PR

Macbookを中古で買うリスクはコスパに見合うのか

スポンサーリンク

最新のMacbookが発表されたので、最新のMacbookの情報をまとめつつ、今こそ買うべき、まだまだ利用できるMacbookの情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2023年の「Macbook」新着情報まとめ

Macbookについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

Macbookに関する新着ニュース

Macbookに関するニュース情報を更新しています。

M3搭載MacBook AirとiMacの最小メモリが12GBに増加予想

  • 2023年10月に発表予定のM3搭載新型Macの最小メモリが、M2の8GBから12GBに増加する可能性があると報じられた。
  • Appleは2023年10月に、M3を搭載する13インチおよび15インチMacBook Air、13インチMacBook Pro、24インチiMacを発表すると噂されている。
  • M3は、2024年にも次期iPad Proに搭載されるとの情報もある。
M3の詳細なメモリ仕様と予想
  • Bloombergのマーク・ガーマン記者によれば、次期MacBook ProにはM3 ProもしくはM3 Maxが搭載され、36GBおよび48GBメモリのバージョンでのテストが行われている。
  • M2 Proを搭載するMacBook Proは16GBと32GBのメモリ選択が可能で、M2 Max搭載モデルは32GB、64GB、96GBとなっている。
  • YouTubeチャンネル「Max Tech」のVadim Yuryev氏は、M3の最小メモリがM2の8GBから4GB増加して12GBになるとの予想をしている。
  • M1とM2の最小メモリは8GBだったが、M3の製造プロセスがTSMCの3nmプロセスになるため、12GBに増加する可能性が高まっている。

IntelとAMDチップの新脆弱性発見、Appleシリコンは影響なし

  • IntelとAMDのx86アーキテクチャベースのチップに新たなバグが確認される。
  • Intelの脆弱性は「ダウンフォール」、AMDの脆弱性は「インセプション」と命名。
  • Apple製のARMアーキテクチャベースチップは今回の脆弱性の影響を受けていない。
ダウンフォール脆弱性詳細
  • 複数世代のIntel製プロセッサに影響。
  • CPUが「意図せずに内部のハードウェア・レジスタをソフトウェアに公開」。
  • 「信頼できないソフトウェアが他のプログラムのデータにアクセス可能」。
  • 現在、この脆弱性が悪用される報告はなく、深刻度は中程度。
インセプション脆弱性詳細
  • Zen 3またはZen 4ベースのAMDプロセッサに影響。
  • CPUが「任意のデータを漏えいさせる」。
  • 影響を受けるチップには、Ryzen 5000/7000シリーズのデスクトップ・ラップトップCPU、Ryzen 6000シリーズのラップトップGPU、Threadripper Pro 5000WXワークステーションCPU、第3/4世代のEPYCサーバーCPUが含まれる。
  • AGESAファームウェア・アップデートの一部は利用可能で、残りのアップデートは2023年12月までに利用可能予定。
Appleシリコンについて
  • Apple製コンピュータはIntelからの脱却を完了し、Appleシリコンを採用。
  • ARMアーキテクチャベースのApple製チップは今回の脆弱性の影響を受けていない。

iPhone15シリーズが9月14日に発表される可能性

  • 米国の携帯キャリアが2023年9月14日(米国現地時間では9月13日)に従業員に出勤するよう要請。iPhone15シリーズ発表の日として濃厚となっている。
  • iPhone15の発表に伴い、業務量が増加することが予想されているため、この要請が行われたとみられる。
  • 9to5Macなどの情報源からも、iPhone15シリーズの発表が2023年9月14日(米国現地時間では9月13日)との情報が増えてきている。
イベントの詳細とその他の予測される発表
  • iPhone15の発表イベントは、日本時間では9月14日未明と考えられており、案内状は今月末に送付される予測。
  • イベントでは、iPhone15シリーズに加えて、Apple Watch Series 9、Apple Watch Ultra(第2世代)の発表が期待されている。
  • さらに、iPad mini 7も発表される可能性があるとの噂。
  • 2023年10月には、「M3」シリコンチップを搭載した新型Macが複数発表される予測も。

M3チップを搭載した新型Mac miniがApple内でテスト中

  • Appleが新しい「M3」チップを搭載したMac miniをテストしているとの情報が流出。Bloombergの名物記者Mark Gurman氏が報じる。
  • テスト中の「M3」チップは、8コアCPU(4つの高性能コアと4つの高効率コア)、10コアGPU、24GBメモリで構成されている。
  • 「M3」シリーズチップ搭載のMac製品群は複数あり、「M3 Pro」や「M3 Max」といったバリエーションも存在。各チップのコア構成には差異がある。
M3シリーズチップを搭載したMac製品の一覧
搭載チップモデル機種IDコードネーム
M313インチMacBook AirMac 15,1J513, J613
M315インチMacBook AirMac 15,2J515, J615
M315インチMacBook ProMac 15,3J504
M3iMacMac 15,4, 15,5J433, J434
M3 Pro/M3 Max14インチ/16インチMacBook ProMac 15,7, 15,8J514, J516
M3Mac miniMac 15,12
M3シリーズチップのコア構成詳細
  • 「M3」チップはM2と同じCPU/GPUコア構成。
  • 「M3 Pro」チップ予測:12コアCPUと18コアGPU。
  • 「M3 Max」チップ予測:14コアCPUと40コア以上のGPU。
新型Mac miniのOS情報と発表イベントについて
  • テスト中の新型Mac miniはmacOS Sonoma 14.1が動作している。
  • Appleの新型iPhoneの発表イベントは9月に開催される見込みで、Mac関連のイベントは10月以降になると予測されている。

TSMC、3DFabric技術を採用したMシリーズの生産を計画。搭載Macは2025年以降

  • TSMCはApple向けのMシリーズに3DFabric技術を採用する計画。
  • この技術を搭載したMシリーズのMacは、早くても2025年以降に発売されると予想。
  • Appleは、競合他社よりも2nmプロセスのウエハーを安く購入できる可能性が高い。
3DFabric技術の詳細
  • 3DFabricはTSMCの独自技術で、「CoWoS」「InFO」「TSMC-SoIC」の3つの技術から構成される。
  • この技術により、複数のチップレットを組み合わせて1つのパッケージとして設計でき、チップ設計の自由度が増加。
AppleとTSMCの関係についての追加情報
  • TSMCは2025年に2nmプロセスでの生産を開始し、その初のチップはAppleシリコンになると伝えられている。
  • Appleは2nmウエハーを、QualcommやMediaTekよりも安価に購入できる見通し。
  • DigiTimesによれば、TSMCの3nmプロセス「N3B」の生産コストは高く、次世代の2nmプロセスのウエハーは1枚あたり25,000ドルで、3nmよりも25%高い。
  • それにも関わらず、AppleはTSMCから2nmウエハーについての割引を受ける可能性がある。

MacBook Proのモジュラー化の特許

  • Appleが「MacBook Pro」のモジュラー版の開発を検討中であることが新しい特許から明らかに。
  • 「Mac Pro」のアップグレード可能なコンポーネントを超えたモジュラー型の「MacBook」が検討されている。
  • モジュール化される部分には、キーボード、トラックパッド、ディスプレイ、およびそれらを接続するヒンジが含まれる。
追加情報/補足
  • 特許では、マグネット接続を利用してディスプレイやキーボードなどの電気デバイスにコンピューティングデバイスのベースが対応する方式が説明されている。
  • Apple Insiderによると、このデザインはMicrosoftの「Surface」製品と似ている。
  • モジュラー型デバイスは消費者と企業の双方にメリットがある。消費者は部品の交換が簡単でコストを節約でき、企業は多くの部品を消費者に販売するチャンスが増える。
  • Appleの特許によると、モジュラー型のMacBookはタブレット、ノートPC、デスクトップPCの3つの形態を持つ単一のデバイスとしての可能性が示唆されている。

Samsungの新製品イベントとApple向けのフレキシブルディスプレイ開発

  • Samsungは7月下旬に韓国で新製品イベントを開催予定。Galaxy Z Fold 5やGalaxy Z Flip 5の発表が予想される。
  • SamsungはApple向けのフレキシブルディスプレイの開発を進めていると公然と認めた。大型のフレキシブルディスプレイで、MacBookやiPad向けの可能性が指摘されている。
  • Samsungの幹部は、折畳式機種が市場全体で成功するためにはAppleが折畳式機種を商品化することが「必要」との立場を示している。
追加情報/補足
  • SamsungのGalaxy S23 Ultraは上半期に登場した機種の中で高い安定性を誇るとされている。
  • Appleは2025年にフレキシブルディスプレイを採用したMacを発表し、2026年に発売するとの情報があるが、この動きだけで市場が一気に活性化するとは考えられない。

M3チップ搭載のMac製品に関する最新情報

  • AppleはM3チップを搭載したMacの開発を進めているとの噂が存在。
  • ジャーナリスト、マーク・ガーマン氏からのレポートにより、Mac miniとハイエンドのMacBook Proの発売時期が注目されている。
  • M3チップ搭載のMac mini、14インチ、および16インチのMacBook Proは2024年に発売される可能性。
今後のApple製品の発売予定
  • 9月:新しいApple Watch, iPhone 15, および15 Proのラインアップ発表予定。
  • 10月:新しいM3チップを搭載した次世代のiMac、13インチMacBook Air、および13インチMacBook Proの発表の可能性。
ガーマン氏による追加情報
  • 今年後半に発売されるM3チップ搭載のMac製品の第一弾には、Mac miniやハイエンドのMacBook Proは含まれない。
  • M2チップ搭載Mac miniの発売がM1バージョン導入から2年以上経過してからであり、AppleはMac miniの毎年の更新を必要としていないとの見解。
  • M3チップ搭載Mac miniの登場は早くても2024年末までと予想。
  • 次世代の14インチおよび16インチMacBook Proは、M3 ProチップとM3 Maxチップを搭載すると予想され、2024年半ばまでに発売される可能性。

新型M2 MacBook Airの特徴

  • MacBook Air 15インチが発表され、M2チップ、18時間のバッテリーライフを搭載し、薄くて軽い「Air」らしい特性が特徴。
  • 1.2cmの厚さと1.5kgの重さで、スケッチブックのような感覚で持ち運べる。
  • MagSafe充電ケーブルが再度採用されており、アナログ感がAppleの特徴として取り入れられている。
詳細な仕様とレビューまとめ
  • 新型MacBook Airは、初代MacBook Airの「世界最薄ラップトップ」というDNAを引き継いでいる。
  • MagSafe以外にもThunderboltが2つとヘッドフォンジャックが1つのポートを搭載。
  • 付属品として、デュアルUSB-Cポート搭載の35Wコンパクト電源アダプタが同梱。これにより、MacとiPhoneを同時に充電することが可能。
  • 画面周りのノッチは2020年のMacBook Proと比べて約2分の1のサイズになり、作業効率の向上に寄与。
  • 15インチの画面は、13インチユーザーにとっても非常に快適で、アイデアがどんどん湧いてくると感じる。
  • Liquid Retinaディスプレイを採用し、その美しい表示が魅力。
おすすめポイント
  • 新型M2 MacBook Airの最大の特徴は、15インチの大きな画面サイズを保ちながら、軽量で持ち運びにストレスがない点。
  • 画面の広さはアイデアを広げる上での効率化に繋がり、デジタルなスケッチブックのような感覚を持てる。
  • 13インチ版も存在するが、15インチの方が明確におすすめされている。

20.25インチ折りたたみMacBookのディスプレイ開発情報

  • Samsungが社内イベントでApple向けの折りたたみOLEDディスプレイの開発を発表した。
  • Appleの要求基準を満たすための折りたたみディスプレイの開発課題がSamsungから明かされた。
  • Appleの20.25インチの折りたたみMacBookは2026年に発売予定との噂がある。
折りたたみOLEDディスプレイの開発課題
  • 折りたたみ時に生じるディスプレイの皺による損傷を排除する。
  • 折り目の目立たせない設計。
  • 圧縮応力を向上させ、ディスプレイの割れや傷に対する耐久性を強化。
  • 折りたたむ際の力の最適化。
  • ペンなどがディスプレイに落下した際の耐久性を向上させる。
追加情報/補足
  • 折りたたみMacBookは20.25インチのOLEDディスプレイを搭載すると報道されている。

Macbookの新製品情報

MacBook Proが新登場

パワー & パフォーマンス:
  1. M2 Proチップ:
    • 最大12コアのCPU
    • 最大19コアのGPU
    • 最大32GBのユニファイドメモリ
    • 200GB/sのメモリ帯域幅
    • 画像の編集、計算流体力学シミュレーション等、高負荷のタスクに対応
    • 最大2台の外部ディスプレイに対応
    • 最大23ストリームの4K ProResビデオ再生
  2. M2 Maxチップ:
    • 12コアCPU
    • 最大38コアのGPU
    • 最大96GBのユニファイドメモリ
    • 400GB/sのメモリ帯域幅
    • 最大4台の外部ディスプレイに対応
    • 最大10ストリームの8K ProResビデオ再生
  3. macOS VenturaがAppleシリコンの性能を最大限に引き出し、マルチタスキングがスムーズ。
デザイン & ディスプレイ:
  1. Liquid Retina XDRディスプレイ: 明るさ、コントラスト、HDRカラーグレーディング、写真、デザイン等に優れている。
  2. ProMotion技術: 最大120Hzのリフレッシュレートでスムーズな操作。
  3. 薄型ディスプレイ設計、ミニLED技術を採用。
バッテリー & 効率:
  1. 16インチモデル:
    • 最大22時間のビデオ再生
    • 最大15時間のワイヤレスネットサーフィン
  2. 14インチモデル:
    • 最大18時間のビデオ再生
    • 最大12時間のワイヤレスネットサーフィン
  3. Appleシリコンの電力効率のおかげで、ファンの起動がほとんど不要。
ストレージ:
  1. オールフラッシュストレージアーキテクチャを採用。
  2. 最大8TBのSSDストレージを提供。
カメラ & サウンド:
  1. 1080pカメラ: 明るい絞りと大きな画像センサーを搭載。
  2. スタジオ品質の3マイクアレイ。
  3. 6スピーカーサウンドシステム: フォースキャンセリングウーファー4つ、高性能ツイーター、ドルビーアトモス対応。
接続性:
  1. SDXCカードリーダー、HDMI出力(最大8K対応)
  2. 3つのThunderbolt 4ポート
  3. Wi-Fi 6Eに対応:スループットが最大2倍高速
サイズ & カスタマイズ:
  1. 14インチと16インチのモデルから選択可能。
  2. M2 ProまたはM2 Maxチップでカスタマイズ可能。

このMacBookは、多様なプロフェッショナルな用途や一般的な日常のタスクの両方に対応する高性能なノートブックとして位置づけられています。

各モデルのスペック比較表

特徴/モデルMacBook Air M1MacBook Air M213インチ MacBook Pro M2New MacBook Pro (14インチ/16インチ)
価格134,800円から164,800円から178,800円から288,800円から
仕上げの色スペースグレイ、シルバー、ゴールドミッドナイト、スターライト、スペースグレイ、シルバースペースグレイ、シルバースペースグレイ、シルバー
チップM1M2M2M2 Pro/M2 Max
ディスプレイ13.3インチ Retina13.6インチ Liquid Retina13.3インチ Retina14.2/16.2インチ Liquid Retina XDR
ユニファイドメモリ8GB/16GB8GB/24GB8GB/24GB16GB/96GB
ストレージ256GB-2TB256GB-2TB256GB-2TB512GB-8TB
バッテリー駆動時間最大18時間最大18時間最大20時間最大22時間
特別な機能Touch IDTouch IDTouch Bar & Touch IDTouch ID
このスペックで何ができるようになるか

  1. MacBook Air M1: 基本的な作業、ライトなグラフィック作業やプログラミング、日常のオフィス作業やエンターテインメントに最適。
  2. MacBook Air M2: M1よりも少しパワフルな作業が可能。少し高度なグラフィック作業やプログラミング、動画編集などのタスクをスムーズにこなす。
  3. 13インチ MacBook Pro M2: プロフェッショナルな作業にも対応。動画編集、3Dグラフィックス、大量のデータ処理などの高度なタスクもこなすことが可能。Touch Barでの操作も追加。
  4. New MacBook Pro (14インチ/16インチ): 高度なプロフェッショナル作業に最適。大規模な動画編集、3Dモデリング、ゲーム開発など、最も要求の厳しいタスクもサポート。

直近のMacbookのセール情報

Macbookの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

M1チップ搭載 MacBook AirがAmazonセールに登場

2023/08/16時点での「Apple」の「M1チップ搭載 Apple 2020 MacBook Air」について紹介します。

M1チップ搭載 Apple 2020 MacBook Airの特徴
  • M1チップ搭載モデル
  • 動画編集などのクリエイティブな作業にもおすすめ
  • iPhoneユーザーなら更に便利に使うことができる
価格

「価格は記載されていません」円(税込)

お得度

「具体的な割引率は記載されていませんが、Amazonプライムデーにおいてセール価格で提供されている」

セール期間

「具体的なセール期間は記載されていません」

M1チップ搭載 Apple 2020 MacBook Airのメリット、デメリット
  • アプリケーションの立ち上げが早い
  • 動画編集ソフトの書き出しや読み出しが驚くほど速い
  • 薄型で軽量なので持ち歩きやすい

13インチMacBook Air (M2搭載)がヨドバシでセール

2023/08/16時点でのヨドバシ.comの13インチMacBook Air (M2搭載)について紹介します。

13インチMacBook Air (M2搭載)の特徴
  • M2チップ搭載
  • 13インチサイズ
  • ポイント還元特典付き
価格

198,000円(税込) + 9,900ポイント還元

お得度

「情報に具体的な割引率は記載されていないため、価格とポイント還元を基にして評価を行う必要があります」

セール期間

2023年7月2日(日)まで

13インチMacBook Air (M2搭載)のメリット、デメリット
  • メリット:新世代のM2チップが搭載されているため、高速な処理が期待できる
  • デメリット:情報からは具体的なデメリットは不明

過去機種からの変更・改善点

最新のMacbook、何が変わったのかを端的にまとめていきます。

2023/08/16時点で取り扱っているMacbook

MacBookシリーズ全機種
  • MacBook Air (M1) – 2020年11月発売
  • 13インチMacBook Air (M2) – 2022年7月発売
  • 15インチMacBook Air (M2) – 2023年6月発売
  • 13インチMacBook Pro (M2) – 2022年6月発売
  • 14インチMacBook Pro (M2 Pro/M2 Max) – 2023年2月発売
  • 16インチMacBook Pro (M2 Pro/M2 Max) – 2023年2月発売

最新端末の価格

最新Macbookの価格は以下の通りです。

  • MacBook Air (M1) – 134,800円~
  • 13インチMacBook Air (M2) – 164,800円~
  • 15インチMacBook Air (M2) – 2023年6月発売
  • 13インチMacBook Pro (M2) – 178,800円~
  • 14インチMacBook Pro (M2 Pro/M2 Max) – 288,800円~
  • 16インチMacBook Pro (M2 Pro/M2 Max) – 348,800円~

新端末でできるようになったこと

M1チップ搭載 MacBook Air と M2チップ搭載 MacBook Air の比較
項目M1チップ搭載MacBook AirM2チップ搭載MacBook Air
搭載チップM1M2
ディスプレイサイズ13.3インチ13.6インチ
CPU8コア8コア
GPU7コア最大10コア
ユニファイドメモリ最大16GB最大24GB
ストレージ最大2TB最大2TB
バッテリー最大18時間最大18時間
スピーカー3マイクアレイステレオスピーカー3マイクアレイ空間オーディオ対応の4スピーカーサウンドシステム
重量1.29㎏1.24g
価格(税込)134,800円~164,800円~
カラーバリエーションスペースグレイ・ゴールド・シルバーミッドナイト・スターライト・スペースグレイ・シルバー
新しい機種(M2チップ搭載MacBook Air)の特長とおすすめの用途
  • GPUの強化: 最大10コアのGPUは、グラフィックスや動画編集に関連するタスクを高速に処理できるため、クリエイターやデザイナーにとってメリットが大きい。
  • ユニファイドメモリの拡張: 最大24GBのメモリは、多くのアプリケーションやタブを同時に開いても快適に動作するため、マルチタスクを頻繁に行うユーザーや開発者に適しています。
  • 空間オーディオ対応のスピーカー: 映画や音楽の鑑賞に深みを増すため、エンターテインメントを楽しむユーザーには大きな魅力。
古い機種(M1チップ搭載MacBook Air)のメリット
  • コストパフォーマンス: 価格がM2モデルよりも30,000円安い。日常的な作業やライトな動画編集、文書作成、Webブラウジングなどのタスクには十分な性能を持っている。
  • 十分なパフォーマンス: 普段使いやオフィスワークにはM1チップでも十分。価格と性能のバランスが取れているため、一般的なユーザーや学生にはおすすめ。
  • カラーバリエーション: 一部のユーザーには、M1モデル独自のカラーバリエーション(ゴールド)が魅力的に感じられるかもしれません。

結論: 性能を最大限に引き出したいプロフェッショナルやクリエイターはM2モデルを選ぶと良いでしょう。しかし、日常的な使い方や学業、オフィスワーク程度のタスクには、コストパフォーマンスが高いM1モデルがおすすめです。

MacBook Proモデルの比較
項目M2 MacBook Pro 13.3インチM2 Pro/Max MacBook Pro 14.2インチM2 Pro/Max MacBook Pro 16.2インチ
ディスプレイサイズ13.3インチ14.2インチ16.2インチ
搭載チップM2M2 Pro/M2 MaxM2 Pro/M2 Max
CPU8コア最大12コア12コア
GPU10コア最大38コア最大38コア
ユニファイドメモリ最大24GB最大96GB最大96GB
ストレージ最大2TB最大8TB最大8TB
バッテリー最大20時間最大18時間最大22時間
スピーカーステレオスピーカー6スピーカーサウンドシステム6スピーカーサウンドシステム
重量1.4kgM2 Pro: 1.6kg / M2 Max: 1.63kgM2 Pro: 2.15kg / M2 Max: 2.16kg
価格(税込)178,800円~288,800円~348,800円~
カラーバリエーションスペースグレイ・シルバースペースグレイ・シルバースペースグレイ・シルバー
推薦・違いについて
  1. 13.3インチモデル:
    • 主な特徴: 標準的な性能で、一般的な用途に適しています。
    • おすすめの用途: ウェブブラウジング、オフィス作業、軽いビデオ編集やグラフィックデザイン。
    • メリット: 価格が手頃。一般的なタスクでの性能は十分。
  2. 14.2インチモデル:
    • 主な特徴: ハイエンドの性能。M2 ProとM2 Maxの間で選択が可能。
    • おすすめの用途: プロのビデオ編集、3Dレンダリング、ゲーム開発、高度なプログラミング。
    • メリット: ハイスペックで多くのタスクを同時に処理可能。拡張性が高い。
  3. 16.2インチモデル:
    • 主な特徴: 最も大きなディスプレイと高性能。
    • おすすめの用途: プロフェッショナルなビデオ編集やグラフィックデザイン、大規模な3Dモデリングやレンダリング。
    • メリット: 大きなディスプレイは作業効率を向上させる。ハイエンドのタスクでも快適に作業可能。
総評:
  • 一般的な用途や学生などの軽いタスクの場合、13.3インチモデルが最適でコストパフォーマンスも高い。
  • プロフェッショナルな作業を行う方や、多くのリソースを必要とするソフトウェアを使用する方には、14.2インチまたは16.2インチモデルがおすすめ。特に、ビデオ編集などの作業で大きなディスプレイが必要な場合は16.2インチモデルを選択すると良い。
  • 価格を重視する場合、13インチモデルとMacBook Airの間で選択することが考慮される。冷却ファンの有無や少しの性能差を基に選択を行うと良い。

最新Macbookの基本スペック

スペックに興味がない方にも、「数字の意味合い」についても少し解説しながら、最新Macbookの仕様についてまとめていきます。

また新しいMacbookが発表された際に更新します。

スポンサーリンク

Macbookの中古市場情報が知りたい

2023/08/16現在で、どの世代のMacbookを購入すべきか考えていきます。

最新OSに対応しているMacbook

最新OSに対応しているMacbookについての情報です。OSにさえ対応していれば、最新端末ほどではなくても十分に利用可能な機種だと言えます。

最新OSのMacbook対応リスト

2023/08/16現在のOS対応/非対応リストです。詳細は公式HPをご確認ください。

macOS Ventura に対応しているコンピュータ

MacBook Pro
  • MacBook Pro (16-inch, 2023)
  • MacBook Pro (14-inch, 2023)
  • MacBook Pro (13-inch, M2, 2022)
  • MacBook Pro (16-inch, 2021)
  • MacBook Pro (14-inch, 2021)
  • MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)
MacBook Air
  • MacBook Air (15インチ, M2, 2023)
  • MacBook Air (M2, 2022)
  • MacBook Air (M1, 2020)
MacBook
  • MacBook (Retina, 12-inch, 2017)

注意: 上記のリストは、提供された資料に基づいています。実際のMacOSのサポート状況はApple公式のサイトや関連ドキュメントを参照してください。

最新端末の登場で、中古市場はどう変わる?

Macbookが登場することで、どのMacbookがお買い得になるか情報をまとめていきます。

Macbookのひとつ前の世代「2022年モデル」はお買い得?

調べてみたところでは、最新Macbookのひとつ前の世代である「」に関しては、現在(2023/08/16)のところでは以下のように取引されています。

公式ストア

ちなみに、公式オンラインショップを利用する場合には、楽天リーベイツを利用すると楽天ポイントで還元されてさらにお得です。

当サイトでは楽天リーベイツアプリの掲載を終了しました。

Macbookのセール情報

Macbookを含めたApple製品のセール情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。
スポンサーリンク

比較用、過去のMacbook情報

過去の端末情報をまとめておきます。

スポンサーリンク

まとめ:Macbook、中古も考えるなら「最新モデル」が買い時

新世代が登場したところで、旧世代も含めてMacbookの市場価格が変動しています。

スマホが高額化していることもあり、必ずしも最新機種がお買い得とは言えない中で、自分に合ったMacbookを選んでいくことが大切です。

最後にこのページの内容をまとめておきますので、買い替え・中古売買などの参考にしてみてください。

Macbook、買い換えるならどのモデル?

Macbookの買い替えのポイントとして、まずはどれを買うべきかをまとめます。

最新のMacbookを買うべき人

  • リセールバリューを期待してワンシーズン内の高く売れるうちに買い替えを検討している方
  • 最新端末を持っていないと落ち着かない方
  • 情報系・技術系の仕事をしていて最新機種が必要な方
しろくま
しろくま

もう、性能で言えばスマホは行き詰まっていて、最新機種に買い換えることで新しい体験ができるかって言えば、そうでもなくなってきているよね。

かめ
かめ

ただ、スマホ端末の基礎価格が高額化しすぎていて、中古需要がかなり分厚くなってきているから、もう売却前提で新しいものを買い続けるのもありだな、と思っています。

中古モデルを狙うべき人

  • 少しでもコストを抑えたい方
  • 壊れるまで使う方、壊れる可能性が高い環境で利用する方
かめ
かめ

基本的に、パソコンは賞味期限があるので最新モデルがおすすめ。よほど状態が良いものでも自分でカスタムしづらいMacは中古ではなく最新のものを買っていた方が最終的なコスパが良くなります。

最新Macbookと中古市場、よくあるQ&A

Q
最新のMacbookは「買い」ですか?
A

最新のMacbookを買う場合には、「いつ売るか」を考えるのが大事です。

リセールバリューの高いMacbookの場合は、購入時の価格と数万円も差が出ずに売却することができます。

そのため、あまり長く持ちすぎて中古販売価格が安くなりすぎる場合は最新機種を買うメリットは薄れます。

長く使うMacbookを探している場合には「購入価格でのコスパ」が良い中古モデルを選ぶのが良いと思います。

Q
コスパのいいMacbookモデルはどれ?
A

一つ前の世代であるMacbookが値下がりを見せていますが、2023/08/16時点で言えば「最新モデル」の方がお買い得です。

Macbookはこれから中古市場へ供給が始まるので値下がりはしますが、底値と言えるタイミングを見計らうのは割と消耗します。

「2021年モデルあたり」はほぼ底値なので、中古市場にポンと出たお値打ち品をさっと買ってしまうのが得策だと思います。

Q
Macbookにおすすめの買い替え時期はありますか?
A

Macbookの新モデルが登場するのは、例年イベントで発表されてからですが、Appleデバイスの他の製品に比べてモデルによっていつと明言しづらいのがMacbookです。

ひとつ前のモデルに関しては、中古の供給量は増えるものの、需要も安定しているためすぐに値下がりするわけではありません。むしろ狙うべきはもうひとつ前のシリーズだと言えます。

「Macbook」に関する各種SNSの口コミ・評判など

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「Macbook」と検索できます。

instagramの情報

instagram検索用リンクはこちらです。「Macbook」とタグ検索できます。

「Macbook」に関するリンクリスト

Macbookについて、他のページも参考にしてみてください。

MacBookの関連記事一覧

Apple製品のセールに関する情報

Apple製品の年末〜初売りまでのセール情報をまとめたページはこちら。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

製品ごとにセールをまとめているのは以下。

Appleの最新情報記事一覧

Vision Pro
AirTag
Apple TV
Beats

iPhone端末に関する記事一覧

iPadの関連記事

どれを買うべきか
iPadのおすすめ使い方

AppleWatchの関連記事一覧

HomePodの関連記事一覧

HomePodの設定、最初に知っておくこと

Apple Musicの記事一覧

iCloudに関する記事一覧

ファミリー共有に関する記事

iPhoneのトラブル対策の記事一覧

iPhoneを交換する
バックアップする
MacBook
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「apple apple 電気 bloomberg」に関する最新情報です。

    Apple社内で進められていた電気自動車開発プロジェクトが中止になったと、Bloombergなどの複数のメディアが報じた。Appleは27日、COOのジェフ・ウィリアムズと自動車プロジェクトを統括するバイスプレジデントのケビン・リンチ氏が従業員に中止を伝えたという。これにより、従事していた従業員はAI部門に移籍するか、別のチームに応募することができるか、またはレイオフされる可能性があると報じられている。Teslaのイーロン・マスク氏もこの報道に反応している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPWh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MveWFqaXVtYS8xNTcyMTI3Lmh0bWzSAQA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「コア 2024 登場」に関する最新情報です。

    インテルは、2024年後半にEコアのみで構成される「Sierra Forest」を投入し、2025年にはPコアのみの「Granite Rapids-D」も登場する予定を発表した。Sierra Forestを使用すると1ラック当たりのコア処理性能が最大で2.7倍に向上し、電力管理ソフトウェアと組み合わせることで電力消費を抑えることができる。また、2024年にはGranite Rapidsがサーバ向けに出荷され、2025年にはその派生モデルのGranite Rapids-Dが投入される予定となっている。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2402/26/news116.html

  3. buchikuma-info より:

    「000 000 引き amazon」に関する最新情報です。

    Amazon.co.jpで実施中のAmazon Fireタブレットの期間限定セールでは、対象製品が最大7,000円引きとなっており、3月5日までの期間限定となっています。セール価格の一例として、Fire HD 10 タブレット 32GBが14,980円、Fire HD 8 32GBが10,980円、Fire HD 8 Plus 32GBが12,980円、Fire Max 11 64GBが27,980円などが挙げられています。販売価格は変更される可能性があるため、購入を検討する際は注意が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vYWtpYmEtcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvbmV3cy8xNTcxMjExLmh0bWzSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「ストレス 開発者 apple」に関する最新情報です。

    Apple Watchを着用していたiOSアプリ開発者がストレスにより健康を損ない、医師の指摘で退職し改善したと報じられている。Apple Watchは異常な心拍数を検知して多くの人の命を救っており、心拍数通知機能は10分間の異常を検知する。開発者はApple Watchの通知によりストレスとメンタルヘルスの重要性に気づき、感謝のメールをApple CEOに送ったという。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MjY4L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MjY4L2FtcC8?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「000 000 引き amazon」に関する最新情報です。

    Amazon.co.jpで実施中のAmazon Fireタブレットの期間限定セールでは、対象製品が最大7,000円引きとなっており、3月5日(火)までの期間限定です。セール価格の一例として、Fire HD 10 タブレット 32GBが14,980円、Fire HD 8 32GBが10,980円、Fire HD 8 Plus 32GBが12,980円、Fire Max 11 64GBが27,980円などが挙げられています。販売価格は変更される可能性があるので、購入を検討する際は注意が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vYWtpYmEtcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvbmV3cy8xNTcxMjExLmh0bWzSAQA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「ストレス 開発者 apple」に関する最新情報です。

    Apple Watchを身に着けていたアプリ開発者がストレスによる健康問題を経験し、医師の指摘で退職して改善した事例が報告されている。この開発者は、Apple Watchからの心拍数の通知を受けて自身のストレスやメンタルヘルスに真剣に向き合うきっかけを得たと述べており、Apple Watchの心拍数通知機能が多くの人の命を救っていると報じられている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MjY4L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2MjY4L2FtcC8?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「セール 499 インチ」に関する最新情報です。

    TeclastのAndroidタブレットセールが開催中。Android 14搭載の8インチタブは9,499円で販売中で、10インチタブは13,900円。セール期間は2月27日まで。8インチタブは軽量でWi-Fi6やBluetooth 5.2をサポートし、最新のAndroid 14とwidevine L1に対応。一方、10インチタブはUNISOC T606搭載で、価格は13,900円。ただし、NetflixのHD再生には対応していない。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzAyLzIzL3Bvc3QtNjg4MDgv0gEA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「86 86 アーキテクチャ amd」に関する最新情報です。

    AMDのチップ開発に携わったジム・ケラー氏が、NVIDIAのCUDAとx86アーキテクチャを「沼」と批判しました。彼は、CUDAやx86の下位互換性が開発を複雑にし、パフォーマンスに影響を与えていると指摘しています。また、彼は「基本的に誰もCUDAを書かないし、書いても高速ではない」と述べています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAyMjAtamltLWtlbGxlci1udmlkaWEtY3VkYS1zd2FtcC_SAQA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「つい つい 考える バッテリー」に関する最新情報です。

    山手線内でのモバイルバッテリー炎上事案について考察されたコラムが紹介されています。モバイルバッテリーの普及に伴い、その安全性についての注意が喚起されており、製品の信頼性や安全性を重視する必要があると述べられています。一般消費者が購入する際には信頼できるメーカーの製品を選ぶことが重要であり、特に安全性に関して慎重に選択すべきであると強調されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vbWJwLWphcGFuLmNvbS90b2t5by9tYXJlc3BlcmEvY29sdW1uLzUxNTQ0NDYv0gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「iphone バッテリー バッテリー 交換」に関する最新情報です。

    iPhoneのバッテリー交換に関する記事では、バッテリー交換の手順や準備が必要なことが解説されています。具体的には、データのバックアップやiPhoneを探す機能の設定などが重要であり、修理にかかる時間や代金についても説明されています。記事は4つのポイントに分けられており、バッテリー交換に関する疑問を解決するための情報が提供されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vd3d3Lml6YS5uZS5qcC9hcnRpY2xlLzIwMjQwMjE2LUpZRFNMTDNRTUpIUUpQTFpaSFVVN0lKSklNL9IBUWh0dHBzOi8vd3d3Lml6YS5uZS5qcC9hcnRpY2xlLzIwMjQwMjE2LUpZRFNMTDNRTUpIUUpQTFpaSFVVN0lKSklNLz9vdXRwdXRUeXBlPWFtcA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「ai ai 開発 hd」に関する最新情報です。

    パナソニックHDは、カリフォルニア大学バークレー校、南京大学、北京大学と共同で、屋外での画像認識精度を向上させるための悪天候除去AIを開発しました。この技術は、雨や雪、霧などの悪天候によって画像認識の性能が低下する問題を解決するために、画像からこれらの要素を除去します。このAIは、従来の方法よりも少ないパラメータ数で悪天候をクリアに復元することができます。この技術は、モビリティやインフラ分野など、屋外でのロバストな画像認識が求められる場面で活用されることが期待されています。パナソニックHDは、AI技術の研究・開発を推進し、お客様の生活や仕事に役立つ技術を提供していくことを目指しています。

    https://news.panasonic.com/jp/press/jn240216-1

  12. buchikuma-info より:

    「ipad シリーズ ipad pro」に関する最新情報です。

    2024年にはiPadシリーズ全体が大幅に刷新される可能性があります。新しいiPad Proは有機ELパネルを搭載し、価格は11インチモデルで約14万円からとなる予想されています。また、デザインも刷新され、新しいキーボードアクセサリーも登場する見込みです。これにより、現行のiPad Proよりも高価になるとされていますが、値上げはそれほど大きくないとの意見もあります。デイリーガジェットYouTubeチャンネルでは、UMPCやスマホ、タブレットなどの製品のレビューやインタビューの動画を毎日公開しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzAyLzEyL3Bvc3QtNjgzMzMv0gEA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「カメラ ウェブ ウェブ カメラ」に関する最新情報です。

    手持ちのスマホをウェブカメラとして活用する方法について解説している記事です。AndroidとiOSの最新版では、標準機能を使って簡単にウェブカメラ化することができます。Androidの場合は、USBケーブルを使ってPCに接続し、画面上からウェブカメラモードを選択します。背面カメラや前面カメラ、さらにはカメラモードも選択できます。WindowsやmacOSのカメラアプリを起動すれば、Androidスマホをウェブカメラとして認識できます。iOSの場合は、サードパーティのアプリを使わずにmacOSのウェブカメラとして利用できます。ただし、WiFiを有効にしたまま利用する場合は、ケーブル接続とサードパーティアプリが必要です。おすすめのアプリとしては、DroidCamがあります。このアプリはWindowsとmacOSで利用でき、直感的なダッシュボードから操作できます。ただし、Macでは利用できませんが、iOSからは利用可能です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiS2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMi9ob3ctdG8tdXNlLXlvdXItYW5kcm9pZC1waG9uZS1vci1pcGhvbmUuaHRtbNIBAA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「5000 5000 引き amazon」に関する最新情報です。

    Amazon.co.jpでは、LGから順次発売予定のノートパソコン7製品を5000円引きで購入できるクーポンが配布されています。このクーポンは3月1日まで利用可能で、期間は14日までです。また、LGでは最大2万円のキャッシュバックキャンペーンも行われており、2月1日から4月30日までの購入期間と2月16日から5月15日までの応募期間に利用することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2Nzc0OC5odG1s0gEA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「11 ipad ipad サイズ」に関する最新情報です。

    「QUICKPACK11」は、キズや汚れに強く、iPadに最適な新しいサイズに進化した製品です。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-quickpack11-review2-719239/

  16. buchikuma-info より:

    「mac apple intel」に関する最新情報です。

    Apple Vision Proを使用すると、Macの画面を仮想ディスプレイとして表示させることができます。これにより、FaceTimeやZoomなどのアプリをバーチャル空間で使用したり、大画面で3D映画を楽しむことも可能です。ただし、Intelチップを搭載したMacとAppleシリコンを搭載したMacでは表示時に若干の差が生じることがあります。Appleシリコンを搭載したMacでは最大4K解像度で表示できる一方、Intelチップ搭載のMacでは最大3K解像度に制限があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMi91c2UteW91ci1tYWMtd2l0aC1hcHBsZS12aXNpb24tcHJvLmh0bWzSAQA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「バッテリー バッテリー 冷却 冷却」に関する最新情報です。

    YH Research株式会社は、車載用バッテリー冷却板の世界市場調査レポートを発行しました。このレポートでは、車載用バッテリー冷却板市場の製品定義、分類、用途、企業、産業チェーン構造に関する情報が提供されています。また、市場の開発方針や計画、製造プロセス、コスト構造についても考察されています。さらに、主要な生産地域や消費地域、メーカーの生産と消費に加えて、市場の現在と将来の動向も分析されています。レポートでは競合環境や主要な競合他社のプロファイル、市場ランキングにも焦点が当てられており、技術動向や新製品開発についても説明されています。YH Researchによると、グローバル車載用バッテリー冷却板市場は2023年から2030年にかけて成長し、2024年から2030年の間にCAGRが予測されています。このレポートは、企業や投資家にとって市場の動向や規模を理解する上で重要な参考資料となるでしょう。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vbmV3c2Nhc3QuanAvbmV3cy84NzM3ODI40gEkaHR0cHM6Ly9uZXdzY2FzdC5qcC9uZXdzLzg3Mzc4MjgvYW1w?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「900 セール 機種」に関する最新情報です。

    Teclastのwidevine L1対応の高解像度タブレット3機種がアマゾンでセール開始されました。セール価格は17,900円からで、セール期間は2月4日までです。各機種はwidevine L1に対応し、FullHD以上の解像度のディスプレイを搭載しています。最も高価な機種は23,919円で、ストレージ容量が倍増し、CPUやRAMもアップグレードされています。また、18,900円の機種は薄型ボディで顔認証やmicroSDカードの最大容量が1TBに対応しています。最も低価格な機種は17,900円で、コスパの良いタブレットとなっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzAyLzAyL3Bvc3QtNjc5Mjgv0gEA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「000 セール series」に関する最新情報です。

    秋葉原のワールドモバイル アキバ店では、中古のApple Watchがセール中です。SEからSeries 7までのモデルがあり、価格は8,000円から32,000円までとなっています。セール期間は2月29日までで、動作保証付きの中古品のみの販売です。バンドは別途購入する必要があります。また、セールの条件として、店舗のアカウントをフォローし、対象のツイートをリポストする必要があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzAyLzAzL3Bvc3QtNjgwMzEv0gEA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「2万4000 2万4000 ギフトカード macbook」に関する最新情報です。

    Appleは、対象のMacBookやiMac、iPadを学割で購入すると最大2万4000円分のギフトカードがもらえるキャンペーンを開始しました。例えば、11万9800円の「13インチMacBook Air(M1)」や、14万9800円の「13インチMacBook Air(M2)」、17万9800円の「15インチMacBook Air(M2)」を購入すると2万4000円分のギフトカードがもらえます。学割は大学生、高等専門学校生、専門学校生、さらに進学が決まった生徒や教育機関の教職員が対象で、AppleCare+も学割の対象であり、20%オフになります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2NTcwMC5odG1s0gEA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「スライド 特許 apple」に関する最新情報です。

    Appleがスライド式ボディとフレキシブルディスプレイを搭載したスマートフォンに関する特許を取得したと報じられています。この特許によれば、スマートフォンの本体をスライドさせることで内部のディスプレイを引き出し、画面を大きくすることができるとされています。また、Appleは既にフレキシブルディスプレイを搭載した「折りたたみiPad」の開発も進めており、将来的には折りたたみiPhoneの登場も予想されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vZ2V0bmF2aS5qcC9kaWdpdGFsLzkzODg2My_SAQA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「7000 pro ryzen」に関する最新情報です。

    アスクは、Ryzen Threadripper PRO 7000WXを搭載したオリジナル仕様のデスクトップワークステーション「ASK-GS7A/H13SRA-TF」を発表し、2月に出荷を開始することを発表しました。このデスクトップワークステーションは、Supermicro製のタワー型筐体(CSE-GS7A)を採用しており、AMD TRX50チップセットを搭載したSupermicro製の「H13SRA-TF」マザーボードを装備しています。また、Ryzen Threadripper 7000/PRO 7000シリーズの搭載にも対応しており、標準でRyzen Threadripper Pro 7965WXが搭載されています。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2401/29/news128.html

  23. buchikuma-info より:

    「企業 韓国 バッテリー」に関する最新情報です。

    中国製の動力バッテリーに対する需要が高まっている理由について、米国企業から韓国企業までが中国製バッテリーに引かれているという記事が報じられています。米国政府の対中輸出規制の強化により、中国製バッテリー素材への依存度が高い韓国自動車メーカーは苦境に立たされています。これらの企業は米国政府に対中規制の緩和を求め、中国から主要なバッテリー素材を調達できるようにするよう要望しています。一方、中国の動力バッテリー産業の発展は、世界の自動車産業のグリーン化を推進し、グリーン発展を持続させるための重要なトピックとなっています。一部の米国政治家は、中国製バッテリーを米国の電気自動車のサプライチェーンから排除しようとしていますが、中国のバッテリー産業の技術優位性を考えると、これを阻止することはできないとされています。実際、テスラなどの外国企業も中国企業に緊急の支援を求めており、米国各州も対中協力に積極的な意思疎通を行っています。また、米国企業のテスラも新型電気自動車のバッテリー量産において中国メーカーのサポートを必要としています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vamFwYW5lc2UuY3JpLmNuLzIwMjQvMDEvMjkvQVJUSWlqeXhLbGlEdnF2UWN1NDE1MnowMjQwMTI5LnNodG1s0gEA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「基準 バッテリー 交換」に関する最新情報です。

    国土交通省は、商用電気自動車(EV)のバッテリー交換式に関する国際基準を策定するため、官民組織「カーボンニュートラルセンター」を立ち上げることを発表しました。国交省、経済産業省、環境省、自動車技術総合機構交通安全環境研究所などが関与し、今年中に国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)でバッテリー交換式EVの基準に関する議論を始める予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vd3d3Lm5ldGRlbmpkLmNvbS9hcnRpY2xlcy8tLzI5NjkyNNIBAA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「バッテリー 交換 バッテリー 交換」に関する最新情報です。

    国土交通省は、商用車のカーボンニュートラル達成を目指し、バッテリー交換式EV技術の国連基準化を推進すると発表しました。商用EVでは航続距離や充電時間が課題となっており、バッテリー交換式EVが注目されています。いすゞ自動車と三菱ふそうは、モビリティショーでバッテリー交換式EV技術を披露しています。国土交通省はカーボンニュートラルセンターを立ち上げ、国内外の情報共有や標準化活動と連携し、バッテリー交換式EVの国連基準に関する国際議論を開始する予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vZnVsbGxvYWQuYmVzdGNhcndlYi5qcC9uZXdzLzM3NTI4N9IBAA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「客室 特許 宿泊」に関する最新情報です。

    TradFit株式会社は、フィリピンでも基本特許「客室スマートコントロール」を取得したことを発表しました。この特許技術は、AIスピーカーを使用して宿泊ゲストの要望を受け付け、自動で室内温度や照明などの客室環境を最適な状態に調整するものです。TradFitは音声、AI、IoT技術を活用し、宿泊ゲストの旅行体験を向上させることを目指しています。この特許を活用して、フィリピンを含む東南アジアでの事業拡大を図るとともに、他の特許出願も行って顧客バリューを拡大し、事業成長を目指す予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000160.000033116.html

  27. buchikuma-info より:

    「amd exynos rdna」に関する最新情報です。

    AMDは、RDNA 3アーキテクチャをスマートフォン向けに初めて投入することを発表しました。Samsungの次期モバイルSoCである「Exynos 2400」に採用される予定です。この新しいアーキテクチャは、AMD Radeon RX 7000シリーズの一部であり、高性能なグラフィックス処理を提供します。Galaxy S24シリーズは、AIを活用した新機能も搭載しており、グローバルで発表されました。また、Galaxy S24 Ultraは、コーニングの新しい強化ガラス「ゴリラアーマー」を採用しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDExOS0yODY2MjMzL9IBAA?oc=5

  28. buchikuma-info より:

    「pro アプリ youtube」に関する最新情報です。

    YouTubeとSpotifyも「Visin Pro」向けのアプリ提供をしない意向のようだ。これはNetflixに続く動きである。Visin Proは、iPad版のアプリを開発することで、ネイティブなアプリ体験を提供することができる。しかし、YouTubeとSpotifyはVisin Proに対応する意向を示していないようだ。一方、AppleはVisin Proに対応するアプリを提供しており、Apple MusicやApple TVなどのサービスを利用できる。Visin Proは、ストリーミングサービスの大手企業に対してもアプリ提供を促しているが、YouTubeとSpotifyはまだその意向を示していないようだ。

    https://japan.cnet.com/article/35214104/

  29. buchikuma-info より:

    「15 15 900 40」に関する最新情報です。

    Teclast P40HDは、widevine L1に対応したAndroidタブレットであり、15,900円でセールが開始されました。このタブレットは、10.1インチの1920×1200のIPSディスプレイや8GBのRAM、128GBのストレージを搭載しています。また、Android 13を搭載し、13MPのリアカメラと5MPのフロントカメラ、GPS、デュアルnano SIMスロットなどの機能も備えています。セール期間は1月20日までで、36%の割引が適用されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzAxLzE5L3Bvc3QtNjc0NTcv0gEA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「ai ai data amd」に関する最新情報です。

    タイトル: Apple、AMD、Qualcommの数百万のGPUに欠陥があり、AIデータが漏洩する可能性がある
    見出し: Apple、AMD、Qualcommの数百万のGPUに欠陥があり、AIデータが漏洩する可能性がある、関連記事もご覧ください…
    トピック1:
    トピックのキーワード: AI、データ、AMD、Qualcomm、Apple、漏洩
    トップの段落:
    エンティティ: 12:00 AMD Could Expose AI Dataパッチを当てることは、グラフィックス処理ユニット(GPU)とチップメーカーが高速にデータを処理するために必要ですが、それらはデータプライバシーを優先して設計されていません。セキュリティ企業Trail of Bitsによると、GPUは5メガバイトから180メガバイトの範囲でデータを漏洩させる可能性があります。攻撃者がGPUメモリを悪用するためには、すでにアクセス権限を持っている必要があります。しかし、データを共有することなく処理リソースを分離するように設計されたコンピュータやサーバーでは、他のデータにアクセスすることはできません。しかし、研究者たちは、GPUメモリにアクセスできる攻撃プログラムを実証しました。研究者たちは、7つのGPUメーカーの11つのチップと対応する複数のフレームワークをテストしました。彼らはAMD、インテル、AMDのチップ

    https://www.wired.com/story/leftoverlocals-gpu-vulnerability-generative-ai/

  31. buchikuma-info より:

    「id amazon face」に関する最新情報です。

    iPhoneのTouch IDやFace IDを利用してセキュリティを強化できるアプリ7選が紹介されています。この中にはLINEやPayPay、Amazonなども含まれています。アプリをロックすることの重要性も強調されています。具体的な設定方法や、LastPassというアプリについても触れられています。

    https://www.lifehacker.jp/article/2401-iphone-apps-lock-touch-face-id/

  32. buchikuma-info より:

    「amd 搭載 搭載 高性能」に関する最新情報です。

    MINISFORUMは、世界初のAMD AI搭載高性能Windows 3 in 1タブレット「V3」をCES2024で出展しました。このタブレットは、AMDのフラッグシップCPUとAIエンジンを搭載しており、高性能なパフォーマンスを実現しています。また、3月末からこのタブレットの予約が開始される予定です。MINISFORUMは、グラフィックスカード搭載の高性能ミニPC「HX200G」や、ミニワークステーション「MS-01」なども展示しています。これらの製品は注目されており、重量級の製品として期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNzE5MzQzL9IBAA?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「14 over over time」に関する最新情報です。

    ダイアモンドヘッド株式会社は、「OVER TIME® 14インチ ポータブル スマートTV OT-PST14TE」を2024年1月下旬に発売すると発表しました。このポータブルテレビは、動画配信サービスや地デジ放送を楽しむことができます。Android機能を搭載しており、ストリーミングサービスやGoogle Chromecastなどの機能にも対応しています。また、スピーカーや音声対応のリモコンなども備えており、家庭用のAC電源や車のDC電源、内蔵バッテリーで使用することができます。さらに、据え置きや壁掛け、車載など、3つのスタイルに対応しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000344.000010374.html

  34. buchikuma-info より:

    「apple 米国 pro」に関する最新情報です。

    Appleは、空間コンピュータ「Apple Vision Pro」を米国市場で2月2日に発売する予定です。価格は3499ドル(約50万円)となっています。また、2023年6月に開催される開発者イベントWWDCでの発表を経て、2024年初旬に米国市場での販売が開始される予定です。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/09/news085.html

  35. buchikuma-info より:

    「50 50 超え amazon」に関する最新情報です。

    Amazonの初売りセールでは、ソニーやレグザの50V型以上の4Kテレビが大幅に値引きされています。これはお得な機会ですので、テレビを買い替えたい方にはおすすめです。

    https://www.lifehacker.jp/article/amazon-timesale-fes-2024-0106-4/

  36. buchikuma-info より:

    「ニュース 一気 公開」に関する最新情報です。

    Windows 11のシェアは伸び悩んでいるようです。StatCounterやSteamの調査によると、2023年12月時点でのWindows 11のシェアは26.54%で、10月のデータと比べてほとんど変化がありませんでした。さらに、2023年6月から10月までの間にWindows 11のシェアは2.53ポイント減少し、Windows 7のExtended Security Update(ESU)が2023年1月に終了したこともあり、Windows 7のシェアが吸収される動きが目立っています。Windows 11のシェアが伸び悩んでいる状態が続いているようです。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2401/07/news023.html

  37. buchikuma-info より:

    「50 50 超え amazon」に関する最新情報です。

    Amazonの初売りセールでは、ソニーやレグザの50V型以上の4Kテレビが大幅に値引きされています。これは注目のセールであり、テレビを購入する絶好の機会です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS9hbWF6b24tdGltZXNhbGUtZmVzLTIwMjQtMDEwNi00L9IBAA?oc=5

  38. buchikuma-info より:

    「2024 ストーン パワー」に関する最新情報です。

    ハワイ発の天然石アクセサリーブランド、マルラニハワイが2024年開運パワーストーンブレスレット「KUOKOA~自由」を発売開始しました。このブレスレットはハーキマーダイヤモンドやブラックルチル、クラスターイン水晶などのパワフルな水晶とラブラドライトで作られており、重厚なデザインとモノトーンカラーが特徴です。ユニセックスで使いやすく、自分自身の開運やお守りとしておすすめです。価格は18,000円からで、素材は天然石と真鍮メッキパーツです。また、マルラニハワイはパワーストーン辞典も提供しており、願いや誕生石に合わせてブレスレットを選ぶことができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001266.000006302.html

  39. buchikuma-info より:

    「発表 samsung イベント」に関する最新情報です。

    サムスンは1月17日に開催されるイベントで、「Galaxy AI」を搭載した「S24」シリーズを発表する予定です。このイベントはカリフォルニア州サンノゼで行われ、日本時間の18日午前3時にライブ配信されます。以前に予告された「Galaxy AI」は、ハードウェアとして「S24 Ultra」という仮称の製品が発表されると予想されています。また、昨年11月には「Galaxy AI」に関連するチャットボットのリリースも行われており、今回のイベントでAI搭載の新端末が登場する可能性があります。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/03/news039.html

  40. buchikuma-info より:

    「予想 2023 apple」に関する最新情報です。

    2023年のAppleの新製品予想の的中率は約50%であり、11カ月前の予想と実際の結果を確認することができました。2023年中に発表が予想された製品とその結果を確認しました。また、2024年中に発表が予想されている製品についても言及されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcxMjEzL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcxMjEzL2FtcC8?oc=5

  41. buchikuma-info より:

    「2025 2025 年後半 ev」に関する最新情報です。

    日産は、2025年後半にバッテリーEV専用車として新しいスカイラインを世界デビューさせる予定です。この新型スカイラインは、EV・SUVのアリアe-4ORCEと同じEVパワートレーンを採用し、前後にモーターを搭載して駆動を統合制御します。出力は約400PS(約294kW)で、AWD(全輪駆動)の電気モーターを採用しています。この新型スカイラインのデビューは、日本でのワールドプレミアとなります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiUWh0dHBzOi8vY2Fydmlldy55YWhvby5jby5qcC9uZXdzL2RldGFpbC9iOGJkNjJlMDkwNzliODJjOTUyODY1ZWFjZTE2NzExYjRjMGJiNTcxL9IBAA?oc=5

  42. buchikuma-info より:

    「アムコー 米国 tsmc」に関する最新情報です。

    半導体後工程のアムコー・テクノロジーが米国に新工場を建設することが発表されました。この新工場の最初の仕事は、台湾のTSMCが製造するApple向けのチップのパッケージングとテストです。アムコーはアリゾナ州に工場を建設し、2025年に稼働を開始する予定です。このプロジェクトは米国政府の半導体産業振興策であるCHIPS法に基づく助成金を申請しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9jb2x1bW4vMTgvMDAwMDEvMDg3MTMv0gEA?oc=5

  43. buchikuma-info より:

    「シリーズ 電力 電力 シリーズ」に関する最新情報です。

    シマノは、電動リール専用バッテリー「電力丸シリーズ」の製造に不具合があることを発表しました。この不具合の理由は、バッテリーの一部において、使用中に異常発熱が発生する可能性があるためです。対象となる電力丸シリーズのバッテリーを持っている方は、使用をやめて回収し、無償で交換することができます。詳細な申し込み方法は、シマノ公式ページで確認してください。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIWh0dHBzOi8vZ3Vub3N5LmNvbS9hcnRpY2xlcy9lRUVZbtIBAA?oc=5

  44. buchikuma-info より:

    「apple mr pro」に関する最新情報です。

    2023年12月21日に公開された記事によると、Appleは来年2月に米国で待望のMRヘッドセット「Vision Pro」を発売する予定です。このデバイスは複合現実技術を利用し、ユーザーに没入感のある体験を提供します。ただし、日本での発売は2025年になる可能性があります。また、この商品はかなり大掛かりなディスプレイを備えており、レンズの処方やカスタマイゼーションなどのサービスも提供される予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcwNDQ2L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcwNDQ2L2FtcC8?oc=5

  45. buchikuma-info より:

    「pro ryzen ryzen pro」に関する最新情報です。

    NECのVersaPro J UltraLite タイプVCは、AMDのRyzen PROプロセッサを搭載した13.3型の薄型軽量モバイルノートPCです。このモバイルノートPCは、ハイブリッドワークを快適に行うための機能や装備を備えており、約971gという軽量なボディーも特徴です。また、頑丈さも兼ね備えており、ビジネスシーンでの使用に適しています。最新のRyzen PRO 7000シリーズのプロセッサを搭載したモデルもあり、ビデオ会議やサウンド機能、キーボードなどの機能もブラッシュアップされています。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2312/21/news078.html

  46. buchikuma-info より:

    「jic jic 売却 ハード」に関する最新情報です。

    富士通は、半導体事業からの撤退を進めており、新光電工をJICに売却することを決定しました。この売却は、8年前からほのめかされていたものであり、富士通の再編の焦点となっています。富士通は、ハードウェアとの切り離しを進め、半導体事業以外の分野に注力する方針です。今後の再編の焦点は、どのような方向性を持つのか注目されています。

    https://toyokeizai.net/articles/-/722726?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  47. buchikuma-info より:

    「samsung samsung 自己 プログラム」に関する最新情報です。

    Samsungは、自己修理プログラムの対象に折りたたみ端末を追加しました。2022年に発売されたGalaxy Z Flip5やGalaxy Z Fold5などの折りたたみ端末が、修理プログラムの対象となります。これにより、ユーザーは自分で修理を行うことが可能となります。Samsungは、スマートフォンやタブレットなどの修理プログラムを提供しており、折りたたみ機構を備えた端末もその対象に加わりました。これはSamsungが自己修理プログラムに折りたたみ端末を初めて追加したことです。修理対象になるのは、画面や背面ガラス、充電ポート、スピーカー、SIMトレイ、サイドキー、ボリュームキーなどの部品交換が可能です。また、GalaxyノートPCやGalaxy Bookなどの修理も対象となっています。これにより、ユーザーは純正部品を利用して自力で修理を行うことが認められています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiU2h0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyMzEyMjAtc2Ftc3VuZy1zZWxmLXJlcGFpci1wcm9ncmFtLWluY2x1ZGluZy1mb2xkYWJsZXMv0gEA?oc=5

  48. buchikuma-info より:

    「楽天 セール 公式」に関する最新情報です。

    LiTime楽天公式店は1周年を迎え、楽天大感謝祭を開催します。セールではLiFePO4バッテリーやアクセサリーなど、年末までのすべての商品がビッグセールとなります。セール期間は2023年12月18日の18時から12月26日の23時59分までと、12月27日の0時から12月31日の23時59分までとなっています。早い者勝ちのセールとなるため、お見逃しなく!楽天公式サイトで限定クーポンコード「IFOP2H9ZSX4VBNX」を入手することもできます。セール情報や関連リンクは公式サイトで確認できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMTkuMDAwMTEwNjY2Lmh0bWzSAQA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました