PR

ランニング・サイクリングに勧めたいウェアラブルスピーカー

スポンサーリンク

運動の時のために、邪魔にならないワイヤレスイヤホンを探していたのですが、別記事で「ウェアラブルスピーカー良くね?」となったので、モチベが高いうちに記事としてまとめあげます。

スポンサーリンク

2023年の「ウェアラブルスピーカー」新着情報まとめ

ウェアラブルスピーカーについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

ウェアラブルスピーカーに関する新着ニュース

ウェアラブルスピーカーに関する新着ニュースをまとめています。

原神とSONYがコラボしたワイヤレスヘッドホンとネックスピーカーの予約受付開始

2023年9月17日の、原神とSONYのコラボレーション商品に関する情報をお届けします。

  • ソニーストアで『原神』コラボレーションモデルのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-LS900N/GI)とウェアラブルネックスピーカーの予約受付が開始されました。
  • ヘッドセットはノイズキャンセリング機能とハイレゾ音質を搭載し、原神の7種類の元素マークを左右異なるデザインで刻印可能です。また、充電ケースには「パイモン」のイラストとタイトルロゴが刻印されます。
  • ヘッドセットの価格は27,500円(税込)で、2023年2月3日に発送予定です。
購入時の注意点
  • 支払方法は限定され、代金引換での支払いは不可です。注文後のキャンセルも受け付けていません。
  • 刻印はレーザー照射により行われるため、色の見え方が異なる場合があります。また、修理時の交換品には刻印サービスは提供されません。

1

商品詳細
商品名ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット 『原神』コラボレーションモデル WF-LS900N/GI
価格27,500円 (税込)
ホワイト, エリシュ, ブラック
発送予定日2023年2月3日 (金)
販売元SONY
刻印オプション
  • 7種類の元素マークから左右異なるデザインを選択可能
  • ご注意: 表示されるデザインはシミュレーションであり、実際の刻印位置と異なる場合があります。また色の見え方が異なる場合があります。修理時の交換品には刻印サービスはない。

ウェアラブルスピーカーの新製品情報

ウェアラブルスピーカーの新製品情報についてまとめています。

新製品:エレコム「SPEAKER-1」

2023年9月17日時点でのエレコムのアウトドア向けウェアラブルスピーカー「SPEAKER-1」について紹介します。

「SPEAKER-1」の特徴
  • オープンイヤー型の充電式ウェアラブルスピーカーで、“サイレント/ライブ”モードを搭載しており、音楽のシェアが簡単に可能
  • JIS保護等級IP54相当の防塵防水レベルで、雨天時でも利用可能
  • 角度調整可能なスピーカー部分と落下リスクを軽減するチタンワイヤーが含まれるネックフレーム部分
価格

14,800円(税込)

「SPEAKER-1」のおすすめポイント
  • 複数のデバイスを接続して一つの音楽を同時に楽しむことができるため、新感覚の音楽体験が可能
  • 大型ダイナミックドライバーと独自のバスレフ構造により、豊かな音響体験が得られる
「SPEAKER-1」の気になるところ、注意点
  • 物理ボタンが大きめで操作しやすいため、センサー式ボタンの誤操作を防げる
  • その他の注意点やデメリットは公表されていない
「SPEAKER-1」の購入時参考情報

新製品:パナソニック ワイヤレスゲーミングネックスピーカー SC-GNW10

2023年9月17日時点でのパナソニックの新製品「SC-GNW10」について紹介します。

SC-GNW10の特徴
  • 首掛け型デザインを採用した2.4GHz帯ワイヤレス接続ゲーミングネックスピーカー
  • “TRUE MAGESS(True Majestic Augmented Gaming Environment Sound System)”を搭載し、4chサラウンド環境を再現
  • エコーキャンセルマイクを内蔵し、ゲームサウンドに干渉されずに会話が行える
価格

3万6400円(税込)

SC-GNW10のおすすめポイント
  • 通常のステレオサウンドを4chにアップコンバートし、奥行きのあるサラウンド環境を提供
  • 軽量でコンパクトなデザイン(約244g、サイズ:240×209×46mm)
SC-GNW10の気になるところ、注意点
  • 価格がオープンであるため、販売店によっては価格が異なる可能性があります
  • (他のデメリットは特に記載がありません)
SC-GNW10の購入時参考情報
  • 販売開始日:2023年11月17日
  • 販売店舗:パナソニック直販「パナソニックストア」他

1

直近のウェアラブルスピーカーのセール情報

ウェアラブルスピーカーの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

添付情報を参考に、テンプレートの「」を埋めるように情報をまとめてください。
【テンプレート】
#### 「店舗名/セール名」:「紹介する商品名」
「今日の日付」時点での「メーカー名」の「商品名」について紹介します。
##### 「商品名」の特徴
– 「」
– 「」
– 「」
##### 価格
「」円(税込)
##### お得度
「割引率などからお得度を評価する」
##### セール期間
「Y年M月D日(曜日)」〜「Y年M月D日(曜日)」
##### 「商品名」のメリット、注意したいポイント
– 「」
– 「」
【添付情報】

【出力方法】
マークダウン、日本語

スポンサーリンク

ウェアラブルスピーカーと運動の相性

  • フィット感
  • 耐水性
  • 重さ

後ほど丁寧に解説はしますが、最近のウェアラブルスピーカーは上記3点を満たすツワモノスピーカーも揃い踏みです。ただ、「本気で運動で使うとなると、どこまでの性能を求めるか」と考えると、少し躊躇してしまう点も見られたので、共有していこうって寸法です。

スポンサーリンク

ウェアラブルスピーカーに向いている運動

まずは、適当に好きなエクササイズをピックアップしてみたので、一緒に想像しながらウェアラブルスピーカーのある運動ライフを楽しんでいきましょう。

ランニング・ウォーキング

ぶちくま
ぶちくま

ランニングは少ししんどい。ウォーキングは心地よい。

少しお店で試すには心苦しいので激しめの足踏みをしてみたところ(ダメだろ)、やはり私には違和感が拭えませんでした。個人的にはウォーキングまでの仕様にした方が良いのではないかと思いました。

ウォーキングならお勧めできるレベル

ウォーキングに関しては、肩からタオル下げてる感覚には近いかなと思ったので、これはあまり気になりませんでした。ただ、重たい(わけでもないのだけど)スピーカーに関しては、少し擦れるような感じもありました。

水泳・水球

これも店頭で試すわけにはいかないので、耐水性について検討したいと思います。

ウェアラブルスピーカーの耐水性って?

2019年5月現在で、「おお、こりゃ泳いでも使えそうだぜ」というウェアラブルスピーカーは存在しておりません。ただ、防滴レベルならBOSEや、リーズナブルな価格帯のノンブランド品からIPX4レベルのものが登場しています。

BOSE SoundWear

例えば、BOSEのSoundWearが防滴性能を表示していますが、やはり「汗」レベルの防滴です。「雨が降っても安心」レベルとなると、不安なところ。

そして、そもそもBOSEは没頭型の、音楽などをソファなんかにゆったりと座って楽しむためのスピーカーだと私は考えています。

Bluenin

「雨の日でも使える」まで書いているのは、Blueninのネックスピーカーくらいですね。これは価格帯も「いざとなったら壊れてもいいか」くらいではあるので、割とお勧めできるレベルです。

結論としては水中はダメだ

まず、何れにせよ、水中は無理です。

IPXについてはお風呂で使うスピーカーを検討した際に記事にしました。どうしても水際で使用する際には、やはりウェアラブルスピーカーよりは、耐水性の高いスピーカーをプールの近くに置いてそれなりの音量で楽しむか、高耐水性のワイヤレスイヤホンが良さそうです。

きつね
きつね

水泳中にワイヤレスイヤホンなんてしてたら、絶対になくすで

ということで、やはり水際まで攻めるとスピーカーはダメそう。

投げたくなるスピーカー決定戦

水球、の話題を強引に放り込んだので、ふと思ったんです。

ぶちくま
ぶちくま

新潟は水球王国。ならば、やはりスピーカーは投げ込むしかない

というわけで、ゴールに向かって全力で叩き込みたいスピーカーランキングです。

水球で使用できそうなスピーカー

ちなみに、結構音質は良いので、たとえゴールを決められても、両チームとも、少しテンション上がります。

サイクリング

そもそも、私の運動不足が根本の原因なのですが、走るのが面倒なので自転車に乗りたくなりました。

ぶちくま
ぶちくま

でも、法律の問題が立ちはだかる!

自転車運転時は罰則の対象となる可能性も

6 こんな運転もやめましょう

 ○ 携帯電話を使いながらの運転

 ○ 傘さし運転

 ○ イヤホンやヘッドホンで音楽などを聴きながらの運転

 【罰則】5万円以下の罰金

http://www.pref.niigata.lg.jp/kenminseikatsu/1320958846341.html

自転車の安全な利用について|新潟県

我らが新潟県の広報ページなのですが、上記のような罰則が課せられる可能性があります。

厳密に言えば、耳をふさぐようなタイプのスピーカーでなければ良さそうではありますが、警察の注意の対象にはなると思います。

ヘルメットに内蔵させる

ぶちくま
ぶちくま

せっかくスピーカータイプにしても、イヤホンと間違われて5万円の罰則で揉めるのはしんどい。

この場合は、もうヘルメットにスピーカーを内蔵させるという手立てもあります。

ヘルメット内蔵型スピーカー

ガチでやるとこうなる。

マイクもついているので、サイクリングデートで彼女とにゃんこら会話するとかリア充。

野球

これについては、水球の項も参考に。

ぶちくま
ぶちくま

そう、野球といったらボール。やはりスピーカーもキャッチャーが構えるミットに投げ込み(以下略)

ストレッチ

個人的には、結局行き着くところは柔軟体操などの利用なんじゃないかとは思ってます。

ヨガとか慣れてる人なら、ゆったりめの好きな音楽を流すだけでも気分が乗るし効果的。自宅でビリーズブートキャンプをしたいのであれば、テレビからの音声をスピーカーに飛ばしてもいい。

普通にスピーカーでよくね説

ただ、普通にスピーカーから流せばいいんじゃないかという疑問は残る。

スポンサーリンク

運動時に求めたいスピーカー性能

音質

よめくま
よめくま

運動時は「ながらヒアリング」で、リラックスして楽しみたいところ。

BLuetoothスピーカーの記事でも取り上げましたが、音源圧縮でスピーカーに飛ばす以上、音質にこだわりすぎるのは、お金がかかるばかりで効果はあまり得られず、あまりよろしくない。音質を左右する項目として、コーデックやBluetoothのバージョンなどの要素がありますが、使用感に勝るものではないので音質は後回しにしましょう。

フィット感

運動で重要な項目としてフィット感をすでに取り上げていますが、こればかりはまずは試着してみたいところです。

やはり、大きく体が揺れるような運動に関しては「すごく気になる」のでおすすめできないところですが、フィット感の良いものであれば運動でも差し支えないな、といったところです。

重さ

重さは軽いに越したことはありません。最軽量としてはSHARPとJVCケンウッドの88g台が登場しています。

素材

首回りに摩擦運動が生じるので、肌との当たり具合、フィット感は要チェック項目です。今のところはシリコン製がフィット感と肌あたりを考えると良さそうだな、という印象です。

スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンとの比較

さて、そもそも買おうと思ってたのがワイヤレスイヤホンなんですけど、「ちょっと時代の流れに乗っかろうと思って、カッコつけたいんじゃないか」ということに気づき始めたので、自分を納得させるために自問自答を始めたいと思います。

外部の音と遮断されるのがネック

ワイヤレスイヤホンよりウェアラブルスピーカーがいいなと思った理由は、一番がこれ。私は田舎者なので、人通りの少ないところでランニングもできるし、環境的にはスピーカーを使用して白い目で見られるわけではないので、恵まれている環境と言えそうです。最近は走るのに飽きてきたのでサイクリングで風を切りたいと妄想しているところなのですが、やはり気になったのが先に説明した法律のことでした。

ぶちくま
ぶちくま

とりあえず、法律や条例に触れそうなイヤホン使用だけは絶対に避けたいな

というわけで、サイクリングを諦めるか法律を諦めるかの2択です。判断はみなさんにお任せします。

しろくまさん
しろくまさん

私はまだもう少し平和な毎日を歩みたいと思います。

耐水性はワイヤレスイヤホンに軍配

とは言え、ウェアラブルスピーカーは各メーカーが本腰を入れ始めたのか、あるいは入れたふりをして様子見しているだけなのか、という微妙な時期。まさに黎明期と言えそうです。

ワイヤレスイヤホンは、これからの時代のイヤホンの定番となるので、当然メーカーは力を入れて他者との差別化を図っています。

なので、現状はバラエティの豊富さと機能面を踏まえても、ワイヤレスイヤホンの方が安いし防水性能でもお勧めできます。

コスパで選べばSUTOMO製

私としては、イヤホンは消耗品なので「買い替えできる価格帯」から選ぶのがポイントです。その中でSUTOMOに関してはレビューが安定しているのと、何より価格が安いので一回失敗してみる気持ちで買っても良さそうです。

価格切り捨てでJabraも

これは有名ブランド品だと思ってください。評判はかなり良いです。失敗したくなければこっち。

運動によってフィット感は異なる

このフィット感が難所、というか決めかねている最大の原因なのですが、「あー、ウォーキングにはいいけど、走りたくなった時にはやはりイヤホンか」とか、「サイクリングならずれ落ちる心配くらいだからウェアラブルかー」とかずっとブツブツ言ってます。

結局のところ、適材適所であるのは間違いない

サイクリングさえ諦めれば、イヤホンの方が無難と考えてますけどね。

スポンサーリンク

運動に向いているおすすめネックスピーカー

さて、長々と記事を書きましたが、検討に検討を重ねて結局迷っているお勧めのウェアラブルスピーカーたちをご紹介(しつつ自分のための情報)をまとめておきます。

SHARP AQUOSサウンドパートナー

SHARPがコスパ良しで一番運動に向いているかなと思いました。とりあえず、私が運動用に買うならこれにします。

お勧めする理由

  • 最軽量級
  • 価格帯がビンゴ
  • 遅延が少ないオーディオコーデック Fast Streamにも対応 

運動の邪魔になってはいけないってのがまず第一。そして、散々「コスパが重要」と言いながらBOSEが欲しくなってる自分に喝を入れるためにも、SHARPをチョイス。そして、最終的にはソファの横に置かれているウェアラブルスピーカーの姿しか想像できないので、使い勝手や性能面でも「動画と合わせても遅延ストレスの少ない」ものにしました。

BOSE SoundWear

と、SHARPの紹介中に紛れ込んできたBOSE。先に言っておけば価格がネック。

SoundWearの特徴

  • 防滴仕様
  • フィット感はいまいち
  • 音質は最高峰(ウェアラブルスピーカーと比較)
  • 他の製品が2つ買える値段帯
  • カバーが取り外し可能で洗えるのが良い

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「野球 baseball baseball king」に関する最新情報です。

    「BASEBALL KING | 日本の野球を盛り上げる!」は、日本の野球に関する情報を提供するウェブサイトです。最新のニュースや試合結果、選手のインタビューなどが掲載されています。

    「日ハムで“黄金バッテリー”が復活山﨑福也「投げ心地は良かった」」という見出しの記事では、日本ハムファイターズの山﨑福也選手が復帰し、投球の感触についてコメントしています。

    「【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!」という見出しの記事では、DMMとDAZNが提携して、月額1,270円(税込)でプロ野球を視聴できるサービスを紹介しています。さらに、プロ野球以外にも様々なスポーツやアニメ・エンタメが見放題で楽しめることも紹介されています。

    「POINT」という見出しのセクションでは、DMM×DAZNホーダイの特徴が2つ挙げられています。1つ目は、単体契約よりも月額料金が安くなること。2つ目は、プロ野球をはじめとする様々なコンテンツが見放題で楽しめることです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIWh0dHBzOi8vYmFzZWJhbGxraW5nLmpwL25zLzQwODA3MNIBAA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「バッグ バッグ 長く ヘルメット」に関する最新情報です。

    本革製のヘルメットバッグは、丸洗い対応で気軽に使えるアイテムです。その耐久性と実用性から、長く付き合える相棒となることでしょう。バッグの質実剛健な作りやショルダーストラップの取り外し可能性、脱着式の内装パーツなども魅力的です。さらに、大きめのフロントポケットにも注目が集まっています。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-richleatherhelmetbag-review-709802/

  3. buchikuma-info より:

    「修理 製品 シャープ」に関する最新情報です。

    シャープは、被災した自社製品に対して特別料金で修理対応することを発表しました。これは、能登半島地震の災害救助法適用地域での対応であり、2024年1月4日から2024年3月31日までの期間に限られます。被災した家庭向けの自社製品の修理に特別料金を設定し、長期的なメリットを提供することで、復興を支援する取り組みです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSWh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMS9zaGFycC1yZXBhaXJzLWRhbWFnZWQtaG9tZS1hcHBsaWFuY2VzLmh0bWzSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「セール 価格 エレコム」に関する最新情報です。

    Amazonのホリデーセールで、エレコムの電源タップ、モバイルバッテリー、LANケーブル(Cat8)、スイッチングハブがお買い得価格で登場しています。セール対象製品には、エレコムのクリーナーブラシ、電源タップ(雷ガード付きの2.5m 6個口USBタップや10個口のもの)、モバイルバッテリー(5000mAhの2台同時充電可能なもの)、充電器(Type-C 3ポートのUSB-C×2 USB-A×1)、LANケーブル(Cat8の2m)、スイッチングハブ(ギガビットの8ポート)などがあります。セール期間は2023年12月16日から12月18日までで、Amazon.co.jpで購入することができます。セール価格は750円からで、最大30%オフとなっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMWh0dHBzOi8vd3d3LmZhbWl0c3UuY29tL25ld3MvMjAyMzEyLzE4MzI4MjA0Lmh0bWzSATRodHRwczovL3d3dy5mYW1pdHN1LmNvbS9uZXdzL2FtcC8yMDIzMTIvMTgzMjgyMDQucGhw?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「bose テレビ 音質」に関する最新情報です。

    Amazonで開催されているセールで、2.8万円でBOSEのコンパクトサウンドバーがお買い得になっています。このサウンドバーはコンパクトながらテレビの音質をしっかりアップしてくれるもので、23%オフで購入できます。また、BOSEのSmart Soundbar 600も18%オフで販売されており、今までにないサウンド体験を味わうことができます。さらに、防水仕様のワイヤレススピーカーも23%オフで販売されています。他にもお得な商品が多数ありますので、チェックしてみてください。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3LnJvb21pZS5qcC8yMDIzLzEyLzExMjQzMDUv0gEA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「スピーカー 試す bluetooth」に関する最新情報です。

    ダイソーのBluetoothスピーカー「ブルートゥーススピーカー(コカ・コーラ)」は770円で購入できるレトロ調のかわいらしいスピーカーです。音質も値段にしては十分に良好で、特にラジオを聞くのに最適です。サイズもコンパクトで持ち運びに便利です。内蔵の1200mAhのバッテリーは約4.5時間の連続再生が可能で、10時間以上の使用ができます。また、5Wのパワフルな音量を持ち、モノラルのスピーカーが搭載されています。外見は1960年代のアンティークラジオを思わせるデザインで、本格的なオーディオを楽しむことができます。価格と性能のバランスが良く、テレワーク中のBGMやラジオの聴取におすすめの製品です。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2311/23/news039.html

  7. buchikuma-info より:

    「野球 ビーチ 開催」に関する最新情報です。

    元プロ野球選手と少年野球チームが千葉県勝浦市でビーチクリーンと野球教室を開催することが発表されました。ビーチクリーン活動は、国際NGOのブルーフラッグ認証制度に参加し、美しい海岸を保持する取り組みです。野球教室では、元プロ野球選手が講師として参加し、地元の少年野球チームの小学生22名が参加します。この取り組みは、一般社団法人中小企業からニッポンを元気にプロジェクトの一環として行われ、地域貢献と少年野球の育成を目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000107589.html

  8. buchikuma-info より:

    「配信 明治神宮 野球」に関する最新情報です。

    明治神宮野球大会の全試合が11月15日(水)から無料でライブ配信されることが発表されました。この配信はバーチャル高校野球というプラットフォームで行われ、高校の部と大学の部の全19試合が視聴可能です。配信はスポーツブルやスポーツナビなどで行われ、試合のハイライト動画や得点シーンのまとめなども提供されます。また、開会式や閉会式の模様も収録され、見逃した場合でも無料で視聴することができます。明治神宮野球大会は毎年開催される高校と大学の全国大会であり、今年は11月15日から20日まで明治神宮野球場で行われます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001563.000009214.html

  9. buchikuma-info より:

    「レーザー レーザー 彫刻機 刻印」に関する最新情報です。

    手軽な家庭用のレーザー彫刻機を使用して、自分の名前を刻印する方法についての記事です。レーザー彫刻機は10Wと20Wの2種類のレーザーヘッドがあり、ソフトウェアはLightBurnが推奨されています。この記事では、レーザー彫刻機を使用してプリントや資材の刻印や板の切断など、さまざまなDIYアイテムを作ることができると紹介されています。また、スマホやタブレット、ノートPCなどのオリジナルアイテムを作るプロジェクトも公開されています。レーザー彫刻機のキーワードに対する反応も良いようです。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-spiderx1-review-708874/

  10. buchikuma-info より:

    「10 野球 記念」に関する最新情報です。

    スポーツナビ野球速報アプリが10周年を迎え、10年間のプロ野球を振り返るスペシャルコンテンツと記念アイコンが公開されました。また、「思い出の名場面」の募集も開始されています。これまでの10年間のプロ野球の出来事やアプリの進化についてのスペシャルコラムが配信される予定で、ハッシュタグキャンペーンも実施されます。募集された思い出の名場面は編集部がセレクトし、紹介される予定です。また、企業担当者やメディア関係者は公開情報を遠慮せずに利用することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000140.000077000.html

  11. buchikuma-info より:

    「性能 pc elite」に関する最新情報です。

    クアルコムは、Snapdragon X Eliteという新しいプロセッサを発表しました。このプロセッサは、AppleのM2よりも50%高いピーク性能を持っており、Windows PCに搭載される予定です。Snapdragon X Eliteは、12コアのOryonを搭載しており、2024年にはスマートフォンにも搭載される予定です。このプロセッサの特徴は、高い性能と低い消費電力です。クアルコムは、Snapdragon X Eliteの開発を率いるGerard Williams氏によって設計されました。AppleのM2と比較しても、Snapdragon X Eliteはマルチスレッド性能が最大50%高速であり、Intel Core 7-1360Pと比較しても最大2倍高速です。また、消費電力も最大68%低いです。

    https://japan.cnet.com/article/35210668/

  12. buchikuma-info より:

    「bluetooth タイプ ヘッドセット」に関する最新情報です。

    エレコムは、片耳タイプのBluetoothヘッドセット「LBT-HSOH13BK」を発売する。このヘッドセットは周囲の音が聞こえやすく、ワイヤレスで長時間使用することができる。また、オーバーヘッドの筐体と自由に回転するマイクを採用しており、右耳と左耳のどちらにも装着することができる。販売は2022年10月中旬を予定しており、価格は4980円(税込み)となっている。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2310/10/news115.html

  13. buchikuma-info より:

    「bluetooth タイプ ヘッドセット」に関する最新情報です。

    エレコムは、片耳タイプのBluetoothヘッドセット「LBT-HSOH13BK」を発売する。このヘッドセットは周囲の音が聞こえやすく、ワイヤレスで長時間使用することができる。また、オーバーヘッドの筐体とマイクの自由な回転が特徴で、右耳と左耳のどちらにも装着できる。販売は2022年10月中旬を予定しており、価格は4980円(税込み)となっている。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2310/10/news115.html

  14. buchikuma-info より:

    「bluetooth タイプ ヘッドセット」に関する最新情報です。

    エレコムは、片耳タイプのBluetoothヘッドセット「LBT-HSOH13BK」を発売する。このヘッドセットは、周囲の音が聞こえやすく、ワイヤレスで長時間使用することができる。また、オーバーヘッド型の筐体を採用し、マイクは自由に回転させることができる。右耳と左耳のどちらにも装着することができるため、使いやすさに優れている。価格は4980円で、10月中旬に販売が開始される予定だ。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2310/10/news115.html

タイトルとURLをコピーしました