PR

お勧めの静かな除湿機と、稼働音を和らげる方法

スポンサーリンク

除湿機を選ぶときのポイントとして「前に買った除湿機はうるさくて、できれば静かなやつが欲しい」と感じている方は多いと思います。

このページでは、「できれば生活する部屋の除湿をしたいけど、うるさいのは嫌だな」と考えている方にお勧めの除湿器と、選ぶポイントについて解説していきます。

スポンサーリンク

2024年の「静音除湿機」新着情報まとめ

静音除湿機について調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

静音除湿機に関する新着ニュース

静音除湿機に関する新着ニュースをまとめています。

2023年静音設計の除湿機人気ランキング8選

2023年12月12日の、静音設計の除湿機のおすすめ人気ランキングに関する情報をお届けします。

  • 静音設計の除湿機ランキングは、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの売れ筋を比較。
  • 小さな子どもがいる家庭や夜の使用に適した静かな除湿機を特集。
  • 専門家のアドバイスに基づく正しい選び方を解説。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • ランキングにより、消費者が静音性を重視する除湿機を簡単に選べる。
  • 夜間や静かな環境を必要とする場所での使用に最適なモデルの提案。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • ランキングによる選択肢の限定により、他の重要な機能や価格面での検討が軽視される可能性。
追加情報/補足
  • ランキングの上位には、静かさの評価が3.5点以上のメーカーが多くランクイン。
  • 1位はコロナの「衣類乾燥除湿機 Hシリーズ|CD-H1023-AE」、価格は38,500円。
  • 2位はシャープの「プラズマクラスター|衣類乾燥除湿機|CV-R120-W」、価格は43,000円。
  • 3位はシャープの「プラズマクラスター|衣類乾燥除湿機|CV-P120-W」、価格は32,659円。

静音除湿機の新製品情報

静音除湿機の新製品情報についてまとめています。

新製品:「Sumataco(スマタコ)」

2023年12月12日時点での株式会社Glotureの「Sumataco(スマタコ)」について紹介します。

Sumatacoの特徴
  • シリカゲルと発熱乾燥機能による繰り返し使用可能なミニ除湿器。
  • 安全無毒のエコ素材を使用。
  • 360°全方位で湿気を吸収し、無音で静かに除湿。
  • 2枚のセラミックPTC発熱体により、除湿剤の素早い回復。
  • 横置き・縦置きどちらでも配置可能で、コンパクトなデザイン。
価格

5,980円(税抜)

Sumatacoのおすすめポイント
  • 使い捨て除湿剤と異なり、繰り返し使える経済性。
  • シリカゲルが湿気を効率的に吸収し、電源で簡単に乾燥、再利用可能。
  • コンパクトサイズで靴棚や本棚、衣装棚など狭いスペースにも最適。
  • 無毒、無臭で非腐食性の素材を使用し、家庭やオフィスで安全に使用可能。
Sumatacoの気になるところ、注意点
  • 電源を接続して加熱乾燥する際、高温になるため注意が必要。
  • 子供の手が届かない場所で使用し、乾燥中は本体に触れないようにする。
Sumatacoの購入時参考情報
  • 本体サイズ:高さ195mm(iPad miniと同じくらい)、底面70mm。
  • 適用面積:面積5㎡以下の狭いスペース。
  • 販売ECサイト:GLOTURE.JP

新製品:「ドライボトルスティック」

2023年12月12日時点でのアスキーストアの除湿機「ドライボトルスティック」について紹介します。

ドライボトルスティックの特徴
  • 狭い場所にも設置可能なコンパクトサイズ。
  • 電源不要で安全かつ静音性に優れている。
  • 吸湿後、乾燥台で乾燥させることで繰り返し使用可能。
  • 最大除湿量は約100mlで、適応範囲は5~10平方メートル。
  • 使用回数は約300回。
価格

4,480円(税込)

ドライボトルスティックのおすすめポイント
  • 除湿ビーズが水分をしっかり吸い取り、簡単な乾燥プロセスで再使用可能。
  • おしゃれなデザインで、目に入る場所に置いても部屋の雰囲気を損なわない。
  • 靴箱やクローゼット、食器棚などさまざまな場所に使える多様性。
ドライボトルスティックの気になるところ、注意点
  • 乾燥台の電気代がかかるが、1回あたりのコストはわずか2.4円(2時間)。
ドライボトルスティックの購入時参考情報
  • サイズ:直径70×高さ195mm、重量:431g。
  • 付属品:除湿カートリッジ1本。
  • 詳細情報や購入はアスキーストアで可能。

新製品:「CUBE」

2023年12月12日時点での除湿アイテム「CUBE」について紹介します。

CUBEの特徴
  • 珪藻土の8倍の吸湿力を有し、5Lの空間を強力に除湿。
  • ナノ多孔質シリコン製で、空気中の水分子を効率的に吸着。
  • 約30日間吸湿力が持続し、レンジで加熱することで繰り返し使用可能。
  • カメラバッグや靴箱、腕時計のケースに置くだけで湿気対策。
  • インジケーターによりメンテナンスタイミングが分かりやすい。
価格

価格についての具体的な情報は添付情報にありませんでした。

CUBEのおすすめポイント
  • 手のひらサイズで、デリケートなアイテムの湿気対策に最適。
  • スタイリッシュなデザインで部屋の景観を損なわない。
  • EUの安全基準であるRoHS認証を取得しており、子供やペットがいる家庭でも安心。
CUBEの気になるところ、注意点
  • 除湿力が落ちた場合、レンジで加熱する必要がある。
  • 機能やデザインに関する具体的な価格情報が不足している。
CUBEの購入時参考情報
  • クラウドファンディングで累計約3500万円の支援を獲得。
  • 詳細情報や購入については、machi-yaプロジェクトページなどで確認可能。

直近の静音除湿機のセール情報

静音除湿機の商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

スポンサーリンク

静かな除湿機とは

静かな除湿機の条件や、どういった除湿機を選ぶべきか、という情報についてとまとめていきます。

除湿機がうるさい理由

まず、除湿機は構造上、「うるさい」家電だということ。これは避けて通れません。

  • 空気の交換をするための送風/吸込
  • 水を集めるために部分的に冷たくするために「振動」が避けられない
  • 水滴を処理するために水を移動させる機構が必要
  • タンクなど取り外すことが必要な部品が「ガタガタ」してしまう

メーカーも工夫して、除湿器と一緒の部屋で生活をしていても、「気にならない」くらいの静音タイプの除湿機もあるにはありますが、基本的には「無音」にはならないということは覚悟しておきたいところです。

除湿機と音の基準

静かな除湿機を探しているのですが、実際に「〇〇dbだから静か!」と言われても、いまいちしっくりこないところです。

たとえ40db以下で「病院でも静か」と言えるような環境であっても、うるさいとクレームをもらうことがあります。やはり「自分が生活する環境がうるさい」ということに人間は弱いのです。

うるさいと感じる基準

基本的には、うるさいと感じる音は、「音の質」や「音源」も考慮されるべきなので、単純なデシベルだけで評価できるものではありません。ただ、騒音を聞いているだけでなんとなく体調が悪くなるのも事実であり、体への負担を考えると、一緒に生活する気持ちでパートナーとしての静かな除湿機を選んでいきたいところです。

うるささ身体/生活への影響騒音値(db)騒音発生源と距離(大きさの目安)
きわめてうるさい聴覚機能に異常をきたす120db・ジェット(飛行機)エンジンの近く
きわめてうるさい聴覚機能に異常をきたす110db・自動車のクラクション(2m)
きわめてうるさい聴覚機能に異常をきたす100db・電車が通るときのガード下 ・液圧プレス(1m)
きわめてうるさいうるさくて我慢できない90db・犬の鳴き声(5m) ・騒々しい工場の中 ・カラオケ(店内中央) ・ブルドーザー(5m)
きわめてうるさいうるさくて我慢できない80db・地下鉄の車内 ・電車の車内・ピアノ(1m) ・布団たたき(1.5m) ・麻雀牌をかき混ぜる音(1m)
うるさいかなりうるさい。かなり大きな声を出さないと会話ができない70db・騒々しい事務所の中 ・騒々しい街頭 ・セミの鳴き声(2m) ・やかんの沸騰音(1m)
うるさい大きく聞こえ、うるさい。声を大きくすれば会話ができる60db・洗濯機(1m) ・掃除機(1m) ・テレビ(1m) ・トイレ(洗浄音) ・アイドリング(2m) ・乗用車の車内
普通大きく聞こえる、通常の会話は可能50db・静かな事務所 ・家庭用クーラー(室外機) ・換気扇(1m)
普通聞こえるが、会話には支障なし40db・市内の深夜 ・図書館 ・静かな住宅地の昼
静か非常に小さく聞こえる30db・郊外の深夜 ・ささやき声
静かほとんど聞こえない20db・ささやき ・木の葉のふれあう音

除湿機の静音性を見てみると、強モードにすると「うるさい」になるのはほとんどの機種で共通する部分で、人がいない場合には60dbくらいまでなら許容できると考えられます。一方で、同室で生活することを考えるなら、30〜40dbを目指したいところ。

掃除機とは違い、稼働している時間は長いので、同じような気持ちで40〜50dbくらいで選んでしまうと後悔してしまいます。静穏性を考えるなら、30〜40dbの話し声くらいで考えて、しかもその会話内容が常に不快であるということを念頭に置いておきましょう。

騒音による心身への影響

身体的疲労、心理的な不快感などによって睡眠障害が起きたり、消化液の分泌が減少するなど、騒音が人体に及ぼす影響は計り知れないものがあります。

騒音に関しては個人差がありますが、通常では病室は50デシベル以下、夜間は40デシベル以下が望ましいとされています。

ぶちくま
ぶちくま

私は看護師だったので国試対策で何度か「病室の騒音」について調べていますが、「普通」と言われる音であっても、環境やその時の気分によっては「うるさい」と感じるものです。

例えば、せっかく高い除湿機を買ったのに、思いがけず「うるさい」と感じると、部屋の中で稼働しているだけで「高いお金を出したのに、部屋で集中できなくなった!」と騒音以上の心理的な負担(ストレス)を感じるものです。

騒音のもたらす影響(参考)
  • 睡眠障害:入眠困難、中途覚醒など
  • 心理影響:ストレス
  • 活動妨害:集中できない、会話・テレビの音が聞き取れない
  • 聴力障害:難聴リスク、頭痛などの身体症状
  • 物的苦情:振動による影響(他の家電への悪影響)
  • 社会影響:近隣住民からの騒音訴え

静かな除湿機の条件

  • 基本的にはデシカント式
  • 小さい部屋ならペルチェ式
  • シンプルな構造
  • 掃除などの手入れが楽チン

基本的には上記のような条件において除湿機を選べば「静か」だと言われる除湿機になります。それでもうるさく感じるものですが。

コンプレッサー式よりはデシカント式

リビングにぴったりの除湿器、という記事にも書きましたが、除湿機には大体3種類の方式で空気中の水分を集めています。詳細な解説は別記事に任せますが、「静か」であることを考えるとコンプレッサー式よりは、デシカント式の方がいいです。

リビングに除湿機置くなら静音性と温度変化に注意!
リビングなどの広い生活スペースに置くべき除湿機を選びました。大型除湿機にはデメリットがあって、「熱が発生する」ことと「うるさい」こと。ついでに「うるさい音」への対応法も。
コンプレッサーは室外機内蔵のエアコン

コンプレッサー式は、簡単に言えば「クーラー/エアコンの冷たくする機能」を除湿に役立てています。一方のデシカント式は「乾燥材」に水分を吸着させて「熱」を使って分離するようになっています。言い換えると、コンプレッサー式は「冷たさ」を利用して水を集めて、デシカント式は「熱」を生み出して水を集めています。

コンプレッサー式は「冷たいところ」では除湿できなくて、コンプレッサーという装置を使うので音がうるさくなりがちということです。あえてメリットを生かすなら、小さな冷房のような使い方ができるモデルもあるので、「夏の湿気対策」という使用シーンが明確になっている場合にお勧めできます。

しろくまさん
しろくまさん

小さな冷房、といっても、室外機も家の中にあるようなものだから、使用している部屋の温度は変わらない(稼働する分、少し暑くなる)のは注意点ですね。

ぶちくま
ぶちくま

ただ、デシカント式の場合は、除湿器に水を集めるために「熱」を利用していることもあり、部屋が暑くなるのが難点。リビング使用では致命的なんですよね。

メーカーも室内干しの需要から「リビング」での仕様を強化しており、「静音機能」を強化しているコンプレッサー式(ハイブリッド式)もあります。

ペルチェ方式ってどうなの?

静音性に優れていて、コンパクトなサイズにしやすいのが「ベルチェ方式」という除湿器です。

ペルチェ素子という電子部品があって、これは電流が流れると熱が移動する仕組みを利用したもの。熱を移動させて冷たい部分に結露を発生させて水を集めるイメージになります。

ペルチェ式だと、先程の「コンプレッサー」を搭載していないので、余計な振動はありません。ペルチェ素子は半導体の放熱に役立てられていることもあり、小さな部品でも対応できるのが強みで、コンパクトな筐体に納めやすいのです。

ただ、コンプレッサー式と同様に「低い室温」という環境では効果が弱まります。

ペルチェ式が向いている部屋

一人暮らしの部屋や、物置やランドリールーム/サンルームなどの限られた空間に使用するのがお勧めです。カビ対策をしたい押し入れなんかの使用にも向いています。

フィルター(吸込口カバー)が掃除しやすい

空気清浄機ほどではありませんが、除湿機の除湿能力を左右するのは「空気の入れ替え=送風力」も重視したいポイントになります。今回は騒音をテーマに考えているので、静かな除湿機を目指すなら、この空気の入れ替え作業もなるべく静かにおこないたいところ。

除湿する力を考えると、「送風する力」を弱めると部屋全体を除湿するのには時間がかかります。送風する力はもともとの機能によるところもありますが、「フィルター」に依存するところもあります。フィルターが詰まれば、余計な力が必要になり、音がうるさくなってしまいます。

フィルターを直接掃除できる構造になっている除湿機は少ないですが、メンテナンスのしやすさは静音性を考える上でも大事なポイントになってきます。吸込み口のカバーも素地をするだけで空気の交換がスムーズになり、音を静かにしてくれる効果が期待できます。

エアコンの除湿機能で代用できないの?

ふと、コンプレッサー式が「エアコン」と同じ原理なら、じゃあもうエアコンで良くね?と考えるところです。

簡単に言えば、エアコンの除湿モードでも除湿は可能です。原理は同じですから。ただ、問題としては、以下の点があると思います。

  • スポット乾燥(衣類だけ乾燥させたい)ができない
  • 室温が下がる
  • 電気代が想定以上にかかる

夏場に、普通に室温を下げる目的でエアコンを使用するなら、除湿モードを活用することを考えることはいいと思います。ただ、季節によっては、「室温はそのままで、洗濯物だけ乾かしたい」という場合もあると思います。

最新のエアコンでは、空気を温め直して室温を下げずに乾燥だけしてくれる機能を持ったものもあります。ただ、いずれにせよ、部屋の湿度を下げるためには室内全ての空気を「乾燥した空気」と入れ替えていく作業が必要になるため、部分的な除湿は不得意であると言えます。

そのうち、衣類だけを狙ってドライモードで送風してくれるエアコンも出てくるとは思いますが、部屋の中の微妙な湿度をモニタリングする需要はまだ少なそうなので、除湿機とエアコンをうまく使い分けながら適材適所でやっていくのが一番よさそうですね。

スポンサーリンク

除湿機の音対策

リビングに置く場合の音対策、については別記事でも書きましたが、このページでも少し対策をまとめておこうと思います。

振動音に対応する

除湿機で一番対応すべき騒音は「振動音」です。特にコンプレッサー式の場合は、コンプレッサーを動かすために内部装置が大きく振動するため、振動することは避けられません。

では、振動したものが、音にとしてうるさく感じるのはどうしてかと言えば、除湿機が床と細かくぶつかって音になったり、部品同士がぶつかり合って音になるわけです。

床との間に緩衝材をおく

まず、除湿機の防音で一番最初に取り組みたいのは、「除湿機」と「床」の間に、マットやシーツを敷いて「振動の緩衝材」を利用することです。

除湿機の音で不快なのは、床と除湿機が細かくぶつかる「ダダダダダ」という音と、その音が床を伝わって体に響く感じですよね。

そのため、まずは、除湿機を置く場所が「平ら」であることを確認します。どこかの部分が浮いている状態では振動が酷くなります。専用の台などを用意してもいいと思います。

除湿機を置く場所に、振動を伝えにくくするような素材のものを敷くことで、本体の振動が床に伝わりにくくなります。この辺りの対応をするだけで、だいぶ音は緩和されると思います。

静音ジェルパッド
ジョイントマット
チェアマット
トレーニングマット/フロアマット

部品の振動を抑える

除湿機が振動することで、内部の部品同士がぶつかり合って振動音が酷くなっている場合があります。

この場合は、一度解体してネジなどを締め直す、摩擦が大きく起こる場所に緩衝材を仕込む、などの対策で振動音を軽減することができます。

とはいえ、せっかく買った除湿機を解体してちゃんと治せればいいのですが、自信がない方も面倒だと思う方もいると思うので、内部ではなく外から簡単に補正できる方法を試してみることをお勧めします。

除湿機のネジを締め直す

古い除湿機の場合は、使用しているうちにネジが緩んできている可能性があります。これを少し締め直すだけで部品同士がぶつかる音を和らげることができます。

テープを貼る

筐体が少し緩んでいる場合に、あるいは除湿機内部の振動音を少し和らげるために、筐体の継ぎ目となる部分を保護テープなどで補強する方法で防音する方法もあります。

あまり見栄えが良くない上に、効果が限定的、しかも排熱部分を塞ぐと故障の原因になるので、目に見えて「ここがゆるい」という場合でもなければお勧めする方法ではありませんが。

空気の入れ替えをスムーズにする

除湿機は乾いた空気を循環させて湿度を下げる構造であるため、空気を入れ替えるためにファンが搭載されています。除湿を効率よく行うためには、吸い込み口が塞がれているとファンがうまく起動できずに、除湿量が落ちるから、除湿力をあげようと無駄なエネルギーを使用する可能性があります。

吸込み口はこまめに掃除

フィルターを交換できるタイプは除湿機にはほとんどありませんが、長く使用していると吸い込み口に埃が溜まって、うまく排気できなくなっている可能性があります。

スポンサーリンク

お勧めの静音タイプの除湿器ランキング

すでに、リビング用サンルーム/ランドリールーム用でお勧めの除湿機は提案しているので、このページでは「本当に、静かであればいい」という方のための厳選した商品を紹介するにとどめておきます。

サンルームで除湿機を使って洗濯物を速攻乾燥|パナソニックがお勧め
サンルームに除湿機を置こうと思い調べたところ、パナソニックのF-YZR60に決まりました。サンルームだとコンパクトサイズでも十分衣類乾燥ができます。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマは、デシカント方式もコンプレッサー方式も提供してくれており、しかもコスパがいいので、経営成り立っているのか心配。

IJDC-K80

アイリスオーヤマ、静かな除湿機・衣類乾燥機
  • デシカント方式
  • サーキュレーター搭載
  • 大きめの部屋でも使える除湿能力
  • 34dB
ぶちくま
ぶちくま

サーキュレーターを搭載した部屋干し特化モデル。

IJC-H65

部屋干しにもいい、静かな除湿機・衣類乾燥機
アイリスオーヤマ、衣類乾燥、静かな除湿機・衣類乾燥機
  • コンプレッサー式
  • 静かな夜モードを搭載
  • 連続排水に対応
  • 衣類乾燥モード
ぶちくま
ぶちくま

アイリスオーヤマらしい適度な機能性でコンプレッサー式も実現。

シャープ

シャープの除湿機はコンプレッサー式が主体ですが、運転音は小さめというのが特徴。

CV-71

設置面性が小さいシャープ、静かな除湿機・衣類乾燥機
シャープのマットも除菌、静かな除湿機・衣類乾燥機
  • コンプレッサー方式
  • プラズマクラスターで気になる部屋干し臭が軽減
  • 設置面積はA4サイズ
  • 内部乾燥
静音性(運転音)
衣類乾燥強 40/40dB 弱 36/36dB
除湿強 38/38dB 弱 36/36dB
衣類消臭強 39/39dB 弱 27/27dB

CV-180

ワイド送風、静かな除湿機・衣類乾燥機
シャープCV180、静かな除湿機・衣類乾燥機
  • コンプレッサー方式
  • 除湿機でできることは大体できる
  • 内部乾燥モード
  • 4輪キャスターで移動も簡単
  • 24時間排水対応
  • もちろんプラズマクラスター
静音性(運転音)

ハイブリッド式なので、ハイパワーモードと音控えめの緩急は激しくなるが、衣類乾燥モードで40dBを切ったのは優秀だと言っていいと思います。

衣類乾燥速乾・標準 51/51dB 音控えめ 39/39dB
除湿標準 51/51dB 音控えめ 39/39dB
衣類消臭標準 53/53dB 音控えめ 34/34dB

日立

日立の除湿機は「デシカント方式」が主流。

HJS-D562

日立HJS、静かな除湿機・衣類乾燥機
  • デシカント方式
  • 自動除湿モード
  • 結露セーブモード
  • 除菌フィルター
静音性(運転音)

静音モードで33dBはかなり静かであると評価できます。

モード運転音(dB)
自動除湿約50
静音約33
結露セーブ約50
衣類乾燥約50(急速)(標準)

コロナ

コロナはコンプレッサー式ですね。

Hシリーズ

コロナのHシリーズ、静かな除湿機・衣類乾燥機
  • コンプレッサー式
  • CD送風モーターで節電効果
  • 4.5Lのビッグタンク
  • 内部乾燥モード
静音性(運転音)

ギリギリで40dB以内というところ。高性能モデルなのでその他の機能も加味すると強烈なモデルなんですけどね。

  • 運転音(50/60Hz)
  • 【除湿時】強=47/47dB
    弱=39/39dB
  • 【衣類乾燥時】標準=50/50dB

Sシリーズ

  • コンプレッサー式
  • オートルーバー搭載
  • 夜干しモードは音控えめ
運転音(静音性)
モード運転音(dB)
除湿時標準 34/34dB
衣類乾燥時速乾 36/36dB

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ニュース 麻雀 テレビ」に関する最新情報です。

    Mリーグによって麻雀の人気が高まる中、テレビ番組でもその魅力が紹介される機会が増えている。フジテレビが9年ぶりに地上波で放送した「芸能界麻雀最強位決定戦THEわれめDEポン」では、児嶋やMリーガーの雷電、岡田紗佳らが話題となった。園田はNHKの地上波での放送について、「特別感があり、幅広い視聴者にリーチできたことはうれしい。若い世代にも好評で、麻雀のイメージが変わりつつある」と述べている。

    http://www.asahi.com/articles/ASS5B0C59S5BUKJH00MM.html?ref=rss

  2. buchikuma-info より:

    「クミコ ライブ ジョイント」に関する最新情報です。

    歌手のクミコとお笑い芸人のタブレット純が初のジョイントライブを開催。約400人の観客を感動と笑いの渦に巻き込み、息ピッタリの掛け合いや笑いを提供。純はクミコの歌声に魅了され、親友同士となり、再び一緒にライブをやる約束を交わした。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vd3d3LnNhbnNwby5jb20vYXJ0aWNsZS8yMDI0MDQxNi1UUk9KS0RMQlROTjZIQktHM1c3Rk1KRlFHTS_SAVJodHRwczovL3d3dy5zYW5zcG8uY29tL2FydGljbGUvMjAyNDA0MTYtVFJPSktETEJUTk42SEJLRzNXN0ZNSkZRR00vP291dHB1dFR5cGU9YW1w?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「サーキュレーター サーキュレーター 方位 モード」に関する最新情報です。

    山善が新製品「サーキュレーターZERO YKAR-SDX15」を発売する。このサーキュレーターは360度全方位に送風可能で、部屋干しにも対応している。自動首振り機能や部屋干し専用アクションなど機能が充実しており、静音設計や風量調節も可能。価格は15,800円前後で、4月中旬に発売予定。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1583113.html

  4. buchikuma-info より:

    「サーキュレーター サーキュレーター 方位 モード」に関する最新情報です。

    山善が新製品「サーキュレーターZERO YKAR-SDX15」を発売。360度全方位に送風可能で部屋干しにも対応。自動首振り機能や部屋干し専用アクションも搭載。静音設計で風量は10段階調節可能。操作部はタッチパネル方式で室温センサーも搭載。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8va2FkZW4ud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU4MzExMy5odG1s0gEA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「日立 組織 キーパーソン」に関する最新情報です。

    日立のクラウド部門の新CEOである細矢氏は、クラウドサービスプラットフォームビジネスユニットを率いており、日立グループのDXや「IT×OT」を推進している。彼は異組織出身で、2万人の社員を束ねるキーパーソンとして、組織再編を進めている。以前は特許の審査官向けのデータベース構築サービスを提供しており、企業間のデータ統合に貢献していた。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2404/05/news085.html

  6. buchikuma-info より:

    「エアコン シリーズ ルーム」に関する最新情報です。

    ハイセンスジャパンは4月上旬、清潔性と使いやすさを追求したルームエアコン「Sシリーズ」4モデルとスポットエアコン「HPAC-22G」を発売。Sシリーズは6畳から14畳までの畳数に対応し、様々な便利機能を備えており、風量調節や立体気流スイング機能などが特徴。品質試験も実施され、日本向けの専用ラインで製造されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDQwMy0yOTE3MTU2L9IBAA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「シャープ シャープ 衣類 モデル」に関する最新情報です。

    シャープから発売された衣類乾燥除湿機5モデルは、プラズマクラスターを搭載し、部屋干しを短時間で行える性能を持っています。ハイブリッド方式やコンプレッサー方式を採用し、オールシーズンで高い除湿性能を維持します。新機種では乾燥スピードが向上し、広範囲に送風できる機能も備えています。価格帯は43,000円前後から85,000円前後まで幅広く展開されています。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1576442.html

  8. buchikuma-info より:

    「コロナ コロナ サーキュレーター サーキュレーター」に関する最新情報です。

    コロナが、除湿機「WHシリーズ」や「CDSCタイプ」を発売。CDSCタイプはサーキュレーターを分離可能で、洗濯物の乾燥時間を短縮し、洗濯物の量や干し方に対応できる特徴がある。除湿機内部の清潔機能や乾燥時間も紹介されている。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1568653.html

  9. buchikuma-info より:

    「コロナ コロナ サーキュレーター サーキュレーター」に関する最新情報です。

    コロナが新しい除湿機を発売しました。この除湿機は衣類乾燥除湿機「WHシリーズ」と除湿機本体とサーキュレーターを分離できる「CDSCタイプ」があります。価格はWHシリーズが63,800円から73,800円、CDSCタイプが49,800円です。除湿機内部の熱交換器を清潔に保つ機能や洗濯物の乾燥時間の短縮など、機能面でも優れています。CDSCタイプはサーキュレーターを分離できるため、洗濯物の量や干し方に柔軟に対応できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8va2FkZW4ud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2ODY1My5odG1s0gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「データ rubrik 日立」に関する最新情報です。

    日立とRubrikは、サイバーセキュリティリスクに備える新しいデータ保護ソリューションを提供するための協業を拡大している。日立のストレージ製品とRubrik製品を組み合わせることで、データバックアップ時の負荷を低減し、迅速な復旧を可能にするソリューションを実現する。これにより、サイバーセキュリティリスクに備えつつ、安全なデータ利活用を支援する。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000304.000067590.html

  11. buchikuma-info より:

    「32 32 オフ アイリスオーヤマ」に関する最新情報です。

    Amazonのセールでは、アイリスオーヤマのサイクロン掃除機やFire HD 10 タブレットがお得に販売されています。アイリスオーヤマのコードレス掃除機は軽量でありながら強力な吸引力を持ち、32%オフで購入できます。Fire HD 10 タブレットは薄くて軽く、丈夫であり、大画面での動画視聴や読書が可能です。また、ザバスのホエイプロテインも20%オフで販売されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3LnJvb21pZS5qcC8yMDI0LzAyLzExNzU2MDcv0gEA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「スティック スティック タイプ タイプ」に関する最新情報です。

    PGAのブランド・Premium Styleがディズニーデザインのスティック型モバイルバッテリーを発売。容量は3000mAhで3980円で、USB Type-A/Cの出力を1系統ずつ備え、2台同時充電が可能。パススルー充電にも対応し、ストラップホールも付いている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vdHJhdmVsLndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9uZXdzLzE1NzE2NTIuaHRtbNIBAA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「カラオケ 人気 ランキング」に関する最新情報です。

    2023年に放送されたテレビアニメの主題歌を対象にしたカラオケランキングで、YOASOBIの「アイドル」が1位に輝いた。ランキングには、『呪術廻戦』や『葬送のフリーレン』の人気曲も含まれている。アニソンは国内外で人気があり、カラオケでも定番となっている。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65d430dae4b0b65d69204bc5

  14. buchikuma-info より:

    「日立 物流 ソニー」に関する最新情報です。

    ソニーマーケティングと日立グローバルライフソリューションズ(日立GLS)は、2024年問題や環境負荷軽減の課題に対応するため、4月から家電製品の共同物流を開始する。両社は北海道で物流倉庫を統合し、ソニーのデジタル製品や映像/オーディオ機器の販売を担当するソニーマーケティングと、生活家電や空調事業を手がける日立GLSが連携する。北海道での結果を踏まえ、同様の取り組みを全国展開することも検討している。両社はこれまでも地域家電店での相互活用や出張修理サービスなどで連携してきた。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDIwOS0yODgwMjIwL9IBAA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「12 10 サイト」に関する最新情報です。

    セレスの株価が4日連続で上昇しており、同社は2023年12月期の業績予想を上方修正しました。売上高は240億円から240億7000万円に増加し、営業利益は10億円から11億1000万円に減少しましたが、純利益は2億5000万円から4億5000万円に増加しました。この業績上振れは、ポイントサイト「モッピー」において第4四半期(10〜12月)の売上高が好調だったことや、暗号資産市場の復調による投資利益の計上が寄与しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiUGh0dHBzOi8vZmluYW5jZS55YWhvby5jby5qcC9uZXdzL2RldGFpbC9iNDdlNTljN2FlYzI4NTllMGI5OWEwNmMyNzBjMmMxMzI0NjYyYzQ50gEA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「家電 ソニー ソニー 日立」に関する最新情報です。

    ソニーマーケティングと日立グローバルライフソリューションズ(日立GLS)は、4月から国内家電製品の共同物流を開始することを発表しました。最初の取り組みとして、北海道で両社の物流倉庫を統合し、量販店への共同配送を行います。北海道での取り組みの結果を踏まえて、全国展開も検討される予定です。この共同物流は、2024年問題や環境負荷軽減などの課題に対応するために行われるもので、物流品質を維持しながら環境の変化に対応することを目指しています。両社はこれまでも国内家電のアフターサービス領域での協力を行ってきました。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1566417.html

  17. buchikuma-info より:

    「エスカレーター エスカレーター 開発 日立」に関する最新情報です。

    日立製作所と日立ビルシステムは、エスカレーターの片側空けを抑止する機能を搭載したエスカレーターを開発しました。この新機能は、大阪・関西万博の開催に合わせて開業予定の夢洲駅に設置される予定です。このエスカレーターはLEDによる誘導表示器を利用して、人々の滞留を抑止します。従来のエスカレーターにはオプションとしてLED誘導表示器が提供されていましたが、新しいエスカレーターではLED誘導表示器が2列に増え、乗り降りの位置やコムシグナルと組み合わせることで、片側空けを抑止する効果を実現しています。これにより、エスカレーターの利用時における歩行の安全性や効率が向上することが期待されています。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2312/26/news078.html

  18. buchikuma-info より:

    「aws 日立 会社」に関する最新情報です。

    日立グループは、組織再編を行い、競合他社やクラウドベンダーとの関係性がどのように変化したのか、新会社社長に聞く機会があった。日立グループは、ビジネスの成長を加速させるために組織再編を行い、米国の子会社であるHitachi Vantaraのデジタルソリューション事業を分社化し、Hitachi Digital Servicesを立ち上げた。新会社社長の島田朗伸氏は、AWS re:Inventに参加し、新体制のお披露目として出展する意図を語った。また、新体制において「売り方」がどのように変わるのかについても触れられた。さらに、業務部門が抱える課題をITで解決するための取り組みについても話された。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2312/21/news095.html

  19. buchikuma-info より:

    「空気 暮らし 住宅」に関する最新情報です。

    パナソニック ホームズ株式会社は、全国各地の住宅展示場で「いい空気の家」を体感するキャンペーンを1月6日から開催します。このキャンペーンでは、来場者に「いい空気の家」の本をプレゼントする特典もあります。パナソニック ホームズは、60年以上にわたり人々の幸せな暮らしを実現するために、空気質の向上に取り組んできました。全館空調システムや専用のHEPAフィルターを採用し、ウイルスの感染を低減する努力をしています。キャンペーン期間中は、特別価格でエアロハスの設備や機器を提供する特典もあります。また、キャンペーンに参加する展示場で、モデルハウスの体感や契約者特典の詳細について問い合わせることができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000154.000022927.html

  20. buchikuma-info より:

    「コミュニティー 日立 クラウド」に関する最新情報です。

    日立は組織再編により、クラウドネイティブコミュニティーに肩入れをすることを発表しました。この再編により、日立は日本におけるクラウドネイティブコミュニティーの立ち上げに人材を送り込むこととなります。日立はIT×OTの融合とビジネス変革を支える基盤を提供することを目指しており、クラウドネイティブコミュニティーへの参加はその一環です。日立はOSSコミュニティー活動にも積極的に参加しており、中村雄一氏などが中核メンバーとして活動しています。組織再編により、日立のクラウドネイティブコミュニティーへの取り組みがさらに推進されることが期待されます。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2312/06/news047.html

  21. buchikuma-info より:

    「解体 室外機 室外機 解体」に関する最新情報です。

    パナソニックのくらしアプライアンス社は、エアコン室外機の解体作業を自動化する「廃家電自動解体システム」を開発しました。このシステムは、エアコン室外機の解体工程で最も時間がかかるカバーからコンプレッサー外しまでの工程を自動化することができます。パナソニックは、平林金属との協力により、エアコン室外機の解体工程を効率化し、一貫した処理を行うことができるシステムを開発しました。このシステムは、業界初の取り組みであり、廃家電製品のリサイクルにおいて重要な役割を果たすことが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vbW9ub2lzdC5pdG1lZGlhLmNvLmpwL21uL2FydGljbGVzLzIzMTIvMDUvbmV3czA2NC5odG1s0gEA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「日立 モノづくり ev」に関する最新情報です。

    日立のエンジニアがEVバッテリー製造を自動化し、モノづくりを変革している。彼は父親の影響を受け、モノづくりの世界に進んだ。彼は製造システムの全体像を描き、実装している。また、環境貢献につながる協創プロジェクトにも参加している。彼はわずか1年で製造ラインを立ち上げ、未来のために仲間と力を尽くしている。彼はよきエンジニアであり、よき父親でありたいと考えている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQWh0dHBzOi8vc29jaWFsLWlubm92YXRpb24uaGl0YWNoaS9qYS1qcC9hcnRpY2xlL3Blb3BsZS1hdXRvbWF0aWMv0gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「再編 再編 発表 日立」に関する最新情報です。

    日立は、AI時代に対応するために組織再編を発表しました。この再編の目的は、変化するビジネス環境に適応し、企業が抱える課題の解決に貢献することです。具体的には、2023年10月30日にLumada OTを中心としたデジタルソリューション事業を強化し、エネルギーや交通、産業などの分野でシナジーを創出することを目指しています。また、2023年11月1日にはHitachi Vantara LLCを分社化し、新たに設立されたHitachi Digital ServicesのCEOとしてロジャー・レヴィン氏が迎えられます。これにより、日立はグローバルな組織再編を行い、より効果的なデジタルソリューションを提供することを目指しています。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2311/01/news082.html

  24. buchikuma-info より:

    「シャープ シャープ 空気清浄機 図書館」に関する最新情報です。

    シャープの空気清浄機が、自動運転時の能力が5倍に進化し、静かさは図書館並みになったと発表されました。新しいモデルの空気清浄機は、従来のモデルと比べて2.4倍の吸い込み面積を持つ両面吸い込み構造を採用しており、空気を効率的に清浄化することができます。また、最小風量でも0.3μmの粒子を99.97%以上捕集する静電HEPAフィルターを搭載しており、花粉やウイルスなどのアレル物質を効果的に抑制します。さらに、自動運転時の騒音も36dBと抑えられており、静かな環境で使用することができます。この新しい空気清浄機は、一般の家庭や飲食店、オフィスなど広い空間で使用することが想定されており、空気清浄能力の向上と静音性の両方を備えています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8va2FkZW4ud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTUyNjEzNS5odG1s0gEA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「節電 サーキュレーター 家電」に関する最新情報です。

    産経ニュースによると、最新の夏物家電であるサーキュレーターは、涼しさと節電を両立させることができるという。このサーキュレーターは、節電センサーとDCモーターを搭載しており、効率的に節電することができる。また、「空調アシストモード」も搭載されており、素早く効率よく冷やすことができるという。さらに、コンパクトな台座レスデザインで、ほこりが溜まらず、お手入れも簡単だという。静音から強風までの風量調節も可能で、部屋干し時間を短縮する「衣類乾燥モード」も搭載されている。デザインもおしゃれな木目調フレームであり、多機能ながらもスタイリッシュな印象を与える。さらに、工事のいらない移動式エアコンとしても使用できるため、どこでも快適に過ごすことができる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vd3d3LnNhbmtlaS5jb20vYXJ0aWNsZS8yMDIzMDYzMC1IVkxOMllOUldSRlo1SFdGWUdaVlkyNkhXTS_SAVJodHRwczovL3d3dy5zYW5rZWkuY29tL2FydGljbGUvMjAyMzA2MzAtSFZMTjJZTlJXUkZaNUhXRllHWlZZMjZIV00vP291dHB1dFR5cGU9YW1w?oc=5

タイトルとURLをコピーしました