Amazon子育てサービスの「Baby registry」が面白い

スポンサーリンク
しろくまさん
しろくまさん

子どもの出産が間近、そんな時、あなたなら最初に何をしますか?

そう、AmazonのBaby Registryへの登録ですね。

雑な導入文で大変恐縮なのですが、これが実に面白いサービスなので共有しておきます。

スポンサーリンク

Baby Registryについて知っておくべきこと

まず、Baby RegistryはAmazonが顧客を掴むための施策です。ただ、Amazonは顧客にしっかりとサービスとして還元するので、Amazonプライムビデオを筆頭に、「このサービス安すぎね?」というものが多い。

この、Baby Registryは、「赤ちゃん生まれると色々大変だからめっちゃ割引するよ、だけどちゃんとAmazon利用してね。それと赤ちゃんの情報教えてね、適宜メールで欲しくなるような商品をお勧めするからさ」というトレードで成り立っています。

ぶちくま
ぶちくま

ややこしいけど、使わないと損だよ、っていう方のサービスです!

Baby Registryとは

Amazonがプレママ・プレパパ(これから親になる方)に向けたサービス。2006年、アメリカでサービス開始していましたが、2018年10月に日本でもサービス開始となりました。

Baby Registryでできること

  • Baby Registryのあなた専用ページとして「ほしい物リスト」を公開できる
  • リストを共有するメリット

「ほしい物リスト」が素敵な理由

Amazonの「ほしい物リスト」を利用されている方であれば想像するに容易いとは思いますが、おそらくリスト活用できているのは上級Amazonユーザーだけなのでちゃんと解説します。

  • リストを公開しておくことで、他の人があなたの「ほしいもの」を知ることができます。
  • 他のユーザーはリストから購入することで、リスト作成者に購入した商品が届けられます。
  • つまり、他の人があなたの欲しいものをプレゼントできる

新しいSNSのかたち

リストのメリットは、「ほしいもの」までソーシャル化して、色々な人との交流に使えるところですね。

センスがなくても最適なプレゼントができる

そもそも、感謝の気持ちやお祝いのためのプレゼントなのに「センス」を介在させることがナンセンスなのですが。

何れにせよ「相手が欲しいもの」を「他の人とかぶることなく」プレゼントすることができるって、それって私のような空気読めない人間には素敵なシステムです。

リストの公開レベルは選べる

ベビーレジストリの閲覧設定(こちらはいつでも変更できます)

公開:このベビーレジストリは誰でも閲覧・検索ができます

限定公開:リンクを知っているユーザーだけが、このベビーレジストリを見ることができます

非公開:このベビーレジストリを見ることができるのはあなただけです

こんな感じで、リンク先を誰に教えるか、で公開レベルを選ぶことができます。住所は公開する必要はありません

ほしい物リスト活用法

ブログなんかやってると、収益化の方法の一つとして、「ほしい物リスト」を公開している人が多いですね。この場合は、公開範囲が広いので、実際には、自分が利用しているSNSのプロフィール欄なんかにリンクを添えておくと、SNS側でプロフィールの公開範囲を設定すれば、より自由度の高いリスト活用ができそうですね!

スポンサーリンク

ベビーレジストリのサービス内容

登録は無料、それでいてこのサービスのボリューム、そして割引率!

登録は無料

サービスを利用する料金はかかりません。やることは登録だけです。ただ、本気でお得なのはプライム会員なので、プライム会員費の月額400円ばかしかかるもんだと思えば帳尻は合うと思う。

プライム会員から抜け出せなくなる3つの罠|ポイントとビデオが泥沼
Amazonのプライム会員はお得です。でもみんなにお得なわけではありません。プライム会員向けのサービスは私を廃人にしました。外に出なくてもほぼ全ての買い物がこなせる上に送料特典がつきます。家にいれば、プライムビデオが見放題で、雑誌も音楽も聞けます。 やめるタイミングがみつかりません。

コンプリート割引

  • 通常は5%割引
  • プライム会員なら10%割引!

コンプリート割引とは、ベビーレジストリから選んだベビー&マタニティ商品のご注文に対して適用される割引です。レジストリ作成者は5%(割引を適用する時点でAmazonプライム会員の場合は10%)の割引を受けることができます。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201936860

最大10%割引は激アツ

Prime Registryサービスのひとつであるコンプリート割引では、最大2回の買い物、または上限100,000万円の買い物までが割引適用となります。

これが、通常会員なら5%、プライム会員なら10%まで割引されます。つまり、上限値引きで1万円の割引になりますね!

割引を受ける条件

①ベビーレジストリに登録した出産予定日の60日前かつベビーレジストリが作成されてから14日以上経過した後

②ベビーレジストリーから20,000円以上の購入をする必要がある

ちなみに、割引を受けられるのはレジストリ作成者のみです。仮にパパのアカウントで登録してあれば、パパのアカウントで買い物をする必要があるということですね。共同作成者であるママのアカウントでうっかり購入しないように。

出産準備お試しBOXが欲しい

1番の見どころである謎の「出産準備お試しBOX」。予想通り試供品の詰め合わせではあるのですが、詳細について解説していきます。

中身は試供品レベルではある

試供品かよーっていうリアクションと、「あー助かる!」という反応に分かれるところですが。

ぶちくま
ぶちくま

私は試供品だからこそ嬉しい、というところですね。

試供品はWinWin

各社が「うちの商品を使って欲しい」というアメニティなので、特典の意図がわかりやすいんですよね。無駄に高いものが入っていると「このコストはどこで消費者から回収されているのか」とか余計なこと考えちゃいますもんね(そんな人いない)

試供品は「将来の無駄」を大幅にカット!

ミルクやオムツは、子供の体系や好みによって「全く使えない」か「ジャストフィット」のどちらかなので、ほんと、手当たり次第で買ってくしかないんですよね。これが、試供品が詰め合わせで送られてくるのは、「何が必要か」と「どれが合うのか」がわかるので、本当にオススメしたいです。

中身リスト(例)

  • オムツ
  • おしり拭き
  • ベビー綿棒
  • ベビー用の洗剤
  • ミルク
  • ママ用サプリメント
  • Amazon月齢カード

もらうための条件

①アマゾンプライム会員であること

②出産準備チェックリストからベビーレジストリに30個以上の商品を登録すること

③ベビーレジストリから700円以上(送料等は除きます)の商品を購入すること

スポンサーリンク

Amazon Baby Registryの登録方法

Baby Registryの登録ページ

まずは、登録ページへ移動します。

ログインも忘れずに。

Amazon Baby Registryの登録ページと登録方法の解説
登録ページはこんな感じです

登録情報の入力

  • 出産予定日などの情報を入力する
  • お届け先住所を選択する
  • 閲覧設定などの項目を確認する
  • ベビーレジストリを作成する!

こんな感じです。登録作業が面倒な場合は、AndroidやiPhoneのアドレス帳の設定をいじっておくと入力の手間が省けますよ。

スポンサーリンク

Registryに追加しておきたい商品

という名の、育児アイテム記事への誘導です。でも、本当にオススメなので、ぜひご覧ください。

ミルク用のケトルを探すなら

ミルクを作るのには、ウォーターサーバーを利用するのが一番簡単ですが、そんな金がない我が家は電気ケトルでごまかしました。

ミルクを作るために電気ケトルを選ぶ 安全性ならタイガー
赤ちゃんにミルクを作ってあげるため、速攻でお湯が沸かせて、かつ安全な電気ケトルを探してみました。ひとつだけ電気ケトルでつくるデメリットがありますのでそちらも。結論から言うと、タイガー製の「わく子さん」が一番安全で、しかもお買い得。なのに、一番人気は「T-fal」の調温機能のついた最新式。

スリングや抱っこ紐が欲しいなら

スリングならBetta

スリングは1歳くらいまで重宝する、簡易な抱っこ紐です。私は紐を結んだりするのが苦手なので、チャック式で簡単なBettaにしました!

新生児から使える人気のスリング「キャリーミーBetta」をレビュー
汎用性の高さで言えば、抱っこ紐よりスリングがお勧めです。スリング「ベッタ」は男性でも使用しやすいシンプル設計なので新生児の抱っこ紐としてお勧めできる商品です。難しい抱き方なども必要としないため、赤ちゃんが生まれてからすぐに使用でき、エルゴベビーと比べても安くて、赤ちゃんの眠りを妨げない必需品となりました。

抱っこ紐ならエルゴベビー

抱っこ紐という名の、子どもを背負うためのリュックサックみたいなやつです。

どちらがいいか悩んだら

ふたつとも買ってしまえばいい、という。二刀流した我が家のレビューです。

【スリングとエルゴベビー】二刀流したので抱っこ紐のお勧めをレビュー
スリングとエルゴ、二刀流で使い分けています。 結論からいえば、まずはスリングを買って子供の成長と家事と育児の割合によって、エルゴベビーなどの両手が開けられる抱っこ紐を検討することが最適解だと思う。それぞれメリットデメリットありますが、安全と使い勝手は反比例しており、どっちも買っとけばなんだかんだ使う。

ベビーチェア

ベビーチェアは、すぐにはいらない。なんだけど、必要な時には「買いに行く暇がない」という罠。

ロータイプのBumbo

バンボは離乳食初期の「お試し期間の利用」にとどまった理由
Bumboのレビューですが、「使用期限の短さに納得できれば」おすすめできるベビーソファです。ロータイプのベビーチェアはブースター(ダイニングチェアに固定)2Wayが主流となりつつありますが、離乳食用と割り切るのが大事。

ハイチェアのベビービョルン

離乳食が始まったらベビービョルンのハイチェアは必須
ベビー用のハイチェアとしてベビービョルンを選びましたが、レビュー不要なくらいにおすすめです。よって読む必要はない記事なのですが、とりあえず「転落する気配すらない」安心感は何ものにも変えられません。

ベビー食器

リッチェルのマグ

赤ちゃんのマグデビューはリッチェルにした理由【口コミとレビュー】
今回はストローマグのお勧めをご紹介します。 結論から言えば、我が家はリッチェルのトライシリーズからスパウトマグを選択しました。 理由はとにかく漏れないこと! 次点ではCombiのteteoがプレゼントにも最適でおすすめできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました