家づくりでの失敗体験公開中!

iPhoneでサイトで住所と名前を入力するときに簡略化できる方法

スポンサーリンク
iPhoneやiPad,Macで住所や名前、電話番号などの個人情報を入力する時に使える小技を紹介します。
「連絡先」に「自分」の情報は登録してありますか?
「自分」の情報をSafariの「自動入力」の機能をONにすることで、
自動的に適切な場所に、自動で入力してくれるようになります。

資料請求編で、オススメの一括請求サイト4社を紹介しました。

いろいろなサイトに名前とか住所を入力するのが面倒なので、
なんだか闇雲に紹介してしまったと罪悪感を覚えていたところ。

今回は、せめてもの報いに、
iPhoneユーザーなら、住所と氏名を登録しておくだけで、
簡単に入力できる方法があるよ、という記事を書きます。

スポンサーリンク

iPhoneユーザーなら、自分の名前と住所はちゃんと登録しておこう

資料請求サイトに関わらず、サイトにいちいち、

名前と、郵便番号と、住所と、電話番号、その他個人情報を

入力しておくのは面倒ですよね。

一時期は、メモ帳に住所なんかを入力しておいてコピペしてみたり、
予測変換頼りでなんとか住所が出てこないかと祈ったりしていました。

いや、もっと簡単な方法がありましたよ。

スポンサーリンク

Safariの機能をフルに活用する

iPhoneユーザーなら、当然、普段使用するブラウザはSafariですよね。

はりねずみ
はりねずみ

えっ、Chromeだけど?

ぶちくま
ぶちくま

シャラップ!

iPhoneをフル活用するなら、Safariを使いこなせた方がいいですよ!

今回は、Safariが自動で住所や名前の入力欄を認識して、
勝手に個人情報を入力してくれる機能を使ってみます。

連絡先に自分の個人情報を登録する

まぁ、これだけの話なんだけどね。

連絡先というアプリ

連絡先というアプリはこれ

あまり個人情報を詰め込みたくないなぁ、という気持ちはわかる。
ただ、これをやっておくだけで、Safariでの入力は、ほんのちょっぴりだけ楽になる。

この連絡先というアプリは、まぁただの「アドレス帳」なんだけど、
たぶん何処かのタイミングで「自分の名前」が登録されているとは思う。

探してもないようであれば、「自分の名前」で登録しておくといいですよ!

「設定」の歯車アプリで自動入力をONにする

みんな大好き歯車「設定」アプリですね。

ここの「アカウントとパスワード」や「メール」などが並んでいる項目に、

Safari」というブラウザと同じアイコンがあるのでタップ。

iPhoneの設定画像を矢印付きで解説

iPhoneの設定画像

一般」の欄に、「自動入力」という設定をいじる項目があるので、ここもタップ。

個人情報Safari設定「自動入力」はこれ

Safari設定「自動入力」はこれ

すると、「連絡先の情報を使用」という項目があるので、これを「ON」にします。

自分の情報、ということで、先ほど、「連絡先」にいれた個人情報を入れた自分の名前を

アドレス一覧から選び、タップ。

これで設定は完了です。

他の設定はいじらなくてよろし

クレジットカードの情報とかはどうしたらいい?

他にも自動入力できる項目はありますが、

パスワードが弱かったり、スマホの管理甘い人はセキュリティは強めにしておいた方がいいですよ。

意外と、他の人がみていることもあるし、クレジット関連は番号だけでも結構できることあるからね。
今なら一瞬でも表示されるだけで、写真とかビデオ撮影されたら簡単に読み取られちゃうからね。
注意、注意!

スポンサーリンク

ちなみにGoogle Chromeにも自動入力はあるよ

これは画像は載せないけども、Chromeの右上の縦点三つの「メニュー」を選び、
設定」のなかに、「フォームの自動入力」というのがあるので、

ここからいろいろ設定してください。

はりねずみ
はりねずみ

自分は使わないのに、わざわざAndroidユーザーのために調べたの?

ぶちくま
ぶちくま

、、、すんません、普段の使うブラウザは
SafariじゃなくてChromeなんです。

裏切り者め!

サイトに情報入力中に別の作業して気付いたらタイムアウトしてやり直しの虚しさとは、
これでおさらばよ。

スポンサーリンク

ちなみにSiriに自動入力の設定を依頼したら断られた件

みなさん、iPhoneならではだと思うんですけど、
Siriって、結構、iPhoneの設定を手伝ってくれるって知ってました?
例えば、「音楽をかけて」っていえば、適当に音楽をかけてくれる、
これは結構知ってる方も多いと思うんです。
「この曲の名前を教えて」って聞くと、今かかっている音楽の曲名を教えてくれる
この辺りだと知らない人も多いかもしれない。

例えば、何かの拍子に無線を切らなくちゃいけなくて、それをすっかり忘れていた時、
「Wifiにつないで」とか「BluetoothをONにして」とか言うと、
それもやってくれるんですよ。

ぶちくま
ぶちくま

まじで?

はりねずみ
はりねずみ

まじです。

んで、そうなると、やってみたくないですか、自動入力の設定をSiriにおしつけるやつ。

結果。

Siriに自動入力の設定を依頼した

Siriに自動入力の設定を依頼した

まぁ、当然だよね。
それだけでした。

ではでは。

スマホやPCの故障が心配なら

故障が心配ならモバイル保険が便利


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」です。

iPhoneに限らず、端末の初期不良に対してはこう言った有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるしね

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、ほぼ端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

「モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

登録できる端末一例

  1. スマートフォン
  2. タブレット
  3. ノートパソコン
  4. スマートウォッチ
  5. 音楽プレイヤー(モバイル)
  6. 携帯ゲーム機(Switch含む)
  7. モバイルルーター


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

 

トラブル対処法
スポンサーリンク
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント