PR

「GARMIN vivoシリーズ」を選ぶ理由と購入時の注意点

スポンサーリンク

スマートウォッチ「GARMIN vivo」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「スマートウォッチ「GARMIN vivo」」の情報を見ていきましょう。

「2023年10月版:GARMINスマートウォッチ人気ランキングTOP10」

2023年12月26日の、「GARMINスマートウォッチの人気ランキング」に関する情報をお届けします。

  • アメリカのGPS・GNSS機器メーカーGARMINは、航空業界から始まり、海洋、自動車、ウェアラブル機器まで事業を拡大。
  • ランキング1位は「ForeAthlete 55」、2位は「vivosmart 5」、3位は「Venu 3」。
  • 各製品は健康管理機能やバッテリーの持続力、スタイリッシュなデザインなどが特徴。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • スマートウォッチの技術進化は健康管理をより手軽に、効率的に行えるようにし、日常生活における便利さを提供しています。また、スタイリッシュなデザインはファッションアイテムとしても人気を集めています。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 高機能化、高価格化による購入障壁や、健康データのプライバシー問題、過度な依存による生活の質の低下などが懸念されます。
追加情報/補足
  • 掲載商品はAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどのECサイトの売れ筋ランキングやSNSの口コミを元に編集部独自にランキング化しています(2023/10/3更新)。

「2023年8月版:GARMINスマートウォッチ人気ランキングTOP10」

2023年12月26日の、「GARMINスマートウォッチの人気ランキング」に関する情報をお届けします。

  • ガーミンは、航空から海洋、自動車、ウェアラブル機器まで幅広い分野で事業を展開している。
  • ランキング1位は「ForeAthlete 55」、2位は「vivosmart 5」、3位は「Venu SQ 2」。
  • 各モデルは健康管理機能、スタイル、使いやすさで人気を博している。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • ガーミンスマートウォッチの技術進化は、日常生活における健康管理と利便性を大幅に向上させています。特にスポーツ機能、睡眠モニタリング、Suica決済機能などはユーザーにとって大きな利点です。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 一方で、技術進化に伴う高価格化や、プライバシー問題、過度な依存などの懸念も存在します。ユーザーは購入前にこれらの点を十分考慮する必要があります。
追加情報/補足
  • ランキングは各ECサイトの売れ筋ランキングやSNSの口コミをもとに編集部独自に作成されています(2023/8/1更新)。

「GARMIN vivoシリーズ」の新製品情報

「GARMIN vivoシリーズ」の新製品情報についてまとめています。

新製品:「vivoactive 5」

2023年12月26日時点でのGARMINの「vivoactive 5」について紹介します。

「GARMIN vivoactive 5」の特徴
  • 睡眠サポート機能を強化し、よりパーソナルな睡眠指標を提示。
  • 「Body Battery」機能で体のエネルギー残量を数値化。
  • 「睡眠コーチ」機能でパーソナライズされた睡眠アドバイスを提供。
  • お昼寝検出機能とHRVステータスで心身の健康状態を分析。
  • 30種類以上のスポーツやフィットネス動画ワークアウトに対応。
  • 通知機能、音楽再生、Garmin Pay及びSuica対応。
価格

39,800円(税込)

「GARMIN vivoactive 5」のおすすめポイント
  • 睡眠コーチやBody Batteryなどの独自機能による高度な健康管理。
  • スタイリッシュなデザインと多彩なカラーバリエーション。
  • スポーツから日常まで幅広いシーンで使える多機能性。
「GARMIN vivoactive 5」の気になるところ、注意点
  • 高機能なため価格が高めに設定されている点。
  • 機能の多さから使いこなしにはある程度の学習が必要。
「GARMIN vivoactive 5」の購入時参考情報
  • 価格:39,800円(税込)
  • ボディカラー:Black/Slate、Ivory/Cream Gold、Blue/Blue Met、Orchid/Orchid Met。
  • バンドサイズ:20mm、本体サイズは42.2×42.2×11.1mm、重量36g。
  • スマートフォンとのペアリングを通じた通知機能、音楽再生など多機能。

直近の「GARMIN vivo」のセール情報

スマートウォッチ「GARMIN vivo」の商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

「GARMIN vivo」に関連した当サイトの参考ページを紹介

スマートウォッチ「GARMIN vivo」に関連した私が取り扱うサイトの各ページへのリンクを紹介していきます。

「スマートウォッチの進化と未来」に関連した情報

スマートウォッチはただ時を刻む以上の存在に進化し、私たちの生活を革新しています。最先端の機能から、毎日の生活を豊かにする小技まで、ここでは「GARMIN vivo」を含むスマートウォッチの最新トレンドを紹介します。

関連記事の紹介

「スマートウォッチで体を知る、健康を守る」に関連した情報

スマートウォッチはただのアクセサリーではありません。日々の活動から睡眠の質、心の健康まで、全てをモニタリングし、より良い生活へと導きます。

関連記事の紹介

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「スマートウォッチ「GARMIN vivo」」の基礎知識

記事構成上、一応書いておいた方がいい「スマートウォッチ「GARMIN vivo」とは」的な内容になります。

Garmin Vivoシリーズにはどんなものがあるの?

Garmin Vivoシリーズにはどんなものがあるの?

Garmin Vivoシリーズは、日常の健康管理をサポートする多機能スマートウォッチのコレクションです。このシリーズは、健康状態のモニタリングやアクティビティの追跡、キャッシュレス決済など、日常生活に役立つ機能を提供します。

Garmin Vivoactive 5

Vivoactive 5は、直径1.2インチのAMOLEDディスプレイを搭載し、重さはわずか36g。健康状態の可視化、30種類以上のアクティビティのサポート、睡眠管理などの機能を備えています​​​​。

進化した健康管理機能

Vivoactive 5では、独自の「Body Battery」指標により体のエネルギーレベルを測定し、パーソナライズされた回復アドバイスを提供。また、スマホ通知表示やキャッシュレス決済機能も搭載されています​​。

Venuシリーズとの比較

Venu 3/3SはVivoactive 5に近い機能を持ちながらも、より高機能。例えば、光学式心拍計が第5世代で、マイクを搭載し音声アシスタントの起動や通話応答が可能です。Vivoactive 5はより手頃な価格設定となっています​​。

  • Vivoactive 5: 軽量デザイン、多機能健康管理
  • 進化した機能: Body Battery、キャッシュレス決済、緊急連絡機能
  • Venu 3/3S: 高機能モデル、音声アシスタント対応

vivo smartとvivo moveの特徴

vivo smartとvivo moveの特徴

Garminのvivo smartとvivo moveは、健康管理と日常生活の便利さを提供するスマートウォッチです。これらは日々のアクティビティ追跡と健康モニタリング機能を備えています。

vivo moveの魅力

vivo moveは、アナログウォッチハンドと隠れたタッチスクリーンを備えたデザインで、豪華なステンレススチールベゼルとサファイアガラスを採用。健康モニタリング、通知機能、Garmin Payなどの機能を提供します。

vivo smartの機能

vivo smartはシンプルなアクティビティトラッカーで、歩数、心拍数、睡眠などの健康情報を自動でトラッキング。見やすいディスプレイと長持ちするバッテリーを搭載しています。

両モデルの共通機能

両モデルは心拍数モニタリング、睡眠追跡、ストレス追跡、ボディバッテリー機能を提供し、日々の健康管理をサポートします。

  • vivo move: アナログウォッチハンド、豪華なデザイン
  • vivo smart: シンプルなアクティビティトラッカー、長持ちバッテリー
  • 共通機能: 心拍数モニタリング、睡眠追跡、ストレス追跡

GARMIN vivo Activeにできること

GARMIN vivo Activeにできること

GARMIN vivo Activeは、日々の健康をモニタリングし、アクティブなライフスタイルをサポートする多機能GPSスマートウォッチです。

機能充実の健康モニタリング

日々のエネルギーレベル、呼吸数、睡眠、心拍数などを継続的に追跡し、あらゆるアクティビティ中もモチベーションを保つための音楽保存や動画ワークアウト機能を提供します​​​​。

スポーツとトレーニングのサポート

20種類以上のプリロード済みスポーツアプリと、Garmin Coachを使ったパーソナルランニングコーチ機能で、様々なトレーニングニーズに応えます​​。

スマートな日常機能

Garmin Pay、Bluetooth音楽再生、カスタマイズ可能なウォッチフェイスなど、日常生活を便利にする機能を多数搭載しています​​​​。

  • 健康モニタリング: エネルギーレベル、呼吸数、睡眠、心拍数
  • スポーツアプリ: プール水泳、ランニング、バイクなど20種類以上
  • 日常機能: Garmin Pay、音楽保存、カスタマイズウォッチフェイス

スマートウォッチと対応OS

スマートウォッチはOSによって制御され、スマートフォンの拡張デバイスとして機能します。主なスマートウォッチのOSには以下のものがあります。

iPhoneと連動する「Watch OS」

Apple Watch用に開発された「Watch OS」は、iPhoneとのスムーズな連携が特徴です。着信やメッセージの確認、アプリの通知、Siriの利用が可能です。

Androidと連携する「Wear OS by Google(Android Wear)」

「Wear OS by Google」は、Android端末に特化したOSです。Googleアシスタント、Googleマップ、通話やメッセージ通知、Google Play Musicなどの機能が搭載されています。

Galaxyシリーズとの互換性が高い「Tizen」

サムスンが開発した「Tizen」は、AndroidとiOSの両方に対応しています。Galaxy端末との互換性が高く、Galaxy Wearableアプリを通じてアプリの管理が可能です。

  • 「Watch OS」: iPhoneと連動し、多機能な対応
  • 「Wear OS by Google」: Android端末との強い連携
  • 「Tizen」: Galaxyシリーズとの高い互換性

GARMIN vivoを納得して選ぶために知っておくべきこと

スマートウォッチ選びの重要ポイントは、機能、デザイン、スマートフォンとの相性の3つです。

使い方に合う機能

  • 通知機能が重要ならアプリストア対応モデルが便利
  • 健康や睡眠管理にはユーザー数が多いOS搭載モデルが有利
  • スポーツ記録・計測にはGPS内蔵タイプが適している

使い方や好みに合うデザイン

  • ファッションとのコーディネートを考慮
  • フェイスの大きさで操作性や表示量が変わる
  • 用途に合わせたデザイン選択が重要

スマートフォンとの相性

  • iPhoneユーザーにはApple Watchが最適
  • Androidユーザーはスマートウォッチのメーカーとスマホのメーカーを合わせると便利

これらのポイントを考慮して、自分のライフスタイルや用途に合ったスマートウォッチを選びましょう。

スマートウォッチの必須機能

スマートウォッチには多様な機能が搭載されており、日常生活や活動に役立つさまざまな機能を提供します。

時計機能とカスタマイズ

  • 文字盤のカスタマイズが可能
  • 時刻同期と情報表示のカスタマイズ性

通知機能と通話機能

  • スマートフォンとの連携による通知機能
  • 内蔵スピーカー&マイクで通話可能なモデルあり

健康管理と運動管理

  • 心拍数、血中酸素レベルなどの健康管理センサー
  • 加速度センサー、GPSなどで運動管理

これらの機能に加えて、音楽再生機能や電子マネー決済、各種センサー機能などもスマートウォッチの魅力を高める要素です。バッテリーの持続時間も重要な考慮点です。

GARMIN vivoと比較したい、スマートウォッチの人気メーカー

スマートウォッチの市場には多様なメーカーが存在し、それぞれ異なる特徴を持つ製品を提供しています。

Apple

  • iPhoneと連動するApple Watchシリーズ
  • ヘルスケア、フィットネス、決済機能を備えた多目的利用が可能
  • タフネス性能を備えたApple Watch Ultraも展開

Google

  • Fitbitブランドを傘下に持ち、フィットネス機能を重視
  • Pixel Watchシリーズを展開、Google Storeからアプリ追加可能
  • Androidスマートフォンとの高い汎用性

Fitbit

  • 健康管理に特化したフィットネストラッカーのパイオニア
  • Google傘下で、iPhoneでも使用可能な製品を提供
  • アクティビティ記録や健康状態管理に優れたデバイス

その他のメーカーとして、Samsung Galaxy、Huawei、GARMIN、Xiaomiなどが存在し、それぞれ独自の特徴と強みを持っています。デザインや機能面でのバラエティも豊かで、ユーザーのニーズに合わせた選択が可能です。

「GARMIN vivo」の口コミ・評判

スマートウォッチ「GARMIN vivo」の福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

X(Twitter)の情報

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「GARMIN vivo」と検索できます。

「GARMIN vivo」の知っておきたいよくあるQ&A

Q
GARMIN vivoスマートウォッチのバッテリー寿命はどれくらいですか?
A

GARMIN vivoシリーズのモデルにより異なりますが、一般的に数日間から一週間程度持続します。特定の機能の使用状況によっても変わります。

Q
GARMIN vivoは防水機能がありますか?
A

はい、GARMIN vivoシリーズの多くのモデルには一定レベルの防水性能があります。特定のアクティビティや水深に対応するかはモデルによって異なります。

Q
心拍数モニタリングはどのくらい正確ですか?
A

GARMIN vivoの心拍数モニタリングは一般的に高い精度を持ちますが、体の位置や動きによっては若干の誤差が生じる場合があります。

Q
GARMIN vivoで音楽を再生できますか?
A

はい、一部のGARMIN vivoモデルでは、デバイスに音楽を保存したり、SpotifyやAmazon Musicなどの音楽サービスと同期して再生することができます。

Q
GARMIN Payはどのように機能しますか?
A

GARMIN Payは、一部のGARMIN vivoモデルに搭載されたキャッシュレス決済機能です。互換性のある銀行やカードと連携し、ウォッチを使って簡単に支払いができます。

「GARMIN vivo」に関して参考になる記事リスト

スマートウォッチ「GARMIN vivo」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

AppleWatchの関連記事一覧

AppleWatchを購入するときに参考にしたいことはこの記事にまとめています。

「AppleWatch Series9対応」現役でも使えるモデルはどれ?
AppleWatchの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

AppleWatchのセールに関する情報は別サイトでまとめています。

AppleWatchを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AppleWatchを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

以下、AppleWatchについて知りたい場合に参考になる記事をまとめておきました。

スマートウォッチを探す際に役立つリンク集

当サイトで取り上げた「スマートウォッチ」に関連した記事をまとめています。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報に関してはこちら。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報
スマートウォッチのセール情報をまとめています。ブログ運営の都合、情報収集に引っかかったセール情報を共有して物欲を他人に転化していくスタイル。
スマートウォッチメーカー最新情報
スポンサーリンク

「スマートウォッチ「GARMIN vivo」」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「apple サービス apple pay」に関する最新情報です。

    Appleの後払い決済サービス「Apple Pay Later」が米国での提供開始からわずか2年で終了することが報じられた。このサービスでは、50~1000ドルの商品を4回に分けてローンで支払うことができたが、次期OS「iOS 18」の新機能に置き換えられることとなった。新機能では、クレジットカードやデビットカード、サードパーティーの後払いローンサービスを利用できるようになる。Apple Pay Laterの魅力は手数料や金利なしでローンを利用でき、ウォレットアプリで管理できる点にあったが、既存のローンについては引き続き返済や管理が可能とされている。

    https://japan.cnet.com/article/35220258/

  2. buchikuma-info より:

    「ウォッチ アイテム 10」に関する最新情報です。

    2024年6月版の「スマートウォッチ」おすすめ6選とAmazonランキングTOP10が紹介されており、さまざまな機能を持つスマートウォッチが便利な時計としてだけでなく、健康管理アイテムとしても活躍していることが述べられています。商品は各ECサイトの売れ筋ランキングやSNSの口コミを基に編集部がランキング化しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vbmxhYi5pdG1lZGlhLmNvLmpwL3Jlc2VhcmNoL2FydGljbGVzLzI3MDYwODEv0gE5aHR0cHM6Ly9ubGFiLml0bWVkaWEuY28uanAvcmVzZWFyY2gvYXJ0aWNsZXMvMjcwNjA4MS9hbXAv?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「アジア モデル 共通」に関する最新情報です。

    パナソニックの品田正弘社長は、冷蔵庫や洗濯機などのアジア市場向け共通モデルを開発し、2026年度に日本を含むアジアで販売する計画を示した。これは、中国・韓国メーカーの安価な製品に対抗するために、価格を抑えつつ機能やブランドを強化して競争力を確保するための取り組みである。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vbmV3cy5nb28ubmUuanAvYXJ0aWNsZS9uZXdzd2l0Y2gvYnVzaW5lc3MvbmV3c3dpdGNoLTQxODYzLmh0bWzSAUpodHRwczovL25ld3MuZ29vLm5lLmpwL2FtcC9hcnRpY2xlL25ld3N3aXRjaC9idXNpbmVzcy9uZXdzd2l0Y2gtNDE4NjMuaHRtbA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「26 アジア アジア 共通」に関する最新情報です。

    パナソニックの品田社長は、アジア共通モデルの開発を進め、2026年9月までに共通モデルの商品数比率を5割にする計画を発表した。現在は1割以下で、中国で生産することでコスト削減し、中韓の競争力を高める狙い。地産地消の効率性が低下しているため、ハードを共通化し、ソフト面で地域に合わせた仕様を展開する方針。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lm5pa2tlaS5jb20vYXJ0aWNsZS9ER1haUU9VRjEwN0pSMFE0QTYxMEMyMDAwMDAwL9IBAA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「スマートフォン 自動車 事業」に関する最新情報です。

    シャオミは自動車事業を拡大し、収益性を向上させるために40万から50万台の生産量を目指しています。スマートフォン事業は依然として主要な収益源であり、高い利益率を維持しています。シャオミはスマートフォン市場の変動に慎重に対処し、自社のテクノロジーを発展させるために利益を活用しています。電気自動車市場への参入に向けて財務の安定が重要であり、スマートフォンセグメントでの成功がその基盤となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi8AFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA2LzAyL3hpYW9taSVFMyU4MSVBRSVFOSU5NSVCNyVFNiU5QyU5RiVFOCU4NyVBQSVFNSU4QiU5NSVFOCVCQiU4QSVFNCVCQSU4QiVFNiVBNSVBRCVFMyU4MSVBRiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCMyVFNiU5NCVBRiVFOSU4NSU4RCVFMyU4MSVBRSVFNCVCOCVBRCVFMyU4MSVBNy_SAQA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「スポーツ タッチ ウォッチ」に関する最新情報です。

    ティソのスポーツ系スマートウォッチ「TISSOT T-Touch Connect Sport」は、ソーラークォーツのアナログ時計でありながらタッチパネルを搭載している。スポーティなデザインとスマホとの連動機能、太陽光充電のクォーツムーブメントを特徴とし、幅広いシーンで使用できる。高性能ソーラーセルやAMOLDスクリーンによる操作性、さまざまなモニタリング機能を備えており、スポーツから健康管理まで対応している。また、無料アプリ「Tissot Connected」を使用することで、スマホとの連動も可能。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8yLzQvMTc3XzRfcl8yMDI0MDUyNV8xNzE2NjAyNTk0NTQ2Njk30gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「ランキング 10 10 おすすめ」に関する最新情報です。

    2024年5月版の「スマートウォッチ」ほしいものランキングでは、1位はApple Watch SE GPSモデル40mmで、2位にはHUAWEI Band 9が続いている。Apple Watch SEが人気を集めており、HUAWEIの人気モデル後継機も注目を集めている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvZmF2L2FydGljbGVzLzI0MDUvMjIvbmV3czEyOS5odG1s0gE2aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9mYXYvYW1wLzI0MDUvMjIvbmV3czEyOS5odG1s?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「タッチ apple apple pay」に関する最新情報です。

    NTTドコモの「d払いタッチ」を使用してVisaのタッチ決済を行う際に、カードロック解除が不要になりました。これにより、d払いアプリからの操作なしでVisaのタッチ決済が利用可能となりました。Visaのタッチ決済は、Apple Payのd払いタッチでのみ利用できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU5MzAxOS5odG1s0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「pixel 10 10 世代」に関する最新情報です。

    NTTドコモは、5月15日以降にドコモオンラインショップで販売している「iPad(第10世代)」と「Google Pixel 7a」の価格を変更することを発表しました。iPadは10万6590円から9万9990円に、Google Pixel 7aは6万3217円から5万3911円に値下げされます。また、「いつでもカエドキプログラム」を利用すると、23カ月目に対象機種を返却した際の負担額も変更されます。これに伴い、5月15日から5月17日の0時から10時までの間にシステムメンテナンスが実施され、その期間中は対象商品の購入手続きができなくなります。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2405/14/news121.html

  10. buchikuma-info より:

    「ウォッチ 対応 呼吸」に関する最新情報です。

    株式会社ウエニ貿易のコラボ専門ブランド「GARRACK(ギャラック)」が「鬼滅の刃スマートウォッチ」を発売。iOSとAndroidに対応し、電池駆動時間は約14日間。竈門炭治郎と竈門禰豆子の2モデル展開で、特徴を取り入れたオリジナル文字盤を搭載。24時間健康管理や睡眠測定、呼吸エクササイズ機能など、「鬼滅の刃」の世界観を楽しめる仕様となっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vc21obi5pbmZvLzIwMjQwNC1raW1ldHN1LXdhdGNo0gEqaHR0cHM6Ly9zbWhuLmluZm8vMjAyNDA0LWtpbWV0c3Utd2F0Y2g_YW1w?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「コーチ 勇気 courage」に関する最新情報です。

    コーチは、カミラ・メンデスを起用した「Find Your Courage (勇気は、あなたを待っている)」キャンペーンの第4章をリリースしました。このキャンペーンは、リル・ナズ・Xから始まり、バーチャルヒューマンのimmaが勇気を見つける旅を描いています。最新の第4章では、immaがカミラ・メンデスと出会い、自己成長や自己愛を学ぶストーリーが展開されます。また、新しいフローラルモチーフのショルダーバッグ「キルティング タビー」が特集されています。このバッグを含むコーチのSpring 2024コレクションは、公式オンラインストアや一部のコーチストアで入手可能です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000252.000027522.html

  12. buchikuma-info より:

    「未来 空想 紙面」に関する最新情報です。

    株式会社朝日新聞社は、パナソニック株式会社と共に「未来空想新聞2041製作委員会」を設立し、5月5日のこどもの日に「未来空想新聞2041」を特別発行する。40人の未来を想う人が登場し、2041年の未来を「人」「社会」「地球」の視点から空想する。紙面配布やARを活用した新たな試みも予定されており、全国の科学館や大学などで配布される。今年は2041年5月5日に発行され、未来に希望を託すコンセプトで作られる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001626.000009214.html

  13. buchikuma-info より:

    「10 10 インチ インチ」に関する最新情報です。

    1万円以下で買える安いおすすめな10インチタブレットを6つ紹介。動画視聴やネットサーフィン、読書など、さまざまな用途で活躍する便利なアイテム。安い10インチタブレットのおすすめ商品や選び方について解説。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJWh0dHBzOi8vYXV0b2Mtb25lLmpwL2tub3dob3cvNTAyNTc0Ny_SAQA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「家電 2023 2023 2024」に関する最新情報です。

    2023-2024年の「家電大賞」授賞式が5年ぶりに開催され、タイガー魔法瓶の炊飯器がグランプリを受賞。授賞式では、24の部門賞を含む受賞メーカーが一堂に会し、受賞製品についての情報や感想が共有された。タイガー魔法瓶の炊飯器ブランドマネージャーは、光栄であり今後も優れた製品を作り続ける意向を示した。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_special/1581063.html

  15. buchikuma-info より:

    「楽天 apple apple watch」に関する最新情報です。

    楽天モバイルは、楽天市場店においてApple Watchシリーズの一部製品の値下げを実施した。具体的には、「Apple Watch Series 8」「Apple Watch Ultra」「Apple Watch SE(第2世代)」が対象であり、値下げは4月4日から行われている。また、10月11日には「Apple Watch Ultra」の値下げも実施された。さらに、11月21日からも「Apple Wat」の値下げが開始される予定である。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vbmV3cy5rYWtha3UuY29tL3ByZG5ld3MvY2Q9a2VpdGFpL2N0Y2Q9Nzc0NS9pZD0xMzk0OTIv0gEA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「農業 未来 未来 考える」に関する最新情報です。

    2024年3月31日に開催された「スマート農業スタートアップサミット2024」では、約50社が集結し、食や農業に関連する企業やスタートアップが参加した。イベントでは、農業の未来をテーマにしたトークや意見交換が行われ、スマート農業の推進が訴求された。主催は一般財団法人こゆ地域づくり推進機構であり、スマート農業推進協会が活動を支援している。イベントの開催地である宮崎県新富町は、農業やスポーツ交流が盛んな地域であり、持続可能な農業ビジネスの実現に向けた取り組みが行われている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000510.000028395.html

  17. buchikuma-info より:

    「10 10 インチ インチ」に関する最新情報です。

    2024年3月18日から24日の日次集計データによると、10.2インチiPadが人気のタブレット端末として上位にランクインしていることが分かった。具体的には、10.2インチiPadが1位と2位、10.9インチiPadが3位と4位にランクインしており、人気の高さがうかがえる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3LmJjbnJldGFpbC5jb20vcmVzZWFyY2gvZGV0YWlsLzIwMjQwMzMxXzQxMjcwOC5odG1s0gEA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「apple apple 動き iphone」に関する最新情報です。

    米司法省がiPhoneを標的としてAppleを反トラスト法違反で提訴したことが話題となっている。提訴の理由は、アップルが「囲い込み」と「機能制限」を行っているとされ、具体的にはスーパーアプリの排除や他社製メッセージアプリの排除などが挙げられている。この動きは、米国内外でAppleに対する批判が高まっており、欧州ではデジタル市場法によってApp Store以外からのアプリダウンロードが強制されるなどの動きもある。一方で、提訴には政治的な動機もあると指摘されており、バイデン政権が大手ITテック企業に対する姿勢を示すための一環とも言われている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbi9pc2hpa2F3YS8xNTgwMzU0Lmh0bWzSAQA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「払い タッチ apple」に関する最新情報です。

    NTTドコモは、2024年3月29日からApple Payのd払いタッチ対応を開始する。この機能を利用すると、iPhoneをかざすだけで「iD」加盟店やVisaのタッチ決済対応店で支払いが可能となる。さらに、dポイントをためたり利用したりすることもできる。また、開始を記念してキャンペーンも実施され、参加者全員に1億円分のdポイントが山分けされる。キャンペーン期間は2024年3月29日から5月31日まで。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAxODcuMDAwMTE4NjQxLmh0bWzSAQA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「アルミ 遮熱 守る」に関する最新情報です。

    2024年3月15日から4月15日までの期間限定で、株式会社ニーズ/株式会社サンファミリーがMakuakeで「アルミで遮熱ベスト」の予約販売を開始。アルミ素材による遮熱効果とUVカット率81%で炎天下から身を守るベストで、男女兼用のデザインで蒸れにくく、身長154~185cm、チェスト86~101cmのサイズ感。過去のアルミ製品も人気を博し、気温上昇による猛暑対策として注目されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000230.000075529.html

  21. buchikuma-info より:

    「galaxy 55 サムスン」に関する最新情報です。

    サムスンがミッドレンジのスマートフォン2機種、「Galaxy A55 5G」と「Galaxy A35 5G」を発表した。両機種は同社のセキュリティシステム「Knox Vault」を搭載しており、A55 5Gでは暗い場所でも鮮明な写真が撮影可能。両機種とも6.6インチの画面、120Hzのリフレッシュレート、5000mAhのバッテリーを搭載しているが、カメラの仕様に違いがあり、A55 5GはAI画像信号処理により夜間の写真撮影が向上している。Galaxy A55 5Gは5000万画素のメインカメラを搭載し、一方Galaxy A35 5Gは800万画素の超広角カメラと1300万画素のフロントカメラを搭載している。

    https://japan.cnet.com/article/35216358/

  22. buchikuma-info より:

    「apple apple car car」に関する最新情報です。

    アップルが開発している自動運転車「Apple Car」の試作車がマイクロバス風で、ハンドルやペダルがないとの報道がある。このEVは完全自動運転を目指しており、2028年に発売される見通しとされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvMzU5Xzdfcl8yMDI0MDMxMl8xNzEwMjExNDQyMDQzMDA00gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「ミライ 小西 小西 未来」に関する最新情報です。

    Apple製作のオリジナル映画『ARGYLLE/アーガイル』が海外で興行的に失敗した。これはAppleが行った3番目の大規模な劇場公開作品であり、前年に公開された2作品はそれぞれ約1億5600万ドルと約2億2090万ドルの世界興行収入を記録した。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3LnZpZGVvci5jby5qcC9kaWdlc3RwbHVzL2FydGljbGUvbWVkaWEyNDAzMTEuaHRtbNIBAA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「ブラウン管 電場 ブラウン管 知る」に関する最新情報です。

    「ブラウン管テレビ」は、物理学者カール・フェルディナント・ブラウンによって発明された装置で、主にオシロスコープとして使用されていました。ブラウン管は、電子銃を使用して画面のどこを光らせるかを制御するために奥行きが必要でした。現在は液晶ディスプレイに置き換えられていますが、ブラウン管は20世紀にディスプレイ技術として広く使用されていました。

    https://gendai.media/articles/-/125002

  25. buchikuma-info より:

    「家電 2023 2023 2024」に関する最新情報です。

    読者投票によって選ばれる「家電大賞 2023-2024」のグランプリが決定され、各部門で金賞から銅賞までが発表されました。新たな部門も追加され、全161製品の中から受賞製品が選ばれました。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_special/1573416.html

  26. buchikuma-info より:

    「apple apple car car」に関する最新情報です。

    アップルが10年間にわたり自動運転技術の開発を進めてきたが、2024年に自動車部門を撤退することを決定した。自動運転技術の実用化は難しいと判断されたが、自動運転は安全性向上やドライバー不足の解決手段として有望視されている。日本では少子高齢化が進む中、技術力の向上と社会実装が重要である。アップルは2014年に自動運転研究を始め、他社との提携も進めていた。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lm5pa2tlaS5jb20vYXJ0aWNsZS9ER1haUU9ESzA1Qk1XMFYwMEMyNEEzMDAwMDAwL9IBAA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「決済 apple apple pay」に関する最新情報です。

    Apple PayからFeliCa系決済サービスが消える日について、特定のブランドのネットワークを利用する際に発生するインターチェンジフィーの問題があり、日本版Apple PayではiDやQUICPayを利用する必要があったが、今後はクレジットカードをApple Payに登録するだけで利用可能になる見通し。これにより、イシュアにとっては手数料や投資負担が軽減される可能性があり、Apple Payの普及が進むことが期待される。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2403/06/news118.html

  28. buchikuma-info より:

    「xiaomi ベゼル watch」に関する最新情報です。

    Xiaomi Watch S3は、ベゼルを含めた“着せ替え”が可能なスマートウォッチであり、ユニークでファッショナブルなデザインが特徴です。ベゼルやストラップを交換することで雰囲気を変えることができ、さらに位置情報や健康モニタリング機能も向上しています。価格は1万8980円前後で、Xiaomiの最新スマートウォッチとして注目されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3Lmdvb2RzcHJlc3MuanAvbmV3cy81ODgwOTcv0gEA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「決済 apple apple pay」に関する最新情報です。

    Apple Payにおいて、FeliCa系決済サービスが将来的に消える可能性がある。これは、FeliCa系サービスのインターチェンジフィーが高いため、イシュアにとって負担となるためだ。日本版Apple Payでは、クレジットカードを登録することでiDやQUICPayを利用できるが、これまでは両方に対応する必要があった。しかし、今後は片方に一本化する可能性がある。これにより、国際ブランドとの交渉が重要となり、Apple Payのサービス提供が制限される可能性もある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzI0MDMvMDYvbmV3czExOC5odG1s0gEA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「apple apple car car」に関する最新情報です。

    2014年から進められていたAppleの電気自動運転車「Apple Car」開発プロジェクトは、プロジェクト・タイタンとして知られていましたが、最終的にキャンセルされました。プロジェクトの歴史について、2008年に最初の動きが報じられ、2015年には自動運転車が目撃され、2016年には関係者がドメインを取得するなど進展がありましたが、BMWとの協議が断念されたことで行き詰まりを迎えました。また、元テスラのエンジニアもAppleに雇用されたと報じられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAzMDQtYXBwbGUtY2FyLXByb2plY3QtdGl0YW4taGlzdG9yeS_SAQA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「apple apple watch ok」に関する最新情報です。

    Apple Watchも直接充電可能な5000mAhのミニモバイルバッテリーが便利。最大20W出力で高速充電も可能で、3デバイスまで対応。専用ポートでApple Watchも同時充電可能。コンパクトで使いやすく、パススルー充電も可能。端子は2種類搭載。充電しながらスマホを使える便利な機能も。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3LnJvb21pZS5qcC8yMDI0LzAzLzExODExODAv0gEA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「apple apple car car」に関する最新情報です。

    2024年3月4日、Apple Carの失敗について、自信過剰が影響したと報じられた。AppleはTeslaを超えようとしていたが、自動車市場の複雑さや競合他社の存在を過小評価していた。ガーマン記者は、Apple Carが成功していれば、クックCEO時代の代表作になっていた可能性もあると指摘している。自動車市場に適応した製品を開発すれば成功した可能性があったと述べられている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NzAzL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NzAzL2FtcC8?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「apple car apple car」に関する最新情報です。

    2024年2月28日、Appleの自動車プロジェクト「Project Titan」が終了し、自動車業界への参入には製造パートナーが必要であることが示された。自動車製造は複雑であり、Appleはその複雑さを避けるためにプロジェクトを終了したとされる。他のテック企業や自動車メーカーはパートナーシップを重視しており、ソニーなどは成功を収めている。一方で、Appleは製造パートナーとの提携がうまくいかず、プロジェクトは失敗に終わった。しかし、Appleは自動車業界でCarPlayインフォテインメントシステムを通じて依然として重要な地位を保持しており、今後も自動車関連の革新を続ける意向である。

    https://www.wired.com/story/rip-apple-car-this-is-why-it-died/

  34. buchikuma-info より:

    「apple car apple car」に関する最新情報です。

    Appleが開発していた自動車プロジェクト「Apple Car」は、一般に知られながらも日の目を見ることなく終了した。プロジェクトは進展し、パートナー企業を探していたが、最終的には実現しなかった。Appleは新しいカテゴリーを確立することが得意であり、自動車業界に進出しようとしていたが、自動運転車か電気自動車か、どちらに焦点を当てるかが不明確であり、プロジェクトの失敗につながった可能性がある。

    https://techcrunch.com/2024/02/28/the-apple-car-that-never-was-a-timeline/

  35. buchikuma-info より:

    「apple apple car car」に関する最新情報です。

    アップルの自動運転EV「Apple Car」の開発は10年に及んだが、最新の記事によると、Appleは自動運転EVの計画をすべてキャンセルし、2000人の従業員にプロジェクト中止を伝えた。このため、Apple Carはおそらくもう出ない可能性が高い。Apple Carチームは解散し、開発部門の多くが生成AIの人工知能部門に移ったと報じられている。EV市場での競争が激化している中、Appleの関心は自動運転から生成AIへと移り変わっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMi9hcHBsZWNhcl9ldi5odG1s0gEA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「apple car apple car」に関する最新情報です。

    2024年2月28日、Appleの自動車プロジェクト「Project Titan」が終了したことが報じられた。このプロジェクトは、電動車両や自動運転車両などの技術開発に取り組んできたが、製造パートナーを見つけることができずに終了となった。自動車製造は複雑な作業であり、Appleはこの課題を避けることを選択したようだ。他のテック企業が自動車業界に進出する際にはパートナーシップが必要であり、Appleの試みが失敗に終わった理由として挙げられている。一方で、AppleはCarPlayなどの自動車関連技術で依然として自動車業界に影響力を持ち続けており、今後も自動車関連技術の開発を続けるとされている。

    https://www.wired.com/story/rip-apple-car-this-is-why-it-died/

  37. buchikuma-info より:

    「手首 コンセプト 未来」に関する最新情報です。

    モトローラが披露した未来的コンセプト機は、手首に巻き付けることができるスマートフォンであり、2024年のMobile World Congressで体験することができた。平たい状態では通常のAndroidデバイスと同じように使用でき、折り曲げて手首に装着することで操作が可能となる。この革新的なデバイスは、リーラ船長が手首に装着するスマートデバイスを彷彿させる未来的なガジェットとして注目を集めている。

    https://japan.cnet.com/article/35215722/

タイトルとURLをコピーしました