PR

スマートウォッチ「Fitbit Sense」購入時にチェックすること

スポンサーリンク

スマートウォッチ「Fitbit Sense」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「スマートウォッチ「Fitbit Sense」」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2024年の「Fitbit Sense」新着情報まとめ

スマートウォッチ「Fitbit Sense」について調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

「Fitbit Sense」に関する新着ニュース

スマートウォッチ「Fitbit Sense」に関する新着ニュースをまとめています。

GoogleがFitbitデバイスの機能アップデートを発表

2023年6月14日のニュースによると、Googleは6月のFeature DropでFitbitデバイスの新機能を公開しました。

  • エクササイズメニューの更新: 最新のワークアウトモードがトップに表示され、全エクササイズモードがリスト化。これにより「Fitbit」アプリでの手動調整が不要に。「Charge 5」「Luxe」「Inspire 3」で利用可能。
  • エナジースコアの導入: 日々のエナジースコアを手首でチェック可能になり、ワークアウト準備や休息の必要性を判断。「Fitbit Premium」登録が必要。
  • 月経ヘルススタイルの機能: スマートフォンなしで月経周期の記録・編集が可能に。「Sense 2」「Versa 4」で利用可能。
  • 時計スタイルの簡単切り替え: ホーム画面長押しで時計文字盤の変更が容易に。「Sense 2」「Versa 4」で利用可能。
  • 新しい文字盤の追加: 洗練されたデザインと健康統計の新文字盤を「Fitbit」アプリで選択可能。「Charge 5」「Luxe」「Inspire 3」で利用可能。
ニュースについてのポジティブな影響や意見

このアップデートにより、Fitbitデバイスの使い勝手が向上し、ユーザー体験がより豊かになります。特にエクササイズメニューの最適化や新しい健康追跡機能は、日々の健康管理をより容易にします。

ニュースについてのネガティブな影響や意見

一方で、一部の新機能が「Fitbit Premium」の登録を必要とするため、全てのユーザーがこれらの機能を利用できるわけではありません。

追加情報/補足

このアップデートはFitbitデバイスの機能強化に重点を置いており、ユーザーの日々の健康管理をサポートすることを目的としています。詳細はこちらでご確認ください。

「Fitbit Sense」の新製品情報

「Fitbit Sense」の新製品情報についてまとめています。

新製品:Sense 2

2023年4月24日時点でのFitbitの「Sense 2」について紹介します。

Sense 2の特徴
  • ストレス測定を高度化したツールを搭載
  • 皮膚電気活動(cEDA)を測定し、ストレスパターンを把握
  • ガイド付き呼吸やエクササイズでストレス対処
  • 6日以上のバッテリーライフと12分の急速充電
  • Fitbit Premiumでのアクティビティ、睡眠、ストレスの個人別分析
  • Suica対応で交通機関や店舗での支払いが可能
  • Amazon Alexa搭載、音声アシスタントを利用
  • 数百種類の文字盤から選択、お気に入りを5つまで保存
  • 月経周期トラッキング機能で生理や症状記録
価格

32,800円(税込)

Sense 2のおすすめポイント
  • 高度なストレス管理機能で日々のストレスレベルを把握
  • 長持ちバッテリーと急速充電機能で使い勝手が良い
  • Suica対応で便利なキャッシュレス決済
  • Amazon Alexa搭載でスマートウォッチから簡単操作
  • Fitbit Premiumでより詳細な健康データの分析と追跡
Sense 2の気になるところ、注意点
  • Fitbit Premium登録が必要な機能がある
  • 価格が高めで予算を考慮する必要がある
  • サイズやデザインが個人の好みによる
Sense 2の購入時参考情報
  • 発売日: 2023年9月29日
  • 販売: Fitbit.comにて予約受付中
  • ボディカラー: ルナホワイト/プラチナアルミニウム、シャドーグレー/グラファイトアルミニウム、ブルーミスト/ソフトゴールドアルミニウム

直近の「Fitbit Sense」のセール情報

スマートウォッチ「Fitbit Sense」の商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

Amazonのセール:Fitbit Senseの特別価格

2023年4月24日時点でのFitbitの「Fitbit Sense」について紹介します。

Fitbit Senseの特徴
  • Suicaに対応したスマートウォッチ
  • 心拍数モニタリング、血中酸素飽和度測定
  • ストレス管理、睡眠追跡
  • スマートフォンとの同期機能
  • 洗練されたデザインと高機能性を備えたスマートウォッチ
価格
  • カーボン/グラファイトモデル:19,800円(税込)
  • セージグレー/シルバーモデル:24,480円(税込)
お得度

Amazonのセールにより、Fitbit Senseは通常価格よりもお得な価格で購入できます。特にカーボン/グラファイトモデルは大幅な割引が適用されています。

セール期間

特定のセール期間についての情報は提供されていませんが、通常Amazonのセールは期間限定です。

Fitbit Senseのメリット、注意したいポイント
  • 日常生活や運動時の健康管理に役立つ多機能性
  • Suicaに対応しているため、交通機関やショッピングでの利用が可能
  • セール価格での購入は、コストパフォーマンスが高い
  • ただし、商品の色やスペックによって価格が異なるため、選択時に注意が必要

このセールはAmazon.co.jpで開催されており、Suica対応のFitbit Senseを特別価格で購入する絶好の機会です。

「Fitbit Sense」に関連した当サイトの参考ページを紹介

スマートウォッチ「Fitbit Sense」に関連した私が取り扱うサイトの各ページへのリンクを紹介していきます。

ガジェット関連ニュースに関連した情報

最新のガジェット、特にスマートウォッチに関するニュースは、テクノロジー愛好家から一般消費者まで幅広い関心を集めています。Apple WatchやFitbitなどのウェアラブルデバイスが、日常生活や健康管理に革命をもたらしています。

トピックに関連した紹介したい記事
  • 「ヘルスケア」マスター編:Appleデバイスで健康管理: Apple Watchを含むAppleデバイスのヘルスケアアプリの使い方や機能について詳しく解説しています。記事はこちら
  • iPhoneユーザーが失敗しないLINEのデータ引き継ぎ方法「iCareFone for LINE」: iPhoneユーザーにとって重要なLINEのデータ引き継ぎ方法を分かりやすく説明しています。機種変更時に役立つ情報が満載です。詳細はこちら
  • iPhoneユーザーが利用できる「メール非公開」によるアカウント作成方法: Appleでサインインする際の便利なアカウント登録方法について、iPhoneユーザー向けに解説しています。記事を読む

気になるAppleWatch関連情報

Apple Watchは、その革新的な機能とスタイリッシュなデザインで、ウェアラブルデバイス市場をリードしています。最新のアップデートや使い方に関する情報は常に注目されています。

トピックに関連した紹介したい記事
  • WatchOS10へのアップデート、AppleWatchでできるようになること: watchOS10の最新機能やアップデートに関する詳細を提供し、Apple Watchの使い勝手がどのように向上するかを解説しています。詳細を見る
  • AppleWatchを子どもに持たせる際に知っておきたい共有方法: Apple Watchのファミリー共有機能について、子どもの安全や利便性の観点から紹介しています。記事を読む

これらの記事は、最新のウェアラブル技術や、それらを日常生活にどのように統合するかに関する洞察を提供します。スマートウォッチ愛好家や一般ユーザーにとって、有用な情報源となるでしょう。

スマートウォッチを探す際に役立つリンク集

当サイトで取り上げた「スマートウォッチ」に関連した記事をまとめています。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報に関してはこちら。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報
スマートウォッチのセール情報をまとめています。ブログ運営の都合、情報収集に引っかかったセール情報を共有して物欲を他人に転化していくスタイル。
スマートウォッチメーカー最新情報
スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「スマートウォッチ「Fitbit Sense」」の基礎知識

記事構成上、一応書いておいた方がいい「スマートウォッチ「Fitbit Sense」とは」的な内容になります。

Fitbit Senseの特徴

Fitbit Senseの特徴

Fitbit Senseは、先進的な機能を備えたスマートウォッチです。健康管理から日常の便利さを提供する多彩な機能が特徴的です。

最先端のストレス管理機能

Fitbit Senseは生理的および精神的ストレスを測定し、ストレス管理のためのリマインダーやアドバイスを提供します。さらに、週、月、3か月、年間単位でのストレス履歴の確認が可能です。

心拍数モニタリング

安静時の心拍数を基準に、異常に高いまたは低い心拍数を検知すると通知します。これにより、健康状態の重要な指標に注意を払うことができます。

Suicaとの連携

Fitbit SenseはSuicaに対応しており、手首をかざすだけで鉄道やバスの利用、買い物が可能です。これにより、日常の移動や支払いがより便利になります。

  • ストレス管理:生理的・精神的ストレスの測定、リマインダー、アドバイス機能
  • 心拍数モニタリング:安静時心拍数を基準に異常検知
  • Suica連携:交通機関や買い物での利用可能
  • Fitbitプレミアム無料トライアル:カスタマイズされたデータや高度な分析機能
  • 長持ちバッテリーと急速充電:6日以上の連続使用と12分で1日分の急速充電
  • Alexa搭載:音声アシスタントによる操作サポート
  • 腕回りサイズ:Sサイズ(140〜180mm)、Lサイズ(180〜220mm)

Fitbit Senseと比較したいスマートウォッチ

Fitbit Senseの特徴とそれに匹敵する他のスマートウォッチを比較します。これらのスマートウォッチは、健康管理や日常生活の便利さを高める多彩な機能を提供します。

Fitbit Sense 2

Fitbit Sense 2は、Fitbit製品の中で最上位に位置づけられているモデルです。24時間の高精度ストレス追跡、皮膚温変動測定、心電図機能など、健康管理に特化した機能が豊富です。また、Googleマップでのナビゲーション、Fitbit Pay(Suica対応)、音声アシスタント(Amazon Alexa)、ストレス通知など、日常生活をサポートする機能も充実しています。

Apple Watch Series 7

Apple Watch Series 7は、血中酸素飽和度の測定、心電図機能、GPS/GNSS内蔵、常時表示、Apple Pay(Suica対応)などの機能を備えています。また、50m防水、32GBのストレージ、防水機能など、日常生活やアウトドア活動においても使い勝手が良い設計になっています。

Galaxy Watch5 / Pro

Galaxy Watch5 / Proは、体組成の測定(体脂肪率や骨格筋重量)、心拍数、睡眠追跡、GPS機能を提供します。さらに、Google アシスタント、Google Play ストア、ルートのダウンロード・記録・共有など、Androidユーザーに特に便利な機能が搭載されています。

Garmin Venu 2 Plus

Garmin Venu 2 Plusは、血中酸素飽和度、心拍数、睡眠追跡、GPS、Garmin Pay(Suicaキャッシュレス決済)、650曲の音楽保存機能などを提供しています。特に、運動追跡の種類が多く、アウトドアスポーツに適したモデルです。

  • Fitbit Sense 2:高精度ストレス追跡、皮膚温変動測定、心電図機能
  • Apple Watch Series 7:心電図、血中酸素飽和度測定、32GBストレージ
  • Galaxy Watch5 / Pro:体組成測定、心拍数、GPS機能
  • Garmin Venu 2 Plus:血中酸素飽和度、650曲の音楽保存、Garmin Pay

スマートウォッチと対応OS

スマートウォッチはOSによって制御され、スマートフォンの拡張デバイスとして機能します。主なスマートウォッチのOSには以下のものがあります。

iPhoneと連動する「Watch OS」

Apple Watch用に開発された「Watch OS」は、iPhoneとのスムーズな連携が特徴です。着信やメッセージの確認、アプリの通知、Siriの利用が可能です。

Androidと連携する「Wear OS by Google(Android Wear)」

「Wear OS by Google」は、Android端末に特化したOSです。Googleアシスタント、Googleマップ、通話やメッセージ通知、Google Play Musicなどの機能が搭載されています。

Galaxyシリーズとの互換性が高い「Tizen」

サムスンが開発した「Tizen」は、AndroidとiOSの両方に対応しています。Galaxy端末との互換性が高く、Galaxy Wearableアプリを通じてアプリの管理が可能です。

  • 「Watch OS」: iPhoneと連動し、多機能な対応
  • 「Wear OS by Google」: Android端末との強い連携
  • 「Tizen」: Galaxyシリーズとの高い互換性

Fitbit Senseを納得して選ぶために知っておくべきこと

スマートウォッチ選びの重要ポイントは、機能、デザイン、スマートフォンとの相性の3つです。

使い方に合う機能

  • 通知機能が重要ならアプリストア対応モデルが便利
  • 健康や睡眠管理にはユーザー数が多いOS搭載モデルが有利
  • スポーツ記録・計測にはGPS内蔵タイプが適している

使い方や好みに合うデザイン

  • ファッションとのコーディネートを考慮
  • フェイスの大きさで操作性や表示量が変わる
  • 用途に合わせたデザイン選択が重要

スマートフォンとの相性

  • iPhoneユーザーにはApple Watchが最適
  • Androidユーザーはスマートウォッチのメーカーとスマホのメーカーを合わせると便利

これらのポイントを考慮して、自分のライフスタイルや用途に合ったスマートウォッチを選びましょう。

スマートウォッチの必須機能

スマートウォッチには多様な機能が搭載されており、日常生活や活動に役立つさまざまな機能を提供します。

時計機能とカスタマイズ

  • 文字盤のカスタマイズが可能
  • 時刻同期と情報表示のカスタマイズ性

通知機能と通話機能

  • スマートフォンとの連携による通知機能
  • 内蔵スピーカー&マイクで通話可能なモデルあり

健康管理と運動管理

  • 心拍数、血中酸素レベルなどの健康管理センサー
  • 加速度センサー、GPSなどで運動管理

これらの機能に加えて、音楽再生機能や電子マネー決済、各種センサー機能などもスマートウォッチの魅力を高める要素です。バッテリーの持続時間も重要な考慮点です。

Fitbit Senseと比較したい、スマートウォッチの人気メーカー

スマートウォッチの市場には多様なメーカーが存在し、それぞれ異なる特徴を持つ製品を提供しています。

Apple

  • iPhoneと連動するApple Watchシリーズ
  • ヘルスケア、フィットネス、決済機能を備えた多目的利用が可能
  • タフネス性能を備えたApple Watch Ultraも展開

Google

  • Fitbitブランドを傘下に持ち、フィットネス機能を重視
  • Pixel Watchシリーズを展開、Google Storeからアプリ追加可能
  • Androidスマートフォンとの高い汎用性

Fitbit

  • 健康管理に特化したフィットネストラッカーのパイオニア
  • Google傘下で、iPhoneでも使用可能な製品を提供
  • アクティビティ記録や健康状態管理に優れたデバイス

その他のメーカーとして、Samsung Galaxy、Huawei、GARMIN、Xiaomiなどが存在し、それぞれ独自の特徴と強みを持っています。デザインや機能面でのバラエティも豊かで、ユーザーのニーズに合わせた選択が可能です。

「Fitbit Sense」の口コミ・評判

スマートウォッチ「Fitbit Sense」の情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

X(Twitter)の情報

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「Fitbit Sense」と検索できます。

「Fitbit Sense」の知っておきたいよくあるQ&A

Q
Fitbit Senseは防水機能がありますか?
A

Fitbit Senseは水に強い設計となっており、水泳やシャワー時にも使用できます。ただし、高圧の水流には対応していないので、水中でのボタン操作は避けることが推奨されます。

Q
Fitbit Senseでのバッテリー寿命はどの程度ですか?
A

Fitbit Senseは通常使用で約6日間のバッテリー寿命を持っています。ただし、GPSの使用頻度や画面の明るさなどの使用状況によって変動します。

Q
Fitbit Senseにはどのような健康追跡機能がありますか?
A

Fitbit Senseは心拍数モニタリング、血中酸素飽和度(SpO2)測定、ストレス管理、睡眠追跡、皮膚温度センサーなど、多様な健康追跡機能を備えています。

Q
Fitbit Senseで音楽を聴くことはできますか?
A

はい、Fitbit Senseでは、Bluetoothを使用してスマートフォンと接続し、音楽のコントロールが可能です。また、Spotifyなどの音楽サービスと連携して操作することもできます。

Q
Fitbit Senseとスマートフォンとの同期はどのように行いますか?
A

Fitbit SenseはBluetoothを介してスマートフォンと同期します。Fitbitアプリをスマートフォンにインストールし、アプリ内の指示に従ってデバイスをペアリングすることで同期が可能です。

「Fitbit Sense」に関して参考になる記事リスト

スマートウォッチ「Fitbit Sense」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

AppleWatchの関連記事一覧

AppleWatchを購入するときに参考にしたいことはこの記事にまとめています。

「AppleWatch Series9対応」現役でも使えるモデルはどれ?
AppleWatchの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

AppleWatchのセールに関する情報は別サイトでまとめています。

AppleWatchを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AppleWatchを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

以下、AppleWatchについて知りたい場合に参考になる記事をまとめておきました。

スマートウォッチを探す際に役立つリンク集

当サイトで取り上げた「スマートウォッチ」に関連した記事をまとめています。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報に関してはこちら。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報
スマートウォッチのセール情報をまとめています。ブログ運営の都合、情報収集に引っかかったセール情報を共有して物欲を他人に転化していくスタイル。
スマートウォッチメーカー最新情報
スポンサーリンク

「スマートウォッチ「Fitbit Sense」」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「川柳 シルバー シルバー 川柳」に関する最新情報です。

    公益社団法人全国有料老人ホーム協会が、「第24回有老協・シルバー川柳」を募集開始しました。高齢者の日々の生活や有料老人ホームでの生活に関する川柳を募集し、入選者20名と有老協賞1名には賞金1万円と賞状が贈られます。応募期間は2月1日から5月24日までで、テーマは高齢社会や高齢者の生活に関する気づきや想いです。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000084539.html

  2. buchikuma-info より:

    「id face apple」に関する最新情報です。

    MetalenzのPolar IDは、Android向けの顔認識技術であり、AppleのFace IDを凌駕する可能性があるとされている。この技術は、光学メタサーフェスを活用して、Androidデバイスに安全な顔認証を導入することを目指しており、独自の偏光シグネチャを使用して個人を認証することができる。Polar IDは、AppleのFace IDよりも解像度が10倍高く、コストも低く抑えられているとされている。Metalenzは、この技術をスマートフォンに統合することで、将来的にはがんの検出や空気品質の測定など、さまざまな応用が可能となると期待されている。

    https://www.wired.com/story/metalenz-polar-id-first-look/

  3. buchikuma-info より:

    「suica キャンペーン サイクル」に関する最新情報です。

    2024年3月1日から3月31日までの期間、HELLO CYCLINGがJR東日本主催の「Suicaでシェアサイクル利用とお買いもの×JRE POINTキャンペーン」の対象アプリになった。キャンペーンではSuicaを利用してシェアサイクルやお買い物をすると抽選でJRE POINT 10,000ポイントがプレゼントされる。また、Suicaのペンギンデザインのシェアサイクルを10回以上利用すると当選倍率がアップする。条件や特典について詳細が記載されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000113324.html

  4. buchikuma-info より:

    「24 galaxy galaxy 24」に関する最新情報です。

    サムスンの「Galaxy S24」シリーズは、最高峰のハードウェアとグーグルの知能が融合しており、性能面に大きな不満はない。AIを利用したスマートな機能も優れており、信頼性の高いカメラも多彩に使える。しかし、Pixelのソフトウェアの利便性には及ばない部分もあり、サムスンはまだ改善すべき点があると感じられる。Galaxy S24シリーズはAndroid最高峰のハードウェアにグーグルの知能を組み込んだ製品であるが、価格面でのハードルも考慮すべきだ。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vd2lyZWQuanAvYXJ0aWNsZS9zYW1zdW5nLWdhbGF4eS1zMjQtczI0LXBsdXMtYW5kLXMyNC11bHRyYS_SAQA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「チョコ 混ぜ スコーン」に関する最新情報です。

    セブン&アイ・ホールディングスのプライベート・ブランド「セブンプレミアム」の公式アカウントがトースターで簡単に作れるチョコチャンクスコーンのレシピを紹介。バター不使用で混ぜて焼くだけで、800件のリツイートや7000件の「いいね」が集まる人気となっている。ホットケーキミックスやチョコレート、無糖ヨーグルトなどを使い、トースターで焼くだけでお店の味を楽しめる。焼き色がついたらアルミホイルをかぶせて焦げを防ぐポイントも。オーブン不要で簡単に作れるので、お菓子作り初心者にもおすすめのレシピとなっている。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65c1a233e4b069b665dc8658

  6. buchikuma-info より:

    「睡眠 galaxy galaxy watch」に関する最新情報です。

    サムスンの「Galaxy Watch」が、睡眠時無呼吸の検出機能について米国食品医薬品局(FDA)の承認を取得しました。この機能は2024年第3四半期にGalaxy Watchシリーズ向けに提供される予定で、10日間の睡眠をモニタリングすることで中等度から重度の閉塞性睡眠時無呼吸症の兆候を検出できます。Galaxy Watchは血中酸素濃度をモニタリングし、低下のパターンが現れた場合には「Samsung Health Monitor」アプリで通知します。このアプリはサムスンのスマートフォンでのみ利用可能です。Galaxy Watchには血圧モニタリング、心電図検出、不整脈通知などの健康関連のトラッキング機能が搭載されており、睡眠時無呼吸検出はこれらの機能に加わることになります。

    https://japan.cnet.com/article/35215196/

  7. buchikuma-info より:

    「挿入 攻撃 発表」に関する最新情報です。

    シンガポール国立大学の研究者らは、スマートフォンのマイクを使って鍵の挿入時の音を録音し、その音響信号から鍵の形状を推測する攻撃方法を提案しました。この攻撃方法は「SpiKey」と呼ばれ、特にピンシリンダー錠に対して有効で、鍵のビッティング(切り込みの深さ)を特定することができます。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2402/13/news045.html

  8. buchikuma-info より:

    「バッテリー iphone pro」に関する最新情報です。

    2024年に発売予定のiPhone 16 Pro Maxは、バッテリーの持ちが向上していると噂されています。現行のiPhone 15 Pro Maxよりもバッテリーの持ちが良くなると言われており、ビデオ再生時の最大稼働時間は30時間を超える可能性があります。これにより、普段のウェブやメール、動画、ゲームの使用でも、一日中バッテリーを気にせず利用できるようになるかもしれません。バッテリーの持ちが重要なポイントであるため、次回のiPhone購入ではiPhone 16 Pro Maxを選ぶことを検討している人もいるかもしれません。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiTWh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMi9sb25nZXN0LWJhdHRlcnlsaWZlLWZvci1pcGhvbmUtMTYtcHJvLW1heC5odG1s0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「face face wearable wearable」に関する最新情報です。

    タイトル:顔に装着するコンピュータの時代
    見出し:顔に装着するコンピュータの時代、最も興味深いスタートアップの話、今週の最も興味深い資金調達、今週の大きなトレンド:常にソーシャル、他の見逃せないTechCrunchの記事…

    テーマ1のオリジナルテキスト:
    顔に装着するコンピュータの時代
    Startups Weeklyへようこそ-スタートアップの世界で見逃せないすべてのことを週ごとにまとめたニュースレターです。毎週金曜日にメールで受け取るためにサインアップしてください。
    まったくもう、もう金曜日なの?まるで昨日このニュースレターを書いたような気がします。しかし、スタートアップの世界では興奮がありました:いくつかの高まり、いくつかの低まり、いくつかのドラマ、そしていくつかの楽しい新しいトレンドがありました。
    今週私の大きな貢献は、スタートアップの資金調達に使うべきかどうかについての記事でした。
    さて、今週は他に何が起こったのでしょうか…最も興味深いスタートアップの話
    画像クレジット:Cory Green/Yahoo
    私のニュースレターは「Startups Weekly」という名前ですが、今回はAppleに一部を捧げたいと思います。なぜなら、昨年書いたように、私はAppleが

    https://techcrunch.com/2024/02/09/the-era-of-face-wearable-computers/

  10. buchikuma-info より:

    「アメーラトマト アメーラトマト 生育 ストレス」に関する最新情報です。

    アメーラトマトは、高糖度のトマトを作るために、ストレスを与える厳しい環境で栽培されています。光合成が必要なため、光の取り入れ量を調整するために、屋根やカーテンを使用しています。

    https://japan.cnet.com/article/35214196/

  11. buchikuma-info より:

    「minisforum minisforum 発表 タブレット」に関する最新情報です。

    MINISFORUMは、3-in-1Windowsタブレット「MINISFORUM V3」を発表しました。V3は、4nmプロセスで構築され、Zen4 CPUとRDNA3 GPUアーキテクチャを搭載しています。Ryzen7 8840Uを搭載し、8コア16スレッド、基本周波数3.3GHz、最大ブースト周波数5.1GHz、TDP15-30W、16MB L3キャッシュを備えています。V3は、内蔵のRadeon 780Mグラフィックスを利用し、デュアルファンと4本の銅パイプ冷却システムも備えています。TDPは28Wで、消費電力を省電力モード(15W)、バランスモード(18〜22W)、パフォーマンスモード(28W)を自由に切り替えることができます。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2402/08/news125.html

  12. buchikuma-info より:

    「minisforum minisforum 発表 タブレット」に関する最新情報です。

    MINISFORUMは、新しい3-in-1Windowsタブレット「MINISFORUM V3」を発表しました。V3は、4nmプロセスで作られており、Zen4 CPUとRDNA3 GPUアーキテクチャを搭載しています。Ryzen7 8840Uプロセッサーは8コア16スレッドで、基本周波数は3.3GHzで最大ブースト周波数は5.1GHzです。V3は内蔵のRadeon 780Mグラフィックスを使用しており、デュアルファンと4本の銅パイプ冷却システムも搭載しています。TDPは28Wで、省電力モード(15W)、バランスモード(18〜22W)、パフォーマンスモード(28W)の切り替えが可能です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvcGN1c2VyL2FydGljbGVzLzI0MDIvMDgvbmV3czEyNS5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9wY3VzZXIvYW1wLzI0MDIvMDgvbmV3czEyNS5odG1s?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「xiaomi 13 13 pro」に関する最新情報です。

    インターネットイニシアティブ(IIJ)は、Xiaomi 13T Proの不具合に対応するために2月2日からアップデートを提供している。IIJの技術広報担当である堂前清隆氏も、Xiaomi 13T ProをIIJmioタイプAで利用するユーザーに対してアップデートを呼びかけている。この不具合は、KDDIが保有する周波数帯(B18/B26=800MHz)を正しく利用できないというものである。ソフトバンクでも取り扱っているXiaomi 13T Proだが、IIJmioサプライサービスでも販売されている。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/05/news105.html

  14. buchikuma-info より:

    「13 13 pro pro」に関する最新情報です。

    シャオミは、Androidスマートフォン「Xiaomi 13T Pro」のオープンマーケット版向けに、ソフトウェアアップデートを開始しました。このアップデートにより、一部の周波数(バンド18、26)での通信不具合が解消されます。アップデートには約15分かかり、ファイルサイズは約417MBです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vay10YWkud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2NjQwNC5odG1s0gEA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「2024 発表 apple」に関する最新情報です。

    Appleのティム・クックCEOは、2024年第1四半期の決算発表で、AIに関する詳細情報を2024年後半に発表する予定であることを明らかにしました。クックCEOは、AIに対して多大な時間と労力を投資しており、今年後半にその取り組みの詳細を発表することを楽しみにしていると述べました。具体的な詳細については明かされませんでしたが、海外メディアによると、AppleはSiriやメッセージアプリの改善に生成AI技術を取り入れる予定であり、AIはOS全体に統合される可能性もあると報じられています。これにより、iOS 18は複数のAI機能を備えた最大級のソフトウェアアップデートになる可能性があるとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiS2h0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAyMDItYXBwbGUtY2VvLXRpbS1jb29rLWdlbmVyYXRpdmUtYWktaXBob25lL9IBAA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「2024 発表 apple」に関する最新情報です。

    Appleのティム・クックCEOは、2024年第1四半期決算発表で、AppleがAIに多くの時間と労力を投資しており、2024年後半にAI関連の詳細情報を発表する予定であることを明らかにしました。クックCEOは、AI技術を改善するためにSiriやメッセージアプリに取り組んでいると述べました。また、AIはApple MusicやPages、Xcodeなどのアプリを通じてOS全体に統合される可能性があるとも指摘されています。これにより、iOS 18は多くのAI機能を備えた最大のソフトウェアアップデートになる可能性があるとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiS2h0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAyMDItYXBwbGUtY2VvLXRpbS1jb29rLWdlbmVyYXRpdmUtYWktaXBob25lL9IBAA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「galaxy 23 23 fe」に関する最新情報です。

    KDDIと沖縄セルラー電話は、Samsung Electronics(サムスン電子)製スマートフォン「Galaxy S23 FE SCG24」を8万8000円で販売することを発表しました。このモデルは、日本国内ではauのみが取り扱うこととなります。また、2月1日から3月31日までの期間にGalaxy S23 FEまたはGalaxy S23 SCG19を機種変更で購入すると、機種代金が1万1000円引きとなるキャンペーンも実施されます。この新しいエントリースマホは、若者を主なターゲットとしています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/01/news110.html

  18. buchikuma-info より:

    「galaxy 23 23 fe」に関する最新情報です。

    auは、Samsung Electronics(サムスン電子)製のスマートフォン「Galaxy S23 FE SCG24」を8万8000円で販売することを発表しました。このモデルは、日本国内ではauのみが取り扱うこととなります。また、2月1日から3月31日までの期間中にGalaxy S23 FEまたはGalaxy S23 SCG19を機種変更で購入すると、機種代金が1万1000円引きとなるキャンペーンも実施されます。この新しいエントリースマホは、主に若者をターゲットにしています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzI0MDIvMDEvbmV3czExMC5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzI0MDIvMDEvbmV3czExMC5odG1s?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「galaxy ultra 24」に関する最新情報です。

    Samsungの最新スマートフォン「Galaxy S24 Ultra」の海外レビューが公開されています。このモデルは2024年1月31日にアメリカで発売され、QualcommのSnapdragon 8 Gen 3チップを搭載しています。特筆すべきはAI機能「Galaxy AI」で、これが注目のポイントとなっています。ディスプレイは6.8インチで、CorningのGorilla Armorガラスが使われており、耐久性が向上しています。また、直射日光下でもディスプレイがくっきり見えると高く評価されています。ソフトウェアはSamsungが開発した「One UI」のバージョン6.1が採用されており、洗練されたUIとカスタマイズ性の高さが評価されています。ハードウェア面では、QualcommのSnapdragon 8 Gen 3チップセットと12GBのRAMを搭載しており、処理パフォーマンスに問題はないとされています。ベンチマークテストでは、シングルスコアが2186、マルチコアスコアが6659となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAxMzAtZ2FsYXh5LXMyNC11bHRyYS1yZXZpZXctc3VtbWFyeS_SAQA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「delta delta pro pro」に関する最新情報です。

    EcoFlowは、CES 2024で世界初のスマートハイブリッド全館バッテリー発電機であるDELTA Pro Ultraを発表しました。この製品は、長時間の停電や日常的な使用に対応する大容量の住宅用電源バックアップシステムであり、1ユニットの容量は6kWh、出力は7200W、太陽光発電の入力は5.6kWです。DELTA Pro Ultraはスタッキング可能な設計であり、貯蔵と出力の迅速な拡張を可能にし、複数のエネルギー源との互換性があります。また、EcoFlowはスマートホームパネル2も発表し、DELTA Pro Ultraとのシームレスな統合により、グリッドからバックアップ電源への迅速な移行を可能にし、エネルギー使用を最適化し、コストを削減します。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vanAudWJlcmdpem1vLmNvbS8yMDI0LzAxLzI5LzIzNjY5L9IBAA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「galaxy 24 10」に関する最新情報です。

    Samsung Electronicsが発表した「Galaxy S24シリーズ」は、Galaxy AIがセールスポイントとなっています。このシリーズでは、オンプレミス(ローカル)処理とクラウド(オンラインサーバ)を組み合わせたGalaxy AIが活用されています。しかし、気になる点もあります。具体的には、Galaxy S24シリーズの機能が有料化される可能性があるかどうかが不安視されています。まだ日本での発売は未定ですが、Galaxy S24シリーズは春〜夏商戦向けの新モデルとして期待されています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/27/news048.html

  22. buchikuma-info より:

    「suica ウォッチ 対応」に関する最新情報です。

    本記事では、2024年1月の「Suica対応のスマートウォッチ」のおすすめ人気ランキングを紹介しています。スマートウォッチは、スマホの通知確認や健康管理に便利なアイテムですが、Suica対応のモデルは駅の改札やお店のレジでも非接触で決済ができるため、コンビニやスーパー、飲食店などで手軽に使用できます。1位はFitbit Senseで、2位はGarmin vivomove Luxe、3位はFitbit Versa 3です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vbmxhYi5pdG1lZGlhLmNvLmpwL3Jlc2VhcmNoL2FydGljbGVzLzIyMjIzNzcv0gE5aHR0cHM6Ly9ubGFiLml0bWVkaWEuY28uanAvcmVzZWFyY2gvYXJ0aWNsZXMvMjIyMjM3Ny9hbXAv?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「suica jre jre point」に関する最新情報です。

    JR東日本クロスステーションは、2月1日から2月29日までの期間、Suicaを使用してJRE POINTが2倍になるキャンペーンを実施する。キャンペーンでは、NewDays、いろり庵きらく、ベックスコーヒーショップ、アキュアなどの店舗では、月曜日から金曜日までのJRE POINTが通常の2倍になる。また、エキュートやグランスタなどのエキナカ施設では、月曜日から金曜日までのJRE POINTが2倍になるだけでなく、エントリーするとバーコード提示でもポイントが2倍になる。JR東日本クロスステーションは、お客様の利便性を向上させるために、2月を「エキナカ Suica の日」として特典を拡大する。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000508.000082978.html

  24. buchikuma-info より:

    「24 galaxy 24 galaxy」に関する最新情報です。

    「Galaxy S24」と「iPhone 15」の比較について、以下の特徴があります。

    1. 手元で生成AIを使いたい人には、Galaxy S24がお勧めです。Galaxy S24シリーズは、写真の被写体を動かし、生成した画像の一部を貼ることで空いた場所を埋めるなど、生成AI機能を搭載しています。一方、iPhone 15にはほとんどの生成AI機能がありません。

    2. 高速なスマートフォンを求める人には、Galaxy S24が適しています。Galaxy S24はQualcommの「Snapdragon 8 Gen 3」プロセッサーを搭載しており、高速な処理が可能です。一方、iPhone 15はAppleの「A16 Bionic」プロセッサーを搭載しています。

    3. 屋外でスムーズにスクロールしたい人には、Galaxy S24がおすすめです。Galaxy S24は可変リフレッシュレートを採用しており、表示されるコンテンツに応じて最大120Hzまで対応しています。一方、iPhone 15は60Hz止まりのリフレッシュレートです。

    以上が、「Galaxy S24」と「iPhone 15」の特徴の一部です。

    https://japan.cnet.com/article/35214195/

  25. buchikuma-info より:

    「判断 apple apple watch」に関する最新情報です。

    米国で輸入禁止命令が出されたApple Watchについて、アップルは最新機種の一部機能を削除して販売を継続することを決定しました。この決定は、米国際貿易委員会がマシモの特許侵害を理由に輸入禁止命令を出したことによるものです。アップルは修正版のApple Watchを米国で販売再開し、輸入禁止命令を回避するために血中酸素濃度測定機能を作動させないように修正しました。バイデン政権は輸入禁止命令を覆す権限を持っていますが、米通商代表部は命令を覆さないことを決定しました。アップルはこの決定に不服を申し立てています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vamJwcmVzcy5pc21lZGlhLmpwL2FydGljbGVzLy0vNzkwNzDSAQA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「galaxy 24 ultra」に関する最新情報です。

    サムスンは「Galaxy S24 Ultra」において、フラットディスプレイを採用したことを発表しました。これは過去のモデルと比べて重要なデザイン変更であり、曲面エッジではなく完全なフラットエッジとなっています。この変更により、Sペンスタイラスを使用する際により自然な書き心地が得られ、ディスプレイの両端での文字の書き込みに苦労することがなくなるでしょう。このフラットディスプレイの採用は歓迎すべき変化と言えるでしょう。

    https://japan.cnet.com/article/35214210/

  27. buchikuma-info より:

    「ace pro ace pro」に関する最新情報です。

    Insta360 Ace Proは、Leicaレンズと革新的なフリップアップスクリーンを備えたアクションカメラであり、さまざまなアクションシーンに対応しています。Ace Proは、Insta360の小型カメララインアップの中間に位置し、高級なOne RSとGo 3の間に位置しています。Ace Proは、One RSのLeicaモデルのようなLeicaレンズを備えており、Go 3からはフリップアップスクリーンを取り入れています。Ace Proの特徴は、優れたレンズとセンサー、フリップアップスクリーン、優れたビデオ品質、良好なバッテリー寿命、素晴らしいマグネットマウントシステムなどです。Ace Proは、GoPro Hero 12やDJI Action 4などの競合製品と比較しても非常に優れた性能を発揮します。ただし、価格はやや高めであり、使用目的によっては価値があるかどうか判断する必要があります。総合的には、Ace Proは優れたフィーチャーを備えたアクションカメラであり、優れた映像を提供することができます。

    https://www.wired.com/review/insta360-ace-pro-action-camera/

  28. buchikuma-info より:

    「galaxy ai galaxy ai」に関する最新情報です。

    サムスンの最新スマートフォン「Galaxy S24」シリーズでは、人工知能(AI)を活用した5つの新機能が追加されています。Galaxy AIは、コミュニケーション、生産性、創造性の向上に貢献する包括的なモバイルAI体験を提供します。具体的な機能としては、Googleの「かこって検索」、Generative Edit、Live Translate、Transcript Assistなどがあります。これらの機能により、Galaxy S24シリーズはGoogleやAppleと競争し、最新のAI技術を活用した優れたスマートフォン体験を提供しています。

    https://japan.cnet.com/article/35214167/

  29. buchikuma-info より:

    「ai galaxy 24」に関する最新情報です。

    サムスンのGalaxy S24 Ultraは、AI通話翻訳などの使い勝手が注目されています。Galaxy AIという新機能が初搭載されており、大規模な言語モデルを活用して会話や質問に正確に答えることができます。また、メモアプリでは自動的に文章を成形したり、要約したりする機能もあります。実機を試した筆者は、リアルタイム翻訳の感動を味わいました。Galaxy S24 Ultraは、AIの活用により使い勝手が向上しているスマートフォンと言えるでしょう。

    https://japan.cnet.com/article/35214119/

  30. buchikuma-info より:

    「年間 アップデート 提供」に関する最新情報です。

    サムスンは、最新のスマートフォン「Galaxy S24」シリーズについて、7年間のソフトウェアアップデートを提供することを発表しました。これにより、ユーザーは長期間にわたって最新の機能やセキュリティのアップデートを受けることができます。これは、サムスンが他の競合他社よりも長いサポート期間を提供することを意味しており、ユーザーにとっては大きなメリットとなります。また、2023年に登場する「Galaxy S23」シリーズも4年間のソフトウェアアップデートを提供する予定です。一方、競合他社のGoogle Pixel 8シリーズは5年間のサポート期間を提供する予定です。これにより、サムスンは長期的なサポートを通じて、ユーザーに安心感と信頼性を提供しています。

    https://japan.cnet.com/article/35214018/

  31. buchikuma-info より:

    「galaxy 23 24」に関する最新情報です。

    サムスン電子が発表した「Galaxy S24」シリーズは、通話時の双方向翻訳や文字起こしなどの機能を持つ「Galaxy AI」が目玉となっています。スペック面では、「Galaxy S23」シリーズからの進化が見られます。記事では、日本での発売が濃厚な「Galaxy S24」と「S23」、および「Galaxy S24 Ultra」と「S23 Ultra」を比較しています。具体的には、プロセッサの性能や処理能力、OSのバージョンなどが進化しています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/18/news087.html

  32. buchikuma-info より:

    「apple apple watch series」に関する最新情報です。

    Apple Watch Series 9/Ultra 2から血中酸素測定機能が削除されることが報じられました。これは、特許侵害による輸入禁止を回避するための措置です。Appleは、Masimoという医療機器メーカーの特許を侵害しているとして訴えられており、連邦裁判所から輸入禁止命令を受けていました。しかし、Appleは血中酸素測定機能を削除することで回避策を取ることができると報じられています。これにより、輸入禁止命令が延期され、Apple Watch Series 9/Ultra 2の公式販売が再開される可能性があります。アメリカ国際貿易委員会(ITC)もこの問題に関与しており、Appleに対して輸入禁止を命じる可能性があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiS2h0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDAxMTYtYXBwbGUtd2F0Y2gtZHJvcHMtYmxvb2Qtb3h5Z2VuLWZlYXR1cmVzL9IBAA?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「禁酒 最新 ライブ」に関する最新情報です。

    人気漫画『ちいかわ』の最新話では、主人公が禁酒中に柿の種とコーラを思い浮かべる場面が描かれています。このシーンは、ライブに行けない時の気持ちを代弁しており、多くの読者から共感の声が寄せられています。禁酒中にゼロコーラを飲むことで、ライブに行けない悔しさを紛らわせる様子が描かれており、読者たちにとって切なくも楽しい物語となっています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65a4809be4b07bd6950d4495

  34. buchikuma-info より:

    「gb android 13」に関する最新情報です。

    2024年に新登場する11インチのHelioG99タブレットは、Android 13を搭載しており、16GBのRAMと256GBのストレージを備えています。最安値は25,990円で、さらに10,000円の割引が配布されています。このタブレットは高性能なプロセッサを搭載しており、AnTuTuベンチマークで400,000ポイント以上を獲得しています。また、バッテリー容量は8000mAhで、18Wの急速充電に対応しています。さらに、GPSやカメラなどの機能も備えており、ゲームや映画の視聴などにも最適です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000133307.html

  35. buchikuma-info より:

    「gb android 13」に関する最新情報です。

    2024年に新登場する11インチのHelioG99タブレットは、Android 13を搭載しており、16GBのRAMと256GBのストレージを備えています。最安値は25,990円で、さらに10,000円の割引が配布されています。このタブレットは高性能なプロセッサや大容量のバッテリーを搭載しており、パフォーマンスやバッテリー寿命に優れています。また、GPSや高速充電などの機能も備えており、ゲームや映画の視聴など、さまざまな用途に活用できます。最低価格で購入するためのリンクも提供されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMjQuMDAwMTMzMzA3Lmh0bWzSAQA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「22 galaxy galaxy 22」に関する最新情報です。

    KDDIは、1月11日に「Galaxy S22 SCG13」「Galaxy S22 Ultra SCG14」のOSアップデートを実施しました。このアップデートにより、auの「Galaxy S22/S22 Ultra」はAndroid 14にアップデートされました。Android 14では、テーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などが行われています。また、2023年11月のAndroidセキュリティパッチも含まれています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/12/news123.html

  37. buchikuma-info より:

    「bw コネクティビティ コネクティビティ 新製品」に関する最新情報です。

    米国のベルキンは、モバイルバッテリーとコネクティビティの新製品を発表しました。これにより、ユーザーはモバイルデバイスを簡単に充電したり、デバイス同士を接続したりすることができます。ベルキンは、モバイルバッテリーとコネクティビティに関連する製品を提供することで、ビジネスや家庭での利便性を向上させることを目指しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiUGh0dHBzOi8vZmluYW5jZS55YWhvby5jby5qcC9uZXdzL2RldGFpbC84NmJhOThkMDI3YTBmOWRmNTQwN2Q3ZGJhNGUwODA3Nzk2NjgyMzU50gEA?oc=5

  38. buchikuma-info より:

    「協定 連携 支店」に関する最新情報です。

    Sparkle Oita Racing TeamとNTT西日本 大分支店は、連携協定を締結しました。この協定の目的は、「ICT」と「サイクルツーリズム」を組み合わせて地域の活性化を図ることです。具体的な取り組みとしては、ICT技術を活用したサイクルイベントのサポートや、新技術やサービスを活用したサイクル関連のビジネスの創出などが挙げられます。連携協定の締結式も行われ、今後はさらなる展開が期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000071185.html

  39. buchikuma-info より:

    「apple apple watch watch」に関する最新情報です。

    エクアドルでテレビ局に武装集団が乱入し、司会者を銃で脅迫する事件が発生。治安の悪化が懸念される。また、英国で起きた「最大の冤罪事件」について再び注目が集まり、富士通の責任も問われている。ホンダの次世代EVは、F1の技術を活用して「薄く」「軽く」作られ、その実力が切り札となる。松本人志さんのワイドナショー出演が一転取りやめになり、フジテレビが「総合判断」を下した。さらに、マイクロバスに乗っていた孫たち4人の最後の見送りが行われ、乗客の意外な冷静さが話題となった。経産省は北陸電に対し、正確な情報発信を指示し、志賀原発の発表について訂正を続けている。

    http://www.asahi.com/articles/ASS1B3DN4S1BUHBI00K.html?ref=rss

  40. buchikuma-info より:

    「apple apple watch watch」に関する最新情報です。

    「Siri」の新しいヘルスケア機能が「Apple Watch」にとって重要な理由について、以下のポイントが挙げられます。

    – Appleは、2023年に発売予定のApple Watch Series 9やApple Watch Ultra 2で新しいヘルスケア機能を追加する予定です。
    – Siriは、AI技術を活用して10年間で進化し、正確な情報を提供することができるようになりました。
    – Siriの新しいヘルスケア機能は、ウェアラブルデバイスで収集された大量の健康データを解析し、ユーザーの健康状態を把握することができます。
    – ユーザーは、Siriを通じてApple Watchの健康データをリクエストし、アクティビティの進捗状況や睡眠データなどを確認することができます。
    – Siriはまた、サードパーティーの健康デバイスとの連携も可能であり、血糖値や血圧などのデータを取得することもできます。
    – これにより、ユーザーは自身の健康状態を簡単に把握し、必要な場合には医療機関と共有することができます。

    Apple WatchにおけるSiriの新しいヘルスケア機能は、ユーザーの健康管理をサポートするために重要な役割を果たすことが期待されています。

    https://japan.cnet.com/article/35213473/

  41. buchikuma-info より:

    「kamvas kamvas pro pro」に関する最新情報です。

    フイオンは、ペンタブレットの新製品「Kamvas Pro 19」と「Kamvas Pro 27」をCES 2024で発表しました。これらの製品は、アーティストやデザイナー向けに設計されており、ディスプレーの正確な色再現やペンの反応性の向上など、創作体験を向上させる特徴を備えています。また、新しいペンテクノロジー「PenTech 4.0」や軽量なタッチストロークの捉え方など、作業効率を向上させる機能も追加されています。フイオンの製品部長は、これらの製品がアーティストやデザイナーにとって必要なツールを提供することで、創造性を向上させることができると述べています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLmh0dHBzOi8vd3d3LnNoaW1vdHN1a2UuY28uanAvYXJ0aWNsZXMvLS84NDE5MDXSAQA?oc=5

  42. buchikuma-info より:

    「apple apple watch watch」に関する最新情報です。

    Apple Watch Ultra 3のブラックチタニウムの開発に関する証拠が見つかったという情報があります。この情報は、バンドの流出によって確認されました。これにより、Apple Watch Ultra 3にはブラックチタニウムの本体とバンドが追加される可能性があることが示唆されています。また、以前にもApple Watch Ultra 2でブラックチタニウムの本体が追加される噂がありましたが、中止されたようです。現在、ブラックチタニウムの開発には技術的な課題があるようですが、今後のモデルで追加される可能性があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcyMzU2L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTcyMzU2L2FtcC8?oc=5

  43. buchikuma-info より:

    「apple apple watch watch」に関する最新情報です。

    タイトル: 「Siri」の新しいヘルスケア機能が「Apple Watch」にとって重要な理由

    要約: Apple Watchに搭載されたSiriの新しいヘルスケア機能は、重要な役割を果たしています。SiriはAIの進化により、正確な情報を提供することができるようになりました。これにより、Apple Watchはヘルストラッキング機能を強化し、健康データの収集と解析を可能にしました。ユーザーはSiriを通じて、歩数や睡眠データなどの健康情報をリクエストし、サードパーティの健康デバイスとの連携も可能です。これにより、Apple Watchはより多くの健康データを提供し、ユーザーの健康管理をサポートすることができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vamFwYW4uY25ldC5jb20vYXJ0aWNsZS8zNTIxMzQ3My_SAQA?oc=5

  44. buchikuma-info より:

    「スマホ」に関するYouTubeの話題です。

    – サッカー強豪校の監督(29歳)が男子生徒にわいせつ行為をし、スマホで撮影していた疑いで再逮捕された。
    – 監督は男子生徒を面談と称して呼び出し、スマホに100点以上のわいせつな画像や動画が見つかった。
    – iOSではテキストのコピー&ペーストが簡単にできるようになった。
    – 強豪校のサッカー部の総監督が再逮捕され、スマホには100点以上のわいせつな画像や動画が見つかった。
    – SoftBankが新しいスマホ販売を解説しており、「新トクするサポート(バリュー)」という特典があるようだ。
    – OPPO A74のスマホが6GB RAMと128GBストレージで7,500ルピーで販売されている。電話番号は8940990990で、販売開始日は2023年1月8日となっている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマホ

  45. buchikuma-info より:

    「Apple」に関するYouTubeの話題です。

    – AppleがIntelの新しいチップに対して反応している
    – Apple Vision Proがついに登場
    – Apple Vision Proの米国での販売日が決定
    – Apple Vision Proの日本での販売に関する情報がまとめられている
    – AppleがAI競争で暗黒馬となる可能性がある理由が説明されている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=Apple

タイトルとURLをコピーしました