PR

スマー簿とマネフォ、有料プランも考えるならどっち?

スポンサーリンク

スマー簿はdocomoとマネーフォワードが共同開発した家計簿アプリ。マネーフォワードMEは人気No.1の家計簿ですが、利用するには無料連携数が少ないので、「他のアプリ」との併用も考えたいところ。

しろくま
しろくま

今まで無料でマネフォを使ってきたけど、連携数4だと自分と家族用の口座、クレジットカードの連携が全部できなくなっちゃう!

スマー簿アプリなら「docomo系の金融サービスは自動連携」で、プラスして「無料でも連携数10のまま」のため、「マネフォで有料にするなら、スマー簿に切り替えて無料で使い続ける」ことを考えている方も多いかと思います。

ふくろう
ふくろう

でも、普通、家計簿ソフトなんかは数千円はするし、いまさら紙の家計簿を使うのはだるすぎる、毎年6,000円くらいの出費なら我慢してもいいかな、とも考えているところです。

このページでは「スマー簿」と「マネーフォワードME」の有料プランを比較しながら、家計簿アプリをお得に利用する方法について考えていきたいと思います。

3行でわかる「スマー簿」と「マネーフォワードME」の比較
  • 無料で使うならスマー簿
  • 有料プランならマネーフォワードMEに旨み
  • 長く使うならどちらにもデメリットあり

instagramで、画像だけで概ね内容がわかるようにまとめています。全部の記事を読むのがしんどい場合はこちらもご活用ください。

スポンサーリンク

スマー簿とマネーフォワードMEの比較情報

まずは、淡々とスマー簿とマネーフォワードMEの比較をしていこうと思います。

  • 無料で使えるかどうか
  • 有料プランだと何が変わるか
  • 将来性があるのは

「無料で利用する」ならスマー簿

「無料で利用する」ならスマー簿

無料で利用することを考えた場合なら、スマー簿を先に利用してみることをお勧めします。

ドコモならマネフォから「スマー簿」に切り替えた方がいい?
マネーフォワードの登録件数節約に難渋していたら、ドコモユーザーなら「スマー簿」の方が連携も簡単で広告も少なくてみやすい、これは乗り換えやサブアカウントとしていいのではないか、という話をしています。

「無料家計簿」でスマー簿が選ばれる理由

  • 基本的な使用感は共同開発のマネーフォワードに近い高機能
  • docomoユーザーなら、ドコモ関連サービスとの連携が簡単で、登録数としてはカウントされない
  • マネーフォワードMEでは金融機関連携の無料登録数が4つに下がったのに対して、2023年2月時点では10件登録できる
  • 広告表示は無料でもほぼなし

レシート読み取りがない、パソコンでは利用できないなどのデメリットはありますが、一番人気のマネフォと同等の機能を持って、マネフォよりも無料で利用できることが多いのは魅力。

スマー簿の広告配信は停止しています。
公式HPからダウンロードできます!
スマー簿のアプリリンク提供は終了しました。

「有料プラン」で利用するならマネーフォワードME

「有料プラン」で利用するならマネーフォワードME

最初から有料プランを検討する場合にはマネーフォワードMEがお得です。

マネーフォワードME、プレミアム会員に移行するか悩む
マネーフォワード、月額500円、プレミアムは果たしてお得なのか考えて小一時間。結論は「無料でいいや」なんですけど、お得に使いこなせる人のために「どこがお得か」を解説しました。

「有料プラン」でマネーフォワードMEが選ばれる理由

  • 有料プランがマネーフォワードMEの本当の姿
  • 無料で制限されていた機能が開放できる
  • 年額5,300円(2023/02/06時点)の価値はあるが、無料で使える家計簿アプリがある中だと高く感じるのも事実

マネーフォワードMEに関しては、有料プランなら圧倒的にお勧めできます。zaimともいい勝負なので、この辺りと比較して利用を検討したいところですね。

当サイトでのマネーフォワードアプリの掲載は休止しています。

将来性も踏まえて、どちらのアプリを利用するべき?

結論としては、「どちらもすぐに終わるようなサービスではない」という見立てで、それなら無料でもしっかり使えるものを選んだ方がいい=スマー簿を先に選択することをお勧めします。

まずはスマー簿を利用して「無料の限界」を知るべし

スマー簿とマネフォの利用で悩んだ際には、とりあえずスマー簿を利用してみることをお勧めします。

しろくま
しろくま

マネーフォワードでは無料会員だとできないことが多いですが、スマー簿はマネフォのプレミアム会員と無料会員の間くらいのことができます。

マネーフォワードのプレミアム体験をするタイミング

もしも余裕があれば、マネーフォワードのプレミアム会員の30日間無料体験を利用してみてから「お金を使うほどじゃないな」と感じたらスマー簿を利用するのが一番です。

ただ、プレミアム会員の真価が発揮されるのは「データのグラフ化」や「家計資産のレポート報告」などの意味合いが深まる数ヶ月利用してからのこと。まだ自動家計簿の登録も済んでいない時から無料体験を使ってしまうのは少しもったいなく感じてしまいます。

スマー簿はマネフォの練習アプリとしても最適

スマー簿は、docomoとマネーフォワードと共同開発した家計簿アプリ。操作方法や金融機関の登録などは、ほぼ同じような使い方で利用することができます。

マネーフォワードでは有料となる家計データのグラフ化ができたり、広告に関してもドコモのサービス以外にはほとんど表示されないので、ほぼ「ドコモが代わりに有料代金を払ってくれているマネフォ」みたいな感じで使えます。

スマー簿の利用で悩まれている方はdocomoユーザーの可能性が高いと思いますが、一応、dアカウントさえあればdocomo以外の方も利用可能。私はauユーザーですが、ちゃんと使えています。

まずはスマー簿を利用してみて「いいな」と感じたらそのまま利用し続けてもいいと思いますし、「スマー簿」で物足りなく感じたら、マネーフォワードでも家計データを取っておいてプレミアム会員で利用してみるのがお勧めです。

スマー簿はサービス終了しない?

これは少し判断の難しいところで、docomoやマネーフォワードが倒産する可能性はほぼないと思いますが、社会情勢は誰にも読めませんから、docomoが経営規模を縮小するような必要性が出てきた時にはスマー簿のサービス提供が終了する可能性はゼロではないです。

スマー簿を続ける価値がdocomoにはある

ただ、スマー簿に関しては、「docomoユーザー」のお財布事情を知るために必要な情報収集のひとつとして優秀だと思います。

アプリプライバシーポリシーでは家計情報に関しては家計簿のデータ作成以外では使用されないようですが、アプリの利用状況に関するデータは収集しています。財布の中身は見えなくても、「どんな財布を使っているか」くらいはわかるのはマーケティング資料としては貴重です。

仮にdocomoユーザーの多くの方がスマー簿を使ってくれれば、スマー簿と自動連携できるdocomo関連のサービスに興味を持ってもらったり、乗り換えてくれたりする可能性も高まります。

さらに、家計簿の使い勝手が良ければdocomoから離れることがあってもdアカウントは利用し続けてくれる可能性が残され、スマホだけではないユーザーとの繋がりが確保されるということでもあります。

長くなりましたが、簡単に言えば、「スマー簿はdocomoも簡単に終わらせたくないサービス」と考えていてもおかしくありません。そう考えると、スマー簿には将来性があると考えてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スマー簿を選ぶ際に知っておきたいこと

スマー簿のいいところ、悪いところなどを雑多に書いていきます。

スマー簿についてしっかりと知りたい、という場合にはこちらの記事も参考にしてみてください。

ドコモならマネフォから「スマー簿」に切り替えた方がいい?
マネーフォワードの登録件数節約に難渋していたら、ドコモユーザーなら「スマー簿」の方が連携も簡単で広告も少なくてみやすい、これは乗り換えやサブアカウントとしていいのではないか、という話をしています。
スマー簿の広告配信は停止しています。
公式HPからダウンロードできます!
スマー簿のアプリリンク提供は終了しました。

スマー簿プレミアム会員のメリット、おすすめポイント

スマー簿のプレミアムプランを選ぶとちょっといいな、と思うポイントは以下の通りです。

  • 閲覧可能なデータ期間が増える
  • サービス連携数が無制限に
  • 口座一括更新ができるように

スマー簿プレミアムプランの価格

スマー簿のプレミアムプランは2023/02/06時点では、月額500円で利用できます。

プレミアムプランは1ヶ月間無料で利用することができるため、「とりあえずは無料でいいかな」と思って数ヶ月くらい使って、データが溜まったくらいで一度くらいスマー簿のプレミアムプランも試してみるのがいいかな、と思います。

他のプレミアムサービスに比べても価格としては高くもなく、安くもなく、というところです。ただ、できるようになることが控えめなので、有料プランを利用する場合には他のサービスも検討した方が良さそうだな、と感じるところです。

スマー簿無料会員との違い

スマー簿無料会員との違い

できるようになることは以下のとおりです。

  • データ閲覧期間が「過去1年」から「無制限」に
  • サービス連携数が「10件」から「無制限」に
  • 口座一括更新ができるように

無料会員でも十分すぎるのがスマー簿の失敗

スマー簿のプレミアムプランの特徴は「今できることが、もっとできるようになる」というタイプの有料プランになります。

例えば、zaimのプレミアムプランだと、「ライフシミュレーション」が利用できるようになります。

ライフシミュレーションは、収入やライフプランなどの情報から生涯におけるおおまかな資産/負債の変異をグラフにして表示し、アドバイスなどをくれるサービスです。

あくまでも、一般的なライフイベントにおける支出や収入のテンプレートみたいなところに数字を当てはめるだけのものなので、あなたのパーソナリティやリスク要因を含めたプランニングではありません。

ライフプランニングに関しては、エクセルのテンプレートでも似たようなことができます。とはいえ、実際に「家計が危ないよ!」というのが分かったとしても「危ないのは何となくわかるけど、じゃあ具体的に何をしたらいいの?」ってのがわからない。そして、仮に対策を助言されたとしても「できない」では、結局、意味がないわけですよね。

話が逸れましたが、「家計簿アプリ」に、有料プランとして「ライフプラン」がついてくるのは、価格に見合ったサービスが付与された感じがします。

つまり「データは取れたけどどうしていいかわからない」という方のために「この収支のままだと、何年後に破産するよ」ということがわかれば、今から多少は対策を取る気にはなるので、お金を払う価値があると言えると思います。

ただ、実際にサービスを受けてみないと「テンプレ返答で自分の参考にはならなかった」という可能性もあり、「サービスの幅を広げる課金」が自分にとってお得かどうかはまた別問題とはなりますが。

例えば、スマー簿を使っていて「もっと連携できるようにしたい」「過去のデータも参考にしたい」ということであれば、スマー簿のプレミアムプランを利用することにメリットがあると言えるでしょう。

しろくま
しろくま

でも、「連携数を増やす」や「データを見たい」の場合、そもそも本家マネーフォワードのプレミアムプランの方がお得なんじゃないか、というところが引っかかるところで。

かめ
かめ

マネーフォワードMEより無料でできる部分が多いからスマー簿を選んだ、という方も多いでしょうし。

スマー簿のデメリット、注意したいポイント

スマー簿を選ぶと残念に感じたり、注意が必要なポイントは以下の通りです。

  • 本家マネーフォワードMEとプレミアムプランでできるようになることが違う
  • ただ、そもそも「スマー簿」の方が無料でできることが多い
  • データバックアップや家計診断などサービスが拡張される要素が少ない

前述の通り、「課金してまで手に入れたい機能」はないのはスマー簿の残念なところですが、そもそもが「docomoユーザーなら課金する必要がない」というのがスマー簿のおすすめポイントでもあるので、デメリットというよりはメリット部分が大きすぎるための弊害とも言えるでしょう。

月額500円で何をしたいかを整理する

プレミアムプランのサービス内容は前述のとおりですが、マネフォが無料会員の連携数を制限したように、スマー簿に関してもどこかのタイミングで無料でできることが減る、もしくは有料プランのサービスが拡充される可能性もあります。

例えば、現在はスマー簿は広告表示がほとんどありません。docomo関連の金融サービスに誘導されるくらいです、まぁそれも煩わしいと言えば煩わしいですが。

新規ユーザー数が頭打ちになると、新しいユーザーを獲得するよりも現在のユーザーからマネタイズできる方法を考える必要があります。例えば、提携企業を増やして家計簿に広告を表示したり、有料プランだけの機能を追加したりですね。

月額500円は有料アプリのラインとなっているので、価格の高いか安いかよりも「何ができるか」が重要です。

さらに言えば、家計簿アプリは「節約」を目的としているのに、節約すべき項目を増やしては本末転倒、500円の意味合いは他のサービスよりも重くのしかかることになります。その500円を削るために家計簿つけてるんだからね。

自分だったらどんなサービスに「500円」なら払ってもいいか、と思えるかを考えるのが大事だと思います。

スマー簿の情報収集に便利なページ

スマー簿の情報収集に役立つSNSアカウントや情報ページなどをまとめておきます。

Twitterの口コミまとめ

節約効果
マネーフォワードMEとの違い
スマー簿の広告配信は停止しています。
公式HPからダウンロードできます!
スマー簿のアプリリンク提供は終了しました。
スポンサーリンク

マネーフォワードMEのプレミアムプランまとめ

マネーフォワードMEのいいところ、悪いところなどを雑多に書いていきます。

マネーフォワードMEの機能に関してはこちらの記事でまとめています。

家計簿アプリ「マネーフォワードME」の不満と心配事
マネーフォワードをずっと使っていますが、Zaimのように大きなアップデートもなく少し物足りなく感じてきました。ただ、マネフォをやめられない理由や将来どの家計簿アプリが生き残るか、などつらつらと。

マネーフォワードMEのプレミアムプランに関してはこちらの記事です。

マネーフォワードME、プレミアム会員に移行するか悩む
マネーフォワード、月額500円、プレミアムは果たしてお得なのか考えて小一時間。結論は「無料でいいや」なんですけど、お得に使いこなせる人のために「どこがお得か」を解説しました。
当サイトでのマネーフォワードアプリの掲載は休止しています。

マネーフォワードMEプレミアムのメリット、おすすめポイント

マネーフォワードMEプレミアムのメリット、おすすめポイント

マネーフォワードMEでプレミアム会員になるとちょっといいな、と思うポイントは以下の通りです。

  • 各種データ閲覧期間が無制限に延長
  • 連携可能数が制限なしに
  • グループ作成の制限もなし
  • 各種レポートが表示されるように

などなど。

とにかく、マネーフォワードの場合は「無料でも使える」けど、「有料プランにしかできない」ことも多い。詳細は別記事でご確認を。

ゴリゴリの資産運用におすすめ

マネーフォワードMEの有料プラン、年額で5,300円するわけですが、年額の5,300円の節約効果を生み出す以上に働いてくれるかどうかは気になるところ。

例えば、副業なんかしていて「個人事業用」に口座もクレジットカードも分けて運用していれば、連携しなければいけない金融機関の必要登録数は増えていきます。

さらに、ポイ活なんかでクレジットカードを使い分けたり、各種ポイントサイトの管理まで始めるなら、20件でも足りないくらいになるでしょう。

資産運用を考えるなら、各種証券口座を用意することになります。そして、証券口座と一緒に管理用の銀行口座も開設するなら、やはり連携しなければいけない金融機関登録数は増えていきます。

そのため、「自動連携が便利」だと思って始めたマネーフォワード、高い確率で課金が必要になってきます。

正直、得られるサービスは500円以上の価値があるものですが、前述の「スマー簿」などの無料でできる枠と比較すると微妙になってくる部分もあり、結局は「自分がどうやって使うか」をしっかりと体験してみることが一番だとは思っています。

マネーフォワードMEのデメリット、注意したいポイント

マネーフォワードMEを選ぶと残念に感じたり、注意が必要なポイントは以下の通りです。

  • マネフォで無料でできないことを、他社サービスは無料にしているものは多い
  • ただ、マネフォじゃないと提携できない金融サービスも多い
  • 登録したい金融機関が多い場合にはマネフォプレミアムしか選択肢がなくなるケースが多い

データを人質に取られるのは大変

マネーフォワードMEのプレミアムプラン、「ずっとマネーフォワードを使ってきたし、他のサービスを使うくらいならプレミアム会員で利用しよう」と考えている方も多いと思います。

プレミアム会員になれば「過去1年以降のデータ閲覧も可能」になってきます。家計簿サービスは何年も利用し続けることが多いので、これまでの実績を確認したいという需要は相応に多いと思います。

では、「一生、マネーフォワードを使い続けるのか」についても考えてみてほしいところです。家計簿をつけなくなることは考えづらいですし、ユーザーの多くはマネーフォワードを使い続ける可能性はあると思います。

しかし「一生」となると、少し抵抗を感じるところでもあります。1年や2年くらいであれば家計データが喪失するのも仕方がない感じがしますが、10年続けた家計簿サービスのデータが消えることには抵抗がある方もいるでしょう。

これは「写真データのクラウドサービス」などでも言えることですが、積もりに積もったデータを保存して、あるとき「値上げする」と言われて他のサービスに移ることはできるでしょうか。

別に、長くサービスが続いて顧客が固着化することが悪いことというわけでもないのですが、「いつでも他のサービスに移れる」という準備をしておかないと、値上げされた時の選択肢も持ちづらい。

普段からバックアップするつもりで表計算ソフトにデータ転載したり、せめて1年ごとにざっくりとした支出表だけでもスクショに取っておけば「まぁ、高くなったし他のサービス行くかな」はやりやすくなると思います。

マネーフォワードMEの情報収集に便利なページ

マネーフォワードMEの情報収集に役立つSNSアカウントや情報ページなどをまとめておきます。

マネーフォワードMEのTwitterの口コミ

マネーフォワード光
プレミアムプランの使い勝手
課金ユーザー数
当サイトでのマネーフォワードアプリの掲載は休止しています。
スポンサーリンク

結論:スマー簿とマネーフォワードMEなら「スマー簿」を使うべき

スマー簿とマネーフォワードMEを比較した場合の情報についてまとめました。

結論:スマー簿とマネーフォワードMEなら「スマー簿」を使うべき

あくまでも私見ですが、節約などを目的として「なるべく出費を抑えたいな」と考えているなら、最初にやるべきことは家計簿を始めることではなく固定費の削減とサブスクリプションの整理です。

最近は「格安スマホ」に乗り換える方も多いですが、仮に現在docomoユーザーなのだとしたら、少し割高な利用料金でもプラン変更と「docomoだから利用できるサービス」を活用することで、元を取ることはできると思います。

しろくま
しろくま

なんだかんだ面倒ですしね、携帯キャリアの移動も。

docomoユーザーに特化したサービスにはなっていますが、スマー簿はdocomoが代わりにお金を払ってくれていると言ってもいいほど、無料で利用できる家計簿の中では圧倒的に使いやすいです。

「格安スマホに乗り換えないのは情弱」などの世の中の煽りを受けても、docomoを使い続けてきたからには、スマー簿のようなお得なサービスをしっかり使っていくのも大事だと思います。

最後に情報をまとめておきます。

スマー簿の特徴

スマー簿の特徴は以下の通りです。

  • docomoユーザーなら圧倒的にお勧めの家計簿アプリ
  • 有料プランの魅力は控えめ、逆に無料でとことんエンジョイ
  • マネーフォワードとのデータ引き継ぎができれば完璧

せっかく、マネーフォワードと共同開発しているのだから、マネフォアカウントのデータもそのまま引き継ぐことができればいいのですが。

ただ、大事なデータを扱っていることもあるので、簡単にデータ引き継ぎができても困る事情はあるのかもしれません。スマー簿は基本dアカウント利用ですし。スマー簿にマネーフォワードIDでログインできるようになればまた違うのかもしれませんが。

スマー簿のダウンロードはこちら

スマー簿の広告配信は停止しています。
公式HPからダウンロードできます!
スマー簿のアプリリンク提供は終了しました。

マネーフォワードMEの特徴

マネーフォワードMEの特徴は以下の通りです。

  • 無料で利用できる範囲は縮小傾向
  • ただ、そのおかげでプレミアム会員数は激増したので、締め付けが緩和されることはなさそう
  • 無料で家計簿アプリを利用したい場合は他のアプリを併用

一度、金融機関との連携サービスを使い始めると、もう自分で記入するとかできない体になってしまいます。そうなると、無料登録数の制限政策によって有料の民草となった方の気持ちもわかります。

ただ、節約を考えて有料プランを使っていては仕方がないので、できるだけ無料で、と考える場合にはスマー簿がお勧めだと言えます。

当サイトでのマネーフォワードアプリの掲載は休止しています。

スマー簿とマネーフォワードMEを比較する際に気になる質問

Q
スマー簿とマネーフォワードMEはどちらを買うべき?
A

スマー簿とマネーフォワードMEを比較した場合に、まずは「自分が大切にしたい優先順位」について考えるのが先決です。

コスパにおいては、無料で利用できるスマー簿が有利ですが、有料プランで比較した場合にはスマー簿には課金メリットが薄くなってしまいます。

一方で、無料ではほとんどの機能が制限されるようになったマネーフォワードMEですが、有料プランにすれば全てのストレスから解放され名実ともにナンバーワン家計簿アプリと呼べる逸品となります。

Q
スマー簿とマネーフォワードMEはどちらのコスパがいい?
A

スマー簿とマネーフォワードMEを比較した場合に、コスパがいいとされるのは「スマー簿」です。

コストに関しては、無料ではほとんど利用制限がつくマネーフォワードと比較すれば、無料プランでも広告表示に煩わさることがなく、グラフ表示などにも対応して「ほぼ有料プラン」みたいな使い方ができるスマー簿のコスパは高いと言えるでしょう。

Q
スマー簿とマネーフォワードME、長く使うならどちらがいい?
A

スマー簿とマネーフォワードMEを比較した場合に、将来的にずっと続けていくことを想定するならスマー簿をお勧めします。

無料で利用できる部分が大きいのですが、数年も同じサービスを使い続けると、有料化/値上げなどが実施されても「他のサービスに移るのは面倒だから少しくらいの負担なら」と使い続けてしまうのが人間のサガです。

ただ、スマー簿に関しては、そもそも「docomoを使い続けるのか」という命題もあるため、あまりひとつのサービスに固執しないように、適度にリスク分散できるように身軽になっておくのが最適な回答かもしれません。

2023/02/06時点でのランキング

家計簿アプリのまとめ記事はこちらにあります。他のページに移動するのは面倒という方はここで簡易版をご覧ください。

2024年の家計簿アプリ、どれにする?「レシート読取は時代遅れ」
家計簿アプリに関する諸注意やおすすめなどの情報をまとめました。家計簿アプリの危険性や、安全なアプリの選び方について説明しています。

 

  1. マネーツリー(MoneyTree)
  2. Zaim
  3. OshidOri
  4. マネーフォワードME
  5. ファミリーバンク

 

2023/02/06に更新したランキングになります。

マネーフォワードMEが「金融サービスの連携数」が10件から4件に引き下げ対応となったことを受け、「有料前提」として4位に下げました。

無料での使いやすさとバランスで考えると、現在はMoneyTreeを上位に。

MoneyTree(マネーツリー)が1位の理由

    • 無料でできる範囲が圧倒的で、広告まで非表示

    • 他は無料で利用できるレシート読み取りが一部有料プランのみ対応

    • 個人情報やセキュリティ対応が誠実

これからの時代はMoneytreeのような「個人情報はしっかり守ろう、利用するならフェアであろう」みたいな家計簿アプリの方が安心できるんじゃないかと思い、2位へ。

Moneytreeを利用するかどうか悩んだら

Moneytreeの情報をまとめたページはこちらになります。

家計簿アプリ「Moneytree」がいまいちと感じるところ
Moneytreeを利用してみたので、他の家計簿アプリと比べてよかった点、いまいちだと感じた点などをまとめていこうと思います。 Moneytreeの簡単な説明 まずは、Moneytreeついて知っておきたいことを簡単にまとめておきます。ここ...

Zaim(ザイム)が2位の理由

    • 細かな機能改善は高評価

    • マネーフォワードとの二択になった時の押しの弱さ

    • 2位ポジションからの脱却に期待

かめ
かめ

zaimを選んで損することはないけど、マネフォが強すぎて競り合った時の「押し」が欲しいところ。

zaimを利用するかどうか悩んだら

zaimの最新機能やいいところ、悪いところ情報をまとめた記事はこちらになります。

Zaimの最新事情「新機能盛り沢山でオンリーワンに」
Zaimは一度切り捨てたアプリでしたが、最近になって急に新機能を実装し始めて何事かと思ったら、家計簿データを運用して統計データを利用できるサービスができて資金に余裕ができたようです。

また、zaimの有料プランについて悩んだ場合にはこちらのページを参考にしてみてください。

Zaimの有料会員で生活は変化するのか、プレミアムな比較検討を
Zaim、かなり進化しています。マネフォユーザーの私が言うことでもありませんが、家計簿として然るべき進化をした先にZaimがあるような気がしてきました。有料会員のお得度などを考察しています。

OshidOri(オシドリ)が3位の理由

    • カップル・夫婦特化というニッチな需要にしっかり応える

    • 財布を分ける前に、まずは二人でお金の話ができる習慣を

しろくま
しろくま

私の反省なんですけど、夫婦でしっかり稼ぐ場合、財布わけがちだけど、一度分けた財布を一緒にするのってけっこう大変。

特に、子供が生まれると、今まで平等だった「稼ぎ」のバランスが崩れるので、フェアであり続けるには財布は分けてても目標や合算資産は把握できた方が絶対にいいです。本当に。

家計簿を共有!家族のかけいぼ-OsidOri

家計簿を共有!家族のかけいぼ-OsidOri

osidori無料posted withアプリーチ

OshidOriを利用するかどうか悩んだら

OshidOriの情報をまとめたページはこちらになります。

OsidOriで家族・夫婦・パートナーの貯金を把握できるようにする
貯金管理・共有アプリのOsidOriが思いのほか使い勝手が良かったので情報をまとめておきました。財布分ける型のカップルや共働きで口座も別の夫婦はぜひ導入しておいてもらいたい。

カップルで資産を管理することについて考えたことなどをまとめた記事はこちらになります。

夫婦・カップル・パートナーと一緒に使える、おすすめの家計管理アプリ
当サイトでおすすめしている家計簿アプリはZaimと比較の末「MoneyForward Me」なのですが、夫婦で使うにはOshidOriがいいよ、という話をしました。 このページでは、もう少し「夫婦やカップル、パートナーと家計を管理する必要性...

MoneyForward(マネーフォワード)ME)が4位の理由

「無料で使いづらくなる」仕様変更があり4位へ。ただし、有料プランを検討した場合は圧倒的1位。今後もサービス拡充が期待できます。

    • ユーザー数が1,200万人と圧倒的

    • 家計簿アプリとしての機能は申し分なし

当サイトでのマネーフォワードアプリの掲載は休止しています。

マネーフォワードを利用するかどうか悩んだら

マネーフォワードの新機能やいいところ・悪いところなどの情報が知りたければこちらの記事をご覧ください。

家計簿アプリ「マネーフォワードME」の不満と心配事
マネーフォワードをずっと使っていますが、Zaimのように大きなアップデートもなく少し物足りなく感じてきました。ただ、マネフォをやめられない理由や将来どの家計簿アプリが生き残るか、などつらつらと。

プレミアムプランの利用で悩んだ際にはこちらの記事をどうぞ。

マネーフォワードME、プレミアム会員に移行するか悩む
マネーフォワード、月額500円、プレミアムは果たしてお得なのか考えて小一時間。結論は「無料でいいや」なんですけど、お得に使いこなせる人のために「どこがお得か」を解説しました。

ファミリーバンクが5位の理由

家族で口座共有できるファミリーバンクのサービスが面白かったので紹介しておきます。

ファミリーバンクはおすすめ?夫婦利用でイマイチだと思ったポイント
夫婦/カップルで「共同口座」を持つ際に便利な、ファミリーバンクに関するレビューをしています。率直に言えば「家計簿としては微妙」な部分はありますが、まだ生計を共にする前の2人がお金の面でも腹を割って協力する時に便利なサービスだと思います。

    • 「家族でWebサービスのログイン共有」など、家計簿とは違う方向へのアプローチあり
    • 家計簿としては「たくさんの口座連携をしたい」という需要は満たせない
    • 他の家計簿を利用していて「家族で収入・支出を統一した窓口が欲しい」という時におすすめ。
ファミリーバンク-共同口座アプリ(夫婦・カップルのお金管理)

ファミリーバンク-共同口座アプリ(夫婦・カップルのお金管理)

FamilyTech, Inc.無料posted withアプリーチ

スマー簿やマネーフォワードMEに関するその他の情報

当サイトで取り扱っている記事リストを貼っておきますので、そのほかにも参考になることがあれば幸いです。

家計簿アプリ

今年おすすめの家計簿アプリ「レシート読取は時代遅れ」という記事でアプリの選び方やおすすめについてまとめています。

2024年の家計簿アプリ、どれにする?「レシート読取は時代遅れ」
家計簿アプリに関する諸注意やおすすめなどの情報をまとめました。家計簿アプリの危険性や、安全なアプリの選び方について説明しています。
家計簿アプリの選び方

 

この家計簿アプリはどう?レビュー記事

 

MoneyForward ME
Zaim

おこづかいアプリに関する記事一覧

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「myjcb myjcb マネーフォワード カード」に関する最新情報です。

    JCBとマネーフォワードが連携を開始し、JCBカード会員専用Webサービス「MyJCB」とマネーフォワードのサービスとのAPI連携が可能となった。これにより、JCBのクレジットカード利用明細や利用残高情報をマネーフォワードに簡単に取り込むことができ、家計簿の管理や経理業務の効率化が見込まれる。なお、API連携における利用残高情報提供はJCBとして初の試みであり、一部のカードを除いて対象となる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNmh0dHBzOi8vd3d3LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9uZXdzLzE1NzI2MzkuaHRtbNIBAA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「social media bluesky」に関する最新情報です。

    Blueskyは、新しいソーシャルメディアプラットフォームであり、ユーザー数が増えてきているものの、他のソーシャルメディアと比べて独自性や活気に欠けていると指摘されています。ユーザーの関心が高まっている一方で、リアルタイムでの活発な会話や創造的な革新が不足していると感じられています。Blueskyは過去のソーシャルメディアの要素を再現しようとしているが、本当の進化や影響力を持つプラットフォームとは異なるようです。

    https://www.wired.com/story/blueskys-future-is-social-medias-past/

  3. buchikuma-info より:

    「原価 マネーフォワード クラウド」に関する最新情報です。

    株式会社マネーフォワードは、『マネーフォワード クラウド個別原価』に自動仕訳機能を提供開始した。この機能により、原価計算結果をもとに資産振替仕訳を自動作成し、月次決算業務を効率化することが可能となる。また、API連携により、『マネーフォワード クラウド会計Plus』と連携し、仕訳をワンクリックで取り込むことができる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDEyMDUuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「ワークフロー マネーフォワード クラウド」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、バックオフィスSaaSであるマネーフォワードクラウドにおいて、サービス併用時の利便性向上を目指し、「共通ワークフロー機能」を提供しています。この機能は、ワークフローの承認経路の作成や管理を一元化することができる共通基盤であり、マネーフォワードクラウドの各種サービスに組み込むことで利便性が向上します。また、マネーフォワードクラウド請求書Plusでは、複数ステップのワークフロー設定や組織や役職での承認者指定、帳票の絞り込み表示などの機能が提供されます。これにより、ワークフローの設定作業が簡素化され、効率的な承認プロセスが実現されます。マネーフォワードは今後も共通ワークフロー機能を他のサービスにも組み込んでいく予定であり、サービス併用時の体験向上を目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001204.000008962.html

  5. buchikuma-info より:

    「資産 申告書 固定」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、『マネーフォワード クラウド固定資産』において、法人税申告書の別表十六の明細書作成と償却資産の電子申告機能を提供開始しました。これにより、償却資産申告や法人税申告の手間を軽減し、固定資産管理業務の効率化を実現します。また、eLTAX対応ソフトウェア「PCdesk」を使用して償却資産の電子申告が可能になりました。さらに、2月14日にオンラインセミナーが開催され、申告書作成機能や会計と税務の連携などについて紹介されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001197.000008962.html

  6. buchikuma-info より:

    「マネーフォワード 2024 admina」に関する最新情報です。

    マネーフォワードi株式会社は、初めてのイベント「AdmiNation2024」を開催しました。このイベントには13社の情シスが集まり、マネーフォワード本社でサービスの活用法や業務改善のノウハウを交換しました。代表の今井氏から事業の近況説明があり、CPOの村上氏からは2023年に提供を開始した機能や2024年夏に開発予定の「ワークフロー機能」が紹介されました。参加者からは、異業種の情シスとコミュニケーションを取る機会が貴重だったという声が寄せられました。また、ディップ株式会社とMNTSQ株式会社が登壇し、導入経緯やアカウント管理運用方法、コスト削減の実体験を紹介しました。マネーフォワードi株式会社は、今後も情報システム部門の業務効率化だけでなく、情シス向けコミュニティの発展やオンラインセミナー、イベントなどを通じて、企業の情シス担当者がITリーダーへと成長する支援を行っていく考えです。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001190.000008962.html

  7. buchikuma-info より:

    「マネーフォワード 2024 admina」に関する最新情報です。

    マネーフォワードi株式会社は、初めてのイベント「AdmiNation2024」を開催しました。このイベントでは、『マネーフォワード Admina』の利用者である13社の情シス担当者18名が集まり、代表の今井から事業の近況説明が行われました。また、CPOの村上からは、2023年に提供を開始した機能や、2024年夏に開発予定の「ワークフロー機能」が紹介されました。参加者は、他社の情シス担当者との交流を通じて貴重な情報を得ることができたと感じており、企業の導入経験やアカウント管理方法、コスト削減の実体験が紹介されました。マネーフォワードi株式会社は、今後も情シス向けコミュニティの発展やオンラインセミナー、イベントなどを通じて、情シス担当者の成長を支援していく考えです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExOTAuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「admina パートナー マネーフォワード」に関する最新情報です。

    マネーフォワードi株式会社は、「Admina パートナープログラム」を開始し、情報システム部門の課題解決を目指しています。このプログラムでは、『マネーフォワード Admina』の代理販売を行う「販売パートナー」と、情報システム部門向けの各社サービスを組み合わせることでシナジーを生み出す「エコシステムパートナー」との提携を展開します。これにより、『マネーフォワード Admina』をより多くの企業に提供し、情報システム部門の業務効率化を支援します。また、既に「VistaNet株式会社」と「SecureNavi株式会社」との提携を開始しており、今後もさらにパートナーを増やしていく予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExODkuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「social smaller media」に関する最新情報です。

    2024年には、ソーシャルメディアは規模が小さくなり、より多様化し、互いにつながりが少なくなると予測されています。大規模なプラットフォームから小規模なプラットフォームへの移行が進んでおり、極端なグループもこれらのプラットフォームを利用してより暗いコンテンツを正常化しようとしています。大規模なプラットフォームは注目を集めるための戦場であり、活動家やインフルエンサーにとっては重要な存在ですが、異なる意見を持つ人々が適切な発言の種類について争う場でもあります。一方、小規模なプラットフォームは特定のコミュニティが支援や連帯感を見つけるための重要な場でありますが、ナチスなどの極端な意見を正常化する可能性もあります。小規模なプラットフォームは社会的なつながりを築く一方で、公共の領域をさらに分断する可能性があり、2024年の選挙はこれまでのソーシャルメディア時代の選挙よりも分裂が激しくなるかもしれません。

    https://www.wired.com/story/social-media-is-getting-smaller-and-more-treacherous/

  10. buchikuma-info より:

    「連結 マネーフォワード クラウド」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、『マネーフォワード クラウド連結会計』において、英語表示に対応し、海外子会社でのデータ入力が可能になったと発表しました。これにより、海外子会社の英語話者が自らデータを入力することができ、親会社と子会社がクラウド上で同じ連結決算データを共有することができます。これにより、連結決算業務の効率化や時間の削減、グループ経営の参加意識の向上が期待されます。また、2024年春には海外親会社でも連結決算業務が実行可能になる予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExODYuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「dazn 1日 dazn docomo」に関する最新情報です。

    NTTドコモは、3月1日から「DAZN for docomo」の料金を値上げすることを発表しました。2017年2月15日から2022年4月17日までの契約者は、月額料金が1925円から3000円に改定されます。2022年4月18日から2023年2月13日までの契約者は3150円に、2023年2月14日以降の契約者は4200円に改定されます。これにより、全ての契約者の月額料金が3000円以上となります。ただし、「ひかりTV」の「専門チャンネル・ビデオプラン」「専門チャンネルプラン」や、「Leminoプレミアム」「ひかりTV for docomo」とのセット割引は、月額220円で引き続き提供されます。

    https://japan.cnet.com/article/35214235/

  12. buchikuma-info より:

    「導入 admina マネーフォワード」に関する最新情報です。

    建築・不動産業界のオープンハウスグループが『マネーフォワード Admina』を導入し、SaaSとデバイスの管理業務を効率化することを発表しました。オープンハウスグループは5000人以上の従業員を抱えており、複数のスプレッドシートを使用してSaaSのアカウントを管理していましたが、情報システム部門の負担や退職者アカウントの削除漏れなどの課題がありました。『マネーフォワード Admina』の導入により、SaaSやデバイスの一元管理が可能となり、コスト削減も見込めると評価されました。オープンハウスグループは特に「ライセンス一元管理」「デバイス管理」「顧客サポート」の3つの機能を重視し、『マネーフォワード Admina』を選定しました。また、導入によりSaaSのアカウント管理の徹底やコスト削減を実現し、IT資産の可視化や業務効率化も図ることを期待しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vbmV3c2Nhc3QuanAvbmV3cy81NTIzMjgx0gEkaHR0cHM6Ly9uZXdzY2FzdC5qcC9uZXdzLzU1MjMyODEvYW1w?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「リーグ サッカー マネーフォワード」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)のバックオフィスを支援するために、バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』を無償提供することを発表しました。WEリーグは、女子サッカーを通じて女性の活躍社会を実現することを目指しており、マネーフォワードはその理念に共感し、サービス提供を通じてバックオフィス業務の効率化を支援しています。これまでにも、18のJクラブに『マネーフォワード クラウド』を導入しており、今回はWEリーグに加え、希望するWEクラブにも無償提供されます。マネーフォワードとWEリーグは、バックオフィスの業務効率化や働き方改革を推進し、女子サッカー界やスポーツ界の発展を後押ししていくことを目指しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExODUuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「サービス 個人向け 開始」に関する最新情報です。

    株式会社Gachacoは、個人向けのバッテリーシェアリングサービスを2024年1月9日に開始することを発表しました。このサービスでは、個人が所有する電動バイクHonda EM1 eのバッテリーをシェアすることができます。Gachacoは、現在法人向けにサービスを提供しており、今夏には個人向けの運用システムを構築する予定です。東京都練馬区をエリアとして、体験キャンペーンの結果を踏まえて個人向けのサービス提供を開始する予定です。具体的な料金は、EM1 eの単体購入が97,200円(税込)で、Gachacoサービスの利用には月額980円(税抜)の会費が必要です。また、東京都在住の方は一般社団法人次世代自動車振興センターの補助金を利用することもできます。サービスの利用料金の受付は2024年1月9日の10時から開始されます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vYXV0b2Mtb25lLmpwL25ld3MvNTAyMzU5NC_SAQA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「mag mag plate plate」に関する最新情報です。

    「Mag Plate 2」という製品は、薄くてパワフルな仕様で、ケーブルレスでスマホを充電することができます。ただし、それだけではありません。5000mAhと10000mAhの2つのタイプが展開されており、操作しながら充電する場合にはよりスリムな5000mAhモデルがオススメです。さらに、USB-A&USB-Cポートも搭載されており、3台のデバイスを同時に充電することも可能です。Mag Plate 2は、MagSafe対応であり、その使い勝手の良さが魅力です。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-magplate2-review3-703831/

  16. buchikuma-info より:

    「mdm マネーフォワード jamf」に関する最新情報です。

    マネーフォワード Adminaは、新機能「MDM連携 with Jamf」の提供を開始しました。この機能により、マネーフォワード Admina内でITデバイスの管理が可能になります。Jamfとの連携により、デバイスの台帳管理やデータの同期がリアルタイムで行われ、業務の効率化や手間の削減が図られます。また、マネーフォワード AdminaのDeviceプランに申し込むことで、この新機能を利用することができます。これにより、企業のデバイス管理が一元化され、セキュリティの向上や資産管理の効率化が図られます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExNjguMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「au 証券 nisa」に関する最新情報です。

    auカブコム証券では、新NISAデビューを応援するキャンペーンが開催されています。キャンペーン期間中にauカブコム証券のNISA口座を開設し、1万円以上の投信を購入すると最大16,000ポイントがもらえます。また、auじぶん銀行経由でauカブコム証券の口座を開設すると現金3,000円がプレゼントされます。さらに、au PAYカードに入会すると最大36,000ポイントがもらえる特典もあります。キャンペーンは2024年1月まで実施されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000086540.html

  18. buchikuma-info より:

    「houou houou 公開 マネーフォワード」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、大規模な言語モデル「houou」を公開しました。このモデルは、マネーフォワードの研究開発組織であるMoney Forward Labが、理化学研究所の革新知能統合研究センターと共同で開発しました。hououは、膨大なテキストデータを深層学習技術で学習し、特定の言語分野に特化した精度の高い文章生成が可能です。また、追加学習やインストラクションデータのチューニングなど、さまざまなタスクに対応することができます。マネーフォワードは、このモデルを活用してバックオフィスSaaS事業や経理・財務・人事・労務などの領域での活用を進めています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNmh0dHBzOi8vd3d3LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9uZXdzLzE1NTI1MzIuaHRtbNIBAA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「クラウド クラウド 法人 マネーフォワード」に関する最新情報です。

    マネーフォワードクラウドは、法人や個人事業主を対象に「インボイス制度・電子帳簿保存法に関する意識調査」を実施しました。調査結果によると、約9割の個人事業主がインボイス制度を知っており、約7割が法人や個人事業主を対象にしたインボイス制度に対応していることがわかりました。また、約7割の個人事業主がインボイス制度の導入により業務負荷が増加していると回答しています。さらに、約6割の個人事業主が適格な請求書の発行や受領に対応していることもわかりました。この調査は、マネーフォワードクラウドがインボイス制度や電子帳簿保存法に関する意識を把握するために行われたものです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0wMDAwMDExNTYuMDAwMDA4OTYyJmc9cHJ00gEA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「提供 uriho uriho マネーフォワード」に関する最新情報です。

    株式会社ラクーンフィナンシャルと株式会社マネーフォワードは、ネット完結型売掛保証「URIHO」および「マネーフォワード ビジネスカード」向けに特典の提供を開始しました。特典には、ウォレットの利用や売掛保証料の割引などが含まれています。これにより、事業者は出張旅費や経費の支払いなどをスムーズに行うことができます。特典の詳細や申込み方法は、マネーフォワードのウェブサイトで確認することができます。また、ラクーンフィナンシャルは今後も販売チャネルの拡大や企業のサポートに取り組んでいく予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0wMDAwMDEzOTUuMDAwMDAzMDkxJmc9cHJ00gEA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「連結 マネーフォワード 会計」に関する最新情報です。

    株式会社マネーフォワードは、『マネーフォワード クラウド連結会計』のGoogleスプレッドシートのアドオンを公開しました。このアドオンを使用することで、連結会計に関する重要なデータを簡単にインポートすることができます。マネーフォワードのクラウド連結会計システムとGoogleスプレッドシートをシームレスに統合することで、会計データの取得や管理が効率化されます。このアドオンはGoogle Workspace Marketplaceから無料で利用することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExNDYuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「満足度 マネーフォワード クラウド」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、マネーフォワード クラウド勤怠が顧客満足度調査で第1位を受賞しました。調査では、マネーフォワード クラウド勤怠の操作のわかりやすさや機能の便利さ、画面表示のスピードや安定性などが高く評価されました。この調査では、18ブランドが対象となり、マネーフォワード クラウド勤怠が総合満足度で第1位を獲得しました。マネーフォワードは、顧客の要望に応えるために、常にサービスの向上に努めています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExNTEuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「検査 マネーフォワード キット」に関する最新情報です。

    株式会社マネーフォワードは、仕事と妊娠・出産の両立を支援するため、卵子検査キットEggU(エッグ)のモニター検査プログラムを導入しました。このプログラムでは、女性社員に対して卵子検査キットの利用とオンラインカウンセリングを提供します。この取り組みは、2023年12月までに実施され、女性社員のキャリア支援と妊娠・出産の両立を促進することを目指しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMTIuMDAwMTA0NzgwLmh0bWzSAQA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「social amo amo founder」に関する最新情報です。

    タイトル: Zenlyの創設者Amoは、ソーシャルアプリを再びソーシャルにすることを目指しています
    見出し: スタートアップは1800万ドルを調達し、IDを今日発売します、空白のキャンバス、新興のゲームプレイ、孤独を癒す、AmoとID
    トピック1:
    トピックキーワード: social amo amo founder apps apps social founder founder zenly make make social social apps
    トップの段落:
    エンティティ: Zenlyの創設者は再びソーシャルアプリを作りたいと考えています
    キーワード: Amo創設者Zenlyは、ソーシャルアプリを再びソーシャルにすることを目指しています。スタートアップは1800万ドルを調達し、今日IDを発売します。この記事は2018年のものですが、ソーシャルネットワークがもはやソーシャルではなくなっていることを反映しており、依然として有効です。

    エンティティ: Zenlyの創設者はアプリで新しい場所を見つけることができます
    キーワード: AmoはZenlyという人気のあるソーシャルアプリを共同設立し、場所の共有に焦点を当てたアプリです。友達と一緒に時間を過ごし、新しい場所を見つけることを奨励しています。

    エンティティ: IDでは、あなたの最高の友達を見つけることができます
    キーワード: AmoのチームはIDで

    https://techcrunch.com/2023/11/19/with-amo-the-founder-of-zenly-wants-to-make-social-apps-social-again/

  25. buchikuma-info より:

    「クラウド マネーフォワード aspic」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、『マネーフォワード クラウド給与』というサービスがASPICクラウドアワード2023の総合グランプリを受賞しました。ASPICクラウドアワードは、一般社団法人日本クラウド産業協会が主催しており、日本国内のクラウドサービスの発展と社会の情報基盤の確立を支援することを目的としています。マネーフォワードのクラウド給与サービスは、給与計算ソフトを提供しており、企業の給与計算業務を効率化することを支援しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExNDkuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「マネーフォワード エリア 再開」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、関西・中国・四国電力エリアにおいて、『マネーフォワード でんき』の新規利用申し込みの受付を再開しました。これにより、関西・中国・四国地域の利用者がマネーフォワードの電力サービスを利用することができます。マネーフォワード でんきは、家計の電気代を見直し、節約するためのサービスです。また、マネーフォワードは、家計簿アプリや資産管理アプリとしても利用されており、その利用率や認知率はNo.1です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001147.000008962.html

  27. buchikuma-info より:

    「エンタープライズ エンタープライズ クラウドサービス クラウドサービス」に関する最新情報です。

    ジオテクノロジーズ株式会社は、エンタープライズ向けのクラウドサービスを提供開始しました。このサービスは、配送計画を効率化することを目的としており、経路距離計算業務を最大96%短縮することができます。これにより、物流DXを推進することが可能となります。ジオテクノロジーズ株式会社は、30年以上にわたりオートモーティブ事業を手掛けており、デジタル地図やルート検索技術を活用して配送計画の効率化を実現しています。このクラウドサービスは、物流の課題である2024年問題やカーボンニュートラルの実現に向けた取り組みにも寄与することが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwNjIuMDAwMDk4NDIyLmh0bWzSAQA?oc=5

  28. buchikuma-info より:

    「hotel 資産 暗号」に関する最新情報です。

    NOT A HOTELは、自社施設に宿泊も可能な独自の暗号資産を検討していることを発表しました。このプロジェクトでは、不動産を裏付けとしたトークンを発行し、自社の施設を利用して宿泊することができるようにする予定です。現在、宮崎県のAOSHIMA CHILL、栃木県のNASU MASTERPIECE、福岡県のFUKUOKA PENTHOUSEなどの施設が利用可能です。この新しい暗号資産は、安定した資産価値の形成を目指しています。

    https://japan.cnet.com/article/35211174/

  29. buchikuma-info より:

    「連結 マネーフォワード クラウド」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、クラウド連結会計ソフト「マネーフォワード クラウド連結会計」から「WizLabo」とのデータ連携機能をリリースしました。この機能により、連結精算表データを用いた開示書類の作成が効率的に行えます。マネーフォワードのクラウド連結会計ソフトは、統合型ビジネスレポートシステムであり、WizLaboとの連携によって、連結会計管理や決算開示書類の作成が手作業やミスなく行えるようになります。これにより、転記作業の削減や正確な開示書類の作成が可能となります。マネーフォワードのクラウド連結会計ソフトとWizLaboの連携によって、企業の決算業務が効率化されます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAxMjQuMDAwMDU0MDI1Lmh0bWzSAQA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「試し mag mag plate」に関する最新情報です。

    「Mag Plate 2」というモバイルバッテリーを試してみました。このバッテリーは、絡まるケーブルから解放されることができるという特徴があります。また、3つのデバイスを同時に充電することができるため、効率的な充電が可能です。さらに、巻き取りケーブルも絡まらないため、使いやすさもオススメです。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-magplate2-review-703831/

  31. buchikuma-info より:

    「試し mag mag plate」に関する最新情報です。

    モバイルバッテリー「Mag Plate 2」は、絡まるケーブルから解放される便利なアイテムです。このバッテリーは、3つのデバイスを同時に充電することができ、ケーブルの整理も効率的に行えます。さらに、巻き取りケーブルも絡まらない設計で、使いやすさも高評価です。Mag Plate 2を試してみた結果、ケーブルの取り回しや充電の面で非常に便利であると感じました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS9tYWNoaS15YS1tYWdwbGF0ZTItcmV2aWV3LTcwMzgzMS_SAQA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「クラウドサービス ゼロボード ゼロボード 欧州」に関する最新情報です。

    ゼロボードは、欧州電池規則に対応するためのクラウドサービス「Zeroboard for batteries」を開発しました。このサービスは、企業が電池製品のライフサイクル全体にわたる規制対応を行うための包括的なソリューションを提供します。また、10月31日から11月1日に開催されるJapan Mobility Show2023でもZeroboard for batteriesが紹介されます。このサービスは、欧州電池規則に関する情報提供やGHG排出量の算定・可視化ソリューションを提供し、企業の対応を強化します。さらに、経済産業省が主導するOuranos Ecosystemとの連携機能も備えており、サプライチェーン企業がデータ連携を行いながら欧州電池規則に対応することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0wMDAwMDAxMTguMDAwMDg3MDY4Jmc9cHJ00gEA?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「pbr 無形 無形 資産」に関する最新情報です。

    アスタミューゼ株式会社は、金融機関向けの無料セミナー「低PBR変革時代におけるアクティブ運用の高度化 ~無形資産・非財務データの活用し、企業価値を可視化する~」を新たに開催することを発表しました。セミナーでは、無形資産や非財務データを活用して企業価値を可視化する方法について解説されます。セミナーは2023年11月8日にオンラインで行われ、金融機関の方々を対象としています。参加費は無料で、500名まで参加できます。セミナーでは、ウェビナーやケーススタディを通じて、無形資産の課題や解決策について詳しく説明されます。また、参加者にはアンケート回答やスライド資料のダウンロード、当日の予定やアーカイブ動画の送付などが提供されます。セミナーに関する問い合わせはアスタミューゼ株式会社に連絡することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000415.000007141.html

  34. buchikuma-info より:

    「マネーフォワード itreview 2023」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、提供するサービスが「ITreview Grid Award 2023 Fall」で受賞しました。マネーフォワードのクラウドサービスである「マネーフォワード クラウド」の9つのプロダクト、「マネーフォワード ケッサイ」と「マネーフォワード Admina」が「Leader」に選ばれました。この受賞は、マネーフォワードの提供するサービスの優れた性能と顧客満足度を認められたものです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExNDIuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「slack マネーフォワード 連携機能」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、『マネーフォワード Pay for Business』にSlack連携機能を提供開始しました。この機能により、決済の完了や失敗、残高不足などの通知をSlackでリアルタイムに受け取ることが可能です。これにより、ビジネスの決済管理がより効率的に行えるようになります。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001140.000008962.html

  36. buchikuma-info より:

    「slack マネーフォワード 連携機能」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、『マネーフォワード Pay for Business』において、Slack連携機能を提供開始しました。この機能を利用することで、決済の完了や失敗、残高不足などの通知をリアルタイムでSlackで受け取ることができます。これにより、ビジネス上の重要な情報を効率的に共有し、迅速な対応が可能となります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExNDAuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  37. buchikuma-info より:

    「fc 開設 2023」に関する最新情報です。

    ケイアイスター不動産のフランチャイズであるKEIAI FCが、2023年7月に新しい店舗を開設する予定であることが発表されました。この新しい店舗は愛知県に位置し、中部地方で11番目の店舗となります。ケイアイスター不動産は、不動産業界でのマーケットの変化に対応するために、FCセミナーや新しい店舗の拡大など積極的な取り組みを行っています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000433.000029869.html

  38. buchikuma-info より:

    Microsoftのチャットbot「新しいBing」のデスクトップ版が、音声での質問に音声で答えるようになった。日本語にも対応しており、モバイルアプリでは既に可能だった。ITmedia NEWSは、Bingチャットデスクトップでも音声での会話が可能になったことを報じた。また、DeepMindがAIで人間考案のものより優秀なソートアルゴリズムを発見し、最大70%高速化したことも報じられた。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2306/10/news077.html

タイトルとURLをコピーしました