リンサークリーナーの正解はアイリスオーヤマでOK?色々比較

スポンサーリンク

このページでは、リンス(液体)・カーペット用掃除機「リンサークリーナー(RNS-300)」について紹介したいと思います。

「リンサークリーナー(RNS-300)」はリビング・居室で使うのに適していますが、他の類似商品と比べて購入すべきかどうか、という点についても考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

「リンサークリーナー(RNS-300)」を購入するか悩んだ時の参考情報

まずは「リンサークリーナー(RNS-300)」について簡単に解説していきたいと思います。

「リンサークリーナー(RNS-300)」の購入ポイント

リンサークリーナー(RNS-300)について押さえておきたいポイントとして、メリットとデメリットについて考えていきます。

「リンサークリーナー(RNS-300)」を買いたくなるメリット

まずはリンサークリーナー(RNS-300)を購入するメリットからまとめていきます。

リンサークリーナー(RNS-300)のいいところ
  • 価格がちょうどいい
  • お湯も使えて汚れが落としやすい
  • 部屋に置きやすいサイズ感

「リンサークリーナー(RNS-300)」を買うのはやめたいデメリット

次に、リンサークリーナー(RNS-300)を購入するのを躊躇ってしまうデメリットについても触れておきます。

リンサークリーナー(RNS-300)の気になるところ
  • リビングに置くにはやぼったいデザイン
  • コードレスで使うなら後継機のRNS-B400D

リンサークリーナー(RNS-300)の商品概要/知っておきたいポイント

リンサークリーナー(RNS-300)について知っておきたいポイントを箇条書きで説明しつつ、必要な解説だけ書き足していきます。

リンサークリーナー(RNS-300)の特徴

  • 水を吹きかけて、その水分を汚れごと吸い取るのがリンサークリーナー
  • 日常的には洗いづらい、車内用品、カーペット、ソファなどの布製品の掃除に最適
  • 本来業務用だが、コンパクトサイズで家庭でも使いやすく

私は子供のおねしょ掃除対策としての使用方法で考えていましたが、その場合、回収した汚水タンク内の洗浄も考えないと不衛生だなと思い、悩み中。

子供がおねしょ・お漏らしした時、布団のケアはどうする?
子供に限らず、ペットを飼っている場合でも困るのがおしっこをした後の布団の処理方法。シミにもなりやすいし、匂いも気になる、衛生面は大丈夫?などの気になる情報をまとめました。

リンサークリーナーのメリットとしては、温水も使えるので手洗いよりは格段に汚れは綺麗になります。

基本は、布に染み込んだ汚れを水分で浮かせて吸い取るので、どうしても落とせない汚れ(繊維自体が変色したものなど)はありますが、油などが混ざって繊維に絡まっているくらいのものであれば汚れが落とせる可能性があります。

しろくま
しろくま

布製品の汚れは、別の布などに汚れを移して(吸い取って)掃除するけど、失敗すると余計に汚れが広がったり、別の綺麗な布が必要で慌てているうちに乾燥して汚れが固着したりすることがあるので、一家に一台リンサークリーナーがあると便利だな、とは思います。

リンサークリーナー(RNS-300)のスペック

リンサークリーナー(RNS-300)のスペックに関する情報です。

ただ、スペック見て「おぉ、これすごいな」ってわかる人ならいいのですが、そんな方はネットでレビュー記事は探さない。

何がすごいかわからない方のために、後半で「性能/スペックで比較したい商品」のところで「実際のところ、すごいのかどうか」を解説します。

  • 電源:AC100V・50・60Hz
  • 定格消費電力:330W
  • 吸込仕事率:30W
  • 回収タンク有効容量:0.5L
  • 満水タンク容量:0.3L
  • 温水対応40℃

「リンサークリーナー(RNS-300)」のメーカー情報

リンサークリーナー(RNS-300)についての簡単な知識と、リンス(液体)・カーペット用掃除機をメーカーで選ぶ際の参考となる情報を列記しておきます。

リンサークリーナー(RNS-300)のメーカーは「アイリスオーヤマ」

リンサークリーナーといえばアイリスオーヤマです。

前述の通り、布製品の汚れ落としとして業務用のカーペットクリーナーみたいなのはあったのですが、これを家庭用にサイズダウンして使い回しをよくしてくれたのがアイリスオーヤマです。

かめ
かめ

ハンディクリーナーの利便性に似ているけれど、汚れは時間との戦いで、後回しにするほど処理が面倒になるけど、肝心な時にそばになかったり、持ってくる方が面倒で結局雑巾で吹いたりしがちですよね。そばにあるのが大事。

しろくま
しろくま

子どもが牛乳こぼしたのに気づかなくて、子供が近くにあるカーペットに吸い込ませたりしていた時の絶望感ったらないよね。手伝ってくれようとしたんだろうけども。

アイリスオーヤマでリンス(液体)・カーペット用掃除機は買うべき?

アイリスオーヤマはリンサークリーナーがテレビで紹介されたりしていて、今、さらに力を入れてモデルチェンジして改良を重ねているところです。

RNS-300以降の後継機種も出ているので次に紹介しますが、リンサークリーナー自体のお手入れ方法も改善されているので、色々比較しながら用途に合ったものを選べるのは強みだと思います。

比較できるメーカーとしては、高圧洗浄機でお馴染みの「ケルヒャー」や、海外の掃除機ブランドとして有名な「びっセル」あたりになると思います。ただ、日本の事情にマッチした商品を探すならアイリスオーヤマがお勧めです。

他にもある、アイリスオーヤマのリンス(液体)・カーペット用掃除機

アイリスオーヤマのリンス(液体)・カーペット用掃除機で、購入時に比較・検討しておきたい商品を簡単に紹介していきます。

アイリスオーヤマのリンス(液体)・カーペット用掃除機「RNS-B400D」

「RNS-B400D」についてはまた別記事でご紹介します。ここでは比較しやすい情報だけ抜き出してお伝えしていきます。

  • 待望のコードレスモデル
  • 掃除しやすい設計
  • 直射/霧吹きの2タイプの噴射方法
  • 運転音も軽減

簡単に言えば、RNS-300での不満点を改良したモデルになります。かなり使い勝手が良くなっていますが、価格が高い。

コードレスはメリットにもなりますが、バッテリーのケアが必要になるので、取り回しはいいけど維持コストはかかる点には注意したいところです。RNS300は安いので気軽に買い替えできますが。

ショップボタンを押すと「RNS-B400」で検索できます。
スポンサーリンク

リンサークリーナー(RNS-300)をリンス(液体)・カーペット用掃除機の他の商品と比較する

リンサークリーナー(RNS-300)が他のリンス(液体)・カーペット用掃除機と比べておすすめといえるかどうかを調べていきます。

リンス(液体)・カーペット用掃除機のおすすめ商品ランキング

2022/12/18時点での、リンサークリーナー(RNS-300)と似たような使い方をするリンス(液体)・カーペット用掃除機のおすすめを紹介したいと思います。

  1. Uwant B100
  2. ツインバード HC-EB23W
  3. ケルヒャー PUZZI

ツインバード HC-EB23Wがおすすめ「価格で比較」

リンサークリーナー(RNS-300)と比較する上で、「価格」で近い商品について考えてみます。

リンサークリーナー(RNS-300)は価格帯で言えば「比較的安め」です。その点で、似たような価格帯で比較したい商品はツインバード HC-EB23Wになります。

ただ、リンサークリーナーというよりは、「液体でも吸えるハンディクリーナー」です。霧吹きを手に持って掃除するなら似たような使い心地はできそうですが。

ツインバード HC-EB23Wの特徴
  • 水も吸えるウェット&ドライ方式のコードレスクリーナ
  • 吸い取った水を簡単に捨てられる水抜口。アタッチメントもすき間ノズルと吸水ノズルと充実。

ショップボタンを押すと「ツインバード HC-EB23W」で検索できます。

ケルヒャー PUZZI がおすすめ「性能で比較」

リンサークリーナー(RNS-300)と比較する上で、「性能・グレード」で近い商品について考えてみます。

リンサークリーナー(RNS-300)の性能の特徴は「布製品が洗浄できるクリーナー」です。他のメーカーで同じ特徴を持つものは、ケルヒャー PUZZIです。

ただし、業務用なので、使い勝手としては「ハンディクリーナー」と「キャニスター型掃除機」くらい違います。目的は「布洗浄」なのは同じなのですが、生活スタイルによってはマッチしない可能性はあります。

ケルヒャー PUZZI の特徴
  • 洗剤の使用が可能
  • 50℃までの熱湯も使用できる
  • 吸引、洗浄力はピカイチ

ショップボタンを押すと「ケルヒャー PUZZI 」で検索できます。

Uwant B100がおすすめ「使用シーンで比較」

リンサークリーナー(RNS-300)と比較する上で、「使用シーン」で近い商品について考えてみます。

リンサークリーナー(RNS-300)を購入する場合に想定する利用シーンは「何かをこぼした時にさっと掃除したい」になると思います。その場合、比較したい商品は、Uwant B100です。

Uwant B100の特徴
  • 最大12000Paの強力吸引
  • 通常モードならわずか65dBと低騒音
  • ボタンを押すだけで自動でブラシとペット部分がきれいに維持

ショップボタンを押すと「Uwant リンサークリーナー」で検索できます。

実際に使用した人のレビュー・口コミ情報まとめ

実際に使用した方の評価が一番参考になると思いますので、情報をまとめておきます。

AmazonやECサイトでのレビュー

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング/PayPayモールでの評価は、以下の商品ボタンを押すと検索することができます。

ショップボタンを押すと「アイリスオーヤマ RNS-300」と検索できます。

Twitterの評価

公式アカウントの発信

公式アカウントの発信に対して、クレームが多いと少し心配になります。この辺りの評価もチェックしておきましょう。

リンサークリーナー(RNS-300)の購入の際に気になるQ&A

Q
リンサークリーナー(RNS-300)のコスパって、実際のところどうなの?
A

リンサークリーナー(RNS-300)のコスパは、率直に言えば「かなり良い」と言えます。

一般的なリンサークリーナーは、業務用だと10万円近いものもあり、家庭用として機能は少し落ちるにしても、買い求めやすい価格で、しかも使い回しもいいのは大きなメリットだと思います。

Q
リンサークリーナー(RNS-300)よりおすすめのリンス(液体)・カーペット用掃除機はありますか?
A

リンサークリーナー(RNS-300)よりもおすすめしたいリンス(液体)・カーペット用掃除機は「ツインバードHC-EB23W」です。理由としては以下のポイントを参考にしてみてください。

  • 価格が安い
  • 水が吸えるハンディクリーナーという感じなので、少し用途は違う
  • 水も噴射したいかどうかを選ぶ基準に
Q
リビング・居室で使うことを考えていますが、リンサークリーナー(RNS-300)はおすすめですか?
A

リンサークリーナー(RNS-300)をリビング・居室で使用する場合には「おすすめ」です。理由としては以下のポイントを参考にしてみてください。

  • 部屋にも置いておきやすいコンパクト
  • ただ、後継機のRNS-B400Dの方が使いやすい
スポンサーリンク

リビング・居室で使う家電例

リビング・居室についてはこちらのカテゴリも参考にしてみてください。

リビング・居室に関する記事リスト

リビング・居室で使うことを考えて、他にもチェックしておきたい家電や、部屋作りのことについてまとめています。

リビングに関する記事で読んでおいてほしいもの

リビングの間取りに関する記事としては、「LDKの間取りについて」まとめたページがおすすめです。

「LDKと間取り」キッチンとダイニング、リビングの失敗しない分け方
リビングに関する情報をまとめています。このページでは「そもそも、なぜリビングにダイニングやキッチンまで抱き合わせで一部屋に括られてしまうのか」あたりのことをお話ししたいと思います。LDKの部屋分け・間取り設計の際に気をつけたいことLDKの基

リビングの関連記事一覧

リビングの記事リストです。

リビングと部屋の機能
リビングと家電の話

掃除機の記事一覧

Dyson

家電を購入する際に知っておきたい情報

家電を購入する際にチェックしておきたい、オンラインショップのセール情報や福袋販売などのお得情報をまとめています。

ブラックフライデーに関する情報

ブラックフライデーに関する情報はこの記事にまとめてあります。

ブラックフライデーで買い物するときに参考になるセール情報
ブラックフライデーのセール情報をまとめておくことで、なるべくスムーズに買い物に回りたいと企んでおります。セール開始日のまとめ、開催決定した情報を順次更新しています。
ECサイト(Amazon、楽天市場など)
こども・育児に役立つブラックフライデーセール
家電に関するブラックフライデーセール

家電量販店のブラックフライデーはこちら。

家電買うならどこがいい?ブラックフライデー編
年末に家電を買う際に「ブラックフライデーで買っちゃうか」「年末年始のセールまで待つべきか」参考になる情報をまとめています。

年末・年始のセール情報

福袋のせいで毎年、各店舗に張り付く都合、ついついセール情報を掴んでしまうので、情報振り分け用に各店舗の年末・年始セール情報をまとめています。

家電量販店の年末・年始セール

家電量販店の年末・年始セールはこちらのページにまとめています。

家電量販店の歳末・初売りセールの情報まとめ
家電量販店の年末・年始のセール情報を投げ入れておくためのページです。
こどものためのセール情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました