PR

おすすめの文字起こしツール「音声をテキストに変えるサービス」

スポンサーリンク

文字起こしに便利そうなツール・サービスについてまとめました。

3行でわかる「文字起こし(音声テキスト化)ツールのアプリ・サービス」
  • ChatGPTの登場で格段に精度・機能が増した
  • 無料で使えるものも多い
  • 文字起こしサービスを利用する際の注意点など

スポンサーリンク

2024年文字起こし(音声テキスト化)ツールでおすすめのアプリ・サービスランキング

2024/03/20時点での情報収集で「いいな」と思った「文字起こしアプリやサービス」について紹介したいと思います。

おすすめ文字起こしアプリ一覧

1.文字起こしアプリとは

文字起こしアプリとは、音声をテキストに変換するツールです。特に会議やインタビューなどの録音内容を文字に起こす際に役立ちます。

  • 音声を自動で文章に変換
  • 音声認識の誤りを編集可能
  • 議事録作成などに利用

2. 議事録の目的

議事録は、会議の内容を確認し、記録・保管する目的で作られます。これにより、会議の決定事項の確認や過去の議事内容の参照が可能になります。

  • 会議内容の確認と記録
  • 過去の実績や施策の参照
  • 裁判などでの証拠資料

3. 文字起こしアプリの利用メリット

文字起こしアプリを利用すると、手動での文字起こし作業が不要になり、時間短縮が可能です。また、テキストの共有や一元化された作業が可能になります。

  • 手動での文字起こし作業が不要で時間短縮
  • テキストファイルの送信可能
  • 一連の作業(作成、編集、確認、共有)が一元化

4. 文字起こしアプリの選び方

文字起こしアプリを選ぶ際には、音声の自動入力機能、料金形態、文字起こしにかかる時間、編集機能、データ共有機能などを考慮に入れます。

  • 音声の自動入力機能の有無
  • 料金形態(無料か有料か)
  • 文字起こしにかかる時間
  • 編集機能の有無
  • データ共有機能の有無

5. セキュリティ管理の重要性

文字起こしアプリを使用する際には、情報漏洩を防ぐためのセキュリティ管理が重要です。信頼性の高いサービスを選ぶことが推奨されます。

  • 情報漏洩を防ぐためのセキュリティ管理が必要
  • 信頼性の高いサービスの選択
  • クラウドサービスのセキュリティも考慮に入れる

6. PCでの文字起こし

PCで文字起こしを行いたい場合には、Googleドキュメントの文字起こし機能などが利用可能です。

  • Googleドキュメントの文字起こし機能
  • パソコンの音声認識ソフトウェアの利用

7. 多言語対応と追加機能

多くの文字起こしアプリは多言語対応であり、翻訳機能を備えています。また、ノイズキャンセリングや画像・動画からの文字起こし機能もあるものがあります。

  • 多言語対応のアプリ
  • 翻訳機能の提供
  • ノイズキャンセリングや画像・動画からの文字起こし機能

一覧表

ランキングアプリ名総合評価iOSAndroid読み取り精度多機能性使いやすさ音声認識の制限翻訳対応言語データのバックアップ有料プランおすすめ
1Texter4.99無料5.004.994.98無料版は短時間, 有料プラン3~5時間50言語以上×基本無料 / 課金あり画像や動画取り込み機能があるので、議事録以外でも幅広く使いたい人向け
2Group Transcribe4.68無料4.774.763.98制限なし80言語以上×完全無料議事録を作るのに向いているため、社用ツールに取り入れたい人向け
3Notta4.48無料無料4.404.504.80無料版は毎月120分、有料版は毎月1,800分まで100言語以上基本無料 / 課金あり無料版でも長時間使えるため、なるべく金銭面のコストを下げたい人向け
4音声メモ4.18無料4.353.993.86制限なし×日本語のみ基本無料 / 課金あり短文をテキスト化するのに向いているので、ちょっとしたメモに使いたい人向け
5Speechy Lite3.83無料3.793.504.20無料版は毎月100分、有料版は無制限120言語以上×基本無料 / 課金あり会議やインタビューなど長時間の音声を文字起こしするのに向いているので、業務で使いたい人向け

音声データをテキストに変えるツールやサービス

例えば、どんなものがあるの?

音声データをテキストに変換するテクノロジーは、文字起こしアプリだけでなく、さまざまなサービスや製品に組み込まれています。以下にいくつかの例を挙げてみます:

  1. Whisper: これはOpenAIの自動音声認識(ASR)システムで、音声データを書き起こすためのシステムです。Whisperは、広範囲のアプリケーションでの使用を想定しています。
  2. 音声認識ソフトウェア: Dragon NaturallySpeaking(ドラゴン ナチュラリースピーキング)など、PC向けの音声認識ソフトウェアも存在します。これらのソフトウェアは、ユーザーが話す言葉をリアルタイムでテキストに変換します。
  3. デジタルアシスタント: Siri、Googleアシスタント、AmazonのAlexaなど、多くのデジタルアシスタントは音声データをテキストデータに変換し、それに基づいて操作を行います。
  4. メモアプリ: 一部のメモアプリ、たとえばEvernoteでは、ユーザーが音声を録音し、それを後でテキストに変換する機能があります。
  5. 音声翻訳アプリ: Google翻訳のようなアプリは、音声をテキストに変換し、そのテキストを他の言語に翻訳する機能があります。
  6. 会議ソフトウェア: ZoomやMicrosoft Teamsのような会議ソフトウェアは、リアルタイムの字幕生成または会議の書き起こし機能を提供しています。
  7. 自動書き起こしサービス: Rev、Trint、Descriptなど、専門的な書き起こしサービスもあります。これらのサービスは音声やビデオファイルをアップロードするだけで、テキスト形式の書き起こしを生成します。

これらの例からわかるように、音声からテキストへの変換技術は、さまざまな製品やサービスで使用され、日常生活の多くの側面を助けています。

AudioPen

2024/03/20時点でアプリ・サービス:「AudioPen」についてご紹介します。

「AudioPen」の特徴

「」に関する情報は公式HPも参考にしてみてください。

「AudioPen」の特徴は以下の通り。

AudioPenは、音声をテキストノートに変換するWebアプリケーションです。開発者のPereira氏はこのアプリをOpenAIのAPIを探るための実験として開始し、一部のユーザーからの初期のフィードバックを受けてAudioPenを単独のツールとしてリリースしました。

  • AudioPenは無料で使用できますが、一度に最大3分の音声ノートを録音し、10個のノートをサイト上に保存することができます。
  • プレミアムプラン(年間60ドルまたは一生涯パスで120ドル)では、15分までのノートを録音し、クラウドに無制限のノートを保存することができます。また、自分のオーディオファイルを月に30個までアップロードしたり、録音後1時間以内にノートのオーディオをダウンロードしたりすることもできます。
  • 有料ユーザーはAudioPenで自動的に要約を生成することができ、また、同じトピックについて数個のノートを選択して”Super Summary”を作成することもできます。
  • OpenAIのAPIを使用しているため、複数の言語をサポートし、一つの言語から別の言語への翻訳、異なるライティングスタイル、そして古いノートをインポートして異なるスタイルで書き直す機能を解放します。
  • Pereira氏によると、これらの機能は、英語を母国語としない人々が文法や構造について心配せずに英語で思考を記録するのを助けます。

しかし、AudioPenはWebアプリケーションであるため、一定のインターネット接続が必要で、iPhoneのWebアプリはマイクやカメラへの永続的なアクセスを持っていないため、ノートを録音するたびに許可を与える必要があります。

「AudioPen」をお得に利用/購入する方法

以下がAudioPenの公式HPです。

AudioPen | Go from fuzzy thought to clear text. Fast.
AudioPen converts unstructured voice notes into text that’s easy to read and ready to share. If you like thinking out lo...
スポンサーリンク

文字起こしツールを利用する際に知っておきたいこと

この項目はとりあえずChatGPTに聞いてみた内容をそのまま転載しているだけです。

1. おすすめの文字起こし(音声テキスト化)ツールについて

文字起こし(音声テキスト化)ツールは、ビジネスから学習まで多岐に渡る用途で役立ちます。以下では、評価の高いアプリとサービスを紹介します。

1.1 音声テキスト化ツールとは?

音声テキスト化ツールは、音声データをテキストに変換する技術を用いたアプリやサービスです。具体的には、会議や講演の録音をテキスト形式に変換することで、情報を再利用や共有が容易になります。一部のツールは、翻訳機能や高度な編集機能を備えていることもあります。

これらのツールは、異なる用途に対応するために多様な特性を持っています。例えば、特定のツールは、議事録作成に特化している一方で、他のツールは、一般的な音声メモ作成や、長時間の講義やプレゼンテーションの文字起こしに適しています。

これらのツールの多くは、iOSやAndroidのスマートフォン、タブレット、PCなど、さまざまなデバイスで利用できます。一部は無料で使用できるものの、高度な機能や制限解除を求める場合は有料プランを選ぶ必要があることもあります。

1.2 おすすめの音声テキスト化ツールとその特徴

音声テキスト化ツールは多数存在しますが、その中から特におすすめのものを紹介します。まず、”Texter”は、読み取り精度や多機能性で非常に高い評価を得ており、特に画像や動画の取り込み機能があります。その一方で、”Group Transcribe”は、完全無料で使え、議事録作成に特化しているため、ビジネスシーンでの利用が推奨されています。

“Notta”は無料版でも長時間利用できるという特徴があります。また、iOSとAndroidの両方に対応しており、データのバックアップも可能です。一方、”音声メモ”は、短文のテキスト化に特に向いており、日常的なメモ取りに利用できます。

“Speechy Lite”(続き)

“Speechy Lite”は、会議やインタビューなど長時間の音声を文字起こしするのに向いています。120言語以上に対応しているため、多言語環境での利用に適しています。

1.3 音声テキスト化ツールの選び方

音声テキスト化ツールを選ぶ際には、以下のような要素を考慮すると良いでしょう。

  • 音声認識の精度: 音声をテキストに変換する精度は非常に重要です。精度が高ければ、後からの修正が少なくて済みます。
  • 多言語対応: 複数の言語を扱う場合は、多言語に対応しているツールを選びましょう。
  • 使いやすさ: インターフェースが直感的であることは、ユーザーエクスペリエンスに大きな影響を与えます。
  • 価格: 一部の高度な機能や音声認識の制限解除には有料プランが必要なこともあります。

2. それぞれの音声テキスト化ツールの詳細と評価

音声テキスト化ツールの特徴と評価を、比較しやすいように表にまとめました。

ランキングアプリ名iOSAndroid読み取り精度多機能性使いやすさ音声認識の制限翻訳対応言語データのバックアップ有料プランおすすめ
1Texter無料5.004.994.98無料版は短時間, 有料プラン3~5時間50言語以上×基本無料 / 課金あり画像や動画取り込み機能があるので、議事録以外でも幅広く使いたい人向け
2Group Transcribe無料4.774.763.98制限なし80言語以上×完全無料議事録を作るのに向いているため、(続き)
2Group Transcribe無料4.774.763.98制限なし80言語以上×完全無料議事録を作るのに向いているため、社用ツールに取り入れたい人向け
3Notta無料無料4.404.504.80無料版は毎月120分、有料版は毎月1,800分まで100言語以上基本無料 / 課金あり無料版でも長時間使えるため、なるべく金銭面のコストを下げたい人向け
4音声メモ無料4.353.993.86制限なし×日本語のみ基本無料 / 課金あり短文をテキスト化するのに向いているので、ちょっとしたメモに使いたい人向け
5Speechy Lite無料3.793.504.20無料版は毎月100分、有料版は無制限120言語以上×基本無料 / 課金あり会議やインタビューなど長時間の音声を文字起こしするのに向いているので、業務で使いたい人向け

3. その他の音声テキスト化サービス

音声テキスト化ツールに限らず、様々な音声データをテキストに変換するサービスが存在します。

3.1 OpenAIのWhisper

OpenAIのWhisperは、音声認識技術に基づいたシステムです。これは大量のウェブデータを使って訓練され、非常に高い精度で音声をテキストに変換します。さまざまなアプリケーショ(続き)

3.1 OpenAIのWhisper

OpenAIのWhisperは、音声認識技術に基づいたシステムです。これは大量のウェブデータを使って訓練され、非常に高い精度で音声をテキストに変換します。さまざまなアプリケーションで使用されており、例えば、ボイスアシスタントや文字起こしツール、車載システム、コールセンターなどで使用されています。

3.2 Googleの音声認識API

Googleの音声認識APIは、Googleの音声認識技術を提供します。これは、通話内容のトランスクリプト、リアルタイムの音声対話、音声コマンドの認識など、さまざまな用途に利用されています。

3.3 Amazon Transcribe

Amazon Transcribeは、Amazon Web Servicesが提供する音声からテキストへの変換サービスです。これは、長時間の音声ファイルを効率的にテキスト化することができ、メディアコンテンツの字幕作成やコールセンターのトランスクリプト作成などに利用されています。


以上のように、音声テキスト化ツールは非常に多岐にわたり、それぞれのニーズに応じて最適なツールを選べます。一部のツールは無料で利用でき、それぞれに独自の特性や利点があります。これらのツールを活用することで、情報の共有や記録がより簡単になります。

スポンサーリンク

文字起こし(音声テキスト化)ツール「アプリ・サービス」に関する情報まとめ

文字起こし(音声テキスト化)ツール「アプリ・サービス」についての記事内容をまとめていきます。

文字起こし(音声テキスト化)ツール「アプリ・サービス」について知っておくべき3つのこと

  • 文字起こしツールは音声をテキストに変換し、情報の記録や共有を助ける。様々なアプリとサービスがあり、特徴や価格はそれぞれ異なる。
  • 最も優れた5つの文字起こしアプリは「Texter」「Group Transcribe」「Notta」「音声メモ」「Speechy Lite」であり、それぞれ読み取り精度、多機能性、使いやすさ、音声認識の制限、翻訳機能、対応言語数などが異なる。
  • 他にもOpenAIのWhisper、Googleの音声認識API、Amazon Transcribeなど、多様な音声テキスト化サービスが存在し、様々なニーズに対応できる。

文字起こし(音声テキスト化)ツール「アプリ・サービス」に関するよくある質問(FAQ)

文字起こし(音声テキスト化)ツール「アプリ・サービス」に関するよくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
文字起こし(音声テキスト化)ツールとは何ですか?
A

文字起こしツールとは、音声データをテキストデータに変換するツールのことを指します。これにより、会議や講演の録音をテキスト化したり、自分の話し言葉をメモとして残したりすることが可能となります。

Q
どのようなシチュエーションで文字起こしツールを使用すればよいですか?
A

文字起こしツールは、ミーティングの議事録作成、インタビューの文字起こし、音声メモの記録など、音声をテキスト化する必要がある様々な状況で使用できます。また、多言語対応のツールを使用すれば翻訳としても利用できます。

Q
文字起こしツールの主な機能は何ですか?
A

多くの文字起こしツールは、音声をリアルタイムまたは録音データからテキストに変換する機能を備えています。さらに、言語や方言の認識、時間単位の音声認識制限、翻訳機能、データのバックアップなど、各ツールにより多機能性があります。

Q
おすすめの文字起こしツールは何ですか?
A

「Texter」「Group Transcribe」「Notta」「音声メモ」「Speechy Lite」などのアプリが高評価で、それぞれの特徴や対応プラットフォームにより適したものを選ぶことができます。また、「OpenAIのWhisper」、「Googleの音声認識API」、「Amazon Transcribe」などのサービスもあります。

Q
文字起こしツールは有料ですか?
A

文字起こしツールの多くは基本的な機能は無料で、追加機能や音声認識時間の制限解除などを含む有料プランが存在します。しかし、完全に無料で使用できるツールもありますので、自分のニーズと予算に合わせて選ぶことが重要です。

文字起こし(音声テキスト化)ツール「アプリ・サービス」に関する各種SNSの口コミ・評判など

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「文字起こし ツール アプリ・サービス」と検索できます。

instagramの情報

instagram検索用リンクはこちらです。「文字起こし」とタグ検索できます。

文字起こし(音声テキスト化)ツール「アプリ・サービス」に関して参考になる記事リスト

文字起こし(音声テキスト化)ツール「アプリ・サービス」に関連した当サイトの記事リンクは以下の通りです。

家計簿アプリ

今年おすすめの家計簿アプリ「レシート読取は時代遅れ」という記事でアプリの選び方やおすすめについてまとめています。

2024年の家計簿アプリ、どれにする?「レシート読取は時代遅れ」
家計簿アプリに関する諸注意やおすすめなどの情報をまとめました。家計簿アプリの危険性や、安全なアプリの選び方について説明しています。
家計簿アプリの選び方

 

この家計簿アプリはどう?レビュー記事

 

MoneyForward ME
Zaim

おこづかいアプリに関する記事一覧

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「openai google openai google」に関する最新情報です。

    OpenAIとGoogleは競合するAIビジョンを示すイベントを行った。OpenAIはChatGPTを仮想アシスタントに変えることができる音声とビジョン機能を備えた新機能を発表し、GoogleはGeminiというフラッグシップモデルに新機能とツールを追加した。GoogleはI/OキーノートでAIについて繰り返し言及し、Project IDXがオープンベータ版としてリリースされたことも発表された。

    https://techcrunch.com/2024/05/18/openai-and-google-lay-out-their-competing-ai-visions/

  2. buchikuma-info より:

    「announcement chatgpt openai」に関する最新情報です。

    OpenAIは月曜日の午前10時にライブ配信の発表を予定していますが、期待を抑えるよう努めています。

    https://techcrunch.com/2024/05/10/openais-chatgpt-announcement-what-we-know-so-far/

  3. buchikuma-info より:

    「gpt openai ceo」に関する最新情報です。

    OpenAIのCEOであるサム・アルトマンは、新しいプロジェクトに取り組んでおり、GPT-5や検索エンジンとは異なるものだと述べています。OpenAIは5月10日に「ChatGPTとGPT-4」に関する更新についてライブ配信する予定です。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2405/11/news058.html

  4. buchikuma-info より:

    「ai openai exploring」に関する最新情報です。

    OpenAIは、AI技術を使用して適切にエロティックなコンテンツを生成する方法を検討していることを明らかにしました。彼らはNSFWコンテンツ(職場で閲覧不可とされるコンテンツ)の生成に関する方針を検討しており、具体的にはエロティカや暴力的な記述などを許可するかどうか検討しています。これにより、不適切なコンテンツの濫用を防ぐための適切なモデレーションが重要であると指摘されています。

    https://www.wired.com/story/openai-is-exploring-how-to-responsibly-generate-ai-porn/

  5. buchikuma-info より:

    「ai behind openai」に関する最新情報です。

    OpenAIは、会話型AIであるChatGPTが「申し訳ありませんが、それはできません」という丁寧な拒否をする理由を知りたいと思ったことがありますか?OpenAIは、自社モデルのエンゲージメントルールの背後にある理由を一部公開しています。これには、ブランドガイドラインを守ることやNSFWコンテンツを作成しないことなどが含まれます。モデルが提示される前に、OpenAIが自然言語でこれらのルールを説明するための具体的な指示を開発していることが明確にされています。

    https://techcrunch.com/2024/05/08/openai-offers-a-peek-behind-the-curtain-of-its-ais-secret-instructions/

  6. buchikuma-info より:

    「名刺 eight デジタル」に関する最新情報です。

    Sansanは4月23日、名刺アプリ「Eight」において、NFCチップ内蔵のカード型デジタル名刺「My Eight Card」の提供を開始した。この新機能により、スマートフォンをかざすだけでデジタル名刺情報を交換することが可能となり、従来のQRコードやURLリンクよりも使いやすくなった。これにより、デジタル名刺交換の体験が向上し、よりスムーズに情報共有ができるようになった。

    https://japan.cnet.com/article/35218133/

  7. buchikuma-info より:

    「api threads competitor」に関する最新情報です。

    Metaの競合サービスであるThreadsが開発者にAPIアクセスの申し込みを募り、APIのドキュメントを公開しました。新しいドキュメントにはAPIの現在の制限やエンドポイントなどが詳細に記載されており、開発者がThreadsに接続したアプリや他のプロジェクトを始めるのに役立つ情報が提供されています。Metaは開発者からのフィードバックを収集しながらドキュメントを定期的に更新する予定であり、新しいAPIを利用してアプリを構築しフィードバックを提供したい人はアクセスをリクエストすることができます。これにより、MetaはAPIの公開と同時にリリースされるアプリを追跡することができるでしょう。

    https://techcrunch.com/2024/04/08/metas-x-competitor-threads-invites-developers-to-sign-up-for-api-access-publishes-docs/

  8. buchikuma-info より:

    「タブレット 13 13 999」に関する最新情報です。

    Alldocubeの新型格安タブレットiPlay60 Liteは、価格が13,999円と非常に安い11インチのAndroid 14タブレットである。ディスプレイ解像度は1280×800ピクセルで画面表示はやや荒いが、UNISOC T606のプロセッサを搭載し、一般的な利用やゲームもストレスなく動作する。外観やスペックは4GB RAM、128GBストレージ、8,000mAhバッテリー、13MPリアカメラ、5MPフロントカメラなどを備えている。価格の安さが最大の特徴で、楽天やAliExpressでセール中である。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzA0LzA4L3Bvc3QtNzA0NTQv0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「アイブ 資金源 openai」に関する最新情報です。

    ジョナサン・アイブ氏とOpenAIのサム・アルトマン氏が資金源を模索中でタッグを組むことが公式化された。アイブ氏のデザインによるAIデバイスの可能性が話題となっており、過去のApple製品を彷彿させるミニマリストデザインが期待されている。出資者としてはThrive CapitalやEmerson Collectiveなどが挙げられており、AIチャットボットの開発も検討されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4NDIyL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4NDIyL2FtcC8?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「target amazon version」に関する最新情報です。

    ターゲットは、4月7日から、AmazonやWalmartと競合するために有料会員プログラムを開始することを発表した。このプログラムは、年間$49で利用可能で、$35以上の注文に対して無制限の即日配達や2日間の無料配送などの特典が含まれる。また、会員向けに自動割引や個人に合わせた取引など、よりパーソナライズされたサービスも提供される。

    https://techcrunch.com/2024/03/05/target-to-launch-target-circle-360-next-month-its-prime-competitor/

  11. buchikuma-info より:

    「openai musk million」に関する最新情報です。

    OpenAIは、Elon Muskがわずか4500万ドルしか寄付しておらず、最初に約10億ドルの資金提供を約束していたにも関わらず、その後の支援が限られていたことを明らかにしました。また、MuskはTeslaとの合併やOpenAIの支配権を握ることを望んでいたと報告されています。

    https://techcrunch.com/2024/03/05/openai-response-elon-musk-lawsuit/

  12. buchikuma-info より:

    「sora openai ai」に関する最新情報です。

    OpenAIのSoraはAIのプロンプトを写実的なビデオに変換することができる。Soraは他の競合モデルと比べて顕著な写真のようなリアリティと、通常のモデルよりも長いクリップ(最大1分)を生成する能力が特徴である。Soraは映画製作を学ぶことなく映画を制作することを目指しており、その成果は非常に印象的である。Soraはテキストからビデオを生成するため、映画製作における世界構築の強力な協力者となる可能性がある。また、Soraは映画の文法を理解し、ストーリーテリングの才能を持っている。ただし、Soraは暴力やポルノ、実在の人物や特定のアーティストのスタイルを模倣するコンテンツは生成しない。Soraは将来的には単一の画像やフレームのシーケンスからビデオを生成する機能も追加される予定であるが、その際にはディープフェイクや誤情報の問題に対処する必要がある。Soraは一般の人々が高品質なコンテンツを作成できるようにするものであり、映画製作には脅威ではない。ただし、Soraが誤情報を拡散する可能性があるため、OpenAIは安全性について慎重な対策を取る必要がある。

    https://www.wired.com/story/openai-sora-generative-ai-video/

  13. buchikuma-info より:

    「openai sora generate」に関する最新情報です。

    OpenAIは最新のモデル「Sora」を発表しました。Soraはテキストからビデオを生成するAIモデルで、短いまたは詳細な説明や静止画像から、複数のキャラクターや様々な動き、背景の詳細を持つ1080pの映画のようなシーンを生成することができます。OpenAIによれば、他のテキストからビデオへの技術と比較して、Soraのデモページから選ばれたサンプルは非常に印象的に見えます。

    https://techcrunch.com/2024/02/15/openais-newest-model-can-generate-videos-and-they-look-decent/

  14. buchikuma-info より:

    「trademark openai gpt」に関する最新情報です。

    OpenAIは、「GPT」という商標を登録しようとしたが、米国特許商標庁によって「単に説明的なもの」と判断され、商標登録ができないという結果になった。これはOpenAIのブランディングにとって打撃となるが、競合他社が独自のバージョンの汎用チャットボットをリリースすることは期待できない。商標側の主張は、GPTが製品の一部を説明しているというものである。例えば、「Crunchy O’s」というシリアルを商標登録しようとした場合、「crunchy」という言葉は商標登録の要件を満たさないとされる。ChatGPTの場合も同様であり、これはOpenAIが創造したものではなく、他社も提供しているGPTタイプのAIモデルである。商標登録の要件を満たしていないため、OpenAIのGPT関連用語に対する支配力が低下する可能性がある。すでに「TalkGPT」といった関連アプリがアプリストアに登場しており、OpenAIはそれらが自社のブランドを使用しても訴えることができない。

    https://techcrunch.com/2024/02/15/no-gpt-trademark-for-openai/

  15. buchikuma-info より:

    「memory chatgpt openai」に関する最新情報です。

    OpenAIは、ChatGPTに長期的なメモリ機能を追加しました。この機能は、ユーザーの個人情報や好みを記憶し、将来の会話でそれらを考慮して返答することができます。ChatGPTのメモリはデフォルトでオプトインされており、ユーザーが明示的にオフにする必要があります。メモリは設定で削除するか、ボットに削除するよう指示することで消去することができます。メモリ設定がクリアされると、その情報はAIモデルのトレーニングに使用されなくなります。ただし、メモリをオフにしても、チャットがOpenAIのモデルのトレーニングに使用されないわけではありません。これは別のオプトアウトの手続きが必要です。

    https://www.wired.com/story/chatgpt-memory-openai/

  16. buchikuma-info より:

    「karpathy openai drama」に関する最新情報です。

    人気のある研究科学者であるAndrej Karpathyが、OpenAIを再び去ることを発表しました。彼は、これが2度目の退職であり、その理由は何らの出来事や問題、ドラマではないと述べています。彼はOpenAIにいた約1年間は特に何も起こらなかったと述べています。

    https://techcrunch.com/2024/02/13/andrej-karpathy-is-leaving-openai-again-but-he-says-there-was-no-drama/

  17. buchikuma-info より:

    「コンテンツ 13 タブレット」に関する最新情報です。

    株式会社タオは、幼児向けの知育タブレット学習教材「天神」に新しい読み聞かせコンテンツ「みじかいおはなし」を2月13日に追加リリースすることを発表しました。この新コンテンツは、0〜6歳児を対象としており、「なぞなぞたのしいな」「さかさことばあつまれ」「すてきなオノマトペ」という3つの作品が含まれています。また、新コンテンツの無料体験も受け付けが開始されました。これにより、子供たちの才能や個性を伸ばすための知育・才育環境を提供する「天神」幼児タブレット版はさらに充実した内容となります。新しいコンテンツは、小さなお子様でも楽しめるように短編の作品として作成され、なぞなぞや言葉遊び、擬音などを取り上げています。また、言葉もゆっくりと読み上げられるように配慮されています。これまでの人気コンテンツに加えて、新しい読み聞かせコンテンツの追加により、さらに幼児の学習体験が充実することが期待されます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwNjIuMDAwMDA4ODIyLmh0bWzSAQA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「pc 14 14 有機」に関する最新情報です。

    NECは、14.5型有機EL搭載の「LAVIE Tab T14(T1495/HAS)」と8.8型液晶搭載の「LAVIE Tab T9(T0995/HAS)」を発売する。LAVIE Tab T14は大画面有機ELディスプレイを搭載し、映像コンテンツの視聴だけでなく、コンテンツクリエーションにも適している。また、MediaTek Dimensity 9000を搭載し、12GBのメモリと256GBのストレージを備えている。これにより、効率的なマルチタスクを実現できる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2Nzk1OS5odG1s0gEA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「openai team new」に関する最新情報です。

    OpenAIは、子供の安全性を研究するための新しいチームを結成しました。活動家や親の監視の下で、OpenAIは子供たちによるAIツールの誤用や悪用を防ぐ方法を研究するための新しいチームを結成しました。同社のキャリアページの求人リストによれば、OpenAIは未成年のユーザーに関連する「プロセス、インシデント、レビュー」を管理するために、プラットフォームポリシー、法務、調査グループと協力していると述べています。

    https://techcrunch.com/2024/02/07/openai-forms-a-new-team-to-study-child-safety/

  20. buchikuma-info より:

    「openai media common」に関する最新情報です。

    OpenAIは、子供や若者へのテクノロジーやメディアの害を最小限に抑える取り組みを行っている組織と提携し、親や政策立案者の信頼を得ることを目指しています。その一環として、OpenAIは非営利団体であるCommon Sense Mediaと提携し、子供、教育者、若者向けのAIガイドラインや教材の共同開発を発表しました。

    https://techcrunch.com/2024/01/29/openai-partners-with-common-sense-media-to-collaborate-on-ai-guidelines/

  21. buchikuma-info より:

    「openai gpt prices」に関する最新情報です。

    OpenAIは、モデルと価格について常に微調整を行っており、今日も例外ではありません。同社はAPIアクセスの価格を引き下げました。これは主に開発者にとって興味深いものですが、将来の消費者向けオプションの指標ともなります。

    一般の人々が最も利用するモデルはGPT-3.5 Turboであり、通常はChatGPTを介して利用されます。これは現在の業界標準となっており、もしChatGPTの回答が良くない場合は、なぜそれを使う必要があるのでしょうか。また、GPT-4よりも低コストで高速なAPIでもあります。そのため、有料ユーザーは入力価格が50%、出力価格が25%引き下げられ、1,000トークンあたり0.0005ドル(約0.05円)の料金となります。

    これらのAPIを使用して論文や書籍などのテキスト集中型のアプリケーションを分析する際には、トークンの数が本当に増えてきます。また、オープンソースや自己管理型のモデルがOpenAIの性能に追いつくにつれて、同社は顧客が離れてしまわないようにする必要があります。そのため、価格の徐々な引き下げが行われています。ただし、これはモデルの効率化とインフラの改善の自然な結果でもあります。

    https://techcrunch.com/2024/01/25/openai-drops-prices-and-fixes-lazy-gpt-4-that-refused-to-work/

  22. buchikuma-info より:

    「音声 テキスト テキスト 変換」に関する最新情報です。

    Googleの新しいキーボード機能である「Gboard 13.8」の最新ベータ版には、「Seamless voice typing」(シームレスな音声入力)という新機能が追加される可能性がある。この機能を利用すると、Androidスマートフォンで音声をテキストに変換する際に、キーボードの表示と同時に音声入力を開始することができるため、マイクのタップは不要になる。ただし、この機能はまだ有効化されておらず、オプション設定として提供される予定である。従来の方法が好ましい場合は、引き続きその方法を選択することも可能である。

    https://japan.cnet.com/article/35214262/

  23. buchikuma-info より:

    「chatbot chatbot openai custom」に関する最新情報です。

    OpenAIのGPTストアでカスタムチャットボットを公開する方法についての記事があります。このマーケットプレイスでは、自分でトレーニングしたChatGPTのカスタムバージョンを公開することができます。カスタムGPTは、ChatGPT Plusのサブスクリプションを持つユーザーと共有されます。公開するためには、GPTを作成し、GPTストアで編集して保存する必要があります。ただし、暴力的なコンテンツや特定の条件を満たさないGPTの作成は禁止されています。また、GPTストアでの収益については詳細がまだ明らかにされていません。

    https://www.wired.com/story/how-to-launch-custom-chatbot-openai-gpt-store/

  24. buchikuma-info より:

    「chatbot chatbot openai custom」に関する最新情報です。

    タイトル:OpenAIのGPTストアでカスタムチャットボットを展開する方法
    見出し:OpenAIのGPTストアでカスタムチャットボットを展開する方法、関連記事、WIREDクーポン
    トピック1:
    トピックのキーワード:チャットボット、OpenAI、カスタム、GPT、ストア、展開方法
    トップの段落:
    エンティティ:1月15日8:00、GPTは他の巨大なディレクトリと一緒にオープンになりました。ジェネレーティブプリトレーニングトランスフォーマー(GPT)を使用して、AIの作成物をGPTストアで共有する方法について説明します。自分のGPTをリストに追加する前に、特殊な知識は必要ありません。プレビューセクションでの潜在的な出力を2倍にし、Everyoneに公開してConfirmをクリックします。また、追加の制限もあります。AIとの関係はロマンチックなパートナーシップに限定されています。GPTは有名人を模倣したり、同意なしに会社を自動化したりすることはできません。GPTを選挙に活用することもできますが、自分のアイデアをChatGPTに加えてリストに追加する前に、実際にGPTがどれくらい使用されているかを確認する必要があります。また、GPTの使用にはアクセス制限があります。2番目のデメリットは、米国に拠点を置かないことです。具体的なエンゲージメントメトリックに基づいていない

    https://www.wired.com/story/how-to-launch-custom-chatbot-openai-gpt-store/

  25. buchikuma-info より:

    「内定者フォロー 内定者フォロー 施策 懇親会」に関する最新情報です。

    株式会社アローリンクは、内定者フォロー施策を強化するために、懇親会だけでは足りない新しい取り組みを行っています。内定者フォローの重要性が増している中、企業は内定者の承諾辞退を防ぐために長期的なフォローアップを行う必要があります。アローリンクは、2024年1月25日に無料のセミナーを開催し、内定者フォローのポイントを伝える機会を提供しています。セミナーには、内定者フォローに悩む企業の採用担当者が参加し、内定者フォローの期間を長くする方法や承諾辞退を防ぐためのポイントを学ぶことができます。アローリンクは、内定者フォローの重要性を強調し、企業が内定者に対して適切なフォローを行うことで、承諾辞退を減らすことができると提案しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000117.000070726.html

  26. buchikuma-info より:

    「api api 利用 ios」に関する最新情報です。

    iOSのAPIを利用すると、ユーザーが気付かれることなく位置を追跡することができる可能性があるという報告があります。Appleは、アプリケーションがユーザーの位置情報を許可なしに追跡することを許可しているため、この問題が発生しています。特に、HotspotHelper APIを利用することで、リアルタイムで位置情報を追跡することができます。この問題に関して、Microsoftのエンジニアであるwinguseさんがブログで公開し、Appleに問題を報告しました。winguseさんは、位置情報の通知やプライバシー設定の無効化オプションの提供など、アプリがHotspotHelper APIにアクセスする際に明示的な許可が必要であると主張しています。この問題については、最新ニュースや人気記事ランキングなどで取り上げられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiXmh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyMzEyMjItYXBwbGUtYWxsb3ctYXBwcy10cmFja2luZy11c2Vycy1sb2NhdGlvbi13aXRob3V0LWNvbnNlbnN1cy_SAQA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「日記 アプリ ジャーナル」に関する最新情報です。

    Appleの純正日記アプリ「ジャーナル」は、未来の日記として注目されています。このアプリは、使い方や三日坊主の方にはリマインダー設定があります。また、CDを買わなくなったけれど、このプレイヤーのために欲しくなるかもしれません。さらに、写真で見るPS5の新型や、地味だけど便利なiPhoneの時計と天気のウィジェットの追加、そしてエレコムからも「ほぼ」Apple Pencilが登場するなど、さまざまな話題があります。また、iOS 17.2ではデフォルトの通知音が変更可能になり、来年夏にはWindows 12搭載のPCが続々とリリースされる予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyMy8xMi9hcHBsZS1pb3MtMTctMi1qb3VybmFsLmh0bWzSAQA?oc=5

  28. buchikuma-info より:

    「11 ランキング 54」に関する最新情報です。

    ゲオストアが11月の中古スマホランキングを発表しました。このランキングでは、iPhoneに代わってOPPO A54 5GとAQUOS wish2が1位と2位にランクインしました。前月の1位であったauのRedmi Note 10 JEは圏外となりました。OPPO A54 5Gはトップに輝きました。このランキングは全国の約1500店舗のデータを集計しています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2312/11/news138.html

  29. buchikuma-info より:

    「openai india former」に関する最新情報です。

    OpenAIは、元Twitter Indiaの責任者であるRishi Jaitlyを起用し、インドでの活動を開始することを発表しました。OpenAIは、インド政府とのAI政策に関する話し合いを円滑化するために、Jaitlyをシニアアドバイザーとして活用する予定です。また、OpenAIはインドでの現地チームの設立も検討しています。これにより、OpenAIはインドの政策と規制の環境に適応することができるとされています。

    https://techcrunch.com/2023/12/08/openai-india-rishi-jaitly-hiring/

  30. buchikuma-info より:

    「board openai officially」に関する最新情報です。

    サム・オルトマン氏が正式にOpenAIに復帰し、役員会にはMicrosoftのオブザーバーが加わりました。以前の役員会のほとんどを交代させる形で、オルトマン氏が復帰することが発表されました。これは、オルトマン氏が解任を試みた一部のメンバーを置き換えるものです。以前のCEOであるブレット・ダンジェロ氏に代わって、ミラ・ムラティ氏がCEOに就任しました。彼らは新しい役員会を組織し、サム・オルトマン氏がCTOの役割を担うことが発表されました。彼らの新しい役員会には、Salesforceの共同CEOであるブレット・テイラー氏や、QuoraのCEOであるアンジェロ氏、経済学者のラリー・サマーズ氏などが含まれています。

    https://techcrunch.com/2023/11/29/sam-altmans-officially-back-at-openai-and-the-board-gains-a-microsoft-observer/

  31. buchikuma-info より:

    「openai apple binance」に関する最新情報です。

    サム・オルトマンがOpenAIに復帰し、AppleがRCSを採用し、BinanceのCEOが有罪を認めるなど、テック業界での注目すべきニュースがいくつかありました。OpenAIではオルトマンの復帰が発表され、AppleはRCSをiPhoneに導入することを発表しました。さらに、BinanceのCEOが連邦の告発に対して有罪を認めました。これらのニュースは、テック業界での動きやトレンドに関心のある読者にとって興味深いものとなっています。

    https://techcrunch.com/2023/11/25/sam-altman-returns-to-openai-apple-adopts-rcs-and-binances-ceo-pleads-guilty-to-charges/

  32. buchikuma-info より:

    「openai apple binance」に関する最新情報です。

    サム・アルトマンがOpenAIに復帰し、AppleがRCSを採用し、BinanceのCEOが有罪を認めるなどのニュースがありました。TechCrunchの記事では、これらの出来事について詳しく報じられています。その他にも、元シリコンバレーのベンチャーキャピタリストが投資詐欺で有罪判決を受けたり、Amazonが車のオンライン販売を開始したりといった話題もありました。さらに、Elon Muskの訴訟やTwitterでの悪意のある広告、Googleとの秘密の取引、BinanceのCEOの連邦罪告発なども取り上げられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiemh0dHBzOi8vdGVjaGNydW5jaC5jb20vMjAyMy8xMS8yNS9zYW0tYWx0bWFuLXJldHVybnMtdG8tb3BlbmFpLWFwcGxlLWFkb3B0cy1yY3MtYW5kLWJpbmFuY2VzLWNlby1wbGVhZHMtZ3VpbHR5LXRvLWNoYXJnZXMv0gF-aHR0cHM6Ly90ZWNoY3J1bmNoLmNvbS8yMDIzLzExLzI1L3NhbS1hbHRtYW4tcmV0dXJucy10by1vcGVuYWktYXBwbGUtYWRvcHRzLXJjcy1hbmQtYmluYW5jZXMtY2VvLXBsZWFkcy1ndWlsdHktdG8tY2hhcmdlcy9hbXAv?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「altman openai sam」に関する最新情報です。

    OpenAIは、Sam Altmanの復帰にもかかわらず、多くの証明をしなければならないという課題を抱えています。Altmanの復帰により、OpenAIの取締役会は大きく変わりました。しかし、これからが本当の試練です。Altmanの解任は、MicrosoftとOpenAIの従業員を結びつけました。Altmanは5日間の戦いに勝利しましたが、その代償は何だったのでしょうか。一部のAIの専門家は、OpenAIの新しい取締役会について心配しています。OpenAIは、Sam Altmanの復帰によって再生しましたが、まだまだ証明しなければならないことがたくさんあります。

    https://techcrunch.com/2023/11/23/openai-emerging-from-the-ashes-has-a-lot-to-prove-even-with-sam-altmans-return/

  34. buchikuma-info より:

    「openai dinner drama」に関する最新情報です。

    タイトル: 感謝祭のディナーでOpenAIのドラマについて話す方法
    見出し: 感謝祭のディナーでOpenAIのドラマについて話す方法
    トピック1:
    トピックのキーワード: openai ディナー ドラマ 感謝祭 openai ドラマ 話す 話す openai 感謝祭 感謝祭ディナー
    トップの段落:
    エンティティ: 感謝祭ディナー オハイオ 夜行の旅の後 SFO デンバー 携帯電話のニュース
    キーワード: OpenAIのドラマについて話す方法 感謝祭のディナー オハイオに着陸 夜行の旅の後 SFOでのデンバーの待ち時間 携帯電話をチェックしてニュースを見る ほぼ1週間の混乱と不確実性 Sam AltmanがCEOに復帰したOpenAI

    https://techcrunch.com/2023/11/22/how-to-talk-about-the-openai-drama-at-thanksgiving-dinner/

  35. buchikuma-info より:

    「altman openai sam」に関する最新情報です。

    OpenAIは、Sam Altmanの復帰にもかかわらず、多くの証明をしなければならない状況にある。Altmanの復帰により、OpenAIの取締役会も大きく変わった。しかし、これからが本当の試練である。Altmanの解任は、MicrosoftとOpenAIの従業員を結びつけたが、Altmanは5日間の戦いに勝利したものの、その代償は何だったのか疑問である。一部のAIの専門家は、OpenAIの新しい取締役会について心配している。OpenAIは、Sam Altmanの復帰により新たなスタートを切ったが、まだ多くの課題が残っている。

    https://techcrunch.com/2023/11/22/openai-emerging-from-the-ashes-has-a-lot-to-prove-even-with-sam-altmans-return/

  36. buchikuma-info より:

    「openai attention attention happened」に関する最新情報です。

    タイトル: ファウンダー: OpenAIの取締役会で起こったことに注意を払おう
    見出し: ファウンダー: OpenAIの取締役会で起こったことに注意を払おう, もしもこの会社の構造があなたに違和感を与えるなら、あなただけではありません, 内部の緊張, 警戒すべき事例
    トピック1:
    トピックのキーワード: OpenAI 注意 取締役会 ファウンダー 支払われた OpenAIの取締役会 ファウンダー 注意 OpenAIの取締役会 支払う
    トップの段落:
    エンティティ: ファウンダー: OpenAIの取締役会で起こったことに注意を払おう この構造があなたに違和感を与えるという共感が広まっている
    キーワード: ファウンダー 注意 OpenAIの取締役会 会社の構造 あなたに違和感を与える 一人ではない ., 共感が広まっている OpenAIの取締役会の構造はどうなっているのか

    エンティティ: ベンチャーの創業者は自分たちの構造に注意を払うべきだと言われている 皆が言いたいことはあるが、言わないという状況だという。人々は
    キーワード: OpenAIの取締役会の構造はユニークであり、最近の混乱はファウンダ

    https://techcrunch.com/2023/11/21/openai-governance-board-founders-beware/

  37. buchikuma-info より:

    「brockman openai greg」に関する最新情報です。

    タイトル: なぜかグレッグ・ブロックマンはまだOpenAIの製品を発表している
    見出し: なぜかグレッグ・ブロックマンはまだOpenAIの製品を発表している
    トピック1:
    トピックのキーワード: ブロックマン、OpenAI、グレッグ、グレッグ・ブロックマン、OpenAIの製品、製品の発表、発表、OpenAI、ブロックマン、まだ、製品、理由
    トップの段落:
    エンティティ: すべてのChatGPTに利用可能になっている
    キーワード: グレッグ・ブロックマン、まだ、OpenAIの製品の発表、理由、元OpenAIの社長、グレッグ・ブロックマン、OpenAIの製品のアップデートの投稿に詳しい、今日のChatGPTの音声ナレーション機能がChatGPTユーザーに利用可能になった

    https://techcrunch.com/2023/11/21/greg-brockman-is-still-announcing-openai-products-for-some-reason/

  38. buchikuma-info より:

    「altman openai altman return」に関する最新情報です。

    サム・アルトマンがOpenAIのCEOに復帰することが発表されました。これは、最も価値のある米国のスタートアップであるOpenAIにとって劇的な逆転です。先週、アルトマンは突然解任された後、アルトマンの復帰が合意の原則で達成されたと述べています。Thrive Capitalの創設者であるジョシュア・クシュナーも、アルトマンの復帰を推進しており、アルトマンとブロックマンの存在は、コンピューティングの歴史において最も重要な会社の一つであるOpenAIにとって大きな影響力を持ち、会社の信頼性を高める能力に優れています。アルトマンの復帰は、高い注目を集めるAIスタートアップにとって重要な節目となります。

    https://techcrunch.com/2023/11/21/openai-says-sam-altman-to-return-as-ceo/

  39. buchikuma-info より:

    「openai startups ai」に関する最新情報です。

    OpenAIの危機は、次世代のAIスタートアップの種をまくことになるでしょう。OpenAIの危機は、次世代のAIスタートアップの種をまくことになるでしょう。OpenAIの危機は、次世代のAIスタートアップの種をまくことになるでしょう。

    https://techcrunch.com/2023/11/20/openai-expats/

  40. buchikuma-info より:

    「microsoft openai competition」に関する最新情報です。

    タイトル: マイクロソフトとOpenAIのパワープレイに競争当局が介入することはまだ期待できない
    見出し: マイクロソフトとOpenAIのパワープレイに競争当局が介入することはまだ期待できない
    トピック1:
    トピックキーワード: マイクロソフト OpenAI 競争当局 介入 期待 パワープレイ
    トップパラグラフ:
    エンティティ: 競争当局はマイクロソフトとOpenAIのパワープレイにまだ介入しないことを期待しないでください。マイクロソフトはトップエグゼクティブとAIエンジニアリングのトップを引きつけることができます。
    キーワード: 期待 競争当局 介入 マイクロソフト OpenAI パワープレイ まだ テックワールド マイクロソフト トップエグゼクティブ AIエンジニアリング OpenAI ジェネレーティブAI巨大企業 マイクロソフトは少数派の株式を保有しており、競争当局による規制の対象になるかどうかは疑問である。

    エンティティ: マイクロソフトのメッセージは落ち着いている。パートナーとして落ち着いている。私たちは競争当局に注意を払っている。
    キーワード: マイクロソフト CEO 慎重に構築された言葉は、マ

    https://techcrunch.com/2023/11/20/microsoft-openai-competition-concerns/

タイトルとURLをコピーしました