PR

スマートレシート:レシートポイント化おすすめアプリ「電子化のメリット」

スポンサーリンク

レシートアプリの「スマートレシート」に関する情報をまとめています。

このページでは以下のポイントを押さえて情報をまとめています。

  • 新着ニュース
  • レシートアプリの類似サービス・製品
  • SNSなどでの口コミ・評判

少しでも情報収集に役立てば嬉しいです!

スポンサーリンク

2024年の「スマートレシート」新着情報まとめ

レシートアプリや「スマートレシート」について調べている際に見つけた新着情報についてはここの項目で随時更新しています。

レシートアプリ/スマートレシートに関する新着ニュース

製品名に関する新着ニュースをまとめています。

「160万人のレシートデータが示す、2023年の買い物動向速報」

「160万人のレシートデータが示す、2023年の買い物動向速報」

2024年1月14日の、東芝データ株式会社による買い物動向の速報に関する情報をお届けします。

  • 2023年12月の平均購入金額は前年比約4.3%(133円)増加
  • 月別の平均購入金額のピークは例年通り12月に記録
  • 平均単価は前年比約2.6%増、平均購入数量約1.7%増
  • 東芝データは、電子レシートサービス「スマートレシート®」のデータを基に分析
ニュースについてのポジティブな影響や意見

このデータは、消費行動の詳細な分析と理解を促進し、家計管理や商品開発、政策立案に役立つ可能性があります。また、デジタルレシートサービスの普及は、紙の使用を減らし環境保護に貢献している。

ニュースについてのネガティブな影響や意見

一方で、消費者の購入金額の増加は、物価の上昇や経済的な負担を反映している可能性があり、一部の消費者にとっては家計へのプレッシャーとなるかもしれません。

追加情報/補足

「スマートレシート®」は、東芝テックが開発したサービスで、紙のレシートをデジタル化し、スマートフォンで購入履歴を確認できるようにするものです。このサービスは、消費者が家計管理を簡単に行えるように支援しています。

公式サイト: スマートレシート®

「買い物データの分析結果」

平均購入金額平均単価平均購入数量
2023年12月約4.3%増 (133円増)約2.6%増 (約6.8円増)約1.7%増 (約0.2点増)

*注: 「スマートレシート®」は東芝テック株式会社の登録商標です。

スマートレシートに関連した当サイトの参考ページを紹介

「スマートレシート」に関連した私が取り扱うサイトの各ページへのリンクを紹介していきます。

お得情報が知りたいならこちら

スマートレシートを活用して、お得に買い物する方法を探求しましょう。

楽天スーパーセールっていっぱい買い物しないといけないから損じゃね

楽天スーパーセールはお得か、それとも損か?この記事では、楽天経済圏での生活のコツや、セール時の賢い買い物方法を解説しています。楽天スーパーセールについて詳しくはこちら

【Yahoo!ショッピング】「いい買い物の日」でポイントザクザク生活

Yahoo!ショッピングの「いい買い物の日」セールでどのようにポイントを最大化するか、この記事が解説しています。特にソフトバンクユーザーやYahoo!プレミアム会員には必見の内容です。「いい買い物の日」の詳細はこちら

マックのクーポン、チラシとアプリどっちが安いの?

マクドナルドの割引クーポンを最大限活用する方法について、チラシとアプリの比較を通じて解説しています。お得な情報が満載です。マクドナルドのクーポン情報はこちら

レシートアプリを使いこなすなら家計簿もチェック

スマートレシートと組み合わせることで、より効率的な家計管理が可能になります。

ポイ活にお勧めしたい家計簿アプリの活用方法

ポイントを賢く稼ぐための家計簿アプリの選び方や活用方法について、この記事で詳しく解説しています。家計簿アプリの活用法はこちら

パソコンでも家計簿アプリを使う場合はどうしたらいい?

パソコンで家計簿を管理する際のヒントや、家計簿アプリのPC版の利用方法について、こちらの記事で詳しく紹介しています。パソコンでの家計簿管理についてはこちら

家族で共有して使いやすい家計簿アプリはどれ?

家族間での家計簿の共有や、使いやすいアプリの選び方に関する記事です。効率的な家計管理に役立ちます。家族での家計簿共有に関する情報はこちら

スポンサーリンク

レシートアプリ「スマートレシート」の基礎知識

レシートアプリの基礎知識や、レシートアプリの類似商品/サービスに関する情報をまとめています。

スマートレシートはおすすめできる?

スマートレシートはおすすめできる?

スマートレシートは、紙のレシートをデジタル化し、買い物の便利さとエコを実現する画期的なサービスです。このシステムは、バーコード提示や会員カード連携により、レシートの電子化を可能にしています。ただし、一部の店舗では会員カード連携が対象外となる場合があるので注意が必要です。

スマートレシートの基本機能

  • レシート発行: お会計時にバーコードを提示するだけで、レシートが電子化されます。会員カードとの連携も可能ですが、全ての店舗で利用できるわけではありません。
  • レシート確認: 最新のレシートはアプリで簡単に確認でき、紙のレシートや領収証の発行も可能です。
  • レシートダウンロード: レシートを画像やPDF形式でダウンロードし、メールで送信して保存することができます。

お得な追加機能

  • キャンペーン応募: スマートレシートを利用すると、キャンペーン応募が簡単になります。対象商品を購入すると、レシート詳細画面に応募可能なキャンペーンが表示されます。
  • クーポン使用: 会員限定で配布されるクーポンを利用して、お得に買い物ができます。
  • スタンプカード: お店での買い物で自動的にスタンプが貯まる電子スタンプカードを利用できます。

その他の便利機能

  • マイストア機能: よく利用する店舗を登録して、お得な情報を受け取ることができます。
  • 通知機能: 新しいレシートの発行やキャンペーンのお知らせなど、重要な情報を通知で受け取ることが可能です。
  • セルフメディケーション税制関連機能: 対象の市販薬の購入履歴を集計し、所得控除を受ける際に役立ちます。

総合評価

スマートレシートは、紙のレシートをデジタル化することで環境に優しく、さまざまな便利機能でお得感を提供します。しかし、一部店舗では利用できできない場合があります。

利用可能な店舗であれば、スマートレシートは非常に便利で、環境に優しい選択肢となります。

また、キャンペーン応募やクーポン利用、スタンプカードなどの追加機能は、ショッピング体験をより豊かにします。ただし、これらの機能を最大限に活用するためには、アプリに対応している店舗での利用が必須です。

全体的に見ると、スマートレシートは日常の買い物を便利でお得にする魅力的なツールですが、利用できる店舗や機能については事前に確認することが推奨されます。

スマートレシートの気になる使い方

スマートレシートの気になる使い方

スマートレシートは、日々の買い物を便利かつ効率的に管理するためのツールです。このアプリを通じて電子レシートの閲覧、集計、キャンペーンへの応募、クーポンの利用、そしてレシートデータの出力が行えます。

電子レシートの閲覧と管理

  • 電子レシートとは: お会計時に紙で渡されるレシートを電子化したもので、スマートレシートアプリ上で管理・確認ができます。
  • レシートの確認: お会計後「レシート」ボタンを選択して、最新のレシートをすぐに確認することが可能です。

キャンペーンへの応募とクーポンの利用

  • キャンペーンへの応募: スマートレシートを通じて、対象の商品や金額分のお買い物をした際に簡単にキャンペーンに応募できます。
  • クーポン利用: スマートレシート会員限定でクーポンが配布され、選んだ店舗でお得に買い物ができます。

スマートレシートのアカウント管理

  • 登録情報: 携帯電話番号またはメールアドレス、パスワード、郵便番号、性別、生年月日の入力が必要です。
  • ログイン問題: タイムアウトやパスワード忘れの場合、再度ログインまたはパスワードの再設定が必要になります。

その他の注意点

  • 紙のレシートの発行: 紙のレシートの発行可否は店舗によって異なります。返品時には電子レシートを提示してください。
  • アプリの削除と再インストール: アプリを削除してもデータは消えず、再度ログインすることで以前のレシートデータを参照できます。

スマートレシートは、お買い物の履歴をデジタル化し、管理を容易にする便利なツールです。しかし、アプリの使用にあたっては、登録情報の管理やログイン問題への対処、紙のレシート発行の可否など、いくつかの注意点を理解しておくことが重要です。

レシートアプリの安全性は信頼できる?

レシートアプリは、日常の買い物レシートを使ってポイントや現金を得る方法として人気がありますが、その安全性については利用者からの関心も高いトピックです。これらのアプリを使用する際には、個人情報の取り扱いやアプリの信頼性が重要な検討ポイントになります。

安全性の評価基準

レシートアプリの安全性を評価する際、最も重要な基準はアプリの運営会社、サービス運営歴、会員数(利用者数)です。運営元の信頼性、運営実績、世間からの信頼度がこれらの基準で判断され、ユーザーにとって信頼できるアプリかどうかを見極めることができます​​。

人気アプリの安全性と特徴

市場には多くのレシートアプリが存在しますが、人気のあるアプリは通常、高い安全性と利用者に優れた経験を提供する特徴を持っています。これには、レシートの画像送信要件、ポイントの交換方法、特定の商品に関する要件などが含まれます​​​​​​​​​​​​​​​​。

利用者の声と評価

実際の利用者の声や評価は、アプリの安全性を判断するうえで非常に重要です。利用者はアプリの使いやすさやポイントの貯めやすさ、家計簿機能の有効活用などを基に、アプリを評価しています​​​​​​。

  • 安全性の評価基準: 運営会社、運営歴、会員数
  • 人気アプリの特徴: 高い安全性、使いやすさ、良好なポイント還元率
  • 利用者の評価: アプリの使い勝手、機能性、家計簿機能の有効活用

レシートアプリの安全性を正しく評価するためには、運営会社の信頼性、アプリの特徴、実際の利用者の声と評価を総合的に考慮することが必要です。

レシートアプリでポイントを稼ぐ方法

レシートアプリでポイントを稼ぐ方法

レシートアプリを使用してポイントや現金を稼ぐ方法は、日常の買い物を有効活用する賢いアプローチです。これらのアプリは、ユーザーがレシートの画像を送信することで、ポイントを獲得し、その後で現金やギフトカードなどに交換する仕組みを採用しています。

アプリ選びのポイント

レシートアプリを選ぶ際には、安全性、ポイント還元率、利用しやすさなどが重要な要素です。安全性の高いアプリの見分け方としては、運営会社の信頼性、サービス運営歴、会員数(利用者数)が考慮されます​​。

ポイント獲得の流れ

ポイントを稼ぐための一般的な流れは、まずアプリをダウンロードし、必要な情報を入力して登録することから始まります。その後、レシートの画像をアプリに送信し、ポイントを獲得します。獲得したポイントは、アプリによって異なるが、一般的には現金やギフトカードなどに交換可能です​​。

利用者の評価とキャンペーン情報

実際の利用者の評価や口コミは、アプリ選びの際に参考になります。また、アプリによっては特定のキャンペーンを行い、ポイント獲得のチャンスを提供しています。これらの情報をチェックすることで、より効率的にポイントを稼ぐことが可能です​​​​。

  • アプリ選びのポイント: 安全性、ポイント還元率、利用しやすさ
  • ポイント獲得の流れ: アプリ登録後、レシート送信でポイント獲得
  • 利用者の評価とキャンペーン情報: 実際の利用者の声とキャンペーンを活用

これらのポイントを踏まえ、レシートアプリを上手く活用することで、日々の買い物が小さな収入源に変わる可能性があります。

レシートアプリと家計簿利用

レシートアプリと家計簿利用

レシートアプリは、単にポイントや現金を稼ぐ手段にとどまらず、家計簿としての活用も可能です。これにより、日々の支出を効率的に管理し、財務状況をより明確に把握することができます。

レシートアプリの家計簿機能

多くのレシートアプリは、レシートの画像を送信することで自動的に支出を記録し、家計簿として利用することができます。これにより、手間をかけずに日々の支出を追跡し、財政管理を効率化することが可能になります​​。

レシートアプリの分析機能

いくつかのレシートアプリには、支出の分析機能が備わっており、カテゴリ別の支出を可視化することができます。これにより、どのカテゴリにどれだけの費用を使っているかを一目で確認し、無駄遣いを抑えることができます​​。

レシートアプリのユーザーフレンドリーさ

レシートアプリは使い勝手が良く、家計簿アプリとしても容易に使えることが多いです。特に、レシートの読み取り精度が高く、手入力の手間を省くことができるアプリは、ユーザーにとって特に便利です​​。

  • 家計簿としての機能: レシート送信で自動的に支出記録
  • 分析機能: カテゴリ別の支出を可視化して無駄遣いを抑制
  • ユーザーフレンドリー: 高い読み取り精度と手入力の手間削減

これらの特徴により、レシートアプリは単なるポイント稼ぎのツール以上の価値を持ち、家計簿としての利用にも最適です。

2024/03/20時点でのランキング

家計簿アプリのまとめ記事はこちらにあります。他のページに移動するのは面倒という方はここで簡易版をご覧ください。

2024年の家計簿アプリ、どれにする?「レシート読取は時代遅れ」
家計簿アプリに関する諸注意やおすすめなどの情報をまとめました。家計簿アプリの危険性や、安全なアプリの選び方について説明しています。

 

  1. マネーツリー(MoneyTree)
  2. Zaim
  3. OshidOri
  4. マネーフォワードME
  5. ファミリーバンク

 

2024/03/20に更新したランキングになります。

マネーフォワードMEが「金融サービスの連携数」が10件から4件に引き下げ対応となったことを受け、「有料前提」として4位に下げました。

無料での使いやすさとバランスで考えると、現在はMoneyTreeを上位に。

MoneyTree(マネーツリー)が1位の理由

    • 無料でできる範囲が圧倒的で、広告まで非表示

    • 他は無料で利用できるレシート読み取りが一部有料プランのみ対応

    • 個人情報やセキュリティ対応が誠実

これからの時代はMoneytreeのような「個人情報はしっかり守ろう、利用するならフェアであろう」みたいな家計簿アプリの方が安心できるんじゃないかと思い、2位へ。

Moneytreeを利用するかどうか悩んだら

Moneytreeの情報をまとめたページはこちらになります。

家計簿アプリ「Moneytree」がいまいちと感じるところ
家計簿アプリ「Moneytree」、実はセキュリティ面への配慮はトップクラスで、しかも無料でできることが多いことから、改悪マネフォの移行先として人気が高いんです。

Zaim(ザイム)が2位の理由

    • 細かな機能改善は高評価

    • マネーフォワードとの二択になった時の押しの弱さ

    • 2位ポジションからの脱却に期待

かめ
かめ

zaimを選んで損することはないけど、マネフォが強すぎて競り合った時の「押し」が欲しいところ。

zaimを利用するかどうか悩んだら

zaimの最新機能やいいところ、悪いところ情報をまとめた記事はこちらになります。

Zaimの最新事情「新機能盛り沢山でオンリーワンに」
Zaimは一度切り捨てたアプリでしたが、最近になって急に新機能を実装し始めて何事かと思ったら、家計簿データを運用して統計データを利用できるサービスができて資金に余裕ができたようです。

また、zaimの有料プランについて悩んだ場合にはこちらのページを参考にしてみてください。

Zaimの有料会員で生活は変化するのか、プレミアムな比較検討を
Zaim、かなり進化しています。マネフォユーザーの私が言うことでもありませんが、家計簿として然るべき進化をした先にZaimがあるような気がしてきました。有料会員のお得度などを考察しています。

OshidOri(オシドリ)が3位の理由

    • カップル・夫婦特化というニッチな需要にしっかり応える

    • 財布を分ける前に、まずは二人でお金の話ができる習慣を

しろくま
しろくま

私の反省なんですけど、夫婦でしっかり稼ぐ場合、財布わけがちだけど、一度分けた財布を一緒にするのってけっこう大変。

特に、子供が生まれると、今まで平等だった「稼ぎ」のバランスが崩れるので、フェアであり続けるには財布は分けてても目標や合算資産は把握できた方が絶対にいいです。本当に。

家計簿を共有!家族のかけいぼ-OsidOri

家計簿を共有!家族のかけいぼ-OsidOri

osidori無料posted withアプリーチ

OshidOriを利用するかどうか悩んだら

OshidOriの情報をまとめたページはこちらになります。

OsidOriで家族・夫婦・パートナーの貯金を把握できるようにする
貯金管理・共有アプリのOsidOriが思いのほか使い勝手が良かったので情報をまとめておきました。財布分ける型のカップルや共働きで口座も別の夫婦はぜひ導入しておいてもらいたい。

カップルで資産を管理することについて考えたことなどをまとめた記事はこちらになります。

夫婦・カップル・パートナーと一緒に使える、おすすめの家計管理アプリ
家計簿のデータ、共有したくないですよね。自分で稼いだお金の使い道までとやかく言われたくないし。ですが、メリットも多いのです。逆に言えば「あまりしたくないお金の情報」を共有する最高のツールですからね。

MoneyForward(マネーフォワード)ME)が4位の理由

「無料で使いづらくなる」仕様変更があり4位へ。ただし、有料プランを検討した場合は圧倒的1位。今後もサービス拡充が期待できます。

    • ユーザー数が1,200万人と圧倒的

    • 家計簿アプリとしての機能は申し分なし

当サイトでのマネーフォワードアプリの掲載は休止しています。

マネーフォワードを利用するかどうか悩んだら

マネーフォワードの新機能やいいところ・悪いところなどの情報が知りたければこちらの記事をご覧ください。

家計簿アプリ「マネーフォワードME」の不満と心配事
マネーフォワードをずっと使っていますが、Zaimのように大きなアップデートもなく少し物足りなく感じてきました。ただ、マネフォをやめられない理由や将来どの家計簿アプリが生き残るか、などつらつらと。

プレミアムプランの利用で悩んだ際にはこちらの記事をどうぞ。

マネーフォワードME、プレミアム会員に移行するか悩む
マネーフォワード、月額500円、プレミアムは果たしてお得なのか考えて小一時間。結論は「無料でいいや」なんですけど、お得に使いこなせる人のために「どこがお得か」を解説しました。

ファミリーバンクが5位の理由

家族で口座共有できるファミリーバンクのサービスが面白かったので紹介しておきます。

ファミリーバンクはおすすめ?夫婦利用でイマイチだと思ったポイント
夫婦/カップルで「共同口座」を持つ際に便利な、ファミリーバンクに関するレビューをしています。率直に言えば「家計簿としては微妙」な部分はありますが、まだ生計を共にする前の2人がお金の面でも腹を割って協力する時に便利なサービスだと思います。

    • 「家族でWebサービスのログイン共有」など、家計簿とは違う方向へのアプローチあり
    • 家計簿としては「たくさんの口座連携をしたい」という需要は満たせない
    • 他の家計簿を利用していて「家族で収入・支出を統一した窓口が欲しい」という時におすすめ。
ファミリーバンク-共同口座アプリ(夫婦・カップルのお金管理)

ファミリーバンク-共同口座アプリ(夫婦・カップルのお金管理)

FamilyTech, Inc.無料posted withアプリーチ

進化するレシートアプリの機能

レシートアプリはただポイントを稼ぐ手段を提供するだけではなく、日々進化し、多様な機能を備えてユーザーの生活を便利にしています。これらの機能により、買い物の効率化や家計管理が容易になります。

自動的な家計簿機能

最新のレシートアプリは、レシートの写真を送信するだけで自動的に支出を記録し、家計簿として利用できる機能を提供しています。これにより、ユーザーは手間をかけずに日々の支出を管理できるようになります​​​​。

ポイントとキャッシュバックの統合

多くのレシートアプリは、ポイント獲得だけでなく、キャッシュバックの提供も行っています。これにより、ユーザーはより多くの節約を実現でき、買い物の際に実質的な割引を享受できます​​​​​​。

データ分析とカスタマイズされたオファー

レシートアプリは、購入データの分析を通じて、個々のユーザーの購買行動に合わせたカスタマイズされたオファーやクーポンを提供するようになっています。これにより、利用者により適したショッピング体験が可能になります​​​​​​。

  • 自動的な家計簿機能: レシート送信での支出記録
  • ポイントとキャッシュバックの統合: 買い物の節約効果
  • データ分析とカスタマイズされたオファー: 個々の購買行動に合わせたクーポン提供

これらの機能により、レシートアプリは単なるポイント稼ぎのツールから、生活全般をサポートする多機能なツールへと進化しています。

レシートアプリのおすすめが知りたい!

レシートアプリのおすすめが知りたい!

レシートアプリは、日々の買い物からポイントや現金を獲得する便利な方法です。どのアプリを選ぶかは、利用者の目的や好みによって異なります。ここでは、特におすすめのレシートアプリとその特徴を紹介します。

高ポイント還元率のアプリ

一部のアプリは、特にポイント還元率が高いことで知られています。たとえば、「CASHb」は、特定のキャンペーン商品を購入すると高額なポイントが付与されると評価されています。これらのアプリは、特にポイントや現金を効率的に稼ぎたい人におすすめです​​。

利用者評価が高いアプリ

利用者の評価が高いアプリは、使い勝手や安全性などで高い信頼を得ています。例えば、「ONE」は、レシートを撮影するだけで簡単にポイントが貯まると高く評価されています。また、アプリ専用モールでのショッピングもポイント獲得の手段として利用できます​​。

独自機能を持つアプリ

いくつかのアプリは、他にはないユニークな機能を提供しています。例えば、「CODE」では、レシートの撮影後に商品のバーコードを読み取ることでポイントが貯まります。このようなアプリは、楽しみながらポイントを稼ぎたい人に適しています​​。

  • 高ポイント還元率: 特定のキャンペーン商品購入で高額ポイントが付与
  • 利用者評価が高い: 使い勝手や安全性で高評価
  • 独自機能を持つ: レシート撮影後のバーコード読み取りなどユニークな機能

これらのアプリは、ポイント獲得を目的とする方に特におすすめできるものばかりです。利用者のニーズに合わせて最適なアプリを選ぶことが大切です。

おすすめのレシートアプリ

レシートアプリに関する情報をまとめています。

スマートレシートの口コミ・評判

スマートレシートの情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

X(Twitter)の情報

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「スマートレシート」と検索できます。

スマートレシートの知っておきたいよくあるQ&A

Q
スマートレシートとは何ですか?
A

スマートレシートは、紙のレシートをデジタル化するサービスです。これにより、レシートの管理が容易になり、買い物の履歴を効率的に追跡することができます。

Q
スマートレシートでできることは何ですか?
A

スマートレシートを利用することで、電子レシートの閲覧、購入履歴の集計、キャンペーンへの応募、クーポンの利用、およびレシートデータの出力が可能です。

Q
スマートレシートの利用にはどのような情報の入力が必要ですか?
A

スマートレシートを利用するためには、携帯電話番号またはメールアドレス、パスワード、郵便番号、性別、生年月日などの基本情報の登録が必要です。

Q
スマートレシートでのキャンペーン応募方法は?
A

スマートレシートアプリ内から直接、購入した商品に関連するキャンペーンに応募することができます。対象商品を購入し、アプリ上で表示される指示に従って応募を完了させます。

Q
スマートレシートのアカウントを機種変更後も使用できますか?
A

はい、可能です。機種変更後も登録済みの情報を使用してログインすれば、以前と同じアカウントを利用できます。データはアカウントに紐づいているため、新しいデバイスでも以前のレシート履歴を参照できます。

「スマートレシート」に関して参考になる記事リスト

レシートアプリや「スマートレシート」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

おすすめのレシートアプリ

レシートアプリに関する情報をまとめています。

2024/03/20時点でのランキング

家計簿アプリのまとめ記事はこちらにあります。他のページに移動するのは面倒という方はここで簡易版をご覧ください。

2024年の家計簿アプリ、どれにする?「レシート読取は時代遅れ」
家計簿アプリに関する諸注意やおすすめなどの情報をまとめました。家計簿アプリの危険性や、安全なアプリの選び方について説明しています。

 

  1. マネーツリー(MoneyTree)
  2. Zaim
  3. OshidOri
  4. マネーフォワードME
  5. ファミリーバンク

 

2024/03/20に更新したランキングになります。

マネーフォワードMEが「金融サービスの連携数」が10件から4件に引き下げ対応となったことを受け、「有料前提」として4位に下げました。

無料での使いやすさとバランスで考えると、現在はMoneyTreeを上位に。

MoneyTree(マネーツリー)が1位の理由

    • 無料でできる範囲が圧倒的で、広告まで非表示

    • 他は無料で利用できるレシート読み取りが一部有料プランのみ対応

    • 個人情報やセキュリティ対応が誠実

これからの時代はMoneytreeのような「個人情報はしっかり守ろう、利用するならフェアであろう」みたいな家計簿アプリの方が安心できるんじゃないかと思い、2位へ。

Moneytreeを利用するかどうか悩んだら

Moneytreeの情報をまとめたページはこちらになります。

家計簿アプリ「Moneytree」がいまいちと感じるところ
家計簿アプリ「Moneytree」、実はセキュリティ面への配慮はトップクラスで、しかも無料でできることが多いことから、改悪マネフォの移行先として人気が高いんです。

Zaim(ザイム)が2位の理由

    • 細かな機能改善は高評価

    • マネーフォワードとの二択になった時の押しの弱さ

    • 2位ポジションからの脱却に期待

かめ
かめ

zaimを選んで損することはないけど、マネフォが強すぎて競り合った時の「押し」が欲しいところ。

zaimを利用するかどうか悩んだら

zaimの最新機能やいいところ、悪いところ情報をまとめた記事はこちらになります。

Zaimの最新事情「新機能盛り沢山でオンリーワンに」
Zaimは一度切り捨てたアプリでしたが、最近になって急に新機能を実装し始めて何事かと思ったら、家計簿データを運用して統計データを利用できるサービスができて資金に余裕ができたようです。

また、zaimの有料プランについて悩んだ場合にはこちらのページを参考にしてみてください。

Zaimの有料会員で生活は変化するのか、プレミアムな比較検討を
Zaim、かなり進化しています。マネフォユーザーの私が言うことでもありませんが、家計簿として然るべき進化をした先にZaimがあるような気がしてきました。有料会員のお得度などを考察しています。

OshidOri(オシドリ)が3位の理由

    • カップル・夫婦特化というニッチな需要にしっかり応える

    • 財布を分ける前に、まずは二人でお金の話ができる習慣を

しろくま
しろくま

私の反省なんですけど、夫婦でしっかり稼ぐ場合、財布わけがちだけど、一度分けた財布を一緒にするのってけっこう大変。

特に、子供が生まれると、今まで平等だった「稼ぎ」のバランスが崩れるので、フェアであり続けるには財布は分けてても目標や合算資産は把握できた方が絶対にいいです。本当に。

家計簿を共有!家族のかけいぼ-OsidOri

家計簿を共有!家族のかけいぼ-OsidOri

osidori無料posted withアプリーチ

OshidOriを利用するかどうか悩んだら

OshidOriの情報をまとめたページはこちらになります。

OsidOriで家族・夫婦・パートナーの貯金を把握できるようにする
貯金管理・共有アプリのOsidOriが思いのほか使い勝手が良かったので情報をまとめておきました。財布分ける型のカップルや共働きで口座も別の夫婦はぜひ導入しておいてもらいたい。

カップルで資産を管理することについて考えたことなどをまとめた記事はこちらになります。

夫婦・カップル・パートナーと一緒に使える、おすすめの家計管理アプリ
家計簿のデータ、共有したくないですよね。自分で稼いだお金の使い道までとやかく言われたくないし。ですが、メリットも多いのです。逆に言えば「あまりしたくないお金の情報」を共有する最高のツールですからね。

MoneyForward(マネーフォワード)ME)が4位の理由

「無料で使いづらくなる」仕様変更があり4位へ。ただし、有料プランを検討した場合は圧倒的1位。今後もサービス拡充が期待できます。

    • ユーザー数が1,200万人と圧倒的

    • 家計簿アプリとしての機能は申し分なし

当サイトでのマネーフォワードアプリの掲載は休止しています。

マネーフォワードを利用するかどうか悩んだら

マネーフォワードの新機能やいいところ・悪いところなどの情報が知りたければこちらの記事をご覧ください。

家計簿アプリ「マネーフォワードME」の不満と心配事
マネーフォワードをずっと使っていますが、Zaimのように大きなアップデートもなく少し物足りなく感じてきました。ただ、マネフォをやめられない理由や将来どの家計簿アプリが生き残るか、などつらつらと。

プレミアムプランの利用で悩んだ際にはこちらの記事をどうぞ。

マネーフォワードME、プレミアム会員に移行するか悩む
マネーフォワード、月額500円、プレミアムは果たしてお得なのか考えて小一時間。結論は「無料でいいや」なんですけど、お得に使いこなせる人のために「どこがお得か」を解説しました。

ファミリーバンクが5位の理由

家族で口座共有できるファミリーバンクのサービスが面白かったので紹介しておきます。

ファミリーバンクはおすすめ?夫婦利用でイマイチだと思ったポイント
夫婦/カップルで「共同口座」を持つ際に便利な、ファミリーバンクに関するレビューをしています。率直に言えば「家計簿としては微妙」な部分はありますが、まだ生計を共にする前の2人がお金の面でも腹を割って協力する時に便利なサービスだと思います。

    • 「家族でWebサービスのログイン共有」など、家計簿とは違う方向へのアプローチあり
    • 家計簿としては「たくさんの口座連携をしたい」という需要は満たせない
    • 他の家計簿を利用していて「家族で収入・支出を統一した窓口が欲しい」という時におすすめ。
ファミリーバンク-共同口座アプリ(夫婦・カップルのお金管理)

ファミリーバンク-共同口座アプリ(夫婦・カップルのお金管理)

FamilyTech, Inc.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

「スマートレシート」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「レシート 電子 電子 レシート」に関する最新情報です。

    イオングループは、約4000店舗で電子レシートを導入することを発表しました。この電子レシートは、購入情報を紙で提供する代わりにスマートフォンに表示される仕組みで、レシート用のロール紙の削減を図ることが目的です。買い物客はアプリを使用して電子レシートを確認することが可能で、利用者の10%が電子レシートを利用する見込みで、年間7万8000本の樹木を節約する効果が期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiUmh0dHBzOi8vbmV3cy5nb28ubmUuanAvYXJ0aWNsZS93ZWJ0YW5faW1wcmVzcy90cmVuZC93ZWJ0YW5faW1wcmVzcy1ub2RlXzQ3MTk4Lmh0bWzSAVZodHRwczovL25ld3MuZ29vLm5lLmpwL2FtcC9hcnRpY2xlL3dlYnRhbl9pbXByZXNzL3RyZW5kL3dlYnRhbl9pbXByZXNzLW5vZGVfNDcxOTguaHRtbA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「レシート 削減 2023」に関する最新情報です。

    2023年度に東芝データ株式会社と東芝テック株式会社が導入した電子レシートサービス「スマートレシート®」により、約5,600万枚の紙レシートが削減された。削減した紙レシートの長さは約8,960kmで、日本の最北端からパリまでの距離に相当する。ペーパーレス化の重要性が高まる中、紙レシートの発行・廃棄にかかるコストや環境負荷を削減し、キャッシュレス化を推進する取り組みが進められている。

    https://www.global.toshiba/jp/news/data-corp/2024/04/20240422.html

  3. buchikuma-info より:

    「対象 ポイント ポイント 還元」に関する最新情報です。

    4月8日に発売された「刃牙らへん」や「僕の心のヤバイやつ」最新刊がAmazon Kindleで対象となる大幅ポイント還元キャンペーンが行われている。秋田書店のコミックス一部が対象であり、他にも「魔入りました入間くん」や「サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査」などもキャンペーン対象となっている。現時点では一部の巻数が対象となっているが、時間が経つと対象の巻数が増えることもあるため、お目当ての作品が対象でない場合は後日再度チェックすることがおすすめされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNTIzMTIw0gEA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「情報 アプリ 福島県」に関する最新情報です。

    福島県が開発した「防災アプリ」は、災害による犠牲者ゼロを目指し、位置情報と連動して危険場所や避難所を確認できる。アプリでは家族の人数を入力すると避難に必要な備蓄品のチェックリストも作成可能。学生からは使いやすさや日常利用の声があり、福島県はアプリを通じて防災意識を高める取り組みを行っている。2025年には防災に関する条例の施行も目指している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vd3d3LmZ1a3VzaGltYS10di5jby5qcC9sb2NhbG5ld3MvMjAyNC8wNC8yMDI0MDQxMDAwMDAwMDA5Lmh0bWzSAQA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「グランピング 温泉 結果」に関する最新情報です。

    グランピングに行ったらやりたいことに関する調査結果では、1位は星空を見ることが34.0%で最も人気であり、2位には温泉に浸かると大人数でバーベキューが同率で14.3%で続いていました。その他、家族でアクティビティやカップルでゆっくり過ごすことも人気がありました。【ワングランピング】アンケートによると、自然を感じながらリフレッシュすることが多くの人にとって魅力的な体験として挙げられています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66138761e4b0d81853f9b6a8

  6. buchikuma-info より:

    「ラーメン 結果 google」に関する最新情報です。

    東京のラーメン店『ラーメン富士丸 西早稲田店』がGoogleで最低評価だったが、実際に食べてみるとおいしいという衝撃の結果があった。人気ユーチューバーが訪れ、豚や麺について絶賛する様子が動画で紹介されている。食べログの評価は3.47点であり、Googleの評価は2.9点だが、評判は良いようだ。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNTExMTE30gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「advanced advanced パソコン giga」に関する最新情報です。

    マウスコンピューターは、マイクロソフト推奨の「GIGA Advanced パソコン」を販売することを決定した。新製品「MousePro T1-DAU01BK-A」は、Windows 11 Proを搭載し、インテル プロセッサー N100、8GBメモリー、128GB SSDを備えている。このパソコンは学習アプリのインストールや複数のアプリを同時に利用する教育用途に適しており、後日価格や販売開始時期などの詳細が発表される予定だ。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNmh0dHBzOi8vZWR1LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9uZXdzLzE1NzM5NTkuaHRtbNIBAA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「lala いちゃ 電子」に関する最新情報です。

    少女漫画雑誌「LaLa」の電子増刊「いちゃLaLa」最新Vol.14が2/24より主要電子書店で配信スタートし、満足度100%の内容が楽しめる。オフィスラブから学園ラブコメまで幅広いジャンルが揃っており、配信記念フェアも開催中。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001336.000046848.html

  9. buchikuma-info より:

    「lala いちゃ 電子」に関する最新情報です。

    少女漫画雑誌「LaLa」から発売される電子増刊「いちゃLaLa」の最新Vol.14が2月24日より主要電子書店で配信開始された。オフィスラブから学園ラブコメまで、幅広いいちゃラブ作品が楽しめる。また、配信記念フェアも主要電子書店で3月10日まで開催されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001336.000046848.html

  10. buchikuma-info より:

    「福島 民友 福島 民友」に関する最新情報です。

    福島民友の記事では、家計簿の活用方法について紹介されています。家計簿をつける方法や種類、活用法について述べられており、手書き派やデジタル派などさまざまなアプローチが取られていることが伝えられています。特に、会津若松市の井上さんは25年間家計簿をつけており、A4サイズの手書きノートを使い続けていることが強調されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiP2h0dHBzOi8vd3d3Lm1pbnl1LW5ldC5jb20vc2VyaWFsL2tva29ob3JlL0ZNMjAyNDAyMjItODM5NTY0LnBocNIBAA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「16 16 電子 60万」に関する最新情報です。

    「ThinkPad X1 Fold 16」は約60万円で、大画面のタブレットデバイスとして登場した。比較対象として「12.9インチiPad Pro」との違いを検証すると、X1 Fold 16は重量やアプリの制限、高価格が課題となる。しかし、16.3型の大画面や折りたたみ可能なデザインなど独自の特徴も持っており、電子書籍や雑誌を読む際には魅力的な選択肢となる可能性がある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vZm9yZXN0LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9ib29rd2F0Y2gvdGFibGV0cmVjb20vMTU3MDAyNS5odG1s0gEA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「レシート 東芝 株式会社」に関する最新情報です。

    東芝テックと東芝データは、「スマートレシート®」を活用した新たな「推し活」体験を提供する取り組みを始めた。第一弾として、東芝ブレイブルーパス東京の選手入り電子レシート「思い出レシート」を特設会場で発行し、ラグビーファンに新しい体験を提供する。今後もスポーツ選手やアイドル、ミュージシャンなどの「推し活」を応援していく。

    https://www.global.toshiba/jp/news/data-corp/2024/02/20240220.html

  13. buchikuma-info より:

    「mc テレビ mc ナンバーワン」に関する最新情報です。

    テレビ番組の評価はMCの実力に大きく左右されるが、画面上では愛想の良い笑顔を浮かべているMCも、現場ではスタッフに強く当たることがある。その中でも、南海キャンディーズの山里亮太は柔和な笑顔が印象的だが、実際には反省会で鬼と化し、時事に疎い進行も共に務める元NHKの武田真一アナに任せているため、視聴率が下がるとスタッフに猛烈なダメ出しをする態度も見られる。彼のイメージはテレビとは真逆であり、お払い箱になる日も近いかもしれないと言われている。

    https://gendai.media/articles/-/124096

  14. buchikuma-info より:

    「イヤリング キャッチ 測定」に関する最新情報です。

    米ワシントン大学の研究者らが開発中のスマートイヤリングは、女性の健康維持に役立つデバイスです。このイヤリングは体温をモニターし、微妙な体温変動をキャッチしてストレスレベルや月経周期などを測定・追跡することができます。イヤリングは小さな紙クリップほどの大きさと重さで、バッテリーは28日間もつとされています。イヤリングには耳たぶの温度を測定するセンサーと気温を測定するセンサーが搭載されており、測定したデータはシームレスにデバイスに送られます。開発チームによると、イヤリングのセンサーの感度は女性の排卵や月経の周期を追跡するために必要な範囲に収まっています。また、このイヤリングには「自家発電」機能も搭載される予定で、宝石などを飾ることもできるため、ファッションと実用性を兼ね備えています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNTAzMTAx0gEA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「本人確認 アカウント マイナンバーカード」に関する最新情報です。

    NTTドコモは、スマートフォンに搭載されたマイナンバーカードを使用して、dアカウントの本人確認を行うことができるようになった。これにより、マイナポータルアプリで発行したスマホ用電子証明書を利用して本人確認が可能となり、カード本体の読み取りが不要となる。本人確認手続きを行うと、「dポイントを送る機能」が利用できるようになる。利用するためには、最新版のdアカウント設定アプリとマイナポータルアプリのインストールが必要であり、dポイントクラブ会員であることや本人確認書類の情報が一致していることなどが必要となる。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/14/news119.html

  16. buchikuma-info より:

    「cfp cfp 削減 ノボニックス」に関する最新情報です。

    パナソニック エナジー株式会社は、ノボニックス社との黒鉛供給契約により、戦略的市場である北米での車載用リチウムイオン電池の負極材料の現地調達化と、炭素フットプリント(CFP)の削減を推進することを発表しました。この契約により、パナソニックはより効率的な供給チェーンを確立し、持続可能な電池材料の供給を実現することが期待されています。

    https://news.panasonic.com/jp/press/jn240209-5

  17. buchikuma-info より:

    「福島 民友 福島 民友」に関する最新情報です。

    福島民友によると、東洋システムはNTT東日本福島支店や日本カーソリューションズと協力して、電気自動車(EV)のバッテリー性能を診断するシステムを活用して効率的な走行方法を調査する実証実験を開始したと報じられています。実験では、NTT東日本福島支店の業務用EVのバッテリー性能を測定し、劣化度と各車の運行状況を比較することで、より長く使える走行や充電方法を提案するとのことです。実験は1月29日から行われ、今月21日までに4台の測定が予定されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vd3d3Lm1pbnl1LW5ldC5jb20vbmV3cy9uZXdzL0ZNMjAyNDAyMDMtODM1OTM4LnBocNIBAA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「データ 160万 160万 最新」に関する最新情報です。

    東芝データは、約160万人のレシートデータを分析し、2023年のスーパーマーケットの売れ筋ランキングを発表しました。1位は「卵」で、2位は前年から2ランクアップした「牛乳」です。他にも「ヨーグルト」「もやし」「納豆」などの手頃な価格で栄養価の高いアイテムが上位にランクインしました。年代別のランキングでは、20代以下では「茶系飲料」や「炭酸飲料」が上位にあり、30代や40代では「茶系飲料」が上位になりました。60代や70代では「バナナ」や健康志向の高いアイテムが上位になりました。スーパーマーケットの需要は年代ごとに異なり、健康志向が高まる中で健康食品や茶系飲料が人気です。

    https://www.global.toshiba/jp/news/data-corp/2024/01/20240119.html

  19. buchikuma-info より:

    「データ 160万 160万 最新」に関する最新情報です。

    東芝データは、スマートレシート®を利用する約160万人のレシートデータを分析し、2023年のスーパーマーケットの売れ筋ランキングを発表しました。1位は「卵」で、2位は前年から2ランク上がった「牛乳」でした。また、3位には「ヨーグルト」、4位には「もやし」、5位には「納豆」など、手頃な価格で栄養価が充実したアイテムが上位に位置しました。さらに、年代別のランキングでは、20代以下では「茶系飲料」や「炭酸飲料」が上位にランクインし、30代や40代では「茶系飲料」が上位になりました。60代や70代では「バナナ」や健康志向の高いアイテムが上位になりました。スーパーマーケットの需要は年代ごとに異なり、健康食品や健康飲料が人気となっています。

    https://www.global.toshiba/jp/news/data-corp/2024/01/20240119.html

  20. buchikuma-info より:

    「データ 160万 160万 最新」に関する最新情報です。

    東芝データは、スーパーマーケットでの購買動向を分析するために、160万人のレシートデータを使用しました。2023年の売れ筋ランキングでは、「卵」が1位であり、前年から連続して1位を獲得しています。2位には「牛乳」が2ランクアップしてランクインしました。また、健康食品や手頃な価格の商品が上位に位置しており、消費者の健康志向が高まっていることがわかります。年代別に見ると、20代以下では飲料が需要が高く、「茶系飲料」や「炭酸飲料」が上位にランクインしています。30代や40代では「茶系飲料」が上位になっており、60代や70代では「バナナ」や健康飲料が人気です。スーパーマーケットの需要は年代ごとに異なり、健康志向が高まっている傾向が見られます。

    https://www.global.toshiba/jp/news/data-corp/2024/01/20240119.html

  21. buchikuma-info より:

    「oil palm palm oil」に関する最新情報です。

    ゲイツ財団がスタートアップ企業に350万ドルの資金を提供し、パーム油の代替品を開発する取り組みを支援することが発表されました。このスタートアップ企業は、酵母と農業由来の原料を使用して、美容製品向けのパーム油の代替品をすでに製造しています。新たな資金を活用して、食品用の新しい油のレシピを開発する予定であり、廃棄物由来の原料や非農業由来の原料を利用することも検討されています。具体的には、炭素捕捉から直接得られる原料の利用も可能性として挙げられています。

    https://techcrunch.com/2024/01/25/startup-brewing-waste-to-replace-palm-oil-gets-gates-foundation-cash/

  22. buchikuma-info より:

    「福島 ユニフォーム パートナー」に関する最新情報です。

    福島ユナイテッドFCとNOK株式会社は、2024シーズンのユニフォームパートナー契約を継続することを決定しました。NOKは福島ユナイテッドFCのオフィシャルクラブパートナーとして7シーズン目になります。また、NOKは福島ユナイテッドFCの「農業部」の活動も支援する予定です。福島ユナイテッドFCはプロサッカーチームで唯一の農業部を持ち、福島の地域貢献を行っています。NOKは福島県の地域振興に貢献するため、福島ユナイテッドFCに協賛しています。NOKは福島県でオイルシールを生産しており、福島県を重要な拠点と位置付けています。NOKはスポーツを通じて福島の地域活性化と次世代の人財育成に貢献し、子どもたちに夢を与えることを目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000096493.html

  23. buchikuma-info より:

    「データ 160万 160万 最新」に関する最新情報です。

    東芝データは、約160万人のレシートデータを分析し、2023年のスーパーマーケットでの売れ筋ランキングを発表しました。1位は「卵」で、2位は前年から2ランクアップした「牛乳」でした。他にも「ヨーグルト」「もやし」「納豆」などの手頃な価格で栄養価の高いアイテムが上位にランクインしました。年代別では、20代以下では「茶系飲料」や「炭酸飲料」が人気で、30代や40代では「茶系飲料」が上位にランクインしました。60代や70代では「バナナ」や健康志向の高いアイテムが人気となりました。スーパーマーケットの需要は年代ごとに異なり、健康食品や健康飲料が注目されています。

    https://www.global.toshiba/jp/news/data-corp/2024/01/20240119.html

  24. buchikuma-info より:

    「データ 160万 160万 最新」に関する最新情報です。

    東芝データは、約160万人のレシートデータを分析し、2023年のスーパーマーケットでの売れ筋ランキングを発表しました。1位は「卵」で、前年から2位に上がった「牛乳」が2位になりました。他にも「ヨーグルト」や「もやし」、「納豆」などの手頃な価格で栄養価の高い商品が上位にランクインしました。また、健康維持に適した「乳酸菌飲料」と「炭酸飲料」も新たにランキングに入りました。これらの結果から、消費者は日常生活に欠かせない商品だけでなく、健康に配慮した商品にも関心を持っていることがわかります。

    https://www.global.toshiba/jp/news/data-corp/2024/01/20240119.html

  25. buchikuma-info より:

    「データ 160万 160万 最新」に関する最新情報です。

    東芝データ株式会社が行った購買動向調査の結果、2023年のスーパーマーケットでの売れ筋ランキングが発表されました。この調査では、約160万人の最新のレシートデータを分析しています。結果として、1位は「卵」であり、2位は「牛乳」でした。牛乳は前年から2ランク上昇しています。その他の上位アイテムには、3位の「ヨーグルト」、4位の「もやし」、5位の「納豆」などがありました。これらの結果は、消費者の購買動向や健康志向の影響を反映しています。

    https://www.global.toshiba/jp/news/data-corp/2024/01/20240119.html

  26. buchikuma-info より:

    「データ 160万 160万 最新」に関する最新情報です。

    東芝データ株式会社が行った購買動向調査によると、2023年のスーパーマーケットでの売れ筋ランキングが発表されました。調査には約160万人の最新レシートデータが利用されました。結果は以下の通りです。

    1位は「卵」で、前年から連続して1位を獲得しています。2位は「牛乳」で、前年から2ランクアップしました。3位は「ヨーグルト」で、4位は「もやし」、5位は「納豆」となっています。また、8位には「乳酸菌飲料」、10位には「炭酸飲料」がランクインしました。

    2023年の売れ筋ランキングでは、卵が不動の1位を維持しており、牛乳も人気が高まっています。消費者は健康維持に適したアイテムを選ぶ傾向があり、ヨーグルトや乳酸菌飲料も上位に位置しています。また、価格の高騰により、消費者は価格が安定しているアイテムを支持しています。

    この調査結果は、約160万人のレシートデータを分析して得られたものであり、2023年のスーパーマーケットでの購買動向を示しています。

    https://www.global.toshiba/jp/news/data-corp/2024/01/20240119.html

  27. buchikuma-info より:

    「避難 情報 開設」に関する最新情報です。

    LINEヤフーは「Yahoo!天気・災害」のサービスにおいて、全国の避難所の開設情報を掲載することを発表しました。この情報は即時反映されるため、災害時にどこへ避難すべきかをすぐに把握することができます。また、スマートフォンへの通知も行われるため、より迅速に情報を受け取ることができます。避難所の開設情報は自治体から提供され、リアルタイムで確認することができます。避難所の位置や混雑状況なども地図上で確認することができます。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/17/news110.html

  28. buchikuma-info より:

    「ポイント 楽天 買い物」に関する最新情報です。

    楽天お買い物マラソンの最終日には、4Kテレビやヘッドホンがポイント10倍のキャンペーンが実施されました。楽天市場とビックカメラが共同で展開しており、対象となるAV機器やガジェットのブランドアイテムが多数セール対象となっています。また、AnkerやJBL、ロジクール、ULTIMATE EARSなどのブランドも最大50%オフやポイント最大20倍のセールを実施しています。これらのキャンペーンは1月15日の深夜25時59分から16日の1時59分までの期間限定で行われました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LnBoaWxld2ViLmNvbS9uZXdzL2hvYmJ5LzIwMjQwMS8xNS82ODcxLmh0bWzSAQA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました