「Dyson Zone」空気清浄機兼ヘッドホンが日本でも流行する可能性について

スポンサーリンク

このページでは、空気清浄機「Dyson Zone」について紹介したいと思います。

「Dyson Zone」は屋外で使うのに適していますが、他の類似商品と比べて購入すべきかどうか、という点についても考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

「Dyson Zone」を購入するか悩んだ時の参考情報

まずは「Dyson Zone」について簡単に解説していきたいと思います。

「Dyson Zone」の購入ポイント

「Dyson Zone」の購入ポイント

Dyson Zoneについて押さえておきたいポイントとして、メリットとデメリットについて考えていきます。

「Dyson Zone」を買いたくなるメリット

まずはDyson Zoneを購入するメリットからまとめていきます。

Dyson Zoneのいいところ
  • 装着型(ウェアラブル)空気清浄機
  • ノイキャンの精度次第では新しいヘッドホンの選択肢になる
  • 空気汚染が進めば必要性が増す

「Dyson Zone」を買うのはやめたいデメリット

「Dyson Zone」を買うのはやめたいデメリット

次に、Dyson Zoneを購入するのを躊躇ってしまうデメリットについても触れておきます。

Dyson Zoneの気になるところ
  • 見た目がアブノーマルすぎて受け入れ難い
  • やるならハロウィン
  • 大気汚染は個人で対策するものではない
  • 今のところは普通のマスクでいい

まず、Dyson Zoneの必要性を考えたときに、「感染」と「大気汚染」の対策として成り立つかどうかを考えます。

空気清浄機が感染対策になりうるかどうかはこちらの記事を参考にしてみてください。

空気清浄機能でどこまでウイルスと戦えるのか
感染予防策は、どうしても個人の価値観で偏りが見られてしまう。少しでも安全に過ごすために環境面にアプローチをかけたい。つまり、空気清浄機で空間ごとウイルスをやっつけられないか考えてみました。
大気汚染対策には有効

大気汚染に関しては、普通のマスクよりもより効果的であると考えられます。

まず、マスクをしていて「花粉」がどれくらい防げているか、を考えるのがいいと思います。マスクをしていないよりはしていた方が「花粉の影響は少ない」ですが、それでもアレルギー症状は出る方が多いと思います。

花粉よりもさらに小さい粒子となるPM2.5を考えてみると、一般的な花粉対策マスクでは完全に防ぐことはできず、医療用・産業用のマスクを利用することが推奨されます。

しろくま
しろくま

医療者なら、ちゃんと着用された「N95」マスクが相当に息苦しいことは体感したことがあると思いますが、逆に、普通に呼吸できちゃうマスクでは空気中の微粒子吸引を予防するのは難しいってことでもあるんですよね。

Dyson Zoneでどれくらい汚染された空気が浄化され、かつ漏れなく給気として送り届けられるかどうかは試してみなことには分かりませんが、仮に「人間の呼吸リズムを高精度に予測」した上で、「外気を空気清浄機と同程度まで清浄」できる力があるとすれば、大気汚染の中でも快適に呼吸できるようになると考えられます。

まず、「呼吸リズムの把握」ですが、この手のマスクで問題となるのは「装着時の不快感」です。

ただでさえ重たいヘッドホンをつけているだけで頚椎への負担が大きく、さらにイヤーパッドの密着も材質によっては不快。汗なんかかいたら最悪。

この「ヘッドホンならではの不快感」に加えて、空気清浄機の機能がつくということは、顔に常時「送風」されることになります。

これは「つけっぱなしの扇風機の不快感」に近いものになると考えられます。そうなると「自然風なら心地よい」けど「人工の風を浴び続けると疲れる」あたりの理由も気になるところです。

つけっぱなしの扇風機が疲労につながる原因として「表面温度(自分が感じている温度)と深部温度のバグ」が挙げられています。つまり、体表面で冷たさを感じていながら、体の内部温度は高いままであることが問題のひとつ。末端の冷感も人間にとっては負担であると。

それに加えて、人間の頭は常に情報処理をしているわけですが、「風」という表皮刺激を受け続けるのは脳が疲れるわけです。無視できる情報は脳が判断して刺激感覚も薄れたりする便利なものですが、「顔だけに微風を浴び続ける」が、果たして我々の脳の疲労感にどれくらい影響を与えるかは体験してみないと分かりません。多分、個人差はあれど結構つらいんじゃないかなと。

例えば、このヘッドホン型空気清浄機が、人間の呼吸と吸気のタイミングを把握して、不快に感じない程度の適量の綺麗な風を送ることができる代物だとしたら、その不快感も多少は和らぐかもしれません。

この「呼吸と吸気のタイミングの一致」というのは、付け心地にかなりの部分影響するもので、無呼吸症候群の治療器具である「CPAP」を装着されたことがある方ならよくご存知かと思います。

CPAPというのは、マスクのように装着して機械が呼吸の補助をしてくれる器具なのですが、これ、かなり不快だという方が多いのです。

装置を見て貰えばCPAPは「身につけるだけで不快だろう」というのもわかるのですが、「自分の意図しない時に空気が送り込まれる不快感」というのも大いにあるわけです。

また、CPAPに学ぶことは、マスク型の随時送風機器は鼻咽喉や眼球の乾燥にもつながります。ヘッドホン型空気清浄機については利用時間は短いことも想定されますが、不快感について考えるのであればこの辺りのケアも必要だと考えていいでしょう。

逆に、人間の呼吸リズムに合わせて最適化されることで、マスク装着の不快感はずいぶん和らぎます。Dysonの技術革新によってどこまで課題がクリアされているかは分かりませんが、楽しみな商品だとは思っています。

少し要点をまとめます。

  • 人は風を浴び続けるのは不快に感じる
  • ヘッドホン装着が疲れる方には不向き
感染対策としては有効

私は基本的に感染対策に空気清浄機は無意味だと考えています。空気清浄機がウイルスを吸着する前に、人同士の感染経路が確立されますからね。

かめ
かめ

会話の時に、唾液が交差する中心に空気清浄機が設置されていて、相手に飛沫が付着する前に吸着可能なら効果的だと言えるんですけどね。

しろくま
しろくま

普通は、空気清浄機は端っこに置かれていますからね。飛沫拡散を防ぐ気流を生む場合には、ファンの騒音で会話が聞こえなくなるので、飛沫を交わさずに会話を成立させるのは、物理的にフィルターで遮断するマスクが一番いいってわけです。

では、なぜDyson Zoneは感染対策に有効かといえば、これはマスクが感染予防に有意義であることが示しています。つまり、唾液が飛ぶ場所をフィルターで覆うことで、感染を拡大させるのを防ぐことができるのと一緒です。

感染について考えるときは「自分が感染者」であることと「相手が感染者」であることを想定して対策を講じるのが大事ですが、無症状の自分がウイルスのキャリアになっていることはなかなか想像できないのも事実。

おそらく、Dyson Zoneは、外気をフィルターで濾し取ってから顔に吹きかけるタイプだと思うので、感染拡大を防ぐかどうかは微妙なところではありますが、マスクなしに比べれば咳やくしゃみで飛び散る飛沫が対話する相手に飛んでいく可能性は下げることができます。

自分が吸う空気に関してはフィルターを経由しているので、感染可能性のある飛沫を吸引する可能性は減らすことができると思います。

少しまとめると、どちらか片方が感染している状況において、どちらか片方がヘッドホン型空気清浄機を装着していることで、感染経路の遮断にはつながる可能性はある、ということです。どちらも装着していればなお確率は高まるでしょう。

しろくま
しろくま

じゃあ、これが「普通のマスク」をしている時と感染予防効果はどのように違うか、は研究してみないことにはなんとも言えないですね。ただのマスクよりは人為的に気流が生み出せる分、予防確率を高める可能性は高いと思いますけど。

コスプレから常時利用へのハードルの高さ

コスプレならアリだと思うんですよ。Dysonのデザインって、ロックマンっぽさあるじゃないですか(知らん)。我々の世代が「未来はきっとこんな感じ」と思ったデザインが、Dysonにはあるんです。

ちなみに、Dysonは技術職には力を入れているけれど、専用のデザイナーがいないのもDysonの特徴のひとつ。あくまでも「技術のためのデザインエンジニア」です。というより、技術を洗練していった先にダイソンデザインがある、とも言えそうです。

とはいえ、じゃあ街中にロックマン風マスクを装着していくことに抵抗がないかといえば、やっぱり今のところは「ヤベェやつ来た」でしかないと思います。電車では距離を取られますし、スタバでコーヒー飲んでいたらSNSにアップされることでしょう。

このデザインを受け入れられるか、を考える時には、マーケティングなどでもよく使われる「イノベーター理論」について考えるといいと思います。

  1. イノベーター(Innovators:革新者):市場全体の2.5%。時代を先取りしたちょっと変な人。
  2. アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用層):市場全体の13.5%。時代の流れに敏感なファッションリーダー的存在。
  3. アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随層):市場全体の34.0%。流行には乗れる多くの普通の人。
  4. レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随層):市場全体の34.0%。流行には乗り遅れるが同調性はある人。
  5. ラガード(Laggards:遅滞層):市場全体の16.0%。変化を嫌って流行には乗らない、動かざる人。

イノベーターが「最も最先端にいる人」ではあるのですが、「流行≒社会的に需要される」には、一定数の「アーリーアダプター」が必要です。いわゆる、時代を先取りしすぎた変人がイノベーター。

では、Dyson Zoneが社会的に需要される=アーリーアダプターが装着するかどうかは、デザインの他にも社会的な要因を考えていくんが大事だと思います。

まず、需要として「大気汚染」や「感染予防」に関しては注目度が高いので、時代の波が高まっている段階にはあると思います。つまり、装着する意義が一般大衆にも理解しやすいレベルになってきている。

必要性があっても、一般層が購入できるかどうか、というのも大事だと思います。つまり、価格と供給量の問題。需要を進めるには、マジョリティが手に取れる環境というのも大事。

Dysonは世界的に生産工場を用意していると思うので、増産の道筋さえ立てば供給量に関しては解決できる課題と見ていいと思います。価格は、どれくらいなら適正でしょうか。

日本の場合、ダイソンが流行した「紙パック不要のサイクロン掃除機」や、「フィルター交換しない空気清浄機」が人気なことから、我々は「使い捨て」に対していまだに強い抵抗感を持っていることがわかります。

マスクは「ディスポーザブル」製品ですから、基本は使い捨てですが、もしかしたら「もったいない」と感じる人たちが一定数はいるかもしれません。これに対して「使い続けることができるマスク」が登場したら、この心的負荷が解消される需要があるかもしれません。

上記のことから、人々が受容する要因は整いつつあり、Dyson Zoneが販売された場合には、割と早い段階で民衆がデザインも含めて受け入れてくれる、かもしれません。

しろくま
しろくま

認知度を高める方法としては、例えばこのデザインを活かして「ゲーム・アニメキャラの装着衣装」としてコラボさせると面白そうだな、と思いますけどね。テック的にもオタク層と親和性は高そう。

Dyson Zoneの商品概要/知っておきたいポイント

Dyson Zoneについて知っておきたいポイントを箇条書きで説明しつつ、必要な解説だけ書き足していきます。

Dyson Zoneの特徴

  • 同調圧力が強い日本では流行らない
  • 唯一チャンスがあるのはコロナ対策
  • 受容された時の爆発力はありそう

個人的には日本では売れないだろうなと思っているのですが、コロナ対策が今より厳しくなる(あるいは緩和の条件付けに高機能マスクが指定される)ことがあれば、Dyson Zoneが注目されてそのまま受容期を迎えることもゼロではないとは思っています。

Dyson Zoneのスペック

Dyson Zoneのスペックに関する情報です。

ただ、スペック見て「おぉ、これすごいな」ってわかる人ならいいのですが、そんな方はネットでレビュー記事は探さない。

何がすごいかわからない方のために、後半で「性能/スペックで比較したい商品」のところで「実際のところ、すごいのかどうか」を解説します。

Dyson Zoneのスペック表

Dyson Zoneが発売開始となった場合にご紹介します。

「Dyson Zone」のメーカー情報

Dyson Zoneについての簡単な知識と、空気清浄機をメーカーで選ぶ際の参考となる情報を列記しておきます。

Dyson Zoneのメーカーは「ダイソン」

ダイソンの空気清浄機型のヘッドホンについて考える場合には、「ヘッドホン」なのか「空気清浄機」なのかを整理する必要があります。

空気清浄機は騒音源ともなりうるので、ヘッドホンとして装着するには「ファンの回転音」という課題を克服する必要があります。

一方で、ノイズキャンセリングヘッドホンは、音楽に集中するために外部からの騒音への対処が必要になります。実は、この利害は相反する項目でありながらゴールは一緒だったりします。

かめ
かめ

つまり、ヘッドホンの目標は「音楽に集中できる環境」を提供することであり、いずれにせよ外部の音を遮断する必要があります。これをクリアできるなら、空気清浄機の騒音も問題にならなくなると。

音を相殺するノイズキャンセリングという技術がなければ、空気清浄機とヘッドホンの組み合わせは、日本百名山と忍者ハットリくんの同時放映くらい困惑するものだと思います。

ここに、「ボルダリング」というスポーツが生まれたことで、登山と忍術が同時に共存しうる世界を受容できる感性が我々にも生まれるわけです。

全くいい例えば思い浮かびませんでしたが、技術革新により外部からの音を分析してヘッドホンで相殺する技術がノイズキャンセリング。

果たして、ファン回転の振動まで相殺できるかどうかは商品を体感してみなければ分かりませんが、私が「意外とありなんじゃないか」と思っているのは、技術的には理に適っているな、と思わせるものがあるからです。

ダイソンでヘッドホン型空気清浄機は買うべき?

この評価は実際の商品が発売されてからしていきます。

他にもある、ダイソンの空気清浄機

ダイソンの空気清浄機で、購入時に比較・検討しておきたい商品を簡単に紹介していきます。

ダイソンの空気清浄機「Pureシリーズ」

ダイソンの「Pureシリーズ」についてはまた別記事でご紹介します。ここでは比較しやすい情報だけ抜き出してお伝えしていきます。

  • Dysonの空気清浄機は「扇風機プラスアルファ」
  • 扇風機の機能にプラスして、「暖房」や「加湿器」を選ぶ
  • 空気清浄機と掃除機は役割が似ているので、モーターが強いDyson製はおすすめできる

おすすめできると言いながら、買うならダイソン以外をお勧めしますが、ダイソンが好きならダイソン製空気清浄機もお勧めです。

「Dyson Purifier Hot + Cool」は空気清浄機と暖冷房3役こなせる?
このページでは、空気清浄機「Dyson Purifier Hot + Cool」について紹介したいと思います。「Dyson Purifier Hot + Cool」はリビングで使うのに適していますが、他の類似商品と比べて購入すべき...
スポンサーリンク

Dyson Zoneを空気清浄機の他の商品と比較する

Dyson Zoneが他の空気清浄機と比べておすすめといえるかどうかを調べていきます。

この辺りは販売されてから更新していきます。そもそも、比較対象が登場するかどうかもわからん。

空気清浄機のおすすめ商品ランキング

2022/10/31時点での、Dyson Zoneと似たような使い方をする空気清浄機のおすすめを紹介したいと思います。

  1. 普通のマスク
  2. MCK70
  3. 防毒マスク

ダイキン「MCK70シリーズ」がおすすめ「価格で比較」

Dyson Zoneと比較する上で、「価格」で近い商品について考えてみます。

Dyson Zoneは価格帯で言えば「最新技術が詰まった高価格帯」です。その点で、似たような価格帯で比較したい商品はありませんが、一般的な空気清浄機をとりあえず紹介しておきます。

「MCK70」は他社フラッグシップにも劣らないハイスペック空気清浄機という記事も書きましたので、そちらを参考にしてみてください。

「MCK70Z」は他社フラッグシップにも劣らないハイスペック空気清浄機
空気清浄機のおすすめをレビューしています。DAIKINの「MCK70Z」はハイグレードモデルでありながら、空調関連のトップであるDAIKINならではの魅力を詰め込んで、他社の最高機種にも匹敵するお勧め商品。
MCK70シリーズの特徴
  • 他社フラッグシップレベルの性能
  • 比較的買い求めやすい価格
  • 普通の空気清浄機でいいなら悩まずDAIKIN

ショップボタンを押すと「ダイキン MCK70」で検索できます。

普通のマスクがおすすめ「性能で比較」

Dyson Zoneと比較する上で、「性能・グレード」で近い商品について考えてみます。

Dyson Zoneの性能の特徴は「綺麗な空気を吸うこと」です。他のメーカーでと同じ特徴を持つものは、普通のマスクです。

マスクの特徴
  • N95なら花粉よりも小さい微粒子の吸引も予防
  • N95は高価なので、必要に応じて普通のマスクも利用

ショップボタンを押すと「YIBER N95マスク」で検索できます。

ガス(防毒)マスクがおすすめ「使用シーンで比較」

Dyson Zoneと比較する上で、「使用シーン」で近い商品について考えてみます。

Dyson Zoneを購入する場合に想定する利用シーンは「防毒マスク」になると思います。その場合、比較したい商品は、「3M」の商品になります。

3M 防毒マスクの特徴
  • 使いきりで衛生的
  • 吸収缶と面体とのセット製品
  • スピーディーに装着・作業ができる
  • 面体、吸収缶それぞれの在庫管理も不要
  • 軽量で長時間装着しても疲れにくく、また小型なので作業の邪魔になりにくい
  • 防毒マスクは呼吸する空気感宮中の有害ガス・蒸気を吸着・除去

ショップボタンを押すと「3M 防毒マスク」で検索できます。

実際に使用した人のレビュー・口コミ情報まとめ

実際に使用した方の評価が一番参考になると思いますので、情報をまとめておきます。

AmazonやECサイトでのレビュー

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング/PayPayモールでの評価は、以下の商品ボタンを押すと検索することができます。

ショップボタンを押すと「」と検索できます。

販売されたら商品リンクを準備します。

Twitterの評価

公式アカウントの発信

公式アカウントの発信に対して、クレームが多いと少し心配になります。この辺りの評価もチェックしておきましょう。

Dyson Zoneの購入の際に気になるQ&A

Q
Dyson Zoneのコスパって、実際のところどうなの?
A

Dyson Zoneのコスパは、率直に言えば「良くはない」と言えます。

ほとんどのシーンでディスポーザブルとはいえ「マスク」で対応できると思います。

Q
Dyson Zoneよりおすすめの空気清浄機はありますか?
A

Dyson Zoneよりもおすすめしたい空気清浄機は「ダイキンMCK70」です。理由としては以下のポイントを参考にしてみてください。

  • そもそも空気清浄機と比較するのが間違っている。
  • とはいえ、ノイズキャンセリングヘッドホンのジャンルでもない。
  • 唯一無二。
Q
屋外で使うことを考えていますが、Dyson Zoneはおすすめですか?
A

Dyson Zoneを屋外で使用する場合には「おすすめ」です。理由としては以下のポイントを参考にしてみてください。

  • 一応、感染予防効果はあると考えられる
  • 大気汚染が今よりも進行した上で、かつ外出の必要性がある時にはおすすめ
  • かっこいいと社会が需要したらファッションとしても成り立つ
スポンサーリンク

屋外・外出先で使う家電例

屋外についてはこちらのカテゴリも参考にしてみてください。

屋外・外出先で使うのに便利な家電記事リスト

屋外や外出先で使うことを考えて、他にもチェックしておきたい家電や、部屋作りのことについてまとめています。

ついでに、この記事に関係する空気清浄機などの家電に関する情報もあります。

スピーカー記事一覧

空気清浄機関連の記事一覧

Blueair
DAIKIN
性能比較・お勧め記事

加湿器

除湿機

家電を購入する際に知っておきたい情報

家電を購入する際にチェックしておきたい、オンラインショップのセール情報や福袋販売などのお得情報をまとめています。

セール情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました