PR

NauNauがZenlyの代わりとして最もおすすめできる理由

位置情報共有アプリを色々試してきたので、情報をまとめがてらおすすめの位置情報共有アプリについて考えてみたいと思います。

位置情報共有アプリ、結局、どれを選んだらいいのか?
zenlyの後釜を狙うアプリがたくさん出てきているので、一度「どれが一番おすすめできるか」を考えてみました。naunau、友どこ、whoo、ghost、nowに対応しています。

当サイトでまとめている位置情報共有アプリの記事一覧はこんな感じです。

では、「naunau」の解説をお楽しみください。

2024年の「NauNau」新着情報まとめ

NauNauについて調べているついでに見つけた「新機能情報」や「関連ニュース」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

NauNauに関する新着ニュース

NauNauに関する新着ニュースをまとめています。

「モバイルファクトリー、2024年第1四半期業績を発表」

2024年4月26日のモバイルファクトリーの連結業績に関する情報をお届けします。

  • 売上高は7億円で、前年同期比4.1%増加。
  • 営業利益は1億7200万円で、前年同期比5.5%増加。
  • 経常利益は1億7100万円で、前年同期比8.5%増加。
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益は1億1300万円で、前年同期比4.1%増加。
  • 主力の位置情報連動型ゲーム『駅メモ!』と『アワメモ!』では、地方創生や他社IPとのコラボイベントを展開。
  • ブロックチェーン事業からの撤退が人件費増加に影響。
ニュースについてのポジティブな影響や意見

モバイルファクトリーは、売上高や利益が全般的に増加しており、特に位置情報連動型ゲームの収益が安定しています。これにより、会社の安定的な成長が期待されます。また、地方創生や他社とのコラボレーションによる新しい市場の開拓も前向きな評価を受けています。

ニュースについてのネガティブな影響や意見

ブロックチェーン事業の撤退が短期的に人件費増加を引き起こし、企業の利益に一定の圧力を加えています。また、他のセグメントでの収益減少が業績にマイナスの影響を与える可能性も指摘されています。

追加情報/補足

このニュースの詳細な内容とその影響については、以下のリンクからさらに情報を得ることができます。ゲームビジネスに関する記事では、モバイルファクトリーの次の戦略や業界への影響が詳しく分析されています。

「NauNau」の簡単な解説

NauNauについて比較検討・購入する際に知っておきたい情報を簡単にまとめておきます。

NauNauの公式HPはこちらになります。

NauNauのコスパに関すること

「NauNau」の簡単な解説

NauNauの価格と機能に関する情報です。

NauNauの特徴

  • ユーザー数230万人を突破(2023年1月現在)
  • 友達の位置情報をリアルタイム把握できる
  • 友達の充電・歩数・移動スピードがリアルタイムで見れる
  • Zenlyのデータ引き継ぎ機能が追加

NauNauの価格

NauNauの2024/05/02時点での価格は以下の通りです。

価格は無料となっています。

NauNauの機能

NauNauの機能に関するまとめです。

  • 友達登録したユーザーの位置情報が把握できる
  • ゴーストモードで位置情報は曖昧にできる
  • フリーズモードで位置情報を隠すことができる
  • 移動距離、時間、消費カロリー、充電状況なども共有できる
  • メッセージなども送受信できる

あなたのスマホの状況をNauNauのサーバーにアップして、閲覧許可をしたユーザーに関しては、あなたのスマホの状況が把握できる、という機能になります。

NauNauのコスパはいいのか

コスパに関する結論として、NauNauのコスパは「良くも悪くもない」と言えます。

個人開発なのでバグなどが多いのは仕方がないとしても、その割に対応はかなり早い方だと思います。

運営は「Suishow」というところなので、今後、suishowが自社開発のサービスと連動させて収益化できるかどうか次第だとは思いますが、現時点ではサービス運営のメリットは示せていないと思います。

重要な個人情報を取り扱うアプリとして、どれくらい信用がおけるのかというところで利用するリスクとの天秤になると思いますが、2024/05/02現時点では「zenlyの代替としては使えるけど、リスクの方が大きい」というところだと思います。

しろくま
しろくま

いっそ、ちゃんと広告を出したり、収益方法などがわかりやすくなって「naunau」のビジネスモデルがわかってくれば安心できるとも言えるんですけどね。

NauNau、モバイルファクトリーとパートナーシップ

NauNauが「位置情報共有SNS」において頭一つ分飛び出したことを受けて、さっそく企業が動き始めました。

モバイルファクトリーは「駅メモ!」が人気(らしい)のアプリ開発などを手掛ける会社で、位置情報ゲームのサービス展開をしていることを考えると、NauNauと相性は良さそうな感じがします。

駅メモ! - ステーションメモリーズ!-

駅メモ! – ステーションメモリーズ!-

g1dash, Inc.無料posted withアプリーチ

モバイルファクトリーは、このほかにも「NFT」や「ブロックチェーン」に関連した事業展開も行なっており、将来的にはSuishowと新しい事業展開に発展しそうな感じはしますね。

モバイルファクトリー,位置情報SNSアプリ「NauNau」を手掛けるSuishow株式会社とパートナーシップ契約を締結

NauNauの使い方解説

NauNauを利用するかどうか悩んだ際に気になることは、操作が難しかったり、専門的な知識やスキルが必要になるかどうか、つまり使いこなせるかどうかということ。

NauNauの使い方について簡単に解説しますので、購入する前に自分でも利用しやすいかどうかの参考にしてみてください。

NauNauのダウンロード

NauNauはこちらのページからダウンロードすることができます。

NauNau | 友達の「今」を知ろう

NauNau | 友達の「今」を知ろう

Natsuki Kataoka無料posted withアプリーチ

NauNauの位置情報共有機能を利用する

NauNauの位置情報共有機能を利用する

まずはNauNauを起動します。

  1. 「はじめての人」をタップ
  2. 指示された通りに情報を入力していく
    • メールアドレス
    • パスワード
    • アカウント名(名前)
    • 誕生日
  3. 位置情報の共有を許可する
  4. モーションとフィットネスのアクティビティへのアクセス許可
  5. 通知の許可

位置情報を共有する

位置情報を共有するには、以下の機能を利用することができます。

マップ

マップは、以下の情報・設定を操作する際に使用する機能です。

  • 友達の位置情報を確認
  • 自分の位置情報・移動履歴の確認
  • ゴーストモードの設定
メッセージ

メッセージは、吹き出しアイコンになります。主にメッセージに関する機能を利用するときに使用します。

  • 友達とのメッセージ(チャット)
  • メッセージの履歴確認
  • 画像・写真の共有
プロフィール

プロフィールは、主に各種設定を行う際に利用します。

  • プロフィール設定
  • 友達追加リクエストの送信と承認
  • 各種設定

NauNauの評判、裏技、小ワザが知りたい

Twitterでの情報収集のついでに「これは便利!」と思った情報などをまとめておきます。

NauNauにZenlyのデータを引き継ぐ方法

詳細に関しては公式解説となる「NauNau に zenly のデータを確実に引き継ぐために」の記事が参考になります。

Zenlyにデータのダウンロードを依頼する
  • zenly アプリの設定画面で「ヘルプが必要ですか?」をタップする
  • 「お問い合わせ」をタップする
  • 「フィードバックを送信」をタップする
  • 「その他」をタップする
  • 「データエクスポートを希望する」メッセージを送信する
zenly のデータをダウンロードする
  • ファイルをダウンロードする
  • ファイルを開くために必要なパスワードをメモする
zenly のデータを NauNau にアップロードする

zenlyのデータをNauNauにアップロードします。

Twitterの情報

NauNauは安全?危険性があるか

NauNauは位置情報を取得して共有するためのアプリです。やっていることを考えると「個人情報を利用して、ユーザーの居場所や生活習慣まで把握できる」アプリです。

しろくま
しろくま

これ、普通に考えるとセキュリティ対策としてはありえないと言えるくらいに危険なことです。

NauNauの運営はどこ?

NauNauは「Natsuki Kataoka」というディベロッパーで登録されているアプリです。

NauNauの公式サイトはなく、運営はSuishowという会社が行なっています。東京大学&早稲田大学発のスタートアップだとよく紹介されている会社です。

ちなみに、ディベロッパーの片岡 夏輝さんはSuishowのCEOです。

片岡さんが開発されたものでAppStoreに公開されているものはほとんどがSNS。

NauNauは「Natsuki Kataoka」というディベロッパーで登録されているアプリ

つまり、「マップを利用したマッチングサービス」としての需要に焦点を当てて展開しているアプリが多く、対象を誰にするかでアプリを作り分けている、という感じですね。

NauNauのプライバシーポリシーで不安なところ

NauNauは、アプリ単体での公式HPがないので「個人情報の取り扱いとかどうしているの、アプリダウンロードしないとわからないの?」というのが不安なので、調べておきました。

NauNauがアプリリリース許諾で申請している「プライバシーポリシー」はこちらになります。

簡単に言えば、「ユーザーがアプリに同意した情報は収集するよ」「ユーザーが許可したら第三者にも情報は提供するよ」ということ。

位置情報を共有するアプリだから目的が「他者との情報共有」なので、ほぼ情報は収集され、かつ利用される規約になっています。そうしないことには情報共有できませんからね。

しろくま
しろくま

NauNau自体は、ディベロッパーの「こんなアプリがあったらいいな」という思いつきで開発されたものだと思うから「個人情報を集めて事業化しよう」までは考えていない気が。

私は、Suishowが運営するNauNauに関してはそれほど危険視していないのですが、Suishowはアプリ運営が軌道に乗った段階で事業を切り離して売るんじゃないかな、という気はしています。

かめ
かめ

でも、あんな色々アプリを開発している人が、今後もNauNauに注力するかって考えると、それはないんじゃないかって気はしますね。

継承先の事業所が、Suishowが運営していた時と同じようなサービスを続けるか、といえばそれは考えにくい。

もともと、Zenlyがサービス終了したのも「収益化」について課題が残っていたから。

サービス開発自体は前例のあるものを模倣すればよかったけど、サーバー維持費だけでバカにならず、重めの個人情報を取り扱っておりバグの放置も許されないので、「収益化」は位置情報共有アプリの課題だと言えます。

ただ、すでに開発されている「ぼっち飯」が、SNSの需要と「飲食店」を繋げたように、現在の位置情報サービスが、Suishowのメインサービスとなるであろう「メタバース」事業につながるようであれば、ユーザー数を維持することにメリットを見出せるようになるとは思います。

位置情報共有アプリにおける危険性って何?

一般的に、位置情報共有アプリを利用することにより生じるリスクは以下のとおりです。

  • 自分・他人のアカウントへの成りすまし
  • 広告側に有利な個人情報の利用
  • 他人があなたの居場所を知ることができる
naunauとサーバーダウン

naunauに関して言えば、自社でサーバーを持っているとは考えづらいとして、レンタルサーバーを利用しているとすると、急激に利用者が増えたことでサーバーの負担が大きくなっていくことが想定されます。

サーバーがパンクすると、当然、位置情報の共有はできなくなるのですが、「急に使えなくなった」と焦ると、人間、何をしでかすかわからなくなるので、まずはリスクとして「サーバーはパンクするものだ」というのは覚えておいた方がいいと思います。

突然利用できなくなった場合は、運営のSNSなどで情報を確認するのが一番です。

個人認証の方法が「メールアドレスとパスワード」

認証はかなり甘いので、メールアドレスとパスワードが漏れた時点でアカウントの乗っ取りは可能です。

ただ、これはSNSとしては特別不思議ではないセキュリティでもあるので、パスワードの管理を徹底するなどして対策をとるほかないですね。

NauNauだけじゃない、位置情報を共有するための方法

NauNauを利用する以外にも、スマホの位置情報を共有する方法はあります。

ここからは、位置情報を共有する情報についてお伝えしていくので、自分に合った方法で目的に合った位置情報共有ができるようにお手伝いしていきます。

NauNauを利用する

まずは、ここまで紹介してきたNauNauを利用すること。

操作方法については解説済みなので、NauNauを利用するメリットやデメリットを簡単にまとめておきます。

NauNauを利用するメリット

  • 友達と簡単に位置情報が共有できる
  • zenlyと同じように使用できる
  • zenlyからの情報引き継ぎもできる

NauNauを利用するデメリット

  • 個人情報が露出する機会が増える
  • なりすましは比較的容易
  • 運営が変わった時に個人情報の取り扱いが変わるかも

NauNau以外の位置情報共有アプリを利用する

NauNau以外にも、以下のような位置情報共有アプリがあります。

同じように操作性やコスパについて解説していますので、もしよかったら参考にしてみてください。とはいえ、全て読んでいるのも時間の浪費になりかねないので、このページだけでも判断できるように情報はまとめておきます。

位置情報変更に関する便利ツール一覧

知っておきたい豆知識
ツール一覧
ゲーム利用
位置情報共有SNS

位置情報共有SNSアプリのまとめ情報はこちらの記事にあります。

位置情報共有アプリ、結局、どれを選んだらいいのか?
zenlyの後釜を狙うアプリがたくさん出てきているので、一度「どれが一番おすすめできるか」を考えてみました。naunau、友どこ、whoo、ghost、nowに対応しています。

Android&iOSの設定を共有する

お使いのスマホによって、OSの設定によって位置情報のプライバシー設定などを見直すこともできます。

Androidスマホの位置情報設定の共有方法

Androidスマホの位置情報設定を共有する方法についてまとめておきます。

Googleトラッキングアクティビティを無効にする

Google追跡アクティビティをオフにする方法を紹介します。

  1. https://myactivity.google.com/でGoogleアカウントを使用してログインします。
  2. すぐに画面上で「ウェブとアプリのアクティビティ」と「ロケーション履歴」が表示されます。両方とも「オフ」にします。
  3. 次の画面に下へスワイプして「位置情報」のスイッチを「オフ」にします。
端末で追跡アクティビティを無効にする
  1. Androidデバイスで、Googleアカウントをタップします。
  2. Googleアカウントページで、「データとパーソナライズ」をタップして、さまざまなアクティビティオプションが表示されます。
  3. 実際のニーズに応じてオプションをオフにします。

iOSスマホの位置情報設定の共有方法

対象のアプリの位置情報共有をON/OFFする方法
  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「プライバシー」を選択する
  3. 「位置情報サービス」を選択する
  4. 位置情報を確認/共有したいApp を選択する
  5. 「正確な位置情報」のオン/オフを切り替える。
iPhoneの位置情報を共有したくない場合にチェックしておくべきこと
  • プライバシー設定から各種データへのアクセス権の認否を設定できる
  • おおよその位置情報だけを共有する場合には「正確な位置情報」をオフにする
  • 位置情報の利用ではApp (マップ、カメラ、天気など) や Web サイトで、携帯基地局、Wi-Fi、全地球測位システム (GPS)、および Bluetoothからの情報を基に測位し、大まかな現在位置を割り出せるようになる
  • 位置情報に関するプライバシーに関しての詳細ページ

iPhoneで共有する位置情報を制御する

NauNauのまとめ:利用するべきか否か

NauNauの情報についてまとめましたが、結局のところ、NauNauを利用すべきかどうか悩みが解決していない方もいらっしゃると思います。

最後まで読むのが面倒だった方にも、内容を簡単に振り返ることができるように情報をまとめていきます。

どんな人が使うべき?

NauNauに関しては、「zenlyの代わりになるアプリ」を探している方におすすめです。

NauNauを利用すべき方のポイント

  • zenlyと同じ使い方ができるアプリを探している
  • バグは多くても無料で利用できる
  • アプリ開発とか運営は何だっていい

購入に悩んだ時のQ&A

Q
NauNauは無料で利用できますか?
A

NauNauは無料でダウンロードすることができます。有料プランも2024/05/02時点では確認できていません。

Q
NauNauは安全に使えますか?
A

NauNauは安全に使用することができます。ただし、パスワードや NauNau IDの取り扱いには十分に注意することをお勧めします。

また、利用規約の変更などがあった際には必ず一読することをお勧めします。気がつくとサービス母体が変わっていることもあるかも。

トラブル対処法家電(ライフスタイル)
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「pc 2024 2024 四半期」に関する最新情報です。

    調査会社IDCによると、2024年第2四半期の従来型PCの世界出荷台数は、前年同期比3.0%増の6490万台となった。これは7四半期連続の前年同期比マイナス成長を経て、2024年第1四半期、第2四半期とプラス成長を達成したことが特筆される。AppleやIntelなどはAI PCにどう対応するかが注目されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vYXRtYXJraXQuaXRtZWRpYS5jby5qcC9haXQvYXJ0aWNsZXMvMjQwNy8xMi9uZXdzMDYxLmh0bWzSAQA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「google マップ 履歴」に関する最新情報です。

    Googleマップのタイムライン機能により、ロケーション履歴がGoogleアカウントに保存されていましたが、プライバシー保護のために位置履歴がデバイスに保存されるようになりました。この変更に気づいていないユーザーに対し、Googleは電子メールで通知を行い、タイムラインデータの転送期限を延長しました。デバイス上のGoogleマップアプリを更新し、5か月以内にデータを転送する必要があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiZ2h0dHBzOi8vc2Ftc3VuZ21hZ2F6aW5lLmV1L2phLzIwMjQvMDYvMDcvcG9rdWQtdG90by1uZXVkZWxhdGUtbWFweS1nb29nbGUtdnltYXpvdS12YXNpLWhpc3RvcmlpLXBvbG9oeS_SAQA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「お知らせ 人事 人事 関する」に関する最新情報です。

    2024年6月1日、株式会社マネーフォワードは経営体制強化に伴う役員人事を発表しました。金坂直哉氏が取締役グループ執行役員CFOおよびCSOに就任し、金井恵子氏が新たにグループ執行役員VPoCに就任しました。

    https://corp.moneyforward.com/news/info/20240603-mf-press/

  4. buchikuma-info より:

    「お知らせ 人事 人事 関する」に関する最新情報です。

    2024年6月1日付の株式会社マネーフォワードの役員人事異動に関するお知らせ。金坂直哉氏が取締役グループ執行役員CFOに、金井恵子氏が新任のグループ執行役員VPoCに就任したことが発表された。金井氏はデザイン制作会社での経験を経て、当社に入社し、Vice President of Cultureを担当している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vY29ycC5tb25leWZvcndhcmQuY29tL25ld3MvaW5mby8yMDI0MDYwMy1tZi1wcmVzcy_SAQA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「事業 ゲーム チェーン」に関する最新情報です。

    モバイルファクトリーの2024年12月期 第1四半期の連結業績は、売上高7億円で前年比4.1%増加し、主力サービスである位置情報連動型ゲームの収益が安定していることが報告された。特に『駅メモ』や『アワメモ』では地方創生や他社IPとのコラボイベントを展開している。一方、ブロックチェーン事業からの撤退により組織再編成が行われ、人件費は増加したが、売上高は6.5%増の約6億2600万円となった。ブロックチェーン事業は終了し、Suishow事業のサービス再開時期は未定である。今期の通期業績予想では、売上高は35億7000万円で前年比5.9%増加が見込まれている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vd3d3LmdhbWVidXNpbmVzcy5qcC9hcnRpY2xlLzIwMjQvMDQvMjYvMjMwMTAuaHRtbNIBAA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「apple 通知 mfa」に関する最新情報です。

    最近、iPhoneやApple Watchを標的にした「MFA爆弾」と呼ばれるフィッシング詐欺攻撃が増加しており、多くのユーザーがパスワードリセット通知を受け取っている。この攻撃は一度始まると止めることが難しく、被害者はアカウントが乗っ取られる恐れがある。被害者の報告によると、パスワードを変更しても新しい端末にもリセット通知が送られてきたり、設定を変更していても通知で目が覚めるなどの被害が発生している。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2404/12/news043.html

  7. buchikuma-info より:

    「apple 通知 mfa」に関する最新情報です。

    最近、セキュリティ界隈で報告されている「MFA爆弾」攻撃では、他人のiPhoneやApple Watchにパスワードリセット通知が大量に送られ、アカウントが乗っ取られる恐れがある。被害者はパスワードを変更しても再び通知が届くなど、被害が拡大している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yNDA0LzEyL25ld3MwNDMuaHRtbNIBAA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「プログラム google スタートアップ」に関する最新情報です。

    株式会社アウトラウドは、Googleのスタートアップ支援プログラム「Google for Startups クラウド プログラム」の「AIスタートアッププログラム」に採択されました。このプログラムにより、2年間で最大35万ドルまでのGoogle CloudやFirebaseの費用がカバーされ、技術トレーニングやビジネスサポートが受けられます。アウトラウドは、「人とAIの協業を常識にする」というビジョンのもと、BtoB営業支援AIサービス「Pocta」の開発・市場提供を加速しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMDIuMDAwMTI4MjU2Lmh0bWzSAQA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「google 吹き出し 機能」に関する最新情報です。

    Googleは、「Googleメッセージ」アプリに吹き出しや背景をカスタマイズする機能を追加するテストを行っている。この機能は、自社のRCSメッセージサービスを差別化するための新たな取り組みであり、iPhoneユーザーとのチャットで吹き出しの色を変更できるようになる可能性がある。この機能は、Androidの「Material You」カラースキームに従ったデフォルトテーマからの変更も可能となる。

    https://japan.cnet.com/article/35216440/

  10. buchikuma-info より:

    「購入 応援 応援 購入」に関する最新情報です。

    新製品「Noendオーガニックファインバブル洗濯アダプター」がクラウドファンディングMakuakeで販売開始から5日間で2,600万円を超える応援購入金額を達成し、4,000名以上のサポーターに購入され、2日連続でデイリーランキング1位を獲得。洗濯の常識を覆すナノバブル洗浄技術が好評を得ている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000104041.html

  11. buchikuma-info より:

    「収益 ゲーム 位置」に関する最新情報です。

    位置情報ゲームの年間収益が887億円を突破し、日本が世界最大の市場となっています。『ドラクエウォーク』が収益のトップに立ち、『ポケモン』や『モンハン』を抑えています。日本市場では、移動手段や日本発のIP、掛け持ちプレイが人気の要素となっています。日本の位置情報ゲームは、アメリカの1.6倍の収益を上げるなど、非常に成功しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMWh0dHBzOi8vd3d3LmZhbWl0c3UuY29tL25ld3MvMjAyNDAyLzA3MzMzNzU4Lmh0bWzSATRodHRwczovL3d3dy5mYW1pdHN1LmNvbS9uZXdzL2FtcC8yMDI0MDIvMDczMzM3NTgucGhw?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「matsuri 東京大学 matsuri オープン」に関する最新情報です。

    ちとせグループは、藻類産業構築プロジェクト「MATSURI」のオープン・デーを2024年2月20日に東京大学で開催する。出展企業としてENEOS株式会社、資生堂、日本ガイシ株式会社、花王株式会社、三井住友銀行が参加する。イベントでは、藻の未来や可能性、環境問題のソリューションについて学び、参加者の学びを社会に還元することを目的としている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000034251.html

  13. buchikuma-info より:

    「いつき 夏井 夏井 いつき」に関する最新情報です。

    俳人の夏井いつき氏が愛媛県出身のショートショート作家・田丸雅智氏の対談番組「FM愛媛の“まじめな”コトバプロジェクト コトバノまほう」に登場します。番組は2024年1月28日(日)の朝7時から放送されます。夏井いつき氏は俳人として活動しており、愛媛県出身の田丸雅智氏との対談で日本語についての魅力や可能性について考えます。夏井いつき氏は松山市で8年間中学校の国語教諭を務めた後、俳人に転身しました。彼は俳句の創作活動や俳句の授業、句会ライブ、俳句甲子園など幅広く活動しています。番組はFM愛媛で放送され、後日radikoやラジオクラウドでも聴くことができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000120.000086916.html

  14. buchikuma-info より:

    「お知らせ 運営 運営 お知らせ」に関する最新情報です。

    ドラゴンクエストタクトの運営からのお知らせです。12月26日にバージョン4.3.0が公開されましたが、一部のセキュリティソフトが反応する問題が発生しています。現在、原因を調査しており、進展があり次第、お知らせいたします。ご利用の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。今後もドラゴンクエストタクトを楽しんでいただけるよう願っております。

    https://cache.sqex-bridge.jp/jp/ja/guest/information/93882?returnTo=https%3A%2F%2Fcache.sqex-bridge.jp%2Fguest%2Finformation%3Fgame_id%3D238

  15. buchikuma-info より:

    「akindo ハッカソン パートナーシップ」に関する最新情報です。

    Pacific Metaは、web3ハッカソンプラットフォーム「AKINDO」とパートナーシップを締結し、ブロックチェーンの日本進出を包括的にサポートすることを発表しました。このパートナーシップにより、Pacific MetaはAKINDOと連携してハッカソンの開催やブロックチェーンの日本進出に関するマーケティングサービスを提供します。また、Pacific MetaはAKINDOのオンチェーンGrant分配ツールWaveHackの開発にも参加し、ブロックチェーンコミュニティの成長を支援します。このパートナーシップにより、Pacific Metaは日本のweb3プロジェクトの開発者コミュニティの形成や課題解決にも取り組むことが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000111379.html

  16. buchikuma-info より:

    「スタートアップ プロジェクト 現場」に関する最新情報です。

    株式会社エムニは、東京都庁主催の現場対話型スタートアップ協働プロジェクトに採択されました。このプロジェクトでは、下水道管再構築工事の設計書確認作業においてAIチェックマンの開発に取り組む予定です。これにより、人力による作業負荷を軽減し、人員不足に対応することが目指されています。具体的には、AI-OCRを使用して設計書のテキスト情報を読み取り、自動で誤りや疑わしい箇所をハイライトするシステムを構築します。この取り組みにより、現場対話型スタートアップ協働プロジェクトに参加し、都政の現場での課題解決に貢献することを目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000134983.html

  17. buchikuma-info より:

    「スタートアップ 現場 協働」に関する最新情報です。

    東京都が現場対話型スタートアップ協働プロジェクトを始動しました。このプロジェクトでは、スタートアップ企業と都政の職員が協力して都政現場の問題解決に取り組みます。昨年の11月に発表されたこのプロジェクトは、2023年12月25日に正式に開始されました。東京都は、世界最高のスタートアップ都市を目指し、行政とスタートアップ企業の協力を強化しています。今年度は特に、都政現場の課題に優れたスキルと技術を持つスタートアップ企業との対話を通じて解決を目指します。具体的なプロジェクトは、スタートアップ企業の公募によって選ばれ、都政の職員と協力して実施されます。プロジェクトの詳細や進捗状況は特設ホームページで公開されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004853.000052467.html

  18. buchikuma-info より:

    「プロジェクト スタートアップ キングサーモン」に関する最新情報です。

    令和5年度キングサーモンプロジェクトの第4期先行導入プロジェクト・スタートアップ企業の採択に関するお知らせがありました。このプロジェクトは、東京都が主導して先端プロダクトを持つスタートアップ企業と協力し、社会課題の解決に取り組むものです。第4期の先行導入プロジェクトには、東京都のファーストカスタマーとなる企業が採択されました。また、キングサーモンプロジェクトの概要や東京都の取り組みについても詳しく紹介されています。詳細は特設ホームページで確認することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004855.000052467.html

  19. buchikuma-info より:

    「プロジェクト スタートアップ キングサーモン」に関する最新情報です。

    令和5年度キングサーモンプロジェクト(King Salmon Project)第4期先行導入プロジェクト・スタートアップ企業の採択について(第2弾!)に関する情報が公開されました。このプロジェクトは、東京都が先端プロダクトを持つスタートアップ企業と協力し、社会課題の解決に取り組むものです。今回の採択企業には、東京都が率先して導入する役割を担ってもらい、スタートアップのプロダクトの普及と拡大を図ります。詳細は特設ホームページで確認できます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004855.000052467.html

  20. buchikuma-info より:

    「スタートアップ 現場 協働」に関する最新情報です。

    東京都が現場対話型スタートアップ協働プロジェクトを開始しました。このプロジェクトでは、スタートアップ企業と都政の職員が協力して都政現場の問題を解決することを目指しています。スタートアップ企業は優れたスキルと技術を持ち、都政の課題に対して解決策を提供します。プロジェクトは公募によって選ばれたスタートアップ企業と職員との協働によって進められます。具体的なプロジェクトの内容や進捗状況は特設ホームページで公開されます。このプロジェクトを通じて、都政現場の課題解決に向けた成果を広く共有することが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004853.000052467.html

  21. buchikuma-info より:

    「現場 協働 スタートアップ」に関する最新情報です。

    Ideinは、東京都と共に都政現場の課題解決を目指す「現場対話型スタートアップ協働プロジェクト」に採択されました。このプロジェクトでは、AIカメラを使用して地下鉄の乗客量を把握し、ダイヤ設定などに活用する取り組みが行われます。IdeinはエッジAIプラットフォームを提供しており、地下鉄駅での乗客データの取得と分析を行うことで、混雑状況の把握や効率的なダイヤ設定に貢献します。このプロジェクトは2023年12月25日に開始され、東京都交通局との協力により、都政現場の課題解決に取り組むことが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000026271.html

  22. buchikuma-info より:

    「naunau 位置 位置 情報」に関する最新情報です。

    位置情報SNS「NauNau」で個人情報が閲覧可能な状態になっていることが、GMOイエラエの調査で明らかになりました。株式会社モバイルファクトリーの子会社であるSuishow株式会社が提供するNauNauは、位置情報と個人情報が外部から閲覧できる状態になっていました。この問題が発覚した後、同社は設定ミスによる不備が原因であることを認め、利用者の個人情報が一部不正に閲覧された可能性があることを発表しました。現在、詳細な調査が行われており、情報流出の範囲や被害の実態が確認されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vc2Nhbi5uZXRzZWN1cml0eS5uZS5qcC9hcnRpY2xlLzIwMjMvMTIvMjUvNTAzOTcuaHRtbNIBAA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「セキュリティ 認証 hello」に関する最新情報です。

    セキュリティニュースアラートによると、Blackwing IntelligenceがWindows Helloのセキュリティ評価を実施し、3種類のノートPCで指紋認証をバイパスできたと報告しました。この評価では、Windows Helloの指紋認証機能が脆弱であることが明らかになりました。具体的には、3つのノートPCで内蔵されている指紋センサーの脆弱性が見つかり、認証をバイパスすることが成功しました。この結果は、セキュリティ上の懸念を引き起こしています。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2311/27/news051.html

  24. buchikuma-info より:

    「スタートアップ テレシー 出展」に関する最新情報です。

    株式会社テレシーがスタートアップ展示会「Climbers Startup JAPAN EXPO 2023 – 秋 -」に出展することが発表されました。テレシー代表の土井健氏は11月15日に「Dream Pitchグランプリ」に登壇する予定です。この展示会はスタートアップ企業と大手企業、ベンチャーキャピタルなどが一堂に会し、交流を通じてイノベーションを生み出す場として注目されています。展示会は2023年11月14日から15日まで東京ビッグサイトで開催され、参加者数は10,000人を予定しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000219.000076049.html

  25. buchikuma-info より:

    「upsider みずほfg スタートアップ」に関する最新情報です。

    みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)傘下のみずほイノベーション・フロンティア(MHIF)が、スタートアップ企業を支援するためにAIを活用した最大10億円の融資ファンド「UPSIDER BLUE DREAM Fund」を設立しました。このファンドは、みずほ銀行とUPSIDER Capitalの合弁事業として運営され、スタートアップ企業の成長を支援します。UPSIDER BLUE DREAM Fundは、総額100億円のLP出資者から資金を募り、グロースステージのスタートアップ企業に資金を提供することを目指しています。これにより、スタートアップ企業が持つ資金調達の課題を解決し、成長を支援する環境を提供します。みずほFGとUPSIDERの合意により、サステナブルな成長を促進する金融サービスの開発と提供が行われます。

    https://japan.cnet.com/article/35211316/

  26. buchikuma-info より:

    「cloud cloud パートナーシップ google」に関する最新情報です。

    フォーティネットとGoogle Cloudは、グローバルなSASE(Secure Access Service Edge)のPOP(Point of Presence)を拡大するためのパートナーシップを結びました。フォーティネットは、Google Cloudのネットワークエッジリージョンを利用して、自社のオンプレミスネットワークとGoogleネットワークを物理的に接続することができます。このパートナーシップにより、顧客はより広範なロケーションでSASEサービスを利用することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vY2xvdWQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU0MjIxNi5odG1s0gEA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「ils スタートアップ ayo」に関する最新情報です。

    合同会社ニュートリベースの栄養パウダー「Ayo™」が、アジア最大級のオープンイノベーション祭典「ILS」に推薦スタートアップとして参加することが決定しました。ILSは2023年10月25日から開催され、600社以上の有望なスタートアップが参加します。ニュートリベースは子供の栄養不足を補う無味無臭のパウダー「Ayo™」の開発・販売を行っており、ILSへの参加は大手企業とのマッチングや革新的な事業創出を目的としています。ILSはアジアで最も大きなオープンイノベーションのイベントであり、過去には16,000人以上の来場者と105社以上の大手企業が参加しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000125852.html

  28. buchikuma-info より:

    「アプリ naunau 位置」に関する最新情報です。

    位置共有アプリの「NauNau」が情報流出の可能性があるとして提供が停止されました。このアプリは友人や家族と位置情報を共有する人気のあるアプリであり、個人情報の流出が懸念されています。運営企業であるモバイルファクトリーは同日、情報流出に関する発表を行いました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vd3d3Lm5pc2hpbmlwcG9uLmNvLmpwL2l0ZW0vby8xMTM5MjMwL9IBAA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「マップ ダウンロード 17」に関する最新情報です。

    iOS 17では、「マップ」アプリに新機能が追加されました。この新機能では、指定した地域のマップを表示してダウンロードし、オフラインでも利用することができます。特に圏外になりやすい場所やへき地へ移動する際に便利な機能です。この機能は2023年に導入され、iOS 17のアップデートで利用可能になりました。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2310/22/news020.html

  30. buchikuma-info より:

    「ゲーム 収益 位置」に関する最新情報です。

    モンスターハンターシリーズの最新作『モンハンNow』が世界収益約300億円(2000万ドル)を突破しました。このゲームは位置情報を活用したゲームで、他の人気タイトルである『ポケモンGO』や『ドラクエウォーク』と比較されるデータも公開されました。『モンハンNow』は正式リリース初日から無料ダウンロードランキングで1位を獲得し、ゲーム内イベントや東京ゲームショウ(TGS)に合わせて収益も上昇し、1位をキープしています。また、日本の9月の収益は4つのタイトル(『ポケモンGO』、『ドラクエウォーク』、『信長の野望 ~出陣!~』、『モンハンNow』)で6,500万ドルを超えました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMWh0dHBzOi8vd3d3LmZhbWl0c3UuY29tL25ld3MvMjAyMzEwLzIwMzIxMjI5Lmh0bWzSATRodHRwczovL3d3dy5mYW1pdHN1LmNvbS9uZXdzL2FtcC8yMDIzMTAvMjAzMjEyMjkucGhw?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「apple google ceo google」に関する最新情報です。

    SpotifyのCEOであるDaniel Ekは、AppleやGoogleについて、「審判でありながら選手であることはできない」と述べています。彼は、AppleやGoogleがデジタル市場の支配力を持つ大手テック企業としての地位を利用して競合他社を不利にすることに懸念を抱いており、イギリスの議員に対して競争を規制する法案を採用するよう呼びかけています。彼は、審判であるデジタル市場の規制を行う企業が同時に競合他社としても活動することを防ぐために、法案には実効性が必要だと主張しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vd3d3Lm1hY3J1bW9ycy5jb20vMjAyMy8xMC8wMi9zcG90aWZ5LWFwcGxlLXVrLWxlZ2lzbGF0aW9uL9IBAA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「メタバース hp メタバース hp」に関する最新情報です。

    株式会社Robot Consultingは、メタバース事業とWeb3のプロジェクトを推進しています。具体的には、「メタバースHP」と「メタモール」の展開に注力しています。メタバースHPは、トランスコスモス株式会社のメタバース空間に「ロボット弁護士」を設置する予定です。また、メタモールは、株式会社メタロポリスとの共同事業で、3D商品のショッピングモールとして展開されます。これにより、メタバースビジネスの領域に参入し、幅広いジャンルの企業が注目することが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000087375.html

  33. buchikuma-info より:

    「google マップ 17」に関する最新情報です。

    Appleの最新のiOS 17では、Googleマップに追いつくために、Appleマップがオフラインでダウンロード可能になりました。これにより、ユーザーはインターネット接続がなくてもマップを使用することができます。また、Appleマップのオフライン機能は、ナビゲーションやストリートビューなどの機能も備えています。これにより、ユーザーは素晴らしい代替手段としてAppleマップを使用することができます。現在、オフラインマップのサポートは一部の地域に限られていますが、今後のリリースでサポート範囲が拡大される予定です。オフラインマップの使用方法は非常に簡単で、マップアプリをダウンロードしてデータを使用するだけです。これにより、ユーザーは携帯電話の回線を使用せずにマップを利用することができます。Appleのオフラインマップ機能は興味深いものであり、多くの人々にとって便利なツールとなるでしょう。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiXGh0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS8yMzA4eW91LWNhbi1maW5hbGx5LWRvd25sb2FkLWFwcGxlLW1hcHMtb2ZmbGluZS1pbi1pb3MtMTcv0gEA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「web チェーン ブロック」に関する最新情報です。

    Web3を支えるブロックチェーンのリスクとセキュリティ脅威を軽減する方法について、Gartner Insights Pickup(312)の分析データが紹介されています。Web3の基盤となるブロックチェーンを使用するアプリケーションは、新たな脆弱ポイントを抱える可能性があります。レポートでは、15の主な脆弱ポイントに焦点を当てています。具体的には、Web2.0のレガシーシステムとのインタフェース、アプリケーションの脆弱性、Web2.0プロトコルへの直接アクセスなどが挙げられています。これらのリスクとセキュリティ脅威を軽減するためには、適切な対策が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vYXRtYXJraXQuaXRtZWRpYS5jby5qcC9haXQvYXJ0aWNsZXMvMjMwNy8yOC9uZXdzMDA2Lmh0bWzSAQA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「google google マップ マップ」に関する最新情報です。

    iOS版のGoogleマップに新機能が追加されました。この新機能はクイックルート表示で、ナビゲーションをより簡単に行うことができます。画面ロック中でも通知形式でルートの概要を確認することができます。また、徒歩ナビゲーションの際にも役立つ機能です。この新機能はiOS版のGoogleマップアプリの設定で利用することができます。また、Android版のGoogleマップアプリでもクイックルート表示が実装されています。この記事はJetstream BLOGで公開されており、執筆者は石井順氏です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vamV0c3RyZWFtLmJ6L2FyY2hpdmVzLzE3Mzk5MNIBAA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「iphone uq 購入」に関する最新情報です。

    ゲオストアは、UQ mobileとのコラボキャンペーン「UQ新料金プラン発表!iPhoneサマーセール」を実施します。このキャンペーンでは、UQ mobileの音声SIMと対象の中古iPhoneを同時に購入すると、iPhone SE(第2世代)やiPhone XRを1円で購入することができます。また、中古iPhoneの購入にはMNP割引が適用され、最大2万2000円の割引が受けられます。キャンペーン期間は7月7日から25日までです。このキャンペーンはWeb限定で、通常価格よりもお得な価格でiPhoneを手に入れることができます。ただし、一部条件や使用状態に関する注意事項がありますので、申し込み前に確認することをおすすめします。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2307/07/news154.html

  37. buchikuma-info より:

    「iphone apple game」に関する最新情報です。

    Appleのゲーム移植ツール「Game Porting Toolkit」がアップデートされました。このツールは、Appleが開発者向けイベントであるWWDC23で発表されました。アップデートにより、ツールのパフォーマンスが大幅に改善され、特にFPS(フレームレート)が向上しました。また、ベータ版1.0.2では、YouTuberのアンドリュー・ツァイ氏によるテストが行われ、人気ゲーム「エルデンリング」の実行フレームレートが26フレームから32フレームに向上したことが報告されています。このアップデートは、Apple Developerサイトからダウンロードできます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQ0MDQzL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQ0MDQzL2FtcC8?oc=5

  38. buchikuma-info より:

    「iphone 15 15 モデル」に関する最新情報です。

    アップルの次期iPhone、iPhone 15は、全モデルに4800万画素のカメラが搭載される可能性があると報じられています。この情報は、中国のITメディアが6月13日に報じたもので、サプライチェーンからの情報とされています。また、iPhone 15シリーズには、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxも含まれるとされています。これにより、iPhone 15シリーズは、現行のiPhone 13シリーズよりもカメラ性能が向上することが期待されます。ただし、これはまだうわさの段階であり、正式な発表はされていません。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vYXNjaWkuanAvZWxlbS8wMDAvMDA0LzE0Mi80MTQyNzU2L9IBAA?oc=5

  39. buchikuma-info より:

    デル・テクノロジーズは、Zoom認定を取得したワイヤレスキーボードセット「KM900」など計4製品を発売する。キーボードとマウスのセットや、充電式マウスなどが含まれており、2.4GHz帯とBluetoothに対応している。バッテリーは最大20日間の駆動が可能で、内蔵された充電機能により3カ月間使用可能。価格は、キーボード単品が1万8828円、キーボード&マウスセットが2万1780円、充電式マウスが4万1030円、USBレシーバーが1650円。また、NPL分析により、記事には過去の製品や年度に関する情報が含まれていることがわかった。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2306/09/news138.html

  40. buchikuma-info より:

    ライオンが、モーションセンサー付きゲーム機「TANO-LT」を開発していることが、CNET Japanの音声番組「ニュースの裏側」#186で取り上げられました。このゲーム機は、介護現場での口腔ケアに活用することを目的としており、口腔を鍛えるためのゲームが搭載されています。また、記事や書籍の閲覧におすすめの情報も紹介されています。

    https://japan.cnet.com/article/35204897/

タイトルとURLをコピーしました