PR

位置情報共有アプリ、結局、どれを選んだらいいのか?

スポンサーリンク

2023年に位置情報を共有するSNSで人気のあったZenlyがサービス終了となりました。

これを受けて、雨後の筍のように「ポストZenly」を目指してアプリ開発競争が繰り広げられており、「いかに早くZenlyを再現できるか」を目指して各開発の方々が鎬を削っています。

とりあえず、片っ端から「Zenly代替アプリ」を試してみましたが、正直なところ「どれも一緒」としか言いようがないと気づきました。

何の結論でもないのですが、微妙に違うポイントや「何を基準に選ぶべきか」という点については情報共有しておきたいので記事にしておきます。

スポンサーリンク

zenly終了後の位置共有SNSのおすすめ

先にこのページの結論をまとめておきます。

2024/02/28時点でのおすすめ

現在の位置情報共有アプリのおすすめをまとめておきます。

40%がWhooを利用

私の予想は外れて、Whooがほぼシェアをとるような形になりました。

NauNauが一歩リード

色々調べた結果、将来性を高く評価して「NauNau」をおすすめとすることにしました。

NauNauがZenlyの代わりとして最もおすすめできる理由
Zenlyのサービス終了までに、熾烈な「代替アプリ」戦争が勃発していますが、NauNauが一歩リードしているようです。NauNauの安全性や気をつけることなどをまとめました。

詳細は後半にまとめているので、「長い記事を読むのは面倒だ」と感じる場合は、とりあえずNauNauをzenly代替アプリとしてご活用ください。合わないなと感じたら他のにすればいいだけなので。

NauNau | 友達の「今」を知ろう

NauNau | 友達の「今」を知ろう

Natsuki Kataoka無料posted withアプリーチ

おすすめを決める際の基準

私が「位置情報共有SNSで大事だと思ったこと」は以下の通り。

  • 安全に利用できる
  • SNSとして数年間は利用できる
  • 操作が簡単

2024年の「位置情報共有アプリ」新着情報

ニュースなどで「位置情報共有アプリ」の話題があった時にここにメモしておきます。

「Instagramが「Friend Map」機能を開発中」

「Instagramが「Friend Map」機能を開発中」

2024年2月27日の、「Instagramの新機能開発」に関する情報をお届けします。

  • Instagramは、「Friend Map」という新機能を開発中であることを確認しました。この機能は、Snapchatの「Snap Map」に似ており、ユーザーがリアルタイムで友達の位置を確認できるようになります。
  • この機能は内部プロトタイプであり、外部でのテストは行われていません。
  • 「Friend Map」が正式に導入されれば、InstagramはSnapchatの主要機能である「Stories」を2016年に模倣した後、再びSnapchatの人気機能をコピーすることになります。
  • また、Appleの「Find My」機能にも対抗し、ユーザーがInstagramアプリ内でより多くの時間を過ごすようになる可能性があります。
  • 「Friend Map」では、ユーザーが自分の位置情報を誰と共有するかを選択でき、位置情報はエンドツーエンドで暗号化されます。
  • このマップには「Ghost Mode」という設定もあり、最後にアクティブだった場所を隠すことができます。
  • ユーザーはマップ上に短いメッセージや「Notes」を残すことができ、これらのメモを使って友達に楽しいポップアップショップや新しいレストランなどの情報を知らせることができます。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • 「Friend Map」機能により、ユーザーは友達の位置をリアルタイムで確認できるようになり、コミュニケーションや集まりの計画が容易になります。
  • 位置情報のエンドツーエンド暗号化により、プライバシーが保護されます。
  • 「Notes」機能をマップ上で利用できるようになることで、ユーザー同士の情報共有が促進されます。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 位置情報を共有することによるプライバシーへの懸念があります。
  • Instagramが他のプラットフォームの機能を模倣することによる独自性の欠如が指摘される可能性があります。
「追加情報/補足」
  • この機能の開発は、Instagramがアプリ内マップ機能を強化しようとしている中で行われています。2022年末には、ユーザーが周囲の人気のあるタグ付けされた場所を探索し、特定のカテゴリーで位置結果をフィルタリングできる検索可能なマップ機能が導入されました。

「BeRealの流行理由は「ゆるい位置情報共有」であることが判明​​」

2023年12月9日の、BeRealの流行に関するRECCOOの調査結果に関する情報をお届けします。

  • 大学生の78.5%がBeRealの流行理由を「盛れないからでは無い」と回答
  • BeRealの魅力として「友達の行動を把握できる」「日常を記録に残せる」「平等性(自分が投稿しないと他の人の投稿を見れない)」が挙げられる
  • BeRealは「ゆるい位置情報共有アプリ」として流行
  • 大学生の47.5%は「盛る時代」が終わってきていると感じている
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • BeRealは、日常のリアルな瞬間を共有することで、SNSにおける過剰な演出から離れた新たなコミュニケーションの形を提供している
  • ユーザー間の平等性やリアルタイムの位置情報共有は、SNSの新しい使用方法を示している
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 一部のユーザーはプライバシーの懸念を感じる可能性がある、特に位置情報共有機能に関して
  • 「盛る」文化からの脱却が進むことで、従来のSNS利用者の間で受け入れられない可能性もある
調査概要
  • 調査日: 2023年12月5日
  • 調査機関: 株式会社RECCOO
  • 調査対象: サークルアップに登録する大学1年〜4年生
  • 有効回答数: 200人
  • 調査方法: サークルアップ for client のアンケートオファー

出典元:株式会社RECCOO

位置情報アプリ「NauNau」におけるセキュリティ問題と対応策

2023年12月8日の、位置情報アプリ「NauNau」のセキュリティ問題に関する調査結果に関する情報をお届けします。

  • 200万人以上のユーザー情報が不正に閲覧可能な状態に
  • 影響を受けた可能性のある情報には、現在地、チャット内容と画像、生年月日、アプリの起動回数など
  • 実際に情報漏洩が発生した事実は確認されていない
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • セキュリティ問題が発覚したことで、アプリ提供者のセキュリティ意識の向上と再発防止策の策定が進む
  • ユーザーが個人情報の扱いに関してより意識を高める機会になる
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • ユーザーのプライバシー侵害のリスクと信頼の損失
  • セキュリティ問題によるアプリの信頼性低下
追加情報/補足
  • NauNauは、位置情報や歩数を友人同士で共有できるアプリ
  • セキュリティ設定のミスが原因で、特定の知識を持つ者がデータベースにアクセス可能な状態だった
  • セキュリティ対策の専門企業との共同調査を行い、今後の再発防止策を策定中
  • サービス提供の再開時期も検討中

Snapchat、ジェネラティブAI「Dreams」で拡大

  • Snapchatは、AIを利用してユーザーのイメージを夢のような背景に配置する新しい機能「Dreams」の導入を計画している。
  • 「Dreams」は、ユーザーが自分自身を想像的な背景に配置するためのAI機能で、ユーザーが自撮りをアップロードすることで、アプリが新しいシナリオの中での自分の画像を生成する。
  • 別の機能「Dreams with Friends」は、友人と一緒のAI生成イメージを生成するためのもので、両方のユーザーが許可を与える必要がある。
追加情報/補足
  • 以前にSnapchatは、テキストだけでなくSnapで応答することができるAIチャットボット「My AI」を導入している。
  • 「Dreams」の特徴は、App Storeの他のAI写真アプリと似ているが、Snapchatのバージョンは「幻想的な場所やシナリオ」にユーザーを配置することを目指している。
  • クリアな自撮りが必要で、顔の特徴が隠れていたり、他の人が写っている写真は適していない。さまざまな角度、表情、照明条件のもとでの自撮りが、より良いAI写真の生成に寄与する。
  • Snapchatのアプリ内で「Dream Packs」の購入に関する言及が見られることから、この機能が将来的にはモネタイズされる可能性がある。
  • 「Dreams」は、ジェネラティブAIを活用してユーザーの類似性を配置することを可能にする機能として、今年の春に初めて発見された。この新しい機能はSnapchatのアプリ内で、カメラロールとストーリーズの間に目立つ位置に配置されていた。
  • Snapchatは「Dreams」に関する計画についてコメントを控えている。

Z世代の位置情報共有の背後にある心理

  • Z世代では「Zenly」のような位置情報共有アプリが非常に人気。特に、高校生の5人に1人が「Zenly」を使用。
  • Zenlyは2023年2月にサービスを終了したが、位置情報共有のニーズは依然として高まっており、新たなアプリが続々と登場している。
  • 位置情報共有の主な目的は、友人との待ち合わせを楽にする、誘いや心配をせずに済むなどの実用的な理由がある。
  • Z世代の恋愛観や人間関係の変化が、この位置情報共有の背後にある主要な心理要因として挙げられる。
追加情報/補足
  • Z世代は新型コロナの影響でリアルな友達との接触が減少し、その結果として位置情報共有での深い絆の確認が増加している。
  • 新たに登場したアプリ「BeReal」は、リアルタイムでの自分の状態の写真共有が特徴であり、写真の加工やフィルタリングはできない。
  • 現在のSNSのトレンドは「クローズドSNS」であり、これは限られた友達との深い交流を目的としている。
  • Z世代は、過去の世代と同様に深い人間関係を求めており、クローズドSNSの流行は、この心理を反映していることが明らかになっている。

Z世代の高校生のSNS利用動向【ペンマーク調査】

  • Z世代はデジタルネイティブとして、トレンドの中心に位置する。
  • 株式会社ペンマークが高校生を対象に「高校生活実態調査」を実施、回答を138,618人の高校生から得る。
  • 42.7%の高校生が位置情報アプリ「Whoo」を利用しており、その他のSNSと比べて20%の差をつけて1位。
高校生のSNS利用の詳細
  • 「Whoo」の利用率が42.7%で1位。続いて「NauNau」が19.6%、「Snapchat」が8.7%。
  • 2023年2月に「Zenly」が廃止され、「Whoo」と「NauNau」が位置情報アプリとして浮上。特に「Whoo」は利用者が多い。
  • 「Whoo」は「あいまいな位置」や「フリーズした位置」など、位置情報の設定が柔軟で、時間の使い分けが可能。
学年別のSNS利用動向
  • 「Whoo」は2年生での利用が増えるも、3年生では40.9%まで減少。「NauNau」も学年ごとに減少傾向。
  • 「Snapchat」は利用が増える傾向。「いいね!」やコメント機能がなく、投稿後10秒で消える性質が、学業に集中したい3年生には適している可能性。
  • 趣味や好きなことを共有する「Yay!」や「Gravity」、アバター交流の「Zepeto」など、匿名性の高いコミュニケーションツールの利用が増加。

INFORICHとJagat Technology、位置情報サービス提携の基本合意を締結

  • 株式会社INFORICH(モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」展開企業)とJAGAT TECHNOLOGY(リアルタイム位置情報共有アプリ「Jagat」運営企業)が位置情報サービスにおける戦略的提携に向けた基本合意を締結。
  • Jagat AppとChargeSPOTの融合により、日本、台湾、香港、タイ、シンガポールを含むグローバル市場でのサービス拡大を目指す。
  • Jagat Appはユーザーの電池残量表示機能を持ち、ChargeSPOTの設置場所表示や割引クーポンの配布機能の提供が予定されている。
JAGAT TECHNOLOGY 共同創立者 コメント
  • グローバルなパートナーシップの構築を歓迎し、ユーザーに楽しいソーシャルネットワーキングエクスペリエンスと実生活のつながりを提供することを目指す。
株式会社INFORICH 代表取締役社長 コメント
  • Jagatアプリとの協力を歓迎し、両社の専門知識を結集して新たな分野での協業を期待する。この提携は、位置情報サービスの新時代を象徴するものとして位置付ける。
Jagat appについて
  • リアルタイムで位置情報を共有できるグローバルソーシャルアプリ。
  • 日本と台湾に強力なユーザーベースを持つ。
  • 国際的な認知度を有し、様々な国のチャートで上位にランクイン。
  • 主要な投資家の支援を受けて次世代のソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームを構築する使命を持つ。
ChargeSPOTのサービスについて
  • モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」。
  • レンタルは「ChargeSPOT」対応アプリでバッテリースタンドのQRをスキャンするだけ。
  • 日本全国47都道府県に設置、さらに香港、タイ、台湾、中国などのエリアでも展開中。
お問い合わせ

高校生の新興SNS利用状況

  • 株式会社ペンマークが実施した「高校生活実態調査」により、位置情報共有の「whoo」が利用経験のある新興SNSで1位になったことが判明。
  • 2位は「NauNau」で19.6%、一方、普段よく利用するSNSとしては「LINE」が82.9%で最も高い。
  • 調査は2023年2月20日から28日にかけて、学習管理SNS「Penmark」の公式LINEアカウントを利用中の高校生を対象に行われ、有効回答数は13万8618人だった。
新興SNSの利用順位と率
  • 1位: 「whoo」42.7%
  • 2位: 「NauNau」19.6%
  • 3位: 「Snapchat」8.7%
  • 4位: 「Yay!」8.6%
  • 5位: 「Zepeto」(欠落した%数)
  • 6位: 「Bondee」5.8%
  • 7位: 「GRAVITY」3.3%
  • 8位: 「BeReal」1.9%
  • 9位: 「Hakuna LIVE」0.8%
  • 10位: 「MONIE」0.5%
ふだんよく利用するSNSの利用率
  • 「LINE」: 82.9%
  • 「YouTube」: 76.5%
  • 「Instagram」: 69.3%
  • 「TikTok」: 49.8%
  • 「Twitter(現:X)」: 47.9%
  • 「Facebook」: 2.0%
学年別の利用状況
  • 学年別の新興SNSや普段利用するSNSの順位や利用率は、全体的にほぼ同じで、僅かな順位の入れ替えが見られる程度である。

位置情報共有アプリ、7月現在の人気

【2024年】GPSアプリおすすめランキングTOP10 家族や恋人の位置情報を確認 | iPhone/Androidアプリ - Appliv
無料で使えるGPSアプリをご紹介。「子供がちゃんと目的地に着いているか現在地を知りたい」「恋人と位置情報を共有したい」そんな人におすすめ。リアルタイムで相手の現在地を見られるので、子供の見守りや友達の待ち合わせなどにも役立ちます。
  • ナイル株式会社が運営する「Appliv(アプリヴ)」での調査。
  • 10代の男女2,176人を対象に、2023年7月12日~7月18日の期間、位置情報共有アプリの利用状況について調査。
  • 位置情報共有アプリ『zenly(ゼンリー)』の終了から5ヶ月後の10代の利用動向を探る。
10代の利用状況
  • 10代の約7割が位置情報共有アプリを現在利用中。
  • 10代の8割以上が過去に位置情報共有アプリをインストール経験あり。
主要アプリの利用状況
  • 10代が最も利用しているアプリは『whoo』(37.4%)。
  • 2位は『Google マップ』(29.3%)、3位は『Jagat』。
追加情報/補足
  • 『Jagat』は2023年3月にサービス開始、Z世代に注目されている。
利用きっかけとアプリ選び
  • 利用のきっかけ1位:「友達が使っているから」(45.6%)。
  • 利用のきっかけ2位:「家族が使っているから」(17.0%)。
  • 友達をきっかけに選ばれるアプリは『whoo』、家族をきっかけに選ばれるアプリは『Life360』。
利用シーンと機能
  • 最もアプリを起動する場面は「相手との待ち合わせ」(59.4%)。
  • 最も利用される機能は「メッセージ」(41.0%)。
追加情報/補足
  • 位置情報共有SNSの上位3アプリでは「メッセージ」が共通のよく使われる機能。
  • 『whoo』と『Jagat』では「スタンプ」も人気。
親子間の利用状況
  • 位置情報アプリを利用している親の存在割合:38.8%。
  • 親子での共有で最も利用されるアプリは『Life360』(85.7%)。
追加情報/補足
  • 『Life360』は特に家族間のコミュニケーションで利用されている可能性が高い。

位置情報を利用した新サービスアプリ

位置情報を利用して面白そうなアプリなんかが出たら紹介します。

位置情報ゲームに関する情報はこちらにまとめています。

「KHML発表」位置情報(AR)ゲームの最新情報まとめ
位置情報を利用したゲームに関する情報をまとめています。

新機能「バーチャルフレンド」を搭載した「Palmap(R)」アプリがリリース

「2023年9月7日」の、「Palmap(R)アプリの新機能リリース」に関する情報をお届けします。

  • 株式会社ACCESSが位置情報共有アプリ「Palmap(R)」に「バーチャルフレンド」機能を追加し、2023年9月5日に提供を開始
  • 「バーチャルフレンド」機能はOpenAIが開発したChatGPT技術を利用し、ユーザーは煩雑な手続きなしで人間らしいコミュニケーションを体験できる
  • 「Palmap」は友達や家族の位置情報を瞬時に共有し、チャットを簡単に開始できる機能を提供
アプリの特徴と新機能詳細
  • アプリの特長
    • 位置情報、チャット、ChatGPTの3つの機能が統合されたアプリ
    • BtoB向けの高信頼技術を基に設計し、安全性が担保されている
    • 直感的に操作できるシンプルなUI
    • ACCESSは生成AI技術の導入を積極的に進め、新たな価値創出と驚きを提供している
  • 「バーチャルフレンド」機能
    • ユーザーは2つのキャラクターとチャット形式でコミュニケーションを取れる
    • キャラクターは調査や悩みなど、様々な相談に答える
    • 今後もキャラクターの追加が予定されている
    • 公式サイト: Palmap
株式会社ACCESSについて
  • 1984年設立の独立系ソフトウェア企業で、通信、放送、自動車、家電、出版、エネルギー
スポンサーリンク

「友達と常時つながる」アプリ、どうやって選ぶべきか

位置情報を共有するSNSについて調べているときに感じたことなどをまとめておきます。

位置情報共有SNSの選び方

位置情報共有SNSを選ぶ際のポイントとして考えておきたいのは以下の4つ。

  • 安全かどうか
  • 機能は十分か
  • 長く続けられるか
  • 友達/家族も利用できるか

読むのが面倒だったら飛ばしてもいいですが、少しだけ解説しておきます。

位置情報共有に必要な機能ってなんだ?

これは、ポストZenlyということで、ほとんどのアプリ開発が急造で「ゼンリーっぽいもの」を作っています。

例えば、Zenlyには以下のような機能がありました。

  • 家、学校、職場マーク/アイコン
  • チャット(テキストサイズ変更対応)&音声チャット
  • フットステップ(足跡)
  • 場所の検索
  • チェックイン機能
  • ゴーストモード

Zenlyサービス終了後のユーザー獲得を目指して、開発の方々が「とりあえずZenlyにする」あたりを目標にアプリの更新に力を入れています。

後半で各アプリの特徴をまとめたものも用意しましたが、2023年2月現在、正直なところ「どのアプリもzenlyくらいにはなるだろう」と考えられますし、一方で、「zenlyを超えるようなアプリになるだろう」というアプリもないな、というのが正直なところです。

そう考えると、zenlyをレイオフしたsnapの純正アプリである「snapchat」にzenly機能が統合されて使いやすくなるのではないか、という期待もあるのですが、今のところはsnapchatをzenlyに寄せて開発するということもなさそうです。一部機能は使えるみたいですけど。

そもそも、位置情報を共有するだけならiOSの標準機能の「探す」でよっぽど安全にスピーディーに情報共有できるのですが、位置情報SNSってきっとそういうことじゃないんですよね。

『iPhone/iPadを探す』をZenlyの代わりに使う場合の注意点
iPhone/iPadユーザーが知っておくと便利な「『iPhone/iPadを探す』」に関する裏技情報についてまとめていきます。 zenlyのサービスが終了した際にどこに移行すべきかまとめた記事も作っておきました。iPhoneユーザー同士で...

とにかく、2024/02/28現時点で「どこが一番」は機能面だけでは評価しづらいです。早いか遅いかの違いだけです。

長く続くプラットフォームになれるのか

各アプリの解説のところで、「どこが運営しているか」について触れてきました。結論としては、起業提携が発表されたNauNauが少し安定したかな、というくらいで、あとは大差ないと思います。

MixerBoxの「友どこ」は海外資本でグローバル展開なのでサービス自体は長く続くことが期待できます。ただ、日本語対応は言語の問題でフォローがなくなる可能性があるので、あまりプラス材料にはならないかなぁ、と考えています。

あとは、名前だけの会社で、ほぼ個人で開発しているようなところ。これは「ポストゼンリーの座を勝ち取るぞ」という意気込みは買えるのですが、その開発労力をずっと割くことができるかは疑問。人気が出たとしても他の会社に買い取られてサービスの質がガラリと変わってしまう可能性もあるので、「今の状況が長く続くか」は疑問が残ります。

アプリの開発自体は「zenly」というゴールがある間は競争として評価しやすいのですが、全てのアプリがゼンリーに到達した時に、「何が違うか」が決め手となります。

おそらく、「機能面」で横並びになったあとは、「SNS」などで利用者の奪い合いになった後に、最終的にインフルエンサーなどの声が大きい人が取り上げて決着がつくことになるのではないでしょうか。

そもそも、位置情報共有アプリが長くつづくべきものなのかどうかも正直読めません。メタバースのような仮想空間がもっと居心地の良いものになれば、また違ったものが流行るかもしれません。共存もあり得そうですけど。

そう考えると、メタバースにも事業進出しているSuishow(NauNau)が将来性も買えると考えるのが妥当かもしれません。

みんなが使えるアプリか

これはiPhoneユーザーやAndroidユーザーがどちらも使いやすいかどうか、みたいなことになります。

高校生、大学生ならスマホでいいのですが、子どもの安全も考えるならスマートウォッチにも対応していた方がいいでしょうし、AirTagなどのスマートタグでも居場所がわかるくらいだと安価に子供に持たせることもできるようになります。

ポストゼンリーに関しては、現在は開発環境に近いストア片方しか出ていないものもありますが、これは時間の問題でどちらも対応するようになるでしょう。ただ、個人開発で体力なくなると開発が途絶えることになり、OSを超えて友達同士で利用することは難しくなるかもしれません。

位置情報共有アプリの危険性

位置情報共有アプリの危険性については各アプリでも少し触れましたが、概ね以下のようなことが言えます。

  • 自分・他人のアカウントへの成りすまし
  • 広告側に有利な個人情報の利用
  • 他人があなたの居場所を知ることができる

SNSネイティブにとっては、情報がネット上で把握されることにそれほど危険性は感じないと思いますが、「知らない人があなたの行動を把握している」ってのはかなりヤバい状態です。

友達同士のSNS利用なので、知らない人に情報が漏れる危険性は「普通の使い方」をしている以上は大丈夫です。ただ、あなたは大丈夫でも友達は違うかもしれません。同じ危機感を共有していると思ったら大間違い。

街中でもあなたのスマホは覗き込まれているかもしれません。実際に人の目で見ていなくても、ウェアラブルデバイスでメガネのような形のカメラだって今後は登場することでしょう。あなたの情報は一瞬で盗まれます。

さらに、開発企業もあなたにとっての善人とは限りません。お金がなければ情報を売るときもあるでしょう。売られた情報があなたにとって致命的な情報の可能性もあります。例えば、マーケティング会社を経由してリクルート系の企業があなたのSNSをチェックしたら、一生の問題につながるかもしれません。

パッと思いついただけでもすぐに問題が見つかります。安全にネットと付き合うってのは「あなたが気をつけても解決できない」ことも多いのです。とはいえ、友達との付き合いもあるでしょうし、位置情報が命を救うことにつながることもあります。要は、リスクとベネフィットをしっかりと把握した上で、うまく付き合っていければいいというわけです。

家族/子供が使いたいと言ってきたらどうする?

さて、そもそもどのような人たちがZenlyを使っていたのでしょうか。

10代のカリスマアプリ「ゼンリー」ユーザー数は過去最高なのに突然終了の理由

少し図を拝借しますが、かなり特徴的なユーザー層になっています。

10代、20代の男性に利用者が多いのは、「彼女にインストールを勧められた」「母親にインストールされた」など受動的な理由が多そうな気はしますが、コミュニケーションがあまり得意ではない男性こそ、相手の状況がわかることで声をかけやすい、みたいなところはあるかもしれません。

女性の30代以上から多いのは、子供にインストールさせて居場所を確認しているような目的が想像できます。そこから波及してママ友同士での利用もあるかもしれません。あるいは、女性特有の集団内でのマウントをとるのにZenlyが使われるのもあるかも、ああいうのは仲間内の声が大きい人が「みんなでやろう」というから(渋々)始めるみたいなところもあるので。

30代以上の女性がパートナーにも利用するように勧めて男性30代以上の棒グラフができていると思いますが、もしかしたら最近は仕事の営業成績などを把握するために位置情報を確認するみたいな利用方法もあるのかもしれません。

少しだけまとめると、若年層での利用が目立つことがわかるZenly。ほとんどが「知人/友人の勧め」で始めることが多く、特定のコミュニティが出来上がることで、その身内内での情報共有ツールとして利用し始めることが多いようです。

Zenlyを子供が使うメリットは何?

では、どのような子が「みんなでZenlyを使おう」と言うのでしょうか。これはZenlyを利用するメリットにも通じるところがあります。

  • 連絡する前に相手の状況を知ることができる
  • 「常に繋がっている」ことを確認できる
Zenlyならではの子供/家族のトラブル
  • 友達の主従関係を感じる
  • それほど仲の良くない相手の誘いを断れない
  • 常に監視されているように感じる
  • 「ゴーストモード」を利用することを躊躇う

主従関係は言葉が強すぎる気もしますが、「誘う子」「誘われる子」の関係性にはトラブルのタネが隠れている可能性はあります。

例えば親が心配するようなパターンとして「これまでの友達付き合いとは異なるコミュニティ」に子供が誘われているときは心配だと思います。

私は精神科看護師でうつ病や発達障害の子供と接する機会がありましたが、あえて心配事から話せば、zenlyに頼って相手の状況把握するのを良しとする子は、どちらかといえばこれまでで言う「空気が読めない」性質の子だと思います。

しろくま
しろくま

本当に空気が読める子じゃなくて、「お前、空気読めねぇな」って言っちゃうタイプの子ですね。空気読める子は「空気読めない」ことを責めることを公では言わないので。

本来、例えば「自宅で充電中」のアイコンを見ても、相手が暇かどうかはわからないです。

これが共感性が高くソーシャルスキルも活用できる人の場合だと、相手のパーソナリティや行動習性を考えて「この時間なら連絡はしてもいいだろう」「相手は自分からは連絡してこないけど、暇な時間に連絡が来ることを待っているタイプだから声をかけてみよう」とか、相手の予想される反応や自分の今の感情をうまく天秤にかけながら、連絡するかどうかを考えます。

世に言うところのHSP(ハイパーセンシティブ=気にしすぎ)の人の場合だと、「相手の感情」を気にしすぎて自分の感情を犠牲にして「迷惑になるから連絡するのはやめておこう」「断ると相手を傷つけるから我慢しよう」という考え方に偏りがち。

HSPというのは共感性が高いわけではなく、どちらかといえば「発達障害」の特性です。周囲の反応がうまく読めないからこそ、先回りして色々考えて疲弊してしまう性格で、自他領域のバランスをとることが苦手。普通の人が「そこまでは配慮しないでいいだろう」と切り捨てられる部分を切り捨てることができない神経伝達物質レベルでの判断の弱さがあるのです。

さらに共感性が低く、ソーシャルスキルが弱い方だと、より思考が単純化するため、「相手が家にいるということは暇だろう」と自分中心の解釈をします。挙げ句、「暇なはずなのに誘いを断るなんて失礼だ」のように、自分の思い通りにならない場合は相手の責任に合理化して相手を攻撃するような対応を安易にとってしまう傾向があります。

つまり、zenlyがあるから上手に誘える人もいれば、zenlyのせいで余計に人間関係を拗らせる面倒な人もいるわけです。そして、zenlyを喜んで使いたがる人はどちらかと言えば「コミュニケーションに必要な処理を単純化し、かつ相手のパーソナリティもアイコン化して考える」後者の傾向がある気がします。

しろくま
しろくま

仲のいい友達同士だとお互いに認め合っている関係性なら、そもそもzenlyがなくてもコミュニケーションが成立する信頼関係が築けているはずだからねぇ。

話を戻すと、例えば子供が「zenlyをダウンロードしたい」と言ってきたとき、あるいは相談なくzenlyを利用していて少し心配になったときには、まずは自分の子供が「zenlyと上手に付き合えるタイプか」を評価します。

正直なところ、子供の交友関係にまで口出しできるほど、親が他人を評価するゆとりも情報もないと思います。「あの子は良くて、この子はダメ」と口を突っ込めば、子供が嫌がるのは当然のこと。

親としては、なるべく安全な方へ避難させるために「禁止」にしがちですが、本当に必要なのは自分の身は自分で守れるようにすること。友達付き合いは失敗体験も含めて大事です。

結論としては、親子/家族でSNSの利用方法を話し合える環境が大事、みたいなことになります。

仕事で採用された場合の対処方法

ちなみに、zenlyのような位置情報共有SNSじゃなくても、最近の仕事ではDXの一環として社員が使用するスマホのGPS情報を活用して勤怠管理などをしているところもあるようです。

対処方法というほどのことでもないですが、もしものっぴきならない事情で位置情報を誤魔化したいみたいなときには、位置情報を変更/偽装するツールもあります。

家族・会社に居場所を知られたくない時に位置情報を偽装する方法
スマホについているGPSによる位置情報は、さまざまなシチュエーションで利用されるようになってきました。そのため、家族や仕事などの都合で「今、居場所を知られたくない」というときに役立つ位置情報変更ツールが役立つことがあるので情報をまとめました。

とはいえ、勤怠状況を把握するためのツールを誤魔化すというのは職務規定に違反することにも繋がり、簡単に言えばもっとややこしい事態を招くことにつながりかねません。

仕事で採用された場合には、「監視している時間は職務時間内」であることを確認し、不当に休日や時間外も拘束されそうになったら「残業代が発生する」ことを踏まえて会社と交渉できるようにしておくことが大事かもしれません。

スポンサーリンク

ポストZenlyを目指す位置情報共有SNSアプリリスト

とりあえず、調べた情報を少しずつまとめておきます。更新を始めた時に人気があって、かつ私が個人的に興味を持った順番に掲載しています。おすすめということではない。

NauNauはおすすめできる?

NauNauはおすすめできる?

詳細はNauNauについてまとめたこちらの記事も参考にしてみてください。

NauNauがZenlyの代わりとして最もおすすめできる理由
Zenlyのサービス終了までに、熾烈な「代替アプリ」戦争が勃発していますが、NauNauが一歩リードしているようです。NauNauの安全性や気をつけることなどをまとめました。

NauNauの特徴まとめ

ざっくりとアプリの感想をまとめておきます。

  • 2024/02/28時点では最も期待値は高い
  • 運営のSuishowは「tofuNFT」や「モバイルファクトリー」とパートナーシップを提携
  • メタバースによるゲームに発展する可能性も?

正直なところ、ポストZenlyは「Zenlyっぽいアプリ」を求めているだけのムーブメントに乗っかっているだけなので、更なるサービスに続けられるかが焦点、でNauNauが一番何がしたいかが見えてきている。

NauNauをダウンロードする

NauNau | 友達の「今」を知ろう

NauNau | 友達の「今」を知ろう

Natsuki Kataoka無料posted withアプリーチ

友どこはおすすめできる?

友どこはおすすめできる?

詳細は友どこについてまとめたこちらの記事も参考にしてみてください。

「友どこ」が日本でも本格化、zenlyを超える位置共有SNSに名乗り
位置情報共有SNSでzenlyの代わりとなるものを探している方のために情報をまとめています。MixerBoxは多数アプリを開発しており、

友どこの特徴まとめ

ざっくりとアプリの感想をまとめておきます。

  • アメリカのスタートアップMixerBoxが運営
  • ただ、お手軽模倣アプリみたいなのばっかり作っているので、使い捨ての可能性はある
  • 一方で、「色々アプリを開発した実績はある」とも言えるので、機能拡大に期待するなら

そもそも、ほとんどの人がMixerBoxを知らんと思うので「アメリカのスタートアップ」だからすごいみたいなこともないと思うんだわな。

中国資本でアメリカで起業してもおんなじこと言えるけど、そうなるとなんかちょっとな、と感じる人もいらっしゃるとは思う。それくらいの信頼度。

友どこをダウンロードする

友どこ:位置情報共有アプリ・GPS 追跡・スマホを探す

友どこ:位置情報共有アプリ・GPS 追跡・スマホを探す

MixerBox Inc.無料posted withアプリーチ

whooはおすすめできる?

whooはおすすめできる?

詳細はwhooについてまとめたこちらの記事も参考にしてみてください。

whooは開発のノリが軽くて対応早いけどnext zenlyになれるかは
位置情報共有SNSとして注目されている「whoo」に関する情報をまとめています。一番気になる安全性と、zenlyの後継アプリとして覇権をとることができるかどうか評価しています。

whooの特徴まとめ

ざっくりとアプリの感想をまとめておきます。

  • 開発がフランク
  • 開発実績は期待できるキャリア
  • NauNauの二番手から抜け出すワンポイントを作れるか

だいたい、利用規約くらいは真面目に書いたりするものだけど、利用規約もユーザーがわかりやすい言葉で書かれているのは好印象。

whooをダウンロードする

whoo-位置情報共有アプリ

whoo-位置情報共有アプリ

LinQ,inc.無料posted withアプリーチ

Ghostはおすすめできる?

Ghostはおすすめできる?

詳細はGhostについてまとめたこちらの記事も参考にしてみてください。

位置SNSの「GHOST」は運営会社が幽霊みたいに掴めない
位置情報共有SNSとして注目されている「GHOST」に関する情報をまとめています。一番気になる安全性と、zenlyの後継アプリとして覇権をとることができるかどうか評価しています。

Ghostの特徴まとめ

ざっくりとアプリの感想をまとめておきます。

  • 運営がよくわからない会社
  • アイコンは可愛い
  • 機能の更新もよく、SNSとしての使い勝手はいい

私が調べてもわからん情報は、ほとんどの方がリーチできない情報だと思うけど、本当にどこが運営しているんだろう。そして、運営もよくわからんところに個人情報を預けるのは勇気がいると思う。

運営の透明性さえ出てくれば、デザインも機能もポストゼンリーとして期待できるものはあります。

Ghostをダウンロードする

GHOST 位置情報共有アプリ - ゴースト

GHOST 位置情報共有アプリ – ゴースト

Vell, Inc.無料posted withアプリーチ

Nowはおすすめできる?

Nowはおすすめできる?

詳細はNowについてまとめたこちらの記事も参考にしてみてください。

位置情報SNS「Now」の使い勝手レビュー
位置情報共有SNSとして注目されている「Now」に関する情報をまとめています。一番気になる安全性と、zenlyの後継アプリとして覇権をとることができるかどうか評価しています。

Nowの特徴まとめ

ざっくりとアプリの感想をまとめておきます。

  • TrashXというところが運営会社
  • ネーミングが「now」だと検索がノイズだらけで引っかからないんだなぁ
  • アプリ自体はよくできている

Nowの紹介記事を書いているあたりで「もうポストゼンリーにオリジナリティも何もないな」と思って書くのやめたんですけど、そんな感じのアプリです。

Nowをダウンロードする

Now|友達や家族の今がわかる位置情報共有アプリ

Now|友達や家族の今がわかる位置情報共有アプリ

TrashX Inc.無料posted withアプリーチ

位置情報に関連する記事リスト

位置情報と言えば、ゲームなんかも位置情報を利用したりしています。その位置情報を偽装するようなツールもあります。そのあたりのことを記事にしていますので、興味があるものがあれば読んでみてください。

位置情報変更に関する便利ツール一覧

知っておきたい豆知識
ツール一覧
ゲーム利用
位置情報共有SNS

位置情報共有SNSアプリのまとめ情報はこちらの記事にあります。

位置情報共有アプリ、結局、どれを選んだらいいのか?
zenlyの後釜を狙うアプリがたくさん出てきているので、一度「どれが一番おすすめできるか」を考えてみました。naunau、友どこ、whoo、ghost、nowに対応しています。

トラブル対処法
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「imagica 中村 取締役」に関する最新情報です。

    IMAGICA GROUPは、中村昌志氏の取締役就任が内定し、6月25日の株主総会で正式に決定される予定。中村氏は1986年にビクター入社後、2000年にIMAGICAに入社し、2021年にはグループ会社の社長に就任した経歴を持つ。他の取締役候補者には長瀬文男、長瀬俊二郎、森田正和、村上敦子が挙げられている。

    https://gamebiz.jp/news/382501

  2. buchikuma-info より:

    「ゲーム 日本 調査」に関する最新情報です。

    日本の位置情報ゲーム市場は2023年には約60億ドル規模で、世界最大の市場となっています。この市場の成長には、電車や徒歩が主要な移動手段であることや、日本発のIPタイトルが多いこと、そして治安の良さが影響しているとされています。これはSensor Towerの調査結果によるものです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZ2FtZWJpei5qcC9uZXdzLzM4MjAxONIBAA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「nft 配布 nft 配布」に関する最新情報です。

    株式会社YUKIMURAは、法人向けNFT配布支援パッケージ『NFT Drop』を特許出願中で提供開始しました。このパッケージには、各NFTの位置情報認証設定と向けMAP画面の追加オプションが含まれており、観光DXや新しいマーケティング施策に活用されることが期待されています。NFT Dropは、位置情報認証によるNFT配布を可能にし、例えばゲームイベントや企画など様々な活用ができます。また、オプションとして「位置情報認証及びMAP作成」も提供されています。会社概要として、株式会社YUKIMURAは2023年に設立され、法人向けのNFT配布及びコンサルティング事業を展開しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMDYuMDAwMTI0MTU1Lmh0bWzSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「app journal journal app」に関する最新情報です。

    タイトル:Appleのジャーナルアプリは簡単で無料で、すでにあなたの電話にあります
    見出し:Appleのジャーナルアプリは簡単で無料で、すでにあなたの電話にあります、あなたもこれが好きかもしれません…、WIREDクーポン
    テーマ1のオリジナルテキスト:
    Appleの最新のアプリは、考えや思い出を記録するための使いやすいツールで、日記を書くことに抵抗がある人にとっても便利です。ホーム画面に新しいアプリが表示される理由について疑問に思っているかもしれません。それがジャーナルアプリであり、その名の通り、考えや思い出を反映し、記録する場所です。削除する前に、一度試してみることをおすすめします。これは会社が精神的な健康を向上させるための取り組みの一環です。ジャーナルアプリに加えて、Appleはヘルスアプリで日々の気分を記録するオプションを導入しました。ヘルスアプリの「心の状態」というカテゴリーの下で、睡眠時間などのヘルスアプリに関連する質問もできます。これらは気持ちやメトリクスの記録と追跡のためのものですが、ジャーナルアプリはあなたの全体的な幸福に焦点を当てるように設計されています。写真、動画、ジオタグを追加することが

    https://www.wired.com/story/apple-journal-app/

  5. buchikuma-info より:

    「ceo ceo 語る z世代」に関する最新情報です。

    シンガポール発の位置情報共有アプリ「Jagat」は、Z世代からの注目度が高いモバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」を展開し、日本での事業化に積極的な姿勢を見せている。Jagatは、位置情報共有アプリ「Zenly」のサービス終了後にリリースされた「Location by amo」など、他の位置情報共有アプリと競合しているが、バリー・ビーゲンCEOは、日本でのシェア拡大のためにどのような戦略を描いているのかを語っている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8veHRyZW5kLm5pa2tlaS5jb20vYXRjbC9jb250ZW50cy9jYXNlc3R1ZHkvMDAwMTIvMDEzOTMv0gEA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「リード リード 獲得 獲得」に関する最新情報です。

    ジョイントベンチャー株式会社(ノマドワークス)は、リード獲得単価が平均500円でできるお問合せフォーム送信代行サービス「リード獲得王」をリリースしました。このサービスは、BtoBマーケティングにおいて資料請求のみで商談に結び付かない、リスティング広告の費用が高すぎる、テレアポに時間がかかるなどの問題を解決します。ノマドワークスは、企業の生産性向上のためにさまざまな業界の企業にサポートを提供しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000135621.html

  7. buchikuma-info より:

    「10 10 android 3万」に関する最新情報です。

    アイワマーケティングジャパンは、Dolby Atmos対応の10.1型Androidタブレット「aiwa tab AS10-2」とSIMフリータブレット「aiwa tab AB10L-2」を発売する。AS10-2はメモリ/ストレージ容量の異なるバリエーションモデルもあり、価格は27,800円前後から。このタブレットは、Google Widevine L1やDolby Atmosに対応しており、専門のエンジニアによる音響チューニングにより、臨場感ある動画が楽しめるとされている。また、AB10L-2はSIMフリーモデルで、4GBのメモリと64GBのストレージを搭載している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vYXYud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2NzM5MS5odG1s0gEA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「調査 z世代 ネタ」に関する最新情報です。

    若者マーケティング機関のSHIBUYA109 lab.が実施した調査によると、Z世代(15〜24歳)はニュースや時事ネタの情報源として、Twitterが最も多く利用されていることがわかった。次にテレビ番組が続き、検索エンジンやニュースサイト・アプリ、Instagramなどが上位にランクインしている。また、約4割の回答者が1日に複数回、7割以上が1日に1回以上ニュースや時事ネタに接触していることも明らかになった。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2402/04/news063.html

  9. buchikuma-info より:

    「ceo テレシー 代表取締役」に関する最新情報です。

    株式会社テレシーは、2024年4月1日から新しい経営体制に移行することを決定しました。新たな代表取締役CEOとして川瀬智博氏が就任する予定です。これまでの業績拡大に伴い、組織基盤の強化が最優先課題とされ、川瀬氏のビジネス・プロデュース経験やメディア知識、データマーケティングの考え方が評価されました。また、西園氏が会長職に就くことで、CARTA HDとの連携を深め、テレシーの成長を促進する計画です。新経営体制への移行は、事業成長に伴い必要とされる事業変革の最適な時期と判断されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000225.000076049.html

  10. buchikuma-info より:

    「機能 10 10 fun」に関する最新情報です。

    ソニーが学生向けに開発したスマートフォン「Xperia 10 V Fun Edition」は、大容量の5000mAhバッテリーと充実したエンターテインメント機能を備えています。このスマートフォンは2024年1月26日に発売されました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vd3d3LmotY2FzdC5jb20vdHJlbmQvMjAyNC8wMS8yNzQ3Njk1My5odG1sP3A9YWxs0gE2aHR0cHM6Ly93d3cuai1jYXN0LmNvbS90cmVuZC9hbXAvMjAyNC8wMS8yNzQ3Njk1My5odG1s?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「解職 テレビ テレビ 社長」に関する最新情報です。

    群馬県のローカルテレビ局である群馬テレビの前社長、武井和夫氏は、2023年末に突然の解職劇に直面したことを振り返っています。2023年12月22日、武井氏は取締役会での決議により解職されました。武井氏は群馬銀行出身であり、2014年から群馬テレビの社長を務めており、解職時点では10年目に入る直前でした。

    https://toyokeizai.net/articles/-/729746?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  12. buchikuma-info より:

    「インフルエンサー 台湾 台湾 インフルエンサー」に関する最新情報です。

    藤枝市、焼津市、島田市、川根本町の広域観光連携協議会は、台湾のインフルエンサーを招待してファムトリップを開催することを発表しました。このイベントでは、3市1町の観光名所を巡り、SNSなどで情報を発信してもらい、インバウンド観光客を増やすことを目指します。4名のインフルエンサーが参加し、彼らのフォロワー数はそれぞれ12万人以上から16万人以上です。このファムトリップはMOA美術館との共同企画で行われます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000102.000109487.html

  13. buchikuma-info より:

    「tech app app ces」に関する最新情報です。

    新しい超音速ジェットが登場し、Notionがカレンダーアプリをリリースし、CESがセックステックを追い払っているというニュースがあります。TechCrunchの週間レビューでは、これらの出来事について詳しく解説しています。

    https://techcrunch.com/2024/01/20/a-new-supersonic-jet-notion-launches-a-calendar-app-and-ces-chases-off-sex-tech/

  14. buchikuma-info より:

    「music z世代 ペンマーク」に関する最新情報です。

    ペンマークが行った調査によると、Z世代の学生3,000人の中で、人気の音楽サブスクリプションサービスはApple Musicが34.3%、Spotifyが25.2%でした。また、LINE MUSICも14.4%の利用率を示しました。この調査結果から、Z世代の学生の間でApple Musicが最も人気のある音楽サブスクリプションサービスであることがわかります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vd2VidGFuLmltcHJlc3MuY28uanAvbi8yMDI0LzAxLzE5LzQ2MzU40gEzaHR0cHM6Ly93ZWJ0YW4uaW1wcmVzcy5jby5qcC9uLzIwMjQvMDEvMTkvNDYzNTg_YW1w?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「学校 1500 提供」に関する最新情報です。

    グーグルは、能登半島地震で被害を受けた学校に1500台のタブレット端末を無償で提供することを発表しました。文科大臣の盛山氏もこの提供に応じることを明らかにしました。提供されるタブレット端末は、珠洲市や輪島市の学校で活用される予定であり、Wi-Fiルーターも一緒に提供されます。また、今後はさらに1000台の配布も検討されています。アップルやマイクロソフトも被災地の学校に端末を無償で提供することを検討しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vbmV3cy50di1hc2FoaS5jby5qcC9uZXdzX3NvY2lldHkvYXJ0aWNsZXMvMDAwMzMyNzUwLmh0bWzSAQA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「取締役 ゴア 退任」に関する最新情報です。

    Appleは、アル・ゴア氏の取締役会退任と、ワンダ・オースティン博士の新取締役就任を発表しました。Appleは取締役に75歳以上の候補者を選ばない方針を持っており、これに基づいてアル・ゴア氏が退任し、ワンダ・オースティン博士が迎えられることになりました。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2401/12/news093.html

  17. buchikuma-info より:

    「取締役 ゴア 退任」に関する最新情報です。

    Appleは、元副大統領アル・ゴア氏(75)の取締役会退任と、新たにアフリカ系女性のワンダ・オースティン博士(69)を取締役として迎えることを発表しました。Appleは、取締役には75歳以上の候補者を受け入れない方針を持っています。アル・ゴア氏は長年にわたり取締役を務めてきましたが、退任することとなりました。一方、ワンダ・オースティン博士は経験豊富なアフリカ系女性であり、新たな取締役として期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yNDAxLzEyL25ld3MwOTMuaHRtbNIBAA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「app app store chatgpt」に関する最新情報です。

    OpenAIは新しいアプリストアを開設し、ChatGPTをオールインワンのアプリに変える可能性があるというニュースがあります。このアプリストアでは、開発者がカスタムのGPTを作成し、チャットボットの機能を追加することができます。OpenAIは、アプリビルダーに報酬を支払い、新しいプラットフォームを共有することで収益を上げることを目指しています。この新しいプラットフォームは、既存のユーザーに新しい機能や体験を提供し、新たなユーザーを引き付けるための戦略の一環です。OpenAIのアプリストアは、既存のモバイルアプリストアと同様に、新しいGPTアプリを発見するための検索機能も提供しています。また、アプリ開発者に対しても報酬を支払う計画があり、開発者がGPTアプリを作成することに対するリスクを軽減することを目指しています。さらに、OpenAIはChatGPTの人気を利用して開発者をプラットフォームに引き付けるため、大きな注目を集めています。

    https://www.wired.com/story/openais-app-store-chatgpt-everything-app/

  19. buchikuma-info より:

    「app app store chatgpt」に関する最新情報です。

    OpenAIは新しいアプリストアを開設し、ChatGPTを「オールインワン」のアプリに変える可能性があると報じられています。このアプリストアでは、企業がカスタムのGPTを作成し、チャットボットの機能を追加することができます。OpenAIは開発者や一般のユーザーが新しいGPTアプリを作成し、共有することで収益を得ることができると述べています。この新しいプラットフォームは、既存のモバイルアプリストアと同様に、新しいGPTアプリを発見するための検索機能も提供しています。OpenAIはアプリ開発者に対して有利な条件を提供し、GPTアプリの開発者がプラットフォームに参加することを促しています。また、OpenAIはChatGPTの人気を利用して開発者を引き付ける戦略を取っています。さらに、他の企業もOpenAIのプラットフォームに参加し、自社の製品やサービスにAIの機能を追加することができると報じられています。

    https://www.wired.com/story/openais-app-store-chatgpt-everything-app/

  20. buchikuma-info より:

    「nft 沖縄県 kukurun」に関する最新情報です。

    沖縄県の観光促進を目的としたWeb3プロジェクト『EastVerse』が開発した総合プラットフォームアプリ『kukurun』のNFT加盟店数が沖縄県内200店舗を突破しました。加盟店数は現在も増加中であり、来春のサービスリリース時には500店舗を目指す予定です。このアプリは沖縄県の観光促進を目指しており、NFTを活用した特典やクーポンなどのサービスを提供しています。また、NFTの売上は沖縄県のふるさと納税や首里城再建などの活動にも活用されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000128899.html

  21. buchikuma-info より:

    「nft 沖縄県 kukurun」に関する最新情報です。

    沖縄県の観光促進を目的としたWeb3プロジェクト『EastVerse』が展開する総合プラットフォームアプリ『kukurun』のNFT加盟店数が沖縄県内で200店舗を突破しました。加盟店数は現在も増加中であり、来春のサービスリリース時には500店舗を目指しています。このプロジェクトは沖縄県の観光促進を目指し、NFTを活用した特典やクーポンなどのサービスを提供しています。また、NFTの売上は沖縄県のふるさと納税や首里城再建などの活動にも活用されます。このプラットフォームアプリを通じて、沖縄県の観光の促進や地方経済の振興に貢献していく予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000128899.html

  22. buchikuma-info より:

    「親子 cm コース」に関する最新情報です。

    2024年1月6日から放映される新しいCMでは、親子で一緒に学ぶ幼児コース「親子でZ会」が紹介されます。このコースでは、幼児期の親子が実体験とワーク学習を通じて学びを深めることができます。CMでは、親が子供に問いかけると、子供が答えるという対話が展開され、親子の学びの様子が描かれます。このコースは、親子が一緒に考え合い、経験を積み重ねながら主体的に学ぶ姿勢を育むことを目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001046.000049291.html

  23. buchikuma-info より:

    「nft ルーラ アイオケ」に関する最新情報です。

    位置情報連動型NFTプラットフォームのルーラNFTがアイドルオーケストラ「アイオケ」の「7つの大罪」ツアーファイナルにてNFTコラボレーションを決定しました。このコラボレーションでは、2024年1月13日に日比谷公園大音楽堂で開催されるライブイベントでNFTが提供されます。ルーラNFTは位置情報に基づいてNFTを発行するプラットフォームであり、アイオケとのコラボレーションにより、ファンは特定の場所やイベントでNFTを入手することができます。これにより、アイドルファンにとって新しい体験や思い出の記録を提供することが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMTguMDAwMDkzNjkyLmh0bWzSAQA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「攻撃 調査 2023」に関する最新情報です。

    セキュリティニュースアラートによると、クラロティは重要なインフラのコンポーネント関連企業に勤務するセキュリティ専門家1100人の調査結果を公開しました。その結果、ランサムウェア攻撃が増加し、攻撃範囲がIT/OT環境に拡大していることが明らかになりました。2023年の脅威状況を調査した結果、ランサムウェア攻撃はOT環境へと拡大しており、重要なインフラに影響を与える可能性があることが示されました。この調査結果は、セキュリティ対策の強化が求められるという流れを読み取ることができます。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2312/26/news056.html

  25. buchikuma-info より:

    「2023 調査 個人」に関する最新情報です。

    J.D.パワーは、2023年の米国個人資産運用デジタル・エクスペリエンス顧客満足度調査の結果を発表しました。調査では、個人資産運用モバイルアプリが顧客満足度向上と顧客維持に有効な手段であることが示されました。調査は、フルサービス部門と自己決定部門の2つのセグメントで行われ、顧客の満足度を測定しました。総合的な満足度スコアは、1,000ポイント満点で776ポイントとなりました。特に若い世代の顧客はデジタルアドバイスに傾倒しており、デジタルチャネルを好む傾向があります。この調査は、6,217人の個人投資家を対象に実施され、顧客満足度に影響を与える要素が評価されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000267.000042677.html

  26. buchikuma-info より:

    「aurora aurora クローズド foga」に関する最新情報です。

    Foga Techは、スマートフォン向けのオンラインゲーム「Aurora7」のクローズドβテストを現在開催しています。このテストは、2023年12月18日19時25分まで事前に登録したユーザーに対して行われています。Aurora7は注目を集めており、Foga Techの最新の取り組みとして注目されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZ2FtZWJpei5qcC9uZXdzLzM3OTEyM9IBAA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「000 000 きっ 10」に関する最新情報です。

    SHUREの有線イヤホンが10,000円以下で販売されているAmazonセールが開催されています。このイヤホンは高音質であり、ケーブルも着脱式で便利です。また、ノイズキャンセリングや空間オーディオにも対応しています。このセールでは、他にもBeatsの最上位モデルやBOSEのサウンドバー、ワイヤレススピーカーもお買い得価格で販売されています。

    https://www.lifehacker.jp/article/amazon-timesale-2023-1214-2/

  28. buchikuma-info より:

    「z世代 マーケティング gpts」に関する最新情報です。

    Z世代マーケティング研究会がGPTs(Generative Pre-trained Transformers)をリリースしました。このリリースは、マーケターや宣伝担当者、人事や採用担当者がZ世代向けの施策立案やブレスト、壁打ちに活用することを目的としています。Z世代マーケティング研究会は、Z世代の特性や行動パターンを深く理解し、効果的なマーケティング戦略の構築を支援しています。GPTsの導入により、革新的な手法やアプローチを発掘し、Z世代のニーズに合わせたカスタマイズされたマーケティング戦略やデジタルキャンペーンの計画と実行が可能になります。これにより、Z世代とのコミュニケーションを最適化し、エンゲージメントを高めることが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000807.000018590.html

  29. buchikuma-info より:

    「z世代 テレビ cm」に関する最新情報です。

    Z世代はテレビをつけていても、実際にはテレビを見ていないことが分析データから明らかになっています。しかし、Z世代も実はテレビCMに興味を持っており、タイパ重視の仕掛けが彼らを惹きつけていることがわかりました。NRI(野村総合研究所)のデータ分析によれば、Z世代は平日にテレビを視聴する時間が短く、インターネットの普及によってテレビの視聴が減少しているという事実があります。しかし、テレビCMの効果を検証するために蓄積されたデータから分析すると、Z世代もテレビCMに反応していることがわかりました。このような結果から、Z世代に対してタイパ重視の仕掛けを行うことで、テレビCMの効果を高めることができると言えます。

    https://toyokeizai.net/articles/-/719908?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  30. buchikuma-info より:

    「revenue snapchat 20 first」に関する最新情報です。

    Snapchat+の純収益が初めて2,000万ドルを超え、成長が続いていることが報告されました。成長を牽引しているのは、イギリス、オーストラリア、カナダなどの市場での加入者数の増加です。これらの国々だけで1,000万ドル以上の収益を生み出しており、特にイギリス市場が成長を牽引しています。Snapchat+は、加入者数の増加によって収益を伸ばしており、今後も成長が期待されています。

    https://techcrunch.com/2023/12/08/snapchat-keeps-growing-as-net-revenue-tops-20m-for-first-time/

  31. buchikuma-info より:

    「beeper access android」に関する最新情報です。

    タイトル:AppleがBeeper Miniのアクセスを停止、iMessageをAndroidにもたらしたサービスの開始後

    要約:Appleは、iMessageをAndroidにもたらしたサービスの開始後、Beeper Miniのアクセスを停止しました。Beeperは、AndroidユーザーがiMessageを利用できるようにするためのサービスでしたが、Appleはこのアクセスを遮断しました。これにより、Beeper Miniを利用してテキストメッセージを送信しようとするとエラーメッセージが表示されるようになりました。Appleは、Beeper MiniがiMessageにアクセスできないようにすることで、この問題を解決しようとしました。

    https://techcrunch.com/2023/12/08/apple-cuts-off-beeper-minis-access-after-launch-of-service-that-brought-imessage-to-android/

  32. buchikuma-info より:

    「z世代 結果 一生」に関する最新情報です。

    Z世代の60.6%が一生独身でも気にならないと回答したことが、調査結果から明らかになりました。この調査は、18歳から24歳のZ世代を対象に行われ、1000人のうち350人が回答しました。また、52.6%のZ世代が法律婚にこだわらずにパートナーと暮らしたいと考えていることもわかりました。この調査結果は、将来の結婚や生活に関するZ世代の意識を示しています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6573c8aee4b052dbf81d7736

  33. buchikuma-info より:

    「タイプ 10 10 クーポン」に関する最新情報です。

    Lifeinnotechから発売されたApple Watch用充電器は、急速充電が可能でタイプCとLightningに対応しています。スリムで持ち運びに便利なキーホルダータイプで、10%のクーポンが配布されています。充電器は小型で軽量なため、旅行や出張などの外出先でも役立ちます。安全設計で過電圧や過剰な発熱を防ぎ、マグネット吸着により充電が自動的に始まります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0wMDAwMDAwMTkuMDAwMTMxMTMxJmc9cHJ00gEA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「afk afk ジャーニー クローズド」に関する最新情報です。

    スマートフォンアプリ「AFK アリーナ」シリーズの最新作である「AFK:ジャーニー」が、全世界で8000万ダウンロードを達成しました。この新作のクローズドβテストが開始されました。クローズドβテストの詳細や注意事項は、「AFK:ジャーニー」の特設サイトや公式サイトで確認することができます。この新作は、注目を集めており、ますます人気が高まっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vd3d3LjRnYW1lci5uZXQvZ2FtZXMvNzU3L0cwNzU3MTEvMjAyMzEyMDYwMjIv0gEA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「bereal 調査 bereal 流行」に関する最新情報です。

    BeRealは、盛れないからではなく、ゆるい位置情報共有が流行の理由であることがRECCOOの調査で明らかになった。大学生の78.5%がBeRealの流行理由を盛れないからではないと回答し、47.5%の大学生が「盛る時代」が終わってきていると回答した。BeRealは、位置情報を共有することで日常の記録を残すことができるため、見る側と載せる側が平等になり、盛れないというストレスがないとされている。この調査結果は、SNSの中での位置情報共有の重要性が増していることを示している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLGh0dHBzOi8vbWFuYW1pbmEudmFsdWVzY2NnLmNvbS9hcnRpY2xlcy8yOTk40gEA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「和牛 高校 京都」に関する最新情報です。

    都ホテル京都八条では、高校生が育てたA5ランク和牛を使用した特別メニューが今年も登場します。このプロジェクトは、京都府立農芸高校との「食と学びのSDGsプロジェクト」の一環であり、高校生が和牛の育成に取り組んでいます。メニューには、牛フィレ肉や和牛ロースステーキなどが含まれており、期間限定で提供されます。都ホテル京都八条のダイニングカフェ「ロンド」で楽しむことができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001407.000023303.html

  37. buchikuma-info より:

    「store 2024 gpt」に関する最新情報です。

    OpenAIのGPT Storeの開始が2024年まで延期されることが発表されました。この延期は、リーダーシップの混乱が原因とされています。OpenAIは、GPT Storeのローンチを以前は2023年に予定していましたが、具体的な日付は明示されていませんでした。しかし、同社は初めの発表から数か月後の11月にリーダーシップの混乱が起こり、延期が発表されました。新たな開始日は2024年初めとされています。

    https://techcrunch.com/2023/12/01/openais-gpt-store-delayed-to-2024-following-leadership-chaos/

  38. buchikuma-info より:

    「space access access space」に関する最新情報です。

    Loft Orbitalは、宇宙へのアクセスを希望する開発者向けに「仮想ミッション」を開始する。これまで、宇宙で自分自身のソフトウェアを実行することは不可能であったが、Loftは開発者が宇宙でソフトウェアを実行できるようにするためのソフトウェアを提供している。これにより、開発者はLoftの衛星上でソフトウェアを展開し、センサーやコンピュートノードを活用してデータを分析することができる。これにより、さまざまな用途に対応したソフトウェアの開発が可能となる。

    https://techcrunch.com/2023/11/29/loft-orbital-is-launching-virtual-missions-for-developers-wanting-access-to-space/

  39. buchikuma-info より:

    「10 13 290」に関する最新情報です。

    Amazonのブラックフライデーイベントで、Android13タブレットが史上最低価格の9,290円で販売されています。このタブレットは10インチのHD IPSディスプレイを搭載し、WideVine L1にも対応しています。また、6000mAhのバッテリー容量を持ち、期間限定で最後の30台となっています。さらに、タブレットと専用ケースを一緒に購入すると、専用ケースが40%OFFになります。このセールは2023年11月29日19時まで行われています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000133307.html

  40. buchikuma-info より:

    「10 apple 戦略」に関する最新情報です。

    Appleは、プロセッサ開発力を向上させるとともに、自由自在にコア数を増減させる「スケーラブル戦略」を加速していることが分かった。最新の「Apple Watch Series 9」を分解すると、その戦略が明らかになっている。さらに、Appleは「M2」と「M3」という2つのプロセッサを同時にリリースし、コア数を「コピペ」するスケーラブルデザインを採用している。これにより、低価格から高価格まで幅広い製品ラインナップを提供することが可能となっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vZWV0aW1lcy5pdG1lZGlhLmNvLmpwL2VlL2FydGljbGVzLzIzMTEvMzAvbmV3czA0MS5odG1s0gEA?oc=5

  41. buchikuma-info より:

    「12 スタートアップ 海外」に関する最新情報です。

    日立ソリューションズは、12月8日に海外スタートアップ連携のセミナーを開催します。このセミナーでは、最先端のグローバル人材育成制度について話し合われます。日立ソリューションズは、シリコンバレーを中心に海外スタートアップとの連携を行っており、セキュリティ、クラウド、AI、DevSecOps、建築、テック、HRなど幅広い分野で成功を収めています。セミナーでは、日本国内での展開活動や成功事例も紹介されます。セミナーには、株式会社日立ソリューションズの北林拓丈氏が登壇し、海外スタートアップとの連携について詳しく語ります。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000202.000021299.html

  42. buchikuma-info より:

    「イチロー 三振 高校」に関する最新情報です。

    イチローさんが、高校女子選抜ピッチャーに三球三振を奪われたことについて称賛の意を示しました。イチローさんは自身が三振を少なくする選手であることを強調し、女子選抜ピッチャーの実力を認めました。この試合は、2022年11月21日に東京ドームで行われ、イチローさんがアマチュア野球チームKOBE CHIBENと対戦しました。イチローさんは三球目で三振され、そのシーンが動画で公開されました。イチローさんはインタビューで、「三振を取られた時の表情が悔しそうに映っているかもしれないが、選手としての予感がある」と述べました。この出来事は、女子選抜ピッチャーの将来についての期待を高めるものとなりました。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_655d63b1e4b0c91d827906de

  43. buchikuma-info より:

    「access access trillions cops」に関する最新情報です。

    タイトル: 秘密主義のホワイトハウス監視プログラムが警察に数兆の米国の電話記録へのアクセスを提供
    見出し: 秘密主義のホワイトハウス監視プログラムが警察に数兆の米国の電話記録へのアクセスを提供、関連記事…
    トピック1:
    トピックキーワード: アクセス, 警察, 数兆, ホワイトハウス, 監視, 電話, 記録
    トップの段落:
    主体: 1:25 PM秘密の電話記録WIREDの分析によると、疑われていない、あまり知られていない監視プログラムが、日曜日に司法省(DOJ)によって運営されていることが明らかになりました。この監視プログラムは現在、データアナリティカルサービスとして知られており、数兆の電話記録を対象にしています。このプログラムは、AT&Tとの協力のもとで実施されており、地元の警察や保安官事務所などの米国の法執行機関によって利用されています。過去6年間で600万件以上の記録が対象になっており、AT&Tのインフラを利用した通話記録のターゲティングが行われています。このプログラムの合法性については深刻な懸念があり、多くのアメリカ人や議会のメンバーが正当に憤

    https://www.wired.com/story/hemisphere-das-white-house-surveillance-trillions-us-call-records/

  44. buchikuma-info より:

    「レンタル 株式会社 支援」に関する最新情報です。

    エイトレント株式会社は、クロスキャットという国内最大級のレンタルサービス事業を展開しています。このたび、エイトレント株式会社のレンタル業務管理システムをクラウドシフトすることを支援しました。このシフトにより、レンタル品の稼働率向上や業務効率化が図られ、データ活用基盤が構築されました。エイトレント株式会社は、レンタル業務管理システムをOracle Cloud Infrastructure(OCI)上で運用し、社員自らがデータを活用して業務を効率化する取り組みを行っています。これにより、レンタル品の在庫管理や貸出・返却の状況、売上や請求などの各種データを一元管理することができます。今後もエイトレント株式会社は、クラウドシフトを通じたDX推進に取り組み、さらなる業務効率化とレンタル品の稼働率向上に貢献していく予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000141.000025288.html

  45. buchikuma-info より:

    「チャート 人気 10」に関する最新情報です。

    YOASOBIの新曲「葬送のフリーレン」の主題歌も大ヒットしているが、人気ダントツ1位は誰なのか?YouTube音楽チャートのトップ10を分析した結果、1位はYOASOBIではなく、Adoの「唱」がランクインしていることがわかった。YOASOBIの「葬送のフリーレン」は2位に位置している。他にも、人気アーティストやアイドルの楽曲がチャートに入っていることが分かった。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65570a7be4b0998d699fbacf

  46. buchikuma-info より:

    「z世代 tiktok tiktok 人気」に関する最新情報です。

    データが示す「Z世代」のTikTok人気には意外な事実があります。実際にZ世代が費やす時間が長いアプリのランキングを見ると、TikTokが上位にランクインしています。Z世代は1996年から2012年に生まれた人々で、比較的新しいアプリであるTikTokに注目が集まっています。このデータは、株式会社ドコモ・インサイトマーケティングが収集したビッグデータに基づいています。Z世代のスマートフォン利用の実態を把握するために、アプリの利用履歴を個別に同意を得て収集しています。このデータによれば、Z世代は1日にどのアプリをどのくらい利用しているかが明らかになっており、TikTokがその中で長い利用時間を示しています。

    https://toyokeizai.net/articles/-/714176?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

タイトルとURLをコピーしました