家づくりでの失敗体験公開中!

ポイントで生活するならどっちがいいの【Yahoo!と楽天を比較】

スポンサーリンク

この記事を読むことで、自堕落な人間にとって、いかにポイント生活が大事であるかがわかる内容となっています。

何もせずにポイントが溜まっていくために必要なことは3つだけ。

  1. 自分の経済圏を把握する
  2. 情報は常にアップデートする
  3. 時には経済圏外での買い物を楽しむ

これだけです。あくまでもシステム構築が大事なので、普段の生活ではいかに手を抜くかが大事なのです。

スポンサーリンク

ポイント生活を目指してやるべきこと

当サイト管理人は、ひどく怠け者です。働かないで生きていく方法を考えることにかけては必死です。

まずは自分のポイント経済がどこにあるのかを把握する

ポイント経済圏については、クレジットカードをベースに考えるか、あるいは消費ルートで考えるかで意見が分かれるところです。

しかし、もっともわかりやすいのが、固定費を削られ続ける「携帯会社」をベースに考えてみると良いですよ。

つまり、以下のポイント経済が存在すると考えます。

  • Yahoo!やソフトバンクを筆頭とし、Tポイントを巻き込んだ「Yahoo!連合」
  • 使い道が生活圏に深く入り込まないものの、Amazonを取り入れて安定感の増した「dポイント」
  • 楽天市場から日本を飲み込む巨大ポイント牢獄を作り上げた「楽天ポイント」
  • ユーザー囲い込みは強いものの、外からみると使い道のない「au Wallet」

細かいことを言えば、小売店規模でもわけられそうですが、コンビニやスーパーに関しては、固定して利用することがあまりないので今回は割愛。

  • イオン系のWaon
  • セブン系のnanaco
  • ローソンのPonta

今までは楽天経済圏で胡座をかいていた

当サイト管理人は、楽天カードを利用し、メインの銀行は楽天銀行、余分な資金は即楽天証券で資産運用、と言う感じで、楽天経済圏で生活しているといっても過言ではないでしょう。

ぶちくま
ぶちくま

実は、ネットショッピングではAmazonセールを多用しているんですけどね。

すべての支出から楽天ポイントが発生しているので、楽天市場でキャッシュを使うことはほとんどありません。期間限定ポイントすら、いつの間にか消費されるので「ポイントを使うために買い物をする」と言う現代日本の大いなる矛盾によって浪費することもないのです。

PayPayのせいでYahoo!経済圏も視野に

楽天ポイントでなんとか生活できないかと考えていたところ、「実際、Yahoo・ソフトバンク連合の方が強力なんじゃね」と思って、より安定したポイント生活を目指すべく、Yahooに天下りを計画しています。

スポンサーリンク

Yahoo!経済圏がお得に感じる理由

今のYahoo!をお得に使い倒すためのキーワードは3つ。

  1. PayPayキャンペーンをこなす
  2. Yahoo!ショッピングで「いい買い物の日」攻略
  3. Yahoo!プレミアム会員の年会費をどう処理するか

PayPay

PayPayのサービス開始の影響がすごく大きい。バーコードで読み取れる電子決済は、簡易であり強力です。

簡易であるということは、普及していくということであり、一般のお店、例えば町の駄菓子屋で大判焼き買った時にでも簡単に使えるのはいいことです。

ぶちくま
ぶちくま

なにせ、私はもうほとんど小銭を持ち歩いていませんからね。

とはいえ、大判焼きは食べたい。お祭りのテキ屋でもPayPayできる日がくることでしょう。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

国内企業運営が安心

中国のAlipayなんかが有名でしたが、やはり国内の巨大企業によるサービスであるPayPayの方が安心して使えます。

オンライン決済もPayPayで

ヤフオク!とYahoo!ショッピングも対応

メルカリとラクマが大変に優秀なので、これまで愛用していたヤフオク!を使うことがあまりなくなりました。とはいえ、中古品でもいいものであれば一応はチェックします。

さて、そんなヤフオク!でのお会計も、PayPayで支払うことができるようになりました。クレジットカードは登録済みなので、ぶっちゃけ手間はそんなに変わりません。では何が変わるのか。

くわしいひと
くわしいひと

そう、特典です。

固定TポイントがPayPayの付与に変更

これが大きい。今まで、対応店舗は多いもののイマイチ使いづらかったTポイント。これがPayPayに変わります。ここで、上記のPayPayの魅力につながっていきます。PayPayの普及率にもよりますが、バーコード決済に対応する店舗はほぼPayPayに対応することは想像に難くないので、いろんなお店で使えるようになります。

「クレジットカードや、ネットストアで購入した際に発生するポイント関連は、全部PayPayにしておけば使い切れる」これが、これからのポイント生活の主軸になると思います。

Yahoo!ショッピングなどのネットショップの囲い込みが強い

私は、あまり人と接したくない性分があって、ネットショップを多用します。どこを利用するかは悩みどころですが、Yahoo!経済圏で生活すれば、答えは一択です。

LOHACOとYahoo!ショッピングで欲しいものは手に入る

楽天連合もそれなりに強力ではあるのですが、Yahoo連合の囲い込み方に比べればまだまだ甘ちょろい。

ソフトバンクによるインターネット・スマートフォンの牛耳り方もえげつないですし。格安SimだってY!mobileでいいわけですから、一番安心感がありますよね。楽天モバイルとはブランド力が違います。

スマホ利用者さえ囲い込めれば、そのままYahoo!ショッピングを利用しての「普段のお買い物」に使えます。LOHACOという強力なeコマースを所持しており、楽天市場について「普段使いに強い」サイトを持っています。

ぶちくま
ぶちくま

これは非常に大きい!

Amazonは普段使いには使いづらい?

Amazonの場合だと、プライム会員になってしまえばAmazonパントリーを利用して「もう田舎に至って家から出ないで生活できる」レベルで日用品を購入できます。

ぶちくま
ぶちくま

でも、みんながみんな、プライム会員じゃない。

また、Amazonは日本においてはやはりネットストアとしての展開でしか注目されておらず、「ポイントの囲い込み」としては、「Amazonポイントじゃ、アマゾンサービスでしか使えないからなぁ」というところで、今回の目標とするところの「ポイント生活」としては少し弱さを感じるところ。

ポイント生活者としては、寝たままいつの間にかポイントがたまっている、かつポイントも何も考えずに消費できる、というシステムの中に鎮座せねばなりません。そういった意味では、Amazonポイントに依存することはできないのです。あくまでも「買いたいものが安かった時にAmazonを利用する」に留まるのです。

PayPayで日常的な支払いに使う

まだこのレベルまで達していないのが残念なところですが、先ほど述べたように、町のどこでもPayPayできるようになる日は来ると思います。

現物のないサービスにもPayPay

簡単なサービスの支払いに取り入れやすい

例えば、私がブログ運営の学習会を街のカフェで開催するとします。参加者はPayPayで気軽に支払いをすることができます。そこで30分程度のワンポイントレッスンを行うとしましょう。

カフェにも自然とお客さんが来るので、お互いにいい効果がありますね。これを現金でやると、なんだかいかがわしい感じになってしまう。これがPayPayなどの決済方法で安全を担保しておくことで、「あんまり納得したことを教えてもらえなかった」という時にも、お金を取り返せる可能性があります。

お金を貰う方も、適当な運営をしてアカウント停止措置などされると面倒ですからね。現金よりも、安心した「気軽なマネタイズ」ができるようになると思います。値段は受講者の方がその都度決める、なんてのも面白いですし。

特別な機械が必要ないので取り入れやすい

読み取りがバーコードでいいっていうのは、こういった「気軽なお金儲け」をする上ではハードルが低くていいですね。バーコード表示はスマホさえあれば簡単にできますから。これがApplePayだったりスイカなどの電子決済ができる他のサービスだと、専用のリーダーが必要になったりして、運営側には余計な負担がかからないのは大きいです。これがPayPayが普及する可能性が高い理由です。

なんとなく続いているYahoo!プレミアム会員を活かす

ヤフオクのために入会していたYahoo!プレミアムを、今だに解約できずに過ごすこと10数年が経ちました。なんとか活かせないものかとYahoo!バックアップや、雑誌読んだりしてみていますが、正直サービスの弱さが目立ってきています。これが,
PayPayキャンペーンなどだと、Yahoo!プレミアムの得点を活かすことができる(可能性がある)のです。

PayPayキャンペーンでYahoo!プレミアム会員はキャッシュバック優遇対象に!

ちなみに、第一弾キャンペーンは終わってしまいました。第二弾を正座して待ってます。

2018年12月に行われた「100億あげちゃう! PayPayキャッシュバックキャンペーン」では、すべてのPayPay利用者に20%ポイント還元という大盤振る舞いがなされたにも関わらず、加えて、以下のような購入した分のポイントバックという特典がありました。

  1. PayPay利用者はすべて、40回に1回の確率で全額(10万円まで)キャッシュバック
  2. Yahoo!プレミアム会員なら20回に1回の確率でキャッシュバック
  3. ソフトバンク、Y!mobileサービス利用者は10回に1回の確率キャッシュバック

やばいですね。Twitterには、「10万キャッシュバックされた」ツイートで埋め尽くされていました。

初回のキャンペーンでインパクト付けたい目的もあったので、PayPayは一気に広まりました。

ぶちくま
ぶちくま

でも、キャンペーン終了後は話題にもならないよね

しろくまさん
しろくまさん

実際に利用すると便利な部分はあるんだけど、その他電子マネーの方が便利だし、加盟店の少なさもあらわになったよね。

継続性に欠ける部分はありましたが、バーコード(QRコード)リーダーさえあれば簡単に導入できる電子マネーの便利さを体験できるいい機会となりました。

欲しいものはセール時に一気に購入しポイント化

PayPayの場合は、2019年のYahoo!「いい買い物の日」に超高倍率で商品を買うことで、

ぶちくま
ぶちくま

あれ、買い物したのにまた買い物できるくらいにポイントがたまってる!

という不思議な体験をすることができます。興味がある方はぜひ。

スポンサーリンク

楽天経済圏だって負けてない!

Yahoo!経済圏に移る前に、私が実際に利用している楽天経済圏での生活についてお伝えします。

楽天セールが圧倒的にお得

楽天セールについてまとめた記事を参考に。

楽天SPUでポイントもシステム化

楽天SPUで基本ポイントの倍率がえげつないことになります。私は楽天カードを利用しているくらいで、これから楽天モバイルに入ろうと思っていますが、それでもかなりお得です。

【MNP予約番号電話】auのお姉さんが難攻不落すぎて引きとめられた
MVNO(格安SIM)に乗り換えるべく意を決してauにMNP予約番号発行手続きのための電話をしたら現金につられてまんまと引きとめられた話。au単体の契約であればすぐに解除できるが、インターネットのauひかりの契約があるとキャッシュバックを受けることができました。
ぶちくま
ぶちくま

勝手にポイントがザクザクたまるようにすると、もう抜け出せなくなる。

QRコード決済は楽天ペイでもいい

PayPayが思いの外伸びなかった場合は、このまま楽天グループに居座り続けて、楽天ペイが成長するのを待ちましょう。楽天Edyも強力な電子マネーですし、楽天スーパーポイントも使用したい方はたくさんいます。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

QRコード決済はキャンペーン合戦にならないの?

今回は、Yahoo!経済圏成長の礎とも言える、PayPayキャンペーンについて取り上げたので、比較するためにも他のQRコード決済できるサービスについてまとめてみましたよ!

ぶちくま
ぶちくま

ポイント生活の決め手となる、普段の消費をポイントに変える一番現実的な方法なので、要チェックです!

QR決済比較のための各社サービス一覧表

提供会社PayPay株式会社楽天株式会社OrigamiLINE Pay株式会社
ポイント名paypayボーナス楽天スーパーポイントキャッシュLINEポイント
還元率0.5%0.5% or 1.5%クーポン割引0.5〜2%
銀行口座チャージ
クレジットカードチャージ×
チャージに使えるクレジットカードのブランドVISA、MasterCard

(JCBはYahoo!Japanカードのみ)

(1審査)VISA,MasterCard

(2審査)JCB,AmericanExpress,ダイナース,Discover

VISA,MasterCard,JCB,アメックス,ダイナース,Discover

LINE payは少し弱い

ここまで、ポイント生活の話をしてきましたが、LINEも同様にQRコード決済を早期にサービス開始させていました。

LINEは経済圏を作るまでの母体はないので、ポイント生活をするという今回の目的では魅力に欠けるサービスです。

とはいえ、LINEのように、ほとんどのユーザーが使用するメッセージ系アプリは、「割り勘」などの決済の際には力を発揮するのも事実。

しろくまさん
しろくまさん

んじゃ、割り勘はLINEで、みたいな風習を作るまで持っていけばLINEにも一発逆転あり?

例えば、端数は全部LINE持ち、みたいなサービスをしばらく続けると面白いかもしれませんね。

 

ぶちくま
ぶちくま

LINEモバイルもあるし、若年層から無理なく顧客の囲い込みができるね!

Kyashとの重ねがけで強い楽天Pay

これは我々のような「細かいお得は絶対に見逃さない層」には有名な話なので、大きな声で説明するのは恥ずかしいのですが。

楽天Payを利用するのに、Kyashを紐付けしておき、Kyashへのチャージをクレジットカード(楽天カードなど)にすると、なんだかんだで3.5%ほど還元される、というものです。

3.5%還元さえるカラクリ

  1. クレジットカードでチャージするとクレジットカードのポイント還元(楽天カードなら1%)
  2. Kyashを支払い元に登録すると2%還元
  3. 楽天ペイで支払いをすると0.5%還元
  4. 合計で3.5%以上還元

ややこしいですが、一度支払いシステムを構築してしまえばそれほど難しいことは必要ではありません。

個人的にはポイントがばらつくのは使い勝手が悪くなるデメリットがあるので、ポイント生活圏を作りたいなら、楽天にまとめてしまった方がラクですけどね。(楽天カードで楽天Payをチャージすると1.5%還元)

クーポン利用でお得なOrigami Pay

「Origami Pay」もやばいよ、とこれは私の知人が言っていただけの情報なので信憑性は薄いですが。

Origami Payに関しては、何がやばいといえばクーポンがやばいです。

そもそもOrigami Payとは何?

QRコード決済としては老舗に当たるのがOrigami Payです。

Origami Payに関しても、支払いカードをKyashに設定することで、ポイント還元を受けることができます。

しろくまさん
しろくまさん

もう、なんでもKyash挟めておけばいい状態ですね。

Kyash次第ということ

これ、お分かりの通り、お得なようにみえるQRコード決済ができるサービスが、クレジットカード利用をKyashにしています。すべてKyashのポイント還元の上に成り立っているんですよね。なので、Kyashの体力が尽きた時点で、本当の戦いが始まると言ってもいいのです。

あるいはKyashが独自の施策を打ち出すことで、状況は大きく変化するとも考えられます。何れにせよ、キーマンはKyashでした。

Kyashって何よ?

Kyashとはクレジットカードのような使い方ができるプリペイドカードです。ここまで説明してきた、2%還元できるように、お得なポイントはいくつかあります。

  • 年会費無料
  • Visaカードがスマホで作れる
  • スマホ操作でロックもかけられる
  • 手数料無料で、送金・請求ができる

実際に使ってみるのが、一番理解が早いですね。

利用上限でお得度も半減

ちなみにKyashは支払い限度額があるので、普段使いのカードに設定していると

ぶちくま
ぶちくま

急に使えなくなって焦った!

ということになりかねないので、ご注意を。

支払可能金額等

  1. 保有限度額
    1. Kyash(口座): 1,000万円以下
    2. Kyash(カード): 10万円以下
  2. 1回あたりの支払上限
    1. Kyash(口座):30万円以下
    2. Kyash(カード): 3万円以下
  3. 1回あたりの送金上限
    1. Kyash(口座):10万円以下

Kyash(カード)の利用上限:月間12万円以下、有効期間内100万円以下の支払

年間12万円というと、年間2,400円の話なので、「まぁやらなくてもいいかな」というところかとは思いますが、設定しておくだけで2,400円もらえるとなると逃すのは勿体無い、というのが我々倹約家の心理です。

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

結論としては一極集中しながら大勢を読むべし

楽天利用者は無理して移動することない

というわけで、すでに楽天経済圏にいる方であれば、そのままどっぷりと腰を下ろして、強いて言うなれば楽天Payの支払いクレジットカードをKyashにしておくくらいの施策がベストと言えそうです。

ただ、「100億円あげちゃう」のような、明らかにお得なキャンペーンが出た時に、柔軟に対応できる準備はしておいた方がいいですね。今更ながら、ミラーレス一眼を買えばよかったと後悔しています。

Yahoo!経済圏に入るのは少し待て

Yahoo!と言うべきか、ソフトバンクと言うべきかは微妙なところですが。
Yahoo連合には急いで加入する必要はないでしょう。

どうせ一時的と思ったPayPayキャンペーンもすぐに終わってしまいましたしね。

ただ、「いい買い物の日」のようにお得なセールをうまく渡り歩きながら、かつYahoo!プレミアム会員のような無駄な年会費がかかるものに関しては見直しも必要だと言うのが今回の結論でした。

ぶちくま
ぶちくま

Yahoo !の会員は、微妙にお金がかかりながら、それほどサービスが良いとは感じないのが難点ですね(個人の感想です)

Yahoo!楽天
スポンサーリンク
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント