PR

位置情報が利用されるのはこんなサービス

スポンサーリンク

「位置情報/GPS利用サービス」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「位置情報/GPS利用サービス」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2023年の「位置情報/GPS利用サービス」新着情報まとめ

位置情報/GPS利用サービスについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

位置情報/GPS利用サービスに関する新着ニュース

位置情報/GPS利用サービスに関する新着ニュースをまとめています。

「PayPayが「近くのおトク」機能を追加、マップでお得な店舗検索可能に」

2023年12月9日の、PayPayによる「近くのおトク」機能の追加に関する情報をお届けします。

  • PayPayが新機能「近くのおトク」を追加、地図上でお得な店舗が検索可能に
  • キャンペーン情報、PayPayポイントアップ店、PayPayクーポン、PayPayスタンプカード、PayPayチラシを含む店舗情報の検索が可能
  • 位置情報やエリア検索を利用して、周辺のお得な店舗を見つけることができる
  • オンラインとオフラインの境界を無くすOMO(Online Merges with Offline)の推進に貢献
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • ユーザーはこの機能を使用して、地域のお得な店舗やキャンペーン情報を簡単に見つけることができる
  • オンラインとオフラインの融合により、顧客の購買体験が向上し、エンゲージメントが高まることが期待される
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 位置情報の使用に対するプライバシーの懸念がユーザーによっては存在する可能性がある
  • 店舗によっては、この新機能による競争が激化し、プレッシャーを感じることがあるかもしれない
追加情報/補足
  • 「近くのおトク」機能は現在特許出願中であり、将来的な機能拡充が期待される
  • 「PayPayクーポン」「PayPayスタンプカード」利用者数はそれぞれ1700万人を超えている

出典元:ECのミカタ編集部

KDDIによるドローン飛行ルートの実証実験

2023年12月4日の、KDDIとKDDIスマートドローンの実証実験に関する情報をお届けします。

  • 11月20日から12月4日にかけて、人流データを活用した地上リスク評価とドローンによる検体輸送の実験を実施。
  • スマートフォンの位置情報を基にした人流データを利用し、人通りの少ない安全な飛行ルートを設計。
  • 病院から検査機関へのドローンによる検体輸送を成功。
  • 内閣府の「先端的サービスの開発・構築や先端的サービス実装のためのデータ連携等に関する調査事業」の一環として茨城県つくば市で実施。
  • トラックドライバー不足への対策として、医薬品や検体のドローン配送への期待が高まる。
追加情報/補足

実験では、ドローンの検体輸送において、人流データを活用し安全な飛行ルートの選択を可能にすることを確認。また、地域住民への飛行通知をスマートフォンアプリで行う新たな試みも行われました。今後、これらの結果を基に社会実装に向けた課題検証と、地上リスク低減の仕組み構築、制度整備への提言が進められる予定です。

「Wi-Fi電波を利用した現在地特定のメカニズム解説」

2023年11月15日の、Wi-Fiの電波から現在地が分かる、どんな仕組みで実現しているのかに関する情報をお届けします。

  • GPSを搭載していないデバイスでも、Wi-Fi接続や周囲のWi-Fiの電波状況から現在地を取得することが可能です。
  • Wi-Fiルーターは「ビーコン」と呼ばれる認識信号を発信し、デバイスはこれを利用して位置を特定します。
  • ただし、Wi-Fiによる位置特定は、データベースの正確性や周囲のWi-Fiルーターの配置に依存し、誤差が生じる可能性があります。
「GPSとの比較」

GPSは屋外での正確な位置測定に適していますが、屋内や地下などの環境では信号が弱くなります。Wi-Fiによる位置特定は、GPSのこの弱点を補い、屋内や地下でも位置情報を取得することが可能です。ただし、Wi-Fiルーターの移動やデータベースの不正確さにより、GPSほどの精度は期待できない場合もあります。

第1回 位置情報アワード2023開催

2023年11月12日の、位置情報を活用したビジネスに関する情報をお届けします。

  • 一般社団法人LBMA Japanは、位置情報データを活用したビジネス・マーケティング・サービスの取り組みを表彰する「LBMA Japan 位置情報アワード」を開催。
  • 会員企業からの応募作品の中から、LBMA Japan理事会が優秀賞として5つの事例を選出しました。
  • これらの事例から、会員投票により「最優秀賞」を12月15日までに選出、発表する予定です。
ノミネートされた事例の詳細
  1. KDDI Location Analyzer(訪日外国人版)Powered by NAVITIME
    • 提供者: 株式会社ナビタイムジャパン、技研商事インターナショナル株式会社、KDDI株式会社
    • 特徴: GPS位置情報を活用した国内人流分析ツール。訪日外国人データを搭載し、エリアや施設単位での外国人の人流や分布を可視化可能。
  2. 生体情報と位置情報を活用したオフィス空間評価システムGISTA
    • 提供者: 株式会社竹中工務店
    • 特徴: オフィスワーカーの位置情報と生体情報を計測・分析し、ワークプレイスの生産性評価と個人へのフィードバックを提供。
  3. デジタル観光統計オープンデータ化で進むデバイスロケーションデータ社会実装
    • 提供者: 株式会社ブログウォッチャー
    • 特徴: 人流データを基に観光地点と観光客の定義を標準化し、オープンデータ提供を開始。全国的な観光地点情報を網羅。
  4. パナソニック 街演出クラウドYOI-en × CITY INSIGHT(人流データ分析ソリューション)
    • 提供者: 株式会社ナイトレイ
    • 特徴: パナソニックの照明演出とナイトレイの人流データ分析のコラボによる、街の賑わい創出や地域経済の活性化への貢献。
  5. 東京都スマートサービス実装促進プロジェクト
    • 提供者: 株式会社unerry
    • 特徴: 人流データを活用し、エリアの課題やニーズの定量化、メディア活用による行動変容・価値創出を目指し、東京都内のスマートサービス実装を促進。

これらの取り組みは、位置情報データの社会課題解決への活用と市場成長・活性化に貢献しています。

中国で大人向け「かくれんぼ」がブーム

2023年9月17日の、中国での新しいゲームブームに関する情報をお届けします。

  • 数十人や100人以上が集まって「ネコ」と「ネズミ」のチームに分かれ、スマホの位置情報を利用してかくれんぼを行う新しいゲームが流行
  • ゲームは今年初めに大学キャンパスで始まり、現在は50以上の都市でオンライングループが作成され、オフラインでの活動も行われている
  • 参加者はこのゲームを通じて子供の頃の楽しい思い出を再体験できると話しており、専門家はこれを社交的なゲームとして評価
ゲームの開催と参加者の反応

このゲームはGPSや北斗衛星の技術を活用し、位置情報を基に新しい形でかくれんぼが再登場しています。9月後半から10月初めにかけて、四川省成都市の各公園で50回以上のかくれんぼイベントが計画されています。主催者はゲームの道具や蚊よけスプレー、ミネラルウォーターなどを用意し、参加費として数元から数十元(100~1000円程度)を受け取っています。

参加者はこのゲームを「ダイエットや運動の効果があり、日常のストレスから解放される」と評価しています。また、インターネット利用に関するアナリスト、丁道師氏は、このゲームが人間の群居性と社交性に適合していると分析しています。

安全性に関する懸念

この新しいゲームブームには安全性への懸念もあります。成都市の多くの公園は、「ゲームを歓迎しているが、安全に注意する必要がある」と述べています。公園側も安全サービスを強化することを示唆しています。

1​ CRI, 2023年9月15日, “位置情報を利用した「かくれんぼ」が大人を魅了 中国

アルプスアルパインの位置情報サービス、ヤマトホームコンビニエンスと日立建機ロジテックに採用

「2023年9月7日」の、「アルプスアルパインの位置情報サービス導入」に関する情報をお届けします。

  • アルプスアルパインが「MonoTra」などの位置情報ソリューションを展開
  • ヤマトホームコンビニエンスはテレビケースの管理効率化やCO2排出削減を目指して「MonoTra」を活用
  • 日立建機ロジテックは運搬具の管理向上と効率化を目指して「MonoTra」ソリューションを導入
サービス詳細と企業の取り組み
  • アルプスアルパイン
    • 「物流トラッカー」: 10年間無充電で稼働し、物流資材の位置情報を取得・送信
    • 「MonoTra」: 低コスト・低消費電力で屋内外での精度50mの位置測位を可能とし、システムの簡略化を実現
    • 「MonoTra Dashboard」: 2022年10月からサービスに追加され、位置情報や滞留状況、稼働率を一元管理する可視化サービス
  • ヤマトホームコンビニエンス
    • テレビケース管理の課題: 配置転換の効率化、滞留・偏在解消、適切なメンテナンス計画の策定
    • MonoTraの効果: 配置転換の効率化、輸送車両のCO2排出削減、資材の長寿命化
  • 日立建機ロジテック
    • 運搬具管理の課題: 慢性的な不足と監視・数値化ツールの不足
    • MonoTraの効果: ウィークポイントの特定、PDCAサイクルの効率化、運搬具の予防保全的な点検・修理の実施
将来の展望

アルプスアルパインは今回の採用を契機に、運送業界や建機輸送業界へのMonoTraソリューションの更なる導入拡大を目指している。物流資材の管理・運用業務の効率化、物流資材の長寿命化、そして配送効率向上による輸送車両のCO2排出量削減を推進することで、カーボンニュートラルな社会の実現に貢献する計画を進めています。

Agoopとatocos、位置情報活用の「エリアアンケート」で協業開始

2023年8月31日の、位置情報とアンケートサービスに関する情報をお届けします。

  • 株式会社Agoop(ソフトバンクの子会社)とatocos株式会社が、位置情報を基にした「エリアアンケート」サービス提供に向けて協業を開始。
  • 「atocos research」の高度なアンケート機能とAgoopのスマホアプリ「アルコイン」を活用し、アンケートの品質向上、迅速な回答収集、詳細な分析などを強化。
  • 新たな市場や顧客層へのアプローチも視野に入れ、事業の拡大を共同で取り組む。
両社について
Agoop
  • 位置情報ビッグデータを活用し、人の動きを解析する先進的企業。
  • スマホアプリ「アルコイン」で健康的な習慣を促進するなど、多角的なビジネスを展開。
atocos
  • ネットリサーチに特化したテクノロジー企業。
  • オールインワン型のネットリサーチSaaS「atocos research」を提供し、調査事業でのマネタイズなどが可能。
協業のポイント
項目説明
高度なアンケート機能atocosが提供する認証・会員管理・ポイントシステム等が利用できる。
位置情報活用Agoopの「アルコイン」アプリを活用し、位置情報に基づいたアンケートが可能。
品質向上・迅速な回答収集両社の技術やノウハウの活用で、より高品質なアンケート回答と迅速な回答収集が期待される。
新市場への拡大新たな市場や顧客層へのアプローチも視野に、共同で事業拡大を目指す。

ネットからの位置情報の漏洩を防ぐプライバシー保護の方法

「2023年8月25日」の、位置情報プライバシー保護に関する情報をお届けします。

  • GPS関連技術の進化で、多くのネットワークサービスが位置情報を必要とするようになった。
  • 位置情報が役立つ一方、誰かに探されることは迷惑に感じることがある。
  • Googleなどの企業は、ネットワーク経由でSSIDを自動収集し、位置情報と紐づけてデータベースに蓄積している。
位置情報の把握を妨げる方法
  • Wi-Fiルーター/アクセスポイントのSSIDの末尾に「_nomap」という文字列を追加する。
  • 例: 現在のSSIDが「philewifi」なら、「philewifi_nomap」に変更。
  • Googleなどの一部の企業のサービスにのみ有効。
  • 位置情報の予測/取得が難しいデバイスもこの方法を採用することで、位置情報登録を避けることが推奨される。

iPhoneでの写真の位置情報を安全に管理する方法

「2023年8月22日」の、iPhoneでの写真の位置情報管理に関する情報をお届けします。

  • iPhoneで撮影した写真には位置情報が自動で記録され、SNSへのアップロード時にプライバシーのリスクがある。
  • iPhoneでの写真の位置情報は削除や再追加が可能。
  • 位置情報の自動記録をオフにする設定も可能。
写真の位置情報を消す手順
  • 写真アプリで写真を開き、位置情報が表示されていれば上にスワイプして「調整」をタップ。
  • 「位置情報なし」を選択することで、位置情報を削除。
位置情報を再び写真に追加する方法
  • 写真アプリで写真を開き、上にスワイプして「位置情報を追加」をタップ。
  • 場所の名前を入力して、希望の位置情報を指定。
位置情報なしで写真を撮る設定方法
  • iPhoneの「設定」から「プライバシーとセキュリティ」→「位置情報サービス」→「カメラ」へ進む。
  • 「位置情報の利用を許可」の「しない」を選択して設定を変更。
まとめ
  • 写真の位置情報は便利だが、個人情報の漏洩のリスクがあるため、SNS利用時は注意が必要。

株式会社ビーキャップ、横浜市のオンライン展示会に参加

「2023年8月22日」の、横浜市のICTを活用した子どもの見守り製品紹介オンライン展示会に関する情報をお届けします。

  • 株式会社ビーキャップが、横浜市が支援するオンライン展示会に参加。
  • 保育所などの園外活動時の子どもの安全確保のためのICT製品紹介が主要テーマ。
  • ビーキャップが提供する「Beacapp Here」は園外活動時の子どもの位置情報把握に活用可能。
開催概要
  • 日時:2023年8月28日~9月30日
  • 方法:オンライン形式
  • 対象:市内保育所等、約1,500施設
  • 製品:BluetoothやGPSを使用した子どもの安全対策製品(靴や帽子などに取り付ける製品)
  • 参加予定企業:ジョージ・アンド・ショーン、ミマモルメ、otta、ワイイーシーソリューションズなど
ビーキャップ製品について
  • 「Beacapp Here」はビーコンとスマートフォンを使い、人やモノの位置を可視化するサービス。
  • 新しい働き方のサポートや、安全管理などの課題解決に活用。
  • 2023年より「ichi-watch」という見守りサービスも提供開始。
今後の展望
  • ビーキャップは、横浜市などの自治体との連携を深め、各分野の課題解決のためのソリューション提供を目指す。

INFORICHとJagat Technologyが位置情報サービスで提携

「2023/8/14」の、位置情報サービスを中心とした戦略的提携に関する情報をお届けします。

  • 株式会社INFORICHとJAGAT TECHNOLOGYが位置情報サービスに関する提携の基本合意を締結。
  • Z世代を中心に成長しているソーシャルアプリ「Jagat App」とモバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」が融合。
  • この提携により、日本や台湾、香港、タイ、シンガポール等の主要市場でのサービス拡大を目指す。
提携の詳細
  • Jagat Appのユーザーは電池残量が見えるため、ChargeSPOTとの親和性が高い。
  • Jagatアプリ内でChargeSPOTの設置場所を表示する機能や、割引クーポンの配布機能などが提供予定。
  • 両社はサービスの融合を進め、ユーザーにシームレスな体験を提供することを目指す。
各社からのコメント
  • JAGAT TECHNOLOGY共同創立者 バリー・ビーゲンは、この提携の背景や目標についての意気込みを述べた。
  • 株式会社INFORICH代表取締役社長 秋山 広宣も提携の意義や期待を表明。
Jagat appについて
  • リアルタイムで位置情報を共有できるグローバルソーシャルアプリ。
  • 日本と台湾での強力なユーザーベースを有し、国際的な認知度も上昇中。
  • 次世代のソーシャルネットワーキングプラットフォームの構築を目指している。
ChargeSPOTのサービスについて
  • 日本全国47都道府県に設置されているモバイルバッテリーシェアリングサービス。
  • 香港、タイ、台湾、中国などグローバルにエリアを拡大中。
  • レンタルは「ChargeSPOT」対応アプリでバッテリースタンドのQRをスキャンするだけ。

位置情報/GPS利用サービスの新製品情報

位置情報/GPS利用サービスの新製品情報についてまとめています。

ゴーガ、位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「GOGA GIS」を提供開始

「2023年8月25日」の、位置情報ビッグデータ活用プラットフォームに関する情報をお届けします。

  • 株式会社ゴーガが、位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「GOGA GIS」の提供を開始。
  • 「GOGA GIS」は、位置情報ビッグデータを搭載したマップ上で、自社データを含む様々なデータを閲覧・管理できるサービス。
  • 位置情報ビッグデータと自社保有データを重ね合わせて、自社の戦略マップとして活用が可能。
GOGA GISの特徴
  • 軽快な操作性と誰でも使えるUIが特徴。
  • 企業の店舗検索システムや地図システム・UIの開発実績を持つゴーガが提供。
  • データの可視化が簡単にでき、分析・検討業務の効率化に役立つ。
ゴーガの位置情報ビッグデータサービス
  • 携帯キャリアが保有する最新の位置情報ビッグデータの可視化・分析に最適なUIを提供。
  • 国勢調査では把握しきれない人流の鮮度や、用途に合わせたデータ粒度をゴーガから提案。

Geolonia、住所の“表記ゆれ”正規化サービス「クイック住所変換」を開始

「2023年8月16日」の、住所正規化サービスに関する情報をお届けします。

  • 株式会社Geoloniaが「クイック住所変換」を開始。このサービスは住所の表記ゆれを正規化するウェブサービスである。
  • ユーザーはExcelファイルに含まれる表記ゆれの住所をアップロードすることで、正規化された住所をダウンロード可能。
  • この正規化済みの住所には、緯度・経度の座標を付与する“ジオコーディング”の処理も行われる。
料金詳細
  • ジオコーディング込み(税別):1000件まで5000円、5000件まで1万円、1万5000件まで3万円。
  • ジオコーディングなしの場合、上記の半額で正規化のみを行う。
  • 1万5001件以上の場合、従量追加料金がかかる。
サービスの特長と流れ
  • ウェブサイトから住所データをアップロードすることで、無料サンプルが生成され、見積もりが自動発行。
  • 支払いはクレジットカードのみで、会員登録は不要。
  • 購入手続きがない場合、アップロードファイルは24時間後に自動削除。
住所の正規化詳細
  • 全国の住所を網羅した「Geolonia住所データ」を利用。
  • 対象データには、デジタル庁のアドレスベースレジストリ、法務省の登記所備付地図データ、国土交通省の位置参照情報が含まれる。
  • 主な正規化内容としては、都道府県や市区町村の分割、文字の変換や統一、アルファベットや数字の半角統一など多岐にわたる。
  • 約98%の精度での正規化が可能。正規化できなかった住所はエラー内容付きで戻される。

新製品:「oplusのGPS打刻機能」

「2023年7月31日 13時00分」時点での「Oplus株式会社」の「GPS打刻機能」について紹介します。

「GPS打刻機能」の特徴
  • 打刻時の位置情報を取得できる機能。
  • 事業所と就業先が異なる企業や、直行直帰が多い企業に適している。
  • スタッフの出勤証明として利用可能。
価格

「1ユーザー200円から」円(税込)

「GPS打刻機能」のおすすめポイント
  • 事業所と就業先が異なるスタッフや、直行・直帰のある従業員の出勤を確認できる。
  • どこで仕事を開始・終了したかのログを残すことができ、就業場所以外での打刻や勤務実態のない打刻の不正防止につながる。
「GPS打刻機能」の気になるところ、注意点
  • 特に明示されたデメリットや注意点は述べられていません。
「GPS打刻機能」の購入時参考情報
  • oplusの公式サイトから詳細情報や導入事例を確認できる。
  • 公式サイト

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「位置情報/GPS利用サービス」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「位置情報/GPS利用サービスとは」的な内容になります。

当サイトと位置情報

当サイトがなぜ位置情報の記事を書いているかというと、「家計簿アプリ」「レシート撮影」や「ポイントサイト」などでこの手の情報が収集されるからです。

そのため、いつの間にか「位置情報」という単語で検索されるようになり、「位置情報を偽装するアプリ」についてもまとめる機会が増えました。

さらに、位置情報を利用したアプリといえば、「ゲーム」と「SNS」。我々世代からすると信じられないのですが、最近は友達同士、親子で位置情報を共有する機会が増えています。

この後、「でも、位置情報がバレるのはトラブルにつながらないの?」あたりについてまとめますが、当サイトの記事リストも参考にしてみてください。

位置情報変更に関する便利ツール一覧

知っておきたい豆知識
ツール一覧
ゲーム利用
位置情報共有SNS

位置情報共有SNSアプリのまとめ情報はこちらの記事にあります。

位置情報共有アプリ、結局、どれを選んだらいいのか?
zenlyの後釜を狙うアプリがたくさん出てきているので、一度「どれが一番おすすめできるか」を考えてみました。naunau、友どこ、whoo、ghost、nowに対応しています。

家計簿アプリ

今年おすすめの家計簿アプリ「レシート読取は時代遅れ」という記事でアプリの選び方やおすすめについてまとめています。

2024年の家計簿アプリ、どれにする?「レシート読取は時代遅れ」
家計簿アプリに関する諸注意やおすすめなどの情報をまとめました。家計簿アプリの危険性や、安全なアプリの選び方について説明しています。
家計簿アプリの選び方

 

この家計簿アプリはどう?レビュー記事

 

MoneyForward ME
Zaim

おこづかいアプリに関する記事一覧

位置情報サービスが危険とつながる理由

スマートフォンや携帯電話に内蔵されているGPS機能を利用した位置情報は、さまざまなサービスの発展を支えています。しかし、その便利さの裏には、プライバシーの侵害や悪用の危険性が潜んでいます。

位置情報サービスの急速な普及

位置情報を利用したアプリやサービス(LBS)が増加している背景には、スマートフォンの爆発的な普及とソーシャルネットワークの興隆がある。これらのサービスは、店舗や施設の訪問履歴や口コミを共有する機能を持つものから、食べ物の写真やレストラン情報を共有するものまで多岐にわたる。

  • 新たなサービスが続々と登場している。
  • LBSの普及背景にはスマートフォンとソーシャルネットワークの浸透がある。
  • LBSを利用すると、ターゲット広告やプロモーションが効果的に行える。

位置情報の悪用の危険性

位置情報は、現在の場所、移動の履歴、店舗や施設の場所という3つの要素から成り立っており、これらの組み合わせによって非常に強力な情報となる。悪意を持った者がこれらの情報を手に入れると、プライバシーの侵害や犯罪につながる可能性がある。

  • 移動の履歴を追跡することで、個人の生活パターンや居場所が推測される。
  • 位置情報をもとに人間関係や業務上の機密を推測することが可能。
  • スマートフォンのカメラに位置情報を埋め込む機能があり、これを悪用することで住所などが知られる可能性がある。

LBSを安全に利用するための心構え

位置情報サービスを利用する際には、常にプライバシーの保護を意識する必要がある。特に新しいアプリをインストールする際や、スマートフォンの設定を変更する際には注意が求められる。

  • 位置情報の共有を最小限に抑える。
  • GPSや位置情報サービスを必要な時だけオンにする。
  • 新しいアプリをインストールする際には、そのアプリの評価やレビューを確認することが重要。

会社はどこまで位置情報を利用してもいいのか

法人携帯のGPS機能により、企業は従業員の位置情報を把握する動きが増えています。しかし、位置情報の取り扱いには注意が必要であり、適切でない取り扱いはプライバシー侵害となり得るため、法的な問題や従業員との間に摩擦を生む可能性がある。

ビジネスにおけるGPSの活用シーン

ビジネスにおける主なGPSの活用シーンとして、業務効率化、勤怠管理、危機管理が挙げられる。

  • 業務効率化: 外回りの多い職種では、位置情報を活用して業務の効率化が期待できる。
  • 勤怠管理: 位置情報を使用することで、オフィス外の現場への従業員の勤務実態を把握でき、管理者と従業員の報告の負担を軽減することが可能。
  • 危機管理: 災害時などの危機状況で従業員の居場所を特定し、適切な対応を行うことができる。

位置情報取得の注意点

従業員の位置情報取得は、多くのメリットがある一方で、従業員の不安や不快感を引き起こす可能性がある。そのため、以下の点を注意して取得すべきである。

  • 業務時間内に限定: 位置情報の取得は業務時間内に限り、業務時間外の取得は避ける。
  • 労務管理を目的とする: 位置情報の取得は労務管理を目的とし、その他の目的での利用は避ける。
  • プライバシー侵害の態様でない: 取得した位置情報をプライバシー侵害につながる行為に利用してはならない。

位置情報、オフにしても大丈夫?

会社携帯に設定されたGPS機能をオフにするかどうかは、各企業のルールや就業規則に依存します。経営者側は、労務管理や勤怠管理の目的で位置情報を利用するケースが多いです。勤務時間帯にGPSをオンにする取り決めが存在する場合、オフにすることは問題が生じる可能性があります。

位置情報をオフにする条件

位置情報がオフになる状況は、以下の3つの主要な条件に基づいています。

  • 電源オフ
  • 圏外表示(電波が届かない場所、または機内モードなど)
  • スマホのGPSをオフにする

Androidでの位置情報の切り替え方法

Android端末でのGPSのオン・オフの切り替え方法は、メーカーや機種、バージョンによって異なる場合がありますが、以下は一般的な手順です。

  • ホーム画面の「設定」→「ロック画面とセキュリティ」へアクセス
  • プライバシー欄の「位置情報」をタップ
  • 「位置情報の使用」欄のボタンを操作してオン・オフを切り替える

iPhoneでの位置情報の切り替え方法

iPhoneの位置情報のオン・オフの切り替えは、以下の手順で行います。

  • ホーム画面の「設定」→「プライバシー」へアクセス
  • プライバシー画面で「位置情報サービス」をタップ
  • 「位置情報サービス」欄のボタンを操作してオン・オフを切り替える

最後に、位置情報の設定をオン・オフに切り替えるのは簡単な操作ですので、勤務時間外や休日などのプライベートな時間には、設定をオフにしておくことを推奨します。

位置情報とセキュリティの問題

スマートフォンやウェブサービスが増加する中で、位置情報の利用も拡大しています。一方、その情報の悪用によるプライバシー侵害や犯罪のリスクも増加しています。このセクションでは、位置情報に関連するセキュリティの問題とその対策について概説します。

位置情報のリスクとセキュリティ課題

スマホやウェブサービスの位置情報利用は便利ですが、その情報が悪用されることでプライバシーが侵害される危険性があります。特に、スマホで撮影した画像のExif情報に位置や日時が含まれるため、ソーシャルメディアに投稿すると、その情報をもとにユーザーの行動が把握される可能性がある。

  • 位置情報の設定を確認することが重要
  • スマホの画像には撮影場所や日時が含まれる
  • ソーシャルメディアやフリマアプリでは、位置情報を自動で削除するものもある

位置情報の悪用例

位置情報が悪用される具体的な例として、写真の中の特定の景色や物体、電車の車両などからユーザーの居場所や行動を推測するケースがあります。特に、自撮り写真に映り込んだ背景や反射、郵便物の住所などから、ユーザーの個人情報が特定されるリスクがある。

  • 写真に写り込んだ物体から位置情報を推測するリスク
  • 自宅や他の場所の特定が可能
  • ソーシャルメディアの投稿からユーザーの不在が推測される

位置情報のセキュリティ対策

位置情報のリスクを軽減するための具体的なセキュリティ対策として、以下の5つの対策が提案されています。

  1. アプリやスマホの位置情報の要求を安易に許可しない
  2. ソーシャルメディアやウェブサービスでの投稿内容に注意を払う
  3. 新しいアプリをインストールする際は信頼できる開発元を選ぶ
  4. 定期的にアプリを整理し、不要なアプリを削除する
  5. セキュリティソフトをインストールして、位置情報のリスクを管理する

最後に、どんなセキュリティツールを使用しても、最も重要なのはユーザー自身の安全意識です。位置情報だけでなく、すべての個人情報を保護するために、セキュリティツールを活用し、常にプライバシー意識を高く保つことが必要です。

位置情報とストーカー対策

GPS機器の進化と普及により、新たなストーカーの手口が現れています。これに対する理解と対策が必要です。

GPS機器を使ったストーカーの手口

GPS機器を使ったストーカー行為は、日常の中で気づきにくいことが特徴です。以下のような手口が知られています。

  • 車や自転車に無断でGPS機器を取り付ける
  • バッグや上着にこっそりGPS機器を入れる
  • プレゼントや郵便物にGPS機器を忍ばせる
  • スマホアプリを無断でインストールして位置情報を取得する

ストーカー対策:日常での気づきと対応

日常生活の中でのアラートと対応が、ストーカー行為を未然に防ぐ鍵となります。以下の点に注意しましょう。

  • 車や自転車の異物チェック
  • 身の回りのもの(バッグ、上着など)の中身の確認
  • 見覚えのない荷物やプレゼントの受け取りを避ける
  • スマホの位置情報サービスの設定やアプリの確認

GPS機器の発見や不安時の相談先

もしGPS機器を発見した場合や不安を感じたときは、すぐに適切な相談先に連絡することが重要です。

  • 身近な信頼できる人への相談
  • 各都道府県の警察に相談(#9110)
  • GPS機器の不正使用はストーカー規制法の規制対象

最終的に、GPS機能の正しい使い方とそれに伴うリスクの理解が、安全な日常生活を守るための鍵です。

位置情報/GPS利用サービスの口コミ・評判

位置情報/GPS利用サービスの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「位置情報/GPS利用サービス」と検索できます。

位置情報/GPS利用サービスの知っておきたいよくあるQ&A

Q
位置情報/GPS利用サービスって何ですか?
A

位置情報/GPS利用サービスは、GPS(Global Positioning System)という衛星を利用して、端末の正確な位置情報を取得するサービスです。スマートフォンやカーナビなど、多くのデバイスで利用されており、地図アプリのルート案内や位置情報を基にした情報提供などに使われます。

Q
位置情報サービスをオンにすると、常時誰かが私の位置を追跡できるのですか?
A

位置情報サービスをオンにしても、常時第三者があなたの位置を追跡できるわけではありません。位置情報はアプリやサービスの許可設定に基づいて利用されます。不要なアプリやサービスには位置情報のアクセスを許可しないようにしましょう。

Q
GPS機能をオフにすると、完全に位置情報の取得は停止するのですか?
A

GPS機能をオフにすると、GPS衛星を利用した位置情報の取得は停止します。ただし、Wi-Fiやモバイルネットワークの情報を基にした位置情報の取得は続行される場合があります。

Q
位置情報サービスを使用すると、バッテリーの消費が増えるのですか?
A

はい、位置情報サービスの利用はバッテリーの消費を増加させる可能性があります。特に、高精度の位置情報取得を頻繁に行うアプリやサービスを使用する場合には、消費が顕著になることがあります。

Q
位置情報/GPSサービスの精度はどのくらいですか?
A

GPSの精度は、通常、数メートル程度です。ただし、建物の中や高層ビルの間など、GPS信号が届きにくい場所では精度が低下することがあります。また、利用するデバイスやアプリ、サービスによっても精度に違いが出ることがあります。

スポンサーリンク

「位置情報/GPS利用サービス」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ビル 実証 実証 実験」に関する最新情報です。

    大阪府門真市と福岡地所が共同で行ったビルOSの実証実験では、ビルの基本設備の操作やデータを統一的なAPIで提供し、それを活用したアプリケーション開発が可能になることを目指している。具体的には、建物管理スタッフの位置情報データAPIを生成し、業務効率化を検証する取り組みを行っている。将来的には、ビル内のAPIをオープン化してさまざまな分野でのアプリケーション開発環境を整えることが目指されている。

    https://www.s-housing.jp/archives/341745

  2. buchikuma-info より:

    「chargespot alipay モバイル」に関する最新情報です。

    株式会社INFORICHが運営するモバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」が、中国の決済アプリ「Alipay」のミニアプリから利用可能になった。これにより、専用アプリのダウンロードが不要で、AlipayのカメラでバッテリースタンドのQRをスキャンするだけで「ChargeSPOT」を利用できるようになった。サービスは日本全国に約42,400台の設置場所があり、利用料金は30分未満165円から始まり、最大5日間(120時間)まで1日360円で利用可能。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAyNzcuMDAwMDMzNTIxLmh0bWzSAQA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「ワーカー スキマ スキマ バイト」に関する最新情報です。

    スキマバイトサービス「タイミー」は、累計ワーカー数が700万人を突破しました。ワーカー数は順調に増加し、働き方の多様化や新たな業界での利用が拡大している要因とされています。同時に、事業者数や事業所数も増加しており、サービスの拡大が進んでいます。タイミーは「働きたい時間」と「働いてほしい時間」をマッチングし、自由な働き方を提供するスキマバイトサービスであり、ワークバリアフリーな社会を目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000222.000036375.html

  4. buchikuma-info より:

    「ゲーム 位置 位置 情報」に関する最新情報です。

    日本の位置情報ゲーム市場では、日常的な移動手段や日本発のIPを活用したゲームが人気を集めています。202X年の日本のモバイルゲーム収益ランキングでは、「ドラゴンクエストウォーク」や別の位置情報ゲームが上位にランクインしており、特に日本での位置情報ゲームの人気は高いことが示されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNzM4MzQ4L9IBAA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「ホーム 機器 まとめ」に関する最新情報です。

    Amazonは新製品「Echo Hub」を発売し、8インチ画面でスマートホーム機器をまとめて管理できる。このデバイスは、スマートカメラや照明、スマートロックなどの機器をグループ化して操作できるほか、音楽再生やウィジェットの利用も可能。さらに、数千のスマートホーム機器に対応し、価格は2万5980円(税込)となっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNTA3MzE00gEA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「マヒンドラ グループ マヒンドラ 提携」に関する最新情報です。

    フォルクスワーゲングループは、インドの自動車大手マヒンドラと提携し、約50GWhのバッテリーを複数年にわたり供給することを発表。この提携により、両社はインドの自動車市場での電動化を強化し、地域の電動化を加速させる目標を持っている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMmh0dHBzOi8vcmVzcG9uc2UuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0LzAyLzE5LzM3OTUxNy5odG1s0gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「paypay 自治体 プロジェクト」に関する最新情報です。

    PayPayは、2024年3〜4月以降に参加する7自治体を追加し、「あなたのまちを応援プロジェクト」を展開している。このプロジェクトでは、指定された加盟店でPayPayを利用すると最大25%のPayPayポイントが還元される。追加された自治体は、茨城県鉾田市、千葉県船橋市、神奈川県伊勢原市、岐阜県海津市、静岡県伊東市、愛知県半田市、和歌山県田辺市である。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/16/news178.html

  8. buchikuma-info より:

    「ユーザ 調査 2023」に関する最新情報です。

    モバイルペイントアプリ「ibisPaint」の最新のユーザ属性調査結果によると、日本とアメリカのユーザの約8割がスマートフォンを使用して気軽にお絵描きを楽しんでいることがわかりました。ibisPaintは全世界で3.7億ダウンロードを達成し、25歳未満のユーザが87%を占めるなど、特に若年層に支持されています。このアプリは指一本で本格的なイラストが描けるだけでなく、友達との写真にイラストを描いたり、ファンサうちわや応援ボードの作成、ペットの写真の編集など、さまざまな用途で利用されています。ibisPaintは19言語に対応し、世界中のユーザに日本のアニメや漫画のお絵描き文化を届けることを目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000015594.html

  9. buchikuma-info より:

    「4万 4万 オフ オフ」に関する最新情報です。

    MSI製のノートPC「Summit E14 Flip Evo A13M」が4万円の値引きで19万9,800円で販売されています。この2in1デバイスは、ペンタッチ対応の14型ディスプレイやCore i7-1360P、16GBメモリ、512GB SSD、Windows 11 Proを搭載しており、360度回転してタブレットとしても使用できます。付属の「MSI Pen」も使えます。また、もう1つのノートPC「Modern 15 H C13M」は1万円引きクーポンを利用して11万9,800円で購入できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvdG9kYXlzX3NhbGVzLzE1NjkyMzEuaHRtbNIBAA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「ゲーム 位置 位置 情報」に関する最新情報です。

    位置情報ゲームの分析データによると、2023年の日本の位置情報ゲーム市場は世界全体の約50%の収益を占めています。『ドラゴンクエストウォーク』が最も収益を上げており、『ポケモンGO』や『モンスターハンターNow』も人気です。日本市場の収益はアメリカ市場の1.6倍であり、韓国や中国市場と比べても大きな差があります。日本で位置情報ゲームが人気を博している要因として、日常的な移動や日本発のIPの活用、掛け持ちプレイなどが挙げられます。また、女性の比率が高く、平均年齢は35歳であり、通勤・退勤時やお昼休みにプレイされる傾向があります。日本の治安の良さやモバイルデバイスを安心して使用できる環境も、位置情報ゲームの人気に影響しています。今後も新作や既存タイトルがランキング上位になる可能性があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vd3d3LmdhbWVidXNpbmVzcy5qcC9hcnRpY2xlLzIwMjQvMDIvMTQvMjI3NTkuaHRtbNIBAA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「インターホン 実証 実証 実験」に関する最新情報です。

    小田原駅では、訪日旅行客や国内外のお出かけ需要の回復に向けて、2月15日に「スマホでインターホン」の導入に向けた実証実験が開始されます。このサービスは、スマートフォンで利用できるインターホンサービスであり、日本語が分からない外国人旅行客や音が聞き取りにくい人に対して、ご案内サービスを提供することを目的としています。実証実験では、改札口やホームなどの駅構内に「SoundUD トリガーボード」を設置し、利用者は自身のスマートフォンをかざすことで、駅の係員とインターホンで対話したり、キーボード入力による文字でのコミュニケーションを行うことができます。また、自動翻訳機能により、13カ国語に対応しています。この実証実験では、訪日旅行客へのサービス提供の効果や、将来の働き手不足に備えた駅係員の働き方の見直しについても検証されます。利用料金は無料で、お問い合わせは小田急お客さまセンターにお願いします。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001187.000012974.html

  12. buchikuma-info より:

    「実証 実証 実験 実験」に関する最新情報です。

    パナソニックと福岡地所は、次世代オープンビルプラットフォーム(ビルOS)に関する実証実験を共同で行います。この実験では、ビル内の基本設備の操作やリアルタイムデータを統一的なAPIとして提供し、アプリケーション開発を可能にする建物モデルを構築します。具体的には、ビル内の建物管理スタッフの位置情報データAPIを生成し、それを活用したアプリケーションによる業務効率化の検証を行います。将来的には、ビル内のAPIをオープン化することで、従来の問題の解決や新たなサービスの創造を実現し、スマートビルの実現を目指します。ビルOSの搭載により、建物内の情報のオープン化が可能となり、外部の開発者は最新の情報にアクセスしやすくなります。これにより、アプリケーション開発への障壁が低減し、サービスの機能拡張が柔軟に行えるようになります。

    https://news.panasonic.com/jp/press/jn240209-4

  13. buchikuma-info より:

    「農業 ドローン 農業 ドローン」に関する最新情報です。

    2月17日(土)に福岡県で開催される無料セミナーでは、農業用ドローン「DJI AGRAS T25」の運用方法からスマート農業の成果事例まで、実務に役立つ情報が紹介されます。セミナーでは、専任スタッフによる農薬散布デモフライトや実機を使ったスマート農業機器の効率的な運用や農業用ドローンビジネスの成果事例が紹介されます。参加者は農業ドローンを用いたビジネスに興味がある事業者や農家の方を対象としています。セミナーでは、最新の農業機器の運用方法やドローンを活用した農業ビジネスの紹介が行われます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000689.000016343.html

  14. buchikuma-info より:

    「実証 実証 実験 実験」に関する最新情報です。

    パナソニックITSは、北海道室蘭市と連携し、タクシーのMaaS(Mobility as a Service)相乗り有償実証実験を開始する。この実験は、高齢者や地域住民の移動の利便性向上や、交通事業者の人材不足の解決を目指して行われるもので、室蘭MaaSプロジェクト「いってきマース」の一環として推進される。実証実験では、タクシー相乗り形式での運用状況や利用者の満足度、タクシー事業者と連携する小売事業者の収益増加率などが計測される。また、SNSやメディアを通じたPR活動も行われ、地域住民の認知向上も図られる予定である。

    https://news.panasonic.com/jp/press/jn240208-3

  15. buchikuma-info より:

    「実証 maas タクシー」に関する最新情報です。

    パナソニックITSは北海道室蘭市でタクシーと連携したMaaS(Mobility as a Service)の相乗り有償実証実験を開始することを発表しました。この実験は、地域住民の移動の利便性向上や交通事業者の人材不足の解決を目的としています。具体的には、利用希望者が店舗に設置されたタブレットから配車予約を行い、乗車時間と目的地が近い希望者をマッチングさせることで相乗りを実現します。マッチングが成立した場合、利用者にはクーポンが発行され、通常運賃の25%分が割引されます。マッチングが成立しない場合でも、一人乗りでの利用が可能です。

    https://japan.cnet.com/article/35215019/

  16. buchikuma-info より:

    「chargespot cheers シェアリング」に関する最新情報です。

    シンガポールの大手コンビニエンスストア「Cheers」が、モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT®」を展開し始めました。Cheersは、シンガポール国内で需要の高まりを受けて設立された社会的企業であり、コンビニエンスストアのマーケットリーダーです。この提携により、コンビニエンスストアとモバイルバッテリーサービスが一つの場所で提供され、顧客の利便性が向上します。また、Niantic社との協力により、AR技術が「ChargeSPOT®」に導入される予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAyNzQuMDAwMDMzNTIxLmh0bWzSAQA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「共同 物流 日立」に関する最新情報です。

    ソニーマーケティングと日立GLSは、4月から北海道で物流倉庫を統合し、共同物流を開始することを発表しました。両社はアフターサービスや販売で協業しており、共同物流でも連携することで物流業界の課題解決を目指します。北海道での取り組みの成果を踏まえ、同様の取り組みを全国で展開することも検討しています。また、2024年問題にも連携して対応する予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vd2VidGFuLmltcHJlc3MuY28uanAvbi8yMDI0LzAyLzA2LzQ2NDgx0gEzaHR0cHM6Ly93ZWJ0YW4uaW1wcmVzcy5jby5qcC9uLzIwMjQvMDIvMDYvNDY0ODE_YW1w?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「saas 提供 調査」に関する最新情報です。

    株式会社NEWSは、SaaS企業に特化したブランド調査サービス「Saavey(サーベイ)」を2024年2月5日より提供開始することを発表しました。このサービスは、SaaS企業のみを対象とし、ブランド調査(自社/競合の認知率、イメージ、認知経路などの定量的調査)を効率的に行うことができます。提供することで、コストと手間を抑えたサービスを実現しています。また、SaaSマーケのプロを配置することで、調査設計からレポートまで一任することが可能です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000047665.html

  19. buchikuma-info より:

    「実証 実証 実験 実験」に関する最新情報です。

    三井不動産と東京大学発のスタートアップ企業であるYanekaraは、柏の葉スマートシティでカーシェアEVにスマート充電を導入する実証実験を開始した。この実証実験では、得られるデータを活用してV2G(車両から電力網への供給)市場への参入の可能性や卸電力市場および需給調整市場での経済性を検証する。具体的には、柏の葉スマートシティでカーシェアEV車両2台にYanekaraのスマート充電器「YaneCube」を設置し、充電を行う。この実証実験を通じて、三井不動産とYanekaraはエネルギーマネジメント技術の導入に取り組み、需給調整力の提供や電力系統の安定化に貢献し、日本社会の脱炭素化に貢献することを目指す。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000591.000051782.html

  20. buchikuma-info より:

    「企業 プロジェクト 支援」に関する最新情報です。

    神戸市とeiiconが共同で開催する「KOBE OPEN INNOVATION「Flag」2023 DEMODAY」の成果発表イベントが2024年3月5日に行われます。このイベントでは、5つの共創プロジェクトと2年間支援した3つのプロジェクトの成果が発表されます。参加者の募集も開始されています。また、eiiconの会社概要も紹介されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000541.000037194.html

  21. buchikuma-info より:

    「テレビ オフ 75」に関する最新情報です。

    Amazonにて開催されているタイムセール祭りで、ソニーブラビア75V型4Kテレビが36%オフ、レグザ65V型4Kテレビが31%オフになっています。セール対象のテレビ製品には、フナイFUNAI 43V型 Fire TV搭載 4K液晶スマートテレビやソニーの75V型4K液晶テレビなどが含まれています。また、レグザ48インチ有機ELテレビやハイセンスの58V型4K液晶テレビもセール対象となっています。セール期間は2024年2月1日から2月4日までです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMWh0dHBzOi8vd3d3LmZhbWl0c3UuY29tL25ld3MvMjAyNDAyLzAzMzMzMTYxLmh0bWzSATRodHRwczovL3d3dy5mYW1pdHN1LmNvbS9uZXdzL2FtcC8yMDI0MDIvMDMzMzMxNjEucGhw?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「paypay キャンペーン 自治体」に関する最新情報です。

    PayPayは、地方自治体と共同で行う「あなたのまちを応援プロジェクト」に参加する12自治体を発表しました。このプロジェクトでは、指定された加盟店でPayPayを利用すると最大25%のポイントが還元されます。対象自治体には岩手県花巻市、埼玉県鶴ヶ島市、千葉県袖ケ浦市などが含まれています。現在、456の自治体でキャンペーンが実施されており、278自治体では2回目以降のキャンペーンが行われています。過去のキャンペーンの詳細はキャンペーンページで確認できます。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/02/news117.html

  23. buchikuma-info より:

    「chargespot マカオ chargespot マカオ」に関する最新情報です。

    モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT®」を提供するINFORICHの子会社であるINFORICH(GUANGZHOU)TECHNOLOGY COMPANY LIMITEDは、マカオの企業CS Macaoとのフランチャイズ契約を締結しました。これにより、「ChargeSPOT®」がマカオでサービスを開始します。INFORICHは、グローバルな社会インフラを築くことを目指しており、モバイルバッテリーシェアリングサービスのグローバル展開に取り組んでいます。CS MacaoのCEOは、中国のバッテリーシェアリング大手であるJieDian・Energy Monsterのリージョンマネージャーの経験を持っています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAyNzMuMDAwMDMzNTIxLmh0bWzSAQA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「カーボンニュートラル カーボンニュートラル 企業 企業」に関する最新情報です。

    国連の気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で採択されたパリ協定以降、世界的に脱炭素の機運が高まり、温室効果ガス(GHG)排出削減の取り組みが本格化している。企業には、GHG排出削減だけでなく、気候変動による財務的なリスクと機会を把握し、情報開示することも求められている。TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)は、企業に気候変動のリスクと機会を把握し、情報開示することを求めており、情報開示は世界的な潮流となっている。また、企業は自社ならではの強みを生かした製品開発を通じてもGHG排出削減に貢献できる。東芝はSF6を使わない電力開閉装置を開発し、自然由来ガスを活用した装置を提供することで、自社の活動(Scope1)だけでなく顧客の活動(Scope3)のGHG排出削減にも貢献している。これらの取り組みは、カーボンニュートラルへの貢献につながる。

    https://www.toshiba-clip.com/detail/p=10697?utm_source=toshiba.co.jp%2Fabout%2Fpress&utm_medium=pr&utm_content=2

  25. buchikuma-info より:

    「カーボンニュートラル カーボンニュートラル 企業 企業」に関する最新情報です。

    国連の気候変動枠組条約 第21回締約国会議(COP21)で採択されたパリ協定により、世界的に脱炭素の機運が高まり、温室効果ガス(GHG)排出削減の取り組みが本格化している。企業はGHG排出削減だけでなく、気候変動による財務的なリスクと機会を把握し、情報開示することも求められている。TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)は、企業に対して気候変動のリスクと機会を把握し、情報開示することを求めており、情報開示は世界的な潮流となっている。また、企業は自社ならではの強みを生かした製品開発を通じてもGHG排出削減に貢献できる。東芝はSF6を使わない電力開閉装置を開発し、自然由来ガスを活用した装置を提供することで、自社の活動(Scope1)だけでなく顧客の活動(Scope3)のGHG排出削減にも貢献している。これらの取り組みはカーボンニュートラルへの貢献につながる。

    https://www.toshiba-clip.com/detail/p=10697?utm_source=toshiba.co.jp%2Fabout%2Fpress&utm_medium=pr&utm_content=2

  26. buchikuma-info より:

    「箱根 富士急行 将来的」に関する最新情報です。

    富士急行は、富士山が展望できる箱根エリアでの事業を開始し、将来的には箱根と富士北麓を連携させる新たな展開も考えている。これまで富士北麓地域を拠点としてきた富士急行が、事業エリアを広げる動きを見せている。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2401/30/news106.html

タイトルとURLをコピーしました