PR

LINEのバックアップ設定をミスったら「iTransor for LINEレビュー」

iPhoneをはじめとして、続々とスマホ最新機種が発表されており、「そろそろ買い換えようかな」と考えている方もいらっしゃることと思います。

かめ
かめ

でも、スマホの買い替えの時って、引き継ぎ設定が面倒なんだよね。。。

しろくま
しろくま

iPhoneの引き継ぎはスマホを重ねるだけだから簡単だけど、あれで移行するのはiOSの標準データだけだから、アプリのデータを移行するのは個別に対応が必要だったりして、ついうっかり忘れて面倒なことになったりするよね。

このページでは、iTransor for LINEというLINEのデータ移行が簡単にできるツールを紹介しつつ、「LINEのデータ引き継ぎで失敗しがちなトラブルあるある」についてお伝えしたいと思います。

スマホ新着モデルが続々登場、LINEのデータ引き継ぎは忘れてない?

iPhoneの最新機種が毎年9月に更新されるのは有名ですが、Apple以外のスマホメーカーも秋ごろに新モデルを追加することが多いです。

一般的に、スマホの買い替え時期は4年程度と言われており、多くはバッテリートラブルにより、「バッテリーを交換する費用を考えたら、この機会にスマホを買い替えてもいいかな」と考える人が多いようです。

つまり、スマホに何らかしらのトラブルを抱えた人が買い替えを考えていることが多いこともあり、タイミングによってはデータの移行などがうまくいかずに「データが全て消えてしまった!」なんて方もいらっしゃるようです。

まずは、スマホの買い替えに際して、どのようなトラブルが起こり得るのか、よく利用されるLINEの引き継ぎに関する情報を簡単にお伝えしていきます。

LINEのデータ管理、何をするべき?

まずは、簡単にLINEのデータ管理に関する話をさせてもらいます。

そもそも、LINEとは?

すでにLINEを利用されている方がこの記事を読んでいると思うのでLINEの詳細については割愛しますが、LINEとは簡単に説明すると以下の通りです。

  • LINE(ライン)とは主にスマホで、アカウント連携すればタブレット、パソコン等でも利用できるコミュニケーションアプリ
  • Zホールディングス株式会社(ソフトバンクグループ)傘下のLINE株式会社が運営・開発
  • 日本、台湾、タイ、インドネシアに利用者が多い

大事なポイントは、「LINEの情報の取り扱いはしばしば問題になりがち」ということと、「iOS、Androidで管理するデータと、LINEアカウントのデータが混同しやすい」ということです。

かめ
かめ

スマホが苦手な方だと、「引き継ぎでアプリをインストールすればすべてのデータが移動すると思った」という方も多いと思います。

しろくま
しろくま

スマホネイティブの世代でも、バックアップデータとLINEアカウントデータの違いを正確に答えるのは難しいと思います。

LINEアプリのデータ移行の難しさについて、次の項目で解説していきましょう。

LINEで保管すべきデータとは

LINEの引き継ぎで失敗しやすい原因として一番多いのが、「LINEのデータは大きくふたつに分かれている」ということ。

しろくま
しろくま

ほとんどのケースが「LINEアカウントでバックアップの設定をしていたのに、トーク履歴の保存はしていなかった」というものです。

つまり、LINEアプリで保管すべきデータは2種類存在するということになります。

  • LINEアカウント
  • トーク履歴

簡単に言えば、LINEのアカウントに関連するデータと、トーク履歴は別々に保管されているということです。

LINEとバックアップ

LINEのバックアップは、「アカウントの引き継ぎ」と「トーク履歴のバックアップ」を分けて考える必要があります。

トーク履歴のバックアップについては、「LINE」のバージョン12.13.0以上から「PIN」を登録すれば復元できるようになっています。こちらも合わせて確認しておきましょう。

LINEトーク履歴のバックアップ
  1. バックアップ用のPINコードの登録
    • LINEのバージョン12.13.0以上で利用可能
    • 6桁のPINコードを登録して、最近14日間のトーク履歴を復元可能
    • 異なるOS間の引き継ぎでも使用できる
    • 設定手順が示されている(画像と動画を含む)
  2. 自動バックアップの設定
    • 定期的なトーク履歴のバックアップを設定することが推奨される
    • 画像、動画、音声データはバックアップ対象外
    • 設定手順が示されている(画像と動画を含む)
  3. メールアドレスとパスワードの登録
    • LINEアカウントの引き継ぎとトーク履歴のバックアップの成功に必要
    • 正しいメールアドレスとパスワードの登録が必須
LINEアカウントの引き継ぎ
  1. QRコードを使用した引き継ぎ
    • LINEのバージョン12.10.0以上で利用可能
    • iOS 14以上またはAndroid 7以上が必要
    • 最近14日間のトーク履歴の復元が可能
    • 引き継ぎ手順が詳細に説明されている(画像と動画を含む)
  2. 引き継ぎ時のトーク履歴の復元
    • 同じOS間の引き継ぎでバックアップが完了している場合、最近14日間及びバックアップ分のトーク履歴の復元が可能
    • 異なるOS間の引き継ぎでも最近14日間のトーク履歴の復元が可能
簡単に説明するとこんな表になります
特徴トーク履歴のバックアップアカウントの引き継ぎ
LINEバージョンの要件12.13.0以上12.10.0以上
トーク履歴の復元最近14日間(PINコード使用時)最近14日間
引き継ぎ方法PINコード・自動バックアップQRコード
引き継ぎ時のトーク履歴のバックアップ自動バックアップ推奨手動または自動バックアップが推奨
メディアデータのバックアップ画像、動画、音声は対象外画像、動画、音声は対象外
メールアドレスとパスワードの登録必要必要

LINEのデータ、どこが管理している?

余談にはなりますが、LINEのデータ管理は一度大きな問題になったことがあります。

2021年にデータ管理を海外に委託
  • 発生時期: 2021年3月
  • 関与企業: LINE, Zホールディングス(ZHD)
  • 事件の背景:
    • LINEは中国の関連会社や業務委託先で一部の業務システムやサービスの開発およびコンテンツの監視業務を任せていた。
    • 中国の業務委託先が日本のユーザーの個人情報にアクセスできる業務を行っていたことが明らかになった。
    • 中国の2017年施行の国家情報法では、民間企業に国家の情報収集への協力が義務付けられており、日本ユーザーのデータが中国当局の手に渡る可能性が懸念された。
  • LINEの対応:
    • 中国からの日本ユーザーの個人情報へのアクセスを完全に遮断し、中国での業務を3月23日にすべて終了した。
    • 中国での主な子会社や委託先は5社であり、その中でコンテンツ監視ツールや社内管理ツールの開発・運用、監視業務を行っていた。
    • 日本ユーザーのデータは順次日本への移転が進められている。具体的な移転スケジュールと新しいプライバシーポリシーの改定が計画されている。
  • 影響と懸念:
    • 信頼の損失: この事件はユーザーの信頼を損ね、自治体でのLINEアカウントの一時利用停止につながっている。
    • データガバナンスの問題: この事件はデータの適切な取り扱いとユーザーへの適切な説明が不足していたことを浮き彫りにした。
    • 韓国でのデータ保管: 日本ユーザーの一部データが韓国で保管されていたことも問題視されている。
  • 今後の対応:
    • ZHDとLINEはデータガバナンスの検証と問題解決に努めている。
    • ZHDはLINEのデータガバナンスを検証する特別委員会を設立し、今後の取り組みを監督と管理を強化していく計画である。

LINEが8000万人のデータ管理で損ねた信頼

2023年にも問題が発生
  • 公表日: 2023年4月17日
  • 記事発表日: 2023年4月18日
  • 問題のサービス: LINEギフト, LINE FLASH SALE(提供終了済み), アカウントコマースなど。
  • 問題事象:
    1. LINEギフトで特定の操作を行った際に、本来伝わるべきでない送り主の情報が通信内容に含まれていた。この事象は2015年2月から2023年3月9日まで発生していた。LINEは不適切な情報を通信内容から削除した。
    2. LINEが提供する出店者向け管理システムからダウンロードできる受注データのCSVファイルに、注文者の「遷移元データ」が誤って含まれていた。この事象は2016年2月から2023年2月21日まで発生していた。LINEは該当データの提供を停止し、データの消去を依頼した。
    3. Googleが提供する「Google Analytics」を利用して、消費者への説明なしに購買情報などが閲覧可能になっていた。これは2023年2月21日から22日まで発生していた。LINEはこの機能を停止した。
  • 影響: 二次被害の発生は確認されていない。影響を受けた可能性のあるユーザーには内容を通知した。
  • LINEのコメント: LINEは該当データに個人情報(住所、電話番号、メールアドレス、銀行口座、クレジットカード番号等)は含まれていないと発表し、今後は再発防止に努めると表明した。
  • 将来の影響: これがヤフーとのデータ連携の進展を遅らせる可能性がある。

LINEが一部のサービスで不適切なユーザーデータ管理、二次被害は確認されず

総務省がLINE運営の親会社であるヤフーに行政指導
  • 公表日: 2023年8月30日
  • 関与企業: ヤフー, NAVER(韓国のインターネット企業)
  • 期間: 2023年5月18日から7月26日まで
  • 事実:
    • ヤフーは開発と検証の目的で、NAVERに検索関連データを試験的に提供していた。
    • 提供されたデータには約756万件のユニークブラウザの検索クエリと約410万件の位置情報が含まれていた。
    • このデータはNAVERによって物理的にコピーが可能であったため、総務省は安全管理措置が不十分であったと指摘した。
  • 行政指導:
    • 総務省は2023年8月30日にヤフーに対して行政指導を実施した。
    • 総務省は、位置情報や利用目的の適切な通知、ユーザーが位置情報の提供に同意しないオプションの提供、NAVERによるデータコピーの防止、安全管理措置の監査体制の構築などを求めた。
    • これは電気通信事業法で定められる対応に関連している。

当社に対する総務省からの指導について

LINEデータの引き継ぎトラブル

実際にどのようなLINEデータの引き継ぎトラブルがあったのか調べてみました。

実際にあったLINEデータトラブル

LINEデータには以下のようなケースでトラブルが多いとされています。

ケース1: 「利用することができません」と表示され、アカウントが初期化される
  • 原因: 同じ電話番号で新しいアカウントを作成しようとした場合。
  • 対処法: 一部の有料コンテンツは移行できる可能性があるため、LINEへの問い合わせを検討する。
ケース2: 二段階認証が求められる画面が表示される
  • 原因: 旧スマホでの設定が不十分で、異なる認証方法(FacebookやApple ID連携など)を使用した場合。
  • 対処法: 以下の方法から選択して本人認証を行う。
    1. 旧スマホで「アカウントを引き継ぐ」をオンにする。
    2. SMSで本人認証を行う。
    3. PCやiPadを使用してLINEアカウントにログインし、本人認証を行う。
ケース3: パスワードを忘れた
  • 対処法: パスワードを再設定する方法が二つあります。
    1. パスワード再設定メールを送信する。
    2. 旧スマホでLINEアプリを操作してパスワードを再設定する。
ケース4: パスワードが未設定
  • 対処法: 本人確認を行い、パスワードを新たに設定する。以下の方法があります。
    1. 旧スマホを操作して引き継ぎ認証をオンにする。
    2. 旧スマホでパスワード設定番号を受け取る。
    3. PC版/iPad版/Chrome版でパスワード設定番号を受け取る。
ケース5: 原因不明のエラーが発生
  • 対処法: エラーの解消を試みるために以下の手順を実施する。
    1. スマホのネットワーク接続環境を確認する。
    2. スマホを再起動させる。
    3. 新スマホのLINEアプリをアンインストールし、再インストールする。
    4. LINEアプリを起動してログインする。
ケース6: 電話番号認証ができない
  • 対処法: Apple IDやFacebookのログイン情報を用いてLINEアカウントを引き継ぐ。ただし、事前に旧端末で連携作業が必要。
ケース7: トーク履歴が復元できない/バックアップを忘れた
  • 対処法: 旧スマホでトーク履歴をバックアップし、新スマホでそれを復元する。

各ケースで対処が難しい場合は、LINEへの問い合わせを推奨しています。また、公式サイトやTwitterでトラブルの情報を確認することも提案されています。

SNSでのLINEデータ引き継ぎトラブル

LINEバックアップのヘルプ
LINEのデータが縁の切れ目
データは分けて保管

一般的なLINEデータの引き継ぎ方法

すでに紹介したように、LINEデータの引き継ぎには「新しいスマホでもログインできるようにする準備」と「トーク履歴をバックアップするための準備」があります。

公式HPでは以下のページが参考になると思います。このページではもっと簡単にして「だいたいこういうことをすればいいんだな」ということが伝わればと思います。

【LINEの引き継ぎ】大切なトークやデータが消えないために今やっておきたい3つのこと

LINEアカウント引き継ぎ中のトラブルと対処法

  1. 新しいアカウント作成で既存アカウントが削除される
    • 強制的に既存アカウントが削除され、データが失われる。
    • 一部の有料コンテンツは例外的に移行可能。
  2. 本人確認が求められる
    • 新しいスマホで異なる認証方法を使った場合、本人確認が求められる。
    • 対処法: 旧スマホで設定を変更するか、SMSやPCで認証。
  3. パスワードを忘れた
    • パスワードの再設定が必要。
    • 対処法: パスワード再設定メールを使用または旧スマホで再設定。
  4. パスワードが未設定
    • パスワード登録が必須。
    • 対処法: 本人確認を行い、パスワードを登録。
  5. 認証エラーや不明なエラー
    • 原因不明のエラーが発生する可能性がある。
    • 対処法: ネットワーク確認、スマホ再起動、アプリの再インストールなど。
  6. 電話番号認証ができない
    • Apple IDやFacebookのログイン情報を利用して引き継ぐ。
    • 旧端末での連携設定が前提。
  7. トーク履歴のバックアップを忘れた
    • バックアップと復元が必要。
    • 旧スマホでのバックアップが推奨される。

トーク履歴の復元に関する注意点

  • 復元をスキップすると、後でトーク履歴を復元できなくなる可能性がある。
  • バックアップデータはiCloudやGoogleドライブに保存される。
  • iPhoneでは再バックアップが困難になる可能性があり、Androidでは再取得の可能性が残る。

トーク履歴復元のトラブルシューティング

簡易版ですが、iPhoneやAndroidで「引き継ぎに失敗した」と思ったら試すべきことをまとめました。

  • iPhone:
    • アプリのアンインストールと再インストール。
    • デバイスの再起動。
    • インターネット接続状況の確認。
    • OSのアップデート。
    • Apple IDの確認とログインし直し。
    • iCloud Driveの設定変更。
  • Android:
    • 新しい端末でのログイン完了後に旧端末でバックアップを取得し直す。
    • 新しい端末でのトーク履歴の復元。

LINEデータの引き継ぎおすすめ方法「iTransor for LINE」

ここまで紹介した方法で、ほとんどのケースではLINEのデータ引き継ぎはうまくいきます。

ただ、現実にはデータ引き継ぎのために事前にやっておく準備が多く、「アカウントの引き継ぎ設定は完了した!」と思ったらトーク履歴が全て消えてしまうなどの想定していなかった問題が起こることはしばしばあります。

しろくま
しろくま

実際、「LINE 引き継ぎ 失敗」と検索してくる方は、すでにこの問題に直面しているはずです。

アカウントの不具合に関してはLINEに問い合わせすることで移行作業を補助してもらうことはできるかもしれませんが、対応に時間はかかりますし、データの復元となると難しいことが多いです。

しかし、iTransor for LINEというソリューションがこれらの課題を解消できます。

一般的なデータ引き継ぎのデメリット

  1. 異OS間のデータ引き継ぎの複雑さ:従来の方法では、AndroidとiOS間でのデータ移行は非常に複雑で、特に14日以上のデータの移行は更に困難です。
  2. データバックアップの制限:一般的なバックアップ方法では、データをPCに無料でバックアップしたり、バックアップファイルから自由にデータを選択して移行したりすることが困難です。
  3. データ復元の限界:異なるOS環境や古いバックアップファイルからのデータ復元が一般的には困難です。
  4. データ閲覧とエクスポートの限界:通常、バックアップデータから特定のデータを選択してエクスポートすることができません。

iTransor for LINEの利点

  1. 異OS間での簡単なデータ転送:iTransor for LINEを使用すると、AndroidとiOSデバイス間でのLINEデータ転送が簡単に行え、14日以上のデータも確実に移行できます。また、最新のiOS 16/Android 13(Google Pixelの最新シリーズ含む)をサポートしています。
  2. 効率的なデータバックアップ:このツールを使用すると、ユーザーはLINEデータを一括でPCに無料でバックアップでき、複数のバックアップを便利に管理できます。また、以前のデータが上書きされることなく確実に保護されます。
  3. 高速かつ安全なデータ復元:iTransor for LINEは、異なるOS環境や古いバックアップファイルであっても、LINEデータを任意のiOS・Androidデバイスに簡単かつ安全に復元できます。
  4. 自由なデータ閲覧とエクスポート:バックアップファイルからLINEのトーク履歴、写真、動画などのデータを自由に閲覧でき、必要なデータだけを選んでPCにエクスポートできます。さらに、多様な出力形式(HTML、PDF、CSV/XLSなど)を提供しており、特にHTML形式での保存はデータ管理や情報検索に非常に便利です。
しろくま
しろくま

今回はiMyFoneさまから商品を提供していただきましたので、実際に使ってみながら「iTransor for LINE」についてご紹介します。

iTransor for LINEについて

では、LINEのデータ引き継ぎでおすすめの方法として紹介する「iTransor for LINE」について簡単に説明していきます。

iTransor for LINEって何だ?

iMyFone社の概要

iMyFoneは、iOSとAndroidデバイス、Windows PC、およびMac向けのソリューションを提供する企業です。

2015年に設立、データ復元、スマートフォンのロック解除、システム問題の修正などの分野で数々の製品をリリースしています。

企業としての信頼度は高い

iMyFoneは6年間の経験を持ち、190カ国からの3500万人以上のユーザーに支持され、5800万回以上のダウンロードがある信頼できる企業です。同社の製品は120以上の権威あるメディアから高評価を受け、推奨されています。

実際のところ、どうなの?

当サイトに限った情報ではありますが、すでに「iMyFone」の製品をいくつか取り上げてレビューしたことがあり「ちゃんと仕事の話ができる」信頼はあります。

しろくま
しろくま

これは一般のユーザーにとっても大事なことで「商品が売れたらサポートはしない」なんてことはないのは安心できる要素だと思います!

iTransor for LINEにできること

iTransor for LINEは、iOSとAndroidデバイス間でLINEのデータを効率的に管理、転送、バックアップ、および復元できるツールです。以下の特徴と機能を提供します。

iTransor for LINEの主な特徴

  1. 異OS間でのスムーズなデータ転送: iOSとAndroidデバイス間でのLINEデータの転送が可能。
  2. バックアップと復元: LINEデータのバックアップと復元が簡単かつ迅速に行えます。
  3. 複数のデータ形式のサポート: LINEのトーク履歴、写真、ビデオなど、さまざまなデータ形式をサポート。
  4. 無料バージョンと有料バージョンの提供: 利用者は自身のニーズに応じて無料版または完全版を選択できます。
  5. 高い互換性: 最新のiOSとAndroidバージョンをサポート。
  6. 安全なデータ管理: データの上書きなしで安全なデータ管理が可能。

iTransor for LINEの仕様に関すること

無料版と完全版の違い
機能無料体験版完全版
LINEデータのバックアップ
バックアップデータのプレビュー表示
異OS間でのLINEデータ直接転送
同OS間でのLINEデータ直接移行
バックアップからデバイスへのデータ復元
バックアップからPCへのデータエクスポート
互換性のあるデバイスとOS
  • iOS: iOS 9からiOS 17まで
  • Android: Android 5.0からAndroid 14まで
  • iPhone: iPhone 4シリーズからiPhone 14シリーズまで全モデル対応
  • Androidスマートフォンとタブレット: SONY, Sharp, Fujitsu, Kyocera, Samsung, Google, Motorola, Huawei, OPPO, LG, Xiaomi, Vivo, Oneplusなどを含むすべてのブランドが対応。
しろくま
しろくま

私はiPhoneですが、他のメーカーへの機種変更にも対応しており、安心して引き継ぎできそうです!

簡単な使用方法

  1. 転送元と転送先のデバイスを接続します。
  2. データを転送先デバイスへ転送します。
  3. 転送先の端末でLINEデータを確認します。
かめ
かめ

たったの3ステップで簡単にLINEのデータ引き継ぎやバックアップを取ることができます!

LINEのデータ引き継ぎに使えるツールにはどんなものがあるの?

LINEデータのバックアップと管理のためのさまざまなツールがあります。

しろくま
しろくま

どれを使ってみようかなと悩まれている方や、「何でもいいから早く直したい!」という方も、iTransor for LINE以外と比較することで、後悔なく選ぶことができると思います!

1. iTransor for LINE

メリット
  • LINEデータの効率的な管理、転送、バックアップ、および復元が可能。
  • 異OS間でのデータ転送がサポートされている。
  • 無料版と有料版の両方が利用可能。
デメリット
  • 完全な機能セットにアクセスするには、有料版が必要。

2. 無料版LINEバックアップリーダー

メリット
  • バックアップ機能が無料で利用できます。
  • デバイスのみでバックアップが可能。
デメリット
  • 画像スタンプがバックアップされず、閲覧できません。
  • 無料版には広告が表示されます。
  • Androidデバイスのみ互換性があります。

3. CopyTrans Contacts

メリット
  • LINEだけでなく、メモ、カレンダー、連絡先などもバックアップできます。
デメリット
  • 無料版は利用できず、有料版のみです。
  • iOSデバイスのみに対応。

4. LINEキープ

メリット
  • LINEアプリ内の機能であり、別のアプリをダウンロードする必要がありません。
  • 1GBまでのデータを無制限で保存できます。
デメリット
  • 1ファイルが50MBを超えると、30日間しか保存できません。
  • LINEが利用できなくなると、キープに保存されたデータはすべて失われます。

iTransor for LINEの実際の使い方

ここからは、iTransor for LINEを実際に使ってみた感想や体験談などを共有していきたいと思います。

無料版でも十分に使える!

私は有料版のコードをお借りして実際に試していますが、iTransor for LINEの良いところは「無料でもしっかりと使えること」だと思います。

バックアップしたデータをコンピュータにエクスポートする際に、製品版への登録が必要になります。

言い換えると「とりあえずデータの救出はできた!」というところまでは無料で試すことができるので、「製品を買ってみたけど、結局、データは引き継ぎできなかった」ということにはならないということです。

では、実際にiTransor for LINEを無料で使ってみたいという場合には下記のリンクを利用してみてください。

製品版を購入して登録する場合

少しだけ補足します。

無料版をダウンロードしてそのまま利用することもできますが、製品を購入してあって登録コードを発行してある場合には「どこに登録したらいいんだ?」と悩まれるかもしれません。

アカウント画面から登録コードを入力

メニュー画面の上部にアカウント用のアイコンがあるのでこちらをクリックすると、アカウントメニューに表示することができます。

ここから「登録コード」を入力することができます。登録のために利用したメールアドレスの入力も必要とのことですので、どのメールアドレスを利用したかは忘れずに控えておいてください。

とっても簡単、iTransor for LINEの使用方法

ここから使用方法を簡単に説明します。詳細な説明が必要になったら、日本語の使用ガイドがありますので、こちらも参照してみてください。

4種類あるメニューから選ぶだけ

使い方、と言っても基本的には「LINEアプリを利用しているスマホをパソコンに繋ぐだけ!」で簡単にデータ転送からバックアップまで行うことができます。

かめ
かめ

使用するメニューは4つだけなので、ここでサラッと解説しちゃいますね!

AndroidとiOSの間でデータ転送
  1. パソコンに転送元と転送先のデバイスを接続し、必要なオプションを選択して「スタート」をクリックします。
  2. デバイスが正常に認識されたら、LINEデータの転送を開始します(自動)。

: AndroidからiOSへの転送やiOSからAndroidへの転送の場合、指定された手順に従って具体的な手動操作を行います。

iPhoneやAndroidのLINEデータをバックアップ
  1. デバイスをパソコンに接続し、必要な権限を付与します。
  2. 認識されたスマホからLINEデータをバックアップを開始します。

: iPhoneとAndroidでのバックアップ手順が異なり、それぞれの手順に従って操作を行います。

バックアップから端末にデータ復元
  1. iTransor for LINEを開き、必要なバックアップファイルを選択して「完了」をクリックします。
  2. バックアップファイルをプレビューし、「次へ」をクリックします。
  3. デバイスをPCに接続し、LINEアカウントをログインしてデータ復元を開始します(自動)。

: 復元中にデバイス上でのLINEデータは削除されるので注意が必要です。

LINEデータを閲覧とPCエクスポート
  1. ソフトを起動し、バックアップファイルリストから必要なファイルを選択します。
  2. 選択したバックアップファイルを読み込み、データをプレビューします。
  3. バックアップファイルリストからエクスポートしたいデータを選択し、データを読み込みます。
  4. バックアップデータを確認し、エクスポートしたいコンテンツを選択して保存フォーマットを指定します。
  5. 「エクスポート」をクリックし、選択したLINEデータをPCにエクスポートします。完成後、エクスポートされたデータを確認できます。

iTransor for LINEのよくできたところ

私は、ライターの仕事で似たような製品のレビューを書くことが多いので、率直な感想で「いいな」と思った部分についてお伝えしておこうと思います。

操作はほぼ自動&ガイド付き

パソコンの操作が苦手な人でも安心ってくらいに、操作はほぼほぼiTransor for LINEにお任せできます。

操作の途中で、どうしてもデバイス側(スマホやタブレット)の操作が必要になる場面もあるのですが、スマホの操作画面も表示してくれるので「パソコンは詳しくないから私には難しいかも」と感じる方こそ使ってほしい簡単ツールになっています。

バックアップデータが見やすい

LINEのデータ復旧などの記事もよく書くのですが、ツールを使わないバックアップ方法はほとんどがトーク履歴をテキスト形式で保存するだけのものなので、とにかく味気ないです。

かめ
かめ

想い出が消えちゃうよりはいいけど、テキストだけ残っていても、結局読み返したりはしないんですよね。

また、スマホのトラブルなどで急遽買い替えをして引き継ぎをするとき、バックアップをとっていないことは往々にしてありますが、バックアップツールで壊れたスマホからデータを取り出すと「どこに何のデータがあるのかよくわからない!」となりがちです。

iTransor for LINEなら、まるでLINEを使用しているかのようにトーク履歴を確認できます。

さらに、もっと大事とも言える「写真」や「動画」についても、普通のパソコンフォルダで閲覧するかのように項目ごとにソートされています。

どこに何のデータがあるのかを確認できるのはもちろんのこと、とりあえずパソコンに移動させてiTransor for LINEを使ってバックアップデータからメディアを管理することすらできるのです。

iTransor for LINEまとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

とはいえ、忙しい方は流し読みで「結局、LINE引き継ぎはどうしたらいいの?」という方にもこのページの内容をまとめたリストを作っておきましたので、さらりと内容を復習してみてください。

LINEの引き継ぎで困った時、知っておきたいこと

  1. 新アカウント作成注意
    • 新しい電話番号を用いたアカウント作成は既存アカウントのデータ喪失を招く可能性がある。
  2. 二段階認証の対処
    • 異なる認証方法を使用した場合、旧スマホやSMS、PCで本人認証を行う必要があります。
  3. パスワード管理
    • パスワードを忘れた場合や未設定の場合、再設定や新たな設定が必要です。
  4. エラー発生時の対処
    • 原因不明のエラーが発生した際は、ネットワーク確認やスマホの再起動を試みます。
  5. トーク履歴のバックアップと復元
    • トーク履歴のバックアップを忘れた場合、旧スマホでのバックアップと新スマホでの復元が推奨されます。

iTransor for LINEの特徴

  1. 異OS間データ転送: AndroidとiOS間でのLINEデータの転送が可能。
  2. 多面的なデータバックアップ: LINEチャット、写真、動画、添付ファイルなどのバックアップが可能。
  3. データ復元: 作成したバックアップからiOS・Androidデバイスへのデータ復元が容易。
  4. データ閲覧とエクスポート: バックアップしたデータを閲覧し、PCにエクスポートできる。
  5. 直感的なインターフェース: ユーザーフレンドリーなインターフェースで操作が簡単。
  6. データセキュリティ: データの安全性とプライバシーを保護。

iTransor for LINEを利用するメリット

  1. 広範なデータ管理: LINEのトーク履歴だけでなく、写真、動画なども管理できる。
  2. 簡単な操作: ガイドに従って簡単なステップでデータ転送やバックアップが可能。
  3. 時間の節約: 一括転送と一括バックアップ機能により、時間を節約できる。
  4. デバイス間のデータ互換性: 異なるオペレーティングシステム間でのデータ移行がスムーズ。

iTransor for LINEを使う際の注意点

  1. バージョンの違い: デバイス間でのデータ転送時にはLINEアプリのバージョンに注意が必要。
  2. データの消失: データ復元時に、新しいデバイス上の既存のLINEデータが消失する可能性がある。
  3. 接続の維持: バックアップや復元中はデバイスとコンピュータの接続を切断しないよう注意が必要。
  4. 権限の許可: デバイスをパソコンに接続する際、必要な権限を付与することが重要。
  5. 料金: ソフトウェアは完全無料ではなく、一部機能のみ有料での利用となります。
しろくま
しろくま

個人的には有料で買う価値はありそうだなと思いますが、無料でバックアップまでは取れるので、とにかくLINEのデータ引き継ぎでお困りなら試しに使ってみることをお勧めします!

今なら抽選イベントを開催中!

以下のURL(ボタン)をクリックすると、iTransor for LINEの抽選イベントに参加できます。

抽選に参加するならこのボタンを押してください!

以下の6つの商品のどれかが当たるようです!

1、月間ライセンス:5%割引クーポン(全製品利用可)

2、年間ライセンス: 5%割引クーポン(全製品利用可)

3、永久ライセンス: 10%割引クーポン(全製品利用可)

4、Fixppo永久ライセンス+D-Back永久ライセンス: 12%割引クーポン

5、LockWiper永久ライセンス+iBypasser永久ライセンス:12%割引クーポン

6、Anyto永久ライセンス+Magicmic永久ライセンス:12%割引クーポン

トラブル対処法
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「feature smartphone new」に関する最新情報です。

    インドでは、何百万人もの人々がスマートフォンのアップグレードを選ばず、引き続き安価なフィーチャーフォンを使用しています。市場分析会社Counterpointが共有したデータによると、昨年、インドのフィーチャーフォン出荷量は前年比10%増加し、2022年の-31%から上昇しました。この成長は、既存のフィーチャーフォンユーザーが新しいスマートフォンを選ばないことから生じています。インドは、中国に次ぐ世界第2位のスマートフォン市場であり、平均的な国民が新しいスマートフォンを手に入れるのが難しいため、新しいスマートフォン購入者を獲得するのに苦労しています。

    https://techcrunch.com/2024/07/13/india-clings-to-cheap-feature-phones-as-brands-struggle-to-tap-new-smartphone-buyers/

  2. buchikuma-info より:

    「qrコード 鉄道 きっぷ」に関する最新情報です。

    関西の鉄道各社が、訪日客の利便性向上や将来的な磁気乗車券廃止を視野に、QRコードやクレジットカードに対応したキャッシュレス乗車サービスの導入を加速。紙のきっぷが消える流れで、大阪メトロや関西の大手私鉄、バス会社がQRコード共通乗車券「スルッとQRtto(クルット)」を開始。企画乗車券や乗り放題券などを販売し、スマホ画面にQRコードを表示できる仕組みを導入。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2407/13/news083.html

  3. buchikuma-info より:

    「oneplus oneplus pad pad」に関する最新情報です。

    OnePlusから新しいAndroidタブレット「OnePlus Pad Pro」が登場しました。このタブレットはSnapdragon 8 Gen 3を搭載したハイエンド機種で、12.1インチのディスプレイや144Hzのリフレッシュレート、540Hzのタッチサンプリングレートなどを備えています。その他にも、8GB/12GB/16GBのRAMや128GB/256GB/512GBのストレージ、9,510mAhバッテリー、67Wの充電対応などが特徴です。また、純正のキーボードケースやペンもラインナップされています。中国での販売は7月3日から開始される予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzA2LzI5L3Bvc3QtNzM5NjUv0gEA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「イベント 開催 26」に関する最新情報です。

    株式会社コクリコは、地方旧帝大や国立大学の26卒就活生670名を動員し、オンライン採用イベント「全国インターンマッチングフェスonline」を開催しました。イベントでは、10社の企業プレゼンと6社の座談会を通じて企業理解を深め、夏期の採用イベントやインターンシップへのエントリーの機会を提供しました。参加学生は主体的に就活に取り組むために、就活コミュニティ『GMF plus』を活用しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000123477.html

  5. buchikuma-info より:

    「new features new features」に関する最新情報です。

    2024年6月11日、AppleはmacOS 15であるSequoiaを正式に発表しました。新機能には、パスワード管理アプリ、ビデオ会議ツール、Safariの更新、Apple Intelligenceによる機能が含まれます。macOS Sequoiaは、iPhoneのミラーリング、Safariの更新、ウィンドウタイリング、ビデオ会議ツール、新しいパスワードアプリなどの新機能があります。また、Apple IntelligenceによるAI機能も導入され、書き込みツール、画像プレイグラウンド、メモリーズのカスタマイズ、Siriの改善などがあります。さらに、Apple Maps、Calculatorアプリ、Calendar、Photos、Game Mode、Homeアプリなどの追加機能も紹介されています。

    https://www.wired.com/story/apple-macos-sequoia-features/

  6. buchikuma-info より:

    「まとめ pc pc タブレット」に関する最新情報です。

    日本通運が新たに「モバイルまとめてコンポ」というモバイルPC・タブレット端末専用の輸送サービスを開始した。これは、小型・薄型のノートPCやタブレット端末を梱包不要でまとめて送るサービスであり、従来のサービスよりもコンパクトで収納台数を増やしている。これにより、個別に梱包する手間や時間を削減できる利点がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNmh0dHBzOi8vd3d3LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9uZXdzLzE1OTc2NDEuaHRtbNIBAA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「20 20 tcl sale」に関する最新情報です。

    楽天市場で開催される「楽天スーパーSALE」では、6月4日20時から11日1時59分まで、TCLの65型4K液晶テレビやEcoFlowのポータブル電源などが半額以下で販売される。さらに、ポイントが最大46倍になるビッグセールであり、半額タイムSALEのスケジュールは楽天スーパーSALEスタートと同時に公開される。期間中には様々なクーポンも用意されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vYXYud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU5NzM3Mi5odG1s0gEA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「セキュリティ 再起動 スマートフォン」に関する最新情報です。

    国家安全保障局(NSA)は、スマートフォンを毎週再起動することの重要性を強調しており、これによりセキュリティ強化が可能とされています。再起動によって一部のマルウェアが削除され、特に「ゼロクリック」のサイバー攻撃を防ぐことができます。NSAは、定期的な再起動やセキュリティ対策の重要性をアドバイスしており、これらの習慣は重要なセキュリティ脅威に対するリスクを軽減するとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi8wFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA2LzAxLyVFNiVBRiU4RSVFOSU4MCVCMSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCMyVFNSU4NiU4RCVFOCVCNSVCNyVFNSU4QiU5NSVFRiVCQyU5QSVFMyU4MiVCQiVFMyU4MiVBRCVFMyU4MyVBNSVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyU4NiVFMyU4MiVBMyVFNSVCQyVCNyVFNSU4QyU5Ni_SAQA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「qrコード 乗車券 つい」に関する最新情報です。

    2024年6月17日から、阪神電気鉄道がQRコードを活用したデジタル乗車券サービス「スルッとQRtto」を開始する。このサービスでは、スマートフォンでQRコード乗車券を購入し、改札機で読み取ることで利用できる。初回の利用可能区間は大阪梅田駅から尼崎駅までの阪神本線と大阪難波駅から尼崎駅までの阪神なんば線となっており、今後の拡充も予定されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002963.000005180.html

  10. buchikuma-info より:

    「乗車券 qrコード 乗車券 qrコード」に関する最新情報です。

    JR東日本と首都圏の私鉄7社は、2026年度末以降、磁気乗車券をQRコード乗車券に置き換えることを発表した。磁気乗車券からQRコードに切り替える理由は、環境面での負荷を軽減するためであり、8社が共用サーバーを運用することで効率的な運用を図る。

    https://japan.cnet.com/article/35219449/

  11. buchikuma-info より:

    「直面 直面 課題 課題」に関する最新情報です。

    ダイキン工業の井上会長が30年ぶりに退任し、新体制が直面する3つの課題に注目が集まっている。竹中氏が舵取りを担うことになり、ダイキンは売上高を14倍に成長させるなど大きな成長を遂げてきた。

    https://toyokeizai.net/articles/-/754481?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  12. buchikuma-info より:

    「タブレット タブレット 端末 委員会」に関する最新情報です。

    与野党が委員会でのオンライン審議活用に合意し、本会議場でのタブレット端末持ち込みは断念された。衆院議院運営委員会はオンライン参加を認め、具体的な手順を詰めて衆院規則改正を進めることが決定された。委員会でのタブレット端末やスマートフォンの使用は、質問に立っていない委員らが自席で調べる場合に限り許可される。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LnlvbWl1cmkuY28uanAvcG9saXRpY3MvMjAyNDA1MTYtT1lUMVQ1MDEzOC_SAQA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「キープ キープ 耐久 コスパ」に関する最新情報です。

    高耐久素材のスリングバッグは、美観を長くキープしやすく、コスパが高いと評価されています。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-newtoughslingmultibag-review-747348/

  14. buchikuma-info より:

    「gb iphone 128」に関する最新情報です。

    ドコモオンラインショップでは2024年5月7日までの期間限定で「GWセール」が行われており、対象となる端末「iPhone 15 128GB」が4万4000円の割引となっている。セールでは新規契約や機種変更などを行う際に特典が付与されるほか、「iPhone 14 Pro Max 128GB」の購入で3万3000円の割引や特定端末の購入でポイントが進呈される。セールは5月7日で終了する。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2405/01/news125.html

  15. buchikuma-info より:

    「google line line ヤフー」に関する最新情報です。

    公正取引委員会が、アメリカのIT大手Googleに初の行政処分を行った。GoogleはLINEヤフーの広告配信を制限していた疑いがあり、独占禁止法違反の可能性が指摘されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzYvMzk1XzZfcl8yMDI0MDQyMl8xNzEzNzg1NDMyNTMzMDU50gEA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「ボタン iphone シリーズ」に関する最新情報です。

    2024年に発売されると予想されるiPhone16シリーズでは、物理ボタンが廃止され、静電容量式ボタンが搭載される可能性があるというサプライチェーンの情報が話題になっています。台湾のASE Investment HoldingsがiPhone16シリーズ用の静電容量ボタンパッケージモジュールの大量注文を独占的に獲得したと報じられており、新しいiPhone16シリーズには静電容量式タッチボタンが採用される見通しです。物理的な音量ボタンや電源ボタンが廃止され、静電容量式タッチボタンに置き換えられるとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHGh0dHBzOi8vd3d3LmFwcHBzLmpwLzM5MTU4MC_SAQA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「首位 キープ モンスト」に関する最新情報です。

    2024年4月13日から19日までのGoogle Playの売上ランキングを振り返ると、「モンスト」が首位を維持し、「崩壊スターレイル」が本日トップになった。しかし、「モンスト」は「フリーレン」コラボ後も首位を維持し、新イベントやキャンペーンを開催している中で、首位を明け渡すことになった。また、「キノコ伝説」は2位につけたものの、首位獲得はならなかった。

    https://gamebiz.jp/news/384956

  18. buchikuma-info より:

    「line line ヤフー セキュリティ」に関する最新情報です。

    日本国内で1億近いアカウントを持つLINEヤフーが、サイバー攻撃の被害を繰り返している。総務省は、このインフラ企業のセキュリティ対策に疑問を投げかけており、「その程度のセキュリティ対策で大丈夫か」と警鐘を鳴らしている。セキュリティ対策は経営問題であり、重要性が高まっていると専門家が指摘している。

    https://toyokeizai.net/articles/-/746147?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  19. buchikuma-info より:

    「発生 つい 台湾」に関する最新情報です。

    2024年4月3日に台湾東部沖で発生した地震により亡くなられた方々に哀悼の意を表し、被災された皆様にお見舞い申し上げる。

    https://news.panasonic.com/jp/press/jn240411-6

  20. buchikuma-info より:

    「保管 端末 保管 状況」に関する最新情報です。

    県立学校のタブレット端末の故障について、四電工が故障原因は製品の不良ではなく学校での保管状況が影響していると説明。バッテリー内でガス発生が進んでいることが原因としている。保管状況の問題が指摘され、充電タイマーが外されたり夏休みに持ち帰らないことがガス発生の要因となっている。四電工は再発防止に協力する姿勢を示している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiP2h0dHBzOi8vd3d3My5uaGsub3IuanAvbG5ld3MvdG9rdXNoaW1hLzIwMjQwNDAyLzgwMjAwMTk5NzAuaHRtbNIBAA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「15 タブレット android」に関する最新情報です。

    アイリスオーヤマから新しいAndroidタブレット5機種が登場し、その中には業界最大級の15.6型のものも含まれています。これらのタブレットは、15.6型のモデルではA4用紙をほぼ同倍率で表示できる大きさを持ち、オンライン会議や動画視聴などに適しています。価格はオープンプライスで、各モデルの発売日や想定価格も発表されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDMyNy0yODY4MDY5L9IBAA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「iphone 中国 15」に関する最新情報です。

    中国のハイエンドスマートフォン市場では、長らくiPhoneが独占してきたが、最近ではiPhoneの魅力が薄れ、HuaweiのMate 60 Proなどが人気を集めている。中国の消費者が新しい携帯電話を買うピークシーズンで、iPhoneの売り上げは前年比24%減少している。

    https://toyokeizai.net/articles/-/743780?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  23. buchikuma-info より:

    「タブレット 使う 便利」に関する最新情報です。

    タブレットでエクセルを便利に使う方法について解説。タブレットでもエクセルは問題なく使えるようになり、さらに便利に使うためのヒントも紹介。携行に便利で機能も高いタブレットが普及しており、エクセルを使いたいニーズも増えている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHWh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS84MjYwNTYv0gEA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「タブレット 使う 便利」に関する最新情報です。

    タブレットでエクセルを使う方法や便利な機能について解説されている。タブレットでもエクセルは問題なく使えるようになり、さらに便利に活用するためのヒントも提供されている。携帯性や高機能性が広く普及しているタブレットでエクセルを使いたいニーズも増えている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHWh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS84MjYwNTYv0gEA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「開催 いこ イベント」に関する最新情報です。

    株式会社ブシロードと株式会社DONUTSが共同開発したスマートフォン向けリズムゲーム「D4DJ Groovy Mix」にて、「『ナノ距離まで、近づいて』~胡桃&みいこ~」イベント&ガチャが開催される。イベント期間は3月19日から23日で、ログインキャンペーンも実施され、ゲーム内アイテムがもらえる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDc2MTEuMDAwMDE0ODI3Lmh0bWzSAQA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました