PR

Amazonのゲームプラットフォーム「Luna」が覇権、の可能性

スポンサーリンク

まずは概要だけさらっと埋めておきます。日本でも実装が決まれば情報を埋めていきます。

スポンサーリンク

2024年の「Amazon Luna」新着情報まとめ

Amazon Lunaについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

Amazon Lunaに関する新着ニュース

Amazon Lunaに関する新着ニュースをまとめています。

Amazon LunaがLGスマートTVで利用可能に

  • LGはAmazon LunaのクラウドベースのゲームストリーミングサービスをスマートTVに取り入れるためにAmazonと提携。
  • 2021年から2023年に発売されたwebOS 6.0以上を搭載するLGのスマートTVモデルでAmazon Lunaアプリが利用できるようになり、現在、米国、カナダ、ドイツ、英国で利用可能。
  • Amazon Prime会員は、Lunaアプリを通じて無料でタイトルを回転させてアクセスできるが、より多くのカタログにアクセスするには、Luna+サブスクリプションに$9.99が必要。
サブスクリプションとその内容
  • Luna+: $9.99で「Sonic Mania Plus」、「Resident Evil 2」、「Lego DC Super Villians」などのゲームにアクセス可能。
  • Ubisoft+ : $17.99で「Assassin’s Creed」や「Farcry」の異なるバージョンなどのタイトルにアクセス可能。
  • Jackboxゲーム: $4.99でマルチプレイヤーパーティーゲームのセットが解除される。
その他の情報
  • ユーザーはLunaコントローラ、Lunaフォンコントローラアプリ、または互換性のあるBluetoothベースのコントローラを使用してゲームをプレイできる。
  • 2022年3月に米国でローンチされたAmazon Lunaは、昨年8月にSamsung Smart TVsでアプリを利用可能にした。
  • 今年初めにAmazonはLunaから約50のタイトルを削除したが、現在、ゲームストリーミングサービスは、さまざまなチャンネルで提供されるゲームを含む、約177のタイトルを提供している。

Amazon「Fire TV」デバイス売上2億台突破、新製品と「Amazon Luna」拡大発表

  • Amazonの「Fire TV」関連製品の全世界売り上げが2億台を突破。
  • 新型「Fire TV Omni QLED」のサイズ追加や、より安価な「Fire TV 2 シリーズ」の発売が公表。
  • クラウドゲーミングサービス「Amazon Luna」の対応地域が、アメリカからイギリス、ドイツ、カナダへ拡大。
新製品詳細
  • 「Fire TV Omni QLED」は4K対応で、新たに43インチ、50インチ、55インチのサイズが追加。既存は65インチ、75インチ。QLEDディスプレイ、Dolby Vision IQ、HDR10+ Adaptive対応。
  • 「Fire TV 2 シリーズ」は、32インチ(HD)と40インチ(フルHD)の2サイズ。価格は199.99ドル(約2万6000円)から。
その他のアップデート情報
  • 「Fire TV」の販売地域がアメリカからイギリス、ドイツ、メキシコへ拡大。日本展開は未定。
  • 「アンビエント エクスペリエンス」機能追加により、スケジュールやメモなどが一目でわかるように。
  • 「ASHA」通信規格に対応、補聴器と接続可能。
Amazon VPのコメント
  • Amazonのエンターテインメントデバイス・サービス担当VP、ダニエル・ラウシュ氏:「全世界で2億台以上のストリーミングプレーヤーとスマートテレビの販売、テレビはFire TV事業で最も急速に成長している。」

Amazon「Luna」クラウドゲームサービス、米国で正式ローンチ

  • Amazonは2022年3月1日に、クラウドゲームサービス「Luna」の米国での正式サービスを開始。2020年9月に発表後、招待ユーザーを対象とした早期アクセスが提供されていた。
  • 「Luna」は、サーバーでのレンダリングを含むすべての処理を行い、ゲーム画面をストリーミングで配信。様々なデバイスやゲームパッド、Luna専用コントローラ、マウス+キーボードでの操作に対応。
  • サービスは“チャンネル”単位でゲームを提供。現在、6つのチャンネルが存在し、各チャンネルは特定のゲームジャンルや提供元に基づく。
ゲームチャンネルの詳細
  • 「Luna+」:人気ゲーム集合。月額9.99ドル。
  • 「Family」:家族向けゲーム。月額5.99ドル(3月31日まで特別価格5.99ドル)。
  • 「Retro」:クラシックゲーム集合。月額4.99ドル。
  • 「Ubisoft+」:Ubisoftのゲーム集合。月額17.99ドル。
  • 「Jackbox Games」:パーティーゲーム集合。月額4.99ドル。
  • 「Prime Gaming」:Primeメンバー向け、毎月入れ替わるゲーム提供。3月は「デビル メイ クライ 5」や「Observer: System Redux」などが無料でプレイ可能。
その他の特徴
  • LunaはAmazonのライブストリーミング配信プラットフォーム・Twitchと連携可能。
  • 米国外でのサービス展開は未定。

『エルシャダイ』、Amazon「Luna」で配信開始。しかし日本では利用不可

  • 『El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON』(エルシャダイ)がAmazonのクラウドゲームサービス「Luna」向けに配信されたが、Lunaが現在アメリカ専用のサービスであるため、日本では利用不可能。
  • 『エルシャダイ』は2011年にPS3、Xbox 360でリリースされたアクションゲーム。独特のビジュアルスタイルやユニークな操作方法で知られ、セリフの一部はインターネットミームとして広まった。特に「そんな装備で大丈夫か?」というセリフは「ネット流行語大賞2010」で年間大賞を受賞。
  • ゲームのディレクター、竹安佐和記氏は、オリジナル版のIP権利を取得し、2021年9月に自身の会社「crim」からPC(Steam)向けの完全移植版をリリース。10年の時を経ての復活は大きな話題となり、Steamの売上ランキングでも高評価を受けた。
追加情報
  • 『エルシャダイ』の特徴は、ステージごとに異なるビジュアルと、ボタンの入力によって動作が変わる操作システムである。

Amazon Lunaの新製品情報

Amazon Lunaの新製品情報についてまとめています。

「TrackMania」のコンソール/Amazon Luna版の発売日が決定

  • 2020年にPCでローンチされた「TrackMania」のコンソール版とAmazon Luna版が、2023年5月15日に海外でリリース予定。
  • PS5、PS4、Xbox Series X|S、Xbox One、Amazon Luna版は、クロスプレイ/クロスプログレッションに対応。
  • 新トレーラーも公開され、ゲームはキャンペーン、新たな塗装タイプ、トラックエディタ、デイリーなトラックローテーションなどの特色を持つ。
ゲームの特長
  • 「TrackMania」は、キャンペーンや新たな塗装タイプ、新ブロックを含むトラックエディタ、デイリートラックローテーションを特色としており、継続的なアップデートやシーズンコンテンツの提供、新要素の追加といったライブサービス系の取り組みが強化されている。
  • 一人でも友人とのレースで、メダル、トロフィー、プレステージスキンの解除や、ランクモード、60人対戦のロイヤルモードでのレースが楽しめる。
  • クロスプレイやクロスプラットフォームでの進行が可能。
  • 3ヶ月ごとの新キャンペーンや、プレイヤー作成のトラックでの「トラック/カップ・オブ・ザ・デイ」、コミュニティクラブの活動などが楽しめる。
  • トラックエディタやリプレイエディタを使用して、創造性を発揮できる。
注意点
  • 一部の機能は、ゲーム機版では利用できない。
スポンサーリンク

Amazon Lunaとは

AmazonLunaのイメージ

まずは、Amazon「Luna」の基本情報から。

どのようなサービスか

Lunaは、GoogleのStadiaやNVIDIAのGeForce NOWなどと同じく、クラウド上でゲームを処理し、ユーザーが所持するデバイスの性能に依存せずに遊べるサービスとなり、AWS(Amazon Web Services)のサーバーを使用する。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1279058.html

私は個人ブロガーなので、平気で他所様の記事を引用するのですが、ニュースサイトは端的に情報が取れるのでいいですね。

Lunaに関して特徴的なポイントとして、以下が大事。

  • クラウド型
  • マルチデバイス
  • AWS

この辺り、「ほー」と感心する方もいれば「さっぱり」中田もいると思うので、簡単に「Lunaが他のゲームプラットフォームより気になる」ところを書いていきます。

AmazonのAWSはすごい

マルチデバイスは、Apple Arcadeとの差別化で、Amazonとしてはデバイスを売りたいわけではないので、これも実にAmazonらしい選択肢の多様性が魅力的。言い換えれば、AndroidでもiPhoneでも、Amazonで安いPCやタブレットを買ってもプレイできるという敷居の低さがいいですね。

クラウド型はStadiaと一緒。ただ、特徴的なのが、ネット網として最強クラスのAWSを利用していること。

AWS(アマゾンのサーバーサービス)は様々なビジネスで利用されており、イメージするなら本社1箇所のサーバーではなく、各市町村にサーバーがある状態で、クラウド型の低遅延ゲームサーバーとして利用するなら最強クラスです。サーバーの過集中が抑えられることと、障害やデータの保存性に強いため、この点では他のゲームサービスを圧倒するプラットフォームであると言えます。

比較しべきはAzureとGCP

ちなみに、どれくらいのサービスレベルなのかと言えば、GAFAMの仲間たちでさあるGoogleの「Google Cloud Platform」やMicrosoftの「Azure」というサービスに比肩しています。

しろくま
しろくま

AWSはトップシェアで3割程度、歴史も長く定評があります。

かめ
かめ

ゲーマーなら、AWSの障害でゲームができなくなることがたまにあるけど、そのAWSってのが、このAmazonのサービスなわけです。

専用コントローラ Luna Controller

AmazonLunaの専用コントローラ

Amazonの強いところは、念のため自社製のLuna Controllerを発売するわけですけど、「別にこれが売れなくても、Amazonで買い物してくれればいいよ」という姿勢でできること。

ぶちくま
ぶちくま

とりあえず参入しやすい低価格帯のプロダクトだけをリリースして、サービス契約まで漕ぎつければ御の字、興味があってAmazonを覗いてくれるだけで利益が上がる仕組みがやばい。

しろくまさん
しろくまさん

コントローラの性能を見て、「やっぱり他のやつにしよう」でAmazonで高いコントローラが売れても利益になるわけだもんね。Amazon、恐るべし。

コントローラーがサーバーと直接データ通信する

ちなみに、このLunaコントローラーの凄いところは、ゲームのハード機にBluetootheで繋がるのではなく、WiFiで直接AWS(Lunaのゲームサーバー)に繋がるので、遅延が少なく感じられること。

ディスプレイと同じタイミングで通信していることになるので、デバイスを挟む必要がなく、より直感的なプレイが可能になるということですね。

ライトユーザー、ファミリーユーザーをターゲット

ターゲット層をAmazonが発表しているわけではありませんが、ターゲット層は「PS5」が欲しい人でもなく、スマホでソシャゲに夢中になる人でもなく、「Amazon Primeビデオを家族で見ている人」であることは明白です。

訴求するゲームがそもそも違うので、全く競合することなく、「ビデオもあらかたみたし、次何しようかな」の隙間時間に入り込めればいいのです。

子供がちょっとプレイしてみて、かつてはゲーマーだった親が「ちょっと貸してご覧」と言って一緒に夢中になれる、そんな時間や空間を意識したビジネスモデルなので、ニッチでありながら新規開拓により幅広いそうに普及する可能性だけは秘めています。

チャンネルでサービス拡充

Amazonプライムは、無料サービスの中に有料のビデオも入れて利益を上げています。無料の棚だけで陳列すると商品が少なく「自分の探しているものではない」と客は離れてしまいますが、有料のものを混ぜて棚を豪華にすることで、買うことはなくても客を引きつけて興味を持って手にする客は増えます。

これは、ユーザーが多様に楽しめる仕掛けとして働いている上に、他のサービス・コンテンツとの橋渡しにもなっているWinWinな提供方法。Amazonは最強の棚を作り上げて、多様なコンテンツをしまい込めるようにして客に提示できるし、客は「少しくらいのお金なら出してもいいか」と購入する機会は増えるし、コンテンツサーバーは自社の商品を手に取ってもらえるチャンスが増える。

Lunaでも同様に、まずはUbisoftという「アサシンクリード」などのゲームが遊べるチャンネルを用意する予定です。今後、Lunaに加わってもいいというディベロッパーやゲームサービスプロバイダーが加わることで、「無料としてある程度遊べながら、今話題のゲームはチャンネルを購入して必要な分だけ遊ぶ」ということが、映画やドラマをレンタルするような形で楽しめるようになります。

利用できる地域

現在は米国だけのサービスとなっています。月額利用料金は5.99ドルということです。

日本の対応は

未定です。日本のオタク文化は世界で花開いて逆輸入する必要が出てきました。

価格は日本では、競合するApple Arcadeが600円、GoogleのStadiaがプレミアム(Pro)プランで9.99ドルなので、ライトなユーザー層を狙うなら妥当な価格設定かと思います。

スポンサーリンク

Lunaのおすすめゲーム

これは、サービスが開始してから。今はまだ情報待ちです。

スポンサーリンク

似たようなサービス比較

早期招待ユーザーのサブスク料金は月額5.99ドル(約630円)。米Googleの「Stadia」は月額9.99ドル、米NVIDIAの「GeForece Now」は月額4.99ドル、米Microsoftの「Project xCloud」(プロジェクト名)は月額14.99ドルの「Xbox Game Pass Ultimate」のサービスの一部として提供する。Lunaのサブスク料金は、正式スタート時に改定する可能性がある。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/25/news059.html

価格帯は、どちらかと言えば低価格帯ですが、ゲーム習慣のない方には「定額でゲームするのもな」という抵抗感が生じるギリギリのラインで設定されています。

Stadia

まだ日本でのサービス提供には至っていない、Googleの定額・コンシューマ混在型のゲームプラットフォームです。デザインが良かっただけに、今は「失望期」にはいり、これからどのようなサービスに昇華されるかが注目されています。

Google Stadiaなどとの比較はこちらの記事をどうぞ。

Google StadiaとApple Arcadeの比較、ちょっとSONYも
結論、PlayStation Nowがお勧めなのですが、Apple ArcadeとGoogle Stadiaを取り入れた、これからのゲームのあり方が楽しみで仕方がない。サブスクゲーについての情報をお届けします。

Playstation Now

みんな大好きだったプレイステーション、これからPS5がリリースされるだけに「新しいハード機を使って、どのようなサービスに変化するか」が注目です。

Apple Arcade

iPhoneを軸にデバイス販売から、固定ユーザーに対するサービスの拡充を図り、Apple Arcadeを筆頭にApple MusicやTV+などがパックになったAppleOneをリリース。

Apple Arcadeのサービスについて

Apple Arcadeのサービスに関してはこちらの記事をどうぞ。

Ubisoft

こちらはパブリッシャーで、Playstation NowやStadiaなどにゲームを配信する側の会社。Lunaとの提携も発表されているので、今後の動向に注目。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「aws aws deadline cloud」に関する最新情報です。

    米Amazon Web Services(AWS)が、「AWS Deadline Cloud」というマネージドサービスを提供。VFXや2D/3Dの高速なレンダリングをクラウド上で数分で構築し、レンダリング時間に応じた従量課金制を採用。プロジェクト単位でコストを管理できる機能も備えており、ダッシュボードやセットアップウィザード、プラグインパッケージなどが提供される。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2404/05/news107.html

  2. buchikuma-info より:

    「aws cloud rendering」に関する最新情報です。

    Amazonは、AWSクラウドインフラストラクチャ上でグラフィックスとビジュアルエフェクトのレンダリングパイプラインを設定、展開、スケーリングする新しいサービス「Deadline Cloud」を発表しました。このサービスは、メディアおよびエンターテイメント業界向けであり、AWSのコンピューティングを使用して、TV番組、映画、広告、ビデオゲーム、デジタル設計図などのコンテンツをレンダリングできます。AWSは、クラウドベースのレンダリングを活用するためのツールへの需要増加を見込んでいます。

    https://techcrunch.com/2024/04/02/aws-unveils-new-service-for-cloud-based-rendering-projects/

  3. buchikuma-info より:

    「aws cloud rendering」に関する最新情報です。

    AWSは、クラウドベースのレンダリングプロジェクト向けの新しいサービス「Deadline Cloud」を発表しました。このサービスは、メディアやエンターテイメント業界向けに設計されており、AWSクラウドインフラストラクチャ上でグラフィックスやビジュアルエフェクトのレンダリングパイプラインを設定、展開、スケーリングすることができます。AWSは、メディア、エンターテイメント業界などでクラウドベースのレンダリングを支援するツールへの需要増加に賭けています。

    https://techcrunch.com/2024/04/02/aws-unveils-new-service-for-cloud-based-rendering-projects/

  4. buchikuma-info より:

    「aws could nvidia」に関する最新情報です。

    Nvidiaは、AWSの次になる可能性がある。両社の成長軌道には多くの類似点があり、AIがNvidiaにとって今後数年間恩恵をもたらす可能性がある。競合他社が台頭しても、Nvidiaは市場の大部分を支配しているため、一部を譲る余裕があるとされている。AIがNvidiaにとって今後も重要な要素であり、競合他社が出現しても市場の支配力を保っているという。

    https://techcrunch.com/2024/03/24/nvidia-could-be-primed-to-be-the-next-aws/

  5. buchikuma-info より:

    「レガシーシステム aws 向け」に関する最新情報です。

    富士通とAWSは、レガシーシステムのモダナイゼーションを加速するためのグローバルパートナーシップを拡大することで合意し、「Modernization Acceleration Joint Initiative」を2024年4月1日から開始する。両社は、DXの実現に向けて協力し、お客様がイノベーションや生産性向上、課題解決を行えるよう支援してきた。今回の取り組みでは、メインフレームデータから洞察を得られるよう支援することに焦点を当てている。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2403/19/news054.html

  6. buchikuma-info より:

    「apple nvidia apple vision」に関する最新情報です。

    NVIDIAはApple Vision Pro向けに、NVIDIA Omniverseで作成したデジタルツインを体験できるフレームワークを発表しました。これにより、開発者はAPI経由でApple Vision Proでデジタルツインを体験できるようになります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDMxOS0yOTA5MzY0L9IBAA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「モダナイゼーション 富士通 aws」に関する最新情報です。

    富士通とAWSは、レガシーシステムのモダナイゼーションを加速するためのグローバルパートナーシップを拡大する取り組みを開始する。この取り組みでは、お客様の基幹システムのアセスメントから移行、モダナイゼーションまでの支援を提供し、将来的にはAIや生成AIを活用したモダナイゼーションにも取り組む予定。両社の協力により、お客様のデジタルトランスフォーメーションを支援し、持続可能なビジネスに貢献することを目指す。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000271.000093942.html

  8. buchikuma-info より:

    「データ クラウド aws」に関する最新情報です。

    日立とAWSが協業し、オンプレミスに残る重要データもフルマネージドでクラウドデータ基盤へ移行する取り組みを強化。ミッションクリティカルなシステムのモダナイゼーションとクラウド移行を推進し、生成AIの活用を促進することで、企業のデータ統合や利活用ニーズに対応する。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2403/18/news079.html

  9. buchikuma-info より:

    「caveats azure microsoft」に関する最新情報です。

    AWSやGoogleに続き、MicrosoftもAzureのデータ転送料金を撤廃すると発表した。これにより、企業はAzureからデータを無料で転送できるが、一定の条件がある。これまでの100GBまでは無料で転送可能だったが、全てのデータを移動する場合には高額な費用がかかる可能性がある。今回の発表は、この点に一定の対応を行うものである。

    https://techcrunch.com/2024/03/14/after-aws-and-google-microsoft-says-its-removing-azure-egress-data-transfer-fees-but-with-caveats/

タイトルとURLをコピーしました