PR

Macbookを中古で買うリスクはコスパに見合うのか

最新のMacbookが発表されたので、最新のMacbookの情報をまとめつつ、今こそ買うべき、まだまだ利用できるMacbookの情報をまとめていきます。

2024年の「Macbook」新着情報まとめ

Macbookについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

Macbookに関する新着ニュース

Macbookに関するニュース情報を更新しています。

M3搭載MacBook AirとiMacの最小メモリが12GBに増加予想

  • 2023年10月に発表予定のM3搭載新型Macの最小メモリが、M2の8GBから12GBに増加する可能性があると報じられた。
  • Appleは2023年10月に、M3を搭載する13インチおよび15インチMacBook Air、13インチMacBook Pro、24インチiMacを発表すると噂されている。
  • M3は、2024年にも次期iPad Proに搭載されるとの情報もある。
M3の詳細なメモリ仕様と予想
  • Bloombergのマーク・ガーマン記者によれば、次期MacBook ProにはM3 ProもしくはM3 Maxが搭載され、36GBおよび48GBメモリのバージョンでのテストが行われている。
  • M2 Proを搭載するMacBook Proは16GBと32GBのメモリ選択が可能で、M2 Max搭載モデルは32GB、64GB、96GBとなっている。
  • YouTubeチャンネル「Max Tech」のVadim Yuryev氏は、M3の最小メモリがM2の8GBから4GB増加して12GBになるとの予想をしている。
  • M1とM2の最小メモリは8GBだったが、M3の製造プロセスがTSMCの3nmプロセスになるため、12GBに増加する可能性が高まっている。

IntelとAMDチップの新脆弱性発見、Appleシリコンは影響なし

  • IntelとAMDのx86アーキテクチャベースのチップに新たなバグが確認される。
  • Intelの脆弱性は「ダウンフォール」、AMDの脆弱性は「インセプション」と命名。
  • Apple製のARMアーキテクチャベースチップは今回の脆弱性の影響を受けていない。
ダウンフォール脆弱性詳細
  • 複数世代のIntel製プロセッサに影響。
  • CPUが「意図せずに内部のハードウェア・レジスタをソフトウェアに公開」。
  • 「信頼できないソフトウェアが他のプログラムのデータにアクセス可能」。
  • 現在、この脆弱性が悪用される報告はなく、深刻度は中程度。
インセプション脆弱性詳細
  • Zen 3またはZen 4ベースのAMDプロセッサに影響。
  • CPUが「任意のデータを漏えいさせる」。
  • 影響を受けるチップには、Ryzen 5000/7000シリーズのデスクトップ・ラップトップCPU、Ryzen 6000シリーズのラップトップGPU、Threadripper Pro 5000WXワークステーションCPU、第3/4世代のEPYCサーバーCPUが含まれる。
  • AGESAファームウェア・アップデートの一部は利用可能で、残りのアップデートは2023年12月までに利用可能予定。
Appleシリコンについて
  • Apple製コンピュータはIntelからの脱却を完了し、Appleシリコンを採用。
  • ARMアーキテクチャベースのApple製チップは今回の脆弱性の影響を受けていない。

iPhone15シリーズが9月14日に発表される可能性

  • 米国の携帯キャリアが2023年9月14日(米国現地時間では9月13日)に従業員に出勤するよう要請。iPhone15シリーズ発表の日として濃厚となっている。
  • iPhone15の発表に伴い、業務量が増加することが予想されているため、この要請が行われたとみられる。
  • 9to5Macなどの情報源からも、iPhone15シリーズの発表が2023年9月14日(米国現地時間では9月13日)との情報が増えてきている。
イベントの詳細とその他の予測される発表
  • iPhone15の発表イベントは、日本時間では9月14日未明と考えられており、案内状は今月末に送付される予測。
  • イベントでは、iPhone15シリーズに加えて、Apple Watch Series 9、Apple Watch Ultra(第2世代)の発表が期待されている。
  • さらに、iPad mini 7も発表される可能性があるとの噂。
  • 2023年10月には、「M3」シリコンチップを搭載した新型Macが複数発表される予測も。

M3チップを搭載した新型Mac miniがApple内でテスト中

  • Appleが新しい「M3」チップを搭載したMac miniをテストしているとの情報が流出。Bloombergの名物記者Mark Gurman氏が報じる。
  • テスト中の「M3」チップは、8コアCPU(4つの高性能コアと4つの高効率コア)、10コアGPU、24GBメモリで構成されている。
  • 「M3」シリーズチップ搭載のMac製品群は複数あり、「M3 Pro」や「M3 Max」といったバリエーションも存在。各チップのコア構成には差異がある。
M3シリーズチップを搭載したMac製品の一覧
搭載チップモデル機種IDコードネーム
M313インチMacBook AirMac 15,1J513, J613
M315インチMacBook AirMac 15,2J515, J615
M315インチMacBook ProMac 15,3J504
M3iMacMac 15,4, 15,5J433, J434
M3 Pro/M3 Max14インチ/16インチMacBook ProMac 15,7, 15,8J514, J516
M3Mac miniMac 15,12
M3シリーズチップのコア構成詳細
  • 「M3」チップはM2と同じCPU/GPUコア構成。
  • 「M3 Pro」チップ予測:12コアCPUと18コアGPU。
  • 「M3 Max」チップ予測:14コアCPUと40コア以上のGPU。
新型Mac miniのOS情報と発表イベントについて
  • テスト中の新型Mac miniはmacOS Sonoma 14.1が動作している。
  • Appleの新型iPhoneの発表イベントは9月に開催される見込みで、Mac関連のイベントは10月以降になると予測されている。

TSMC、3DFabric技術を採用したMシリーズの生産を計画。搭載Macは2025年以降

  • TSMCはApple向けのMシリーズに3DFabric技術を採用する計画。
  • この技術を搭載したMシリーズのMacは、早くても2025年以降に発売されると予想。
  • Appleは、競合他社よりも2nmプロセスのウエハーを安く購入できる可能性が高い。
3DFabric技術の詳細
  • 3DFabricはTSMCの独自技術で、「CoWoS」「InFO」「TSMC-SoIC」の3つの技術から構成される。
  • この技術により、複数のチップレットを組み合わせて1つのパッケージとして設計でき、チップ設計の自由度が増加。
AppleとTSMCの関係についての追加情報
  • TSMCは2025年に2nmプロセスでの生産を開始し、その初のチップはAppleシリコンになると伝えられている。
  • Appleは2nmウエハーを、QualcommやMediaTekよりも安価に購入できる見通し。
  • DigiTimesによれば、TSMCの3nmプロセス「N3B」の生産コストは高く、次世代の2nmプロセスのウエハーは1枚あたり25,000ドルで、3nmよりも25%高い。
  • それにも関わらず、AppleはTSMCから2nmウエハーについての割引を受ける可能性がある。

MacBook Proのモジュラー化の特許

  • Appleが「MacBook Pro」のモジュラー版の開発を検討中であることが新しい特許から明らかに。
  • 「Mac Pro」のアップグレード可能なコンポーネントを超えたモジュラー型の「MacBook」が検討されている。
  • モジュール化される部分には、キーボード、トラックパッド、ディスプレイ、およびそれらを接続するヒンジが含まれる。
追加情報/補足
  • 特許では、マグネット接続を利用してディスプレイやキーボードなどの電気デバイスにコンピューティングデバイスのベースが対応する方式が説明されている。
  • Apple Insiderによると、このデザインはMicrosoftの「Surface」製品と似ている。
  • モジュラー型デバイスは消費者と企業の双方にメリットがある。消費者は部品の交換が簡単でコストを節約でき、企業は多くの部品を消費者に販売するチャンスが増える。
  • Appleの特許によると、モジュラー型のMacBookはタブレット、ノートPC、デスクトップPCの3つの形態を持つ単一のデバイスとしての可能性が示唆されている。

Samsungの新製品イベントとApple向けのフレキシブルディスプレイ開発

  • Samsungは7月下旬に韓国で新製品イベントを開催予定。Galaxy Z Fold 5やGalaxy Z Flip 5の発表が予想される。
  • SamsungはApple向けのフレキシブルディスプレイの開発を進めていると公然と認めた。大型のフレキシブルディスプレイで、MacBookやiPad向けの可能性が指摘されている。
  • Samsungの幹部は、折畳式機種が市場全体で成功するためにはAppleが折畳式機種を商品化することが「必要」との立場を示している。
追加情報/補足
  • SamsungのGalaxy S23 Ultraは上半期に登場した機種の中で高い安定性を誇るとされている。
  • Appleは2025年にフレキシブルディスプレイを採用したMacを発表し、2026年に発売するとの情報があるが、この動きだけで市場が一気に活性化するとは考えられない。

M3チップ搭載のMac製品に関する最新情報

  • AppleはM3チップを搭載したMacの開発を進めているとの噂が存在。
  • ジャーナリスト、マーク・ガーマン氏からのレポートにより、Mac miniとハイエンドのMacBook Proの発売時期が注目されている。
  • M3チップ搭載のMac mini、14インチ、および16インチのMacBook Proは2024年に発売される可能性。
今後のApple製品の発売予定
  • 9月:新しいApple Watch, iPhone 15, および15 Proのラインアップ発表予定。
  • 10月:新しいM3チップを搭載した次世代のiMac、13インチMacBook Air、および13インチMacBook Proの発表の可能性。
ガーマン氏による追加情報
  • 今年後半に発売されるM3チップ搭載のMac製品の第一弾には、Mac miniやハイエンドのMacBook Proは含まれない。
  • M2チップ搭載Mac miniの発売がM1バージョン導入から2年以上経過してからであり、AppleはMac miniの毎年の更新を必要としていないとの見解。
  • M3チップ搭載Mac miniの登場は早くても2024年末までと予想。
  • 次世代の14インチおよび16インチMacBook Proは、M3 ProチップとM3 Maxチップを搭載すると予想され、2024年半ばまでに発売される可能性。

新型M2 MacBook Airの特徴

  • MacBook Air 15インチが発表され、M2チップ、18時間のバッテリーライフを搭載し、薄くて軽い「Air」らしい特性が特徴。
  • 1.2cmの厚さと1.5kgの重さで、スケッチブックのような感覚で持ち運べる。
  • MagSafe充電ケーブルが再度採用されており、アナログ感がAppleの特徴として取り入れられている。
詳細な仕様とレビューまとめ
  • 新型MacBook Airは、初代MacBook Airの「世界最薄ラップトップ」というDNAを引き継いでいる。
  • MagSafe以外にもThunderboltが2つとヘッドフォンジャックが1つのポートを搭載。
  • 付属品として、デュアルUSB-Cポート搭載の35Wコンパクト電源アダプタが同梱。これにより、MacとiPhoneを同時に充電することが可能。
  • 画面周りのノッチは2020年のMacBook Proと比べて約2分の1のサイズになり、作業効率の向上に寄与。
  • 15インチの画面は、13インチユーザーにとっても非常に快適で、アイデアがどんどん湧いてくると感じる。
  • Liquid Retinaディスプレイを採用し、その美しい表示が魅力。
おすすめポイント
  • 新型M2 MacBook Airの最大の特徴は、15インチの大きな画面サイズを保ちながら、軽量で持ち運びにストレスがない点。
  • 画面の広さはアイデアを広げる上での効率化に繋がり、デジタルなスケッチブックのような感覚を持てる。
  • 13インチ版も存在するが、15インチの方が明確におすすめされている。

20.25インチ折りたたみMacBookのディスプレイ開発情報

  • Samsungが社内イベントでApple向けの折りたたみOLEDディスプレイの開発を発表した。
  • Appleの要求基準を満たすための折りたたみディスプレイの開発課題がSamsungから明かされた。
  • Appleの20.25インチの折りたたみMacBookは2026年に発売予定との噂がある。
折りたたみOLEDディスプレイの開発課題
  • 折りたたみ時に生じるディスプレイの皺による損傷を排除する。
  • 折り目の目立たせない設計。
  • 圧縮応力を向上させ、ディスプレイの割れや傷に対する耐久性を強化。
  • 折りたたむ際の力の最適化。
  • ペンなどがディスプレイに落下した際の耐久性を向上させる。
追加情報/補足
  • 折りたたみMacBookは20.25インチのOLEDディスプレイを搭載すると報道されている。

Macbookの新製品情報

MacBook Proが新登場

パワー & パフォーマンス:
  1. M2 Proチップ:
    • 最大12コアのCPU
    • 最大19コアのGPU
    • 最大32GBのユニファイドメモリ
    • 200GB/sのメモリ帯域幅
    • 画像の編集、計算流体力学シミュレーション等、高負荷のタスクに対応
    • 最大2台の外部ディスプレイに対応
    • 最大23ストリームの4K ProResビデオ再生
  2. M2 Maxチップ:
    • 12コアCPU
    • 最大38コアのGPU
    • 最大96GBのユニファイドメモリ
    • 400GB/sのメモリ帯域幅
    • 最大4台の外部ディスプレイに対応
    • 最大10ストリームの8K ProResビデオ再生
  3. macOS VenturaがAppleシリコンの性能を最大限に引き出し、マルチタスキングがスムーズ。
デザイン & ディスプレイ:
  1. Liquid Retina XDRディスプレイ: 明るさ、コントラスト、HDRカラーグレーディング、写真、デザイン等に優れている。
  2. ProMotion技術: 最大120Hzのリフレッシュレートでスムーズな操作。
  3. 薄型ディスプレイ設計、ミニLED技術を採用。
バッテリー & 効率:
  1. 16インチモデル:
    • 最大22時間のビデオ再生
    • 最大15時間のワイヤレスネットサーフィン
  2. 14インチモデル:
    • 最大18時間のビデオ再生
    • 最大12時間のワイヤレスネットサーフィン
  3. Appleシリコンの電力効率のおかげで、ファンの起動がほとんど不要。
ストレージ:
  1. オールフラッシュストレージアーキテクチャを採用。
  2. 最大8TBのSSDストレージを提供。
カメラ & サウンド:
  1. 1080pカメラ: 明るい絞りと大きな画像センサーを搭載。
  2. スタジオ品質の3マイクアレイ。
  3. 6スピーカーサウンドシステム: フォースキャンセリングウーファー4つ、高性能ツイーター、ドルビーアトモス対応。
接続性:
  1. SDXCカードリーダー、HDMI出力(最大8K対応)
  2. 3つのThunderbolt 4ポート
  3. Wi-Fi 6Eに対応:スループットが最大2倍高速
サイズ & カスタマイズ:
  1. 14インチと16インチのモデルから選択可能。
  2. M2 ProまたはM2 Maxチップでカスタマイズ可能。

このMacBookは、多様なプロフェッショナルな用途や一般的な日常のタスクの両方に対応する高性能なノートブックとして位置づけられています。

各モデルのスペック比較表

特徴/モデルMacBook Air M1MacBook Air M213インチ MacBook Pro M2New MacBook Pro (14インチ/16インチ)
価格134,800円から164,800円から178,800円から288,800円から
仕上げの色スペースグレイ、シルバー、ゴールドミッドナイト、スターライト、スペースグレイ、シルバースペースグレイ、シルバースペースグレイ、シルバー
チップM1M2M2M2 Pro/M2 Max
ディスプレイ13.3インチ Retina13.6インチ Liquid Retina13.3インチ Retina14.2/16.2インチ Liquid Retina XDR
ユニファイドメモリ8GB/16GB8GB/24GB8GB/24GB16GB/96GB
ストレージ256GB-2TB256GB-2TB256GB-2TB512GB-8TB
バッテリー駆動時間最大18時間最大18時間最大20時間最大22時間
特別な機能Touch IDTouch IDTouch Bar & Touch IDTouch ID
このスペックで何ができるようになるか

  1. MacBook Air M1: 基本的な作業、ライトなグラフィック作業やプログラミング、日常のオフィス作業やエンターテインメントに最適。
  2. MacBook Air M2: M1よりも少しパワフルな作業が可能。少し高度なグラフィック作業やプログラミング、動画編集などのタスクをスムーズにこなす。
  3. 13インチ MacBook Pro M2: プロフェッショナルな作業にも対応。動画編集、3Dグラフィックス、大量のデータ処理などの高度なタスクもこなすことが可能。Touch Barでの操作も追加。
  4. New MacBook Pro (14インチ/16インチ): 高度なプロフェッショナル作業に最適。大規模な動画編集、3Dモデリング、ゲーム開発など、最も要求の厳しいタスクもサポート。

直近のMacbookのセール情報

Macbookの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

M1チップ搭載 MacBook AirがAmazonセールに登場

2024/03/20時点での「Apple」の「M1チップ搭載 Apple 2020 MacBook Air」について紹介します。

M1チップ搭載 Apple 2020 MacBook Airの特徴
  • M1チップ搭載モデル
  • 動画編集などのクリエイティブな作業にもおすすめ
  • iPhoneユーザーなら更に便利に使うことができる
価格

「価格は記載されていません」円(税込)

お得度

「具体的な割引率は記載されていませんが、Amazonプライムデーにおいてセール価格で提供されている」

セール期間

「具体的なセール期間は記載されていません」

M1チップ搭載 Apple 2020 MacBook Airのメリット、デメリット
  • アプリケーションの立ち上げが早い
  • 動画編集ソフトの書き出しや読み出しが驚くほど速い
  • 薄型で軽量なので持ち歩きやすい

13インチMacBook Air (M2搭載)がヨドバシでセール

2024/03/20時点でのヨドバシ.comの13インチMacBook Air (M2搭載)について紹介します。

13インチMacBook Air (M2搭載)の特徴
  • M2チップ搭載
  • 13インチサイズ
  • ポイント還元特典付き
価格

198,000円(税込) + 9,900ポイント還元

お得度

「情報に具体的な割引率は記載されていないため、価格とポイント還元を基にして評価を行う必要があります」

セール期間

2023年7月2日(日)まで

13インチMacBook Air (M2搭載)のメリット、デメリット
  • メリット:新世代のM2チップが搭載されているため、高速な処理が期待できる
  • デメリット:情報からは具体的なデメリットは不明

過去機種からの変更・改善点

最新のMacbook、何が変わったのかを端的にまとめていきます。

2024/03/20時点で取り扱っているMacbook

MacBookシリーズ全機種
  • MacBook Air (M1) – 2020年11月発売
  • 13インチMacBook Air (M2) – 2022年7月発売
  • 15インチMacBook Air (M2) – 2023年6月発売
  • 13インチMacBook Pro (M2) – 2022年6月発売
  • 14インチMacBook Pro (M2 Pro/M2 Max) – 2023年2月発売
  • 16インチMacBook Pro (M2 Pro/M2 Max) – 2023年2月発売

最新端末の価格

最新Macbookの価格は以下の通りです。

  • MacBook Air (M1) – 134,800円~
  • 13インチMacBook Air (M2) – 164,800円~
  • 15インチMacBook Air (M2) – 2023年6月発売
  • 13インチMacBook Pro (M2) – 178,800円~
  • 14インチMacBook Pro (M2 Pro/M2 Max) – 288,800円~
  • 16インチMacBook Pro (M2 Pro/M2 Max) – 348,800円~

新端末でできるようになったこと

M1チップ搭載 MacBook Air と M2チップ搭載 MacBook Air の比較
項目M1チップ搭載MacBook AirM2チップ搭載MacBook Air
搭載チップM1M2
ディスプレイサイズ13.3インチ13.6インチ
CPU8コア8コア
GPU7コア最大10コア
ユニファイドメモリ最大16GB最大24GB
ストレージ最大2TB最大2TB
バッテリー最大18時間最大18時間
スピーカー3マイクアレイステレオスピーカー3マイクアレイ空間オーディオ対応の4スピーカーサウンドシステム
重量1.29㎏1.24g
価格(税込)134,800円~164,800円~
カラーバリエーションスペースグレイ・ゴールド・シルバーミッドナイト・スターライト・スペースグレイ・シルバー
新しい機種(M2チップ搭載MacBook Air)の特長とおすすめの用途
  • GPUの強化: 最大10コアのGPUは、グラフィックスや動画編集に関連するタスクを高速に処理できるため、クリエイターやデザイナーにとってメリットが大きい。
  • ユニファイドメモリの拡張: 最大24GBのメモリは、多くのアプリケーションやタブを同時に開いても快適に動作するため、マルチタスクを頻繁に行うユーザーや開発者に適しています。
  • 空間オーディオ対応のスピーカー: 映画や音楽の鑑賞に深みを増すため、エンターテインメントを楽しむユーザーには大きな魅力。
古い機種(M1チップ搭載MacBook Air)のメリット
  • コストパフォーマンス: 価格がM2モデルよりも30,000円安い。日常的な作業やライトな動画編集、文書作成、Webブラウジングなどのタスクには十分な性能を持っている。
  • 十分なパフォーマンス: 普段使いやオフィスワークにはM1チップでも十分。価格と性能のバランスが取れているため、一般的なユーザーや学生にはおすすめ。
  • カラーバリエーション: 一部のユーザーには、M1モデル独自のカラーバリエーション(ゴールド)が魅力的に感じられるかもしれません。

結論: 性能を最大限に引き出したいプロフェッショナルやクリエイターはM2モデルを選ぶと良いでしょう。しかし、日常的な使い方や学業、オフィスワーク程度のタスクには、コストパフォーマンスが高いM1モデルがおすすめです。

MacBook Proモデルの比較
項目M2 MacBook Pro 13.3インチM2 Pro/Max MacBook Pro 14.2インチM2 Pro/Max MacBook Pro 16.2インチ
ディスプレイサイズ13.3インチ14.2インチ16.2インチ
搭載チップM2M2 Pro/M2 MaxM2 Pro/M2 Max
CPU8コア最大12コア12コア
GPU10コア最大38コア最大38コア
ユニファイドメモリ最大24GB最大96GB最大96GB
ストレージ最大2TB最大8TB最大8TB
バッテリー最大20時間最大18時間最大22時間
スピーカーステレオスピーカー6スピーカーサウンドシステム6スピーカーサウンドシステム
重量1.4kgM2 Pro: 1.6kg / M2 Max: 1.63kgM2 Pro: 2.15kg / M2 Max: 2.16kg
価格(税込)178,800円~288,800円~348,800円~
カラーバリエーションスペースグレイ・シルバースペースグレイ・シルバースペースグレイ・シルバー
推薦・違いについて
  1. 13.3インチモデル:
    • 主な特徴: 標準的な性能で、一般的な用途に適しています。
    • おすすめの用途: ウェブブラウジング、オフィス作業、軽いビデオ編集やグラフィックデザイン。
    • メリット: 価格が手頃。一般的なタスクでの性能は十分。
  2. 14.2インチモデル:
    • 主な特徴: ハイエンドの性能。M2 ProとM2 Maxの間で選択が可能。
    • おすすめの用途: プロのビデオ編集、3Dレンダリング、ゲーム開発、高度なプログラミング。
    • メリット: ハイスペックで多くのタスクを同時に処理可能。拡張性が高い。
  3. 16.2インチモデル:
    • 主な特徴: 最も大きなディスプレイと高性能。
    • おすすめの用途: プロフェッショナルなビデオ編集やグラフィックデザイン、大規模な3Dモデリングやレンダリング。
    • メリット: 大きなディスプレイは作業効率を向上させる。ハイエンドのタスクでも快適に作業可能。
総評:
  • 一般的な用途や学生などの軽いタスクの場合、13.3インチモデルが最適でコストパフォーマンスも高い。
  • プロフェッショナルな作業を行う方や、多くのリソースを必要とするソフトウェアを使用する方には、14.2インチまたは16.2インチモデルがおすすめ。特に、ビデオ編集などの作業で大きなディスプレイが必要な場合は16.2インチモデルを選択すると良い。
  • 価格を重視する場合、13インチモデルとMacBook Airの間で選択することが考慮される。冷却ファンの有無や少しの性能差を基に選択を行うと良い。

最新Macbookの基本スペック

スペックに興味がない方にも、「数字の意味合い」についても少し解説しながら、最新Macbookの仕様についてまとめていきます。

また新しいMacbookが発表された際に更新します。

Macbookの中古市場情報が知りたい

2024/03/20現在で、どの世代のMacbookを購入すべきか考えていきます。

最新OSに対応しているMacbook

最新OSに対応しているMacbookについての情報です。OSにさえ対応していれば、最新端末ほどではなくても十分に利用可能な機種だと言えます。

最新OSのMacbook対応リスト

2024/03/20現在のOS対応/非対応リストです。詳細は公式HPをご確認ください。

macOS Ventura に対応しているコンピュータ

MacBook Pro
  • MacBook Pro (16-inch, 2023)
  • MacBook Pro (14-inch, 2023)
  • MacBook Pro (13-inch, M2, 2022)
  • MacBook Pro (16-inch, 2021)
  • MacBook Pro (14-inch, 2021)
  • MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)
MacBook Air
  • MacBook Air (15インチ, M2, 2023)
  • MacBook Air (M2, 2022)
  • MacBook Air (M1, 2020)
MacBook
  • MacBook (Retina, 12-inch, 2017)

注意: 上記のリストは、提供された資料に基づいています。実際のMacOSのサポート状況はApple公式のサイトや関連ドキュメントを参照してください。

最新端末の登場で、中古市場はどう変わる?

Macbookが登場することで、どのMacbookがお買い得になるか情報をまとめていきます。

Macbookのひとつ前の世代「2022年モデル」はお買い得?

調べてみたところでは、最新Macbookのひとつ前の世代である「」に関しては、現在(2024/03/20)のところでは以下のように取引されています。

公式ストア

ちなみに、公式オンラインショップを利用する場合には、楽天リーベイツを利用すると楽天ポイントで還元されてさらにお得です。

当サイトでは楽天リーベイツアプリの掲載を終了しました。

Macbookのセール情報

Macbookを含めたApple製品のセール情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

比較用、過去のMacbook情報

過去の端末情報をまとめておきます。

まとめ:Macbook、中古も考えるなら「最新モデル」が買い時

新世代が登場したところで、旧世代も含めてMacbookの市場価格が変動しています。

スマホが高額化していることもあり、必ずしも最新機種がお買い得とは言えない中で、自分に合ったMacbookを選んでいくことが大切です。

最後にこのページの内容をまとめておきますので、買い替え・中古売買などの参考にしてみてください。

Macbook、買い換えるならどのモデル?

Macbookの買い替えのポイントとして、まずはどれを買うべきかをまとめます。

最新のMacbookを買うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

中古モデルを狙うべき人

  • 少しでもコストを抑えたい方
  • 壊れるまで使う方、壊れる可能性が高い環境で利用する方
かめ
かめ

基本的に、パソコンは賞味期限があるので最新モデルがおすすめ。よほど状態が良いものでも自分でカスタムしづらいMacは中古ではなく最新のものを買っていた方が最終的なコスパが良くなります。

最新Macbookと中古市場、よくあるQ&A

Q
最新のMacbookは「買い」ですか?
A

最新のMacbookを買う場合には、「いつ売るか」を考えるのが大事です。

リセールバリューの高いMacbookの場合は、購入時の価格と数万円も差が出ずに売却することができます。

そのため、あまり長く持ちすぎて中古販売価格が安くなりすぎる場合は最新機種を買うメリットは薄れます。

長く使うMacbookを探している場合には「購入価格でのコスパ」が良い中古モデルを選ぶのが良いと思います。

Q
コスパのいいMacbookモデルはどれ?
A

一つ前の世代であるMacbookが値下がりを見せていますが、2024/03/20時点で言えば「最新モデル」の方がお買い得です。

Macbookはこれから中古市場へ供給が始まるので値下がりはしますが、底値と言えるタイミングを見計らうのは割と消耗します。

「2021年モデルあたり」はほぼ底値なので、中古市場にポンと出たお値打ち品をさっと買ってしまうのが得策だと思います。

Q
Macbookにおすすめの買い替え時期はありますか?
A

Macbookの新モデルが登場するのは、例年イベントで発表されてからですが、Appleデバイスの他の製品に比べてモデルによっていつと明言しづらいのがMacbookです。

ひとつ前のモデルに関しては、中古の供給量は増えるものの、需要も安定しているためすぐに値下がりするわけではありません。むしろ狙うべきはもうひとつ前のシリーズだと言えます。

「Macbook」に関する各種SNSの口コミ・評判など

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「Macbook」と検索できます。

instagramの情報

instagram検索用リンクはこちらです。「Macbook」とタグ検索できます。

「Macbook」に関するリンクリスト

Macbookについて、他のページも参考にしてみてください。

MacBookの関連記事一覧

Apple製品のセールに関する情報

Apple製品の年末〜初売りまでのセール情報をまとめたページはこちら。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

製品ごとにセールをまとめているのは以下。

Appleの最新情報記事一覧

Vision Pro
AirTag
Apple TV
Beats

iPhone端末に関する記事一覧

iPadの関連記事

どれを買うべきか
iPadのおすすめ使い方

AppleWatchの関連記事一覧

HomePodの関連記事一覧

HomePodの設定、最初に知っておくこと

Apple Musicの記事一覧

iCloudに関する記事一覧

ファミリー共有に関する記事

iPhoneのトラブル対策の記事一覧

iPhoneを交換する
バックアップする
MacBook
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「youtube アプリ pro」に関する最新情報です。

    YouTubeはApple Vision Pro向けの専用アプリをリリースする予定はなく、加入者はSafariブラウザを使用してビデオを視聴する必要がある。YouTubeはVision Proデバイスのサポート計画や専用アプリ非提供の理由について明確にしていない。これにより、機能が制限される可能性があり、競合するMeta Questゴーグルではアプリを提供している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi5gFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA3LzEyL3lvdXR1YmUlRTMlODElQUZhcHBsZS12aXNpb24tcHJvJUU1JTkwJTkxJUUzJTgxJTkxJUUzJTgxJUFFJUU1JUIwJTgyJUU3JTk0JUE4JUUzJTgyJUEyJUUzJTgzJTk3JUUzJTgzJUFBJUUzJTgyJTkyJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUI5JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTlCJUUzJTgyJTkzL9IBAA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「poco poco pro pro」に関する最新情報です。

    POCO X6 ProとPOCO F5 Proは、革新的なデザイン要素や機能を備えたスマートフォンです。両方の機種はNFC、Bluetooth 5.3、5G接続、顔認識、デュアルSIM機能をサポートしており、それぞれ独自の特徴を持っています。価格面では、POCO X6 Proがより高価であり、さまざまなニーズに対応しています。デザイン面では、POCO F5 Proはカーボン風ストライプが施されたガラスボディを採用し、一方、POCO X6 Proはメタルフレームとガラス素材を組み合わせたミニマリストなデザインを持っています。カメラ性能も異なり、POCO F5 Proは64 MPのプライマリカメラを搭載しているのに対し、POCO X6 Proは50 MPのメインカメラを搭載し、優れた性能を提供しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi8wFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA3LzEwLyVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MSVBRSVFOSU5RCVBOSVFNiU5NiVCMCVFNyU5QSU4NCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MyU4NyVFMyU4MiVCNiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyU4RSVFMyU4MyU5OSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVBNy_SAQA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「pad poco poco pad」に関する最新情報です。

    Xiaomiの「POCO Pad」は12.1型の2.5Kディスプレイと長時間駆動が特徴で、動画鑑賞に最適なタブレットPCとして注目されています。高性能なスペックを備えながら、4万円台という価格も魅力的です。Android OS 14ベースのXiaomi Hyper OSやQualcomm Snapdragon 7s Gen 2 Mobile Platformを搭載し、快適な使用体験を提供しています。また、デザインや機能面では「Redmi Pad Pro」と共通点が多く、高品質な製品と言えます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvMTc3Xzdfcl8yMDI0MDYzMF8xNzE5NzM0NzQ0NzEzNjg40gEA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「2025 fundraising 2024」に関する最新情報です。

    2024年のDisruptで、2025年の成功する資金調達の秘訣を解き明かすセッションが開催されます。このセッションでは、スタートアップが進化する投資環境を乗り越えるための知識と戦略を提供し、古い指標に挑戦し、投資家が2025年に求めるものについて具体的な洞察を提供します。この機会を逃さず、最高の知識を得て、2025年の成功に向けてスタートアップを位置付けましょう。自信と明確さを持って資金調達の複雑さを乗り越える方法を発見し、会社の未来を定義するかもしれない会話の一部になりましょう。

    https://techcrunch.com/2024/06/28/elevate-your-2025-fundraising-strategy-at-disrupt-2024/

  5. buchikuma-info より:

    「poco pad poco pad」に関する最新情報です。

    Xiaomiが初のPOCOブランドタブレット『POCO Pad』を発売しました。価格は44,800円からで、12.1インチディスプレイやQualcomm Snapdragon 7s Gen 2 Mobile Platformを搭載しています。大容量バッテリーやDolby Atmos対応のクアッドスピーカーシステムも特徴です。販売店はXiaomi公式サイトやAmazon.co.jpなどで、スペック表にはサイズや重量、バッテリー容量、カメラ仕様などが記載されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vd3d3LmFwcGJhbmsubmV0LzIwMjQvMDYvMjcvaXBob25lLW5ld3MvMjczNDc2OC5waHDSAQA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「poco タブレット 12」に関する最新情報です。

    XiaomiがPOCOブランド初のタブレット『POCO Pad』を国内向けに発売しました。このタブレットは12.1インチの2.5K画面を搭載し、SD7sプロセッサーを搭載した高性能なAndroid端末です。価格は4万円台で、高コストパフォーマンスを実現しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvMzU5Xzdfcl8yMDI0MDYyNV8xNzE5MjkwNjkyMjI0NjA50gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「poco pad poco pad」に関する最新情報です。

    Xiaomi Japanは、12.1インチディスプレイを搭載したPOCOブランド初のタブレット「POCO Pad」を発売しました。このタブレットは、リフレッシュレート120HzのディスプレイやSnapdragon 7s Gen 2を搭載しており、市場想定価格は44,800円です。また、予約販売記念キャンペーンも開催されており、Xiaomi公式サイトで「POCO F4 GT」を購入した方には2,000円割引クーポンが配布されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vb3JlZm9sZGVyLmpwLzIwMjQvMDYveGFpb21pLXBvY28tcGFkL9IBMWh0dHBzOi8vb3JlZm9sZGVyLmpwLzIwMjQvMDYveGFpb21pLXBvY28tcGFkL2FtcC8?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「poco 12 pad」に関する最新情報です。

    シャオミ・ジャパンは、「POCO」ブランド初のタブレット「POCO Pad」を6月24日に発売することを決定した。また、12.1型タブレット「Redmi Pad Pro」は6月7日より発売される予定だ。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vbmV3cy5rYWtha3UuY29tL3ByZG5ld3MvY2Q9cGMvY3RjZD0wMDMwL2lkPTE0MTQzNS_SAQA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「スマートフォン 2025 革命的」に関する最新情報です。

    2025年のスマートフォン市場では革命的な変化が期待されており、Galaxy Z27シリーズなどの次世代デバイスの登場が注目されています。新しいスマートフォンが日常生活やテクノロジーとのやり取りにどのような影響を与えるか、環境への配慮や倫理性も重要なポイントとなっています。2025年には革新的な機能や操作性の向上が期待される中、最新の動向を把握し、技術革新に対して批判的に考えることが重要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi7gFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA2LzIzLzIwMjUlRTUlQjklQjQlRTMlODElQUIlRTMlODIlQjklRTMlODMlOUUlRTMlODMlQkMlRTMlODMlODglRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTklRTMlODMlQjMlRTUlQjglODIlRTUlQTAlQjQlRTMlODElQUIlRTklOUQlQTklRTUlOTElQkQlRTclOUElODQlRTMlODElQUElRTUlQTQlODklRTUlOEMlOTYlRTMlODElOEMlRTMlODIlODQlRTMlODElQTMv0gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「pro poco poco pro」に関する最新情報です。

    POCO X6 Proは、手頃な価格と高性能なゲーム性能を備えた画期的なスマートフォンで、Galaxy S24 UltraやiPhone 15 Pro Maxと競合しています。MediaTek Dimensity 8300 UltraプロセッサーとMali G615-MC6 GPUを搭載し、90Wの有線充電機能を持つ5500 mAhのバッテリーを搭載しています。デバイスはMIUI 13で動作し、Android 12をベースにしており、高リフレッシュレートのディスプレイをサポートしています。POCO X6 Proは、手頃な価格で高性能を求めるゲーム愛好家にとって魅力的な選択肢であり、競合他社のスマートフォンとの比較も重要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi4wFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA2LzE3LyVFOSU5RCVBOSVFNiU5NiVCMCVFNyU5QSU4NCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCM3BvY28teDYtcHJvJUUzJTgxJThDJUU1JUI4JTgyJUU1JUEwJUI0JUUzJTgyJTkyJUU1JUI4JUFEJUU1JUI3JUJCJUUzJTgxJTk5JUUzJTgyJThCL9IBAA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「バッテリー led led ライト」に関する最新情報です。

    3000mAhのモバイルバッテリーとしても使用可能なLEDライトが登場。予備バッテリー内蔵の充電ボックス付きで、白色と赤色のデュアル光源を搭載。小型で軽量、防水仕様でアウトドアや災害時に便利。CoSTORYで先行購入可能。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3LnJvb21pZS5qcC8yMDI0LzA2LzEyNDU2MDcv0gEA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「pro poco poco pro」に関する最新情報です。

    POCO X6 Proは、手頃な価格と優れたゲーム機能を備えた革新的なスマートフォンであり、Galaxy S24 UltraやiPhone 15 Pro Maxを凌駕する性能を誇っています。MediaTek Dimensity 8300 UltraプロセッサとMali G615-MC6 GPUを搭載し、90Wの有線充電機能を持つ5500 mAhのバッテリーを備えています。デバイスは手頃な価格でありながら高性能を提供し、ゲーム愛好家にとって魅力的な選択肢となっています。さらに、Android 12ベースのMIUI 13で動作し、高リフレッシュレートをサポートしている可能性があります。競合他社との比較やソフトウェアアップデート、カメラ品質など、検討すべきポイントも存在します。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi0QFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA2LzE3LyVFOSU5RCVBOSVFNSU5MSVCRCVFNyU5QSU4NCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCM3BvY28teDYtcHJvJUUzJTgxJThDJUU1JUI4JTgyJUU1JUEwJUI0JUUzJTgyJTkyJUU1JUI4JUFEJUU1JUI3JUJCL9IBAA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「2025 プロセス nm」に関する最新情報です。

    2025年に2nmプロセスのA19/M5で製品大変革が予想されており、M4以降のチップは電力効率重視にシフトする可能性がある。Appleは製品の薄型化を目指すが、性能やバッテリー駆動時間を犠牲にすることは避け、電力効率に優れたシリコンを搭載することが必要とされる。2025年に2nmプロセス「N2」に移行する時期が重要であり、TSMCの微細化プロセスの進展が影響を与える。iPhone17 Proシリーズ用A19 Proは電力効率重視で開発される見込みであり、M6も同様の方向性を取る可能性がある。また、MacBookやApple Watchの薄型化はディスプレイの改良によっても実現される見通しである。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgxOTcwL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgxOTcwL2FtcC8?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「dex samsung samsung dex」に関する最新情報です。

    Samsung DeXを使用したスマートフォンコンピューティングは、仕事やエンターテイメント、ゲームなど様々な用途に対応し、デスクトップのような体験を提供している。生産性向上やマルチタスキングの容易さが報告されているが、互換性の問題や機密性の懸念が存在する。他社も同様の体験を提供しており、スマートフォンコンピューティングは進化を遂げている。今後、デスクトップセットアップを置き換える可能性もあるが、セキュリティやパフォーマンス面での課題がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi9QFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA2LzE1L3NhbXN1bmctZGV4JUUzJTgyJTkyJUU0JUJEJUJGJUU3JTk0JUE4JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJTlGJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTlFJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUE5JUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUIzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk0JUUzJTgzJUE1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg2JUUzJTgyJUEzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUIwL9IBAA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「poco pro poco pro」に関する最新情報です。

    Poco F6とF6 Proのレビューによると、Poco F6は優れたカメラと最高のディスプレイ、プロセッサを手に入れることができ、価格に対して非常に優れた性能を持っている。F6 ProはProのタグを正当化するのが難しい一方、より安価なPoco F6は絶対的なお買い得とされている。両者はゲームプレイにおいて優れており、Snapdragon 8s Gen 3プロセッサを搭載しており、スムーズなゲーム体験を提供している。カメラ性能も高く、主なシューターは50メガピクセルのSony IMX882を搭載しており、様々な状況で良好な写真を撮影できる。しかし、暗い場所や動く被写体では苦労することもある。また、デザイン面では、F6が全体的にプラスチック製であり、F6 Proはアルミフレームとガラス製バックを持っているが、どちらもあまりエキサイティングではないとされている。

    https://www.wired.com/review/xiaomi-poco-f6-and-f6-pro/

  16. buchikuma-info より:

    「12 12 タブレット gen」に関する最新情報です。

    XiaomiがSnapdragon 8 Gen 2搭載の12.4型タブレット「Xiaomi Pad 6S Pro」を6万9,800円から発表。スペックや価格に驚きの声が上がっており、実際の使用でも快適さが評価されている。バッテリー駆動時間も十分で、8GB+256GBモデルは7万円を切る価格で利用可能。Androidタブレットとして高性能でおすすめの1台とされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQWh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbi9uaXNoaWthd2EvMTU5NzIzNi5odG1s0gEA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「コア m2 m2 チップ」に関する最新情報です。

    Appleが新型「iPad Air」の仕様をサイレントで変更し、M2チップのGPUを10コアから9コアに修正したことが報じられた。製品情報は米国だけでなく日本でも変更された。新型iPad AirのM2チップは8コアCPUと9コアGPUを搭載しており、ProResエンコード/デコードエンジンは非搭載とされている。このM2チップはiPad Air専用の仕様かもしれない。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2406/03/news172.html

  18. buchikuma-info より:

    「12 12 タブレット gen」に関する最新情報です。

    XiaomiがSnapdragon 8 Gen 2を搭載した12.4型タブレット「Xiaomi Pad 6S Pro」を6万9,800円から発表。スペックや価格に驚きの声が上がっており、実際の使用でも快適さが評価されている。バッテリー駆動時間も良好で、8GB+256GBモデルは7万円以下とコストパフォーマンスが高い。Androidタブレットを探している人におすすめの製品とされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQWh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbi9uaXNoaWthd2EvMTU5NzIzNi5odG1s0gEA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「12 12 タブレット gen」に関する最新情報です。

    XiaomiがSnapdragon 8 Gen 2搭載の12.4型タブレット「Xiaomi Pad 6S Pro」を6万9,865円から発売。スペックや性能は高く、バッテリー駆動時間も十分で快適な使用が可能。ペンやキーボードのオプションもあり、コストパフォーマンスも高いAndroidタブレットとしておすすめされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQWh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbi9uaXNoaWthd2EvMTU5NzIzNi5odG1s0gEA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「コア m2 m2 チップ」に関する最新情報です。

    Appleが新型「iPad Air」の仕様をサイレントで変更し、M2チップのGPUを10コアから9コアに修正したことが報じられた。この変更は米国だけでなく日本でも確認され、M2チップの8コアCPUと9コアGPUは新たな仕様として登場した。以前のM2チップに搭載されていたProResエンコード/デコードエンジンは新型iPad AirのM2チップには非搭載とされており、このM2チップはiPad Air専用の仕様と思われる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yNDA2LzAzL25ld3MxNzIuaHRtbNIBN2h0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hbXAvMjQwNi8wMy9uZXdzMTcyLmh0bWw?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「ryzen シリーズ amd」に関する最新情報です。

    AMDはCOMPUTEX TAIPEI 2024で、デスクトップ向けの新型CPU「Ryzen 9000シリーズ」を発表し、2024年7月に発売予定。このCPUには新型チップセット「AMD X870」「AMD X870E」が搭載される。また、Zen 3アーキテクチャのデスクトップ向けCPU「Ryzen 5000XTシリーズ」の新製品も同時期に登場する予定。Ryzen 9000シリーズはSocket AM5を採用し、開発コード名は「Granite Ridge」である。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2406/03/news064.html

  22. buchikuma-info より:

    「pro poco poco pro」に関する最新情報です。

    Poco F6 Proは高級スマートフォン市場で強力な競合相手となっており、パフォーマンス、ディスプレイ品質、高速充電を手ごろな価格で提供しています。特に、ディスプレイの優れた性能や最新のSnapdragon 8 Gen 2チップセットを搭載したパフォーマンス面で、Samsung Galaxy S23 FEなどのライバルを凌駕しています。消費者はブランドの評判やカメラ機能、アフターサービスなども重視する必要がありますが、Poco F6 Proは新しい基準を確立し、スマートフォン業界で注目を集めています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiwAFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA2LzAyL3BvY28tZjYtcHJvLSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCMyVFNSVCOCU4MiVFNSVBMCVCNCVFMyU4MSVBNyVFOCVCQyU5RCVFMyU4MSU4RiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCQy_SAQA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「ipad air air 世代」に関する最新情報です。

    Amazonで「iPad(整備済み品)」のセールが開催されており、2020年に発売された「iPad Air(第4世代)」や2018年に発売された「iPad(第6世代)」など様々なモデルがラインナップされている。セール期間は5月31日から6月4日0時までとなっている。整備済み品はAmazonの基準に従って検査・テスト・整備されており、適正価格で販売されているかどうかを確認して購入するよう注意が呼びかけられている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vZ2FtZS53YXRjaC5pbXByZXNzLmNvLmpwL2RvY3MvbmV3cy8xNTk2MTg3Lmh0bWzSAQA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「機能 2025 2025 後半」に関する最新情報です。

    2025年春後半から、AppleはiPhoneにマイナンバーカード機能を搭載し、Appleウォレットで身分証明書機能を提供する予定。これは米国外で初めての取り組みであり、日本でも展開される予定となっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvMzU5Xzdfcl8yMDI0MDUzMV8xNzE3MTI4NjUxOTQyODY50gEA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「13 13 amazon 5000」に関する最新情報です。

    Amazonセールで5000円以下のおすすめコンパクトガジェット13選を紹介する記事。ちょい足しで大きく変わる便利なアイテムが揃っている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSWh0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS8yNDA1LWFtYXpvbi1zbWlsZS1zYWxlLXByZS1tb2JpbGV0b29scy_SAQA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「oled macbook air」に関する最新情報です。

    2026年にiPad miniとiPad AirがSamsung Display製のOLEDディスプレイを搭載したモデルが発売される可能性が高いとの予想があります。また、MacBook ProやMacBook AirにもOLEDディスプレイが搭載される計画が進行中で、技術的な課題が解決されれば実現する見込みです。Appleは新しいデバイスにおいてもOLEDテクノロジーを採用し、製品ラインアップの刷新を図る方針のようです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgxMDk0L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgxMDk0L2FtcC8?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「折りたたみ macbook 折りたたみ macbook」に関する最新情報です。

    2026年ごろに登場が予想される折りたたみMacBookの開発が進行中。AppleはLGと協力し、20.2インチの折りたたみディスプレイを開発中で、シワやヨレが目立たない技術も導入される見込み。製造コストは高額で、折りたたみMacBookは高価格になる可能性がある。しかし、ネーミングには疑問があり、折りたたみiPadとの違いが気になるとの指摘もある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNS9mb2xkaW5nLW1hZGJvb2tzLWFyZS1leHBlbnNpdmUuaHRtbNIBAA?oc=5

  28. buchikuma-info より:

    「ファン イベント 21」に関する最新情報です。

    楽天は6月15、16日の広島戦でイベント「myfavE DAY」を開催することを発表したが、そのタイミングが悪く、試合で21失点の敗北を喫し、ファンから怒声が上がっている。イベントに参加する選手が敗戦の主要責任を負っていることもあり、ファンからは「練習しろ」との批判が出ている。チームの弱さに対するファンの不満も高まっており、チームの状況が改善されるかは不透明だと指摘されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSWh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS82LzEyLzE3OF8xMl9yXzIwMjQwNTI2XzE3MTY2ODU1NjE3MzY3MzbSAQA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「ssd 13 ssd 13」に関する最新情報です。

    Amazonのセールで、iPhoneに直接挿せる爆速SSDが13%オフになっています。ロジテックのスティック型外付けSSDやエレコムのUSB型SSDもお得に販売されています。さらに、バッファローの6TBの外付けHDDやKIOXIAのmicroSD 128GB、Samsungの512GBのmicroSDカードもセール中です。Nintendo Switchにも対応しており、様々なデータ保存用途に便利です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiP2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNS9hbWF6b24tdGltZXNhbGUtMjAyNC0wNTI1LTEuaHRtbNIBAA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「poco poco pro pro」に関する最新情報です。

    Xiaomiがフラッグシップスマートフォン『POCO F6 Pro』を発売しました。このスマートフォンはSnapdragon 8 Gen 2を搭載し、5,000mAhバッテリーや2K解像度の有機ELパネルを備えたゲーミングスマートフォンです。120WのXiaomiハイパーチャージに対応し、19分で充電が可能です。また、リアカメラは光学手ブレ補正対応の5,000万画素メインカメラなどを搭載しています。価格は69,960円からで、Xiaomi公式オンラインストアや一部販路で販売されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vd3d3LmFwcGJhbmsubmV0LzIwMjQvMDUvMjMvaXBob25lLW5ld3MvMjczMzM2NC5waHDSAQA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「poco タブレット 12」に関する最新情報です。

    シャオミ(Xiaomi)がPOCOブランドのタブレット「POCO Pad」を日本でも6月中旬以降に発売することを発表。12.1インチの液晶ディスプレイ(2560×1600、16:10)やQualcomm Snapdragon 7s Gen 2チップセットを搭載し、価格は4万4800円。メモリーは8GB、ストレージは256GBで、外部ストレージは最大1.5TBまでのmicroSDカードをサポート。アクセサリーは現在日本で展開されていない。商品は同社公式オンラインストアやAmazon.co.jp、楽天市場のシャオミ公式ショップで提供される予定。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU5MzgyNC5odG1s0gEA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「ディスプレイ macbook 折りたたみ」に関する最新情報です。

    2025年に量産が開始される折りたたみMacBookは、M5チップを搭載し、20.25インチと19.8インチの2種類のディスプレイサイズが予想されています。ディスプレイ開発はLG Displayが担当し、折りたたみ時のディスプレイの折り目をなくすために注力しています。一方、iPad mini/Air用の有機ELディスプレイはSamsung Displayが担当しているとの情報もあります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwODU0L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwODU0L2FtcC8?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「bp 500 バッテリー」に関する最新情報です。

    ケンコープロフェショナルイメージングが、FXLIONの大容量Vマウントバッテリー「BP-7S500」「BP-HP600」の受注を開始した。製品特徴として、Dタップコネクター2系統配備、5レベルLEDインジケーター、高性能インテリジェント保護チップ搭載などが挙げられる。BP-7S500は26V仕様で489Wh、最大出力20A、BP-HP600は14.4V仕様で559Wh、最大出力30A。それぞれの仕様やサイズ・重量も記載されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiM2h0dHBzOi8vanAucHJvbmV3cy5jb20vbmV3cy8yMDI0MDUyMjE1MzE0OTE3NDUuaHRtbNIBAA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「amazon amazon セール ipad」に関する最新情報です。

    2024年5月18日、Amazonセールで、コンパクトながらパワフルなA15 Bionicチップを搭載した「2021 iPad mini (Wi-Fi, 64GB)」が旧価格で購入可能。また、Apple Pencil(第2世代)もお得に登場している。iPadでの作業を快適にするアイテムがセール中。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS9hbWF6b24tdGltZXNhbGUtMjAyNC0wNTE4LTEv0gEA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「apple pro パッケージ」に関する最新情報です。

    Apple Pencil Proには5種類のパッケージデザインが存在し、オンラインで注文するとどのデザインが届くかはお楽しみとのこと。5月15日の発売日にはApple Storeで各デザインが並ぶ予定で、デザインを選びたい場合はApple Storeでの購入がおすすめされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiP2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNS9hcHBsZS1wZW5wcm8taGFzLTUtcGFja2FnZXMuaHRtbNIBAA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「しれ バッテリー スルー」に関する最新情報です。

    阪神対巨人の試合で起きた「死球スルー」の場面について、虎バッテリーと巨人主砲の駆け引きが明らかになった。岡本和が当たったかどうかについて疑惑が持たれる中、バッテリーは外角の変化球勝負に転じ、岡本和は精彩を欠いた。この状況について選手たちのコメントや試合の展開が描かれている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiVmh0dHBzOi8vd3d3LnNwb25pY2hpLmNvLmpwL2Jhc2ViYWxsL25ld3MvMjAyNC8wNS8xMi9raWppLzIwMjQwNTEyczAwMDAxMTczMjEyMDAwYy5odG1s0gFcaHR0cHM6Ly93d3cuc3BvbmljaGkuY28uanAvYmFzZWJhbGwvbmV3cy8yMDI0LzA1LzEyL2tpamkvMjAyNDA1MTJzMDAwMDExNzMyMTIwMDBjLmh0bWw_YW1wPTE?oc=5

  37. buchikuma-info より:

    「チップ apple ipad」に関する最新情報です。

    2024年5月7日、Appleは新型iPad ProとiPad Airを発表し、M4チップを初めて搭載することを発表した。M4チップはiPad Pro向けに開発され、Tandem OLEDディスプレイの制御や機械学習処理を可能にする。M4チップ搭載のiPad Proは、毎秒38兆回の機械学習処理が可能であり、クリエイティブな作業をサポートするための機能が強化されている。Appleは、iPad版のLogic ProやFinal Cut Proなどのアプリにおいて、機械学習技術を活用した新機能を紹介している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDUwOS0yOTQyNDQ2L9IBAA?oc=5

  38. buchikuma-info より:

    「thailand 2025 delivery」に関する最新情報です。

    タイのオンデマンド食品配達サービスであるLine Man Wongnaiは、2025年にタイの取引所または米国での株式公開を検討していると、同社のCEO兼共同創業者であるYod ChinsupakulがTechCrunchとの独占インタビューで述べた。Line Man Wongnaiは、シンガポールのGrabやインドネシアのGoToなどの競合他社と競合しており、これらの企業も独自のスーパーアプリを持ち、電子商取引サービスも提供している。

    https://techcrunch.com/2024/05/08/thai-food-delivery-app-line-man-wongnai-weighs-ipo-in-thailand-us-in-2025/

  39. buchikuma-info より:

    「チップ ipad m3」に関する最新情報です。

    新型「iPad Pro」の発表イベントでは、M3チップをスキップして新しいM4チップを採用した理由が注目された。Appleはデバイスに求められる性能や機能を考慮し、M3チップでは要件を満たせなかったため、M4チップを採用したとされる。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2405/09/news112.html

  40. buchikuma-info より:

    「デザイン apple パッケージ」に関する最新情報です。

    Apple Pencil Proのパッケージデザインは5種類あり、注文時に選択画面は表示されずランダムに発送される。5月15日に配達予定で、確認されたデザインはイベント用、イベントロゴ、オレンジ、ライトブルー、ブラックの5種類。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwMDcxL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwMDcxL2FtcC8?oc=5

  41. buchikuma-info より:

    「pc ryzen デスクトップ」に関する最新情報です。

    マウスコンピューターが、モバイルRyzenプロセッサを搭載した小型デスクトップPC「mouse CA」シリーズの新モデルを発表し、販売を開始した。幅73mmのコンパクト筐体で、Ryzen 5 7530UプロセッサやDDR4 16GBメモリ、500GB NVMe SSDを搭載しており、標準構成価格は12万9800円(税込み)となっている。また、マウスコンピューターは「初夏セール」を開始し、最大で4万5000円の値引きが適用される。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2405/08/news156.html

  42. buchikuma-info より:

    「発売 ev 速い」に関する最新情報です。

    中国のスマートフォン大手のシャオミが、テスラよりも安くて速いEVセダン「SU7」を発売し、わずか27分で5万台以上の予約注文を獲得した。このEVは価格が安く、航続距離が長く、加速も速いとされ、テスラのモデル3よりも優れているとされている。シャオミはスマートフォン業界でもiPhoneに匹敵する性能の製品を低価格で提供しており、その戦略が成功している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLGh0dHBzOi8vcHJlc2lkZW50LmpwL2FydGljbGVzLy0vODE0MjM_cGFnZT0x0gEuaHR0cHM6Ly9wcmVzaWRlbnQuanAvYXJ0aWNsZXMvYW1wLzgxNDIzP3BhZ2U9MQ?oc=5

  43. buchikuma-info より:

    「ipad チップ apple」に関する最新情報です。

    Appleは新しいM4チップを発表し、これは初代iPad Proの性能を10倍、前世代比でも最大4倍高速化したものである。M4チップは3nm製造プロセスを採用し、最大4基のコアと6基の高効率コアを備えており、CPU性能が50%向上し、10コアのGPUはハードウェアアクセラレーションをサポートしている。Appleはこの新しいチップを13インチiPad Proと11インチiPad Proに搭載することを発表した。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvcGN1c2VyL2FydGljbGVzLzI0MDUvMDgvbmV3czA4MC5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9wY3VzZXIvYW1wLzI0MDUvMDgvbmV3czA4MC5odG1s?oc=5

  44. buchikuma-info より:

    「ipad air air 薄く」に関する最新情報です。

    アップルは、5月7日に開催された発表会で新しいiPad AirとiPad Proを発表しました。iPad Airは11インチと13インチの2つのサイズが用意され、価格は9万8800円から。一方、iPad Proは新チップセット「M4」やOLEDディスプレイを搭載し、薄型化も図られています。iPad Proは13インチと11インチの2サイズがあり、価格は12万8800円から。アップルは、iPad Proの大型モデルを選ぶユーザーのためにiPad Airにも13インチモデルを用意したと説明しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL3Jldmlldy9pcGhvbmV0aXBzLzE1ODk1NTkuaHRtbNIBAA?oc=5

  45. buchikuma-info より:

    「17 nitro amd」に関する最新情報です。

    2024年のAcer Nitro 17(AMD搭載)は、AMD Ryzen 7 8845HSを搭載し、Nvidia GeForce RTX 4060グラフィックスプロセッサを搭載しており、ゲームやAI画像生成などに大きなパフォーマンス向上をもたらします。外観は17.3インチの大画面で重厚なデザインですが、バッテリー寿命が短いという欠点があります。しかし、価格と性能のバランスは優れており、$1,250という価格で優れたゲーム性能を提供しています。ポートの豊富さやパフォーマンスの高さが魅力であり、スクリーン解像度やバッテリー寿命が改善されればさらに良い製品となるでしょう。

    https://www.wired.com/review/acer-nitro-17-2024-amd/

  46. buchikuma-info より:

    「ipad oled 新型」に関する最新情報です。

    新型iPad ProのOLEDディスプレイは業界最高品質で、11インチモデルの供給不足が懸念されている。LG Displayが製造に携わり、Samsung Displayは供給比率が低い。新型iPad Proの搭載チップはM3かM4で、新型iPad Airの仕様は未確定。LG Displayの経験が生かされており、市場に圧倒的な優位性を持つOLEDディスプレイが期待されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc5NDM1L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc5NDM1L2FtcC8?oc=5

  47. buchikuma-info より:

    「apple 2026 予定」に関する最新情報です。

    2026年末まで「Apple Vision Pro 2」の発売予定はないという有名記者の報道があり、Appleは廉価版の投入に関して混乱しているとされている。現時点では第2世代モデルの登場は2026年末以降になる見込みで、廉価版の投入方法についても検討中だが、コスト面での課題があると報じられている。現在はアメリカでのみ販売されており、世界展開を考える中で廉価版の早期投入が望まれている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLmh0dHBzOi8vbmV0YWZ1bGwubmV0L2FwcGxlLXZpc2lvbi8wMTQ5NjY2Lmh0bWzSAQA?oc=5

  48. buchikuma-info より:

    「display samsung samsung display」に関する最新情報です。

    iPhone15シリーズの販売不振が、AppleだけでなくディスプレイサプライヤーのSamsung Displayにも深刻な影響を及ぼしている。中国市場でのiPhone販売低迷がサプライヤーにも影響し、Samsung Displayの売上高と営業利益が減少している。Samsung Displayは技術力が劣っていた部分が指摘されており、Appleからの受注が重要な存在である。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL2lwaG9uZTE1LTU3OTQ2MS_SASxodHRwczovL2lwaG9uZS1tYW5pYS5qcC9pcGhvbmUxNS01Nzk0NjEvYW1wLw?oc=5

タイトルとURLをコピーしました