連携しない家計簿アプリ|このご時世でもオフラインがいい

スポンサーリンク

当サイトは、私がズボラなこともあって「手抜きで家計簿をつける」ことを目的とした「クレジットカードや金融商品と連携した家計簿アプリ」を紹介して生計を立てています。紹介するだけで生計、成り立つんですよ、すごい世の中ですね。

家計簿アプリを2年間使用してZaimをやめた理由【マネーフォワードと比較】
Zaim使ってませんか? 私は1年間Zaimとマネーフォワードを併用して、最後にはZaimは使わなくなりました。純粋に家計簿として使うならzaim仕様でOKですが、さらに用途を広げて資産管理をしていくならマネーフォワードがお勧めです

結論から言うと、「手動で家計簿をつけるなんて正気の沙汰じゃない」と感じるくらいなのですが、やっぱり、オフラインで使用する家計簿にも需要はあります。だって、口座情報とかが勝手に使われるのなんて、おかしいもの。

というわけで、このページではざっと他のアプリと見比べておすすめアプリを決める、ふりをして「やっぱり連携しておいた方がいいですよ」という情報をステマします。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

連携しないアプリを使うべきではない理由

便宜上、「連携機能がないアプリ」を探している方を対象に記事を書いているので、「あなた」と呼称しています。メッセージ性を強く感じてしまったら申し訳ない。

これから解説するのは、「オフラインの家計簿アプリだから安全ではない」ことと、「安易に連携しなければ安全と考えているあなたのセキュリティ管理はかなり危険」ということ。そして、実はお金の使い道が把握できることこそが「安全」であるということについて簡単に解説します。

オフラインで使用するなら「安心」なのか

まず、「金融機関と連携しなければ安心」ということはないことを先にお伝えしておきたいと思います。

もちろん情報漏洩のリスクに関して言えば「マネーフォワード ME」や「Zaim」といった、利用するほとんどの金融機関と情報を共有する家計簿アプリの方が危険性が高いと言えます。

家計簿アプリが安心な理由と、危険な不正Appの違いを見極める
家計簿アプリのセキュリティを心配する声が届きましたので、今回だけ特別に疑問にお答えする形で記事を書きました。結論、リスクはあれど利用するメリットの方が大きい、がやっぱり危険と隣り合わせだから対策はしておこう、です。

ただ、はっきり申し上げると「クレジットカードや銀行の口座情報を利用するなんて、絶対に怪しい!」と言っている人が一番危ない。いわゆる、情報リテラシーが根本的に欠如している状態の人たちなわけですが、私としては「理解することから逃げずに、本当の危険性と向き合ってほしい」と切に願っています。

サービスは終了するということ

第一に、家計簿アプリのサービスが終了する可能性について考えることが、オフライン家計簿を利用する際に気にかけたい「危険性」です。

しろくまさん
しろくまさん

せっかくつけてきた家計簿、サービス終了すると水の泡になるよ?

連携するタイプの家計簿、例えばマネフォは利用者数が1,200万人(2021年)です。2番手のZaimは850万ダウンロード(2021年)。オフライン系家計簿が今後も運営を続けていける環境なのかどうかはチェックしておきたいところです。

「知らないこと」が一番怖いということ

まず、「連携しない家計簿アプリ」を希望している方の1番の不安が「口座情報を、なんだかよく知らない家計簿アプリが勝手に照会するなんて危険に決まっている」ということだと思います。

そして、私がその点について説明したところで、「そんなのは建前で、本当は裏に詐欺師とかがいるんじゃないか」「心ない社員が勝手に暗証番号を解読して口座からお金を引き出すんじゃないか」ということだと思います。

しろくまさん
しろくまさん

確かに、家計簿アプリの安全性なんかを説明したって、個人が抱える不安に関しては解消できるものではないと思います。これは、本当にその通り。

ぶちくま
ぶちくま

ただ、実害として「連携していないアプリ」を使用することも、それなりにリスクを抱えているということだけを簡単に説明していきたいと思います。

不安の解消は「まずは知ること」

逆に言えば、「連携するから当然危ない」という認知を少し変えてあげると、あなたは連携アプリの「便利なところ」を使った上で「危険性」についても理解して、一番安全な形で「家計簿連携アプリ」を使いこなせる可能性を秘めています。

しろくまさん
しろくまさん

最近、「みんな使ってるから安全でしょ」くらいの認識で、ノーガードで口座連携とかしちゃう人も多いのだけど、それはそれでやっぱり危険なわけです。

口座情報の漏洩が怖い

まず、あなたが苦手としている「情報」の怖さについて。

「機械音痴」と言われる方が情報に関して慎重になること、これは正解です。知らないことに対しては慎重であるべきです。正しく恐れましょう。

情報は自分で守るべきもの

現在、放っておいても紙の通帳は廃止される流れになってきています。つまり、時代の変化は止められない。「お金の安全性」についても見直されている段階に来ています。現金を金庫に入れて保管する時代だって終わったように、口座にお金を入れておけば安全、という時代でも無くなってきているわけです。

むしろ、「通帳」と「暗証番号」あるいは「印鑑」さえあれば誰だって口座からお金を引き落とせていたこと自体が「かなり高い危険性」だったと思うのですが、時代に慣れているとこれは普通なわけです。

ぶちくま
ぶちくま

認知症の方に対する銀行の対応もだいぶ変わりましたしね。通帳が口座所有の証明ではなく、誰がどのように管理するか、などの問題についても見直されてきています。

口座の信頼性については「本人だけがお金を管理できる」ことが重要です。障害児でも認知症高齢者でも、本人の利権のために正しくお金が使われるのが一番。

問題は、この「個人を本人(お金の権利者)だと特定するために、何を必要とするか」です。本人であることが鍵となり、その証明をいかに確実に、かつ、使いやすくするべきか、という点を考えていくことが大切だと思います。

自分が権利者であると証明する方法

家計簿アプリに話を戻すと、個人の特定は「パスワード」で管理します。前置きの割にはシンプルな話ですが、銀行だってクレジットカードだって、利用番号と使用できるパスワードだけで権利者だと特定しているわけです。

ぶちくま
ぶちくま

私からすると4桁の数字だけの暗証番号なんかよりもずっと個人情報を守る鍵としては優秀なのですが、管理する人がズボラだと、この「パスワード」が危険に晒されると一網打尽に悪用されます。

だから、あなたが感じている「口座情報の漏洩に関する危機感」というのは、おそらく正しい。ただ、言い換えると「あなたのパスワード管理がすでにこれからの時代に見合っていない」ということの裏返しでもあるということです。

個人的には、まずはこの「個人情報を守るためのセキュリティを高める」という意識をしっかりと持った方がいいと思います。いきなり見ず知らずのネット記事に説教始められて心の底から不愉快だとは思いますが、これはあなたを守るために大切な意識です。

iPhoneのパスワード生成機能について考える|一元管理
iPhoneを利用していると「パスワード、勝手に作りますよ」というメッセージが出てきて、いまいち信用できずに利用されていない方のために、パスワード一元管理の危険性や使い勝手についてお伝えします。

金融商品の本当の価値を知らない

さて、もうひとつぐっさりと突き刺さることを言ってしまうと、「連携しない家計簿」を探されている方にとっての「家計」とは、現金での買い物くらいなんだと思います。これ、実にもったいない話です。

よめくま
よめくま

でも、実際に自分で普段把握するべき家計なんて、自分の財布の中身くらいでしょ?

ぶちくま
ぶちくま

ただ、それだと財布を見れば残金くらいは把握できるけど、口座のお金の移動とか、クレジットの利用額は把握できないんじゃない? むしろ、財布の中なんかよりも、お金の情報としては「大元の資産への影響」を考えた方がいいかも。

さらにいえば、せいぜいがお金の在処が「ひとつの銀行」だけに偏ってたりしませんか? こういうお金に対する姿勢は周囲からも簡単に見透かされてしまいます。これって、意外と危険なこと。

お金のリテラシーがないって危険

お金に対しての無知って、会話や生活習慣から簡単にわかります。マネーリテラシーがないことがわかれば、大体の知識レベルや行動傾向もわかります。つまり、詐欺や盗難でも狙われやすくなります。

よめくま
よめくま

こういうのって、自分は巻き込まれないと思っているけど、やっぱり職場の盗難で狙われるのって「管理の甘い」人の財布なんだよね。犯人はよくわかってる。そして、犯人って、意外と生活圏の中にいる。

ぶちくま
ぶちくま

今は、電子マネー使ってるから、財布が盗まれるということ自体がアナログヒストリーなんだけど、想像はしやすいですよね。

しろくまさん
しろくまさん

つまり、この家庭の家計を把握するなら、買い物の様子と通っている銀行さえわかってしまえばいいわけですから、銀行の貯金口座握られたら家計が丸ごと奪われるってことですよ。

マネーリテラシーを高める方法として

話を戻します。今、家計簿アプリが人気なのは、買い物や銀行口座の情報が勝手に記録されるから、だけじゃないんです。家計簿アプリでお金の管理を勉強しながら、貯金以外にも「資産を運用する」術を学んでいるのです。

根本的に、「資産運用」さえも億劫に感じたり「無関心」を決め込んだりしている可能性があるあなたですから、「私はこれでいいですよ」と思っているとは思います。実際、損したお金のことは気にするけど「気づかないうちに無くなっていたお金」のことは後悔する機会すらないですし。

これまでのお金の管理方法からレベルアップする

確かに、安直に「株」や「FX」で一発逆転で儲けようとするのは、ちょっと割りのいいだけのギャンブルに違いありません。これはあなたのおっしゃる通り。今までの生活が、堅実な貯金だけでやりくりできていたのですから、きっとあなたのお金の管理方法は、あなたにとっては最適であったと言えます。

ただ、例えばこれからの時代を生きていく子供や孫、あるいは自分たちの老後のお金のことを考えると、これだけでは少し心配です。何が心配かって、「日本円」の価値の変動には全く対応する術がなく、かつあなたが眠らせるだけのお金で「もっと日本を活性化」するチャンスすら奪われているからです。

よめくま
よめくま

いや、いきなり日本の未来を背負って立たせるようなことを言われても、私には関係ないんですけど!

ぶちくま
ぶちくま

貯金も、地元企業などの融資には使われるお金ですから、日本の底力にはなっていますしね。

貯金自体は悪いことではありません。ただ、色々な選択肢がある中で「貯金」するお金、「投資」するお金のことをしっかりと考えた上で、お金の「貯め方・増やし方」の方法はたくさんあった方がいいと思います。

ぶちくま
ぶちくま

あまりにもたくさんの情報で押しつぶされる世の中だからこそ、自分で自信を持った方法でお金が管理できることが、幸せなことかも知れないですね。

スマホばっかり使うとボケない?

「あんまりスマホに頼りすぎても」と思うかも知れませんが、基本的にテクノロジーというのは人間をサポートするためのもの。

認知機能が低下すれば、今までできていたことだってうまくできなくなります。今は大丈夫でも、将来的にはそのサポートが必要になるかも知れません。そして、将来必要な時に、今面倒な「新しい方法」を覚えることは、もっとハードルが高いことです。

今できることは、今やってしまった方がいい。将来の自分の負担を減らすためにも、試しにやってみましょう。

アプリでの管理が面倒そう

これは、もうあまりにも逆説的でナンセンスです。

アプリの操作が面倒、その気持ちはわかります。ただ、連携しないオフライン専用アプリで、ちまちまと毎回の出費や収入を入力する方が面倒です。ずっと確実で手軽な方法こそが、連携する類の家計簿アプリです。

よめくま
よめくま

それでも、家計簿アプリはオフライン用でも紙の家計簿に比べれば楽ちんだとは思いますけどね。レシートを撮影するだけだったり、金額入力するだけでグラフ化できたり。

登録作業は確かに面倒である

実際、口座連携は面倒です。だって、自分が利用しているクレジットカードや銀行のインターネット利用のための手続きから始める必要があるからです。

しろくまさん
しろくまさん

後述しますが、ネットバンクやクレジットカードなど複数使っていると、アカウントの管理も結構大変ですよね。

でも、この「口座の電子化、オンライン利用準備」は将来的にいつかはやらなければいけないことでもあります。

実店舗はなくなる

ATMはどこにでもあるとは思いますけど、将来的に銀行支店の数は絶対に減ります。クレジットカードも明細を印刷して郵送するところは減ってきています。電子化の流れには逆らえません。

あなたが苦手なのは、根本的にはアプリの操作ではなく「新しいことを覚えること」ではなかったりしませんか? さらに正確に言えば、「挑戦すること」であって、いざ覚えようとすると案外楽ちんだったということもあります。

家計簿アプリは「パスワード管理」が面倒なだけで、そのパスワード管理すらアプリがやってくれる時代です。大事なのは「最初の一歩を踏み出す」ことであって、「やってもいないことをできないと決めつける」ことではないのです。

というか、これまで家計簿を習慣化してきて、例えば使用している家計簿アプリが使えなくなったという理由でアプリを探しているなら、これまでのものよりもずっと簡単で、しかも安心して使えるのが「マネーフォワード」だったり「Zaim」だったりです。

実は安全な家計簿アプリの連携

この流れで、どうして「連携する類の家計簿アプリ」が安全かを解説します。

クレジットカード使用・口座残高を可視化する

お金が電子化されて懸念されているのが、「実際に使っている感覚が分からずに使い込んでしまいそう」だということ。確かに、クレジットカードが出たばかりの頃は「使いすぎ」が社会的な問題となっていました。

これは根本的な理由が色々とあるのですが、基本的には「お金の知識がない」ことと「衝動性を制御する」という、少し違った「買い物スキル」が不足していたという問題です。

家計簿アプリを探している方は「もっとしっかりとお金を管理できるようになろう」という目的を持っているので、どちらかといえばアプリを使用することは「使いすぎ」の解決方法であると言えます。

財布の中身だけを気にするほうがお金はなくなる

これに関しても、手動で入力して「結局サボる」ことや、管理できる範囲が「自分の財布」だけであると、かえって「使いすぎ」に気付ける機会が減ってしまいます。クレジットカードや銀行口座と連携するメリットは、「スマホが全部の資産の情報が詰まったお財布」になること。

ぶちくま
ぶちくま

スマホに全ての情報が詰まっているということは恐怖でもあるんですけど、管理すべき対象があっちこっちにあるよりも「危険に察知」することに関しては一箇所に注意対象があった方がいいです。

不正利用に気付けることが大事

仮に、「各金融機関で大規模な不正利用が発覚」した場合、連携アプリがあれば手元で一発で調べられますが、あなたは各行の通帳記入をして、クレジットの請求と見比べたりして「どれが不正利用か」を調べないといけません。

実際、コロナの影響もあって「お金の電子化」が進んでいます。感染予防では接触を減らすのが一番ですが、現金で支払うときは相手にお金を渡すのも危険だし、お金を支払うために手間取るとレジの行列が増えて、あなた以外の人が感染するリスクが高まります。

クレジットカードの使用は逐一記録されますし、銀行口座も毎日残高紹介して増減をチェックしてくれています。使いすぎている場合はアラートが出ます。

情報をひとつにまとめるメリットは大きい

連携アプリの1番の魅力は、今、お金の管理となるとあらゆる情報を統合して考えないといけないこと。

「連携しないアプリ」を探している方は、あまり株式投資や外貨運用については興味がないかも知れませんが補足的に説明します。

お金を運用するということは、お金の価値を変えるということです。現金を「株式」や「外貨」、「金」や「設備」、場合によっては「自己投資」として知識などに変換することで、再度現金に変えたときに増やすこと(場合によっては減りますが)

お金の形は、変えた分だけ管理が大変になる

投資などをやっている場合は、全て口座を別々に用意しなければならず、「お金が増えているのか減っているのか」を判断するためには、自分の口座の情報を「いつでも」チェックして、しかも「増減などの変化」などをみて、運用が適正かどうかを評価しなければいけません。

貯蓄も運用にひとつに他ならない

この「お金を投資」している人たちは別世界の人だと思うかも知れません。ギャンブルのようなことに手を染めていたり、専門的な知識をもっと特別な人だったり。もちろん、そんなことはありません。我々が懸念しているのは「日本のお金の価値」が下がること。銀行口座のお金が無価値になる可能性があることを心配しています。

ぶちくま
ぶちくま

流石に、10万円がゼロになることはそうそうありませんが、10万円を貯金していて、将来使おうと思った時の10万円の価値が9万円になっていた、ということは十分に考えられます。これが、100万円だったり、1,000万円だと、結構、凹みませんか?

資産運用というのは、お金の価値を保つことでもあります。みなさんには、とりあえず「お金って、置いておくだけで減るかも知れないものだよ」ということだけを知っておいてもらえればいいと思います。

ポイ活にも役立つ

ポイント活動などで複数のクレジットカードを利用している場合は、懸念している「使いすぎ」状態になりやすいです。

ぶちくま
ぶちくま

我々ポイ活民は、もっともポイントがつく方法でしか会計しません。逆に、ポイントがつくならその場その場で最適なポイントカードを使い分けます。

しろくまさん
しろくまさん

ただ、これだと「いくら使ったのか」が見えにくくなります。ポイ活民は増えているポイントには注目しますが、減っている現金に気づかないこと、よくあるんです。

ポイントも含めたお金の増減はチェックしにくいのですが、連携する類の家計簿アプリは「ポイント」も可視化できるのは大きなメリット。

「本当にお金が増えているのか、ポイントだけが見せかけで増えているだけじゃないか」というあたりが評価しやすくなります。

よめくま
よめくま

ポイント欲しさに、余計な買い物してたら現金の方が減っちゃうからね。

ぶちくま
ぶちくま

ぎくり

ポイントで生活するならどっちがいいの【Yahoo!と楽天を比較】
ポイントで生活するためには事前の準備が大事です。ポイントがたまるシステムを構築すると、あとは普通に生活するだけで、ポイントが自動生成されます。話題のPayPayを利用する方法から、Kyash経由の楽天Payまで、ポイントのことを調べました。

金融機関・クレジットカードが安全を保証する

仮に、あなたが現金を落とした時に、返ってくる可能性はどれくらいあるでしょうか。

まず、落としたことから自己責任ですし、一応、警察にはいくけど財布じゃなくて「現金」の場合は、自分が落としたことを証明することがかなり難しいことに気づかされます。

使用者が特定され、守られるのがクレジットカード

幸い、クレジットカードが不正利用されれば「不自然な利用」としてアラートがでたり連絡が来たりします。自動で使用を止めたり、使用した分の請求がされなかったりします。それが、クレジットカードのサービスだからです。

不正利用時は金融機関だって守ってくれる

金融機関に関しても、ゆうちょなどの大規模な不正利用があれば、当然ゆうちょ側が不正利用で引き出された金額を保障してくれます。

https://www.jp-bank.japanpost.jp/crime/crm_hosyo_tonan.html

顧客側の過失と取られるケース
  • 他人に通帳を渡す
  • 通帳などの情報が書かれた届出書、請求書などを渡す
  • 暗証番号などをメモした紙を通帳と一緒に管理する
  • 通帳をわかりやすい場所に放置する
  • 簡単に盗られる場所に保管する
  • 印鑑(印章)を通帳と一緒に管理する

どんなケースでも「通帳」などを渡す行為は過失となります。当たり前ですが、ネットバンクのパスワードに加えて、振り込み用のパスワードまで相手に教えるという行為があればNGだと思います(各行の対応を調べてみてください)

ぶちくま
ぶちくま

ただ、みなさんが警戒している「得体の知れない犯罪組織」や「アプリを狙ったハッカー」「マネーフォワード社員やZAIM社員がこっそり」なんていうケースは、大体、金融機関側が保障してくれます。

みなさんがやることは、紙の通帳だろうがネットバンクだろうが、しっかりと「不正利用されていないか」をチェックすることなんです。

現金がなくなる時代だからこそ「アプリでの管理」を習慣づける

すでにちょこちょこ説明していますが、「銀行」もなくなるかも知れなければ、「現金」だって今ほどの流通量がなくなるかも知れません。実際、電子マネー使うと現金に触れることはほとんどなくなります。

すでに書きましたが、今でも面倒なことを、将来の自分が着手できるでしょうか。今の自分がやりたくないことを、例えば家族は代わりにやってくれるでしょうか。やりたくないことには必ず対価が発生します。自分でできるのであれば、一番安上がりです。

ぶちくま
ぶちくま

自分のお金の管理ですし、自分でやれるようになるのが一番ですよね。

パスワード管理はそれほど大変じゃない

さて、1番のネックである「パスワード管理」ですが、実際はそれほど大変ではありません。

スマホの標準機能で「パスワード管理」は完結する

まずiPhoneユーザーであれば、iCloudのアカウントに各ネットバンクのアカウント情報、クレジットカードなどの情報がほぼ自動で記録・管理できます。

iPhoneのパスワード生成機能について考える|一元管理
iPhoneを利用していると「パスワード、勝手に作りますよ」というメッセージが出てきて、いまいち信用できずに利用されていない方のために、パスワード一元管理の危険性や使い勝手についてお伝えします。
iPhoneは自動生成・自動入力が完璧

iPhoneを使っていると「安全性の高いパスワードを自動で生成」する場面に出くわすことがあると思います。何にも知らないと「勝手にパスワードを作られるなんて怖い」「こんなに長いのは覚えられない」となりがちですが、パスワードはiCloudに保管されますし、今後、そのサイトにパスワード入力する際には自動でログイン処理までされます。すごいですね。

iCloudの信頼性についてはこちらの記事をご参照ください。我々、スマホなしには生活できませんが、パスワードに関しても一元管理されてしまうわけです。

iCloudに情報握られても、本当に安心なのか。セキュリティを捜査
iPhone利用者は、みんな総じてiCloudにすべての情報を握られている状態にあるわけですけど、そもそもこれ本当に安全なの?という疑問を解決するために情報を集めました。
Googleはアカウントで管理してデバイス移行もしやすい

Androidは使ったことがないのですが、Chromeなどで「Googleアカウント」を利用していると、アカウントでパスワード管理が可能です。こちらも、Chromeなどのブラウザを使用する際に自動でログイン入力などができます。

これは、Googleのアカウントに付与される機能なので、iPhoneで利用する場合もGoogle Chromeを利用するときにこのパスワードを利用・閲覧することができます。ちょっと手間ですけど。

アプリでもあるパスワード管理

ちなみに、パスワードを管理するアプリもたくさんありますが、個人的にはサードパーティーのアプリを使用するよりも、iCloudやGoogleアカウントのような、「安全性を揺るがされたら経営自体が成り立たない」という覚悟で開発しているOS系のシステムを利用することをお勧めします。

顧客情報の流出などがあれば、必ず大々的なニュースになるのも強み。この人たちはちゃんと賠償請求にも応じる・補償などをしっかりするところなので、どこかのディベロッパーが作った名前の知らないアプリを使うよりもずっと安全です。

パスワードマネージャー:パスワード管理アプリ

パスワードマネージャー:パスワード管理アプリ

Trend Micro Incorporated無料posted withアプリーチ

パスワードを一元管理する理由

最終的には、「マネーフォワード」や「Zaim」といったアプリのパスワードもiOSやAndroidで管理することになります。

今後、我々が気をつけなければいけないことは「スマホのセキュリティを高めること」だけです。私がここまで長々と解説していたのは「面倒くさがって、このセキュリティ管理すら蔑ろにしていたら、アプリ云々じゃなくてあなた自身の危険性に及びますよ」ということです。

スマホの最新セキュリティ・パスワード、知っておきたい本当に危ない管理
主にiPhoneですが、「スマホなら大丈夫」と高を括って対策なしで痛い目にあう方が続出、、、という未来が見えるので、スマホのセキュリティ安全対策について簡単に解説しました。
スポンサーリンク

お勧めの「連携しない」家計簿ランキング

家計簿アプリでオフラインで使用するものを厳選する

さて、もう書きたいことは書いたので満足しました。とはいえ、本来皆さんが知りたかった情報は「連携しない家計簿アプリ」だったはずです。この比較情報くらいはまとめておこうと思います。

連携しない家計簿アプリを選ぶポイント

まず、連携しないアプリを選ぶ上でのポイントを数行で書きます。

  • 基本的にはExcelで十分
  • つまり、「入力」がどれだけらくになるかで選べばいい
  • どれくらい正確に記録するかを事前に考える
  • レシート撮影などは思ったほどは使えない
  • アプリのサービスが終了するとアウトプットすらできないことも

利用者数は必ずチェックする

私も、普通の家計簿アプリを使っていた頃は「まさかアプリが更新できなくなる」ことまで考えていませんでした。やっぱり、利用者数などをしっかり把握できるくらいに規模の大きなサービスを利用しておいた方が賢明です。

利用者数が少なく、採算が取れないアプリは将来的に「アップデートに対応しない」可能性があります。これはセキュリティとしてはかなり危険で、アプリのセキュリティの脆弱性を突かれてスマホ自体が「情報筒抜け」になるリスクがあります。

ぶちくま
ぶちくま

アプリのセキュリティアップデート非対応はいわゆる、連携しないアプリならではの危険性ですね。

機能面よりも使いやすさを

ぶっちゃけた話、連携しないアプリに機能面を求めても仕方がありません。連携する家計簿アプリが家計簿としてのひとつの完成形だからです。

ぶちくま
ぶちくま

ここから先の時代は、家計簿ではなくマネーサービスの時代。概念を超えてきます。

というわけで、あえてオフラインで使用するのであれば、将来的にデータを抜き出しやすい形になっているかどうかだけが問題。なんだかよく分からなくても、「CSV出力ができる」ものを選んでおけば、Excelなどにデータを移して管理し直すことはできます。

どこまで入力する?

家計簿をしっかりとつけたい方は読んでいないと思うのですが、例えば、「写真でレシート撮影」は、あまり期待しすぎない方がいいです。例えば、買った内容が全て把握できる、ということは気にしない。ぶっちゃけ「どの店で」「合計いくら使ったか」くらいの精度しか期待できません。

例えば、食費や雑費をしっかりとわけたい方もいると思いますが、その場合は自分で入力した方が早いです。アプリでやるメリットは、「ざっくり写真でレシートを残す」ことと、「思ったそのときに家計簿が入力できる」こと。

「収入・支出をしっかりと管理して、どこを節約したらいいか後で振り返る」ということは、思っているほど簡単ではありません。だって、買い物って、その時は必要だと思って買っているわけです。振り返りでどうこうなる場面って、そんなにないんですよね。

家計簿の目的を整理する

なんとなく習慣化だけしていて「所持現金」や「支出のバランス」を見るだけなら、根本的に紙の家計簿に茶封筒をくくりつけて毎日のレシートを集めておくだけで十分だと思います。そもそも、支出のバランスを見て「じゃあ来週からは趣味のお金を減らそう」と実践できるなら、その行動力で連携できるアプリを探しているはずです。

中途半端に習慣化された家計簿をつけるという自己満足のために、日記感覚で家計簿をつけるなら、いっそ日記でもいいくらいです。大事なのは支出のバランスを把握することではなく、支出をコントロールするスキルを身につけて、しかもそれを実践に移す行動力を養うこと。

それはもう「確定申告アプリ」が必要

とはいえ、個人事業などで支出と収入を細かく記録する必要がある場合は、レシートなどを保存する習慣は必要です。ただ、より正確な収支の把握が必要になり、かつ絶対不可欠な作業になるため、根本的に必要なのは「確定申告アプリ」の方かも知れません。

レシートを売る

どうでもいいのですが、レシートなどの「商品の購入情報」は売れます。レシートを撮影するなどで家計簿をつけるなら、一緒にアプリで現金化できる手法についても学んでみてもいいかも知れません。

貯金ができる・増やせるアプリ「意志ではなくシステムの問題」
貯金ができないと自分の意思の弱さを呪いたくなりますが、むしろ「貯金するシステムを構築」しない自分の愚かさを憎むべきです。というわけで、貯金をシステム化し、さらに資産運用に回すのに便利なアプリを紹介します。

オフライン系家計簿のおすすめ

では、実際のアプリを紹介します。

家計簿おカネレコ

家計簿おカネレコは450万ダウンロード
450万ダウンロード
カレンダー
レシート読み込み

シンプルな入力方式で、会員登録などの煩わしい作業も不要。基本的機能は網羅。

しろくまさん
しろくまさん

個人的には、450万ダウンロードが圧巻ではあるけど、シリーズ累計ってのが少し引っかかる。アップデートではなく、別アプリで出されると連携しづらいですしね。

ぶちくま
ぶちくま

アプリとしては「カレンダー」での見やすさ、レシート撮影などの基本は抑えているので使用してみる価値はあるかな、と思います。

家計簿おカネレコ - 人気お小遣い帳家計簿(かけいぼ)

家計簿おカネレコ – 人気お小遣い帳家計簿(かけいぼ)

Smart Idea inc.無料posted withアプリーチ

家計簿おとなのおこづかいちょう

家計簿おとなのおこづかいちょう、グラフも見やすい
グラフも見やすい
家計簿おとなのおこづかいちょう、アイコンが可愛い
アイコンがいい
家計簿おとなのおこづかいちょう、収支の管理が見やすい
収支管理も見やすい

支出のカテゴリわけなども可愛くできるのでモチベーションは維持しやすい。デザイン面では大手アプリと差し支えないレベル。個人ディベロッパーなので、どこまで更新されるのかが懸念。

家計簿おとなのおこづかい帳

家計簿おとなのおこづかい帳

Masaki Hirano無料posted withアプリーチ

シンプル家計簿

シンプル家計簿、利用者数が100万人を突破
利用者100万人
シンプル家計簿、カスタマイズ性もある
カラバリも豊富
シンプル家計簿、分析レポート
分析レポート

利用者数が100万人なので、実際に活用している方だと、もう少し母数は少なく見積もった方がいい。そうなったとき、広告収入などで「果たしていつまで開発のメリットがあるか」を考える必要がある。

もし、100万人に近い人が毎日使う家計簿にしている場合は、かなり広告収入は得られていると思います。ただ、これが10万人くらいだと少し厳しいかも。

広告削除などはApp内課金でできます。プレミアムサービスもあります。詳細はアプリ解説をどうぞ。

シンプル家計簿 - 人気おこづかい帳の家計簿(かけいぼ)

シンプル家計簿 – 人気おこづかい帳の家計簿(かけいぼ)

Komorebi Inc.無料posted withアプリーチ

らくな家計簿

らくな家計簿をチェックする
らくな家計簿

オフラインの中では、1,500万ダウンロードを記録する、第一候補の筆頭は「らくな家計簿」だと思います。

前述の通り、サービスを継続するためには一定人数の利用者が必要です。「ダウンロード数≠利用者数」ではありますし、多くの顧客が連携アプリに流れていることを考えると実際の利用者数は案外少ないような気もしますが、それでも「一定数は非連携家計簿アプリの需要は維持される」ことを考えると、長く利用できるオフライン家計簿なんじゃないかと思います。

家計簿 - らくな家計簿   簡単!人気の家計簿(かけいぼ)

家計簿 – らくな家計簿 簡単!人気の家計簿(かけいぼ)

Realbyte Inc.無料posted withアプリーチ

気が変わって、連携するアプリに挑戦するなら

実際、連携しない家計簿アプリは玉石混交で「これだ」というものを選ぶのも結構大変なもんです。ここはひとつ、騙されたと思って「これからのアプリ」に自分の時間を投資してみてはいかがでしょうか。

Zaim

家計簿アプリZaimはGOOD DESIGN賞
家計簿アプリZaimはレシート読み取りできる
家計簿アプリZaimは連携もできる

こちらは基本的には連携アプリ。とはいえ、口座情報と連携しなければいいだけなので、試しに使う分にはおすすめ。

私はマネーフォワードを推していますけど、この数年でZaimもマネフォと差別化した方向でしっかりと進化してきました。Zaimは日常的な家計簿の使い方として進化し、「実際に生活するときにどんな便利があるか」という方向で使い勝手が向上しています。

私のイメージとしては、資産運用までは考えていないけど、アプリなどを使って家計の把握はしっかりとしたいという子育て世帯のママ向けのアプリかな、と思っています。ただ、今はママの方が資産運用に力を入れたりしていることもあり、どうせトライするならマネーフォワードかな、という気はします。

Zaimの使い方についての詳細が知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

2021年のZaim事情「新機能盛り沢山でオンリーワンに」
Zaimは一度切り捨てたアプリでしたが、最近になって急に新機能を実装し始めて何事かと思ったら、家計簿データを運用して統計データを利用できるサービスができて資金に余裕ができたようです。
家計簿Zaim

家計簿Zaim

Zaim Inc.無料posted withアプリーチ

夫婦の最適解はOshidOri

夫婦の最適解はOshidOriで決まりです。というのも、夫婦がお金の管理で揉めるのはお金のコミュニケーションがうまくいかないからです。

OshidOriは、夫婦のお金の管理がスムーズにできる工夫がたくさんあります。詳細は別記事で解説しますが、「あまり知られたくない個人消費」と「夫婦での家計管理」が共存できるのはOshidOriだけです。

OsidOriで家族・夫婦・パートナーの貯金を把握できるようにする
貯金管理・共有アプリのOsidOriが思いのほか使い勝手が良かったので情報をまとめておきました。財布分ける型のカップルや共働きで口座も別の夫婦はぜひ導入しておいてもらいたい。

また、「どうして夫婦でお金の話がうまくできないんだろう」というあたりの疑問についても、別記事でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

夫婦・カップル・パートナーと一緒に使える、おすすめの家計管理アプリ
当サイトでおすすめしている家計簿アプリはZaimと比較の末「MoneyForward Me」なのですが、夫婦で使うにはOshidOriがいいよ、という話をしました。このページでは、もう少し「夫婦やカップル、パートナーと家計...

と、色々書きましたが、読むよりも使う方が手っ取り早いのでぜひぜひ使ってみてください。

家計簿を共有!家族のかけいぼ-OsidOri

家計簿を共有!家族のかけいぼ-OsidOri

osidori無料posted withアプリーチ

お金を積極的に増やしたい

MoneyForward Me自体はすごく良くできた家計簿アプリです。ただ、いまいち金融情報が羅列されるだけで、面白みにかける。もっとゲームみたいにお金を増やしたい。豪遊したい。

流石に簡単にお金が増えるアプリは必ず裏があるので注意する必要がありますが、貯金感覚でできて貯金より利率のいいアプリはあります。この「お金を増やす仕組みがあるアプリ」辺りを紹介している記事もあります。

貯金ができる・増やせるアプリ「意志ではなくシステムの問題」
貯金ができないと自分の意思の弱さを呪いたくなりますが、むしろ「貯金するシステムを構築」しない自分の愚かさを憎むべきです。というわけで、貯金をシステム化し、さらに資産運用に回すのに便利なアプリを紹介します。
投資ならWealthnavi
WealthNaviの変動2021年6月

投資の話であれば、WealthNaviが一番手っ取り早いです。本当にただ入れただけの20万円が紆余曲折を経て27万円になりました。何もしないで7万円給付は助かります。もちろん、20万円割った時はヒヤヒヤしましたが。

WealthNaviアプリでお小遣いが欲しい【2年間の変動記録】
お小遣いがなくなったので、せめて資産運用でお小遣いを作ろうと思い、WealthNavi(ウェルスナビ)のアプリで年単位で数万円の定期収入を作ろうと思います。
WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi Inc.無料posted withアプリーチ

MoneyForwad ME

マネーフォワードは利用者数No1の家計簿アプリ
No.1
マネーフォワード MEは使い勝手もいい
みやすいデザイン
マネーフォワードはレシート撮影もできる
レシート撮影も

当サイトのおすすめはマネーフォワードです。

家計簿アプリ「マネーフォワードME」の不満と心配事
マネーフォワードをずっと使っていますが、Zaimのように大きなアップデートもなく少し物足りなく感じてきました。ただ、マネフォをやめられない理由や将来どの家計簿アプリが生き残るか、などつらつらと。

私は個人事業主になってしまったので「確定申告」などのアプリとの連携の都合もありますが、とにかく「お金」のことにしっかりと取り組むならマネーフォワードがおすすめです。

元々「連携しないアプリ」を探していたのに、ここまで読んでくれたあなただからこそ、どうせなら「マネーフォワード」を利用して、少しずつ「これからのお金」について取り組めるお手伝いができたらいいのかな、と思っています。

ぶちくま
ぶちくま

だって、この退屈な記事、1万字以上もあるんですよ。ここまで読めたあなたは、大体のことはなんだってできるはずです。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

おこづかい
スポンサーリンク
Apple製品を買うならちょっと待って!

Apple製品をご購入を検討の方におすすめの情報です。

楽天リーベイツで公式ショップのお買い物をすると

楽天リーベイツはご存知でしょうか。楽天経済圏に暮らす方にとってはポイントも「お金」と同じ価値になることは実感されるところだと思います。このポイントが溜まりやすくなるアプリです。

ぶちくま
ぶちくま

「ポイント貯めるのとか面倒」という方は、年間の損失額は結構えぐいことになっていますよ!

しろくまさん
しろくまさん

こういう細かいことをないがしろにできる人はサービス残業とかも平気そう。

面倒くさいな、と思った方も大丈夫。アプリで普通に買い物すればポイントがつく、くらいの感じなので本当に簡単ですよ。

普通はポイントがつかない公式ショップも対象

私が楽天Rebatesをお勧めするのは、ポイ活民でも二重取りしにくい「Apple公式オンラインショップ」をはじめとした「ほぼ定額の商品」でもポイントが発生すること。

しかも、やり方は簡単で、アプリ経由で気になる公式ショップをタップするだけ。リストは一例だけで、「あれはあるかな」は大体あります。

  • Apple
  • Microsoft
  • ヤマダ電機
  • Omni7/アカチャンホンポ
  • Edion
  • コジマネット
  • ノジマオンライン
  • Dyson
  • Joshin
  • Book-off
しろくまさん
しろくまさん

au Pay マーケットもポイントつくけど、複雑だけどお得なのはわかるね。

ぶちくま
ぶちくま

少し気になるだけの方も、情報収集で公式HPを眺めがてら、ぜひ利用してみてください!

全ての商品が対象というわけではないので、どういう商品が対象なのかも確認してみてください。

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました