PR

子供の見守りに「GPS端末」を選ぶなら何が一番?

「位置情報(GPS)サービス」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「位置情報(GPS)サービス」の情報を見ていきましょう。

2024年の「位置情報(GPS)サービス」新着情報まとめ

位置情報(GPS)サービスについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

位置情報(GPS)サービスに関する新着ニュース

子ども用GPSの重要性と適切な年齢

2023年9月29日の、子どもの安全に関する情報をお届けします。

子ども用の防犯対策として注目の「子ども用GPS」は必要? 何歳から持たせたらいいの?
子どもが大きくなるにつれて、行動範囲は自然と広がります。成長が嬉しい反面、親にとっては何かと心配事が増えがちです。共働き世帯は特に、子どもが帰宅したときに家で待っていることができず、習い事などに付いて行くことも難しく「今どこで何をしているの...
  • 「子ども用GPS」は共働き世帯などで子どもの居場所を知る手段として有用。
  • 約80%の親が子ども用GPSの導入を必要と感じており、主な理由は子どもの安全確保。
  • 一方で、GPSは過剰と感じる親もおり、学校のアプリでの管理を十分と考える意見もある。
子ども用GPSを持たせる適切な年齢
  • 最も多かった回答は6歳、続いて5歳、7歳。
  • 約84.5%の親が5歳~7歳の間に子ども用GPSを持たせると回答。
追加情報: 子ども用GPSの機能
  • 位置情報の把握のほか、通話機能やメッセージ交換機能を備えた製品も存在。
  • 家庭の事情に合わせて製品選択が可能。

高精度GPSとオリジナル技術を活用した多言語音声観光ガイドシステムの開発

  • 株式会社電通と株式会社ピラミッドフィルムクアドラが共同でスマートフォン向けの多言語音声観光ガイドシステムを開発。
  • このシステムは、乗り物に乗った観光ガイドツアーの移動空間上でも、GPSを用いた正確な位置情報とオリジナル技術を掛け合わせ、複数言語対応のサービスを提供可能。
  • 本システムの第1弾として、滋賀の琵琶湖と京都を結ぶ運河である「びわ湖疏水船」にて、来春の実装に向けた開発を進める。
サービス詳細
  • サービスのイメージとして、観光客は端末につながれたイヤホンを装着し、乗り物での移動中に、GPS位置情報のポイントに到着すると、翻訳されたツアーガイドの音声が自動的に流れる。
  • アプリに言語情報を登録することで、GPSと連動して8か国語の音声が流れる仕組み。ツアーガイドが操作も可能。
  • バスや船などの一定レベルの速度が出ている乗り物でもサービス提供が可能で、広範囲に巡回するバスツアーなどにも活用可能。
びわ湖疏水船ツアーに関する情報
  • びわ湖疏水船は時速13kmで移動し、GPSを補足することができる(一部トンネルは固定音声で対応)。
  • 4か国語の音声で、観光客にびわ湖疏水船の魅力を伝える予定。
ピラミッドフィルムクアドラ社について
項目詳細
会社名株式会社ピラミッドフィルムクアドラ
所在地東京都港区芝浦2-12-16 6F
代表者篠原哲也
事業内容広告・宣伝、インターネット情報提供、映像制作等

GEOTRA、位置情報ビッグデータ分析基盤構築サービスを提供開始

  • 株式会社GEOTRAが新サービス「位置情報ビッグデータ分析基盤構築サービス」の提供を開始。
  • 位置情報ビッグデータの利用ニーズ増加にも関わらず、データの扱いや可視化の難易度が高いという課題が存在。
  • この新サービスでは、GEOTRAの「GEOTRA Activity Data」や各種公的統計データ等を簡易に分析・可視化するダッシュボードやバックエンド基盤の構築を支援。
分析基盤構築サービスについて
  • 位置情報ビッグデータの活用のニーズは増加しているが、データベースの扱いや地図上での可視化の難易度が高い。
  • 既存のBIツールは大規模な位置情報データの可視化に対応できない場合が多い。
  • GEOTRAは、ダッシュボードやバックエンド基盤の構築を支援するサービスを開始。
  • 提供する分析基盤はカスタマイズ可能で、お客様のニーズに合わせた柔軟な提案が可能。
GEOTRA Activity Dataについて
  • GEOTRAの独自技術「合成データ生成モデル」を通じて生成される高粒度な人流データ。
  • 個人の移動導線がわかるデータでありながら、プライバシーを保護。
  • 行政・自治体や不動産デベロッパー、交通事業者、建設事業者、金融機関等での利用が広がっている。
お問い合わせ先
  • 株式会社GEOTRA 営業戦略部
  • メールアドレス: sales@geotra.jp

行方不明高齢者等家族支援サービス費助成事業(GPS機器初期費用助成)

  • 認知症の症状により、行方不明のリスクがある高齢者の家族を対象に、GPS機器の初期費用を全額助成。
  • 対象者は認知症の高齢者を介護する人で、GPS機器を持つ高齢者は、認知症の疑いがあり、自力で外出が可能、そして町内に住所を有する人。
  • 助成内容は町指定のGPS機器の導入費用で、初期費用は町から事業者へ直接支払い。初期費用以外の費用は自己負担。
助成対象機器
  • どこにゃん(中部電力ミライズ)
  • 手動検索タイプ(株式会社ミマモルメ)
  • 経歴確認タイプ(株式会社ミマモルメ)
  • ココセコム(セコム株式会社)
  • あんしん花子(株式会社サイチ)
利用までの流れ
  1. 助成対象機器から選択し、ふくし課へ申請。
  2. ふくし課から決定通知を受け取る。
  3. 指定事業者からの申込書で申し込む。
  4. GPS機器が届く。
  5. 利用を開始する。
参考情報
  • 認知症高齢者の登録制度とあわせて、登録を推奨。
  • 認知症高齢者賠償事故補償保険について。
お問い合わせ先
  • ふくし課 地域包括ケア推進係
  • 住所:〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
  • 電話番号:0562-83-3111
  • ファックス:0562-83-9756

子どもGPS見守り支援サービス提供事業者募集

  • 高砂市は、児童及びその保護者の安全・安心の生活環境の整備のため、IoT端末を用いた見守りサービスの提供事業者を募集している。
  • 補助金制度が設けられ、利用者は補助金分を減額してサービスを開始することが可能。
  • 令和5年度に公募が行われ、審査を経たサービス提供事業者が登録されている。
令和5年度サービス提供事業者
  • 関西電力送配電株式会社: サービス名「OTTADE!見守りサービス」
  • 株式会社MIXI(ミクシィ): サービス名「みてね見守りGPS」
  • 株式会社ミマモルメ: サービス名「ミマモルメGPSサービス」
初期費用に関する情報
  • 利用者は最大9,000円減額してサービスを開始可能。
  • 初期費用が9,000円以下の場合、実質0円での利用開始が可能。
  • 初期費用には送料が含まれるが、オプション品購入費やサービス利用料は含まれない。

位置情報(GPS)サービスの新製品情報

新製品:「みてねみまもりGPSトーク」

2023年12月15日時点でのミクシィの「みてねみまもりGPSトーク」について紹介します。

「みてねみまもりGPSトーク」の特徴
  • スマホアプリを通じて子どもの位置情報を確認できるGPSサービス。
  • 音声メッセージを送受信できる機能を搭載。
  • 「ボイスメッセージ付 GPSプラン」と「GPSプラン」の2種類の契約プラン。
  • 緊急時に子どもから保護者に通知できる「お知らせボタン」機能が利用可能。
価格

本体価格は5680円(税込)。月額通信費はボイスメッセージ付 GPSプランが748円、GPSプランが528円。

「みてねみまもりGPSトーク」のおすすめポイント
  • 子どもの現在地だけでなく周辺状況も把握できるため、安全管理が強化される。
  • 音声メッセージ機能で子どもとのコミュニケーションが容易。
  • 2つのプランから選択可能で、利用シーンに応じた柔軟なプラン選択が可能。
「みてねみまもりGPSトーク」の気になるところ、注意点
  • 月額通信費が発生するため、継続的なコストが必要。
  • GPSサービスの精度に依存するため、場所によっては正確な位置情報が得られない可能性がある。
「みてねみまもりGPSトーク」の購入時参考情報
  • 予約販売開始日は2023年1月15日9時から。
  • 納品予定は2023年3月上旬。

新製品:「GPSMAP 67およびGPSMAP 67i」

「2023年9月7日」時点での「ガーミン」の「GPSMAP 67およびGPSMAP 67i」について紹介します。

「GPSMAP 67およびGPSMAP 67i」の特徴
  • 高精度な位置情報とロングバッテリー(最大180時間)
  • inReach衛星通信機能(GPSMAP 67iに搭載)
  • 多機能な地図表示(日本詳細地形図2500/25000プリインストール)
価格
  • GPSMAP 67: 「84,800円」(税込)
  • GPSMAP 67i: 「99,800円」(税込)
「GPSMAP 67およびGPSMAP 67i」のおすすめポイント
  • 多様な衛星受信システム(GPS, GLONASS, Galileo, みちびき, BeiDou)とマルチバンド(L1 & L5信号)受信により、複雑な地形環境でも高精度な位置情報が得られる
  • スマホの圏外でも通信可能なinReach衛星通信機能で、緊急時の安全対策が強化される(GPSMAP 67i)
「GPSMAP 67およびGPSMAP 67i」の気になるところ、注意点
  • inReach衛星通信機能の利用には有料のサブスクリプションプランへの事前契約が必要
  • 製品価格がやや高価である
「GPSMAP 67およびGPSMAP 67i」の購入時参考情報
  • 販売日程:
    • GPSMAP 67: 2023年9月14日
    • GPSMAP 67i: 2023年冬
  • 販売店舗:詳細情報は公式サイトで確認してください。

商品名:oplus(オプラス)のGPS打刻機能

2023年8月4日時点でのOplus株式会社のシフト・勤怠管理DXサービス「oplus(オプラス)」における新機能「GPS打刻機能」について紹介します。

oplus(オプラス)の特徴
  • ブラウザ・スマホ・アプリの全てに対応したシフト管理DXサービス。
  • 出退勤の情報を記録する「Pro+勤怠プラン」を持つ。
  • 勤怠管理では、複数の打刻方法に対応(PCやスマホのデバイス対応、QRコード打刻、GPS打刻)。
価格

1ユーザ200円(税込)から利用可能。

oplus(オプラス)のおすすめポイント
  • 今回追加された「GPS打刻機能」により、打刻時の位置情報の取得が可能。
  • 事業所と就業先が異なる企業や、直行直帰が多い企業での勤怠打刻と出勤証明の双方に活用可能。
oplus(オプラス)の気になるところ、注意点
  • (詳細なデメリットは記載されていませんので、特に記載なし)
oplus(オプラス)の購入時参考情報
  • 料金は1ユーザ200円から。
  • スマートフォンアプリからの設定が可能。

商品名:プレミアムVPS AR

2023年8月4日時点での株式会社palanのWebAR作成サービス「palanAR(パラナル)」の新機能「プレミアムVPS AR」について紹介します。

プレミアムVPS ARの特徴
  • 位置情報と画像認識技術を組み合わせた高精度な認識が可能。
  • 「アフターコロナ」における「場所」に紐づくAR技術の活用事例や実証実験の増加。
  • Niantic社の「Lightship VPS for Web」との連携により、観光やイベントでの場所を認識し拡張可能なARの作成が可能。
価格

特に記載がないため、情報なし。

プレミアムVPS ARのおすすめポイント
  • 空間を高精度で認識するARの作成が可能。
  • 特別なアプリのインストールなしで、WebブラウザのみでAR体験が可能。
プレミアムVPS ARの気になるところ、注意点
  • プレミアムVPS ARを作成する際のWayspotのスキャンおよび登録が必要。
  • Wayspotがすでに登録されているか、登録されていないかで作成フローが異なる。
プレミアムVPS ARの購入時参考情報

とりあえず知っておきたい「位置情報(GPS)サービス」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「位置情報(GPS)サービスとは」的な内容になります。

GPS端末の使い方

GPSサービス全般をまとめているのですが、需要としてはGPS端末を利用して位置情報を取得するものだと思います。この辺りの選び方についてまとめていきます。

GPSトラッカー(発信機)の意外な使い道

  1. 子供の見守り
    • 解説:子供が外出する際、GPSトラッカーを持たせることで、その位置をリアルタイムで確認することができます。学校や塾への通学、遊びに行く際の安全確認に役立ちます。
  2. 認知症の介護
    • 解説:認知症の方が外出する際には、行方不明になるリスクが考えられます。GPSトラッカーを持たせることで、その位置を把握し、迅速な対応が可能になります。
  3. ペット監視
    • 解説:ペットが外出する際、特に猫や犬が逃げ出した場合など、GPSトラッカーでその位置を確認することができます。迅速に見つけ出すことが可能になります。
  4. 車両の監視・追跡
    • 解説:自動車やバイクの盗難対策として、GPSトラッカーを取り付けることで、盗難時の迅速な対応や、位置の追跡が可能になります。
  5. 貴重品の保護
    • 解説:カバンや貴重品ケースにGPSトラッカーを入れておくことで、紛失や盗難時の追跡が容易になります。
  6. アウトドア活動時の安全確保
    • 解説:山登りやハイキング、キャンプなどのアウトドア活動時にGPSトラッカーを持参することで、位置情報を共有したり、非常時の救助要請が容易になります。
  7. ビジネスでの配送・物流管理
    • 解説:物流や配送業務で、配送物や車両の位置をリアルタイムで把握することで、効率的な運用や顧客への情報提供が可能になります。

位置情報を利用することで、何ができるようになるの?

  1. 配送・物流の効率化
    • リアルタイムで車両や商品の位置情報を把握することで、最適な配送ルートの計算や迅速な対応が可能になります。
  2. ライドシェアサービス
    • 位置情報を共有することで、近くのドライバーを呼び出すことができるサービス。例:Uber, Lyft。
  3. 観光地や店舗のプロモーション
    • ユーザーの位置情報に基づき、近くの観光スポットや店舗のクーポンや情報を提供する。
  4. ジオフェンシング
    • 特定の地域や位置に入ったときや出たときに通知やアクションを起こす技術。例:店舗の近くに来た時に割引クーポンを送信。
  5. 位置情報ゲーム
    • ユーザーの現実の位置情報をゲーム内で使用する。例:Pokemon GO。
  6. 不動産業界の活用
    • 物件の位置情報と周辺環境のデータを組み合わせて、物件の魅力や価格を評価・紹介。
  7. 防犯・セキュリティ
    • 車両や貴重品の位置情報を追跡し、盗難や紛失時の迅速な対応をサポート。
  8. 位置情報ベースのSNS
    • ユーザーが現在位置を共有し、その場所に関する情報やレビューを交換する。
  9. 災害時の人命救助
    • 災害時に位置情報を活用して、被災者の居場所を特定し、救助活動を効率化。
  10. 農業分野での活用
  • 畑や農地の位置情報を基に、最適な作物の植え付けや収穫時期を計算。
  1. スポーツ分析
  • 選手の動きやパフォーマンスを位置情報を元に解析し、トレーニングや戦略の改善に役立てる。
  1. 都市計画や交通分析
  • 位置情報を活用して、都市の人の流れや交通量を分析し、最適な都市計画や交通ルートを設計。

子ども用GPSを選ぶ際のポイント

子ども用のGPSを選ぶ際には、様々な商品の特性や料金体系を考慮に入れることが重要です。

子供の位置情報を把握するならスマートウォッチもおすすめです。

子供用のスマートウォッチで安全なやつを探している
子供用のスマートウォッチ、AppleWatchが最高だと思うのですが、高いんですよね。無くしたり壊されたりしてもいいくらいで、だけどそれなりに安全で楽しめるやつを探す記事になります。

現在位置の正確性

GPSは基本的に衛星を活用して位置を把握するが、地下などの通信が難しい場所ではWi-Fiや基地局との通信で位置を計測することもある。日本版のGPS衛星「みちびき」は2018年11月から利用が開始され、その精度は向上している。

  • 日本版GPS「みちびき」に対応している子ども用GPSは、より精度の高い位置情報が得られる。
  • 「みちびき」非対応の製品でも、大きな誤差は発生しない。

現在位置の更新頻度

子ども用GPSの位置情報の更新頻度は、1分から60分間隔で設定可能。更新頻度が短いとバッテリー消費が早まることに注意が必要。

  • 1分間隔での更新は、ほぼリアルタイムでの位置情報確認が可能。
  • GPS端末により、設定できる更新頻度が異なる。

子どもと保護者の連絡方法

連絡方法には自動通知、手動通知、音声メッセージの送受信などがあり、最近では音声メッセージ機能を持つGPSが増えている。

  • 音声メッセージ機能を持つGPSは、月額利用料がやや高い傾向がある。
  • 音声コミュニケーションを取れる子ども用GPSは安心感が増す。
  • 選択する際は、金額よりも子どもが機能を利用するかどうかを重視すると良い。

GPS端末にあると便利な機能

GPS端末や関連アプリは、利用者の安心や便利さを提供するためのさまざまな機能を備えています。以下では、見守り用GPSで特に重要とされる機能を紹介します。

現在地の表示

GPS端末の主要な機能として、現在地の表示があります。専用アプリを開くことで、Googleマップ上にお子さんの現在地をリアルタイムで確認することができます。

  • 位置情報の確認により、安心して子供の行動を把握できる。
  • 現在地はリアルタイムで更新される。
  • Googleマップ上での表示により、わかりやすく表示される。

行動履歴の確認

GPS端末は現在地だけでなく、過去の行動履歴も保存・表示することができます。これにより、「何時何分」に「どこにいたか」などの詳細な情報を確認することができる。

  • 子供の過去の移動ルートや行動パターンを確認可能。
  • 特定の時間帯の位置情報を後から確認できる。
  • 安全上の懸念がある場合に、確認することで安心感を得られる。

通知エリア設定

頻繁に訪れる場所(例:学校、塾、学童)を予めGPSアプリに設定しておくことで、その場所に着いたり離れたりする際にスマホに通知が届く機能があります。

  • お子さんの行動範囲やスケジュールに合わせて、特定の場所を設定可能。
  • 通知を受け取ることで、子供の行動をリアルタイムで確認できる。
  • 定時に特定の場所に到着しない場合など、異常を早めに察知できる。

どんなGPS(位置情報)サービスがあるの?

主に子供用ですが、最近では認知症ケアにも利用したり、ペット用GPSデバイスなんかも登場しています。

子供用の防犯グッズに関しては別サイトでも情報をまとめています。

我が子の防犯対策グッズについて考えたこと「田舎暮らしでも必要?」
こどもの防犯グッズの記事を書こうとしただけなのに、気付いたら「親が働くのが悪い」と言う暴論に至り、最終的には親が一緒にいても事件に巻き込まれるという本末転倒な結論の記事はこちらです。
端末名更新時間通知/通信ボタン利用測位システム料金
はろここあり初回価格:6,930円(税込)→5,930円(税込)
2年間の利用料金目安は20,270円(税込)から19,270円(税込)
coneco定型分送信月額利用料480円
amue link1分/2分/6分ありGPS/みちびき/GLONASS【amue link】 端末5,980円+月額料金748円 【amue link for NURO】 端末3,960円+月額料金599円
goo of things1.5~3分/3~5分ありみちびき/GPS/GLONASS/Galileo/BeiDou 一部WIFI測位本体3,280円 月額638円
GPS Bot1.5分なしみちびき/GPS衛星/BeiDou衛星/Galileo衛星/SBAS/アシストGPS クラウド測位エンジン搭載本体5,280円 月額528円
どこかなGPS3/5/10/30分ありみちびき/GPS/GLONASS・補助的にWi-Fi/携帯基地局2年間13,200円 3年目以降月額440円
みてねみまもりGPS1.5分~3分なしみちびき/GPS/Gallileo/GLONASS/Beidou/アシストGPS 携帯基地局/Wi-Fi利用本体5,280円 月額528円
soranome1.5/3/5/10/30分ありみちびき/GPS/GLONASS/Galileo/BeiDou アシストGPS本体14,520円 月額539円 契約事務手数料3,300円
Familiy Dot3/5/10分なしGPS/Wi-Fi/携帯基地局本体9,900円
まもサーチ21~2分/3~4分ありGPS/Wi-Fi/基地局測位本体5,980円 月額528円 (年払い5,500円)
あんしんウォッチャー3分ありGPS/基地局/無線LAN本体11,000円 月額539円
みもりGPS1~2/3分ありみちびき/GPS/GLONASS/Galileo/BeiDou アシストGPS Wi-Fi本体8,580円 月額748円
otta.g2分ありGPS/携帯基地局本体10,780円(税込) 月額料金 ・GPS見守りプラン748円) ・音声パック80プラン880円 ・音声パック220プラン1,078円 契約事務手数料3,300円
myFirst Fone R11~60分ありGPS/Wi-Fi/A-GPS買い切り…本体16,980円 月額プラン…1,480円(2年契約)~ レンタルプラン…15泊16日3,480円

カーメイト:coneco

conecoは、カーメイトが販売する子ども用GPSです。保護者とお子さんの間でメッセージのやり取りが可能なのが特徴です。

conecoの特徴
  • 保護者(スマホ)とお子さん(GPS)でメッセージのやり取りが可能。
  • スマホからは打った文字の送信ができ、GPSからは定型文を送信できる。
  • 音声メッセージのやり取りが可能な他のGPSとは異なり、文字でのやり取りが可能。
価格・コスパ

19,800円(税込) 2年間利用の場合の料金目安は31,320円(税込)で、月額利用料は480円(税込)です。このコスパで文字でのやり取りができるのはconecoの強みです。

conecoの使い方手順
  • スマホから文字を打って送信。
  • GPS側からは定型文を選択して送信。
conecoのメリット、デメリット
  • メリット:文字でのやり取りができる唯一の子ども用GPS。
  • デメリット:一見バッテリー容量が少なく感じるが、電子ペーパーのディスプレイを使用しているため、バッテリーは予想以上に持つ。
conecoと他社製品の比較ポイント
  • 文字でのやり取りが可能な点でconecoが独特。
  • 音声でのやり取りを求めるより、文字でのコミュニケーションを重視する方にオススメ。

コクヨ:はろここ

「はろここ」は、文房具で知られるコクヨが2023年3月に発売した最新の子ども用GPSです。子ども用GPSの基本機能を備え、さらに家族のコミュニケーションを強化する新機能が加わっています。

はろここの特徴
  • 忘れ物防止タグ「はろたぐ」との連携で傘などの置き忘れを防止。
  • お子さんの留守番時に「はろもに」を使って保護者とメッセージのやり取りが可能。
  • かわいいデザインで子どもが喜ぶ形状。
価格・コスパ

初回価格:6,930円(税込)→5,930円(税込) 「はろここ」の2年間の利用料金目安は20,270円(税込)から19,270円(税込)と、リーズナブルに利用できる価格設定となっています。

はろここの使い方手順
  • お子さんがキーホルダー型の「はろここ」を持ち歩く。
  • 忘れ物防止タグ「はろたぐ」とbluetoothで連携させる。
はろここのメリット、デメリット
  • メリット:多機能で、家族のコミュニケーションを強化する新しい機能が加わっている。
  • デメリット:「はろもに」「はろぽち」などの一部の機能は夏以降の発売予定。
はろここと他社製品の比較ポイント
  • 「はろたぐ」などとの連携で忘れ物を防ぐ機能がある。
  • デザインがかわいく、子どもが持ち歩きたくなるようなデザイン。

ソニーグループ:amue link(アミューリンク)

amue link(アミューリンク)について紹介します。

amue link(アミューリンク)の特徴
  • 世界最小・最軽量の小型GPS端末。
  • 最大10ヶ所までのスポット通知機能と複数人での見守りが可能。
  • 温度センサー搭載で周辺温度の計測が可能。
価格・コスパ

端末価格は5,980円(税込)+月額料金748円。 amue link(アミューリンク)のコスパの良さは「ソニーグループの技術を凝縮した高機能GPS端末でありながら、手頃な価格」だと評価できます。

amue link(アミューリンク)の使い方手順
  • 位置情報の精度をGPS/みちびき/GLONASSから選択。
  • 更新時間を1分/2分/6分間隔から選択。
amue link(アミューリンク)のメリット、デメリット
  • メリット:ボイスメッセージを送り合うことができ、AIが行動手段を判別するため、違う交通手段に乗車している場合も伝えることができる。
  • デメリット:(明確なデメリットが添付情報には記載されていないため、特に記載なし)
amue link(アミューリンク)と他社製品の比較ポイント
  • 防水・防塵のため、子どもが使っても問題ない丈夫な設計。
  • AI技術による行動手段の判別機能。

KDDI(au):あんしんウォッチャー

あんしんウォッチャーについて紹介します。

あんしんウォッチャーの特徴
  • GPS、KDDIの携帯電話基地局、街中の無線LANからの測位に対応した高精度な位置情報の取得。
  • 行動や経路を確認するあんしん通知搭載。
  • バッテリーが最大1.5か月持続。
価格・コスパ

本体11,000円+月額料金539円(税込)。 あんしんウォッチャーのコスパの良さは「高精度な機能を持ちながら、2台目まで追加費用がかからない」だと評価できます。

あんしんウォッチャーの使い方手順
  • au HOMEに加入し、月額539円の料金を支払う。
  • 位置情報や通知機能を活用して、子どもや家族の安全を確保する。
あんしんウォッチャーのメリット、デメリット
  • メリット:音が鳴らない仕様で学校など音が鳴っては困る場所でも使用可能。IP55の防塵防水性能。
  • デメリット:学校への持ち込みには確認が必要。
あんしんウォッチャーと他社製品の比較ポイント
  • KDDI(au)ならではの通信技術を活用した高精度な位置情報取得。
  • 全国子ども連合会や日本PTA全国協議会にも推奨されている製品。

soranome:soranome

soranomeについて紹介します。

soranomeの特徴
  • SOSボタンを3回、または長押しで通知機能が搭載されたGPS。
  • 子どもの移動履歴を30日間まで記録可能。
  • 通知エリアを設定することで、エリアの出入り時に通知が届く。
価格・コスパ

本体14,520円+月額料金539円(税込)。 soranomeのコスパの良さは「現在キャンペーン中で本体5,500円引きの特価で提供されている」だと評価できます。

soranomeの使い方手順
  • 位置情報の精度や更新時間を設定する。
  • 通知エリアを設定し、子どもの移動をリアルタイムで追跡する。
soranomeのメリット、デメリット
  • メリット:最長1週間もつ長時間バッテリー。バッテリーが少なくなるとスマホに通知が届く。
  • デメリット:特に記載されていない。
soranomeと他社製品の比較ポイント
  • みちびき/GPS/GLONASS/Galileo/BeiDouといった多様な位置情報の精度対応。
  • SOSボタンによる緊急通知機能が搭載されている。

goo of things:いまここ

いまここについて紹介します。

いまここの特徴
  • 事故多発エリア・不審者目撃エリアなどの通知エリアを設定可能。
  • 緊急の場合、子どもがGPS端末のボタンを長押しで通知がスマホに届く。
  • Bluetoothでの端末登録による高いセキュリティ。
価格・コスパ

本体3,280円+月額料金638円(税込)。 いまここのコスパの良さは「数量限定の価格設定で、多くの機能を低価格で利用できる」だと評価できます。

いまここの使い方手順
  • 位置情報の更新時間を1.5~3分、または3~5分から選択設定。
  • 通知エリアや緊急通知エリアを設定する。
いまここのメリット、デメリット
  • メリット:細かい移動履歴の確認が可能。助成金申請に利用できる領収書(証明書)発行が可能。
  • デメリット:特に記載されていない。
いまここと他社製品の比較ポイント
  • みちびき/GPS/GLONASS/Galileo/BeiDouおよび一部WIFI測位に対応した高精度の位置情報取得。
  • 通常エリアだけでなく、危険エリアの設定が可能。

GPS BoT:BoT

BoTについて紹介します。

BoTの特徴
  • 人工知能でお子さんの行動を見守り学習するGPS。
  • 1日の移動範囲を記録し、過去のルートをたどることができる。
  • 1か月ほどの利用でAIが行動を学習し、普段の行動範囲から外れると通知が来る。
価格・コスパ

本体5,280円+月額528円(税込)。 BoTのコスパの良さは「高機能なGPS追跡と人工知能を低価格で利用できる」だと評価できます。

BoTの使い方手順
  • 通知スポットを登録。
  • 1か月ほど利用してAIに行動を学習させる。
BoTのメリット、デメリット
  • メリット:誤操作や音の心配がないため、学校への持ち込みも安心。防水・防塵・耐衝撃で、バッテリーが長持ち。
  • デメリット:通知ボタンがない。
BoTと他社製品の比較ポイント
  • 複数の衛星システム(みちびき/GPS衛星 / BeiDou衛星 / Galileo衛星 / SBAS)とアシストGPSによる高精度の位置情報取得。
  • 人工知能を搭載し、子供の行動を学習する。

どこかなGPS:どこかなGPS

どこかなGPSについて紹介します。

どこかなGPSの特徴
  • 月額無料の買い切りタイプで、2年使えば実質月額550円と格安。
  • 過去3日分の行動を記録し、最大5か所の通知スポットを自動でお知らせ。
  • 『いまここ連絡』通知ボタン搭載で、押すと現在地情報がスマホに通知。
価格・コスパ

買い切りタイプ(2年):13,200円(税込)。 3年目以降は月額440円(税込)。 どこかなGPSのコスパの良さは「2年使えば実質月額550円という格安料金」だと評価できます。

どこかなGPSの使い方手順
  • 通知スポットを最大5か所登録。
  • 家のWi-Fiと紐付けして『ただいま通知』機能を設定。
どこかなGPSのメリット、デメリット
  • メリット:家のWi-Fiと紐付け可能で出入り通知、子どもと離れた際のアラート機能、紛失時の探索機能、防水機能。
  • デメリット:現行機種の販売終了。
どこかなGPSと他社製品の比較ポイント
  • 月額無料の買い切りタイプで格安利用が可能。
  • 多機能で、家のWi-Fiとの紐付けや紛失時の探索機能など独自の特長がある。

みてねみまもりGPS:みてねみまもりGPS

みてねみまもりGPSについて紹介します。

みてねみまもりGPSの特徴
  • 人工知能が学習してよく行く場所を見守り範囲として自動で教えてくれる。
  • 移動範囲の保存が3か月と長め。
  • 認証コードシステムを採用した高セキュリティ。
価格・コスパ

本体5,280円+月額料金528円(税込) みてねみまもりGPSのコスパの良さは「人工知能搭載での高精度な見守りと、長い移動範囲の保存」だと評価できます。

みてねみまもりGPSの使い方手順
  • よく行く場所を学習させる。
  • 通知範囲や通知時間をカスタマイズする。
みてねみまもりGPSのメリット、デメリット
  • メリット:学習した場所の出入りを自動で通知、セキュリティが万全、1回の充電で最大1か月利用可能。
  • デメリット:通知ボタンがない。
みてねみまもりGPSと他社製品の比較ポイント
  • 人工知能での学習機能による高精度な通知。
  • 業界ナンバーワンのバッテリー持続時間。

Family Dot:Family Dot

Family Dotについて紹介します。

Family Dotの特徴
  • 値下げ後の価格で、契約不要で購入後すぐに利用可能。
  • 乗り物通知機能で、車やバスなどに乗車すると自動で通知。
  • 防水・防塵機能付き。
価格・コスパ

本体9,900円(税込)送料無料 Family Dotのコスパの良さは「初期費用が低く、契約不要で手間がかからず、2年間使用できる」だと評価できます。

Family Dotの使い方手順
  • 通知エリアを設定する。
  • 乗車時の通知や移動履歴の確認はアプリで行う。
Family Dotのメリット、デメリット
  • メリット:価格が手頃、乗車通知機能、防水・防塵仕様。
  • デメリット:バッテリーの持ちが約10時間。
Family Dotと他社製品の比較ポイント
  • 乗車時の自動通知機能。
  • 防水・防塵機能が付いている点。

まもサーチ2:まもサーチ2

まもサーチ2について紹介します。

まもサーチ2の特徴
  • 通知エリアは最大100件登録可能。
  • 通知履歴がアプリに保存される。
  • 移動履歴は過去90日まで確認可能。
価格・コスパ

本体5,980円+月額料金528円(税込)または年払い5,500円(税込) まもサーチ2のコスパの良さは「初期費用がリーズナブルで、2021年12月末までの2か月無料キャンペーンがある」点だと評価できます。

まもサーチ2の使い方手順
  • 通知エリアをアプリで登録する。
  • 現在地通知は、GPS端末のボタンを3秒長押しする。
まもサーチ2のメリット、デメリット
  • メリット:安価で購入可能、多機能、長い移動履歴の保存、セキュリティ強化(生体認証)。
  • デメリット:特に明示されていない。
まもサーチ2と他社製品の比較ポイント
  • 通知エリアが最大100件と多い。
  • 生体認証でのセキュリティ強化。

みもりGPS:みもりGPS

みもりGPSについて紹介します。

みもりGPSの特徴
  • 音声メッセージを受信可能。
  • 全国不審者情報センターとの連動機能。
  • 学校モードで自動サイレント機能。
価格・コスパ

本体8,580円+月額料金748円(税込) みもりGPSのコスパの良さは「多彩な機能を持ちつつ、初期費用・月額ともに手頃」だと評価できます。

みもりGPSの使い方手順
  • アプリで音声メッセージを作成し、GPS端末に送信。
  • GPS端末のメッセージボタンを2回押して、メッセージを確認。
みもりGPSのメリット、デメリット
  • メリット:不審者情報との連動、事前登録したエリアの自動通知、学校での自動サイレントモード。
  • デメリット:特に明示されていない。
みもりGPSと他社製品の比較ポイント
  • 音声メッセージの受信機能。
  • 全国不審者情報センターとの連動。

otta.g:otta.g

otta.gについて紹介します。

otta.gの特徴
  • 高精度の位置情報と音声によるコミュニケーション機能。
  • 防犯ブザーとしての機能とボイスチャット。
  • 周囲の温度を自動でチェック、熱中症リスクの早期警告。
価格・コスパ

本体10,780円(税込) otta.gのコスパの良さは「多機能性と高精度の位置情報を持ちつつ、手頃な価格」だと評価できます。

otta.gの使い方手順
  • 端末を子どもに持たせる。
  • アプリや端末から音声メッセージを送信。
otta.gのメリット、デメリット
  • メリット:音声メッセージ機能、高精度な位置情報、熱中症リスクの早期警告。
  • デメリット:特に明示されていない。
otta.gと他社製品の比較ポイント
  • 音声によるコミュニケーション機能。
  • ottaタウンセキュリティとの連動。

位置情報(GPS)サービスの知っておきたいよくあるQ&A

Q
GPSは何の略で、どのようにして位置情報を提供しているのですか?
A

GPSは「Global Positioning System」の略で、地球上を周回する24基の衛星からの信号を受信することで、位置情報を取得しています。

Q
GPSサービスを利用する際、月額料金はかかりますか?
A

GPS自体の利用に月額料金はかかりませんが、特定のサービスやアプリによっては月額料金が発生することがあります。具体的な料金はサービス提供者に確認してください。

Q
屋内やトンネル内でもGPSは正確な位置情報を提供できますか?
A

屋内やトンネルなどのGPSの信号が届きにくい場所では、位置情報の精度が低下することがあります。しかし、Wi-Fiや携帯電話基地局との連携によって、ある程度の位置情報を補完することができます。

Q
GPSデバイスのバッテリーはどれくらい持つのですか?
A

GPSデバイスのバッテリー持続時間は、デバイスの種類や使用方法、位置情報の更新頻度などによって異なります。一般的には、数時間から数日間の持続時間を持つデバイスが多いです。

Q
位置情報サービスはプライバシーを侵害するリスクはありますか?
A

位置情報サービスを利用する際は、プライバシーの設定や共有設定に注意が必要です。不要な場合は位置情報の共有をオフにする、または特定のアプリやサービスだけに位置情報のアクセスを許可するなど、設定を適切に行うことでリスクを軽減できます。

「位置情報(GPS)サービス」に関する各種SNSの口コミ・評判など

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「位置情報(GPS)サービス」と検索できます。

「位置情報(GPS)サービス」に関して参考になる記事リスト

「位置情報(GPS)サービス」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

位置情報変更に関する便利ツール一覧

知っておきたい豆知識
ツール一覧
ゲーム利用
位置情報共有SNS

位置情報共有SNSアプリのまとめ情報はこちらの記事にあります。

位置情報共有アプリ、結局、どれを選んだらいいのか?
zenlyの後釜を狙うアプリがたくさん出てきているので、一度「どれが一番おすすめできるか」を考えてみました。naunau、友どこ、whoo、ghost、nowに対応しています。

「位置情報(GPS)サービス」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「子ども 共有 位置」に関する最新情報です。

    高校生の子どもの位置情報を共有することについて、一部の人が批判的な意見を持っているが、子どもの本心や便利な点も考える必要がある。子どもが高校生でも位置情報を共有する家庭もあり、便利さを感じている声もある。一方で、子ども自身が監視されることに抵抗を感じる可能性もあり、親とのバランスを考える必要がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vbmV3cy5nb28ubmUuanAvYXJ0aWNsZS9tYW1hc3Rhci9saWZlL21hbWFzdGFyLTExMDA5NDIuaHRtbNIBRmh0dHBzOi8vbmV3cy5nb28ubmUuanAvYW1wL2FydGljbGUvbWFtYXN0YXIvbGlmZS9tYW1hc3Rhci0xMTAwOTQyLmh0bWw?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「合成 技術 音声」に関する最新情報です。

    情報通信研究機構(NICT)が21言語のニューラル音声合成技術を開発し、オフラインのスマートフォンでも高速動作が可能になったことを発表。音声合成技術の進化により、テキスト音声合成の音質が肉声に匹敵するレベルに向上している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNmh0dHBzOi8vZW5naW5lZXIuZmFiY3Jvc3MuanAvYXJjaGVpdmUvMjQwNjI2X25pY3QuaHRtbNIBAA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「救助 情報 位置」に関する最新情報です。

    政府は、大規模災害時に携帯電話事業者が被災自治体の安否不明者名簿に基づいて要救助者の位置情報を提供できるようにする方針を決定しました。これにより、携帯番号が不明でも、住所や氏名に基づいて要請が可能となり、救助活動の迅速化が図られる見通しです。これまでの要請では携帯電話番号の特定が必要でしたが、今後は自治体が作成した安否不明者名簿の情報を活用することで、プライバシーに配慮しつつも効果的な救助活動が行われることが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LnlvbWl1cmkuY28uanAvcG9saXRpY3MvMjAyNDA2MjQtT1lUMVQ1MDA4Mi_SAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「ai gpts オリジナル」に関する最新情報です。

    株式会社カトルセが運営する生成AI専門メディアサイト「Ai Cafe」がオープン記念として、オリジナルGPTs制作キャンペーンを開始しました。このキャンペーンでは、10名様限定で5万円でオリジナルのチャットボット(GPTs)を制作することができます。GPTsはChatGPTをカスタマイズできる機能であり、顧客サポート、クリエイティブ業務サポート、マーケティング戦略立案などに活用可能です。キャンペーンの応募期間は本日から2024年7月31日までで、制作期間は約1週間です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000102623.html

  5. buchikuma-info より:

    「sub エリア 拡大」に関する最新情報です。

    KDDIは、5G通信サービスのSub-6(3.7GHz/4.0GHz帯)のエリアを2024年5月末までに拡大し、関東地方で2.8倍、全国で1.5倍に拡大したことを発表した。Sub-6エリアでは通信速度が約3倍に向上し、300Mbps超の速度を実現。衛星通信の周波数帯との干渉を抑えるための制限が緩和され、関東地方の5Gエリアが拡大した。現在、Sub-6を利用できる鉄道駅は612駅でカバー率は87%、商業地域は363スポットでカバー率は86%に上る。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2406/14/news139.html

  6. buchikuma-info より:

    「ai ai challenge challenge」に関する最新情報です。

    株式会社PHONE APPLIは、2024年6月11日から12日に日本マイクロソフト品川本社で開催される「第2回AI Challenge Day」に参加することを発表しました。このイベントは、AI技術のRAGアーキテクチャの実装に関するコンテスト形式の学び合いの場であり、6月12日にはMicrosoft Teams Liveで中継配信されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000250.000017441.html

  7. buchikuma-info より:

    「まもり タグ タグ まもり」に関する最新情報です。

    オートバックスセブンが、子供の置き去り事故を防止するBluetoothタグ「こまもり AN-S127」を発売。ビーコン2個を使用し、子供と車内の位置関係を検知。保護者のスマートフォンと連携して、子供が車内に残ったまま離れると警告メッセージを送信。逆に、保護者が車内にいる状態で子供が離れた場合は警告が届かない。価格は5,980円。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1595178.html

  8. buchikuma-info より:

    「年度 2023 前年度」に関する最新情報です。

    2023年度のスマートウォッチ市場は初めて前年度を下回り、国内販売台数は375.8万台(前年比3.7%減)となった。MM総研の調査によると、2024年度には394.3万台に回復し、2028年度には481万台まで微増する見込み。Appleがメーカー別の台数シェアで1位を維持し、2023年度は新製品の発売にも関わらず販売台数はほぼ横ばいだった。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2405/27/news107.html

タイトルとURLをコピーしました