PR

iOS17にアップデートするべき?知っておきたい機能など

スポンサーリンク

iOS17の情報をまとめています。iPhoneの購入などの判断や、新機能を調べる際にご活用ください。

アップデート時の注意点や「そもそも、アップデートしない方がいいんじゃないの?」という疑問に答えられるような情報をまとめていきます。

かめ
かめ

OSのメジャーアップデートはエラーが多いので、急いでいない方はとりあえず様子見がベター。

しろくま
しろくま

すでにアップデートに失敗して困っている方への情報もまとめたので、お役に立てれば嬉しい限り。

3行でわかる「iOS17」
  • ゲームモードが気になる
  • 書類関連の処理が簡単にできるようになる
  • グループ内のパスワード機能がうっかり大変なことになりそう
スポンサーリンク

iOS17の新機能「何が変わるか」

まずは、iOS17で実装された「これはみんなのためになる!」という機能を厳選してお届けします。

変更点概要

  1. Safariのプロファイル機能
    • 仕事やプライベートを分けてブラウジング可能。
    • タブグループ、履歴、拡張機能、Cookie、お気に入りまで分けることができる。
    • 履歴などを残さないプライベートブラウズに高度なトラッキングからの保護やiCloudプライベートリレーを活用したプライバシー強化。
  2. メール認証コードの自動入力機能
    • SMS/メッセージアプリ以外に、メールアプリで受信した認証コードも自動入力が可能。
  3. グループでのパスワード共有機能
    • 信頼できる連絡先とパスワードを共有。
    • 共有する際はアカウントを選択してグループを作成。
    • 最新のパスワードがグループ内の全員に共有される。
  4. PDF機能の拡張
    • 機械学習による入力項目の認識で自動入力。
    • 紙の書類をPDF化可能。
    • 手書きの署名追加やApple Pencilでの入力対応。
    • ファイルアプリでの保存やメールでのPDF送信が可能。
    • メモアプリでのPDFの整理・閲覧・注釈・共同作業対応。
  5. ロック画面の文字の太さ調整機能
    • iOS 17で文字の太さを自由に変更可能。
  6. AirTagの共有機能
    • 持ち主と招待された人が1つのAirTagの位置情報を共有可能。
    • 共有機能を利用すると、子どものみまもりとしてAirTagが使用可能。
  7. AirPodsの「アダプティブオーディオ」機能
    • 「アクティブノイズキャンセリング」モードと「適応型外部音取り込み」モードの組み合わせ。
    • 通話や音楽を聴く際のノイズ低減と必要な音の取り込み。
    • 通話中にステムを押すだけでのミュート/ミュート解除。
    • デバイスへの自動接続/スイッチ速度の向上。

最新OS機能:「iOS17ベータ5の新機能」

最新OSの情報「iOS17ベータ5」について紹介します。

ヘルスケアアプリの「心の健康」記録
  • 心の健康を記録する機能の調整
  • 新たなグラフィックの追加
  • 気分によって色やシンボルが変わる機能
Safariのプライベートブラウズモードの新機能
  • プライベートブラウズモードを立ち上げた際の新たな画面の表示
  • プライベートブラウズモードのロック機能
  • Face IDやTouch ID、パスコード入力が必要となるセキュリティ機能
Siri Remoteの場所を探す機能
  • コントロールセンターでの新たなポップアップの表示
  • Siri Remoteの位置をiPhoneで探すことができる機能(現在はβ版で未実装)
ショートカットアプリのアップデート
  • Safariを検索した際の異なるアイコンの表示
  • 「Webを検索」「URLを開く」などの目的に応じたアイコンの設定
目的地への到着を大切な人に通知(Check In)機能
  • 目的地到着時の友人や家族への自動通知機能
  • Limited(一部の情報共有)とFull(全情報共有)の選択肢
  • 位置情報やバッテリー残量などの詳細情報の表示
App Storeの表示変更
  • アプリダウンロードボタンの表示が大文字から大文字と小文字の組み合わせに変更
  • 例:GETからGet、OPENからOpenへの変更
Live Voicemail(アメリカとカナダのみ)
  • 録音メッセージがリアルタイムで文字に変換される機能
  • 相手側に表示されるメッセージがわかりやすくなった変更

注意:Live Voicemail機能は、アメリカとカナダのユーザー、および英語のみに対応しています。

新機能:ゲームモード

新機能「ゲームモード」について紹介します。

ゲームモードの特徴

  • ゲーム向けのハードウェアリソースが優先される
  • ゲームがよりスムーズに実行可能
  • Bluetoothの遅延が大幅に短縮され、AirPodsやBluetoothコントローラーの利便性向上

ゲームモードの活用術

  • ゲームプレイ中により迅速なリアクションと反応速度を実現するための活用
  • Bluetoothデバイスとの連携をスムーズにすることで、ゲーム体験の向上

新機能:「連絡先ポスター」

新機能「連絡先ポスター」について紹介します。

連絡先ポスターの特徴

  • お気に入りの写真や好きなフォントを使ってポスターを作成可能
  • 日本語と中国語では縦書きのレイアウトにも対応
  • 電話をかけたときに相手のiPhoneの受話画面や連絡先に表示

連絡先ポスターの活用術

  • 個性的な受話画面を設定して、相手に自分のオリジナリティをアピール
  • イベントやお祝いの際に特定のポスターを作成し、参加者や相手にサプライズを提供
  • ビジネスの際に、プロフェッショナルなポスターを設定して第一印象を高める

新機能:「音声通話のリアルタイム文字起こし」

新機能「音声通話のリアルタイム文字起こし」について紹介します。

音声通話のリアルタイム文字起こしの特徴

  • 通話内容を文字で確認できる
  • オンデバイスで動作するため安全・安心
  • 不明な電話番号の着信を拒否するオプションが活用可能

音声通話のリアルタイム文字起こしの活用術

  • 通話内容を確認しながら、メモや情報の確認を効率的に行う
  • 音声通話中のミスアンダースタンドを減少させる
  • スパム電話を適切に処理し、必要な情報だけを取得

新機能:「Safariのプロファイル機能」

新機能「Safariのプロファイル機能」について紹介します。

Safariのプロファイル機能の特徴

  • 仕事やプライベートを分けてブラウジングが可能。
  • タブグループ、履歴、拡張機能、Cookie、お気に入りまで分けることができる。
  • 履歴などを残さないプライベートブラウズに高度なトラッキングからの保護やiCloudプライベートリレーを活用したプライバシー強化機能が追加されています。

Safariのプロファイル機能の活用術

  • 仕事用とプライベート用のブラウジングを分けて、情報の混在を避ける。
  • セキュリティ向上のために、特定の拡張機能やCookieを仕事用プロファイルのみで使用する。

新機能:「メール認証コードの自動入力機能」

新機能「メール認証コードの自動入力機能」について紹介します。

メール認証コードの自動入力機能の特徴

  • SMS/メッセージアプリ以外に、メールアプリで受信した認証コードも自動入力が可能。

メール認証コードの自動入力機能の活用術

  • サービスのログインや確認作業の際に、自動で認証コードを入力し、作業の効率を向上させる。

新機能:「スタンバイ」

新機能「スタンバイ」について紹介します。

スタンバイの特徴

  • iPhoneがスマートディスプレイ化する機能で、充電中のロック画面に情報を表示。
  • ウィジェット機能があり、時計やカレンダー、フォトアルバムなどを表示できる。
  • Siriが活用でき、天気、ニュース、新しい予定の追加、音楽やポッドキャストの再生などが可能。

スタンバイの使い方・設定に関すること

  • 起動方法は、iPhoneを横向きにして充電するだけ。MagSafeだけでなく、一般的なワイヤレス充電器(Qi対応)やケーブルでの充電でもOK。
  • 「設定」アプリに「スタンバイ」項目があり、こちらから機能のオン・オフや、常時表示のオン・オフなどを変更できる。
  • ウィジェットは長押しで追加・削除が可能。上下スワイプでウィジェットを切り替え、左右のスワイプで画面を切り替えられる。

iOS 17 に関連する新着ニュース

iOS 17に関連したニュースをまとめておきます。

iOS17リリース後、iOS16ユーザーのセキュリティリスクが明らかに

「2023年10月3日」の、Appleデバイスのセキュリティアップデートに関する情報をお届けします。

  • iOS17がリリースされたが、未アップデートのiOS16ユーザーは脆弱性のリスクが存在。
  • 2つの主要なセキュリティの脆弱性が修正された。1つはImageIOに関連し、悪意のある画像を通じて任意のコードが実行される可能性。もう1つはWalletアプリに関連し、悪意のある添付ファイルを通じて任意のコードが実行される可能性。
  • 対象のデバイスには、iPhone 8以降、iPad Pro全モデル、iPad Air 3世代以降、iPad 5世代以降、iPad mini 5世代以降、Apple Watch Series 4以降、および一部のMacsが含まれる。
脆弱性の詳細と影響
  • ImageIOの問題では、悪意のある画像が送信されると、攻撃者が被害者のデバイスを制御する可能性がある。
  • Walletアプリの問題では、悪意のあるパスをWalletに追加することで、攻撃者が被害者のデバイスを制御する可能性がある。
対象となるデバイスと修正パッチの情報
  • Appleは、iPhoneとiPadの脆弱性に対するパッチとしてiOS 16.6.1とiPadOS 16.6.1をリリース。
  • Macsに対してはmacOS Ventura 13.5.2が、ImageIOの脆弱性に対するパッチとしてリリース。
  • Apple Watch Series 4以降にはwatchOS 9.6.2が、Walletの脆弱性に対するパッチとしてリリース。
早急なアップデートの必要性
  • Appleは、これらの脆弱性が悪用される可能性があると報告している。
  • 未修正のデバイスを悪用する方法を攻撃者が知っている可能性があるため、すぐにアップデートをダウンロードしてインストールすることが推奨されている。

「iOS 17」の地味だが便利なオススメ機能10選

2023.09.28の、iOS 17の新機能に関する情報をお届けします。

「iOS 17」使いこなせてる?地味に助かるオススメ機能10選 | ライフハッカー・ジャパン
話題となっているiOS 17のうれしい機能10選についてご紹介します。
  • iOS 17はiPhone XR以降のすべてのデバイス、iPhone SE(第2世代以降)も含む、と互換性がある。
  • 今回のiOS 17のアップデートでは、初見では大きな変更はわかりにくいが、多数の新機能や改善点が導入されている。
  • 以下に、特に便利で注目すべき10の機能を挙げます。
1. 通話相手に表示される「連絡先ポスター」
  • 視覚化された連絡先カードで、自分らしさを表現したポスターが作成可能。
  • iPhoneユーザー同士の通話時に表示される。
  • 名前、電話番号、ミー文字も表示可能で、フォントサイズやスタイル、色のカスタマイズも可。
2. 留守番電話を文字起こし
  • 「ライブ留守番電話」機能で、留守電をリアルタイムで文字起こし。
  • 知らない番号からの着信のスクリーニングが可能。
3. FaceTimeメッセージを残せる
  • FaceTimeの通話相手が応答しない際に、映像や音声のメッセージを残せる。
4. 「無事に着いた」と大切な人に伝えられる
  • 「Check In」機能で、特定の場所に到着した際に自動で通知。
  • 安否確認や、到着予定時刻の通知も。
5. 直接操作できるウィジェット
  • iOS 17でインタラクティブウィジェットが導入。
  • ホーム画面やロック画面から直接アプリの操作が可能。
6. 使っていない時は「スマートディスプレイ」に
  • スマートディスプレイ機能で、充電中のiPhoneが情報表示用のディスプレイに。
  • 時計や写真の表示、ライブアクティビティの情報などが一目で確認できる。
7. もう「ヘイ」はいらない
  • Siriを起動する際に「ヘイ」という呼びかけが不要に。
  • 連続したコマンドも受け付けるように改善。
8. 新しい着信音
  • 10年ぶりの着信音の追加。
  • 20種類以上の新しい着信音が導入されている。
9. カメラ機能も少し向上
  • iPhone 13シリーズ以上で、ポートレートモードのフォーカス位置を調整可能。
10. 通話終了ボタンの場所
  • 通話終了ボタンは最終的に下の中央に配置。

iPhoneでの「Google ToDo リスト」ウィジェット表示機能

2023年9月21日の、iPhoneとGoogle ToDo リストに関する情報をお届けします。

iPhoneで「Google ToDo リスト」をウィジェット表示する方法
仕事やプライベートでやるべきことの管理に、ToDo機能付きのメモアプリやスケジュールアプリを使っている人も多いでしょう。そこで今回紹介するのが、「Google
  • 「Google ToDo リスト」がiPhoneのウィジェット表示に対応。
  • タスク管理が直感的で、簡単に操作できる。
  • ウィジェット表示は正方形と横長の2種類があり、内容に応じて選べる。
ウィジェット表示の詳細
  • 2021年のバージョンアップからiPhoneのウィジェット表示に対応。
  • iOS 16からはロック画面にもウィジェットを配置可能。
  • ウィジェットは長押しで編集可能。表示内容を「マイタスク」からオリジナルリストに変更することも可能。
その他の機能と連携
  • Google ToDo リストはGoogleカレンダーやGmailとも連携可能。
  • 同一Googleアカウントでログインすることで、スマホやパソコンでタスクを共有できる。
ウィジェット表示の手順と操作方法
  • ウィジェットを表示するには、iPhoneのホーム画面で長押し後、左上の「+」をタップ。
  • ウィジェットの表示内容は長押しで編集が可能。
  • ウィジェットからアプリを即起動し、タスクの追加・編集ができる。

iOSアップデートニュース

Apple、iOS 17.0.2とiPadOS 17.0.2を全ユーザー向けにリリース

2023.09.28の、Appleのソフトウェアアップデートに関する情報をお届けします。

  • iOS 17.0.2とiPadOS 17.0.2がリリースされ、全ユーザー向けに利用可能。
  • アップデートにより、他のiPhoneから直接データを転送できなくなるバグが修正。
  • iPhone 15シリーズはすでにiOS 17.0.2にアップデート済みで、他のiOS 17互換デバイスもアップデート可能。
追加情報
  • iPhone 15シリーズには出荷時にiOS17が搭載され、旧機からのデータ転送バグが発生していた。
  • iOS 17.0.2は、「設定」 > 「一般」 > 「ソフトウェアアップデート」から無線でダウンロード可能。
スポンサーリンク

iOS17へのアップグレードで心配なこと

さまざまな新機能が追加され、実際に使ってみたいな、というものもあったと思います。実際に、私は今、現在進行形でアップデートしているところなのですが、これがなかなか、終わらないんですよね。

便利な機能が多数追加されたiOS17ですが、「色々と使い方が変わると戸惑ってしまう」ということも心配ですが、それ以上に起こりうるのが「アップデートのエラー」です。

iOS17へのアップグレードで実際に起こりうること

  • 再起動が繰り返される
  • アップデートが終わらない
  • リンゴマークが終わらない(リンゴループ)
  • iOS17の新機能が実装されない
  • フリーズする、操作不能となる
  • 電源を入れてもすぐにシャットダウンする
  • 特定のアプリが起動しなくなる、アプリを起動するとシャットダウンする

これらの原因は、「アップデートのためのシステムファイルの更新がうまくいかなかった(データが不十分、ダウンロード中に壊れた)という可能性があります。

ぶちくま
ぶちくま

この出来損ないのシステムファイルのせいで、iPhoneがうまく起動できなくなっているばかりか、再インストールもうまくできないケースがあります。

また、システムファイル自体は問題なくても、新しいOSにすることで、バッテリーやメモリの消費が激しくなることで生じる問題もあります。

iOS17のアプデに失敗する原因

  • iPhone上の空き容量が不足している
  • アップデートのダウンロードに時間がかかる
  • アップデートサーバに接続できない
  • アップデートが終わらない

簡単にいえば、「端末の問題」と「回線の問題」があるとされています。端末の問題のほとんどが「データ容量不足」で、新しいOSのデータを起動させるだけのスペースが十分にないことが考えられます。

iPhone、iPad、iPod touch がアップデートされない場合|Apple

失敗しないためには、まずはiPhoneのストレージ確保

アップデート前には、必ず「設定」から「仕様端末のストレージ」を確認するようにしましょう。

ストレージが足りない場合は、iPhone側から「普段使っていないアプリの削除」や「iCloudに移行すべきデータ」などが提案されるので、使い方がよくわからない場合にはストレージ節約方法を検討しましょう。

Apple側のサーバーエラーの可能性もチェック

ネット回線に関するエラーとしては、自分が利用しているネット回線が安定しない、速度が遅いというのがほとんどのエラーの原因になります。

ただ、ごく稀に、Apple側のサーバーがシステム障害などを起こしておりアップデートに必要なデータがうまくダウンロードできない場合があります。この場合は、Apple系のシステム障害が起きていないか確認するという方法もあります。

アップデートが終わらないのはシステムファイルの損傷が原因かも

最近では、アップデート途中のエラーにおいて復旧不可能になることは少なくなりましたが、それでも「アップデートが終わらない」「何度もやり直しになって進まない」という症状は度々みられています。

アプリのアップデートにおいてはアプリを一度アンインストールしてから再インストールすることでリセットできますが、OSのアップデートは、「ソフトウェアを動かす装置」に不具合が起きてしまうことになります。

失敗すると使用iPhoneだけでは復旧できなくなってしまうことがあります。

ぶちくま
ぶちくま

OSは、オペレーションシステムという名前の通り、iPhoneを起動するために必要不可欠な機構なので、これがバグを起こすと一気に復旧不可能となってしまう恐ろしいものなんですね。

そもそものファームウェアが不具合という可能性も

そのため、多くの人はOS(ファームウェア)のアップデートでは一旦様子見をして、他の人が不具合で苦しんでいないかを確認してから、マイナーアップデート(不具合の対処が済んだアップデート)がリリースされてから更新する慎重な対応が求められます。

とはいえ、せっかくの新機能を使わないのも勿体無いし、そもそも「アプデでiPhoneが壊れる」なんてことも知らずにアップデートしてしまった方もいると思います。

もしアップデートでうまく復旧できないという場合にお勧めの方法をお伝えします。

iOS17のアップデートがうまくいくための対処法

先ほど、アップデートがうまくいかない理由として、「アップデートのためのiOS17のシステムファイルのデータが不完全」であるという話をしました。

原因としては、通信障害などで「アップデートのシステムファイルのダウンロードが中途半端に終わる」ことや、利用している端末の容量が不足していたり途中でバッテリーが切れるなどして「システムファイルをうまく展開できない」などの理由が考えられます。

逆にいえば、うまくいくようにするためには「壊れたシステムファイルを除去」した上で、「安全な方法で完全なシステムファイルをダウンロード」し、かつ安定した環境でシステムファイルを端末上に展開する必要があります。

壊れたシステムファイルを除去しよう

まず、ダウンロードしたシステムファイルを展開しようとしても失敗してしまう場合には、おそらく壊れているであろうダウンロードしたシステムファイルを一度削除します。

これは、あくまでも「まだ展開していないシステムファイル」なので、消してしまっても大丈夫です。

アップデート用のファイルを削除する方法
  1. 設定アプリを開く
  2. 「一般」タブを選択する
  3. 「iPhoneのストレージ」を選択する
  4. 利用しているアプリなどの一覧から「iOS 16」というファイルを探す
  5. アップデートを削除する

ちなみに、一般タブから「ソフトウェアアップデート」からでも同様に削除が選択できると思うので試してみてください。

一度削除してから、アップデートを再度試みる場合には、再度「ソフトウェアアップデート」から最新のiOSを入手してください。この時に、必ず良好な通信環境と十分な端末のデータ容量があるかどうかを確認してください。

iPhoneを再起動する

この「アップデート中の再起動」は、対応としては高いリスクがあります。

というのも、「なかなかアップグレードが終わらない、リンゴマークから全く進まない」と感じて、ついつい焦ってiPhoneを再起動してしまうことがあります。

でも、これは「システムファイル更新中に強制終了する」ということになるので、簡単にいえばファイルが破損する一番の原因になります。

ぶちくま
ぶちくま

実は、端末が古くて時間がかかっているだけで、アップグレードはちゃんと進行しているっていうことはよくあるんですよね。焦って電源を落としてしまうのが一番壊れやすい。

ただ、前述の通り、「システムファイルが壊れている」場合にも再起動ループに陥る可能性はあります。その対処としてiPhoneの再起動を試みることは私もトライしたことがあります。

iPhoneの強制終了・再起動の方法

iPhoneの強制シャットダウン、再起動方法はお使いのiPhoneによって異なります。基本的には以下の操作方法になります。

  1. 音量を上げるボタンを押して素早く放す
  2. 音量を下げるボタンを押して素早く放す
  3. サイドボタンを長押し
  4. Appleロゴが表示されたら、ボタンを放す

ちなみに、ただ再起動するだけであれば、音量調節ボタンと再度ボタンの長押しになります。画面操作がまだ可能な場合は、再起動方法の方がシンプルです。

iPhoneを強制的に再起動する|Apple

操作不能になるエラーに対処するには

しかし、先に書いたように、破損しているシステムファイルではアップデートはうまくいかないことがあり、これを途中でやめることによって本来使っているOSも損傷してしまう可能性があります。

こうなってしまうと、iPhoneからの操作を受け付けなくなってしまう可能性があります。特に、古いiPhoneを使用している方に多い不具合で、データを展開する容量が足りなかったり、バッテリーに不具合がある場合に途中でエラーを起こすと、もうiPhoneだけでは解決しない可能性があります。

復旧ソフトを活用する

当サイトではアプデに失敗した経験を発信し続けたことで、「うちのソフトを使ってください」というレビュー依頼が多くあります。

色々使ってみて思うのは、「どれも便利だけど、どれも大体一緒」ということ。簡単に言えば、その時にお買い得なソフトを使うのが一番簡単でコスパがいい、ということです。

Dr.Foneの「起動障害から修復」機能を使う

Dr.FoneというiPhoneの管理が便利にできるソフトウェアがあるので、こちらは結構おすすめ。

Dr.Foneで「iPhoneの困った」が大体解決する|レビュー
iPhoneのデータ復旧ソフト、復元できるかはデータの破損状況によりけりなので、詰まるところは「使い勝手」が大事だったりします。Dr.FoneはiPhoneが治った後にも使いやすい機能が満載でした、というレビューになります。

ReiBootもアプデのエラー復旧に便利

iOS15インストール中エラーが起きた場合の対処法という記事にも、OSアプデに失敗した時に対処方法と、ReiBootというソフトを使って復旧する方法についてまとめてあります。

また、iOS16のための対応レビューもしましたので、こちらもぜひ、参考にしてみてください。

【iOS16】iPhoneのアップデートでエラーが出てくる場合の対処法-Tenorshare ReiBootのレビュー
iPhoneのアップデートで失敗してきた経験から、iOS 16にアップデートすべきか、エラーが起きた時の対応はどうしたらいいか、などの情報をまとめました。

データ復旧ならRecoveritも検討

USBデータ復元にRecoveritという復旧ツールを使用してみたという記事がありますので、こちらも参考にしてみてください。

USBデータ復元にRecoveritという復旧ツールを使用してみた
昔使ってたUSBメモリから、予想外にデータが必要になった時に安全に復元する方法として、「Recoverit」というデータ復旧ソフトをお勧めします。使い方の説明とレビューになります。
スポンサーリンク

まとめ:iOS17へのアップデート前に確認しておくこと

iOS17のアップデートをすべきかどうか、アップデートの前に準備することやアプデで注意することなどをまとめました。

長文を読むのが苦手な方のためにも、最後に簡単に内容をまとめますので、参考にしてみてください。

iOS17アップデートでやっておくべきこと

アップデートに失敗しないための準備とトラブル時の対処方法をまとめておきます。

iOS17アプデの準備、やっておくこと

iOS17の準備、やっておくことを紹介します。

  • バックアップの作成: データを失わないため、事前にデバイスのバックアップをiCloudやiTunesで作成しましょう。
  • ストレージ容量の確認: アップデートのためには十分なストレージ容量が必要。不要なファイルやアプリを削除し、空き容量を確保すること。
  • アプリの互換性の確認: アップデート前に、よく使用するアプリの開発元のウェブサイトやApp Storeで最新のiOSバージョンとの互換性を確認しましょう。

iOS17へアップデートする際の注意点

iOS17へアップデートする際の注意点を紹介します。

  • デバイスの充電: アップデートは時間がかかる場合があるので、事前にデバイスを充電しておきましょう。
  • インターネット接続の確認: Wi-Fi接続が安定していることを確認し、アップデート中に接続が途切れないように注意。
  • iOSのバージョン確認: iOS 16.4以降のバージョンに対応している。iOS 16.3以前の場合は、先にiOS 16.4以降にアップデートが必要。

アプデの準備

  • バックアップは必ず取っておく
  • 端末の容量は余裕を持って不要なファイルは削除しておく
  • 通信環境が良いところでインストールする

アプデのトラブル対処方法

  • エラー対処の基本は「再起動」
  • 起動しない場合はOSの再インストール
  • どうしてもダメなら復旧ソフトを活用する
しろくま
しろくま

復旧ソフトは、iPhoneのバックアップなどを補助してくれるものもあるので、とりあえずインストールだけでもしておいて損はないと思います。

iOS17アップデートに関するよくあるQ&A

iOS17にアップデートする際によくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
iOS17はすぐにアップデートするべきですか?
A

最新iOSの機能をすぐに使ってみたい場合に関してはアップデートが必要になりますが、アップデートの際のエラーが心配な場合は1週間ほど様子を見るのがおすすめです。

数週間するとエラー修正などに対応したマイナーアップデートがリリースされることが多いので、エラー対応をしたくないと考えている場合にはiOS17のマイナーアップデート(Ver名の小数点が更新される)後にした方がいいかもしれません。

Q
iOS17の更新中に動かなくなってしまった、失敗した場合はどうしたらいい?
A

端末のデータ処理や通信状況が悪いと、OSの更新に失敗する場合があります。

再起動により改善する場合もあります。まずはパソコンなどに繋いでiTunesやFinderでiPhoneと通信できるかを確認します。

OSの再インストールをすればほとんどのケースで再起動はできますが、場合によってはデータが全消去されることもあるので、バックアップは必ず取っておくようにしましょう。

Q
iOS17の前のバージョンのまま利用することはできますか?
A

アップデートをしないことはできますが、セキュリティの脆弱性を改善したプログラムも更新できるので、古いOSを使い続けるよりは、適宜最新のOSに更新したほうがメリットは大きいです。

ただ、最新のOSには対応しない旧モデルのiPhoneを使っている場合にはアップデートをしないという選択になります。OSを更新することで機能は増えますが、端末の処理が増える可能性もあり、旧式では動作が不安定になる場合があります。

最新のOSにアップデートするに越したことはないですが、買い替え時期まで様子をみたい、旧式をしばらく使う必要があるという場合には、最新OSを利用しないという選択肢はあり得ると思います。

iOS17アップデートの各種SNS口コミ・評判など

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「iOS17」と検索できます。

instagramの情報

instagram検索用リンクはこちらです。「iOS17」とタグ検索できます。

iOS17アップデートの参考になる記事リスト

iOS17に関連した当サイトの記事リンクは以下の通りです。

iPhone
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「kamizu kamizu water water」に関する最新情報です。

    2024年2月26日、ダイドードリンコ株式会社は京都の宮脇賣扇庵に「KAMIZU water応援自動販売機」を設置した。この取り組みは、美しい観光地を守る啓発活動の一環であり、「アートプロジェクトKAMIZU」の思いを広めるための取り組みとして行われている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000140.000021555.html

  2. buchikuma-info より:

    「gmail google view」に関する最新情報です。

    2024年にGoogleはGmailの基本的なHTMLビューを廃止するが、Gmail自体は廃止されない。以前のバージョンであるGmail Basic HTMLビューは、2024年1月から利用できなくなる予定であり、新しいGmailビューに切り替えるよう通知が送られている。

    https://techcrunch.com/2024/02/22/google-is-killing-gmails-basic-html-view-in-2024/

  3. buchikuma-info より:

    「533 bp bp 533」に関する最新情報です。

    シャープがデジタルフルカラー複合機2機種<BP-C533WD/BP-C533WR>を発売。業界トップクラスのスキャン速度と省エネ性能を兼ね備え、幅広いビジネスシーンで業務効率化を支援する。

    https://corporate.jp.sharp/news/240221-a.html

  4. buchikuma-info より:

    「live 2024 handsome」に関する最新情報です。

    アミューズが主催する「SUPER HANDSOME LIVE 2024 “WE AHHHHH” LIVE VIEWING」の開催が決定しました。このイベントは、アミューズ所属の俳優たちによるファン感謝祭であり、今年で19年目を迎えます。映画館でのライブ・ビューイングが2024年3月24日に行われます。チケットは4,300円で、全席指定となっています。また、16歳未満の方は保護者同伴でないと19:00を過ぎる上映に入場できません。注意事項として、出演者の健康状態によって出演が休演となる場合があります。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001630.000003481.html

  5. buchikuma-info より:

    「脆弱性 docker docker runc」に関する最新情報です。

    セキュリティニュースアラートによると、Dockerとruncに4つの脆弱性が見つかりました。これらの脆弱性が悪用されると、サイバー攻撃者がコンテナを越えてホストOSにアクセスするリスクがあります。特に、いくつかの脆弱性は「緊急」の深刻度で分類されており、該当プロダクトを使用している場合は情報を確認し、必要に応じて対処する必要があります。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2402/07/news043.html

  6. buchikuma-info より:

    「17 17 スタンバイ ios」に関する最新情報です。

    iOS17のスタンバイ機能を活用すると、生産性が少し上がる便利な使い方がある。この機能はiOS17の目玉機能の一つであり、仕事を速く効率的にこなすためのツールやアプリのショートカットや使い方を紹介する「今日のワークハック」の連載記事で詳しく解説されている。また、Appleが最新のiOS 17.3をリリースし、アップデートすべき理由も紹介されている。

    https://www.lifehacker.jp/article/2402-standby-iphone/

  7. buchikuma-info より:

    「対応 apple ゲーム」に関する最新情報です。

    スマホゲームアプリ「崩壊:スターレイル」がApple Vision Proに対応することが発表されました。Apple Vision Proは空間コンピューティングを活用したヘッドセットであり、既存のiOS/iPadOS向けアプリケーションのほぼ全てが対応すると予告されています。具体的な機能はアプリごとに異なる可能性がありますが、今後もスマホゲーム系アプリが続々と対応していくことが予想されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vd3d3Lm1vZ3VyYXZyLmNvbS9hcHBsZS12aXNpb24tcHJvLWhvdWthaXN0YXJyYWlsL9IBAA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「qi qi 素早く スタンド」に関する最新情報です。

    ベルキンは、新しいワイヤレス規格「Qi2」に対応した充電器シリーズを発売する。このシリーズには、「Belkin Qi2 2-in-1ワイヤレス充電パッド」、「Belkin Qi2 3-in-1ワイヤレス充電パッド」、「Belkin Qi2 折りたたみ式 充電スタンド」の3つの機種が含まれる。Qi2認証技術により、従来のQi規格よりも2倍の高出力を実現し、iPhone 15シリーズなどの対応デバイスを最大15Wで急速充電することができる。また、マグネットでデバイスを正確な充電位置に固定できるため、充電がずれる心配もない。これらの製品は、Amazonや家電量販店で販売され、価格は9,990円から14,400円までとなっている。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1561639.html

  9. buchikuma-info より:

    「17 17 ipados 17 来週」に関する最新情報です。

    Appleは、「iOS 17.3」と「iPadOS 17.3」の配信を来週予定していることを発表しました。このアップデートでは、新しい壁紙デザインが提供される予定であり、iPhone Xs以降やiPadの第6世代以降など、最新のデバイスで利用することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2MTg0MC5odG1s0gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「17 17 ipados 17 来週」に関する最新情報です。

    Appleは、「iOS 17.3」と「iPadOS 17.3」の配信を来週予告しました。このアップデートでは、新しい壁紙デザインが提供され、iPhone Xs以降やiPadの第6世代以降、iPad miniの第5世代以降、iPad Airの第3世代以降、12.9インチiPad Proの第2世代以降、10.5インチiPad Pro、11インチiPad Proの第1世代以降で利用することができます。このアップデートにより、最新のiPhone情報をチェックすることができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2MTg0MC5odG1s0gEA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「スキャナ 脆弱性 導入」に関する最新情報です。

    バグバウンティ・プラットフォームやプロダクトセキュリティ支援サービスを提供するIssueHunt株式会社が、「無償で導入可能な脆弱性スキャナ解説」ウェビナーの開催を決定しました。このウェビナーでは、脆弱性スキャナの導入方法や効果、使い方について解説されます。参加者は自社のセキュリティ対策において脆弱性スキャナの導入を検討している方々や、スキャナの導入に関する課題を持っている方々にとって有益な情報となるでしょう。また、来年2月には学生向けのセキュリティカンファレンス「P3NFEST」も開催され、脆弱性スキャナの講座が提供される予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000039740.html

  12. buchikuma-info より:

    「iphone iphone ユーザー オススメ」に関する最新情報です。

    iPhoneユーザーにおすすめのモバイルバッテリーが紹介されています。このモバイルバッテリーは充電ケーブルから解放されたいというニーズに応えるため、ワイヤレス対応で充電スペースをスッキリと保ちます。また、複数のデバイスのバッテリー管理もシンプルに行えるため、便利です。さらに、最大15Wのワイヤレス充電機能も備えており、時間に余裕を生み出します。このモバイルバッテリーは、iPhoneユーザーにとって便利なアイテムとなるでしょう。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-magplate2-start-repost-703831/

  13. buchikuma-info より:

    「10 一度 10 一度」に関する最新情報です。

    「10年に一度の寒気」は、実際には10年に一度の頻度ではなく、何度も見かける気象予報や表現のカラクリがあることが分析データから明らかになりました。この表現はテレビやネットのニュースでよく使われ、寒気が珍しい時期や地域に襲いかかる可能性が高まったときに使われます。しかし、最近ではこの表現の頻度が減っており、代わりに「今季最強の寒波」といった表現が使われることが多くなっています。このような表現の変化により、冷静に気象情報を読み解くことが重要であり、防災や減災に役立つことが関連記事からも示唆されています。また、気象庁のデータによれば、10年に一度程度の頻度で寒気が南下することがあり、このような現象に関する正しい情報を読み取ることが重要です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65839487e4b04da98425ae87

  14. buchikuma-info より:

    「アプデ 登場 スフィア」に関する最新情報です。

    宇宙開発自動化シム『ダイソンスフィアプログラム』は、無料の大型アプデで連日2万人以上のプレイヤーが集まり、新たに「バトル要素」が登場しました。また、来年には公式日本語化も予定されています。このゲームは、宇宙工学のエンジニアとなり、ダイソンスフィアと呼ばれる恒星を利用してエネルギーを生産するシミュレーションゲームです。新アップデートでは、敵対勢力の存在や戦闘要素が追加され、プレイヤーはダイソンスフィアの建設と防衛に挑戦します。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231221-276851/

  15. buchikuma-info より:

    「iphone iphone ユーザー オススメ」に関する最新情報です。

    iPhoneを充電ケーブルから解放したい人におすすめのモバイルバッテリーが紹介されています。このモバイルバッテリーはワイヤレス対応であり、充電スペースをスッキリさせることができます。また、複数のデバイスのバッテリー管理もシンプルに行えます。さらに、最大15Wのワイヤレス充電機能があり、時間に余裕を生み出すことができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSWh0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS9tYWNoaS15YS1tYWdwbGF0ZTItc3RhcnQtcmVwb3N0LTcwMzgzMS_SAQA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「バッテリー iphone モード」に関する最新情報です。

    この記事は、iPhoneのバッテリーが午前中に50%を切った場合に自動で低電力モードに切り替える方法を紹介しています。具体的な手順としては、個人用オートメーションを設定し、バッテリー残量が50%を下回った時に低電力モードに切り替えるようにします。この設定により、バッテリーの持ちを工夫することができます。また、夕方になると自動的に元のモードに戻るようにも設定することができます。記事では、具体的な手順を9つのステップに分けて解説しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vYWxsYWJvdXQuY28uanAvZ20vZ2MvNDk5NTI2L9IBAA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「sap grow grow sap」に関する最新情報です。

    SAPは、中堅市場においても成果を上げるために、GROW with SAPというプログラムを展開しています。中堅企業にとって、SAPのクラウド移行プランである「S/4HANA Cloud」の導入は魅力的な選択肢の一つですが、この市場セグメントを攻略することは容易ではありません。しかし、SAPはさまざまな業種に対応する「GROW with SAP」の事例を紹介しており、中堅市場においても成功を収めることを目指しています。また、SAP以外のベンダーも中堅市場に注目しており、競争が激化しています。SAPはコストの問題を解決し、中堅市場においても成功を収めるために努力しています。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2312/12/news011.html

  18. buchikuma-info より:

    「表示 障害 au」に関する最新情報です。

    KDDIのコード決済サービス「au PAY」において、12月11日午前7時18分から一時障害が発生しましたが、現在は復旧しています。障害の影響でQRコードなどの表示に一部問題がありましたが、ログインや支払いなどの機能は正常に利用できました。また、障害は一部のエリアや携帯電話通信にも影響を及ぼしましたが、現在は解消されています。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2312/11/news108.html

  19. buchikuma-info より:

    「fukushima fukushima water water」に関する最新情報です。

    毎日新聞が福島の処理水に関する表記取材について、差別や偏見を生み出す可能性を理解するとコメントしました。福島の処理水に関する報道は、差別や偏見を助長する可能性があると指摘されています。福島の処理水は、海洋放出される予定であり、英語の記事においても問題が報じられています。福島の処理水に関する報道は、差別や偏見を助長する可能性があるため、慎重に取り扱うべきです。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/media-fukushima3_jp_65682749e4b028b0f3cf0e61

  20. buchikuma-info より:

    「カンガルー カナダ カンガルー 警察官」に関する最新情報です。

    カナダで、警察官にパンチをして逃走したカンガルーが捕まえられました。このカンガルーは4日間にわたって逃走し、警察官たちが追跡しました。最終的に、カンガルーは身柄を拘束されました。この事件はSNS上でも話題となり、多くの人々が驚きました。警察官にパンチをするという行動は、カンガルーの最後の抵抗だったのかもしれません。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_656ee0e9e4b0dcfcc9814a1f

  21. buchikuma-info より:

    「12 脆弱性 月例」に関する最新情報です。

    Googleは12月の第1月曜日にAndroidの月例セキュリティ情報の12月版を公開しました。この更新では、重要度が最高の5件を含む多数の脆弱性に対処しています。ただし、Pixelの月例更新はまだ公開されていません。この更新には、2件の追加権限の脆弱性と1件のQualcomm関連の脆弱性の対処も含まれています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2312/05/news097.html

  22. buchikuma-info より:

    「app app store store」に関する最新情報です。

    Appleは2023年のApp Store Awardsの受賞者を発表しました。受賞者はエディトリアルチームによって厳選され、約40のアプリとゲームがファイナリストに選ばれました。日本からも14の受賞者があります。AppleのCEOであるTim Cookは、毎年受賞者の創造性に感銘を受けており、開発者や起業家たちが無限の可能性を生み出していると述べています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNDY0Njk40gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「apple 銀座 apple store」に関する最新情報です。

    日本初のApple StoreであるApple銀座が、2025年後半までに改装が完了する予定であることが明らかになった。2003年にオープンし、今年で20周年を迎えるApple銀座は、日本のApple Store展開の中心的な存在である。改装後のApple銀座は、新しい店舗とオンラインストアの統合を通じて、顧客により良い購入体験を提供することを目指している。Appleのシニアバイスプレジデントであるディアドラ・オブライエン氏は、日本のApple Storeの強化と顧客へのサポートの向上に情熱を持って取り組んでいると述べている。

    https://japan.cnet.com/article/35212141/

  24. buchikuma-info より:

    「app app store store」に関する最新情報です。

    Appleは2023年のApp Store Awardの受賞者を発表しました。今年の受賞者は、世界中の開発者が提供する14のアプリとゲームで、ユーザーに意義のある体験を提供し、文化的な変革を促すものです。受賞者には、iPhone App of the YearのAllTrails、iPad App of the YearのPrêt à Template、Mac App of the YearのUAB Pixelmator Team、Apple TV App of the YearのMUBI、Apple Watch App of the YearのMateus Abras、そしてGames iPhone Game of the YearのCOGNOSPHERE PTE. LTD.などが含まれています。これらの受賞者は、革新的なデザインとユーザーエクスペリエンスを提供することで選ばれました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMibWh0dHBzOi8vd3d3LmFwcGxlLmNvbS9uZXdzcm9vbS8yMDIzLzExL2FwcGxlLXVudmVpbHMtYXBwLXN0b3JlLWF3YXJkLXdpbm5lcnMtdGhlLWJlc3QtYXBwcy1hbmQtZ2FtZXMtb2YtMjAyMy_SAQA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「健康 健康 行政 参与」に関する最新情報です。

    厚生労働省の健康行政特別参与である杉良太郎氏が寄席を開催しました。彼は「皆さんの健康が続く限り、笑っていて欲しい」と述べています。このイベントでは、落語家や肝炎対策特別大使などが出演し、笑いを通じて健康意識の向上を呼びかけました。杉良太郎氏は健康について考えるきっかけを作るために寄席を開催し、笑いと健康の関係を強調しました。イベントでは、笑いを通じて皆さんが健康で長寿であることを願っています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000068.000077862.html

  26. buchikuma-info より:

    「レポート classdoor store」に関する最新情報です。

    大学生のためのレポート作成支援アプリ「classdoor」が、App Storeでもリリースされました。このアプリは、中間・期末レポートで悩む大学生に向けて開発されており、直感的な操作をiPhoneでも体験することができます。GooglePlay Storeに続いてのリリースとなり、大学生のレポート作成をサポートします。classdoorは、レポートの作成や文章構成の提案など、大学生がレポート作成に適した形式で課題に取り組むことができます。また、新機能としてフルスクロールブックレポートのオーバービュー機能が追加され、レポート作成の体験がさらに向上しました。PCやスマートフォンのブラウザ版でも利用可能で、スキマ時間にレポート作成に取り組むことができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000111611.html

  27. buchikuma-info より:

    「17 17 feature apple」に関する最新情報です。

    警察署は、Appleの新しいiPhone iOS 17の機能について、親たちに警告しています。最近のiOS 17ソフトウェアのリリースにより、新しい機能が追加されました。この機能は、名前をドロップと呼ばれ、連絡先情報の共有を可能にし、電話を近づけることで情報を共有できるようになります。警察署は、この機能がデフォルトでオンになっていることを指摘し、親たちに設定を変更するよう勧めています。また、警察署は、子供たちの電話やiPad、他のAppleデバイスの設定を確認し、デフォルトの設定をオフにするように提案しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vd3d3LmNic25ld3MuY29tL2Jvc3Rvbi9uZXdzL2FwcGxlLWlvcy0xNy13YXJuaW5nLWFpcmRyb3AtbmFtZWRyb3Av0gFOaHR0cHM6Ly93d3cuY2JzbmV3cy5jb20vYW1wL2Jvc3Rvbi9uZXdzL2FwcGxlLWlvcy0xNy13YXJuaW5nLWFpcmRyb3AtbmFtZWRyb3Av?oc=5

  28. buchikuma-info より:

    「文学 live 文学 live」に関する最新情報です。

    西武渋谷店で「羊文学」のLIVE SPOTが開催されることが発表されました。このイベントでは、3ピースロックバンド「羊文学」とソニーの360 Reality Audioを使用した最新のライブ映像が限定公開されます。また、会場では羊文学の写真展も開催され、入場は無料です。さらに、羊文学の最新アルバム「12 hugs like butterflies」のリリースや、来年のアリーナ公演の開催も発表されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001646.000031382.html

  29. buchikuma-info より:

    「メッセージ line コミュニケーション」に関する最新情報です。

    iPhoneのコミュニケーションアプリとして、メールやLINEに代わる新たな進化を遂げた「メッセージ」がおすすめされています。メッセージは、位置情報や音声メモなどを手軽にシェアできる機能を備えており、親密でない人とのコミュニケーションにも便利です。待ち合わせの際には位置情報を共有することで、迷子になる心配もありません。また、遅刻しそうな場合には到着確認の新機能を活用することで、到着状況を早く伝えることができます。これらの機能を活用することで、タイミングのすれ違いもなくなり、コミュニケーションの効率が向上すると評価されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNjgxNDI4L9IBAA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「通話 記録 内容」に関する最新情報です。

    アトラスコネクトがiPhone向けのAI通話アプリ「Switch」をリリースしました。このアプリは、IP電話サービスを活用して音声通話を自動録音し、文字で記録することができます。通話内容は自動的にチャット形式で表示され、記録を共有することも可能です。また、録音した音声を再生することもできます。このアプリを利用することで、通話内容を簡単に記録・共有することができます。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2311/21/news148.html

  31. buchikuma-info より:

    「11 11 連続 apple」に関する最新情報です。

    米社の調査によると、Appleは11年連続で世界ブランド価値ランキングの首位を獲得しました。ブランドコンサルティング大手の米インターブランドが公表したランキングでは、BMWもトップ10入りしました。自動車ブランドの成長も2ケタの数字を示しています。Appleのブランド価値は前年比4%増の5026億ドルで、初めて5000億ドルを突破しました。また、BMWのブランド価値も前年比10%増加し、順位を3つ上げてトップ10入りしました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lm5pa2tlaS5jb20vYXJ0aWNsZS9ER1haUU9VQzEwMURKMFEzQTExMUMyMDAwMDAwL9IBAA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「iphone 機能 iphone 探す」に関する最新情報です。

    「iPhoneを探す」機能をオフにすると、以下のことができなくなります。

    1. iPhoneの紛失や盗難時に本体を見つけることが困難になる。
    2. 「iPhoneを探す」機能と連動しているアクティベーションロックが自動的にオフになり、他人がiPhoneを使用するリスクが高まる。

    この機能をオフにすると、iPhoneの位置情報やリモート操作ができなくなります。また、iCloud.comからの遠隔操作でオフにすることも可能ですが、Apple ID所有者に通知されることはありません。

    また、iPhoneを探す機能で「オフライン」と表示される場合は、iPhoneがインターネットに接続されていないため、位置情報の更新やリモート操作ができない状態を指します。この場合、iPhoneがオンラインになるまで待つか、オフライン表示の原因を確認して対処する必要があります。

    なお、iPhoneを初期化する際には、「iPhoneを探す」機能をオフにする必要があります。初期化する際にこの機能をオンのままにしておくと、新しい所有者がiPhoneを使用する際に制限がかかる可能性があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNjg3NjE5L9IBAA?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「app app store apple」に関する最新情報です。

    Appleは、DaVinci Resolve for iPadが「App Store Awards」のファイナリストに選ばれたことを発表しました。DaVinci Resolve for iPadは、ポータブルな編集とカラーグレーディングを実行するためのクリエイティビティを引き出すツールです。このアプリは、ハリウッドの大手映画でプロが使用するツールと同じコードベースを使用しており、MultiTouchテクノロジーやApple Pencilの最適化もされています。また、カットページやカラーページのサポートなど、多数の機能を備えています。DaVinci Resolveは、最新のHDRワークフローにも対応しており、カラーフィニッシングツールとしての信頼性も高いです。DaVinci Resolve for iPadは、DaVinci Resolveプロジェクトファイルの読み込みや作成、Blackmagic Cloudストレージの利用なども可能です。このニュースは最近の記事としても注目されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiM2h0dHBzOi8vanAucHJvbmV3cy5jb20vbmV3cy8yMDIzMTExNzAwNDc0NDc2NjQuaHRtbNIBAA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「apple 労働組合 apple store」に関する最新情報です。

    Appleが英国のApple Storeで労働組合を結成しようとする動きを阻止しているという報道があります。Appleは従業員が労働組合に加入する権利を行使することを妨げており、労働組合つぶしの手法を使っているとされています。従業員の体験や関連する出来事から、Appleが労働組合を嫌っていることが明らかになっています。この問題はAppleだけでなく、他の企業でも起こっている問題であり、労働組合の権利を守るためには取り組む必要があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vdGVjaHRhcmdldC5pdG1lZGlhLmNvLmpwL3R0L25ld3MvMjMxMS8xNy9uZXdzMDIuaHRtbNIBAA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「16 16 series apple」に関する最新情報です。

    タイトル: AppleがiPhone 16シリーズ用のグラフェンヒートシンクを開発中
    見出し: AppleがiPhone 16シリーズ用のグラフェンヒートシンクを開発中、デイリー関心度トップ10、電気自動車
    トピック1:
    トピックのキーワード: 16 16シリーズ apple iphone iphone 16シリーズ apple working graphene graphene heat heat
    トップの段落:
    エンティティ: 新しい噂に基づいて、Appleは来年のiPhoneに積極的にグラフェンを使用しているとされています。グラフェンヒートシンクは新しい金属ブラケットとバッテリーを収めるハウジングと組み合わせられる予定です。熱伝導性に優れたグラフェンは、銅と比較して明らかなアップグレードとなり、来年のiPhoneではより良い熱伝達と冷却が促進されるでしょう。ただし、これはまだ初期の噂であり、通常のように慎重に受け止める必要があります。

    エンティティ: Appleは、カリフォルニア州クパチーノに拠点を置く会社であり、ハードウェアの問題に取り組んでいる可能性があります。
    キーワード: 過熱の問題に悩まされているAppleは、ソフトウェアの最適化の不足を原因としていましたが、iOS 17のリリース以降、この問題はほぼ解消されています。クパチーノのAppleは、来年のiPhone

    https://news.google.com/rss/articles/CBMibmh0dHBzOi8vd3d3LmdzbWFyZW5hLmNvbS9hcHBsZV9ydW1vcmVkX3RvX2JlX3dvcmtpbmdfb25fZ3JhcGhlbmVfaGVhdF9zaW5rX2Zvcl9pcGhvbmVfMTZfc2VyaWVzLW5ld3MtNjA1OTcucGhw0gFraHR0cHM6Ly9tLmdzbWFyZW5hLmNvbS9hcHBsZV9ydW1vcmVkX3RvX2JlX3dvcmtpbmdfb25fZ3JhcGhlbmVfaGVhdF9zaW5rX2Zvcl9pcGhvbmVfMTZfc2VyaWVzLWFtcC02MDU5Ny5waHA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「google google フォト フォト」に関する最新情報です。

    Googleフォトの最新バージョン6.61では、自動アーカイブやリマインダーなどの新機能が追加されました。これにより、写真やイベントに関連する日時を検出し、カレンダーと統合してリマインダーを設定することができます。また、リマインダーにテキストを追加するフィールドも表示されます。この機能は先日公開されたGoogleカレンダーとの統合によって可能になりました。

    https://japan.cnet.com/article/35211520/

  37. buchikuma-info より:

    「脆弱性 junos junos os」に関する最新情報です。

    Juniper Junos OSには、CVSS 9.8の緊急な脆弱性が存在しており、すぐに対策が必要です。米国の保障庁(CISA)は、Juniper Junos OSの5つの脆弱性を新たに脆弱性カタログに追加しました。これらの脆弱性はリモートからのコード実行が可能であり、CVSSスコア値9.8で「緊急」に分類されています。この脆弱性にはJuniper NetworksのSRXシリーズやEXシリーズも影響を受ける可能性があります。早急にアップデートを行うことが重要です。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2311/15/news054.html

  38. buchikuma-info より:

    「app app store store」に関する最新情報です。

    2023年のApp Storeアワードのファイナリストが発表されました。iPhone App of the Year、iPhone Game of the Year、iPad App of the Year、iPad Game of the Year、Mac App of the Year、Mac Game of the Year、Apple Watch App of the Year、Apple TV App of the Year、Apple Arcade Game of the Yearの各部門のファイナリストが選ばれました。App Storeエディターは、40以上のアプリやゲーム開発者を表彰し、優れた体験を提供し、文化的な影響を与えていることを認めています。具体的なファイナリストやその他の詳細は、記事で確認することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiT2h0dHBzOi8vd3d3LmFwcGxlLmNvbS9uZXdzcm9vbS8yMDIzLzExL21lZXQtdGhlLTIwMjMtYXBwLXN0b3JlLWF3YXJkLWZpbmFsaXN0cy_SAQA?oc=5

  39. buchikuma-info より:

    「apple apple 探す サプライ」に関する最新情報です。

    サンワサプライは、Appleの「探す」機能に対応した忘れ物防止タグを発売しました。このタグは、手元に置いたまま忘れ物にならないようにするためのもので、サンワサプライの直販サイトで購入することができます。タグの価格は3480円で、ブラックとホワイトの2色があります。タグにはUWB(Ultra-Wideband)技術が搭載されており、iPhoneとの距離や方向を表示することができます。また、タグにはCR2032というコイン型リチウム電池が使用されており、約10ヶ月の電池寿命があります。タグにはストラップやキーホルダーの取り付け穴も付いており、手元から離れた場所に忘れ物があると通知を送る機能も備えています。タグのサイズはW42×H8.5mmで、重量は8.9gです。タグの付属品にはストラップや電池が含まれており、取扱説明書も日本語で付属しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU0NzIzOS5odG1s0gEA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました