Amazon Music Primeが改悪、プライム会員のメリットが希薄に

スポンサーリンク

私は数年前はAmazonプライム会員でAmazonのポイントを貯めることに精を出していました。

しろくま
しろくま

Amazonでものを買ってはレビューして、レビューすればAmazonギフト券が貰えてまたレビューできる商品を買うというループ。

ただ、私がAmazonのプライム会員を辞めたのは、Amazonプライム会員のサービスの幅が広がりすぎて「Appleのエコシステムにまで侵食してきた」からです。

しろくま
しろくま

プライムミュージックなんかほとんど利用しないのに、有料のAppleMusicを契約しているのもなぁ。

プライムミュージックでは聴きたい音楽が聴けなかったので、結局、アマゾンを辞めて楽天経済圏に移行して生活するようになりました。

しかし、時を経て、プライムミュージックの適応楽曲数が大幅に改善され、改めて「プライムミュージックは案外お得なんじゃないか」と感じています。

しろくま
しろくま

楽天経済圏はポイントを貯めやすいし、Appleのサービスともバッティングしないので今でも困っていないのですが、最近、楽天が傾いてきている感じがするのでアマゾンに戻ることを考えています。

このページでは、プライムミュージック(Prime Music)についての情報をまとめつつ、私だったら「ここまで利用するならプライム会員」「これくらいなら加入しない方がお得」という線引きをしていこうと思います。

3行でわかる「プライムミュージック(Prime Music)」
  • 仕様の改変で「好きな音楽は選んで聞けない」音楽サービスに
  • 価格と提供楽曲数に関しては業界随一
  • 無料でも使えるSpotifyの方がいいとは思う
スポンサーリンク

「プライムミュージック(Prime Music)」の概要

まずは、簡単に「プライムミュージック(Prime Music)」について解説していこうと思います。

「プライムミュージック(Prime Music)」とは

プライムミュージックはお得?、Amazonプライム会員特典

「プライムミュージック(Prime Music)」とは、プライム会員特典の楽曲制限付きAmazon Musicです。

この項目では、プライムミュージックは「プライム会員」になってでも利用すべきサービスかどうかを簡単に説明していきます。

「プライムミュージック」はどんなサービス?

「プライムミュージック」は、プライム会員の特権のひとつでAmazon Musicで配信されている楽曲の一部(1億曲)やポッドキャストなどの音声配信を楽しむことができるサービスです。

Amazon Musicでは、プライム会員様に広告なしの1億曲の楽曲、広告のない人気のポッドキャスト、数多くの人気プレイリストやステーションを、追加料金なしでご利用いただけます。

プライム会員特典のAmazon Musicとは何ですか?
具体的にAmazon MusicとPrime Musicは何が違うのか

一応、比較表は載せておきますが、プライムプランでも「自分の音楽を、自分の聴きたい時に」という使い方はできません。

音楽が好きなら致命的ですが、最近はYouTubeなんかでも音楽は聴けますし、「耳が寂しいから何か音楽をかけておく」くらいの使い方であれば十分なサービスだといえます。

機能Amazon Music FreeAmazon Music PrimeAmazon Music Unlimited
Amazonプライム会員登録の要否不要はい不可
利用可能なタイトル音楽、ポッドキャストなど豊富な楽曲をシャッフル再生、曲を選んで厳選プレイリストを再生、オフライン再生広告なし。 SD、HD、Ultra HD、および空間オーディオ(Spatial Audio) オフライン再生 スキップ制限なし
ステーションはい
HD不要いいえ
Ultra HD不要いいえはい
空間オーディオ(Spatial Audio)いいえいいえ
広告なし、聴き放題不要はい
対応端末対応するEcho端末 種類豊富なAlexa搭載デバイス iOSデバイス Android端末 Fire TV端末 Fireタブレット ウェブ版Amazon MusicAmazon Music対応のすべての端末。
Amazon Music対応のすべての端末
ストリーミングの制限一度に1台の端末一度に1台の端末Amazon Music Unlimited個人プラン: 一度に1台の端末。 Amazon Music Unlimitedファミリープラン: 一度に6台の端末。
Alexaの操作はい
オフライン再生不要はい(曲を選んで再生できる厳選プレイリストのみ)Amazon Music Unlimitedファミリープラン: 可 Amazon Music Unlimited個人プラン: 可
ポッドキャストはい
ライブ機能はい

「プライムミュージック(Prime Music)」に必要な料金

プライムミュージックはプライム特典なので、必要な料金はプライム会員費だけとなります。

価格

 

プライム会員の入会費用は2023/01/14時点で、年間プラン4,900円(税込)または月間プラン500円(税込)となっています。

プライム会員を無料体験したいと考えている場合は、ワンクリックで登録される可能性があります。

とはいえ、登録後すぐにキャンセルしても無料体験期間は利用できます。何も操作をしないと有料会員期間に自動で移行してしまうので注意しましょう。

どれくらい利用するとお得?

プライムミュージックの価値を査定する場合は、まずはAmazon Musicの有料プランと比較してみるといいかと思います。

前述の通り、プライムミュージックとAmazon Musicの有料プランは、楽曲の再生方法(ランダムやスキップ制限)や楽曲の音質などが異なります。

有料プランが月額980円(プライム会員なら880円に割引)と考えると、プライム会員との差額は500円程度。

仮に、音楽を聴くことを目的としてプライム会員になるという方がいるとすれば、「どのくらい音楽が聴きたいか」と「そのためにどれくらいのお金を払うことが妥当か」を自己分析する必要があるでしょう。

音楽視聴を目的とするなら、Amazon Musicのプライムプランでは物足りなく感じるでしょうし、物足りないサービスに対してプライム会員費の500円を捻出するというのはいささかもったいない話だと思います。

ただ、プライム会員に関しては、プライムビデオや送料無料サービスが特典としてつくので、プライムミュージックに関しては「聞き流し」くらいの利用方法が無難だと思います。

そう考えると、例えば「勉強中に音楽を」と考えて、YouTubeなんかを流せば広告の差し込みで集中力が途切れたりするところが、プライムミュージックなら適度に厳選されたプレイリスト内での再生ができるので「用途に見合った」使い方ができます。

しろくま
しろくま

YouTube再生して勉強なんかできないからな、それは勉強じゃない、参考書を開くという作業をしているだけだ。そんな退屈な作業が、YouTubeの魅力に勝てるはずがない。

と、思いついたことをペラペラ喋ってみましたが、プライムミュージックに500円の価値はないのですし、音楽聴くならもう500円出してAppleMusicなどの定額サービスを利用した方がいいです。

2023年のAppleMusicの対抗馬を探る
YouTube MusicとAmazon Musicが「動画」「高音質」「別サービスとの融合」などを果たす中で、AppleMusicは選ぶべきなのか、という情報を拾っているときにロスレス・空間オーディオ配信ニュースが飛び出し抜け出した感ある。

でも、プライム特典として考えて、「ちょっとスマホやEchoで再生」するコンテンツとしてはすごく優秀です。プライム会員で使っていなかった、なんて方には一度は使ってみてもらいたい。

「プライムミュージック(Prime Music)」の利用条件

加入条件は以下の通りです。

  • 対象となるプライム会員であること
    • Amazonプライム会員
    • Amazonプライム体験期間
    • Amazon Prime Studentの年会員
    • 6か月間のPrime Student体験期間

また、再生方法や楽曲配信の利用に関してはいくつか制限があります。

Amazon Musicのプライム会員特典は、以下のデバイスで利用できます。

  • Amazon Musicウェブプレーヤー
  • モバイルおよびデスクトップアプリ
  • Echo
  • Fire TV(楽曲のみでポッドキャストは再生不可)

オフライン再生を利用できるのは、曲を選んで再生できる厳選プレイリストのみです。

正直、「結局、何が再生できるのか」というところは、実際にプライムミュージックで確認してみてください。

「プライムミュージック(Prime Music)」を利用するメリット

プライムミュージックのメリット、Amazonプライム会員特典

「プライムミュージック(Prime Music)」を利用するメリットは以下の通り。

  • 広告なしで適度に「聞き流し」ができる
  • プライム会員であれば、実質無料(プライム会員は有料)
  • 提供楽曲数は1億曲

後述しますが、もともとプライムミュージックで再生可能な楽曲数は200万曲くらいでした。

これが2022年11月に仕様を変更し、楽曲制限はなくなってAmazon Musicで提供される音楽が楽しめるようになった一方で、スキップ制限ありのシャッフル再生に限定されて、「好きな曲に辿り着くことはほぼ無理」というサービスに変更されました。

これをメリットに転換させると、「音楽を選ぶ必要がない」とも言えます。強引ですが。

ただ、実際問題、音楽を選べる時でもシャッフル再生ばっかりしていることに気付かされる時はあります。

そう考えると、どうしても聴きたい音楽はYouTubeなどで聞いたり、繰り返し聴くなら購入したりして、ちょっと音楽を流しておきたいくらいであればプライムミュージックくらいがちょうどいい、という方もいると思います。

しろくま
しろくま

とはいえ、自分の聴きたくない音楽にも時間を割かないといけないのって、カフェのBGMならまだしも、通勤通学でモチベ上げたい時なんかは致命的よね。

「プライムミュージック(Prime Music)」のやばいところ・注意点

プライムミュージックの欠点、Amazonプライム会員特典

Amazonはワンクリックで巧妙にプライム会員に引き摺り込むことで有名。プライム会員になっていると、他のサービスでも「いつの間にか追加料金が発生している」ということがあります。

「プライムミュージック(Prime Music)」を利用する際に失敗しないように、「これはやばい」ということや気をつけておきたい注意点を簡単に説明します。

  • 特定の楽曲のカラオケ練習、楽曲練習はできない
  • 仕様変更で、好きな曲はほぼ再生できなくなる
  • 有料プラン「Unlimited」への導線がエグい

改悪されたポイントおさらい

Amazon Music Primeは2022年11月に大きな仕様変更がありました。

  • 楽曲数が200万曲→1億曲へ
  • オンデマンド再生(聴きたい曲が聞けた)→シャッフル再生

対象曲が増えた分、シャッフル再生になったので「聴きたい曲を、聴きたいときに」という使い方から、「聞き流し」方面へシフトした形になります。元々聞き流し程度の配信数だったので、対象楽曲が増えた分はサービス拡充だとも言えますが。

かめ
かめ

簡単に言えば、聴きたい音楽の手札は増えたけど、その手札を宝くじに混ぜられて「偶然聞けたらラッキー」みたいな仕様になりましたね。当たりくじは増えたとも言えるけど、その確率よ。

ただ、不満を感じる方も多く、「改悪」だと評価されている方も見受けられます。

しろくま
しろくま

評判を見ると、どちらかといえば「仕様変更に戸惑う」声と、Amazon側の説明不足とエラー対応でごちゃついている、ってのが多そう。

バグ・エラー対応
しろくま
しろくま

アンリミテッド会員でも再生できない不具合があったとのこと。バグは仕方がないにせよ、サービス変更後に有料会員が不具合に巻き込まれたら、バグ修正までは返金対応でもいいような気はするけど。

しろくま
しろくま

この「購入したものもシャッフル」は、入り口をAmazon Music Primeにしちゃうとよくないみたいで、「購入楽曲」からソートすれば回避できるみたいだけど、仕様がぐちゃぐちゃよね。

仕様変更への不満

部分的にはナーフ(弱体化)されているので、そこに魅力を感じていた方からすれば不満を言いたくなるのも当然ですね。よくなっている部分もあるので、喜んでいる方もいるとは思います。

使いづらくなっている
しろくま
しろくま

これはちょっと笑ってしまったけど、確かにそうなんだよな、自分の習慣を勝手に変更されたら怒るのよ。

値段相応と受容

私はAppleMusic課金族なので「お金がかかるのは仕方がないよな」とは思うんだけど、この「プライム会員特典」ってのをどう評価するかなんだろうな。

おまけなのか、プライムミュージックへの課金がプライム会員費用に含まれているのか、みたいな。

他のサービスへ移行する
しろくま
しろくま

これもわかる。やっぱりAmazon Musicは音楽を聴くためのUIになっていないと思う。プライムミュージックからの延長でサービス拡充して今のカタチになったから、無料版から抜け出せていない仕様。

プライム会員と「プライムミュージック(Prime Music)」

Amazonのどのサービスにおいても「プライム会員」であることは有利に働きますし、なんだったらプライム会員じゃない限りお得じゃない、みたいなこともあります。

プライム会員と「プライムミュージック(Prime Music)」の関連性について簡単に説明します。

「プライムミュージック(Prime Music)」を利用するならプライム会員になるべき?

「プライムミュージック(Prime Music)」を利用するならプライム会員になるべきだといえます。利用条件がプライム会員なので。

では、Amazon Music Primeを利用するためにプライム会員になるべきかといえば、それはお勧めしません。音楽視聴サービスとしては格安ではあるものの、私ならSpotifyの無料会員でいいかと思います。

Spotifyの無料会員でできること

Amazon Music Primeの仕様はすでに解説していますので、簡単にSpotify Freeプランでもできることをまとめておきます。

  • 「検索」機能
  • 「Browse」でヒットソングやジャンル別で探す
  • 「Radio」レコメンド機能
  • 「My Daily Mix」自動お勧めプレイリスト
  • 「リピート再生」
  • 「バックグラウンド再生」
  • 「クロスフェード」で曲間をつなげる
  • 「歌詞」表示
  • 「My Library」で曲を管理
  • 15個の「オンデマンドプレイリスト」
  • ユーザー好みの曲をアプリが「学習」する
  • アーティストやプレイリストを「フォロー」
  • 「フィルター」でリストを絞り込む
  • オーディオの「音質」設定:低音質(24kbps)〜高音質(約 160kbps)まで
  • スマホ内の曲をSpotifyに「インポート」
  • Spotify Connect/Bluetooth/Chromecastでデバイスと接続できる
  • 「ウィジェット」で音楽プレイヤーを表示(Android版)
  • 「3D Touch」で履歴を表示(iPhone6s以降のiOS端末)
  • 「イコライザ」で音を調節(iOS版、一部Android版)

逆に、有料じゃなくていいのかという機能面ですが、あくまでも試用的な部分もあり、広告が入ったりスキップ制限があったりはします。

学生用の音楽サブスクリプションのベストを探るという記事を書いたこともありました。こちらも参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

実用編:プライムミュージック(Prime Music)をお得に利用する方法

実際にプライムミュージック(Prime Music)を利用する際に知っておきたいこと、小技・裏技などについてまとめておきます。

Amazon Music セール情報

プライムミュージックの有料版とも言える「Amazon Music Unlimited プラン」のセール情報については、こちらの記事でまとめています。

Amazonアンリミテッドサービス比較【KindleとMusic】
セールでメンバーシップがワンコインになるamazon アンリミテッドプランに関する情報をまとめています。「AmazonMusic」や「Kindle Unlimited」が「〇〇放題サービス」としてお得なのか調べました。

プライムミュージック(Prime Music)の豆知識・裏技

プライムミュージック(Prime Music)を利用する際のお得なポイントをまとめておきます。

  • キャンペーンからエントリーするとポイントがお得?
  • ワンデバイスプランを使いこなす

ワンデバイスプランは本当にお得?

ちなみに、Amazon Musicにはワンデバイスプランというのもありまして、対象となる1台のEcho端末またはFire TV端末で、Amazon Music Unlimitedのすべての特典を利用できるようになります。

ワンデバイスプランの始め方がAmazonらしい罠

ワンデバイスプランの始め方は実に簡単。簡単すぎて罠認定もできちゃう。

  • Echoで無料体験を開始するには、「Alexa、Amazon Music Unlimitedを試して」と話しかけます。
  • Fire TVで無料体験を開始するには、Fire TVの「設定」ページからAmazon Musicアプリを開きます。
  • AmazonウェブサイトからAmazon Musicワンデバイスプランに登録することはできません。
しろくま
しろくま

というわけで、Echoに「Alexa、Amazon Music Unlimitedを試して」と話しかけるだけで契約完了。やばくね?

これは、Amazon Music Unlimitedの無料体験契約のトリガーにもなっているので、無料体験期間中は他の端末でもAmazon Musicが楽しめます。無料体験が終わると、登録したAmazonデバイスのみで再生可能に。

月額に関しては、ちょこちょこ変わるので必ず確認してみてください。

実際に利用している人はどんなふうに使っているか

プライムミュージック(Prime Music)を利用している方は、実際にどんなふうに使っているのか、Twitterやインスタグラムの投稿を少し眺めていこうと思います。

Twitterの情報

Instagramの情報

プライムミュージック(Prime Music)の始め方・登録方法

プライムミュージック(Prime Music)を利用したくなったときに、簡単に登録できるかどうかを調べておきます。だいたい、Amazonのサービスは有料登録まではワンクリックで済むようになっているんですけどね。罠ばっかり。

プライムミュージック(Prime Music)の登録方法

  1. Amazonアカウントがあればログインしておく、なければ登録
  2. Amazonプライム会員に登録する
  3. 請求先住所を登録する
  4. 支払い方法を登録する
    • クレジットカード
    • デビットカード
    • キャリア決済
    • あと払い(ペイディ)
    • Amazonギフト券
    • パートナーポイントプログラム(JCBのOki Dokiポイント)
    • PayPay
  5. 必要があれば、利用するデバイスでアプリなどをインストールする

プライムミュージック(Prime Music)の退会・キャンセル方法

プライムミュージック(Prime Music)を利用したくなくなったときに、簡単に退会/キャンセルできるかどうかを調べておきます。

プライムミュージック(Prime Music)退会/キャンセルフローチャート

  1. Amazonアカウントページのメニューより「お客様の会員情報と定期購読」を選択
  2. プライム会員のキャンセルであれば以下の通り。
    • Amazonプライム会員情報」ページにアクセス。
    • プライム会員情報」を選択。
    • 画面上の「続けませんか」の誘惑に負けずにキャンセルボタンをクリックする
  3. Amazon Music Unlimitedの場合は契約した経路(例えばAppStore)のサブスクリプション契約を解除
  4. Amazonなら以下の通り
    • Amazon Music Unlimitedの項目を確認します。
    • 「会員資格の更新」の会員資格をキャンセルするを選択します。
    • キャンセルを確定します。

プライム会員に入るか、やめ時か知りたい

プライム会員の特典についてまとめた記事と一緒に、プライム会員に興味がある方、無料期間を体験するタイミングを悩んでいる方に「今が入りどき」「やらなくてもいいよ」という判断になる情報をまとめています。

ちなみに、漫然とプライム会員を続けているのが一番損になるので、サブスク関連の継続・退会についても是非とも検討材料としてみてください。

無料体験から有料支払いとならないように事前に継続利用をキャンセルする方法についてはこちらにまとめています。

Amazonプライム会員の情報を詳しくみてみる!

記事の内容までは読みたくない、という方のために、簡単に画像テキストでまとめたinstagramも埋め込んでおくので、興味のある記事だけチェックする感じでも参考になれば嬉しいです!

「ファミリー世帯で利用する」時にお得な情報

家族でamazonを使うときに、家族アカウントの設定や「赤ちゃん登録」などをし忘れている方も多いみたいなので情報共有しておきます。

「らくらくベビー」の利用方法
この投稿をInstagramで見る

Buchi Kuma(@buchikuma3)がシェアした投稿

らくらくベビーに関する情報はこちらの記事にまとめています。

「らくらくベビー」のタイミングでamazonプライム会員の無料体験をしておきたい
amazonで赤ちゃんの出産予定を登録しておくとさまざまなクーポンや「出産準備お試しBOX」がもらえたりするサービスが「らくらくベビー」です。これが本当にお得なのか、プライム会員との関連について情報をまとめています。
「amazonファミリーアカウント」に関する情報

amazonを家族で利用する際に知っておきたい情報をまとめました。

Amazonファミリーは家族での利用がお得になるのか
Amazonを家族で利用する際に知っておきたい情報をまとめておきました。BabyRegistryの登録だけでベビーグッズが安く手に入ることは有名ですが、そのほかにも家族で利用することでお得なサービスのことなどをまとめています。
「amazon photos」の利用方法
この投稿をInstagramで見る

Buchi Kuma(@buchikuma3)がシェアした投稿

家族で写真を共有する際に「amazon photos」を最大限活用するのがお得です。スマホの容量が足りていない時には解決できるかも。

Amazon Photosだけでプライム会員費用のモトが取れるけど、いつまで天下取れるか
アマゾンフォトが便利なんですけど、Amazonってサラッとサービス改悪とかするところがあるので、本当にデータ保管庫として信用できるのか調べてみました。
Amazon Kids+はお得かどうか

Amazon Kids+も「いつの間にか会員になっている」ことが多いサービスですが、色々利用し放題なんだけど本当にお得なのか気になったので情報をまとめました。

うっかりAmazon Kids +に加入したが、このまま継続すべきか否か
Amazon Kids +に加入すべきかどうか3時間くらい考えてみたので、情報をまとめておきます。プライム会員ありきの価格設定だけど、すでにAmazon系デバイスを持っている方ならかなりおすすめできる仕上がりに。
子供にFire HDタブレットはお勧めできる?

子供用にお勧めできるタブレットとしてアマゾンデバイスでもある「Fire HD」に関する情報をまとめています。

子供用にAmazonタブレット買いたいけどどれが最適解なのか
AmazonのFire タブレットのコスパが異常にいい、というのはよく耳にするのですが、実際に我が子に購入することを考えた場合に「本当にお得なのか」について考えてみました。我が家はiPadにしますが、Fireタブレットをお勧めする条件なども書いています。

Fire HD以外のタブレットを探したい時はこちら。

子供におススメしたいタブレット端末はどれ?
実は、当サイトではすでに結論としてiPadが「教育目的」としては最上位だという結論を出していました。とはいえ、子供にとってのタブレットは、「エンタメ」目的というか、つまり「おもちゃ」であるべきだとも思うのです。おもちゃとして買い与...

子供にiPadを使わせたい時の情報はこちら。

子育てに役立つiPadの使い方「悪影響とメリットのバランス」
デジタルデバイスを悪役にする時代は終わったとは思いますが、「iPadに子守させる」と揶揄されるのも想像できるので、iPadを活用してこどもにも親にも良い環境となるiPadの利用方法について考えてみました。

「読み放題サービス」のお得な情報

「読み放題サービス」がお得かどうかについてまとめています。

「プライムリーディング」に関する情報
この投稿をInstagramで見る

Buchi Kuma(@buchikuma3)がシェアした投稿

プライム会員の特典として利用できる「プライムリーディング(Prime Reading)」に関する情報です。結論から言えば、「プライムリーディング頼めに月額課金はしないけど、活用方法はあるよ」という感じです。

プライムリーディング活用法、読みたい本がなくても使いこなしたい情報
amazonプライム会員特典のPrime Readingに関する情報をまとめました。コスパの考え方や「これは知っておくと便利」という情報をまとめています。
「アンリミテッドプラン」に関する情報

プライムリーディンをやっていると、「アンリミテッドプランがいいな」と思うことが多くなるのですが、実際のところKindle unlimitedプランがお得かどうかの線引きについて考えてみました。

Amazonアンリミテッドサービス比較【KindleとMusic】
セールでメンバーシップがワンコインになるamazon アンリミテッドプランに関する情報をまとめています。「AmazonMusic」や「Kindle Unlimited」が「〇〇放題サービス」としてお得なのか調べました。

「プライムビデオ」のお得な情報

プライムビデオに関する情報をまとめています。

プライムビデオの解約ポイント、他のサービスと比べてどう?
Amazonプライム会員の目玉と言えるプライムビデオですが、最近視聴回数も減ってきたし、これを機にプライム会員も解約しようかな、と思った時に参考になる情報をまとめています。
子供とVOD(動画配信サービス)を楽しむなら

2歳までの子守り用動画配信サービスはAmazonプライムビデオで十分【Netflixと比較】という記事もあるので参考にしてみてください。プライムビデオは特定の番組に執着するまでは本当に優秀。特定のアニメを見分けるようになると厳しいけど。

2歳までの子守り用動画配信サービスはAmazonプライムビデオで十分【Netflixと比較】
子供が生まれてから、NHKだけではどうしても飽きてしまうのと一緒に見ている大人もしんどいので、私が利用するプライムビデオにNetflixも契約して比較してみました。
英語学習をするなら

私はかつては英語を専門に学んでいた学生だったのですが、帰国子女に勝ち目がないのに時間を投じるメリットを見出せずに挫折、ただ、挫折した経験から「我々、普通の日本人がゴールとすべき英語学習」についても色々考えるようになりました。

簡単に言えば「英語の授業で英語を嫌いにならないこと」と、「自分が専門とする分野で活用できること」が英語学習のゴールだと言えます。

ただの英会話でよければ、これからはスマホがあればある程度は意思疎通は取れるようになります。

しかし、第二言語を学ぶことは「言葉の構造」を客観視することができて、どちらかといえば「プログラミング」などの論理的思考につながる学習になっていくと思います。

「英語に馴染む」ことを目標とするなら、VODで好きな動画をひたすら再生するのが一番です。反復学習は記憶に定着しますし、表現の雛形はバリエーションを増やすほどに効果が倍増します。

余談でしたが、英語学習におすすめのVODサービスについてまとめた記事もありますので、こちらも参考にしてみてください。

幼児が自然と英語で楽しめる動画配信サービス番組まとめ
言葉を覚え始めるタイミングで、我が家では「テレビ番組だけ英語を織り交ぜて」います。テレビ番組だと「1回きり」で勉強にならないので、興味のあるコンテンツを繰り返し視聴できるのがいい、というわけでVOD情報をまとめます。

「Amazon Music」のお得な情報

Amazon Musicに関する情報をまとめています。

「プライムミュージック」の実用的な使い方
この投稿をInstagramで見る

Buchi Kuma(@buchikuma3)がシェアした投稿

プライム特典である「Amazon Music Primeプラン」についての利用方法についてまとめました。

Amazon Music Primeが改悪、プライム会員のメリットが希薄に
プライムミュージックの仕様が変更されて好きな音楽が好きな時に聞けない音楽配信サービスとなったAmazon Musicのプライム会員特典について解説します。
「Amazon Music Unlimitedプラン」と比較対象

聴き放題サービスであるUnlimitedプランに関する情報はこちらになります。

Amazonアンリミテッドサービス比較【KindleとMusic】
セールでメンバーシップがワンコインになるamazon アンリミテッドプランに関する情報をまとめています。「AmazonMusic」や「Kindle Unlimited」が「〇〇放題サービス」としてお得なのか調べました。

加えて、AppleMusicと比較しても遜色ないサービスに関してはこちらの比較記事にまとめました。

2023年のAppleMusicの対抗馬を探る
YouTube MusicとAmazon Musicが「動画」「高音質」「別サービスとの融合」などを果たす中で、AppleMusicは選ぶべきなのか、という情報を拾っているときにロスレス・空間オーディオ配信ニュースが飛び出し抜け出した感ある。

「amazonセール」のお得な情報

amazonのセールに関する情報をまとめています。

「先行タイムセール」の攻略方法
この投稿をInstagramで見る

Buchi Kuma(@buchikuma3)がシェアした投稿

プライム会員特典である「先行タイムセール」が、本当にセールに役立つサービスなのかどうかを考察しました。

プライム特典の「先行タイムセール」の参加権利がイマイチ活用できない
amazonプライム会員の特典で「30分早くセールに参加できる」というものがありますが、売り切れる商品は転売屋が買い占めるし、そんなに焦って買うようなセール品もないしあんまり意味ないんじゃないかという記事です。
「amazonセールの準備」

amazonの大型セールの際に準備しておくべきことをまとめました。セール時のチェックにどうぞ。

Amazonセールのために準備しておくこと|プライム・ブラフラ攻略法
Amazonのセールで一番賢くお買い物できる方法を簡潔にお届けします。プライムデーやブラックフライデーと言った大きなセールに関してはおすすめ情報なども発信しています。

「Amazonとファッション」のお得な情報

amazonとファッションやアパレル、洋服などに関する情報です。

Prime Try Before You Buyで「無限着回し」は可能か

Prime Try Before You Buyに関する情報をまとめています。無限は無理ですが、プライム特典の中では結構気軽に使えてお得なんじゃないかな、と思います。

Amazon のPrime Try Before You Buyは試着返品だけ利用し続けることってできるの?
これまでは、Amazon Wardrobeという名称でプライム会員限定の試着サービスとして利用されてきたPrime Try Before You Buyですが、月額500円で無料で試着できるなら、買わないで試着だけしていけばそれなりに楽しめちゃうんじゃない?という話。
Amazon初売り・福袋情報

amazonの初売りに関してはこちら。

Amazon 2023年の新春初売りセール情報
Amazonの初売り情報をまとめています。Amazonのお得なスマートスピーカーやタブレットから、Apple製品や人気家電メーカーなど取扱いの幅が広いので、欲しいアイテムを探すまでにも時間がかかってしまいます。とりあえずみておきたいおすすめ品などをまとめてみました。

amazonの福袋情報はこちら。

【2023年】Amazonの福袋は「見える」「見えない」2タイプ発売
Amazonの初売り情報の「福袋」についてまとめています。当サイトは夏頃からひたすら福袋の予想をしています。これまでのAmazon福袋の、お得度などが分かるように努めています。

「Amazonと配達」のお得な情報

配達関連の情報です。通販サイト利用すると、何だかんだトラブルに巻き込まれることありますよね。

「特別取扱商品」とamazonで大型家具・家電を注文すべきかどうか

プライム会員になると、「特別取扱商品」という、いわゆる大型家具・家電の配送にかかる特別費用を(一部)無料にすることができるのですが、これはお得なのかどうかを考えてみた記事です。

Amazonで大物家電・大型家具は頼んでもいい?「特別取扱商品の注文方法」
Amazonプライム会員特典にある「特別取扱商品手数料無料」が本当にお得かどうか調べてみました。Amazonの大型商品の搬送に関しては案外いいなと思いました。
「無料配達」って本当にお得?他のサイトと比較

プライム会員といえば「配送無料」でお得だなってのが初期の感想だったのですが、最近では無料配送自体が当たり前になったり、配送業界のマンパワー不足が社会問題になったりして「どこのサービスが、いつまで続くか」みたいなのに気をかける必要がある時世となりました。

プライム会員特典で「無料配達」はお得かどうかについてまとめた記事はこちらです。

Amazonの無料配達は本当にお得なのか、プライム会員の決め手に欠ける
Amazonの配送料無料って本当にお得なのか、Amazonのプライム会員誘導が激しすぎてついついクリックして無料にしがちですが、本当にお得なのか調べてみました。

ついでに、無料配達の満足度がものすごく高いオンラインショップで「ヨドバシ.com」があるのですが、このヨドバシとamazonどっちがいいか、みたいな記事も書いているので参考にしてみてください。

オンライン通販、Amazonよりヨドバシを使うべき理由
ヨドバシが好きなのですが、経済圏・エコシステムとしてはポイントの使い方・貯め方には広がりを感じないところ。Amazonの方が便利な部分もあり、一体どっちを利用したらいいのか、と悩んだ時に参考になる情報をまとめました。
amazonと置き配に関する情報

amazonなどの置き配サービスに関する情報はこちら。

運送・ECサイトの置き配サービスを比較する「やっておくべきこと」
置き配を利用する際にやっておくべきこと、知っておきたい情報についてまとめました。

宅配ボックスのおすすめに関する情報や、宅配ボックスをどこに設置するか、工事はどうしたらいい、みたいな記事もあります。

色々情報はまとめますが、一番手っ取り早いのは「体験」してみること。あるいは、体験した後に「一度は辞める期間」も作ること。そうしないことには、比較ができないですからね。

かめ
かめ

余談ですが、プライム会員の無料体験はやめてから1年〜1年半くらい経過すると復活します。

しろくま
しろくま

それで、セールの時だけ利用する、みたいな使い方でも楽しめるので、悩んだらまずは試してみるのがおすすめです!

Amazonプライム会員の情報を詳しくみてみる!

スポンサーリンク

「プライムミュージック(Prime Music)」のまとめ

プライムミュージックのまとめ、Amazonプライム会員特典

「プライムミュージック(Prime Music)」についての情報を簡単にまとめておきます。

「プライムミュージック(Prime Music)」の特徴

  • 仕様の改変で「好きな音楽は選んで聞けない」音楽サービスに
  • 価格と提供楽曲数に関しては業界随一
  • 無料でも使えるSpotifyの方がいいとは思う

プライムミュージック(Prime Music)のFAQ(Q&A)

Q
プライムミュージック(Prime Music)は何がお得ですか?
A

プライム会員特典として、Amazon Musicの一部機能を利用して音楽を楽しむことができます。

1億曲以上の楽曲が楽しめますが、シャッフル再生/スキップ機能制限などがあります。

Q
プライムミュージック(Prime Music)は無料で利用できますか?
A

プライム会員の特典であるため、プライム会員費用を支払っていれば追加料金は不要で利用できます。Amazon Musicを制限なく利用することを考えるなら、Unlimitedプランの契約をする必要があります。

Q
プライムミュージック(Prime Music)よりおすすめのサービスはありますか?
A

プライム会員以上の費用は避けたいと考えるなら、Spotifyの無料プランをお勧めします。

一緒に知っておきたいAmazonサービスのこと

Amazonに関する情報については他の記事でも色々とまとめています。

Amazon関連おすすめの記事

記事が多すぎるので、これだけ読めばいい、おすすめ記事だけピックアップしておきます。

プライムデー

プライムデーに関しての記事はこちらが最新になります。

2023年のプライムデーでやっておくこと、買うものリスト
2022年のプライムデーが7月12日始まります! おすすめと言いながら、情報を羅列しているだけの情報サイトにうんざりしている方のために、私なりのお買い得商品リスト、おすすめのキャンペーン情報などもまとめました。
ブラックフライデー

ブラックフライデーに関する記事の最新バージョンはこちらです。

Amazonブラックフライデーを攻略しないでやり過ごす方法
Amazonブラックフライデーは攻略されすぎたし、攻略するのも飽きてきたので「もうAmazonを気にしないで年末までやり過ごす」方法についてまとめた方が健全じゃないかと思ったので記事書きました。
セール攻略法

Amazonセールの攻略法についてはこちら。

Amazonセールのために準備しておくこと|プライム・ブラフラ攻略法
Amazonのセールで一番賢くお買い物できる方法を簡潔にお届けします。プライムデーやブラックフライデーと言った大きなセールに関してはおすすめ情報なども発信しています。
プライム会員になるかどうか

セールの時にプライム会員になるかどうか悩んだらこちら。

2023年のプライムデーで会員に昇格すべきか、脱会すべきか
ブラックフライデーやプライムデーという大型セールの時にはたとえ期間限定でもプライム会員になった方がお得なのですが、自分が使いこなせるか心配になった時の指南書のような情報をまとめています。

プライム会員になっても大丈夫か気になったらこちら。

プライム会員のひどいところ、amazon3大罠を解説
いつの間にかプライム会員になっていたという話。会員になると、ビデオ見れるし、外に出なくてもほぼ全ての買い物がこなせる上に送料無料。罠で入会したのに、使い倒そうと計画するのはなぜ。

Amazonの記事一覧

Amazonは記事が豊富なので分割して紹介します。

Amazonのセール
Amazonのサービス
Amazonのイベント・キャンペーン

ブラックフライデーに関する情報

ブラックフライデーに関する情報はこの記事にまとめてあります。

ブラックフライデーで買い物するときに参考になるセール情報
ブラックフライデーのセール情報をまとめておくことで、なるべくスムーズに買い物に回りたいと企んでおります。セール開始日のまとめ、開催決定した情報を順次更新しています。
ECサイト(Amazon、楽天市場など)
こども・育児に役立つブラックフライデーセール
家電に関するブラックフライデーセール

家電量販店のブラックフライデーはこちら。

家電買うならどこがいい?ブラックフライデー編
年末に家電を買う際に「ブラックフライデーで買っちゃうか」「年末年始のセールまで待つべきか」参考になる情報をまとめています。

年末・年始のセール情報

福袋のせいで毎年、各店舗に張り付く都合、ついついセール情報を掴んでしまうので、情報振り分け用に各店舗の年末・年始セール情報をまとめています。

家電量販店の年末・年始セール

家電量販店の年末・年始セールはこちらのページにまとめています。

家電量販店の歳末・初売りセールの情報まとめ
家電量販店の年末・年始のセール情報を投げ入れておくためのページです。
こどものためのセール情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました