Alexa搭載デバイスが欲しいけど最初に買うEchoおすすめを探る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazon Echoとは

Amazonの誇るスマートスピーカー、から発展してさらにディスプレイ搭載モデルがリリースされるなど、スマート家電デバイスとして生活の中にAmazonを溶かし込んだ、ECマーケットと家をつなぐ代物。

Echoの買い時はセール

当然ですが、Amazonの大型セールの目玉は、Amazonデバイスになります。普段、安売りするわけではないのですが、セール時は「ただですか?」というくらいに安くなります(ハードル上げるスタイル)

2019年のプライムデー

2019年のプライムデーでもセール対象となることが考えられます。

2019年のプライムデーは7月15日開催【買うものリスト】
2019年のAmazonプライムデー情報をまとめていきます。例年、ギフト券を買ってから始まるプライムデーですが、何と言っても今年の注目はecho showですね。

2018年のサイバーマンデー

サイバーマンデーでは、今の所ハズレなしでEchoが安くなっています。こちらも要チェックですね。

反省会会場2018【Amazonサイバーマンデー】余計なものは買わない
Amazonサイバーマンデーの反省会会場はこちらになります。 AmazonのサイバーマンデーSALEで買い物を楽しんでおりました。しかし、実際のところ、時間の浪費となった部分が多いので、皆様と共有しようと思います。プライム会員になったメリットは生かされず。

Amazon Echoの種類

現在、Amazon Echoのラインナップは5機種あります。

Amazon Echo

スマートスピーカーとして、スタンダードなモデル。スピーカーとしての能力を求めるならこれ。

Echo Dot

Alexaを各部屋に置きたい、そんな時にはEcho Dotが活躍します。スピーカーとしての能力は物足りませんが、寝室のベッド脇に置くならまさにジャストサイズ。

ぶちくま
ぶちくま

買い求めやすい値段ということもあって、一番人気はDotです。数が出やすいだけ、ということもありますが。

Echo Spot

ディスプレイ搭載モデル。ディスプレイを搭載した都合、Dotよりは大きいものの、比較的コンパクトなサイズでおく場所には困らない。

ぶちくま
ぶちくま

Alexaのスキルも増えてきたので、これから伸びるのは間違いなくデバイス付き。その中で、Spotは買いやすいですし、最初はお試しに、Showを買ったらキッチン用に、などの使い回しが効きますね。

Echo Show

ディスプレイ強化モデル。10.1インチのHDスクリーンで、「Prime Videoもみたい!」などの需要にも応える、これからの時代の旗を振るフラッグシップモデル。

買い求めやすいEcho Show 5もリリース

詳細情報をまとめ中。

Echo Plus

Amazon Echoの機能面を強化したモデル。なのでスピーカーとしての使い方メインだが、セットアップが簡単に。

Amazonデバイス一覧表


Echo DotEchoEcho PlusEcho SpotEcho Show 5Echo Show
価格 ¥5,980 ¥11,980 ¥17,980 ¥14,980 ¥9,980 ¥27,980
特徴 コンパクトサイズ 高機能スピーカー付き プレミアムな音質、対応スマート家電の簡単セットアップ スクリーン付きでコンパクト コンパクトでスクリーン付き 大きなスクリーン、パワフルでプレミアムな音質
スクリーンサイズと画面解像度 2.5インチ タッチスクリーン 480 x 480 5.5インチスクリーン 960 x 480 10.1インチ タッチスクリーン 1280 x 800 HD 720p
カメラ VGA 1MP 5MP
高機能スピーカー
スピーカーサイズ 1.6インチ 2.5インチウーファー 0.6インチツイーター 3.0インチウーファー 0.8インチツイーター 1.4インチウーファー 0.8インチツイーター 1.65インチ 4W スピーカー 2.0インチ x 2 パッシブラジエーター付き
Dolby デュアルスピーカー
スマート家電の簡単セットアップ 「デバイスを探して」 で対応家電をセットアップ 「デバイスを探して」 で対応家電をセットアップ
温度センサー内蔵
音声・ビデオ通話 音声通話 音声通話 音声通話 音声・ビデオ通話 音声・ビデオ通話
サイズと重量 43 x 99 x 99 mm、300g 148 x 88 x 88 mm、821g 148 x 99 x 99 mm、780g 104 x 97 x 91 mm、419g 148mm x 86mm x 73mm、410g 246 x 174 x 107 mm、1,755g
スポンサーリンク

Alexaができること

Alexaの基本スキルをリストアップ

  • 薄めのコミュニケーション
  • 質問を検索エンジンの結果を踏まえて教えてくれる
  • 音楽・ラジオ再生(ディスプレイモデルなら動画も)
  • 天気予報・ニュース
  • マップ情報(飲食点や施設などを探す)
  • スケジュール管理、アラーム設定、リマインダー機能
  • Amazonの買い物
  • Kindle、Audibleの読み上げ機能
  • 翻訳
  • スマートホームデバイスの操作

Amazon Echoはスキルで成長する

「スキル」はアプリ

スマホでいうアプリのようなもので、「スキル」で機能を拡張することができます。Amazonデバイスにインストールすることで「できること」を増やすことができます。

提供スキル一例

  • ウェザーニュース
  • Yahoo!ニュース
  • Radiko
  • 駅すぱあと運行情報
  • 災害情報
  • Delish Kitchen
スポンサーリンク

Amazon Alexaが人気の理由

Amazonの使い勝手の良さ

個人的な所感もありますが、Amazonが使いやすいというのが一番大きいと思います。人によっては、「いや、楽天の方がいいだろ」など意見は様々かと思いますが、私は楽天よりもAmazonの方が使いやすいですね。

ぶちくま
ぶちくま

商品検索して、各ショップから安いものを探す作業が無駄な気がして、どうもね。。。

日用品も買い求めやすくなるAlexaは、まさに生活に密着したスマートデバイスのあるべき姿なのかな、と思います。

Amazon Musicが、さらに手軽に

スマートスピーカー、という呼び名もそろそろ終わりかと思いますが、発端となったスピーカー機能と、Amazon Musicがマッチしていたと思います。

ぶちくま
ぶちくま

Amazon Musicは、Apple MusicやGoogle Play Musicに比べると格段に割安感あるからね。

AppleユーザーでもGoogle Play Musicが最適解となり得る理由
Apple Musicを使い込んで何年か経ちますが、Google Play Musicがお得であることに気がつきました。また、2018年はYouTubeのサブスクリプションも開始されており、ますますGoogleサービスが拡大されることが期待されます。比較した内容をまとめてみました。

ラインナップはアンリミテッドグレードアップで解決

解決、まではしないと思いますが、Amazon Musicはプライム会員なら無料ですが、如何せん、ラインナップが貧弱。ラジオ感覚でジャズをかけるくらいならいいんですが、「自分の聴きたい曲」となると物足りない。

ぶちくま
ぶちくま

Amazon Music Unlimitedはセールで安くなったりするから、お試しがおすすめです。

Amazonアンリミテッドサービス比較【KindleとMusic】
2018年のプライムデー・サイバーマンデーはUnlimited祭と化した。 目玉商品は毎回買いそびれるので、確実にかつ安全にサイバーマンデーやプライムデーを楽しめる方法として、アマゾンはKindleと、Musicの「アンリミテッド」をワンコイン価格で大放出した。

プライムビデオまで見れる

私は、2019年のプライム会員費の値上げ前に脱会しましたが、プライムビデオに関しては「惜しいことしたな」と感じているところ。Netflixとの比較記事にも書きましたが、「子育て世代こそAmazon必須だな」と身にしみているところ。

2歳までの子守り用動画配信サービスはAmazonプライムビデオで十分【Netflixと比較】
プライムビデオは本当に罠。この価格でこんなに安いはずがない。というわけで、私は数年間Amazonプライム会員としての活動(プライムビデオで時間を潰す)に勤しんできました。ぶちくまあかん、これ本当に廃人になる!決...

Echoの感度が良い

この辺りはレビューを見ていただければわかるところですが、EchoはGoogle Homeなどの他のスマートスピーカーと比較しても感度がいいと評判です。

ぶちくま
ぶちくま

感度が良すぎてたまにビビる事件も起きるらしいね

拡張機能の豊富さ

先ほど説明したスキルもそうですが、スマート家電関連もどんどん増えています。

Alexaでできる意外なこと

  • タクシーの配車サービス
  • 銀行口座の残高確認
  • レシピ確認
  • 電力使用量の確認

スマート家電は簡単に「作れる」

既存の家電製品もスマート化できるようになってきているので、「スマート化なんて家を建て直さないと無理なんでしょ」というところから、誰でも少しずつ取り入れることができるようになりました。

スマートプラグ

スマートプラグのオススメは、安定感のあるTP-Linkのスマートプラグです。サイズ感も手頃でコンセント同士で干渉しないのがいいですね。

スマートライト

Philipsが本気出してます。照明がただの「明かり」から「生活の演出」に変わってきたようです。

スマートリモコン

今、一番勢いのあるスマート家電関連商品ですね。これはまた別記事にします。

スマートキー

家を建てる時に「スマートキー」にしなかったことを後悔しましたが、なんだ、こんなに簡単にできるじゃないか、という商品。

  • セサミ
  • Qrio
スポンサーリンク

対応デバイスも増えている

Amazonがどういう力のかけかたをしているのかわかりませんが、各社・メーカーがこぞってAlexaに対応しているのは、メーカーとしても美味しいところがあるのでしょう。

掃除ロボット

大型家電など、設置の問題があるものはAmazonだと買いづらいところですが、掃除ロボットはAmazon経由で購入される方も多いですね。(当サイト調べ)

Roomba

iRobot社のルンバは、セールでも必ず安く提供されるのですが、使ってると上位モデルも欲しくなるところ。アプリを利用することで、「自分がいない時に」お掃除してくれるので、家でくつろいでる時の「ルンバうるせえな」から解放されます。

minimaru

実は、日本の住宅事情としては日本のメーカーを買った方が失敗は少ない、という記事はまた今度書きますが、日立のミニマルは、その名の通り日本の狭い住宅だからこそのジャストサイズ。

ECOVACS

手頃な価格帯だと、この辺りでも実はアプリとも連動できて満足度が高い、と雑誌の情報をそのままネットに流す。

テレビ関連

テレビはFire TV Stickを買えば解決するのだけれど、メーカーもテレビ本体にAlexa対応機能を搭載してくる徹底っぷり。

Fire TV Stick

Alexaとの相性は当然抜群であるAmazonプライム会員御用達の最強スティック。

Sony Bravia

Amazon Echoシリーズと連携させることで、ブラビアの操作をハンズフリーで行うことができる「Works with Alexa」対応。 「テレビ電源のオンオフ」「チャンネルや入力の切り替え」「録画コンテンツの再生/巻き戻し/停止」などの音声操作が可能

まーこの辺りはリモコンが手元にあるからいいんじゃないか、という気はしている。

SONYはライトをスマートスピーカー化

取り急ぎ、情報提供程度ですが。美容師の兄さんから聞いた、「いま、ライトもスピーカーになってるからね」というおしゃれ進化を遂げたシーリングライト。

【Amazon Alexa対応商品】 「アレクサ、電気をつけて」などライト、テレビ、エアコンの操作が可能に

セキュリティ

もう少し記事を補強予定ですが、Alexaを使うことで、家のセキュリティ面も強化できる、という話。

ネットワークカメラ

Arloが人気と聞いた

しかし、いま検索してみたら、少し高いなぁ。おすすめしづらいなぁ。

[特徴2] Alexa Echo Spot 認定機種。声でAlexa Echo Spot に頼むだけで現在のArloの映像を Alexa Echo Spot に映して見る事ができます。(タッチスクリーン付きのAlexa Echo Spotのみ対応)

TP-Linkが安くね

やはり、買うとなるとこうなる。

アレクサ公式認定、WWA認証取得。画面付きのEcho(エコー)にカメラの映像は映せます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました