PR

位置情報SNS「Now」の使い勝手レビュー

スポンサーリンク

位置情報共有アプリを色々試してきたので、情報をまとめがてらおすすめの位置情報共有アプリについて考えてみたいと思います。

位置情報共有アプリ、結局、どれを選んだらいいのか?
zenlyの後釜を狙うアプリがたくさん出てきているので、一度「どれが一番おすすめできるか」を考えてみました。naunau、友どこ、whoo、ghost、nowに対応しています。

当サイトでまとめている位置情報共有アプリの記事一覧はこんな感じです。

では、「now」の解説をお楽しみください。

スポンサーリンク

「Now(位置情報SNS)」の簡単な解説

Now(位置情報SNS)について比較検討・購入する際に知っておきたい情報を簡単にまとめておきます。

Now(位置情報SNS)のコスパに関すること

Now(位置情報SNS)のコスパに関すること

Now(位置情報SNS)の価格と機能に関する情報です。

Now(位置情報SNS)の特徴

  • アプリは2023年1月はほぼ毎日更新
  • Nowは邪魔な広告をこれからも絶対につけない
  • 個人情報はパートナー企業に共有される
  • 他に利用しているアプリの情報を利用できる

絶対に広告導入しない、はなかなか思い切った宣言ですね。

ちょっと個人情報の取り扱いが心配ですが、広告入れずに収益化を考えるなら「個人の行動パターンのデータ化してマーケティング活用」の方向性しかないよね、という感じもします。

ちなみに、利用規約は2023年2月のものを確認しています。

Now(位置情報SNS)の価格

Now(位置情報SNS)の2024/03/20時点での価格は以下の通りです。

無料で利用できます。

Now(位置情報SNS)の機能

Now(位置情報SNS)の機能に関するまとめです。

  • 一本指ズーム
  • スタンプ
  • チャット
  • アイコンだけでわかる友達の状況

公式のこの紹介動画が一番わかりやすい。

Now(位置情報SNS)のコスパはいいのか

コスパに関する結論として、Now(位置情報SNS)のコスパは「あまり良くない」と言えます。

他のアプリも同じ尺度で考えていますが、基本無料で、広告も展開しないアプリって収益化に関しては先がないんですよね。

だから、おそらく開発に関しては「zenlyと同等」まではどこのアプリも持っていけると思うのですが、そこから先、サービスを運営しながらバグを潰してサーバーのセキュリティを守ってユーザー対応もするってかなりしんどい。当然、無料ではできません。

NowはTrashXという会社が運営しているようです。GHOSTの時もそうでしたが、このTrashXもつかめない。ただ、Jamという写真共有アプリをリリースした実績はあるようです。ただ、こちらも無料なので、どうやって収益化しているのか。

しろくま
しろくま

お金のことばっかり話しているけど、Zenlyがサービス継続できなかったのは収益化に失敗しているから。便利なだけじゃ続けられないんだよね。

かめ
かめ

これからのアプリの安全性や、機能が良くなるっていうのも、サービスが続けられるからこそ期待できることであって。

そのため「コスパがいい」というには、まず第一に「ユーザーの安全が保たれること」、そして「サービスが長く続くこと」が大事だと思います。SNSという居場所を守るためにはね。

だから、「だいたい似たようなアプリが、似たような運営をしている」現時点では、正直なところ、どのアプリもかなり高いリスクを抱えていると言っていいと思います。

Nowが特別悪いわけじゃないけど、安心材料が少なすぎるという話。

Now(位置情報SNS)の使い方解説

Now(位置情報SNS)を利用するかどうか悩んだ際に気になることは、操作が難しかったり、専門的な知識やスキルが必要になるかどうか、つまり使いこなせるかどうかということ。

Now(位置情報SNS)の使い方について簡単に解説しますので、購入する前に自分でも利用しやすいかどうかの参考にしてみてください。

Now(位置情報SNS)のダウンロード

Now(位置情報SNS)はこちらからダウンロードすることができます。

Now|友達や家族の今がわかる位置情報共有アプリ

Now|友達や家族の今がわかる位置情報共有アプリ

TrashX Inc.無料posted withアプリーチ

Now(位置情報SNS)の最初にやっておく設定方法

Now(位置情報SNS)の最初にやっておく設定方法

まずはNow(位置情報SNS)を起動します。

  1. 「はじめる」をタップ
  2. 指示された通りに情報を入力していく
    • 電話番号
    • アカウント名(名前)
    • 生年月日
  3. 位置情報の共有を許可する
  4. 通知の許可

Now(位置情報SNS)の便利な機能

Now(位置情報SNS)では、SNSとして利用する際に便利な、以下の機能を利用することができます。

まだ機能アップデートが落ち着かないので、しばらく新機能をひたすら追加するようにしていきます。

what’s up対応など
友達一覧から選択
一緒にいる時の画像がパタパタ切り替わる
衛生マップ切り替え

Now(位置情報SNS)の評判、裏技、小ワザが知りたい

Twitterでの情報収集のついでに「これは便利!」と思った情報などをまとめておきます。

Twitterの情報

キャンペーン情報

Now(位置情報SNS)を利用するのは危険?

Now(位置情報SNS)を利用する場合の危険性について考えていきたいと思います。

Now(位置情報SNS)を運営しているのはどこ?

TrashX Inc.という会社が運営しているみたいです。

このTrashXと紐付けられているわけではありませんが、可能性としては2020年に設立されたであろうTrashXが関係してそうです。

個人的にはこういう人間味が感じられた方がいい紹介記事書けるんだけどな、最近は運営の本質は隠して「ポストZenlyを作っている欧米フランクなポジティブマインドのガワだけ着せた投稿だけは多いSNS運用」みたいなのが流行っているのかもしれない。

みんな、SNSなんかやっているけど、本当は他人がどんな人間なのかは気にしてなくて、自分が傷つけられない言葉掛けをしてくれる実質Botみたいな友達と一緒にいることを求めているだけだったりするわけよね。

SNS運用は利用者が増えてナンボなのでみんなが楽しんでいる雰囲気感だけあればそれでいいと思いますが、SNSで人との距離が縮まったというよりは、結局、みんなお互いがお互いに都合のいいペルソナを身につけたという感じがして没個性が進んでいるような気がしますね。

しろくま
しろくま

まぁ、ポストZenlyなので、Zenlyのユーザー層を狙ったらみんなおんなじ運営みたいになっちゃうのは仕方がない気もしますが。

位置情報共有アプリにおける危険性って何?

一般的に、位置情報共有アプリを利用することにより生じるリスクは以下のとおりです。

  • 自分・他人のアカウントへの成りすまし
  • 広告側に有利な個人情報の利用
  • 他人があなたの居場所を知ることができる

Nowの危険性を考えると、もちろん個人管理のアカウント情報に関しては十分に気をつけるべきだと思います。

特に、Nowは他のアプリの使用状況も連動して察知するようになっていて、別にそれは友達同士の興味関心を深め合うためにも便利な機能だとは思います。ただ、利用するアプリによってはSNSアカウントが特定されたりして、SNSアカウントを通じてトラブルに発展する確率は少し高まるかな、と思っています。

しろくま
しろくま

例えば、今、instagramを触っている、という情報が共有されて、投稿タイミングから内緒にしていた趣味垢がバレる、みたいなことはありそうですね。連携するアプリをちゃんと選んだり、使うサービスに気をつければいいだけですけど。

かめ
かめ

あとは、アカウント成りすましなんかもあるけど、「元々それほど仲良くなかった友達登録した人」や「恋人と別れた」あとなんかに、nowの情報から知られたくない個人情報を拾われてしまった、なんてこともあるかもしれないですね。

そもそもが位置情報共有SNSを利用している時点でネットに居場所まで垂れ流しになるリスクがあるのを知っていながら使っているわけで、他のSNSのアカウント情報なんかがバレてもそれほど気にしないのかもしれませんが。

大人になって個人から組織に属する人間になると漏れただけでやばい情報とかもあるのでまぁ気をつけて。

Nowの利用規約の要約

Nowを利用する際にきっと読み飛ばしているであろう利用規約や個人情報の気になる部分だけピックアップしておきます。

  • アカウントに連携した他社製アプリの情報も一部収集するよ
  • アプリから得られた統計データは匿名化するよ
  • 関連会社とも共有するよ
  • ビジネスパートナーとも共有するよ
  • 会社が合併したり統合したりしたら情報は引き継がれるよ
  • 個人情報は匿名化したらずっと保管するよ

Nowに関しては、「個人情報は利用できる部分は利用するよ」と書いてあるので逆に親切ですね。

アプリ運営を考えるなら、いずれは自分の手を離れる時のことも考えておかなければいけません。だから、データが共有される可能性があることについても可能な限りは対応したプライバシーポリシーを準備しておくほうが親切だと思います。運営が変わったらあとは僕は知らないよ、じゃ不親切ですよね。

ただ、ちょっと気になるのは、第三者とも共有するデータが「匿名化」されたものとは限らない書き方であること。統計データを匿名にしても、共有する個人情報が統計データだけとは限らないですからね。

この辺りは解釈の問題もあるかもしれない上に、適宜更新されるものなので、気になった方はNowのプライバシーポリシーを自分で確かめてみてください。

スポンサーリンク

Now(位置情報SNS)だけじゃない、位置情報を共有するための方法

Now(位置情報SNS)を利用する以外にも、スマホの位置情報を共有する方法はあります。

ここからは、位置情報を共有する情報についてお伝えしていくので、自分に合った方法で目的に合った位置情報共有ができるようにお手伝いしていきます。

Now(位置情報SNS)を利用する

まずは、ここまで紹介してきたNow(位置情報SNS)を利用すること。

操作方法については解説済みなので、Now(位置情報SNS)を利用するメリットやデメリットを簡単にまとめておきます。

Now(位置情報SNS)を利用するメリット

  • 友達と簡単に位置情報が共有できる
  • zenlyと同じように使用できる

Now(位置情報SNS)を利用するデメリット

  • 個人情報が露出する機会が増える
  • なりすましは比較的容易
  • 運営が変わった時に個人情報の取り扱いが変わるかも

Now(位置情報SNS)以外の位置情報共有アプリを利用する

Now(位置情報SNS)以外にも、以下のような位置情報共有アプリがあります。

同じように操作性やコスパについて解説していますので、もしよかったら参考にしてみてください。とはいえ、全て読んでいるのも時間の浪費になりかねないので、このページだけでも判断できるように情報はまとめておきます。

位置情報変更に関する便利ツール一覧

知っておきたい豆知識
ツール一覧
ゲーム利用
位置情報共有SNS

位置情報共有SNSアプリのまとめ情報はこちらの記事にあります。

位置情報共有アプリ、結局、どれを選んだらいいのか?
zenlyの後釜を狙うアプリがたくさん出てきているので、一度「どれが一番おすすめできるか」を考えてみました。naunau、友どこ、whoo、ghost、nowに対応しています。

Android&iOSの設定を共有する

お使いのスマホによって、OSの設定によって位置情報のプライバシー設定などを見直すこともできます。

Androidスマホの位置情報設定の共有方法

Androidスマホの位置情報設定を共有する方法についてまとめておきます。

Googleトラッキングアクティビティを無効にする

Google追跡アクティビティをオフにする方法を紹介します。

  1. https://myactivity.google.com/でGoogleアカウントを使用してログインします。
  2. すぐに画面上で「ウェブとアプリのアクティビティ」と「ロケーション履歴」が表示されます。両方とも「オフ」にします。
  3. 次の画面に下へスワイプして「位置情報」のスイッチを「オフ」にします。
端末で追跡アクティビティを無効にする
  1. Androidデバイスで、Googleアカウントをタップします。
  2. Googleアカウントページで、「データとパーソナライズ」をタップして、さまざまなアクティビティオプションが表示されます。
  3. 実際のニーズに応じてオプションをオフにします。

iOSスマホの位置情報設定の共有方法

対象のアプリの位置情報共有をON/OFFする方法
  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「プライバシー」を選択する
  3. 「位置情報サービス」を選択する
  4. 位置情報を確認/共有したいApp を選択する
  5. 「正確な位置情報」のオン/オフを切り替える。
iPhoneの位置情報を共有したくない場合にチェックしておくべきこと
  • プライバシー設定から各種データへのアクセス権の認否を設定できる
  • おおよその位置情報だけを共有する場合には「正確な位置情報」をオフにする
  • 位置情報の利用ではApp (マップ、カメラ、天気など) や Web サイトで、携帯基地局、Wi-Fi、全地球測位システム (GPS)、および Bluetoothからの情報を基に測位し、大まかな現在位置を割り出せるようになる
  • 位置情報に関するプライバシーに関しての詳細ページ

iPhoneで共有する位置情報を制御する

スポンサーリンク

Now(位置情報SNS)のまとめ:使うべきか否か

Now(位置情報SNS)の情報についてまとめましたが、結局のところ、Now(位置情報SNS)を利用すべきかどうか悩みが解決していない方もいらっしゃると思います。

最後まで読むのが面倒だった方にも、内容を簡単に振り返ることができるように情報をまとめていきます。

どんな人が使うべき?

Now(位置情報SNS)に関しては、オリジナル開発に期待して「Zenly」とは異なる発展をするかもしれないと期待される方が利用すべきかもしれません。

Now(位置情報SNS)を利用すべき方のポイント

  • 誰にお勧めすべきか、正直、まだ見えていない

使用に悩んだ時のQ&A

Q
Now(位置情報SNS)は無料で利用できますか?
A

Now(位置情報SNS)は無料で利用することができます。

Q
Now(位置情報SNS)は安全に使えますか?
A

Now(位置情報SNS)は位置情報を共有するためのアプリであるため、アカウントの情報が他社に利用された場合に行動を把握されるリスクがあります。

トラブル対処法
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「位置 位置 情報共有 情報共有」に関する最新情報です。

    博報堂が行った調査によると、Z世代では位置情報共有が一般的になりつつあり、位置情報共有によって新たな価値が生まれていることが明らかになった。この新たなつながりを「シン密圏」と呼んでおり、位置情報共有がライフスタイルの一部となっていることが示されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vd2VidGFuLmltcHJlc3MuY28uanAvbi8yMDI0LzA1LzE0LzQ2OTg40gEzaHR0cHM6Ly93ZWJ0YW4uaW1wcmVzcy5jby5qcC9uLzIwMjQvMDUvMTQvNDY5ODg_YW1w?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「なりすまし ネット 広告」に関する最新情報です。

    2024年5月4日に配信された「石川温のスマホ業界新聞」からの一部を転載した記事では、最近ネット上で問題となっている「なりすまし広告」に焦点を当てている。特に、Metaが運営するFacebookやInstagram上で有名人をなりすまして投資詐欺を行う広告が増加しており、安心安全なインターネットの実現が難しい状況にあることが指摘されている。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2405/12/news049.html

  3. buchikuma-info より:

    「15 notion キャンペーン」に関する最新情報です。

    Notionは、2024年4月15日に新しいグローバルブランドキャンペーン「Think it. Make it.」を開始しました。このキャンペーンでは、渋谷・新宿・丸の内の大型ビジョンやデジタルサイネージでアニメーション広告を放映し、YouTubeやInstagramなどのデジタル施策を通じてブランディングを強化します。新タグラインとデザインの刷新により、Notionがより創造的な仕事をサポートし、多くの人々に親しまれるブランドとして成長することを目指しています。Notionは、ドキュメント作成、タスク管理、Wikiなどを一箇所で実現できるコネクテッドワークスペースです。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000088144.html

  4. buchikuma-info より:

    「ai legal github」に関する最新情報です。

    GitHubの最高法務責任者であるシェリー・マッキンリーは、AI関連の法律や開発者の懸念について忙しく働いています。特に、EUのAI法に関する議論やCopilotに関する開発者の懸念について話し合われています。GitHubは、オープンソースソフトウェア開発者に法的責任をもたらす可能性がある規制について積極的に反対しており、マッキンリーはこれについて議論しています。

    https://techcrunch.com/2024/03/16/ai-is-keeping-github-chief-legal-officer-shelley-mckinley-busy/

  5. buchikuma-info より:

    「商談 crm sfa」に関する最新情報です。

    ジーニーは、営業管理ツール「GENIEE SFA/CRM」のAIアシスタント機能を強化しました。このアップデートにより、商談の音声データの文字起こしやSFA/CRMへの入力を自動化することができます。さらに、商談後の業務もAIで自動化する機能が追加されました。これにより、営業担当者は細かな業務に追われることなく、本来の仕事に集中することができます。これにより、生産性が向上すると期待されています。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2402/08/news127.html

  6. buchikuma-info より:

    「75 75 起動 キャンペーン」に関する最新情報です。

    machi-yaで展開中のクラウドファンディングプロジェクト「ぽけレコ」は、ワンタッチで録音できる小型ボイスレコーダーです。キャンペーン期間が残り僅かで、16GBモデルが通常価格の30%OFFの8,260円で購入できます。このボイスレコーダーは超小型で大容量であり、非常にシンプルで使いやすい特徴を持っています。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-pocketablerecorder-end-727723/

  7. buchikuma-info より:

    「google 位置 google マップ」に関する最新情報です。

    Googleコンタクトの最新バージョンでは、Googleマップを通じてリアルタイムの位置情報共有が可能になりました。この新機能により、電話やテキストを送った相手が位置情報を確認できるため、便利です。位置情報共有を開始するには、相手のGmailアドレスを保存する必要があります。また、位置情報共有をする側はGoogleマップで位置情報共有をオンにしておく必要があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vamFwYW4uY25ldC5jb20vYXJ0aWNsZS8zNTIxMzA2Ni_SAQA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「キャンペーン 17 2024」に関する最新情報です。

    IIJmioは、2024年1月17日まで「ゴーゴーキャンペーン」を延長することを発表しました。このキャンペーンでは、IIJmioモバイルサービスのギガプランの音声SIM/eSIM契約で、3カ月間の月額料金が300円割引されます。このキャンペーンは、2024年1月17日まで利用可能です。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2312/04/news086.html

  9. buchikuma-info より:

    「android android バッテリー バッテリー」に関する最新情報です。

    この記事は、Androidバッテリーの消費が著しくなった場合の対策について紹介しています。まず、Google Playの活動に関連する問題を解決するために、Google Playのキャッシュや保存データを削除し、アップデートサービスをアンインストールする方法が紹介されています。また、省エネモードを使用することでバッテリーの節約ができると述べられています。さらに、バックグラウンドで動作するアプリをクリアすることでバッテリー消費を抑える方法も紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0wMDAwMDAyNjguMDAwMDExODk1Jmc9cHJ00gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「12 android android 12」に関する最新情報です。

    TeclastがAndroid 12+WideVine L1対応の上位タブレット「T50 2023」を七夕特別割引で販売しています。このタブレットは11インチのディスプレイや8GB RAM、128GBのストレージなどのスペックを持ち、GPSサポートや4G LTEモデル+Wi-Fiなどの機能も備えています。通常価格34,900円のところ、期間限定で25,560円で購入することができます。また、高速ACデュアルバンドWi-FiやBluetooth 5.0などの機能も搭載されており、Android 12やMali-G72などの最新のテクノロジーが利用できます。このセールは2023年7月10日まで行われています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0wMDAwMDA1MzUuMDAwMTEwMzk4Jmc9cHJ00gEA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「1001 1001 iphone iphone」に関する最新情報です。

    タイトル: 第1001回:iPhone 8もサポート外――安く機種変したいときに検討したいキャリアの「認定中古品」とは – ケータイ Watch

    要約: この記事では、iPhone 8がサポート外となったことや、安く機種変したい場合に考慮すべきキャリアの「認定中古品」について説明しています。また、iPhone 8以降のモデルやiPhone SE第2/3世代などのサポートについても触れています。キャリアの購入サポートプログラムやiPhone 13の発表についても言及しており、中古品のメリットや注意点についても解説しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbi9rZXl3b3JkLzE1MTI1NzkuaHRtbNIBAA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「iphone メッセージ apple」に関する最新情報です。

    Appleは、イギリス政府が提案している法案に反対の意思を表明しました。この法案は、児童ポルノの検出を目的として、メッセージのスキャンを義務付けるものです。Appleは、この法案の修正を求めており、市民団体や科学者らも同様の意見を持っています。彼らは、この法案が世界中の人々に影響を与える可能性があると主張しています。また、Appleは以前、CSAM(Child Sexual Abuse Material)スキャン機能を発表しましたが、導入を断念しました。一方、イギリス政府はこの発表を賞賛しています。もし同様の法律が日本で施行された場合、どのような影響があるのかについても考える必要があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQzMzM5L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQzMzM5L2FtcC8?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「iphone android 導入」に関する最新情報です。

    AndroidスマートフォンでもAirTagを検出できる機能が近く導入される予定です。この機能を使うと、勝手に仕掛けられたAirTagを見つけることができます。検出した場合は警告が鳴ります。また、Googleも同様の機能を開発している可能性があります。この情報はiPhone Maniaの記事で報じられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQzMjUwL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQzMjUwL2FtcC8?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    記事タイトルは「待望のNotion新機能! 「 AI×プロジェクト管理」はタスク管理を自動化する」であり、NotionがAIを導入した新機能について紹介している。また、記事内にはmacOSの生産性アプリや靴ひもの面倒を解消する方法、楽天のセール情報なども掲載されている。Notionの新機能には、AIによるタスク自動入力やデモページの使いやすさがある。また、Notionの基本的な使い方やプロジェクト管理の新機能も紹介されている。

    https://www.lifehacker.jp/article/2306-notion-project-review/

タイトルとURLをコピーしました