PR

スマートウォッチ「GARMIN vivoシリーズ」購入時にチェックすること

スポンサーリンク

スマートウォッチ「GARMIN vivo」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「スマートウォッチ「GARMIN vivo」」の情報を見ていきましょう。

「2023年10月版:GARMINスマートウォッチ人気ランキングTOP10」

2023年12月26日の、「GARMINスマートウォッチの人気ランキング」に関する情報をお届けします。

  • アメリカのGPS・GNSS機器メーカーGARMINは、航空業界から始まり、海洋、自動車、ウェアラブル機器まで事業を拡大。
  • ランキング1位は「ForeAthlete 55」、2位は「vivosmart 5」、3位は「Venu 3」。
  • 各製品は健康管理機能やバッテリーの持続力、スタイリッシュなデザインなどが特徴。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • スマートウォッチの技術進化は健康管理をより手軽に、効率的に行えるようにし、日常生活における便利さを提供しています。また、スタイリッシュなデザインはファッションアイテムとしても人気を集めています。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 高機能化、高価格化による購入障壁や、健康データのプライバシー問題、過度な依存による生活の質の低下などが懸念されます。
追加情報/補足
  • 掲載商品はAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどのECサイトの売れ筋ランキングやSNSの口コミを元に編集部独自にランキング化しています(2023/10/3更新)。

「2023年8月版:GARMINスマートウォッチ人気ランキングTOP10」

2023年12月26日の、「GARMINスマートウォッチの人気ランキング」に関する情報をお届けします。

  • ガーミンは、航空から海洋、自動車、ウェアラブル機器まで幅広い分野で事業を展開している。
  • ランキング1位は「ForeAthlete 55」、2位は「vivosmart 5」、3位は「Venu SQ 2」。
  • 各モデルは健康管理機能、スタイル、使いやすさで人気を博している。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • ガーミンスマートウォッチの技術進化は、日常生活における健康管理と利便性を大幅に向上させています。特にスポーツ機能、睡眠モニタリング、Suica決済機能などはユーザーにとって大きな利点です。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 一方で、技術進化に伴う高価格化や、プライバシー問題、過度な依存などの懸念も存在します。ユーザーは購入前にこれらの点を十分考慮する必要があります。
追加情報/補足
  • ランキングは各ECサイトの売れ筋ランキングやSNSの口コミをもとに編集部独自に作成されています(2023/8/1更新)。

「GARMIN vivoシリーズ」の新製品情報

「GARMIN vivoシリーズ」の新製品情報についてまとめています。

新製品:「vivoactive 5」

2023年12月26日時点でのGARMINの「vivoactive 5」について紹介します。

「GARMIN vivoactive 5」の特徴
  • 睡眠サポート機能を強化し、よりパーソナルな睡眠指標を提示。
  • 「Body Battery」機能で体のエネルギー残量を数値化。
  • 「睡眠コーチ」機能でパーソナライズされた睡眠アドバイスを提供。
  • お昼寝検出機能とHRVステータスで心身の健康状態を分析。
  • 30種類以上のスポーツやフィットネス動画ワークアウトに対応。
  • 通知機能、音楽再生、Garmin Pay及びSuica対応。
価格

39,800円(税込)

「GARMIN vivoactive 5」のおすすめポイント
  • 睡眠コーチやBody Batteryなどの独自機能による高度な健康管理。
  • スタイリッシュなデザインと多彩なカラーバリエーション。
  • スポーツから日常まで幅広いシーンで使える多機能性。
「GARMIN vivoactive 5」の気になるところ、注意点
  • 高機能なため価格が高めに設定されている点。
  • 機能の多さから使いこなしにはある程度の学習が必要。
「GARMIN vivoactive 5」の購入時参考情報
  • 価格:39,800円(税込)
  • ボディカラー:Black/Slate、Ivory/Cream Gold、Blue/Blue Met、Orchid/Orchid Met。
  • バンドサイズ:20mm、本体サイズは42.2×42.2×11.1mm、重量36g。
  • スマートフォンとのペアリングを通じた通知機能、音楽再生など多機能。

直近の「GARMIN vivo」のセール情報

スマートウォッチ「GARMIN vivo」の商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

「GARMIN vivo」に関連した当サイトの参考ページを紹介

スマートウォッチ「GARMIN vivo」に関連した私が取り扱うサイトの各ページへのリンクを紹介していきます。

「スマートウォッチの進化と未来」に関連した情報

スマートウォッチはただ時を刻む以上の存在に進化し、私たちの生活を革新しています。最先端の機能から、毎日の生活を豊かにする小技まで、ここでは「GARMIN vivo」を含むスマートウォッチの最新トレンドを紹介します。

関連記事の紹介

「スマートウォッチで体を知る、健康を守る」に関連した情報

スマートウォッチはただのアクセサリーではありません。日々の活動から睡眠の質、心の健康まで、全てをモニタリングし、より良い生活へと導きます。

関連記事の紹介

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「スマートウォッチ「GARMIN vivo」」の基礎知識

記事構成上、一応書いておいた方がいい「スマートウォッチ「GARMIN vivo」とは」的な内容になります。

Garmin Vivoシリーズにはどんなものがあるの?

Garmin Vivoシリーズにはどんなものがあるの?

Garmin Vivoシリーズは、日常の健康管理をサポートする多機能スマートウォッチのコレクションです。このシリーズは、健康状態のモニタリングやアクティビティの追跡、キャッシュレス決済など、日常生活に役立つ機能を提供します。

Garmin Vivoactive 5

Vivoactive 5は、直径1.2インチのAMOLEDディスプレイを搭載し、重さはわずか36g。健康状態の可視化、30種類以上のアクティビティのサポート、睡眠管理などの機能を備えています​​​​。

進化した健康管理機能

Vivoactive 5では、独自の「Body Battery」指標により体のエネルギーレベルを測定し、パーソナライズされた回復アドバイスを提供。また、スマホ通知表示やキャッシュレス決済機能も搭載されています​​。

Venuシリーズとの比較

Venu 3/3SはVivoactive 5に近い機能を持ちながらも、より高機能。例えば、光学式心拍計が第5世代で、マイクを搭載し音声アシスタントの起動や通話応答が可能です。Vivoactive 5はより手頃な価格設定となっています​​。

  • Vivoactive 5: 軽量デザイン、多機能健康管理
  • 進化した機能: Body Battery、キャッシュレス決済、緊急連絡機能
  • Venu 3/3S: 高機能モデル、音声アシスタント対応

vivo smartとvivo moveの特徴

vivo smartとvivo moveの特徴

Garminのvivo smartとvivo moveは、健康管理と日常生活の便利さを提供するスマートウォッチです。これらは日々のアクティビティ追跡と健康モニタリング機能を備えています。

vivo moveの魅力

vivo moveは、アナログウォッチハンドと隠れたタッチスクリーンを備えたデザインで、豪華なステンレススチールベゼルとサファイアガラスを採用。健康モニタリング、通知機能、Garmin Payなどの機能を提供します。

vivo smartの機能

vivo smartはシンプルなアクティビティトラッカーで、歩数、心拍数、睡眠などの健康情報を自動でトラッキング。見やすいディスプレイと長持ちするバッテリーを搭載しています。

両モデルの共通機能

両モデルは心拍数モニタリング、睡眠追跡、ストレス追跡、ボディバッテリー機能を提供し、日々の健康管理をサポートします。

  • vivo move: アナログウォッチハンド、豪華なデザイン
  • vivo smart: シンプルなアクティビティトラッカー、長持ちバッテリー
  • 共通機能: 心拍数モニタリング、睡眠追跡、ストレス追跡

GARMIN vivo Activeにできること

GARMIN vivo Activeにできること

GARMIN vivo Activeは、日々の健康をモニタリングし、アクティブなライフスタイルをサポートする多機能GPSスマートウォッチです。

機能充実の健康モニタリング

日々のエネルギーレベル、呼吸数、睡眠、心拍数などを継続的に追跡し、あらゆるアクティビティ中もモチベーションを保つための音楽保存や動画ワークアウト機能を提供します​​​​。

スポーツとトレーニングのサポート

20種類以上のプリロード済みスポーツアプリと、Garmin Coachを使ったパーソナルランニングコーチ機能で、様々なトレーニングニーズに応えます​​。

スマートな日常機能

Garmin Pay、Bluetooth音楽再生、カスタマイズ可能なウォッチフェイスなど、日常生活を便利にする機能を多数搭載しています​​​​。

  • 健康モニタリング: エネルギーレベル、呼吸数、睡眠、心拍数
  • スポーツアプリ: プール水泳、ランニング、バイクなど20種類以上
  • 日常機能: Garmin Pay、音楽保存、カスタマイズウォッチフェイス

スマートウォッチと対応OS

スマートウォッチはOSによって制御され、スマートフォンの拡張デバイスとして機能します。主なスマートウォッチのOSには以下のものがあります。

iPhoneと連動する「Watch OS」

Apple Watch用に開発された「Watch OS」は、iPhoneとのスムーズな連携が特徴です。着信やメッセージの確認、アプリの通知、Siriの利用が可能です。

Androidと連携する「Wear OS by Google(Android Wear)」

「Wear OS by Google」は、Android端末に特化したOSです。Googleアシスタント、Googleマップ、通話やメッセージ通知、Google Play Musicなどの機能が搭載されています。

Galaxyシリーズとの互換性が高い「Tizen」

サムスンが開発した「Tizen」は、AndroidとiOSの両方に対応しています。Galaxy端末との互換性が高く、Galaxy Wearableアプリを通じてアプリの管理が可能です。

  • 「Watch OS」: iPhoneと連動し、多機能な対応
  • 「Wear OS by Google」: Android端末との強い連携
  • 「Tizen」: Galaxyシリーズとの高い互換性

GARMIN vivoを納得して選ぶために知っておくべきこと

スマートウォッチ選びの重要ポイントは、機能、デザイン、スマートフォンとの相性の3つです。

使い方に合う機能

  • 通知機能が重要ならアプリストア対応モデルが便利
  • 健康や睡眠管理にはユーザー数が多いOS搭載モデルが有利
  • スポーツ記録・計測にはGPS内蔵タイプが適している

使い方や好みに合うデザイン

  • ファッションとのコーディネートを考慮
  • フェイスの大きさで操作性や表示量が変わる
  • 用途に合わせたデザイン選択が重要

スマートフォンとの相性

  • iPhoneユーザーにはApple Watchが最適
  • Androidユーザーはスマートウォッチのメーカーとスマホのメーカーを合わせると便利

これらのポイントを考慮して、自分のライフスタイルや用途に合ったスマートウォッチを選びましょう。

スマートウォッチの必須機能

スマートウォッチには多様な機能が搭載されており、日常生活や活動に役立つさまざまな機能を提供します。

時計機能とカスタマイズ

  • 文字盤のカスタマイズが可能
  • 時刻同期と情報表示のカスタマイズ性

通知機能と通話機能

  • スマートフォンとの連携による通知機能
  • 内蔵スピーカー&マイクで通話可能なモデルあり

健康管理と運動管理

  • 心拍数、血中酸素レベルなどの健康管理センサー
  • 加速度センサー、GPSなどで運動管理

これらの機能に加えて、音楽再生機能や電子マネー決済、各種センサー機能などもスマートウォッチの魅力を高める要素です。バッテリーの持続時間も重要な考慮点です。

GARMIN vivoと比較したい、スマートウォッチの人気メーカー

スマートウォッチの市場には多様なメーカーが存在し、それぞれ異なる特徴を持つ製品を提供しています。

Apple

  • iPhoneと連動するApple Watchシリーズ
  • ヘルスケア、フィットネス、決済機能を備えた多目的利用が可能
  • タフネス性能を備えたApple Watch Ultraも展開

Google

  • Fitbitブランドを傘下に持ち、フィットネス機能を重視
  • Pixel Watchシリーズを展開、Google Storeからアプリ追加可能
  • Androidスマートフォンとの高い汎用性

Fitbit

  • 健康管理に特化したフィットネストラッカーのパイオニア
  • Google傘下で、iPhoneでも使用可能な製品を提供
  • アクティビティ記録や健康状態管理に優れたデバイス

その他のメーカーとして、Samsung Galaxy、Huawei、GARMIN、Xiaomiなどが存在し、それぞれ独自の特徴と強みを持っています。デザインや機能面でのバラエティも豊かで、ユーザーのニーズに合わせた選択が可能です。

「GARMIN vivo」の口コミ・評判

スマートウォッチ「GARMIN vivo」の福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

X(Twitter)の情報

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「GARMIN vivo」と検索できます。

「GARMIN vivo」の知っておきたいよくあるQ&A

Q
GARMIN vivoスマートウォッチのバッテリー寿命はどれくらいですか?
A

GARMIN vivoシリーズのモデルにより異なりますが、一般的に数日間から一週間程度持続します。特定の機能の使用状況によっても変わります。

Q
GARMIN vivoは防水機能がありますか?
A

はい、GARMIN vivoシリーズの多くのモデルには一定レベルの防水性能があります。特定のアクティビティや水深に対応するかはモデルによって異なります。

Q
心拍数モニタリングはどのくらい正確ですか?
A

GARMIN vivoの心拍数モニタリングは一般的に高い精度を持ちますが、体の位置や動きによっては若干の誤差が生じる場合があります。

Q
GARMIN vivoで音楽を再生できますか?
A

はい、一部のGARMIN vivoモデルでは、デバイスに音楽を保存したり、SpotifyやAmazon Musicなどの音楽サービスと同期して再生することができます。

Q
GARMIN Payはどのように機能しますか?
A

GARMIN Payは、一部のGARMIN vivoモデルに搭載されたキャッシュレス決済機能です。互換性のある銀行やカードと連携し、ウォッチを使って簡単に支払いができます。

「GARMIN vivo」に関して参考になる記事リスト

スマートウォッチ「GARMIN vivo」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

AppleWatchの関連記事一覧

AppleWatchを購入するときに参考にしたいことはこの記事にまとめています。

「AppleWatch Series9対応」現役でも使えるモデルはどれ?
AppleWatchの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

AppleWatchのセールに関する情報は別サイトでまとめています。

AppleWatchを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AppleWatchを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

以下、AppleWatchについて知りたい場合に参考になる記事をまとめておきました。

スマートウォッチを探す際に役立つリンク集

当サイトで取り上げた「スマートウォッチ」に関連した記事をまとめています。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報に関してはこちら。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報
スマートウォッチのセール情報をまとめています。ブログ運営の都合、情報収集に引っかかったセール情報を共有して物欲を他人に転化していくスタイル。
スマートウォッチメーカー最新情報
スポンサーリンク

「スマートウォッチ「GARMIN vivo」」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「apple car apple car」に関する最新情報です。

    2024年2月28日、Appleの自動車プロジェクト「Project Titan」が終了し、自動車業界への参入には製造パートナーが必要であることが示された。自動車製造は複雑であり、Appleはその複雑さを避けるためにプロジェクトを終了したとされる。他のテック企業や自動車メーカーはパートナーシップを重視しており、ソニーなどは成功を収めている。一方で、Appleは製造パートナーとの提携がうまくいかず、プロジェクトは失敗に終わった。しかし、Appleは自動車業界でCarPlayインフォテインメントシステムを通じて依然として重要な地位を保持しており、今後も自動車関連の革新を続ける意向である。

    https://www.wired.com/story/rip-apple-car-this-is-why-it-died/

  2. buchikuma-info より:

    「apple car apple car」に関する最新情報です。

    Appleが開発していた自動車プロジェクト「Apple Car」は、一般に知られながらも日の目を見ることなく終了した。プロジェクトは進展し、パートナー企業を探していたが、最終的には実現しなかった。Appleは新しいカテゴリーを確立することが得意であり、自動車業界に進出しようとしていたが、自動運転車か電気自動車か、どちらに焦点を当てるかが不明確であり、プロジェクトの失敗につながった可能性がある。

    https://techcrunch.com/2024/02/28/the-apple-car-that-never-was-a-timeline/

  3. buchikuma-info より:

    「apple apple car car」に関する最新情報です。

    アップルの自動運転EV「Apple Car」の開発は10年に及んだが、最新の記事によると、Appleは自動運転EVの計画をすべてキャンセルし、2000人の従業員にプロジェクト中止を伝えた。このため、Apple Carはおそらくもう出ない可能性が高い。Apple Carチームは解散し、開発部門の多くが生成AIの人工知能部門に移ったと報じられている。EV市場での競争が激化している中、Appleの関心は自動運転から生成AIへと移り変わっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMi9hcHBsZWNhcl9ldi5odG1s0gEA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「apple car apple car」に関する最新情報です。

    2024年2月28日、Appleの自動車プロジェクト「Project Titan」が終了したことが報じられた。このプロジェクトは、電動車両や自動運転車両などの技術開発に取り組んできたが、製造パートナーを見つけることができずに終了となった。自動車製造は複雑な作業であり、Appleはこの課題を避けることを選択したようだ。他のテック企業が自動車業界に進出する際にはパートナーシップが必要であり、Appleの試みが失敗に終わった理由として挙げられている。一方で、AppleはCarPlayなどの自動車関連技術で依然として自動車業界に影響力を持ち続けており、今後も自動車関連技術の開発を続けるとされている。

    https://www.wired.com/story/rip-apple-car-this-is-why-it-died/

  5. buchikuma-info より:

    「手首 コンセプト 未来」に関する最新情報です。

    モトローラが披露した未来的コンセプト機は、手首に巻き付けることができるスマートフォンであり、2024年のMobile World Congressで体験することができた。平たい状態では通常のAndroidデバイスと同じように使用でき、折り曲げて手首に装着することで操作が可能となる。この革新的なデバイスは、リーラ船長が手首に装着するスマートデバイスを彷彿させる未来的なガジェットとして注目を集めている。

    https://japan.cnet.com/article/35215722/

タイトルとURLをコピーしました