PR

ミルクを作るために電気ケトルを選ぶ 安全性ならタイガー

スポンサーリンク

ミルクをつくりたいあなたの前に、3つの道が並んでいます。

将来を左右する、ミルクの簡単な作り方

今回ご紹介するのは、一番お手軽でしかも安い、電気ケトルコースを選んだあなたのための記事になります。

スポンサーリンク

2024年の「電気ケトル」新着情報まとめ

電気ケトルについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

電気ケトルに関する新着ニュース

電気ケトルに関する新着ニュースをまとめています。

東京都警告:乳幼児による電気ケトル関連のやけど事故増加

2023年9月7日の、東京都による乳幼児の電気ケトル使用時の安全に関する注意呼びかけに関する情報をお届けします。

  • 東京消防庁のデータによると、過去5年間で85人の乳幼児が電気ケトルに関連するやけど事故で救急搬送されている。中には顔や胸などに大やけどを負ったケースも報告されています。
  • 東京都は事故調査を行い、乳幼児が電気ケトルを倒したり、高温の本体に触れたり、蒸気に顔や手を近づけるなどが主な事故原因であることを明らかにしています。
  • 乳幼児は熱湯などに触れた際の反応が遅れるため、やけどが広範囲に及ぶ恐れがある。東京都は電気ケトルの本体やコードを子どもの手が届かない、落下の恐れがない場所に置くよう呼びかけています。
事故予防のための安全対策
  • 電気ケトルを使用する際には、乳幼児が近づけないよう注意する。
  • 電気ケトルの本体や電源コードを子どもの手の届かない場所に保管する。
  • ケトル使用後は速やかに冷却し、乳幼児がアクセスできない場所に移動させる。

1​ 「東京都 乳幼児の電気ケトルでのやけどに注意呼びかけ」、2023年7月17日公表。

電気ケトルの新製品情報

電気ケトルの新製品情報についてまとめています。

新製品:「ディスプレイ ロック コントロール 0.8L KO8568JP」

新製品:「ディスプレイ ロック コントロール 0.8L KO8568JP」

2024年2月9日時点でのグループセブ ジャパンのティファール電気ケトル「ディスプレイ ロック コントロール 0.8L KO8568JP」について紹介します。

ディスプレイ ロック コントロール 0.8L KO8568JPの特徴
  • 現在の湯温を1℃単位で本体側面にデジタル表示
  • 温度設定可能(60/80/90/95/100℃の5段階)
  • 転倒してもお湯がこぼれにくい「転倒お湯漏れロック機能」搭載
  • 外側が熱くならない2重構造
  • 60分間の保温機能
  • 自動電源オフや空焚き防止などの安全機能装備
  • コンパクトな電源プレートで限られたキッチンスペースにも置きやすい
価格

15,000円(税込)

ディスプレイ ロック コントロール 0.8L KO8568JPのおすすめポイント
  • 温度が見やすく、設定温度でホットドリンクを楽しめる
  • 転倒してもお湯がこぼれにくく、熱湯による火傷の心配が少ない安全設計
  • キッチンの限られたスペースにもフィットするコンパクト設計
ディスプレイ ロック コントロール 0.8L KO8568JPの気になるところ、注意点
  • 容量が0.8Lとやや小さいため、大量のお湯が必要な場合は不向きかもしれない
ディスプレイ ロック コントロール 0.8L KO8568JPの購入時参考情報
  • 発売日:2024年2月
  • 価格:15,000円(税込)
  • 販売店舗:家電量販店、オンラインショップなど

新製品:「電気ケトル COVE」

2023年12月3日時点でのEPEIOS JAPANの「電気ケトル COVE」について紹介します。

「電気ケトル COVE」の特徴
  • 半円形の持ち手と洗練されたデザイン
  • 容量は0.75L
  • 「加熱モード」と「煮沸モード」搭載
  • 40℃から100℃まで1℃単位で温度調整可能
  • 最大24時間保温可能、最高保温温度は95℃
  • マグネット付きの蓋で注ぎやすい
  • 広い給水口で給水・手入れが簡単
  • 本体サイズ:20.6×13.6×26.5cm(幅×奥行き×高さ)
  • 消費電力は1,200W、電源コード長約1m
  • カラーバリエーション:ブラックとホワイト(ホワイトは限定販売)
価格

9,980円(税込、店頭予想価格)

「電気ケトル COVE」のおすすめポイント
  • 温度調整が1℃単位で可能なため、様々な飲み物に対応
  • インテリアになじむデザイン
  • 保温機能が充実しているため、いつでも好みの温度の飲み物を楽しめる
  • マグネット付き蓋と広い給水口で使いやすい
「電気ケトル COVE」の気になるところ、注意点
  • 本体サイズが大きめなので、置き場所に注意が必要
  • ホワイトモデルは限定販売のため、購入時の選択肢が限られる
「電気ケトル COVE」の購入時参考情報
  • 発売日:2023年11月20日
  • 販売店舗:公式サイト、公式楽天市場店(ホワイトモデル)
  • 専用コージー(ケトルカバー)も別売りで提供(価格1,980円、カラー:シャンパン、メイラード、インディアンブルー)
  • 購入者先着222名に専用コージーをプレゼントするキャンペーン実施(無くなり次第終了)

新製品:煮出し&温度調節ができる電気ティーポット

2023年9月19日時点でのサンコーの「煮出し&温度調節ができる電気ティーポット」について紹介します。

煮出し&温度調節ができる電気ティーポットの特徴
  • 容量は1.35Lで、茶こしをセットしてお茶を直接煮出すことができる。
  • 沸騰100℃、コーヒー95℃、スープ85℃、紅茶80℃、玉露60℃、ミルク40℃、保温80℃の7つのモードがある。
  • 40℃から100℃の範囲で好きな温度に設定可能。1~24時間後に設定したモードで動作する予約機能も備えている。
価格

5,980円(税込)

煮出し&温度調節ができる電気ティーポットのおすすめポイント
  • 7つの異なるモードで用途に応じた温度調節が可能。
  • 茶こし付きでお茶を直接煮出すことができるため、手軽にお茶を楽しめる。
煮出し&温度調節ができる電気ティーポットの気になるところ、注意点
  • 容量が1.35Lなので、大量にお茶や他の飲み物を作る場合は注意が必要。
  • 消費電力は約800Wなので、電気代に影響が出る可能性がある。
煮出し&温度調節ができる電気ティーポットの購入時参考情報
  • 販売日は2023年9月15日。
  • 本体サイズは約200×135×200mm、電源プレートのサイズは約170×220×40mm。重量は約950g。電源コード長は約100cm。茶こしとふたが付属する。

新製品:「ジャスティン ロック コントロール 1.2L」

2023年9月7日時点での「グループセブジャパン」の「ティファール ジャスティン ロック コントロール 1.2L」について紹介します。

「ジャスティン ロック コントロール 1.2L」の特徴
  • 8段階の温度設定(40、60、70、80、85、90、95、100度)と保温機能(60分間)を備えた1.2Lの大容量電気ケトル
  • 「転倒お湯漏れロック」機能と片手で取り外せるふたを搭載
  • ウルトラポリッシュ加工の内部底面、人間工学に基づいたハンドル、目盛り付きの窓など、利便性と安全性を考慮した設計
価格

13,800円(税込)

「ジャスティン ロック コントロール 1.2L」のおすすめポイント
  • 8段階の温度設定と60分間の保温機能を搭載しているため、使用シーンに応じて最適な温度でお湯を利用できる
  • 安全機能が充実しており、転倒時のお湯漏れ防止や空焚き防止機能を備えている
「ジャスティン ロック コントロール 1.2L」の気になるところ、注意点
  • 価格がやや高めである可能性があるため、予算に応じた選定が必要
  • 詳細な利用レビューがまだ不明であるため、購入前に最新の情報を確認すること
「ジャスティン ロック コントロール 1.2L」の購入時参考情報
  • 発売時期は2023年10月
  • 本体サイズ:W215×D243×H241mm、重さ:1.38kg、消費電力:1,250W、電源コードの長さ:約1.3m

直近の電気ケトルのセール情報

電気ケトルの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

スポンサーリンク

赤ちゃんにミルクを作るためのケトルとは

この記事では、「ミルクを速攻で作るために、格安でお手軽な方法」を提案します。

先に結論から言えば、電気ポットの大御所でもある「タイガー」の「わく子」さんが圧倒的にミルク作りには最適な答えだと私は思います。

しかし、当サイトのお勧めをみんな無視して、「温度調整機能付き」の「T-fal」の電気ケトルを買う方が圧倒的に多いことも、内緒でお伝えしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

高くても、赤ちゃんにはしっかりとした温度のものでミルクを作りたい方が多いのですね。

タイガーの「わく子」がミルク作りに最適な理由

これは、安全性がとても高い機種だからです。さすがメーカー品です。ネーミングセンスも一周回って、頭グラングランになったら秀逸に感じますよね。

とにかく安全なタイガー「わく子」
  • 蒸気が出ないので火傷しない
  • 倒れてもお湯がでない構造だから火傷しない
  • 外側に触れても火傷しない
ぶちくま
ぶちくま

うん、もうとにかく火傷しないね!

電気ケトルでミルクを作るデメリット

今日は、これだけ知ってもらえれば「ミルク作り」の心構えが変わると思います。

ぶちくま
ぶちくま

電気ケトルでミルクを作る最大のデメリットは「煮沸によるカルキ抜き効果がほとんどない」ということです。

沸騰してすぐに加熱を辞めてしまう電気ケトルでは、トリハロメタンという発がん性物質の水中の濃度が(少し)濃くなってしまいます。

このトリハロメタンは、やかんで煮沸した場合だと蒸発するのですが、電気ケトルだと蒸発するまでは加熱を続けないんですね。

詳しくは、こちらの記事で書きました。

有害物質の濃度をわずかに高めてしまうという点では、安全とは言い切れないのが電気ケトルでミルクをつくる欠点と言えそうです。

母乳派もいざという時は粉ミルクの準備を

ここで、ミルク派か、母乳派かを言い争うつもりはありません。母乳派であっても、妻の体調次第ではミルクをつくる必要があるのです。

よめくま
よめくま

男性は、乳牛くらいにおっぱいを絞ればミルクが出てくると思っている節があるけど、出ない時は出ないし、痛い時もあるし、普通に体調が悪くて抱っこできない時だってあるからね。

ぶちくま
ぶちくま

できる男である皆様は、よめくまに言われずともミルクを作る準備はしておきましょう。

免疫グロブリンはミルクでは与えられないから」云々など蘊蓄を語る場面ではないのです。ちなみに、母乳内はIgAだったと記憶しています。

ミルクは70度のお湯でつくるといい、っていうのは本当?

そもそもなんで電気ケトルがいるの?

ぶちくま
ぶちくま

水道の蛇口がひねればお湯が出るじゃないか。

私なんぞはそんなことを考えてしまうのだけど、ミルクは熱湯で溶かさねばならぬらしいのです。

本当に殺菌できるのか

その理由は第一に殺菌とのこと。

粉ミルクの中にも雑菌がいて、それが70度以上の熱湯にさらさないと不活化できない

でも、それってどこにでもいる菌なんだから、ミルクだけ殺菌しても、もっと身の回りの殺菌すべきものはそのままでええの? とか(偏屈な私は)思ってしまいますよね。

ミルクを飲むのはまだ体の防御機構が未熟なあかちゃんです。

粉ミルクをつくる場合は、最大の注意を払った方がいいんですよ。

ぶちくま
ぶちくま

とにかく70度以上のお湯で粉ミルクは溶かすべし。

もう、これは鉄則らしい。

ちなみに70℃でも足りないという意見も

あくまでも研究結果ではありますが、致死率の高い細菌が生き残ることもあるという論文もあります。

エンテロバクター・サカザキについての記事もこちらです。

粉ミルクって本当に70℃で殺菌できるの|細菌対策には熱湯、手洗い、掃除
エンテロバクター・サカザキ菌って知ってますか。致死率が50%近い上に併発する症状が致命的なものがおおくかつ神経系にも後遺症を残す恐ろしい菌です。70℃熱湯でも生き残るってことは意外と知られていない。

それなら、沸騰したお湯でもいいの?

ぐつぐつに煮立ったお湯でもいいそうです。

ちなみに、沸騰に近い温度だと、いくつかのビタミン系とラクトフェリンなどのアミノ酸系が破壊されるそうですが、これは栄養学的には問題ないとのこと。

殺菌目的なら100度で溶かしたほうがよさそうだけど、栄養素を保つなら、やはり70度くらいにしてから溶かしたほうがいいってことです。

しろくまさん
しろくまさん

……なかなか面倒ですね。

粉ミルクの作り方

そうなると、粉ミルクの製造過程は以下の通りになります。

  1. 水を煮沸
  2. 70度程度まで冷ます
  3. 70度の湯でミルクを溶かす
  4. 人肌程度(40度弱)までさらに冷ます
  5. 赤ちゃんに吸わせる
  6. 排気(げっぷ)させる
ぶちくま
ぶちくま

この工程が必要ってことですね!

さらには、下準備として哺乳瓶の消毒やらなにやらあるから大変です。

準備が面倒という点では、母乳の方がメリット大きいと感じる方も多そう。この辺りは旦那でもできるところなので積極的に手伝いましょう

ミルク作りの工程はこちらの記事で詳しく書いています。

本当に安全な粉ミルクの調乳方法と手抜きで最短・簡単レシピを比較
これでもかというくらいに安全なミルクの作り方と、これならまぁぎりぎり大丈夫かという簡単で手抜きな調乳方法をまとめました。わたしの経験で言えば、元気な赤ちゃんでお腹を壊していなければ多少手を抜いてもいいんじゃないかと思いますが、WHOガイドラ...

どうせ湯冷ましするなら、普通に速攻で湯を沸かす電気ケトルで

前説で書きました通り、ミルクを溶かすだけでもいろいろな工程が必要です。それなら、とりあえず欲しいときに湯を沸かす電気ケトルでいいんでないの?と思います。

昨今の魔法瓶というものは、ほとんど湯冷めしないといいますか、3~4時間たっても70℃くらいまでならキープできます。

電気ケトル・魔法瓶の保温力を利用する
  1. 電気ケトルで速攻お湯生成
  2. 煮沸した熱湯はとりあえず魔法瓶に投入
  3. 魔法瓶で程よくぬるくなったお湯でミルク作成
スポンサーリンク

調乳のための電気ケトルを選ぶ

電気ケトルを選ぶ上で重要な点は、以下の3点。

ミルク作りに求めるケトルの機能
  • 省エネであること
  • すぐに沸くこと
  • 安全であること

今回は特に「ミルク(調乳)用」ということもあるので、安全性についてもよく検討していきましょう!

温度調整機能は必要?

近年、お湯を沸かすことに特化していた電気ケトルに、温度調整機能が付きました。

ぶちくま
ぶちくま

赤ちゃんのミルクの調整に最適な70度設定もできるとのこと!

ただ、どこのメーカーも、「70度に沸かす(温める)」ことはできるのですが、「一度煮沸して、70度まで冷ます」ということができないんですよね。(出ました。後半で紹介します)

ミネラルウォーターなんぞであれば、基本的に殺菌処理されているので、このまま70度調整でいいのかもしれませんが、なんとなく煮沸しないとあかちゃんには心配だな、という気持ちがぶちくまにはあります。

というわけで、温度調整機能はあえては不要ということで。

温度調整機能ならティファールが一歩リード

ミネラルウォーターを温めるのであれば、2017年に、「ケトルといえばティファール」という、T-falから温度調整機能付きのケトルが出ています。

見た目はいわゆるティファールのケトルという感じですが、土台のところに温度表示盤がついています。

ボタンもシンプルで使い勝手は良さそうです。

ティファール アプレシア エージー・プラス コントロール

温度調整機能も使いたい、だけどどうしても水を煮沸しておきたい場合は、煮沸したお湯は作り置きしておいて、「70度で再度温める」という手もあります。

その場合は、雑菌消毒のための塩素まで飛んでいるから、雑菌が繁殖しやすい水だということは覚えておきましょう!
しろくまさん
しろくまさん

まぁ、そこまで「トリハロメタン対策のためのカルキ抜き」を気にしなくてもいいとも思っている。

電気ポットなら一度煮沸する

煮沸して70度で保温しておくなら、電気ポットのほうが使い勝手はいいです。

常時保温になるので電気代はかかりますが、一度煮沸したお湯が70度で保温されているので、夜中にいちいち温度調整しなくていいのは、おかあちゃん大助かりです。

ミルク用の電気ポットでお勧めは「とく子」さん

お勧め、といいますか、ぶちくまがほしいのは、タイガーのとく子さん、その名とは裏腹にクールなデザインのPIM-G220です。

魔法瓶構造なので、電源入れてなくても保温できるし、何より男心をくすぐる外観で、ボタン押したらブラックコーヒーくらいなら出てきそう。

安全性でおすすめのケトルは?

安全性でケトルを選ぶ際のポイントです。

「Tigerのわく子」が一番お勧め!

今回の選定基準としては、まずは安全

ぶちくま
ぶちくま

赤ちゃんがいる、ということなので、ついうっかり電気ケトルを倒してしまい、あかちゃん大やけど!

これが一番怖いし、意外とこういう事故が多いらしく、消費者庁から注意喚起がありました。

Vol.489 電気ケトル等の転倒によるやけど事故に注意!|消費者庁

安全面では、タイガーのわく子さんに適うものはありません

電気ケトル界は、今やT‐falが強力な地位を気づいておりますが、国内で唯一対抗できるのがタイガー。フランスの英雄ナポレオンに牙をむくのは一匹の和虎だったみたいです。

デザインは安っぽく見えるのが難点

T-falはプラスチックに抗菌加工しておりますが、わく子さんったら外側は若干プラスチッキーなんです。

しろくまさん
しろくまさん

だけど、中見たらすごいで、ステンレス加工やで。

ステンレスにフッ素加工してたほうが信頼度が高く感じるのは、ぶちくまだけでしょうか。

ぶちくま
ぶちくま

内空構造のため、外側に触っても熱くない。なにより転倒時に水がこぼれない(こぼれにくい)構造です。

上位機種には蒸気レス機能もついて湯沸かし中のやけど予防にも一役買っております。安全面ならわく子さん一択です。

タイガー わく子 PCH-G080
タイガー魔法瓶(TIGER)
¥6,980(2024/06/22 05:37時点)

たまたま、ページ更新で見直しているときに、Amazonで「定価で出品して割引率で買わせる商法」の影響で1万円超えてました。普段、5,000円もしないくらいです。(最新機種だと少し高めだけど1万円はしない)

ケトルの安全性をレビュー:タイガーわく子の場合

デザインは見ての通りやはり野暮ったい感じはありますね。ただ、買ってみてみると、安っぽいプラスチックではなく、やや光沢があって、一般家庭の普通に生活感があるくらいの家だったら問題なく使えます。

安全性はやはり一番安心できた

でも、スチームレスでポットを倒してもこぼれない機構は、安全性への配慮が高くて、子供がそばにいても安心して使えます。

容量は0.8Lで十分だしミルク用ならさらに小さいサイズでも

ケトルはやっぱり0.8Lも容量があれば十分ですね。ミルク用であれば600mlでいいな。

ミルクはせいぜい200mlくらいなので、すぐに沸かせられるこのくらいのサイズでいいみたいです。

2021年は沸騰後の温度調整も可能に

少し最近の話題も織り交ぜつつ。この記事が読まれたからか、全く関係ないのか、関係ないに決まっていますが、「沸騰してから設定温度で保温してくれる」電気ケトルが立て続けにリリースされています。

しろくまさん
しろくまさん

いや、これでも結構読まれてるんですよ。

siroca SK-D171

今、圧倒的にお勧めしたいミルク用電気ケトルが、こちらsirocaの温度調整電気ケトルです。

お洒落な雰囲気を出しつつ、何と1度ごとに温度調整が可能

赤ちゃんのミルクのために一度沸騰してから、設定温度で保温する「煮沸モード」を搭載しているので、コーヒーや紅茶の微調整から、ミルク作りにまで最適な温度を操作不要で実現してくれました、本当にありがとう。

ぶちくま
ぶちくま

予算の折り合いさえつけば、今年一番のおすすめと言えます!

アイリスオーヤマ ドリップケトル IKE-C600T

1度なんて微調整は必要ない、という方は、雰囲気は近く5℃ずつの温度調整が可能なアイリスオーヤマのドリップケトルがお勧め。

ラッセルホブズ Russell Hobbs 7106JP

Russell Hobbsの電気ケトルは温度調整可能なシックなデザイン、T Kettle
渋すぎるぜ

沸騰後にそのまま置いておけば、温度調整が可能なのでミルク作りにも使えます。7段階の温度調整が「少なく感じる」のはsirocaが頑張りすぎたからですが、文字盤も洗練されたものが欲しいなら、ラッセルホブズのケトルも検討してみて欲しいです。

2021年以前のベストセラー商品たち

最初にこの記事を投じたのは、2017年のこと。チョコチョコ手入れしているのですが、2021年を境に、ここからを旧製品とします。

ティファール ジャスティン プラス

まぁ、うっすら気づいてはいた。T-falのほうがおされ。ということもあり、いつ見たって電気ケトルのAmazonベストセラーに輝くのは、ティファールのジャスティンプラス。

しろくまさん
しろくまさん

値段も機能も電気ケトルとしてはちょうどいい。

ちなみに、タイガーはステンレス加工やで!と言っておりましたが、T-falも上位機種ではマイクロバン抗菌プラスチックなるものが採用されており清潔面にも力を入れております。

T-fal Justine +
ティファール(T-fal)
¥4,498(2024/06/22 11:09時点)

さて、この中からお好みのものを選ばなければいけない。悩ましいのぉ。とはいえ、あかちゃんのことを考えたら、安全面で一歩優勢なタイガーかな。

ミルク用には向かないもののバルミューダも紹介

絶対にミルクには向かないんだけどね。

もし、うっかり家電をバルミューダで揃えようと思った方、残念ながらバルミューダのケトルもあります。

まぁ、かっこいいよね。バルミューダの黒の家電のずっしり感はすごい。そしてネーミングも「The Pot」は自信の現れ。似たようなことを、バルミューダの「The Cleaner」でも書いたような気はする。

ダイソンじゃない、最高のスティッククリーナーを手に入れる旅
スティッククリーナーが根本的に必要なのかどうかを解説した上で、おすすめのクリーナーをピックアップしていきます。
スポンサーリンク

電気ケトルと一緒に用意すべきもの

ミルク・授乳に必要なものをまとめた記事もあるのですが、リンク踏むのは面倒だと思うので、こちらでも紹介します。

授乳・ミルク期に必要なものリスト【負担とストレス軽減にはお金をかけよ】
結論は「休養」と「夫のサポート」になった授乳・ミルク期に必要なものリストなのですが、これだけ読むと「なに媚び売ってんだ馬鹿野郎」と妻に怒られそう。ちゃんと説明すると、少しでも負担軽減になるグッズなら、使用期間は短くても買って損はないよという...

ミルクをつくために必要なもの

まずはミルク周りで必要なものを紹介していきます。

Pigeonの「母乳実感」240mlのプラスチック製がお勧め

お勧めはピジョンになります。「母乳実感」はシェアトップクラス。

悩まれやすいポイントとして「容量」「材質」があるかと思いますが、とりあえず、「240ml」「プラスチック」でミルク卒業まで使える。

]

あとは消毒セットも時短のためには用意しておいた方がいいです。

コンビの「除菌じょ〜ず」が電子レンジ適応してればお勧め

正直、哺乳瓶の除菌に関しては「魔除け」の意味合いが強いとは思ってる。

でも、いざ赤ちゃんがお腹壊したりした時に、母親は自分を責めるから、とりあえず消毒はしておこう。

よめくま
よめくま

ただの腹下りも赤ちゃんには一大事だからね!

そんなところで、「煮沸消毒=鍋で煮る」が一番シンプルだしほぼぶちくま家も半分はそれで乗り切りました。

でも、やっぱりお湯が沸くのを待つのは大変だし、一回は鍋に火をかけたまま忘れていて火事になりかけたことも!

結局「保管しておく場所」が必要になるので、一石二鳥のコンビの「除菌じょ〜ず」が
一番お勧めになります!

とにかく面倒が嫌であればミルトン→そのまま使用でもOK

一番楽なのは、ミルトン消毒ですね。

適当なケースに哺乳瓶入れて、ミルトン入れるだけ。

ミルトン消毒は医療現場の(汎用的な)消毒でも使われているくらいなので、除菌力は折り紙付きだし、使いやすさも魅力です。

ミルトンは、実は、すすぎも不要なんです。調乳したミルクと反応して無害な成分に分解されるんだとか。

すすぎは不要と思っていても、ついつい疑って、すすいでしまうのが母親なんだけども。

魔法瓶との合わせ技がかなり便利

というわけで、エアーポットという名の魔法瓶についてもまとめた記事があります。
お時間があればご覧ください。

お勧めのエアーポット(魔法瓶)でリラックスコーヒータイム
エアーポット(魔法瓶)で沸かしたお湯を保温しておくだけで節電になります。サーモス、オルゴ、パール金属からちょっとお高めalfiやアニマル可愛いヘリオスなどお勧めの魔法瓶をまとめてみました。

電気ケトル→魔法瓶で、沸かしたお湯を電気代を使わずに数時間ミルクにちょうどいい温度を保ってくれます。

寝る前に魔法瓶に入れておけば、寝室に魔法瓶をもっていけば、キッチンに行かずにミルクがつくれます。

やっぱり一番楽なのはウォーターサーバー

1年間ミルクを作り、ブログに最善策を提示し続けてきました。

ぶちくま
ぶちくま

結論としては一番楽なのはウォーターサーバーでした。

本当に安全な粉ミルクの調乳方法と手抜きで最短・簡単レシピを比較
これでもかというくらいに安全なミルクの作り方と、これならまぁぎりぎり大丈夫かという簡単で手抜きな調乳方法をまとめました。わたしの経験で言えば、元気な赤ちゃんでお腹を壊していなければ多少手を抜いてもいいんじゃないかと思いますが、WHOガイドラ...

私としては、月々のお金がかかることなので、「手放しにお勧め」まではしませんが、余計なストレスから開放されたいなら、期間限定でサーバー使うのはありかなと。

当サイトお勧めのまとめ

長い文章を読んでいただきありがとうございました。書く方はそれなりに楽しいのですが、読む方は大変ですよね。

最後に、このページで紹介したお勧めのケトルやアイテムなどをまとめておきますので、気に入った商品があったら、Amazonや楽天のレビューなども参考に使ってみてください。少しでもミルク作りが楽になり、電気ケトルの購入の決めてとなれば幸いです。

お勧め安全ケトルは「わく子」

お勧め温度調整ケトルは「siroca SK-D171」

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「変色 アボカド 電子レンジ」に関する最新情報です。

    アボカドの変色を防ぐ方法として、電子レンジを使用する裏ワザが紹介されています。アボカドを皮つきのまま半分に切り、500〜600Wの電子レンジで10〜20秒加熱することで、風味をつけずに変色を防止できるという内容です。この方法は、レモンやオイルを使う方法とは異なり、風味を損なうことなくアボカドを保存できる点が特徴です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6663b7d0e4b0bf0f8165a140

  2. buchikuma-info より:

    「10 10 沸騰 カルキ」に関する最新情報です。

    電気ケトル「温活ZEN」は、10分間沸騰させることでカルキを除去し、50~60℃の飲み頃温度にした本物の白湯を作ることができる。また、コーヒーやお茶、赤ちゃんのミルクなどさまざまな飲み物にも対応し、カルキを除去して美味しくまろやかなお湯を楽しむことができる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8va2FkZW4ud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU5MzE1OC5odG1s0gEA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「メタン 水田 水田 メタン」に関する最新情報です。

    兼松株式会社とGreen Carbon株式会社は、地球温暖化の解決に向けて、水田のメタン削減と環境配慮米の普及を目指し、連携協定書を締結しました。水田メタンの削減には中干し期間の延長が効果的であり、Green Carbonなどが農家と連携して取り組んでいます。Green Carbonはカーボンクレジットの創出から販売までサポートし、稲作コンソーシアムを通じて一連の手続きを代行しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000092359.html

  4. buchikuma-info より:

    「電子レンジ 解凍 頼れる」に関する最新情報です。

    AQUAの最新電子レンジ「四ツ星レンジ」は赤外線センサーと独自の解凍技術を搭載し、加熱ムラなしで一発で仕上がりが良くなる。従来品と比べて出力を4段階で変化させるため、加熱ムラがなく、食品のおいしさをキープしながら上手に解凍できる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vd29tYW4uZXhjaXRlLmNvLmpwL2FydGljbGUvbGlmZXN0eWxlL3JpZF9FMTcxMTA2MjU1ODExNy_SAQA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「キャンペーン クラス グラン」に関する最新情報です。

    2024年6月に1ヶ月間限定で、「グランクラス(飲料・軽食なし)」のJRE POINTアップグレード割引キャンペーンが実施されます。対象列車は一部の新幹線で、通常よりも2,000ポイント割引でアップグレード可能です。キャンペーン期間中、新幹線eチケットを申し込む際に「JRE POINT」を交換して利用できます。ただし、「グランクラス(飲料・軽食なし)」では専任アテンダントやサービスは提供されません。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000835.000017557.html

  6. buchikuma-info より:

    「電子レンジ メーカー 電子レンジ メーカー」に関する最新情報です。

    一人暮らし向け電子レンジの人気メーカーランキングが発表され、1位にはアイリスオーヤマが選ばれました。2位にはPanasonic、3位にはSHARPがランクインしています。アイリスオーヤマはリーズナブルな価格で多様な製品を提供しており、SHARPは高性能な電子レンジが人気です。Panasonicは家庭用から一人暮らし向けまで幅広い製品を展開しています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_661cb99de4b0f8e522db0e7b

  7. buchikuma-info より:

    「電子レンジ メーカー 電子レンジ メーカー」に関する最新情報です。

    一人暮らし向け電子レンジの人気メーカーランキングが発表され、1位にはアイリスオーヤマが選ばれた。2位にはPanasonic、3位にはSHARPがランクインした。アイリスオーヤマはリーズナブルな価格で多様な製品を提供しており、SHARPは高性能な電子レンジが人気とされている。Panasonicは家庭用から一人暮らし用まで幅広い製品を展開している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vd3d3Lmh1ZmZpbmd0b25wb3N0LmpwL2VudHJ5L3N0b3J5X2pwXzY2MWNiOTlkZTRiMGY4ZTUyMmRiMGU3YtIBAA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「発火 肉まん 電子レンジ」に関する最新情報です。

    電子レンジで食品を加熱する際、油分を含んだ食品は爆発的に発火する恐れがあるため注意が必要です。また、電子レンジの取扱いには注意が必要で、例えば肉まんやゆで卵を長時間加熱すると破裂や発火の危険性があることが報告されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_661752c1e4b011e99abcefa1

  9. buchikuma-info より:

    「ケトル 電気 電気 ケトル」に関する最新情報です。

    山善の電気ケトルを中心に、忙しい日常生活に便利な家電として電気ケトルの重要性が紹介されています。記事では、1Lの水を迅速に沸かせる高出力の電気ケトルや、温度調節や保温機能が付いたおしゃれなデザインの電気ケトルなど、3つのおすすめ商品が紹介されています。それぞれの商品の特徴や使い方について詳しく解説されており、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができる内容となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vbGltby5tZWRpYS9hcnRpY2xlcy8tLzU1OTYw0gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「設置 電子レンジ 場所」に関する最新情報です。

    電子レンジの設置場所を選ぶ際の注意点について、Panasonic公式サイトが安全性や水や火の影響を避けることを強調している。キッチン内には適さないスペースもあり、設置には注意が必要とされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiGWh0dHBzOi8vZ3JhcGVlLmpwLzE1ODI3NDHSAQA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「電子レンジ 電気代 電子レンジ 電気代」に関する最新情報です。

    電子レンジの電気代は、2分の加熱で約1.2円かかり、他の調理方法よりも節電効果がある。一般的な電子レンジの消費電力は500~600Wであり、省エネ効果がある。電子レンジを使用する際は、加熱時間を短くすることがポイントであり、下ごしらえや調理工程を電子レンジで行うことで光熱費を節約できる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vbmV3cy5hbGxhYm91dC5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9vLzc2MjM3L9IBAA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「パン レシピ レンジ」に関する最新情報です。

    パンの耳を使った簡単な食パンレシピが紹介されているウェブサイトの記事です。レンジだけで作れるおやつやパン耳レシピ、プリンパンの作り方などが紹介されており、見た目もかわいく記念日に活躍する内容となっています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65d7676ee4b0e4346d51a894

  13. buchikuma-info より:

    「ケトル 電気 電気 ケトル」に関する最新情報です。

    バルミューダは電気ケトル「BALMUDA The Pot」の新色シルバーを発表し、4月1日から予約を受け付け、5月10日に発売することを発表した。新色はマットなシルバーを基調とし、ハンドル部分にグレーを取り入れたアクセントが特徴で、従来のブラックとホワイトもロゴの色を刷新した。価格は14,960円で、容量は0.6Lで全3色のラインナップとなっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDMxNC0yOTA2MDE1L9IBAA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「プラスチック 分解 分解 プラスチック」に関する最新情報です。

    株式会社AndTechが3月28日に「生分解プラスチックの基礎、利用動向と開発事例」Zoomセミナーを開催する。講師は環境・バイオ・プラスチックリサーチ代表の位地正年氏。セミナーでは生分解性プラスチックの基礎から利用動向、開発事例まで幅広い知識が提供される。参加費は39,600円で、Zoomを使用したライブ配信形式となる。AndTechは研究開発支援サービスを提供し、幅広い分野のR&Dを支援している。セミナーの主旨は、プラスチックの環境問題から生分解性プラスチックへの関心が高まっており、関係者に広範な知識を提供すること。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000667.000080053.html

  15. buchikuma-info より:

    「comfee 新生活 電子レンジ」に関する最新情報です。

    2024年新生活祭を応援するCOMFEE’の電子レンジ特集が開催されており、17Lターンテーブル式電子レンジや23Lフラット式電子レンジが紹介されています。これらの電子レンジは使いやすく、機能性が高く、新生活にピッタリです。COMFEE’はMideaの旗艦ブランドで、イタリアで高いシェア率を誇る家電ブランドです。洗練されたデザインと使いやすさが特徴で、日本でも人気を集めています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000115454.html

  16. buchikuma-info より:

    「土鍋 蒸し器 土鍋 電子レンジ」に関する最新情報です。

    小泉成器株式会社が新たに『土鍋付き電子レンジ(KRD-183D/K)』を発売する。この製品は専用土鍋と蒸し器が付属し、豊富な自動メニューを備えており、毎日の調理をサポートする。蒸し器はアルミの特性を利用して食材に水分を残したまま蒸し料理ができる。また、高周波出力で素早く調理が可能であり、庫内も広々としている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000133.000016333.html

  17. buchikuma-info より:

    「チョコ 作る レシピ」に関する最新情報です。

    この記事は、バレンタインやクリスマスなどの記念日に活躍する簡単なチョコレートのレシピを紹介しています。その中には、チョコから虹を出す方法や、レンジで作る食パンの耳のおやつ、松ぼっくりの形をしたいちごスイーツ、本物の植木鉢のように見えるチョコレートなどがあります。これらのレシピは、見た目もかわいく、作り方も簡単なので、ぜひ試してみてください。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65c3644fe4b069b665dd6d33

  18. buchikuma-info より:

    「電子レンジ バッグ makuake」に関する最新情報です。

    CESで最優秀賞を受賞した2WAY電子レンジバッグ「WILLCOOK PACKABLE」が登場し、Makuakeにて先行販売が行われています。このバッグは特許技術を用いて発熱する布を使用し、外出先でも20分でレトルト食品を温めることができます。さらに、防災対策としても活用できるバッグで、日常の利用だけでなく、登山や旅行にも適しています。バッグは大容量であり、コンパクトに収納することも可能です。肩ベルトを収納すればトートバッグとしても使用できます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000111445.html

  19. buchikuma-info より:

    「こぼれ こぼれ 電気 ケトル」に関する最新情報です。

    グループセブ ジャパンは、ティファールの電気ケトル「ディスプレイ ロック コントロール 0.8L KO8568JP」を2月に発売する。この電気ケトルは、倒れてもお湯がこぼれにくく、湯温も見やすい特徴がある。容量は0.8Lで、コンパクトな電源プレートを採用しているため、キッチンスペースに置きやすい。湯沸かし温度の調節も可能で、設定温度は60/80/90/95/100℃の5段階。また、保温機能もあり、保温中の温度も本体に表示される。さらに、転倒時のお湯漏れを防ぐ「転倒お湯漏れロック機能」や、外側が熱くならない2重構造を採用しており、安全性も考慮されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8va2FkZW4ud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2NzAzNS5odG1s0gEA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「そば レシピ そば 普通」に関する最新情報です。

    この記事は、そばを美味しくするためのレシピや裏技について紹介しています。まず、そばを茹でる際にサラダ油を入れると、そばの表面がコーティングされて喉ごしも良くなり、そば同士がくっつきにくくなる効果があると言われています。また、おそばにラー油を入れることも絶品の味になると紹介されています。この記事では、そばを美味しくするためのアレンジレシピや裏技が紹介されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65b23138e4b04d89950fff8a

  21. buchikuma-info より:

    「ケトル 電気 電気 ケトル」に関する最新情報です。

    「電気ケトル」は、手軽にお湯を沸かせる便利なアイテムです。温度調整ができたり、おしゃれなデザインのものもあります。今回のランキングでは、1位はヒロ・コーポレーションのコードレス電気ケトルでした。また、3位にはタイガー魔法瓶のわく子0.8Lホワイト、2位にはT-falのパフォーマ電気ケトルがランクインしています。これらの電気ケトルは、忙しい朝や休憩時に便利で、お湯を約60秒で沸かすことができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vbmxhYi5pdG1lZGlhLmNvLmpwL3Jlc2VhcmNoL2FydGljbGVzLzIyMTgzNjAv0gE5aHR0cHM6Ly9ubGFiLml0bWVkaWEuY28uanAvcmVzZWFyY2gvYXJ0aWNsZXMvMjIxODM2MC9hbXAv?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「汚れ スルン 電子レンジ」に関する最新情報です。

    2023年に公開された記事では、電子レンジの汚れを簡単に落とす方法が紹介されています。この方法は「スルン」というアイテムを使用することで、苦労なく汚れを落とすことができるとされています。具体的な手順としては、まずマグカップを電子レンジ内に入れて蒸気を発生させ、汚れをふやかします。その後、電源を切り、柔らかい布で底面や側面、天井などの汚れを拭き取ります。さらに、回転トレイを外し、食器用洗剤と柔らかいスポンジで洗い、日頃の手入れを行います。この方法を使えば、電子レンジの汚れを簡単に落とすことができます。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_658a2dc7e4b0fe4ffe341a11

  23. buchikuma-info より:

    「茶碗蒸し 電子レンジ 茶碗蒸し 電子レンジ」に関する最新情報です。

    2023年に話題となった「茶碗蒸し」のレシピが紹介されています。このレシピでは、電子レンジを使って簡単に茶碗蒸しを作ることができます。材料は卵、鶏むね肉、生しいたけ、三つ葉、かつお昆布などで、作り方も詳しく説明されています。茶碗蒸しの仕上がりはなめらかで美味しいと評判です。また、蒸し器がなくても電子レンジで作れるので、手軽に自宅で楽しむことができます。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_657fc962e4b08e9b410af5da

  24. buchikuma-info より:

    「電子レンジ ほうれん草 大根」に関する最新情報です。

    この記事は、電子レンジを使った料理の下処理方法について紹介しています。具体的には、ほうれん草や大根の下処理を電子レンジで手早く行う方法が紹介されています。ほうれん草は洗って濡らした後、クッキングペーパーで包んで電子レンジで加熱することで、簡単にゆでることができます。大根も同様に、厚さ4cmの輪切りにして濡らしたクッキングペーパーで包んで電子レンジで加熱することで、下ゆでをすることができます。また、油揚げの油抜きも電子レンジで行うことができます。この方法を使えば、料理の下処理を短時間で済ませることができます。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65644af5e4b05f498ba0fc6d

  25. buchikuma-info より:

    「紅茶 2023 販売」に関する最新情報です。

    セブンイレブンは、2023年冬にセブンカフェでセルフ式の紅茶「セブンティー(7TEA)」の試験販売を開始する予定です。紅茶は店内で淹れたてのものを楽しむことができ、アイスとホットの両方で展開されます。2023年11月末までに約1000店舗で販売される予定で、口コミでも大人気です。今後の展開に期待が高まっています。

    https://puchipurabu.com/sebun-blacktea/

  26. buchikuma-info より:

    「汚れ スルン 電子レンジ」に関する最新情報です。

    「電子レンジ」の汚れを簡単に落とす方法が紹介されているウェブサイトの分析データを利用して、要約を作成します。

    この記事では、電子レンジの汚れを簡単に落とす方法が紹介されています。具体的な手順は以下の通りです。

    1. マグカップを使用して汚れをふやかす:電子レンジの庫内にマグカップを入れ、蒸気が出るまで温めます。これにより、汚れがふやけて落ちやすくなります。

    2. 柔らかい布で汚れを拭き取る:電源を切り、プラグを抜いた後、底面、側面、天井などの汚れを柔らかい布で拭き取ります。この方法で簡単に汚れが落ちることがあります。

    3. 回転トレイを外して洗う:回転トレイを外し、食器用洗剤と柔らかいスポンジで洗います。日頃から手入れをすることで、汚れを予防することができます。

    この方法を使えば、電子レンジの汚れを簡単に落とすことができます。この記事は、ライオンが運営するLideaの公式インスタグラムで紹介されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_655c0824e4b0c0333bed38aa

  27. buchikuma-info より:

    「機能 蒸気 ケトル」に関する最新情報です。

    シロカ株式会社は、蒸気セーブ機能や転倒時湯もれ防止機能を備えた安全な電気ケトルを新発売しました。この電気ケトルは、蒸気の量を抑えて安全に使用することができ、万が一転倒しても湯もれを防止する機能があります。また、取り外し可能なフタや内部の洗いやすさなど、安全性に配慮した設計も特徴です。この新製品は便利なキッチン家電として市場に投入され、想定価格や販売店などの詳細はまだ発表されていません。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000174.000041147.html

  28. 田中 より:

    ぶちくまさんは、どのメーカーも電気ポットでは沸騰させずに70度の保温と紹介されていますが、タイガーのホームページには、一旦沸騰させて70度に保温と掲載されています。

    • ぶちくま ぶちくま より:

      田中様 コメントありがとうございます! すいません、当記事では温度調整に関しては電気ケトルのみについて言及したつもりでしたが、誤解を招く表現でした。また、添付いただいたURLも大変参考になりました。電気ケトルはそもそもの存在意義が「シンプルに早くお湯を沸かすこと」なので、電気ポットのような「カルキ抜き」のような機能性は求められていないんでしょうね。ケトルは機能面ではなく、デザイン方面にベクトルが向いているのか、海外製も含めて興味をそそるたくさんのものがあります。日々精進して記事を更新してまいります。

      • 田中 より:

        ご丁寧にお返事ありがとうございます。私の読み違えで失礼しました。
        ブログの記事は、調乳のポット選びに参考にさせて頂きました。
        ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました