PR

Apple visionOSの最新情報まとめ

スポンサーリンク

VisionOSの情報をまとめています。Vision Proの購入などの判断や、新機能を調べる際にご活用ください。

アップデート時の注意点や「そもそも、アップデートしない方がいいんじゃないの?」という疑問に答えられるような情報をまとめていきます。

かめ
かめ

OSのメジャーアップデートはエラーが多いので、急いでいない方はとりあえず様子見がベター。

しろくま
しろくま

すでにアップデートに失敗して困っている方への情報もまとめたので、お役に立てれば嬉しい限り。

3行でわかる「VisionOS」
  • 高い
  • XRが世の中に浸透するきっかけにはなるかも
  • でも、やっぱり高いよなぁ
スポンサーリンク

VisionOSの新機能「何が変わるか」

まずは、VisionOSで実装された「これはみんなのためになる!」という機能を厳選してお届けします。

リリース前、どんなOSになるか

ニュース情報などをまとめていきます。

「Apple Vision Proの新OS “visionOS”、カスタマイズ性に制限あり」

2024年1月31日の、Apple Vision Proの新OS “visionOS”に関する最新情報をお届けします。

  • Appleの新デバイス「Apple Vision Pro」は2024年2月2日に発売予定。
  • 搭載される「visionOS」では、iOSやiPadOSで可能なアイコンの配置変更やウェブサイトのショートカット作成ができないことが判明。
  • ホーム画面のアプリはアルファベット順に自動配置され、手動での並び替えやフォルダ作成が不可能。
  • サードパーティ製アプリもアルファベット順に並び、お気に入りアプリがリストの後方にある場合、スワイプを繰り返す必要がある。
  • visionOSではウェブサイトのショートカットをホーム画面に追加することができず、Safari経由でのアクセスが必要。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • visionOSのシンプルなUI設計は、ユーザーにとって直感的でわかりやすい操作性を提供する可能性がある。
  • アルファベット順の自動配置は、アプリの探索を容易にし、使い勝手を向上させる可能性がある。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • ユーザーのカスタマイズ性が制限されることで、個人の好みや使いやすさに合わせた調整が難しくなる。
  • お気に入りのアプリやよく使うウェブサイトへのアクセスが面倒になる可能性がある。

「AppleがVision Proの特定機能を削除した背景に注目」

2024年1月15日の、Apple、Vision Proで空を見上げる夢を断念?に関する情報をお届けします。

  • Appleは2月2日に米国でVision Proの発売を予定している。
  • プロモーション動画および説明文から、天井を空に置き換える機能が削除されたことが確認された。
  • 新たなプロモーション動画では、ユーザーがベッドで映画館体験をするシーンに変更されている。
  • 公式サイトの製品ページも「部屋をパーソナル映画館にする」という記載に変更された。
  • Appleがこの機能を削除した理由は不明だが、ユーザーからの心配の声が多く上がっている。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • Vision Proの発売は、Appleの技術革新への期待を高める。
  • 映画館体験の提供は、ユーザーに新しいエンターテイメントの形を提供する。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 天井を空に置き換える機能の削除により、Appleの技術力への疑問が生じる可能性がある。
  • 機能削除の理由が明確でないため、ユーザーの不安や混乱を招く恐れがある。
「Vision Proに関する追加情報」
  • Appleの最終調整の結果、Vision Proの全貌が明らかになるのは発売時。
  • Vision Proの詳細な機能や価格に関する情報は現時点では不明。

AppleがMRヘッドセットのOSにアプリストアを統合

2023年9月7日の、AppleのMRヘッドセット「Apple Vision Pro」のOS更新に関する情報をお届けします。

  • 米Appleが、MRヘッドセット「Apple Vision Pro」のOS「visionOS」開発者向けβ版にアプリストア「App Store」を組み込むと発表した。
  • 現行のβ版にはApp Storeが組み込まれていないため、開発者はアプリのテストが行えない状態にある。
  • ほとんどのiOSおよびiPadOSアプリが変更せずにvisionOSで実行できるようになり、不互換なアプリはApp Store Connectによって識別される。
追加情報

App Storeの追加は「今秋」を予定しており、それによりiOSおよびiPadOSアプリがvisionOSのApp Storeに自動的に公開される予定です。ただし、Apple Vision Proで使用できない機能を必要とするアプリは、visionOSで利用できないとされています。

1

Apple Vision Proデベロッパキットの制約について

  • Appleが同社初のMRヘッドセット、Vision Proのデベロッパキットを開始した。
  • このキットの利用には多くの制約が存在する。
  • 開発者はキットを常に「直接視界に入る」場所に置かなければならない。
利用の詳細な制約
  • キットは「プライベートで安全な作業スペース」に保管する必要がある。
  • 家族、友人、その他許可されていない人にキットを見せてはならない。
  • 使用しないときは、施錠が可能なPelicanケースに入れて、鍵のかかる場所に保管する必要がある。
追加情報
  • Vision Proの提供時にはカスタマイズプロセスが必要で、Appleのこのような秘密主義には驚きの声も。

デベロッパラボの開催情報

  • Appleはデベロッパキットだけでなく、デベロッパラボもいくつかの都市で催す予定である。
  • ラボの都市:クパチーノ、ロンドン、ミュンヘン、上海、シンガポール、東京。
  • ラボに参加する際は、Mac、コード、そしてVision Pro上でのアプリ関連の全てを持参する必要がある。
ラボの開催都市
都市国/地域
クパチーノアメリカ
ロンドンイギリス
ミュンヘンドイツ
上海中国
シンガポールシンガポール
東京日本

Apple「Apple Vision Pro developer kit」の提供開始

  • 米Appleは、MRヘッドセット「Apple Vision Pro」の開発者向けプログラム「Apple Vision Pro developer kit」を7月24日に開始。
  • 条件を満たす開発者は、専用サイトから申し込むことができる。
  • 承認された開発者はハードウェアの提供の他、Appleの専門家によるサポートも受けられる。
申し込みの要件と注意点
  • Apple Developer Programのアカウントが必須。
  • 開発者は、これまでに開発したアプリや開発チームのスキルについて詳細を提供する必要がある。
  • Appleは「visionOSの機能を活用したアプリの開発者」を優先。
  • 提供されるハードウェアは、開発チームのみがアクセスできるように保管すること。
  • Appleはいつでもハードウェアの返却を要求する権利を保持。
Apple Vision Proデベロッパラボの開催
  • Appleは、世界数都市で「Apple Vision Proデベロッパラボ」を開催する予定を発表。
  • 参加開発者は、自分が開発したvisionOS/iPadOS/iOSアプリをApple Vision Proでテストすることが可能。
  • 東京では、8月16日~25日に開催される。申し込み受付は近日開始予定。
Apple Vision Proの発売情報
  • Apple Vision Proは2024年初頭に$3,499での発売予定。
  • 質の高いサードパーティ製アプリの有無がAppleにとっての重要なポイントとなる。

Apple Vision Proのアプリ開発状況

  • Appleの2024年に発売するVision Proの成功は対応アプリの充実にかかっている。
  • 開発者は市場規模の小ささから、Vision Pro向けのアプリ開発に慎重姿勢を見せている。
  • 初期段階では、多くのアプリがiPad用からの移植になることが予測される。
Vision Pro向けApp Storeの活性化
  • AppleはVision Pro向けのApp Storeの活性化を目指している。
  • 現行のApple WatchやApple TV向けApp Storeは活況を欠いている。
Vision Proアプリの3つのタイプ
  • iPhoneやiPadアプリ: visionOSのウィンドウとして動作。開発者の追加作業は不要。
  • iPadからの移植アプリ: visionOSのネイティブアプリとして提供。MR向けUIの修正が必要。
  • visionOS専用アプリ: VRとARで動作し、高解像度ディスプレイや手と目の動きに対応。
アプリの価格推測
  • Vision Pro専用の業務向けアプリの価格は50ドル〜250ドルと予想される。
  • Vision Pro向けゲームアプリは、iPhoneやiPad向けよりも低品質で、40ドル〜60ドルとの価格予想。
メジャー企業のVision Pro対応状況
  • Disney+やAmazon Prime VideoはVision Pro向けのコンテンツ提供が主流になると予想。
  • NetflixはVision Pro向けのアプリ開発を計画せず、iPad向けアプリを使用予定。
  • ビジネス向けアプリではMicrosoftやZoomがVision Pro向けアプリの提供を予定している。

UnityがvisionOS向けベータプログラムを開始

  • Unityは、visionOS向けのベータプログラムを「Unity PolySpatial」へのアクセスを含む形で開始した。
  • 「Unity」エディターとの統合を通じて、UnityクリエイターはvisionOS上で動作する“空間コンピューティング体験”を実現し、「Apple Vision Pro」の機能を活用したゲームやアプリの制作が可能に。
  • 詳細な情報やリソースはUnityの公式サイトからアクセス可能。
UnityとApple Vision Proの連携による新しい可能性
  • Unityの「PolySpatial」技術とAppleの「RealityKit」を組み合わせることで、Unityで制作されたコンテンツはvisionOSの他アプリと統一感のあるデザインを持つようになる。
  • UnityはAppleとの密接な連携を通じて、visionOSと「PolySpatial」のサポートを提供。
  • Unityのクリエイターは、新しい空間環境での体験や、既存体験の移植、直接プレビューなどが容易に行えるように。
一部関係者からのコメント
  • Ralph Hauwert氏(Unity): Unityエコシステムの開発者が新しいプラットフォームでUnityアプリを提供できることに喜び。PolySpatialは、開発者にとって効率的かつ合理的な没入感のある体験作成を可能に。
  • Mike Rockwell氏(Apple): Unityの堅牢なツールを使用した3D体験制作の大きなコミュニティが存在し、Apple Vision Pro向けのアプリの構築が期待される。UnityベースのアプリはApple Vision Pro上でネイティブ動作し、visionOSの多くの機能を活用できる。
  • Peter Bruun氏(Triband CEO): Unityのマルチプラットフォーム対応や開発ツールのおかげで、ゲーム『WHAT THE GOLF?』をApple Vision Pro向けに適応させることができた。

スポンサーリンク

VisionOSへのアップグレードで心配なこと

さまざまな新機能が追加され、実際に使ってみたいな、というものもあったと思います。実際に、私は今、現在進行形でアップデートしているところなのですが、これがなかなか、終わらないんですよね。

便利な機能が多数追加されたVisionOSですが、「色々と使い方が変わると戸惑ってしまう」ということも心配ですが、それ以上に起こりうるのが「アップデートのエラー」です。

VisionOSへのアップグレードで実際に起こりうること

  • 再起動が繰り返される
  • アップデートが終わらない
  • リンゴマークが終わらない(リンゴループ)
  • VisionOSの新機能が実装されない
  • フリーズする、操作不能となる
  • 電源を入れてもすぐにシャットダウンする
  • 特定のアプリが起動しなくなる、アプリを起動するとシャットダウンする

これらの原因は、「アップデートのためのシステムファイルの更新がうまくいかなかった(データが不十分、ダウンロード中に壊れた)という可能性があります。

ぶちくま
ぶちくま

この出来損ないのシステムファイルのせいで、Vision Proがうまく起動できなくなっているばかりか、再インストールもうまくできないケースがあります。

また、システムファイル自体は問題なくても、新しいOSにすることで、バッテリーやメモリの消費が激しくなることで生じる問題もあります。

VisionOSのアプデに失敗する原因

  • Vision Pro上の空き容量が不足している
  • アップデートのダウンロードに時間がかかる
  • アップデートサーバに接続できない
  • アップデートが終わらない

簡単にいえば、「端末の問題」と「回線の問題」があるとされています。端末の問題のほとんどが「データ容量不足」で、新しいOSのデータを起動させるだけのスペースが十分にないことが考えられます。

iPhone、iPad、iPod touch がアップデートされない場合|Apple

失敗しないためには、まずはVision Proのストレージ確保

アップデート前には、必ず「設定」から「仕様端末のストレージ」を確認するようにしましょう。

ストレージが足りない場合は、iPhone側から「普段使っていないアプリの削除」や「iCloudに移行すべきデータ」などが提案されるので、使い方がよくわからない場合にはストレージ節約方法を検討しましょう。

Apple側のサーバーエラーの可能性もチェック

ネット回線に関するエラーとしては、自分が利用しているネット回線が安定しない、速度が遅いというのがほとんどのエラーの原因になります。

ただ、ごく稀に、Apple側のサーバーがシステム障害などを起こしておりアップデートに必要なデータがうまくダウンロードできない場合があります。この場合は、Apple系のシステム障害が起きていないか確認するという方法もあります。

アップデートが終わらないのはシステムファイルの損傷が原因かも

最近では、アップデート途中のエラーにおいて復旧不可能になることは少なくなりましたが、それでも「アップデートが終わらない」「何度もやり直しになって進まない」という症状は度々みられています。

アプリのアップデートにおいてはアプリを一度アンインストールしてから再インストールすることでリセットできますが、OSのアップデートは、「ソフトウェアを動かす装置」に不具合が起きてしまうことになります。

失敗すると使用Vision Proだけでは復旧できなくなってしまうことがあります。

ぶちくま
ぶちくま

OSは、オペレーションシステムという名前の通り、Vision Proを起動するために必要不可欠な機構なので、これがバグを起こすと一気に復旧不可能となってしまう恐ろしいものなんですね。

そもそものファームウェアが不具合という可能性も

そのため、多くの人はOS(ファームウェア)のアップデートでは一旦様子見をして、他の人が不具合で苦しんでいないかを確認してから、マイナーアップデート(不具合の対処が済んだアップデート)がリリースされてから更新する慎重な対応が求められます。

とはいえ、せっかくの新機能を使わないのも勿体無いし、そもそも「アプデでVision Proが壊れる」なんてことも知らずにアップデートしてしまった方もいると思います。

もしアップデートでうまく復旧できないという場合にお勧めの方法をお伝えします。

VisionOSのアップデートがうまくいくための対処法

先ほど、アップデートがうまくいかない理由として、「アップデートのためのVisionOSのシステムファイルのデータが不完全」であるという話をしました。

原因としては、通信障害などで「アップデートのシステムファイルのダウンロードが中途半端に終わる」ことや、利用している端末の容量が不足していたり途中でバッテリーが切れるなどして「システムファイルをうまく展開できない」などの理由が考えられます。

逆にいえば、うまくいくようにするためには「壊れたシステムファイルを除去」した上で、「安全な方法で完全なシステムファイルをダウンロード」し、かつ安定した環境でシステムファイルを端末上に展開する必要があります。

壊れたシステムファイルを除去しよう

まず、ダウンロードしたシステムファイルを展開しようとしても失敗してしまう場合には、おそらく壊れているであろうダウンロードしたシステムファイルを一度削除します。

これは、あくまでも「まだ展開していないシステムファイル」なので、消してしまっても大丈夫です。

アップデート用のファイルを削除する方法
  1. 設定アプリを開く
  2. 「一般」タブを選択する
  3. 「Vision Proのストレージ」を選択する
  4. 利用しているアプリなどの一覧から「iOS 16」というファイルを探す
  5. アップデートを削除する

ちなみに、一般タブから「ソフトウェアアップデート」からでも同様に削除が選択できると思うので試してみてください。

一度削除してから、アップデートを再度試みる場合には、再度「ソフトウェアアップデート」から最新のiOSを入手してください。この時に、必ず良好な通信環境と十分な端末のデータ容量があるかどうかを確認してください。

Vision Proを再起動する

この「アップデート中の再起動」は、対応としては高いリスクがあります。

というのも、「なかなかアップグレードが終わらない、リンゴマークから全く進まない」と感じて、ついつい焦ってVision Proを再起動してしまうことがあります。

でも、これは「システムファイル更新中に強制終了する」ということになるので、簡単にいえばファイルが破損する一番の原因になります。

ぶちくま
ぶちくま

実は、端末が古くて時間がかかっているだけで、アップグレードはちゃんと進行しているっていうことはよくあるんですよね。焦って電源を落としてしまうのが一番壊れやすい。

ただ、前述の通り、「システムファイルが壊れている」場合にも再起動ループに陥る可能性はあります。その対処としてVision Proの再起動を試みることは私もトライしたことがあります。

Vision Proの強制終了・再起動の方法

Vision Proの強制シャットダウン、再起動方法はお使いのVision Proによって異なります。基本的には以下の操作方法になります。

  1. 音量を上げるボタンを押して素早く放す
  2. 音量を下げるボタンを押して素早く放す
  3. サイドボタンを長押し
  4. Appleロゴが表示されたら、ボタンを放す

ちなみに、ただ再起動するだけであれば、音量調節ボタンと再度ボタンの長押しになります。画面操作がまだ可能な場合は、再起動方法の方がシンプルです。

iPhoneを強制的に再起動する|Apple

操作不能になるエラーに対処するには

しかし、先に書いたように、破損しているシステムファイルではアップデートはうまくいかないことがあり、これを途中でやめることによって本来使っているOSも損傷してしまう可能性があります。

こうなってしまうと、Vision Proからの操作を受け付けなくなってしまう可能性があります。特に、古いVision Proを使用している方に多い不具合で、データを展開する容量が足りなかったり、バッテリーに不具合がある場合に途中でエラーを起こすと、もうVision Proだけでは解決しない可能性があります。

復旧ソフトを活用する

当サイトではアプデに失敗した経験を発信し続けたことで、「うちのソフトを使ってください」というレビュー依頼が多くあります。

色々使ってみて思うのは、「どれも便利だけど、どれも大体一緒」ということ。簡単に言えば、その時にお買い得なソフトを使うのが一番簡単でコスパがいい、ということです。

Dr.Foneの「起動障害から修復」機能を使う

Dr.FoneというiPhoneの管理が便利にできるソフトウェアがあるので、こちらは結構おすすめ。

Dr.Foneで「iPhoneの困った」が大体解決する|レビュー
iPhoneのデータ復旧ソフト、復元できるかはデータの破損状況によりけりなので、詰まるところは「使い勝手」が大事だったりします。Dr.FoneはiPhoneが治った後にも使いやすい機能が満載でした、というレビューになります。

ReiBootもアプデのエラー復旧に便利

iOS15インストール中エラーが起きた場合の対処法という記事にも、OSアプデに失敗した時に対処方法と、ReiBootというソフトを使って復旧する方法についてまとめてあります。

また、iOS16のための対応レビューもしましたので、こちらもぜひ、参考にしてみてください。

【iOS16】iPhoneのアップデートでエラーが出てくる場合の対処法-Tenorshare ReiBootのレビュー
iPhoneのアップデートで失敗してきた経験から、iOS 16にアップデートすべきか、エラーが起きた時の対応はどうしたらいいか、などの情報をまとめました。

データ復旧ならRecoveritも検討

USBデータ復元にRecoveritという復旧ツールを使用してみたという記事がありますので、こちらも参考にしてみてください。

USBデータ復元にRecoveritという復旧ツールを使用してみた
昔使ってたUSBメモリから、予想外にデータが必要になった時に安全に復元する方法として、「Recoverit」というデータ復旧ソフトをお勧めします。使い方の説明とレビューになります。
スポンサーリンク

まとめ:VisionOSへのアップデート前に確認しておくこと

VisionOSのアップデートをすべきかどうか、アップデートの前に準備することやアプデで注意することなどをまとめました。

長文を読むのが苦手な方のためにも、最後に簡単に内容をまとめますので、参考にしてみてください。

VisionOSアップデートでやっておくべきこと

アップデートに失敗しないための準備とトラブル時の対処方法をまとめておきます。

アプデの準備

  • バックアップは必ず取っておく
  • 端末の容量は余裕を持って不要なファイルは削除しておく
  • 通信環境が良いところでインストールする

アプデのトラブル対処方法

  • エラー対処の基本は「再起動」
  • 起動しない場合はOSの再インストール
  • どうしてもダメなら復旧ソフトを活用する
しろくま
しろくま

復旧ソフトは、iPhoneのバックアップなどを補助してくれるものもあるので、とりあえずインストールだけでもしておいて損はないと思います。

VisionOSアップデートに関するよくあるQ&A

VisionOSにアップデートする際によくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
VisionOSはすぐにアップデートするべきですか?
A

最新iOSの機能をすぐに使ってみたい場合に関してはアップデートが必要になりますが、アップデートの際のエラーが心配な場合は1週間ほど様子を見るのがおすすめです。

数週間するとエラー修正などに対応したマイナーアップデートがリリースされることが多いので、エラー対応をしたくないと考えている場合にはVisionOSのマイナーアップデート(Ver名の小数点が更新される)後にした方がいいかもしれません。

Q
VisionOSの更新中に動かなくなってしまった、失敗した場合はどうしたらいい?
A

端末のデータ処理や通信状況が悪いと、OSの更新に失敗する場合があります。

再起動により改善する場合もあります。まずはパソコンなどに繋いでiTunesやFinderでiPhoneと通信できるかを確認します。

OSの再インストールをすればほとんどのケースで再起動はできますが、場合によってはデータが全消去されることもあるので、バックアップは必ず取っておくようにしましょう。

Q
VisionOSの前のバージョンのまま利用することはできますか?
A

アップデートをしないことはできますが、セキュリティの脆弱性を改善したプログラムも更新できるので、古いOSを使い続けるよりは、適宜最新のOSに更新したほうがメリットは大きいです。

ただ、最新のOSには対応しない旧モデルのVision Proを使っている場合にはアップデートをしないという選択になります。OSを更新することで機能は増えますが、端末の処理が増える可能性もあり、旧式では動作が不安定になる場合があります。

最新のOSにアップデートするに越したことはないですが、買い替え時期まで様子をみたい、旧式をしばらく使う必要があるという場合には、最新OSを利用しないという選択肢はあり得ると思います。

VisionOSアップデートの各種SNS口コミ・評判など

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「VisionOS」と検索できます。

VisionOSアップデートの参考になる記事リスト

VisionOSに関連した当サイトの記事リンクは以下の通りです。

Apple製品のセールに関する情報

Apple製品の年末〜初売りまでのセール情報をまとめたページはこちら。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

製品ごとにセールをまとめているのは以下。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「disney best movies」に関する最新情報です。

    ディズニープラスで現在視聴できる最高の60本の映画には、「Poor Things」「Summer of Soul」「Taylor Swift: The Era’s Tour (Taylor’s Version)」「The Marvels」「X-Men」などが含まれています。

    https://www.wired.com/story/best-movies-disney-plus/

  2. buchikuma-info より:

    「開催 apple apple vision」に関する最新情報です。

    2024年4月15日に株式会社アイデミーがオンラインで開催する「Apple Vision Pro」について学ぶ先端技術紹介セミナーについて、追加開催とキャンペーンが決定されました。このセミナーでは、最先端XRデバイス「Apple Vision Pro」やその空間オペレーティングシステムについて解説され、企業のDX推進をサポートする内容となっています。また、AIを活用する企業のためのオンラインDXラーニング「Aidemy Business」では、Apple Vision Proの体験会プラスキャンペーンも実施されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000338.000028316.html

  3. buchikuma-info より:

    「サーバー エッジ atx」に関する最新情報です。

    コンガテックは、最新のインテル Xeon プロセッサーを搭載した新製品 COM-HPCサーバー・オン・モジュールと、μATXサーバー キャリアボードを発表し、モジュラー エッジサーバーのエコシステムを拡張した。これにより、エッジアプリケーションやクリティカルなインフラストラクチャー向けのコンパクトなリアルタイム サーバーが提供され、柔軟な性能変更が可能となる。また、開発者が自由に選択できるカスタマイズオプションを提供し、産業環境向けにパワフルで信頼性の高いビルディングブロックを提供する。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwNDMuMDAwMDgxMDYxLmh0bWzSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「アップグレード サイト モデル」に関する最新情報です。

    Appleは「アップグレードする理由」サイトを公開し、所有しているiPhoneモデルから乗り換えたいモデルにアップグレードする利点を詳細に示しています。例えば、iPhone11からiPhone15へのアップグレードでは、カメラの解像度が4倍に向上し、ストレージが2倍以上に増加するなどの変化があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3OTMxL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3OTMxL2FtcC8?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「disney best movies」に関する最新情報です。

    ディズニープラスで現在視聴できるベスト58の映画が紹介されているウェブサイトの分析データがあります。その中には、テイラー・スウィフトの”The Era’s Tour (Taylor’s Version)”や、マーベル映画の”The Marvels”、”X-Men”、”Indiana Jones and the Dial of Destiny”、そして”Spider-Man: Far From Home”などが含まれています。

    https://www.wired.com/story/best-movies-disney-plus/

  6. buchikuma-info より:

    「apple アプリ アンインストール」に関する最新情報です。

    Appleは2024年末までに、Safariを含むAppleのプリインストールアプリをアンインストールできるようにする方針を発表した。この取り組みはEUのデジタル市場法に対応するためであり、EU圏内でのみ適用される見込み。また、App Storeでの決済においても、決済サービスプロバイダーを選択したり、外部サイトでの決済を可能にする変更も行われる予定。これにより、ユーザーはウェブブラウザや他のアプリを自由に選択できるようになる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvNDhfN19yXzIwMjQwMzA4XzE3MDk4NjM5NDE5NTY1MzDSAQA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「vision アプリ apple」に関する最新情報です。

    空間コンピューター「Apple Vision Pro」の「Vision OS」がバージョン1.1にアップデートされ、アプリのクラッシュ問題などが修正されました。更新内容には、アプリのクラッシュ問題の修正や空間ビデオの配置調整、コントロールセンターの不具合修正などが含まれています。また、アバター作成時のアイトラッキング不具合やアクセシビリティオプションに関する問題も改善されました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vd3d3Lm1vZ3VyYXZyLmNvbS9hcHBsZS12aXNpb24tb3MtdmVyc2lvbi0xLTEv0gEA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「apple わから apple vision」に関する最新情報です。

    Apple Vision Proを返品した人の主な理由は、セットアップの仕方がわからなかったことが挙げられており、使い方がわからないと感じる人が20~30%いると報告されています。Apple製品の直感的な使いやすさが魅力であるにも関わらず、一部のユーザーにとってセットアップに関する壁があるようです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiV2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMi9hcHBsZS12aXNpb24tcHJvLXJldHVybnMtdXNlcnMtZGlkbnQta25vdy1zZXQtaXQtdXAuaHRtbNIBAA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「主義 民主 民主 主義」に関する最新情報です。

    世界各国の「民主主義指数」2023年版によると、日本は総合スコア8.40で世界16位にランクされ、アジア最上位は台湾となっている。日本は「政治参加度」が低い評価を受けており、選挙プロセスや市民の自由は高いが政治参加が比較的低いとされている。2024年は世界人口の半分以上を占める国々で選挙が行われ、「選挙は民主主義の条件だが、それだけでは十分ではない」と指摘されている。アメリカの大統領選については、分裂と幻滅の可能性が高いと予測されている。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65cadf69e4b0fb721d6268fe

  10. buchikuma-info より:

    「disney best movies」に関する最新情報です。

    ディズニープラスで現在視聴できる最高の57本の映画についての分析データがあります。これらの映画は、ディズニープラスで視聴できる中で最も優れた作品とされています。また、関連する映画の提案もあります。

    https://www.wired.com/story/best-movies-disney-plus/

  11. buchikuma-info より:

    「apple apple vision developer」に関する最新情報です。

    Apple Vision Proの開発者用デバイス「Developer Strap」は、実は高価なUSB 2.0ケーブルであることが判明しました。このデバイスは、Apple Vision ProとMacを有線接続するために使用されます。報告によると、その価格に比べて転送速度がUSB 2.0と同等であるため、その目的がよくわからないとのことです。Developer Strapは、Apple Vision Proに付属しているスピーカー付きの部品を置き換えることができ、ファイルの転送や映像のキャプチャなどが可能です。主な用途は、グラフィックスを多用するアプリケーションやゲームの開発を加速することです。テストを行ったメディアは、Developer Strapを使用して100Mbpsのイーサネット接続を確立し、Wi-Fi接続よりもタイムラグが少なくなったと評価しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiT2h0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAyMDgtYXBwbGUtdmlzaW9uLXByby1kZXZlbG9wZXItc3RyYXAtanVzdC11c2ItMi_SAQA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「pro microsoft vision」に関する最新情報です。

    AppleのMRヘッドセット「Vision Pro」が米国で発売されるに合わせて、Microsoftは2月2日にVision Pro対応の「Microsoft 365」アプリを提供すると発表しました。このアプリを利用することで、Vision Pro内で自分の言葉や声を使用して文章作成やデータの分析などが行えます。対応するアプリは「Microsoft Teams、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Loop」で、Vision ProのApp Storeからインストールできます。また、Googleも動画生成AI「Lumiere」を発表し、Gemini Proも日本語対応することが発表されました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvcGN1c2VyL2FydGljbGVzLzI0MDIvMDQvbmV3czA0NS5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9wY3VzZXIvYW1wLzI0MDIvMDQvbmV3czA0NS5odG1s?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「セキュリティ 2024 脆弱性」に関する最新情報です。

    トレンドマイクロの子会社であるVicOneとZero Day Initiativeは、東京で「Pwn2Own Automotive 2024」という自動車向けのサイバーセキュリティイベントを開催しました。このイベントでは、コネクテッドカーのセキュリティ脆弱性を特化したハッキングコンテストが行われ、新たに49個の未知の脆弱性が発見されました。フランスのSynacktivが優勝し、「マスター・オブ・ポウン」の称号と45万ドルの賞金を獲得しました。また、テスラとChargePointがイベントのスポンサーとして参加しました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000122275.html

  14. buchikuma-info より:

    「zoom pro vision」に関する最新情報です。

    ビデオ会議サービスのZoomは、Appleの「Vision Pro」向けに新しいアプリを提供することを発表しました。このアプリは、ビデオ通話の体験をよりリアルで没入感のあるものにすることが期待されています。Vision Proの出荷が間近に迫る中、Zoomはこの市場での重要な週に乗じて注目を集めようとしています。アプリは2月2日から米国のApp Storeで提供される予定です。

    https://japan.cnet.com/article/35214519/

  15. buchikuma-info より:

    「アプリ apple netflix」に関する最新情報です。

    NetflixやYouTubeなどの人気アプリがApple Vision Proに対応していないことが悲しいという記事があります。これは重要な問題であり、アプリの対応が漏れている可能性があります。また、他の記事では、テスラの充電ステーションが寒さで凍ってしまう問題や、イーロン・マスクが自社を脅しているという話題も取り上げられています。さらに、RMEのPCの音質の素晴らしさや、iPhone 16でProを選ばなくても良い理由が増える可能性、レトロ携帯ゲーム機のデザインの高品質さ、1000円のアイテムでデスクが片付くという話題もあります。また、Chromeのクッキー廃止に関する情報も提供されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMS9hcHBsZS12aXNvbi1wcm8tbmV0ZmxpeC15b3V0dWJlLmh0bWzSAQA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「vx disguise サーバー」に関する最新情報です。

    Disguiseは、新しいメディアサーバー「VX 2+」を発表しました。このモデルは、中規模のバーチャルプロダクションやライブイベント、イマーシブ体験施設などの中核デバイスとして最適です。VX 2+は、高水準の制作に必要なパワーとスピードを備えており、次世代のコンテンツを産み出すことができます。Disguiseは、映像演出のプラットフォームを拡張し、現実と仮想の統合ソリューションを提供するマーケットリーダーです。VX 2+は、最新のテクノロジーを活用して、複雑な映像の実現を可能にし、最高水準の4Kビデオ出力を提供します。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000085016.html

  17. buchikuma-info より:

    「apple mr mr ヘッドセット」に関する最新情報です。

    Appleは、新たな特許によってMRヘッドセット「Vision Pro」の機能詳細を公開しました。特許には、ディスプレイ部分の詳細やストラップの構造などが描かれており、デバイスの発売についても示唆されています。これにより、AppleのMRヘッドセットに関する情報がさらに明らかになりました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcyMDkzL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcyMDkzL2FtcC8?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「2024 cloud ipo」に関する最新情報です。

    2024年にIPO市場が活況になる可能性があると、クラウド株の上昇が手助けになるかもしれない。2024年初頭には、クラウド株の回復によってテック企業の価値が回復し、強力なIPOサイクルの舞台が設定される可能性がある。クラウド株の上昇によって、IPO市場が活気づくことが期待されている。

    https://techcrunch.com/2023/12/15/cloud-stock-rally-ipo-2024/

  19. buchikuma-info より:

    「タイプ バッテリー 市場」に関する最新情報です。

    本レポートは、タイヤ空気圧監視システム用バッテリーの世界市場に関する予測を提供しています。市場の成長や動向、バッテリータイプ、TPMSタイプ、流通チャネル、車両タイプなどの要素についての洞察が含まれています。2023年から2030年までの予測期間中、市場はCAGR 8.14%で成長し、2023年には39億米ドル、2030年には67億7,000万米ドルに達すると予測されています。このレポートは、市場シェア分析や詳細な情報を提供しており、タイヤ空気圧監視システム用バッテリーの市場に関心のある企業や個人に役立つ情報源となるでしょう。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vbmV3c2Nhc3QuanAvbmV3cy83NTM5ODU30gEA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「vr apple apple vision」に関する最新情報です。

    フィンランドのスタートアップ企業が開発した新しいVRヘッドセットが、AppleのVision Proと競合し、ビジネスユーザーに好評です。このVRヘッドセットは、価格が3,990ドルで、Appleのモデルと同様の機能を備えています。120度の視野角、デュアル20メガピクセルカメラ、2つの4Kディスプレイなどの仕様を持ち、視線によるXRオートフォーカスシステムも搭載しています。このVRヘッドセットは、エンターテイメントを超えたビジネス用途にも適しており、政府のアプリケーションなどにも利用されることが期待されています。一般消費者が手に入れる機会は少ないかもしれませんが、このヘッドセットの登場は、VRがエンターテイメント以上の能力を持つことを示しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMifGh0dHBzOi8vd3d3LnpkbmV0LmNvbS9hcnRpY2xlL3RoaXMtZmlubmlzaC1zdGFydHVwcy1uZXctdnItaGVhZHNldC1yaXZhbHMtYXBwbGVzLXZpc2lvbi1wcm8tYW5kLWJ1c2luZXNzLXVzZXJzLXdpbGwtbG92ZS1pdC_SAYcBaHR0cHM6Ly93d3cuemRuZXQuY29tL2dvb2dsZS1hbXAvYXJ0aWNsZS90aGlzLWZpbm5pc2gtc3RhcnR1cHMtbmV3LXZyLWhlYWRzZXQtcml2YWxzLWFwcGxlcy12aXNpb24tcHJvLWFuZC1idXNpbmVzcy11c2Vycy13aWxsLWxvdmUtaXQv?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「試す 1100 ヘッドセット」に関する最新情報です。

    今回の記事では、100円ショップで購入できる1100円のワイヤレスヘッドセットについてのレビューが行われています。外見はしっかりしているが、実力はどうなのかが気になるところです。

    記事では、ダイソーの「Bluetoothヘッドセット」が1100円で購入できると紹介されています。音質は値段相応であり、使いやすさもそこそこだと評価されています。

    ヘッドセットの大きさは頭のサイズに応じて調節できるため、使い心地も良いとのことです。

    この記事は、100円ショップのガジェットを試すシリーズの一部であり、他のデバイスについても試されています。

    要約:100円ショップで購入できる1100円のワイヤレスヘッドセットが外見はしっかりしているが、音質や使いやすさはそこそことの評価がされています。ヘッドセットの大きさは頭のサイズに応じて調節できるため、使い心地も良いとされています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2311/26/news038.html

  22. buchikuma-info より:

    「license source without」に関する最新情報です。

    Sentryは、機能ソースライセンスを通じて開発者に「有害なフリーライディングなしでの自由」を提供したいと考えています。この新しいソフトウェアライセンスは、SaaS企業が商業的な活動を損なうことなくオープンソースの領域に適合することを目指しています。このライセンスは、ディズニーやマイクロソフト、シスコなどの企業に役立つソフトウェアを提供しており、SaaS企業が有害なフリーライディングなしで自由を与えることを目指しています。

    https://techcrunch.com/2023/11/20/with-functional-source-license-sentry-wants-to-grant-developers-freedom-without-harmful-free-riding/

  23. buchikuma-info より:

    「人事制度 施策 失敗」に関する最新情報です。

    「人事制度・人事施策に関する実態調査2023」から、失敗した人事制度・施策が分かってきた。その中で、テレワークを抑えた1位は何か?調査結果によると、1位は目標管理制度(MBO、OKR)であり、2位はテレワーク、3位はフレックスタイム制度と育児休業利用推進だった。この調査は東京都港区の総合人事コンサルティング会社、フォーノーツによって実施されたものである。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2311/14/news054.html

  24. buchikuma-info より:

    「disney bob bob iger」に関する最新情報です。

    ディズニーのCEOであるボブ・アイガー氏は、インドに残りたいと述べ、同国での地位を強化したいと考えていると述べました。ディズニーは、利益の柱であるストリーミングサービスHotstarを抱えるインドを、最も重要な国の一つと見なしています。アイガー氏は、インドでのテレビ事業が利益を上げ続けている一方で、Hotstarの加入者減少を抑えるためのオプションを検討していると述べました。ディズニーはインドで数十のケーブルテレビチャンネルを所有しており、インドの線形ビジネスは非常にうまくいっているとアイガー氏は述べています。

    https://techcrunch.com/2023/11/08/bob-iger-says-disney-would-like-to-stay-in-india-amid-hotstars-subscriber-dip/

  25. buchikuma-info より:

    「計画 都市 都市 計画」に関する最新情報です。

    AI位置情報解析の企業であるレイ・フロンティアが、計量計画研究所に「さいたま市の人流データ」を提供し、『都市計画論文集』に掲載されることが発表されました。レイ・フロンティアは独自の位置情報分析技術を活用し、都市計画研究に貢献しています。また、公益社団法人日本都市計画学会も関与しており、都市機能誘導区域における市街地の構造がまちの賑わいに与える分析手法に関する研究が行われます。このデータ提供により、都市計画の専門分野や地方創生などの課題に対して、より具体的な情報が提供されることが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAxNjguMDAwMDExMzU3Lmh0bWzSAQA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「cloud reality reality xr」に関する最新情報です。

    REALITY XR cloudは、2023年10月25日から27日までの3日間、幕張メッセで開催される「Japan IT Week【秋】」に出展することを発表しました。このイベントでは、REALITY XR cloudが提供するクラウドソリューションを通じて、企業や参加者にメタバース体験を提供し、メタバースの未来活用についてのセミナーも実施されます。REALITY XR cloudは、3DCGやXRテクノロジーを活用したメタバース構築プラットフォームを提供しており、企業担当者やメディア関係者に対しても情報提供を行っています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000316.000021973.html

  27. buchikuma-info より:

    「発売 2023 microsoft」に関する最新情報です。

    TD SYNNEXは、2023年秋に日本でMicrosoft Teams認定のスマートホワイトボード「MeetingBoard 65」とスマートディスプレイ「DeskVision A24」を初めて発売することを発表しました。これらの製品はYealink社の製品であり、ハイブリッドワーキングツールとして需要が高まっていることから、発売に至ったと述べています。TD SYNNEXは、UC(ユニファイドコミュニケーション)ソリューションのプロバイダーであり、ビデオ会議やコラボレーション機器に投資が増加していることを背景に、これらの製品を国内で提供することで需要に応える意向を示しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000129.000034623.html

  28. buchikuma-info より:

    「発売 2023 microsoft」に関する最新情報です。

    TD SYNNEXは、2023年秋に国内でMicrosoft Teams認定のYealink社のスマートホワイトボードとスマートディスプレイを初めて発売することを発表しました。スマートホワイトボード「MeetingBoard 65」とスマートディスプレイ「DeskVision A24」は、Microsoft Teamsとの連携が可能であり、ハイブリッドワーキングに適したツールとなっています。この発売は、COVID-19の影響でハイブリッドワークプレイスの需要が増加している中で行われるものであり、注目されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000129.000034623.html

  29. buchikuma-info より:

    「ヘッドセット 市場 2023」に関する最新情報です。

    本レポートは、2023年から2030年までの拡張現実ヘッドセット市場の世界予測について提供しています。市場はスマートフォン対応ヘッドセット、スタンドアロン型ヘッドセット、テザーヘッドセットの3つのタイプに分かれており、コンシューマーとエンタープライズの2つの用途に応じて分析されています。2023年の市場規模は91億6,361万米ドルであり、2030年までのCAGRは40.74%で、2030年には1,003億3,513万米ドルに達すると予測されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vbmV3c2Nhc3QuanAvbmV3cy80MjE3MjEx0gEkaHR0cHM6Ly9uZXdzY2FzdC5qcC9uZXdzLzQyMTcyMTEvYW1w?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「apple apple reality composer」に関する最新情報です。

    Appleは、Reality Composer ProとともにvisionOS SDKを開発者に公開することを発表しました。このSDKは、複合現実感ヘッドセットでのアプリ作成に必要なソフトウェア開発キットであり、近日中に発売予定です。開発者は特定のラボで物理的なデバイスを提供され、アプリのテストに取り組むことができます。visionOS SDKは、SwiftUI、ARKit、Reality Kitなどのフレームワークをサポートしており、プログラマーやアーティストが新しいツールを利用してリッチなAR体験を作成できます。また、Reality Composer Proでは、シーンの編集やプレビュー、仮想オブジェクトの配置などがプログラミング知識を必要とせずに行えます。このSDKの目指すところは、空間コンピューティングシステムを活用して、デジタルコンテンツと物理的な世界をシームレスに融合させる新しい体験を提供することです。開発者はアカウントを持っていれば、SDKをダウンロードして物理的なデバイスへのアクセスやvisionOSアプリの実行を行うことができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vd3d3LmluZm9xLmNvbS9qcC9uZXdzLzIwMjMvMTAvYXBwbGUtdmlzaW9ucy1zZGstYXZhaWxhYmxlL9IBAA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「提供 cloud cloud 提供」に関する最新情報です。

    SCSKとGoogle Cloudは、Chronicle SIEMを活用したセキュリティサービスを提供することを発表しました。Chronicle SIEMは、セキュリティ情報の収集、分析、管理を高速かつ効率的に行うことができるサービスです。SCSKは、Chronicle SIEMの導入と運用を支援し、セキュリティインシデントに対応するためのチームを提供します。これにより、セキュリティの脅威を迅速に検出し、対応することが可能となります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvdGVjaHBsdXMvYXJ0aWNsZS8yMDIzMDkyMi0yNzc2ODYzL9IBAA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「cloud google ceo」に関する最新情報です。

    Google CloudのCEOであるThomas Kurianが、TechCrunch Disrupt 2023でAIと次の展開について話す予定です。Google CloudのCEOであるKurian氏は、AIとクラウドに関する議論において最適な候補と言えるでしょう。彼はGoogle Cloudの次の展開やAIの将来についてプレビューし、AIパートナーや開発者とのオープンなエコシステムの構築に取り組んでいます。TechCrunch Disrupt 2023では、彼の会話が注目されることでしょう。

    https://techcrunch.com/2023/09/06/google-clouds-ceo-will-discuss-ai-and-whats-next-at-techcrunch-disrupt-2023/

  33. buchikuma-info より:

    「visionos apple apple vision」に関する最新情報です。

    visionOSは、Apple Vision Proに搭載される新しいオペレーティングシステムです。このOSは、VisionProのためにゼロから設計されており、空間コンピューティングを実現します。3Dインターフェースを備えており、ウィンドウ、ボリューム、スペースなどの要素があります。また、visionOSは最新のAR技術と現実の空間を融合させ、デジタルコンテンツを投影することで、新しい次元の体験を提供します。さらに、アクセシビリティにも考慮されており、ユーザーが楽しめるように設計されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMmh0dHBzOi8vYW5kLWVuZ2luZWVyLmNvbS9hcnRpY2xlcy9aT0dId3hBQUFCOEFjQzQ40gEA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「apple apple vision ar」に関する最新情報です。

    Appleのヘッドマウントディスプレイ「Apple Vision Pro」の登場により、AR/VR関係者は大きな期待を寄せています。専門家によると、Apple Vision ProはAR/VR市場を盛り上げるきっかけとなる可能性があります。Appleの参入は、AR/VR技術の進化にも影響を与えるとされています。また、Strivr Labsの最高技術責任者(CTO)であるクルカニ氏は、Apple Vision Proの登場により、企業向けのAR/VR研修教材の開発など、AR/VR分野全体が動かされると話しています。さらに、Apple Vision Proはハンズフリーの操作やジェスチャー、音声操作などの機能を備えており、別途のハードウェアが必要なくなることで普及が進むと述べられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vdGVjaHRhcmdldC5pdG1lZGlhLmNvLmpwL3R0L25ld3MvMjMwOC8xMy9uZXdzMDEuaHRtbNIBAA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「apple 開始 apple vision」に関する最新情報です。

    Appleは、2024年初頭に発売予定のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」の開発者向けプログラムを開始しました。このプログラムでは、「Apple Vision Pro developer kit」を開発者に提供しています。東京を含む世界の都市でのデベロッパラボも近日中に申し込み受付を開始する予定です。また、Apple Vision Proデベロッパラボは8月16日から25日まで東京で開催されます。Apple Vision Proは、2024年初頭に3499ドルで発売される予定であり、サードパーティのアプリも利用できるとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yMzA3LzI1L25ld3MwOTMuaHRtbNIBAA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「iphone apple セキュリティ」に関する最新情報です。

    Apple製のモバイルデバイスであるiPhoneやiPadは、セキュリティを重視していると言われていますが、実際にどのような理由から安全だと言えるのでしょうか。この記事では、iPhoneをマルウェアから守る方法について解説しています。

    まず、iPhoneやiPadは他のスマートフォンやタブレットと比べて、比較的セキュリティが高いと考えられています。攻撃を受ける可能性がほとんどゼロであり、実際にマルウェア感染が報告されていることはほとんどありません。

    また、企業のIT管理者にとっても、Apple製モバイルデバイスはセキュリティ対策において頼りになる存在です。パスワードの設定やソフトウェアの定期的な更新など、管理者が取り組むべきセキュリティ対策をサポートしてくれます。さらに、モバイルデバイス管理(MDM)ツールを利用することで、企業はApple製モバイルデバイスの保護とセキュリティリスクの減少に取り組むことができます。

    他のデバイスと比べて、Apple製デバイスはマルウェア感染のリスクが低い理由は2つ挙げられます。まず、Appleはセキュリティに対する取り組みが積極的であり、セキュリティの脆弱性を修正するためのアップデートを頻繁に提供しています

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vdGVjaHRhcmdldC5pdG1lZGlhLmNvLmpwL3R0L25ld3MvMjMwNy8xOS9uZXdzMDguaHRtbNIBAA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました