PR

Galaxy Tabを購入する際に知っておきたい情報まとめ

スポンサーリンク

「Galaxy Tab」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「Galaxy Tab」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2024年の「Galaxy Tab」新着情報まとめ

Galaxy Tabについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

Galaxy Tabに関する新着ニュース

Galaxy Tabに関する新着ニュースをまとめています。

新型「Galaxy Tab S9シリーズ」が9月1日に日本で発売予定

  • サムスン電子ジャパンは「Galaxy Tab S9」「Galaxy Tab S9+」「Galaxy Tab S9 Ultra」の3モデルを発売予定。
  • すべてのモデルがIP68の防じん防水性能と有機ELを搭載。
  • 発売価格は、Galaxy Tab S9が12万4799円、Galaxy Tab S9+が16万2600円、Galaxy Tab S9 Ultraが20万9800円。
Galaxy Tab S9シリーズの特徴
  • サムスンのハイエンドAndroidタブレット「Galaxy Tab Sシリーズ」の最新モデル。
  • 初めてIP6X等級の防じん性能とIPX8等級の防水性能を持つ。付属の「Sペン」も同等級の防じん/防水性能を有する。
  • 日本ではWi-Fiモデルのみが展開。
モデル毎の詳細仕様
  • SoCは、Qualcommの「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy」を搭載。
  • メモリとストレージ:
    • Galaxy Tab S9:8GBメモリ+128GBストレージ
    • Galaxy Tab S9+:12GBメモリ+256GBストレージ
    • Galaxy Tab S9 Ultra:12GBメモリ+512GBストレージ
  • ディスプレイ:
    • Galaxy Tab S9:約11型/2560×1600ピクセル
    • Galaxy Tab S9+:約12.4型/2800×1752ピクセル
    • Galaxy Tab S9 Ultra:約14.6型/2960×1848ピクセル(※インカメラ周辺にノッチあり)
カメラ仕様
モデルアウトカメラインカメラ
Galaxy Tab S9約1300万画素(広角)約1200万画素(超広角)
Galaxy Tab S9+約1300万画素(広角)+約800万画素(超広角)約1200万画素(超広角)
Galaxy Tab S9 Ultra約1300万画素(広角)+約800万画素(超広角)約1200万画素(超広角)+約1200万画素(広角)
予約購入キャンペーン
  • 予約購入者には「Book Cover Keyboard Slim」をプレゼント。
  • 8月31日までに予約し、購入すると、直販サイトで使える3000円分のクーポンも付与される。

Galaxy Tabの新製品情報

Galaxy Tabの新製品情報についてまとめています。

Galaxy Tab S9シリーズ

Galaxy Tab S9 Ultra
  • ディスプレイは最大サイズで、14.6インチのDynamic AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。
  • ストレージ容量は最も大きく、512GB (Micro SD対応)。
  • メモリは12GBと豊富。
  • バッテリー容量は11,200 mAhとシリーズ中で最も大きい。
  • リアカメラには13MP広角と8MP超広角、フロントカメラには12MP広角と12MP超広角の二つを搭載。
  • 重さは5Gモデルで737g、Wi-Fiモデルで732g。
  • 厚さは5.5mm。
Galaxy Tab S9+
  • ディスプレイは中間サイズで、12.4インチのDynamic AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。
  • ストレージ容量は256GB (Micro SD対応)。
  • メモリは12GB。
  • バッテリー容量は10,090 mAh。
  • リアカメラには13MP広角と8MP超広角、フロントカメラには12MP超広角を搭載。
  • 重さは5Gモデルで586g、Wi-Fiモデルで581g。
  • 厚さは5.7mm。
Galaxy Tab S9
  • ディスプレイは最小サイズで、11インチのDynamic AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。
  • ストレージ容量は128GB (Micro SD対応)。
  • メモリは8GB。
  • バッテリー容量は8,400 mAh。
  • リアカメラには13MP広角、フロントカメラには12MP超広角を搭載。
  • 重さは5Gモデルで500g、Wi-Fiモデルで498g。
  • 厚さは5.9mm。
全モデル共通の特徴
  • グラファイトカラー。
  • IP68規格の防水防塵。
  • Snapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxyプロセッサーを搭載。
  • IP68規格のSペン (BLE O) が同梱されている。
  • 5GおよびWi-Fi対応。
S9シリーズの比較表
項目Galaxy Tab S9 UltraGalaxy Tab S9+Galaxy Tab S9
ディスプレイ14.6″ Dynamic AMOLED(有機EL)12.4″ Dynamic AMOLED(有機EL)11″ Dynamic AMOLED(有機EL)
防水防塵IP68規格IP68規格IP68規格
プロセッサーSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for GalaxySnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for GalaxySnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxy
ストレージ512GB Micro SD対応256GB Micro SD対応128GB Micro SD対応
メモリ12GB12GB8GB
バッテリー11,200 mAh10,090 mAh8,400 mAh
ペンIP68規格 Sペン (BLE O) 同梱IP68規格 Sペン (BLE O) 同梱IP68規格 Sペン (BLE O) 同梱
カメラ[リア] 13MP広角 + 8MP 超広角, [フロント] 12MP広角+ 12MP 超広角[リア] 13MP広角 + 8MP 超広角, [フロント] 12MP超広角[リア] 13MP広角, [フロント] 12MP超広角
ネットワーク5G / Wi-Fi5G / Wi-Fi5G / Wi-Fi
重さ737g (5G), 732g (Wi-Fi)586g (5G), 581g (Wi-Fi)500g (5G), 498g (Wi-Fi)
厚さ5.5mm5.7mm5.9mm

直近のGalaxy Tabのセール情報

Galaxy Tabの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

Amazonプライムデー/先行セール:Galaxy Tab S6 Lite

2023年7月9日時点でのサムスン電子ジャパンのGalaxy Tab S6 Liteについて紹介します。

Galaxy Tab S6 Liteの特徴
  • 6月23日に発売された10.4型タブレット
  • 仕事から遊びまで最適なスタイルで使用可能
  • フラッグシップモデルの一部として位置付けられている
価格

「具体的な価格は添付情報に記載されていません」

お得度

「今年最安値での販売」

セール期間

2023年7月9日(土)〜2023年7月11日(月)

Galaxy Tab S6 Liteのメリット、注意したいポイント
  • Amazonの「プライムデー先行セール」と「Amazonプライムデー」にて特別価格で販売
  • セール対象は販売・発送元が「Amazon.co.jp」の製品のみ

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「Galaxy Tab」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「Galaxy Tabとは」的な内容になります。

Galaxy Tab、旧シリーズとどちらを買うべき?

新製品が出たタイミングで更新します。

Galaxy Tab S9シリーズとS8シリーズの比較

シリーズの違うところ、似ているところ
  1. ディスプレイ技術:
    • S9シリーズは「Dynamic AMOLED」を採用しているのに対し、S8シリーズは「sAMOLED」を採用しています。
    • Dynamic AMOLEDは色の再現性やコントラストが向上していると言われています。
  2. 防水防塵機能:
    • S9シリーズはIP68の防水防塵規格を持っていますが、S8シリーズはこの機能を提供していません。
    • アウトドアや水辺での使用を考えている場合、S9シリーズが適しています。
  3. プロセッサ:
    • S9シリーズはSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platformを採用しており、S8シリーズはSnapdragon® 8 Gen 1を採用しています。
    • 新しいプロセッサはパフォーマンスや効率性が向上することが期待されます。
  4. ストレージとメモリ:
    • S8 Ultraは最大512GBのストレージと16GBのメモリオプションがありますが、S9 Ultraは512GBと12GBメモリが上限です。
    • 必要に応じて適切なモデルや仕様を選択することができます。
  5. カメラ:
    • S9シリーズのカメラは、一部のモデルで超広角カメラのメガピクセル数が向上しています。
    • カメラの性能や機能を重視する場合は、各モデルの仕様を詳しく比較すると良いでしょう。
  6. 重さと厚さ:
    • 両シリーズともに非常に似た重さと厚さを持っていますが、S9シリーズは若干軽量化しています。
    • 持ち運びの頻度や使いやすさを考慮する場合、微細な違いも重要になるかもしれません。
  7. 価格:
    • 通常、新しいモデルは旧モデルよりも高価になることが多いです。
    • 予算や必要な機能を考慮して、最もコストパフォーマンスの良いモデルを選択することが重要です。
  8. サポートと更新:
    • 新しいモデルはより長い期間、ソフトウェアのアップデートやサポートを受けることが期待されます。
S8シリーズとS9シリーズ比較表
項目Galaxy Tab S8 UltraGalaxy Tab S8+Galaxy Tab S9
ディスプレイ14.6″ sAMOLED12.4″ sAMOLED11″ Dynamic AMOLED(有機EL)
防水防塵Not providedNot providedIP68規格
プロセッサーSnapdragon® 8 Gen 1Snapdragon® 8 Gen 1Snapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxy
ストレージ128GB, 256GB, 512GB (Micro SD対応)128GB, 256GB (Micro SD対応)128GB (Micro SD対応)
メモリ8GB, 12GB, 16GB8GB8GB
バッテリー11,200 mAh10,090 mAh8,400 mAh
ペンSペン同梱Sペン同梱IP68規格 Sペン (BLE O) 同梱
カメラ[リア] 13MP広角 + 6MP超広角, [フロント] 12MP超広角+ 12MP 超広角[リア] 13MP広角 + 6MP超広角, [フロント] 12MP超広角[リア] 13MP広角, [フロント] 12MP超広角
ネットワーク5G / Wi-Fi5G / Wi-Fi5G / Wi-Fi
重さ728g (5G), 726g (Wi-Fi)572g (5G), 567g (Wi-Fi)500g (5G), 498g (Wi-Fi)
厚さ5.5mm5.7mm5.9mm

Galaxy Tabを他社製品と比較すると

Galaxy Tabと他のタブレットの性能や機能を比較しています。

パフォーマンステスト

ベンチマークテストにより、iPad Proとの性能比較を行いました。

  • iPad ProはM1チップを採用しており、CPU・GPUの性能が高い。
  • Galaxy Tab S8+やGalaxy Tab S8 Ultraも高い性能を示したが、iPad Proには及ばなかった。
  • 体感では、動作の差はなく、Androidタブレットもストレスなく使用できる。

画質・音質テスト

各タブレットの画質と音質に関する評価です。

  • 有機ELディスプレイを採用した製品は、iPad Proを超える画質が期待できる。
  • Galaxy Tab S8+は、ピークの輝度が高く色鮮やかなディスプレイを持つが、スピーカーの最大音量には不足がある。
  • Galaxy Tab S8 Ultraは、S8+と同等の画質を持ち、音質も低音が感じられる。

使い勝手テスト

タブレットのペン入力やキーボードの使い勝手に関する評価です。

  • Galaxy Tab S8+のペン入力は、iPad Proに近い使い心地。
  • Galaxy Tab S8+とS8 Ultraは、Windowsとワイヤレス接続することで、タッチ操作に対応したサブディスプレイとして使用できる。
  • NECとレノボのタブレットは、マルチタスクで複数のアプリを同時に操作できる。

Galaxy Tabを買う前に、タブレットの選び方

タブレット選びの際には、OS、画面サイズ、通信方法など、さまざまな要素を考慮することが重要です。

OSの選択

タブレットのOSには、Android OS、Windows、iPad OSなどがあります。それぞれに特徴があり、用途や好みに応じて選ぶことができます。

  • Android OSはGoogleが開発し、コスパ重視の方におすすめ。
  • Windowsはビジネス用途に強く、PC用のソフトウェアもそのまま使用可能。
  • iPad OSは直感的な操作が可能で、Appleユーザーにおすすめ。

画面サイズによる選び方

画面サイズによって、使用用途や持ち運びの便利さが変わります。

  • 7・8インチは持ち運びやすく、電子書籍の読みやすさが特徴。
  • 10インチ前後は動画視聴やゲームに適しており、家での使用がおすすめ。
  • 12インチ以上は仕事やクリエイティブな用途に適している。

通信方法の選択

タブレットの通信方法には、SIMフリーモデルとWi-Fiモデルがあります。

  • SIMフリーモデルは屋外でもインターネット利用が可能。
  • Wi-Fiモデルは初期費用や維持費が安く、Wi-Fi環境が必要。

その他の重要な要点

  • ストレージ容量は64GB以上がおすすめ。
  • メモリー容量は使用用途に合わせて選ぶ。
  • バッテリーの持ち時間や防水性能、ブルーライトカット機能、キッズモードなどもチェックポイント。

Galaxy Tabの口コミ・評判

Galaxy Tabの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「Galaxy Tab」と検索できます。

Galaxy Tabの知っておきたいよくあるQ&A

「Galaxy Tab」に関するよくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
Galaxy Tabの最新モデルは何ですか?
A

Galaxy Tabの最新モデルは、Samsungの公式サイトや最新のプレスリリースを参照してください。新しいモデルは定期的に発表され、それぞれのモデルには異なる機能や仕様があります。

Q
Galaxy TabはAndroidのバージョンアップが可能ですか?
A

はい、Galaxy Tabは一定の期間Androidのバージョンアップがサポートされます。具体的なアップデートの提供やサポート期間は、購入したモデルやリリース日によって異なる場合があります。

Q
Galaxy Tabのバッテリー持ちの対策は?
A

Galaxy Tabのバッテリー持ちは、明るさの調整や不要なアプリの終了、省エネモードの利用などで向上させることができます。また、定期的なソフトウェアアップデートもバッテリー持ちの改善に寄与することがあります。

Q
Galaxy Tabに外部ストレージは追加できますか?
A

多くのGalaxy Tabモデルには、microSDカードスロットが搭載されており、外部ストレージを追加して容量を増やすことができます。対応するSDカードの種類や最大容量はモデルによって異なります。

Q
Galaxy Tabでのペン入力はサポートされていますか?
A

Galaxy Tabの中には、S Penと呼ばれる専用のスタイラスペンをサポートするモデルがあります。ペン入力を活用することで、手書きのメモやイラストの作成、高精度な操作が可能となります。

「Galaxy Tab」に関して参考になる記事リスト

「Galaxy Tab」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

iPadの関連記事

iPadのセール情報についてまとめた記事はこちら。

iPadを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
iPad (Pro)を買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

iPadの購入に関する記事のまとめはこちら。

「iPad10世代対応」現役で使える安いモデルはどれ?
iPadの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

iPadOSの機能に関することはこちらにまとめています。

最新のiPad OS16で変更されたところを解説「ステージマネージャ」
新しいiPad OSの情報をまとめていくページです。現在はiPad OS14に対応中。データ共有でノートパソコンと肩を並べ、Apple Pencilで抜き去った印象。
どれを買うべきか
iPadのおすすめ使い方
スポンサーリンク

「Galaxy Tab」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「flu spreading new」に関する最新情報です。

    2024年4月11日、アメリカでH5N1が牛に感染し、初めて哺乳類から人間に感染したことが報告された。専門家たちは、将来的には人間間で広がる可能性があると懸念している。H5N1は鳥インフルエンザの高度伝染性株であり、哺乳類に適応することで人間間での広がりを増す可能性があると指摘されている。このウイルスは鳥に感染するが、最近では牛や他の動物にも感染が広がっており、食料安全保障にも影響を及ぼしている。研究者たちは、遺伝子編集技術を用いて鶏を鳥インフルエンザに耐性を持たせることが可能であることを示唆しているが、一般の消費者が遺伝子編集された鶏を受け入れる必要がある。現在、世界中の動物集団での積極的な監視が鳥インフルエンザの制御に最も効果的であるとされている。

    https://www.wired.com/story/bird-flu-is-spreading-in-new-ways-h5n1-cattle-usa/

  2. buchikuma-info より:

    「防水 カメラ 01」に関する最新情報です。

    フィールドスリーが4月5日に発売した「F3ACWF-01」は、1万7800円で購入可能な小型アクションカメラだ。このカメラは4K/30fpsの動画撮影や1200万画素の静止画撮影が可能であり、IPX8相当の防水性能を持っている。防水ケースなしで水深21mまで撮影が可能であり、揺れの激しい場面でも電子式手ブレ補正機能によりスムーズな撮影が可能だ。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2404/05/news147.html

  3. buchikuma-info より:

    「communities according nsfw」に関する最新情報です。

    Xは、NSFW(Not Safe For Work)アダルトコミュニティをテストしていると、スクリーンショットから明らかになった。元々Twitterであったプラットフォームは、Communities機能に追加を行い、ユーザーがXレーテッドなコンテンツのグループを作成できるようにする予定だ。アプリの研究者であるDaniel Buchuk氏は、アプリのリバースエンジニアリングを通じてこの機能を発見し、TechCrunchとの間で独占的にスクリーンショットを共有した。

    https://techcrunch.com/2024/03/28/x-is-testing-nsfw-adult-communities-according-to-screenshots/

  4. buchikuma-info より:

    「android タブレット android タブレット」に関する最新情報です。

    NECパーソナルコンピュータ(NECPC)がAndroidタブレット市場で存在感を示し、高性能な14.5型の「LAVIE Tab T14」と8.8型の「LAVIE Tab T9」を発売。価格は高額だが、iPadと比べても競争力があり、Androidタブレットのイメージを変えたいという思いがある。NECPCはAndroidタブレット市場で一人勝ちし、顧客に訴求力を持つと考えている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzI0MDMvMjkvbmV3czEwNS5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzI0MDMvMjkvbmV3czEwNS5odG1s?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「タブレット android 11」に関する最新情報です。

    Teclastが11型Androidタブレット端末「T50HD」を発表し、Amazon.co.jpで販売を開始。価格は2万8900円で、期間限定価格は1万9900円。液晶ディスプレイは1920×1200ピクセル表示に対応し、Unisoc T606プロセッサ、6GBメモリ、256GBストレージを搭載している。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2403/25/news136.html

  6. buchikuma-info より:

    「タブレット android android タブレット」に関する最新情報です。

    NECは高機能で高価格のプレミアムAndroidタブレットを投入し、アプリ不足の課題に直面している。新型コロナウイルスの影響でAndroidタブレット市場が再び盛り上がりを見せたが、需要の減少や価格競争が懸念されている。NECは中国レノボ・グループのリソースを活用し、新製品「LAVIE Tab T14」「LAVIE Tab T9」を投入している。これらのモデルは高い機能と性能を備えたプレミアムモデルであり、NECは国内のAndroidタブレット市場で高いシェアを獲得している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vYnVzaW5lc3Mubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL2dlbi8xOS8wMDI5Ny8wMjI3MDAxNjQv0gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「android タブレット android タブレット」に関する最新情報です。

    アイワマーケティングジャパンは、10.3型のAndroidタブレット端末「aiwa tab AG10」を発表し、販売を開始した。このタブレットは、2000×1200ピクセルのIPS液晶ディスプレイやHelio G99プロセッサ、6GBのメモリ、128GBのストレージを搭載しており、Android 13を利用できる。価格はオープンで、同社Web直販「aiwaダイレクト」では4万4800円で販売されている。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2403/14/news174.html

  8. buchikuma-info より:

    「グセ グセ 診断 テスト」に関する最新情報です。

    【心理テスト】“盛りグセ”診断では、バッテリーが切れた際の行動を選択することで、自分を盛る傾向を診断します。選択肢には、充電できる場所を探す、モバイルバッテリーを購入する、カフェに入って充電する、地図を使わずに散策を続けるなどがあります。この心理テストは、女性占い師が監修し、恋愛関係や対人の占いを中心に活躍していることが特徴です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vY3JlYS5idW5zaHVuLmpwL2FydGljbGVzLy0vNDY5NDHSAQA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「12 12 タブレット 14」に関する最新情報です。

    TECLASTが12型Androidタブレット「T60」の2024年モデルを発売しました。価格は3万7,900円ですが、現在は8,000円引きで2万9,900円で購入可能です。T60は12型タブレットで、2,000×1,200ドット表示対応の液晶ディスプレイを搭載し、OSはAndroid 14にアップグレードされました。厚さ7.8mm/重量558gで持ち運びに便利で、最大8GBの仮想メモリ拡張が可能です。また、Unisoc T606を搭載した主な仕様は、メモリ8GB、ストレージ256GB、OSにAndroid 14が採用されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU3NTgyNS5odG1s0gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「レノボ 中国 10」に関する最新情報です。

    中国のパソコン最大手であるレノボは、2023年10~12月期に売上高が前年比3%増の157億2100万ドルとなり、1年半ぶりの増収を達成した。純利益は前年比20%減少したものの、前四半期に比べて減少幅が縮小した。特にIDG(インテリジェント デバイス グループ)は前年同期比7%増の123億6200万ドルを売り上げ、業績全体の回復を牽引している。

    https://toyokeizai.net/articles/-/737365?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  11. buchikuma-info より:

    「android タブレット android タブレット」に関する最新情報です。

    2024年3月版のAndroidタブレットの人気ランキングTOP10が発表され、1位はXiaomi(シャオミ)のRedmi Pad SEとなった。このタブレットは11インチのフルHD+ディスプレイを搭載し、薄型軽量のメタルユニボディデザインで持ち運びが便利とされている。Android OSを採用しており、さまざまなメーカーのタブレットにも採用されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vbmxhYi5pdG1lZGlhLmNvLmpwL3Jlc2VhcmNoL2FydGljbGVzLzIzNTk1ODkv0gE5aHR0cHM6Ly9ubGFiLml0bWVkaWEuY28uanAvcmVzZWFyY2gvYXJ0aWNsZXMvMjM1OTU4OS9hbXAv?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「10 最大 タブレット」に関する最新情報です。

    サンワサプライが、USB Power Delivery規格60W出力に対応し、最大10台のタブレットやスマートフォンを同時に充電できるAC充電器「ACA-PD96」を発売しました。この充電器はUSB Type-Cポートを10ポート搭載し、合計最大350Wの高出力を持ち、タブレットの保管庫としても利用可能です。価格は9万2400円(税抜き8万4000円)です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vaWN0LWVuZXdzLm5ldC8yMDI0LzAzLzA3c2Fud2EtNS_SAQA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「android タブレット 12」に関する最新情報です。

    HANVON UGEE傘下のXPPenブランドが「Magic Drawing Pad」のオンライン販売を開始しました。この12.2型のAndroidタブレットは、価格は78,990円(税込)で、EMR技術を搭載した「X3 Pro Pencil」などが付属しています。XPPenブランドはクリエイター向けの製品を提供するメーカーであり、今回の製品はAndroid 12を搭載し、Google Playから描画アプリなどを追加できます。製品には「ibis Paint X」がプリインストールされ、3カ月の無料メンバーシップも付与されます。この「Magic Drawing Pad」は高性能で、絵を描くためのタブレットとして有力な選択肢となる製品です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiG2h0dHBzOi8vbWRuLmNvLmpwL25ld3MvNzAzMdIBAA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「digipen digipen 先行 イラスト」に関する最新情報です。

    「DIGIPEN 4.0」は手書きを瞬時にデータ保存できるスマート文具シリーズの最新作で、リングファイルと専用ノート&ペンで構成されています。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-digipen40-end-720505/

  15. buchikuma-info より:

    「画面 タブレット nec」に関する最新情報です。

    NECから2024年2月にリリースされた高性能タブレット「LAVIE Tab T14」は、14.5インチの大画面モデルであり、コストパフォーマンスが高いと評価されている。性能も良く、画面もきれいだが、残念な点としてはUSB端子が2つしかないことが挙げられる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9jb2x1bW4vMTgvMDAwODcvMDAzMjUv0gEA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「galaxy galaxy tab tab」に関する最新情報です。

    2024年3月のGalaxyルーレットでは、特賞はGalaxy Tab S9 Ultra(Wi-Fi版)で、大当たりはGalaxy Watch6となっています。Samsung Membersアプリで開催中で、誰でも無料で1回だけルーレットを回すことができます。期間は3月1日から31日までで、お楽しみ賞はコンビニで引き換えられるプチギフト(ハーゲンダッツ)です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vb3JlZm9sZGVyLmpwLzIwMjQvMDMvZ2FsYXh5LXJvdWxldHRlLTQv0gEzaHR0cHM6Ly9vcmVmb2xkZXIuanAvMjAyNC8wMy9nYWxheHktcm91bGV0dGUtNC9hbXAv?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「搭載 製品 ipad」に関する最新情報です。

    2024年3月2日に更新された情報によると、iPad mini 7はA17またはA17 Proのチップを搭載する可能性があります。16種類の未発表製品には、A14 Bionic、A17またはA17 Pro、M2、未発表チップ、A18シリーズが含まれています。また、iPad(第11世代)はA14 Bionicを搭載し、新型iPad AirのコードネームとCPUIDも明らかになっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NjE3L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NjE3L2FtcC8?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「android タブレット android タブレット」に関する最新情報です。

    XPPenが高性能スタイラスペン「X3 Pro Pencil」を搭載した12型Androidタブレット「Magic Drawing Pad」を発表。IPSパネル採用の12.2型液晶ディスプレイで、筆圧検知に対応し、Android 12を搭載。8コアプロセッサのMT8771、8GBメモリ、256GBストレージ、最大512GBのmicroSDスロット、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 5.1、USB Type-Cポートを備えている。販売価格は7万8990円(税込み)。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2402/29/news124.html

  19. buchikuma-info より:

    「タブレット android android タブレット」に関する最新情報です。

    NECパーソナルコンピュータが、アフターコロナ時代のAndroidタブレット市場で高性能な新製品「LAVIE Tab T14」「LAVIE Tab T9」を投入している。コロナ禍による需要急増は終わり、価格競争が激化している中、NECは高機能・高性能のタブレットを展開し、クリエーティブやゲーミング市場に注力している。NECはレノボ・グループのリソースを活用し、厳しい市場環境を乗り越えてきた実績がある。NECの新製品は14.5型の大画面ディスプレーを搭載した「LAVIE Tab T14」と、8.8型のコンパクトモデル「LAVIE Tab T9」があり、高い機能と性能を備えている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9jb2x1bW4vMTgvMDAwODYvMDAyOTcv0gEA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「cook cook 先行 ホーロー」に関する最新情報です。

    見た目もスタイリッシュな2in1ホーロー鍋「COOK-X」が無水調理も可能で、先行販売が終了間近となっている。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-cookx-end-723247/

  21. buchikuma-info より:

    「galaxy galaxy tab tab」に関する最新情報です。

    サムスンは新しい廉価なAndroidタブレット「Galaxy Tab S6 Lite (2024)」を発売する予定です。このタブレットはAndroid 14とExynos 1280を搭載し、現行の「Galaxy Tab S6 Lite (2022)」の最新版となります。価格はおおよそ4〜5万円台で登場する可能性が高いとされています。リーク情報やGeekbenchの計測値もこの新モデルの存在を裏付けています。CPUスコアやGPUスコアはまだ明らかにされていませんが、他のモデルと比較すると性能が高いことが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzAyLzEyL3Bvc3QtNjgzMjUv0gEA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「en シリーズ 規格」に関する最新情報です。

    パナソニックのカーバッテリー「caos」シリーズに、EN規格に対応する新「EN」シリーズが登場します。EN規格バッテリーは、輸入車だけでなく日本車への採用も増えており、先進運転支援システムなどの常時電力に対応するために大容量カーバッテリーが必要です。新たに発売されるENシリーズは、パナソニック独自の大容量化技術を使い、業界最高水準の大容量化と長期保証を実現しています。また、EN規格バッテリーは液面高さが低くなるため、液減りトラブルのリスクが増加することがあります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vY2xpY2NjYXIuY29tLzIwMjQvMDIvMDgvMTM0NTYzNi_SAQA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「en en シリーズ en 規格」に関する最新情報です。

    パナソニックは、EN規格バッテリ搭載車に対応した新しい「カオス」ENシリーズ3品番を2024年3月初旬に発売することを発表しました。EN規格バッテリは、日本車での採用が増えており、先進運転支援システムなどの常時電力を消費する機能を多く搭載しているため、大容量のカーバッテリが必要です。パナソニックの「カオス」ENシリーズは、業界最高水準の大容量化と長期保証を実現しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNmh0dHBzOi8vY2FyLndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9uZXdzLzE1NjY4NTYuaHRtbNIBAA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました