的静かな月で、新しいリリースは通常9月に行われるAppleの大きな月に比べて少ない

    エンティティ: AppleはM3プロセッサを搭載したMacをリリースするとされており、プロセッサにはあまり変更がないと予想されているが、噂がある
    キーワード: M3 Mac 以前の噂では、Appleが最初のM3ベースのMacを10月にリリースするとされており、更新されたiMacにM3プロセッサが搭載される可能性がある。プロセッサにはあまり変更がないと予想されているが、最近の噂ではアナリストの明智明智が「今年はiPadやMacにM3チップが搭載されることを期待している」と述べている。

    エンティティ: AppleはM3プロセッサを搭載したMacを

    https://news.google.com/rss/articles/CBMibmh0dHBzOi8vd3d3Lm1hY3dvcmxkLmNvbS9hcnRpY2xlLzIwODQxMDUvYXBwbGUtb2N0b2Jlci0yMDIzLXJlbGVhc2VzLW0zLW1hY3MtaXBhZC1taW5pLWlvcy1tYWNvcy1hcHBsZS10di5odG1s0gEA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「rings new new rings」に関する最新情報です。

    インドは世界最大のスマートウォッチ市場であり、新しいスマートリングが導入される。BoAtとNoiseは、スマートウォッチとTWSでインドのリーダーであり、スマートリングにも進出している。指が新たな中心となり、価格と競争が成長している。BoAtとNoiseはインドでスマートリングを発売する計画を発表しており、需要を確認する必要がある。

    https://techcrunch.com/2023/08/13/smart-rings-india/

  5. buchikuma-info より:

    「契約 マイページ スマホ」に関する最新情報です。

    日本の株式会社アーラリンクは、スマートフォン『誰でもスマホ』のマイページを大型リニューアルしたことを発表しました。このリニューアルにより、契約者はより簡単に契約手続きやSIM再発行などのサービスを利用することができます。また、マイページでは住所変更や契約内容の変更なども行えます。これにより、利用者は手間をかけることなく必要な手続きを完了させることができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRGh0dHBzOi8vd3d3LnJiYnRvZGF5LmNvbS9yZWxlYXNlL3BydGltZXMyLXRvZGF5LzIwMjMwNjI5Lzg3NzM3My5odG1s0gEA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました