PR

パソコンでも家計簿アプリを使う場合はどうしたらいい?

家計簿の選び方」という記事を書いたのですが、家計簿は誰が、どのようにお金を管理できるようになりたいかによっておすすめが変わってきます。

自分にとってベストの家計簿を探すのはなかなか骨が折れます。かといって、色々なサービスを試したり、使い始めた家計簿を変えることになるとそれはそれで面倒。

このページでは「パソコンでも使える」おすすめの家計簿アプリについてまとめていきます。参考になれば幸いです。

3行でわかるパソコンでも使える家計簿アプリ
  • 家計簿アプリも「パソコン」で利用できるものを
  • スマホとパソコンの使い分けで超時短
  • 無料で利用するからこそ「家計データ」を大事にする

ページ内の画像まとめのような感じで、インスタグラムでも更新しています。

パソコンでも使えるに「家計簿の使用」を勧める理由

パソコンでも使えるに「家計簿の使用」を勧める理由

まず、端的に「スマホ家計簿」を「パソコンで利用する」際にお勧めする理由について簡単に説明します。

  • データの保管がしやすい
  • 表計算ソフトなども並行して利用しやすい
  • その時に操作しやすいデバイスを使い分けることができる
  • 確定申告なんかでも便利

パソコンと同期しやすい家計簿アプリ

家計簿アプリには、オフラインで「スマホ」本体、アプリ内にデータを保管するタイプのものと、オンラインで家計簿サービスのデータサーバーにアクセスして利用するタイプのものがあります。

現在、オンラインのものだと他の金融機関のアカウント情報と連携して、貯金残高やクレジットカードの利用履歴を同期することができるものがあります。つまり、オンラインで利用するメリットがあるサービスになっています。

このオンラインで利用できる家計簿サービスは「スマホアプリ」で利用できるものがほとんどですが、パソコンのwebブラウザを利用してデータを閲覧したり編集したりできるものがあります。いわゆるマルチデバイスに対応していると考えてもいいですね。

パソコンとスマホで同期可能な家計簿サービス例

一例にはなりますが、家計簿サービスで「パソコンでもスマホでも使える」ものは以下のようなものがあります。

どれがおすすめの家計簿アプリかについては後半で紹介しています。

理由1:「データ管理がしやすい」パソコンで管理

家計簿アプリはスマホでの利用を想定しています。

そのため、無料の家計簿アプリではデータのエクスポートには対応していないことが多く、オフラインの家計簿アプリの場合はデータ移行ができないものもあり、端末の買い替えやサービスの終了で家計データを閲覧することができなくなってしまう場合があります。

まず、もし無料で家計簿アプリを利用する場合でも、Webブラウザで家計簿のデータが閲覧できれば表計算ソフトなどにデータを転記することは比較的容易になります。

まだどの家計簿サービスを利用する予定がわからない場合や、アプリは入力の補助や金融機関のデータ読み込みデバイスとして活用するだけで、表計算ソフトへの入力を本データとする場合に利用をお勧めできます。

さらに、有料プランにアップグレードすることで、「表計算ソフトで利用しやすいCSVデータをダウンロード」できる機能が利用できるようになる場合が多く、データインポートに対応している家計簿サービスに移行する場合でもデータの体裁を整えるだけで家計簿記載を途切れることなく続けることができるようになります。

家計簿アプリと表計算ソフトを一緒に使うなら

ちなみに、表計算ソフトとはいわゆるMicrosoft Officeの「Excel」、Macでは「Nunbers」、Google Documentの「スプレッドシート」になります。これが使えるだけで仕事ができる感じがするやつですね。

まず、シンプルに表計算ソフトを家計簿に利用する場合は、「テンプレート」を検索するだけで無料の雛形を手に入れることができます。テンプレートをそのまま利用してもいいですし、自分なりにカスタマイズしてグラフなどに反映させるようにしてもいいですね。

最近の表計算ソフトは「共同作業」ができるようにURLを公開して他のパソコンからでもデータ編集ができるようになっているものも多いです。スプレッドシートなんかはその典型ですね。

家計簿アプリでデータ出力も利用するようであれば、ダウンロードできるCSVの形式に合わせて家計簿テンプレートを作成してしまえば、スマホで家計簿アプリで家計データの記入をしておき、時間がある時にデータをダウンロードしてそのままテンプレートにコピペすることで家計簿を作成することができます。

ただ、表計算ソフトに慣れていないと「そもそも何の話だかさっぱり」という方も多いと思います。無料で利用する分には、「毎月、スマホで出来上がったデータをパソコンにも転記する」くらいの管理方法がちょうどいい作業量になりそうです。

普段の入力はスマホの活用が便利

家計簿が継続できない理由として、やはり「毎日記入するのは正直めんどい」というところがあると思います。

特に、パソコンで頑張って管理しようとすると、「パソコンを立ち上げるのが面倒」だったり、毎日パソコンを利用する人でも、「気がついたら動画やSNSを眺めている」と他の誘惑に負けやすい環境でもあります。

そのため、最低限の「データ入力作業」に関しては、スマホアプリを活用することをお勧めします。

金融サービスとの連携が可能な家計簿アプリであれば、そもそもほとんどの記入を自動化できますし、「ちょっとした買い物」の記入もその場でさっとできるのが続けやすい理由となります。

しろくま
しろくま

家計簿を辞めたくなる時って、後で記入しようとして、数日経ってから「あの時のレシートがない」みたいな感じでやる気なくなる時ですよね。

私がもし10年も前に家計簿をつける必要があって、紙の家計簿なんか手を出しても、「買っただけで満足」することになりそうです。続けられる人は本当にすごい。

家計簿の選び方「デジタル、アナログ、お手軽アプリ」どれにする?
家計簿の選び方、というよりも「どうして家計簿アプリを選ぶことになるのか」についてまとめています。手書きアナログ家計簿は練習台としては最適ですが、「ずっと続ける家計簿」としては将来性も不安なので、今から始めるならどうするべきかまとめました。

確定申告などで閲覧すべきデータが多いときに真価を発揮

普段の家計簿利用がスマホの方でも、パソコンで家計簿を開きたくなるのは、「モニターがたくさんほしいとき」だと思います。

スマホだけだと、今開いているアプリの情報しか閲覧できず、iPhoneとMacならHandOffでマルチデバイスでコピペできるからまだいいのですが、普通のパソコンとスマホならデータを転記するのも面倒になるところ。

特に確定申告の時。

私はMoneyForwardのクラウドサービスを使っているのでまだラクな方ですが、保存したレシートと、オンラインストアの明細と、収益管理している表計算ソフトにPDFの請求書などを一度に確認したいという時があるわけで。

しろくま
しろくま

パソコンはタブが重なりすぎて訳がわからなくなり、該当するレシートは見つからず、医療費控除のデータはなぜか飛んでこない。絶望しかありません。

特に、貧弱なスマホを使っていると、ブラウザの開いているページから別のアプリを立ち上げると、ブラウザがタスクオフして「ログアウトしました」と表示されることもしばしば。ログイン作業を繰り返すことになることも。

パソコンのメリットとしては、モニターに接続して複数の画面で操作することができますし、ウィンドウを複数開いて作業を横断することができます。

パソコンで家計簿をまとめるメリット

  • 複数モニターを利用できる
  • 複数のソフト、ブラウザを立ち上げて操作できる
  • アプリ・ソフトを跨いだデータの移動もコピペでやりやすい
  • カスタマイズ性の低いアプリよりもできることが多い
  • データの保管も無尽蔵にできる

パソコン利用で気をつけてほしい、家計簿アプリの罠

パソコン利用で気をつけてほしい、家計簿アプリの罠

ここまでは「家計簿アプリって便利」という話をしてきました。とはいえ、なんだかんだで危険なんじゃないかと感じている方もいらっしゃることでしょう。

ここからは、「パソコンでも利用する」ことで「実は危険なこともある」という家計簿アプリについての情報についても説明しておきます。

  • パスワード漏出機会が増える
  • Webブラウザのページがほとんど広告ばかりで誤クリックで作業ペースが落ちる
  • パソコンのセキュリティ対策に依存する

家計簿アプリと広告の考え方

「パソコンでも使える」アプリを探している場合、すでに家計簿アプリを利用されていたり、あるいは他のアプリを使っていたりして「広告が鬱陶しいな」と感じたことがあるかもしれません。

無料の家計簿アプリに広告はあっていい

  • 無料アプリの収益源は「広告」
  • 家計簿アプリは「個人の消費データを匿名化して売る」こともある
  • 無料で収益源がわからないアプリはむしろ危険

家計簿アプリのサービスが続くかは「広告の質」と「ユーザー数」

  • ユーザー数が多い
  • 家計簿に関連度の高い「金融サービス」の広告が多い
  • ユーザー数が多く、(好きではなくても)自分の興味がある広告が表示される

怪しい広告・メールには触れない

  • アプリからのお知らせだと思ったら外部サイトに飛ばされることがある
  • 年齢設定に似つかわしくない広告が表示される
  • 家計簿を運営している会社以外からメールが届く

どっちが安全、スマホとパソコンのセキュリティ

家計簿アプリに関しては、お金に関する重要な個人情報を取り扱っていることも多く、セキュリティを心配される方も多いと思います。

スマホはセキュリティ対策しにくい

スマホのセキュリティ対策は、「何もしたことがない」という方も多いのではないでしょうか。

私はiPhoneユーザーですが、iPhoneの場合は「アプリはAppStoreからしかインストールできない」ようになっており、「システムの大事な部分には外部ソフトウェアが立ち入ることができない」ようになっているため、比較的安全に利用することができるようになっています。

Androidに関してはセキュリティ対策は必須ですが、スマホネイティブの方だと「セキュリティソフトを利用する」という基本的な対策も知らずに利用し始めることもあるので、そのまま大人になって揉む対策、という方も多いのかもしれません。

ただ、スマホアプリで家計簿を管理するだけであれば、必要最小限の対策だけでも十分とは言えます。家計簿アプリは金融機関と連携するサービスであることもあり、アプリやサービス側のセキュリティは万全です。

とはいえ、危険性がゼロというわけではなく、むしろ「スマホ自体のセキュリティ脆弱性」や「いわゆる機械音痴のスマホデビューを狙った詐欺手口」のような、スマホを利用する場合に避けられない情報漏出リスクに晒される機会は増えるわけです。

しろくま
しろくま

スマホは個人情報の宝庫だから、家計簿アプリに限らず狙われやすいってことですね。

かめ
かめ

スマホしか使えない、ネットリテラシーはそれほど高くないという人も使っているから、トラブルに巻き込まれる話はよく聞きますね。

パソコンのセキュリティは未対策だと危ない

パソコンを利用している方なら、セキュリティ対策ソフトを利用されている方は多いと思います。

【 セキュリティに関する意識調査 】セキュリティ対策をしない理由の1位は「費用が高いから」

ちなみに、セキュリティソフトの利用率は、有料のものだと半数にも満たないとか。

有料のセキュリティソフト利用率は全体でわずか42.2%と半数にも満たず、セキュリティ対策を「何もしていない」と回答した人と、「分からない」と回答した人が全体で16%もいることから、セキュリティ対策は十分とはいえない状況であることがわかりました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000447.000035169.html

なんと、2割程度の人はパソコンをノーガードで利用しているみたいです。

パソコンに関しては、目的によってソフトウェアをインストールして利用します。ウェブから必要なファイルをダウンロードすることもあるでしょう。メールだって受信します。つまり、感染リスクが非常に高い。

スマホに関しては「安全であることがチェックされているアプリストア」からダウンロードして、それ以上の操作やファイルを追加したりする操作はしないことが多いです。

未曾有の感染災害となった2020年以降を生きてこられた方なら、「ウイルスとの接触機会が増えるほど、感染のリスクが高まる」ということは経験的にも理解しやすいと思います。

スマホに関しては「衛生管理された工場から出荷された」安全なアプリしか触れる機会がないことが多いのに対して、パソコンに関しては「咳とくしゃみが飛び交う飲み会で提供された」ソフトを使うようなものです。

何も対策していなければマルウェアの被害に会うのは当然の結果とも言えます。

家計簿アプリと家計簿ソフト、どっちが便利?

罠ということではありませんが、家計簿アプリと家計簿ソフトは似ているようで全く役割が違います。

パソコンで家計簿をつける場合には「家計簿ソフト」を購入することを考えている方も多いと思いますが、これからの時代に家計簿を利用するなら家計簿アプリ側のサービスを利用することをおすすめします。

家計簿ソフトの特徴

  • 表計算ソフトとは違って、自分で作る必要はなく機能は完成している
  • 有料である
  • 買い切りのものと利用料を月額・年額で支払うものがある
  • バージョンの更新が無料で行えるものと、新バージョンを買い直す必要があるものがある
  • ダウンロード後はオフライン利用できるものと、オンラインで利用するものがある

ウェブ版から利用登録したほうがお得な場合

罠関連で言えば、有料サービス登録をする場合、家計簿アプリのサブスクリプションから登録する場合と、ウェブ版から登録する場合があります。

アプリストアを経由する場合は、ディベロッパーは手数料をアプリストア(AppleやGoogle)に支払う必要があります。

一方で、ウェブから登録してくれた場合には仲介するストアが不要になるので、その分だけ「登録料が安い」場合や、「お試し期間が長い」場合があります。

安全な家計簿アプリと、危険性のあるアプリの違い

家計簿アプリの安全性についてはこちらの記事でもまとめました。

家計簿アプリが安心な理由と、危険な不正Appの違いを見極める
家計簿アプリのセキュリティを心配する声が届きましたので、今回だけ特別に疑問にお答えする形で記事を書きました。結論、リスクはあれど利用するメリットの方が大きい、がやっぱり危険と隣り合わせだから対策はしておこう、です。

心配なら、スマホで手軽に使える「オフライン」

オフラインに対応している家計簿アプリに関する情報はこちらにまとめています。

連携しない家計簿アプリ|このご時世でもオフラインがいい
世の中には、時代に取り残されようと「連携しないタイプの家計簿アプリが欲しい」という需要はあります。連携しないメリットとデメリットを簡単に説明しつつ、お勧めの簡単お手軽な家計簿アプリを紹介します。

無料プランに制限、有料化する可能性

2022年12月に、これまで一番人気があって、当サイトとしても安心しておすすめできていたマネーフォワードMEが無料会員の一部機能を制限する仕様変更がありました。

マネフォ乗り換え先のおすすめ「連携数4で継続、併用ルートも検討」
マネフォが「連携数」を10件から4件に減らすため、これまでのユーザーの中には「今までのように使えなくなる」方が出てきます。課金するか、他のアプリを使うか悩んだときに参考になる情報をまとめています。

家計簿アプリも有料化の流れが加速することが考えられますので、無料アプリを利用する際には、前述の「広告を含めた収益方法」に納得できるか考え、場合によっては有料アプリを継続して使うことも考えて選べるといいのかな、と思います。

パソコンでも使えるにおすすめな家計簿アプリ

ここからは具体的に、「パソコンでも使える」におすすめしたい家計簿アプリについて簡単にご紹介しようと思います。

家計簿アプリをパソコンで使う方法

一度情報を整理しますが、「ウェブブラウザ」でも利用できるマネーフォワードMEやzaimのような家計簿サービスはパソコンでも問題なく利用することができます。

しかし、マネーフォワードと共同開発したdocomo特化型の「スマー簿」に関してはブラウザで利用することはできません。携帯キャリアのサービスですし。

とはいえ、最近は「iOSアプリも起動できるMac」や「パソコン版 Google Play」なども登場しており、アプリ自体がパソコンでも起動できるように設計されてきています。

さらに、パソコンでアプリを起動するための「エミュレーター」というソフトを利用することで、アプリをパソコンで起動して操作することができるようになります。

パソコンで家計簿アプリを起動する方法

  • ブラウザ利用でデータ連携できる家計簿サービスを利用する
  • Appleシリコン搭載Macを使ってAppStoreから家計簿アプリをダウンロードする
  • Google Play PC版を利用する(2024/03/20時点ではゲームのみ)
  • アプリをインストールできるエミュレータを利用する
  • Chromebookのような「アプリ」を利用できるパソコンを使用する

「ブラウザ利用」ができる家計簿アプリ

パソコンでも使えるなら活用してもらいたい家計簿の機能として「ブラウザ連携」があります。

パソコンで家計簿サービスを検索して、ブラウザからログインできるものが該当します。いくつかおすすめのものを紹介するので「パソコンでも家計簿が使えるといいな」と考えている方はぜひ利用してみてください!

マネーフォワードME

マネーフォワードMEは家計簿アプリでも人気一番のサービスです。

ブラウザでの利用はもちろんのこと、家計簿アプリとしては「できないことはない」というくらいに高機能。

ただし、無料で利用できる金融機関との連携数が下方修正されており、「無料でおすすめできるか」に関しては疑問符がついています。

  • 利用者数No.1で使い勝手も良い
  • 無料で利用できるが、他のアプリも兼用することになるかも
  • パソコンからブラウザで利用できてデータ連携も簡単
基本無料、有料プランもお試しで30日間利用できます!
当サイトでのマネーフォワードアプリの掲載は休止しています。

その他にも、現在お勧めしている家計簿をさっくりと紹介しています。

2024/03/20時点でのランキング

家計簿アプリのまとめ記事はこちらにあります。他のページに移動するのは面倒という方はここで簡易版をご覧ください。

2024年の家計簿アプリ、どれにする?「レシート読取は時代遅れ」
家計簿アプリに関する諸注意やおすすめなどの情報をまとめました。家計簿アプリの危険性や、安全なアプリの選び方について説明しています。

 

  1. マネーツリー(MoneyTree)
  2. Zaim
  3. OshidOri
  4. マネーフォワードME
  5. ファミリーバンク

 

2024/03/20に更新したランキングになります。

マネーフォワードMEが「金融サービスの連携数」が10件から4件に引き下げ対応となったことを受け、「有料前提」として4位に下げました。

無料での使いやすさとバランスで考えると、現在はMoneyTreeを上位に。

MoneyTree(マネーツリー)が1位の理由

    • 無料でできる範囲が圧倒的で、広告まで非表示

    • 他は無料で利用できるレシート読み取りが一部有料プランのみ対応

    • 個人情報やセキュリティ対応が誠実

これからの時代はMoneytreeのような「個人情報はしっかり守ろう、利用するならフェアであろう」みたいな家計簿アプリの方が安心できるんじゃないかと思い、2位へ。

Moneytreeを利用するかどうか悩んだら

Moneytreeの情報をまとめたページはこちらになります。

家計簿アプリ「Moneytree」がいまいちと感じるところ
家計簿アプリ「Moneytree」、実はセキュリティ面への配慮はトップクラスで、しかも無料でできることが多いことから、改悪マネフォの移行先として人気が高いんです。

Zaim(ザイム)が2位の理由

    • 細かな機能改善は高評価

    • マネーフォワードとの二択になった時の押しの弱さ

    • 2位ポジションからの脱却に期待

かめ
かめ

zaimを選んで損することはないけど、マネフォが強すぎて競り合った時の「押し」が欲しいところ。

zaimを利用するかどうか悩んだら

zaimの最新機能やいいところ、悪いところ情報をまとめた記事はこちらになります。

Zaimの最新事情「新機能盛り沢山でオンリーワンに」
Zaimは一度切り捨てたアプリでしたが、最近になって急に新機能を実装し始めて何事かと思ったら、家計簿データを運用して統計データを利用できるサービスができて資金に余裕ができたようです。

また、zaimの有料プランについて悩んだ場合にはこちらのページを参考にしてみてください。

Zaimの有料会員で生活は変化するのか、プレミアムな比較検討を
Zaim、かなり進化しています。マネフォユーザーの私が言うことでもありませんが、家計簿として然るべき進化をした先にZaimがあるような気がしてきました。有料会員のお得度などを考察しています。

OshidOri(オシドリ)が3位の理由

    • カップル・夫婦特化というニッチな需要にしっかり応える

    • 財布を分ける前に、まずは二人でお金の話ができる習慣を

しろくま
しろくま

私の反省なんですけど、夫婦でしっかり稼ぐ場合、財布わけがちだけど、一度分けた財布を一緒にするのってけっこう大変。

特に、子供が生まれると、今まで平等だった「稼ぎ」のバランスが崩れるので、フェアであり続けるには財布は分けてても目標や合算資産は把握できた方が絶対にいいです。本当に。

家計簿を共有!家族のかけいぼ-OsidOri

家計簿を共有!家族のかけいぼ-OsidOri

osidori無料posted withアプリーチ

OshidOriを利用するかどうか悩んだら

OshidOriの情報をまとめたページはこちらになります。

OsidOriで家族・夫婦・パートナーの貯金を把握できるようにする
貯金管理・共有アプリのOsidOriが思いのほか使い勝手が良かったので情報をまとめておきました。財布分ける型のカップルや共働きで口座も別の夫婦はぜひ導入しておいてもらいたい。

カップルで資産を管理することについて考えたことなどをまとめた記事はこちらになります。

夫婦・カップル・パートナーと一緒に使える、おすすめの家計管理アプリ
家計簿のデータ、共有したくないですよね。自分で稼いだお金の使い道までとやかく言われたくないし。ですが、メリットも多いのです。逆に言えば「あまりしたくないお金の情報」を共有する最高のツールですからね。

MoneyForward(マネーフォワード)ME)が4位の理由

「無料で使いづらくなる」仕様変更があり4位へ。ただし、有料プランを検討した場合は圧倒的1位。今後もサービス拡充が期待できます。

    • ユーザー数が1,200万人と圧倒的

    • 家計簿アプリとしての機能は申し分なし

当サイトでのマネーフォワードアプリの掲載は休止しています。

マネーフォワードを利用するかどうか悩んだら

マネーフォワードの新機能やいいところ・悪いところなどの情報が知りたければこちらの記事をご覧ください。

家計簿アプリ「マネーフォワードME」の不満と心配事
マネーフォワードをずっと使っていますが、Zaimのように大きなアップデートもなく少し物足りなく感じてきました。ただ、マネフォをやめられない理由や将来どの家計簿アプリが生き残るか、などつらつらと。

プレミアムプランの利用で悩んだ際にはこちらの記事をどうぞ。

マネーフォワードME、プレミアム会員に移行するか悩む
マネーフォワード、月額500円、プレミアムは果たしてお得なのか考えて小一時間。結論は「無料でいいや」なんですけど、お得に使いこなせる人のために「どこがお得か」を解説しました。

ファミリーバンクが5位の理由

家族で口座共有できるファミリーバンクのサービスが面白かったので紹介しておきます。

ファミリーバンクはおすすめ?夫婦利用でイマイチだと思ったポイント
夫婦/カップルで「共同口座」を持つ際に便利な、ファミリーバンクに関するレビューをしています。率直に言えば「家計簿としては微妙」な部分はありますが、まだ生計を共にする前の2人がお金の面でも腹を割って協力する時に便利なサービスだと思います。

    • 「家族でWebサービスのログイン共有」など、家計簿とは違う方向へのアプローチあり
    • 家計簿としては「たくさんの口座連携をしたい」という需要は満たせない
    • 他の家計簿を利用していて「家族で収入・支出を統一した窓口が欲しい」という時におすすめ。
ファミリーバンク-共同口座アプリ(夫婦・カップルのお金管理)

ファミリーバンク-共同口座アプリ(夫婦・カップルのお金管理)

FamilyTech, Inc.無料posted withアプリーチ

まとめ:パソコンでも使えるにこそ家計簿アプリを使ってほしい

まとめ:パソコンでも使えるにこそ家計簿アプリを使ってほしい

パソコンで利用する家計簿アプリに関する情報をお伝えしました。ページのおさらいにまとめていきます。

パソコンでも使える家計簿アプリのポイント

  • 基本はブラウザでパソコンから家計簿サービスにアクセスする
  • データのダウンロードは有料版となることが多い
  • 他の会計ソフトや表計算ソフトと併用する場合におすすめ

パソコンでも使えるにおすすめの家計簿アプリまとめ

このページで紹介した家計簿アプリについてダウンロードしやすいようにまとめておきます。

マネーフォワードME

マネーフォワードMEはここからダウンロードできます
当サイトでのマネーフォワードアプリの掲載は休止しています。

他にも色々、家計簿アプリに関する記事リスト

当サイトでまとめている家計簿アプリに関する情報を載せている記事になります。

家計簿アプリ

今年おすすめの家計簿アプリ「レシート読取は時代遅れ」という記事でアプリの選び方やおすすめについてまとめています。

2024年の家計簿アプリ、どれにする?「レシート読取は時代遅れ」
家計簿アプリに関する諸注意やおすすめなどの情報をまとめました。家計簿アプリの危険性や、安全なアプリの選び方について説明しています。
家計簿アプリの選び方

 

この家計簿アプリはどう?レビュー記事

 

MoneyForward ME
Zaim

おこづかいアプリに関する記事一覧

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「詐欺 ソフト サービス」に関する最新情報です。

    BBソフトサービスの調査によると、三菱UFJ銀行とメルカリを標的としたフィッシング詐欺が増加していることが明らかになりました。特にイオンカード、三菱UFJ銀行、SoftBankが被害を受けており、最近ではTEPCOやメルカリも被害が増加しています。これにより、インターネット詐欺の傾向が変化していることが示唆されています。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2405/01/news148.html

  2. buchikuma-info より:

    「123 123 公開 chrome」に関する最新情報です。

    Googleは3月19日に「Google Chrome 123」を正式公開し、Windows/Mac環境にはv123.0.6312.58/.59、Linux環境にはv123.0.6312.58が展開された。新機能として、新規タブページに他のデバイスで開いているタブを提案するカードが追加され、データ圧縮メカニズムとして「Zstandard」(zstd)がサポートされた。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vZm9yZXN0LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9uZXdzLzE1Nzc4MDMuaHRtbNIBAA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「122 122 脆弱性 chrome」に関する最新情報です。

    Googleは、3月12日にデスクトップ向けのGoogle Chromeの安定チャネルをアップデートし、Windows/Mac環境ではv122.0.6261.128/.129が展開され、Linux環境ではv122.0.6261.128が展開された。このアップデートでは、3件の脆弱性が修正され、1件のCVE番号が明らかにされている。修正された脆弱性の1つはパフォーマンスマネージャーにおける解放後メモリ利用の問題で、「High」の深刻度が評価されている。その他、内部監査やファジングで発見された不具合も修正されている。Chromeのアップデートは自動で行われるが、手動でアップデートする場合は設定画面にアクセスし、再起動が必要とされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vZm9yZXN0LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9uZXdzLzE1NzU4NTcuaHRtbNIBAA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「122 122 脆弱性 chrome」に関する最新情報です。

    Googleは「Google Chrome 122」のセキュリティアップデートをリリースし、4件の脆弱性が修正された。修正された脆弱性は全てスクリプトエンジン「V8」に関連し、そのうち2件は型混乱の問題だった。修正内容は「High」の深刻度が評価されており、他にも内部監査やファジングで発見された不具合も修正されている。アップデートはWindows/Mac/Linux向けに展開されており、Windows版は自動更新されるが、手動でアップデートも可能で再起動が必要とされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vZm9yZXN0LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9uZXdzLzE1NzIwNTguaHRtbNIBAA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「122 122 公開 chrome」に関する最新情報です。

    Googleは2月20日、「Google Chrome 122」を正式公開しました。このバージョンでは、マルウェアダウンロード時の警告メッセージやセキュリティ関連の修正が行われています。変更は比較的小規模で、主な変更点には、管理対象のユーザーでも利用可能になる機能やセキュリティ向上のための設定変更が含まれています。セキュリティ関連の修正は全12件で、深刻度は「High」が2件、「Medium」が5件、「Low」が1件です。また、マルウェア対策の改善や読み込み速度の向上なども行われています。現在、Windows/Mac/Linux向けの「Google Chrome」は無償でダウンロード可能で、自動更新されるか手動でアップデートすることもできます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vZm9yZXN0LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9uZXdzLzE1NzA0MDguaHRtbNIBAA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「確定申告 マネーフォワード クラウド 確定申告」に関する最新情報です。

    株式会社マネーフォワードは、『マネーフォワード クラウド確定申告』の2023年度(令和5年分)版を公開しました。新たな機能として、医療費控除のための医療費集計フォームのExcelシートのインポートや、認定住宅に関する住宅ローン控除の計算明細書の作成機能が追加されました。また、2023年度の様式にも対応しており、国外居住親族に係る扶養控除の見直しや、上場株式等の配当所得に関する課税方式の見直しなどに対応しています。さらに、AI-OCR自動仕訳機能も利用できるようになり、レシートや領収書を撮影して自動的に仕訳を作成することが可能です。『マネーフォワード クラウド』では、税理士へのチャット相談や動画コンテンツなども提供しており、個人事業主・フリーランスの確定申告作業をサポートしています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExODcuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「121 121 公開 chrome」に関する最新情報です。

    Googleは、デスクトップ向けのGoogle Chromeの最新バージョンである「Google Chrome 121」を正式に公開しました。このバージョンでは、サードパーティCookieの廃止が本格的に始まります。具体的には、1%のテストグループに対して既定でトラッキング防止機能が有効化されます。この機能は2024年第3四半期には全てのユーザーに適用される予定です。また、新しいトラッキング防止のコントロールがアドレスバーに表示されるようになります。さらに、Googleアカウントでログインしている場合には、新しい生成AI機能が追加されますが、デバイスの管理ポリシーによってはオプトインすることも可能です。また、セーフブラウジングを利用している場合には、暗号化された書庫ファイルのダウンロード時にパスワードが求められるようになります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vZm9yZXN0LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9uZXdzLzE1NjMxMjEuaHRtbNIBAA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「ポイント 貯金 サイト」に関する最新情報です。

    ポイントサイト「モッピー」が、家族や友人と共同でポイント貯金ができる新機能を導入しました。この新機能は、セレスという会社が運営するモッピーで、2023年10月2日から利用が開始されました。ポイントウィズ制度と呼ばれるこの新機能では、家族や友人と一緒にモッピーポイントを貯めることができます。具体的には、友人とのグループで温泉旅行や部活の遠征などの目標を設定し、ポイントを集めていくことができます。また、夫婦で新居の家電を購入するなど、自由な目標を設定することも可能です。さらに、ポイントの内訳や目標達成の状況を把握するために、共有の通帳やポイントの掲載広告を利用することができます。この新機能は、ポイントサイトの業界では初めての取り組みとなります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vcGF5bWVudG5hdmkuY29tL3BheW1lbnRuZXdzLzEzNTQ0Ni5odG1s0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「マルウェア iphone 感染」に関する最新情報です。

    iPhoneの“脱獄”は絶対に避けるべきであり、Apple製品のマルウェア感染を防ぐためには、基本的な対策を講じる必要があります。対策の一つは、脱獄をチェックすることです。また、最新版へのアップデートも重要です。ジェイルブレークはマルウェア感染のリスクを高めるため、IT管理者は内部のアプリケーションやモバイルデバイスの状態を監視し、必要に応じてジェイルブレークを防ぐためのツールを利用する必要があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vdGVjaHRhcmdldC5pdG1lZGlhLmNvLmpwL3R0L25ld3MvMjMwOC8wOS9uZXdzMDEuaHRtbNIBAA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「2023 pc pc 出荷」に関する最新情報です。

    2023年4月から6月までのタブレットPCの出荷台数が大幅に減少していることが報告されています。特にXiaomiを除く上位5社の出荷台数は2桁減少しています。一方、Appleは首位を維持していますが、出荷台数は16.8%減少しています。この調査は、調査会社IDCによって行われました。タブレットPCの需要は引き続き減退しており、特にXiaomiを除く上位5社の出荷台数は大きく減少しています。Appleは出荷台数で首位を守っていますが、16.8%減少しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQ3ODc4L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQ3ODc4L2FtcC8?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「マルウェア iphone マルウェア 感染」に関する最新情報です。

    この記事は、iPhoneやiPadなどのApple製品をマルウェアから守る方法について解説しています。攻撃を受けた場合、早期に気づくことが重要であり、マルウェア感染の兆候を見極める方法について具体的に説明しています。具体的な兆候としては、見慣れないアプリの存在や見慣れないメッセージの送受信、過剰なデータ使用が挙げられています。この記事は、iPhoneを安全に利用するためのヒントを提供しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vdGVjaHRhcmdldC5pdG1lZGlhLmNvLmpwL3R0L25ld3MvMjMwNy8yNi9uZXdzMDUuaHRtbNIBAA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「公開 iphone apple」に関する最新情報です。

    Appleの映画「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」が10月20日から日本の劇場で公開されることが発表されました。この映画は、オクラホマ州の連続殺人事件を描いた同名の書籍を原作としており、公式予告動画も公開されています。また、米国では高評価を獲得しており、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演など豪華なキャストが出演しています。この作品はAppleのオリジナル作品であり、Apple TVでの配信も予定されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQ0MTI1L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQ0MTI1L2FtcC8?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「データ 移行 mac」の記事更新内容をまとめています。

    この記事は、Windows PCからMacへのデータ移行についての情報をまとめたものです。移行アシスタントを利用する場合の手順や準備すること、注意点などが説明されています。データが少ない場合は共有ファイルで引越データだけを送ることもできますし、クラウドサービスのデータも送る必要はありません。また、有線接続でデータ移行することがおすすめされています。

    https://buchikuma.com/pc-mac-move/

  14. buchikuma-info より:

    「iphone スマホ キャリア」に関する最新情報です。

    子どものスマホについての調査結果によると、中学生世代ではiPhoneやAQUOSなどの有名なスマホの購入率が上がっていることがわかりました。中学生世代の人気キャリアはドコモで、楽天モバイルも3強に入ることができました。この調査結果は、小学生以上中学生未満の子どもたちの意識調査を基にしています。また、キッズケータイの利用率は56%で、iPhoneが最も人気のある機種でした。キッズケータイは子どもの安全を守るためのツールとして利用されていますが、一方でメールやSNSの利用によるリスクもあるため、機能や設定には注意が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKWh0dHBzOi8vb3RvbmEtbGlmZS5jb20vMjAyMy8wNy8wMi8xODAwOTgv0gEtaHR0cHM6Ly9vdG9uYS1saWZlLmNvbS8yMDIzLzA3LzAyLzE4MDA5OC9hbXAv?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「使える iphone iphone 使える」に関する最新情報です。

    タイトル: 結局、iPhoneって何年使えるの?

    ヘッディング: 公式には3年、実際はもっと使えることが多い
    ソフトウェア的な寿命:最新のiOSが使えなくなる5年
    セキュリティ的な寿命:10年がもうひとつの目安
    ハードウェアの限界:スマホも消耗品です!
    ■1.バッテリーが摩耗してすぐに充電が必要
    ■2.画面割れなどで使いにくいが修理費が高額…
    ■3.しかも画面が割れているとバッテリー交換できない

    この記事は、iPhoneの寿命について説明しています。公式には3年が推奨されていますが、実際にはもっと長く使えることがあります。ソフトウェア的な寿命は、最新のiOSが使えなくなるまでの約5年です。セキュリティ的な寿命は、約10年が目安とされています。しかし、ハードウェアの限界もあります。バッテリーの摩耗や画面の割れなど、修理が必要な場合もあります。また、画面が割れているとバッテリー交換ができないこともあります。iPhoneは消

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyMy8wNi9ob3ctbG9uZy1jYW4td2UtdXNlLWlwaG9uZS0xLmh0bWzSAQA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「クラウド マルチ マルチ クラウド」に関する最新情報です。

    マルチクラウドエンジニアの仕事とキャリアについて、Jagu’e’rがパブリッククラウドの現状を紹介しています。マルチクラウドエンジニアは、複数のクラウドプロバイダーを使いこなす必要があります。記事では、マルチクラウドの知識が必要とされる場面や、マルチクラウドエンジニアの活動内容について詳しく解説されています。また、Jagu’e’r自身の経験や考え方も紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vYXRtYXJraXQuaXRtZWRpYS5jby5qcC9haXQvYXJ0aWNsZXMvMjMwNi8yOC9uZXdzMDA3Lmh0bWzSAQA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「apple 公開 iphone」に関する最新情報です。

    記事のタイトルは「海上コンテナをApple Storeに改装したらどうなる?コンセプト画像が公開 – iPhone Mania」であり、Apple Storeを海上コンテナに改装するコンセプト画像が公開されたことが報じられています。記事では、Appleのエコシステムについて説明され、海上コンテナをApple Storeに改装することで、Apple製品に触れることができる場所が増える可能性があると述べられています。また、改装された海上コンテナの画像も公開されています。この記事は、iPhone Maniaの特集記事の一つであり、Apple製品に関する最新情報を受け取ることができるようになっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQzMDg5L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTQzMDg5L2FtcC8?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    デジタル情報誌「GetNavi」のWebサイトによると、最近の調査結果によると、Androidスマートフォンの方がiPhoneよりも58%使いやすいという結果が出たそうです。この調査は米国で行われ、5年ぶりにAndroidスマートフォンがiPhoneを上回ったとのことです。また、iPhoneアプリよりもAndroidアプリの方が直感的に操作しやすいという結果も出たそうです。この結果は、スマートフォン市場においてAndroidとiPhoneの激しい競争が繰り広げられている中で、注目されるものとなっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vZ2V0bmF2aS5qcC9kaWdpdGFsLzg3NjY3My_SAQA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    Chrome on iOSには、組み込みのLensサポートが追加され、新しいMapsとCalendarの統合も行われます。これにより、ユーザーはカメラを使用して検索することができます。また、既存の機能に加えて、新しい機能も追加されます。TechCrunchによると、これらの機能はすでに利用可能で、ユーザーは今すぐ利用することができます。

    https://techcrunch.com/2023/06/20/chrome-on-ios-to-get-built-in-lens-support-along-with-new-maps-and-calendar-integrations/

  20. buchikuma-info より:

    「ライフハッカー・ジャパン」の記事では、スマートフォンのデータプランの上限を超えてしまう原因として、データを大量消費するアプリがあることが挙げられています。この問題を解決するために、iPhoneやAndroidで「データを大量消費しているアプリ」を見つける方法が紹介されています。また、記事では、スマートフォンのデータプランの利用状況を把握することが重要であることも述べられています。

    https://www.lifehacker.jp/article/2306-how-to-see-which-apps-are-using-all-your-data/

  21. buchikuma-info より:

    この記事は、Android端末でWi-Fiの設定を簡単に共有する方法について紹介しています。QRコードを発行し、近くの人にシェアすることで、パスワードを入力する手間を省くことができます。また、本稿では、異なる端末での操作方法や、家族や友人などが新しく設定したWi-Fiに接続する方法についても解説しています。ITmedia Mobileは、アイティメディア株式会社の商標であり、関連記事は過去にも多数掲載されています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2306/10/news001.html

  22. buchikuma-info より:

    パナソニックと協和が共同開発したスマホアプリ「fracora美肌スキャン」が公開される。このアプリは、スマホのカメラを使って肌の状態を分析し、しわやたるみ、シミ、毛穴の状態などを評価することができる。また、アプリは7つの肌の状態をグラデーションで表現し、肌の状態を把握することができる。このアプリは、先端技術を活用して開発され、パナソニックと協和の研究所が持つ知見を融合している。また、アプリの利用者には、エイジングケアに役立つアドバイスや、美容液の推奨なども提供される。

    https://japan.cnet.com/article/35204746/

タイトルとURLをコピーしました